コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


JAPAN TOUR 2014 JAPAN TOUR 2006 JAPAN TOUR 2012~ 2005~
1994~ 1989~ 1980~ 1975~ 1970~
1964~ OUTTAKE COMPILATION SOLO



ミック・ジャガー、ジェフ・ベック、バディ・ガイ etc.
America The Beautiful
-Complete Performance at The White House "Red, White and Blues"-
Dead Flowers-035
SBD+PRO-SHOT
1CD-R+1DVD-R
\4,200


Mick Jagger、Jeff Beck、B.B.King、Buddy Guy、その他諸々の豪華メンバーが共演を果たした"2012年度版ホワイトハウス・ライブ"の、完全版ステレオ・サウンドボード音源&HDTVソース・プロショット映像のカップリングアイテムが登場!

オバマ大統領就任後、毎年恒例となったホワイトハウスでの豪華なキャスティングによるドリーム・パフォーマンス。本年は、"Red, White and Blues"と銘打ち、アメリカのルーツミュージックであるブルーズに焦点を当てたステージとなりました。

Booker T. Jonesを音楽監督に、B.B.King、Buddy Guy、Mick Jagger、Jeff Beck、Derek Trucks, Susan Tedeschi といった超豪華なミュージシャン達が夢の競演を果たした、大変贅沢な内容となっております。

巷で話題騒然のこのライブを最高のクオリティで完全収録したのが本アイテム。まずCDには、この日演奏された15曲を、実際に演奏されたとおりの曲順で全曲完全収録しています(既発タイトルでは抜けていたJeff Beckの「Brush With The Blues 」とGary Clark Jr.による「In The Evening (When The Sun Goes Down) 」を含む完全版です!)。

ボーナストラックとして、バックステージで演奏されたKeb' Mo'の「America The Beautiful」、Warren Haynesの「River's Gonna Rise」、Derek Trucks,とSusan Tedeschiによる「Rollin' And Tumblin'」の計3曲を追加収録。
全編レーベル独自のリマスターが施された、素晴らしい音質のステレオ・サウンドボード録音でお楽しみいただけます。

DVDには、HDTVソースのマスターを使用した超美麗かつ高音質なプロ・ショット映像で、この夢の共演をやはり全曲収録(「Brush With The Blues」と「In The Evening (When The Sun Goes Down) 」のみ別ソースから補完してあるため画質が落ちます)。

さらにボーナストラックとして、2011年Classic Rock Roll Of Honour AwardsにおけるJeff Beckのライブ映像を、極上クオリティのHDTVソースからプロ・ショット収録。今や飛ぶ鳥を落とす勢いのLADY GAGAの「Bad Romance」のカヴァー他、ベックファン必見のパフォーマンスの連続となっています。


◆Complete Performance "Red, White and Blues" at The White House, 1600 Pennsylvania Avenue, Washington, D.C. 21st February 2012

<CD> [Stereo Soundboard Recording / 24bit Digitally Remastered] 01. Intro (Green Onions ~ President Barack Obama Speech) 02. Let The Good Times Roll [Ensemble] 03. The Thrill Is Gone [B.B. King] 04. St. James Infirmary [Trombone Shorty] 05. Let Me Love You Baby [Buddy Guy, Jeff Beck] 06. Brush With The Blues [Jeff Beck] 07. I Can't Turn You Loose [Mick Jagger] 08. Commit A Crime [Mick Jagger, Jeff Beck] 09. Miss You [Mick Jagger, Shemekia Copeland, Susan Tedeschi] 10. Beat Up Guitar [Shemekia Copeland, Gary Clark Jr.] 11. Catfish Blues [Gary Clark Jr.] 12. In The Evening (When The Sun Goes Down) [Gary Clark Jr.] 13. Henry [Keb' Mo'] 14. I'd Rather Go Blind [Susan Tedeschi, Derek Trucks, Warren Haynes] 15. Five Long Years [Buddy Guy, Jeff Beck, Mick Jagger, Gary Clark Jr.] 16. Sweet Home Chicago [Ensemble]

Bonus Tracks (◆Backstage at the White House); 17. America The Beautiful [Keb' Mo'] 18. River's Gonna Rise [Warren Haynes] 19. Rollin' And Tumblin' [Derek Trucks & Susan Tedeschi]


<DVD> [HDTV source / Pro-shot / total approx. 80min.]
01. PBS intro 02. President Obama intro 03. Let The Good Times Roll [Ensemble] 04. Taraji P. Henson intro 05. St. James Infirmary [Trombone Shorty] 06. Let Me Love You Baby [Buddy Guy, Jeff Beck] 07. I Can't Turn You Loose [Mick Jagger] 08. Commit A Crime [Mick Jagger, Jeff Beck] 09. Miss You [Mick Jagger, Shemekia Copeland, Susan Tedeschi] 10. Beat Up Guitar [Shemekia Copeland, Gary Clark Jr.] 11. Catfish Blues [Gary Clark Jr.] 12. Henry [Keb' Mo'] 13. I'd Rather Go Blind [Susan Tedeschi, Derek Trucks, Warren Haynes] 14. Five Long Years [Buddy Guy, Jeff Beck, Mick Jagger, Gary Clark Jr.] 15. Sweet Home Chicago [Ensemble] 16. The Thrill Is Gone [B.B. King] 17. In The Evening (When The Sun Goes Down) [Gary Clark Jr.] 18. Brush With The Blues [Jeff Beck]

Bonus Tracks (◆Jeff Beck at "Classic Rock Roll Of Honour Awards" London, UK 9th November 2011) 19. Bad Romance 20. Big Block 21. I Put a Spell On You (with Joss Stone) 22. I'll Stand By You (with Chrissie Hynde)




ミック・ジャガー
SOLO MIXES
SODD-135/135B
SBD
1CD+1DVD-R
\3,600(限定盤)
\3,000(通常盤)
(限定盤)
(通常盤)


言わずと知れたローリング・ストーンズのフロント・マン“ミック・ジャガー”のソロ・ワークにスポットをあてたレア・トラックス集がSODDレーベルより緊急リリース!

現在は、SUPERHEAVYのメンバーとしても精力的に活動中のミック・ジャガー(芸暦50年!なんと、68歳)ですが、本タイトルは、ストーンズのヴォーカリスト“ミック”ではなく、ソロ・アーティストとしての彼の楽曲の中から選りすぐりのレア・トラックをコンピレーションした、まさに裏・ベスト!

1985年「SHE’S THE BOSS」1987年「PRIMITIVE COOL」1993年「WONDERING SPIRIT」2001年「GODESS IN THE DOORWAY」4枚のソロ・アルバムに未収録のシングルB-SIDE曲などなどを大胆に収録した永久保存盤。これ1枚で、今まで手に入り難かった楽曲を晴れて聴くことが出来る至福のタイトルです!

中でも、今は亡きKING OF POP 故・マイケル・ジャクソンとの最初で最後のデュエット曲「State Of Shock」(しかも、貴重なロング・ヴァージョンDANCE MIXを収録)と、ストーンズの名曲「Memory Motel」をソロでレコーディングした貴重な未発表テイク(素晴らしいの一言)は、ファンならずとも超必聴です!!

さらに、ボブ・ディラン、ブルース・スプリングスティーンらと共演した1988年のRock'n Roll Hall Of Fameでのライブ・パフォーマンスなどなど、これまたレアな映像を多数収録した貴重映像満載のボーナスDVDR付!!ミック・ジャガー・ソロ・ワークの集大成として定番タイトルになること間違いなしです!

(※ボーナスDVDRなしの通常盤も同時発売)

CD
01. Hard Woman(New Version from"Hard Woman"Single)
02. Just Another Night(Extended Rimix)
03. Lucky In Love(Extended Version)
04. State Of Shock(with Michael Jackson Dance Mix)
05. Throwaway(Remix)
06. Let's Work(Dance Mix from"Let's Work"Single)
07. Say You Will(Remix)
08. Catch As Catch Can(from"Let's Work"Single)
09. Memory Motel(Solo Recording)[Unreleased]
10. Sweet Thing(Mick's Mix from"Sweet Thing"Single)
11. Blue(from"God Gave Me Everything"Single)
12. If Things Could Be Different(from"Vision Of Paradise"Single)
13. Miracle Worker(Ashley Beedle's Warbox Remix)

BONUS-DVDR
Saturday Night Live,1978
01. (You Got To Walk And) Don't Look Back[with Peter Tosh]

Rock'n Roll Hall Of Fame 1988
02. Like A Rolling Stone[with Bob Dylan]
03. Satisfaction[with Bruce Springsteen]

Live at the El Rey Theater,Los Angeles, USA, Nov. 15, 2001
04. God Gave Me Everything(Live)
05. Visions Of Paradise(Live)
06. Everybody Getting High(Live)
07. God Gave Me Everything(Promo Clip)

SUPERHEAVY First Single
08. Miracle worker(Promo Clip)



ミック・ジャガー
GODESS IN THE ROCKWAY
IRDVD-088
PRO-SHOT 63min.
1DVD-R
\3,300


ロック界の重鎮“ミック・ジャガー(ザ・ローリング・ストーンズ)”の貴重映像満載(海外ソース)のコンピレーション映像集が遂に登場!!

