コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます





モリッシー
 
@WHAT’S YOUR EXCUSE NOW? (9/28)
AYOU POOR LITTLE FOOL (9/29)
BWHAT’S YOUR EXCUSE NOW? / YOU POOR LITTLE FOOL set
 
@GOV-153/154
AGOV-155/156
 
AUD
 
@2CD-R
A2CD-R
B2CD-R+2CD-R+1Bonus DVD-R
 
@\3,800
A\3,800
B\7,000
個数
個数
個数

  ♪試聴 You Have Killed Me (9/28) (MP3) 【Download】
  ♪試聴 Irish Blood, English Heart (9/29) (MP3) 【Download】

2014年ニューアルバム「World Peace Is None of Your Business」をリリースした元スミスのカリスマ的ヴォーカリスト・モリッシーの約4年ぶりとなる2016年ジャパンツアーより初日の9月28日と2日目の9月29日公演をどちらもレーベルオリジナルマスターを使用した超高音質オーディエンス録音にて完全収録!

初日は今ツアーの海外公演と同じく"Suedehead"からのスタート!待ちに待ったモリッシーの登場に座席を離れて再前列付近に駆け寄るオーディエンスでライブハウス状態でのライブとなりました!序盤から期待を裏切らない定番曲の連発で盛り上がりも最高潮となります。
新曲なども交えつつこの日はオーディエンスから見るとやや重い映像がスクリーンに映される"Ganglord"や"Meat Is Murder"などモリッシーのメッセージ性の色濃く出たライブとなりました。海外ライブと比べ曲数が少ないのですが直前のやり取りなどを見ると本編のラストで"Oboe Concerto"を削っていたのかもしれません。
アンコールはスミスのナンバー"What She Said"!!曲の始まりは通常通りですが後半部がスミス後期のライブで披露してた"Rubber Ring"に変わるバージョン(ライブアルバム"RANK"などに収録)です!!

2日目は前日のことのもあってか警備も厳しく前方に駆け出すファンも少なく落ち着いたスタートとなりました。今ツアーでは海外でも同所での2Days公演がなくほぼ"Suedehead"からのスタートでしたが、この日は2Daysの2日目ということもあってか"Let Me Kiss You"からのスタート!!
いきなりシャツを破り捨て上半身裸になったり、マイクのケーブルがモリッシーのネックレスに絡んでしまいオーディエンスに取ってもらうなど前日とはまた違ったモリッシーを魅せます!セットリストも前日にはなかった"Irish Blood, English Heart"やニューアルバムからの"Istanbul"、"Oboe Concerto"なども披露します。
アンコールは来日直前のニューヨーク公演で披露し話題となったラモーンズのカバー"Judy Is a Punk"!!"Let Me Kiss You"で始まり本編ラストが"Ouija Board, Ouija Board"アンコールではラモーンズのカバーと非常にバランスのいいセットリストとなっております!
10月1日のソールドアウトとなっていた横浜公演が前日になってキャンセルされ、関東地区では2公演のみとなった貴重なライブを堪能できるタイトルです!両日とも開演前に会場で映し出される映像の音源から収録です!

さらに2公演セットには来日直前の9月24日のニューヨーク公演を高画質オーディエンスショットで収録したDVDが封入されます!!!モリッシーの愛するNYパンクの本拠地でのライブで日本公演でも披露したラモーンズの"Judy Is a Punk"を初披露した話題のライブです!こちらのボーナスディスクは限定生産となります。

WHAT’S YOUR EXCUSE NOW? GOV-153/154
Disc One
1. Pre-Show Movie Soundtrack
2. Opening
3. Suedehead
4. Alma Matters
5. You Have Killed Me
6. Ouija Board, Ouija Board
7. I'm Throwing My Arms Around Paris
8. World Peace Is None of Your Business
9. Ganglord
10. Speedway

Disc Two
1. Kiss Me a Lot
2. All You Need Is Me
3. First of the Gang to Die
4. The Bullfighter Dies
5. Band Introduction
6. Meat Is Murder
7. Piano Solo / Everyday Is Like Sunday
8. The World Is Full of Crashing Bores
9. You're the One for Me, Fatty
10. How Soon Is Now?
11. Jack the Ripper
12. What She Said / Rubber Ring
Live at Orchard hall, Tokyo, Japan on 28th September 2016


YOU POOR LITTLE FOOL GOV-155/156
Disc One
1. Pre-Show Movie Soundtrack
2. Opening
3. Let Me Kiss You
4. Everyday Is Like Sunday
5. Irish Blood, English Heart
6. Istanbul
7. Jack the Ripper
8. Kiss Me a Lot
9. Kick the Bride Down the Aisle
10. First of the Gang to Die

Disc Two
1. World Peace Is None of Your Business
2. I'm Throwing My Arms Around Paris
3. All the Lazy Dykes
4. Piano Solo / It's Hard to Walk Tall When You're Small
5. Band Introduction
6. Speedway
7. How Soon Is Now?
8. Oboe Concerto
9. How Can Anybody Possibly Know How I Feel?
10. The Bullfighter Dies
11. Ouija Board, Ouija Board
12. Judy Is a Punk
Live at Orchard hall, Tokyo, Japan on 29th September 2016


