コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます




ピンク・フロイド
DISSAPEARING BUST OF DIVISION
STCD-116
SBD
1CD
\3,600
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


■1994年5月5日タンパ公演のサウンドチェック
■高音質サウンドボード収録。

ピンクフロイドは1994年にアルバム『対』を発表する。これが実に『鬱』以来7年ぶりという話題性もあり、世界的なベストセラーとなった。ギルモアが主導的に制作されたこのアルバムは、前年から断続的に行なわれていたもので、ウォーターズとの対立から脱退していたリチャード・ライトも正式メンバーとして名を連ね、リードボーカルも担っている。なお、このアルバムで作詞を担当した女性が、後にギルモア夫人となる。ピンクフロイドは、アルバムの発表、そして好セールスを反映して、全112公演という大規模なワールドツアー「THE DIVISION BELL TOUR」を行なった。このツアーからライブ・アルバム『P.U.L.S.E』が生まれた。

本作は、このDIVISION BELL TOURのコンサート本編ではなく、1994年5月5日タンパ公演の当日、同会場で行なわれたサウンドチェックの様子をサウンドボードで収録している。アルバム『狂気』の楽曲から、「狂ったダイアモンド」「あなたがここにいてほしい」といった常にステージで演奏している楽曲の他、「ロスト・フォー・ワーズ」「運命の鐘」といった『対』収録の最新曲までを幅広く演奏している。サウンドチェックとはいえ、かなり真剣に行なっているゲネプロで、ツアー本編とは異なるフロイドの別の魅力が溢れた音源となっている。

1994年5月5日タンパ・スタジアムにおけるコンサート前のサウンドチェックを高音質サウンドボードで収録。
美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

TAMPA STADIUM, TAMPA, FLORIDA U.S.A. May 5, 1994 SOUNDCHECK

01. Shine On You Crazy Diamond
02. High Hopes
03. Breathe
04. Time
05. Breathe reprise
06. The Great Gig In The Sky
07. Lost For Words
08. Wish You Were Here
09. Money
10. Us & Them



ピンク・フロイド
THE ENDLESS RIVER
ZEX001BDR
PRO-SHOT
1BD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ピンク・フロイド最後のアルバムとしてリリースされた話題の新作『エンドレス・リバー』のプロモーション映像や最新インタビューそしてイタリアで新作発売前に放送された90分の最新ピンク・フロイドTVスペシャルを収録。新曲披露と過去のプロモやライブ映像も高画質で放送された必見番組です。さらにデイブ・ギルモアの2014年TV出演映像とロジャー・ウォータースが「イマジン」等を披露した2013年ライブ映像も追加収録した注目の2014年最新映像コンピレーション。

THE ENDLESS RIVER PROMOTIONS 2014
SOUTHBABK TIMELAPSE LOUDER THAN WORDS SURFACING THE ENDLESS RIVER (Full EPK) A CONTINUOUS FLOW SOMETHING COMPLETELY DIFFERENT THE ENDLESS RIVER (Short EPK) DELUXE EDITION AND VINYL UNBOXING EXCLUSIVE Q&A

SPECIALE PINK FLOYD - RTL ITALIAN TV 2014 INTRODUCTION LOUDER THAN WORDS (Slideshow) ANOTHER BRICK IN THE WALL PART 2 HIGH HOPES MONEY COMFORTABLY NUMB SHINE ON YOU CRAZY DIAMOND WISH YOU WERE HERE ANISINA (Slideshow) RUN LIKE HELL US AND THEM THE GREAT GIG IN THE SKY LEARNING TO FLY LOUDER THAN WORDS (Slideshow) Special about Pink Floyd from Italian TV with an interview to Nick Mason. (The interview is only audio)

EXTRA VIDEO
DAVID GILMOUR - BBC LATER WITH JOOLS HOLLAND 2014 EXCLUSIVE INTERVIEW
ROGER WATERS - STAND UP FOR HEROES 2013 INTRODUCTION HALLELUJAH (Leonard Cohen) IMAGINE (John Lennon) A CHANGE IS GONNA COME (Sam Cooke) COMFORTABLY NUMB (Pink Floyd) Stand Up For Heroes 2013 Concert Live At Madison Square Garden, New York, NY 11-06-2013 HD1080p NTSC 16:9 LPCM Stereo Total running time: Approx 169min.(2h49min.)



ピンク・フロイド
THE DARKSIDE OF THE MOON
ZEX002BDR
PRO-SHOT
1BD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ピンク・フロイド永遠の金字塔である『狂気』をマニアックに追及した映像比較研究コレクション”コンペアード・エディション”第一弾!”VIDEO REMIX 2014”は最新コレクターズ編集によるアルバムの映像化でライブ8や70年代のライブ映像等を駆使した内容は高画質HDで編集された必見映像です。そして2013年BBCラジオで放送されたラジオ小説「ダークサイド」をイメージ映像で完全収録。サウンドトラックはもちろん『狂気』全編が使われています。94年オルタネイト・ビュウはアールズ・コートでの『狂気』完全再現ライブをTV放送とビデオ版の編集違いを見比べるダブル・アングル収録。さらに70年代コンサート・スクリーン素材を元に編集されたオリジナル・フィルムスと『狂気』を徹底比較できる3時間半以上に及ぶ究極の映像集です。

THE DARK SIDE OF THE MOON - VIDEO REMIX 2014 SPEAK TO ME / BREATHE ON THE RUN TIME THE GREAT GIG IN THE SKY MONEY US AND THEM ANY COLOUR YOU LIKE BRAIN DAMAGE ECLIPSE

TOM STOPPARD - DARKSIDE (RADIO PLAY) 2013 DARKSIDE PROMOTION TRAILER

THE DARK SIDE OF THE MOON - EARL’S COURT 1994 ALTERNATE VIEW SPEAK TO ME / BREATHE ON THE RUN TIME THE GREAT GIG IN THE SKY MONEY US AND THEM ANY COLOUR YOU LIKE BRAIN DAMAGE ECLIPSE

THE DARK SIDE OF THE MOON - ORIGINAL FILMS SPEAK TO ME / BREATHE ON THE RUN TIME THE GREAT GIG IN THE SKY MONEY US AND THEM ANY COLOUR YOU LIKE BRAIN DAMAGE ECLIPSE HD1080p NTSC 16:9 LPCM Stereo Total running time: approx 204min. (3h16min.)



ピンク・フロイド
ATOM HEART MOTHER
ZEX003BDR
PRO-SHOT
1BD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ピンク・フロイド70年代初期の代表作『原子心母』をマニアックに追及した映像比較研究コレクション”コンペアード・エディション”第二弾!『原子心母』の共作者であるロン・ギーシンが出演したラジオ・フランスによる2012年オーケストラ・バージョンをHDTVマスターより収録。そしてフロイド70年の代表的映像記録であるサントロペでのライブと71年TVコレクションが収録されています。オーストリアでのレア映像や伝説の箱根アフロディーテでの『原子心母』がまとめて見られます。さらに画質は劣るもののマニアックなレア・ライブ・フィルムを3本収録。オーケストラ初演となった70年バス・フェスティバルや貴重な発掘映像のハイドパーク、72年アムステルダムといずれも歴史的記録として見逃せない映像ばかりで合計3時間半に渡る映像オムニバスとなってます。

ORCHESTRAL REVISED - RON GEESIN : LIVE IN PARIS 2012 ATOM HEART MOTHER INTRODUCING RON GEESIN - Orchestre Philharmonique de Radio France with Ron Geesin Live At The Theatre du Chatelet, Paris, France January 12th 2012

PINK FLOYD LIVE AT ST.TROPEZ 1970 ATOM HEART MOTHER THE EMBRYO GREEN IS THE COLOUR CAREFUL WITH THAT AXE, EUGENE SET THE CONTROLS FOR THE HEART OF THE SUN CYMBALINE (soundcheck) Live At St.Tropez Festival De Musique, Saint-Tropez, France August 8th 1970

TV LIVE EXTRACTION :
LIVE IN GERMANY 1971 ATOM HEART MOTHER / A SAUCERFUL OF SECRETS Live At Musikhalle, Hamburg, Germany February 25th 1971 and Stadthalle, Offenbach, Germany February 26th 1971
LIVE IN AUSTRIA 1971 ATOM HEART MOTHER (Colour+B/W) Live At Stiftshof, Ossiach, Austria july 1st 1971
LIVE IN JAPAN 1971 ATOM HEART MOTHER (Film) Live At Hakone Aphrodite, Japan August 6th 1971

VINTAGE FILM ARCHIVES :
BATH FESTIVAL 1970 ATOM HEART MOTHER The Bath Festival of Blues and Progressive Music, Shepton Mallet, Somerset, England June 27th 1970
HYDE PARK 1970 ATOM HEART MOTHER
INTRODUCTION / THE EMBRYO - GREEN IS THE COLOUR / CAREFUL WITH THAT AXE EUGENE (fragment) SET THE CONTROLS FOR THE HEART OF THE SUN Live At Blackhills Garden Party, Hyde Park, London, UK July 18th 1970
AMSTERDAM ROCK CIRCUS 1972 ATOM HEART MOTHER
CAREFUL WITH THAT AXE, EUGENE A SAUCERFUL OF SECRETS Live At Amsterdam Rock Circus, Amsterdam, Netherlands May 22th 1972
HD1080p NTSC 16:9 LPCM Stereo Total running time: approx 223min. (3h43min.)





ピンク・フロイド
VIDEO ANTHOLOGY VOL.1&2
①HARVESTED HRV01BDR ②HARVESTED HRV02BDR
PRO-SHOT
各1BLU-RAY-R
①②各\4,000 ①②セット\7,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
①VOL.1
②VOL.2
VOL.1&2セット


海外ピンク・フロイド・ネットワークでお馴染みのHARVESTEDレーベル監修による”ビデオ・アンソロジー”が2014年最新ブルーレイ・エディションとして新登場!
シド・バレット在籍時の最初期映像から80年代「ファイナル・カット」までの記録映像、プロモ・ビデオ、TV出演からライブ・フィルム等、現存するピンク・フロイドの映像をベスト・クオリティで完全網羅した”究極の映像コレクション”として世界中のフロイド・コレクター絶賛のマスト・アイテムがさらに画質向上・新規追加内容の最新アップグレード版に生まれ変わりました。これまでDVD5枚約7時間分の内容だった映像コレクションでしたがこのブルーレイ・エディションは近年新たに陽の目を見た初登場映像やかつてのDVD収録よりもさらに高画質クオリティとなった新発掘映像等、ブルーレイVOL.1&2でトータル10時間以上のヴォリューム・アップした内容の2014年最新アップグレード版です。ピンク・フロイド・コレクターズ最強の映像コレクションとして大推薦のマスト・アイテムです!!

