コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


JAPAN TOUR 2014 JAPAN TOUR 2006 JAPAN TOUR 2012~ 2005~
1994~ 1989~ 1980~ 1975~ 1970~
1964~ OUTTAKE COMPILATION SOLO



ローリング・ストーンズ
/ニュー・バーバリアンズ
NORTHERN DANCER
MF-58/59
SBD
2CD
\4,900
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)


ローリングストーンズ専門レーベルmayflowerより、1979年4月22日カナダはトロント公演をサウンドボードで収録したタイトルがリリースになります。この時代はローリングストーンズと並行してニューバーバリアンズというプロジェクトが行なわれていた時代で、本作のディスク1がニュー・バーバリアンズ、後半ディスク2がローリングストーンズの演奏にあたります。特にこのトロント公演は、ヘロイン所持で逮捕されたキースが、司法取引としてチャリティ・コンサートを行なうことになった、まさにそのコンサートになります。とにかく完璧なサウンドボード音源で、一家に一枚の必携タイトル。美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

THE NEW BARBARIANS
DISC ONE
01. Introduction By Lorrimer And Belushi 02. Sweet Little Rock 'n Roller 03. Fuc Her
04. Breathe On Me 05. Infekshun' 06. I Can Feel The Fire 07. Am I Grooving You 08. Seven Days 09. Before They Make Me Run

THE ROLLING STONES
DISC TWO
01. Prodigal Son 02. Let It Rock 03. Respectable 04. Star Star 05. Beast Of Burden 06. Just My Imagination 07. When The Whip Comes Down 08. Shattered 09. Miss You 10. Jumpin' Jack Flash



ローリング・ストーンズ
HANDSOME GIRLS
NN-0156
SBD
4CD-R
\2,700


今無きTSPの名盤が市場に出回る前にSTOPしましたが、TSPの残党がリプロしたと噂のものをゲット!!
仕様はボックスではないにしろ(4CDマルチケース)、完全リプロで音質も向上しています。
内容はもう御存知かと思いますが、D-1&D-2は78年アメリカツアーよりフォートワース公演を超エクセレント・サウンドボード音源。(ステレオラインは大変貴重!)さらにD-3&D-4はラジオ音源ですが、全くのノーカットで収録!!(今までは放送禁止などで随所にカットやブザーが入っていました..)放送前マスターより完璧の音質にて収録!!
78年ツアー音源の決定盤「ハンサム・ガールズ」が50セット限定印刷ジャケット(帯付き仕様)&廉価版にて登場です!!

disc-1 & disc-2 Recorded Live At WILL ROGERS MEMORIAL CENTER, FORT
WORTH, TEXAS, JULY 19,1978.

disc-3 & disc-4 Recorded Live At The MEMPHIS, TENNESSEE, JUNE 28,
1978/LEXINGTON, KENTUCKY, JUNE 29,1978/DETROIT, MICHIGAN, JULY 6,
1978/HOUSTON, TEXAS, JULY 19, 1978.

Disc 1
1.Let it Rock
2.All Down the Line
3.Honky Tonk Women
4.Starfucker
5.When the Whip Comes Down
6.Beast of Burden
7.Miss You
8.Just My Imagination
9.Shattered
10.Respectable
11.Faraway Eyes (with Doug Kershaw on fiddle)
12.Love in Vain
13.Tumbling Dice
14.Happy

Disc 2
1.Sweet Little Sixteen
2.Brown Sugar
3.Jumping Jack Flash -Alternate Mixes-
4.All Down the Line
5.Honky Tonk Women
6.Starfucker
7.When the Whip Comes Down
8.Beast of Burden
9.Shattered
10.Faraway Eyes
11.Jumping Jack Flash

Disc 3
1.Let it Rock ***
2.All Down the Line ***
3.Honky Tonk Women ***
4.Starfucker ***
5.When the Whip Comes Down *
6.Lies ***
7.Miss You ***
8.Beast of Burden *
9.Shattered *
10.Respectable *
11.Just My Imagination ***
12.Faraway Eyes **
13.Love in Vain *

Disc 4
1.Tumbling Dice *
2.Happy ****
3.Hound Dog *
4.Sweet Little Sixteen ****
5.Brown Sugar ****
6.Jumping Jack Flash ****
7.Miss You **
8.Lies **
9.Beast of Burden **
10.Shattered **
11.Just My Imagination **
12.Respectable **
13.Sweet Little Sixteen **

Midsouth Coliseum - Memphis, Tenn. - June 28, 1978 *
Rupp Arena - Lexington, Ky. - June 29, 1978 **
Masonic Hall - Detroit, Mi. - July 6, 1978 ***
Hofheinz Pavilion - Houston, Texas - July 19, 1978 ****



ローリング・ストーンズ
Memphis Tennessee Girls
SODD-131/131B
SBD
1CD
\3,600


名盤「サム・ガールズ」発表の年、1978年アメリカン・ツアーより6月28日、メンフィス・ミッドサウス・コロシアム公演を高音質サウンドボードで収録したタイトルがストーンズ専門”SODD”レーベルから緊急リリース!!

1978年のツアーは、1975、76年のホーンセクション、パーカッションなどのサポートをふんだんに取り入れた派手な演出のツアーとは打って変わり、一切の贅肉を削ぎ取り原点回帰を思わせるステージを展開、ミックのヴォーカルもメンバーの演奏もソリッドでパンキッシュ、当時のパンク・ムーブメント(ニュー・ウエイブ)に対し、これぞ本物のロック・バンドと言わしめるほどふてぶてしい限りのステージングはオールド・ウエイブからの返答か??。

残念ながら、当日、演奏された全曲コンプリートではありませんが、今から30年以上前の音源とは思えない迫力の臨場感は、今、聴いても圧巻です!

ラストには、シングル「Brown Sugar」のB面、「Let It Rock」のシングル・モノ・ヴァージョンをボーナス・トラックとして収録!

CD 
Midsouth Coliseum Memphis,Tennessee. June/28/1978
01. Let It Rock
02. All Down the Line
03. Honky Tonk Women
04. When the Whip Comes Down
05. Miss You
06. Beast of Burden
07. Just My Imagination (Running Away with Me)
08. Respectable
09. Love in Vain
10. Shattered
11. Hound Dog
12. Tumbling Dice
13. Happy
14. Brown Sugar
15. Jumpin' Jack Flash
<bonus track>
16. Let It Rock(Single Mono Version)

bonus-CDR
<To Other Ninth North American Tour 1978 Songs>
01. Star Star(Masonic Hall,Detroit,Michigan,July 6th 1978)
02. Lies(Masonic Hall,Detroit,Michigan,July 6th 1978)
03. Far Away Eyes(Rupp Arena,Lexington,Kentucky,June 29th 1978)
04. Sweet Little Sixteen(Masonic Hall,Detroit,Michigan,July 6th 1978)

<1978 Tour Rehearsal In Woodstock>
05. Cocksuker Blues
06. Play With Fire
07. Memory Motel



ローリング・ストーンズ
Can't Stop Rollin'
SODD 077/078
SBD
2CD
\5,500


オフィシャル・アイテムでは編集盤『SUCKING IN THE 70’s』収録の「When TheWhip Comes Down」1曲しか聴くことの出来ない北米でのみ行なわれた1978年のツアーから、大定番音源で、初心者にもおススメ出来るラジオ放送音源が、アナログ時代の名盤のタイトルを拝借してSODDからリリース!!!

