コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます



V.A.
121212 The Concert For Sandy Relief
ROBIN HOOD RH-121212DVDR1/2
PRO-SHOT
2DVD-R
\3,600
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


2012年12月12日ニューヨーク・マジソン・スクエア・ガーデンで行われた”ザ・コンサート・フォー・サンディ・レリーフ”の海外TVバージョンです。
ポール・マッカートニー、ローリング・ストーンズをはじめエリック・クラプトン、ブルース・スプリングスティーン、ビリー・ジョエル、ボン・ジョヴィ、ロジャー・ウォータース、ザ・フー等一夜限りの豪華アーティストたちが集ったスペシャル・コンサートの模様をワイドスクリーンHDTVクオリティでコンサート完全収録した2枚組DVDRです。

Live From Madison Square Garden New York 2012

DVD ONE

Bruce Springsteen and the E Street Band
"Land of Hope and Dreams" with portion of "People Get Ready" "Wrecking Ball" "My City of Ruins" with portion of "Jersey Girl"
"Born to Run" (with Jon Bon Jovi)

Roger Waters (Pink Floyd)
"In the Flesh?" "The Happiest Days of Our Lives" "Another Brick in the Wall (Part 2)" "The Ballad of Jean Charles de Menezes"
"Money" "Us and Them" "Comfortably Numb" (with Eddie Vedder) Adam Sandler and Paul Shaffer "Sandy Screw Ya" (parody of "Hallelujah")

Bon Jovi
"It's My Life" "Wanted Dead or Alive" "Who Says You Can't Go Home" (with Bruce Springsteen) "Livin' on a Prayer"

Eric Clapton
"Nobody Knows You When You're Down and Out" "Got to Get Better in a Little While" "Crossroads"

The Rolling Stones
"You Got Me Rocking" "Jumpin' Jack Flash"

Alicia Keys
"Brand New Me" "No One"


DVD TWO

The Who
"Who Are You" "Bell Boy" "Pinball Wizard" "See Me, Feel Me" "Baba O'Riley" "Love, Reign o'er Me" "Tea & Theatre"

Kanye West
"Clique" "Mercy" "Power" "Jesus Walks" "All of the Lights" "Run This Town" "Diamonds from Sierra Leone"
"Diamonds Remix" "Touch the Sky" "Gold Digger" "Good Life" "Runaway" "Stronger"

Billy Joel
"Miami 2017 (Seen the Lights Go Out on Broadway)" "Movin' Out (Anthony's Song)" "Have Yourself a Merry Little Christmas" (portion) "New York State of Mind" "The River of Dreams" (featuring "Gloria") "You May Be Right" "Only the Good Die Young"

Chris Martin of Coldplay
"Viva la Vida" "Losing My Religion" (with Michael Stipe of R.E.M.) "Us Against the World"

Paul McCartney
"Helter Skelter" "Let Me Roll It" "Nineteen Hundred and Eighty-Five" "My Valentine" (with Diana Krall) "Blackbird"
"Cut Me Some Slack" (with Dave Grohl, Krist Novoselic and Pat Smear of Nirvana) "I've Got a Feeling" "Live and Let Die"

Alicia Keys
"Empire State of Mind (Part II) Broken Down"

NTSC Color 16:9 time approx.160/165min.









ザ・フー
@MUSIC FITS MY SOUL
ATHERE'S A REVOLUTION
BIN THE GLITTERING BALLROOM
CINSIDE YOUR SOUL
@GOV-040/041
AGOV-042/043
BGOV-044/045
CGOV-046/047
AUD
各2CD-R
各\3,800





@11/14 YOKOHAMA 個数
A11/16 SAITAMA 個数
B11/17 TOKYO 個数
C11/19 TOKYO 個数
武道館2公演セット / 4CD-R / \7,000 個数
4公演セット / 8CD-R / \13,500 個数


2004年の初来日以降、何度となく噂になりつつも実現しなかった単独公演が遂に実現!待望の2008年ツアーより11月14日横浜、16日さいたま、17、19日武道館の計4公演をそれぞれ高音質オーディエンス録音にて完全収録。

全体的にバンドの調子も非常に良くすばらしいパフォーマンスを堪能できます。特に武道館公演はこんなに武道館が似合うバンドは他にいないと思わせるほど会場の空気にマッチした感動のライブとなっております。ファン必聴のメモリアルアイテム!

@MUSIC FITS MY SOUL
LIVE AT YOKOHAMA ARENA, KANAGAWA, JAPAN ON 14TH NOVEMBER 2008

ATHERE'S A REVOLUTION
LIVE AT SAITAMA SUPER ARENA, SAITAMA, JAPAN ON 16TH NOVEMBER 2008

BIN THE GLITTERING BALLROOM
LIVE AT NIPPON BUDOKAN HALL, TOKYO, JAPAN ON 17TH NOVEMBER 2008

CINSIDE YOUR SOUL
LIVE AT NIPPON BUDOKAN HALL, TOKYO, JAPAN ON 19TH NOVEMBER 2008

DISC ONE
1.Intro
2.I Can't Explain
3.The Seeker
4.Anyway Anyhow Anywhere
5.Fragments
6.Who Are You
7.Behind Blue Eyes
8.Relay
9.Sister Disco
10.Baba O'Riley
11.Eminence Front
12.5:15
13.Love Reign O'er Me

DISC TWO(横浜、さいたま)
1.My Generation
2.Won't Get Fooled Again
3.Pinball Wizard
4.Amazing Journey
5.Sparks
6.See Me Feel Me
7.Tea and Theatre

DISC TWO(武道館)
1.Won't Get Fooled Again
2.My Generation
3.Naked Eye
4.Pinball Wizard
5.Amazing Journey
6.Sparks
7.See Me Feel Me
8.Tea and Theatre







ザ・フー
@TEENAGE WASTELAND
AMAXIMUM BUDOKAN !
BBE VERY VERY LUCKY
@NEW TATTOO-389
ANEW TATTOO-390
BNEW TATTOO-391
AUD
各2CD-R
各\3,500





@11/16 SAITAMA 個数
A11/17 TOKYO 個数
B11/19 TOKYO 個数


@TEENAGE WASTELAND
2004年のフェスでの待望の初来日から4年振り、「初」の単独ジャパンツアーとなった11月16日埼玉公演を高音質オーディエンス録音にて完全収録!!

セットリストは横浜公演と変わらなかったものの、"MY GENERATION"のメドレーの最後に"OLD RED WINE"のフレーズを弾くなど、徐々にツアーの調子が上がってきている感じが伺えます!ザック・スターキーも目立ち過ぎず、実にタイトでパワフルなドラミングは今のTHE WHOには欠かせない存在となってます!この日はサウンドも素晴らしく、オーディエンスの盛り上がりも過去2回より遥かに良い雰囲気でした!


AMAXIMUM BUDOKAN !
ザ・フー「初」の単独ジャパンツアーより、ソールド・アウトとなった待望の武道館公演(11月17日公演)を高音質オーディエンス録音にて完全収録!!

待ちに待ったLIVE AT BUDOKAN!開演前の明るい時点よりオーディエンスは総立ちでフーの登場を今か今かと手拍子で待ち望み、登場した瞬間の熱狂は凄まじいものがあります!"BABA O'RILEY"での武道館が一体となっての大合唱は一つのハイライトと言えるでしょう!そして日本公演では初登場となったライブでの人気曲"NAKED EYE"のセットインは嬉しいサプライズだったことでしょう!


BBE VERY VERY LUCKY
ザ・フー初の単独ジャパンツアー最終日、追加公演となった武道館公演を高音質オーディエンス録音にて完全収録!

最終日となったこの日は、セットリストは前日(17日)の武道館公演と変わらなかったものの、"My Generation / Cry If You Want"やアンコールからのトミーパートなどの後半の演奏は熱い演奏となっており聴き所といえるでしょう!ピートがMCで今まで長い間来日しなかったことを恥じていると言っていた事が印象的で、また近いうちの再来日を期待させる最終日でした!

Disc One
01. I Can’t Explain
02. The Seeker
03. Anyway, Anyhow, Anywhere
04. Fragments
05. Who Are you
06. Behind Blue Eyes
07. Relay
08. Sister Disco
09. Baba O’ Riley
10. Eminence Front

Disc Two
01. 5:15
02. Love Reign O’er Me
03. My Generation / Cry If You Want / Old Red Wine
04. Won’t Get Fooled Again
- encore -
05. Band Intro
06. Pinball Wizard
07. Amazing Journey
08. Sparks
09. See Me Feel Me / Listening To You
10. Tea And Theatre
Live At Saitama Super Arena On 16th November 2008


Disc One
01. Intro
02. I Can't Explain
03. The Seeker
04. Anyway, Anyhow, Anywhere
05. Fragments
06. Who Are you
07. Behind Blue Eyes
08. Relay
09. Sister Disco
10. Baba O' Riley

Disc Two
01. Eminence Front
02. 5:15
03. Love Reign O'er Me
04. Won't Get Fooled Again
05. My Generation / Cry If You Want
06. Naked Eye
- encore -
07. Pinball Wizard
08. Amazing Journey
09. Sparks
10. See Me Feel Me / Listening To You / Band Intro
11. Tea And Theatre
Live At Nippon Budokan, Tokyo On 17th November 2008


Disc One
01. Intro
02. I Can't Explain
03. The Seeker
04. Anyway, Anyhow, Anywhere
05. Fragments
06. Who Are you
07. Behind Blue Eyes
08. Relay
09. Sister Disco
10. Baba O' Riley
11. Eminence Front

Disc Two
01. 5:15
02. Love Reign O'er Me
03. Won't Get Fooled Again
04. Band Intro
05. My Generation / Cry If You Want
06. Naked Eye
- encore -
07. Pinball Wizard
08. Amazing Journey
09. Sparks
10. See Me Feel Me / Listening To You
11. Tea And Theatre
Live At Nippon Budokan, Tokyo On 19th November 2008







ザ・フー
@LIVE AT OSAKA
ALIVE AT BUDOKAN-1
BLIVE AT BUDOKAN-2
@SYLPH-0958
ASYLPH-0959
BSYLPH-0960
AUD
各2CD-R+1DVD-R
各\5,200





@11/13 OSAKA 個数
A11/17 TOKYO 個数
B11/19 TOKYO 個数


ザ・フーの初単独来日公演が遂に実現!!約4年振りとなる2008年ジャパンツアーより、記念すべきツアー初日11月13日大阪公演とツアー4日目&最終日武道館公演2DAYSを、シルフならではの分厚い低域&鳥肌もの臨場感満点の超高音質にて完全収録!!演奏はもちろんの事、会場の空気も丸ごと真空パックしたリッチで迫力満点のシルフ・サウンドにて白熱のライヴパフォーマンスを存分にお楽しみ下さい!!!マジカッコイイっす!!!

更にはなんと初回数量限定ですが、バンド史上初となった日本武道館公演初日の模様をズームも効いたオーディエンスショットにて収録した超・超・貴重なボーナスDVD付き!!ボーナスDVD-Vol.1は大阪、ボーナスDVD-Vol.2は武道館初日、ボーナスDVD-Vol.3は武道館2日目に付属します!!収録曲が違いそれぞれ約20分程度ですが、あくまでもボーナス扱いですので、宜しくお願いします〜。

細かい説明は不要でしょう!!「REAL GOOD LOOKING BOY 」は大阪公演のみ、そして「THE NAKED EYE」は武道館公演のみのプレイとなっております!!アンコールでのトミーメドレーのつなぎ部分なども各公演違っていたりと聴き応え満点のパフォーマンスは全て必聴と断言します!!あの感動がリアルに蘇る映像DVDも付いたシルフレーベル・メモリアルアイテムがいよいよ登場です!!大推薦!!!!

LIVE AT CASTEL HALL, OSAKA NOVEMBER 13TH 2008+BONUS DVD
DISC-ONE
1.INTRO 2.I CAN'T EXPLAIN 3.THE SEEKER 4.RELAY 5.FRAGMENTS 6.WHO ARE YOU 7.BEHIND BLUE EYES 8.REAL GOOD LOOKING BOY 9.SISTER DISCO 10.BABA O'REILY 11.EMINENCE FRONT

DISC-TWO
1.5:15 2.LOVE REIGN OVER ME 3.WON'T GET FOOLED AGAIN 4.MY GENERATION -ENCORE- 5.PINBALL WIZARD 6.AMAZING JOURNEY 7.SPARKS 8.SEE ME FEEL ME/ LISTENING TO YOU 9.TEA & THEATRE

★ BONUS DVD NO.1 (AUD SHOT 20MIN)
LIVE AT BUDOKAN, TOKYO NOVEMBER 17TH 2008
1. I CAN'T EXPLAIN(FADE IN) 2. THE SEEKER 3. ANYWAY ANYHOW ANYWHERE 4. FRAGMENTS 5. WHO ARE YOU


LIVE AT BUDOKAN, TOKYO NOVEMBER 17TH 2008+BONUS DVD
DISC-ONE
1.INTRO 2.I CAN'T EXPLAIN 3.THE SEEKER 4.ANYWAY ANYHOW ANYWHERE 5.FRAGMENTS 6.WHO ARE YOU 7.BEHIND BLUE EYES 8.RELAY 9.SISTER DISCO 10.BABA O'REILY 11.EMINENCE FRONT

DISC-TWO
1.5:15 2.LOVE REIGN OVER ME 3.WON'T GET FOOLED AGAIN 4.MY GENERATION 5.THE NAKED EYE
-ENCORE- 6.PINBALL WIZARD 7.AMAZING JOURNEY 8.SPARKS 9.SEE ME FEEL ME/ LISTENING TO YOU 10.TEA & THEATRE

★BONUS DVD NO.2 (AUD SHOT 18MIN)
LIVE AT BUDOKAN, TOKYO NOVEMBER 17TH 2008
1. RELAY 2. SISTER DISCO 3. BABA O'REILY


LIVE AT BUDOKAN, TOKYO NOVEMBER 19TH 2008+BONUS DVD
DISC-ONE
1.INTRO 2.I CAN'T EXPLAIN 3.THE SEEKER 4.ANYWAY ANYHOW ANYWHERE 5.FRAGMENTS 6.WHO ARE YOU 7.BEHIND BLUE EYES 8.RELAY 9.SISTER DISCO 10.BABA O'REILY 11.EMINENCE FRONT

