コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


JAPAN TOUR 2014 JAPAN TOUR 2006 JAPAN TOUR 2012~ 2005~
1994~ 1989~ 1980~ 1975~ 1970~
1964~ OUTTAKE COMPILATION SOLO



ローリング・ストーンズ
EMI STUDIO
SODD-103
SBD
1CD
\3,600


1995年来日の際、極秘で行われた東京EMIスタジオの音源が高音質コンプリートで登場です!!

アルバム「STRIPPED」(現在は生産中止?!)のために録音された音源はオフィシャル、ブートを含め数多く発売されてますが、本作は、現存するEMIスタジオ音源を完全収録した、まさに至福のタイトルです。しかも高音質サウンドボード音源を使用してますので、ブート特有の聴き辛さは一切ありません!特に「Let's Spend The Night Together」「Honest I Do」「No Expectations」「Memory Motel」は、アコースティックならではの臨場感満点で聴き応えあり!生な感じの迫力がビシビシと伝わってきます。

さらに、同年7月にリスボンで録音された音源(3曲)もボーナス・トラックとして収録。

※一部マスターに起因する音切れがある箇所がございます。ご了承ください。

< CD >
01. Let's Spend The Night Together
02. Honest I Do
03. The Spider And The Fly
04. No Expectations
05. Wild Horses
06. Memory Motel
07. Love In Vain
08. Beast Of Burden
09. Slipping Away
10. Let It Bleed
11. Little Baby
12. Not Fade Away
13. I'm Free
14. Sweet Virginia

Tracks 1-11 are recorded live in the EMI studio Tokyo,JAPAN. from 3-5 March 1995.
Tracks 12-14 are recorded live in the studio Lisbon from 23?26 July 1995.



ローリング・ストーンズ
VOODOO EARLY
SODD-107
SBD
1CD
\3,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


1994年リリースのアルバム「VOODOO LOUNGE」アナザー・レア・トラックス集がスッキリ1枚モノでSODDより登場です!!

オリジナル・メンバーであるベーシストのビル・ワイマンの衝撃の脱退後、1994年にリリースされたアルバム「VOODOO LOUNGE」。前作「STEEL WHEELS」のサウンドとは対照的で希薄なサウンドは、当時、各方面から賛否両論だったものの、今聴くと原点であるブルースを大胆な解釈で追究した作品郡は素晴らしいの一言に尽きます。そんな過去のわだかまりを吹き飛ばすタイトルが本タイトルです。長時間の流出音源が存在する「VOODOO LOUNGE」ですが、中でも、厳選されたテイクのみを収録したタイトルは、このタイトルだけです。

< CD >
01. Love Is Strong [Extended Version Different Vocals / Guitar Overdubs]
02. You Got Me Rockin' [Extended Alternate Mix Extra Guitar Overdubs]
03. Sparks Will Fly [Alternate Mix]
04. The Worst [Beggars Mix With Extra Bridges]
05. New Faces [Alternate Mix With Count In / Diff. Vocals]
06. Moon Is Up [Extended Alternate Mix Missing Castanet / Guitar Overdubs]
07. Out Of Tears [Alternate Mix Without Backing Vocals]
08. I Go Wild [Extended Alternate Mix Without Backing Vocals / Guitar Overdubs]
09. Brand New Car [Extended Alternate Mix Backing Vocals By Keith]
10. Sweethearts Together [Extended Alternate Mix Without Accordion]
11. Suck On The Jugular [Extended Alternate Mix Diff. Guitar]
12. Blinded By Rainbows [Alternate Mix Missing Guitar Overdubs]
13. Baby Break It Down [Extended Alternate Mix]
14. Thru And Thru [Extended Alternate Mix Alternate Effects]
15. Mean Disposition [Shortened Alternate Mix]
16. The Storm [Alternate "Beggars" Mix]




ローリング・ストーンズ
Hoodoo Scrounge Outtakes
WR-072
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ザ・ローリング・ストーンズ、1994年リリースの名盤「VOODOO LOUNGE」レコーディング・セッションを高音質サウンドボード音源で収録したタイトルが登場!

キース・リチャーズの『メイン・オフェンダー主犯』、ミック・ジャガーの『ワンダーリング・スピリット』と、それぞれのソロ作発表、スタジオ・アルバムとしては、前作「スティール・ホイールズ」から4年、久々にストーンズとして集結しレコーディングされたのが名盤「ヴゥードゥー・ラウンジ」。原点であるブルースを大胆に解釈した内容の濃さゆえ、評論家からは酷評されましたが、結果的にはストーンズの音楽的スキルを知らしめる事となったアルバムです。
本タイトルは、そのレコーディング・セッションから選りすぐりのレア・テイクを収録した至福のタイトル!
キースが歌う「YOU GOT ME ROCKING」「LOVE IS STRONG」、さらには、ザ・ビートルズやボブ・ディランのナンバーまで飛び出す貴重なレア音源が目白押し!
ストーンズの歴史の中で避けては通れない名盤の制作過程を知る事が出来る必聴タイトルです!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD STUDIO RECORDINGS.
Pre-production sessions attended by Mick, Keith and Charlie for what would become
the Voodoo Lounge LP as well as many songs and ideas left by the wayside.

01. Honest Man (Unreleased)
02. Zip Mouth Angel (Unreleased)
03. You Got Me Rocking (Keith Sings)
04. You Got Me Rocking (Backing Track)
05. Travellin' Man (Mick and Keith Only)
06. Jump On Top Of Me (instrumental)
07. Love Is Strong (Alternate mix, Keith on vocal)
08. Monsoon Raggoon (Early Song - Idea)
09. Luy League (Early Song - Idea)
10. You Got Me Rocking (Early Rehearsal Version, Keith on vocal)
11. Please Please Me (Keith Plays Lennon-McCartney Unplugged)
12. New Faces (Instrumental Penny Whistle Mix)
13. It Takes a Train to Cry (Mick plays Dylan)
14. Make It Now (Unreleased - Keith on Vocals)
15. More Studio Fan with Keith & Ron



ローリング・ストーンズ
Dirty Work Out!
SODD-132
SBD
1CD
\3,000


ザ・ローリング・ストーンズが1986年リリースしたバンド史上重要な意義を持つアルバム「ダーティー・ワーク」のオルタネイト・ヴァージョン集が”SODD”レーベルより緊急リリース!

1986年にリリースされた「ダーティー・ワーク」は、ストーンズ最優先のキースと、それを無視しソロ・アルバムをリリースしたミックとの関係が相当悪化、バンド存続の危機(チャーリーのアルコール中毒問題、バンド結成当時からの盟友イアン・スチュワートの死なも重なり)の中製作されたアルバムであり、その流れから「キースのアルバム」(アルバム・ジャケットもキース中心となっている)と言っても過言ではありません。

時代を先取りし過ぎたせいか、決して成功作とは言いがたいアルバムではありますが、25年経った今、聴いてみると、その楽曲の良さに驚かされます!特に「ワン・ヒット」~「ファイト」は、当時のミックとキースの関係が如実に表れたスピード感溢れるハードなナンバーでアルバムのオープニングに相応しい名曲です!

本タイトルは、そんな状況の中、製作された「ダーティー・ワーク」を解明する「裏盤・ダーティー・ワーク」と言えるタイトルです。ラフ・ミックスやリハーサル音源、当時、流行した12インチ・ミックス(未CD化)、さらに、未発表曲までを1枚に凝縮し収録した本タイトルは、ストーンズの歴史を知る上で貴重なものと言えます!超オススメです!!

01. One Hit(To The Body) [Rough Mix]
02. Fight [Early Rehearsal]
03. Harlem Shuffle [Rough Mix/NO Further Overdubs]
04. Too Rude [Early Rehearsal]
05. Winning Ugly [Rough Mix]
06. Back To Zero [Rough Mix]
07. Dirty Work [Early Rehearsal]
08. Had It With You [Early Rehearsal]
09. Sleep Tonight [Basic Track]
10. Going To Memphis [Unreleased Song]
11. What Am I Going To Do With Your Love [Unreleased Song]
12. One Hit(To The Body) [London Mix]
13. Harlem Shuffle [London Mix]
14. Harlem Shuffle [NY Mix]
15. Winning Ugly [London Mix]



ローリング・ストーンズ
COMPLETE UNDERCOVER SESSIONS
: DEFINITIVE EDITION
GP-1701CD1/6
SBD
6CD
\8,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


80年代に入って記録的なスタジアム・ツアーをスタートさせたローリン・ストーンズが83年リリースしたアルバム『アンダーカバー』の初期段階のデモ音源、セッション過程をとらえたスタジオ・アウトテイクス、プロモ・ビデオや12”シングル向けのリミックスを初登場音源及び
アップグレード音源でまとめた注目の最新コレクション”コンプリート・アンダーカバー・セッションズ”がGOLDPLATEより登場!

CD1は”FINAL MIXES”としてプロモ・ビデオや12”シングル向けのリミックス音源を収録。そしてCD2からCD5までは82年暮れから始まったとされる初期段階のデモ音源そしてセッション過程をとらえたスタジオ・アウトテイクスを収録。2017年関連音源をピッチ修正やアップグレード音源でまとめあげ海外のストーンズ音源コレクターに注目された僅か50セットの超限定リリース”COMPLETE RECORDING SESSIONS”と同様の最新リマスターを元にそこに未収録だった通称”The Virchov Tape”として初登場の音源ソースである新発掘されたベースメント・デモ音源も収録。現存するセッション音源を最新リマスターのベスト・クオリティで集大成した決定版となる内容です。CD6にはミック・ジャガー自らがアルバム収録曲ごとにコメントした当時の貴重なラジオ・スペシャル”アンカバード・アンダーカバー”をノーカット完全収録。80年代ストーンズのスタジオ・アルバム『アンダーカバー』の関連音源を網羅したコレクター必携の海外オリジナルプレス盤6枚組の最新コレクション!独占入荷!!

CD1 = FINAL MIXES
1. UNDERCOVER OF THE NIGHT (X - 12" extended cheeky mix) 2. SHE WAS HOT (III - promovideo version)
3. SHE WAS HOT (III - promovideo version complete) 4. SHE WAS HOT (VI - long version) 5. SHE WAS HOT (VII - long version double tracked vocal mix) 6. WANNA HOLD YOU (VI - edited version) 7. I THINK I'M GOING MAD (V - single version) 8. FEEL ON BABY (II - 12" instrumental dub version)9. TOO MUCH BLOOD (V - promovideo version) 10. TOO MUCH BLOOD (V - promovideo version complete)11. TOO MUCH BLOOD (VI - long vocal dance version) 12. TOO MUCH BLOOD (VII - short vocal dance version)13. TOO MUCH BLOOD (VIII - dub version) The Hit Factory, New York, NY june 20th / august 1st 1983

CD2
1. HIGH SCHOOL GIRL 2. SHE WAS HOT (country version - unedited) 3. SHE WAS HOT (country version - source 2)4. CAN'T FIND LOVE (piano demo) Basement Demo Recordings, France october 15th/november 7th 1982  5. STILL IN LOVE (III) 6. REGGAE INSTRUMENTAL
7. MUNICH HILTON (V) 8. I LOVE YOU TOO MUCH (V) 9. STILL IN LOVE (IV)10. STILL IN LOVE (V) 11. I THINK I'M GOING MAD (IV)
12. GOLDEN CADDY (III) 13. GOLDEN CADDY (IV)

CD3
1. COOKING UP (WHAT I AM SAYIN' IS TRUE) (II) 2. TOO TOUGH (I) 3. FLIRTY 4. PRETTY BEAT UP (I) 5. PRETTY BEAT UP (II)
6. TIE YOU UP (THE PAIN OF LOVE) (I) 7. TIE YOU UP (THE PAIN OF LOVE) (II) 8. ALL THE WAY DOWN (I) 9. ALL THE WAY DOWN (II) 10. WANNA HOLD YOU ((basement demo) 11. WANNA HOLD YOU (II) 12. WANNA HOLD YOU (III) 13. WANNA HOLD YOU (IV)
14. WHAT I AM SAYIN' IS TRUE (basement demo I) 15. WHAT I AM SAYIN' IS TRUE (basement demo II) 16. WHAT I AM SAYIN' IS TRUE (basement demo III) 17. WHAT I AM SAYIN' IS TRUE (basement demo IV)

CD4
1. BLUES JAM #1 2. BLUES JAM #2 3. THE STUMBLE / HIDE AWAY 4. COOK COOK BLUES (I) 5. LOOKING FOR TROUBLE
6. HEARTBEAT 7. CRAZY ARMS 8. CHRISTINE 9. TRIED TO TALK HER INTO IT 10. CAN'T FIND LOVE (basement demo I)
11. CAN'T FIND LOVE (basement demo II) 12. CAN'T FIND LOVE (II) 13. CAN'T FIND LOVE (III) 14. IN YOUR HAND 15. KEEP IT COOL (I) 16. KEEP IT COOL (II)

CD5
1. SHE WAS HOT (II) 2. IDENTIFICATION 3. IT MUST BE HELL (I) 4. STOP THAT (I) 5. STOP THAT (II) 6. ELIZA UPCHINK
7. TIE YOU UP (THE PAIN OF LOVE) (III) 8. TOO MUCH BLOOD (I) 9. TOO MUCH BLOOD (II)
Pathe-marconi Studios, Boulogne-Billancourt, France november 11th 1982
10. I'M A LITTLE MIXED UP (I) 11. I'M A LITTLE MIXED UP (Ib) 12. I'M A LITTLE MIXED UP (II) 13. FEEL ON BABY (I)
Pathe-marconi Studios, Boulogne-Billancourt, France january 30th 1983
14. TOO MUCH BLOOD (III) 15. UNDERCOVER OF THE NIGHT (II) 16. UNDERCOVER OF THE NIGHT (III)
17. UNDERCOVER OF THE NIGHT (IV) 18. UNDERCOVER OF THE NIGHT (V) 19. UNDERCOVER OF THE NIGHT (VI)
20. UNDERCOVER OF THE NIGHT (VII) The Hit Factory, New York, NY may 2nd 1983

CD6 = UNCOVERED UNDERCOVER RADIO SPECIAL
1. Radio Intro 2. UNDERCOVER OF THE NIGHT 3. Mick Jagger comment 1
4. SHE WAS HOT 5. Mick Jagger comment 2 6. TIE YOU UP (THE PAIN OF LOVE) 7. Mick Jagger comment 3 8. WANNA HOLD YOU
9. Mick Jagger comment 4 10. FEEL ON BABY 11. Commercial Break 12. Mick Jagger comment 5 13. TOO MUCH BLOOD
14. Mick Jagger comment 6 15. PRETTY BEAT UP 16. Mick Jagger comment 7 17. TOO TOUGH 18. Mick Jagger comment 8
19. ALL THE WAY DOWN 20. Mick Jagger comment 9 21. IT MUST BE HELL 22. Commercial Break / Mick Jagger closing comment / Radio Outro
Aired on NBC Radio Network november 30th 1983



ローリング・ストーンズ
UNDERCOVER OF THE NIGHT TOGETHER
WR-495
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


“ザ・ローリング・ストーンズ”1983年の名盤「アンダーカヴァー」のレコーディング・セッションの中からアルバム収録順にベスト・テイクをチョイス、高音質スタジオ・サウンドボード音源で収録した貴重タイトルが登場!

