コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます



ジョージ・マイケル
FAITH TOUR IN PARIS 1988
STCD-109
SBD
1CD
\3,600
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


■1988年5月31日パリ公演を収録。
■バリバリの超高音質サウンドボード収録。

1980年代を席巻したワム!は1986年にデュオを解散する。しかしルックスによる人気ではアンドリューの後塵を拝していたものの、ソングライティングと歌唱の才能は明確な才能の差があり、ジョージ・マイケルのソロ活動の成功を疑う者はいなかったであろう。ワム解散後の最初のシングルはアレサ・フランクリンとのデュエット曲「I Knew You Were Waiting」であった。この曲は話題性も伴い全米でナンバー1を獲得する。いかに当時のワムの人気とその余波、そしてソロ活動への期待が高かったかが伺える。待望のジョージのファースト・ソロ・アルバムは翌1987年にリリースされる。それが『FAITH』である。 明るくポップで健康的なワムであったが、最後のアルバム『Music From The Edge Of Heaven』の中には憂いを秘めた「大人」の楽曲が多く占めていた。元々「ケアレス・ウィスパー」や「ディッフェレント・コーナー」などソウルフルなバラード曲がジョージのソロ名義でリリースされていたこともあり、後のジョージのソロ・アルバムの布石を感じさせる楽曲もあった。しかしバンド解散後のソロ・アルバムを作る多くのミュージシャンがそうであるように、ジョージも意図的にワムで強固に作られたイメージを崩すかのように、あえてファンの予想を上回るレベルでの異なる音楽性に挑んだのである。まさに『FAITH』は全世界が認めた才能が、全世界注目の中でリリースしたアルバムであった。先に従来のワムのイメージを壊すかのようなアルバムと書いたが、アルバムからの第一弾シングルのタイトルが「I Want Your Sex」である。後の様々なスキャンダルを顧みるといささか意味深なタイトルではあるが、当時は純粋に若きアーティストが背伸びしてセックスを歌ったものだと解釈していたものである。そしてリアルタイムの想い出としては、アルバム収録曲13曲の中から実に6曲ものシングルがリリースされたことにも驚かされた。しかも第2弾シングル「Faith」から「Father Figure」「One More Try」「Monkey」と4曲連続で全米ナンバー1と、この時期のジョージは出せば売れるという感じの勢いがあった。さすがに「Kissing A Fool」がシングルカットされた時は、まだ出すのかよという雰囲気があったが、このシングル・チャートを見る限り、ジョージのソロ・キャリアの滑り出しはこれ以上ない順風満帆なものであった。日本でもテレビをつければ小林克也が軽やかな英語でジョージ・マイケルのビデオを紹介していたものである。このアルバム『Faith』に伴うツアーは1988年2月から翌1989年7月まで長期に渡って行なわれ、その本数は実に137公演を数える大規模なものであった。ツアー最初の地は日本が選ばれた。セットリストは『Faith』収録曲及びワム時代の曲、そしてカバー曲を織り交ぜたもので、ジョージのヴォーカリストとしての力量が存分に発揮された、いずれも素晴らしショウが全世界で展開された。本作は、そのワールド・ツアーから、1988年5月31日フランスはパリ公演をサウンドボードで収録している。当時オンエアされた放送音源が元となっているため、音質的には素晴らしい文句のつけようがない、このままライヴ・アルバムとして成立する程の超高音質なものである。また内容的には、FAITHツアーのセカンド・レグに相当するこのパリ公演は、当日全12曲が演奏されている。本作は残念ながら11曲のみの収録で、1曲だけアルバム・タイトル曲である「Faith」が欠落している。しかしその「Faith」を、オーディエンス録音ながら1988年10月4日ロサンゼルス公演の音源より最後にボーナストラック扱いで収録しており、FAITHツアーにおけるセットリストは全曲収録していることになる。2016年よりによってワムの曲を耳にする機会が増えるクリスマスに訃報を聞くことになろうとは思いもしなかったジョージ・マイケルの初のソロ・ツアーであるFAITHツアーより、1988年5月31日パリ公演をサウンドボードで収録したのが本作である。ボーナストラックで「Faith」を収録し、当日のセットリストの全曲のライヴを聴くことができる。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

PALAIS DES SPORTS PARIS, FRANCE May 31, 1988
01. Hard Day 02. Everything She Wants 03. I'm Your Man 04. A Different Corner 05. Love's In Need Of Love Today 06. Father Figure 07. One More Try
08. I Knew You Were Waiting (For Me) 09. Careless Whisper 10. Lady Marmalade 11. I Want Your Sex Pt. I, II & III