DISC-TWO
1.5:15 2.LOVE REIGN OVER ME 3.WON'T GET FOOLED AGAIN 4.MY GENERATION 5.THE NAKED EYE
-ENCORE- 6.PINBALL WIZARD 7.AMAZING JOURNEY 8.SPARKS 9.SEE ME FEEL ME/ LISTENING TO YOU 10.TEA & THEATRE

★BONUS DVD NO.3 (AUD SHOT 22MIN)
LIVE AT BUDOKAN, TOKYO NOVEMBER 17TH 2008
1. EMINENCE FRONT 2. 5:15 3. LOVE REIGN OVER ME 4. WON'T GET FOOLED AGAIN

Roger Daltrey(Vocals)
Pete Townshend(Guitar)
Pino Palladino(Bass)
Zak Starkey(Drums)
John "Rabbit" Bundrick(Keyboards)
Simon Townshend(Guitar)



ザ・フー
Boston 2008
Invisible Works Records-028
AUD
2CD-R
\3,550
個数


遂に開始したTHE WHOの2008年秋ツアーより、3公演目にあたる10/24のボストンでのライブを超高音質のオーディエンス録音にて完全収録。

ネット上等でも出回っているこの日の音源ですが、本タイトルにはレーベル独自の24bitデジタル・リマスタリングが施されており、全く別次元の極上音質で最新ステージを楽しむことが出来ます。11/9のLA公演までアメリカ各地を転戦し、その後いよいよ日本へとやって来るROCK界の巨人THE WHO。待望の来日公演においても同様のステージ進行を展開すると思われるので、最高のサウンドバランスで大興奮のライブを捉えきった本作は、ファン必聴の1枚と断言いたします。

◆TD Banknorth Garden, Boston, MA, 24th October 2008
(excellent audience master / 24bit digitally remastered)
<Disc 1>
01. intro 02. I Can't Explain 03. The Seeker 04. Anyway Anyhow Anywhere 05. Fragments 06. Who Are You 07. Behind Blue Eyes 08. Real Good Looking Boy 09. Sister Disco 10. Baba O'Riley 11. Getting In Tune 12. Eminence Front

<Disc 2>
01. introduction by Pete Townshend 02. Sea And Sand 03. 5:15 04. Love Reign O'er Me 05. My Generation 06. Won't Get Fooled Again 07. Pinball Wizard 08. Amazing Journey 09. Sparks 10. See Me, Feel Me 11. Tea & Theatre

personnel;
Roger Daltrey (vocal)
Pete Townshend (guitar)
Pino Palladino (bass)
Zak Starkey (drums)
John "Rabbit" Bundrick (keyboards)
Simon Townshend (guitar)



ザ・フー
Who Heard Opera? -Rock Honors ‘08 & Glastonbury ‘07-
Dead Flowers DVD-043
170min. Pro-shot
2DVD-R
\2,870
個数


THE WHOの最新ライブ映像を2種類、いずれも超高画質のプロショットにて収録したファン必見のDVDが登場。高ビットレートを維持すべくディスク2枚に分けてのリリースとなっており、ディスク1には2008年7/17にLAでおこなわれた”VH1 Rock Honors”のステージを、ディスク2には2007年6/24のGlastonburyフェスにおけるステージを、いずれも放送用マスターよりデジタル・リマスタリング収録しています。

まずディスク1に収録の08年”Rock Honors”では、FOO FIGHTERS、INCUBUS等のバンドによるトリビュート形式のカヴァー演奏、各ジャンルの大物ミュージシャンが寄せたコメント、懐かしの映像等を交えながら、最後に御大THE WHOが登場して「Baba O’Riley」等5曲を演奏するという趣向となっています。オリジナルの放送段階で音飛びが頻繁に発生していたこの”Rock Honors”ですが、本アイテムではデジタル・リマスタリングによりその問題を完全に払拭しています。

続いてディスク2には、2007年度Glastonburyフェス最終日トリのステージを飾った雄姿を高画質放送用マスターよりデジタル収録。こちらは90分近くに及ぶステージを全曲収録しており、ピート&ロジャーの年齢を全く感じさせないパフォーマンスを思う存分堪能出来る最高のライブ映像となっています。

<DVD1 / 86min.25s>
◆VH1 Rock Honors, Pauley Pavillion, UCLA, Los Angeles, CA, 17th July 2008
1. opening [Foo Fighters] 2. Young Man Blues 3. Bargin 4. interval [Incubus] 5. I Can See For Miles 6. I Can't Explain 7. interval [Flamming Lips] 8. Medley From Tommy 9. interval [Tenacious D] 10. Squeeze Box 11. interval [Pearl Jam] 12. Love Reign O'er Me 13. The Real Me 14. interval [Adam Sandler] 15. Magic Bus [The Who] 16. Baba O'Riley 17. Who Are You 18. Behind Blue Eyes 19. My Generation 20. Tea and Theatre 21. ending

<DVD2 / 83min.25s>>
◆Glastonbury Festival, Glastonbury, England, 24th June 2007
1. Introduction 2. I Can't Explain 3. The Seeker 4. Anyway Anyhow Anywhere 5. Fragments 6. Who Are You 7. Behind Blue Eyes 8. Baba O'Riley 9. The Relay 10. You Better You Bet 11. My Generation 12. Won't Get Fooled Again 13. The Kids Are Alright 14. Pinball Wizard 15. Amazing Journey 16. Sparks 17. See Me Feel Me 18. T & Theatre



ザ・フー
GOT A FEELING INSIDE
SYLPH-0629
AUD
2CD-R
\5,170
個数


2004年歴史的大事件となった「THE WHO」の初来日公演より、7月25日大阪ドーム(ロックオデッセイ)での白熱ライヴをフロントローより迫力の超高音質にて完全収録!!オーディエンス録音ならではの鳥肌もの臨場感!!

ピートの爆裂ギターを始め、会場まるごと真空パックしたかのごとく、全てがリアルに収録されています!!会場に集まった洋楽ファンのド肝を抜いた、あの大絶賛ライヴパフォーマンスを、余す事無く堪能出来ること間違いなし!!ファンなら必携のメモリアル・アイテムでしょう!!これは大音量でお楽しみ下さい!!

Disc-One
1.Opening 2.I Can't Explain 3.Substitute4.Anyway Anyhow Anywhere 5.Baba O'Riley6.Behind Blue Eyes 7.Real Good Looking Boy 8.Who Are You 9.5.15 10.Love Reign O'er Me

Disc-Two
1.Band Introduction 2.My Generation>Old Red Wine3.Won't Get Fooled Again
(Encore)
4.Intro 5.Pinball Wizard 6.Amazing Journey>Sparks7.See Me Feel Me>Listening To You



ザ・フー
GETTING FUNNY DREAMS 2004
PV0015
PRO SHOT
1DVD-R
\4,690
個数


2004年7月24日に行われたサマーフェスより、初来日となったザ・フーのライヴをプロショット収録(最長版)!!ダイレクトにデジタル収録された最高画質・高音質な逸品!!完全収録ではありませんが、あの感動が蘇るに十分な内容はファンなら必見の永久保存盤でしょう!!丁寧な編集・メニュー画面&チャプター付きのプロフェッショナル仕様で言うことなし!!

1.CAN'T EXPLAIN 2.SUBSTITUTE 3.ANYWAY ANYHOW 4.BABA O'REILY 5.BEHIND BLUE EYES 6.REAL GOOD LOOKING BOY 7.WHO ARE YOU   8.5.15 9.MY GENERATION 10.OLD RED WINE 11.WON'T GET FOOLED AGAIN 12.PINBALL WIZARD 13.AMAZING JOURNEY 14.SEE ME FEEL ME



ザ・フー
MOUNTAIN VIEW 2000
WR-416
SBD
2CD-R
\3,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


“ザ・フー”2000年、シュアライン・アンフィシアターでのド迫力のステージを高音質サウンドボード音源(2枚組)で収録したタイトルが登場!

本タイトルは、1985年から再始動したザ・フーの2000年、シュアライン・アンフィシアターでのライブを収録した迫力のタイトル。往年のヒット・ナンバー満載のセット・リストは、まさにベスト・オブ・ベスト!今は亡きジョンのベースが炸裂するファンならずとも必聴、超オススメのコレクターズ・アイテムです!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Shoreline Amphitheatre, Mountain View, CA, August 21, 2000.

DISC ONE
01. Introduction / 02. I Can't Explain / 03. Substitute / 04. Anyway Anyhow Anywhere / 05. I Don't Even Know Myself / 06. My Wife
07. Bargain / 08. Baba O'Riley / 09. Drowned / 10. The Kids Are Alright / 11. Relay / 12. Pinball Wizard

DISC TWO
01. The Real Me / 02. Who Are You / 03. Magic Bus / 04. Behind Blue Eyes / 05. You Better You Bet / 06. 5:15
07. Won't Get Fooled Again / 08. Naked Eye (cut) / 09. Let's See Action (cut)



ザ・フー
GS1989
Dead Flowers DVD-048
173min. Pro-shot
1DVD-R
\2,550
個数


THE WHOの1989年7/2のニュージャージー公演を、放送用の高画質プロショット・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。

テレビでオンエアされたバージョンではなく、流出のマスターソースを用いたファンの間では有名な映像ですが、本作では既発タイトルとは異なる初登場の高品質なニューマスターを使用、映像・音声ともにレーベル独自のリマスタリングが施された極上クオリティによる収録となっています。結成25周年を記念して敢行された“The Kids Are All Right”ツアーの3時間にも及ぶ入魂のステージは、全編見逃せない大変濃い内容です。

◆Giants Stadium, East Rutherford, NJ, 2nd July 1989
1.Overture 2.It's A Boy 3.1921 4.Amazing Journey > Sparks 5.The Acid Queen 6.Pinball Wizard 7.Fiddle About 8.I'm Free 9.Tommy's Holiday Camp 10.We're Not Gonna Take It > See Me Feel Me 11.Let My Love Open The Door 12.Face The Face 13.A Friend Is A Friend 14.I'm A Man 15.I Can't Explain 16.Substitute 17.I Can See For Miles 18.Trick Of The Light 19.Boris The Spider 20.Who Are You 21.Magic Bus 22.Mary Anne With The Shaky Hands 23.Baba O'Riley 24.My Generation 25.A Little Is Enough 26.5.15 (Cuts in Slightly) 27.Love Reign O'er Me (Cuts in Slightly) 28.Love Hurts 29.My Wife 30.Sister Disco 31.Rough Boys 32.Join Together 33.You Better You Bet 34.Behind Blue Eyes 35.Won't Get Fooled Again

◇Personnel;
Roger Daltrey
John Entwistle
Pete Townshend
John Rabbit Bundrick
Simon Phillips
Steve 'Boltz' Bolton
Jody Linscott
Neil Sidwell
Simon Clarke
Tim Sanders
Billy Nichols
Chyna
Simon Gardner
Cleveland Watkiss



ピート・タウンゼント
PETE TOWNSHEND’S DEEP END
IRDVD-065
PRO-SHOT 93min
1DVD-R
\3,300
個数


一曲目からピート・ジャンプ炸裂!!THE WHO伝説のギタリストでありフロント・マンでもあるピート・タウンゼントの最高のソロ・パフォーマンスが、今、蘇る!!麻薬撲滅運動”Double-O Project”の一環として1985年11月1〜3日の3日間、ロンドンのブリクストン・アカデミーで行われたチャリティー・ライブ(アンチ・ヘロイン・ベネフィット・コンサート)を収録(11月2日の公演)したタイトルです!!

コンサート前のアナウンスでは、10人編成のバンドでステージに立つと伝えられてましたが、実際はコーラス隊5人を含め、総勢17人という大所帯でのステージとなりました。PETE TOWNSHEND’S DEEP ENDと名付けられたバンドのメンバーは超豪華!盟友、ラビット(元フリー、ザ・フーなど)をはじめ、スーパー・ドラマー、サイモン・フィリップス(ジェフ・べック、ミック・ジャガーなどのサポート)、ベースにチューチョ・マーチャン(元ユーリズミックス)などなど、敏腕メンバーがピートのステージを強力にサポートしています。中でもスペシャル・ゲスト・ギタリストとして登場するデイヴ・ギルモア(ピンク・フロイド)の素晴らしいプレイは必見です!演奏される曲もソロ・ナンバーは、もちろん、ザ・フー時代の名曲、さらに往年の名曲のカヴァー(デイヴ・ギルモアのソロ・ナンバーも収録)まで披露されるバラエティーに富んだ構成になっているのも見所のひとつです。ピート唯一のビッグ・バンド・ソロ・コンサートを存分に堪能出来るタイトルです!

PETE TOWNSHEND’S DEEP END
Pete Townshend (guitar and vocals) John "Rabbit" Bundrick (keyboards) Chucho Merchan (bass)
Simon Philips (drums) Peter Hope-Evans (harmonica) Jody Linscott (percussion) Gina Foster (backing vocals) Coral Gordon (backing vocals) Billy Nicholls (backing vocals) Ian Ellis (backing vocals) Chris Staines (backing vocals) ….and special guest player Dave Gilmour(guitar and vocals from PINK FLOYD)

"The Kickhorns": Simon Clarke/TimSaunders/Peter Thoms/Roddy Lorimer/Dave Plews

1.Won't Get Fooled Again 02.Little Is Enough 03. Secondhand Love 04. Behind Blue Eyes 05. Barefootin' 06. After the Fire 07. Love on the Air 08. I Put a Spell on You 09. I'm One 10. Magic Bus 11. Save It for Later 12. Eyesight to the Blind 13. Walkin' 14. Stop Hurting People 15. Sea Refuses No River 16. Face the Face 17. Pinball Wizard 18. Give Blood
bonus track
19. Magic Bus (Studio Live 1996)



ザ・フー
It’s Face,Hard Dances
WR-115
SBD
1CD-R
\3,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


“ザ・フー”1980年代にリリースした2枚のアルバムのアウトテイク、デモ、オルタネイト・ヴァージョンを高音質スタジオ・サウンドボード音源で収録したタイトルが登場!