Bonus Disc (DVD)
Live at Kings Theatre, NewYork, USA on 24th September 2016



モリッシー
2 Shows In Tokyo 2016
XAVEL-HM-286
AUD
4CD-R
\8,100
個数


モリッシーの2016年来日ツアーより、9/28、29と2DAYSで行われた東京公演、渋谷Bunkamuraオーチャード・ホールにおけるライブを、高音質オーディエンス録音にて完全収録!XAVELレーベル・オリジナルの高品質オーディエンス・マスターに24bitデジタル・リマスタリングを施した高音質盤。ファンならば必聴の一枚です。来日ツアースタートの地となる東京公演。初日は余りの盛り上がりに、オーディエンスが席を無視してフロントロウに詰め掛けると言う日本のホール・ライブでは珍しい事態となり、二日目は警備員による人間バリケードが築かれました。これもモリッシーのライブの熱さ故と言える一幕です。さて、二日間に亘って行われた東京公演ですが、両日を比べてみるとセットリストが大きく変化しており、これは合わせて一つのライブと言って良い程です。次いで予定されていた横浜公演は会場の形状都合のためキャンセルとなっており、関東の公演はこの二日間だけとなっています。モリッシーファンならば見過ごしては通れないマスト・アイテム。是非ともお買い逃し無くどうぞ。

◆Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 28th September 2016
(Disc 1) 01. Pre-show Film 02. Opening 03. Suedehead 04. Alma Matters 05. You Have Killed Me 06. Ouija Board, Ouija Board 07. I'm Throwing My Arms Around Paris 08. World Peace Is None of Your Business 09. Ganglord 10. Speedway 11. Kiss Me a Lot 12. All You Need Is Me 13. First of the Gang to Die
(Disc 2) 01. The Bullfighter Dies 02. Meat Is Murder 03. Piano Intro / Everyday Is Like Sunday 04. The World Is Full of Crashing Bores 05. You're the One for Me, Fatty 06. How Soon Is Now? 07. Jack the Ripper Encore: 08. What She Said (with 'Rubber Ring' outro) 09. Closing

◆Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 29th September 2016
(Disc 3) 01. Pre-show Film 02. Opening 03. Let Me Kiss You 04. Everyday Is Like Sunday 05. Irish Blood, English Heart 06. Istanbul 07. Jack the Ripper 08. Kiss Me a Lot
(Disc 4) 01. Kick the Bride Down the Aisle 02. First of the Gang to Die 03. World Peace Is None of Your Business 04. I'm Throwing My Arms Around Paris 05. All the Lazy Dykes 06. Piano Intro / It's Hard to Walk Tall When You're Small 07. Speedway 08. How Soon Is Now? 09. Oboe Concerto 10. How Can Anybody Possibly Know How I Feel? 11. The Bullfighter Dies 12. Ouija Board, Ouija Board Encore: 13. Judy Is a Punk 14. Closing



モリッシー
EXCLUSHIBUYA
EVSD-BD-018
AUD-SHOT
1BD-R
\4,600
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)
個数


うげげ!出ました「人間バリケード」!!
昨晩のオーディエンスVSセキュリティのバトルがあったのでえらいこってす〜。

2016年9月29日渋谷オーチャードホールでのライヴをフルハイヴィジョンで完全収録!
果敢にも二日目も一階席から挑みます!しかしシューティングの神様の前に長身のお方が、、、これは運なのでどうにも出来ませんでした。左側がどうしても黒くなってしまうところができてしまいます。そこはモリッシー愛と激レアセットリストが見られるってことで乗り越えて欲しい。なんとこの日"MEAT IS MURDER"を演奏しないという衝撃の一夜となりました!
しかも見てくださいこのセットリスト初日と9曲もかぶらないという激レアセットリスト。
今回のツアーでほんとんどプレイされていない"LET ME KISS YOU""KICK THE BRIDE DOWN THE AISLE""ALL THE LAZY DYKES""IT'S HARD TO WALK TALL WHEN YOU'RE SMALL""HOW CAN ANYBODY POSSIBLY KNOW HOW I FEEL?"を見れるのは嬉しい限りです。
昨日と全然違うセットリストで"MEAT IS MURDER"もやらへんだ!というわけで「今日のライヴめっちゃエクスクルーシヴや!」
、、、、、、おーいみんな起きてる?ここ笑うとこですよ?関西弁と渋谷もかかってるんですよ。
昨日も説明したからね、わからへん子はおいていきますよ。

ここまでセットリストが違うと両日欲しくなっちゃいますね。で悲劇の横浜公演キャンセルとなって伝説の"THE WILDE WEST SIDE"に続くわけです。100セット限定ナンバリング入り。

01. INTRODUCTION 02. LET ME KISS YOU 03. EVERYDAY IS LIKE SUNDAY 04. IRISH BLOOD, ENGLISH HEART 05. ISTANBUL 06. JACK THE RIPPER 07. KISS ME A LOT 08. KICK THE BRIDE DOWN THE AISLE 09. FIRST OF THE GANG TO DIE 10. WORLD PEACE IS NONE OF YOUR BUSINESS 11. I'M THROWING MY ARMS AROUND PARIS 12. ALL THE LAZY DYKES 13. IT'S HARD TO WALK TALL WHEN YOU'RE SMALL 14. BAND INTRODUCTION 15. SPEEDWAY 16. HOW SOON IS NOW? 17. OBOE CONCERTO 18. HOW CAN ANYBODY POSSIBLY KNOW HOW I FEEL? 19. THE BULLFIGHTER DIES 20. OUIJA BOARD, OUIJA BOARD 21. JUDY IS A PUNK

RECORDED LIVE AT BUNKAMURA ORCHARD HALL, TOKYO, JAPAN : 29TH SEPTEMBER 2016



モリッシー
MOZ IN AGGRESSHIBUYA
EVSD-BD-017
AUD-SHOT
1BD-R
\4,600
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)
個数


2016年9月29日来日公演初日オーチャードホールでのライヴを一階席からのシューティングに成功!フルハイヴィジョンによる美麗画質で楽しめます。勿論完全収録です!

