コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


JAPAN TOUR 2006 JAPAN TOUR 2012~ 2005~ 1994~
1989~ 1980~ 1975~ 1970~ 1964~
OUTTAKE COMPILATION SOLO



ローリング・ストーンズ
LIVER THAN YOU'LL EVER BE
EMPRESS VALLEY
SBD/AUD
1CD
\3,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)
<SOLD OUT>


ブートの世界に足を踏み入れた者なら誰でも知っているタイトル、、、それは「LIVER THAN YOU'LL EVER BE」!

ストーンズ最初の海賊盤で1969年11月9日オークランド公演セカンドショーを収録。今回はサウンドボードソースをメインにカット部分をオーディエンス・ソースで補った最長収録盤となっております。
この頃ならではの粘りのあるグルーヴの”JAMPIN JACK FLASH"はいいよねぇ~★って、みんなもうこの日の音源腐るほど持ってるよね。まぁ特に音質が激烈に向上したとか、全編サウンドボードになりましたとかじゃないんで、この日を持っていない人用かな、、、ってみんな持ってんじゃん。ぐぬぅ、、、まぁストーンズ50周年ってことでご愛嬌。初回200枚はメガレアプロモLPジャケットを復刻した紙ジャケでございます★帯も付いてまーす☆日本に来てほしーよね!

JUMPING JACK FLASH
CAROL
SYMPATHY FOR THE DEVIL
STRAY CAT BLUES
PRODIGAL SON
YOU GOTTA MOVE
LOVE IN VAIN
I'M FREE
UNDER MY THUMB
MIDNIGHT RAMBLER
LIVE WITH ME
GIMME SHELTER
LITTLE QUEENIE
(I CAN'T GET NO) SATISFACTION
HONKY TONK WOMEN
STREET FIGHTING MAN



ローリング・ストーンズ
Hyde Park Legend 1969
Complete Live At Hyde Park, London, UK 1969
GOLDPLATE GP-1303CD1/2
SBD/AUD
2CD
\3,700
個数


ストーンズの歴史的ライブとして伝説の69年ハイド・パーク・コンサートが最新編集の全曲収録コンプリート・バージョンで登場!
あまりにも有名なこのライブは映像でもお馴染みですが大幅に編集された内容で今回は現存する音源をすべて駆使し実際のコンサートを完全再現。オープニングのアナウンスからエンディングまでコンサート本編はすべて当日の演奏順に収録。
編集でカットされていた演奏パートから曲間のMCまで複数のサウンドボード音源やオーディエンス録音を駆使したベスト・クオリティによる最長バージョンです!ブライアン・ジョーンズ追悼そしてミック・テイラー初参加のお披露目として伝説となったこの日の公演はその演奏内容も特別で「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」「ホンキー・トンク・ウィメン」「ストリート・ファイティング・マン」といった代表曲も含めステージ初演ナンバーがほとんどでこの時しか演奏していない「アイム・ユアーズ~」や「ダウン・ホーム・ガール」、ライブ定番となる「ミッドナイト・ランブラー」やアフリカン・ドラムスを参加させて熱狂的な大団円を迎える「悪魔を憐れむ歌」まで60年代に終わりを告げたストーンズの新しい幕開けとなったまさに伝説のコンサート!その全貌をエクストラ収録も含め完全ドキュメントとして最新編集リマスターの決定版でお届けします!!

[コレクターズ・ポイント詳細] 69年ハイド・パークは公式映像でもリリースされてますが演奏以外の収録も含めたドキュメンタリーだったため大幅な編集による急順変更やカットも多い内容でした。またFM放送音源を元にしたとされるサウンドボード音源も不完全な内容でさらにオーディエンス音源も不完全な収録でした。ここでは現存する複数音源でこの日のコンサートを可能な限り完全再現。演奏順はもちろん曲間のMC等当日のコンサートをほぼノーカットで一部僅かな欠落パートがありますがオープニング・アナウンスから終了後まで過去最長及び最高クオリティで収録。「サティスファクション」等公式で大幅な編集によりどれだけ変更されていたか実際のオーディエンス・ソースとサウンドボードでの違いが聞き比べてよく判ります。また過去のリリースに比べ今回の最新編集ではサウンドボード音源がより多くより高音質となっており現状ベストの内容となってます。さらに追加でサウンドボード音源のみのエディット・バージョンやラジオ・スペシャル、同時期のTVライブ音源等も収録。これまで数多くリリースされてきた69年ハイド・パークですが音質・内容共に最高の最新バージョンです。
CD ONE
1. Introduction (by Sam Cutler) 2. Excerpt From Adonais (Eulogy for Brian Jones) 3. I'm Yours And I'm Hers
4. Jumpin' Jack Flash 5. Mercy Mercy 5. Stray Cat Blues 7. No Expectations 8. I'm Free 9. Down Home Girl 10. Love In Vain
11. Loving Cup 12. Honky Tonk Women 13. Midnight Rambler 14. (I Can't Get No) Satisfaction 15. Street Fighting Man

CD TWO
1. Sympathy For The Devil 2. Backstage Rehearsal (I'm Yours And I'm Hers) 3. Introduction - Alternate Edit Version
4. I'm Yours And I'm Hers - Edit Version 5. (I Can't Get No) Satisfaction - Edit Version 6. Sympathy For The Devil - Edit Version
7. TV News Report 8. Stones In The Park Radio Special - Part.1 9. Stones In The Park Radio Special - Part.2 10. Stones In The Park Radio Special - Part.3 11. Stones In The Park Radio Special - Part.4 12. Stones In The Park Radio Special - Part.5 13. Stones In The Park Radio Special - Part.6 14. Sympathy For The Devil - Frost On Saturday TV 15. You Can't Always Get What You Want - David Frost Show TV

THE ROLLING STONES Mick Jagger - vocals, percussion Keith Richards - guitar, vocals Mick Taylor - guitar
Bill Wyman – bass Charlie Watts - drums, percussion

plus additional players on Sympathy For The Devil Ginger Johnson's African Drummers and Rocky Dijon - percussion



ローリング・ストーンズ
Olympia Live In The Sixties
GOLDPLATE GP-1302CD1/2
SBD
2CD
\3,700
個数


60年代初期ローリング・ストーンズの代表的ライブ記録といえるパリ・オランピア劇場でのライブ・コンピレーションが新登場!65年から67年にかけてラジオ・ブロードキャスト音源を元にした4公演を収録したもので当時ビートルズ以上の熱狂と騒乱を巻き起こしたこの時期ならではのワイルドな演奏をとらえた必聴ライブです。当時放送されこれまでにも知られたパリ・オランピア公演ですが近年新たに再放送されたりかつて不完全だった部分も複数音源でのリストア作業により過去最高の音質クオリティで現状ベストの最新リマスター決定版コレクションとなっております。当時のステージの様子をダイレクトにとらえた60年代ストーンズのライブ・ドキュメントとしてコレクターには見逃せない大推薦タイトルです!!


[コレクターズ・ポイント詳細] 60年代のラジオ放送定番ライブ音源として数多くリリースされたきたパリ・オランピア公演ですがこれまでは不完全な収録ばかりで放送自体もコンサートの一部だったり曲のカットもありましたが今回は近年新たに再放送された放送バージョンを含め複数音源からのリストア作業でかつて不完全だった部分も補って現状ベストの最長バージョンになっております。さらに音質も複数ソースによる差異はあるものの過去最高クオリティの最新リマスター音源となってます。初のパリ・オランピア放送収録音源となった65年4月18日公演、66年3月29日のファースト・ショウとセカンド・ショウそしてブライアン・ジョーンズ在籍時最後のツアーとなった67年4月11日公演の4公演はそれぞれセットリストも興味深いもので65年エンディングの「クロウダッド」や66年「ハング・オン・スルーピー」のフレーズが飛び出したり67年「イエスタデイズ・ペーパー」とのメドレーで披露される「ゲット・オフ・オブ・マイ・クラウド」等ライブならではの演奏ぶりは聴きものです。また60年代の公式ライブ・アルバムやEPと違ってオーバーダブ等のない当時のダイレクトな放送音源は60年代ストーンズのリアルなライブを浮き彫りにする貴重な記録としてコレクター必携のアイテムといえるでしょう。

All Shows Live At L'Olympia, Paris, France Compiled From Musicorama Radio Broadcasts

April 18th 1965 (CD ONE 01-12)
March 29th 1966 First Show (CD ONE 13-26)
March 29th 1966 Second Show (CD TWO 01-11)
April 11th 1967 (CD TWO 12-20)