『SOME GIRLS』 リリースに伴う78年ツアーは、北米でのみ計25公演行なわれました。各地での公演が24トラックでレコーディングされ、多くのライブ・マテリアルがアメリカのFM番組「KING BISCUIT FLOWER HOUR」(以下KBFH)で放送されました。その後、1996年になって名門TSPより未放送テイクも含む26曲がラジオ・ショウなみの最高音質でリリースされたことで1978年音源の決定版となりました。詳細なロケーションには諸説あるものの、各地のライヴを編集した音源となっています。

今回、SODDよりリリースされるのはこの26曲に、近年発掘されたKBFHのアウトテイクス4曲を加えた計30トラック。最新の技術でリマスターを施したことにより、音質は1996年当時のTSPのマスタリングとは雲泥の差と言っても過言でないほどに向上しています。圧倒的な音圧、セパレーションと広がりの増したステレオ・ミックスといったその仕上がりは、このままオフィシャル・リリースしても何ら問題のないレベルの高音質!!

『SOME GIRLS』から「Some Girls」「Before They Make Me Run」を除く8曲を演奏しているツアーということで、このアルバムを好きなファンにはまず注目して欲しいのと、パンクの勃興に少なからず影響を受けたと言われる、オフィシャルで俯瞰出来ないことが残念な、この時期のみの特徴的なスタイルを堪能出来る、大定番であり初心者向けでもある音源として、おススメの1作です!!!

Disc 1
01 Let It Rock(***) 02 All Down The Line(****) 03 Honky Tonk Women(****) 04 Star Star(****) 05 When The Whip Comes Down(***) 06 Lies(****) 07 Miss You(***) 08 Beast Of Burden(****) 09 Shattered(*) 10 Respectable(****) 11 Just My Imagination(***)
12 Far Away Eyes(**) 13 Love In Vain(***) 14 Tumbling Dice(***) 15 Happy(***)

Disc 2
01 Hound Dog(*) 02 Sweet Little Sixteen(****) 03 Brown Sugar(****) 04 Jumping Jack Flash(****) 05 Miss You(**) 06 Lies(**)
07 Beast Of Burden(**) 08 Shattered(**) 09 Just My Imagination(**) 10 Respectable(**) 11 Sweet Little Sixteen(**) 12 All Down The Line(***) 13 Star Star(***) 14 Lies(***) 15 Shattered(***)

(*) Midsouth Coliseum, Memphis, TN - June 28, 1978
(**) Rupp Arena, Lexington, KY - June 29, 1978
(***) Masonic Hall, Detroit, MI - July 6, 1978
(****) Hofheinz Pavilion, Houston, TX - July 19, 1978



ローリング・ストーンズ
Woodstock Rehearsals 1978
MDNA-13058
SBD
4CD-R
\5,000


1978年5月下旬から6月初旬にかけて、ニューヨーク州ウッドストックのベアズヴィル・スタジオでおこなわれたリハーサルの模様を、高音質サウンドボード録音にてディスク4枚にコンパイル。
『女たち』リリースに合わせて間髪入れずに開始された1978年全米ツアーですが、本タイトルはその伝説的なツアーに先駆けてキャッツキル山中でおこなわれた2週間に及ぶ貴重なスタジオ・リハーサルを収録したものです。

年代を考えるならば十分すぎるほどの高音質なサウンドボード録音ですので、単なる資料的価値の高い音源というだけでなく、十分に楽しめる内容といえるでしょう。70年代を席巻したパンクムーヴメントに対する強烈なアンチテーゼである『女たち』。同アルバムを携えておこなわれたロックレジェンドによる逆襲のツアー、その狼煙と見てとることも出来る合計5時間に及ぶ貴重なリハーサル・テイクの数々は、ファンであれば問答無用に必聴です!


◆1978 US Tour Rehearsals, Bearsville Studio, Woodstock, NY, USA 27th May - 8th June 1978

(Disc 1)
01. Miss You take 1 02. Miss You take 2 03. Miss You take 3 04. Respectable 05. Love In Vain 06. Tuning 07. Play With Fire 08. No Expectations 09. Instrumental take 1 10. Instrumental take 2 11. Instrumental take 3 12. Instrumental take 4 13. Instrumental take 5 14. Jam with lyrics take 1 15. Jam with lyrics take 2 16. When The Whip Comes Down 17. Miss You (Few Vocals) 18. Miss You 19. Miss You (No vocals) 20. Miss You (Chords) 21. Don't Look Back 22. Don't Look Back (Instrumental) take 1

(Disc 2)
01. Don't Look Back (Instrumental) take 2 02. Jam 03. Beast Of Burden (Instrumental) take 1 04. Beast Of Burden (Instrumental) take 2 05. Beast Of Burden (Instrumental) take 3 06. Tuning 07. Summertime Blues (Instrumental) 08. Summertime Blues 09. Keys & Bass take 1 10. Keys & Bass take 2 11. Keys & Bass take 3 12. Memory Motel take 1 13. Memory Motel take 2 14. Memory Motel take 3 15. Memory Motel take 4 (Instrumental) 16. Far Away Eyes take 1 17. Far Away Eyes take 2 18. Let's Spend The Night Together take 1 19. Let's Spend The Night Together take 2 20. Tumbling Dice 21. Happy take 1 22. Happy take 2 23. Guitar 24. Prodigal Son take 1

(Disc 3)
01. Prodigal Son take 2 02. Brown Sugar 03. Beautiful Delilah take 1 04. Beautiful Delilah take 2 05. When The Whip Comes Down 06. Keys take 1 07. Keys take 2 08. Drums 09. Tuning Up 10. Jam with Vocals 11. Starfucker 12. Gimme Shelter 13. Tuning – Noodling 14. Cocksucker Blues 15. It's Only Rock n Roll take 1 16. It's Only Rock n Roll take 2 17. It's Only Rock n Roll take 3 18. It's Only Rock n Roll take 4 19. It's Only Rock n Roll take 5 20. Unkown Brief Lyric 21. Song with Vocals 22. Honky Tonk Women 23. Brown Sugar take 1

(Disc 4)
01. Tuning 02. Brown Sugar take 2 03. Tuning 04. Tumbling Dice take 1 05. Tuning 06. Tumbling Dice take 2 07. Jumping Jack Flash take 1 08. Jumping Jack Flash take 2 09. Memory Motel 10. Blues with vocals 11. Beast Of Burden 12. Hot Stuff (instr.) 13. Something Else – Snippet 14. Sweet Little Sixteen 15. High-Heeled Sneakers take 1 16. High-Heeled Sneakers take 2 17. Play With Fire 18. Crackin Up 19. Tell Me 20. Shake Your Hips 21. Respectable 22. Song with vocals 23. Brief Boogie Notes 24. Brief Jam take 1 25. Brief Jam take 2 26. Sweet Little Sixteen take 1 27. Sweet Little Sixteen take 2 28. Shattered



ローリング・ストーンズ
El Mocambo 1977 -REMASTERED-
WR-051
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ザ・ローリング・ストーンズ、1977年エル・モカンボ公演が2012年版リマスターで登場です!

1977年にオフィシャルでリリースされたストーンズ2作目のライブ・アルバム「LOVE YOU LIVE」に4曲のみ収録されているカナダ、エル・モカンボ・クラブでの有名な音源ですが、本タイトルは、オフィシャル音源とは別ソースから再構築!
オフィシャルで聴く事が出来る4曲は、もちろん、現存する音源を網羅!
リマスターとは言え35年前の音源だけに一部、多少のノイズは否めませんが、それが逆に生々しいステージでの音を再現しております!