本タイトルは、7月に発売され現在もバカ売れ中のDVDR「KEITH RICHARDS / I DON’T GET DRUNK」に対するミックからの返答ともいえる内容!?1

978年、レゲェ界の大御所“ピーター・トッシュ”とのデュエット「DON’T LOOK BACK」に始まり、初のソロ・アルバム「SHE’S THE BOSS」から「JUST ANOTHER NIGHT」「LUCKY IN LOVE」のコンプリート・プロモ・クリップ、ティナ・ターナーとの共演で話題となったライブ・エイドでのパフォーマンス、そして、サタデー・ナイト・ライブほかソロTVパフォーマンスなどなど見所満載です。もちろん、ストーンズでのミックは最高なのは当たり前ですが、ソロのミックもストーンズとは一味違った魅力全開です。キースとは対照的に常に時代の先を読み新しいサウンドを追究し続けるミックには頭が下がるばかりであります!超オススメです!

※一部マスターに起因する若干のノイズなどがある事を予め御了承ください。

01. (You Got To Walk And)Don’t Look Back(promo clips with Peter Tosh 1978)
02. Going To A Go Go(The Rolling Stones live promo clips)
03. Memo From Turner(1970)
04. Just Another Night(promo clips)
05. Lucky In Love(promo clips)
06. State Of Shock ~ It’s Only Rock’n’Roll(with Tina Turner LIVE AID 1985)
07. Let’s Work(TV live)
08. Don’t Tear Me Up(live in NY)
09. Wired All Night(live in NY)
10. Sweet Thing(live in NY)
11. Sweet Thing(Saturday Night live 1993)
12. Don’t Tear Me Up(Saturday Night live 1993)
13. God Gave Me Everything(promo clips with Lenny Kravitz)
14. THE VERY BEST OF MICK JAGGER(introduction)
15. Following Mick during “BEST OF” Promotional Tour…



ミック・ジャガー
Webster Hall
CTLS-VD-005
Pro-Shot 70min
1DVD-R
\3,200


ローリング・ストーンズのボーカリストとして最高峰に君臨し続けるミック・ジャガー。ファン待望、キャリア初にして最強のベスト・アルバムが来週リリースになりますが、そんなミックの93年2月に行われたニューヨーク公演の模様をビカビカのプロショットで収録したアイテムがCATCH THE LOST STONEレーベルより登場しました!!

93年には、ビースティー・ボーイズやレッド・ホット・チリ・ペッパーズを手掛けたリック・ルービンをプロデューサーに迎え3rdアルバム『ワンダーリング・スピリット』を発表、レニー・クラヴィッツやフリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)がゲスト参加した作品として話題になりました。彼のソロ作品の中でも最高傑作との呼び声が高いアルバムのツアーだけにファンの期待を裏切らない熱いパフォーマンスを披露しています。全ロックファン必須アイテム。

Live At Webster Hall, New York City NY February 09 1993
01 Introduction 02 Wired All Night 03 Out Of Focus 04 Sweet Thing 05 Use Me 06 Don’t Tear Me Up 07 Evening Gone 08 Angel In My Heart 09 Band Introductions 10 Wandering Spirit 11 Put Me In The Trush 12 Think Mother Of A Man 13 Rip This Joinnt 14 Live With Me 15 Mother In The Shadow



ゲイリー・ムーア&ミック・ジャガー
BLUES SPIRITS
IRCD-046
AUD
1CD-R
\3,000


ゲイリー・ムーアとミック・ジャガー1992年夢のブルース共演音源が追悼盤として登場!!

1992年6月にロンドン、ハマースミス・オデオンで行われた”A CELEBRATION OF THE BLUES”の模様を高音質オーディエンス録音で余すところ無く収録したもので、ゲイリーとミックの夢の共演が堪能出来ます。

2人の他にもオーティス・ラッシュ、バディー・ガイ、おまけに、ロン・ウッドとチャーリー・ワッツまで登場し大盛り上がりのステージが展開されております!特に7曲目以降はゲイリーの絶妙なリフが満載、そこにミックのブルージーなヴォーカルが絡んで聴き応え十分、圧巻です!!

オーディエンス録音ならではの臨場感でお届けする、おすすめのゲイリー・ムーア追悼盤!!

British National Music Day on June 28th 1992
at the Hammersmith Odeon, London.
”A CELEBRATION OF THE BLUES”


GARY MOORE / MIDNIGHT BLUES BAND
01. Oh , Pretty Woman
02. Too Tired
03. The Sky Is Crying
04. Further On Up The Road

GARY MOORE / MIDNIGHT BLUES BAND/OTIS RUSH
05. So Many Roads

BUDDY GUY / RON WOOD / MIDNIGHT BLUES BAND
06. Sweet Home Chicago

MICK JAGGER / GARY MOORE / MIDNIGHT BLUES BAND
07. I'm Going Down
08. Checking Up On My Baby
09. Everybody Knows About My Good
10. Who Do You Love
11. I Just Wanna Make Love To You ***
12. The Blues Is Alright
***(track 11) including Charlie Watts and Ron Wood
bonus track

LENNY KRAVITZ with MICK JAGGER
13. No Expectations (Live Paris, May 1991)

MIDNIGHT BLUES BAND / OTIS RUSH / BUDDY GUY / RON WOOD and CHARLIE WATTS



ミック・ジャガー
Deep Down Under
CTLS DV-016
PRO-SHOT
1DVD-R
\3,200


既発タイトルを遥かに凌ぐベストクオリティDVDRタイトルをリリースするCTLSからミックジャガー1988年のソロツアーよりオーストラリア公演のTV放送ライブを最高画質・音質で収録のDVDRが登場です!

セカンドソロアルバム”プリミティブクール”リリースにあわせてツアーに出たミック、日本及びオーストラリアで公演が行われ両国ともにTV放送されたことは大変有名ですが、残念ながら日本での公演はミックの風邪のため本調子と言えるものではありませんでした。反面、本作収録のオーストラリア・メルボルンでのライブは最初から気合が入りまくりの熱い演奏がお楽しみいただけます。

またメルボルンでのアリーナショウだけではなくホテルのラウンジで行われたスモールギグからの3曲も収録されています。更にオープニングとクロージングのBGMを新たにレコーディングするといった念の入れようでこのTV特番がスペシャルなものであったことはいうまでもありません!もうすでに20年の時が経過しましたが、ミックソロ唯一のツアーを最高クオリティで今一度総括していただける決定版アイテムです。

01.Opening: Deep Down Under 02.Just Another Night 03.Honky Tonk Women 04.Miss You 05.Radio Control 06.Ruby Tuesday 07.Lonely At The Top *08.Little Red Rooster * 09.It's Only Rock 'N Roll * 10.War Baby 11.You Can't Always Get What You Want 12.Foxy Lady 13.Party Doll 14.Wild Colonial Boy 15.Gimme Shelter 16.Start Me Up 17.Brown Sugar 18.Jumping Jack Flash 19.(I Can't Get No) Satisfaction 20Closing



ミック・ジャガー
Running Out Of Luck
IRDVD-43
PRO 89min
1DVD-R
\3,200


“史上最強のロック・バンド”ROLLING STONESのボーカリスト、MICK JAGGERの1985年初ソロ・アルバム『SHE’S THE BOSS』に収録されている曲を基に、今やロック系の映像監督として活躍するJULIEN TEMPLEとMICKがタッグを組んで制作した、ミュージカル風コメディ冒険映画(日本劇場未公開作品)が遂にDVDで登場。

元々は長編ビデオ・クリップとして製作されたもので、数々のロック・ミュージシャンのプロモーション・ビデオやドキュメンタリーを手掛けているJULIEN TEMPLE監督だけに、発表から20年以上経った今観ても素晴らしいの一言(日本未発売なのが不思議?!)。あのデニス・ホッパーをチョイ役で出演させるなど超豪華な作品です。歌ってるMICKもいいけど、演じてるMICKもカッコ良いですぞ!!永久保存盤。

■ストーリー■
リオにビデオ撮影のため愛人のジェリー(本人)と一緒にやって来たMICK(こちらも本人)。しかし以前から彼の自己中心的な勝手な態度に遂にジェリーがブチ切れ! オカマダンサーを使って酔ったMICKをボコボコにして、仕上げに冷凍車の荷台に放り込む。そのトラックはMICKを乗せたまま遠く離れた田舎まで行ってしまい、冷凍人間寸前のMICKを残して帰ってしまうのだった。一文無しで置き去りにされたMICKは何とか自力で帰ろうとするのだが…..。そこから彼の長い長い、おかしな逃避行?!が始まるのであった…….。果たしてMICKの運命は????