客電が落ちるや否や前方オケピに突撃するオーディエンス!いや〜スタンディングの箱みたいじゃん!
すんげー盛り上がってる!!まるで2016年のライヴとは思えない熱気です!で、ショウは進行するのですが前方のライブハウス状態のところでアクシデントが、、、「自分の席に戻ってください」という警備の方々「自分以外の人も前にいるじゃん、何で俺だけ?」とお客さん。押し問答のすえ「退場!」コールまで出てしまう熱気!ある意味「ライブ」だなっと!2016年こんなに熱いアグレッシブなライヴになるとは!というわけで「今日のライヴめっちゃアグレッシブや!」、、、、、、おーいみんな起きてる?ここ笑うとこですよ?関西弁と渋谷もかかってるんですよ。
義務教育やないんやからね、おいていきますよ。

あの日のオーチャードホールがまた観れるという幸せ!うれしいな!100セット限定ナンバリング入り。

01. INTRODUCTION 02. SUEDEHEAD 03. ALMA MATTERS 04. YOU HAVE KILLED ME 05. OUIJA BOARD, OUIJA BOARD 06. I'M THROWING MY ARMS AROUND PARIS 07. WORLD PEACE IS NONE OF YOUR BUSINESS 08. GANGLORD 09. SPEEDWAY 10. KISS ME A LOT 11. ALL YOU NEED IS ME 12. BAND INTRODUCTION 13. FIRST OF THE GANG TO DIE 14. THE BULLFIGHTER DIES 15. MEAT IS MURDER 16. EVERYDAY IS LIKE SUNDAY 17. THE WORLD IS FULL OF CRASHING BORES 18. YOU'RE THE ONE FOR ME, FATTY 19. HOW SOON IS NOW? 20. JACK THE RIPPER 21. WHAT SHE SAID 22. ENDING

RECORDED LIVE AT BUNKAMURA ORCHARD HALL, TOKYO, JAPAN : 28TH SEPTEMBER 2016



モリッシー
BLOOD OF ISRAEL
SYLPH-1342
SBD
2CD-R
\3,670
個数


祝来日!!4年振りの来日公演が間近に迫ったUKロック孤高のカリスマ、モリッシーの10作目ソロ・アルバム「ワールド・ピース・イズ・ノン・オブ・ユア・ビジネス〜世界平和など貴様の知ったことじゃない」に伴う2016年ワールド・ツアーより、8月23日イスラエル公演を極上エアチェック・サウンドボード音源にて完全収録!!マスターリングにより、迫力&ライヴ感もアップしたファン必携の最新ライヴ・アイテム!!
内容は、新作から6曲と往年の代表曲をバランス良く配した現在進行形セットリスト!!「ミート・イズ・マーダー」、「ラバー・リング」の一部も盛り込んだ「ホワット・シー・セッド」のザ・スミス・ナンバー2曲も披露しており、終始聴き応えも満点です!!今なお、世界中の熱狂的ファンに支持され続ける彼の約1時間40分に渡る白熱パフォーマンスは必聴間違いなし!!シルフ・レーベルが美麗ジャケット・ワーク(帯付き)/極上サウンドにてお届けする、ファンには嬉しい来日公演の予習にもピッタリなサウンドボード完全版アイテムが登場です!

Live At Heichal Hatarbut, Tel Aviv, Israel August 23rd 2016
SOUNDBOARD RECORDINGS

Disc-One
01. Intro 02. Suedehead 03. Alma Matters 04. Speedway 05. Ganglord
06. Staircase at the University 07. All You Need Is Me
08. I'm Throwing My Arms Around Paris 09. World Peace Is None of Your
Business
10. Istanbul 11. The Bullfighter Dies 12. Kiss Me a Lot ...50'19

Disc-Two
01. Ouija Board, Ouija Board 02. Meat Is Murder (The Smiths)
03. Everyday Is Like Sunday 04. You Have Killed Me 05. Jack the Ripper
06. The World Is Full of Crashing Bores 07. I Will See You in Far-Off
Places
08. What She Said >Rubber Ring Outro (The Smiths) 09. Oboe Concerto
Encore 10. Irish Blood, English Heart ...47'14



ジョニー・マー
Out In The Field -Fuji Rock Festival 2015-
XAVEL-269
AUD
1CD-R+1DVD-R
\4,600
個数


夏の風物詩「フジロックフェスティバル」!2015年7/26、フェス最終日のグリーン・ステージ昼の部に登場したジョニー・マーのライブを高音質オーディエンス録音にて完全収録。
XAVELレーベル・オリジナルの高品質なマスターに24bitデジタル・リマスタリングを施した高音質盤です。フェス仕様の1時間あまりのセットですが、最新ソロ・アルバムからの楽曲、The SmithsやElectronic期の名曲、Depeche Modeの「I Feel You」など盛りだくさんで聴きどころ満載の濃密なパフォーマンスをお楽しみいただけます。付属するDVDには、会場に設置されたモニターを、固定カメラにて撮影した映像作品を収録。ライブ全編を安定したスクリーン・ショットでお楽しみいただけるオススメ映像です。数多くの後進ギタリストたちに多大なる影響を与えリスペクトを集める伝説のギターヒーローの記念すべき来日ステージを音と映像で追体験できるメモリアル・アイテムの登場です。