注目すべきは、ボーナス・トラックとして収録された2曲。既初の音源とは比べ物にならない迫力のサウンドは必聴です!

Source: Excellent Soundboard Recordings.
Live From “El Mocambo” Toronto March 1977.

01. Route 66 (acetate)
02. Hand Of Fate
03. Crazy Mama (incomplete)
04. Mannish Boy (LYL vinyl)
05. Crackin`Up
06. Dance Little Sister (acetate)
07. Around And Around
08. Worried About You
09. Let`s Spend Night Together (completed)
10. Band Introduction
11. Little Red Rooster (acetate)
BONUS TRACKS
12. Route 66 (new tape version)
13. Crazy Mama (completed)



ローリング・ストーンズ
LIVE AT THE EL MOCAMBO
SODD-105
AUD
1CD
\3,000


ストーンズのライヴ音源の中でも最も人気の高い公演のひとつである1977年の3月4日と5日にカナダはトロントにあるエル・モカンボでのクラブ・ギグ音源がSODDから登場!!

トロント入りする直前、キースがヘロイン不法所持によって逮捕されたほか、時のカナダ首相ピエール・トルドーの夫人、マーガレットとのゴシップなど、周辺エピソードにも事欠かないモカンボ・ライヴは、ファンにとっては周知の事実ですが、エル・モカンボでの2回のライヴは、『LOVE YOU LIVE』として同年にリリースされるオフィシャル・ライヴ・アルバムのために行なわれ、若干のオーヴァー・ダブが施され4曲が採用されています。

流出音源は古くから有名で、両日ともに1時間半以上演奏したとの記述が残ってはいるものの、現時点でも実際に聴くことが出来るのはCD1枚に十分収まる長さしかないのですが、ストーンズ・ファンであれば、何か1枚は持っているのではないでしょうか?

本アイテムは現存するマテリアルをソース別に収録し、アセテート落としのソースはプロフェッショナルなノイズ除去を施すことにより、ストレスなく鑑賞することが出来るという優れモノに仕上がっており、つまり現時点で最も高音質で、ありのままの姿のモカンボ音源を聴くことが出来るのです!!

キースの逮捕によって、ストーンズの未来そのものが危ぶまれる中行なわれたギグだからこその異様なテンションと、いつも以上にストーンズらしさが存分に発揮されたこの公演を知らないビギナーにもオススメ!!スタイリッシュなアートワークも注目です!!

Live at the El Mocambo Club March 4&5 1977
<STEREO REEL>
01. Hand Of Fate 02. Route 66 03. Crackin' Up 04. Around And Around 05. Worried About You 06. Route 66 07. Crackin' Up 08. Let's Spend The Night Together 09. (Band Introduction) 10. Little Red Rooster
<MONO REEL>
11. Crazy Mama
<ACETATES>
12. Dance Little Sister 13. Little Red Rooster 14. Route 66 <FINAL MIX> 15. Mannish Boy 16. Crackin' Up 17. Little Red Rooster 18. Around And Around



ローリング・ストーンズ
Tour Of Europe ’76
CTLS VD-001
PRO/AUD-SHOT 80min
1DVD-R
\3,200


1976年ヨーロピアンツアーのライブ映像集が登場!

前半25分は英国TVのドキュメンタリー番組Stones On The Roadより7曲のライブ映像及びインタビューを収録。

後半は 西ドイツ国内各地で8mmカメラで収録(厳密にはオーディエンスショットということになりますが映像自体はプロショットそのものです)された14曲のライブ映像(音声同録)を55分収録。VHSPALマスターからの収録でなかなか綺麗な映像集です。

British Tour 1976 Documentary (Stones On The Road) (PRO)
01. Street Fighting Man 02. Honky Tonk Women 03. Star Star 04. Midnight Rambler 05. Brown Sugar 06. It’s Only Rock ‘N Roll 07. Jumping Jack Flash

Live Various Locations In West Germany 1976 (AUD)
08. Honky Tonk Women 09. If You Can’t Rock Me 10. Get Off Of My Cloud 11. Hand Of Fate 12. Hey Negrita 13. Ain’t Too Proud To Beg 14. Fool To Cry 15. Hot Stuff 16. Star Star 17. You Gotta Move 18. You Can’t Always Get What You Want 19. Band Introductions 20. Happy 21. Midnight Rambler 22. It’s Only Rock ‘N Roll



ローリング・ストーンズ
Hot August Night
SODD 062/63
SBD+AUD
2CD
\5,400


76年のヨーロッパ・ツアー終了後、同年8月21日に出演した定番中の定番ライヴのひとつで、ワン・オフのライヴならではのレアなセットリストを始めとして、ファンは看過出来ないネブワース・フェスティバルにおけるステージを、現存する複数の音源を駆使して最長収録した1作!! 

70年代のヨーロッパでの最後のライブであるネブワース公演は、過去いろいろな形でリリースされており、サウンドボード音源だけでも「アナログ時代から有名なステレオ音源「BBC流出と言われているビデオ音声のモノラル音源」の2種類が残されています。本作はその2種類のサウンドボード音源をメインで使用し、更に2種類のオーディエンス音源で主にサウンドボード音源では未収録の曲及び欠落部を補完して最長版を作り上げています。

編集は実に細かく、曲間のMC部分も含めて可能な限りの補完が施されているのがポイントですが、サウンドボード音源ではブザー音(ピー音)が被せられている「You Gotta Move」での卑語の部分もオーディエンス音源を使用して完璧に繋がっており、無修正な状態で本公演を過去最長収録した決定盤と言える内容です!!!

20万人とも言われるオーディエンスを前にしたお祭り騒ぎ的なライヴであった本公演は、ある意味ではストーンズらしいとも言える(笑)精彩を欠いた演奏のせいで、ファンの間でも評価の分かれる演奏ではありますが、同年のヨーロッパ・ツアーのセットリストに準じたものながら、パンキッシュな演奏の「Satisfaction」「Let's Spend The Night Together」や翌77年のエルモカンボに先んじて演奏されていた「Around And Around」「Little Red Rooster」「Route 66」など、この日の為の特別なセットリストはやはり魅力的。ストーンズ76年の真夏の祭典、ネブワースでの極上ライヴの最長版が堪能出来るお薦めの逸品です!!!