キース・リチャーズ
Rattle Snake
MID VALLEY 450
SBD
1CD+Bonus Disc
\3,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


キースが唄うVOO DOO LOUNGE を収録!コアなファンでなくても耳タコ音源かもしれませんが、知らない人はこの機会に是非!
音質は極上のサウンドボード収録です。MVR社からのリリースということもあり、キースとエリックが共演した曲をCD収録時間ギリギリまで収録したボーナスCDが付いてきます。
LIVING LEGEND AWARD 受賞の際のパフォーマンスがCDになっているのは以外に少ないかもです。
仲良しこよしの二人だぜ!


Love Is Strong
You Got Me Rocking
Sparks Will Fly
The Worst
(Baby)Make It Now
If (Moon Is Up)
It's Funny
Sweethearts Together
Anything For You
Baby Break It Down
You Got It Made
Thru And Thru
Track With No Name



キース・リチャーズ
VINTAGE KEITH
WR-192
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


永遠の反逆児であり全ロック界のカリスマ”キース・リチャーズ”の選りすぐりのレア音源をコンピレーション、高音質サウンドボード音源で収録したタイトルが登場!

芸歴50年!言わずと知れたザ・ローリング・ストーンズのギタリスト”キース・リチャーズ”。本タイトルは、ストーンズでのリード曲、ソロ、X-PENSIVE WINOSなど、キース自身にスポットをあてた、まさにソロ・ベスト盤。
古くは1968年「SALT OF THE EARTH」のオリジナル・マスター、未だ未CD化のソロ・シングル「HARDER THEY COME」はもちろん、「TAKE IT SO HARD」のプロモ・ビデオ・ヴァージョンなどなど、貴重な音源満載でキースの活動の歴史に迫ります。
キース・ファンのみならず、ストーンズ・ファンも絶対に押さえておきたい究極のコレクターズ・アイテムです!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Keith Richards Great Compilation.

01. Salt Of The Earth [Original 1968] / 02. You Got The Silver [Mono Version 1969] / 03. The Harder They Come [Single 1979]
04. Run Rudolph Run [Single 1979] / 05. Sure The One You Need [New Barbarians 1979] / 06. Let's Go Steady [New Barbarians 1979]
07. Apartment No.9 [New Barbarians 1979] / 08. Cocaine Blues [1994] / 09. Soul Survivor [Alternate Take]
10. Before They Make Me Run [Original 1978] / 11. Too Rude [Demos] / 12. Take It So Hard [Promo Video Version]
13. How I Wish [Live 1993] / 14. Connection [Live 1988] / 15. Happy [Live 1988] / 16. Thru And Thru [Early Mix 1994]
17. Hurricane [Single 2005] / 18. Gimme Shelter [Live 1990]



キース・リチャーズ
& エクスペンシヴ・ワイノーズ
Cologne 1992
SODD-138
PRO-SHOT
1DVD
\3,000


キース・リチャーズ&ザ・エクスペンシブ・ワイノス1992年ドイツ、ケルンでのステージ(プロ・ショット、ワイド・スクリーン)を収録したDVDにレア映像をプラスしたソロ・キース・コレクションがストーンズ専門”SODD”レーベルより遂に登場!!

本タイトルは、ローリング・ストーンズがバンドとしての活動を一時的に休業していた時期、ソロとしての2度目のツアーとなったMAIN OFFENDER TOUR より、1992年11月29日ケルン公演をプロ・ショット、高画質、高音質、ワイド・スクリーンでコンプリート収録した待望のタイトルです!「Yap Yap」や「Demon」などのレア曲も演奏され、特にキースの十八番ナンバー「Before They Make Me Run」「Happy」では観客のテンションも最高潮に達し、最高のパフォーマンスが展開されております!

さらに、ボーナス・フッテージとして同年、Expo1992のステージから本編では演奏されていない「Something Else」と「Connection」のレアな2曲をプラス収録!!キースのソロ活動を押さえる為にオススメのタイトルです!


01.Intro
02.Take It So Hard
03.Eileen
04.Wicked As It Seems
05.Gimmie Shelter
06.Too Rude
07.Yap Yap
08.How I Wish
09.999
10.Big Enough
11.Demon
12.Time Is On My Side
13.Hate It When You Leave
14.I Could Have You Stood Up
15.Before They Make Me Run
16.Band Introductions
17.Bodytalks
18.Will But You Won’t
19.Happy
20.Whip It Up

BONUS FOOTAGE(Expo 1992)
01. Something Else
02. Connection



ボブ・ディラン
キース・リチャーズ&フレンズ
Live Guitar Legends 1991
WR-026
SBD
1CD-R
\3,200


ボブ・ディラン、キース・リチャーズ&フレンズ、1991年スペインで開催されたギター・レジェンズ・フェスティバルでのライブの模様を高音質サウンドボード音源で収録した歴史的タイトルが登場!

なんと言っても、ディランとキースの他、ジャック・ブルース、リチャード・トンプソン、フィル・マンザネラ、スティーブ・クロッパー、ロバート・クレイ、デイブ・エドモンズなどなど、当日の参加メンバーの豪華さに圧巻です!
あまり交わった事のないメンバー同士で演奏されるナンバーは新鮮で鳥肌モノです!

オープニングの「見張塔からずっと」からオールスターズで演奏されるオーティス・レディングの名曲「おまえを離さない」 まで怒涛の歴史的名演を存分に御堪能ください!

The Guitar Legends Festival in Sevilla,Spain Oct.17.1991.
except tracks 10-13 Recorded Oct.15.1991
Source: Excellent Soundboard Recordings.

01. All Along The Watchtower
[Bob Dylan,Jack Bruce,Richard Thompson,Phil Manzanera]
02. Boots Of Spanish Leather
03. Across The Borderline
04. Answer Me
[Bob Dylan,Richard Thompson]
05. Shake, Rattle & Roll
[Keith Richards,Bob Dylan,Steve Cropper]
06. I'm Going Down
[Keith Richards,Steve Cropper & Band]
07. Something Else
08. Connection
[Keith Richards,Robert Cray,Steve Cropper]
09. I Can't Turn You Loose
[All Star Jam:Keith Richards,Freddie King,
Bob Dylan,Jack Bruce,Phil Manzanera,Robert Cray,
Steve Cropper,Richard Thompson,Dave Edmunds & Miami Horns]
10. Sabre Dance
11. Standing On The Crossroads
[Dave Edmunds,Steve Cropper,Terry Williams & Miami Horns]
12. Phone Booth
13. Going Back Home
[Robert Cray,Dave Edmunds,Steve Cropper]



キース・リチャーズ
&ザ・エクシペンシブ・ワイノーズ
LIVE AT THE HOLLYWOOD PALLADIUM
-COMPLETE-
WR-381
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


御存知!”キース・リチャーズ”のソロ・プロジェクト”キース・リチャーズ&ザ・エクシペンシブ・ワイノス”1991年リリースのオフィシャル・ライブ盤「LIVE AT THE HOLYWOOD PALLADIUM」がコンプリートで再登場!

本タイトルは、1991年にリリースされた”キース・リチャーズ&ザ・エクシペンシブ・ワイノス” 「LIVE AT THE HOLYWOOD PALLADIUM」を高音質サウンドボード音源(2枚組)でコンプリート収録した至福のタイトルです。ソロ・ナンバーはもちろん、お馴染みのストーズ・ナンバーまで飛び出すステージは圧巻!ワイノスのタイトな演奏をバックにストーンズとは一味違ったストレートでロックなサウンドは必聴です!キースの生の迫力を存分に堪能出来る超オススメのコレクターズ・アイテムです!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at The Hollywood Palladium, Hollywood LA. Decmber 15.1988.