CD ONE
1965
1. Everybody Needs Somebody To Love
2. Around And Around
3. Off The Hook
4. Time Is On My Side
5. Carol 6. It's All Over Now
7. Little Red Rooster
8. Route 66
9. Everybody Needs Somebody To Love
10. The Last Time
11. I'm Alright
12. Craw-Dad

1966 FIRST SHOW
13. The Last Time
14. Mercy Mercy
15. She Said Yeah
16. Play With Fire
17. Not Fade Away
18. That's How Strong My Love Is
19. I'm Moving On
20. The Spider And The Fly
21. Time Is On My Side
22. 19th Nervous Breakdown
23. Around And Around
24. Get Off Of My Cloud
25. I'm Alright
26. (I Can't Get No) Satisfaction

CD TWO
1966 SECOND SHOW
1. The Last Time
2. Mercy Mercy
3. She Said Yeah
4. Play With Fire
5. Not Fade Away
6. The Spider And The Fly
7. Time Is On My Side
8. 19th Nervous Breakdown
9. Hang On Sloopy / Get Off Of My Cloud
10. I'm Alright
11. (I Can't Get No) Satisfaction

1967
12. Paint It Black
13. 19th Nervous Breakdown
14. Lady Jane
15. Get Off Of My Cloud / Yesterday's Papers
16. Under My Thumb
17. Ruby Tuesday
18. Let's Spend The Night Together
19. Goin' Home
20. (I Can't Get No) Satisfaction

THE ROLLING STONES
Mick Jagger - vocals, percussion Keith Richard - guitar, vocals Brian Jones - guitar, percussion, vocals Bill Wyman - bass
Charlie Watts - drums, percussion



ローリング・ストーンズ
Studio Sessions 1961-1963
MF-45
SBD
1CD
\4,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


ストーンズ専門レーベルとして新旧の厳選したマテリアルをリリースしているMayflowerレーベルより、60年代のスタジオ・セッションがシリーズ化されます。
本作は1961年から1963年のスタジオ・アウトテイクを網羅したタイトルになります。 このシリーズの特長として、アルバム収録順ではなく、あくまで史実に即してレコーディング順に収録されている点が挙げられます。本作は1961年の終わりから1962年にかけてレコーディングされたと言われているLITTLE BOY BLUE AND THE BLUE BOYSの演奏から始まります。ストーンズ最初期のレコーディングと言われている音源で、ミックの若々しくも丁寧な歌唱が印象的です。続いてTHE ROLLIN’ STONESというバンド名で活動していた頃の音源として1962年10月27日と1963年3月11日の両日でレコーディングされた音源をそれぞれ収録しています。 後半はバンドのマネージメントをアンドリュー・オールダムが担うようになり、バンド名を現在に続くTHE ROLLING STONESに変えた後のスタジオ・アウトテイクが収録されています。その他、楽曲の詳細はジャケット記載のクレジットを参照してください。ストーンズの初期スタジオ・セッション・シリーズ、デビュー前の1961年の音源から1963年12月までのデモ・レコーディングおよびスタジオ・セッションを網羅したセッション・シリーズの第一弾です。第二弾として1964年のスタジオ・レコーディング・セッションを予定しております。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

LITTLE BOY BLUE AND THE BLUE BOYS BOB BECKWITH'S HOME BEXLEYHEATH DICK TAYLOR'S HOME DARTFORD Late 1961 - Early 1962 01. Around And Around 02. Little Queenie 03. Beautiful Delilah 04. Go On To School aka On YOur Way To School / Wee Baby Blues 05. I Ain't Got You 06. I'm Left You're Right She's One 07. Down The Road Apiece 08. Don't Want No Woman 09. Johnny B Goode 10. Little Queenie 11. Beautiful Delilah 12. La Bamba THE ROLLIN’ STONES CURLY CLAYTON SOUND STUDIO October 27, 1962 13. You Can't Judge A Book By The Cover
LONDON, PORTLAND PLACE, IBC STUDIOS March 11, 1963 14. Roadrunner 15. Diddley Daddy 16. I Want to Be Loved Early take
17. Baby What´s Wrong aka Honey What's Wrong 18. Bright Lights Big City THE ROLLING STONES DECCA STUDIOS WEST HAMSTEAD LONDON July 9 & 16, 1963 19. Fortune Teller without harmonica July 7, 1963 20. Poison Ivy with guiro July 16, 1963 LONDON, HOLBORN, DE LANE LEA STUDIOS November 14, 1963 21. Go Home Girl UNKNOW RECORDING PLACE - Unknow recording date 22. Rice Krispies Jingle
UNKNOW RECORDING PLACE - Unknow recording date 23. Lonely Week-ends 24. Secret Love LONDON, REGENT SOUND STUDIOS November 20 & 21 / December 1963 25. My Only Girl Early ver. ‘That Girl Belongs To Yesterday Nov 20, 1963 26. Leave Me Alone Nov 20 & 21, 1963 27. Will You Be My Lover Tonight Nov 20 & 21, 1963 28. It Should Be You Nov 20 & 21, 1963 29. It Should Be You Nov 20 & 21, 1963 Stones version 30. Medley - You've Just Made My Day - I'm Relyin' On You - You Must Be The One - So Much In Love - Give Me Your Hand - Shang A Doo Lang - When A Girl Loves A Boy - No One Knows 31. Shang A Doo Lang 20 & 21/11/63 32. 365 Rolling Stones (One for every day of the year) Dec 1963
33. I Do Like to Seem Me On The ‘B’ Side Dec 1963



ローリング・ストーンズ
Beggars Banquet Sessions
MF-42/43/44
SBD
3CD
\7,800
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


ストーンズ専門レーベルとして新旧の厳選したマテリアルをリリースしているMayflowerレーベルより、60年代のスタジオ・セッションがシリーズ化されます。まずその第一弾として選ばれたのは名盤「ベガーズバンケット」のアウトテイクを網羅したタイトルになります。

このシリーズの特長として、アルバム収録順ではなく、あくまで史実に即してレコーディング順に収録されている点が挙げられます。本作は1968年3月から4月にかけてロンドンのオリンピックスタジオにおけるレコーディングから収録。最初は延々と「Jigsaw Puzzle」のセッションが続きます。実にテイク1からテイク14まで収録されており、楽曲の制作過程が伺える貴重な録音。「Child Of The Moon」のアコースティックによるインストテイクは、印象的なピアノがライトから聴こえ、さらにミックのヴォーカルがかすかに聞こえるというもの。「Pay Their Dues」は「Street Fighting Man」のプロトテイクで、メロディやリフはまんまなのですが、歌詞が全く異なり、リリーステイクに慣れた耳にはいくぶん収まりの悪い印象を受けます。1968年4月20日には「Jumping Jack Flash」のプロモフィルムが撮影され、5月に入るとさらにアルバムのためのセッションが再開されます。「No Expectations」はアコースティックによるデモ的な音源で、何の処理も施されていないミックのヴォーカルが生の声という感じでたまりません。一方エレクトリック・バージョンの方はギターの音が全面に出ており、アップテンポでドラムも入るというもの。両方を聞いてリリースにはアコースティック・バージョンが採用されたのがわかる気がします。「Dear Doctor」はカントリー風のルーズな雰囲気を持つ曲ですが、テイク1はテンポが速く、ミックが元気いっぱいに歌うというもの。それがテイクを重ねるごとにテンポを落とし、丁寧にかつゆっくりとした曲に変化していく様が非常に興味深いです。1968年6月に行なわれた「悪魔を憐れむ歌」のセッションは、ご存知の通り映画として撮影されており、ここにはそのサウンドトラックから同曲のセッション部分が収録されています。単調な繰り返しが徐々に盛り上がって良き大団円を迎えるという、ボレロみたいな構成の曲。バンドがひとつずつ音を積み重ねていきあのようなクセになる呪術的な曲が出来上がったというのが、ここに収録の音源から伺えます。その他、収録トラックの詳細はジャケットにデータとしてきちんと記載されていますので、ぜひご確認ください。ストーンズの初期スタジオ・セッション・シリーズは、名盤「Beggars Banquet」のセッション音源をディスク3枚に渡って網羅した決定盤です。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

