コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ



関連ページ:ビートルズ

リンゴ・スター
&ヒズ・オールスター・バンド
2016 TOKYO #4
XAVEL-Silver Masterpiece Series-109
AUD
2CD
\4,600


2016年11月2日、オーチャードホールでおこなわれたツアー最終日のステージを、XAVELレーベル監修の驚愕のハイクオリティ・サウンドで完全収録。御大リンゴの「ラヴ&ピース」フィーリング全開のパフォーマンスと、名うての猛者が揃ったオール・スター・バンドによる至福の演奏を、ステレオ・サウンドボード録音に比肩する素晴らしすぎる音質で捉えた必聴メモリアル・アイテムです!有終の美を飾る本公演では、締めくくりに相応しい最高のパフォーマンスが展開されました。ホログラム加工仕様の美麗ジャケ、日本語帯つき、2枚組み限定プレスCD。

◆Orchard Hall, Tokyo, Japan 2nd November 2016
(Disc 1)
01. Intro 02. Matchbox 03. It Don't Come Easy 04. What Goes On 05. I Saw the Light 06. Evil Ways 07. Rosanna 08. Kyrie 09. Bang the Drum All Day 10. Boys 11. Don't Pass Me By 12. Yellow Submarine 13. Black Magic Woman/Gypsy Queen

(Disc 2)
01. Band Introduction 02. You're Sixteen 03. Back Off Boogaloo 04. You Are Mine 05. Africa 06. Oye como va 07. I Wanna Be Your Man 08. Love Is the Answer 09. Broken Wings 10. Hold the Line 11. Photograph 12. Act Naturally 13. With a Little Help From My Friends 14. Give Peace a Chance

◇Personnel; Ringo Starr (Drums, Keyboards, Percussion, Vocals) Steve Lukather (Vocals, Guitar) Gregg Rolie (Organ, Keyboards, Vocals) Todd Rundgren (Guitar, Harmonica, Bass, Percussion, Keyboards, Vocals) Richard Page (Bass, Acoustic Guitar, Vocals) Gregg Bissonette (Drums, Percussion, Vocals) Warren Ham (Vocals, Saxophone, Percussion, Keyboards)



リンゴ・スター
&ヒズ・オールスター・バンド
2016 Tokyo #4 Film
Alexander Blu-ray Disc-050
AUD
1DVD+1BD-R
\4,600


リンゴ・スター&ヒズ・オールスター・バンドの2016年来日ツアー最終日、11/2渋谷Bunkamuraオーチャード・ホールにおけるライブを超美麗映像にてプレスDVD&BDRに完全収録したアイテム!HDクオリティのオーディエンス・ショット映像2ソースを組み合わせたマルチカメラによるライブ収録、音声にはXAVELレーベルお馴染みのマルチIEMマトリクス音源が採用されており、まさしく今回の来日ツアーの決定版というに相応しい出来ばえです。会場一階中ほどからの見晴らし良好&安定感抜群の映像は必見!リンゴの来日公演を締めくくる記念すべきライブをXAVEL&Alexanderのハイクオリティ・アイテムでお楽しみください!

◆Live at Orchard Hall, Tokyo, Japan 2nd November 2016
01. Intro 02. Matchbox 03. It Don't Come Easy 04. What Goes On 05. I Saw the Light 06. Evil Ways 07. Rosanna 08. Kyrie 09. Bang the Drum All Day 10. Boys 11. Don't Pass Me By 12. Yellow Submarine 13. Black Magic Woman/Gypsy Queen 14. Band Introduction 15. You're Sixteen 16. Back Off Boogaloo 17. You Are Mine 18. Africa 19. Oye como va 20. I Wanna Be Your Man 21. Love Is the Answer 22. Broken Wings 23. Hold the Line 24. Photograph 25. Act Naturally 26. With a Little Help From My Friends 27. Give Peace a Chance 28. Outro
Bonus Track; ◆Aichi Prefectural Art Theater, Nagoya, Japan 25th October 2016
29. Red House



リンゴ・スター
&ヒズ・オールスター・バンド
LIVE IN TOKYO : 3 2016
SYLPH-1361
AUD
2CD-R
\4,040


第五弾!!18作目スタジオ・アルバム「ポストカーズ・フロム・パラダイス」を携え、ビートルズ来日から50年目にあたるアニヴァーサリー・イヤーに、リンゴが帰ってきました!!!豪華オールスター・バンドを率いての3年半振りとなった2016年ジャパンツアーより、7日目11月1日東京公演3日目を迫力&臨場感満点の極上級/超高音質にて完全収録!!ステレオ感やバランスもバッチリな、生々しい超リアル&ゴキゲンなサウンドで蘇ります!!また会場全体が一丸となった臨場感はタップリと、空気感までもリアルに再現!!もちろんシルフ・レーベルならではの丁寧なマスターリングも施された、超エクセレントな逸品ですので、熱くさせられる事間違いなし!!
もはや細かい内容説明は不要でしょう!!前回同様、TOTO「アフリカ」、MRミスター「キリエ」、そしてサンタナ「ブラック・マジック・ウーマン」といった各メンバーの代表曲もプレイされておりバラエティー満載!!リンゴの76歳とは思えない若々しい歌声とドラムプレイ、そして何といっても楽しくハッピーにさせてくれるエンターテイナーぶりにファンも魅了されっぱなしで、前回以上に観客とのやりとりも面白くてGOODです!!ラスト「想い出のフォトグラフ」「アクト・ナチュラリー」「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンド」3連発は会場の一体感も鳥肌もので感動必至です!!終始聴き応え満点のパワーアップした素晴らし過ぎるパフォーマンスはファン必聴と断言!!至福の2時間をお約束します!!シルフ・レーベルが美麗ジャケット・ワーク(帯付き)&極上サウンドにてお届けする追体験・東京公演3日目決定盤!! 感動と興奮がリアルに蘇る、必携メモリアル・アイテムが登場です!!

Live At Bunkamura Orchard Hall, Tokyo November 1st 2016

Disc-1
01. Intro 02. Matchbox 03. It Don't Come Easy
04. What Goes On 05. I Saw The Light (Todd Rundgren) 06. Evil Ways
(Gregg Rolie)
07. Rosanna (Steve Lukather & Warren Ham) 08. Kyrie (Richard Page)
09. Bang The Drum All Day (Todd Rundgren) 10. Boys 11. Don't Pass Me By
12. Stairway To Heaven Intro > Yellow Submarine
13. Black Magic Woman/Gypsy Queen (Gregg Rolie)... 60'50

Disc-2
01. Band Intro 02. You're Sixteen 03. Back Off Boogaloo
04. You Are Mine (Richard Page) 05. Africa (Steve Lukather & Warren Ham)
06. Oye Como Va (Gregg Rolie) 07. I Wanna Be Your Man
08. Love Is The Answer (Todd Rundgren) 09. Broken Wings (Richard Page)
10. Hold The Line (Steve Lukather & Warren Ham) 11. Photograph 12. Act
Naturally
13. With a Little Help From My Friends> 14. Give Peace A Chance 15.
Outro... 61'28