本タイトルは、キース・ムーン亡き後、新たなドラマーに元フェイセズのケニー・ジョーンズを迎え制作された事実上最後の2枚のアルバム「FACE DANCES」「IT’S HARD」のレコーディング・セッションの中から選りすぐりのレア音源をコンピレーションした貴重なタイトル!
心機一転、新体制で制作された前述の2枚のアルバムは、それなりの成功を収めたものの、キース・ムーンを失った代償は大きく、結果的にはバンドの勢いは衰え解散ツアー後、1983年、正式に解散する事となります。リリース当時、それまでのザ・フーのハードなサウンドは影を潜め、ポップなロック・アルバム的な印象がありましたが、30年以上経った今、改めて聴き直すと、ピートのセンスが存分に発揮されている素晴らしいアルバムだった事に気付かされます。
特に、本タイトルに収録されている数々のレア音源を聴いて頂ければ、より一層、素晴らしさが再確認出来るはずです!ボーナス・トラックとして、同時期にリリースされたシングルの音源を追加収録!ザ・フーの歴史の中で絶対に避けては通れない時代の記録的タイトル、オススメです!!

SOURCE: EXCELLENT STUDIO SOUNDBOARD RECORDINGS.
Studio outakes, demos and alternates.
T01-T04 : Face Dance demos.
T05-T08 : It’s Hard demos.
T09-T16 : BONUS TRACKS.

01. How Can You Do It Aone / 02. Daily Records / 03. You Better You Bet / 04. Don’t Let Go The Coat / 05. Dance It Away / 06. What Is Love / 07. Athena / 08. You Got It In Ya BONUS TRACKS / 09. You Better You Bet (Original Full-Lenght Version) / 10. Don’t Let Go The Coat (Original Version) / 11. Athena (Original Version) / 12. How Can You Do It Aone (Live) / 13. It's Hard (Live) / 14. Eminence Front (Live) / 15. Dengerous (Live) / 16. Cry If You Want (Live)



ザ・フー
Hooligans
WR-000
SBD
2CD-R
\3,600
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


ザ・フー、1981年アナログのみで発売された2枚組ベスト・アルバムをCDR(2枚組)で再現した究極のコレクターズ・アイテムが遂に登場!

「I CAN’T EXPLAIN」「PINBALL WIZARD」など代表的なヒット・ナンバーはもちろん、規発のベスト盤とは一味違った渋い選曲で構成された本タイトルはザ・フー・マニアならずとも、たまらない納得の1枚!
音源もアナログ・マスターを使用!
規発のCD音源とは全く違うサウンドは最新のデジタル・サウンドでは味わえない懐かしくも迫力のサウンドです!

SOURCE:Studio Soundboard Recordings. Double Compilation Album Of The Who. Released by MCA Records in 1981.

DISC ONE
01. I Can't Explain
02. I Can See For Miles
03. Pinball Wizard
04. Let's See Action
05. Summertime Blues
06. Relay
07. Baba O'riley
08. Behind Blue Eyes
09. Bargain
10. The Song Is Over

DISC TWO
01. Join Together
02. Squuze Box
03. Slip Kid
04. The Real Me
05. 5:15
06. Drowned
07. Had Enough
08. Sister Disco
09. Who Are You



ザ・フー
Germany 1981
Dead Flowers DVD-036
95min. Pro-shot
1DVD-R
\2,500
個数


THE WHOの定番映像、1981年3/28のドイツはエッセンでのプロショット・ライブが過去最高のハイ・クオリティによる収録で登場。

ケニー・ジョーンズ、ジョン“ラビット”バンドリックを迎えた5人編成の新生THE WHOのライブ映像としてアナログ・ビデオ時代から何度もリリースされている超有名な公演なので、ファンであれば一度ならず目にしたことがあるのではないかと思います。今回のリリースに際しては、映像部にはマスタークオリティの高画質映像、そして音声部には圧倒的な高音質のLPCMステレオが採用されており、脂の乗りきったこの時期のパワフルなステージをド迫力の臨場感で伝えてくれる最高の仕上がりとなっています。決定版として大推薦の1枚、買い直して損の無いオススメのアイテムです。

◆"8th Rockpalast Festival", Grugahalle, Essen, Germany, 28th March 1981
01.introduction 02.Substitute 03.I Can't Explain 04.Baba O'Riley 05.The Quiet One 06.Don't Let Go The Coat 07.Sister Disco 08.You Better You Bet 09.Drowned 10.Behind Blue Eyes 11.Another Tricky Day 12.Pinball Wizard 13.Who Are You 14.5:15 15.My Generation 16.Won't Get Fooled Again 17.Summertime Blues 18.Twist And Shout 19.See Me, Feel Me

◇Personal;
Roger Daltrey (Vocals, Harmonica)
Pete Townshend (Guitar, Vocals)
John Entwistle (Bass)
John "Rabbit" Bundrick (Keyboards)
Kenny Jones (Drums)



ザ・フー
Germany 1981
WR-252
SBD
2CD-R
\3,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


“THE WHO”1981年、ドイツの有名TVプログラム「ROCKPALAST」での迫力のステージを高音質サウンドボード音源(2枚組)で収録したタイトルが登場!

本タイトルは、キース・ムーンの死後、フェイセズのドラマー”ケニー・ジョーンズ”を新ドラマーに迎え精力的にライブ活動を展開していた時期である1981年、ロックパラストでのステージをコンプリート収録した至福のタイトル!ピートの炸裂ギター、ロジャーのハイトーン・ヴォーカル、ジョンのド派手なベース・ライン、キース・ムーンのような破天荒でダイナミックな?!ドラミングではないものの、タイトで的確なケニーのドラミングは現在の”ザ・フー”のサウンドへと継承されていると言っても過言ではありません!お馴染みのヒット・ナンバー満載、迫力のステージをたっぷりと堪能出来るオススメの1枚です!!

SOURCE: EXCELLENT STUDIO SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Grugahalle, Essen, Germany, March 28, 1981.

DISC ONE
01. Introduction / 02. Substitute / 03. I Can't Explain / 04. Baba O'Reily / 05. The Quiet One / 06. Don't Let Go The Coat
07. Sister Disco / 08. You Better You Bet / 09. Drowned / 10. Behind Blue Eyes

DISC TWO
01. Another Tricky Day / 02. Pinball Wizard / 03. Who Are You / 04. 5:15 / 05. My Generation / 06. Won't Get Fooled Again
07. Summertime Blues / 08. Twist And Shout / 09. See Me, Feel Me



ザ・フー
Concert For The People Of Kampuchea
KS-025
PRO-SHOT
1DVD
\2,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


1979年カンボジア難民救済コンサート、プレスコンプリート映像アイテム入荷!!

このコンサートは、ユニセフのワルトハイム国連事務局長とポール・マッカートニーの提唱によりカンボジアの難民を救済するための資金集めを目的に開催された救済援助ロック・コンサートであり、1979年12月26〜29日にロンドンのハマースミス・オデオンで開催されました。

ポール・マッカートニー率いるウィングスとロッケストラ、クィーン、プリテンダーズ、クラッシュ、スペシャルズ、ザ・フーなど、当時のイギリス・ロック界のビッグ・ネームが集結した伝説のコンサートとして現在も語継がれております。

このコンサートの模様は、ダイジェスト版(ザ・フーは「Sister Disco」「Behind Blue Eyes」「See Me Feel Me」3曲のみ)として、さまざまなブート音源(オフィシャル・アナログもあり)、映像として存在していますが、今回は、そのコンサートでのザ・フーのパフォーマンスをコンプリート(全20曲)で収録した待望のリリースです!

前年にオリジナル・メンバーであるキース・ムーンを失い、その活動が危ぶまれていたザ・フーですが、後任ドラマーとして元・フェイセズのケニー・ジョーンズを迎え再出発、それだけに、特にピートの気合の入ったパフォーマンスは圧巻です!!

Recorded At Hammersmith Odeon,London Friday,December 28TH 1979

01. Substitute
02. I Can’t Explain
03. Baba O’Riley
04. The Punk And The Godfather
05. My Wife
06. Sister Disco
07. Behind Blue Eyes
08. Music Must Change
09. Drowned
10. Who Are You
11. 5.15
12. Pinball Wizard
13 See Me Feel Me
14. Long Live Rock
15. My Generation
16 I’m A Man
17 Sparks
18. I Can See For Mile
19. I Don’t Want To Be An Old Man
20. Won’t Get Fooled Again
21. Summertime Blues,
22. Dancing In The Streets
23 Dance It Away
24. The Real Me



V.A.
Concert For The People of Kampuchea
Second Line-053
95min. Pro-shot
1DVD-R
\1,700
個数


“Concert for the People of Kampuchua”、1979年12月にロンドンのハマースミス・オデオンでおこなわれたカンボジア難民救済のためのコンサートを、現存する最良のプロショットマスターより合計95分に亘りデジタル・リマスタリング収録。

ポール率いるWings、THE WHO 、QUEEN、THE CLASH等々、豪華な顔ぶれで行なわれたこのステージの模様は世界各地で様々な形で放映されました(ファンの方であれば日本国内で放映されたバージョンはご覧になったことがあるかもしれません)が、本タイトルではアメリカで放送された最長バージョンのソースからCM部分をカットして演奏部分のみを収録、さらに英国で放送されたバージョンと米国放送の別バージョン(ステレオ)を追加収録しています。

◆“Concert for the People of KAMPUCHEA”, Hammersmith Odeon, London, England, 27th, 28th, & 29th December 1979
<On American TV / complete>
01.Queen "Now I'm Here" 02.Queen "Crazy Little Thing Called Love" 03.MATUMBI "Jah Died For Us" 04.The Clash "Armigideon Time" 05.The Pretenders "Brass In Pocket" 06.Wings "Got To Get You Into My Life" 07.Wings "Every Night" 08.Wings "Coming Up" 09.The Specials "Monkey Man" 10.Elvis Costello "The Impostor" 11.Rockpile "Three Time Loser" 12.Robert Plant "Little Sister" 13.Ian Dury "Sweet Gene Vincent" 14.Ian Dury "Hit Me With Your Rhythym Stick" 15.The Who "Sister Disco" 16.The Who "Behind Blue Eyes" 17.The Who "See Me, Feel Me" 18.introduction by Billy Connoly 19.Rockestra "Lucille" 20.Rockestra "Let It Be" 21.Rockestra "Rockestra Theme"
<On British TV>
22.Wings "Got To Get You Into My Life" 23.Wings "Getting Closer" 24.Wings "Every Night/Arrow Through Me 25.Rockestra "Lucille"
<On American TV Special>
26.Wings "Got To Get You Into My Life"



ザ・フー
Who Are You Outtakes & Demo Tracks
LAUNDRY LRCD-003
SBD
1CD-R
\2,900
個数


11月に初の単独来日公演が決定しているTHE WHOの名盤「WHO ARE YOU」のOUTTAKES & DEMO TRACKS登場です。

PETE TOWNSHENDがロンドンの街角でPISTOLSを辞めPUBLIC IMAGE LIMITEDとして活動再開したJOHN LYDONに「お前は誰だ?」と言われた事からタイトルになったという、このアルバムは、全米、全英と好セールスを記録するも、発売後にバンドの要でもあったKEITH MOONが死亡。彼の遺作として永遠に語り継がれている名盤です。

さて、本作は、後のKEITHの死を知る余地もなく、WHO ARE YOU制作に意欲的に取り組んでいるPETE(THE WHO)の熱い曲作りが詳細に垣間見れる、まさに幻の音源集です。初の単独来日を目前に、オリジナルTHE WHOの最後の世界を再認識してはいかがですか。まさにグッドタイミングのリリース、超オススメです。

1. Who Are You (Who Studio Outtake)
2. Who Are You (Original Pete Townshend Demo)
3. Love Is Coming Down (P.T. Demo)
4. New Song (P.T. Demo Original Mix)
5. Sister Disco (P.T. Demo Original Mix)
6. Never Ask Me (P.T. Demo Original Mix)
7. I Like It That Way (Original P.T. Acoustic Version)
8. Love Is Wine (Unreleased P.T. Song)
9. Keep On Working (P.T. Demo)
10. Guitar And Pen (P.T. Demo)
11. Music Must Change (P.T. Demo Original Mix)
12. Empty Glass (P.T. Demo)
13. No Road Romance (P.T. Demo Original Mix)
14. Barbara Ann (Who Studio Outtake)
15. Peppermint Lump (P.T. Demo With Schoolgirl Angie Singing - Released As A Rare 7”On Stiff Record In 1979, Credited To Angie)



ザ・フー
Who Put The Live Boot In
LAUNDRY-007
SBD
1CD-R
\2,900
個数


76年に行なわれたパッケージ・ショーから6月12日のスワンシー公演を、ラジオ放送サウンドボード音源で収録。

古くから有名なラジオ音源として76年の定番のマテリアル!!!ブートだけでなく、『WHO BY NUMBERS』のボーナス・トラックを始めファンクラブ入会特典CD『VIEW FROM THE BACKSTAGE』等様々なアイテムでも聴ける公演で、今ではライヴのほぼ全長をサウンドボードで聴くことが出来るのですが、このラジオ放送ヴァージョンにおいてもグリン・ジョンズがミックスを行なっており、且つ選曲も的を得たものになっている上に、収録時間もCDの時代になってからは1枚のディスクにおさまることで、結果として「記録」としてよりも「作品」としてのトータル性すら感じられる、何度も聴き返すことの出来るものとなっています。この68分間に濃縮されたすさじいテンションと圧巻のライヴ・パフォーマンスはまさに必聴です。た、多少ヒスノイズがあるものの、ミックスはオフィシャルよりも迫力のある仕上がりで、それもまたライヴ・アルバム的な聴き方が出来るアイテムであると言えます。アートワークも古き良きアナログ・ブートを感じさせるしっかりとしたデザイン。音質も24ビットデジタルリマスターによりさらに向上しました。この音源を聴いたことのない全てのロック・ファンに聴いて欲しいアイテムです。

Vetch Field,Swansea City Football Club, Saturday 12TH June 1976
1. Amazing Journey 2. Sparks 3. The Acid Queen 4. Fiddle About 5. Pinball Wizard 6. I’m Free / How Can We Follow7. Baba O’Riley 8. Squeeze Box 9. Behind Blue Eyes 10. Dreaming From The Waist 11. My Wife 12. Summertime Blues13. My Generation / Join Together / My Generation Blues / Blues Guitar Interlude 14. Won’t Get Fooled Again



ザ・フー
THE SUMMIT 1975 REMASTERED EDITION
WR-168
SBD
2CD-R
\3,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


”ザ・フー”1975年,北米ツアー初日のヒューストン公演を高音質サウンドボード・リマスター音源でコンプリート収録したタイトルが登場!
本タイトルは、名盤「THE WHO BY NUMBERS」リリース後に行われた北米ツアーの初日、ヒューストンでの白熱のライブを収録した貴重なタイトルです。「However Much I Booze」「Dreaming From The Waist」など、当時、リリースされたばかりのアルバム「THE WHO BY NUMBERS」のナンバーはもちろん、「SUBSTITUTE」「I CAN’T EXPLAIN」「MY GENERATION」などの名曲を含む全23トラックを収録。キース・ムーンの壮絶なドラミングが炸裂する1975年のベスト・ライブ!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at The Summit in Houston,Texas, November 20, 1975.