DISC ONE
LONDON, OLYMPIC SOUND STUDIOS March 17 - April 3, 1968 01. Jigsaw Puzzle Take 1 March 23, 1968 02. Jigsaw Puzzle Take 2 March 23, 1968 03. Jigsaw Puzzle Take 3, 4 & 5 March 23, 1968 04. Jigsaw Puzzle Take 6 March 23, 1968 05. Jigsaw Puzzle Take 7 & 8 March 23, 1968 06. Jigsaw Puzzle Take 9 March 23, 1968 07. Jigsaw Puzzle Take 10 March 23, 1968 08. Jigsaw Puzzle Take 11 March 23, 1968 09. Jigsaw Puzzle Take 12 March 23, 1968 10. Jigsaw Puzzle Take 13 March 23, 1968 11. Jigsaw Puzzle Take 14 March 23, 1968 12. Parachute Woman Early mix March 25, 1968 13. Parachute Woman Rock'n'Roll Circus 14. Child Of The Moon Acoustic instrumental March 29, 1968 15. Child Of The Moon Backing track 16. (Did Everybody) Pay Their Dues (aka Pay Your Dues / Street Fighting Man) March 31, 1968 17. Stray Cat Blues April 3, 1968

DISC TWO
LONDON, OLYMPIC SOUND STUDIOS April 20, 1968 01. Jumping Jack Flash Backing track  02. Jumping Jack Flash Promo single 03. Jumping Jack Flash vocals April 27, 1968 Promo film LONDON, OLYMPIC SOUND STUDIOS May 13 or 21 - 23, 1968 04. Street Fighting Man longer outro May 23, 1968 05. No Expectations Acoustic #1 06. No Expectations Acoustic #2 07. No Expectations Electric 08. Factory Girl Alternate fiddle mix 09. Dear Doctor #1 10. Dear Doctor #2 11. Dear Doctor #3 12. Family Electric 13. Blood Red Wine 14. Still A Fool aka Catfish / Two Train Blues 15. Give Me A Hamburger To Go aka Stuck Out All Alone 16. Prodigal Son Rev. Robert Wilkins LOS ANGELES, HOLLYWOOD, SUNSET SOUND STUDIOS May 13 or 21 - 23, 1968 17. Jigsaw Puzzle without vocal overdubs BKR’S HOME, REDLANDS, WEST WITTERING Feb or Jul 1968 LONDON, OLYMPIC SOUND Studios March 17 - April 3, 1968 STARGROVES, Newbury Oct 1970 18. Highway Child aka Highway Bound / The Vulture

DISC THREE
LONDON, OLYMPIC SOUND STUDIOS June 4 - 10, 1968 01. Sympathy for the Devil #1 Acoustic Released on One + One 02. Sympathy for the Devil #2 Released on One + One 03. Sympathy for the Devil #3 Guitar riffs Released on One + One 04. Sympathy for the Devil #4 Part 1 to 3 Released on One + One 05. Sympathy for the Devil #5 & #6 Released on One + One 06. Sympathy for the Devil #7 Released on One + One 07. Sympathy for the Devil #8 Released on One + One 08. Sympathy for the Devil #9 Released on One + One 09. London Jam Instrumental part 1 & 2 Released on One + One 10. Untitled Jam Instrumental LONDON, OLYMPIC SOUND STUDIOS June 28, 1968 11. Family Acoustic, without bass & vocal overdubs 12. Family Acoustic, released on Metamorphosis LOS ANGELES, HOLLYWOOD, SUNSET SOUND STUDIOS July 7 - 25, 1968 13. Salt of the Hearth Early mix LONDON, UNKNOWN STUDIOS September 1968 14. Memo From Turner Mick Jagger demo 15. Memo From Turner Mick Jaegger solo released on Performance OST Sep 19, 1970 LONDON, OLYMPIC SOUND STUDIOS November 17, 1968 16. Memo From Turner Alternate vocals 17. Memo From Turner released on Metamorphosis 18. Memo From Turner demo



ローリング・ストーンズ
Beggars Banquet Sessions
GOLDPLATE GP-1209DVD1/2 CD1
SBD
2DVD+1CD
\5,500
個数


68年ローリング・ストーンズの歴史的名盤である『ベガーズ・バンケット』のセッション音源と当時の貴重映像を盛り込んだDVD2枚組&CDによる最新編集コレクターズ・エディションが登場!
3時間以上に及ぶセッション音源とアルバム音源を集結したミュージックDVDそして映像コレクションDVDさらに初CD化のレア音源等で再構成されたオルタネイト・アルバムCDによるヴォリュームたっぷりの内容で60年代ストーンズが生み出した最高傑作『ベガーズ・バンケット』を音と映像で徹底的に追求した決定版です!


[コレクターズ・ポイント]
68年に発表されまもなく45周年となるアルバム『ベガーズ・バンケット』そして代名詞となったシングル「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」を含めたこの時期のセッション音源は60年代ストーンズが原点回帰したターニング・ポイントとして見逃せない内容となってます。

DVD1はアルバム音源バリエーションとして貴重なUKオリジナルMONO音源と最新5.1サラウンド・ミックス音源を両方収録。
そしてトータル3時間以上に及ぶセッション音源が時系列にセッション1~3でまとめられています。
初登場音源のマルチトラック音源やアップグレード・クオリティのリマスター・セッション音源等『ベガーズ・バンケット』関連音源を完全網羅。
チャプター・タイトル付きのイメージ画像をガイドにスタジオ・アウトテイクス音源を高音質でまとめて聴ける便利な内容で時間CD約5枚分のヴォリュームをDVD1枚に集約したミュージックDVDとなってます。

DVD2は68年映像コレクションで「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」「ストリート・ファイティング・マン」映像3パターン収録はじめこの時期の珍しいインタビュー映像等も収録。
ビデオ映像だけで90分以上収録されています。

さらにCDはオルタネイト・アルバムとして全曲レア音源でアルバムを再構築。初CD化音源となる「悪魔を憐れむ歌」「ストレイ・キャット・ブルース」のマルチトラック・リミックスからデモ音源やアーリー・ミックスまで音質も最高クオリティのアップグレード音源ばかりでDVD1収録のセッション音源からのベスト編集およびシングル音源が追加された独自のコンピレーションとなってます。
(ちなみにDVD1&2はDVDビデオ・フォーマットなので通常のDVDプレイヤーやPCで再生可能です。)

DVD ONE
BEGGARS BANQUET SESSIONS 5.1 SURROUND&ORIGINAL MONO - COMPLETE ALBUM
1. Sympathy For The Devil 2. No Expectations 3. Dear Doctor 4. Parachute Woman 5. Jigsaw Puzzle 6. Street Fighting Man
7. Prodigal Son 8. Stray Cat Blues 9. Factory Girl 10. Salt Of The Earth NTSC 16:9 time aprox. 40min. Dolby Digital 5.1 Surround Sound + Original MONO

SESSIONS ONE
1. Stray Cat Blues (Session) 2. Stray Cat Blues (Back track) 3. Stray Cat Blues (Vocal track) 4. Stray Cat Blues (Alternate remix) 5. Jigsaw Puzzle (Take 1) 6. Jigsaw Puzzle (Take 2) 7. Jigsaw Puzzle (Take 3 to 5) 8. Jigsaw Puzzle (Take 6)
9. Jigsaw Puzzle (Take 7 & 8) 10. Jigsaw Puzzle (Take 9) 11. Jigsaw Puzzle (Take 10) 12. Jigsaw Puzzle (Take 11) 13. Jigsaw Puzzle (Take 12) 14. Jigsaw Puzzle (Take 13) 15. Jigsaw Puzzle (Take 14) 16. Parachute Woman (Early mix) 17. (Did Everybody) Pay Their Dues (aka.Street Fighting Man) 18. Child Of The Moon (Acoustic instrumental) 19. Child Of The Moon (Back track) Recorded At Olympic Sound Studios, London - 17th March to 3rd April 1968

SESSIONS TWO
1. Jumpin' Jack Flash (Backing track) 2. Jumpin' Jack Flash (Promo single version) 3. Jumpin' Jack Flash (Promo film soundtrack) Recorded At Olympic Sound Studios, London - 20th to 27th April 1968 4. Street Fighting Man (Longer outro) 5. No Expectations (Acoustic version 1) 6. No Expectations (Acoustic version 2) 7. Factory Girl (Alternate fiddle mix) 8. Dear Doctor (Take 1) 9. Dear Doctor (Take 2) 10. Dear Doctor (Extended version) 11. Family (Electric version) 12. Blood Red Wine 13. Still A Fool (aka.Catfish / Two Train Blues) 14. Give Me A Hamburger To Go (aka.Stuck Out All Alone) 15. Prodigal Son (Alternate mix) Recorded At Olympic Sound Studios, London - 13rd or 21th to 23rd May 1968 16.Jigsaw Puzzle (without vocal overdubs) Recorded At Sunset Sound Studios, Hollywood, Los Angeles - 13rd or 21th to 23rd May 1968 17. Highway Child (aka.Highway Bound / The Vulture) Keith's House - February or July 1968 / Recorded At Olympic Sound Studios, London - 17th March to 3rd April 1968 or Stargloves, Newbury - October 1970

SESSIONS THREE
1. Sympathy For The Devil (Alternate remix) 2. Sympathy For The Devil (Back track) 3. Sympathy For The Devil (Vocal track) Recorded At Olympic Sound Studios, London - 4th to 10th June 1968 4. Family (Acoustic version - without bass and vocal overdubs) 5. Family (Metamorphosis version - Metamorphosis) Recorded At Olympic Sound Studios, London - 28th June 1968 6. Salt Of The Earth (Early mix) Recorded At Sunset Sound Studios, Hollywood, Los Angeles - 7th to 25th July 1968 7. No Expectations (Rehearsals) 8. Parachute Woman (Rehearsals) Rock And Roll Circus Rehearsals Recorded At Intertel Studios, London - 10th December 1968 9. Memo From Turner (Mick Jagger demo) 10. Memo From Turner (Mick Jagger - "Performance" movie) Recorded At Unknown Studios, London - September 1968 11. Memo From Turner (Alternate vocal version) 12. Memo From Turner (Metamorphosis version) 13. Memo From Turner (Single version) Recorded At Olympic Sound Studios, London - 17th November 1968 NTSC 16:9 dolby digital stereo/mono time approx.3h30min.(=210min.)