Ringo Starr - drums, keyboards, percussion, vocals  
Steve Lukather - guitar, vocals  
Gregg Rolie - organ, keyboards, vocals  
Todd Rundgren - guitar, harmonica, bass, percussion, vocals  
Richard Page - bass, acoustic guitar, vocals 
Warren Ham - saxophone, percussion, harmonica, keyboards, vocals
Gregg Bissonette - drums, percussion, vocals



リンゴ・スター
&ヒズ・オールスター・バンド
2016 TOKYO #3
XAVEL-Silver Masterpiece Series-108
AUD
2CD
\4,600


2016年11月1日、オーチャードホールでおこなわれたツアー七日目のステージを、XAVELレーベル監修の驚愕のハイクオリティ・サウンドで完全収録。御大リンゴの「ラヴ&ピース」フィーリング全開のパフォーマンスと、名うての猛者が揃ったオール・スター・バンドによる至福の演奏を、ステレオ・サウンドボード録音に比肩する素晴らしすぎる音質で捉えた必聴メモリアル・アイテムです!いよいよ大詰めを迎えた2016年ジャパンツアー、最高のパフォーマンスを最高音質でご確認あれ!ホログラム加工仕様の美麗ジャケ、日本語帯つき、2枚組み限定プレスCD。

◆Orchard Hall, Tokyo, Japan 1st November 2016
(Disc 1)
01. Intro 02. Matchbox 03. It Don't Come Easy 04. What Goes On 05. I Saw the Light 06. Evil Ways 07. Rosanna 08. Kyrie 09. Bang the Drum All Day 10. Boys 11. Don't Pass Me By 12. Yellow Submarine 13. Black Magic Woman/Gypsy Queen

(Disc 2)
01. Band Introduction 02. You're Sixteen 03. Back Off Boogaloo 04. You Are Mine 05. Africa 06. Oye como va 07. I Wanna Be Your Man 08. Love Is the Answer 09. Broken Wings 10. Hold the Line 11. Photograph 12. Act Naturally 13. With a Little Help From My Friends 14. Give Peace a Chance

◇Personnel; Ringo Starr (Drums, Keyboards, Percussion, Vocals) Steve Lukather (Vocals, Guitar) Gregg Rolie (Organ, Keyboards, Vocals) Todd Rundgren (Guitar, Harmonica, Bass, Percussion, Keyboards, Vocals) Richard Page (Bass, Acoustic Guitar, Vocals) Gregg Bissonette (Drums, Percussion, Vocals) Warren Ham (Vocals, Saxophone, Percussion, Keyboards)



リンゴ・スター
&ヒズ・オールスター・バンド
LIVE IN TOKYO : 2 2016
SYLPH-1360
AUD
2CD-R
\4,040


第四弾!!18作目スタジオ・アルバム「ポストカーズ・フロム・パラダイス」を携え、ビートルズ来日から50年目にあたるアニヴァーサリー・イヤーにリンゴが帰ってきました!!!豪華オールスター・バンドを率いての3年半振りとなった2016年ジャパンツアーより、6日目10月31日東京公演2日目を迫力&臨場感満点の極上級/超高音質にて完全収録!!量感タップリ&リアルに表現されたヴォーカルや各楽器隊、メンバーが奏でる音の絶妙なバランス、2MIXでの卓越したステレオ定位感、といった極上サウンドにて至福のライヴステージを完全再現!!また会場全体が一丸となった臨場感や空気感も堪りません!!もちろんシルフ・レーベルならではの丁寧なマスターリングも施された、超エクセレントな逸品ですので、熱くさせられる事間違いなし!!
もはや細かい内容説明は不要でしょう!!この日は、ハロウィンということで、メンバーが仮装して登場しており、オープニングのイントロ、ステージ上にはジャック・オー・ランタンやガイコツ人形などが飾られた特別仕様となっております!!福岡公演以降は全てセットリストは同じですが、「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンド」では、カントリー歌手のジミー・バフェットが飛び入り参加しています!!etc...前回同様、TOTO「アフリカ」、MRミスター「キリエ」、そしてサンタナ「ブラック・マジック・ウーマン」といった各メンバーの代表曲もプレイされておりバラエティー満載!!リンゴの76歳とは思えない若々しい歌声とドラムプレイ、そして何といっても楽しくハッピーにさせてくれるエンターテイナーぶりにファンも魅了されっぱなしで、 前回以上に観客とのやりとりも面白くてGOODです!!ラスト「想い出のフォトグラフ」「アクト・ナチュラリー」「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンド」3連発は会場の一体感も鳥肌もので感動必至です!!終始聴き応え満点のパワーアップした素晴らし過ぎるパフォーマンスはファン必聴と断言!!至福の2時間をお約束します!!シルフ・レーベルが美麗ジャケット・ワーク(帯付き)&極上サウンドにてお届けする追体験・東京公演2日目決定盤!! 感動と興奮がリアルに蘇る、必携メモリアル・アイテムが登場です!!

Live At Bunkamura Orchard Hall, Tokyo October 31th 2016

Disc-1
01. Intro(Halloween)  02. Matchbox 03. It Don't Come Easy
04. What Goes On 05. I Saw The Light (Todd Rundgren) 06. Evil Ways
(Gregg Rolie)
07. Rosanna (Steve Lukather & Warren Ham) 08. Kyrie (Richard Page)
09. Bang The Drum All Day (Todd Rundgren) 10. Boys 11. Don't Pass Me By
12. Stairway To Heaven Intro > Yellow Submarine
13. Black Magic Woman/Gypsy Queen (Gregg Rolie)... 60'59

Disc-2
01. Band Intro 02. You're Sixteen 03. Back Off Boogaloo
04. You Are Mine (Richard Page) 05. Africa (Steve Lukather & Warren Ham)
06. Oye Como Va (Gregg Rolie) 07. I Wanna Be Your Man
08. Love Is The Answer (Todd Rundgren) 09. Broken Wings (Richard Page)
10. Hold The Line (Steve Lukather & Warren Ham) 11. Photograph 12. Act
Naturally
13. With a Little Help From My Friends (with jimmy Buffett) >
14. Give Peace A Chance (with jimmy Buffett) 15. Outro...60'29

Ringo Starr - drums, keyboards, percussion, vocals  
Steve Lukather - guitar, vocals  
Gregg Rolie - organ, keyboards, vocals  
Todd Rundgren - guitar, harmonica, bass, percussion, vocals  
Richard Page - bass, acoustic guitar, vocals 
Warren Ham - saxophone, percussion, harmonica, keyboards, vocals
Gregg Bissonette - drums, percussion, vocals



リンゴ・スター
&ヒズ・オールスター・バンド
2016 TOKYO #2
XAVEL-Silver Masterpiece Series-107
AUD
2CD
\4,600


2016年10月31日、オーチャードホールでおこなわれたツアー六日目のステージを、XAVELレーベル監修の驚愕のハイクオリティ・サウンドで完全収録。御大リンゴの「ラヴ&ピース」フィーリング全開のパフォーマンスと、名うての猛者が揃ったオール・スター・バンドによる至福の演奏を、ステレオ・サウンドボード録音に比肩する素晴らしすぎる音質で捉えた必聴メモリアル・アイテムです!ハロウィン仕様のスペシャル・ライブを異次元の極上音質でお楽しみ下さい!ホログラム仕様の美麗ジャケ、日本語帯つき、2枚組み限定プレスCD。