VOL.1 = 1966-1970 1966-1967
London 66 - 67 | Peter Whitehead Film Scene Special, UFO Club, London | Granada TV 1967 Excerpt From Dope | Film Die Jungen Nachtwandler | German TV Arnold Layne | Wittering Beach Promo Arnold Layne | Bouton Rouge Promo Look of The Week | BBC TV
Top of the Pops | BBC TV Scarecrow | Pathe Newsreel American Bandstand | ABC TV Tomorrow’s World | BBC TV Jugband Blues | Promo
BONUS CLIPS Gog Magog Hills | Home Movies San Francisco | Film Abbey Road Studio | Home Movies Outtakes from the Scarecrow
1968 Promo Films with David Gilmour | RTB TV Bouton Rouge | ORTF TV Discorama | ORTF TV The Sound of Change | BBC TV
Rome Piper Club | RAI TV Rome Pop Festival | ARD TV Kastival 1968 | BRT TV Samedi et Compagnie | ORTF TV Surprise Partie | ORTF TV Tous en Scene | ORTF TV Point Me At The Sky | Promo Film BONUS CLIP A l'Affiche du Monde | ORTF TV
1969 Forum Musiques | ORTF TV Royal Festival Hall | Anthony Stern Film P-1 | SDR TV Essen International Pop & Blues Festival | ZDF TV Actuel Festival | Music Power Film KQED KQED Studios, San Francisco, California 30 April, 1970 Atom Heart Mother, Cymbaline, Grantchester Meadows, Green is the Colour, Careful With That Axe Eugene, and Set The Controls For The Heart Of The Sun
Total running time: Approx 5 hours 32 minutes

VOL.2 = 1970-1983
1970'S Holland Pop Festival | Film Pop Deux - St.Tropez | ORTF TV Roland Petit Special | ORTF TV Aspekte | ZDF TV
Cinq Grand Sur La Deux | ORTF TV Get To Know | ABC TV The Dome | Film Various Ballet Footage | ORTF TV Knebworth 1975 | TF1 TV
A COLLECTION OF GREAT DANCE VIDEOS
Crystal Voyager French Windows 1972 Dark Side Of The Moon Concert Films 1974 – 1975 Shine On You Crazy Diamond Concert Film 1975 Welcome To The Machine Pig Launch Film | Battersea Power Station Another Brick In The Wall (Part 2) When The Tigers Broke Free The Final Cut Video EP
BONUS CLIPS
Bath Festival of Blues and Progressive Music '70 Blackhill's Garden Party - Hyde Park Free Concert Musikforum Ossiachersee, Austria 1971 Hakone Aphrodite Japan 1971 Amsterdam Rock Circus 1972 Poitiers, France 1972
Total running time: Approx 5 hours 17 minutes

*全曲目データ量が多過ぎるため各セクションの表記に留めていますがブルーレイ・ジャケ内側には
詳細な曲目データ表記が印刷されてあります。



ピンク・フロイド
THE WALL COMPLETE DEMOS
WR-253
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


”ピンク・フロイド”1979リリースの超名盤!ロック・オペラ・コンセプト・アルバム「THE WALL」収録曲のアーリー・ヴァージョン、ラフ・ミックスなどを高音質サウンドボード音源で収録した貴重なコレクターズ・アイテムが登場!

言わずと知れた名盤中の名盤!全世界で驚異的なヒットを記録した”ピンク・フロイド”の「THE WALL」。本タイトルは、1978年、ボブ・エズリンをプロデューサーに迎えイギリスのブリタニア・ロウ・スタジオで行われた「THE WALL」のセッションの中から貴重な未発表テイクを収録したファンならずとも必聴のタイトルです!ザ・ウォール・プロジェクトの規模の大きさ、複雑さやロジャー・ウォーターズとディヴィッド・ギルモアの軋轢など彼らを取り巻く不穏な流れの中で制作されたにもかかわらず全世界で爆発的なヒットを記録したアルバムの裏側を垣間見ることが出来るオススメの1枚です!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
PINK FLOYD Album”THE WALL”Rare Early Version and Rough Mixes.

01. In The Flesh / 02. The Thin Ice / 03. Another Brick In The Wall 1 / 04. The Happiest Days Of Our Lives
05. Another Brick In The Wall 2 / 06. Mother / 07. Goodbye Blue Sky / 08. Empty Spaces / 09. Young Lust / 10. One Of My Turns
11. Don't Leave Me Now / 12. What Shall We Do Now ? / 13. Another Brick In The Wall 3 / 14. Goodbye Cruel World
15. Is There Anybody Out There ? / 16. Vera / 17. Bring The Boys Back Home / 18. Is There Anybody Out There ? 2
19. Is There Anybody Out There ? 3 / 20. Comfortably Numb / 21. Hey You / 22. The Show Must Go On / 23. In The Flesh
24. Run Like Hell / 25. Waiting For The Worms / 26. Stop / 27. The Trial / 28. Outside The Wall



ピンク・フロイド
Atom Heart Mother-The Spaces Between
MPP002-1/2/3
PRO-SHOT+SBD
2DVD+1CD
\6,800


ロック名盤アルバムを貴重な音源と映像でマニアックに追求するコレクターズ・エディション”マスターピース・プレミアム”シリーズから『ピンク・フロイド/アトム・ハート・マザー~ザ・スペース・ビトゥイーン』が登場!

1970年に発表され全英初登場1位を記録しプログレッシヴ・ロックの金字塔となったピンク・フロイドの歴史的名盤『アトム・ハート・マザー』に関するレア音源や2012年になって発掘された最新ドキュメンタリー含む貴重なTVライブ映像さらに珍しいフィルム映像等をDVD2枚組に収録。

そしてCDには70年BBCイン・コンサートをオリジナル・マスターから完全収録!音と映像でここまで内容とクオリティにこだわって編集されたアイテムは初登場となる究極のコレクターズ・エディションです!!

DVD1枚目にはオリジナル・アルバム全曲の最新リマスターによる初登場5.1サラウンド音源と今や貴重なQUAD4チャンネル・マスター音源を収録。映像はすべて独自に編集されたビデオアルバムとなっておりいずれも短編映画のようなプロモ映像の仕上がりはまさにイマジネーション豊かなピンク・フロイドにぴったりで聴くだけでなく見る楽しみが加わった内容で飽きさせません。音もハイレゾ音源級の高音質で通常の再生ではステレオとして聞けますがサラウンド環境では立体的で迫力あるサウンドの5.1サラウンド音源さらに現在入手困難なQUAD4チャンネル・マスター音源もあえてオリジナル・ミックスのままの4スピーカーによるサラウンド再生で収録。それぞれミックスの異なる音源をDVDビデオ形式で実現させたコレクター待望の内容です。
そしてこれまで「アトム・ハート・マザー」をライブ演奏したTV映像としておなじみの70年KQEDライブをアップグレード美麗マスターから完全収録。

さらに注目は2012年になって突如公開された70年オシアッハ・フェスティバルをとらえた貴重なドキュメンタリー・フィルムが初登場!これまでお蔵入りしていたコレクター必見の激レア映像です。
また2012年放送バージョンのKQEDライブ映像も2曲収録。DVD2枚目には70年ライブとしては最高クオリティのTVカラー映像サントロペ・フェスティバルやフランス、ドイツでのTV映像そして伝説の箱根アフロディーテのライブ映像も収録されてます!
いずれも「アトム・ハート・マザー」の興味深いライブ演奏を含む当時の貴重な映像ばかりでこれまで散見されていた映像もすべて現状ベスト・クオリティで収録されてるのでこれさえあればこの時期のフロイド映像はばっちりまとめて見ることが出来ます。

そしてこちらのエクストラには「アトム・ハート・マザー」を初めてオーケストラ共演で披露した70年英国バス・フェスティバルそして最後のライブ披露となった72年アムステルダム・ロック・サーカスでの珍しいフィルム映像も収録。共に歴史的記録の8mm映像ですが本タイトルのコンセプトにははずせないレア映像です。

そしてCDには70年BBCラジオ”イン・コンサート”をコンプリート収録。「アトム・ハート・マザー」をはじめ当時未発表だった「エンブリオ」等を披露したBBCライブ音源を放送オリジナル・マスターから収録しておりこれまで数あるBBCライブの中でも最高クオリティのサウンドボード・ライブを最新リマスターで聴くことができます。さらに70年1月フランス・ラジオ音源も追加収録!こちらは「アトム・ハート・マザー」の原型「アメイジング・プディング」をサウンドボード放送で聞くことが出来る最古の音源として注目です。

公式ボックスセットでは実現していない歴史的名盤「アトム・ハート・マザー」ですが内容的に公式ボックスを凌駕するほどの充実したマテリアルを完全網羅しておりこれさえあれば有名定番マテリアルも初登場映像もすべて手に入るこれぞフロイド・マニア夢の”イマージョン”(どっぷり浸れる)アイテムに相応しい音と映像による究極のコレクターズ・エディションといえるでしょう!!


DVD ONE <ORIGINAL ALBUM TRACKS 5.1 SURROUND SOUND AND ORIGINAL QUAD-MIX>
01. Atom Heart Mother(a) Father's Shout (b) Breast Milky (c) Mother Fore (d) Funky Dung(e) Mind Your Throats Please (f) Remergence
02. If / 03. Summer '68 / 04. Fat Old Sun / 05. Alan's Psychedelic Breakfast(a) Rise and Shine (b) Sunny Side Up (c) Morning Glory

KQED LIVE FROM SAN FRANCISCO 1970 01. Atom Heart Mother / 02. Cymbaline / 03. Grantchester Meadows 04. Green Is The Color / 05. Careful With That Axe, Eugene / 06. Set The Controls For The Heart Of The Sun Live At KQED TV Studios, San Francisco, CA.USA April 30th 1970

<EXTRA VIDEO - TV BROADCASTS 2012 OSSIACH FESTIVAL AUSTRIA 1971>
01. TV Documentary - Atom Heart Mother Live At Ossiach Festival Stitschoff, Ossiach, Austria July 1st 1971

<KQED LIVE 1970 NEW VERSION> 02. Cymbaline / 03. Grantchester Meadows Live At KQED TV Studios, San Francisco, CA.USA April 30th 1970


DVD TWO <ST.TROPEZ FESTIVAL 1970> 01. Soundcheck / 02. Atom Heart Mother / 03. The Embryo 04. Green Is The Color / 05. Careful With That Axe, Eugene / 06. Set The Controls For The Heart Of The Sun TV Live At Festival de Musique, St Tropez, France August 8th 1970

<VARIOUS TV BROADCASTS 1970/1971 ORTF PARIS 1970> 01. Improvisation ORTF TV From Studios, Buttes Chaumont, Paris, France December 4/5th 1970
<LIVE FROM GERMANY 1971> 02. Atom Heart Mother / 03. A Saucerful Of Secrets Excerpts From Live At Grosser Saal, Musikhalle, Hamburg, Germany February 25th 1971 And Live At Stadthalle, Offenbach, Germany February 26th 1971

<ABBAY DE ROYAUMONT FRANCE 1971> 04. Cymbaline / 05. Set The Controls For The Heart Of The Sun ORTF TV From Live At Abbaye de Royaumont, Royaumont, France June 15th 1971

<HAKONE APHRODITE JAPAN 1971> 06. Atom Heart Mother Japanese TV Film From Hakone Aphrodite, Japan August 6th 1971
<EXTRA VIDEO - RARE LIVE FILMS BATH FESTIVAL 1970> 01. Atom Heart Mother The Bath Festival of Blues and Progressive Music, Shepton Mallet, Somerset, England June 27th 1970
<AMSTERDAM ROCK CIRCUS 1972> 01. Atom Heart Mother / 02. Careful With That Axe, Eugene 03. A Saucerful Of Secrets Live At Amsterdam Rock Circus, Amsterdam, Netherlands May 22th 1972


CD <BBC IN CONCERT 1970 AND THE AMAZING PUDDING> 01. Introduction / 02. The Embryo / 03. Fat Old Sun 04. Green Is The Colour / 05. Careful With That Axe, Eugene / 06. If / 07. Atom Heart Mother BBC Radio Broadcast Live At Paris Theatre, Lower Regent St, London, England July 16th 1970 First broadcast on BBC Radio One "In Concert" July 19th 1970 08. Radio Announcement 09. The Amazing Pudding (Atom Heart Mother)
French Radio Broadcast Live At Theatre des Champs Elysees, Paris, France January 23rd 1970