DVD TWO
BEGGARS BANQUET VIDEO CLIPS
1. Jumpin' Jack Flash (version 1 - b&w) 2. Jumpin' Jack Flash (version 1 - colour) 3. Jumpin' Jack Flash (version 2 - colour) 4. Child Of The Moon (promotion film) 5. Beggars Banquet Party 6. Street Fighting Man (montage film) 7. Street Fighting Man (italian movie) 8. Street Fighting Man (live) 9. Interview 1968 (Mick and Keith)
10. Sympathy For The Devil ("one plus one" movie) 11. Sympathy For The Devil ("frost on sunday" TV show) 12. Memo From Turner ("performance" movie) NTSC 16:9 Dolby Digital Stereo time aprox. 100min.

CD
BEGGARS BANQUET ALTERNATE ALBUM
1. Sympathy For The Devil (Alternate remix) 2. No Expectations (Acoustic version) 3. Dear Doctor (Extended version) 4. Parachute Woman (Early mix) 5. Jigsaw Puzzle (without vocal overdubs) 6. Street Fighting Man (Did Everybody Pay Their Dues) (Early version) 7. Prodigal Son (Alternate mix) 8. Stray Cat Blues (Alternate remix) 9. Factory Girl (Alternate fiddle mix) 10. Salt Of The Earth (Early mix)+11. Jumpin' Jack Flash (Original single mono version) 12. Child Of The Moon (Original Single mono version) 13. Street Fighting Man (Original Single mono version) 14. No Expectations (Original Single mono version) 15. Sympathy For The Devil (Alternate mono mix) 16. Blood Red Wine 17. Highway Child 18. Give Me A Hamburger To Go 19. Memo From Turner (Alternate loop mix)

THE ROLLING STONES
Mick Jagger - lead vocals
Keith Richards - guitar, vocals
Brian Jones - guitar, vocals
Bill Wyman - bass
Charlie Watts - drums, percussion



ローリング・ストーンズ
The Olympic Years 1967-1970
SODD-139
SBD
1CD
\2,700
個数


ザ・ローリング・ストーンズ、1967年から1970年までの貴重なレア音源をコンピレーションしたタイトルが登場です!

レコーディング時期としては、「Their Satanic Majesties Request」から「Beggars Banquet」「Let It Bleed」「Sticky Fingers」までのストーンズとしては最も充実?!していた頃、ブライアン・ジョーンズ脱退、ミック・テイラー加入、ブライアン死去と怒涛の時期であり、このあたりのストーンズ(テイラー期)が好きだと言う方も多いと思います。

その時期のレア音源コンピレーションとくれば聴かないわけにはいかないでしょう!
聴きどころは、やはりミック・テイラーの活躍!
ストーンズに電撃加入し水を得た魚のようにリフ(スライド)を弾きまくるミック・テイラー!
それに合わせ、イカしたバッキング(オープン・チューニング)を刻むキース・リチャーズ。タイトなリズム隊ビル・ワイマン、チャーリー・ワッツ。
そして、その全てを全身で受け止め表現するミック・ジャガーのヴォーカル!
まさに、この時代の、この5人にしか作り出せないマジックが体現出来る至福のタイトルです!

01. Cosmic Christmas
02. Family
03. You Can’t Always Get What You Want
04. Memo From Turner
05. Hamburger To Go
06. Sweet Lucy
07. Blood Red Wine
08. I’m A Country Boy
09. You Got The Silver
10. Did Everybody Pay Their Dues
11. Still A Fool
12. I’m Going Down
13. Honky Tonk Woman
14. Gimme Shelter
15. Brown Sugar
16. Sway
17. Schoolboy Blues



ローリング・ストーンズ
STUDIO SESSIONS 1964
mayflower MF-46/47
SBD
2CD
\7,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


ストーンズ専門レーベルとして新旧の厳選したマテリアルをリリースしているMayflowerレーベルより、60年代のスタジオ・セッションがシリーズ化されます。本作は1964年のスタジオ・アウトテイクを網羅したタイトルになります。 このシリーズの特長として、アルバム収録順ではなく、あくまで史実に即してレコーディング順に収録されている点が挙げられます。本作は1964年1月2日から、同年11月のセッションまで、ストーンズのオリジナル曲だけでなく、他のアーティストのセッションに参加した音源も含め、完全網羅されているのが特長です。収録楽曲の詳細はジャケット記載のクレジットを参照してください。ストーンズの初期スタジオ・セッション・シリーズ、1964年のスタジオ・セッションを網羅したセッション・シリーズの第二弾です。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

DISC ONE
LONDON, REGENT SOUND STUDIOS January 2, 1964
01. To Know Him Is To Love Him
02. There Are But Five Rolling Stones
LONDON, REGENT SOUND STUDIOS January 10 & February 4, 1964
03. Not Fade Away
Jan 10, 1964
04. Spector And Pitnay Came Too
Feb 4, 1964
05. Andrew's Blues Feb 4, 1964 LONDON, PYE STUDIOS February 6, 1964
06. Wake Up In The Morning aka Snip Snap Crackle
LONDON, REGENT SOUND STUDIOS February 13 & 24, 1964
07. Some Things Just Stick In Your Mind
Feb 13, 1964
08. Try A Little Harder Without horns
Feb 13, 1964
09. Try A Little Harder
Feb 13, 1964
10. Tell Me (You're coming back) Early version
Feb 24, 1964
LONDON, HOLBORN, DE LANE LEA STUDIOS March 11, 1964
11. As Time Goes By Demo for Marianne Faithfull
LONDON, REGENT SOUND STUDIOS May 12, 1964
12. Don't Lie To Me CHICAGO, CHESS STUDIOS
June 10 & 11, 1964
13. Time Is On My Side With organ intro
Jun 10, 1964
14. Down The Road Apiece Short take
Jun 1964
15. Down In The Bottom aka Meet Me In Tbe Bottom
Jun 11, 1964
16. Stewed And Keefed
Jun 10, 1964
17. Around And Around Without piano
Jun 11, 1964
18. Hi-Heel Sneakers
Jun 11, 1964
19. Tell Me Baby (How Many Times)
Jun 11, 1964
20. 2120 South Michigan Avenue Long version with harmonica
Jun 11, 1964
21. Reelin' And Rockin'
Jun 11, 1964
22. How Many More Years

DISC TWO
LONDON, REGENT SOUND & DECCA STUDIOS June 29 - July 7, 1964
01. I Get Around
02. I Know
03. Some Things Just Stick In Your Mind
04. Heart Of Stone
05. Heart Of Stone
LONDON, REGENT SOUND & DECCA STUDIOS July & August 31 - September 4, 1964
06. Da Doo Ron Ron
07. Memphis Tennesse
08. I Wanna Be Your Man
09. Blue Turns To Grey
10. Blue Turns To Grey
11. Each And Every Day
Of The Year Without strings
12. Each And Every Day Of The Year
13. (Walkin' Thru the) Sleepy City
14. (Walkin' Thru The) Sleepy City Alternate mix
15. We're Wastin' Time
16. Hear It
LONDON, REGENT SOUND STUDIOS September 28 & 29, 1964
17. We Were Falling In Love aka Waving Hair
CHICAGO, CHESS STUDIOS November 8, 1964
18. Goodbye Girl aka Get Back To The One You Love
19. Mercy Mercy Early faster, funkier version
20. Key To The Highway



ローリング・ストーンズ
BBC Sessions 1963-1965
Definitive New Remaster Edition
GOLDPLATE GP-1203CD1/2
SBD
2CD
\4,700
個数


1962年の結成から50周年を迎えるザ・ローリング・ストーンズの60年代BBCラジオ・セッションの集大成が登場!