◆Orchard Hall, Tokyo, Japan 31st October 2016
(Disc 1)
01. Intro 02. Matchbox 03. It Don't Come Easy 04. What Goes On 05. I Saw the Light 06. Evil Ways 07. Rosanna 08. Kyrie 09. Bang the Drum All Day 10. Boys 11. Don't Pass Me By 12. Yellow Submarine 13. Black Magic Woman/Gypsy Queen

(Disc 2)
01. Band Introduction 02. You're Sixteen 03. Back Off Boogaloo 04. You Are Mine 05. Africa 06. Oye como va 07. I Wanna Be Your Man 08. Love Is the Answer 09. Broken Wings 10. Hold the Line 11. Photograph 12. Act Naturally 13. With a Little Help From My Friends 14. Give Peace a Chance

◇Personnel; Ringo Starr (Drums, Keyboards, Percussion, Vocals) Steve Lukather (Vocals, Guitar) Gregg Rolie (Organ, Keyboards, Vocals) Todd Rundgren (Guitar, Harmonica, Bass, Percussion, Keyboards, Vocals) Richard Page (Bass, Acoustic Guitar, Vocals) Gregg Bissonette (Drums, Percussion, Vocals) Warren Ham (Vocals, Saxophone, Percussion, Keyboards)



リンゴ・スター
&ヒズ・オールスター・バンド
2016 TOKYO #1
XAVEL-Silver Masterpiece Series-106
AUD
2CD
\4,600


2016年10月30日、NHKホールでおこなわれた来日ツアー五日目のステージを、XAVELレーベル監修の驚愕のハイクオリティ・サウンドで完全収録。御大リンゴの「ラヴ&ピース」フィーリング全開のパフォーマンスと、名うての猛者が揃ったオール・スター・バンドによる至福の演奏を、ステレオ・サウンドボード録音に比肩する素晴らしすぎる音質で捉えた必聴メモリアル・アイテムです!ジャパン・ツアーも佳境、舞台を東京に移しておこなわれた初日のステージを最高音質でお楽しみ下さい!ホログラム仕様の美麗ジャケ、日本語帯つき、2枚組み限定プレスCD。

◆NHK Hall, Tokyo, Japan 30th October 2016
(Disc 1)
01. Intro 02. Matchbox 03. It Don't Come Easy 04. What Goes On 05. I Saw the Light 06. Evil Ways 07. Rosanna 08. Kyrie 09. Bang the Drum All Day 10. Boys 11. Don't Pass Me By 12. Yellow Submarine 13. Black Magic Woman/Gypsy Queen

(Disc 2)
01. Band Introduction 02. You're Sixteen 03. Back Off Boogaloo 04. You Are Mine 05. Africa 06. Oye como va 07. I Wanna Be Your Man 08. Love Is the Answer 09. Broken Wings 10. Hold the Line 11. Photograph 12. Act Naturally 13. With a Little Help From My Friends 14. Give Peace a Chance

◇Personnel; Ringo Starr (Drums, Keyboards, Percussion, Vocals) Steve Lukather (Vocals, Guitar) Gregg Rolie (Organ, Keyboards, Vocals) Todd Rundgren (Guitar, Harmonica, Bass, Percussion, Keyboards, Vocals) Richard Page (Bass, Acoustic Guitar, Vocals) Gregg Bissonette (Drums, Percussion, Vocals) Warren Ham (Vocals, Saxophone, Percussion, Keyboards)



リンゴ・スター
&ヒズ・オールスター・バンド
LIVE IN HIROSHIMA 2016
SYLPH-1355
AUD
2CD-R
\4,040


第三弾!!18作目スタジオ・アルバム「ポストカーズ・フロム・パラダイス」を携え、ビートルズ来日から50年目にあたるアニヴァーサリー・イヤーに、リンゴが帰ってきました!!!豪華オールスター・バンドを率いての3年半振りとなった2016年ジャパンツアーより、4日目10月28日広島公演を迫力&臨場感満点のオーディエンス最高クラスの極上級/超高音質にて完全収録!!量感タップリ&リアルに表現されたヴォーカルや各楽器隊、メンバーが奏でる音の絶妙なバランス、2MIXでの卓越したステレオ定位感、といった極上サウンドにて至福のライヴステージを完全再現!!また会場全体が一丸となった臨場感や空気感も堪りません!!もちろんシルフ・レーベルならではの丁寧なマスターリングも施された、文句無しの超エクセレントな逸品ですので、熱くさせられる事間違いなし!!
もはや細かい内容説明は不要でしょう!!この日は、リチャード・ペイジの喉の調子も戻り、「ユー・アー・マイン」と「ブロークン・ウイングス」が通常通り演奏されました!!ペイジが担当していた「アフリカ」「ホールド・ザ・ライン」でのハイトーン・ヴォイスはウォーレンが頑張って歌っております!!また「イエローサブマリン」の前での「天国への階段」の楽しいくだりも演ってます!!前半は大人しかったファンも、中盤以降は歓声や掛声なども多くなり、メンバー等共々、皆最高に盛り上がっております!!地方公演ならではの小さな会場なだけに、大阪・名古屋アイテムよりも更に音像が近く、ファンの大歓声と相まった、鳥肌必至のライヴ・アイテムとなっております!!!etc...前回同様、TOTO「アフリカ」、MRミスター「キリエ」、そしてサンタナ「ブラック・マジック・ウーマン」といった各メンバーの代表曲もプレイされておりバラエティー満載!!リンゴの76歳とは思えない若々しい歌声とドラムプレイ、そして何といっても楽しくハッピーにさせてくれるエンターテイナーぶりにファンも魅了されっぱなしで、前回以上に観客とのやりとりも面白くてGOODです!!ラスト「想い出のフォトグラフ」「アクト・ナチュラリー」「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンド」3連発は会場の一体感も鳥肌もので感動必至です!!終始聴き応え満点のパワーアップした素晴らし過ぎるパフォーマンスはファン必聴と断言!!至福の2時間をお約束します!!シルフ・レーベルが美麗ジャケット・ワーク(帯付き)&極上サウンドにてお届けする追体験・広島公演決定盤!! 感動と興奮がリアルに蘇る、必携メモリアル・アイテムが登場です!