◆Naeba Ski Resort, Niigata, Japan 26th July 2015
(CD)
01. Opening 02. The Right Thing Right 03. Stop Me If You Think You've Heard This One Before 04. Easy Money 05. Back In The Box 06. New Town Velocity 07. Generate! Generate! 08. Bigmouth Strikes Again 09. Spiral Cities 10. There Is A Light That Never Goes Out 11. Getting Away with It 12. I Feel You 13. How Soon Is Now?
(DVD)
01. Opening 02. The Right Thing Right 03. Stop Me If You Think You've Heard This One Before 04. Easy Money 05. Back In The Box 06. New Town Velocity 07. Generate! Generate! 08. Bigmouth Strikes Again 09. Spiral Cities 10. There Is A Light That Never Goes Out 11. Getting Away with It 12. I Feel You 13. How Soon Is Now?



ジョニー・マー
Love Finds Love
SSR-102
PRO-SHOT
1DVD-R
\2,400
■送料無料商品■
こちらの商品をご購入いただくとお支払方法(代引、振込)問わず送料無料!※単品可
当店から改めて送るご注文確定メールにて送料無料を適応いたします。
個数


2013年に初のソロ名義でのアルバム「THE MESSENGER」をリリースした元スミスのギタリスト、ジョニ・ーマーの2014年4月6日のロラパールーザ(ブラジル)でのライブを高画質プロショットにて収録!

昨年の来日公演でのパフォーマンスも記憶に新しいですが、今回リリースするライブではビッグサプライズとしてスミス時代の盟友アンディ・ルークがゲストとして登場します!!アンディとの共演で「How Soon Is Now?」をプレイ!!1曲だけの共演となっており次の「There is -」までやってよ!という感じもあるのですが、これだけでもファンには涙もののサプライズとなりました!!
ライブも来日時より完成度を増したジョニーワールドを見せてくれています。間違いなくファン必見と言えるタイトルです!

Lollapalooza Festival 2014 In Brazil
Live at Autodromo de Interlagos, Sao Paulo, Brazil
on 6th April 2014

1.The Right Thing Right
2.Stop Me If You Think You've Heard This One Before
3.Upstarts
4.Sun and Moon
5.New Town Velocity
6.Generate! Generate!
7.Bigmouth Strikes Again
8.Word Starts Attack
9.Getting Away With It
10.I Fought the Law
11.How Soon Is Now? (with Andy Rourke)
12.There Is A Light That Never Goes Out



ジョニー・マー
GENERATE! GENERATE! GENERATE!
GOV-118
AUD
1CD-R
\3,000
個数

  ♪試聴 (MP3) 【Download】

ジョニー・マー名義としては初のアルバム「THE MESSENGER」をリリースした、言わずと知れた元ザ・スミスのギタリストジョニー・マーの2013年来日公演より2013年8月11日の東京公演をオリジナルマスターを使用した超高音質オーディエンス録音にて完全収録!

ザ・スミス解散以降、様々なバンドで活躍しその集大成とも言える今回のソロアルバムを引っ提げてのライブはファン必聴です!セットリストはフェスでの来日ということもあり約1時間のコンパクトなものとなりました。
クラッシュで有名な「I Fought the Law」のカバーに代表されるようにUKパンク寄りのサウンドは昨年のモリッシーの来日公演同様にお互いに年齢を感じさせないパワフルなステージとなっております!ザ・スミス時代の曲からは「Stop Me If You Think You've Heard This One Before」「Bigmouth Strikes Again」「How Soon Is Now?」、そしてラストに「There Is A Light That Never Goes Out」とツボを押さえた4曲を披露。もちろんマー自身がボーカルをつとめるのですが、これがまた全然違和感のない歌声となっております。「There Is A Light-」のラストでマーがオーディエンスに合唱を促すのですが、この辺はモリッシーとの大きな違いといえるのではないでしょうか。

1.Intro
2.The Right Thing Right
3.Stop Me If You Think You've Heard This One Before
4.Upstarts
5.Sun and Moon
6.The Messenger
7.Generate! Generate!
8.Bigmouth Strikes Again
9.Word Starts Attack
10.New Town Velocity
11.I Fought the Law
12.Getting Away With It
13.How Soon Is Now?
14.There Is A Light That Never Goes Out

SUMMERSONIC TOKYO 2013
LIVE AT MAKUHARI MESSE, TOKYO, JAPAN
ON 11TH AUGUST 2013



ジョニー・マー
THE MESSENGER FROM SONIC
SYLPH-1202
AUD
1CD-R
\3,340
個数


元ザ・スミスのUKロック伝説のカリスマ・ギタリスト、ジョニー・マーが初ソロアルバム「ザ・メッセンジャー」を携えて来日!!その2013年8月10日舞州大阪での白熱ライヴを迫力満点の超高音質にて完全収録!!会場にいるかのような堪らない臨場感も最高です!!またシルフ・レーベルならではの丁寧なマスターリングも施された逸品ですので、熱くさせられる事間違いなしです!!