ピンク・フロイド
LEAVING FROM HANGAR, LANDING ON THE LAGOON
AS-111
PRO-SHOT
1DVD
\2,970


ロジャー・ウォータース脱退後の1987年、1989年のプロショット・コンピレーションの登場!前半は1989年7月15日のイタリア・ベニス公 演、後半は1987年8月7日のトロント公演を共にプロショットにて収録。海外レーベルよりデジパック、プレスDVD。

VENICE, ITALY, LAGOON OPPOSITE ST.MARK'S SQUARE, JUNE 15, 1989
1.SHINE ON YOU CRAZY DIAMOND
2.LEARNING TO FLY 3.YET ANOTHER MOVIE(ROUND AND AROND) 4.SORROW 5.THE DOGS OF WAR 6.ON THE TURNING AWAY 7.TIME 8.THE GREAT GIG IN THE SKY 9.WISH YOU WERE HERE 10.MONEY 11.ANOTHER BRICK IN THE WALL, PART 2 12.COMFORTABLY NUMB 13.RUN LIKE HELL BONUS FEATURE 14.ITALIAN TV REPORT #1 15.ITALIAN TV REPORT #2 16.ITALIAN TV REPORT #3

TORONTO, ONTARIO, AIR CANADA HANGAR, PEARSON INTERNATIONAL AIRPORT, AUGUST 7, 1987
17.ECHOES(NEAR COMPLETE) 18.SIGN OF LIFE(COMPLETE) 19.LEARNING TO FLY(NEAR COMPLETE) 20.TERMINAL FROST 21.SORROW 22.THE DOGS OF WAR(NEAR COMPLETE) 23.ON THE TURNING AWAY 24.ONE OF THESE DAYS 25.TIME 26.WISH YOU WERE HERE(NEAR COMPLETE) 27.WELCOME TO THE MACHINE 28.US AND THEM 29.MONEY 30.ANOTHER BRICK IN THE WALL, PART 2 31.COMFORTABLY NUMB 32.ONE SLIP 33.RUN LIKE HELL

EXTRA FEATURES
SAMEDI ET COMPAGNIE(BROADCAST 21/9/1968)
34.LET THERE BE MORE LIGHT 35.REMEMBER A DAY

FORUM MUSIQUES (BROADCAST 15/2/1969)
36.SET THE CONTROLS FOR THE HEART OF THE SUN 37.A SAUCERFUL OF SECRETS




ピンク・フロイド
ATALANTA 1987
WR-414
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


“ピンク・フロイド”1987年、アトランタでのステージを高音質サウンドボード音源(2枚組)で収録した貴重なタイトルが登場!

本タイトルは、大掛かりなツアーとなった1987年ワールド・ツアー前半のハイライトであるアトランタでの3日間のステージの中から厳選された楽曲を2枚に収めた至福のタイトル。ロジャー・ウォーターズ脱退後、デヴィッド・ギルモア主導で発進した新生ピンク・フロイドとして大成功したツアーだけに聴き応え充分の迫力のステージを堪能出来るオススメのライブ盤です!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at The Omni, Atlanta GA, November 3-5, 1987.

DISC ONE
01. Shine On You Crazy Diamond pts I-IV / 02. Signs Of Life / 03. Learning To Fly / 04. Yet Another Movie - Round and Around
05. A New Machine pt. I / 06. Terminal Frost / 07. A New Machine pt. II / 08. Sorrow / 09. The Dogs of War / 10. On The Turning Away

DISC TWO
01. One Of These Days / 02. Time / 03. On The Run / 04. Wish You Were Here / 05. Us And Them / 06. Comfortably Numb / 07. One Slip
08. Run Like Hell



ピンク・フロイド
THE ROUGH CUT
: The Final Cut Demos
SPE-010
SBD
1CD+ Bonus 1DVD-R
\3,400
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


再プレス・リマスター盤です。 本編アウトテイク部分はピッチ修正を再度見直しました。さらに最後にシークレット・トラックを新たに追加、全22トラックとなります。

★プレスCD・ピクチャーディスク仕様
★限定でボーナスDVDRが付属(本体にA7サイズジャケとともに同梱仕様)

1983年のアルバム「the final cut」のDemo音源集の
決定盤がプレスCDで登場!
音源そのものは、かつて15年ほど前に出回ったものであり、コレクターズ盤としてもTHE ROUGH CUT(CD)(HL 600)、DEMOS FROM THE FINAL CUT(CD)(No Label)というタイトルで同時期にリリースされていましたが、
今回ここに決定盤かつ最終盤としてプレスCDにて登場です!

上述既発タイトルではピッチのズレやギャップノイズ、曲中のカットなど、いくつかの問題がありましたが、今回のCD化にあたり出来うる限りの修正を施し、ピッチに関してはテープのヨレによる不安定な箇所も極力修正、ほとんど違和感なく鑑賞頂けるようになりました。もちろんギャップノイズなどの初歩的な問題もありません。既発Highland盤ではSouthampton DockとThe Final Cutの曲間に欠落がありましたが、今回のタイトルではそのような問題もありません。なおTwo Suns In The Sunset終盤にのみカットがありますが、これは既発タイトルと同様です。
このDemo音源、リリース版と比べると、中には数曲ほぼ完成しているトラックもあります。トラック2のYour Possible Pasts、トラック4、6のThe Hero’s Return (Part 1、2)、トラック7のParanoid Eyes、トラック9のThe Fletcher Memorial Home、トラック10のThe Final Cutなどです。文献等でもthe final cutはWallのアウトテイク(収録漏れのテイク)と言うような記載もありますので、上記のほとんど完成されたテイクはWallのセッション時のものなのかも知れません。上記以外のトラックも基本形はほとんどできあがっていますが、リズムマシーンやピアノ、アコギによる実質ロジャーによるデモトラックとなっております。ロジャーの指示通りにプレイできずニックの代わりにアンディ・ニューマークがプレイしたTwo Suns In The Sunsetもここではまだアコギとピアノ主体のデモとなっております。それ以外にもアルバムで随所に聞かれるサウンドエフェクトはリリース版とは随分と異なっています。

ボーナストラックとして関連シングルを収録。
トラック14-16は12インチシングルからで、さまざまなレアリティーズにも収録されているおなじみのものですが、原盤からダイレクトにしっかりと収録されたものは案外ありません。ここではUKオリジナルのミントコンディション盤から丁寧に収録しました。トラック16は12インチのB面で、アルバムバージョンのエンディングがフェードアウトの早いバージョンで一応ショートエディットバージョンと言うことになります。
トラック17はアルゼンチンのプロモ盤からで、曲中にもハサミを入れた他では確認されていないショートエディットバージョン。これのみネット音源から収録。トラック18-19は1982年リリースのシングルからで、シングルリリース当時はWallのサントラ(後のthe final cutアルバム)に収録予定とクレジットされていたものの、結局アルバムには収録されませんでしたが、2004年にthe final cutがリマスターされた際に改めて収録されることになったトラック。今回the final kut editionとして記念にシングルの両面ともここに収録。このシングルのB面も今まできちんと現物からダイレクトにCD化されたものは確認してませんので、各種既発コレクターズ盤と比べればその差は歴然としております。
トラック20は当時のラジオCMからで、ネット音源。フロントジャケは厚手の4面二つ折りジャケ仕様。プレスCDのレーベルはピクチャーディスク仕様。
Stereo Soundboard Recordings (69:09)
The Final Cut Demos
01. The Post War Dream 02. Your Possible Pasts 03. One Of The Few 04. The Hero’s Return (Part 1) 05. The Gunner’s Dream
06. The Hero’s Return (Part 2) 07. Paranoid Eyes 08. Get Your Filthy Hands Off My Desert 09. The Fletcher Memorial Home
10. Southampton Dock 11. The Final Cut 12. Not Now John 13. Two Suns In The Sunset

Extra Trax
Taken from Single (12HAR 5224)
14. Not Now John (Obscured Version) 15. The Hero’s Return (Part 1&2) 16. Not Now John (Short Edit Version)

Taken from Promo Single (DEP-278) 17. Not Now John (Argentinian Promo Short Edit Version)

Taken from Single (HAR 5222) 18. When The Tigers Broke Free 19. Bring The Boys Back Home

WKLS Radio, Atlanta 17th March 1983 20. “The Final Cut” Radio Avert

★Bonus DVDR (A7サイズジャケ付属)
The Final Cut Video EP
限定ボーナスDVDRです。トレント上に流通するバージョンから収録。Videoとは一部曲順が異なり、またどうやら音声はリマスターCDに
差し替えられているようです。このボーナスDVDRにA7サイズのポートレイト風のジャケ(オフセット印刷)が限定で同梱されます。

1. The Gunner's Dream 2. Not Now John 3. The Fletcher Memorial Home 4. The Final Cut

Pro-shot Colour NTSC Approx.19min




ピンク・フロイド
THE WALL TOUR NASSAU COLISEUM 1980
STCD-121/122
AUD
2CD
\4,900
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ピンクフロイドはその全てが代表作であると言えるクオリティの高い作品を発表している稀有なアーティストであるが、その中でもセールス的に、そして内容的にも評価が高いものとして、1979年発表の『THE WALL』が挙げられる。2枚組というボリュームながら全世界で3000万枚を売り上げた名盤である。1979年といえばパンクやニューウェイブが音楽シーンを席巻しており、従来のロックは古きもの(オールド・ウェイブ)として、70年代を牽引したツェッペリンですら巨大過ぎて身動きのとれない恐竜に例えられたように、時代遅れだと考えられていた。そんな世相の中にあって『THE WALL』の成功は、ひとえにその充実した内容のクオリティにあるといっても良い。そしてアルバムの驚異的なセールスを受けて当然の如くツアーも行なわれた。

フロイドの従来のツアーであれば世界各国で行なうのが慣例であったが、『THE WALL』ツアーに関してはセットが巨大かつ複雑、壮大なものであり、それら演出などの関係からコストを考慮し、わずか4都市全31公演と中規模なものとなった。その4都市とはロス、ニューヨークのアメリカ2都市、そして英国はロンドン、ヨーロッパはドイツのドルトムントである。本作は、ツアー前半のアメリカ公演より、1980年2月28日ニューヨークはユニオンデール公演を収録している。この日はロスから続くアメリカツアーの最終日でもある。

音質はオーディエンス音源ながらサウンドボードに肉薄する素晴らしいもので、現代でも不可能ではないかと思うくらい近距離における超高音質で完全収録している。音の広がりといい、レンジの広さといい、1980年とは思えぬ理想的なオーディエンス録音で収録されているため、このツアーを代表する音源のひとつとして有名なものである。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

NASSAU COLISEUM UNIONDALE, NEW YORK, U.S.A. February 28, 1980

DISC ONE
01. Introduction 02. In the Flesh 03. Thin Ice 04. Another Brick in the Wall part 1 05. The Happiest Days of Our Lives
06. Another Brick in the Wall part 2 07. Mother 08. Goodbye Blue Sky 09. Empty Spaces 10. Young Lust
11. One of my Turns 12. Don't Leave Me Now 13. Another Brick in the Wall part 3 14. Goodbye Cruel World