Live At Hiroshima Bunka Gakuen HGB Hall, Hiroshima October 28th 2016

Disc-1
01. Opening BGM:Tears of Rage (The Band) 02. Matchbox 03. It Don't Come
Easy
04. What Goes On 05. I Saw The Light (Todd Rundgren) 06. Evil Ways
(Gregg Rolie)
07. Rosanna (Steve Lukather & Warren Ham) 08. Kyrie (Richard Page)
09. Bang The Drum All Day (Todd Rundgren) 10. Boys 11. Don't Pass Me By
12. Stairway To Heaven Intro > Yellow Submarine 13. Black Magic
Woman/Gypsy Queen (Gregg Rolie)

Disc-2
01. Band Intro 02. You're Sixteen 03. Back Off Boogaloo
04. You Are Mine (Richard Page) 05. Africa (Steve Lukather & Warren Ham)
06. Oye Como Va (Gregg Rolie) 07. I Wanna Be Your Man
08. Love Is The Answer (Todd Rundgren) 09. Broken Wings (Richard Page)
10. Hold The Line (Steve Lukather & Warren Ham) 11. Photograph 12. Act
Naturally
13. With a Little Help From My Friends > 14. Give Peace A Chance 15.
Outro

Ringo Starr - drums, keyboards, percussion, vocals  
Steve Lukather - guitar, vocals  
Gregg Rolie - organ, keyboards, vocals  
Todd Rundgren - guitar, harmonica, bass, percussion, vocals  
Richard Page - bass, acoustic guitar, vocals 
Warren Ham - saxophone, percussion, harmonica, keyboards, vocals
Gregg Bissonette - drums, percussion, vocals



リンゴ・スター
&ヒズ・オールスター・バンド
LIVE IN NAGOYA 2016
SYLPH-1354
AUD
2CD-R
\4,040


第二弾!!18作目スタジオ・アルバム「ポストカーズ・フロム・パラダイス」を携え、ビートルズ来日から50年目にあたるアニヴァーサリー・イヤーに、リンゴが帰ってきました!!!豪華オールスター・バンドを率いての3年半振りとなった2016年ジャパンツアーより、2日目10月25日名古屋公演を迫力&臨場感満点のオーディエンス最高クラスの極上級/超高音質にて完全収録!!量感タップリ&リアルに表現されたヴォーカルや各楽器隊、メンバーが奏でる音の絶妙なバランス、2MIXでの卓越したステレオ定位感、といった極上サウンドにて至福のライヴステージを完全再現!!また会場全体が一丸となった臨場感や空気感も堪りません!!もちろんシルフ・レーベルならではの丁寧なマスターリングも施された、文句無しの超エクセレントな逸品ですので、熱くさせられる事間違いなし!!
もはや細かい内容説明は不要でしょう!!この日は、リチャード・ペイジの喉の調子が悪かったようで、「ユー・アー・マイン」と「ブロークン・ウイングス」がカットされました。。。が、その代わりに、ルカサーによるジミヘン「レッド・ハウス」が登場!!リンゴがドラムを叩く「レッド・ハウス」は超激レアではないでしょうか!!ちなみに福岡以降は通常セットに戻りましたので、披露されたのはこの日のみかも?なので貴重ライヴ・テイクに間違いなし!!ペイジが担当していた「アフリカ」「ホールド・ザ・ライン」でのハイトーン・ヴォイスも、この日はウォーレンが頑張って歌っております!!そして「イエローサブマリン」の前では、「次の曲はみんなが知ってるナンバーだよ、レッドツェッペリンの」というリンゴのボケに対して、ルカサーが「天国への階段」のイントロを弾く一幕や、トッドが名古屋名物の手羽先を相当気に入ったらしく、その話を持ち歌前に2回もしていて笑えます!!また、ファンからの歓声や掛声なども多く、大阪以上にリンゴも終始上機嫌な好演です!!etc...前回同様、TOTO「アフリカ」、MRミスター「キリエ」、そしてサンタナ「ブラック・マジック・ウーマン」といった各メンバーの代表曲もプレイされておりバラエティー満載!!リンゴの76歳とは思えない若々しい歌声とドラムプレイ、そして何といっても楽しくハッピーにさせてくれるエンターテイナーぶりにファンも魅了されっぱなしで、前回以上に観客とのやりとりも面白くてGOODです!!ラスト「想い出のフォトグラフ」「アクト・ナチュラリー」「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンド」3連発は会場の一体感も鳥肌もので感動必至です!!終始聴き応え満点のパワーアップした素晴らし過ぎるパフォーマンスはファン必聴と断言!!
至福の2時間をお約束します!!シルフ・レーベルが美麗ジャケット・ワーク(帯付き)&極上サウンドにてお届けする追体験・名古屋公演決定盤!! 感動と興奮がリアルに蘇る、必携メモリアル・アイテムが登場です!!

Live At Aichi Prefectural Art Theater, Nagoya, Aichi October 25th 2016

Disc-1
01. Opening BGM: Jesus For The Jugular (The Veils) 02. Matchbox
03. It Don't Come Easy 04. What Goes On 05. I Saw The Light (Todd
Rundgren)
06. Evil Ways (Gregg Rolie) 07. Rosanna (Steve Lukather & Warren Ham)
08. Kyrie (Richard Page) 09. Bang The Drum All Day (Todd Rundgren)
10. Boys 11. Don't Pass Me By 12. Stairway To Heaven Intro > Yellow
Submarine
13. Black Magic Woman/Gypsy Queen (Gregg Rolie)...62'32

Disc-2
01. Band Intro 02. You're Sixteen 03. Back Off Boogaloo
04. Red House (Steve Lukather & Warren Ham)
05. Africa (Steve Lukather & Warren Ham) 06. Oye Como Va (Gregg Rolie)
07. I Wanna Be Your Man 08. Love Is The Answer (Todd Rundgren)
09. Hold The Line (Steve Lukather & Warren Ham) 10. Photograph
11. Act Naturally 12. With A Little Help From My Friends >
13. Give Peace A Chance 14. Outro... 54'24

Ringo Starr - drums, keyboards, percussion, vocals  
Steve Lukather - guitar, vocals  
Gregg Rolie - organ, keyboards, vocals  
Todd Rundgren - guitar, harmonica, bass, percussion, vocals  
Richard Page - bass, acoustic guitar, vocals 
Warren Ham - saxophone, percussion, harmonica, keyboards, vocals
Gregg Bissonette - drums, percussion, vocals



リンゴ・スター
&ヒズ・オールスター・バンド
2016 NAGOYA
XAVEL-Silver Masterpiece Series-105
AUD
2CD
\4,600


2016年10月25日、愛知県芸術劇場でおこなわれたツアー二日目のステージを、XAVELレーベル監修の驚愕のハイクオリティ・サウンドで完全収録。御大リンゴの「ラヴ&ピース」フィーリング全開のパフォーマンスと、名うての猛者が揃ったオール・スター・バンドによる至福の演奏を、ステレオ・サウンドボード録音に比肩する素晴らしすぎる音質で捉えた必聴メモリアル・アイテムです!リチャード・ペイジの喉の調子が思わしくないため、この日のライブでは「You Are Mine」「Broken Wings」がセット落ちしてしまいましたが、代わりにルークの熱いパッションがほとばしる「Red House」を聴くことが出来ます。ホログラム仕様の美麗ジャケ、日本語帯つき、2枚組み限定プレスCD。

◆Aichi Prefectural Art Theater, Nagoya, Japan 25th October 2016
(Disc 1)
01. Intro 02. Matchbox 03. It Don't Come Easy 04. What Goes On 05. I Saw the Light 06. Evil Ways 07. Rosanna 08. Kyrie 09. Bang the Drum All Day 10. Boys 11. Don't Pass Me By 12. Yellow Submarine 13. Black Magic Woman/Gypsy Queen

(Disc 2)
01. Band Introduction 02. You're Sixteen 03. Back Off Boogaloo 04. Red House 05. Africa 06. Oye como va 07. I Wanna Be Your Man 08. Love Is the Answer 09. Hold the Line 10. Photograph 11. Act Naturally 12. With a Little Help From My Friends 13. Give Peace a Chance