DISC ONE
01. Take It So Hard / 02. How I Wish / 03. I Could Have Stood You Up / 04. Before They Make Me Run / 05. Too Rude
06. I Wanna Be Your Man / 07. You Don't Move Me / 08. Make No Mistake

DISC TWO
01. Time Is On My Side / 02. Big Enough / 03. Whip It Up / 04. Locked Away / 05. Little T & A / 06. Struggle / 07. Happy
08. Connection / 09. Rockawhile / 10. It Means A Lot



キース・リチャーズ
KEITH TO THE HIGHWAY
SODD-104
SBD
1CD
\3,800


SODDより究極のタイトルが緊急リリース!!御存知、ローリング・ストーンズの反逆のカリスマ?!キース・リチャーズのカユい所に手が届くタイトル「KEITH TO THE HIGHWAY」が登場!!

今回はSODDレーベル初のキースのソロ音源集!今までのキースのブートと言うと、ほとんどがライブ音源モノばかりですが、そこはSODD、おそらく現在までオフィシャル、ブートでもリリースされた事がない選りすぐりの音源を厳選したタイトルが完成しました(もちろん、すべてリマスター!未発表ライブ音源も多数収録)!

1979年、キース初のソロ・ナンバー「THE HARDER THEY COME」(当時はシングル・レコードで発売、未CD化)で幕を開け、そのB面曲「RUN RUDOLPH RUN」、幻の名曲「LET’S GO STEADY」などなど、たたみかける未CD化ナンバーのオンパレード(説明するまでもありません!要・曲目チェック)。これ1枚でキースの貴重なソロ音源が手に取るようにわかるスグレモノ!

マニアなファンは、もちろん、キース(STONES)初心者の方にも十分納得して楽しんでいただける1枚。ジャケもメチャメチャカッコ良いです!これを買わずして何を買う??買って損なし!SODDレーベル、本年度、超一押しオススメのタイトルです!!IT’S ONLY ROCK’N’ ROLL,BUT YOU BUY IT !!

CD
01. The Harder They Come(Solo Single 1979.)
02. Run Rudolph Run(Solo Single 1979.)
03. Pressure Drop(with Toots and the Maytals.2003.)
04. You Got The Silver(Stuttgart 1999.)
05. Get Off My Cloud(Alexis Korner Album”GET OFF MY CLOUD” 1974.)
06. Let's Go Steady(Emotional Rescue Session 1979.)
07. Sure The One You Need(RON WOOD Album” I've Got My Own Album To Do” 1974.)
08. Before The Make Me Run[Live](from U.K. Single”Bigest Mistake” B-side.)
09. Key To The Highway(“Main Offender”Additional Track For Japan Only.)
10. Can't Be Seen[Live](Atlantic City 1989.)
11. Slipping Away[Demo](STEEL WHEELS Session 1988.)
12. Happy[Live](Hollywood Palladium, December 15, 1988.)
13. Gimme Shelter[Live](Town & Country, London, England. December 1992.)
14. Take It So Hard(from Limited 3X3"CD SINGLE,VIRGIN,U.K.)
15. Little T & A [Live](Hampton 1981.)
16. The Worst[Live](Rio de Janeiro 1995.)
17. Connection[Live](Rio de Janeiro 1995.)
18. Wanna Hold You[Live](Buenos Aires 1998.)



キース・リチャーズ
The Honeymoon Tapes
SODD-123/124
AUD
2CD
\5,300


SODDレーベル最新作は、2009年に同レーベルから発売され現在もロング・セラー超メガ・ヒット中のKEITH TO THE HIGHWAYの続編?!ローリング・ストーンズの重鎮、キース・リチャーズのプライベートに迫った究極のレア・タイトルが永久保存プレス盤として登場!!

キースが1983年、ハネムーンの際、ホテルの部屋で録音されたと言われている弾き語り激レア・プライベート流出音源のコンプリート2枚組プレス盤!一体、どこの誰がこんな貴重な音源を入手し流出させたか定かではありませんが、ストーンズ・ファン、キース・ファンにとって、いや全ロック・ファンにとって歴史的価値のある貴重な音源である事は間違いありません。

キースが弾き語りで歌うストーンズの名曲群(Let's Spend The Night Together / Wild Horses / No Expectationsほか)は、もちろん、さすが生きる伝説、キースの趣味の多彩さがわかる名曲のカバー・ナンバーの数々、さらには、なんと!ビートルズ・ナンバー(なぜに?プリーズ・プリーズ・ミー??)まで歌っています。特にDISC:1の後半は素晴らしいの一言です!

ストーンズとは一味違ったキースならではの生弾き語りを存分に楽しめる、とても興味深いタイトルです!

Disc:1
01. Please Please Me / 02. Darling / 03. Sweet Dreams 1 / 04. Apartment #9 05. So Sad (To Watch God Love Go Bad) / 06. I Wonder Who's Kissing Her Now 1 / 07. Memphis Tennessee 08. All Shock Up (Broken Off) / 09. That'll Be The Day / 10. Love Is Strange / 11. Learning The Game 12. Cathy's Clown / 13. Let's Spend The Night Together / 14. Wild Horses / 15. Time Is On My Side / 16. Unknown 17. She Even Woke Me Up To Say Goobye / 18. Unknown (Restarted) / 19. Let It Be Me / 20. Heartbeat

Disc:2
01. Donna / 02. I Got Stripes / 03. If You See Her, Say Hello / 04. Can't Take A Joke 05. Instrumental - (this is MAYBE the very first demo for Springsteen's "Waiting on a Sunny Day") 06. Sweet Dreams 2 / 07. Never On Sunday I / 08. 32:20 Blues / 09. Devoted To You 10. Wonder Who's Kissing Her Now 2 / 11. Try A Little Tenderness / 12. Flamenco / 13. Problems 14. Heartache Coming On (Incomplete) / 15. Beast Of Burden / 16. No Expectations 17. Never On Sunday 2 / 18. Dreams / 19. Heartache Coming On (Complete) / 20. Don't Be Cruel



ノラ・ジョーンズ&キース・リチャーズ
GRAM PARSONS TRIBUTE 2004
AUD
1CD-R
\4,000


73年に若くして(当時若干26歳)突然この世を去ったGRAM PARSONSの実娘の企画によるトリビュート・コンサートが今年2004年7月9日、10日の2日間サンタバーバラで行われ、今作は初日の9日を極上オーディエンスにて収録しています!

オルタナティブ・カントリーを聴かせる若手バンドMY MORNING JACKETのヴォーカルのJim Jamesや、ブルーグラス界の大御所STEVE EARLEやLUCINDA WILLIAMS等、新旧入り乱れたミュージシャンが参加しています。その中でもやはり一番の話題はNORAH JONESとKEITH RICHARDSの出演でしょう!「LOVE HURTS」で二人は共演し、最近ではELVIS COSTELLOが取り上げヒットした「SHE」をNORAH JONESがしっとりと歌い上げ、ラストはGRAMに捧げられたSTONESのKEITHヴォーカル(!!)による「WILD HORSES」で締めくくられます!音質、演奏共にハイ・クオリティで安心してお聴き頂けます。

1. Dark End of the Street - Jim James (My Morning Jacket) 2. California Cottonfields - Steve Earle 3. My Uncle - Steve Earle 4. Sleepless Nights -Lucinda Williams 5. A Song For You -Lucinda Williams 6. Wheels - Dwight Yoakam 7. Sin City - Dwight Yoakam 8. Streets of Baltimore - Norah Jones 9. Cry One More Time - Norah Jones 10. She - Norah Jones 11. Love Hurts - Keith Richards/Norah Jones 12. Hickory Wind - Keith Richards/Jim Lauderdale 13. In My Hour of Darkness - House of Blues Gospel Choir (Everyone) 14. Wild Horses - Keith Richards (Everyone)



キース・リチャーズ
I DON'T GET DRUNK
IRDVD-085
PRO-SHOT 62min.
1DVD-R
\3,300


今やロック界の重鎮であり永遠の不良“キース・リチャーズ(ザ・ローリング・ストーンズ)”の貴重映像満載(海外ソース)のコンピレーション映像集が遂に登場!!