DISC TWO
01. Hey You 02. Is There Anybody Out There 03. Nobody Home 04. Vera 05. Bring the Boys Back Home
06. Comfortably Numb 07. The Show Must Go On 08. Announcements 09. In the Flesh 10. Run Like Hell
11. Waiting for the Worms 12. Stop 13. The Trial 14. Outside the Wall




ピンク・フロイド
The Loneliness Of The Long Distance Runner
STCD-12/13
AUD
2CD
\7,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


■1975年6月18日ボストン公演を高音質完全収録

『狂気』の世界的成功後の1973年10~12月、ピンクフロイドは、『狂気』の「Money」や「Time」で実践した身の回りの音を楽器のように使うアイデアを飛躍させ、本物の楽器を一切使わないアルバム『Household Objects』の制作に取り組む。しかし作業は難航を極め、制作は頓挫してしまう(その断片は2011年の『狂気』『炎』両BOXに1曲ずつ収録されている)。ギルモアは『狂気』がポップ過ぎると感じていたと後に語っているが、実験的な『Household Objects』が失敗したことから、バンドはかつての「Echoes」のような長尺な曲作りに『狂気』の後の方向性を再度求めることになる。その結果、1974年のフランス(6月)とイギリス(11~12月)のツアーは、長尺の新曲を披露する第1部と、『狂気』全曲を再現する第2部という構成となり、新曲として「Shine On」(約20分)、「Raving and Drooling」(約12分)、「You’ve Gotta Be Crazy」(約18分)の3曲が披露された。今でこそよく知られている事実であるが「Shine On」は1975年9月にリリースされる『炎』の「Shine on You Crazy Diamond」のプロトタイプであり、後の2曲は1977年1月リリースの『アニマルズ』収録の「Sheep」と「Dogs」のプロトタイプであった。かつて『狂気』(73年3月リリース)のプロトタイプが1972年1月のツアーから演奏され、ライブ活動を通じて徐々に作品が仕上げられていったように、『狂気』の「次作」も、こうして1974年のツアーから演奏されていたのである。これらのプロトタイプ3曲は、現在、1974年11月のWembley公演のテイクが『炎』BOXで聞ける。この時点でおそらくピンクフロイドは、「Shine On」を片面に、「Raving and Drooling」と「You’ve Gotta Be Crazy」をもう片面に収録するアルバムの構想を抱いていたと思われる。1974年ツアー終了後間もない翌1975年1~2月、ピンクフロイドはアビー・ロード・スタジオで新作のレコーディングを開始する(2014年に、このセッションのものと思われるShine On長尺版のスタジオ・アウトテイクが流出している)。1975年4月、新作のレコーディングを中断して、北米ツアー・ファースト・レグを行う。新曲披露の第1部、『狂気』の第2部、アンコール「Echoes」という構成は前年のツアーと変わりないが、このツアーから、「Shine On」は2つに分割され、その2つのパートの間に新曲「Have a Cigar」を挿入するという、より『炎』に近い形態に変化している。タイトルも「Shine On You Crazy Diamond」とアナウンスされている。また「You’ve Gotta Be Crazy」は演奏時間が5分近く縮められ、スタジオ・アルバムを想定したと思われるサイズに変更されている。北米ツアー・ファースト・レグ終了後、いったんイギリスに戻り、アビー・ロード・スタジオで新作のレコーディングを再開するが、北米ツアー・セカンド・レグ開始までの約1カ月の間に2つの事件が起きている。ひとつは、1974年11月19日ストーク公演から新曲3曲(「Raving and Drooling」「You’ve Gotta Be Crazy」「Shine On You Crazy Diamond」)を収録したブートレグ『British Winter Tour 74』が1975年5月頃リリースされたこと。これは当時としては珍しいカラー・ジャケットで音質も当時としては良かったため、「新作」と誤解されてベストセラーとなった。一説には15万枚売れたとも言われている。そのためピンクフロイドは同じ内容で新作をリリースするわけにいかないという状況に追い込まれることになった。もう一つは、6月5日(?)、シドバレットをテーマにした「Shine On You Crazy Diamond」のミックスをメンバーたちが行っていたアビー・ロード・スタジオに、突如、容貌の一変したシド本人が姿を現し、メンバーたちを驚愕・狼狽させたことであった。シドとの衝撃の再会直後の、6月7日、ピンクフロイドは北米ツアーのセカンド・レグを開始する。セットリストはファースト・レグとまったく同じであるが、この期間中に前述の『British Winter Tour 74』がベストセラーとなり、新曲が新曲でなくなってしまったため、おそらくセカンド・レグ中に、メンバーたちは、当初予定していた(そして制作も進んでいた)新作の内容変更を決断したものと思われる。皮肉なことに、1974年ツアー、北米ツアー・ファースト・レグ、その間のスタジオ・レコーディングと研鑽を積んできた後だけに、北米ツアー・セカンド・レグにおける新曲群の完成度は非常に高く、演奏も素晴らしい。したがって、セカンド・レグからの第1部(新曲5曲)を収録した本作のDISC 1は、当時リリース寸前までいったはずの幻の「新作」の完成形と言うべきものである。「新作」は、もしリリースされていたら、おそらく「Raving and Drooling」と「You’ve Gotta Be Crazy」がA面、「Shine On You Crazy Diamond~Have a Cigar~Shine On You Crazy Diamond」がB面であったろう。 北米ツアーを終えたピンクフロイドは、イギリスで7月5日にネブワース・フェスティバルに出演したあと、新作の最後のレコーディングを行う。この過程で、最終的に「Raving and Drooling」と「You’ve Gotta Be Crazy」は没となり、新たに「Welcome to the Machine」「Wish You Were Here」が加わって『炎』となった。「Shine On You Crazy Diamond」の最後の部分には、収録曲の変更で収録時間を水増しする必要が生じたのか、「part IX」が新たに付け加えられている。一方、「Raving and Drooling」と「You’ve Gotta Be Crazy」は、それぞれ「Sheep」及び「Dog」とタイトルも歌詞も変更され、後に『アニマルズ』に収録されることになる。つまり本作では『アニマルズ』とはまったく歌詞の異なるバージョンを聞くことができる。ちなみに、『アニマルズ』の「Dogs」はほぼA面すべてを占めることになったため、約17分と、1974年ツアー並みの尺に戻されているのが興味深い。 1975年北米ツアー・セカンド・レグは、フロイドの4人のほか、Dick Parry(サックス)、女性バッキング・ボーカル2人(Venetta Fields、Carlena Williams)(以上74年ツアーと同じ)。次回ツアーで参加するSnowy Whiteがまだサポーティング・メンバーで参加していないため、『炎』『アニマルズ』の楽曲を基本的に4人の編成で聴けるのはこの時期ならではである。1977年の『アニマルズ』はおそらくパンク・ムーブメントの影響もあって、全体的に荒削りでストレートな演奏になってしまっていたが、本作DISC 1で聞かれる『アニマルズ』プロトタイプの2曲(「Raving and Drooling」「You’ve Gotta Be Crazy」)のアレンジは、むしろ中期フロイドのオドロオドロシイ雰囲気に近く、印象がかなり異なる。特に「Raving and Drooling」のベースは「One of These Days」を彷彿、強いて言えば「One of These Days」に歌をつけたような感じにも思える。また前述の通り両曲とも歌詞が『アニマルズ』とは全く異なる(74年版とも若干異なる)。なお、『アニマルズ』の「Dogs」では前半をギルモアが、後半をウォータースが歌っているが、この「You Gatta Be Crazy」では後半も1974年ツアー同様、ギルモアが歌っている。「Have a Cigar」は『炎』ではロイハーパーがゲストでリード・ボーカルをとっているが、ここでは、(2011年の『炎』BOX収録のalternative versionと同様に)ウォータースとギルモアがユニゾンで歌っている。演奏も、『炎』よりソリッドなハード・ロック然としたもの。本作DISC 2はコンサートの第2部にあたる『狂気』全曲と、アンコールの「Echoes」を収録している。「Echoes」はサックスと女性コーラスが入るという、74~75年限定の珍しいアレンジであり、本ツアーを最後に演奏されなくなる。『狂気』の全曲再現はアルバム・リリース(73年3月)前のプロトタイプを含めると、72年以降毎年ツアーで行われてきた。しかし、ここでは、例えば、「The Great Gig in the Sky」が1974年ツアー同様に2人の女性ボーカルによって歌われていたり、曲の終盤がジャズっぽい展開になっていたりと、ライブならではのスタジオ版との細かい違いもある。「Any Color You Like」も女性ボーカルをフィーチャーした、よりフリーキーな展開となっている。また意外とも言える最大の聴きどころは、スタジオ版よりはるかに長尺の「Speak to Me」と「On the Run」にあるかもしれない。両曲ともSE効果がスタジオ版より強調されており、当時先進的な360度音響システムで会場全体を今で言うサラウンドにすることによって作り出した立体音響空間が、そこに放り込まれた聴衆の興奮とともに、超高音質ステレオ・オーディエンス音源だけに臨場感たっぷりに伝わってくる。この効果を体感できる音源はおそらくこのボストン75音源だけではないだろか。これらの点を踏まえると、本作で聴ける1975年版『狂気』は、単なる73年スタジオ版の忠実な再現ではなく、1972年プロトタイプからスタジオ版『狂気』を経てさらなる進化を遂げた最終形態と言えるのではないか、という気さえしてくる。なお、後年のギルモアズ・フロイドを別とすれば、ウォータースを含む4人フロイドで『狂気』が全曲再現されるのは、このツアーが最後となる。まとめると、本作(ボストン75音源)は、disc 1に75年当時考えられていた『狂気』後の「新作」の幻の完成型を収録、disc 2には『狂気』の最終発展形態と、(「原子心母」とともに)フロイド中期の金字塔的作品であるEchoesのユニークなアレンジのバージョンを収録、ということになる。しかも、それを、75年ツアーの中で間違いなく最高音質、しかもステレオ音源で追体験することができる。本作は、伝説の2人のテーパー、ダン・ランピンスキーとスティーヴ・ホプキンスによる音源をマトリックスしたもの。ランピンスキー音源は、75年ツアーの最高峰として知られる定番音源。ホプキンス音源も、ランピンスキー音源には及ばないものの、定番の高音質音源。二つをミックスすることで、ステレオの音像を実現している。ランピンスキー音源は音質でホプキンス音源を凌駕するものの数か所の欠落があり、その部分はホプキンス音源で補われている。内容の意義、演奏の充実度・完成度、音質の良さの3点が揃っており、このまま公式リリースしてもおかしくないほどの出来栄えである。美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

DISC ONE
01. Raving And Drooling 02. You've Gotta Be Crazy 03. Shine On You Crazy Diamond Part 1-5 04. Have A Cigar 05. Shine On You Crazy Diamond Part 6-9

DISC TWO
01. Speak To Me 02. Breathe 03. On The Run 04. Time 05. Breathe (Reprise) 06. The Great Gig In The Sky 07. Money 08. Us And Them 09. Any Colour You Like 10. Brain Damage 11. Eclipse 12. Echoes





ピンク・フロイド
Always In Motion Is The Future
STCD-03/04
AUD
2CD+TOUR PROGRAM
\7,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ピンクフロイドの1973年アメリカン・ツアー、ファーストレグより、1975年4月26日ロサンゼルス公演がリリース。