◇Personnel; Ringo Starr (Drums, Keyboards, Percussion, Vocals) Steve Lukather (Vocals, Guitar) Gregg Rolie (Organ, Keyboards, Vocals) Todd Rundgren (Guitar, Harmonica, Bass, Percussion, Keyboards, Vocals) Richard Page (Bass, Acoustic Guitar, Vocals) Gregg Bissonette (Drums, Percussion, Vocals) Warren Ham (Vocals, Saxophone, Percussion, Keyboards)



リンゴ・スター
&ヒズ・オールスター・バンド
2016 Nagoya Film
Alexander Blu-ray Disc-049
AUD
1BD-R+1DVD-R
\3,400


リンゴ・スター&ヒズ・オールスター・バンドの来日ツアーより、10/25愛知県芸術劇場公演をレーベル・オリジナルのHDクオリティ映像にて完全収録したアイテムが登場。
終始安定した視界良好なオーディエンス・ショット映像はストレス無くライブを楽しむことができます。
さて、XAVELレーベルからは後ほど今回のツアーより、大阪・名古屋・東京四公演の計6タイトルが限定プレスCDとしてリリース予定ですが、本作はプレス・アイテムの予告編とも言える映像アイテムとなっています。本作の音声部にはXAVELレーベルが監修したオリジナル音源を採用、とりわけトラック8「Kyrie」からトラック13「Black Magic Woman / Gypsy Queen」の6曲には、XAVELレーベルのお家芸「マルチIEM+オーディエンス・ソース マトリクス音源」のラフ・ミックスが音声として使用されており、ステレオ・サウンドボード音源と同等のクオリティに驚愕する事間違いなしです。後ほどリリースされるプレス・アイテムもお楽しみに!
この日の公演では来日ツアー中唯一セットリストが変更されており、スティーブ・ルカサーがヴォーカルをとる「Red House」が演奏されている点がポイントです。恐らくはリチャード・ペイジの喉の不調による緊急措置と思われますが、オールスター・バンドのツアーで披露される事はほぼ無いため、非常にレアと言えます。この後東京に場所を移してからは、ペイジも復調したようでセットリストは通常のものに戻っています。
XAVELレーベルのハイクオリティな映像と音質でお届けするリンゴの名古屋公演、ブルーレイとDVDのセットにてお届けいたします。今後のリリースにも乞うご期待!

◆Aichi Prefectural Art Theater, Nagoya, Japan 25th October 2016
01. Intro
02. Matchbox
03. It Don't Come Easy
04. What Goes On
05. I Saw the Light
06. Evil Ways
07. Rosanna
08. Kyrie
09. Bang the Drum All Day
10. Boys
11. Don't Pass Me By
12. Yellow Submarine
13. Black Magic Woman / Gypsy Queen
14. Band Introduction
15. You're Sixteen
16. Back Off Boogaloo
17. Red House
18. Africa
19. Oye como va
20. I Wanna Be Your Man
21. Love Is the Answer
22. Hold the Line
23. Photograph
24. Act Naturally
25. With a Little Help From My Friends
26. Give Peace a Chance



リンゴ・スター
&ヒズ・オールスター・バンド
2016 OSAKA
XAVEL-Silver Masterpiece Series-104
AUD
2CD
\4,600


2016年10月24日、オリックス劇場でおこなわれた来日ツアー初日のステージを、XAVELレーベル監修の驚愕のハイクオリティ・サウンドで完全収録。御大リンゴの「ラヴ&ピース」フィーリング全開のパフォーマンスと、名うての猛者が揃ったオール・スター・バンドによる至福の演奏を、ステレオ・サウンドボード録音に比肩する素晴らしすぎる音質で捉えた必聴メモリアル・アイテムです!記念すべきツアーの開幕ステージ、大盛況の大阪公演を別次元の極上音質でお楽しみ下さい!ホログラム仕様の美麗ジャケ、日本語帯つき、2枚組み限定プレスCD。

◆Orix Theater, Osaka, Japan 24th October 2016
(Disc 1)
01. Intro 02. Matchbox 03. It Don't Come Easy 04. What Goes On 05. I Saw the Light 06. Evil Ways 07. Rosanna 08. Kyrie 09. Bang the Drum All Day 10. Boys 11. Don't Pass Me By 12. Yellow Submarine 13. Black Magic Woman/Gypsy Queen

(Disc 2)
01. Band Introduction 02. You're Sixteen 03. Back Off Boogaloo 04. You Are Mine 05. Africa 06. Oye como va 07. I Wanna Be Your Man 08. Love Is the Answer 09. Broken Wings 10. Hold the Line 11. Photograph 12. Act Naturally 13. With a Little Help From My Friends 14. Give Peace a Chance

◇Personnel; Ringo Starr (Drums, Keyboards, Percussion, Vocals) Steve Lukather (Vocals, Guitar) Gregg Rolie (Organ, Keyboards, Vocals) Todd Rundgren (Guitar, Harmonica, Bass, Percussion, Keyboards, Vocals) Richard Page (Bass, Acoustic Guitar, Vocals) Gregg Bissonette (Drums, Percussion, Vocals) Warren Ham (Vocals, Saxophone, Percussion, Keyboards)



リンゴ・スター
&ヒズ・オールスター・バンド
LIVE IN OSAKA 2016
SYLPH-1353
AUD
2CD-R
\4,040


18作目スタジオ・アルバム「ポストカーズ・フロム・パラダイス」を携え、ビートルズ来日から50年目にあたるアニヴァーサリー・イヤーに、リンゴが帰ってきました!!!豪華オールスター・バンドを率いての3年半振りとなった2016年ジャパンツアーより、記念すべき初日10月24日大阪公演を迫力&臨場感満点のオーディエンス最高クラスの極上級/超高音質にて完全収録!!量感タップリ&リアルに表現されたヴォーカルや各楽器隊、メンバーが奏でる音の絶妙なバランス、2MIXでの卓越したステレオ定位感、といった極上サウンドにて至福のライヴステージを完全再現!!また会場全体が一丸となった臨場感や空気感も堪りません!!もちろんシルフ・レーベルならではの丁寧なマスターリングも施された、文句無しの超エクセレントな逸品ですので、熱くさせられる事間違いなし!!
もはや細かい内容説明は不要でしょう!!今回もスティーヴ・ルカサーやトッド・ラングレン他、米ロック界を代表する有名ミュージシャン達からなる豪華オールスター・バンドと共に、ビートルズ時代のナンバーまでタップリ披露!!前回ツアーでは演らなかったリンゴ・ナンバー「消えた恋(What Goes On)」「ユア・シックスティーン」「バック・オフ・ブーガルー」の3曲が登場!!特に「消えた恋(What Goes On)」は、この日が日本初披露となった貴重ライヴ・テイク!!「バック・オフ・ブーガルー」も、ラストは「ヘルター・スケルター」の一節を挿入するアレンジで披露されており堪りません!!グレッグ・ローリー・ナンバー「僕のリズムを聞いとくれ(Oye Como Va)」も新しくセットインしております!!また今ツアーには、マーク・リヴェラに代ってウォーレン・ハムが参加しており、極上サックス・プレイとハイトーン・ヴォーカルでも大活躍しております!!etc...前回同様、TOTO「アフリカ」、MRミスター「キリエ」、そしてサンタナ「ブラック・マジック・ウーマン」といった各メンバーの代表曲もプレイされておりバラエティー満載!!リンゴの76歳とは思えない若々しい歌声とドラムプレイ、そして何といっても楽しくハッピーにさせてくれるエンターテイナーぶりにファンも魅了されっぱなしで、前回以上に観客とのやりとりも面白くてGOODです!!
ラスト「想い出のフォトグラフ」「アクト・ナチュラリー」「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンド」3連発は会場の一体感も鳥肌もので感動必至です!!終始聴き応え満点のパワーアップした素晴らし過ぎるパフォーマンスはファン必聴と断言!!至福の2時間をお約束します!!シルフ・レーベルが美麗ジャケット・ワーク(帯付き)&極上サウンドにてお届けする追体験・大阪公演決定盤!! 感動と興奮がリアルに蘇る、必携メモリアル・アイテムが登場です!!