ライヴはアルバムのナンバーを中心に、元ヘイヴンのボトム隊2人を含むバックバンドを従えてエネルギッシュ&タイトなカッコイイ・パフォーマンスを披露!!ジョニーのギタープレイや味わいのあるヴォーカルもGOOD!!そしてファンの期待に応えるかのごとくザ・スミスのナンバーを4曲もプレイ!!盛り上がりが凄いっす!!またエレクトロニックの「ゲッティング・アウェイ・ウィズ・イット」やクラッシュでも有名な「アイ・フォウト・ザ・ロウ」など、13曲60分を超える素晴らしいパフォーマンスでファンを魅了しています!!ソロとしては日本初ライヴとなった大阪だけにファン必聴間違いなし!!
シルフ・レーベルが美麗ジャケット・ワーク(帯付き)&極上サウンドにてお届けするメモリアル・アイテムが登場です!!

Summer Sonic 2013 Sonic Stage
Tour 2013 / Live At Maishima, Osaka August 10th 2013 (Summer Sonic 2013 Sonic Stage)

1.Intro
2.The Right Thing Right
3.Stop Me If You Think You've Heard This One Before*
4.Upstarts
5.Sun & Moon
6.The Messenger
7.Generate! Generate!
8.Bigmouth Strikes Again*
9.Word Starts Attack
10.New Town Velocity
11.I Fought the Law(The Crickets cover)
12.Getting Away with It(Electronic)
13.How Soon Is Now?*
14.There Is a Light That Never Goes Out*...63'05
(*The Smiths Songs)

Johnny Marr(Guitar, Vocals)
James Doviak (Guitar, Keyboards, Vocals)
Iwan Gronow(Bass, Vocals)
Jack Mitchell(Drums)







モリッシー
@PLEASE BE HAPPY
ANATURAL AND REAL
BOSAKA/KANAGAWA 2DAYS

@SY-1137 ASY-1138 BNN-1319

AUD

@A2CD-R B4CD-R
@A\4,000 B\6,500


@PLEASE BE HAPPY(4/30 OSAKA) 個数

ANATURAL AND REAL(4/21 KAWASAKI) 個数

BOSAKA/KANAGAWA 2DAYS 個数


ミュージック・シーンのカリスマとして君臨する元スミスのヴォーカリスト、モリッシーが10年振りに来日!!その大好評に終った2012年ジャパンツアーより、4月30日大阪公演と4月21日川崎公演を共に迫力&臨場感満点の超高音質にて完全収録!!

両公演は、ほぼソールドアウトの大盛況とあって会場も大いに盛り上がっております!!
ライヴは自身のキャリアを総括するかのごとく、スミスやソロ・ナンバーを網羅した正にベスト・オブ・モリッシー!!
セットリストは各公演ごとに結構違っていて、大阪では「black cloud」「i know it's over」「maladjusted」「when last i spoke to carol」、川崎では「action is my middle name」「first of the gang to die」「one day goodbye〜ll」「people are the same everywhere」などをプレイしており、両日共通のスミス・ソングは「how soon is now?」「last night i dreamt 〜」「meat is murder」「still ill」の4曲、川崎では更に「please, please, pleas〜」をプレイしております!!
又、フランキーヴァリ&ザ・フォーシーズンズのカバー「to give」も披露したり、モリッシーの笑いを誘うご当地MCなど終始聴き所満載!!モ

リッシーの素晴らしいパフォーマンスを堪能出来るファン必聴の最新 メモリアル・アイテムが登場です!!(お得な2DAYSセットもあります)

PLEASE BE HAPPY(2CDR)SY-1137
LIVE AT ZEPP NAMBA, OSAKA April 30th 2012
how soon is now?
you have killed me
black cloud
alma matters
when last i spoke to carol
you're the one for me, fatty
maladjusted
last night i dreamt that somebody loved me
i'm throwing my arms around paris
speedway
let me kiss you
meat is murder
ouija board, ouija board/to give (the reason i live)
everyday is like sunday
i know it's over
i will see you in far-off places
(encore)
still ill

------------------------
NATURAL AND REAL(2CDR)SY-1138
LIVE AT CLUB CITTA KAWASAKI, KANAGAWA April 21th 2012

you have killed me
alma matters
you're the one for me,fatty
how soon is now?
ouija board ouija board
i will see you in far-off places
last night i dreamt that somebody loved me
i'm throwing my arms around paris
action is my middle name
speedway
meat is murder
everyday is like sunday
still ill
people are the same everywherelet me kiss you
to give (the reason i live)
please, please, please let me get what i want
first of the gang to die
(encore)
one day goodbye will be farewell



モリッシー
The House of Judgement
GOV-106/107
AUD
2CD-R
\4,000
個数

  ♪試聴 You're The One For Me, Fatty (MP3) 【Download】

2002年以来となる10年ぶりの来日公演となった2012年ジャパンツアーより1991年の初来日初日公演以来なんと21年ぶりとなる4月26日の福岡公演を高音質オーディエンス録音にて完全収録!

初来日公演では警備がほとんどおらず開演と同時に座席からはなれ、ステージ前に駆け寄りライブハウス状態となるなどファンの間でも伝説として語られ、モリッシー本人も来日公演のたびにインタビューにて21年前の福岡公演のことを語るなど、印象深い場所でのライブです。

ライブはなんと”I WANT THE ONE I CAN'T HAVE”からのスタート!!今回のジャパンツアー中でも唯一の披露となりました!
その他、新曲の披露はなかったもののスミス時代、ソロ初期、2000年以降の曲やジャパンツアーより追加されたカバー曲などバランスのよいセットリストとなっております。
会場規模に対しての集客はややさびしかったものの、アンコールではステージに上りハグするオーディエンスも多数おり今回も非常に印象に残るライブとなりました。

音質はレーベルオリジナルの高音質オーディエンス録音にて収録。ファン必携のメモリアルアイテムです!!