Disc 1
01 (I Can’t Get No) Satisfaction 02 Ain’t Too Proud To Dog 03 If You Can’t Rock Me / Get Off My Cloud 04 Hand Of Face 05 Around And Around 06 Little Red Rooster 07 Stray Cat Blues 08 Hey Negrita 09 Hot Stuff 10 Fool To Cry 11 Star Star 12 Let’s Spend The Night Together 13 You Gotta Move 14 You Can’t Always Get What You Want

Disc 2
01 Dead Flowers 02 Route 66 03 Wild Hoeses 04 Honky Tonk Woman 05 Country Honk (Adlib) 06 Tumbling Dice 07 Happy 08 Nothing From Nothing 09 Outa Space 10 Midnight Rumbler 11 It’s Only Rock’n Roll 12 Browne Sugar 13 Rip This Joint 14 Jampin’ Jack Flash 15 Street Fighting Man
Live at Open Air Festival, Knebworth, UK - Aug. 21st 1976



ローリング・ストーンズ
Viva la France !- 2010 Remastered Version
SODD
AUD
2CD
\5,800


SODD最新作は、大好評の『Nasty Music -2010 Remastered Version-』に続き、完売タイトルの最新リマスター復刻!!再発のご要望も多かった『Vive la France!』がリマスターされて発売となります。

本作に収録されているのは、アナログ時代から有名な76年欧州ツアーのパリ最終6月7日公演のオーディエンス音源。6月4~7日のパリ、アバトワにおける4夜公演は、2日目以降の演奏が、差し替えやオーバー・ダビングが施されているとはいえ、翌77年リリースのライヴ盤『Love You Live』に採用されていることからもわかるように、欧州ツアーのハイライトのひとつとなっています。

また、映像に関しても、ダイジェストがテレビで放送されたり、6日公演のプロショット完全版が流出していることもあり、全体的にマテリアルに非常に恵まれていると言えます。この7日公演も、全長版のオーディエンス音源、「Angie」以外全曲収録のほぼ全長版のサウンドボード音源があるほか、ビリー・プレストンの2曲を除く「Happy」以降の別マスターのサウンドボード音源は非常に高音質。これらそれぞれは以前から別々にリリースされているだけでなく、サウンドボード音源とオーディエンス音源を組み合わせたタイトルもあり、SODDからも『PARIS PAR EXCELLENCE』としてリリースされています。本作に収録されているのは、全長版のオーディエンス音源で、サウンドボード音源よりもこちらをベストに推すファンも多いほどの高音質マテリアルで、実際聴き比べてみるとその意見も大いにうなずけます。

今回のリリースにあたっては、リマスターによってSODDの前回リリースでうっすらと乗っていたヒス・ノイズを軽減し高音を若干抑えて落ち着いた音に仕上げるとともに、インデックス箇所にあった微細なブランク等の問題点も修繕した改善盤。表ジャケのアートワークはSODDでの前回リリース同様、同名のアナログ・タイトルのデザインを踏襲し、裏ジャケについても、その古(いにしえ)のアナログ・タイトルへのオマージュとなっております。76年欧州ツアー屈指の定番音源である6月7日パリ最終公演のオーディエンス音源を、SODDの最新リマスターでお楽しみ下さい!!ピクチャー・ディスク仕様。

DISC:1
Live at les Abattoirs, Paris, France June 7th 1976
.
1.Introductions
02.Honky Tonk Women
03.If You Can't Rock Me - Get Off Of My Cloud
04.Hand Of Fate
05.Hey Negrita
06.Ain't Too Proud To Beg
07.Fool To Cry
08.Hot Stuff
09.Starfucker
10.Cherry Oh Baby
11.Angie
12.You Gotta Move
13.You Can't Always Get What You Want

DISC:2
01.Bnad Introductions
02.Happy
03.Tumbling Dice
04.Nothing From Nothing
05.Outa Space
06.Midnight Rambler
07.It's Only Rock'n Roll
08.Brown Sugar
09.Jumping Jack Flash
10.Street Fighting Man




ローリング・ストーンズ
Paris Par Excellence
SODD 067/68
SBD+AUD
2CD
\5,400


Live at Pavilon De Paris, Aux Abbatoirs Paris, France - June 7th 1976 オフィシャル・ライヴ盤『LOVE YOU LIVE』にも採用されていることで有名な76年6月7日のパリ・アバトワ公演を、ステレオ・サウンドボード音源をメイン・ソースとし、更にオーディエンス音源で欠落部を補完した最長収録盤がSODDから登場!!! 

フランスのパリは、‘73年は訪れなかった土地ですが、’76年は6月4~7日に屠殺場だったというアバトワで4連続公演を行ないました。本作は、古くはアナログ・ブート『Paris Par Excellence』に収録されていたステレオ・サウンドボード音源の最長版をメイン・ソースとして採用しています。この高音質且つ有名なサウンドボード音源は’08年5月現在「Angie」以外の全ての曲が登場しており、既にこの音源を収録したアイテムも数種リリースされてはいますが、本作はこのサウンドボード音源をメイン・ソースとし、更にオーディエンス音源で欠落部を補完した最長収録盤!!!

オープニングのイントロ、「Angie」、「無情の世界」の後半部分、バンド紹介、「BrownSugar」冒頭のノイズ、音飛びに加え、曲間のMCまでメイン・ソースのサウンドボード音源の欠落部を、可能な限りこだわって徹底的にオーディエンス音源で補完してあります。’76年のライブ音源の代表格であるパリ6月7日公演がようやく全編とおして聴けるようになりました。『LOVE YOU LIVE』がお好きな方には特にお勧め出来る逸品です。

ボーナス・トラックとしてギター・ソロがフィーチャーされた「愚か者の涙」の高音質デモバージョンを追加収録。間違いなく76年ツアーを代表するアイテムになるであろうSODD入魂の1作!!!ファンの皆様、お見逃しなく!!!!

Disc 1
01. introduction / 02 honky tonk women / 03. if you can't rock me - get off of my cloud / 04. hand of fate / 05. hey negrita / 06. ain't too proud to beg / 07. fool to cry / 08. hot stuff / 09. star star / 10. cherry oh baby / 10. angie / 11. you gotta move / 12. you can't always get what you want /

Disc 2
01. band introductions / 02. happy / 03. tumbling dice / 04. nothing from nothing / 05. outa space / 06. midnight rambler / 07. it's only rock 'n roll / 08. brown sugar / 09. jumping jack flash / 10. street fighting man

bonus
12. fool to cry (demo version)
Live at Pavilon De Paris, Aux Abbatoirs Paris, France - Jun 7th 1976



ローリング・ストーンズ
LIVE IN PARIS 1976
: SPECIAL COLLECTOR'S EDITION 2015
GP-1501DVD1/2CD1/2
SBD/PRO-SHOT
2DVD+2CD
\5,800
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)


70年代ストーンズの必見定番映像である76年パリ公演が新発掘映像を含むプロショット映像とサウンドボード音源の2DVD+2CDセットにまとめられた最新コレクターズ・エディションとして登場!最新リマスタリングのベスト・クオリティで編集された76年6月6日公演の完全収録映像と話題の新発掘映像である6月5日公演さらにTV放送された別映像やドキュメンタリー等をまとめた76年パリ公演の映像集大成!音と映像共にアップグレード編集された最新決定版です!!

【内容詳細】
公式ライブ・アルバム『ラブ・ユー・ライブ』にも一部収録され当時TV放送もされたことで70年代中期ストーンズの代表的定番としてお馴染みの76年パリ連続公演が新発掘及び最新編集による注目のコレクターズ・エディションで新登場。DVD一枚目にはTV放送の元となった6月6日公演を完全収録したワーキング映像を収録。複数公演を編集したTV放送とは違ってこの日のショウを全曲収録したもので最新リストア編集により「Ain't Too Proud To Beg」のドロップアウトや「Hot Stuff」のカット等も修復されより見やすい映像に生まれ変っています。また音声はオリジナルのモノラル・サウンドトラックに加え最新リマスターによるヴァーチャル・ステレオ・リマスター音源も収録。音声切り替えで比べるとよりクリアで迫力を増したリマスターとの音の違いが一聴瞭然です。DVD二枚目には最近になってそれまでその存在すら確認されていなかった6月5日公演の初登場映像を収録。残念ながらこの日の完全収録ではなくワンカメ・アングルのプロショット映像ですがYOUTUBEからの低ビットレートではない高画質DVDクオリティで収録。コレクターには見逃せない貴重な発掘映像です。元映像は「無情の世界」後半でブツ切れですがここではドキュメンタリー映像が繋がれた編集になってます。エクストラでは撮影日違いのTV放送バージョンの映像やBBCインタビューも収録。さらに海外制作によるライブ・アルバム『ラブ・ユー・ライブ』音源に差し替えた編集映像も追加収録されています。CD2枚組には6月6日公演のサウンドボード・リマスター音源を全曲収録。CD収録時間の都合で追加ボーナスとして分割収録となってますが新発掘である6月5日公演からのサウンドボード・リマスター音源も全曲CD化しています。これまでにも数多くのアイテムを生み出してきた76年パリ公演ですがその現存するプロショット映像とサウンドトラック音源を2DVD+2CDの4枚セットにすべてまとめて収録したストーンズ76年パリの決定版コンピレーションといえる内容です。