Live At Orix Theater, Osaka October 24th 2016

Disc-1
01. Opening BGM: Tears of Rage (The Band) 02. Matchbox 03. It Don't
Come Easy
04. What Goes On 05. I Saw The Light (Todd Rundgren) 06. Evil Ways
(Gregg Rolie)
07. Rosanna (Steve Lukather & Warren Ham) 08. Kyrie (Richard Page)
09. Bang The Drum All Day (Todd Rundgren) 10. Boys 11. Don't Pass Me By
12. Yellow Submarine 13. Black Magic Woman/Gypsy Queen (Gregg Rolie)...
59'28

Disc-2
01. Band Intro 02. You're Sixteen 03. Back Off Boogaloo
04. You Are Mine (Richard Page) 05. Africa (Steve Lukather & Richard
Page)
06. Oye Como Va (Gregg Rolie) 07. I Wanna Be Your Man
08. Love Is The Answer (Todd Rundgren) 09. Broken Wings (Richard Page)
10. Hold The Line (Steve Lukather & Richard Page) 11. Photograph 12.
Act Naturally
13. With a Little Help From My Friends > 14. Give Peace A Chance 15.
Outro... 60'31

Ringo Starr - drums, keyboards, percussion, vocals  
Steve Lukather - guitar, vocals  
Gregg Rolie - organ, keyboards, vocals  
Todd Rundgren - guitar, harmonica, bass, percussion, vocals  
Richard Page - bass, acoustic guitar, vocals 
Warren Ham - saxophone, percussion, harmonica, keyboards, vocals
Gregg Bissonette - drums, percussion, vocals



リンゴ・スター
&ヒズ・オールスター・バンド
PEACE & LOVE IN OSAKA
SYLPH-1181
AUD
2CD-R
\3,840


実に18年振りとなる来日公演が実現!!最新ソロ・アルバム「リンゴ2012」を引っ提げて行われた、リンゴ・スター&ヒズ・オールスター・バンドの2013年ジャパンツアーより、3月1日大阪でのライヴを迫力&臨場感も満点の超高音質にて完全収録!!
リンゴのヴォーカル、バンド演奏、サウンド・バランス、ファンの大歓声を始めとする全てを超リアルに収録!!
正に熱気溢れる会場丸ごと真空パック!!しかもシルフ・レーベルならではの丁寧なマスターリングも施された文句無しの超エクセレントな逸品です!!

もはや細かい内容説明は不要でしょう!!スティーヴ・ルカサーやトッド・ラングレン他、米ロック界を代表する有名ミュージシャン達からなる豪華オールスター・バンドと共に、ビートルズ時代からソロ最新ナンバーまでタップリ披露!!もちろんTOTO「ロザーナ」、MRミスター「キリエ」、そしてサンタナ「ブラック・マジック・ウーマン」といった各メンバーの代表曲もプレイされておりバラエティー満載!!リンゴの72歳とは思えない若々しい歌声とドラムプレイ、そして何といっても楽しくハッピーにさせてくれるエンターテイナーぶりにファンも魅了されっぱなしで、観客とのやりとりも面白くてGOODです!!またラスト「想い出のフォトグラフ」「アクト・ナチュラリー」「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンド」3連発は会場の一体感も鳥肌もので感動必至です!!etc...終始聴き応え満点の素晴らしいパフォーマンスはファン必聴間違いなし!!シルフレーベルが美麗ジャケット・ワーク(帯付き)&極上サウンドにてお届けする必携メモリアル・アイテムが登場です!!

LIVE AT ZEPP NAMBA, OSAKA MARCH 1ST 2013

DISC-ONE
1. Intro
2. Matchbox
3. It Don't Come Easy
4. Wings
5. I Saw The Light(Todd Rundgren)
6. Evil Ways(Gregg Rolie)
7. Rosanna(Steve Lukather & Mark Rivera)
8. Kyrie(Richard Page)
9. Don't Pass Me By
10. Bang The Drum All Day(Todd Rundgren)
11. Boys
12. Yellow Submarine
13. Black Magic Woman(Gregg Rolie)

DISC-TWO
1. Band Intro
2. Honey Don't
3. Anthem
4. You Are Mine(Richard Page)
5. Africa(Steve Lukather & Richard Page)
6. Everybody's Everything(Gregg Rolie)
7. I Wanna Be Your Man
8. Love Is The Answer(Todd Rundgren)
9. Broken Wings(Richard Page)
10. Hold The Line(Steve Lukather & Mark Rivera)
11. Photogragh
12. Act Naturally
13. With A Little Help From My Friend >
14. Give Peace A Chance
15.Outro

Ringo Starr - drums, keyboards, percussion, vocals
Steve Lukather(Toto) - guitar, vocals
Gregg Rolie(Santana and Journey) - organ, keyboards, vocals
Todd Rundgren(Nazz, Utopia and The New Cars) - guitar, harmonica, bass,
percussion, vocals
Richard Page(Mr. Mister) - bass, acoustic guitar, vocals
Mark Rivera - saxophone, percussion, keyboards, guitar, vocals
Gregg Bissonette - drums, percussion vocals