本タイトルは、1992年大晦日に行われたHARD ROCK CAFE NEW YEAR EVE TVライブに始まり、1980年代後期に制作された短編ドキュメンタリー”KEITH RICHARDS Rolling On”、そして、キース自身が偉大なアーティスト達(今は亡きジョン・レノン、ジョージ・ハリソン、フレディー・マーキュリー、ジム・モリソン、さらには、レッド・ツェッペリンまで)について語る貴重なインタビュー”ABOUT HIS MEMORIES with…”(字幕がないのが残念!)、ボブ・ディランとの共演で話題となった、あの?!”LIVE AID”でのパフォーマンス、さらに、U2やカントリー界の大御所ウィリー・ネルソンとの共演映像、そして、これも話題になったルイ・ヴィトンのイメージ・キャラクター時のスティール撮影風景まで、まさにレアなキースをたっぷり堪能できるタイトルであります。

※マスターに起因する若干のノイズや途切れがある事を予め御了承ください。

■ HARD ROCK CAFE NEW YEARS EVE TV SPECIAL 12/31/1992
1.Take It So Hard
02. Time Is On My Side
03. Wicked As It Seems
04. Gimmie Shelter
05. Eileen
06. Happy
■ KEITH RICHARDS Documentary “Rolling On”
■ ABOUT HIS MEMORIES with ….
JOHN LENNON / GEORGE HARRISON / FREDDIE MERCURY / JIM MORRISON / LED ZEPPELIN
■ BOB DYLAN with KEITH RICHARDS & RON WOOD (LIVE AID 1985)
■ U2 & KEITH RICHARDS “When Love Comes To Town” (1988)
■ WILLIE NELSON & KEITH RICHARDS “We Had It All” (Live Los Angeles 2004)
■ KEITH RICHARDS by ANNIE LEIBOVITZ (LOUIS VUITTON)



ボブ・ディラン、キース・リチャーズ
&ロン・ウッド
The 3 Muketeers - Live Aid 1985 -
WR-004
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ボブ・ディランとローリング・ストーンズのロン・ウッド&キース・リチャーズの3人でパフォーマンスした歴史的イベント「LIVE AID」。
貴重なリハーサル音源と本番の音源をコンプリート収録した奇跡のタイトルが遂に登場!

「1億人の飢餓を救う」というスローガンの下、「アフリカ難民救済」を目的として、1985年7月13日に行われた、20世紀最大の「チャリティー・コンサート」。
ボブ・ディランは、なんと、バックにストーンズのロンとキースを従え登場!アコースティックのステージながら観客の度肝を抜きました。

本タイトルは、ボブの出演までの流れをリハーサルから本番まで収録した歴史的にも貴重なタイトル!荒削りで即席感は否めませんが、逆に生々しく心に響きます!オススメです!

SOURCE: Excellent Soundboard Recordings. Bob Dylan,Ron Wood & Keith Richards
Live Aid Rehearsals and Performance 1985.

First Rehearsal
01. Blowin` in the wind
02. Unknown
03. Ballad of hollis brown
04. Careless Ethiopians (F.Hibbert)
05. Conversation #1
Second rehearsal
06. Blowin` in the wind
07. Conversation #2
08. Ballad of Hollis Brown jam #1
09. Ballad of Hollis Brown jam #2
10. Ballad of Hollis Brown jam #3
11. Conversation #3
12. When the ship comes in (fast version)
13. When the ship comes in (Slow version) / 14. Dark Eyes
15. Conversation #4
16. Ballad of Hollis Brown #4
Live Aid concert
17. Intro
18. Ballad of Hollis Brown
19. When the ship comes in
20. Blowin` in the wind



チャーリー・ワッツ・クインテット
AOYAMA CONCERT
EMPRESS VALLEY SUPREME DISK
SBD
1CD
\4,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


激渋!大人の為の完全流出音源!チャーリー・ワッツ・クインテットの来日公演をオフィシャルクオリティの超高音質サウンドボードでバーナード・ファウラーのナレーションもカット無しで完全収録!「今でも自分はジャズ・ドラマーだと思っている。ジャズ・ドラマーがたまたま世界一のロックバンドに入ってるってことだよ」と本人が語っているように、是非ストーンズ・ファンの方にも聴いて頂きたいのであります。1991年9月17日東京、青山スパイラルホールでのセカンド・ショーでございます。ブート史上一番美しいジャケットでお届け!大好評発売中です!

tk01... Narration by Bernard Fowler tk02... Practicing, Practicing, Just Great tk03... Narration by Bernard Fowler tk04... Blackbird - White Chicks tk05... Narration by Bernard Fowler tk06... Bluebird tk07... Narration by Bernard Fowler tk08... Bound For New York tk09... Narration by Bernard Fowler tk10... Terra De Pajaro tk11... Narration by Bernard Fowler tk12... Badseeds - Rye Drinks tk13... Narration by Bernard Fowler tk14... Relaxing At Camarillo tk15... Narration by Bernard Fowler tk16... Going, Going, Going, Gone tk17... Band Introduction ~ Now's The Time tk18... Now's The Time

Recorded live at Aoyama Spiral Hall, Aoyama, Tokyo, Japan : "2nd Show" 17 September 1991



ウィンストン・レッグサイ
&ダーティマック
“Rock'n Roll Circus"-Yer Blues Session
Mid Valley Records
SBD
2CD
\8,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


「黒い雲が俺の心をよぎり青い霧が俺の魂に立ちこめる」1968年12月10日・11日ウェンブレー、インターテル・スタジオでシューティングされたストーンズのスペシャル番組ロックンロールサーカス。
結局この映像はお蔵入りしてしまい、公式リリースには1996年まで待たなければいけなかったというのは皆様御存知の通りです。
今回はハイライトのひとつウィンストン・レッグサイ&ダーティマックのプレイの詳細に迫ったアイテムの登場です。
エリックの335でのプレイが素晴らしくリハーサル及び本番テイクは必聴なのですが、以外にクレジットや収録曲のミスは知られていません。
なのでロックンロール・サーカス音源を精査し、ここに解説付きでまとめた本作が決定盤であるのは間違いないのであります!限定ナンバリング入り、帯付き★

DISC 1
tk-01:Introduction -Introduction By Elliot Mintz -Lost Lennon Tapes Show 88-31 July 25, 1988
tk-02:Jam -Untitled Warm-Up Jam -Monaural Mixes From 4-Track Reel
tk-03:Yer Blues - A Capella -John Lennon & Mick Jagger
tk-04:Yer Blues - Rehearsal -Film Soundtrack From Mono Nagra Real
tk-05:Mick Jagger's Introduction Of Rock'n Roll Circus
tk-06:Entry Of The Gladiators
tk-07:Mick Jagger's And John Lennon's Introduction Of The Dirty Mac
tk-08:Yer Blues - Take #1 - Film Soundtrack From 4-Track Reel
tk-09:Whole Lotta Yoko -Aka Her Blues -Stereo Mixies From 4-Track Reel
tk-10:Yer Blues - Take#1 -Film Soundtrack From Mono Nagra Reel
tk-11:Yer Blues - Take#2 -Stereo Mixes From 4-Track Reel
tk-12:Yer Blues - Take#2 -Early Alternate Stereo Mixies 4-Track Reel
tk-13:Whole Lotta Yoko -aka Her Blues -Early Alternate Stereo Mixies 4-Track Reel
tk-14:Yer Blues - Take#2 - IBC 10-Inch Mono Acetate
tk-15:Whole Lotta Yoko - aka Her Blues -Ibc 10-Inch Mono Acetate
tk-16:Yer Blues - MVR Special Take -Take#1 And Take#2 Combined

DISC 2
LOST LENNON TAPES
tk-01:Show 88-31-July 25, 1988
tk-02:Show 89-02 January 2, 1989
tk-03:Show 89-27 June 26, 1989
tk-04:Show 90-13 March 26,1990
tk-05:Show 90-26 June 25, 1990
tk-06:Show 91-03 January 14, 1991
IBC 10-INCH MONO ACETATE
tk-07:Yer Blues -Winston Leg-Thigh & The Dirty Mac
tk-08:Whole Lotta Yoko -Winston Leg-Thigh & The Dirty Mac
tk-09:A Quick One While He's Away -The Who
tk-10:Purple Haze -The Jimi Hendrix Experience
tk-11:Wild Thing - The Jimi Hendrix Experience



ダーティ・マック
THE DIRTY MAC with YOKO ONO
MONKEY CROWNE (MC-0-14)
SBD
1CD+1DVD-R
\3,600


1968年、一度だけ結成された伝説のスーパー・グループ“ザ・ダーティー・マック”の音源集が40年の時を越え遂にリリース!