本タイトルは、“ザ・ローリング・ストーンズ”1983年の名盤「アンダーカヴァー」のレコーディング・セッションの中からベスト・テイクを収録した貴重なタイトル。ミックとキースの確執により難航したと言われているレコーディングの末に完成したアルバムは2人の思惑とは裏腹に大ヒットを記録、ミックは失敗作であると発言していましたが、後年、このアルバムからのナンバーがライブで演奏されている事を考えれば、結果的には名盤だったと言えるでしょう!確執の中から生まれた名盤の裏側を垣間見る事が出来る歴史的にも貴重なオススメのコレクターズ・アイテムです!!

SOURCE: EXCELLENT STUDIO SOUNDBOARD RECORDINGS.
Rolling Stones 1983 Album “UNDERCOVER” Recording Sessions.

01. Undercover Of The Night [alternate version] / 02. She Was Hot [alternate version]
03. Tie You Up (The Pain Of Love) [alternate version] / 04. Wanna Hold You [alternate version] / 05. Feel On Baby [extended version]
06. Too Much Blood [alternate dance mix] / 07. Pretty Beat Up [instrumental] / 08. Too Tough [alternate version]
09. All The Way Down [alternate demo version] / 10. It Must Be Hell [alternate version] / 11. Too Much Blood [dance extended version]
12. Undercover Of The Night [12" extended version]



ローリング・ストーンズ
The Story Of The Stones
NE-1201/1202
SBD
2CD
\4,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


まさかのリリース!!ザ・ローリング・ストーンズ!1982年に海外(イギリス)K-Telレーベルよりアナログ2枚組(現在まで未CD化)でリリースされた「THE STORY OF THE STONES」が約30年の時を超えオリジナル・ジャケット、プレスCD2枚組で遂に登場!!

本タイトルは、海外(イギリス)のレーベル、K-TELが1982年にリリースしたストーンズのLPベストを忠実(ジャケット、レーベル)に再現、CD化(全30曲)したファン待望のタイトル!

特にレアなミックスやヴァージョンが収録されている訳ではありませんが、ほとんどの曲がモノ・ミックスで丁寧にまとめられた決定盤。オフィシャル・オリジナル・ベスト盤では味わえない、ならでわの選曲。

初期のヒット曲、有名曲(「(I Can't Get No)Satisfaction」「Time Is On My Side」「Honky Tonk Women」「Jumpin'Jack Flash」「Street Fighting Man」などなど)を完全網羅したコンピレーション・アルバムとしてコレクション価値が十分あるタイトルです!

当然ですが音質は全編最高音質!ハーフ・オフィシャルと言っても過言ではありません!!

DISC ONE
01. (I Can't Get No)Satisfaction / 02. It's All Over Now / 03. Time Is On My Side / 04. Play With Fire / 05. 0ff The Hook / 06. Little Red Rooster / 07. Let It Bleed / 08. Have You Seen Your Mother, Baby. Standing In The Shadow ?/ 09. Paint It Black / 10. The Last Time / 11. We Love You / 12. You Better Move On/ 13. Under My Thumb / 14. Come On / 15. I Just Want To Make Love To You / 16. Honky Tonk Women

DISC TWO
01. Jumpin'Jack Flash / 02. (Get Your Kicks On)Route 66 / 03. I Wanna Be Your Man/ 04. Mother's Little Helper / 05. You Can't Always Get What You Want / 06. Carol / 07. Let's Spend The Night Together / 08. Get Off Of My Cloud / 09. 19th Nervous Breakdown / 10. Not Fade Away / 11. Walking The Dog / 12. Heart Of Stone / 13. Ruby Tuesday / 14. Street Fighting Man



ローリング・ストーンズ
Emotional Rescue Demos
SODD-125
SBD
1CD
\3,500


アルバム「エモーショナル・レスキュー」は、1980年にリリースされ前作「女たち」に引き続き大ヒットした作品。レゲェやダブへの大胆なアプローチから実験的な作品として知られています。

本タイトルは、1979年から行われた同アルバムのレコーディング・セッションの中から出来るだけ音質の良いものをチョイス、未発表曲、オルタネイト・ヴァージョン、ショート・プロモーション・ヴァージョン、ロング・ヴァージョンなど貴重な音源を収録した2011年最新編集盤です!

特に、大胆な未発表レゲェ・ナンバー「Jah Is Not Dead」、次回作「刺青の男」のオープニング・ナンバーとして収録される事となる名曲「Start Me Up」の原型ヴァージョン「Never Stop」はファンならずとも必聴です!

01. Dance
02. Summer Romance
03. We've Had It All
04. Let Me Go (Alternate Early Version)
05. Indian Girl
06. Where The Boys Go
07. Emotional Rescue (Short & Promotion Version)
08. She’s So Cold
09. Jah Is Not Dead
10. I Think I'm Going Mad
11. Never Stop (Start Me Up)
12. Emotional Rescue (Long Version)
13. If I Was A Dancer (Dance Pt. 2)



ローリング・ストーンズ
SESSIONS
Poisonapple-003
SBD
2CD
\2500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


驚きの未発表スタジオ・セッション集!音質もオフィシャル・クラス!ストーンズ・マニアでなくてもマスト・バイ!

最近出回った1979年から1985年までのスタジオ音源で、あまりの音質の良さにスタジオ・エンジニアもマスタリングする必要ないねーとのこと。それくらい音質がいいのです!なので音調整は最小限に押さえピッチの確認、修正をしプレスCD化となりました。「エモーショナル・レスキュー」「アンダーカバー」「ダーティ・ワーク」の未発表セッション、そしてキースのソロ音源までも収録されております!こんな凄い音源を激烈超高音質で聴けるなんて超ヤベーっす!俺的には"ALL I HAVE TO DO IS DREAM""LOVING YOU IS SWEETER THAN EVER"にしびれたっす。あ、でも"KEEP IT COOL"のロング・バージョンはヤババだよね!ストーンズ・ファン必携だよ!マジで!新たなる定番音源の登場です!

(DISC 1)
1. NEIGHBORS 2. LET'S GO STEADY AGAIN 3. TRIED TO TALK HER INTO IT 4. KEEP IT COOL 5. CAN'T FIND LOVE #1 6. CAN'T FIND LOVE #2 7. ELIZA 8. HIGH SCHOOL GIRL 9. STOP THAT 10. ALL I HAVE TO DO IS DREAM (FALSE START)
11. ALL I HAVE TO DO IS DREAM (FULL TAKE) 12. PIANO FRAGMENT 13. INDIAN GIRL 14. EMOTIONAL RESCUE 15. NO USE IN CRYING 16. I THINK I'M GOING MAD 17. WHERE THE BOYS GO 18. SUMMER ROMANCE 19. UNDERCOVER OF THE NIGHT 20. WE HAD IT ALL

(DISC 2)
1. SHE WAS HOT 2. KEEP IT COOL (LONG VERSION) 3. LOVING YOU IS SWETTER THAN EVER 4. TALK IS CHEAP 5. WHAT AM I SUPPOSED TO DO 6. STICK IT WHERE IT HURTS 7. CAN'T CUT THE MUSTARD #1 8. CAN'T CUT THE MUSTARD #2 9. CAN'T CUT THE MUSTARD #3 10. VICTOR HUGO

EMOTIONAL RESCUE SESSION :
COMPASS POINT STUDIOS, NASSAU, BAHAMAS : 1979
PATHE MARCONI STUDIOS, PARIS : 1979

UNDERCOVER SESSION :
PATHE MARCONI STUDIOS, PARIS : 1983
THE HIT FACTORY, NEW YORK, NY : 1982 & 1983

DIRTY WORK SESSIONS :
PATHE MARCONI STUDIOS, PARIS : 1985



ローリング・ストーンズ
Paris Results 2007 Remastered
SODD 032/33
SBD
2CD
\5,700


92年にOutsider Bird Recordsからごく少数リリースされ現在入手困難なレア盤Paris Results Vol.1とVol.2がSODDより最新のリマスターで登場です!

チャーリーワッツが自宅で視聴するためにスタジオのアセテートをカセットに落としたものがマスターと言われている音源を元の音質を損なわない範囲で可能な限りのノイズリダクションを施しリマスターされた本作は15年前のオリジナルとは別物の音質に仕上がっています。

Studio Sessions During 1977 - 1979
Disc 1
01.What Gives You The Right (Take I)
02.Linda Lou
03.Dancing Girls
04.Lonely At The Top
05.So Young (Take I)
06.Some People Tell Me
07.You Win Again
08.Do You Get Enough (Sexy Eye)
09.Do You Think I Really Care
10.Everlasting Is My Love (Take I)
11.I Need You
12.No Spare Parts
13.Muck Spreading Dub
14.Petrol

Disc 2
01.Love You Too Much (Take IV)
02.It's A Lie (Take Ii)
03.Never Make You Cry (Take Ii)
04.What's The Matter
05.Gangster's Moll (Take I)
06.When You're Gone
07.Munich Hilton (Take I)
08.After Hours
09.Shame Shame Shame
10.Slow Blues
11.Armpit Blues
12.Everlasting Is My Love (Take Ii)
13.Everything Is Turning To Gold (Take I)
14.Disco Muzik
15.Still In Love (Take I)



ローリング・ストーンズ
SOME MORE GIRLS
SODD-114
SBD
1CD
\3,600


ザ・ローリング・ストーンズの名盤『SOME GIRLS』究極のアナザー・トラックス集がSODDより登場!!

本タイトルは、1978年にリリースされアメリカで1位、イギリスで2位を記録したストーンズ70年代後半の重要なアルバムであり、1972年の『EXIL ON MAIN ST.』以来のベスト作品と評された『SOME GIRLS』のレコーディング・セッションの中から選りすぐりの別テイク(一部ライブ音源)をチョイスし、オリジナルの曲順(+ロング・ヴァージョン、未発表曲など)で収録した、まさに、裏SOME GIRLS!

外部のミュージシャンを最小限に抑え、ほとんどメンバーだけでレコーディングされたアルバムだけに、その初期ヴァージョンや別テイクとなると、さらに荒々しく生々しいサウンドを聴く事が出来ます。

当時のパンク・ムーブメントに対するストーンズからの回答とも言われるタイトなサウンドは、録音から30年以上経った、今、聴いても鳥肌モノです!アートワークもファースト・プレス盤(諸事情により現在は差し替えられている)をモチーフにしたこだわりの1枚です!!

さらに期間限定で1978年、サタデイ・ナイト・ライブ出演時のリハーサル&本番の映像+音源のボーナス・ディスク付!!

CD
01. Miss You (Long Disco Mix)
02. When The Whip Comes Down
03. Just My Imagination (Live)
04. Some Girls
05. Lies
06. Far A Way Eyes
07. Respectable
08. Before They Make Me Run
09. Beast Of Burden
10. Shatterd
11. Miss You (Original Long Version)
12. Hang Fire
13. Black Limousine
14. What gives you the right
15. Hound Dog (Live in MEMPHIS 1978)



ローリング・ストーンズ
Some Girls Another Tracks!!
Happy Supreme Disc-001
SBD
1CD
\2,750


『Some Girls』の8トラック・カセットからの楽曲を中心としたオルタネート・トラック集(プレス1CD)。

メインとなるのは『Some Girls』の8トラック・カセットから収録された楽曲で、アルバム収録バージョンと12インチバージョンの中間といった趣きの「Miss You」、USプロモシングルにも収録されたショート・バージョンの「Shattered」、エディットされたシングル・バージョンの「Far Away Eyes」、アルバム収録バージョンには存在しないヴァースやミックのヴォーカル・パートを含む「Beast Of Burden」の合計4トラックです。非常に状態の良いカートリッジをソースとしており、経年を全く感じさせないふくよかなサウンドによる収録となっているので、この『Some Girls』8トラック・カセット関連の決定版として大推薦です。後半にはギターソロの長いバージョンの「Fool To Cry」、ロング・バージョンの「Emotional Rescue」、「She Was Hot」、「I Think I’m Going Mad」を追加収録。こちらもノイズ等皆無の大変素晴しい音質による収録となっています。限定プレス盤。

◆"Some Girls" 8-track cartridge master (Rolling Stones Records RSR TP 39108) and more
1. Miss You (5:45)
2. Shattered (2:45)
3. Far Away Eyes (3:44)
4. Beast Of Burden (5:20)
5. Fool To Cry -long guitar solo- (6:08)
6. Emotional Rescue -long version- (6:58)
7. She Was Hot -long version- (6:44)
8. I Think I'm Going Mad -long version- (5:38)



ローリング・ストーンズ
Black And Blue Demos
SODD-126
SBD
1CD
\3,500


アルバム「ブラック・アンド・ブルー」は、1976年、ミック・テイラー脱退後、現在もメンバーとして活躍中のロン・ウッドが初めて参加したアルバム。タイトルからもわかるように、ブラック・ミュージックに強い影響を受けた作品です。

本タイトルは、1975年から行われた同アルバムのレコーディング・セッションの中から出来るだけ音質の良いものをチョイス、デモ・ヴァージョン、インスト・ヴァージョン、ショート・ヴァージョン、ロング・ギター・ヴァージョンなど貴重な音源を収録した2011年最新編集盤です!今となっては、あまり耳にする事が無くなったショート・ヴァージョンが多数収録されているあたりは必聴です!