63年9月のBBC初出演から65年まで英国BBCラジオ放送でのスタジオ・ライブやコンサート音源をほぼ年代順に収録した二枚組でこれまでの既発音源とは違ってオリジナル・マスターからの最新リマスタリングにより過去最高のサウンド・クオリティで聞くことが出来ます!
ストーンズの原点というべきリズム&ブルースやロックンロールは公式未発表のナンバーも多く60年代初期のカバー中心からやがて「サティスファクション」を生み出すまでのバンドの成長記録としてストーンズ・ファンにとっては見逃せない必聴定番コレクターズ・アイテムで2012年最新リマスタリング音源での決定版となる大推薦タイトルです!

[コレクターズ・ポイント]
60年代BBC音源に関してはザ・ビートルズやキンクス、ザ・フー等の有名どころのほとんどは公式リリースされてきましたがストーンズだけは未だに公式リリースされずに数多くのブートレッグを生み出してきました。
しかしながらこれまで不完全であったり音質にバラつきがあったりと何かしら問題あるものが多くまた廉価版等の多くは同一音源ばかりでほとんどアップデートされずじまいでした。
今回のコンピレーションは可能な限りオリジナル・マスターを元にした2012年最新リマスタリング音源で基本的に当時の原音に忠実なMONOマスタリングで収録。
唯一当時ステレオ収録された64年5月の「リズム・イン・ブルース」はもちろんオリジナル・ステレオ音源ですがそれ以外当時のラジオ放送は基本モノラルです。
しかし80年代BBC音源の再放送等を元にした多くのタイトルでは擬似ステレオ化して出回っていたのがほとんどで左右セパレーションで濁りのないフラットな純正モノラル音源ですべて収録された本作が最もナチュラルな音での収録となっており音質も現状最高のベスト・クオリティで収録されてます。
また再放送のなかった音源の一部はアナログ盤を元にしたものもありますがこちらも新たなマスタリングによりアップデートされており本来のクオリティの格差はあるものの全体として音質重視のベスト・ソースを基本に細部の編集や調整を施した最新リストア・バージョンとなってます。

Recorded BBC, London, UK 20th august 1965 YEH! YEH! Broadcast 30th august 1965
SATURDAY CLUB Broadcast 18th september 1965

DISC ONE
SATURDAY CLUB : Brian Matthew
1. Come On (Chuck Berry)
2. Memphis Tennessee (Chuck Berry)
3. Roll Over Beethoven (Chuck Berry)
Recorded Maida Vale Studio, London, UK
23th september 1963 Broadcast 26th october 1963

SATURDAY CLUB : Brian Matthew
4. Don't Lie To Me (Chuck Berry)
5. Mona (I Need You Baby) (Ellas McDaniel)
6. Walking The Dog (Rufus Thomas)
7. Bye Bye Johnny (Chuck Berry)
8. You Better Move On (Arthur Alexander)
9. I Wanna Be Your Man (John Lennon / Paul McCartney)
Recorded BBC, London, UK 3rd february 1964
Broadcast 8th february 1964

SATURDAY CLUB
10. Roll over Beethoven (Chuck Berry)
11. Beautiful Delilah (Chuck Berry)
Recorded Live From UK Tour february/march 1964
Broadcast 8th march 1964

BLUES IN RHYTHM : Long John Baldry
12. (Get Your Kicks On) Route 66 (Bobby Troup)
13. Cops And Robbers (Kent L. Harris)
14. You Better Move On (Arthur Alexander)
15. Mona (I Need You Baby) (Ellas McDaniel)
Recorded Camden Theatre, London, UK 19th march 1964
Broadcast 9th may 1964 (Original Stereo Master)

THE JOE LOSS POP SHOW : Joe Loss
16. Hi-Heel Sneakers (Robert Higginbotham)
17. Little By Little (Nanker Phelge / Phil Spector)
18. I Just Want To Make Love To You (Willie Dixon)
19. I'm Moving On (Hank Snow)
Recorded BBC, London, UK 10th april 1964
Broadcast 10th april 1964

SATURDAY CLUB : Brian Matthew
20. I Just Want To Make Love To You (Willie Dixon)
21. Walking The Dog (Rufus Thomas)
22. Not Fade Away (Norman Petty / Charles Hardin Holly)
23. Beautiful Delilah (Chuck Berry)
24. Hi-Heel Sneakers (Robert Higginbotham)
25. Carol (Chuck Berry)
Recorded BBC, London, UK 13th april 1964
Broadcast 18th april 1964

DISC TWO
SATURDAY CLUB : Brian Matthew
01. Down In The Bottom (Willie Dixon)
02. You Can Make It If You Try (Ted Jarrett)
03. (Get Your Kicks On) Route 66 (Bobby Troup)
04. Confessin' The Blues (Walter Brown / Jay McShann)
05. Down The Road Apiece (Don Raye)
Recorded BBC, London, UK 25th may1964
Broadcast 6th june 1964

THE JOE LOSS POP SHOW : Joe Loss
06. It's All Over Now (Bobby & Shirley Womack)
07. If You Need Me (Wilson Pickett / Robert Bateman)
08. Confessin' The Blues (Walter Brown / Jay McShann)
09. Carol (Chuck Berry)
10. Mona (I Need You Baby) (Ellas McDaniel)
Recorded BBC, London, UK 17th july 1964
Broadcast 17th july 1964

TOP GEAR : Brian Matthew
11. Around And Around (Chuck Berry)
12. If You Need Me (Wilson Pickett / Robert Bateman)
13. I Can't Be Satified (McKinley Morganfield)
14. Crackin' Up (Ellas McDaniel)
Recorded BBC, London, UK 17th july 1964
Broadcast 23rd july 1964

15. Ain't That Loving You Baby (Jimmy Reed)
Additional Data:RADIO RUXEMBOURG
from 17th april 1964 to 8th may 1964

RHYTHM AND BLUES : Alexis Korner
16. 2120 South Michigan Avenue (Naker Phelge)
Recorded BBC, London, UK 8th october 1964
Broadcast 31st october 1964

TOP GEAR : Brian Matthew
17. Everybody Needs Somebody To Love (Russell / Burke / Wexler)
18. Down The Road Apiece (Don Raye)
19. The Last Time (Mick Jagger / Keith Richards)
Recorded Playhouse Theatre, London, UK 1st march 1965
Broadcast 6th march 1965

YEH! YEH! : Tony Hall / SATURDAY CLUB : Brian Matthew
20. Interview With Mick Jagger And Brian Jones
21. Mercy Mercy (Don Covay / Ron Miller)
22. Oh Baby (We Got A Good Thing Going) (Barbara Lynn Ozen)
23. Interview With Mick Jagger
24. (I Can't Get No) Satisfaction (Mick Jagger / Keith Richards)
25. The Spider And The Fly (Mick Jagger / Keith Richards)
26. Interview With Mick Jagger
27. Cry To Me (Bert Russel)
28. Fanny Mae (Buster Brown / Robinson or Waymon Glasco)



ローリング・ストーンズ
Rolling Sixties
GOLDPLATE GP-1206DVD1/2
Pro-shot
2DVD
\4,800
個数


ザ・ローリング・ストーンズ結成50周年!60年代ストーンズの集大成となる究極の映像コレクションが2DVDスペシャル・エディションで登場!
60年代にビートルズと共にロックで世界を変えた栄光のストーンズの歴史を辿る貴重な映像アーカイブをトータル5時間以上まとめた注目の秘蔵映像コレクション。
現存するTVショウやプロモ映像さらにコンサート記録や珍しい記録映像含めたコレクター待望のコンピレーションでこれさえあれば60年代ストーンズの数ある映像マテリアルの代表的なものをすべて網羅した決定版!
史上最高のロックン・ロール・バンド、ザ・ローリング・ストーンズの原点そして60年代という激動の時代を記録したストーンズ結成50周年に相応しい内容・クオリティともに”最高にして最強”の大推薦タイトルです!!