ローリング・ストーンズが製作した伝説のスタジオ・ライブ映像作品「ロックン・ロール・サーカス」のために、ジョン・レノン(ザ・ビートルズ)、エリック・クラプトン(クリーム・当時)、キース・リチャーズ(ザ・ローリング・ストーンズ)、ミッチ・ミッチェル(ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス)の4人のビッグ・ネーム・メンバーで結成された奇跡のバンド“ザ・ダーティー・マック”!

本タイトルは、今や伝説となっている“ザ・ダーティー・マック”の現存する音源の中から選りすぐりの貴重音源(リハーサル、ジャム・セッションなどなど)をチョイスした究極のコンピレーション。

ジョンの血気迫るヴォーカルはもちろん、このバンドのメンバーとして参加したいがためにベース担当を自ら直訴したと言われているキースのウネるベース・ライン!どっしりと屋台骨をささえるミッチのドラミング、その中でも注目すべきは、前編で冴え渡るクラプトンのギター・ワーク!クラプトン・ファンにも超オススメ(本番音源は当然ながらリハーサル、ジャム・セッションでのリフは最高です!)。

さらに、ライブ映像、バックステージの様子などを収録したボーナスDVDR付!ロックの歴史的にも大変貴重で価値のある永久保存盤!!

THE DIRTY MAC
John Lennon (as "Winston Leg-Thigh") : vocal,lead and rhythm guitar (from The Beatles)
Eric Clapton : lead and rhythm guitar (from Cream)
Keith Richards : bass (from The Rolling Stones)
Mitch Mitchell : drums (from The Jimi Hendrix Experience) with Yoko Ono

CD
01. Daialogue - Yer Blues
02. Jam Session
03. Yer Blues [take1 - no vocals]
04. Yer Blues [take1]
05. Yer Blues [take2 - no vocals]
06. Yer Blues [take2]
07. Yer Blues [take2 - mono]
08. Yer Blues [rehearsal - no vocals]
09. Yer Blues [rehearsal]
10. Yer Blues [mono acetate]
11. Her Blues(Whole Lotta Yoko) [mono acetate]
12. Yer Blues [take2 - wide stereo version]
13. Her Blues(Whole Lotta Yoko) [wide stereo version]
14. Yer Blues [take2 - DVD version]
15. Mick Jagger's & John Lennon's Instroduction Of The Dirty Mac
16. Yer Blues
17. Whole Lotta Yoko
18. Yer Blues [bonus track - The Beatles Demo]

Bonus-DVDR
01. LIVE (from ROCK AND ROLL CIRCUS / December 11th 1968)
02. Four split-screens version
03. Backstage footage



V.A. (ボブ・ディラン)
30th Anniversary Concert Celebration
PV0031
PRO SHOT
2DVD-R
\4,690


ボブ・ディランのデビュー30周年を記念して、有名ミュージシャンを一堂に集めマジソン・スクウェア・ガーデンで行われたコンサートの模様を、廃盤レーザーディスクマスターよりダイレクトにデジタル収録!!これ以上はない画質・音質です!!さらに未収録のリハーサルの模様を40分にわたりボーナスとしてプラス。

G.ハリスン、クラプトン、ニール・ヤング、ロン・ウッドを始めとする超豪華ゲストによる夢の祭典!!ハイライトとも言えるクラプトンの「Don't Think Twice~」やニール・ヤングの「All Along The Watch Tower」は屈指の名演でしょう!!また演奏されなかったニール・ヤングのオルガン弾き語りによる「Forever Young」など、タップリ4時間見応え十分な内容は必見!!

メニュー画面&チャプター機能付きのプロフェッショナル仕様で言う事なし!!

◆1992/10/16 MADISON SQUARE GARDEN, NEW YORK CITY
Disc1 Runningtime 114min
1.Opening Montage "All Along The Watchtower"
2.Prologue Behind-The-Scenes
3.Like A Rolling Stone (John Mellencamp)
4.Leopard-Skin Pill-Box Hat (John Mellencamp)
5.Blowin' In The Wind (Stevie Wonder)
6.Boots Of Spanish Leather (Nancy Griffith with Carolyn Hester)
7.Gotta Serve Somebody (Booker T.& The M.G.'s)
8.Foot Of Pride (Lou Reed)
9.Masters Of War (Eddie Vedder/Mike McCready)
10.The Times They Are A-Changin' (Tracy Chapman)
11.It Ain't Me, Babe (June Carter/Johnny Cash)
12.What Was It You Wanted (Willie Nelson)
13.I'll Be Your Baby Tonight (Kris Kristofferson)
14.Highway 61 Revisited (Johnny Winter)
15.Seven Days (Ron Wood)
16.Just Like A Woman (Ritchie Havens)
17.When The Ship Comes In
(The Clancy Brothers and Robbie O'Connell with special guest Tommy Makem)
18.War (Sinead O'Connor)
19.Just Like Tom Thumb's Blues (Neil Young)
20.All Along The Watchtower (Neil Young)

Disc2 Runningtime 117min
1.I Shall Be Released (Chrissie Hynde)
2.Love Minus Zero, No Limit (Eric Clapton)
3.Don't Think Twice, It's All Right (Eric Clapton)
4.Emotionally Yours (The O'Jays)
5.When I Paint My Masterpiece (The Band)
6.You Ain't Goin' Nowhere
(Mary-Chapin Carpenter/Rosanne Cash/Shawn Colvin)
7.Absolutely Sweet Marie (George Harrison)
8.License To Kill (Tom Petty & The Heartbreakers)
9.Rainy Day Woman #12 & 35 (Tom Petty & The Heartbreakers)
10.Mr. Tambourine Man (Roger McGuinn)
11.It's Alright, Ma [I'm Only Bleeding] (Bob Dylan)
12.My Back Pages
(Bob Dylan/Roger McGuinn/Tom Petty/Neil Young/Eric Clapton/George Harrison)
13.Knockin' On Heaven's Door (Everyone)
14.Girl Of The North Country (Bob Dylan)

-REHEARSALS-
15.My Back Pages 16.Just Like Tom Thumb's Blues 17.All Along The Watchtower 18.Forever Young



V.A.
THE RONNIE WOOD SHOW
PRIMEVISION PVC013-1/2
PRO-SHOT
2BLU-RAY-R
\5,000


2012年英国スカイアーツTVで連続放送された『ザ・ロニー・ウッド・ショウ』の全エピソードを収録したブルーレイ2枚組セット完全版が初登場!

ストーンズのロニーが毎回ゲストを呼んでミュージシャン同士でのおしゃべりやジャム・セッションを繰り広げる興味深いラジオショウ・プログラムのTVスペシャル版を放送順にコンプリート収録したもので第一回目のアリス・クーパーから始まりフェイセス時代の盟友イアン・マクラガン、ブッカーT&ザ・MG’Sでお馴染みのスティーブ・クロッパー、シンプリー・レッドのミック・ハックネルやプライマル・スクリームのボビー・ギレスピーさらにSLASH、ジョージやクラプトンとの思い出を語るレイラことパティ・ボイドまで出演。それぞれの ゲストに因んだ選曲や鼻歌からジャム・セッションに発展する等マニアックな会話の内容が判らなくてもロニーの人柄が滲み出るスタジオでのやり取りや演奏シーンを見ているだけでも楽しめます。そして最後には1時間のスペシャル枠でポール・マッカートニーが登場!
60年代の興味深い話からアコースティック・ギターでのジャム・セッションを続々披露。「トエンテイ・フライト・ロック」「ビッグ・タウン・プレイボーイ」やビートルズのカバーでも知られる「チェインズ」そしてポールお得意のバディ・ホリー・ナンバーまでリラックスした雰囲気でのスタジオ・セッションは必見です。本編だけでもトータル約6時間近い収録ですがさらにエクストラでポールとロニーの共演ライブ映像やBBCTVのストーンズ・インタビュー番組等も収録。特にキース・リチャーズの”カルチャー・ショウ”は自伝出版に伴う独占インタビュー特番で60年代からのストーンズ映像が随所に使われた興味深い内容でこちらも必見。ストーンズ・ファンのみならず豪華ゲスト陣も
注目の『ザ・ロニー・ウッド・ショウ』TV版をHD高画質マスターで完全収録した大推薦のブルーレイ・コレクターズ・エディションです!!