このツアーにおいて、ロサンゼルスのスポーツアリーナで5連続公演が行なわれましたが、本作はその4日目にあたります。

この日はツェッペリンやストーンズなどで高音質録音を残しているテーパー、マイクミラードが録音したとされる音源が残されており、本作にも彼による録音が使用されています。しかし、従来のものはジェネレーションが落ちていたのか、高音質ではあるものの、いくぶんこもりがちな抜けの悪い音のものばかりでした。

本作ではファーストジェネレーションとされているソースを使用し、低音の響きはもちろん、高音の抜けの良さにおいても既発盤を凌駕する、高音質に超がつくサウンドボードに匹敵するくらいの音質で収録されています。

また、全セットにこのツアーのパンフのレプリカがついてきます。俗に“COMIC”プログラムと呼ばれているもので、アメコミ風の内容が面白い当時のツアープログラムです。ぜひこれを眺めながら本作を聴いていただければ雰囲気が出るかと思います。

マスタリング、編集、ジャケットのアートワークからレーベルのデザインまで、微細に渡って丁寧に作り上げられた作品です。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。貴重なツアー・パンフと日本語帯付。

Los Angeles Memorial Sports Arena Los Angeles CA U.S.A. April 26, 1975

DISC ONE
01. Introduction
02. Raving And Drooling
03. You’ve Gotta Be Crazy
04. Shine On You Crazy Diamond (part 1-5)
05. Have A Cigar
06. Shine On You Crazy Diamond (part 6-9)

DISC TWO
01. Speak To Me
02. Breathe
03. On The Run
04. Time
05. Breathe (reprise)
06. Great Gig In The Sky
07. Money
08. Us And Them
09. Any Colour You Like
10. Brain Damage
11. Eclipse
12. Echoes



ピンク・フロイド
San Diego 1975 Soundboard Master
-24bit digitally remastered edition-
Dead Flowers Records-050
SBD
1CD-R
\2,900


1975年4/21、サンディエゴ・スポーツアリーナでおこなわれたPink Floydのライブを、24bitデジタル・リマスタリングの施された超高音質サウンドボード録音にて収録。

75年北米ツアー、『狂気』による世界的な大成功から、難産の末に産声を上げた『炎~あなたがここにいてほしい』へと至る過渡期の貴重なサウンドボード録音を、レーベル・オリジナルのリマスタリングが光る秀逸なサウンドで記録した必聴盤です。制作作業の難航のため、スタジオワークを一時中断しておこなわれたこの北米ツアー1stレグ。本作では、その7公演目にあたるサンディエゴでおこなわれたライブを収録。『狂気』ナンバーを中心に、新曲「クレイジー・ダイアモンド(パート6-9)」、アンコールの「エコー」といった楽曲を、サウンドボード録音ならではの安定したクリアな高音質で楽しむことが出来ます。完全版でないのが唯一残念なところですが、この時期のサウンドボード音源は大変貴重であり、なおかつ入念なリマスターにより飛躍的な音質向上も遂げているので、”1975サンディエゴ”の決定版として是非とも抑えていただきたいところです。

◆San Diego Sports Arena, San Diego, CA 21st April 1975

01. Speak To Me 02. Breathe 03. On The Run 04. Time 05. Breathe (reprise) 06. The Great Gig In The Sky 07. Money 08. Us And Them 09. Shine On You Crazy Diamond VI-IX 10. Echoes

◇Personnel; David Gilmour (vocals, guitar), Roger Waters (bass, vocals), Richard Wright (keyboards, vocals), Nick Mason (drums) Additional musicians: Dick Parry (saxophone) & The Blackberries (Venetta Fields & Carlena Williams) (backing vocals)



ピンク・フロイド
SAN DIEGO 1975
WR-426
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


“ピンク・フロイド”1975年、WISH YOU WERE HERE TOURよりツアー8日目、サン・ディエゴ・スポーツ・アリーナでのステージを高音質サウンドボード音源で収録した貴重なタイトルが登場!

本タイトルは、“ピンク・フロイド”1975年、WISH YOU WERE HERE TOUR前半、サン・ディエゴ・スポーツ・アリーナでのステージを高音質サウンドボード音源でダイジェスト収録した貴重なタイトル。以前、オーディエンス音源でリリースされている、この日の音源ですが、ダイジェストながらサウンドボード音源で聴く事が出来る貴重なオススメのコレクターズ・アイテムです!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at San Diego Sports Arena, San Diego, CA, USA, April 21, 1975.

01. [SIDE A] SPEAK TO ME – BREATHE - ON THE RUN – TIME - BREATHE (REPRISE) - THE GREAT GIG IN THE SKY
02. [SIDE B] MONEY - US AND THEM - SHINE ON YOU CRAZY DIAMOND (6-9)
03. [BONUS DISC SIDE C] ECHOES



ピンク・フロイド
From Abbey Road To Britannia Row
: The Extraction Tapes Remastered Edition
SPE-009
SBD
1CD+ Bonus 2CD-R
\3,400
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


★『Wish You Were Here』と『Animals』のアウトテイク・レアリティーズの真の決定盤!
★プレスCD3枚組(ピクチャーディスク)+さらにボーナスCDR付属の豪華仕様。
★『Wish You Were Here』、『Animals』の8トラック・カートリッジ・テープの決定盤も収録。
+さらにアルバム関連の初CD化トラックもできうる限り収録。
★ボーナスCDRのジャケも四面オフセットカラー印刷で同梱仕様

2014年初頭に登場し話題となった『炎』、『アニマルズ』のアウトテイクの決定盤!

マスターに使用したのは最近になりネットにアップされたスコルピオ盤をもとにしたファン・リマスター・バージョン。元々、2014年当時、これらアウトテイクが最初に登場して話題になった際には海外製アナログ盤で登場したものであり、そこからSigma盤などが即座にCD化されました。しかしその後ほどなくしてスコルピオからアナログ起こしではなくテープソースを元にしたアップグレードCDがリリースされ、音質や収録内容も向上していることで、これまた話題になり即座にコピー盤が海外で流通しました。今回のタイトルはそのスコルピオ盤をもとに熱心なファンがノイズ除去や音切れ等を修繕しネットにアップしたものであり、早速SigmaからこれをもとにCDリリースされたことは記憶に新しいところですが、今回はそのファン・リマスター・バージョンを、さ・ら・に・レーベル独自に見直し修正を施した完全最終決定盤!見直し修正を施したのは主にトラック1?3、トラック7の4トラックで、これらトラックでは「プチっ」という微細なノイズが定期的にまだまだかなり散見されたため、これを手作業のピンポイント除去により一個一個丁寧に修正。その数約100箇所。これによりファン・リマスター・バージョンよりもさらに完璧な仕上がりになりました。 CD1枚目のメイン部分については、今後これ以上の物が出ることはないでしょう。 CD1枚目の終盤にエクストラトラックを収録。「Have A Cigar」(トラック8)はUS Promo Mono エディットバージョンで、各国で当時リリースされたイントロと終盤がエディットされたシングルバージョンの、Monoバージョンで結構レア(通常のレギュラーシングルはステレオ)。トラック9は『アニマルズ』リリース時のラジオスポットで、これは近年ネットにアップされたネット音源です。
エクストラ・ディスクとして2枚目と3枚目にはそれぞれ『炎』と『アニマルズ』の
8 トラックカートリッジバージョンを現物の8トラックカートリッジからダイレクト収録!
『炎』の8 トラックカートリッジのCD化は史上初、また『アニマルズ』の方は「Pigs On The Wing」の連結バージョンのみが過去にも散々あちこちのタイトルに収録されてきたものですが、アルバム全体のCD化も実は今回が初めてではなく、過去に一度プレス盤は別メーカーからリリースされており、今回が2度目のCD化となります。しかしここでは音質は桁違いに向上しており、現物からのダイレクト収録となるのはどうやら今回が両アルバムとも実質初めてとなりそうです。8トラックカートリッジの特性上(エンドレステープが4回転して再生が完結する)、通常のレコードやCDメディアとは異なる独自の(かつ、容赦ない、ぶっ飛び)編集が施されているのが聞き所でもあり面白い所でもあります。 『炎』では「Shine On」と「Have A Cigar」がそのブツ切りの餌食となってしまっており、「Shine On」 Part 4(最初のボーカル部分)とPart 6(後半の最初セクション)、「Have A Cigar」歌い出し直前で容赦なく分断編集されており、初めて聞く方はビックリするかも知れません。2枚目終盤には『炎』関連のシングルレアリティーズ等を収録。9曲目の「Shine On-」はフランス盤シングルからで、Part 1のみを抜粋収録したものでステレオ。10曲目はUS Promo シングル盤からの収録で、イントロと終盤が編集されたステレオミックスで各国でもレギュラーリリースされている3分半ほどのシングルバージョン。11曲目はイントロはエディットされてないシングルバージョンで、後半をフェードして4分少々にまとめたもう一つのシングルバージョン。12曲目は極めて稀なエラー盤と思われ、イントロのSEパートに7秒間ほどの無音部が発生しており(音飛びではありません。)、また2分45秒付近でも4秒ほどステレオの右chでレベルダウンが発生するなど、今ではちょっと考えられないレアなマスターバージョン。ちなみに、日本盤は全てでこういうものなのかは不明です。次にCD3枚目『アニマルズ』の8トラックカートリッジですが、ここでは各楽曲の中途半端な分断編集を避けるために「Pigs On The Wing」が連結バージョンで収録されたのではないかとも思えます(憶測)。この小曲が前半にまとめて収録されたことで、結果的に分断処理が「Dogs」1曲のみで済んでいます。ちなみにイギリスとアメリカ以外の各国バージョンではこの連結バージョンではなく通常のバージョンが収録されており、その影響で楽曲の分断編集が多い物になってしまっています。なお、「Pigs On The Wing」連結バージョンは1995年リリースのスノウィー・ホワイトのコンピレーション盤にて公式初CD化されていますが、そこではリミックス処理が施されており、連結バージョンは本来アコースティックギターが左右に分離したミックスですが、そのリミックスバージョンでは序盤は通常リリース版のようにアコギがセンターにまとめられたミックスとなっておりますが、スノウィー・ホワイトのギターソロの箇所で突然アコギが左右に振られ、さらにロジャーウォーターズのボーカルには終始深いリバーブ処理が施された、若干加工感の強い処理が施されています。またスピードに関しても8トラックカートリッジのバージョンのみ2%程度低いようです。CDの最後にはそのリミックスバージョンをボーナス収録しております。

Disc 1 Unissued Alternate Studio Recordings 1975 - 1976
"WISH YOU WERE HERE" 1. Shine On You Crazy Diamond (Parts 1-8) 2. Welcome To The Machine 3. Have A Cigar
"ANIMALS" 4. Sheep (Raving And Drooling) 5. Dogs 6. Pigs (Three Different Ones) 7. Sheep Sound Effects
Extra Tracks 8. Have A Cigar (US Promo Single Edit Version, Mono)
9. Animals Radio Advert: One Minute Advertisement for "ANIMALS" LP (KWST-FM, Los Angeles)

Disc 2 (Extra Disc) "WISH YOU WERE HERE" 8-Track Cartridge Tape (Taken from UK "WISH YOU WERE HERE" 8-track Cartridge Tape)
1. Shine On You Crazy Diamond (Parts 1-4) 2. Shine On You Crazy Diamond (Parts 4-5) 3. Welcome To The Machine 4. Have A Cigar (Part 1) 5. Have A Cigar (Conclusion) 6. Wish You Were Here 7. Shine On You Crazy Diamond (Part 6) 8. Shine On You Crazy Diamond (Parts 6-9)