リンゴ・スター
COMPLETE PROMO CLIP COLLECTION
mccd-603/604
PRO-SHOT
2DVD
\7,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ビートルズ解散後、各メンバーの中で、最初にビルボード・チャートでナンバー1を獲得したのは、ジョージの「My Sweet Lord」であった。そして次がリンゴの「明日への願い」である。ジョンやポールよりも先にジョージが、そしてあろうことかリンゴが続くという予想外の展開で70年代は幕を開けた。偉大な二人の才能に抑圧されていた二人が自身のソロアルバムとシングルをいち早くリリースしたのは当然の流れかもしれないが、揃って順調な滑り出しでソロ活動を開始した点は注目に値する。それくらい元ビートルズの看板は有効に作用したということであろう。本作は、ポール、ジョン、ジョージに続いて、リンゴ・スターのソロ時代のプロモ映像を網羅したものとなっている。1970年から時系列に、別バージョン、別編集、そしてテレビ・スポットからテレビ・ショウでの演奏、そしてゲスト出演しているプロモまで、関連映像を網羅したものとなっている。1970年はファースト・アルバム『センチメンタル・ジャーニー』よりタイトル曲のプロモが制作された。このアルバム自体がアメリカのスタンダード・ナンバーのカバー・アルバムという企画上、ディナー・ショウのようなステージで歌うリンゴのバックには星条旗とユニオンジャックが並んで掲げられている。オーケストラにダンサーに非常に豪華なステージを模したもので、バックのスクリーンにはジャケット写真にも使われたパプの写真が投影されている。何よりリンゴのルックスが、髪こそ短くなっているものの、ゲット・バック・セッションの頃のそれであることに気付く。そして1971年にはリンゴ最大のヒット曲にして代表曲、ライヴでも必ず演奏される「明日への願い」である。本作には3バージョンに加え、それぞれを同時に見比べることが出来るマルチ・ビューでも収録している。バージョン1は森の中や不可思議な風景の中でリンゴが楽しそうに遊ぶというコンセプトで、様々なオーナメントや小道具が登場し、ちょうど同時期のジョージの趣味と被る気がする。バージョン2と3はは冬の雪山でピアノを叩きながら歌うリンゴを捉えたもの。バージョン2と3で微妙にショットが異なるのが特長である。1972年は「Back Off Boogaloo」を2バージョンに加え、撮影時のアウトテイク映像を収録している。長いヒゲが伸びたリンゴがフランケンシュタインと庭園を散歩するという演出となっている。骸骨がダンスを踊っているシーンや、わずかに挿入されるキングコングなど、オカルト的要素をユーモアたっぷりに描いている。1973年は、これもまたライヴでは欠かせない数少ないリンゴのヒット曲のひとつ「想い出のフォトグラフ」のプロモである。この辺になると完全にビートルズ時代の面影はなくなり、完全にソロ時代のリンゴとなっている。広い庭で林檎が様々な動物と出会う内容である。途中、何かのスタジアムの聴衆や、ジギー時代のデヴィッド・ボウイなど、意味不明な映像が挿入される。1974年はジョンからプレゼントしてもらった「Only You」である。アルバム『Goodnight Vienna』のジャケットと同じ衣装のリンゴや、やはりジャケットにもあるUFOが飛んでいるシーンなどで構成されている。1976年にはアルバム『リンゴズ・ロートグラヴィア』がリリースされる。華々しいスタートをきったリンゴのソロ活動も、この辺りからセールス的に苦戦を強いられるようになる。90年代以降はライヴに軸足を移行したのもそのためであろう。このアルバムでは第一弾シングル「ロックは恋の特効薬」のプロモは制作されず、「ヘイ・ベイビー」と「ユー・ドント・ノウ・ミー・アット・オール」がそれぞれ2バージョンと、「アイ・スティル・ラヴ・ユー」を本作では収録している。「ユー・ドント・ノウ・ミー・アット・オール」では驚きのスキンヘッドを披露している。1977年は『ウィングズ~リンゴ IV』が発表される。その1曲目の「ダウンイング・イン・ザ・シィーオブ・ラブ」ははアップテンポの名曲である。1980年代に入るとリンゴはアルコール依存症に悩まされることになるが、このプロモ映像では美味しそうにウイスキーを飲むシーンがあり、ファンとしてはそのことを想起してしまう。1978年はアルバム『バッド・ボーイ』に伴うプロモが作られた。「トゥナイト」は2バージョン収録している。特に今回アップグレードで収録されている映像は鮮やかな色彩で昨今作られたかのようなクオリティである。「Your’re Sixteen」は1973年『リンゴ』に収録されていた曲であるが、このプロモ映像が制作された年代ということで、本作ではこの位置に収録されている。バージョン2はアニメーションを駆使した凝った作りとなっている。さて、ここから80年代に入る。1981年に『バラの香りを』がリリースされる。「Wrack My Brain」はジョージ提供の楽曲である。本作では2バージョンの異なるプロモが収録されている。テーマパークなどにあるホラーハウスのようなアトラクションをリンゴが散策するという、これもまたジョージの趣味であろうと思われるプロモとなっている。そして1982年には同アルバムからさらに「Private Property」のプロモが制作された。こちらはポール提供の楽曲である。ポールはベースでも参加しており、なるほどベースの音が大きくミックスされている。このアルバムもセールス的に振るわず、1983年に発表された『Old Wave』は結局、アメリカとイギリスではリリースすらされなかった。正直言ってリンゴは80年代以降は低迷期に入る。ニューアルバムは長らく途絶え、経済的にも困窮し、自身が持つビートルズの権利を売却しようとしてポールから止められている。しかし、そのような不遇な時代を経て、リンゴはオールスター・バンドを結成することにより音楽シーンに復活することとなった。オールスター・バンドは、その名の通り往年のスターがリンゴをリーダーとして一同に会しツアーを回るというもので、リンゴ以外のメンバーは流動的である(松村雄策氏は“トラベリング・ウィルベリーズの二軍”と呼んだが・・・)。コンサートではリンゴだけでなく、様々なアーティストの代表曲が本人の歌唱で楽しめるとあって、現在まで続くリンゴのライフ・ワークともなっている。そしてリンゴ&オールスター・バンドでは、ライヴ・アルバムが数多くリリースされている。1990年制作のプロモ「明日への願い」も、そのライヴ・ステージの演奏から作られている。本作ではエディットの異なる2バージョンを収録している。レコード会社はセールス的に難色を示していたが、このオールスター・バンドの成功を受けてリンゴに再びニュー・アルバムを作ることが出来るようになった。そうして9年ぶりのニューアルバムとなったのが1992年の『タイム・テイクス・タイム』である。そして同アルバムから「ウェイト・オブ・ザ・ワールド」のプロモを2バージョン収録している。ちょうど映画「ブロードストリート」の「ボールルーム・ダンシング」のシーンような書き割りをバックに、リンゴが実に楽しそうに歌っているのが印象的である。同アルバムからはもう一曲「Don’t Go Where The Road Don’t Go」のプロモが収録されている。こちらはリンゴ・バンドのツアーの合間に撮影されたもので、リハーサル映像なども使用されている。1990年代のリンゴはもう1枚、『ヴァーティカル・マン?リンゴズ・リターン』というアルバムを発表している。9年ぶりの前作からさらに7年ぶりの新作であった。同アルバムからのプロモとして「La De Da」が制作された。本作はそのプロモ映像を3バージョン収録している。それまではリンゴも若かったが、さすがにこのプロモ以降は、現在に近い容姿となっている。そしてこの間もリンゴはオールスター・バンドを率いてツアーをまわっていたのである。2001年に制作されたプロモとしては、まさにリンゴの最終兵器である2曲、「Yellow Submarine」と「With A Little Help From My Friends」を、オールスター・バンドからのステージ映像で構成されたものを収録している。年齢を経てもなお美しいバーバラの姿も見ることができる。80年代と90年代にリンゴはわずか4枚のアルバムしか残していない。しかしその寡作度とは打って変わって、2000年代に入ると次々にニューアルバムをリリースする。
それもオールスター・バンドのツアーと平行して行なっているのである。まず2003年に『リンゴ・ラマ』というアルバムを発表。このアルバムからは「Never Without You」のプロモが制作された。ビートルズ時代を振り返る内容のプロモで、1964年エド・サリバン・ショウなどの映像が散りばめられ、白黒映像を効果的に使い、オールド・スタイルのヴォーカル・マイクなど、センチメンタルな作りとなっている。2005年に発表したのが『チューズ・ラヴ』である。同アルバムから「Fading In Fading Out」のプロモが制作された。本作には2バージョン収録している。
2007年には34年ぶりにEMIからとなった『想い出のリヴァプール』がリリースされる。そのタイトル曲はシングル・カットされ、本作に収録のプロモ映像も制作された。タイトル通り郷愁を誘うメロディに加え、少年時代のリンゴと思しき男の子が登場する。さらにビートルズ時代の映像がふんだんに盛り込まれ、リンゴのルーツたるリバプールへの想いが伝わってくるステキな曲に仕上がっている。2012年には、そのものズバリ『Ringo 2012』というアルバムがリリースされる。このアルバムからのプロモ映像は2曲制作されている。ひとつが「Wings」であるが、ポールのバンドとは関係がない。人形劇を模したプロモは、アニメと実写と融合させた手の込んだもので、リンゴの人柄をよく表している心温まるものである。もう1曲はバディ・ホリーのカバー曲「Think It Over」である。意図的にオールディーズの雰囲気を意識した50年代ふうの衣装に身を包んだリンゴが、ドラムとヴォーカルのひとり二役で登場している。かつてリンゴは、ビートルズの他のメンバーから届いたプライベートなハガキを一冊の本にまとめ2004年に「POSTCARDS FROM THE BOYS」として出版している。それを意識したのかどうか現在のところリンゴの最新アルバムは2015年リリースの『Postcards From Paradise』である。このタイトル曲のプロモが本作に収録されているものである。ミドル・テンポでエフェクトをかけたリンゴのヴォーカルで、かつての自分たちの曲のタイトル「P.S. I Love You」などを歌詞に織り込み、まるで呪文を聞いているかのように繰り返される。なかなかクセになる曲である。