THE RONNIE WOOD SHOW on TV disc ONE
EPISODE 1: ALICE COOPER EPISODE 2: KELLY JONES EPISODE 3: MARK RONSON EPISODE 4: IAN McLAGAN
EPISODE 5: STEVE CROPPER EPISODE 6: MICK HUCKNALL EPISODE 7: BOBBY GILLESPIE
EPISODE 8: SLASH

THE RONNIE WOOD SHOW on TV disc TWO
EPISODE 9: TOOTS HIBBERT EPISODE 10: PATTIE BOYD EPISODE 11: PAUL McCARTNEY

EXTRA VIDEO
RONNIE AND PAUL Get Back - O2 Arena 2011 Strong As You - with James & Paul McCartney Get Back - Royal Albert Hall 2012
TOP GEAR - RONNIE WOOD
THE ONE SHOW - THE ROLLING STONES INTERVIEWS
THE CULTURE SHOW - KEITH RICHARDS EXCLUSIVE

NTSC 16:9 PCM Stereo time approx. 3h31min. + 3h23min.



ロン・ウッド&フレンズ
Blues Fest London 2012
Invisible Works Records-095
AUD
2CD-R
\3,400


2012年6/30、ロンドンでおこなわれた"Bluesfest 2012"に出演したRonnie Wood & Friendsのライブを、高音質のオーディエンス・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。

Bill Wyman、Mick Taylor、Hamish Stewart、Geraint Watkins、Andy Wallace、Simon Kirke、Andy Newmarkなど、錚々たる顔ぶれのミュージシャンが共演を果たした熱いブルースの夜を、レーベル独自のリマスタリングが光る良好な音質でお楽しみいただけるオススメ盤です。

◆Bluesfest 2012, HMV Hammersmith Apollo, London, England 30th June 2012
(Disc 1)
01. Mannish Boy
02. Introduction Blues Giants
03. Introduction Band
04. Hi-Heel Sneakers
05. My Babe
06. 300 Pounds Of Joy
07. Just Your Fool
08. You Never Can Tell
09. The Sun Is Shining
10. Don't Lie To Me
11. Walking By Myself
12. Tell Mama
13. Mojo Boogie
14. At Last
15. Spoonful

(Disc 2)
01. Big Town Playboy
02. Talk To Your Daughter
03. I'd Rather Go Blind
04. Johnny B. Goode
05. Carol
06. I Just Want To Make Love To You
07. Ain't Got No Home
08. It's Only Rock'n Roll

◇Line-up:
Ron Wood (guitar, vocals, harmonica)
Bill Wyman (bass, vocals)
Mick Taylor (guitar)
Hamish Stewart (guitar)
Geraint Watkins (keyboards)
Andy Wallace (keyboards)
Simon Kirke (drums)
Andy Newmark (drums)
Frank Mead (saxophone, vocals)
Nick Payn (saxophone)
Beverly Skeete (vocals)
James McCartney (guitar, vocals)
Ali MacKenzie (vocals)
Sharleen Spiteri (vocals)



ロン・ウッド&ボ・ディドリー
The Gunslingers Tour 1987 - 1988
PRO-SHOT
1DVD-R
\3,100


哀悼Bo Diddley !!6月2日に79歳で亡くなったロックン・ロールの偉大なる創始者の1人ボ・ディドリーの彼の名を日本国内で一般的にも広めたローリング・ストーンズのロン・ウッドとの共演でツアーをおこなった87年と88年のライヴ映像です。

先ず87年のライヴはニューヨークのRITZでのものでアメリカでTV放送されたものが基になっておりますが日本国内でのみオフィシャル・リリースされ未だDVD化されていない映像です。当時のストーンズはミックとキースの仲違いにより活動停止状態の中でロニーとのツアーが実現しました。初期のストーンズが録音したことがマニアの間では有名な「Diddley Daddy」やエルモカンボで演奏した「Crackin Up」で本家とストーンズのメンバーの1人との共演が実現します。ロニーのソロ・パートもフェイセス時代の曲「Ooh La La」やストーンズの「Honky Tonk Women」などでヴォーカル取ります。特に「Honky Tonk ~」では「New York City~」の歌詞の部分ではストーンズのライヴと同様に盛り上がるなど(東京でのライヴでは「Tokyo~と歌詞を変えて歌ってくれました!」)見所が多数あります。

88年のライヴは記念すべき来日公演のTV放送されたことで有名なものですが、この映像も最近は見かけることが少なくなったのでファンには嬉しいDVD化と言えるものです。同じツアーのものなので重複する曲もありますが、貴重なオフ・ショット映像やインタヴューも収録されております。他にもボ・ディドリーがドラムを演奏するシーンもあるなどRITZの映像にはないものもあるのでこちらも充分に楽しめる内容となっております。

1987 (Live at The RITZ NYC, NY Nov 1987
01 Opening Introduction 02 Bo Diddley 03 Road Runner 04 Come On Everybody Let’s Rock’ N Roll 05 Diddley Daddy 06 Crackin Up 07 I’m A Man 08 Plynth / Water Down The Drain 09 Ooh La La 10 They Don’t Make Outlaws Like They Used To 11 Honky Tonk Women 12 Mona 13 Ending

Live in Tokyo 1988 (Live at Nakano Sun-Plaza Hall Tokyo, Japan Mar 7, 1988)
14 Opening Introduction 15 Bo Diddley 16 Road Runner 17 Who Do You Love 18 Ooh La La 19 Honky Tonk Women 20 Ronnie Wood Interview 21 I’m A Man 22 Mona 23 Bo Diddley Interview 24 Can’t Judge A Book 25 Hey! Bo Diddley 26 Ending



ロン・ウッド&ロニー・レーン
Mahoneys Last Stand
WR-050
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ロン・ウッドと今は亡きロニー・レーンの二人の友情の結晶ともいえる1976年公開の映画「MAHONEY’S LAST STAND」のサウンドトラックが5曲のボーナス・トラックを追加して登場!

一時期、マイナー・レーベルよりリリースされ、すぐに廃盤、現在では貴重で入手困難となっている本タイトル!
映画自体は、さほどヒットもせず、いかにもマイナーな作品ですが、ロンとロニーによる本サウンドトラックは、そんな事はどうでもいいくらい素晴らしい曲ばかりです!
ロニー・レーンが、このサントラを依頼されたのが1972年(映画の公開が遅れた為、リリースは1976年)だそうで、当時は二人ともザ・フェイセス在籍中という事で、息もピッタリ!
楽曲のクオリティーが高いのは当然でしょう。しかも、ピート・タウンゼント、ケニー・ジョーンズ、イアン・マクレガン、ボビーキーズ、イアン・スチュワートなどなど二人以外のファミリー的な参加メンバーも、らしいの一言!
映画のサントラじゃなくとも十分に納得出来る素晴らしいアルバムとしてオススメです!!
ジャケットも、こだわりのファースト・アナログ・プレス・カバー仕様!!

SOURCE: EXCELLENT AUDIENCE & STUDIO RECORDINGS.

01. Car Radio
02. Tonight's Number
03. From The Late To The Early
04. Chicken Wire
05. Chicken Wired
06. I'll Fly Away
07. Title One
08. Just For A Moment (Instrumental)
09. 'Mona' The Blues
10. Hay Tumble
11. Woody's Thing
12. Rooster Funeral
13. Just For A Moment
Bonus Track
14. Insurance
15. Safety Pin Queen
16. Anymore For Anymore
17. C&W Number
18. My Fault



ロン・ウッド・バンド
I've Got My Own Band To Do
FSVD-180
PRO 43 min
1DVD-R
\4,000


フェイシズ~ストーンズと並行して彼が最も忙しかった時期にリリースされたファーストソロアルバム「I've Got My Own Album To Do」を引っ提げ、自身初となるソロアクトとなったロンドンでの記念すべきライヴ。

ロッドスチュアートとのツインヴォーカルをはじめ、キースのバッキングギター&ピアノ、旧友マクレガン、職人ウイリーウイークスとSアンドファミリーストーンでも有名なAニューマークによるリズム隊など当然ながら豪華なバックアップ陣。最近のRSツアーではまともにギターを弾かなくなった(?)彼が弾き倒します。ジェイムズレイの02など、カヴァーセンスも実にモッド。

Live at Kilburn Gaumont State Theatre,London, UK 14th July 1974
01. Crotch Music - Am I Grooving You 02. If You Gotta Make A Fool Of Somebody 03. Mystifles Me 04. Take A Look At The Guy 05. Act Together 06. Forever 07. Crotch Music (Jam) 08. I Can Feel The Fire