注目の内容ですが4つのセクションでわかりやすくまとめられており”見るベスト・アルバム”というべき『BIG HITS』、マニアックなバージョン違いやレア映像が収録された『ALTERNATES AND RARITIES』、ライブ映像の『LIVE SHOWS』そして英米人気TVショウをまとめた『TV SHOWS』とトータル5時間以上に及ぶ貴重映像の数々をたっぷりと見ることができます。
『BIG HITS』 「サティスファクション」「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」等の代表的なヒット・ナンバーばかりをまとめた内容で当時のTVショウやプロモーション・ビデオを初期から年代順に収録したベスト・コレクションです。
いずれも2012年最新デジタル・リマスタリングで映像と音をリストアし最高のクオリティで収録しておりここまで優良画質ですべてまとめられたものは過去になくまさに”目からウロコ”の美麗映像は感動モノで往年のファン感涙の必見セクションです。
『ALTERNATES AND RARITIES』 ここではマニアックなバージョン違いやレア映像が収録されており超美麗クオリティに驚くストーンズ最初期のカラー記録である64年パテ・ニュースはじめマニアにはお馴染みの「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」別バージョンや珍しい「ストリート・ファイティング・マン」等、貴重映像がまとめらています。『LIVE SHOWS』 60年代ビートルズと共に出演し話題となった「NMEポール・ウィナーズ・コンサート」を64年、65年の現存するライブ映像および受賞シーンのみながら珍しい66年も収録。
さらに有名な「TAMIショウ」は公式とは違うワイド画面ではない4:3オリジナル放送バージョンで収録されています。
『TV SHOWS』 ストーンズの64年アメリカ初上陸から60年代通して世界各国でのTVショウ・ライブ映像を年代順に収録。「レディ・ステディ・ゴー!」「シンディグ!」「フラバルー」等60年代人気TVショウから珍しいフランスやオーストラリアでのTVショウも含め「エド・サリバン・ショウ」からは公式未収録の貴重なリハーサルだけを収録する等コレクターズとして価値あるレア映像ばかりを現存するマテリアルから一部画質のばらつきはあるものの代表的な必見映像はほぼ集められてます。これまでにも60年代ストーンズの映像アイテムは数多くありましたが画質の良くないビデオ落としや収録もバラバラなものが多くまた公式では見ることの出来ない貴重映像の多くは今回のこのコレクションでバッチリ網羅されてます!

ブライアン・ジョーンズ在籍時の懐かしい60年代ストーンズが甦る永久保存プレス盤DVD二枚組によるお宝映像満載で5時間以上内容たっぷりの必携コレクターズ・アイテム!これを見ればストーンズがあらためて大好きになる最高の映像アンソロジーです!!

DVD ONE
BIG HITS (BEST OF THE SIXTIES)
1. Not Fade Away (TV Edit Version 1964)
2. Around And Around (Live Film 1964)
3. It's All Over Now (French TV 1964)
4. The Last Time (Top Of The Pops 1965)
5. Heart Of Stone (Big Beat 1965)
6. (I Can't Get No) Satisfaction (Shindig 1965)
7. 19th Nervous Breakdown (Bandstand Special 1966)
8. As Tears Go By (Bandstand Special 1966)
9. Get Off Of My Cloud (Top Of The Pops 1965)
10. Lady Jane (Thank Your Lucky Stars 1966)
11. Paint It Black (Thank Your Lucky Stars 1966)
12. Have You Seen Your Mother, Baby, Standing In The Shadow? (Version 1)
13. Let's Spend The Night Together (Studio Version)
14. We Love You (Complete Version)
15. 2000 Light Years From Home (Promotion Video)
16. Child Of The Moon (Promotion Video)
17. Jumpin' Jack Flash (Version 1)
18. Sympathy For The Devil (Frost On Sunday 1968)
19. You Can't Always Get What You Want (The David Frost Show 1969)
20. Honky Tonk Women (Top Of The Pops 1969)
21. Gimme Shelter (Pop Go The Sixties 1969)

BIG HITS (HIGH QUALITY AND CLEAN REMASTER) 2012 ALTERNATES AND RARITIES
1. "Gathers No Moss" (Pathe News 1964)
2. Have You Seen Your Mother, Baby, Standing In The Shadow? (Version 2)
3. Have You Seen Your Mother, Baby, Standing In The Shadow? (Version 3 - Live)
4. Have You Seen Your Mother, Baby, Standing In The Shadow? (Photo Session)
5. Lady Jane (Promotional Edit Version)
6. Ruby Tuesday (Promotional TV Version)
7. Let's Spend The Night Together (French TV)
8. We Love You (Short Edit Version)
9. Jumpin' Jack Flash (Version 2 - Color)
10. Jumpin' Jack Flash (Version 2 - B&W)
11. Beggar's Banquet Party
12. Street Fighting Man (From The Movie)
13. Keith Playing Moog (From The Movie)
14. Music Scene 1969 LIVE SHOWS NME POLL WINNER'S CONCERT

BIG BEAT 1964 Live At Empire Pool, Wembley, UK 26th april 1964
1. Not Fade Away
2. I Just Wanna Make Love To You
3. I'm Alright

THE T.A.M.I. SHOW - Original TV Version Live At Civic Auditorium, Santa Monica, CA, USA 29th october 1964
4. Around And Around
5. Off The Hook
6. Time Is On My Side
7. It's All Over Now
8. I'm Alright
9. Let's Get Together

NME POLL WINNER'S CONCERT 1965 Live At Empire Pool, Wembley, UK 11th april 1965
10. Everybody Needs Somebody To Love
11. Pain In My Heart
12. Around And Around
13. The Last Time

NME POLL WINNER'S CONCERT 1966 Live At Empire Pool, Wembley, UK 1st may 1966
14. Ceremony Only

FILM ARCHIVE
15. Little Queenie (Madison Square Garden, New York, USA 28th november 1969)
16. (I Can't Get No) Satisfaction (Saville Theatre, London, UK 14th december 1969)

DVD TWO
TV SHOWS THE ARTHER HAYNES SHOW (7th february 1964)
1. I Wanna Be Your Man
2. You Better Move On

HOLLYWOOD PALACE SHOW (3rd june 1964)
3. Not Fade Away
4. I Just Wanna Make Love To You

THE MIKE DOUGLAS SHOW (18th june 1964)
5. Carol
6. Tell Me
7. Not Fade Away

THE RED SKELTON HOUR (5th august 1964)
8. Tell Me
9. Carol
10. It's All Over Now

QUOI DE NEUF - French TV (19th october 1964)
11. Carol
12. It's All Over Now

READY, STEADY, GO! (20th november 1964)
13. Off The Hook
14. Little Red Rooster
15. Around And Around

SHINDIG! (15th december 1964)
16. Oh Baby (We Got A Good Thing Goin')
17. Down The Road Apiece
18. Susie Q
19. Heart Of Stone

BIG BEAT'65 - Australian TV (29th january 1965)
20. Walking The Dog
21. Heart Of Stone
22. Little Red Rooster
23. Around And Around

SHIVAREE (16th may 1965)
24. Down The Road Apiece
25. Little Red Rooster
26. Play With Fire
27. The Last Time

SHINDIG! (20th may 1965)
28. Down The Road Apiece
29. Little Red Rooster
30. How Many More Years - Howlin' Wolf
31. The Last Time
32. Play With Fire
33. (I Can't Get No) Satisfaction

SHINDIG! (28th july 1965)
34. Good Times
35. Mercy Mercy
36. (I Can't Get No) Satisfaction

READY, STEADY, GO! (2nd september 1965)
37. I Got You Babe - Cathy McGowan&Brian Jones
38. Oh Baby (We Got A Good Thing Goin')
39. That's How Strong My Love Is
40. (I Can't Get No) Satisfaction

HULLABALOO (11th november 1965)
41. She Said Yeah
42. Get Off Of My Cloud

BANDSTAND SPECIAL - Australian TV (17th february 1966)
43. Get Off Of My Cloud
44. Play With Fire
45. 19th Nervous Breakdown
46. As Tears Go By
47. (I Can't Get No) Satisfaction

THANK YOUR LUCKY STARS (8th may 1966)
48. Lady Jane
49. Paint It Black READY, STEADY, GO! (27th may 1966)
50. I Am Waiting
51. Under My Thumb
52. Paint It Black

THE ED SULLIVAN SHOW - Rehearsal (15th january 1967)
53. Ruby Tuesday (Rehearsal)
54. Let's Spend The Night Together (Rehearsal)

TOP OF THE POPS (25th january 1967)
55. Let's Spend The Night Together

THE DAVID FROST SHOW (16th june 1969)
56. Honky Tonk Women

EXTRA Rice Crispies
TV Commercial 1&2 (6th february 1964)
Music Scene 1969 (Long Edit)



ローリング・ストーンズ
Touring History Volume Five
BAD WIZARD
Pro-Shot
1DVD
\2,700
個数


そのリリースするタイトルのクオリティの高さからマニアから絶大な支持を受けているSCORPIO系BAD WIZARDから大好評の”touring history”シリーズ第五弾を特価にて大放出いたします!