DISC ONE
01. Substitute
02. I Can't Explain
03. Squeeze Box
04. Baba O'Riley
05. Boris The Spider
06. Drowned
07. However Much I Booze
08. Dreaming From The Waist
09. Behind Blue Eyes
10. Keith Moon Introduces Tommy
11. Amazing Journey / Sparks
12. Acid Queen
13. Pinball Wizard
14. I'm Free
15. Tommy's Holiday Camp
16. We're Not Gonna Take It!

DISC TWO
01. Summertime Blues
02. My Generation / Join Together / Extended Jam
03. Naked Eye
04. Roadrunner
05. Won't Get Fooled Again
06. Magic Bus
07. My Generation Blues



ザ・フー
CHARLTON 1974
TMR-11/12/13
SBD
2CD+1DVD
\7,800
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


THE WHOの代表作のひとつである『トミー』は、ロック・オペラの優れた作品としても知られている。そもそも「ロック・オペラ」なる造語自体が、ピート・タウンゼントの発案であると伝えられており、まさにTHE WHOは70年代に花開くロック・オペラの先駆者であった。そして『トミー』より難解かつ複雑な新たなロック・オペラの大作として上梓されたのが1973年に発表された『四重人格』であった。『四重人格』に至るまでもTHE WHOは紆余曲折を経ている。1972年、新たなアルバムとして制作にとりかかった『ライフハウス』は完成を待たずしてお蔵入りとなり、その仕切り直しとなった『ロック・イズ・デッド』も未完成のままプロジェクトは棚上げとなってしまう。結局1972年はTHE WHOとしてのリリースはシングル2枚にとどまってしまった。多忙ながらも作品としての結実がなかった1972年を不完全燃焼で終えたTHE WHOは、翌1973年、再びニューアルバムの制作にとりかかることとなった。このように何度かの流産を経て完成したのが『四重人格』なのである。先に『四重人格』は難解かつ複雑なロック・オペラであると書いたが、実際に内容をすぐに把握することは困難で、リリースに際しては物語を記した分厚いライナー&写真集が付与されていた。そしてこの『四重人格』に伴うツアーが1974年に行なわれたのである。『四重人格』に伴うツアーは1974年2月にフランスで、5月にイギリス、そして6月にアメリカと、断続的に3つのレグにわけて、半年の間にわずか13公演という小規模なものであった。さらにツアーにおいてはセットリストの変遷も特記事項である。アルバムを聴けばわかるのだが、このアルバムのサウンドはシンセサイザーを多用したきらびやかな色彩を帯びたものとなっている。それが意味するところは、4人バンドでステージで再現することが困難であるということである。そこで当初は事前にバッキング・トラックを録音しておいて、ステージではそのテープに合わせて演奏するという案が遡上に上がった。しかし技術的な事や、テープと演奏のタイミングが合わないなどの問題点が噴出し、ツアー当初は『四重人格』からの楽曲が多く演奏されていたが、ツアーが進むにつれその比重は低くなっていき、最終的には3曲程度しか演奏されなくなっていった。本作は、この小規模な1974年ツアーにおいてハイライトともいうべき1974年5月18日、イギリスはチャールトンでのコンサートを収録している。なぜこのチャールトン公演がツアーのハイライトかといえば、THE WHOはSUMMER OF 1974という大規模イベントのヘッドライナーとしての出演だったのである。会場となったのは巨大なフットボール・スタジアム。バッド・カンパニーやハンブル・パイなど当時イケイケのバンドが勢揃いした中で、スタジアムを埋め尽くす大観衆を前にしての演奏である。本作は、このチャールトン公演を音源と映像の両方で楽しめるセットとなっている。

【CD】THE WHOの1974年5月18日チャールトン公演は、さすがツアーのハイライトにして巨大スタジアムのイベント・ステージということで、様々な形で記録が残されている。音源にしても、BBCマスターやFMブロードキャスト・マスター、さらに映像付随の音源も含むと数種類のサウンドボード音源が存在することになる。しかしながら、いずれもサウンドボードではあるのだが音質的にいまひとつなもので、しかも完全収録ではないという最大の欠点がある。そして皮肉なことに、この日を収録した音源で最も音質的に優れているのがオーディエンス音源であり、また完全収録しているのもオーディエンス音源のみなのである。よって、本作は内容と音質の両方から判断し、オーディエンス音源で完全収録している。

【DVD】この日は映像もプロショットで残されており、古くからコレクターの間では有名な定番映像であった。その昔「2nd House」という番組で放送されたものが、全ての既発タイトルの元ネタになっていたのだが、最近になり別ソースが2種類ほど発掘され、現在ではそれらを組み合わせたものが主流となっている。しかし、いずれのソースも不完全収録であり、それぞれのソースにしかない曲もあるものの、基本的には全て同じショットである。また音声は基本的にはモノラル収録なのだが、FMラジオで放送されたステレオ音源というものがあり、さらに部分的にはステレオ音声の映像が存在したりと、なかなか複雑な状況であった。

本作は、THE WHOコレクター秘蔵のBBCバージョンの高画質ソースがあり、それとは別にマスタークオリティで数曲あり、それらを組み合わせて最長収録になるよう試みている。残念ながら完全収録というものはいまだ発掘されておらず、むしろ現存しないという話もある。また元がPALソースということもあってノイズが散見され画質が微妙なものが多かったのだが、本作ではそれら画質も従来にないハイ・クオリティとなっている。内容的にも、ピートのインタビューやバックステージの様子なども含め、最良かつ最長となっている。そして映像の音声部分であるが、こちらはビデオ・ソースとFM放送されたステレオ音源の2種類の音声が切り替え出来るようになっている。

【CHARLTON 1974】 本作は、アルバム『四重人格』に伴う短期ツアーにおけるハイライト、1974年5月18日巨大スタジアムにおけるイベント・ステージ、チャールトン公演をオーディエンス音源で完全収録、さらにプロショット映像でサウンドボード音源2種類が切り替え可能な映像とのセットである。定番音源、定番映像だからこそ、パーフェクトな形で残しておきたい、その役割を果たすとしたら本作になるのではないか。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

AUDIENCE RECORDING AUDIO DISC
DISC ONE 01. Announcement 02. tuning 03. Can't Explain 04. Summertime Blues 05. Young Man Blues 06. Baba O'Riley 07. Behind Blue Eyes
08. Substitute 09. I'm A Boy 10. Tattoo 11. Boris The Spider 12. Drowned 13. Bell Boy 14. Doctor Jimmy 15. Won't Get Fooled Again
16. Pinball Wizard

DISC TWO 01. See Me, Feel Me 02. 5:15 03. Magic Bus 04. My Generation 05. Naked Eye 06. Let's See Action 07. My Generation Blues

PRO-SHOT FILM DISC
DVD DISC AUDIO 1 ORIGINAL SBD VIDEO RECORDING AUDIO 2 BROADCAST STEREO SBD RECORDING
01. Opening 02. Introduction 03. Young Man Blues 04. Baba O'Riley 05. Behind Blue Eyes 06. Substitute 07. I'm A Boy 08. Tattoo 09. Drowned
10. Bell Boy 11. See Me, Feel Me 12. Magic Bus 13. My Generation 14. Naked Eye 15. Let's See Action 16. My Generation Blues



ザ・フー
Landover 1973 Pre-FM Master
MDNA-13053
SBD
1CD-R
\2,900
個数


1973年末におこなわれたTHE WHOの北米ツアーより、12/6のLANDOVERでのライブが高音質サウンドボード録音で登場。
放送前のPre-FMマスターをソースに使用しているため、30年という月日を全く感じさせないクリアなバランスの良い音質で全編収録されています。『四重人格』リリース直後という、文字通り”黄金期”の最高のパフォーマンスを思う存分お楽しみいただける必聴盤です。

◆"KING BISCUIT FLOWER HOUR" CAPITOL CENTER, LANDOVER MD 6TH DECEMBER 1973

01. INTRO 02. I CAN'T EXPLAIN 03. SUMMERTIME BLUES 04. MY GENERATION 05. I AM THE SEA / THE REAL ME 06. I'M ONE 07. TOWNSEND SPEAKS / SEA AND SAND 08. CONTINUED WITH SEA AND SAND / ANNOUNCEMENT 09. DROWNED 10. BELL BOY 11. TOWNSEND SPEAKS / DOCTOR JIMMY 12. WON'T GET FOOLED AGAIN 13. PINBALL WIZARD 14. SEE ME FEEL ME 15. PIONEER HI FIDELITY COMMERCIAL (CLASSIC) 16. LAND LUBBER COMMERCIAL (CLASSIC) 17. ANNOUNCEMENT 18. ANNOUNCEMENT (A RARE SPOOF ON KEITH MOON THANKING EVERYONE)



ザ・フー
Who’s Next Rarities
MDNA-13046
SBD
4CD-R
\4,500
個数


金字塔アルバム『Who’s Next』1関連のレア・アーカイヴを蒐集し尽くした決定版コレクターズ・アイテムが登場。

ピート・タウンゼントのデモ音源、ロングバージョンの未発表&オルタネイト・テイク、レコーディング・セッション、リハーサル音源等。いずれもファンであれば固唾を呑んで聴き入ってしまうこと請け合いのレア音源が、40年以上の歳月を全く感じさせない素晴らしい音質のサウンドボード録音で収められています。

(Disc 1)
-Pete's Demos-
01. Pure And Easy 02. Teenage Wasteland 03. Going Mobile 04. Baba O'Riley 05. Time Is Passing 06. Love Ain't For Keeping 07. Bargain 08. Too Much Of Anything 09. Greyhound Girl 10. Mary 11. Behind Blue Eyes 12. I Don't Even Know Myself 13. Getting In Tune 14. Won't Get Fooled Again 15. The Song Is Over

(Disc 2)
-Alternate & Extended Who's Next Album-
01. Baba O'Riley 02. Going Mobile 03. Time Is Passing 04. Love Ain't For Keeping 05. My Wife 06. Bargain 07. Too Much Of Anything 08. Behind Blue Eyes 09. I Don't Even Know Myself 10. Put The Money Down 11. Pure And Easy 12. Getting In Tune 13. Let's See Action 14. Relay 15. Join Together 16. Won't Get Fooled Again 17. The Song Is Over

(Disc 3)
-The Recording Sessions-
01. Pure And Easy (alternate version) 02. Getting In Tune (alternate version) 03. Baby Don't You Do It (rough mix) 04. Won't Get Fooled Again (alternate version) 05. Love Ain't For Keeping (alternate version) 06. Getting In Tune (alternate mix) 07. Too Much Of Anything (alternate mix) 08. Pure And easy (Pete solo piano) 09. Baba O'Riley (synth intro w/comments) 10. Going Mobile (w/comments) 11. My Wife (w/comments) 12. Behind Blue Eyes (w/comments)

(Disc 4)
-Rehearsals At The Old Vic Theatre, London 1971-
01. Baby Don't You Do It 02. Bargain 03. Bony Moronie 04. Unknown Jam 05. My Generation 06. Naked Eye 07. Naked Eye 08. Bonie Moronie 09. Roadrunner 10. Walking The Dog 11. Pinball Wizard 12. See Me Feel Me 13. Baby Don't You Do It 14. Won't Get Fooled Again (false start) 15. Won't Get Fooled Again



ザ・フー
Live At Tanglewood 1970
TMR-04
Pro-shot
1DVD
\4,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


■既発を凌駕する高画質を永久保存がっちりプレス盤にて
■3種類の音声をリアルタイムで選択できるマルチ・オーディオ仕様

処女作『RAILWAY TO CIRCUS -THE MOD YEARS-』が好評を博しているTMRレーベルより、トミー期のライブをカラービデオで収録した唯一の映像である1970年7月7日のタングルウッド公演の完全&アップグレードの決定版が登場です。

古くから超定番映像として知られているこの映像は、同時に超画質が悪いことでも有名で、幸い画質は悪くとも音質が良かったことと、何よりもこの日の演奏がとても良いため、ファンは楽しんで視聴していたものですが、幾度かのアップグレードを経て、ついにその完全盤&画質向上&リアルステレオ音声による決定版が本作になります。

この映像は、撮影した素材が散逸しているらしく、オフィシャルでも前半3曲が「Maximun R&B」に収録されていたものの、明らかにファースト・ジェネではない劣化映像での収録で、同作品のDVD化に際しては同年のワイト島の映像に差し替えられていました。

コレクターズ・アイテムとしては古くからほぼフルセットの映像は出回っていましたが、前述のとおりテープによってはまともに再生ができないくらいに劣化した映像でした。前半のみのマスターをビル・グレアム・プロダクションが所有しており、数年前にBGPのタイムコードが入った映像が出回り、しばらくはこの「前半・タイムコード入り映像」+「後半・タイムコード無し映像」の構成で繋がれたものが定番として存在していました。

本作ではついに、BGPのマスターが直デジタルの綺麗な映像として収録されているのです。これまでのものよりも前半自体が長いため、初めてコンサートを完全収録。そして何といっても注目すべきはリアル・ステレオで蘇った超綺麗なサウンドボード音声で、これはひと足先に音だけ出回っていたものが、この映像用に使用されています。

ビデオ撮りの音とは異なるマルチトラック収録による音声で、これが全編に使用されているため、画質の落ちる後半部分も非常に新鮮な印象で観ることができます。

本作では、このリマスター音声のみならず、元のビデオ撮りミックスの音声も臨場感と迫力が素晴らしいため、副音声として選択が可能。そして、5.1chのサラウンドミックスも収録しています。

BGPマスターのほうは、ネットで出回っているロゴ入りのものではなく、またトリミングもされていない広角映像。4台のカメラによる収録で、メンバーのアップが多いウッドストックやワイト島の映像と比べてステージ全体を見渡すことができる良好なアングルで楽しむことができます。

THE WHOの定番映像でありながら画質に恵まれなかったタングルウッド公演が、明らかに3ランク、4ランクはステップ・アップした映像で見る事が出来る、これはマニアにとっては驚きを持って迎えられるでしょう。しかもタイムコードやロゴが入らず、トリミングもされていないパーフェクトな映像。加えて3種類の音声の切替機能付でリアルタイムで切替が可能。

これを見ずしてTHE WHOは語れない決定盤映像です。ピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤!!!