Live at Zepp Fukuoka, Fukuoka, Japan On 26th April 2012

Disc One
1.Introduction
2.I Want The One I Can't Have
3.You Have Killed Me
4.When Last I Spoke To Carol
5.Alma Matters
6.You're The One For Me, Fatty
7.Ouija Board, Ouija Board
8.Last Night I Dreamt That Somebody Loved Me
9.I'm Throwing My Arms Around Paris
10.Speedway
11.Black Cloud
12.Band Introduction
13.I Will See You In Far-Off Places
14.Meat Is Murder
15.To Give (The Reason I Live)

Disc Two
1.How Soon Is Now?
2.Let Me Kiss You
3.Everyday Is Like Sunday
4.I Know It's Over
5.First Of The Gang To Die



モリッシー
The Decay of Lying
GOV-108/109
AUD
2CD-R
\4,000
個数

  ♪試聴 How Soon Is Now? (MP3) 【Download】 

2002年以来となる10年ぶりの来日公演となった2012年ジャパンツアーより4月27日の広島公演を高音質オーディエンス録音にて完全収録!

今回のジャパンツアー中で最も小規模な会場、さらには初の広島公演ということもありライブ前からなんとも言えない緊張感と興奮が渦巻く中のスタートとなりました。
2曲目ではジャパンツアー中でも仙台と広島のみとなった「There Is A Light That Never Goes Out」を披露!!
さらにはCome, Come, Come - nuclear bombと歌われる「Everyday Is Like Sunday」。
後半セットの流れや、アンコールでの「Please, Please, Please Let Me Get What I Want」など、非常に聴き所の多いライブです。
今回のジャパンツアー中でもベストアクトの呼び声高いすばらしいライブです!!

音質はレーベルオリジナルの高音質オーディエンス録音にて収録。ファン必携のメモリアルアイテムです!!

Live at Blue Live, Hiroshima, Japan On 27th April 2012

Disc One
1.Introduction
2.You Have Killed Me
3.There Is A Light That Never Goes Out
4.You're The One For Me, Fatty
5.When Last I Spoke To Carol
6.Alma Matters
7.How Soon Is Now?
8.Everyday Is Like Sunday
9.I'm Throwing My Arms Around Paris
10.To Give (The Reason I Live)
11.Ouija Board, Ouija Board

Disc Two
1.First Of The Gang To Die
2.Band Introduction
3.I Will See You In Far-Off Places
4.Last Night I Dreamt That Somebody Loved Me
5.Let Me Kiss You
6.Meat Is Murder
7.Scandinavia
8.Speedway
9.Please, Please, Please Let Me Get What I Want



モリッシー
Kawasaki : Kabuki
XAVEL-149
AUD
2CD-R
\4,200
個数


10年ぶりとなるMORRISSEYの来日ツアーより、4/21の川崎クラブチッタでのライブを極上音質のオーディエンス録音にて完全収録。

仙台を皮切りに合計9公演がとりおこなわれた2012年来日ツアーの2公演目、唯一のソールドアウトを記録した大盛況のステージを、XAVELレーベル・オリジナルの高品質なマスターに24bitデジタル・リマスタリングを施した最高音質で完全収録しています。

日毎に選曲・曲順に変化をつけておこなわれた変幻自在の今ツアー、「カワサキ!カブキ!」というMORRISSEYの掛け声とともにスタートしたこの日のステージでは、Frankie ValliやShirley Basseyの歌唱で有名な「To Give (The Reason I Live)」のカヴァー、そして初日仙台では演奏されなかったTHE SMITHSの「Still Ill」がセットインしている点が大変嬉しいところです。

同レーベルより同時発売のZEPP東京2日目公演(「The Smiths Night」XAVEL-150)、最終日恵比寿ガーデンホール公演(「The Final Show」XAVEL-151)も素晴らしい高音質による収録となっていますが、本作はそれらと比べても勝るとも劣らない、文字通り“今ツアーの決定版”と呼ぶべき極上サウンドに仕上がっているので、「今回の来日ツアーのブート音源から(セットリストを気にせず)どれか1枚」ということであれば、本タイトルをオススメします!


◆Club Citta' Kawasaki, Kanagawa, Japan 21st April 2012
<Disc 1>
01. Intro
02. You Have Killed Me
03. Alma Matters
04. You're The One For Me, Fatty
05. How Soon Is Now?
06. Ouija Board Ouija Board
07. I Will See You In Far-Off Places
08. Last Night I Dreamt That Somebody Loved Me
09. Band Introduction
10. I'm Throwing My Arms Around Paris
11. Action Is My Middle Name
12. Speedway

<Disc 2>
01. Meat Is Murder
02. Everyday Is Like Sunday
03. Still Ill
04. People Are The Same Everywhere
05. Let Me Kiss You
06. To Give (The Reason I Live)
07. Please, Please, Please Let Me Get What I Want
08. First Of The Gang To Die
encore;
09. One Day Goodbye Will Be Farewell
10. Outro

◇Personnel; Morrissey (vocals), Boz Boorer (guitar), Jesse Tobias (guitar), Solomon Walker (bass), Matt Walker (drums) & Gustavo Manzur (keyboards)



モリッシー
The Smiths Night
XAVEL-150
AUD
2CD-R
\4,200
個数


10年ぶりとなるMORRISSEYの来日ツアーより、4/24のZEPP東京でのライブを超高音質のオーディエンス録音にて完全収録。

仙台を皮切りに合計9公演がとりおこなわれた2012年来日ツアーの4公演目、ZEPP東京2連日公演の二日目にあたるステージを、XAVELレーベル・オリジナルの高品質なマスターに24bitデジタル・リマスタリングを施した最高音質で完全収録しています。