THE FORUM INGLEWOOD LOS ANGELES CA U.S.A. October 4, 1988
12. Faith



ジョージ・マイケル
GEORGE MICHAEL ANTHOLOGY
PVC018AB
PRO-SHOT
2BD-R
\3,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ジョージ・マイケルの映像ドキュメンタリーの中でも見逃すことの出来ない必見映像4タイトルを4時間以上まとめて収録したファン注目のコレクターズ・エディションです。ディスク1には2016年12月に急逝した直後に制作されたものでライブ映像とインタビューやレア映像含む追悼スペシャル”YOU HAVE BEEN LOVED”を高画質HDクオリティで収録。さらに生前2004年に劇場公開されたジョージ・マイケルの半生を辿った映画”A DIFFERENT STORY : A LIFE ON FILM”を収録。貴重なシーンも織り込みWHAM!時代の盟友アンドリューはじめ関係者も登場。ジョージ・マイケルの映像作品を代表する見逃せないヒストリー映画です。ディスク2には2006年英国BBCで放送された”I'M YOUR MAN - SOUTH BANK SHOW SPECIAL 2006”を収録。スタジオでのリハーサルが中心でその曲間にインタビューが入る内容で演奏シーンが多く興味深い内容です。最後には93年に発表予定でレコーディングが進められていたもののお蔵入りしてしまった未発表の”TROJAN SOULS”レコーディング・セッションの模様を80分以上収録。貴重なレコーディング・セッションをとらえた注目の記録映像です。2016年12月世界中に悲しみのニュースが駆け巡ったジョージ・マイケルの代表的映像ドキュメンタリー4タイトルを最高画質クオリティでまとめたブルーレイ2枚組の追悼コレクターズ・エディションの登場です!!

DISC 1
YOU HAVE BEEN LOVED : LIVE AND DOCUMENTARY 2016
The Long And Winding Road (Live) Breaking News The Last Interview About Wham Sense Of Humour Wembley Stadium
Concert Day Freedom'90 (Live) A DIFFERENT STORY : A LIFE ON FILM 2004 Introduction - Home Of Childhood Remembering Wham! Faith Live Aid Older Songs From The Last Century 18 months Later Outroduction A Different Story - Premier In Japan

DISC 2
I'M YOUR MAN - SOUTH BANK SHOW SPECIAL 2006
Fastlove John And Elvis Are Dead Shoot The Dog Idol Flawless My Mother Had A Brother Freeek! Knocks Me Off My Feet
Careless Whisper The First Time Ever I Saw Your Face Faith Outside Freedom

THE TROJAN SOULS STUDIO SESSIONS 1993 Pt.1 -7 NTSC 16:9 HD (SD) 1080p LPCM Stereo time approx. 128 + 122min.



ジョージ・マイケル
THE ROAD TO WEMBLEY
PVC019
PRO-SHOT
1BD-R
\2,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ジョージ・マイケルのライブの中でも数多くのハイライトとなった英国ロックの聖地であるウエンブレー・スタジアムとウエンブレー・アリーナのライブを時系列で辿ったライブ・ヒストリー映像が高画質ブルーレイで初登場!2007年リニューアルしたウエンブレー・スタジアムでこけら落し公演を行ったジョージ・マイケルのTV放送ライブ・ドキュメント”THE ROAD TO WEMBLEY”を完全収録。さらに85年の歴史的イベント、バンドエイドからプリンス・トラスト、エイズ・チャリティ、ネルソン・マンデラ・トリビュートやフレディ・マーキュリー追悼コンサート、デヴィッド・ボウイが冒頭に登場するコンサート・オブ・ホープ等ジョージ・マイケルがウエンブレー・スタジアムとウエンブレー・アリーナに登場したライブ映像を一挙収録。今となっては貴重なジョージ・マイケルのウエンブレーに関するスペシャル・イベント出演をまとめて見ることができる大推薦の必見映像コレクションです!!

THE ROAD TO WEMBLEY : Live And Documentary 2007
Introduction Live Aid Nelson Mandela 70th Birthday Tribute Wham The Final Concert Opening OUTSIDE (Live)
SPINNING WHEEL (Live) FREEDOM'90(Live) IDOL (Live)