TANGLEWOOD MA MUSIC SHED JULY 7, 1970

01. Heaven And Hell 
02. I Can't Explain
03. Water
04. I Don't Even Know Myself 
05. Young Man Blues 
06. Overture / It's A Boy 
07. 1921 
08. Amazing Journey 
09. Sparks 
10. Eyesight To The Blind / Christmas
11. Acid Queen 
12. Pinball Wizard 
13. Do You Think It's Alright? 
14. Tommy, Can You Hear Me? 
15. There's A Doctor / Go To The Mirror 
16. Smash The Mirror 
17. Miracle Cure / I'm Free 
18. Tommy's Holiday Camp 
19. We're Not Gonna Take It 
20. See Me, Feel Me 
21. My Generation



ザ・フー
The Who Sings A Quick Sell Out!
TOMMY TMR-05/06
PRO-SHOT
2DVD
\7,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


THE WHOの専門レーベルTOMMY RECORDSの第三弾がリリースになります。

処女作『RAILWAY TO CIRCUS』(2CD+DVD)が大好評で、その初登場&アップグレードに驚いたマニアの方々が多かったと思いますが、本作もそのモッズ期におけるレア映像の数々を180分に渡りたっぷり、THE WHOが最もTHE WHOらしかった60年代のマテリアルを収録しています。

『Railway To Circus』は、基本的に60年代のライブ集というコンセプトで、コンサートやテレビ出演等での演奏シーンが収録されていました。従って、インタビューやドキュメンタリーでのオフショット、マイミング演奏などは意図的に収録されていませんでした。そのため、初期の映像として残されているものはまだまだ多く、これまでブート化されていなかった映像を含め、その続編として本作が位置づけられるのではないでしょうか。

本作は、ライヴ演奏以外の、マイミング演奏やドキュメンタリーを中心に、プロモーション・フィルム、前作に収録されなかった初登場のライブ・シーン、 大幅に画質がアップしたものなど、見逃せないマテリアルがふんだんに収録されています。それでは、少し内容と見どころをいくつかピックアップしてご紹介しましょう。

まず最初、1965年2月16日のマーキーでの演奏は、『Railway To Circus』で演奏シーンのみが抜き出されていた映像の、ピートのインタビューも含むフル・バージョンです。

さらに3月8日、同じくマーキーで撮影された「I Can’t Explain」のプロモを2バージョン収録。キット・ランバート監督の下で作成された、オリジナル・プロモーション・フィルムです。現在2つのバージョンが知られており、有名なレイルウェイ・ホテルでの映像と合成したものと、大変珍しいマーキー・クラブの舞台裏で撮影されたオリジナル・バージョンの両方を収録しています。

1965年6月3日フランスのTV局の番組にてマイミング演奏された「I Can’t Explain」は、キースがドラム・セットを使用せず、丸いテーブルをドラムに見立てて演奏する、風変わりな映像です。ジョンの使用ベースもレア。

1966年1月5日"A Whole Scene Going"というイギリスの番組は、映画『The Kids Are Alright』にてピートのインタビュー・シーン(特にビートルズの印象について「ステレオで聴けばそれなりだが、演奏だけの片チャンネルだけ聴くとチャチなもんだ」というコメントが有名)が使われたことでも知られています。この番組内で2曲を疑似演奏しています。これまでのものより画質が大幅に向上しています。

1966年3月18日"Where The Action Is?"はアメリカのTV番組で、街頭で演奏する様子を収録しているのが特徴でした。THE WHOもロンドンの街中で2曲を疑似演奏している様子が収録されています。ここでは初めてタイムコード無しのものを収録しています。

1966年9月9日の "Seize Millions De Jeunes"というフランスの番組も、前作にてライブ・シーンのみ収録されていたドキュメンタリーの完全版で、タイムコード無しのバージョンは初登場です。

そして本作の目玉のひとつ、1967年3月2日のマーキークラブで収録されたドイツのテレビ番組"Die Jungen Nachtwandler"です。これはドイツのTV局制作のドキュメンタリーで、マーキー・クラブでの演奏シーンが初登場です。

その他、映画『The Kids Are Alright』の冒頭シーンに使われた、超有名なTV出演時の映像などは、映画のシーンが有名ですが、今回初めて2曲ともビデオ・バージョンにて収録。また、キネレコされたバージョンも併せて収録しています。

THE WHOのモッズ時代の映像を集約したマニア必携のタイトル。『Railway To Circus』がライブ編としたら、本作は「Promo Video and TV Performances」ということで、姉妹品と言えるでしょう。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤です!!!

DISC ONE
1965-1966
Marquee Club "Les Mods" A French documentary. inc. February 16, 1965
01. Shout And Shimmy
02. Tell Me Baby
03. Heatwave
04. Smokestack Lightning

Marquee Club March 8, 1965
01. I Can't Explain (PV#1)
02. I Can't Explain (PV#2)

"MUSIC" (French TV) June 3, 1965
01. I Can't Explain

"A Whole Scene Going" (UK TV) An UK TV show program. inc. January 5, 1966
01. Out In The Street
02. It's Not True

"Where The Action Is?" (US TV) March 18, 1966
01. I Can't Explain
02. Substitute

Nelds Yard Studio March 21, 1966
01. Substitute (PV)

"Music Hall De France" (French TV) March 30, 1966
01. Barbara Ann
02. My Generation

"Pop Side" (Swedish TV) June 3, 1966
01. The OX
02. Daddy Rolling Stone
03. It's Not True
04. Bold Headed Woman
05. The Kids Are Alright
06. Substitute
07. My Generation

DISC TWO
1966-1967
Technical Collage "Take Thirty" An US TV documentary. inc. July 9, 1966
01. Substitute
02. Baby Don't You Do It
03. C.C. Rider
04. My Generaion

Hyde Park July 10, 1966
01. The Kids Are Alright (PV)

Pear Puvillion, Felixstowe "Seize Millions De Jeunes"
A French documentary. inc. September 9, 1966
01. Heatwave
02. So Sad About Us
03. I'm A Boy
04. Substitute
05. My Generaion

"Wahu!" (Holland TV) October 12, 1966
01. I'm A Boy

New Actions Office December 19, 1966
01. Happy Jack(PV)

"Beat Club" (German TV) January 15, 1967
01. I'm A Boy
02. Heat Wave
03. Happy Jack

Marquee Club "Die Jungen Nachtwandler" (German TV)
A Germany documentary. inc. March 2, 1967
01. So Sad About Us
02. My Generation

"Beat Club" (German TV) April 19, 1967
01. Pictures Of Lilly

A Finish TV Documentary April 30, 1967
01. Documentary & Interview
02. Substitute
03. My Generation

Circus, Gothenburg May 3, 1967
01. My Generation

"Smothers Brothers Show" (US TV) September 15, 1967
VIDEO version
01. I Can See For Miles
02. My Generation

FILM version
01. I Can See For Miles
02. My Generation

FILM version, wide
01. My Generation

"Twice A Fortnight" (UK TV) October 15, 1967
01. I Can See For Miles

"Twice A Fortnight" (UK TV) December 17, 1967
01. Marie Anne



ピート・タウンゼント
Who Am I
LRCD-005
SBD
5CD-R
\6,200
個数


2008年現在、オリジナル・メンバーのうち2人が既に鬼籍に入っていながらも、The Whoとして勢力的にライヴ活動を続けるピート・タウンゼントの、1965年〜1975年の間に録音された、ディスク5枚にも及ぶデモ音源の集大成的な内容。

本作に収録されている音源が録音されたのは65年から75年、The Whoのアルバムで言うと『My Generation』から『Who Are You』までの時期の楽曲がほぼ時系列に収録されています。他のアーティストのデモ音源と同じく、デモの段階でどの程度までアイデアが固まっていたのか、逆にデモでしか聴けないアイデアやフレーズはどのようなものであったのか、つまり発表されたヴァージョンとの違いを曲単位で楽しむことも出来ますが、The Whoのファンとしては避けて通ることの出来ない、ロックオペラ“Lifehouse”プロジェクトの当初の構想や、Beach Boys(ブライアン・ウィルソン)のソングライティングに影響を受けたアプローチは、デモ音源でこそ理解出来るものがあります。

全体を通してデモ音源には独特の風合いがあり、リリース・ヴァージョンの力強さとは全く別の魅力が溢れています。"Young Man Blues"の原曲者でもあるジャズピアニスト兼ボーカリストのモーズ・アリソンにインスパイアされて作ったという"My Generation"はリリース・ヴァージョンとの違いが顕著で、必聴の価値ありです。資料としてはもちろんですが、もともとの楽曲がしっかりと書かれているものが多いので、オフィシャルでは聴けないものを含めて、ピート・タウンゼントのデモ音源をまとめて純粋に聴いて楽しむには絶好のタイトルです!!!

DISC 1
1. My Generation 2. It's Not True 3. Circles 4. Things Have Changed 5. La-La-Lies 6. Call Me Lightning 7. The Kids Are Alright 8. I'm A Boy 9. Do The Strip 10. Kill My Appetite 11. I Can See For Miles 12. I Always Say 13. Run Run Run 14. Disguises 15. Don't Look Away 16. Politician 17. So Sad About US 18. Happy Jack 19. Substitute 20. Pictures of Lily 21. Melancholia 22. Magic Bus 23. King Rabbit 24. Lazy Fat People 25. Riot In A Female Jail

DISC 2
1. Dogs 2. That Motherland Feeling 3. Rael Pts 1-9 4. Overture 5. It's A Boy 6. 1921 7. Amazing Journey 8. Sparks 9. Christmas 10. The Acid Queen 11. Underture 12. Do You Think It's Alright? 13. Pinball Wizard 14. There's A Doctor 15. Go To The Mirror 16. Success 17. Tommy Can You Hear Me? 18. Smash The Mirror 19. Sensation 20. Miracle Cure 21. Sally Simpson 22. I'm Free 23. Tommy's Holiday Camp 24. Welcome 25. We're Not Gonna Take It 26. Mary Jane 27. Can't You See I'm Easy

DISC 3
1. Pure And Easy 2. Teenage Wasteland 3. Going Mobile 4. Baba O'Riley 5. Time Is Passing 6. Love Ain't For Keeping 7. Bargain 8. Too Much Of Anything 9. Greyhound Girl 10. Mary 11. Behind Blue Eyes 12. I Don't Even Know Myself 13. Getting In Tune 14. Won't Get Fooled Again 15. The Song Is Over

DISC 4
1. Let's See Action 2. Join Together 3. Relay 4. Put The Money Down 5. Long Live Rock 6. Love Reign O'er Me 7. Is It In My Head? 8. I've Had Enough 9. The Real Me 10. Sea And Sand 11. The Punk Meets The Godfather 12. I'm One 13. Dirty Jobs 14. Bell Boy 15. Cut My Hair 16. Drowned 17. Slip Kid

DISC 5
1. No Way Out (However Much I Booze) 2. Squeeze Box 3. Girl In A Suitcase 4. Gonna Fight To Make You Mine 5. Keep On Turning 6. Who Are You 7. Love Is Coming Down 8. New Song 9. Sister Disco 10. Never Ask Me 11. I Like It The Way It Is 12. Love Is Wine 13. Broken Nails 14. Keep On Working 15. Guitar And Pen 16. Music Must Change 17. Empty Glass 18. No Road Romance



ザ・フー
Grand Gala Du Pop
TMR-07
PRO-SHOT
1DVD
\4,400
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


THE WHOのアップグレード映像をリリースしているTMRより、新たにTHE WHOの映像アップグレード&レア映像を収録したDVDがリリースになります。

今回はオランダで行なわれた1973年3月10日のポップガラの映像になります。このフェスティバルは「四重人格」のツアーの合間に行なわれたにも関わらず、ツアーの一環ではなく、アルバムからの曲も演奏されることはなく、非常にレアな特別ステージとなっています。
70年代のTHE WHOを捉えた映像作品として長らく定番とされてきましたが、従来の映像はどれも画質が良くなく、いかにも70年代の古い映像でしか残されていませんでした。ところが、何と東ヨーロッパのスロベニアにて昨年、突如、再放送がなされたのです。
なぜ昨年になって、なぜスロベニアで、それらの理由はわかりませんが、その時に放送されたものは従来のクオリティを凌駕する、2010年代の放送に耐えうるアップグレード画質だったことで、非常にマニアに驚きをもって迎えられました。
本作は、その16:9の画面の放送バージョンをダイレクトに収録し、今までのベストソースといえるでしょう。とにかくこの画質を見れば、既発盤の映像には戻れないこと間違いありません。
それくらい、このクオリティは見物です。ボーナス映像として1972年から1973年にかけてのレア映像をふんだんに盛り込んだ、TMRからの最新作。もちろん美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤です!!!