オフィシャルと聴き比べると凝縮された曲群の生の良さが手に取るようにわかる永久保存盤!!

01. Hot Stuff
02. Hand Of Fate
03. Cherry Oh Baby
04. Memory Motel
05. Hey Neglita
06. Melody
07. Fool To Cry
08. Crazy Mama
09. Hot Stuff (Short Version)
10. Fool To Cry (Short Version)
11. Crazy Mama (Short Version)
12. Fool To Cry (Long Guitar Version)



ローリング・ストーンズ&ジェフ・ベック
Black And Blue Rehearsals
GP-1202CD1/2/3/4
4CD
\6,800


ローリング・ストーンズ注目の新発掘音源がまたもや登場!

70年代の傑作アルバムとして人気の高い『ブラック・アンド・ブルー』制作時期の貴重なリハーサル・セッション音源がCD4枚組のヴォリュームによる完全版としてのリリースで歴史的共演となったジェフ・ベックとの貴重なセッション含む大推薦のコレクターズ・エディションです!!

75年1月から2月にかけてオランダ・ロッテルダムで繰り広げられたこのスタジオ・リハーサルはミック・テイラーの脱退そしてロニー・ウッド加入前となる新ギタリストを模索していた時期でジェフ・ベックがセッションに参加していたことは知られていますがここではそのジェフ・ベックがストーンズに加わった歴史的セッション音源をすべて収録。

当時ギター・インストによる傑作『ブロウ・バイ・ブロウ』で新たに注目されていたジェフ・ベックそしてツアーでも大活躍するビリー・プレストンの参加によるストーンズとのジャム・セッションは未完成ながらも興味深い演奏の数々が収録されておりアルバム『ブラック・アンド・ブルー』に反映されるヘヴィでファンキーな要素やレゲエ、ジャズ・フュージョンといったヴァリエーションに富んだ多彩なサウンドが聞かれます。
ジェフ・ベックは自らの「フリーウェイ・ジャム」を披露したりブルースを弾きまくる等ストーンズ・ファンのみならずベック・コレクターも注目すべき演奏が捉えられており今となっては貴重な記録として見逃せないでしょう。

現地モービル・スタジオ周辺で数日間に渡りダイレクトにマイク録音した音源は多少の音質差がありますが概ね良好クオリティで捉えられており直接ミックやチャーリーにインタビューもしています。これまでにも部分的に出回っていましたが今回はCD4枚組のヴォリュームで初登場パートを含むコンプリート・バージョンでの登場でアルバム『ブラック・アンド・ブルー』の製作過程ドキュメトとしても価値ある注目のセッション音源です。

DISC ONE  
01. Slow Jam (keef riff)
02. Slow Blues
03. Slow Jam
04. 12-Bar Blues
05. Rock Rhythm #1 (with Jeff Beck)
06. Rock Rhythm #2 (with Jeff Beck)
07. English Rose (vocals longer version)
08. Man Eating Woman (vocals)
09. Funky Jam
10. Slow Blues
11. Boogie Jam #1
12. Boogie Jam #2
13. Boogie Jam #3
14. Boogie Jam #4
15. Jamming With Jeff Beck
16. I Love Ledies (try out)
17. Outside The Studio - Mick and Charlie Interview

DISC TWO  
01. Warm Up Jam
02. Worried About You #1
03. Worried About You #2 (rock rhythm)
04. Slow Ballad
05. Funky Stuff #1
06. Funky Stuff #2
07. Freeway Jam #1 (with Jeff Beck)
08. Worried About You
09. Freeway Jam #2 (with Jeff Beck)
10. Freeway Jam #3 (with Jeff Beck)
11. Rock Rhythm
12. English Rose (vocals)
13. Man Eating Woman (vocals)
14. Funky Jam (vocals)
15. Slow Blues (vocals)
16. Wind Call #1 (playback)
17. Waiting On A Friend (playback)
18. Save Me (playback)
19. Wind Call #2 (playback)
20. Wind Call #3 (playback)
21. Tops (playback)

DISC THREE
01. Crazy Mama (playback)
02. Crazy Mama (playback - instrumental)
03. I Got A Letter (playback - vocal overdub)
04. Cherry Oh Baby (playback - vocal overdub)
05. Act Together (playback)
06. Act Together (playback - guitar overdub)
07. Fool To Cry (playback with vocal)
08. Melody (longer version - demo vocal)
09. Boogie Jam (hardly audible vocal)
10. Vagina (Slave) #1
11. Slow Riff
12. Long Jam
13. Slow Ballad
14. Jamming With Jeff Beck
15. Freeway Jam (with Jeff Beck)
16. Shame Shame Shame
17. Vagina (Slave) #2
18. Boogie Jam #1
19. Boogie Jam #2
20. Boogie Jam #3

DISC FOUR
01. Monkey Man (riff)
02. Vagina (Slave) #1 (guitar only)
03. Vagina (Slave) #2 (run through different beat)
04. Vagina (Slave) #3 (run through different beat)
05. Vagina (Slave) #4 (guitars only)
06. Vagina (Slave) #5 (run through different beat)
07. Vagina (Slave) #6 (run through different beat)
08. Vagina (Slave) #7
09. Vagina (Slave) #8
10. Vagina (Slave) #9
11. Funky Riff #1
12. Funky Riff #2
13. Funky Riff #3
14. Slow Blues #1
15. Slow Blues #2
16. Funky Stuff /
17. Vagina (Slave) #10
18. Boogie Jam
19. 12-Bar Blues #1
20. 12-Bar Blues #2
21. 12-Bar Blues #3
22. Funky Rhythm
23. More Funky Rhythm
24. Blues With Jeff Beck (12-Bar Blues)



ローリング・ストーンズ
GOATS HEAD ROCK’N’ROLL !
SODD-130
SBD
1CD
\3,600


ミック・テイラー期、1973年の名盤「山羊の頭のスープ」とテイラー最後の参加アルバムとなった1974年「イッツ・オンリー・ロックンロール」の貴重なレア音源を収録した2011年型定番アイテムがストーンズ専門”SODD”レーベルより遂に登場!!

SODDレーベル最新作は、1973年の名盤「山羊の頭のスープ」1974年の「イッツ・オンリー・ロックンロール」のレコーディング・セッションの中から出来るだけ音質の良いレア・テイク(オルタネイト・ミックス、ラフ・ミックス、アセテイト・ヴァージョンなどなど)をチョイスし、オリジナル・アルバムの曲順通りに収録した最新コレクターズ・アイテム!

説明するまでもなく名曲揃いの2アルバムだけに、オフィシャル・テイクとは一線を画すネイキッドなレア・テイクは、必聴間違いなしです。もちろん、ストーンズ初心者の方にも持っていて損なし!十分納得の1枚です!

CD
<GOATS HEAD SOUP (1972-1973)>
01. Dancing With Mr. D [Acetates]
02. 100 Years Ago [Alternate Mix]
03. Doo Doo Doo Doo Doo (Heartbreaker) [Acetates]
04. Angie [Rough Mix]
05. Silver Train [Alternate Mix]
06. Hide Your Love [Alternate Mix]
07. Winter [Alternate Mix]
08. Star Star [Acetates]

<IT'S ONLY ROCK'N'ROLL (1973-1974)>
09. If You Can't Rock Me [Alternate Mix]
10. Ain't Too Proud To Beg [Alternate Mix]
11. It's Only Rock 'n' Roll [Rough Mix]
12. Till The Next Goodbye [Alternate Mix]
13. Time Waits For No One [Long Version]
14. Luxury [Part 2]
15. Dance Little Sister [Alternate Mix]
16. Short And Curlies [Acetates]
17. Fingerprint File [Alternate Mix]



ローリング・ストーンズ
Exile On Main.St Chronology
GOLDPLATE
SBD
2CD
\4,600


ストーンズ注目の新発掘音源が登場!

70年代最高傑作として人気の高いアルバム『メイン・ストリートのならず者』のセッション音源を時系列にまとめたコンピレーションで69年から72年のアルバム発表に至るストーンズ絶頂期のレコーディング・ドキュメントとなってます。

なんといっても注目なのは71年フランス・ネルコートでのセッション音源が6曲初登場!2010年オフィシャル・リイシューにも含まれなかった貴重な発掘音源としてこれは見逃せません!

さらにこれまで様々な形でリリースされてきたセッション音源についても過去最長あるいは最高クオリティの音源ばかりをほぼ年代順に新たにリマスター編集しており傑作アルバム『メイン・ストリートのならず者』2011年最新コレクターズ・エディションとして大推薦の必聴タイトルです!!


70年代ストーンズ絶頂期として人気が高いこの時期のスタジオ音源はこれまでにも数多くの”エグザイル関連音源”としてリリースされてきましたが2010年オフィシャル・リイシューでボックスセットも登場し新曲シングルもリリースされ話題となってから約1年、これまで未発表のセッション音源が新たに発掘されました。

ニッキー・ホプキンス・アーカイブとして発掘されたこれらの音源は71年フランス・ネルコートでのセッションからのもので「ロックス・オフ」「オール・ダウン・ザ・ライン」「リップ・ディス・ジョイント」等はバッキング・トラックを中心にしたラフミックスさらに未完成の興味深い未発表インストゥルメンタルもありいずれもリイシュー・ボックスにも未収録のセッション音源6曲が初登場です!

過去に出回った”エグザイル関連音源”は本格的なアルバム制作のために71年フランス・ネルコートで集中的に行われたセッション以外にも古くは69年からの未発表曲やデモ音源等も含まれていたので数多くの編集盤を生み出してきましたが今回レコーディング・データを元にそうした音源も年代順に収録しアルバム完成に至るまでの足跡を辿るドキュメント記録として再現しておりここまで本格的にまとめられたコンピレーションとしても初登場となる充実した内容です。

過去にバラバラに出回っていた音源や編集カット、音質劣化していた音源等も新たにロウジェネ・マスターからの編集や修復作業を施した最新リマスタリングによるベスト音源が集められており”エグザイル関連音源”はこのコンピレーションでほぼ完全網羅されてます。

未発表のアルバム・テーマ曲「エグザイル・オン・メインストリート・ブルース」をイントロとエンディングにはさんで未発表アウトテイクスやセッション音源さらにはモノ・シングルやプロモ・ミックスに至るまで新発掘音源を含め数多く出回っていたセッション音源をわかりやすく年代順に整理しいずれも最高クオリティでの音源で収録した2011年最新コレクターズ・エディション!これぞ”エグザイル音源”の決定版です!!

The History Of Recording Sessions 1969-1972

DISC ONE
1. Introduction:Exile On Main St. Blues / 2. Loving Cup / 3. Jiving Sister Fanny 4. Get A Line On You (Shine A Light)
October 1969: Olympic Sound Studios, London, England Leon Russell Recording Sessions

5. All Down The Line (Acoustic Demo) / 6. I Don't Know The Reason Why (Hillside Blues)
October 17th/26th 1969: Sunset Sound Studios, Los Angeles, CA,USA & October 28th/December 2nd 1969:Elektra Studios, Los Angeles, CA, USA

7. Dancing In The Light / 8. Who Am I?
March 14th/May 1970:Olympic Sound Studios, London, England & Mick's House with Mobile, Stargroves, Newbury, England

9. I'm Going Down / 10. Leather Jacket / 11. All Down The Line (Electric Demo) 12. Shine A Light
June 16th/July 27th 1970:Olympic Sound Studios, London, England

13. Travelling Man / 14. Aladdin Story (So Divine) 15. Potted Shrimps / 16. Bent Green Needles (Sweet Black Angel) / 17. Sweet Virginia / 18. Good Time Woman (Tumbling Dice)
October 17th/31st 1970:Olympic Sound Studios, London, England & Mick's House with Mobile, Stargroves, Newbury, England

DISC TWO
1. Stop Breaking Down / 2. Shake Your Hips
October 17th/31st 1970:Olympic Sound Studios, London, England & Mick's House with Mobile, Stargroves, Newbury, England

3. Ain't Gonna Lie (I'm Not Signifying) / 4. Rocks Off / 5. All Down The Line 6. Nellcote Instrumental / 7. Ventilator Blues / 8. Rip This Joint / 9. Ain't Gonna Lie (I'm Not Signifying) II / 10. Soul Survivor / 11. Let It Loose
July 10th/Late 1971&October 14th/November 23rd 1971:Keith's House with Mobile, Nellcote, Villefranche-sur-mer, France

12. All Down The Line (stereo remix)
December 04th/19th 1971:Sunset Sound Studio, Los Angeles, USA

13. Exile On Main St. Blues (full length version) / 14. I Don't Care
March 28th 1972:Sunset Sound Studio, Los Angeles, USA

15. Tumbling Dice (single mono mix) / 16. All Down The Line (single mono mix) / 17. Plundered My Soul (radio mix)18. Exile On Main St. Blues (radio promo)



ローリング・ストーンズ
EXILE ON MAIN ST. BLUES
SODD-111
SBD+PRO-SHOT
1CD+2DVD
\7,200


ローリング・ストーンズの名盤「EXILE ON MAIN ST. -DELUX EDITION-」の発売を記念してSODDレーベルよりナイス・タイミングの究極のタイトル「EXILE ON MAIN ST. BLUES」(なんと1CD+2DVD+bonus1DVDR仕様)が登場!

本タイトルは、名盤「EXILE ON MAIN ST.」制作時のアウト・テイク、別テイク、未発表テイク、リハーサル音源(ツアー)などなど、音質、クオリティーの良い音源だけを集めたプレスCD1枚にオフィシャルDELUX EDITIONのDVDではダイジェストでしか収録されていない「COCKSUCKER BLUES」と「LADIES AND GENTLEMEN」の全長版を完全収録したプレスDVD2枚の超豪華ANOTHER DELUX EDITION!