Extra Tracks 9. Shine On You Crazy Diamond (Part 1) (French Single Edit Version, Stereo)
10. HAVE A CIGAR (US Promo Single Edit Version, Stereo) 11. HAVE A CIGAR (French Single Edit Version, Stereo)
12. Welcome To The Machine (Japanese Single Error Version, Stereo)

Disc 3 (Extra Disc) "ANIMALS" 8-Track Cartridge Tape (Taken from UK "ANIMALS" 8-track Cartridge Tape)
1. Pigs On The Wing 2. Dogs (Part 1) 3. Dogs (Conclusion) 4. Pigs (Three Different Ones) 5. Sheep
Extra Track 6. Pigs On The Wing (Remix Version)

★Bonus CDR PINK FLOYD - ANIMALS: SPECIAL DJ COPY(Bonus CDR)
限定でさらにボーナスCDRが付属します。"ANIMALS"リリース時の激レア・アナログ・プロモ盤「ANIMALS: SPECIAL DJ COPY」を現物から復刻。ネットではありません。以前もSigmaでボーナス使用されたことがありますが、今回は当レーベル所蔵の現物からの再度ボーナスCDR化。このPromo盤は、長い各楽曲のラジオプレイを意識したのか曲中の適当な箇所で大雑把にフェイドアウト&インされている点で、マニアには大変興味深いエディット・バージョン。とくにクレジットにもあるようにPigs曲中で放送禁止用語F*+kのフレーズをオミットした部分(CDタイム3:05付近)は聞き所(?)かも知れません。このボーナスCDR用のジャケは4面二つ折りオフセット・カラージャケ仕様で、ボーナスCDRと併せ本体CDケース内に同梱されております。

Taken from US “ANIMALS” Special DJ Copy (AP-1) 1. Pigs on the Wing (Part 1) 2. Dogs (Part 1) 3. Dogs (Part 2) 4. Dogs (Part 3)
5. Pigs (Three Different Ones) This track has been expletive deleted! 6. Sheep (Part 1) 7. Sheep (Part 2) 8. Pigs On The Wing (Part 2)



ピンク・フロイド
WISH YOU WERE HERE ALTERNATE MIXES
MW17001CD1-2
SBD
2CD
\2,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


『オルタネイト・ミキシーズ』ではCD1にオリジナル・アナログ・ミックス・マスターを収録。75年リリース当時の英国オリジナル・アナログ・マスターを収録。海外オーディオファイル音源コレクターによる2017年最新レストア音源でレコード起こしではないマスターからの原音に忠実な音源で後のデジタル・リマスター音源に比べアナログならではの豊潤な質感を完全再現したオリジナル・ミックスです。さらに2011年のラジオ・ショウ”イン・ザ・スタジオ”も収録。CD2にはスタジオ・デモ・アウトテイクス音源を収録。初期段階のスタジオ・デモ音源は公式では聞けない貴重な演奏を記録した注目の内容でこちらもノイズ軽減された2017年最新レストア音源で収録。ボーナス追加で76年当時のラジオ・インタビューも収録されています。

CDdisc1 ORIGINAL ANALOG MIX MASTER
1. SHINE ON YOU CRAZY DIAMOND (PARTS I-V) 2. WELCOME TO THE MACHINE 3. HAVE A CIGAR
4. WISH YOU WERE HERE 5. SHINE ON YOU CRAZY DIAMOND (PART VI-IX) 6. IN THE STUDIO

CDdisc2 STUDIO DEMO/ALTERNATE MIX
1. SHINE ON YOU CRAZY DIAMOND (PARTS I-IX) (studio demo) 2. WELCOME TO THE MACHINE (studio demo)
3. HAVE A CIGAR (studio demo fragments) 4. HAVE A CIGAR (studio demo) 5. WISH YOU WERE HERE (original violin mix)
6. RADIO INTERVIEW 1976

David Gilmour - vocals, guitars, keyboards, tape effects, additional bass Roger Waters - vocals, bass guitar, guitar, tape effects
Nick Mason - drums, percussion, tape effects Richard Wright - organ, piano, synthesizer, backing vocals

Additional musicians
Dick Parry - tenor and baritone saxophone on "Shine On You Crazy Diamond" Roy Harper - lead vocals on "Have a Cigar"
Stephan Grappelli - violin on "Wish You Were Here" Venetta Fields / Carlena Williams - backing vocals on "Shine On You Crazy Diamond"



ピンク・フロイド
WISH YOU WERE HERE ALTERNATE VERSIONS
MW17002CD1-2
SBD
2CD
\2,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


『オルタネイト・バージョンズ』では世界各国でリリースされたバージョン違いやライブ音源をまとめて収録。CD1に「シャイン・オン・ユー・クレイジー・ダイヤモンド」を8バージョン収録。公式のようにパート分けされていないコンプリート・バージョンから各国シングル・エディットやプロモ音源を網羅。CD2には「ハヴ・ア・シガー」と「ウィッシュ・ユー・ワー・ヒア」のバージョン違いとライブ音源を収録。特に「ウィッシュ~」ではバッキング・トラックや2バージョン合体ミックスさらにロジャー・ウォータースのアコースティック・バージョンやエリック・クラプトンとの共演、ライブ8でのリハーサルと本番、2010年デイブ・ギルモアとの共演までを収録。まさにバージョン違いをまとめて収録した最新編集による関連音源コレクションです。

CDdisc1
1. SHINE ON YOU CRAZY DIAMOND (complete steel breeze version) 2. SHINE ON YOU CRAZY DIAMOND (french single edit)
3. SHINE ON YOU CRAZY DIAMOND (promo single edit) 4. SHINE ON YOU CRAZY DIAMOND (1981 edit version)
5. SHINE ON YOU CRAZY DIAMOND (UK short version) 6. SHINE ON YOU CRAZY DIAMOND (US short version)
7. SHINE ON YOU CRAZY DIAMOND (studio multi-tracks)
8. SHINE ON YOU CRAZY DIAMOND (the hitch-hiker's guide to the galaxy radio series deleted scene)

CDdisc2
1. HAVE A CIGAR (italian single edit) 2. HAVE A CIGAR (US promo single stereo) 3. HAVE A CIGAR (US promo single mono)
4. HAVE A CIGAR (roger and david version) 5. WISH YOU WERE HERE (recording sessions)
6. WISH YOU WERE HERE (backing vocal version) 7. WISH YOU WERE HERE (alternate edit violin mix)
8. DAVID GILMOUR INTERVIEW (include "Shine On You Crazy Diamond") 9. NICK MASON INTERVIEW
10. DAVID GILMOUR INTERVIEW (include "Wish You Were Here") 11. WISH YOU WERE HERE (roger waters acoustic version)
12. WISH YOU WERE HERE (roger waters and eric clapton - tsunami aid 2004) 13. WISH YOU WERE HERE (live 8 rehearsals)
14. WISH YOU WERE HERE (live 8 live version) 15. WISH YOU WERE HERE (roger waters and david gilmour - live 2010)



ピンク・フロイド
Wish You Were Here Unreleased Sessions
Dead Flowers Records-055
SBD
1CD-R
\3,400


1975年、「炎~あなたがここにいてほしい」期に収録されたデモ音源を高音質サウンドボード音源にて収録したアイテムが登場。「Shine On You Crazy Diamond」「Welcome To The Machine」「Have A Cigar」「Wish You Were Here」の4曲を、Dead Flowersレーベルによるオリジナル・リマスターが施されたハイクオリティ・サウンドでお楽しみいただけます。前作「狂気」の大ヒットから二年後、紆余曲折を経て作り上げられたこの名盤の製作過程が垣間見られるコレクター必携のアイテム、是非ともお買い逃し無く。

◆Wish You Were Here Unreleased Sessions [2014 Digitally Remastered Edition]

1. Shine On You Crazy Diamond (Parts 1-8) - Studio Version 1975 in one complete piece. 2. Welcome To The Machine - Studio Demo, 1975 3. Have A Cigar - Studio Demo, 1975 4. Wish You Were Here - Studio, 1975 (with Stephane Grapelli)



ピンク・フロイド
Empire Pool 1974 -Complete-
WR-111
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


“ピンク・フロイド”1974年、エンパイア・プールでのライブを高音質サウンドボード音源(2枚組)でコンプリート
収録したタイトルが登場!

前年にリリースされたコンセプト・アルバム「狂気」が大ヒットし一躍スターダムにのし上がったピンク・フロイドが同年のツアー後、しばしの休暇後、ツアーを再開、本タイトルは、6月のフランス公演後、11月に行われたブリティッシュ・ウィンター・ツアーからウェンブリー・エンパイア・プールでのステージを完全収録した至福のタイトルです!
名盤「狂気」の楽曲を中心に、新曲「Shine on you crazy diamond」「You've gotta be crazy」「Raving and drooling」などが演奏され次回作への期待が高まる中、大成功に終わったツアーの全貌が38年の時を超え蘇ります!ラストの「Brain Damage」~「Eclipse」~「Echoes」は大圧巻!必聴です!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Empire Pool, Wembley, London, England, November, 1974.

DISC ONE
01. Shine On You Crazy Diamond / 02. Raving and Drooling / 03. You've Gotta Be Crazy

DISC TWO
01. Speak To Me / 02. Breathe / 03. On The Run / 04. Time / 05. The Great Gig In The Sky / 06. Money / 07. Us And Them / 08. Any Colour You Like / 09. Brain Damage / 10. Eclipse / 11. Echoes



ピンク・フロイド
May The Force Be With You
SHAKUNTALA STCD-01/02
AUD
2CD
\4,300
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ピンク・フロイドの専門レーベルSHAKUNTALAから、1975年ロサンゼルスに続く第二弾は、1973年3月14日ボストン・ミュージック・ホール公演になります。

今回も重厚で素晴らしい音質で収録されている厳選した音源をリリース。優れた音源が多い1973年の中でも、この年のボストンは、その音質の良さで古くから有名な音源ではありましたが、今回はさらに従来のものを凌駕する高音質で収録しています。

ニール・ヤングなど良質な音源を収録しているボストンのテーパー・グループによる録音で、そのクオリティは保証済みです。

この年の北米ツアーでは長く「Echoes」がオープニング・ナンバーでしたが、ツアーも後半では「Obscured By Clouds」に変更になります。ところが、このボストンはその移行の過渡期に相当し、なぜか「Careful With That Axe, Eugene」がオープニング・ナンバーという珍しいコンサート。ちなみに「Echoes」は前半最後、「Obscured By Clouds」は2曲目に移動しています。

また後半はアルバム『狂気』をそのまま演奏しています。1972年と異なり、ほぼ完成されアルバム通りの演奏となっていますが、それでもまだアレンジや歌詞が固まっていない部分が散見され、スタジオ・バージョンとの相違を楽しむのも一興でしょう。

SHAKUNTALAレーベル第二弾は定番音源の決定盤、1973年ボストン公演を高音質完全収録。美しピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤です。

Boston Music Hall Boston U.S.A. March 14, 1973

DISC ONE
01. Introduction
02. Careful With That Axe, Eugene
03. Obscured By Clouds
04. When You're In
05. Set The Controls For The Heart Of The Sun
06. Echoes

DISC TWO
01. Speak To Me
02. Breathe
03. On The Run
04. Time
05. Breathe (reprise) 
06. The Great Gig In The Sky
07. Money
08. Us And Them
09. Any Colour You Like
10. Brain Damage
11. Eclipse
12. One Of These Days



ピンク・フロイド
In The Heart of Gold Experience
Dead Flowers DVD-026
86min. Pro-shot
1DVD-R
\2,770


“サイケ・ロックからプログレッシブ・ロックの代名詞的存在へ”。1969~71年、David Gilmour加入、Syd Barrett脱退を経て、『原子心母』でその楽曲構成力の高さを証明し、『おせっかい』『雲の影』でシーンにおける地位を他の追随を許さぬものとしたPINK FLOYD最初の黄金期のプロショット映像集が登場です。

t-10までの1時間弱が本編で、1969年から71年までの欧州各国での貴重なライブ映像を時系列に、いずれも正に驚愕という形容しか思い当たらないマスター・クオリティの超高画質・放送用ソースよりデジタル・リマスタリング収録したものです。

本編後に30分に亘り収録されたボーナス映像も非常にハイ・クオリティ、内容も大変興味深いものとなっており必見です。全プログレファン必見のマストアイテム!