Vliegermolen, Voorburg "POPGALA 1973" MARCH 10, 1973
01. Pinball Wizard
02. Baba O'Riley
03. Summertime Blues
04. My Generation
05. See Me, Feel Me
06. Music Bus
BONUS TRACKS
Vliegermolen, Voorburg "POPGALA 1973" MARCH 10, 1973 SD Screen
07. My Generation
08. Music Bus (cut)
Kungliga Tennishallen, Stockholm AUGUST 23, 1972
09. Won't Get Fooled Again
Scandinavium, Gothenburg AUGUST 24, 1972
10. concert clip
Fete de l'Humanite, Paris SEPTEMBER 9, 1972
11. introduction
12. I Can't Explain
13. Summertime Blues
14. Relay
Palais Des Sports, Lyon SEPTEMBER 10, 1972
15. concert clip Sidney Myer Music Bowl, Melbourne MARCH 31, 1973
16. Fiddle About
L.A. Forum, L.OS ANGELES CA. NOVEMBER 22, 1973
17. I Can't Explain
18. Summertime Blues
19. Sparks
20. My Generation
21. Pinball Wizard
22. See Me, Feel Me



ザ・フー
Railway To Circus-The Mod Years 1964-1967-
TMR-01/02/03
SBD+PRO-SHOT
2CD+1DVD
\7,300
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


THE WHOの初期ライヴを集めたタイトルがリリース!

いわゆる「モッズ時代」と呼ばれる時代、1964年から1968年までのライブ映像と音源を集大成した、CD2枚とDVDのセットがリリースになります!

コンセプトは、マイミングではない純粋なライヴ演奏を年代順に収録というもので、なかなかまとまった映像がない初期の貴重なライヴ映像と音源が目白押し。今回初登場となる映像も多く、また既出の映像もアップグレードや目障りなタイム・カウンターなどが無い新ソースからの収録となっていて、ビギナーからマニアまで必携のタイトルです。

冒頭を飾る最初期の演奏は1964年8月11日レイルウェイホテルでのライヴ。後にマネージャーとなるキット・ランバートが偶然見つけたのがクラブで演奏するTHE WHO(当時は一時的にHigh Numbersと名乗っていた)でした。

キットはプロ用の撮影機材を持ち込んでこの「動くTHE WHO」を最初に捉えた映像を収録。ここに収録のものは上下のトリミングが無く、純粋な演奏シーンのみで構成された、鮮明で見やすい映像。同録されていた音源も高音質でしたが、CDにはそのロング・バージョンが収録されています。

続いて1965年3月8日、今回初登場となる、フランスのTV局制作によるドキュメンタリー「レ・モッズ」のために収録された、マーキー・クラブでのライブ映像です。こちらも非常に鮮明で驚かされます。唯一知られている「Tell Me Baby」のライブ演奏は非常にレア。

1965年7月1日『Ready Steady Go!』出演時の映像は古くから知られており、一部オフィシャルにも収録されていましたが、本作に収録のものは司会者による紹介から最後の番組ロゴまでをノーカットで収録。1965年8月3日『Shindig!』出演時の映像。これも古くから知られている映像で、当日演奏された3曲をノーカットで、しかも「Daddy Rolling Stone」のイントロを長く収録。「My Generation」の最初期バージョンが聴けるのが貴重です。

1965年8月4日 TV番組『A Whole Scene Going』の取材で収録された、ウィッチ・ドクター・クラブでのライブ映像は、意外にも「The Kids Are Alright」のライブテイクは少ないので貴重。1965年8月6日『Richmond Jazz Festival』出演時の映像も、ここではノーカット、ノートリミング・バージョンを収録しています。

続いての収録は1965年11月19日ウェンブリ―・エンパイア・プールでの貴重なライブ映像。リリースしたての「Me Generasion」のライブ・テイクが聴けます。曲の途中でロジャーがマイクを放り投げてステージを去っていくという珍しいシーンが捉えられています。

そして今回のセットの目玉ともいえるのが、1966年3月30日フランスでのライブ映像です。数年前に画面いっぱいにタイムカウンターが乗った映像が登場しましたが、遂にタイムカウンターやロゴの無い、そして全5曲の演奏順どおりの完全版が初登場です!「Barbara Ann」や「Man With Money」「Dancing In The Street」などのレアなナンバーも収録されています 

1966年7月9日カナダのTV局収録による、ロンドンでのライブ映像『Take Thirty』は、ステージ上にカメラマンがおり、ごく間近からライブが捉えられています。唯一知られている「C.C.Rider」のライブ・テイクは非常に貴重なものです。

1966年9月8日『Senu Million June』は、フランスのTV局収録によるフェリックストウでのライブ映像です。今度は更にメンバーに近づいて撮影しています。「I'm A Boy」のライブ・テイクが貴重。

次に収録されているのは、1966年10月11日はスウェーデンのTV局収録による、IBCスタジオで"Buket T"をレコーディングしている様子を捉えた映像。この映像は以前から知られていたものですが、ここではズレのないものが収録されています。

1967年3月2日ドイツのTV局収録による、マーキー・クラブでのライブ映像は、おなじみの3曲を高画質にて収録していますが、ここではそれらに加えて、何とリハーサル時の「Happy Jack」の映像も収録。続いて1967年4月13日ミュンヘンでのライブ映像。僅かな時間の収録ですが、貴重なカラー映像です。

伝説の1967年6月18日モンタレー・ポップ・フェステシバルでのライブ映像は、オフィシャルにも分散して収録されていましたが、ここでは未発表のままだった「Picture of Lily」の映像を含み、青みがかっていないバージョンの「A Quick One」、楽器破壊がしっかりと捉えられているアングルの「My Generarion」などを収録。

また、「My Generation」では、ショット切り替えの違う2バージョンを並べて比較したマルチ・アングル・バージョンも収録しています。1967年11月25日のニューヨークVilladge Theatreでの映像はファンが撮影したカラー8mmです。1968年3月10日シカゴのオペラハウスの映像はドキュメンタリー『All My Loving』の中で紹介されライブ映像。間近で捉えられた楽器破壊の映像を見ることができます。

1968年8月6日ボストンでの映像は有名なキースの「シンバル・パフォーマンス」を捉えた映像。こちらもファン撮影によるカラー8mm映像です。そして最後は1968年12月10日『Rock'n'roll Circus』出演時の映像です。当日「A Quick One」を計3テイク収録したことは知られていますが、最終的にOKになったのはテイク3。しかし、これもまた様々なルートを経るうちに編集違いの様々なバージョンが作られたため、ここでは編集の違う3バージョン(基本的に演奏はすべてテイク3)を、そして比較映像のマルチ・アングル・バージョンを収録しています。

CD
DISC ONE
Railway Hotel, Wealdstone AUG. 11, 1964
01. I Gotta Dance To Keep From Crying
02. Ooh Poo Pah Doo LONG VERSION
03. I Gotta Dance to Keep From Crying #1
04. You Really Got Me (cuts in)
05. Young Man Blues (cuts in at beginning)
06. Green Onions (cuts in)
07. I Gotta Dance to Keep From Crying #2
08. Instrumental Jam
09. I Gotta Dance To Keep From Crying
10. Long Tall Shorty
11. Pretty Thing (cuts in)
12. Smokestack Lightning - Money (That's What I Want) (cuts in)
13. Here 'Tis (incomplete)
Marquee Club, London MAR. 8, 1965
14. Shout And Shimmy
15. Tell Me Baby
16. Heatwave
17. Smokestack Lightning
TV SHOW "Ready Steady Go!" JUL. 1, 1965
18. Anyway, Anyhow, Anywhere
19. Shout And Shimmy
TV SHOW "Shindig!" AUG. 3, 1965
20. introduction
21. I Can't Explain
22. Daddy Roling Stone
23. My Generation
24. I Can't Explain
The Witch Doctor Club, Sussex AUG. 4, 1965
25. Heatwave
26. The Kids Are Alright
"Ritchmond Jazz Festival" Athletic Grounds,Richmond, Surrey AUG. 6, 1965
27. Anyway, Anyhow, Anywhere
28. Shout And Shimmy
"Glad Rag Ball" Empire Pool, Wembley, London NOV. 19, 1965
29. My Generation

CD
DISC TWO
"Music Hall De France" MAR. 30, 1966
01. opening
02. Substitute
03. Man With Money
04. Barbara Ann
05. Dancing In The Street
06. My Generation
"Take Thirty" Technical College, Westminster, London JUL. 9, 1966
07. Substitute
08. Baby Don't You Do ItC.C. Rider
09. C.C. Rider
10. My Generaion
"Senu Million June" Pear Puvillion, Felixstowe SEP. 8, 1966
11. Heatwave
12. So Sad About Us
13. I'm A Boy
14. Substitute
15. My Generation
Marquee Club, London MAR. 2, 1967
16. Happy Jack
17. So Sad About Us
18. My Generation
Ice Hall, Helsinki APR. 30, 1967
19. introduction
20. Substitute
21. My Generation
"Monterey Pop Festival" County Fairgrounds Monterey, California JUN. 18, 1967
22. introduction
23. Substitute
24. Summertime Blues
25. Pictures Of Lily
26. A Quick One, While He's Away
27. Happy Jack
28. My Generation

DVD DISC
Railway Hotel, Wealdstone AUG. 11, 1964
01. I Gotta Dance To Keep From Crying
02. Ooh Poo Pah Doo
Marquee Club, London MAR. 8, 1965
03. Shout And Shimmy
04. Tell Me Baby
05. Heatwave
06. Smokestack Lightning
TV SHOW "Ready Steady Go!" JUL. 1, 1965
07. Anyway, Anyhow, Anywhere
08. Shout And Shimmy
TV SHOW "Shindig!" AUG. 3, 1965
09. I Can't Explain
10. Daddy Roling Stone
11. My Generation
12. I Can't Explain (unsensed)
13. I Can't Explain (no TCR)
The Witch Doctor Club, Sussex AUG. 4, 1965
14. Heatwave
15. The Kids Are Alright
"Ritchmond Jazz Festival" Athletic Grounds, Richmond, Surrey AUG. 6, 1965
16. Anyway, Anyhow, Anywhere
17. Shout And Shimmy
"Glad Rag Ball" Empire Pool, Wembley, London NOV. 19, 1965
18. My Generation
"Music Hall De France" MAR. 30, 1966
19. opening
20. Substitute
21. Man With Money
22. Barbara Ann
23. Dancing In The Street
24. My Generation
"Take Thirty" Technical College, Westminster, London JUL. 9, 1966
25. Substitute
26. C.C. Rider
27. Baby Don't You Do It
28. My Generation
"Senu Million June" Pear Puvillion, Felixstowe SEP. 8, 1966
29. Heatwave
30. So Sad About Us
31. I'm A Boy
32. Substitute
33. My Generation
The IBC Studio OCT. 11, 1966
34. Buket T
Marquee Club, London MAR. 2, 1967
35. Happy Jack (Rehearsal)
36. Happy Jack
37. So Sad About Us
38. My Generation
The Pye Studios, "Bouton Rouge" APR. 5, 1967
39. Pictures Of Lily
Circus Krone, Munich APR. 13, 1967
40. My Generation
Ice Hall, Helsinki APR. 30, 1967
41. Substitute
42. My Generation
"Monterey Pop Festival" County Fairgrounds Monterey, California JUN. 18,1967
43. introduction
44. Substitute
45. Summertime Blues
46. Pictures Of Lily
47. A Quick One, While He's Away
48. My Generation
49. My Generation (Multi Angle)
Villadge Theatre, New York NOV. 25, 1967
50. Love Hurts
Opela House, Illinois MAR. 10, 1968
51. My Generation
Music Hall, Boston AUG. 6, 1968
52. My Generation (Keith's Cymbal Performance)
"Rock'n'roll Circus" DEC. 10, 1968
53. A Quick One, While He's Away ver.1
54. A Quick One, While He's Away ver.2
55. A Quick One, While He's Away ver.3
56. A Quick One, While He's Away (Multi Angle)



ピート・タウンゼント
PETE’S BETTER,PETE’S BEST
IRCD-045
SBD
1CD-R
\3,200
個数


結成から約45年!今もなお現役バリバリ!生きた伝説THE WHOのギタリストでありフロント・マン、ソングライター、ピート・タウンゼントの究極のデモ音源ベストが登場!

本タイトルは、ピートが長年作り上げた数々の名曲の元となった貴重なデモ音源(もちろんピートが歌っています)のベスト・テイク(極力、音質の良いもの)を収録したコンピレーション!しかもザ・フーのヒット曲、有名曲だけを厳選したグレイトなアルバムです。

ピートが、いかにして名曲を生み出していったかが全て丸わかり!アレンジや歌詞が大幅に違う曲や、デモの段階で、ほぼ完成されている曲、さらには、デモの方がカッコいい曲などなど、ピートの有り余る天才的な才能(楽曲の良さや素晴らしいアレンジ、演奏力など、懐の深さ)を垣間見る事が出来るファンならずとも一度は聴いておきたい貴重な音源が目白押し!

ジャケットも、数あるザ・フーのベスト盤の中でも1番だという声も多い、1988年、結成25周年を記念して発売された御存知「WHO’S BETTER,WHO’S BEST」(のピート版)をモチーフにしたこだわりのアートワークに仕上がっております。正式にリリースされたバージョンと聴き比べると、より一層ピートの世界を堪能出来ること間違い無しです!!