日毎に選曲・曲順に変化をつけておこなわれた変幻自在の今ツアー、このZEPP東京二日目のステージでは、オープニングから「How Soon Is Now?」、アンコール・ラストには「Still Ill」が配され、来日公演中最多となる合計6曲のTHE SMITHSナンバーがセットイン、「The Smiths Night」というタイトルに偽りなしの圧巻のパフォーマンスが展開されています。

同レーベルより同時発売の川崎公演(「Kawasaki:Kabuki」XAVEL-149)、最終日恵比寿ガーデンホール公演(「The Final Show」XAVEL-151)同様、非常にバランスの良い高音質に仕上がっているので、鉄壁のバンドのサポートを得て繰り広げられる唯一無二の“モリッシー・ワールド”を存分にお楽しみいただけることと思います。


◆ZEPP Tokyo, Tokyo, Japan 24th April 2012
<Disc 1>
01. Intro
02. How Soon Is Now?
03. Irish Blood, English Heart
04. You Have Killed Me
05. Alma Matters
06. Black Cloud
07. One Day Goodbye Will Be Farewell
08. I Know It's Over
09. I'm Throwing My Arms Around Paris
10. Scandinavia
11. Meat Is Murder

<Disc 2>
01. Band Introduction
02. To Give (The Reason I Live)
03. You're The One For Me, Fatty
04. Let Me Kiss You
05. Ouija Board Ouija Board
06. I Will See You In Far-Off Places
07. Last Night I Dreamt That Somebody Loved Me
08. Please, Please, Please Let Me Get What I Want
09. When Last I Spoke To Carol
encore;
10. Still Ill
11. Outro

◇Personnel; Morrissey (vocals), Boz Boorer (guitar), Jesse Tobias (guitar), Solomon Walker (bass), Matt Walker (drums) & Gustavo Manzur (keyboards)



モリッシー
The Final Show
XAVEL-151
AUD
2CD-R
\4,200
個数


10年ぶりとなるMORRISSEYの来日ツアーより、5/3の恵比寿ガーデンホールでのライブを超高音質のオーディエンス録音にて完全収録。

仙台を皮切りに合計9公演がとりおこなわれた2012年来日ツアーの最終公演を、XAVELレーベル・オリジナルの高品質なマスターに24bitデジタル・リマスタリングを施した最高音質で完全収録しています。

日毎に選曲・曲順に変化をつけておこなわれた変幻自在の今ツアー、追加公演にあたる最終日のこの日もその姿勢は一貫しており、来日ツアー初登場となる「Don't Make Fun Of Daddy's Voice」やTHE SMITHSの「Shoplifters Of The World Unite」が新たに組み込まれた合計20曲(アンコールも2曲、ラスト・ナンバーはツアー初日仙台のオープニング・ナンバーでもある「Everyday Is Like Sunday」)のステージは、全ファン必聴の素晴らしいパフォーマンスの連続となっています。

同レーベルより同時発売の川崎公演(「Kawasaki:Kabuki」XAVEL-149)、ZEPP東京2日目公演(「The Smiths Night」XAVEL-150)同様、非常にバランスの良い高音質に仕上がっているので、来日ツアーの有終の美を飾るステージとして末永くお楽しみいただけることと思います。

◆Ebisu Garden Hall, Tokyo, Japan 3rd May 2012
<Disc 1>
01. Intro
02. Let Me Kiss You
03. How Soon Is Now?
04. Don't Make Fun Of Daddy's Voice
05. Alma Matters
06. You Have Killed Me
07. People Are The Same Everywhere
08. Shoplifters Of The World Unite
09. I'm Throwing My Arms Around Paris
10. Speedway
11. Last Night I Dreamt That Somebody Loved Me
12. You're The One For Me, Fatty

<Disc 2>
01. Band Introduction
02. When Last I Spoke To Carol
03. Action Is My Middle Name
04. Ouija Board Ouija Board
05. To Give (The Reason I Live)
06. Please, Please, Please Let Me Get What I Want
07. Meat Is Murder
08. I Will See You In Far-Off Places
encore;
09. First Of The Gang To Die
10. Everyday Is Like Sunday
11. Outro

◇Personnel; Morrissey (vocals), Boz Boorer (guitar), Jesse Tobias (guitar), Solomon Walker (bass), Matt Walker (drums) & Gustavo Manzur (keyboards)



モリッシー
You'll Try Anything Twice
SSR-092/093
PRO-SHOT
2DVD-R
\2,500
個数


2012年、10年ぶりとなる来日公演を行ったモリッシーの最新ツアーより2012年2月24日のチリ公演と2011年6月14日のグラストンベリー・フェスティバルでのライブをそれぞれプロショットにて完全収録!

ディスク1にはチリ公演を収録。2012年2月から3月にかけて行われた南米ツアー(全11公演)の初日となるこの日のライブは、チリの伝統のあるフェスでのライブとなりました。南米のライブ特有の熱いオーディエンスにモリッシー自身も非常に気持ちよさげです。
ライブ序盤にI Want〜First Of The Gang〜Fattyとキラーチューンといえる曲を並べ中盤にはThere Is A Light〜Everyday Is〜I Know It's Overの流れなどもあり非常にバランスのよい見所満載のライブとなっております!