<Rare Film Collection in Europe 1969-1972>
◆"Festival Actuel", Mont de l'Enclus, Amougies, Belgium, 25th October 1969
01.Set The Controls For The Heart Of The Sun 02.Careful With That Axe, Eugene

◆Kraalinge Bos, Rotterdam, Netherlands, 28th June 1970
03.Set The Controls For The Heart Of The Sun 04.A Saucerful Of Secrets

◆Abbaye de Royaumont, Royaumont, France, 15th June 1971
05.Cymbaline 06.Set The Controls For The Heart Of The Sun

◆The Dome, Brighton, UK, 28th & 29th June 1972
07.Careful With That Axe, Eugene 08.Set The Controls For The Heart Of The Sun

◆Musikhalle, Hamburg, West Germany, 25th February 1971
09.Atom Heart Mother

◆Stadthalle, Offenbach, West Germany, 26th February 1971
10.A Saucerful Of Secrets

◆"Pop Deux" French TV documentary, filmed in Herouville, 25th February 1972
11.Whots Uh The Deal (rough mix) ~ Obscured By Clouds ~ The Gold It's In The... ~ interview

◆"Top Of The Pops", 13th September 1974
12.I'm A Believer (Robert Wyatt featuring Nick Mason and Andy Summers)

◆"A2 News" (before the Paris shows), 21st February 1977
13.report on the band and interviews with David Gilmour & Roger Waters

◆"FR3 Poitiers", (french concert), 29th November 1972
14.The public, the band, installation of the stage etc...



ピンク・フロイド
LIVE IN JAPAN 1972 ARIHARA
STCD-044/045
AUD
2CD
\4,900


日本のロック黎明期ともいえる70年代初頭から数多くのアーティストが来日し、情報が限られていた当時、今まで書籍でしか知ることの出来なかった海外アーティストを実際に目の当たりにする機会が多く、まるで夢のような時代であった。そしてピンク・フロイドの来日公演は今まで3回行なわれている。初来日が1971年、そして翌1972年にも来日公演を行なっている。驚くべきことに初来日時は東京ではコンサートは行なわれず、箱根で2度、大阪で1度の、計3回のみのステージであった。おそらく、ほとんとのファンは、1972年、2度目の来日でピンクフロイドのステージに初めて接したのではないだろうか。 ピンク・フロイドは1971年11月に「おせっかい」リリースに伴うツアーを終え、その後再び次のアルバムのレコーディングに時間を費やすことになる。そして次作のテーマとして掲げられたのが「人間の内面に潜む狂気」を音楽で表現することであった。このような難解なテーマと複雑な構成は、何度も推敲が重ねられ後、『狂気』として結実するが、リリースは1973年3月で待たねばならなかった。しかも、その間もツアー日程は組まれており、フロイドはツアーを通して『狂気』の練度を上げていく選択をすることになる。実際に、既に予定されていた1972年の年初から始まった英国ツアーでは、早くも『狂気』が披露されている。 今でこそチャート・アクションを含め歴史的名盤の地位を確固たるものとしている『狂気』であるが、当時は純粋なピンクフロイドの新曲としてステージされている。ほとんどの聴衆にとって初めて聴くであろう『狂気』に対し、その世界観は既に只者ではない雰囲気を醸しており、ステージで展開される幻想的な光景にただ固唾を飲んで見守っている様子が当時のオーディエンス録音から伺える。その一連の延長で行なわれたのが1972年の来日公演であった。ここでも未発表だった『狂気』がオープニングから既に全編を通して演奏されている。 アーティストにとってステージとは何であろうか。ポールマッカートニーは「ビートルズ時代でも新曲より『シー・ラヴズ・ユー』といった曲の方がウケた」と述懐している。観客はレコードで擦り切れるほど聴いた曲をコンサート会場で生演奏で聴くことに楽しみを感じているのがよく理解できる証言である。またアーティスト側の視点では、新曲を披露することで曲の反応をダイレクトに確かめるという意図もあったのではないか。アルバム制作中にもツアーが組まれており、レコーディングの過程で、ステージにおける反応をアルバム制作に反映させる意図があったと思われる。またこれはレコーディングとリリースの時間差から生じる現象だが、ステージで演奏した新曲を再度聴きたいがために後にリリースされるアルバムを購入してもらうといった、プロモーションとしての意図もあったと思われる。レッド・ツェッペリンが既にレコーディング済でありながら未リリースのニューアルバムの曲を積極的にステージで演奏していたのも、おそらくそのような理由からであろう。 しかしピンク・フロイドの場合は、上記のいずれにも属さないまた別の理由があるように思える。1972年のステージでは『狂気』全編がオープニングから演奏されているが、なにせリリースより1年以上前のアルバムをまるごと演奏しているのである。そして本作などで聴くことが出来る『狂気』は、骨格こそリリースされた『狂気』であるものの、はっきり言って未完成の印象を払拭できない。未完成というよりもスタジオ・アウトテイクを聴いているような別バージョンなのである。最も別バージョンというのが語弊があるのであれば、まだ熟成されていないという表現の方がピタリとくるであろうか。ピンク・フロイドにとっても『狂気』に対しては特別な意識があったのだろう。ツアーを通して繰り返し演奏することによって練度を高め完璧な最終形に近付けていこうという、従来にない意図があったのではと想像する。
ピンクフロイドの『狂気』があのように隙がなく、終始緊張感が弛緩することなく濃密な作品となっているのは、このように1年かけてステージで熟成させていった結果なのだという事がよく理解できる。後世の人たちにはアルバム『狂気』のみが残るであろうが、当時、ライヴに臨場したファンは、幸運にもこのように、長期に渡る熟成期間があの名盤を支えている事を知っている。その一端が、本作に収録の1972年日本公演なのである。 1972年の日本公演は東京2回、大阪2回、そして京都と札幌と、合計6公演が行なわれている。交通網の発達している現在の目で見てもハードなスケジュールで、特に東京から京都までは5日連続公演である。本作はその初日1972年3月7日東京都体育館公演を収録している。前述のように前半は『狂気』がフルで演奏されている。興味深いのは、当初1月のステージでは『A Piece for Assorted Lunatics』と紹介されていたが、既にこの3月の時点で『The Dark Side Of The Moon』とタイトルが変わっている点。『狂気』という日本語タイトルはまだないという点。なお、当日会場では『月の裏側-もろもろの狂人達の為への作品-』という歌詞カードが観客に配布されたとのことである。そして11月に英国でリリースされる新曲であると紹介している点。11月を予定していたリリースが翌年3月にまで4か月もずれ込むのは、やはり完璧を求めるピンク・フロイドの拘りだったのだろう。 ピンク・フロイドの1972年来日公演より、初日3月6日東京都体育館を完全収録。前半が『狂気』全編を演奏し、後半は既にリリース済みの楽曲群が並ぶ。「吹けよ風、呼べよ嵐」はツアーポスターにも大々的に謳われた当時の日本のファンにとってピンク・フロイドを象徴する曲であった。その他、ユージン、エコーズ、そして神秘でコンサートは締めくくられる。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

METROPOLITAN GYMNASIUM TOKYO March 7, 1972

DISC ONE
01. Speak To Me 02. Breathe 03. On The Run 04. Time 05. Breathe (Reprise) 06. The Great Gig In The Sky 07. Money
08. Us And Them 09. Any Colour You Like 10. Brain Damage 11. Eclipse

DISC TWO
01. One Of These Days 02. Careful With That Axe, Eugene 03. Echoes 04. Announcement 05. A Saucerful Of Secrets



ピンク・フロイド
DID YOU MISS THE STARTING GUN!
ZR-037/038
AUD
2CD-R
\5,100


ピンク・フロイドの72年日本公演を収録、アップグレードヴァージョンです!1972年3月6日東京体育館で行われたライヴが登場。初登場ではありませんが、既発アイテムよりも音の良いマスターを適度にマスタリングをして収録してあります。

1枚目に当時発売前のアルバム『ダークサイド・オブ・ザ・ムーン』のセット、2枚目には『ユージン斧』『エコーズ』等初期傑作が名を連ねます。この時期は『タイム』がアルバム収録ヴァージョンとアレンジが大幅に違い、タイトだった
アルバムヴァージョンに対して、なんともドロっとした演奏になっていて、むしろアルバムに収録されたヴァージョンよりも歌詞にマッチしているように思います。この時期のドロっとした『タイム』を聴いたことの無い方は必聴です。

東京体育館,Tokyo Mar 6 1972
Disc 1
01 Speak To Me ?Breathe 02 On The Run 03 Time ?Breathe Reprise 04 The Great Gig In The Sky 05 Money 06 Us And Then 07 Any Colour You Like 08 Brain Damage 09 Eclipse

Disc2
01 One Of These Days 02 Careful With That Axe,Engene 03 Echoes 04 A Saucerful Of Secrerts



ピンク・フロイド
Studio Outtakes & Demos
WR-145
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


”ピンク・フロイド”1971、72年、の貴重なアウトテイク、デモ音源を高音質サウンド・ボード音源で収録したタイトルが登場!

本タイトルは、1973年リリースの大ヒット・アルバム「狂気」収録曲製作時の貴重なアウトテイク、デモ音源を収録した貴重なタイトルです!
「MONEY」のアコースティック・ヴァージョン、「TIME」の別アレンジ・ヴァージョンなど興味深い音源を多数収録!製作段階の音源だけに全体的に荒削りですが、聴いて頂ければ、そのクオリティーの高さに驚きます!アブドーラ・ザ・ブッチャーのテーマ曲で有名な「吹けよ風、叫べよ嵐」の貴重なデモ・ヴァージョンも収録!さらに、1971年リリースの日本のみカップリングの貴重なシングル(「吹けよ風、叫べよ嵐」「シーマスのブルース」)を追加収録!オススメの貴重盤です!!

Source: Excellent Studio Soundboard Recordings.
Studio Outtakes & Demos 1971/1972 + Japanese Single 1971.