【ORIGINAL TV SPOT】 当時、アルバム・リリース時には、テレビでもCMでバンバン宣伝がなされている。まずアルバム『グッドナイト・ウィーン』のアルバムCMが2種収録されている。ナレーションを務めているのはなんとジョン・レノンである。その他、『ヴァーティカル・マン』と『チューズ・ラヴ』のTVスポットを収録している。

【TV SHOWS】ここでは珍しいリンゴが出演したテレビ・ショウを3番組収録している。まず最初は1971年にシラブラックと共演した時の映像。雪だるまを挟んで二人で歌うというもの。続いて1975年のテレビ・ショウでSMOTHERS BROTHERSと共に「No No Song」を歌っている。マイミングであるが、いつも不機嫌そうなリンゴが、このように楽しそうに歌っている姿も珍しい。最後が1981年のパーキンソン・ショウである。リンゴも若いがマイケル・パーキンソンも若い。リンゴはドラムスを叩いている。曲はゲットバックセッションでも演奏された「Singing The Blues」である。【RELATED VIDEOS】 本作の最後はリンゴがソロ時代に、他のアーティストに参加した曲のプロモを収録している。もちろんリンゴ自身も出演しているの。例えばマークボランの「Children Of The Revolution」などはエルトン・ジョンも出演しており、リンゴの交流の広さが伺える。そのリンゴといえば、おかしな石器人のような長髪の時代である。ニュー・バーバリアンズの「VBuried Alive」にはロン・ウッドらのバックでドラムを叩いている。1985年の「Sun City」と1989年のBack Owensの「Act Naturally」には、メイキング時の映像も収録されている。

【COMPLETE PROMO CLIP COLLECTION】リンゴのソロ活動というのは、華やかなスタートで開幕した70年代を頂点とし、セールス的に伸び悩み長い低迷期を経て、またアル中治療にも時間をとられ、キャリアの長さに比して作品はそう多くはない。この20年くらいはアルバム制作よりもオールスターバンドでの活動に力を入れている。しかしミュージシャンとしてのリンゴを語る上でスタジオ作品が基本にあることは言うまでもない。本作ではビートルズ解散後のリンゴのプロモ映像、そしてテレビ出演での演奏、さらにテレビ・スポット映像など、プロモーションに関する映像を網羅したものとなっている。美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

DVD DISC ONE
1970 01. Sentimental Journey (original audio mix)
1971 02. It Don't Come Easy - Version #1 03. It Don't Come Easy - Version #2 04. It Don't Come Easy - Version #3
05. It Don't Come Easy - Multi View
1972 06. Back Off Boogaloo - Version #1 07. Back Off Boogaloo - Version #2 08. Back Off Boogaloo - Outtake
1973 09. Photograph 1974 10. Only You 1976 11. Hey Baby #1 (original audio mix) 12. Hey Baby #2 (alternate audio mix)
13. You Don't Know Me At All #1 (variation A) 14. You Don't Know Me At All #2 (variation B) 15. I'll Still Love You
1977 16. Drowing in the Sea of Love 1978 17. Tonight #1 (original 16mm print) 18. Tonight #2 (upgrade)
19. You're Sixteen #1 (edited 1973 audio mix) 20. You're Sixteen #2 (1978 audio track)
1981 21. Stop and Smell The Roses 22. Wrack My Brain (Variation A) 23. Wrack My Brain (Variation B)
1982 24. Private Property 1990 25. It Don't Come Easy (live) #1 (Long Version) 26. It Don't Come Easy (live) #2 (Short Version)
1992 27. Weight of The World #1 (Long Version) 28. Weight of The World #2 (Short Version) 29. Don't Go Where The Road Don't Go
1998 30. La De Da #1 31. La De Da #2 (W/O Noose version) 32. La De Da #3 (Short Version)

DVD DISC TWO
2001 01. Yellow Submarine (live) 02. With A Little Help from my Friends (Live) 2003 03. Never Without You
2005 04. Fading in Fading Out #1 (Variation A) 05. Fading in Fading Out #2 (Variation B)
2007 06. Liverpool 8 2012 07. Wings 08. Think It Over 2015 09. Postacards from Paradise
ORIGINAL TV SPOT 10. Goodnight Vienna #1 11. Goodnight Vienna #2 12. Vertical Man 13. Choose Love
TV SHOWS 14. The Snowman Song (with Cilla Black 1971) 15. The No No Song (with Smothers Brothers 1975)
16. Singing The Blues (Parkinson Show, UK 1981) RELATED VIDEOS Marc Bolan & T. Rex 1973 17. Children of the Revolution
Ron Wood & The New Barbarians 1979 18. Buried Alive Artists United Against Apartheid 1985 19. Sun City 20. Sun City Making
Gentlemen Without Weapons 1989 21. Spirit Of The Forest Buck Owens 1989 22. Act Naturally 23. Act Naturally Behind the Scenes
Jan Hammer 1989 24. Too Much to Lose Wilburys Band John Lennon Tribute 1990 25. I Call Your Name
Nils Lofgren 1991 26. Valentine Liam Lynch 2003 27. Try Me Hurricane Relief 2005 28. Tears in Heaven Version #1
29. Tears in Heaven Version #2 Peter Kay's All Star 2009 30. Children in Need Medley
All Stars for United Nations 2016 31. Now The Time Has Come