DVD ONE
LIVE IN PARIS : JUNE 6TH 1976
Concert Opening Honky Tonk Women If You Can't Rock Me / Get Off Of My Cloud Hand Of Fate Hey Negrita Ain't Too Proud To Beg Fool To Cry Hot Stuff Star Star Angie You Gotta Move You Can't Always Get What You Want Band Introduction
Happy Tumbling Dice Nothing From Nothing - Billy Preston Outta Space - Billy Preston Midnight Rambler It's Only Rock 'n' Roll (But I Like It) Brown Sugar Jumping Jack Flash Street Fighting Man Concert Closing / La Marseillaise Arrival & Backstage Footages Live At Pavillon de Paris (Les Abattoirs), Paris, France June 6th 1976
NTSC 4:3 Dolby Digital Stereo time aprox. total 119min.
AUDIO OPTION 1: VIRTUAL STEREO REMASTER 2: ORIGINAL MONO SOUNDTRACK

DVD TWO
PARIS - JUNE 5TH 1976
Concert Opening Honky Tonk Women If You Can't Rock Me / Get Off Of My Cloud Hand Of Fate Hey Negrita Ain't Too Proud To Beg Fool To Cry Hot Stuff Angie Star Star You Gotta Move You Can't Always Get What You Want / Tour Documentary
Live At Pavillon de Paris (Les Abattoirs), Paris, France June 5th 1976
PARIS – EXTRA French TV Introduction Fool To Cry - June 7th 1976 Hot Stuff - June 7th 1976 Angie - June 4th 1976 Tumbling Dice - June 7th 1976 Outta Space - June 7th 1976 Midnight Rambler - June 7th 1976 Honky Tonk Women (Love You Live) - June 5th 1976 Hot Stuff (Love You Live) - June 7th 1976 Star Star (Love You Live) - June 6th 1976 Tumbling Dice (Love You Live) - June 7th 1976 Brown Sugar (Love You Live) - June 6th 1976 French TV Outroduction The Old Grey Whistle Test - BBC 1976
NTSC 4:3 Dolby Digital Stereo time aprox. total 143min.
AUDIO OPTION 1: VIRTUAL STEREO REMASTER 2: ORIGINAL MONO SOUNDTRACK

CD ONE
1. Concert Opening 2. Honky Tonk Women 3. If You Can't Rock Me / Get Off Of My Cloud 4. Hand Of Fate
5. Hey Negrita 6. Ain't Too Proud To Beg 7. Fool To Cry 8. Hot Stuff 9. Star Star 10. Angie 11. You Gotta Move 12. You Can't Always Get What You Want 13. Band Introduction 14. Happy 15. Tumbling Dice + JUNE 5TH 1976 Part 1 16. Honky Tonk Women
17. If You Can't Rock Me / Get Off Of My Cloud 18. Hand Of Fate

CD TWO
1. Nothing From Nothing - Billy Preston 2. Outta Space - Billy Preston 3. Midnight Rambler 4. It's Only Rock 'n' Roll (But I Like It) 5. Brown Sugar 6. Jumping Jack Flash 7. Street Fighting Man 8. Concert Closing / La Marseillaise + JUNE 5TH 1976 Part 2 9. Hey Negrita 10. Ain't Too Proud To Beg 11. Fool To Cry 12. Hot Stuff 13. Angie 14. Star Star 15. You Gotta Move
16. You Can't Always Get What You Want Soundboard Recorded Live At Pavillon de Paris (Les Abattoirs), Paris, France June 6th 1976 + June 5th 1976 (Original CD Remastering 2015)



ローリング・ストーンズ
PAVILLON DE PARIS 1976
MF-64/65/66
SBD/PRO-SHOT
2CD+1DVD
\7,800
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)


■1976年6月6日パリ公演をサウンドボードで完全収録!
■深味ある素晴らしい高音質!
■パリ連続公演の別日サウンドボード音源もボーナス収録。
■バックステージの様子などを含むプロショット完全収録映像を収録したDVDとのセット。

ストーンズ専門レーベルmayflowerより、1976年6月6日パリ公演をサウンドボード音源とプロショット映像で完全収録したタイトルがリリースになります。1976年ツアーといえば「BLACK AND BLUE」のリリースに伴うツアーで、アルバムの雰囲気そのままにファンキーなアレンジが施されたステージ。新曲を採り入れつつ、セットリストもかなり変更になり、今となっては演奏する機会が少なくなった、あるいはほとんどなくなったナンバーも多く、聴きどころ満載。そして撮影が入っていたからか、1976年ツアーの中でも、このパリ公演の演奏のすさまじさはマニアの間で認知されているところです。CDはそのパリ公演を高音質サウンドボード音源にて完全収録。従来のいかにもモノラル的な中央に寄ったものではなく、広がりが感じられる高音質なもので、本公演の決定盤となることでしょう。ボーナストラックとして、パリ同一会場連続公演より4日、5日、7日の各日より、これもまたサウンドボード音源を収録しています。特に7日の「Cherry Oh Baby」はツアー中唯一の演奏というレアな選曲です。DVDは6月6日公演を流出の完全収録映像を楽しむことが出来ます。冒頭にドキュメンタリーが収録されており、当日の会場の様子やバックステージのメンバーの様子などを見ることができます。画質も素晴らしい、色彩鮮やかなカラー映像。内容が完全収録であること、そして過去最高画質での収録であること、映像に関しても本作が決定盤であると断言できます。mayflowerレーベルのストーンズ最新作は、1976年6月6日パリ公演を高音質サウンドボードで完全収録。ボーナストラックではパリ連続公演の他の日のサウンドボード音源を収録。映像も過去最高画質でのプロショット映像に、ツアードキュメンタリーを加えた決定盤です。今まで数多くの映像を輩出してきたパリ公演も、本作で打ち止めとなることでしょう。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

Pavilon de Paris, Paris, France June 6, 1976

DISC ONE
01. Introduction 02. Honky Tonk Women 03. If You Can't Rock Me 04. Get Off Of My Cloud 05. Hand Of Fate 06. Hey Negrita 07. Ain't Too Proud To Beg 08. Fool To Cry 09. Hot Stuff 10. Starfucker 11. Angie 12. You Gotta Move 13. You Can't Always Get What You Want 14. Band Introduction 15. Happy 16. Tumbling Dice 17. Nothing From Nothing 18. Outta Space

DISC TWO
01. Midnight Rambler 02. It's Only Rock 'n' Roll 03. Brown Sugar 04. Jumping Jack Flash 05. Street Fighting Man 06. Outro June 4, 1976 07. Angie June 5, 1976 08. Introduction 09. Honky Tonk Women 10. Ain't Too Proud To Beg June 7, 1976 11. Fool To Cry 12. Hot Stuff 13. Tumbling Dice 14. Outta Space 15. Midnight Rambler 16. Cherry Oh Baby