ファンならずとも、至れり尽くせり、待望のリリースです。オフィシャル「EXILE ON MAIN ST. -DELUX EDITION-」と対をなす、このタイトルがあれば、名盤「EXILE ON MAIN ST.」が丸わかりな上、オフィシャルを完璧にフォロー出来ること間違いなし!

CDに収録されている楽曲は、素晴らしいのはもちろん、オフィシャルにはない生のサウンドが目白押し。いくつもの新たな発見があります(あなたの耳で確かめてください)。

さらに高画質、高音質でお届けする「COCKSUCKER BLUES」と「LADIES AND GENTLEMEN」の全長版映像は必見、永久保存盤!

ローリング・ストーンズの歴史的名盤「EXILE ON MAIN ST.」の世界を余すところなく収めた今までにない素晴らしいタイトルです!超オススメ!

CD
01. Exile On Main Street Blues
02. Shake Your Hips
03. Good Time Woman
04. Sweet Virginia
05. Torn And Frayed(Blues)
06. Sweet Black Angel
07. Loving Cup
08. Ventilator Blues #1
09. Let It Loose #5
10. All Down The Line(U.S. single first version)
11. Stop Breaking Down
12. Shine A Light
13. Ain't Gonna Lie
14. Jiving Sister Fanny
15. I'm Going Down
16. I Ain't Signifying
17. Gimme A Humburger
18. Potted Shrimp
19. Gimmie Shelter Jam

DVD:1 COCKSUCKER BLUES
DVD:2 LADIES AND GENTLEMEN

bonus DVDR
Theatre Rialto(Montreux/Switzerland) May 17-21,1972.
Reherasal Sessions Recorded By German TV.



ローリング・ストーンズ
Exile On Main Street Outtakes
SODD
SBD
1CD
\3,400


最高傑作アルバムに挙げる人も少なくない72年リリースの『Exile On Main Street(メイン・ストリートのならず者)』のアウトテイク集がSODDより登場!!!

「Tumbling Dice」の原曲「Good Time Woman」未発表曲「I Ain't Signifying」のほか、アルバム・ヴァージョンよりラフなミックスで楽しめる「Shake Your Hips」「Sweet Virginia」「Stop Breaking Down」「Shine A Light」などなど聞き所満載のアイテムとなっております。音質に関してもMidnight Beatレーベルの有名アウトテイク集『Acetates』『Static In The Attic』に匹敵する高音質。

今回、SODD初となる美麗ピクチャー・ディスクを採用し、ジャケットのアートワークにも今まで以上にこだわりました!!!貴方の『Exile On Main Street』の隣に置いて頂けるアイテムを目指しました!!是非お見逃しなく!!!

01 Get A Line On You 02 Good Time Woman 03 Shake Your Hips 04 Hillside Blues 05 Sweet Virginia 06 Bent Green Needles 07 Loving Cup 08 Ventilator Blues 09 I Ain't Signifying 10 Let It Loose 11 All Down The Line 12 Travelin' Man 13 Stop Breaking Down 14 Shine A Light 15 I'm Going Down



ローリング・ストーンズ
EXILE ON ROLLING ST.
WR-448
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


“ザ・ローリング・ストーンズ”1972年の超名盤「EXILE ON MAIN ST.」に収録されている楽曲のライブ、オルタネイト・ヴァージョン、リハーサルなどなどをコンピレーションした至福のタイトルが高音質サウンドボード音源(2枚組)で登場です!

本タイトルは、40年以上経った今もなお名盤として語り継がれている「メインストリートのならず者」のレア音源をコンピレーションした最新盤!ストーンズの歴史の中で重要な位置でありテイラー期の名盤としても有名な言わずと知れた名盤をフォローする究極の2枚組!ストーンズ・ファンならずとも、全ロック・ファン必聴の「メインストリートのならず者」2013年最新型コレクターズ・アイテムです!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Rolling Stones Album”Exile On Main St.”Rare (Live, Alternate Version, Rehearsal & more) Tracks Compilation.

DISC ONE
01. Rocks Off (Live) / 02. Rip This Joint (Live) / 03. Shake Your Hips (Alternate) / 04. Travelin' Man / 05. Tumbling Dice (Live)
06. Sweet Virginia (Alternate) / 07. Torn & Frayed (Live) / 08. Sweet Black Angel (Instrumental) / 09. Loving Cup (Alternate)
10. Happy (Live) / 11. I Aint Lying / 12. Ventilator Blues (Rehearsal) / 13. Hillside Blues / 14. Let It Loose (Instrumental)
15. Stop Breaking Down (Alternate) / 16. Shine A Light (Alternate) / 17. I'm Going Down (Alternate)

DISC TWO
01. Rocks Off (Live2) / 02. Rip This Joint (Live2) / 03. Shake Your Hips (Rehersal) / 04. Good Time Women / 05. Sweet Virginia (Live)
06. Loving Cup (Original) / 07. Happy (Live2) / 08. Let It Loose (Rehersal) / 09. All Down The Line (Live) / 10. Get A Line On You
11. All Down The Line (New Stereo) / 12. Exile On Main Street Blues



ローリング・ストーンズ
STICKY FINGERS-ALTERNATES-
SODD-106
SBD
1CD
\3,500


言わずと知れたローリング・ストーンズの名盤!「STICKY FINGERS」の別バージョン、別ミックス、初期ミックス、MONOバージョンなどなどを貴重な音源でまとめた究極のタイトルがSODDより遂に登場!!

「STICKY FINGERS」はストーンズ自ら設立したローリング・ストーンズ・レコード第一弾として1971年にリリースされました。この頃よりミック・テイラーがフルで参加しております。本タイトル収録曲の大半は1970年の夏から秋にかけて、イギリス、スターグローヴスのミック・ジャガーの自宅に持ち込まれたモービル・スタジオなどで録音され、次作『メインストリートのならず者』に収録された曲の初期バージョンもこのレコーディング・セッションで何曲か録音されています(14~16曲目)。名曲「BROWN SUGAR」を3バージョン、イギリス盤シングル「BROWN SUGAR」のB面に収録されていた「LET IT ROCK」(リーズ大学でのライブ音源)のモノ・ヴァージョン、ライブ・アルバム「Get Yer Ya Ya's Out」のアウト・テイク「Satisfaction」など聴き所満載の永久保存盤です!

1曲目から10曲目まではオリジナルと同じ曲順で収録されていますので、聴き比べてみるのもいいかも?!こだわりのアート・ワークも必見です。

01.Brown Sugar (Early-Vocal)
02. Sway (Recorded in Stargroves Studios in Newbury)
03. Wild Horses
(Alternate version from February 1970's session at Olympic Studios)
04. Can't You Hear Me Knocking (Another mix)
05. You Gotta Move (1970 and finally made it onto Sticky Fingers in 1971)
06. Bitch (Mono-Mix)
07. I Got The Blues (Mono-Monitor-Mix)
08. Sister Morphine (Basic-Stereo-Mix)
09. Dead Flowers (Another mix)
10. Moonlight Mile (Another mix)
11. Cocksucker Blues (Originates from the mid-seventies)
12. Let It Rock (Live at Leeds 7” Original mono mix)
13. Satisfaction
(Rare live outtake from the legendary Get Yer Ya Ya's Out live album from 1970)
14. Good Time Woman (A/K/A “Tumblin' Dice” Early-Version)
15. Silver Train (Early-Version)
16. All Down The Line (Early-Rehearsal)
17. Brown Sugar (Alternate-Mix)
18. Brown Sugar (Mono-Single-Mix)



ローリング・ストーンズ
Sticky Fingers The Originals
WR-162
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


結成50周年”ザ・ローリング・ストーンズ”1971年の名盤「STICKY FINGERS」のスタジオ・アウトテイク、デモ、オルタネイト・ヴァージョン、モノ・ミックスなどを高音質スタジオ・サウンドボード・リマスター音源で収録したタイトルが登場!

ミック・テイラー、フル参加、名曲「BROWN SUGAR」がオープニングを飾る記念すべきザ・ローリング・ストーンズ・レコード第1弾!超名盤「STICKY FINGERS」の2012年版、通称ザ・オリジナルが登場!
全曲、名曲揃いのアルバムだけに、その各曲の別ヴァージョンで構成された本タイトルは聴き応え満点!しかも既発のタイトルとは一線を画す高音質リマスター音源を使用したファンならずとも必聴のコレクターズ・アイテムです!
いよいよ始動したザ・ローリング・ストーンズの歴史の中で絶対に避けては通れない名盤の真髄に迫る至福の1枚!!

Source: Excelent Studio Soundboard Recordings.
Sticky Fingers Sessions - Studio outakes, demos and alternates.

01. Brown Sugar (Eric Clapton mix)
02. Sway (single mix)
03. Wild Horses (pedal steel mix)
04. Can’t you hear me knocking (mono mix)
05. You Gotta Move (alternate mix)
06. Bitch (mono mix)
07. I got the Blues (mono mix)
08. Sister Morphine (alternate mix)
09. Dead Flowers (alternate mix)
10. Moonlight Mile (mono mix)
11. Let It Rock (mono mix)
12. Cocksucker Blues (unreleased)
13. Brown Sugar (alternate mix)
14. Wild Horses (alternate mix)
15. Sister Morphine (mono mix)
16. Potted Shrimp (unreleased instrumental)



ローリング・ストーンズ
GET YER YA-YA’S IN!
SODD-109
SBD
1CD
\3,200


本当の「GET YER YA-YA’S OUT」がSODDより遂に登場です!!ROLLING STONES、1970年リリースのライブ・アルバム「GET YER YA-YA’S OUT」。40周年記念のリマスター発売などで盛り上がっていますが、そのプロト・タイプ・ミックスが聴けることで有名なアップル・アセテートのロー・ノイズ・ヴァージョンがSODDより遂に登場です!!

オフィシャルと聴き比べると一目瞭然、編集、修正がほとんど成されていない、そのままのストーンズ。オーヴァー・ダビングされたギター・ソロなど、細かな部分までオフィシャル・リリース・ヴァージョンとは明らかに違う1969年の生なストーンズが明かされる究極の1枚です!!

さらには、このツアー(アルバム)の前後にレコーディングされた未発表曲、別テイクを高音質で7曲収録と充実の内容です。これを聴かずして「GET YER~」は語れない!!永久保存盤。

01. Jumpin' Jack Flash
02. Carol
03. Stray Cat Blues
04. Love In Vain 05.
Midnight Rambler
06. Sympathy For The Devil
07. Live With Me
08. Little Queenie
09. Honky Tonk Women
10. Street Fighting Man

BONUS TRACKS :
11. You Got The Silver [Mick on Vocals 1968]
12. No Expectations [another track 1968]
13. Love In Vain [New York 1969]
14. Country Honk [another tracks]
15. Stray Cat Blues [another tracks]
16. I Don't Know Why (I Love You, Baby)
17. Honky Tonk Woman [another tracks]



ローリング・ストーンズ
Let It Bleed...And If You Want It
MPP001-1/2
SBD+PRO-SHOT
1CD+1DVD
\5,900


ロック名盤アルバムを貴重な音源と映像でマニアックに追求するコレクターズ・エディション”マスターピース・プレミアム”シリーズ第1弾として『ザ・ローリング・ストーンズ/レット・イット・ブリード』が登場!

1969年に発表され数あるストーンズ作品群の中でも歴史的名盤として名高いアルバム『レット・イット・ブリード』に関するオルタネイト音源、スタジオ・アウトテイクやリミックス等のレア音源さらに同時期のTVライブ映像や珍しいフィルム映像等をDVD&CDで多角的に再認識するコレクターズ・エディション!
ストーンズ・ファンのみならずロック・ファン必聴の歴史的名盤を様々なフォーマットと貴重なマテリアルでまとめたコレクター注目のリリースです!!