- DemoRecording 18tracks of The Who Numbers by Pete Townshend -

01. My Generation
02. The Kids Are Alright
03. Substitute
04. I'm A Boy
05. Happy Jack
06. Pictures Of Lily
07. I Can See For Miles
08. Who Are You
09. Won't Get Fooled Again
10. Magic Bus
11. Pinball Wizard
12. I'm Free
13. Squeeze Box
14. Join Together
15. Baba O'Riley
16. Behind Blue Eyes
17. Pure And Easy
18. Long Live Rock



ザ・フー
Amazing Journey 1965-1969
TW-32
PRO-241mins
2DVD-R
\3,800
個数


オリジナルメンバーがROGERとPETEだけになっても、いまだ精力的に活動中であり11月に初の単独来日公演が決定しているTHE WHOの60年代に出演した膨大なTV番組映像の中から選りすぐりのプレイを2枚組に収録したスペシャルアイテムが入荷しました!!約240分に渡るボリューム満点の収録内容ですべてがTV番組マスターからの収録ですので、高画質、高音質のハイクオリティー。

TV番組というと口パクが、ほとんどだった当時にしては珍しく生演奏で一発勝負している番組も多数収録されており、レコードでは聴けない生のTVライブ用アレンジのステージングもファンにはたまらなく嬉しい限りのタイトル。初来日を目前に、デビューしてから一気にスターダムにのし上がっていくTHE WHOの歴史的な映像を、是非、ご堪能ください。

DISC 1
1. Anyway, Anyhow, Anywhere 2. Shout And Shimmy 3. I Can’t Explain 4. My Generation 5. Daddy Rolling Stone 6. Anyway, Anyhow, Anywhere 7. Shout And Shimmy 8. I Can’t Explain 9. Out In The Street 10. Heat Wave / Pete Interview 11. It’s Not True 12. Substitute 13. Substitute 14. I Can’t Explain 15. Substitute 16. Intro To Popside 17. The Ox 18. Daddy Rolling Stone 19. It’s Not True 20. Bald Headed Woman 21. The Kids Are Alright 22. Substitute 23. My Generation 24. Substitute 25. C.C. Rider 26. My Generation 27. The Kids Are Alright 28. Happy Jack 29. I’m A Boy 30. Heat Wave 31. Happy Jack 32. Bucket T 33. Happy Jack 34. So Sad About Us 35. My Generation 36. Pictures Of Lily 37. Pictures Of Lily 38. Pictures Of Lily 39. Anyway, Anyhow, Anywhere

DISC 2
1. Arrival And Interview 2. Substitute 3. My Generation 4. Introduction 5. Substitute 6. Summertime Blues 7. A Quick One While He’s Away 8. My Generation 9. I Can See For Miles 10. I Can See For Miles 11. My Generation 12. I Can See For Miles 13. Call Me Lightning 14. Magic Bus 15. Pete Interview 16. My Generation 17. A Quick One While He’s Away 18. I’m A Boy 19. I Can See For Miles 20. Magic Bus 21. Introduction 22. Pinball Wizard 23. Pete Interview 24. Tommy, Can You Hear Me? 25. Smash The Mirror 26. Pete Interview 27. Sally Simpson 28. I’m Free 29. Pete Interview 30. Tommy’s Holiday Camp 31. We’re Not Gonna Take It 32. See Me, Feel Me 33. Pinball Wizard 34. I Can See For Miles 35. Pinball Wizard



ザ・フー
Who’S Compilations
IRCD-048
SBD
1CD-R
\2,600
個数


ザ・ビートルズ、ザ・ローリング・ストーンズと並びブリティッシュ・ロックの一時代を築いたザ・フーのオリジナル・アルバム未収録曲(すべて高音質)ばかりを集めた海外ソース・コンピレーション・タイトルが登場!!ザ・フーに改名する前のザ・ハイナンバーズから近年の作品までの中からベスト・テイクをチョイスした、おすすめタイトル!

-NON ALBUMTRACKS-

01. Here 'Tis(The High Numbers)
02. Zoot Suit(The High Numbers)
03. Fortune Teller
04. Pictures Of Lily
05. Doctor, Doctor
06. (This Could Be) The Last Time
07. Call Me Lightning
08. Dr. Jekyll And Mr. Hyde
09. Dogs
10. Magic Bus
11. The Seeker
12. Melancholia /
13. Here For More
14. Heaven And Hell
15. I Don't Even Know Myself
16. Let's See Action
17. When I Was A Boy
18. Join Together
19. Relay
20. Waspman
21. Saturday Night's Alright
22. Real Good Looking Boy
23. Old Red Wine



ザ・ハイ・ナンバーズ
HERE’S THE WHO
WR-421
SBD
1CD-R
\3,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


”ザ・ハイ・ナンバーズ”1964年、アビー・ロード・スタジオでのセッションとレイルウェイ・ホテルでのライブを高音質サウンドボード音源で収録したタイトルが登場!

本タイトルは、ザ・フーとして結成後、当時のマネージャーの提案により”ザ・ハイナンバーズ”に改名(その後、ザ・フーに再改名)してデビューしたザ・フーのスタジオ・セッションとライブ音源を収録した貴重なタイトル。後のブレイクの布石となるアメリカン・ブルース、R&Bをベースにした若さ爆発のサウンドは必聴!ザ・フーの歴史を知る上で重要なオススメのコレクターズ・アイテムです!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Abbey Road Studios 1964 & Live at Railway Hotel and Lounge, Wealdstone,October 20, 1964.

[Abbey Road Studios 1964]
01. Smokestack Lightning (instrumental) / 02. Walkin' the Dog (instrumental) / 03. Unknown Instrumental
04. I'm a Man (instrumental) / 05. Instrumental Jam / 06. Memphis Tennessee (instrumental) / 07. Unknown Instrumental

[Railway Hotel and Lounge, Wealdstone,October 20, 1964]
08. I Gotta Dance to Keep From Crying (1) / 09. You Really Got Me (cuts in) / 10. Young Man Blues (cuts in at beginning)
11. Green Onions (cuts in) / 12. I Gotta Dance to Keep From Crying (2) / 13. Instrumental Jam / 14. I Gotta Dance To Keep From Crying
15. Long Tall Shorty / 16. Pretty Thing (cuts in) / 17. Smokestack Lightning, Money (That's What I Want) (cuts in)
18. Here 'Tis (incomplete)



V.A.
Rock Guitar A Guide From The Greats
IRDVD-083
PRO-SHOT 57min.
1DVD-R
\3,200
個数


マイケル・シェンカー、ロン・ウッド(ザ・ローリング・ストーンズ)、リチャード・トンプソン(フェアポート・コンヴェンション)が、あなたにギター・テクニックを伝授する約20年前の貴重な映像が日本語字幕付で登場!

本タイトルは、各ギタリストが自らの経験、フェイバレット・アーティストとの興味深いエピソード(ジミ・ヘンドリックス、ザ・フー、チャック・ベリー、ローリング・ストーンズなどなどの貴重なライブ映像満載)などを交えギターの仕組みからチューニング、ピッキング、エフェクター、そして実践演奏まで熱く語る貴重なガイド作品です(教則ビデオのようなそうでないような不思議な感じ?)。後にも先にも若き日のマイケル・シェンカー(もちろんライブ・シーンもあります)やロン・ウッドがギター・テクニックをガイドしている作品は発売されないと言っても過言ではありません(各アーティストの肖像権の関係で難しい)。

これを見れば、あなたもすぐにギターが弾ける?!弾きたくなる事間違いなし!これからギターをマスターしたい方、ギター好きの方はもちろん、そうでない方にも絶対にオススメ必見のタイトルです!

Introduction to all aspects of guitar playing, which includes rock performances by a variety of artists including Jimi Hendrix and Joni Mitchell. Instruction is provided by Ron Wood, Michael Schenker, Richard Thompson and John Wilson.

■Featuring Artists■
JIMI HENDRIX / B.B.KING / THE ROLLING STONES / JONI MITCHELL / LES PAUL / CHUCK BERRY / BUDDY GUY / THE WHO



ピート・タウンゼント
SCOOP 4
WR-318
SBD
1CD-R
\3,000
個数


ザ・フーのフロントマン”ピート・タウンゼント”のレア音源をコンピレーションした「SCOOP」シリーズの最新作が登場!

本タイトルは、”ピート・タウンゼント”の1983年「SCOOP」、1987年「ANOTHER SCOOP」、2001年「SCOOP 3」に続くSCOOPシリーズの最新盤です。御存知の通り”ピート・タウンゼント”はザ・フーの素晴らしいソングライターとして数多くの名曲を残しています。前述のSCOOP3部作でも、その天才的なソングライティングの世界をレア音源で存分に堪能できましたが、今回も選りすぐりのレア音源満載の究極のコレクターズ・アイテムです。ザ・フー・ファンのみならず、ロック・ファン必聴!オススメの1枚です!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Pete Townshend Rare Tracks Album Series “SCOOP” New Compilation 2013.

01.Flying Boy / 02.There Is No Message In A Broken Heart / 03.I Am An Animal / 04.Lazy Fat People / 05.King Rabbit
06.Crashing By Design / 07.I Am Secure / 08.Cool Jerk / 09.A Man Without A Woman / 10.I Wish I Was As Good As I Look
11.Latin Thing / 12.The Shout / 13.Looking For Words / 14.Rat Run / 15.Drumming / 16.Why Dyou Stand So Close To That Man
17.You'll Never Be Alone Again / 18.How Do You Love Me Then Version 1 / 19.How Did You Love Me Then Version 2
20.English Boy (Live Acoustic)



ロジャー・ダルトリー
LIVE FROM ARCHAIC 2012
SYLPH SY-1136
AUD
2CD-R
\4,200
個数


史上最強のライヴ・バンド、ザ・フーのフロントマン”ロジャー・ダルトリー”が来日!!
その2012年4月28日尼崎でのライヴを迫力&臨場感満点の超高音質にて完全収録!!

もはや細かな説明は不要でしょう!!前半はロックオペラの名作「トミー」の完全再現、そして後半はザ・フーやソロ・ナンバーをプレイする、たっぷり2時間10分に及ぶ感動のステージ!!「The Kids Are Alright」「Young Man Blues」といった日本初披露ナンバーも往年のファンには嬉しい限りでしょう!!

あの感動と興奮がリアルに蘇るメモリアル・アイテムが登場です!!

DISC-ONE
-THE WHO'S TOMMY-
01.Intro
02.Overture
03.It's A Boy
04.1921
05.Amazing Journey
06.Sparks
07.Eyesight To The Blind
08.Christmas
09.Cousin Kevin
10.The Acid Queen
11.Do You Think It's Alright?
12.Fiddle About
13.Pinball Wizard
14.There's A Doctor
15.Go To The Mirror
16.Tommy Can You Hear Me?
17.Smash The Mirror
18.Sensation
19.Refrain - I'm Free
20.Miracle Cure
21.Sally Simpson
22.Welcome
23.Tommy's Holiday Camp
24.We're Not Gonna Take It
25.See Me, Feel Me/ Listening To You (Total Time.....71’49”)

DISC-TWO
01.-Master of Ceremony-
02.I Can See For Miles
03.The Kids Are Alright
04.Behind Blue Eyes
05.Days Of Light
06.Going Mobile
07.Who Are You
08.I'm A Man
09.My Generation
10.Young Man Blues
11.Baba O'Riley
12.Band Intro
13.Without Your Love
14.Blue Red And Grey
15.Outro
(Total Time.....62’28”)

Roger Daltrey : Vocal, Guitar
Simon Townshend : Guitar, Vocals
James Hunting : Bass
Scott Devours: Drums
Loren Gold: Backing Vocal, Keyboards
Frank Simes: Backing Vocal, Guitar



ロジャー・ダルトリー
Tommy From Tokyo
-complete recordings from tokyo 2012-
S.N.E-182
AUD/SBD
4CD-R
\6,800
個数


ソロとして初の来日公演を行ったロジャー・ダルトリーの、THE WHOが1969年発表の4枚目のアルバムとなった、渾身のストーリーを壮大な"ロック・オペラ"として結実させた伝説的な一大コンセプト・アルバムの 金字塔「TOMMY」を完全再現を果たした衝撃のステージを含む、東京公演2DAYSを余す所無く完全収録です。

ライヴゆえに生命を吹き込まれたかのような"TOMMY完全再現"、そしてショウ後半はソロならではの小回りの利いた選曲で、THE WHOのお馴染みのナンバーはもちろん、自身のソロ・ナンバーも含めトータル130分。
特にショウのハイライトとなった、ロックの衝動の塊の様な躍動的キラー・チューン"Young Man Blues"は心を動かされない輩は居ないであろう、全ロック・フリーク必聴の激情バージョンです。

ロジャーがステージ上でモニタリングして いるソースと同等の、ノイズレスな非圧縮ステレオ・IEM(イン・イヤー・モニター)ソースと、フロント・ロウからのクリアーでバランスの良い24bitステレオ・オーディエンス・マテリアルとを完全フル・マトリックスを施し、迫力あるオーディエンス・マテリアルの臨場感を損なわない様に表情豊かな奥行きと厚みのある三次元サウンドに仕上げました。
大迫力のポテンシャル、ステージの臨場感...いつもの如く、当日のステージの熱気を完全再現!!ロジャーの必殺マイク捌きによる「ボコッ」というノイズも生々しく聞き取る事が出来ます。基本的なセットリストは同じながら、「Do You Think It's Alright?」の演り直し等、ちょっとしたハプニングもライヴならではの聞き所。

最初から最後まで一貫して、ロジャーのピュアなエナジーが十二分に感じ取れる、非常に完成度の高い素晴らしい内容となっています。

当レーベル・オリジナルの極上クオリティです!!ボーナス音源として、同日のサウンド・チェックから 3曲を収録。

DISC1
-April 23-
Intro / Overture / It's A Boy / 1921 / Amazing Journey / Sparks / Eyesight To The Blind /Christmas / Cousin Kevin / The Acid Queen / Do You Think It's Alright? / Fiddle About /Pinball Wizard / There's A Doctor / Go To The Mirror / Tommy Can You Hear Me? /Smash The Mirror / Sensation / I'm Free / Miracle Cure / Sally Simpson / Welcome /Tommy's Holiday Camp / We're Not Gonna Take It / See Me, Feel Me / Listening To You

DISC2
MC / I Can See For Miles / The Kids Are Alright / Behind Blue Eyes /Days Of Light /The Way It Is / Who Are You / My Generation / Young Man Blues / Baba O'Riley /Band Intro / Without Your Love / Blue Red And Grey / OutroWithout Your Love* / Who Are You*


DISC3
-April 24-
Intro / Overture / It's A Boy / 1921 / Amazing Journey / Sparks / Eyesight To The Blind /Christmas / Cousin Kevin / The Acid Queen / Do You Think It's Alright? / Do You ThinkIt's Alright? (re-take) / Fiddle About / Pinball Wizard / There's A Doctor / Go To The Mirror /Tommy Can You Hear Me? / Smash The Mirror / Sensation / I'm Free / Miracle Cure /Sally Simpson / Welcome / Tommy's Holiday Camp / We're Not Gonna Take It /See Me, Feel Me / Listening To You

DISC4
MC / I Can See For Miles / The Kids Are Alright / Behind Blue Eyes / Days Of Light /Going Mobile / Who Are You / I'm A Man / My Generation / Young Man Blues /Baba O'Riley / Band Intro / Without Your Love / Blue Red And Grey / OutroAmazing Journey*



ロジャー・ダルトリー
circle of the sun
XAVEL-148
AUD
2CD-R
\4,200
個数


Roger Daltreyの2012年来日ツアーより、記念すべき封切り公演とあいなった東京国際フォーラム初日のステージを、超高音質オーディエンス録音にて完全収録!