Ron Wood (gtr, voc)
Keith Richards (gtr, voc, p)
Ian McLagan (p, org)
Willie Weeks (bass)
Andy Newmark (dr)
Rod Stewart (voc, tamb)



ブライアン・ジョーンズ
Who Killed The Rolling Stone
FSVD-190
PRO 45 min
1DVD-R
\4,000


ロック史を語る上で絶対に外せない伝説のローリングストーンズ、初代カリスマギタリスト、ブライアンジョーンズのドキュメンタリー映像がフットストンプレーベルより登場しました!!ブリティッシュロックの重要人物多数による当時の逸話を挟んで振り返る貴重映像満載なドキュメンタリーはローリングストーンズファンだけでなく全ロックファン必見!!ボーナスには95年のCD再発時に制作されたジャジュカのPVを収録。

01. UK TV Documentary 2005
Bonus Track:
02. Brian Jones Presents The Pipes of Pan at Jajouka (PV)



ローリング・ストーンズ
Mr.JONES YEARS
IRDVD-55
Pro shot. 69min
1DVD-R+1CD-R
\3,400


ROLLIG STONESの創設者であり、27歳の若さで、その人生に終止符を打った、天才ブライアン・ジョーンズ!彼が最も輝いていた1964年から1968年(ストーンズ在籍時)の数多くのライブ映像&プロモ・クリップの中から選りすぐりのパフォーマンスをチョイスした究極の映像集が遂に登場です!!

1963年結成以来、なんと46年間、世界1のROCK’N’ROLL BANDとして現在も現役で活動中のROLLING STONES、現在のストーンズが好きな方、ミック・テイラー期のストーンズが、やっぱり1番だという方、いや初期のストーンズが最高だという方、などなど、こんなに長きに渡り活動していれば、その好みは、多種多様に分かれる事とは思いますが、やはり、ストーンズの原点であるブライアン在籍時の活動なくしては、その後の世界制覇を語れないのではないのでしょうか??現在でも健在のストーンズ独特のサウンドである2台のギターの絡みはブライアンによって考えられたものであり、楽曲にフルート、ハープシコード、マリンバ、マンドリン、シタールなどを導入し、ロックに知的で新しい今までになかった試みを取り入れるなどアレンジャーとしての優れた才能もさる事ながら、そのファッションセンスも現在のロック・スターの原形となっているのは言うまでもありません。

没後40年、今もなお、世界中のファンやミュージシャンに愛されてやまないカリスマ性は永遠に不滅です!さらにスペシャル特典として1964年BBC Saturday Clubの貴重なライブ音源8曲を収録したCDR付です。永久保存盤!!

DVDR : Brian Jones Great Performance
CDR : BBC Saturday Club 1964.


DVDR :
01.Voice Of Brian Jones 1 02. It’s All Right 03. Around And Around 04. Time Is On My Side 05. It’s All Over Now 06. Medley 1964 07. I Just Wanna Make Love To You 08. Tell Me ? Carol 09. Off The Hook 10. (I Can’t Get No) Satisfaction 11. Voice Of Brian Jones 2 12. She Said Yeah 13. Get Off Of My Cloud 14. Under My Thumb 15. Lady Jane 16. Paint It Black 17. Have You Ever Seen Your Mother,Baby(Standing In The Shadow) 18. Let’s Spend The Night Together 19. 2000 Light Years From Home 20. Child Of The Moon 21. We Love You 22. Jumpin’ Jack Flash 23. Beggar’s Bunquet(Gore Hotel 1968) 24. stoned trailer 2005

CDR :
01. Not Fade Away 02. Beautiful Delilah 03. High Heeled Sneakers 04. Meet In The Bottom 05. You Can Make It If You Try 06. Route 66 07. Confessing The Blues 08. Down The Road Apiece



ミック・テイラー
LIVE AT OSAKA 2009
XX-0041
AUD
2CD-R
\5,300


ミック・テイラーの2009年来日公演より、4月18日大阪公演(2ndステージ)を迫力&臨場感満点の超高音質にて完全収録!!

1stステージは1時間弱のライヴでしたが、2ndステージは余程調子が良かったのか、今ツアー最長となる1時間40分に渡る、驚きの弾きまくりパフォーマンス!!各曲で約10分近いジャムパートが挿入され、マイルスやレイチャールズ、「ALL ALONG THE WATCHTOWER」や「LAYLA」のフレーズなども飛び出し、聴き応え満点です!!ラストの「CAN'T YOU HEAR ME KNOCKING」は、イントロのフレーズから直ぐさまスリリングなジャムパートへと突入し、ラストは大爆発&大盛り上がりのプレイで幕を閉じております!!!いや~お腹いっぱいっすよ~!!今ツアーのハイライト・ステージを極上音質にて収録した本作はファン必聴間違いなしです!!!!これは大推薦盤!!!!

LIVE AT OSAKA -2ND STAGE- APRIL 18TH 2009
DISC-ONE
1.BEFORE THE SHOW
2.SECRET AFFAIR
3.TWISTED SISTER
4.LATE AT NIGHT
5.LOSING MY FAITH
6.FED UP THE BLUES

DISC-TWO
1.BURYING GROUND
2.YOU GOTTA MOVE *
3.BLIND WILLIE MCTELL **
4.CAN'T YOU HEAR ME KNOCKING
5.AFTER THE SHOW
(TOTAL TIME:102 MIN)
*INC:IN A SILENT WAY/LONELY AVENUE
**INC:ALL ALONG THE WATCHTOWER/LAYLA



ボビー・キーズ
『BOBBY KEYS』
MID VALLEY SAMPLER
SBD
1CD
\2,000


ベテランセッションマン(サックス奏者)として有名なボビー・キーズが1971年に発表し、現在まで、一切CD化されていない幻の名盤、ソロアルバム 『BOBBY KEYS』が大人気著名レーベルMVR LIMITED SAMPLER より登場!!

ミントコンディションのアナログ盤から丁寧にダビングしていますので音質はバッチリ!! エリック・クラプトンをはじめ、ジャック・ブルース、ジョージ・ハリスン、デイブ・メイスン、リンゴスター、ニッキー・ホプキンス、ジム・プライス、ジム・ゴードン、カール・レイドル、フェリックス・パッパラルディ等などといった具合に、とにかく「これでもか!」というぐらい豪華ゲスト陣が参加しています。全ロックファンマストアイテム!!

01. STEAL FROM A KING
02. SMOKEFOOT
03. BOOTLEG
04. ALTAR ROCK
05. KEY WEST
06. COMMAND PERFORMANCE
07. CRISPY DUCK
08. SAND & FOAM



V.A.
Rock Guitar A Guide From The Greats
IRDVD-083
PRO-SHOT 57min.
1DVD-R
\3,200


マイケル・シェンカー、ロン・ウッド(ザ・ローリング・ストーンズ)、リチャード・トンプソン(フェアポート・コンヴェンション)が、あなたにギター・テクニックを伝授する約20年前の貴重な映像が日本語字幕付で登場!

本タイトルは、各ギタリストが自らの経験、フェイバレット・アーティストとの興味深いエピソード(ジミ・ヘンドリックス、ザ・フー、チャック・ベリー、ローリング・ストーンズなどなどの貴重なライブ映像満載)などを交えギターの仕組みからチューニング、ピッキング、エフェクター、そして実践演奏まで熱く語る貴重なガイド作品です(教則ビデオのようなそうでないような不思議な感じ?)。後にも先にも若き日のマイケル・シェンカー(もちろんライブ・シーンもあります)やロン・ウッドがギター・テクニックをガイドしている作品は発売されないと言っても過言ではありません(各アーティストの肖像権の関係で難しい)。

これを見れば、あなたもすぐにギターが弾ける?!弾きたくなる事間違いなし!これからギターをマスターしたい方、ギター好きの方はもちろん、そうでない方にも絶対にオススメ必見のタイトルです!

Introduction to all aspects of guitar playing, which includes rock performances by a variety of artists including Jimi Hendrix and Joni Mitchell. Instruction is provided by Ron Wood, Michael Schenker, Richard Thompson and John Wilson.

■Featuring Artists■
JIMI HENDRIX / B.B.KING / THE ROLLING STONES / JONI MITCHELL / LES PAUL / CHUCK BERRY / BUDDY GUY / THE WHO