DVDにはアルバム全曲をオルタネイト音源で聴き比べるオーディオ・セクションと貴重な映像クリップをまとめたビデオ・セクションが収録されています。

オーディオ・セクションでは最新リマスターによる5.1サラウンド音源とボーカルをオフにしたバックトラック音源およびオリジナルMONOバージョンの3フォーマット音源を収録しておりDVDオーディオ企画同様映像抜きでそれぞれのバージョンを聴き比べられる内容となってます。
通常のステレオ音源以上に迫力と臨場感溢れるマルチトラック5.1サラウンド、楽器パートがリアルに浮き彫りにされた初登場のバックトラック音源はステレオ・フォーマットで収録。
さらにオリジナル・アナログからの貴重なMONOマスター音源も通常とは違うダイレクトなサウンドで迫ります。ビデオ・セクションでは69年のTVショウやニュース映像、ライブ・フィルム等を収録。

BBC再放送の高画質クオリティによる「ギミー・シェルター」「ホンキー・トンク・ウィメン」や「無情の世界」、69年制作のカルトなイタリア映画からミックとキースの貴重映像さらにこの時期に珍しいバラエティ番組”ミュージック・シーン”やドイツTV”ビート・クラブ”による
ハイドパークのニュース映像そして69年12月ロンドン・サヴィル・シアター公演を8mmカラーフィルムで収録した貴重なライブ映像も必見です。

CDにはアルバム『レット・イット・ブリード』制作時期である69年2月からのロンドン・オリンピック・スタジオとLAサンセット・スタジオでのスタジオ・アウトテイクスやバージョン違い等のレア音源を収録。また追加でTVスタジオ・ライブ音源やシングル・バージョン、リミックス音源も収録されています。このように貴重な音源と映像でアルバムをマニアックに追求するアイテムとして69年ストーンズの名盤『レット・イット・ブリード』を様々なマテリアルで楽しめるストーンズ・ファンから音源コレクターの方まで大推薦のコレクターズ・エディションです。

[DVDフォーマット詳細] 
DVDは通常のDVDビデオ映像フォーマットになっており通常のDVDプレーヤーやPCのビデオ再生で視聴可能です。オーディオ・セクションに関してはDVDオーディオ同様に静止画像で音源を聞き比べる企画内容ながらDVDオーディオ専用機でなくてもサラウンド音源を再生できるようになっており、またマルチ・チャンネルを再生できない環境でも自動的に5.1からステレオとしてダウンミックス再生で聴くことが可能です。ビデオ・セクションは動画映像のオリジナル音声のみでマルチ音源ではありません。またライブ・フィルム「CAROL」では元から音声が部分的に途切れており無音パートが一部あります。予め御了承ください。


DVD ORIGINAL ALBUM TRACKS 5.1 SURROUND SOUND AND BACKTRACKS
1. Gimme Shelter / 02. Love In Vain / 03. Country Honk / 04. Live With Me / 05. Let It Bleed / 06. Midnight Rambler 07. You Got The Silver / 08. Monkey Man / 09. You Can't Always Get What You Want

ORIGINAL MONO RECORDINGS
01. Gimme Shelter / 02. Love In Vain / 03. Country Honk / 04. Live With Me / 05. Let It Bleed 06. Midnight Rambler / 07. You Got The Silver / 08. Monkey Man / 09. You Can't Always Get What You Want

VIDEO SECTION
01. Gimme Shelter (pop go the sixties) / 02. Honky Tonk Women (top of the pops) 03. You Can't Always Get What You Want (david frost show) / 04. Street Fighting Man (from the movie"umano non umano") / 05. Keith Plays Moog (from the movie"umano non umano") / 06. Music Scene 1969 / 07. Beat Club News 08. Jumpin' Jack Flash (live at saville theatre 12th december 1969) / 09. Carol (live at saville theatre 12th december 1969) 10. (I Can't Get No) Satisfaction (live at saville theatre 12th december 1969)


CD
01. Gimmie Shelter (alternate version) / 02. You Got The Silver (alternate version) / 03. I'm A Country Boy / 04. Downtown Suzie / 05. Jiving Sister Fanny / 06. I Don't Know The Reason Why / 07. Honky Tonk Women (alternate version) 08. Country Honk (alternate version) / 09. Loving Cup (early take) / 10. Trident Jam / 11. Gimmie Shelter (keith vocal version) recording sessions at olympic studios, london, UK february/july 1969 and sunset sound studios, los angeles, CA.USA october 1969 12. Love In Vain (ed sullivan show) / 13. You Cant Always Get What You Want (david frost show) / 14. Gimme Shelter (pop go the sixties) 15. Honky Tonk Women (top of the pops) /16. You Cant Always Get What You Want (single mono version) 17. Gimme Shelter (vocal tracks) / 18. Gimme Shelter (extended remix version)




ローリング・ストーンズ
Trident Mixes Acetates Raw Master
MDNA-13059
1CD-R
\2,900


ファンには御馴染み通称「Trident Mixes(Demos)」を、最良の状態のマスターより最小限のノイズ処理のみで収録した鮮度抜群の音源が入荷。

60年代末から70年代初頭、「ベガーズ・バンケット」、「レット・イット・ブリード」、「スティッキー・フィンガーズ」、「メイン・ストリートのならず者」期のスタジオ・アウトテイク集としてアナログ・ブート時代から幾度と無くリリースされてきた定番音源。本作は間違いなくその一つの決定版と断言出来るもので、ダイレクトかつレンジの広い素晴らしい音質をお楽しみいただけます。

01. Jiving Sister Fanny 02. I'm Going Down 03. I Don't Know Why 04. Give Me A Hamburger 05. Downtown Suzie 06. Blood Red Wine 07. Travelin' Man 08. Family 09. Still A Fool 10. Family (retake) 11. Leather Jacket 12. Dancing In The Light 13. Potted Shrimp 14. Aladdin Story 15. And I Was A Country Boy 16. Who Am I? 17. Trident Jam



ローリング・ストーンズ
Let It Bleed Sessions
MF-40/41
SBD
2CD
\7,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)


ストーンズ専門レーベルとして新旧の厳選したマテリアルをリリースしているMayflowerレーベルより、60年代のスタジオ・セッションがシリーズ化されます。今回はアルバム「レット・イット・ブリード」のアウトテイクを網羅したタイトルになります。 このシリーズの特長として、アルバム収録順ではなく、あくまで史実に即してレコーディング順に収録されている点が挙げられます。本作は1969年2月から9月にかけてロンドンのオリンピックスタジオと、ロサンゼルスはハリウッドにおけるレコーディングを収録。現在ではストーンズ・クラシックとしてステージでほぼ毎回演奏されている「Gimme Shelter」や「無情の世界」など名曲のアウトテイクが存分に楽しめます。 ストーンズのスタジオ・セッション・シリーズは、名盤「Let It Bleed」のセッション音源をディスク2枚に渡って網羅した決定盤です。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。 日本語帯付。

DISC ONE
LONDON, OLYMPIC SOUND Studios - 10th February to 31th March 1969 01 You Got The Silver II (MJ/KR) - 16/02/69 - (MJ Vocals) 02 Gimme Shelter I (MJ/KR) - 23 to 25/02/69 - (KR Vocals) 03 Honky Tonk Women I (MJ/KR) - 9 and/or 16/03/69 04 Gimme Shelter II (MJ/KR) - 15/03/69 05 You Can’ Always Get What You Want III (MJ/KR) - 15/03/69 - (w/0 Choir intro) 06 Sister Morphine II (MJ/KR/Marianne Faithfull) - 22/03/69 - (w/o piano) 07 And I Was A Country Boy (MJ/KR) - 23/03/69 - (Instrumental) 08 Sister Morphine III (MJ/KR/Marianne Faithfull) - 28 or 30/03/69 - (Early mix) LONDON, OLYMPIC SOUND Studios - 23rd April 1969 09 Downtown Suzie II (aka Sweet Lucy) (BW) - 23/04/69 - (Released on Metamorphosis) 10 The Boudoir Stomp (CW/Nicky Hopkins/Ry Cooder) - 23/04/69 11 It Hurts Me Too (Pledging my time) (Hudson Whittaker) - 23/04/69 12 Edward’s Thrump Up (CW/Nicky Hopkins/Ry Cooder) - 23/04/69 - (Instrumental) 13 Blow With Ry (CW/Nicky Hopkins/Ry Cooder) - 23/04/69 14 Interlude A La Hopo (CW/Nicky Hopkins/Ry Cooder) / The Loveliest Night Of The Year (Juventino Rosas) - 23/04/69 15 Highland Fling (CW/Nicky Hopkins/Ry Cooder) - 23/04/69 LONDON, OLYMPIC SOUND Studios - 17th April to 2nd July 1969 16 Country Honk I (MJ/KR) - 12/05/69 (w/o fiddle)

DISC TWO
LONDON, OLYMPIC SOUND Studios - 17th April to 2nd July 1969  01 Loving Cup II (MJ/KR) - (Full length) 02 Jiving Sister Fanny I (MJ/KR) - (Early mix) 03 Jiving Sister Fanny III (MJ/KR) - (Realeasde on Metamorphosis) 04 I Don’t Know Why I Love You I (Wonder/Riser/Hunter/Hardaway) - 30/06/69 (Early edited mix w/o brass) 05 I Don’t Know Why I Love You II (Wonder/Riser/Hunter/Hardaway) - 30/06/69 (Released on Metamorphosis) LOS ANGELES, HOLLYWOOD, SUNSET SOUND Studios - 17th to 26th October 1969  LOS ANGELES, HOLLYWOOD, ELEKTRA Studios - 18th October to 2nd November 1969
06 All Down The Line I (MJ/KR) - (Acoustic)  07 I’m Going Down II (MJ/KR) - (Full length)  08 Hillside Blues (aka I don’t know the reason why) (MJ/KR)  09 Gimme Shelter (1st Guitar track + some percussions) (MJ/KR)  10 Gimme Shelter (2nd Guitar track) (MJ/KR)  11 Gimme Shelter (Bass track) (MJ/KR)  12 Gimme Shelter (Percussion track) (MJ/KR)  13 Gimme Shelter (Piano-Guitar-Mouth organ track) (MJ/KR)  14 Gimme Shelter (Vocal track) (MJ/KR)  15 Gimme Shelter (MJ/KR) - (Backing Track - OutFake) LOS ANGELES, HOLLYWOOD, RCA Studios - 7th to 25th July 1968 (backing track)  16 Sister Morphine by Marianne Faithfull (MJ/KR/ Marianne Faithfull) (Released on 21/02/69) MIDDLESEX, TWICKENHAM Studios - September (or later) 1969
17 The Wild Colonial Boy (Trad, Arr: Shel Silverstein) - (Released on Ned Kelly Sountrack 24/06/70)



ローリング・ストーンズ
Beggars Banquet Sessions
MF-42/43/44
SBD
3CD
\7,800
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ストーンズ専門レーベルとして新旧の厳選したマテリアルをリリースしているMayflowerレーベルより、60年代のスタジオ・セッションがシリーズ化されます。まずその第一弾として選ばれたのは名盤「ベガーズバンケット」のアウトテイクを網羅したタイトルになります。

このシリーズの特長として、アルバム収録順ではなく、あくまで史実に即してレコーディング順に収録されている点が挙げられます。本作は1968年3月から4月にかけてロンドンのオリンピックスタジオにおけるレコーディングから収録。最初は延々と「Jigsaw Puzzle」のセッションが続きます。実にテイク1からテイク14まで収録されており、楽曲の制作過程が伺える貴重な録音。「Child Of The Moon」のアコースティックによるインストテイクは、印象的なピアノがライトから聴こえ、さらにミックのヴォーカルがかすかに聞こえるというもの。「Pay Their Dues」は「Street Fighting Man」のプロトテイクで、メロディやリフはまんまなのですが、歌詞が全く異なり、リリーステイクに慣れた耳にはいくぶん収まりの悪い印象を受けます。1968年4月20日には「Jumping Jack Flash」のプロモフィルムが撮影され、5月に入るとさらにアルバムのためのセッションが再開されます。「No Expectations」はアコースティックによるデモ的な音源で、何の処理も施されていないミックのヴォーカルが生の声という感じでたまりません。一方エレクトリック・バージョンの方はギターの音が全面に出ており、アップテンポでドラムも入るというもの。両方を聞いてリリースにはアコースティック・バージョンが採用されたのがわかる気がします。「Dear Doctor」はカントリー風のルーズな雰囲気を持つ曲ですが、テイク1はテンポが速く、ミックが元気いっぱいに歌うというもの。それがテイクを重ねるごとにテンポを落とし、丁寧にかつゆっくりとした曲に変化していく様が非常に興味深いです。1968年6月に行なわれた「悪魔を憐れむ歌」のセッションは、ご存知の通り映画として撮影されており、ここにはそのサウンドトラックから同曲のセッション部分が収録されています。単調な繰り返しが徐々に盛り上がって良き大団円を迎えるという、ボレロみたいな構成の曲。バンドがひとつずつ音を積み重ねていきあのようなクセになる呪術的な曲が出来上がったというのが、ここに収録の音源から伺えます。その他、収録トラックの詳細はジャケットにデータとしてきちんと記載されていますので、ぜひご確認ください。ストーンズの初期スタジオ・セッション・シリーズは、名盤「Beggars Banquet」のセッション音源をディスク3枚に渡って網羅した決定盤です。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

DISC ONE
LONDON, OLYMPIC SOUND STUDIOS March 17 - April 3, 1968 01. Jigsaw Puzzle Take 1 March 23, 1968 02. Jigsaw Puzzle Take 2 March 23, 1968 03. Jigsaw Puzzle Take 3, 4 & 5 March 23, 1968 04. Jigsaw Puzzle Take 6 March 23, 1968 05. Jigsaw Puzzle Take 7 & 8 March 23, 1968 06. Jigsaw Puzzle Take 9 March 23, 1968 07. Jigsaw Puzzle Take 10 March 23, 1968 08. Jigsaw Puzzle Take 11 March 23, 1968 09. Jigsaw Puzzle Take 12 March 23, 1968 10. Jigsaw Puzzle Take 13 March 23, 1968 11. Jigsaw Puzzle Take 14 March 23, 1968 12. Parachute Woman Early mix March 25, 1968 13. Parachute Woman Rock'n'Roll Circus 14. Child Of The Moon Acoustic instrumental March 29, 1968 15. Child Of The Moon Backing track 16. (Did Everybody) Pay Their Dues (aka Pay Your Dues / Street Fighting Man) March 31, 1968 17. Stray Cat Blues April 3, 1968

DISC TWO
LONDON, OLYMPIC SOUND STUDIOS April 20, 1968 01. Jumping Jack Flash Backing track  02. Jumping Jack Flash Promo single 03. Jumping Jack Flash vocals April 27, 1968 Promo film LONDON, OLYMPIC SOUND STUDIOS May 13 or 21 - 23, 1968 04. Street Fighting Man longer outro May 23, 1968 05. No Expectations Acoustic #1 06. No Expectations Acoustic #2 07. No Expectations Electric 08. Factory Girl Alternate fiddle mix 09. Dear Doctor #1 10. Dear Doctor #2 11. Dear Doctor #3 12. Family Electric 13. Blood Red Wine 14. Still A Fool aka Catfish / Two Train Blues 15. Give Me A Hamburger To Go aka Stuck Out All Alone 16. Prodigal Son Rev. Robert Wilkins LOS ANGELES, HOLLYWOOD, SUNSET SOUND STUDIOS May 13 or 21 - 23, 1968 17. Jigsaw Puzzle without vocal overdubs BKR’S HOME, REDLANDS, WEST WITTERING Feb or Jul 1968 LONDON, OLYMPIC SOUND Studios March 17 - April 3, 1968 STARGROVES, Newbury Oct 1970 18. Highway Child aka Highway Bound / The Vulture

DISC THREE
LONDON, OLYMPIC SOUND STUDIOS June 4 - 10, 1968 01. Sympathy for the Devil #1 Acoustic Released on One + One 02. Sympathy for the Devil #2 Released on One + One 03. Sympathy for the Devil #3 Guitar riffs Released on One + One 04. Sympathy for the Devil #4 Part 1 to 3 Released on One + One 05. Sympathy for the Devil #5 & #6 Released on One + One 06. Sympathy for the Devil #7 Released on One + One 07. Sympathy for the Devil #8 Released on One + One 08. Sympathy for the Devil #9 Released on One + One 09. London Jam Instrumental part 1 & 2 Released on One + One 10. Untitled Jam Instrumental LONDON, OLYMPIC SOUND STUDIOS June 28, 1968 11. Family Acoustic, without bass & vocal overdubs 12. Family Acoustic, released on Metamorphosis LOS ANGELES, HOLLYWOOD, SUNSET SOUND STUDIOS July 7 - 25, 1968 13. Salt of the Hearth Early mix LONDON, UNKNOWN STUDIOS September 1968 14. Memo From Turner Mick Jagger demo 15. Memo From Turner Mick Jaegger solo released on Performance OST Sep 19, 1970 LONDON, OLYMPIC SOUND STUDIOS November 17, 1968 16. Memo From Turner Alternate vocals 17. Memo From Turner released on Metamorphosis 18. Memo From Turner demo



ローリング・ストーンズ
The Devil Is My Name
SODD-137
1CD
\2,500


ザ・ローリング・ストーンズの1968年の名盤「BEGGERS BANQUET」のオープニングを飾る言わづと知れた名曲「悪魔を憐れむ歌」を、高音質なレア・トラックを網羅し、あらゆる角度からフォローする待望のタイトルがストーンズ専門”SODD”レーベルより遂に登場!!