DVD DISC
Pavilon de Paris, Paris France June 6, 1976 01. Documentary 02. Honky Tonk Women 03. If You Can't Rock Me 04. Get Off Of My Cloud 05. Hand Of Fate 06. Hey Negrita 07. Ain't Too Proud To Beg 08. Fool To Cry 09. Hot Stuff 10. Starfucker 11. Angie 12. You Gotta Move 13. You Can't Always Get What You Want 14. Band Introduction 15. Happy 16. Tumbling Dice 17. Nothing From Nothing 18. Outta Space 19. Midnight Rambler 20. It's Only Rock 'n' Roll 21. Brown Sugar 22. Jumping Jack Flash 23. Street Fighting Man



ローリング・ストーンズ
PARIS COMPLETE 1976
SODD-122
AUD-SHOT
1DVD
\3,500


SODD本年度1発目は、1976年ヨーロピアン・ツアーより4日間に渡り行われたパリ公演初日を高音質、高画質でコンプリート収録したタイトルが登場!

アルバム「BLACK AND BLUE」発売直後にスタートしたヨーロピアン・ツアー、「BLACK AND BLUE」に対する酷評やメンバー内に蔓延していたドラッグ問題などによりストーンズ史上最悪のツアーと一般的に言われていますが、そんな中、本タイトルを含むパリ公演は、それまでとは打って変わって素晴らしいステージを展開しております!

ミックのエネルギッシュなステージ・パフォーマンス、キースの鬼気迫るテンション(もちろん、ロン、チャーリー、ビルの的を得た素晴らしい演奏です)、ゲストのビリー・プレストンも、その存在感でステージに華を添えております。前年の北米ツアーとは大違いの濃厚で厚みのあるディープなストーンズが堪能できます!

Les Abattoirs, Pavilion de Paris, June 4, 1976

01. Intro / Honky Tonk Woman
02. If You Can't Rock Me / Get Off of My Cloud
03. Hand of Fate
04. Hey Negrita
05. Ain't Too Proud to Beg
06. Fool to Cry
07. Hot Stuff
08. Star Star
09. Angie
10. You Gotta Move
11. You Can't Always Get What You Want
12. Band Introductions
13. Happy  
14. Tumbling Dice
15. Nothing From Nothing (Billy Preston)
16. Outta Space (Billy Preston)
17. Midnight Rambler
18. It's Only Rock'n'Roll
19. Brown Sugar
20. Jumping Jack Flash
21. Street Fighting Man / Ending

+ プラス・スペシャル特典ボーナスDVDR



ローリング・ストーンズ
Sunday In The Park
SODD-127/128/129
AUD+PRO-SHOT
2CD+1DVD
\5,600


これまで76年オランダ・ハーグ公演といえば5月29日の音源が知られていましたが翌日30日の音源に関しては一部のコレクター間でブート化されていない不完全音源の存在しかありませんでした。

今回新たに発掘されたこの日の音源は当時オーディエンス録音されたリール・マスターからのもので音質は既存音源より格段に向上しておりオリジナルのロウ・ジェネ・マスターであることが分かります。

35年前の野外スタジアムでの録音としては優良クオリティでコンサートをほぼ完全に収録していますがオープニングの「ホンキー・トンク・ウィメン」の途中と「ユー・ガッタ・ムーブ」のリプライズから「無情の世界」へのイントロが欠けておりその部分は別ソースを使って補完したSODDオリジナル・リマスター・バージョンとしてよりコンプリートに近づけた過去最長で最高のクオリティとなっています。

さらに今回はこのハーグ公演2日間をプライベート撮影した激レア・フィルムのDVDもセットされておりコンサートの様子が視覚的にもお楽しみいただけます。

76年当時はビデオはなく8mmフィルムでの撮影で音声はアフレコですがこの時代の映像として2バージョンも現存しているのは貴重でバージョン1は2日間合わせて40分も収録されているのは必見でしょう。(ちなみにジャケにも当日の貴重な写真が使われており服装から2日間の映像の違いが分かります)

またボーナス映像で76年ニース公演やBBCでの「フール・トゥ・クライ」(美麗画質の再放送バージョン!)も追加収録されています。

ビリー・プレストンが参加しファンキーな演奏が魅力の76年ストーンズを当時の貴重な音源と映像の両方で再現する注目のコレクターズ・エディション!オリジナル・マスター・アーカイヴス・シリーズ第3弾!大推薦アイテムです!

Disc One
Live At Stadion F.C. Den Haag In Het Zuiderpark, The Hague, Holland may 30th 1976
01. Honky Tonk Women
02. If You Can't Rock Me / Get Off Of My Cloud
03. Hand Of Fate
04. Hey Negrita
05. Ain't Too Proud To Beg
06. Fool To Cry
07. Hot Stuff
08. Star Star
09. You Gotta Move
10. You Can't Always Get What You Want

Disc Two
01. Band Introduction
02. Happy
03. Tumbling Dice
04. Nothing From Nothing (Billy Preston)
05. Outa-Space (Billy Preston)
06. Midnight Rambler
07. It's Only Rock'n Roll
08. Brown Sugar
09. Jumpin' Jack Flash
10. Street Fighting Man

Disc Three DVD
Live At Stadion F.C. Den Haag In Het Zuiderpark, The Hague, Holland may 29/30th 1976
PRIVATE FILM version I
01. Honky Tonk Women
02. If You Can't Rock Me / Get Off Of My Cloud
03. Hand Of Fate
04. Hey Negrita
05. Ain't Too Proud To Beg
06. Star Star
07. You Gotta Move
08. You Can't Always Get What You Want
09. Midnight Rambler
10. It's Only Rock'n Roll 
11. Brown Sugar
12. Jumpin' Jack Flash
13. Street Fighting Man

PRIVATE FILM version II
14. Before The Show
15. Excerpts From Concert
16. Going Back Home

BONUS VIDEO
17. Backstage 1976
18. Live In Nice, France 1976
19. Fool To Cry (Top Of The Pops 1976)



ローリング・ストーンズ
L.A. Nights
GOLDPLATE P-1204DVD1/2+CD1/2
PRO-SHOT
2DVD+2CD
\5,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ストーンズ・コレクター注目の75年LA公演が2012年最新デジタル・リマスター・バージョンの映像と音源によるスペシャル・コレクターズ・エディションとして新たに登場!
DVD2枚には2時間40分に及ぶ7月11日公演プロ・ショット映像が最新リストア編集による過去最高の映像クオリティでコンプリート収録。
さらに最新”ストーンズ・アーカイブ”映像や別アングル映像”ホット・アズ・ヘル”に加え初登場プライベート・フィルム映像も収録。
そして話題のサウンドボード新音源である7月13日公演を収録したCD2枚を含めストーンズ・ファン必見必聴である75年LA公演の映像と音源マテリアルを完全網羅した正に決定版となる大推薦コレクターズ・エディションです。