同じシリーズの”Vol..2”とは全37曲中11曲しか重複せず、しかもそれらを完全デジタルリマスタリングを施したアップグレードヴァージョンにて収録!はっきり言ってオフィシャルレベルの画質・音質を誇っています!それ以外にも冒頭からSTONESの曲を使用したシリアル・コーンフレークのCMなどレアな映像や過去に発売されていた劣悪PV集などを一蹴する超ハイ・クオリティな画質をお届けします!

*ディスクはプレス盤のオリジナルですが、ニューデザインジャケット・インナーブックレットなしの廉価盤になります。予めご了承下さい。

RARE VIDEO 1964-1969
01. Snip Snap Crackle(U.K,TV Commercial 1964)
2. I Wanna Be Your Man
03. You Better Move On(ATV Studio BBC TV Feb 7,1964)
04. Not Fade Away(“Top Of The Pops” Mar 4,1964)
05. Intro - Not Fade Away
06. I Just Wanna Make Love To You
07. I'm Alright(Empire Pool Wembley “Big Beat 64”BBC TV Show)
08. I Just Wanna Make Love To You(ABC-TV Studio Hollywood Palace”TV Show Jun 3,1964)
09. Not Fade Away(ABC-TV Studio Hollywood Palace”TV Show Jun 3,1964)
10. Rolling Stones "Gather Moss"
11. Around And Around(“Rolling Stones Gather Moss” Sep 21,1964)
12. Oh! Baby, We Got A Good Thing Going!(ABC-TV Show U.S.A Dec 15,1964)
13. Down The Road Apiece(ABC-TV Show U.S.A May 20,1965)
14. The Last Time(“Top Of The Pops” Bbc Tv Show May 23,1965)
15. Little Red Rooster 
16. How Many More Years
17. The Last Time
18. Play With Fire
19. (I Can't Get No) Satisfaction (ABC-TV Show U.S.A May 20,1965)
20. Good Times
21. Mercy Mercy
22. (I Can't Get No) Satisfaction (ABC-TV Show U.S.A July 28,1965)
23. Let's Spend The Night Together(“Top Of The Pops” BBC TV Show Jan 25,1967)
24. Let's Spend The Night Together(Promo Film Directed By Peter Whitehead Nov 1966)
25. We Love You(Promo Film Directed By Peter Whitehead July 30-31 1967)
26. Mick Jagger Interview(BBC-TV May 28,1967)
27. 2000 Light Years Away From Home(“Top Of The Pops” Nov 4,1967)
28. Child Of The Moon(Film Directed By Michael Lindsney Hogg)
29. Jumpin' Jack Flash(“Top Of The Pops” Bbc Tv Show Apr 27,1968)
30. Jumpin' Jack Flash(“Top Of The Pops” BBC TV Show Apr 20,1968)
31. Beggar's Banquet(Gore Hotel Dec 5,1968)
32. Jumpin' Jack Flash
33. Parachute Woman
34. Yo Can't Always Get What You Want
35. No Expectations
36. Sympathy For The Devil
37. Salt Of The Earth(Rock And Roll Circus Dec 10-12 1968)

Bonus Tracks - Hyde Park 1969
38. Eulogy For Brian Jones
39. I'm Yours She's Mine



ローリング・ストーンズ
Oakland Coliseum Arena 1969 FM-SB
SODD 029
SBD
1CD
\3,500
個数


Live'r Than You'll Ever Beで有名な1969年11月9日のオークランド公演セカンドショウのサウンドボード音源がSODDより登場!

このサウンドボード音源はビルグラハムにより録音され1972年頃にアメリカのFM局で放送されたものらしく古くはアナログLP時代からブート化されておりこのLPと同一マスターを使用したCDも登場していますが、既発盤はヒスノイズが多くたまにプチプチとノイズが入るものでした。本作は新たに発掘されたニューソースからのCD化で既発盤より数段クリアーな音質に仕上がっています。

ボーナストラックとしてHot Rocksの初回盤2LPに収録されていたBrown SugarとWild Horsesの別テイクも収録!

Oakland Coliseum Arena, Oakland, California, USA,November 9, 1969 (Second show)
01-Sympathy For The Devil 02-Stray Cat Blues 03-Prodigal Son 04-You Gotta Move 05-Love In Vain 06-Live With Me 07-Gimme Shelter 08-Little Queenie 09-(I Can ’t Get No) Satisfaction 10-Brown Sugar (Early Hot Rocks Version) 11-Wild Horses (Early Hot Rocks Version)



ローリング・ストーンズ
got Live if you want it!The 45th Anniversary Edition
avkco-001/001B
SBD
①1CD+1CD-R
②1CD
①\3,600
②\3,000
①限定盤 個数
②通常盤 個数


ザ・ローリング・ストーンズの初のライブ・アルバムとして1966年にリリースされた「got Live if you want it !」の45周年記念アニバーサリー・エディション(海外ソース)が遂に登場!!

当時、ロンドン・レコードの要請により編集されたライブ・アルバムですが、1966年10月のニューキャッスルとブリストルのライブを収録しているにもかかわらず、ジャケットにはロイヤル・アルバート・ホールでのライブとクレジットされていたり、スタジオ録音に歓声をオーバー・ダビングしたり、ボーカルが差し替えられたりと、メンバーもアルバムの仕上がりに納得出来ず厳密には正式なライブ・アルバムとは言いがたい作品でしたが、現在も現役で活動し続けているストーンズ、ましてやストーンズを作った男、ブライアン・ジョーンズ在籍時のものである事を考えれば、歴史的にも大変、貴重なタイトルと言えるでしょう!

本タイトルは、発売から45年を記念した海外製作によるリマスター&貴重なボーナス・トラックを多数収録した至福のアニバーサリー・エディション!まさに45年の時を越え現代に蘇ったロックン・ロール・バイブルです!

さらに、ブライアン・ジョーンズのストーンズのメンバーとして最後のライブとなった、これまたイワク付の番組「ロックン・ロール・サーカス」の収録前日リハーサル音源、番組本編音源(オフィシャル音源とはミックス違い)を収録した貴重なボーナスCDR付!!

(②※ボーナス・ディスクなしの通常盤も同時発売)

CD
01. Under My Thumb
02. Get Off Of My Cloud
03. Lady Jane
04. Not Fade Away
05. Everybody Needs Somebody To Love
06. Pain In My Heart
07. Route 66
08. I'm Moving On
09. The Last Time
10. 19th Nervous Breakdown
11. Time Is On My Side
12. I'm Alright
13. Have You Seen Your Mother Baby,Standing In The Shadow ?
14. (I Can't Get No) Satisfaction

<Bonus Tracks>
15. I'm All Right (Version 2)
16. Route 66 (Version 2)
17. Down The Road Apiece
18. I Just Wanna Make Love To You
19. I'm Moving On (Version 2)
20. Around & Around
21. Paint It Black
22. She Said Yeah
23. Mother's Little Helper
24. Under My Thumb (1966 Stereo mix)
25. Get Off My Cloud (1966 Stereo mix)
26. 19th Nervous Breakdown (1966 Stereo mix)
The Studio Songs (Without Audience)
27. Fortune Teller
28. I've Been Loving You Too Long
29. Fortune Teller (Version 2)

BONUS DISC
01. Jumping Jack Flash
[Live For Promo Film,London,Olympic Sound Studios,27th April 1968,U.K.]
02. You Can't Always Get What You Want / 03. Parachute Woman / 04. Sympathy For The Devi / 05. You Can't Always Get What You Want [Rehearsals for RRC,London,Intel Studios,10th December 1968,U.K.] 06. John Lennon's Intro / Jumping Jack Flash / 07. Parachute Woman / 08. No Expectations 09. You Can't Always Get What You Want / 10. Sympathy For The Devil / 11. Salt Of The Earth
[Live for RRC,London,Intel Studios,11th December 1968,U.K.]