近年のコンサートでも欠かす事の出来ない名曲であり、ストーンズ史上、重要な楽曲である「悪魔を憐れむ歌」。この曲のレコーディング・セッションは1968年6月4日から翌日まで、ロンドンのオリンピック・スタジオで行われ、オーバーダビングは8日から10日までの3日間で施されたと言われています。
ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ビル・ワイマン、チャーリー・ワッツ、ブライアン・ジョーンズ(ほとんど使い物にならなかったらしいが??)の他に、ニッキー・ホプキンス(ピアノ)、ロッキー・ディジョーン(コンガ)、マリアンヌ・フェイスフル、アニタ・パレンバーグ、プロデューサーのジミー・ミラーもコーラスに加わっています。

本タイトルは、「悪魔を憐れむ歌」のあらゆるヴァージョン(レア・ヴァージョン、モノ・ヴァージョンなどなど)を網羅した「悪魔を憐れむ歌」のヴァリエーション・アルバムです!
特に、本タイトルに収録されているオルタネイト・ヴァージョンは装飾のない生々しく毒々しいほどのストーンズ・サウンドが堪能出来ます。
あらゆる角度から「悪魔を憐れむ歌」を追求出来る、オススメ究極のヴァリエーション・アルバムです!

[SYMPATHY FOR THE DEVIL VARIATIONS]
01. One Prus One Version
02. Acoustic Version
03. Organ Long Version
04. Organ Short Version
05. Slow Version
06. Alternate Take 1
07. Alternate Take 2
08. Alternate Mono Version
09. Shorter Version
10. Rock & Roll Circus 1969
11. The Neptunes,Radio Edit
12. Fatboy Slim,Radio Edit
13. Original Mono Version
14. Original Version



ローリング・ストーンズ
BEGGARS BANQUET-Beta Mixes-
SODD-091
SBD
1CD
\3,400


SODDレーベル、本年度の目玉作品!!ストーンズ1968年の大傑作アルバム、ベガーズバンケット(ブライアン・ジョーンズ、ストーンズ在籍時、最後の仕事?!)の別ミックス、別テイク、アウトテイクを完全収録した強力アイテムの登場です!

CD1枚フルボリュームの約80分19トラックを全て完璧オフィシャル級高音質にて収録!なかでも別ミックス(通称ベータミックス)は新しい発見があること間違いなし!さらに、ジャケットから盤面の細部にいたるまで、こだわりのアートワーク!オリジナルと聞き比べるも良し、オリジナルのベガバンを聞き慣れた方にも、ストーンズ初心者からマニアまで幅広く聴いていただきたい納得のニューベガーズバンケット。超オススメです!まさにベガバンアウトの決定盤をぜひあなたのコレクションに!

01.Sympathy For The Devil
02.No Expectations
03.Dear Doctor
04.Parachute Woman
05.Jigsaw Puzzle
06.Street Fighting Man
07.Prodigal Son
08.Stray Cat Blues
09.Factory Girl
10.Salt Of The Earth
11.Jumping Jack Flash
12.Family
13.Downtown Suzie
14.Stuck Out All Alone
15.I Was A Country Boy
16.Still A Fool
17.Sympathy For The Devil
18.Dear Doctor
19.Jumping Jack Flash



ローリング・ストーンズ
THEIR SATANIC MAJESTIES [MONO EDITION]
WR-310
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ザ・ローリング・ストーンズの1967年の名盤「THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST」のモノ・エディションが登場!

本タイトルは、1967年リリース”ザ・ローリング・ストーンズ”の初のコンセプト・アルバムである「サタニック・マジェスティーズ」のモノ・エディション!当時は賛否両論の本アルバムですが、今から40年以上前に作られていた事を考えれば、まさに画期的な作品と言えるでしょう。ステレオ・ヴァージョンとは一線を画すモノならではの奥行きのあるサウンドは必聴です!さらに、本アルバム収録曲のオルタネイト・ヴァージョン、リハーサル・ヴァージョン、未収録曲など全10曲をボーナス・トラックとして追加収録した貴重なオススメのコレクターズ・アイテムです!!

SOURCE: EXCELLENT STUDIO SOUNDBOARD RECORDINGS.
The Rolling Stones 1967 Album “Their Satanic Majesties” Mono Edition & Rare Tracks.

Mono Edition
01. Sing This All Together / 02. Citadel / 03. In Another Land / 04. 2000 Man / 05. Sing The All Together (See What Happened)
06. She's A Rainbow / 07. The Lantern / 08. Gomper / 09. 2000 Light Years From Home / 10. On With The Show

BONUSTRACKS
11. In Another Land (Altern. Rough-Mono-Mix, Rec. Off Monitor) / 12. 2000 Man (Rehearsals For The Song's Refrain, No Vocals Yet)
13. She's A Rainbow (Altern. Mono-Rough-Mix, Rec. Off Monitor) / 14. The Lantern (Altern. Rough-Mono-Mix, Recorded Off Monitor)
15. 2000 Light Years From Home (Rough Mix (No Overdubs) Of The Backing-Track)
16. Child Of The Moon (B-Side To "Jumping Jack Flash", But In Fact A Left Over From The "Satanic" Sessions Original Mono Mix)
17. Dandelion (B-Side To "We Love You", Original 7" Mix)
18. Gold Painted Nails (Rehearsal For An Unreleased, Unfinished Song, Again No Vocals)
19. Untitled (Rehearsals For An Unfinished Song) / 20. We Love You (Original 7" Mix)Backing Vocals [B-Vocals] ? John*, Paul*



ローリング・ストーンズ
Collected Rarities Vol,2
GP-1102CD1/2
SBD
2CD
\3,300
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ローリング・ストーンズ・レーベルが発足した1971年から2010年に至るまでの約40年に渡るストーンズの膨大なリリースの中から現時点で入手困難なアルバム未収録のシングル・トラックや12“バージョンさらにプロモ・エディットや限定リリース音源、ボーナス・トラック等レギュラー・リリースでは聞くことの出来ないレア音源ばかりを集めたマニア垂涎のコンピレーション!

あのオリジナル・シングル・モノ・バージョンからプロモ音源、待望の12“バージョン等これさえあればストーンズ・コレクションが一気に集まる超便利な集大成の登場です!!是非ともこのvol,1&2を加えてあなたのストーンズ・コレクションをより完璧なものにしてください!

Vol.2にはアルバム『ストリップド』からのシングル「ワイルド・ホーシズ」からのライブ音源やアルバム『ビガー・バン』のアルバム未収録曲、チャリティー・シングル「ハリケーン」さらに2010年リリースのプロモ「フォローイング・ザ・リバー」までいずれもレギュラー・リリースのアルバムや『コンプリート・シングル・ボックス』には未収録の音源ばかりでストーンズ音源コレクターにとってこのコレクションを加えることにより現時点でのミッシング・ピースがひとまとめに揃えられるまさに待望のレア音源コレクションです!

DISC ONE <1990-2010>
01. Wild Horses (Stripped Version - Radio Edit)
02. Tumbling Dice (Live)
03. Live With Me (Live)
04. Gimme Shelter (Live)
05. Honest I Do (Stripped Version)
06. Anybody Seen My Baby? (No Biz Edit)
07. Anybody Seen My Baby? (Don Was Radio Remix)
08. Flip The Switch (Clean Promo Version)
09. Angie (Bonus Live Track)
10. Out Of Control (Don Was Live Remix)
11. Out Of Control (Saber Master With Fade)
12. Out Of Control (In Hand With Fluke - radio edit
13. Gimme Shelter (Live Radio Edit) - No Security Promo
14. I Just Wanna Make Love To You (Bonus Live Track)
15. Memory Motel feat. Dave Matthews (Live Remix Edit)

DISC TWO
01. Don't Stop
02. Keys To Your Love
03. Stealing Your Heart
04. Losing My Touch
05. If You Can't Rock Me (Bonus Live Track)
06. Oh No, Not You Again (Promo Clean Version)
07. Streets Of Love (Radio Edit)
08. Under The Radar
09. Don't Wanna Go Home
10. Hurricane
11. Biggest Mistake (Radio Edit)
12. Biggest Mistake (Instrumental)
13. Undercover Of The Night (Bonus Live Track)
14. Shine A Light - Live (Promo)
15. Plundered My Soul (Radio Mix - Digital Release)
16. All Down The Line (Alternate Take - Digital Release)
17. Following The River (Promo)



ローリング・ストーンズ
Collected Rarities Vol,1
GP-1101CD1/2
SBD
2CD
\3,300
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ローリング・ストーンズ・レーベルが発足した1971年から2010年に至るまでの約40年に渡るストーンズの膨大なリリースの中から現時点で入手困難なアルバム未収録のシングル・トラックや12“バージョンさらにプロモ・エディットや限定リリース音源、ボーナス・トラック等レギュラー・リリースでは聞くことの出来ないレア音源ばかりを集めたマニア垂涎のコンピレーション!

あのオリジナル・シングル・モノ・バージョンからプロモ音源、待望の12“バージョン等これさえあればストーンズ・コレクションが一気に集まる超便利な集大成の登場です!!是非ともこのvol,1&2を加えてあなたのストーンズ・コレクションをより完璧なものにしてください!

Vol.1では「ブラウン・シュガー」のオリジナル・シングル・モノ・バージョンから「メインストリートのならず者」のプロモ音源、「ビフォア・ゼイ・メイク・ミー・ラン」のボブ・クリアマウンテン・リミックス、キースのソロ・シングル、「トゥー・マッチ・ブラッド」の12“リミックス等、先頃リリースされた『コンプリート・シングル・ボックス』には未収録のレア音源ばかりをばっちり収録。

「スウェイ」「アイ・シンク・アイム・ゴーイン・マッド」はあえてオリジナル・シングルからの盤起こしで収録されてます。

DISC ONE
<VOL.1 1971-1990>
01. Brown Sugar (Single Mono Version)
02. Bitch (Single Mono Version)
03. Let It Rock - Live (Single Mono Version)
04. Sway (Single Alternate Mono Version)
05. Exile On Main Street Blues (Blues only)
06. Exile On Main Street Blues (Full Length Version)
07. Tumbling Dice (Single Mono Version)
08. All Down The Line (Original Single Alternate Mono Version)
09. Time Waits For No One (Promo Version)
10. Fool To Cry (Promo Edit Version)
11. Hot Stuff (Single Edit)
12. Beast Of Burden (Promo Edit Version)
13. Before They Make Me Run (Bob Clearmountain Remix)
14. Shattered (Promo Edit Version)
15. Run Rudolph Run / Keith Richards
16. The Harder They Come / Keith Richards
17. Emotional Rescue (Promo Edit Version)
18. She's So Cold (Promo Clean Version)
19. Dance (Instrumental)
20. If I Was A Dancer (Dance Pt. 2)


DISC TWO
01. Waiting On A Friend (Promo Edit Version)
02. I Think I'm Going Mad (Original Single Version)
03. Too Much Blood (Dance Version) - Remix by Arthur Baker
04. Too Much Blood (Dub Version) - Remix by Arthur Baker
05. Winning Ugly (London Mix) - Remix by Steve Lillywhite
06. Winning Ugly (NY Mix) - Remix by Francois Kervorkian
07. Almost Hear You Sigh (Remix)
08. Sexdrive (Dirty Hands Mix) - Remix by Michael Brauer
09. Sexdrive (Club Version) - Remix by Michael Brauer
10. Gimme Shelter (Live 1989 Promo)
11. Jumpin' Jack Flash (Live)
12. Tumbling Dice (Live) - At The Max
13. Street Fighting Man (Live) - At The Max



ローリング・ストーンズ
Mono Edition+
SODD-133/134
SBD
2CD
\4,200


ローリング・ストーンズ60年代後期の2大名作「ベガーズ・バンケット」「レット・イット・ブリード」のモノ・ヴァージョン(海外ソース)をセットにしたストーンズ・ファン待望のタイトル(2枚組)が”SODD”レーベルより緊急リリース!

1968年にリリースされた「ベガーズ・バンケット」は、すでに、かなりのドラッグ中毒でバンド活動に支障をきたすブライアン・ジョーンズの解雇問題で揺れ動く中、リリースされた作品!現在でもライブでの重要な定番曲「悪魔を憐れむ歌」「ストリート・ファイティング・マン」を収録したアルバム。

一方、翌年リリースされた「レット・イット・ブリード」は、ブライアン脱退、そして死去後、リリースされたブライアン最後のアルバム(実際には2曲しか参加していない)!「ギミー・シェルター」(本タイトルには、キース・ヴォーカル・ヴァージョンも収録!)「ミッドナイト・ランブラー」「無情の世界」、そして、キースが初めてリード・ヴォーカルを担当した「ユー・ガット・ザ・シルバー」(本タイトルには、ミック・ヴォーカル・ヴァージョンも収録!)など、こちらもライブに欠かせない名曲が多数収録されております。

本タイトルは、その歴史的名盤2タイトルのモノ・ヴァージョン(未CD化)+シングル・ヴァージョン、レア・テイクなどをボーナス・トラックとして収録、カップリングした至福のタイトル!