[内容詳細] 今回のリリースで注目なのはDVD映像でDVD1には2時間40分に及ぶ7月11日公演を最新デジタル・リマスタリングによるリストア映像でコンプリート収録。
これまですべての既発で見受けられた画像の乱れや途切れ、色調バランス等がデジタル補正された映像は今回初登場となる最新編集バージョンで現状これがベストといえる仕上がりになってます。また映像の音声は過去最高とされているサウンドボードとオーディエンス音源をリマスタリングしたマトリックス音源をメインにそれぞれ元となった音源もあわせて収録しオーディオ・セレクトでそれぞれの違いも確認できます。
最新デジタル編集の映像と最高音質のオーディオ・セレクトが合体しストーンズ・コレクターにはお馴染みの映像であるLA75が最高クオリティの決定版に生まれ変わってます。

DVD2には”LAナイツ・オルタネイト”として本編コンプリートとは別編集がまとめられており公式映像”ストーンズ・アーカイブ”編集の6曲と2012年インタビュー映像そして別アングル映像による”ホット・アズ・ヘル”編集10曲を収録。
これらも本編同様マトリックス音源とオリジナル音源をそれぞれセレクト収録しています。
また今回初登場となるプライベート・フィルムによるLAフォーラム映像では7月12日と13日公演が断片的ながらトータル30分近く見ることができます。
8mmフィルム映像にアフレコ音声で不完全ながらも貴重な記録といえるでしょう。さらにボーナス映像として
NY5番街のゲリラ演奏やニュース映像も収録されてます。

CDには話題のサウンドボード新音源である7月13日公演を収録。映像とは違う13日公演を最高音質で聴くことが出来る必聴音源が永久保存のプレス盤2枚組CDに収められています。
ストーンズ・コレクターには見逃せない定番映像と新音源を中心に75年LA公演に関してはこれぞ決定版というべき内容とクオリティで81年ハンプトン公演に続く最高のコレクターズ・エディションとなっております!

DVD ONE
LIVE AT THE L.A.FORUM 1975 COMPLETE SHOW
1. Opening (Fanfare For The Common Man)
2. Honky Tonk Women
3. All Down The Line
4. If You Can't Rock Me
5. Get Off Of My Cloud
6. Star Star
7. Gimme Shelter
8. Ain't Too Proud To Beg
9. You Gotta Move
10. You Can't Always Get What You Want
11. Happy
12. Tumbling Dice
13. It's Only Rock'n Roll (But I Like It)
14. Band Introduction
15. Doo Doo Doo Doo Doo (Heartbreaker)
16. Fingerprint File
17. Angie
18. Wild Horses
19. That's Life
20. Outta Space
21. Brown Sugar
22. Midnight Rambler
23. Rip This Joint
24. Street Fighting Man
25. Jumpin' Jack Flash
26. Sympathy For The Devil
Live At The L.A.Forum, Inglewood, CA U.S.A. July 11th 1975 NTSC Color 4:3 time approx. 162min.
AUDIO OPTION 1. Matrix Wide-Stereo Remaster 2. Matrix Stereo Remaster 3. Original Soundboard Mono Master 4. Audience Recorded Stereo Master

DVD TWO
L.A.NIGHTS ALTERNATES STONES ARCHIVE VIDEO
1. Ain't Too Proud To Beg
2. You Can't Always Get What You Want
3. Happy
4. It's Only Rock'n Roll (But I Like It)
5. Fingerprint File
6. Angie
7. LA Friday Release Interview
Live At The L.A.Forum, Inglewood, CA U.S.A. July 11th 1975
AUDIO OPTION 1. Matrix Wide-Stereo Remaster 2. Original Soundboard Mono Master 3. Audience Recorded Stereo Master

HOT AS HELL VIDEO
1. It's Only Rock 'n' Roll (But I Like It)
2. Band Introduction
3. Doo Doo Doo Doo Doo (Heartbreaker)
4. Fingerprint File
5. Angie
6. Wild Horses
7. That's Life
8. Outta Space
9. Brown Sugar
10. Midnight Rambler (Intro)
Live At The L.A.Forum, Inglewood, CA U.S.A. July 11th 1975
AUDIO OPTION 1. Matrix Wide-Stereo Remaster 2. Matrix Stereo Remaster 3. Original Soundboard Mono Master4. Audience Recorded Stereo Master PRIVATE FILM 1. LA Forum July 12th 1975 2. LA Forum July 13th 1975

EXTRA VIDEO
Live From New York 5th Ave.(Tour Of The America 1975 Promotion)
1. Video Archive - Brown Sugar
2. '10 O'Clock News' USTV
3. 'Channel 2 News' USTV New York 5th Ave. May 1st 1975
4. Honky Tonk Woman Capital Centre Newsreel July 1st 1975
5. Backstage Footage (with Elton John) Hughes Stadium, Fort Collins, Colorado July 20th 1975
NTSC Color 4:3 time approx. 144(50/52/29/13)min.

CD ONE
1. Honky Tonk Women
2. All Down The Line
3. If You Can't Rock Me
4. Get Off Of My Cloud
5. Star Star
6. Gimme Shelter
7. Ain't Too Proud To Beg
8. You Gotta Move
9. You Can't Always Get What You Want
10. Happy
11. Tumbling Dice
12. Band Introductions
13. It's Only Rock'n Roll (But I Like It)
14. Doo Doo Doo Doo Doo (Heartbreaker)

CD TWO
1. Fingerprint File
2. Angie
3. Wild Horses
4. That’s Life
5. Outta Space
6. Brown Sugar
7. Midnight Rambler
8. Rip This Joint
9. Street Fighting Man
10. Jumpin' Jack Flash
11. Sympathy For The Devil
Live At The L.A.Forum, Inglewood, CA U.S.A. July 13th 1975 2012



ローリング・ストーンズ
Seattle Coliseum '75
SODD 030/31
AUD
2CD
\5,700


75年ツアーのオーディエンスソースのなかでは演奏が大きく録れていて歓声や拍手が耳障りでない良好録音である7月18日のシアトル公演がSODDより登場です!

ストーンズのコレクターサークルでは有名なMR. FREEZER経由で流失したロウジェネレーションオーディエンスソースが丁寧にレストアされ過度なEQ処理を施さずに収録されています。既発RISK DISC収録の同公演ソースより数段アップグレードした音質です。

Center Coliseum, Seattle, WA - July 18, 1975
Disc 1
01.Intro: Fanfale For The Common Man 02.Honky Tonk Women 03.All Down The Line 04.If You Can't Rock Me - Get Off Of My Cloud 05.Star Star 06.Gimme Shelter 07.Ain't Too Proud To Beg 08.You Gotta Move 09.You Can't Always Get What You Want 10.Happy 11.Tumbling Dice 12.It's Only Rock'n Roll

Disc 2
01.Band Introductions 02.Fingerprint File 03.Wild Horses 04.That's Life 05.Outa Space 06.Brown Sugar 07.Midnight Rambler 08.Rip This Joint 09.Street Fighting Man 10.Jumping Jack Flash



ローリング・ストーンズ
The Complete LA Sunday Tapes
SODD-073/074/075/076
AUD
4CD
\7,400


ストーンズ1975年伝説のLA6夜連続公演最終日の集大成ここに降臨!CD1、2(ソース1)はおなじみミラードマスターの最新マスタリングを収録!