LIVE HISTORY 1985-1999 / AT WEMBLEY STADIUM AND WEMBLEY ARENA
DON'T LET THE SUN GOING DOWN ON ME (Live Aid 1985) EVERY TIME YOU GO AWAY (with Paul Young / Prince's Trust 1986) 1-2-3 (with Deon Estus / Stand By Me - AIDS Day Benefit 1987) LOVE'S IN NEED OF LOVE TODAY (Stand By Me - AIDS Day Benefit 1987) EVERYTHING SHE WANTS (with Andrew Ridgeley / Stand By Me - AIDS Day Benefit 1987) Interview (Nelson Mandela 70th Birthday Tribute 1988) VILLAGE GHETTOLAND (Nelson Mandela 70th Birthday Tribute 1988) IF YOU WERE MY WOMAN (Nelson Mandela 70th Birthday Tribute 1988) SEXUAL HEALING (Nelson Mandela 70th Birthday Tribute 1988)
'39 (Freddie Mercury Tribute 1992) THESE ARE THE DAYS OF OUR LIVES (Freddie Mercury Tribute 1992) SOMEBODY TO LOVE (Freddie Mercury Tribute 1992) Introduction / David Bowie (Concert Of Hope 1993) FATHER FIGURE (Concert Of Hope 1993) KILLER / PAPA WAS A ROLLING STONE (Concert Of Hope 1993) ONE MORE TRY (Concert Of Hope 1993)
LOVE'S IN NEED OF LOVE TODAY (Concert Of Hope 1993) FREEDOM'90 (Concert Of Hope 1993) Introduction (Net Aid 1999)
FASTLOVE (Net Aid 1999) BROTHER CAN YOU SPARE A DIME? (Net Aid 1999) FATHER FIGURE (Net Aid 1999)
FREEDOM'90 (Net Aid 1999) NTSC 16:9 HD1080p LPCM Stereo time approx.50+120min.



ワム!
LIVE AT BRIXTON ACADEMY 1986
STCD-107/108
SBD
2CD
\6,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


■ワム!の最後のツアー1988年6月24日ロンドン公演
■高音質サウンドボードで完全収録。

1980年代の音楽シーンは明るく健康的で、70年代の暗く重い雰囲気は影を潜めていた感がある。80年代は総合的にマイケルジャクソンやマドンナなど、明るくダンサンブルなアメリカン・ポップスが時代を席巻していたといっても過言ではないだろう。 そして英国出身のデュオであるワム!は、まさにその時代を象徴する代表的なアーティストであった。1983年にリリースされたファースト・アルバム『ファンタスティック』からいきなりヒットし、80年代に青春時代を過ごした人たちにとっては、ワムは時代のBGMと言えるかもしれない。ワムがヒットした要因は、爽やかな二人の若者のルックスもさることながら、何より楽曲の良さ、後のジョージ・マイケルのソロを聴くと、ワム時代は敢えて意図的に時代に即して楽曲を作っていたのだという事が伺えるが、 それだけ器用に様々なジャンルを手掛けることが出来るジョージの才能の一端を垣間見る思いである。 特にクリスマスの時期になるとリリースから30年経過した今でも定番として流れる「ラスト・クリスマス」、「抱きしめてジルバ」など数多くのカバーを輩出した「ケアレス・ウィスパー」など、スタンダードと化した名曲の多くもこの時期に生まれている。 アイドル的人気に加え、ミュージシャンとしての才能を伴っていた稀有な存在、なるべくしてスターになったと言えるのがワム!であった。元々「ケアレス・ウィスパー」や「ディッフェレント・コーナー」などワムのアルバムに収録されてはいたものの、実質的のみならずクレジットもジョージ・マイケルのソロ名義であった。 ワムの音楽的な部分を担っていたのは紛れもなくジョージであった。お互いの力関係、関係性が、一体どのようなものであったかは第三者が知る由もないが、 ワムとして最後となった、その名も『The Final』というタイトルのアルバムがリリースされた時、アンドリューが、このアルバムのリリースと、それに伴うフェアウェル・ツアーをやった後にワムは解散すると宣言したのである。ワムとして最後のツアーは、このように解散を宣言した上でのフェアウェル・ツアーであった。本作は、そのワム最後のツアーより、6月24日ロンドンはブリクストン・アカデミー公演をサウンドボードで完全収録している。 短い活動期間の人気絶頂の時に解散を選んだ希代のデュオの最後のツアーがサウンドボードで完全収録されている。しかも最後のツアーということで、代表曲を網羅したセットリストも完璧なものである。 オープニングは『Make It Big』収録の「恋のかけひき」である。スタジオ・バージョンを大幅にエキスパンドして倍近い長さとなっている。曲間では饒舌にMCを入れ、最後のツアーということでファンとの交流を楽しんでいるかのようだ。 2曲目は『ファンタスティック』より「クラブ・トロピカーナ」。アンドリューより“夏の歌だよ”と、このコンサートが行われた季節に則した紹介がなされる。サビの部分を聴衆に歌わせるなど盛り上がりがよく伝わってくる。「ハートビート」はジョージの澄み渡る伸びやかなハイトーンが魅力的な曲である。 スタジオだけではなくライヴにおいてもファルセットを交えこのように歌えるのは、ジョージが優れたヴォーカリストである何よりの証明であろう。「バトルステーション」は打ち込みのリズム・マシーンと女性コーラスがいかにも80年代的な時代を感じさせる。 「バッド・ボーイズ」はファースト・アルバムで最も印象的な楽曲で、フ~フ~の部分をレコードに合わせて歌った人も多いのではないか。そしてダンサンブルな曲の後に小休止と言ったところだろうか、静かなバラードの名曲「消えゆく思い」などを挟み、前半最後は「哀愁のメキシコ」である。 原題が「Where Did Your Heart Go」なのに、邦題が笑ってはいけない「哀愁のメキシコ」である。サックスの音色がなるほど哀愁を感じさせる歌謡曲の雰囲気である。 このコンサートは6月なのだが、「ラスト・クリスマス」はオリジナル通り“ハッピークリスマス”という呟きから再現されている。スタジオ・バージョンにあった効果音的なシャンシャンという鈴の音が入っておらず、キーボードが前面に出されたアレンジで、バックのチープな音色に対し、ジョージの歌声は実に素晴らしい。もうアカペラだけで通用する。後半はもうジョージのヴォーカルが冴えわたる「ディッフェレント・コーナー」「フリーダム」「ケアレス・ウィスパー」の三連続である。特にアップテンポにアレンジし直された「フリーダム」はアドリブを入れつつコーラス・ワークと見事に合致した素晴らしい演奏となっている。 本編最後は「ウキウキ・ウェイクアップ」である。“ウキウキ”は原題にはない邦題側が勝手につけたものだが、曲の雰囲気を的確に表しており、その通りウキウキ楽しく盛り上がる曲である。そしてコンサートの最後は、ジョージがソロ・ツアーでも歌い続けている「I’m Your Man」である。80年代を席巻したワム!の最後のツアーから、1986年6月24日ロンドンはブリクストン・アカデミー公演を高音質サウンドボードで完全収録。スタジオ・バージョンの完成度が高いため、なかなかライヴ・バージョンに接する機会もないであろうワムの貴重なファイナル・ツアーの音源である。視覚的効果が派手になりつつあった80年代はマドンナなどマイミングを使うアーティストも多かった中、ワムは生歌で、かつこの歌唱は凄過ぎる。 ジョージ・マイケルがいかに優れたヴォーカリストであったかが如実にわかる素晴らしいコンサートである。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