現在も転がり続けるストーンズの歴史の中でもっとも重要と言われている「ベガーズ・バンケット」「レット・イット・ブリード」2枚の名盤をアナログ発売当時の雰囲気で別の角度から聴いてみてはいかがでしょうか??超オススメです!!

DISC:1 
BEGGERS BANQUET (MONO EDITION+)
01. Sympathy For The Devil
02. No Expectations
03. Dear Doctor
04. Parachute Woman
05. Jig-Saw Puzzle
06. Street Fighting Man
07. Prodigal Son
08. Stray Cat Blues
09. Factory Girl
10. Salt Of The Earth
11. Jumpin' Jack Flash
12. Still A Fool[Unreleased Song]
13. Street Fighting Man[Original Single Version]
14. Child Of The Moon[Original Single Version]
15. Jumpin' Jack Flash[Original Single Version]


DISC:2 
LET IT BLEED (MONO EDITION+)
01. Gimme Shelter
02. Love In Vain
03. Country Honk
04. Live With Me
05. Let It Bleed
06. Midnight Rambler
07. You Got The Silver
08. Monkey Man
09. You Can't Always Get What You Want
10. Memo From Turner
11. Honky Tonk Woman[Original Single Version]
12. You Can't Always Get What You Want[Original Single Version]
13. Gimme Shelter[Keith Vocal Version]
14. You Got The Silver[Mick Vocal Version]
15. Memo From Turner[Original Single Version]



ローリング・ストーンズ
Studio Sessions 1961-1963
MF-45
SBD
1CD
\4,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ストーンズ専門レーベルとして新旧の厳選したマテリアルをリリースしているMayflowerレーベルより、60年代のスタジオ・セッションがシリーズ化されます。
本作は1961年から1963年のスタジオ・アウトテイクを網羅したタイトルになります。 このシリーズの特長として、アルバム収録順ではなく、あくまで史実に即してレコーディング順に収録されている点が挙げられます。本作は1961年の終わりから1962年にかけてレコーディングされたと言われているLITTLE BOY BLUE AND THE BLUE BOYSの演奏から始まります。ストーンズ最初期のレコーディングと言われている音源で、ミックの若々しくも丁寧な歌唱が印象的です。続いてTHE ROLLIN’ STONESというバンド名で活動していた頃の音源として1962年10月27日と1963年3月11日の両日でレコーディングされた音源をそれぞれ収録しています。 後半はバンドのマネージメントをアンドリュー・オールダムが担うようになり、バンド名を現在に続くTHE ROLLING STONESに変えた後のスタジオ・アウトテイクが収録されています。その他、楽曲の詳細はジャケット記載のクレジットを参照してください。ストーンズの初期スタジオ・セッション・シリーズ、デビュー前の1961年の音源から1963年12月までのデモ・レコーディングおよびスタジオ・セッションを網羅したセッション・シリーズの第一弾です。第二弾として1964年のスタジオ・レコーディング・セッションを予定しております。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

LITTLE BOY BLUE AND THE BLUE BOYS BOB BECKWITH'S HOME BEXLEYHEATH DICK TAYLOR'S HOME DARTFORD Late 1961 - Early 1962 01. Around And Around 02. Little Queenie 03. Beautiful Delilah 04. Go On To School aka On YOur Way To School / Wee Baby Blues 05. I Ain't Got You 06. I'm Left You're Right She's One 07. Down The Road Apiece 08. Don't Want No Woman 09. Johnny B Goode 10. Little Queenie 11. Beautiful Delilah 12. La Bamba THE ROLLIN’ STONES CURLY CLAYTON SOUND STUDIO October 27, 1962 13. You Can't Judge A Book By The Cover
LONDON, PORTLAND PLACE, IBC STUDIOS March 11, 1963 14. Roadrunner 15. Diddley Daddy 16. I Want to Be Loved Early take
17. Baby What´s Wrong aka Honey What's Wrong 18. Bright Lights Big City THE ROLLING STONES DECCA STUDIOS WEST HAMSTEAD LONDON July 9 & 16, 1963 19. Fortune Teller without harmonica July 7, 1963 20. Poison Ivy with guiro July 16, 1963 LONDON, HOLBORN, DE LANE LEA STUDIOS November 14, 1963 21. Go Home Girl UNKNOW RECORDING PLACE - Unknow recording date 22. Rice Krispies Jingle
UNKNOW RECORDING PLACE - Unknow recording date 23. Lonely Week-ends 24. Secret Love LONDON, REGENT SOUND STUDIOS November 20 & 21 / December 1963 25. My Only Girl Early ver. ‘That Girl Belongs To Yesterday Nov 20, 1963 26. Leave Me Alone Nov 20 & 21, 1963 27. Will You Be My Lover Tonight Nov 20 & 21, 1963 28. It Should Be You Nov 20 & 21, 1963 29. It Should Be You Nov 20 & 21, 1963 Stones version 30. Medley - You've Just Made My Day - I'm Relyin' On You - You Must Be The One - So Much In Love - Give Me Your Hand - Shang A Doo Lang - When A Girl Loves A Boy - No One Knows 31. Shang A Doo Lang 20 & 21/11/63 32. 365 Rolling Stones (One for every day of the year) Dec 1963
33. I Do Like to Seem Me On The ‘B’ Side Dec 1963



ローリング・ストーンズ
From The Vaults Vol.5
MASTERFILE
SBD
2CD
\3,300


第5弾はVOL.4の続きとなる78年”サム・ガールズ・セッション”からアルバム『エモーショナル・レスキュー』『タトゥー・ユー』のリリースに至る80年までのセッション音源を中心に最新リマスターによるベスト・クオリティで収録。

この時期はかなり多くの音源が残されており数多くのアウトテイクやセッション音源が様々リリースされてきましたがここでは見逃せない内容で音質クオリティの優れたものばかりをチョイスしたベスト・コンピレーション。

これまでのシリーズ同様有名音源だけに限らずマニアックな音源も含め数多く点在したレア音源を効率よくまとめられた非常に便利なストーンズ・アンソロジーとなっております。

ストーンズ入門編としてオランダのコレクター・サークルで海外製作されたビギナーからコレクターまで大推薦のシリーズ最新タイトルです!!

DISC ONE
01. Beast Of Burden (extended version)
02. Claudine (take 2)
03. Before They Make Me Run (alternate take)
04. Lazy Bitch (Hang Fire) (early version)
05. Never Make Me Cry 
PATHE MARCONI STUDIOS, PARIS, FRANCE, 1.5 - 3.2.1978

06. Back In The USA
07. The Harder They Come
08. Where The Boys Go (take 1)
09. My First Plea (take 4)
RCA STUDIOS, LOS ANGELES, CALIFORNIA, 8.23 - 9.8.1978

10. Dancing Girls
11. Lonely At The Top
12. What's The Matter
13. She's So Cold (take 1)
14. Sweet Home Chicago
15. Send It To Me (extended version)
16. Let's Go Steady 
COMPASS POINT STUDIOS, NASSAU, BAHAMAS, 1.18 - 2.12.1979

DISC TWO
01. Emotional Rescue (extended version)
02. Summer Romance (extended version)
03. Indian Girl (extended version at electric lady studios)
04. Let Me Go (alternate no sax version)
05. Gangster's Moll
06. We Had It All
07. I Think I'm Going Mad (take 2)
COMPASS POINT STUDIOS, NASSAU, BAHAMAS, 1.18 - 2.12.1979 PATHE MARCONI STUDIOS, PARIS, FRANCE, 6.10 - 7.7 and late July - 8.25 and 9.12 - 10.19.1979

08. Start Me Up (take 3)
09. Hang Fire (take 3)
10. Slave (take 4)
11. Little T&A (take 2)
12. Worried About You (take 2)
13. No Use In Crying (take 3)
14. Neighbours (take 1)
15. Waiting On A Friend (take 2)
PATHE MARCONI STUDIOS, PARIS, FRANCE, 6.10 - 7.7.1979 and late July - 8.25 and 9.12 - 10.19.1979
ELECTRIC LADY STUDIOS, NEW YORK CITY, NEW YORK early November - December 1979
PATHE MARCONI STUDIOS, PARIS, FRANCE, 10.11 - 11.12.1980



ローリング・ストーンズ
From The Vaults Vol.4
MASTERFILE
SBD
2CD
\3,300


60年代から半世紀近い活動歴を重ねたストーンズ栄光の歴史を貴重なスタジオ・セッションやアウトテイクスで年代順に辿る究極のアンソロジー「フロム・ザ・ヴォルツ」シリーズが新登場!

今回はVOL.1からVOL.4まで各CD-2枚組で60年代公式デビュー前の貴重なデモ音源から70年代末までの代表的レア音源を最新リマスターによるベスト・クオリティで完全網羅。

オランダのストーンズ・コレクター・サークルで海外製作されたコンピレーションによる内容はお馴染みの有名音源だけに限らず、かなりマニアックな珍しい音源も掘り下げられて編集されており初心者はもちろんストーンズ・コレクターにとっても数多く点在したレア音源を効率よくまとめられているうえ最新リマスタリングによる高音質なベスト・クオリティで収録された非常に便利なストーンズ・アンソロジーとなっております。コレクター入門編としてもお求めやすいリーズナブル・プライスでお届けする大推薦のシリーズです!

第四弾はロニー・ウッドが新たに加わった70年代後半を収録!

ジェフ・ベックが参加したアルバム「ブラック・アンド・ブルー」の未発表セッションや「サム・ガールズ」発表に至るまで数多くの未発表ナンバーを生み出したパリでのレコーディング・セッションが中心でファンクやディスコ、レゲエ等音楽性の幅を広げて一段と成長したストーンズがここに!

DISC ONE
1. If You Can't Rock Me (early mix)
2. It's Only Rock 'n Roll (But I Like It) (acetate)
3. Till The Next Goodbye (early mix)
4. Dance Little Sister (early mix)
5. Drift Away
STARGROVES, NEWBURY with MOBILE RECORDING UNIT, 4.10 - 4.15.1974 + ISLAND RECORDING STUDIOS, LONDON, 5.20 - 5.25.1974

6. Act Together
7. I Got A Letter
8. Fool To Cry (alternate)
MUSICLAND STUDIOS, MUNICH, WEST GERMANY, 12.7 - 12.15.1974

9. Slave (Unedited)
10. Cellophane Trousers
11. Let's Do It Right (C'mon Sugar)
12. Munich Reggae
13. Wind Call
14. Never Stop (Start Me Up) (demo)
DE DOELEN, ROTTERDAM, HOLLAND with MOBILE RECORDING UNIT, 1.22 - 2.9.1975
+ MUSICLAND STUDIOS, MUNICH, WEST GERMANY, 3.5 - 4.4.1975

15. Everything Is Turning To Gold (basic track)
PATHE MARCONI STUDIOS, PARIS, FRANCE, 10.10 - 11.25 and 12.5 - 12.21.1977

DISC TWO
1. Miss You (full length version)
2. Respectable (early take)
3. Shattered (early take)
4. Black Limousine (Broken Head Blues)
5. Los Trios Guitaros
6. When The Whip Comes Down (full length version)
7. Fiji Jim 8. Light Up
9. Stay Where You Are
10. Up Against The Wall
11. What Give You The Right
12. I Need You
13. Everlasting Is My Love
14. No Spare Parts
15. Far Away Eyes (alternate)
16. Munich Hilton
PATHE MARCONI STUDIOS, PARIS, FRANCE, 10.10 - 11.25 and 12.5 - 12.21.1977 + PATHE MARCONI STUDIOS, PARIS, FRANCE, 1.5 - 3.2.1978



ローリング・ストーンズ
From The Vaults Vol.3
MASTERFILE
SBD
2CD
\3,300


60年代から半世紀近い活動歴を重ねたストーンズ栄光の歴史を貴重なスタジオ・セッションやアウトテイクスで年代順に辿る究極のアンソロジー「フロム・ザ・ヴォルツ」シリーズが新登場!

今回はVOL.1からVOL.4まで各CD-2枚組で60年代公式デビュー前の貴重なデモ音源から70年代末までの代表的レア音源を最新リマスターによるベスト・クオリティで完全網羅。

オランダのストーンズ・コレクター・サークルで海外製作されたコンピレーションによる内容はお馴染みの有名音源だけに限らず、かなりマニアックな珍しい音源も掘り下げられて編集されており初心者はもちろんストーンズ・コレクターにとっても数多く点在したレア音源を効率よくまとめられているうえ最新リマスタリングによる高音質なベスト・クオリティで収録された非常に便利なストーンズ・アンソロジーとなっております。

コレクター入門編としてもお求めやすいリーズナブル・プライスでお届けする大推薦のシリーズです!

第三弾はミック・テイラーが加入しライブ活動も精力的に行った70年代前半ストーンズのバンドとして最も充実した時代を収録。

「レット・イット・ブリード」から「スティッキー・フィンガース」「メイン・ストリートのならず者」といった全盛期の興味深い多数の未発表スタジオ・アウトテイクスは必聴です!