ローリング・ストーンズ
Chicago Blues Sessions
MDNA-13073
SBD
1CD-R
\3,000
個数


ストーンズが敬愛してやまないシカゴ・ブルースの聖地でおこなわれた貴重なセッション集が入荷。
本作は、1964年から65年にかけて計3回、シカゴのチェス・スタジオでおこなわれたザ・ローリング・ストーンズの未発表セッションの数々を、超高音質ステレオ・サウンドボード録音にて収録したものです。全米デビュー後ほどなくおこなわれたこのセッションは、古くからマニアの間ではお馴染みの定番コレクターズ音源ですが、本作においてはその全てをデジタル・リマスタリングの施された素晴らしい音質で楽しむことが出来ます。オリジナル曲に加えて、マディ・ウォーターズにウィリー・ディクスン、オーティス・レディングからチャック・ベリーまで、ブルース・R&B・ソウルのナンバーが目白押し!聴き応え満点のコレクターズ・アイテムです。

01. It's All Over Now 02. I Can't Be Satisfied 03. Stewed And Keefed 04. Around And Around 05. Confessin' The Blues 06. Down In The Bottom 07. Empty Heart 08. Hi- Heel Sneakers 09. Down The Road Apiece 10. If You Need Me 11. Look What You've Done 12. Tell Me Baby 13. Time Is On My Side (Version 1) 14. Reelin' And Rockin' 15. Don't You Lie To Me 16. 2120 South Michigan Avenue 17. What A Shame 18. Fanny Mae 19. Little Red Rooster 20. Time Is On My Side (Version 2) 21. Goodbye Girl 22. Key To The Highway 23. Mercy, Mercy (Version 1) 24. Mercy, Mercy (Version 2) 25. That's How Strong My Love Is 26. The Under-Assistant West Coast Promotion Man 27. (I Can't Get No) Satisfaction

◆All tracks are recorded at Chess Studio, Chicago, USA
(track 01-16 / 10th & 11th June 1964) / (track 17-23 / 8th November 1964) / (track 24-27 / 10th May 1965)



ローリング・ストーンズ
The Complete ED SULLIVAN SHOWS
IRDVD-089
PRO-SHOT 61min.
1DVD-R
\2,600
個数


初期“ザ・ローリング・ストーンズ”コンプリート・エド・サリバン・ショー(海外ソース)が遂に登場!!

本タイトルは、1964年から1969年までにストーンズが出演した、言わずと知れた伝説のロックTVプログラム「エド・サリバン・ショー」での貴重なパフォーマンスを余すところなく収録した歴史的に価値のあるタイトルです。特にストーンズの創設者でありリーダーだった今は亡きブライアン・ジョーンズの元気な姿がたっぷり観られるのも見所のひとつです。通常はギターですが、ある時はリコーダー、そしてまたある時はシタールなどなど、実にマルチな才能と、そのカリスマ性で観る者を釘付けにするブライアンの雄姿は、まさに天才そのものであります。

後半は、中期ストーンズの立役者?!若き日のミック・テイラーが登場します。当時、21歳!とは思えない素晴らしいギター・テクニックは必見です!

※一部マスターに起因する若干のノイズなどがある事を予め御了承ください。

October 25,1964
01. AROUND AND AROUND / 02. TIME IS ON MY SIDE May 2,1965 03. THE LAST TIME / 04. LITTLE RED ROOSTER / 05. EVERYBODY NEEDS SOMEBODY TO LOVE

February 13,1966
06. (I CAN'T GET NO)SATISFACTION / 07. AS TEARS GO BY / 08. 19th NERVOUS BREAKDOWN September 11,1966 09. PAINT IT BLACK / 10. LADY JANE / 11. HAVE YOU EVER SEEN YOUR MOTHER BABY STANDING IN THE SHADOW ?

January 15, 1967(Rehearsal)
12. RUBY TUESDAY / 13. LET'S SEND THE NIGHT TOGETHER

January 15,1967
14. RUBY TUESDAY / 15. LET'S SPEND THE NIGHT TOGETHER

November 18,1969
16. GIMME SHELTER / 17. LOVE IN VAIN / 18. HONKY TONK WOMAN



ローリング・ストーンズ
Mr.JONES YEARS
IRDVD-55
Pro shot. 69min
1DVD-R+1CD-R
\3,400
個数


ROLLIG STONESの創設者であり、27歳の若さで、その人生に終止符を打った、天才ブライアン・ジョーンズ!彼が最も輝いていた1964年から1968年(ストーンズ在籍時)の数多くのライブ映像&プロモ・クリップの中から選りすぐりのパフォーマンスをチョイスした究極の映像集が遂に登場です!!

1963年結成以来、なんと46年間、世界1のROCK’N’ROLL BANDとして現在も現役で活動中のROLLING STONES、現在のストーンズが好きな方、ミック・テイラー期のストーンズが、やっぱり1番だという方、いや初期のストーンズが最高だという方、などなど、こんなに長きに渡り活動していれば、その好みは、多種多様に分かれる事とは思いますが、やはり、ストーンズの原点であるブライアン在籍時の活動なくしては、その後の世界制覇を語れないのではないのでしょうか??現在でも健在のストーンズ独特のサウンドである2台のギターの絡みはブライアンによって考えられたものであり、楽曲にフルート、ハープシコード、マリンバ、マンドリン、シタールなどを導入し、ロックに知的で新しい今までになかった試みを取り入れるなどアレンジャーとしての優れた才能もさる事ながら、そのファッションセンスも現在のロック・スターの原形となっているのは言うまでもありません。

没後40年、今もなお、世界中のファンやミュージシャンに愛されてやまないカリスマ性は永遠に不滅です!さらにスペシャル特典として1964年BBC Saturday Clubの貴重なライブ音源8曲を収録したCDR付です。永久保存盤!!

DVDR : Brian Jones Great Performance
CDR : BBC Saturday Club 1964.

DVDR :
01.Voice Of Brian Jones 1 02. It’s All Right 03. Around And Around 04. Time Is On My Side 05. It’s All Over Now 06. Medley 1964 07. I Just Wanna Make Love To You 08. Tell Me ? Carol 09. Off The Hook 10. (I Can’t Get No) Satisfaction 11. Voice Of Brian Jones 2 12. She Said Yeah 13. Get Off Of My Cloud 14. Under My Thumb 15. Lady Jane 16. Paint It Black 17. Have You Ever Seen Your Mother,Baby(Standing In The Shadow) 18. Let’s Spend The Night Together 19. 2000 Light Years From Home 20. Child Of The Moon 21. We Love You 22. Jumpin’ Jack Flash 23. Beggar’s Bunquet(Gore Hotel 1968) 24. stoned trailer 2005

CDR :
01. Not Fade Away 02. Beautiful Delilah 03. High Heeled Sneakers 04. Meet In The Bottom 05. You Can Make It If You Try 06. Route 66 07. Confessing The Blues 08. Down The Road Apiece



ローリング・ストーンズ
SATURDAY CLUB
SODD-110/110B
SBD
1CD+bonus 1DVDR
\3,600
個数


ローリング・ストーンズ専門SODDレーベル最新作、レーベル初となる初期ライブ・コンピレーション登場!!

ストーンズの創設者であるブライアン・ジョーンズ在席時の1964年と1965年、イギリスBBC SATURDAY CLUB出演時(session)のパフォーマンスを高音質で余すところなく収録。オフィシャルのスタジオ録音盤では味わえないストーンズ初期の生の荒々しいサウンドは圧巻です。さらに、1964年、チェス・スタジオ、RCAスタジオでの音源を追加収録。こちらも、オフィシャルのそれとは一線を画す素晴らしいサウンド。

おなじみの初回限定ボーナスDISC、今回は、これまた1964年、1965年のTV番組出演時の映像から画質の良いものをチョイスした初期ライブ映像集DVDR付。ローリング・ストーンズの歴史を知る上でも貴重でスペシャルなタイトルです!!

[CD]
October 26th 1964.
01. Come On 02. Memphis Tennessee 03. Roll Over Beethoven

February 8th 1964.
04. Ain't That Loving You Baby 05. Don't Lie To Me 06. Mona 07. Walking The Dog 08. Bye Bye Johnny 09. I Wanna Be Your Man 10. You Better Move On

March 8th 1964.
11. Roll Over Beethoven

April 18th 1964.
12. Not Fade Away 13. Walking The Dog 14. I Just Wanna Make Love To You 15. Beautiful Delilah 16. High Heeled Sneakers 17. Oh Carol

June 6th 1964.
18. Meet Me In The Bottom 19. You Can't Make It If You Try 20. Route 66 21. Confessin' The Blues 22. Down The Road Apiece

September 18th 1965.
23. Cry To Me 24. Fanny Mae

CHESS STUDIO Chicago November 8th 1964.
25. Mercy, Mercy 26. Key To The Highway 27. Good Bye Girl

REGENT SOUND STUDIO London February 5th 1964.
28. Susie Q

RCA HOLLYWOOD STUDIO Los Angeles October 27th & November 2th 1964.
29. Heart Of Stone (true stereo version)


[bonus DVDR]
LIVE 1964.
01. I’m All Right(It’s All Right) 02. Time Is On My Side 03. It’s All Over Now 04. Medley

LIVE 1965.
01. Everybody Needs Somebody 02. Pain In My Heart 03. Around And Around 04. The Last Time