細かなドロップアウトも無いロウジェネソースならではのマイルドでクリアーな音質です。CD2枚ものとしては過去最長収録となっています。CD3、4(ソース2)はCharlie Watts And His Fabolous Rolling Stonesなどのアナログ盤に収録されていた別音源を収録。

オールドファンにはソース2の方がなじみがある音源だと思います(元々頭切れがあったYou Can't Always Get What You WantとBrown Sugarのイントロ部分のみ別音源で補完されています)一部7月10日の音源も収録されており、10日の高音質ソースはこの音源でしか聞くことができません。両ソースとも甲乙付けがたい高音質であることはいうまでもありませんが、今回、現存する最良の素材を最新のマスタリングでブラッシュアップした本作はまさにLA75最終日の決定版です。

SODDの超人気アイテムであるNasty Music The Best Everとも肩を並べる人気アイテムになるでしょう!先日アメリカで公開され近く日本でも公開予定の映画シャインアライトのライブサウンドとは一味も二味も違う75年のストーンズを堪能できるアイテムです。

コアなファンの方には勿論ですが、本作はForty LicksやA Bigger Bangあたりからストーンズを聞き始めた若い世代の方にも是非聞いていただきたい逸品です。

Live at LA Forum, Inglewood, CA - July 13th 1975
Disc 1
(1st source)
1. Intro: Fanfare For The Common Man 2. Honky Tonk Women 3. All Down The Line 4. If You Can't Rock Me / Get Off Of My Cloud 5. Star Star 6. Gimme Shelter 7. Ain't Too Proud To Beg 8. You Gotta Move 9. You Can't Always Get What You Want 10. Happy 11. Tumbling Dice 12. Band Introductions 13. It's Only Rock ‘N Roll

Disc 2
(1st source)
1. Doo Doo Doo Doo Doo (Heartbreaker) 2. Fingerprint File 3. Angie 4. Wild Horses 5. That's Life 6. Outta Space 7. Brown Sugar 8. Midnight Rambler 9. Rip This Joint 10. Street Fighting Man 11. Jumping Jack Flash 12. Sympathy For The Devil

Disc 3
(2nd source)
1. Honky Tonk Women 2. All Down The Line 3. If You Can't Rock Me / Get Off Of My Cloud 4. Star Star (July 10th) 5. Gimme Shelter 6. Ain't Too Proud To Beg 7. You Gotta Move 8. You Can't Always Get What You Want (July 10th) 9. Happy 10. Tumbling Dice 11. Doo Doo Doo Doo Doo (Heartbreaker) (July 10th) 12. Band Introductions 13. It's Only Rock ‘N Roll

Disc 4
(2nd source)
1. Fingerprint File (July 10th) 2. Angie (July 10th) 3. Wild Horses 4. Brown Sugar 5. Midnight Rambler 6. Rip This Joint 7. Street Fighting Man 8. Jumping Jack Flash 9. Sympathy For The Devil 10. Brown Sugar (July 10th)



ローリング・ストーンズ
Rockin’ At The Forum 1975 Last Night
SODD 036/37
AUD
2CD
\5,700


1975年USツアーのミラードマスターより演奏の内容・音質の良さともに最高の人気アイテム、LA最終公演がSODDより登場です。ミラードのマスターリールのファーストコピー(VHS Hi-Fi)より収録された本作は、数ある75年LA最終公演のタイトルの中で最もマスターに近いソースを使用したリリースです。細かなドロップアウトまで丁寧にレストアされた最新のリマスター音源でお楽しみいただけます。

Live At The Forum Inglewood California July 13 1975
DISC 1
01 Intro: Fafare For The Commonman 02 Honky Tonk Woman 03 All Down The Line 04 If You Can’t Rock Me/Get Off Of My Cloud 05 Star Star 06 Gimmie Shelter 07 Ain’t Too Proud To Beg 08 You Gotta Move 09 You Can’t Always Get What You Want 10 Happy 11 Tumbling Dice 12 Band Introiductions 13 It’s Only Rock’n Roll

DISC 2
01 Doo Doo Doo Doo Doo (Heartbreaker) 02 Fingerprint File 03 Angie 04 Wild Horses 05 That’s Life 06 Outta Blues 07 Brown Sugar 08 Midnight Rumbler 09 Rip This Joint 10 Stret Fighting Man 11 Jumping Jack Flash 12 Street Fighting Man



ローリング・ストーンズ
Welcome To Chinese Restaurant
SODD 023/024
AUD
2CD
\5,700


伝説のテーパー、マイクミラードの録音によるストーンズ1975年LA5夜連続公演の初日(7月9日)がSODDよりリリースです。

ミラードのマスターリールのファーストジェネレーションテープより製作された今作は、過度なEQは一切施されておらずロウジェネレーションテープならではのナチュラルでクリアーな音質に拘ったマスタリングがなされています。既発盤を聞きなれた方は少々おとなしい音と感じられるかもしれませんが、これが1975年7月9日にミラードによって録音された音なのです。元々カットのあった無情の世界のギターソロ部分のみ別音源を補完してあります。

Great Western Forum, Inglewood, California July 9, 1975
DISC 1
01 Intro:Fanfare For The Comon Man 02 Honky Tonk Woman 03 All Down The Line 04 If You Can’t Rock Me 05 Star Star 06 Gimmie Shelter 07 Ain’t Too Proud Beg 08 You Gotta Move 09 You Can’t Always Get What You Want 10 Happy 11 Tumbling Dice 12 It’s O0nly Rock’n Roll 13 Band Introductions 14 Doo Doo Doo Doo Doo(Heartbreaker)

DISC 2
01 Finngerprint File 02 Angie 03 Wild Horses 04 That’S Life 05 Outa Space 06 Brown Sugar 07 Midnight Rumbler 08 Rip This Joint 09 Street Fighting Man 10 Jumping Jack Flash 11 Sympathy For The Devil



ローリング・ストーンズ
Fire On The Garden
Invisible Works Records-106
AUD
3CD-R
\4,200


ストーンズの1975年6/27NYマディソン・スクエア・ガーデン公演が、2013年最新のリマスターが施されたハイクオリティ・サウンドで登場。
複数のアナログ・ブートをソースに、匠の技が光るマトリクス処理が施されており、さらに最新のリマスターが加わったことにより、(場所によっては)40年近い年月を全く感じさせない、近年のAUD録音と比べても遜色の無い素晴らしいサウンドを楽しむことが出来ます。
若さが迸る荒々しいステージは全編必聴と断言できる素晴らしいもので、とりわけパーカッシヴなアフロビートが炸裂する「Fingerprint File」等は、ミーターズをオープニングに起用したこの時期を象徴する説得力溢れる大熱演であり、曲間毎に「サティスファクショーン」と奇声を上げていたギャル達も、この時ばかりは固唾を呑んで見守っています(あるいはトイレ休憩に中座していたものと思われます)。
なお、ラスト「悪魔を憐れむ歌」ではCarlos SantanaとThe Steel Associationが客演しております。

◆Madison Square Garden, NYC, NY 27th June 1975

(Disc 1)
01. Intro 02. Honky Tonk Women 03. All Down The Line 04. If You Can't Rock Me 05. Get Off Of My Cloud 06. Star Star 07. Gimme Shelter 08. Ain't Too Proud To Beg 09. You Gotta Move 10. You Can't Always Get What You Want

(Disc 2)
01. Happy 02. Tumbling Dice 03. It's Only Rock'n Roll 04. Band Introduction 05. Doo Doo Doo Doo Doo 06. Fingerprint File 07. Cherry Oh Baby 08. Angie 09. Wild Horses

(Disc 3)
01. That's Life 02. Outa Space 03. Brown Sugar 04. Midnight Rambler 05. Rip This Joint 06. Street Fighting Man 07. Jumping Jack Flash 08. Sympathy For The Devil*

*special guests; Carlos Santana (gtr) and The Steel Association (steel dr)