DISC ONE
1. Honky Tonk Women (alternate mix)
2. Country Honk (alternate mix)
3. Loving Cup (early take)
OLYMPIC SOUND STUDIOS, LONDON, 4.17 - 7.2.1969

4. You Gotta Move (alternate mix)
5. Brown Sugar (basic track)
OLYMPIC SOUND STUDIOS, LONDON, 12.9 - 12.10.1969

6. Wild Horses (alternate mix)
OLYMPIC SOUND STUDIOS, LONDON, 2.17.1970

7. Dancing In The Light
8. Trident Jam
9. Cocksucker Blues (Outtake)
OLYMPIC SOUND STUDIOS, LONDON, March - May 1970
+ STARGROVES, NEWBURY with MOBILE RECORDING UNIT, March - May 1970

10. Dead Flowers (alternate)
OLYMPIC SOUND STUDIOS, LONDON, 4.24.1970

11. Leather Jacket (Instrumental Outtake)
12. All Down The Line (Alternate Mix)
OLYMPIC SOUND STUDIOS, LONDON, 6.16 - 7.27.1970

13. (Can't Seem To) Get A Line On You
OLYMPIC SOUND STUDIOS, LONDON, 8.1970

14. Bitch
15. Sway (Alternate Mix)
16. Alladin Story (Instrumental Outtake)
17. Potted Shrimp (Instrumental Outtake)
18. Travellin' Man (Outtake)
19. Highway Child (Outtake)
STARGROVES, NEWBURY with MOBILE RECORDING UNIT, 10.17 - 10.31.1970
+ OLYMPIC SOUND STUDIOS, LONDON, 10.17 - 10.31.1970

20. Exile On Main Street Blues (Promotional Song)
SUNSET SOUND STUDIOS, LOS ANGELES, CALIFORNIA, 3.28.1972

DISC TWO
1. Good Time Women
2. Shake Your Hips (alternate mix)
3. Sweet Virginia (alternate mix)
4. Stop Breaking Down (alternate mix)
STARGROVES, NEWBURY with MOBILE RECORDING UNIT, 10.17 - 10.31.1970
+ OLYMPIC SOUND STUDIOS, LONDON, 10.17 - 10.31.1970

5. I Ain't Signifying (Ain't Gonna Lie)
6. Fast Talking Slow Walking
VILLA NELLCOTE, VILLEFRANCHE-SUR-MER, FRANCE
with MOBILE RECORDING UNIT,7.10 - late July and 10.14 - 11.23.1971

7. Save Me (Criss Cross)
8. Separately
9. Waiting On A Friend (basic track)
10. Tops (basic track)
11. You Should Have Seen Her Ass (outtake) 
DYNAMIC SOUND STUDIOS, KINGSTON, JAMAICA, 11.25 -11.30 and 12.6-12.21.1972

12. Angie (TV mix)
13. Silver Train (rough mix)
14. Winter (rough mix)
ISLAND RECORDING STUDIOS, LONDON, 4.28 - May 1973

15. Slow Down And Stop
MUSICLAND STUDIOS, MUNICH, WEST GERMANY, 11.13 - 11.24.1973

16. Living In The Heart Of Love
MUSICLAND STUDIOS, MUNICH, WEST GERMANY, 1.14 - 1.28.1974

17. Fingerprint File (early mix)
18. Ain't Too Proud To Beg (early mix)
STARGROVES, NEWBURY with MOBILE RECORDING UNIT, 4.10 - 4.15.1974
+ ISLAND RECORDING STUDIOS, LONDON, 5.20 - 5.25.1974



ローリング・ストーンズ
From The Vaults Vol.2
MASTERFILE
SBD
2CD
\3,300


60年代から半世紀近い活動歴を重ねたストーンズ栄光の歴史を貴重なスタジオ・セッションやアウトテイクスで年代順に辿る究極のアンソロジー「フロム・ザ・ヴォルツ」シリーズが新登場!

今回はVOL.1からVOL.4まで各CD-2枚組で60年代公式デビュー前の貴重なデモ音源から70年代末までの代表的レア音源を最新リマスターによるベスト・クオリティで完全網羅。

オランダのストーンズ・コレクター・サークルで海外製作されたコンピレーションによる内容はお馴染みの有名音源だけに限らず、かなりマニアックな珍しい音源も掘り下げられて編集されており初心者はもちろんストーンズ・コレクターにとっても数多く点在したレア音源を効率よくまとめられているうえ最新リマスタリングによる高音質なベスト・クオリティで収録された非常に便利なストーンズ・アンソロジーとなっております。

コレクター入門編としてもお求めやすいリーズナブル・プライスでお届けする大推薦のシリーズです!

第ニ弾はブルース・カバーから飛躍してオリジナリティを確立していった65年からブライアン・ジョーンズの死に至るまでの激動の60年代後半を収録!

サイケデリックな時代を通過しストーンズの代表曲「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」を生み出し名実共に最強のロックンロール・バンドへ上り詰めていく絶頂期が収められています。

From The Vaults Vol.2 1965-1969

DISC ONE
1. 19th Nervous Breakdown (alternate mix)
(RCA STUDIOS, LOS ANGELES, CALIFORNIA, 12.3 - 12.8.1965)
2. Looking Tired(RCA STUDIOS, LOS ANGELES, CALIFORNIA, 9.6.1965)
3. Paint It Black (backing track)
4. If You Let Me(RCA STUDIOS, LOS ANGELES, CALIFORNIA, 3.6 - 3.9.1966)
5. Con Le Mie Lacrime (alternate take)(IBC STUDIOS, LONDON, 3.15.1966)
6. Yesterday's Papers (demo)
7. Yesterday's Papers (backing track)
8. Let's Spend The Night Together (backing track)
9. Get Yourself Together
10. Please Go Home (backing track)
(RCA STUDIOS, LOS ANGELES, CALIFORNIA, 8.3 - 8.11.1966)
11. Have You Seen Your Mother Baby, Standing In The Shadow? (alternate)
(IBC STUDIOS, LONDON, 8.31 - 9.2 1966)
12. Ruby Tuesday (backing track 11/66)
13. Dandelion - Sometimes Happy, Sometimes Blue (demo)
14. Trouble In Mind(OLYMPIC SOUND STUDIOS, LONDON, 11.8 - 11.26.1966)
15. Let's Spend Sometime Together (TV live)
(THE ED SULLIVAN SHOW, CBS TV, 1.15.1967)
16. She's A Rainbow (sessions)
17. We Love You (sessions)
18. Citadel (backing track)
19. 2000 Light Years From Home (backing track)
20. Gold Painted Fingernails (Instrumental)
21. On With The Show (backing track)
(OLYMPIC SOUND STUDIOS, LONDON, 5.17-6.9.1967)
22. Child Of The Moon (sessions)
23. Child Of The Moon (backing track)(OLYMPIC SOUND STUDIOS, LONDON, 10.1967)
24. Jumpin' Jack Flash (backing track)(OLYMPIC SOUND STUDIOS, LONDON, 4.20.1968)

DISC TWO
1. Did Everybody Pay Their Dues
(OLYMPIC SOUND STUDIOS, LONDON, 3.17 - 4.3.1968)
2. Stray Cat Blues (outtake)
3. Parachute Woman (alternate mix)
4. Prodigal Son (alternate mix)
5. Factory Girl (alternate mix)
6. Dear Doctor (alternate mix)
7. Hamburger To Go
8. Blood Red Wine
9. Still A Fool(OLYMPIC SOUND STUDIOS, LONDON, 5.13 - 5.23.1968)
10. Family (alternate take)
11. Memo From Turner (alternate take)
(OLYMPIC SOUND STUDIOS, LONDON, 6.28.1968)
12. Gimmie Shelter (alternate mix)
13. You Got The Silver (alternate mix)
14. Sister Morphine (outtake)
15. I'm A Country Boy(OLYMPIC SOUND STUDIOS, LONDON, 2.10 - 3.31.1969)
16. Jiving Sister Fanny
17. Downtown Suzie(OLYMPIC SOUND STUDIOS, LONDON, 4.17 - 7.2.1969)
18. Hillside Blues (I Don't Know The Reason Why)
19. All Down The Line (acoustic demo)
(SUNSET SOUND STUDIOS, LOS ANGELES, CALIFORNIA, 10.17 - 10.26.1969
+ ELEKTRA STUDIOS, LOS ANGELES, CALIFORNIA, 10.28 - 11.2.1969)



ローリング・ストーンズ
From The Vaults Vol.1
MASTERFILE
SBD
2CD
\3,300


THE ROLLING STONES 専門 新レーベル ”MASTERFILE” 第一弾!!

60年代から半世紀近い活動歴を重ねたストーンズ栄光の歴史を貴重なスタジオ・セッションやアウトテイクスで年代順に辿る究極のアンソロジー「フロム・ザ・ヴォルツ」シリーズが新登場!

今回はVOL.1からVOL.4まで各CD-2枚組で60年代公式デビュー前の貴重なデモ音源から70年代末までの代表的レア音源を最新リマスターによるベスト・クオリティで完全網羅。

オランダのストーンズ・コレクター・サークルで海外製作されたコンピレーションによる内容はお馴染みの有名音源だけに限らず、かなりマニアックな珍しい音源も掘り下げられて編集されており初心者はもちろんストーンズ・コレクターにとっても数多く点在したレア音源を効率よくまとめられているうえ最新リマスタリングによる高音質なベスト・クオリティで収録された非常に便利なストーンズ・アンソロジーとなっております。コレクター入門編としてもお求めやすいリーズナブル・プライスでお届けする大推薦のシリーズです!

第一弾は公式デビュー前となる1962年前後に録音された現存するストーンズ最古のデモ音源から初のBBCライブ音源や憧れだったチェス・スタジオでのセッションそして「サティスファクション」でビートルズと並んで世界的な人気を確立する1965年までを収録したストーンズ胎動期の軌跡です!

From The Vaults Vol.1 1962-1965

DISC ONE
01 Introduction - We Want Stones
02. I Ain't Got You (demo)
03. Beautiful Delilah (demo)
04. Down The Road Apiece (demo)
05. Little Queenie (demo)
06. Medley :
Little Queenie-Beautiful Delilah-La Bamba-Wee Baby Blues (On Your Way To School)- Around & Around (demo)
DARTFORD, KENT, late 1961 or early 1962 (Little Boy Blue & The Blue Boys)

07. You Can't Judge A Book By Looking At The Cover (demo)
CURLY CLAYTON SOUND STUDIO, LONDON, 10.27.1962

08. Baby What's Wrong
09. Roadrunner
10. Diddley Daddy
11. Bright Lights, Big City
12. I Want To Be Loved
IBC STUDIOS, LONDON, 3.11.1963

13. Come On (BBC Session)
14. Memphis, Tennessee (BBC session)
15. Roll Over Beethoven (BBC session)
SATURDAY CLUB, BBC RADIO, 10.26.1963

16. Go Home Girl
DE LANE LEA MUSIC RECORDING STUDIOS, LONDON, 11.14.1963

17. It Should Be You
18. Leave Me Alone
19. That Girl Belongs To Yesterday
REGENT SOUND STUDIOS, LONDON, 11.20 and 11.21.1963

20. Tell Me (alternate take)
REGENT SOUND STUDIOS, LONDON, 2.24 and 2.25.1964

21. Not Fade Away (alternate take)
22. I'm A King Bee
REGENT SOUND STUDIOS, LONDON, 1.10.1964

23. Andrew's Blues
24. Mr. Spector & Mr. Pitney Come Too
REGENT SOUND STUDIOS, LONDON, 2.4.1964

25. Wake Up In The Morning (Rice Krispies Jingle)
PYE STUDIOS, LONDON, 2.6.1964

26. Route 66 (BBC session)
27. Cops And Robbers (BBC session)
28. You Better Move On (BBC session)
29. Mona (BBC session)
BLUES IN RHYTHM, BBC RADIO, LIVE AT CAMDEN THEATRE, LONDON, 3.19.1964

30. As Time Goes By (demo)
DE LANE LEA MUSIC RECORDING STUDIOS, LONDON, 3.11.1964

31. Dont Lie To Me
REGENT SOUND STUDIOS, LONDON, 5.12.1964

32. Stewed And Keefed
33. Hi Heeled Sneakers
CHESS STUDIOS, CHICAGO, ILLINOIS, 6.10-11.1964

DISC TWO
01. Reelin' & Rockin'
02. Meet Me In The Bottom
03. Tell Me Baby, How Many More Times
CHESS STUDIOS, CHICAGO, ILLINOIS, 6.11.1964

04. Da Doo Ron Ron
05. Blue Turns To Grey (alternate version)
REGENT SOUND STUDIOS and DECCS STUDIOS, LONDON, 8.31 - 9.4.1964

06. Around And Around (BBC session)
07. If you need Me (BBC session)
08. I Can't Be Satisfied (BBC session)
09. Crackin' Up (BBC session)
TOP GEAR, BBC RADIO, 7.17.1964

10. Try A Little Harder (demo)
REGENT SOUND STUDIOS and DECCA STUDIOS, LONDON, 6.29 - 7.7.1964

11. We're Wastin' Time
12. Earch And Every Day Of The Year
13. Hear It
REGENT SOUND STUDIOS and DECCS STUDIOS, LONDON, 8.31 - 9.4.1964

14. We Were Falling In Love
REGENT SOUND STUDIOS, LONDON, 9.28 and 9.29.1964

15. 2120 South Michigan Avenue (BBC session)
RHYTHM & BLUES, BBC RADIO, 10.8.1964

16. Mercy Mercy (alternate version)
17. Goodbye Girl
18. Key To The Highway
CHESS STUDIOS, CHICAGO, ILLINOIS, 11.8.1964

19. Everybody Needs Somebody To Love (BBC session)
20. The Last Time (BBC session)
21. Down The Road Apiece (BBC session)
TOP GEAR, BBC RADIO, 3.1.1965

22. Everybody Needs Somebody To Love - Around & Around (Live)
23. Hey Craw-Daddy (Live)
EUROPE 1, FRENCH RADIO, LIVE AT OLYMPIA THEATRE, PARIS, 4.18.1965

24. (I Can't Get No) Satisfaction (backing track)
RCA STUDIOS, LOS ANGELES, CALIFORNIA, 5.11 - 5.12.1965

25. Oh Baby, We Got A Good Thing Goin' (BBC session)
26. The Spider And The Fly (BBC session)
27. Cry To Me (BBC session)
28. Fanny Mae (BBC session)
YEH! YEH!, BBC RADIO, 8.20 & SATURDAY CLUB, BBC RADIO, 8.20