ディスク2には2011年グラストンベリー・フェスティバルでのライブを収録。レディングと並びイギリスを代表するフェスのメインステージのトリ前(トリはU2)ということもあり数万人のオーディエンスの前でのパフォーマンスです。
スミス時代の曲から「I Want The One I Can't Have」「Shoplifters Of The World Unite」「There Is A Light That Never Goes Out」「Meat is Murder」「This Charming Man」とかなりの大盤振舞いとなっております。
ソロ曲からも2000年以降の曲を中心に、ルー・リードの「Satellite Of Love」のカバーなども披露。この日は声も非常によく出ておりここ数年の調子の良さを象徴するかのような内容となっております。

※ディスク1で数ヶ所のノイズがありますが放送時のマスターに起因するものです。ご了承ください。


Disc One
1.Introduction
2.I Want The One I Can't Have
3.First Of The Gang To Die
4.You're The One For Me, Fatty
5.When Last I Spoke To Carol
6.Black Cloud
7.Speedway
8.There Is A Light That Never Goes Out
9.Everyday Is Like Sunday
10.I Know It's Over
11.Let Me Kiss You
12.Band Introduction
13.People Are The Same Everywhere
14.I'm Throwing My Arms Around Paris
15.Meat Is Murder
16.Ouija Board, Ouija Board
17.I Will See You In Far-Off Places
18.Scandinavia
19.You Have Killed Me
20.How Soon Is Now?
Vina del Mar International Song Festival, Quinta Vergara, Chile On 24th February 2012

Disc Two
1.TV Program Intro
2.I Want The One I Can't Have
3.First Of The Gang To Die
4.You Have Killed Me
5.Shoplifters Of The World Unite
6.Everyday Is Like Sunday
7.There Is A Light That Never Goes Out
8.Alma Matters
9.People Are The Same Everywhere
10.One Day Goodbye Will Be Farewell
11.Band Introduction
12.Action Is My Middle Name
13.Satellite Of Love
14.Meat is Murder
15.I'm Throwing My Arms Around Paris
16.Irish Blood, English Heart
17.This Charming Man
Glastonbury Festival, Worth Farm, Pilton, England On 24th June 2011



スミス
Rarities "Demos, Outtakes and Rehearsals
-2013 Remastered Edition-
A-tera Records-054
SBD
3CD-R
\4,700
個数


The Smithsのデモ、アウトテイク、リハーサル音源を、2013年最新のリマスターが施された最高音質でディスク3枚に集約したファン必携盤が入荷。

収録順に紹介していきますと、ラフ・トレードと契約後間もなく制作されたデモ音源集、やはり同時期におこなわれたスタジオ・リハーサル、1stアルバム『The Smiths』の未発表バージョン(Troy Tateプロデュースによる最終的にお蔵入りとなったバージョン)、そして僅か5年ながらシーンに強烈なインパクトを残して解散してしまった1987年までの貴重なスタジオ・アウトテイクの数々、となっています。いずれもオフィシャル盤だけでは伝わりきらないThe Smithsの魅力がたっぷりと詰まった興味深いテイクなので、ファンにとっては鑑賞的価値も資料的価値も非常に高い貴重なアイテムとなるでしょう。

(Disc 1)
◆[Rough Trade Demos]
01. Jeane
02. The Hand That Rocks The Cradle
03. You've Got Everything Now
04. These Things Take Time
05. What Diffrence Does It Make?
06. Hand In Glove
07. Handsome Devil
08. Accept Yourself
09. Reel Around The Fountain
10. I Dont Owe You Anything
11. Miserable Lie

◆[Rehearsal May 1983 (The Pablo Cuckoo Tape)]
12. You've Got Everything Now
13. Accept Yourself
14. What Difference Does It Make
15. Reel Around The Fountain
16. These Things Take Time
17. I Don't Owe You Anything
18. Hand In Glove

(Disc 2)
01. Handsome Devil
02. Miserable Lie

◆[The Smiths (Troy Tate Version)]
03. What Difference Does It Make #1
04. Accept Yourself #1
05. The Hand That Rocks The Cradle
06. You've Got Everything Now
07. These Things Take Time
08. What Difference Does It Make #2
09. Hand In Glove
10. Handsome Devil
11. Accept Yourself #2
12. Wonderful Woman
13. I Don't Owe You Anything
14. Jeane
15. Suffer Little Children
16. Miserable Lie
17. Reel Around The Fountain #1
18. Reel Around The Fountain #2

(Disc 3)
◆[Various Unreleased Studio Outtakes]
01. The Hand That Rocks The Cradle (John Porter monitor mix)
02. This Night Has Opened My Eyes (unreleased studio recording, June 1984)
03. Rusholme Ruffians (early electric version, July 1984)
04. I Misses You (unreleased instrumental, December 1984)
05. There Is A Light That Never Goes Out (early take, September 1985)
06. The Queen Is Dead (original full-length unedited version)
07. Frankly, Mr Shankly (unreleased Stephen Street "trumpets" recording, November 1985)
08. Ask (first-ever take, June 1986)
09. Is It Really So Strange? (unreleased studio take, June 1986)
10. Shoplifters Of The World Unite (instrumental)
11. Sheila Take A Bow (original John Porter recording, January 1986)
12. Girlfriend In A Coma (early take, January 1987)
13. Death Of A Disco Dancer (first take, April 1987)
14. Paint A Vulgar Picture (early take, April 1987)
15. Heavy Track (unreleased instrumental, April 1987)
16. How Soon Is Now (studio outtake)