BRIXTON ACADEMY LONDON U.K. June 24, 1986

DISC ONE
01. Everything She Wants 02. Club Tropicana 03. Heartbeat 04. Battlestations 05. Bad Boys 06. If You Were There 07. The Edge Of Heaven
08. Credit Card Baby 09. Like A Baby 10. Love Machine 11. Where Did Your Heart Go?

DISC TWO
01. A Ray Of Sunshine 02. Why 03. Last Christmas 04. Wham Rap! (Enjoy What You Do) 05. A Different Corner 06. Freedom 07. Careless Whisper 08. Band Introductions 09. Young Guns (Go for It!) 10. Wake Me Up Before You Go-Go 11. I’m Your Man



ワム!
GEORGE MICHAEL
: THE BEST - VIDEO COLLECTION&EXTRA
PVC015DVD
PRO-SHOT
1DVD
\2,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ジョージ・マイケルのワム!時代をまとめた2017年最新映像コンピレーションが海外直輸入プレス盤DVDで登場!80年代ブリティッシュ・ポップ・アイドルとして人気絶頂だった”ワム時代”のプロモ映像やTVショウをまとめた内容でデビュー曲「ヤング・ガンズ」から最後のシングル・ヒットまでのプロモ映像全18曲を完全収録。過去のビデオやTV放送からではなくすべてノーカット・マスターからの完全収録で最高画質と高音質によるプロモ・コレクションの決定版。80年代を駆け抜けた若き日のジョージ・マイケルを辿るワム時代のすべてをまとめた最高のベスト映像コレクションです!!

VIDEO COLLECTION
Young Guns (Go for It!) Wham Rap! (Enjoy What You Do) Bad Boys Club Tropicana Wake Me Up Before You Go-Go
Careless Whisper Freedom Everything She Wants Last Christmas I'm Your Man Everything She Wants (Live)
Blue (Armed With Love) (Live) Careless Whisper (Live) Love Machine (Live) Last Christmas (Pudding Mix)
The Edge of Heaven A Different Corner Where Did Your Heart Go?

EXTRA
Bad Boys (Original Version) Young Guns (Go for It!) (Top Of The Pops - UKTV)
Wham Rap! (Enjoy What You Do) (Top Of The Pops - UKTV) Bad Boys (Top Of The Pops - UKTV)
Club Tropicana (Top Of The Pops - UKTV) Wake Me Up Before You Go-Go (Top Of The Pops - UKTV)
Freedom (Top Of The Pops - UKTV) Everything She Wants (Top Of The Pops - UKTV)
The Edge of Heaven (Top Of The Pops - UKTV)

NTSC 16:9 SD Dolby Digital Stereo time approx. 122min.