Xavelレーベル・オリジナルの超高品質なマスターに24bitデジタル・リマスタリングを施した秀逸なアイテム。昨年度より世界各地で精力的に行っているThe Whoの名盤『Tommy』の“完全”再現ライブ、ファンであれば絶対に聴き逃がすことが出来ないこのパフォーマンスを、国際フォーラム“らしからぬ”輪郭の非常にはっきりとした超クリアなサウンドで完全収録しています。

もちろん聴き所は『Tommy』のみならず!Disc 2に収録されたステージ後半では、「I Can See For Miles」「Behind Blue Eyes」「Baba O'Riley」といったThe Whoのベスト・ヒット的な内容の演奏が展開されているので、全編において硬骨なロック・パフォーマンスを存分にお楽しみいただけることと思います!

◆International Forum, Tokyo, Japan 23rd April 2012

(Disc 1)
01. Intro 02. Overture 03. It's A Boy 04. 1921 05. Amazing Journey 06. Sparks 07. Eyesight To The Blind (The Hawker) 08. Christmas 09. Cousin Kevin 10. The Acid Queen 11. Do You Think It's Alright?12. Fiddle About 13. Pinball Wizard 14. There's A Doctor 15. Go To The Mirror 16. Tommy Can You Hear Me? 17. Smash The Mirror 18. Sensation 19. I'm Free 20. Miracle Cure 21. Sally Simpson 22. Welcome 23. Tommy's Holiday Camp 24. We're Not Gonna Take It 25. See Me Feel Me / Listening To You

(Disc 2)
01. Introduction of Jamie Hunting 02. I Can See For Miles 03. The Kids Are Alright 04. Behind Blue Eyes 05. Days Of Light 06. The Way It Is (Simon Townshend on Vocals) 07. Who Are You 08. My Generation 09. Young Man Blues 10. Baba O'Riley 11. Band Introduction 12. Without Your Love 13. Blue, Red And Grey

◇Personnel; Roger Daltrey (Vocals, Harmonica, Acoustic Guitar) Simon Townshend (Guitar, Vocals) Frank Simes (Guitar) Loren Gold (Keyboards) Scott Devours (Drums) Jamie Hunting (Bass)



ロジャー・ダルトリー
Tommy From Yokohama
-complete recordings from yokohama 2012-
S.N.E-183
AUD/SBD
2CD-R
\4,600
個数


ソロとしては初の来日公演を行ったロジャー・ダルトリーの、THE WHOが1969年発表の4枚目のアルバムとなった、渾身のストーリーを壮大な"ロック・オペラ"として結実させた伝説的な一大コンセプト・アルバムの金字塔「TOMMY」 を完全再現を果たした衝撃のステージを含む、関東圏最終となった横浜公演を余す所無く完全収録です。

ライヴゆえに生命を吹き込まれたかのような"TOMMY完全再現"、そしてショウ後半はソロならではの小回りの利いた選曲で、THE WHOのお馴染みのナンバーはもちろん、自身のソロ・ナンバーも含めトータル130分。
特にショウのハイライトとなった、ロックの衝動の塊の様な躍動的なキラー・チューン"Young Man Blues"は心を動かされない輩は居ないであろう、全ロック・フリーク必聴の激情バージョンです。

ロジャーがステージ上でモニタリングして いるソースと同等の、ノイズレスな非圧縮ステレオ・IEM(イン・イヤー・モニター)ソースと、フロント・ロウからのクリアーでバランスの良い24bitステレオ・オーディエンス・マテリアルとを完全フル・マトリックスを施し、迫力あるオーディエンス・マテリアルの臨場感を損なわない様に表情豊かな奥行きと厚みのある三次元サウンドに仕上げました。大迫力のポテンシャル、ステージの臨場感...いつもの如く、当日のステージの熱気を完全再現!!
ロジャーの必殺マイク捌きによる「ボコッ」というノイズも生々しく聞き取る事が出来ます。

「恋のマジック・アイ」の演り直し等、 ちょっとしたハプニングもライヴならではの聞き所ですが、最初から最後まで絶好調、ロジャーのピュアなエナジーが十二分に感じ取れる、非常に完成度の高い素晴らしい内容となっています。当レーベル・オ リジナルの極上クオリティです!!

DISC 1
Intro / Overture / It's A Boy / 1921 / Amazing Journey / Sparks / Eyesight To The Blind /Christmas / Cousin Kevin / The Acid Queen / Do You Think It's Alright? / Fiddle About /Pinball Wizard / There's A Doctor / Go To The Mirror / Tommy Can You Hear Me? /Smash The Mirror / Sensation / I'm Free / Miracle Cure / Sally Simpson / Welcome /Tommy's Holiday Camp / We're Not Gonna Take It / See Me, Feel Me / Listening To You

DISC 2
MC / I Can See For Miles / I Can See For Miles (re-take) / The Kids Are Alright /Behind Blue Eyes / Days Of Light / Going Mobile / Who Are You / My Generation /Young Man Blues / Water / Baba O'Riley / Band Intro / Without Your Love /Blue Red And Grey / Outro



ロジャー・ダルトリー
In Yokohama 2012
MDNA-12027
AUD
2CD-R
\3,400
個数


2012年4/27、神奈川県民ホールでおこなわれたRoger Daltreyのライブを、高音質デジタル・オーディエンス録音で完全収録。
歴史的名盤「TOMMY」の完全再現、さらにはTHE WHOのクラシック群から厳選したナンバーをお届けする珠玉のステージを、ド迫力の高音質サウンドで収録しています。
ピート・タウンゼントの実弟サイモンをはじめとした腕利きぞろいのバックバンドのサポートを得て繰り広げられる熱いステージは全ファン必聴!これを聴かずしてROCKは語れません!

◆Kanagawa Kenmin Hall, Yokohama, Japan 27th April 2012

(Disc 1)
01. Overture 02. It's A Boy 03. 1921 04. Amazing Journey 05. Sparks 06. Eyesight To The Blind (The Hawker) 07. Christmas 08. Cousin Kevin 09. The Acid Queen 10. Do You Think It's Alright? 11. Fiddle About 12. Pinball Wizard 13. There's A Doctor 14. Go To The Mirror! 15. Tommy Can You Hear Me? 16. Smash The Mirror 17. Sensation 18. I'm Free 19. Miracle Cure 20. Sally Simpson 21. Welcome 22. Tommy's Holiday Camp 23. We're Not Gonna Take It

(Disc 2)
01. I Can See For Miles 02. The Kids Are Alright 03. Behind Blue Eyes 04. Days Of Light 05. Going Mobile 06. Who Are You 07. My Generation 08. Young Man Blues 09. Baba O'Riley 10. band introduction 11. Without Your Love 12. Blue Red And Grey

Roger Daltrey (Vocals)
◇Personnel; Simon Townshend (Guitar, Vocals) Frank Simes (Guitar) Jamie Hunting (Bass) Scott Devours (Drums) Loren Gold (Keyboards)



ロジャー・ダルトリー
Pinball Wizzard
SEVENSTAR RECORDS 009
SBD
2CD-R
\3,800
個数


-年をとる前に死にたい- 単独での来日を果たすダルトリー。直前のローマ、コンチリアツィオーネ・オーディトリアムでのライブを完全収録。
ザ・フーの代表作にして、ロックオペラというジャンルを確立させた言わずと知れた歴史的名盤「トミー」を完全再現。更にザ・フーの名曲の数々が散りばめられた、ベスト・オブ・ベストの選曲。FM放送による極上ステレオ・サウンドボード録音で、来日公演の予習はこれで完璧!

Auditorium Della Conciliazione, Roma, Italy, March 23rd 2012

Disc1
01 Overture 02 It's A Boy 03 1921 04 Amazing Journey 05 Sparks 06 Eyesight To The Blind 07 Christmas
08 Cousin Kevin 09 The Acid Queen 10 Do You Think It's Alright? 11 Fiddle About 12 Pinball Wizard 13 There's A Doctor 14 Go To A Mirror 15 Tommy Can You Hear Me? 16 Smash The Mirror 17 Sensation 18 I'm Free 19 Miracle Cure?

Disc2
01 Sally Simpson 02 Welcome 03 Tommy's Holiday Camp 04 We're Not Gonna Take It 05 I Can See For Miles 06 The Kids Are All Right 07 Behind Blue Eyes 08 The Way It Is (By Simon Townshend) 09 Pictures Of Lily10 Who Are You? 11 My Generation 12 Young Man Blues 13 Baba O'riley 14 Band's Introduction 15 Without Your Love 16 Red Blue And Grey 17 Outro




ロジャー・ダルトリー
SPARKS>1.1.1.2
Invisible Works Records-092
SBD+AUD-SHOT
2CD-R+2DVD-R
\5,000
個数


金字塔アルバム『Tommy』の"完全"再現+The Whoの名曲群からのベスト選曲!2011年から2012年にかけておこなわれている話題騒然のRoger Daltreyのワールドツアーより、その決定版となること間違いなしの素晴らしいアイテムが登場!

2012年3/23にローマでおこなわれたライブのステレオ・サウンドボード音源(2CD)と、2011年9/21にフィラデルフィアでおこなわれたライブの極上オーディエンス映像(2DVD)をカップリングした最強盤です!
CDのほうは放送用マスターを使用した安定感抜群の超高音質ステレオ・サウンドボード音源、一部DJのコメントが挿入される箇所こそありますが、オペラの本場で奏でられる不朽のロック・オペラは全ファン必聴と断言できる素晴らしいものです。

DVDのほうは超高画質HDTVソースのオーディエンス・マスターを使用したハイクオリティ映像、的確なクローズショットを多用した安定感抜群の素晴らしい画質で、ライブ全編を完璧に捉えた会心の内容となっています。
両公演ともに『Tommy』の"完全"再現の第1部、そしてThe Whoの名曲群からのベスト選曲を楽しめる第2部という構成となっており、第2部の楽曲が大幅に入れ替わっているのも嬉しい限り。来日公演の予復習に必須の大推薦タイトルです!

◆Auditorium della Conciliazione, Rome, Italy 23rd March 2012
(CD 1)
01. Overture 02. It's A Boy 03. 1921 04. Amazing Journey 05. Sparks 06. Eyesight To The Blind 07. Christmas 08. Cousin Kevin 09. The Acid Queen 10. Do You Think It's Alright? 11. Fiddle About 12. Pinball Wizard 13. There's A Doctor 14. Go To The Mirror 15. Tommy Can You Hear Me? 16. Smash The Mirror 17. Sensation 18. I'm Free 19. Miracle Cure 20. Sally Simpson 21. Welcome 22. Tommy's Holiday Camp 23. We're Not Gonna Take It

(CD 2)
01. Introduction of 2nd set 02. I Can See For Miles 03. The Kids Are All Right 04. Behind Blue Eyes 05. The Way It Is [by Simon Townshend] 06. Pictures Of Lily 07. Who Are You? 08. My Generation 09. Young Man Blues 10. Baba O'Riley 11. Band Introduction 12. Without Your Love 13. Red Blue And Grey 14. Outro

◆Mann Music Center , Philadelphia, PA 21st September 2011
(DVD 1)
01. Overture 02. It's A Boy 03. 1921 04. Amazing Journey 05. Sparks 06. Eyesight To The Blind 07. Christmas 08. Cousin Kevin 09. The Acid Queen 10. Do You Think It's Alright? 11. Fiddle About 12. Pinball Wizard 13. There's A Doctor 14. Go To The Mirror 15. Tommy Can You Hear Me? 16. Smash The Mirror 17. Sensation 18. I'm Free 19. Miracle Cure 20. Sally Simpson 21. Welcome 22. Tommy's Holiday Camp 23. We're Not Gonna Take It

(DVD 2)
01. Band Introduction 02. I Can See For Miles 03. Squeeze Box 04. Days Of Light 05. Freedom Ride 06. Goin' Mobile [by Simon Townshend] 07. Behind Blue Eyes 08. Who Are You 09. Young Man Blues 10. Baba O'Riley 11. Without Your Love 12. Blue, Red And Grey

◇Personnel; Roger Daltrey (vocals, guitar) Simon Townshend (guitar, vocals) Frank Simes (guitar) Jon Button (bass) Loren Gold (keyboards) Scott Devours (drums)