01 On The Run (Outtake) Recorded At Abbey Road Studios, London, November 1972
02. Time (Demo) Recorded At Abbey Road Studios, London, June 1972
03. Money (Acoustic Demo) 1971
04. Us & Them (Demo) Recorded At Abbey Road Studios, London, June 1972
05. Brain Damage / Eclipse (Demo) Recorded At Abbey Road Studios, London, June 1972
06. Brain Damage (Outtake, Part 1) Recorded At Abbey Road Studios, London, November 1972
07. Brain Damage (Outtake, Part 2) Recorded At Abbey Road Studios, London, November 1972
08. One Of These Days (Demo #1)
Recorded At Studios, 1971
09. One Of These Days (Demo #2) Recorded At Studios, 1971
Bonus Track
10. One Of These Days (Japanese Single 1971)
11. Seamus (Japanese Single 1971)



ピンク・フロイド
LIVING STILL LIFE - LIVE IN OSAKA 1971 -
STCD-114/115
AUD
2CD
\4,900
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ピンク・フロイドは1972年に全6公演の日本ツアーを行なっているが、その前年にも来日公演を行なっている。その時のメインは1971年8月6日と7日の両日に行なわれた箱根アフロディーテ公演であるが、その他に唯一、8月9日に大阪フェスティバル公演を行なっている。わずか3公演しか行なわれなかった1971年の来日公演、それも東京を外してのものであった。本作は、その初来日公演より1971年8月9日大阪公演を高音質で完全収録している。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

FESTIVAL HALL, OSAKA, JAPAN August 9, 1971

DISC ONE
01. Green Is The Colour
02. Careful With That Axe, Eugene
03. Fat Old Sun
04. Atom Heart Mother

DISC TWO
01. Echoes
02. Set the Controls For The Heart Of The Sun
03. Cymbaline
04. A Saucerful Of Secrets



ピンク・フロイド
SWEDES’ ASTRONOMY 1970
WR-504
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


“ピンク・フロイド”1970年、スエーデンでのステージを超高音質サウンドボード音源(2枚組)で収録したタイトルが登場!

本タイトルは、名盤「原子心母」リリース直前である1970年3月、スエーデンでのライブを収録した貴重なタイトル。それまでリリースされたアルバムからチョイスされた名曲の数々が次々と演奏されるステージは圧巻!「原子心母」のリリースで一躍、世界を代表するプログレ・バンドとなる直前の緊張感あふれるサウンドは最強!オススメのコレクターズ・アイテムです!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Akademiska Foreningens Stora Sal, Lund, Sweden, March 20, 1970.

DISC ONE
01. Astronomy Domine / 02. Tuning / 03. Careful With That Axe, Eugene / 04. Tuning / 05. Cymbaline / 06. Tuning
07. A Saucerful Of Secrets

DISC TWO
01. The Embryo / 02. Tuning / 03. Interstellar Overdrive / 04. Tuning / 05. Set the Controls For The Heart Of The Sun / 06. tuning
07. The Amazing Pudding (Atom Heart Mother)



ピンク・フロイド
From Italy To London
WR-052
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ピンク・フロイド、1968年と1969年の貴重な名演音源を高音質サウンドボード音源で収録したタイトルが登場!

1970年、名盤「原子心母」で世界に衝撃を与える事となるピンク・フロイド。
シド・バレット活動不能、デヴィット・ギルモアの加入とバンドの状態が目まぐるしく変化していく中、ライブ活動は精力的にこなしていた彼ら、ライブ活動がスタジオ・アルバムの糧になっていた事は言うまでもありません!
本タイトルは、そんなピンク・フロイドが頂点を極める直前の重要な2公演を収録した歴史的にも貴重なタイトルです!
まだリリース前の楽曲も演奏されていたりとスタジオ盤のそれとは遥かに一線を画すライブ・サウンド!
しかも、過去にリリースされていた同内容のソースではなく最新版のクリアなサウンドで蘇ります!

Source: Excellent Soundboard Recordings
Live in Rome,Italy,May 6, 1968 & London, May 12, 1969.

ITALY 1968
01. Astronomie Domine
02. Set The Controls For The Heart Of The Sun
03. Interstellar Overdrive

LONDON 1969
04. Granchester Meadows (Daybreak)
05. Cymbaline (Nightmare)
06. Green Is The Colour
(The Beginning/Beset By Creatures Of The Deep)
07. The Narrow Way





シド・バレット
①Let’s Roll Another One
②Was That OK ?
①SOCDR-VOL01A/B
②SOCDR-VOL02A/B
SBD
各2CD-R
\4,200
①Let’s Roll Another One
②Was That OK ?


没後4年、その天才的な才能で初期のピンク・フロイドを牽引し、今もなお世界中のマニアックなファンから愛されて止まないシド・バレット!彼が在籍時のピンク・フロイドに関するアウトテイク、BBC、レアトラック、レアライブなどなど、現存するほとんどの音源を高音質で収録した究極のシリーズ登場。

ピンク・フロイド、デビュー以前のアセテイトから始まり、華々しいフロイドの活動の数々、残されたアウトテイク、TV出演テイク、別テイク、未発表シングルを経て、禁断のソロへ。そしてソロのリハールテイクを2枚組/2タイトルに完全網羅。シドバレットファンだけでなく、ピンク・フロイド・ファンにも欠かせない作品です。まさに世界有数のバレット・マニアが制作した、バレットファンのための究極タイトルです!!

①A Collection Of Syd Barrett’s Rarities Vol, 1
Disc:1
01 Lucy Leave (Oct . 1965 Acetate) 
02 King Bee (Oct 1965 Acetate)
03 Interstellar Over Drive (31/10/65 Demo)
04 Mike Leonard Interview (17/12/67)
05 Intersteller Overdrive(“Love In London” Film Soundtrack)
06 Nick’s Boogie (“Love In London”Soundtrack21/1/67)
07 Intersteller Overdrive (“Love In London”Film Soundtrack L.P Edit 21/1/67)
08 Matilda Mother (Live At Ufo2 10/1/67,)
09 Intersteller Overdrive(Live At Ufo2 10/1/67,, With Mccartney Interview)
10 Let’s Roll Another One (22/1/67 Acetate)
11 Insturumental (22/1/67 Rehearsal)
12 Arnold Layne(28 /1/67 Rehearsal)
13 Candy & A Current Bun (28/1/67 Acetate)
14 Intersteller Overdrive(27/2/67 French “Arnold Layne “E.P.Mix)
15 Row R Toc H (14/5/67 BBC TV)
16 Astronomy Domine (14/5/67 BBC TV)
17 See Emily Play(23/5/67)

Disc:2
01 Arnold Layne(27/2/67)
02 Candy & A Current Bun(27/2/67)
03 Remember A Day (9/5/67 Mono)
04 See Emily Play(21/5/67 Acetate Wth Alternate Ending)
05 Flaming (29/6/67 Mono Single Mix)
06 Beechwoods (4/9/67)
07 Set The Controls For The Heart Of The Sun(7/8/67 Syd’S Part)
08 Scream Thy Last Scream (7/8/67 Peter Jenner 1974 Mix)
09 Scream Coda
10 Vegetable Man (Oct 1967 Peter Jenner 1974 Mix)
11 Flaming (25/9/67 BBC)
12 Scarecrow (25/9/67 BBC)
13 The Gnome (25/9/67 BBC)
14 Matilda Mother (25/9/67 BBC)
15 Reaction In G (25/9/67 BBC)
16 Set The Controls For The Heart Of The Sun (25/9/67 BBC)
17 Jug Band Blues (24/10/67 Mono)
18 Scream Thy Last Scream (7/8/67 Malcolm Jones 1987 Mix)
19 Vegetable Man (Oct 1967 Malcolm Jones 1987 Mix)
20 Apple And Oranges (15/11/67 Stereo “Masters Of Rock” L.P)
21 Paint Box (12/11/67 Stereo)
22 Vegetable Man (20/12/67 Bbc 80’S Broadcast) 
23 Scream Thy Last Scream (20/12/67 BBC 80’S Broadcast)
24 Jug Band Blues (20/12/67 BBC 80’S Broadcast)
25 Julia Dream (13/2/68 Stereo “Masters Of Rock “L.P.With Echoed Vocals
26 It Would Be So Nice (21/3//68 Stereo)
27 Julia Dream(13/2/68 Stereo)


②A Collection Of Syd Barrett’s Rarities Vol, 2
Disc:1
01 Reaction In G (13/11/67 Hippy Hippy Fair Oude Ahoy Rotterdam)
02 Pow R Toc H (13/11 67 Hippy Hippy Fair Oude Ahoy Rotterdam)
03 Scream Thy Last Scream (13/11/67 Hippy Hippy Fair Oude Ahoy Rotterdam) 
04 Set The Controls For The Heart Of The Sun
(13/11/67 Hippy Hippy Fair Oude Ahoy Rotterdam)
05 Intersteller Overdrive(13/11/67 Hippy Hippy Fair Oude Ahoy Rotterdam)
06 Pink Floyd Interview (Jan 1967 BBC)
07 Syd Barret /Roger Waters Interviewed By Hans Keller (14/5/67 BBC TV)
08 Studio Cutter (1969)
09 Roger Waters Interview (10/9/1967 Stockholm ) 
10 John Peel, Roger Waters Peter Jener Interviews (1970’S)
11 Peter Jener Interviews (1970’S) 
12 Octpus (13/6/ 69 Rough Mix Malcolm Jones Fragment)
13 Backing Track Expert
14 Swan Lee Expart (8/6/68)

Disc:2
01 In The Beechwoods (1967 Backing Track From 3/69 Mason Interview)
02 Vegetable Man (1967 Mix From 3/69 Mason Interview)
03 Vegetable Man (1967 Rehearsal From 3/69 Mason Interview)
04 Silas Lang (6/5/68 Bacing Track)
05 Lancky (14/5/68 Part 2)
06 Golden Half (28/5/68 Instrumental 1988 Gareth Cousins Mix)
07 Swan Lee (8/6/68 Backing Track 1987 Malcolm Jones Aiternate Mix)
08 Swan Lee (20/6/68 Backing Track)
09 Clowns & Jugglers (20/7/68 Take 1 Alternate Mix, With Studio Chat)
10 Swan Lee(10/4/69 Fragment With Vocal)
11 Opel Studio Chatter ((11/4/69) 
12 Love You (11/4/69 Take 2)
13 Clowns & Jugglers (3/5/69 Take 2 Keyboard Mix)
14 Long Gone (27/7/69 Take 2)
15 Dark Globe (27/7/69 Choral Version , Peter Jenner 1974 Echo Mix)
16 Dark Globe (27/7/69 Choral Version , Malcol Jones 1987 Clean Mix)
17 Maisie (26/2/70 Take 1 False Start)
18 Maisie (26/2/70 Take 2 Alternate Mix With Extra Vocals)
19 Rats (5/6/70 Take 1false Start With Studio Chatter)
20 Wined & Dined (5/6/70 Takes 1&2 Edit With Studio Chatter)
21 Terrapin (6/6/70 Olympia London)
22 Gigolo Aunt (6/6/70 Olympia London)
23 Effervescing Elephant (6/6/70 Olympia London) 
24 Octpus (6/6/70 Olympia London)
25 Baby Lemonade (16/2/71 BBC)
26 Dominoes (16/2/71 BBC)
27 Love Song (16/2/71 BBC)
28 Boogie (13/8/74) 
29 If You Go Don’t Be Slow (13/8/74)
30 Incomplete Balled (13/8/74) 
31 Fragment(13/8/74)
32 Slow Boogie (12/8/74)
33 John Lee Fooker Inspired (12/8/74) 
34 Fast Boogie (12/8/74)
35 Ramdom Bit(13/8/74)
36 Was That Ok? (13/8/74)



シド・バレット
Collection
Dead Flowers DVD-067
247min. Pro-shot
2DVD-R
\4,300


古今東西ありとあらゆるソースのSyd Barrettの映像を、ディスク2枚、合計4時間に亘り収録したファン必携のフル・ヴォリューム・アイテムが入荷。ピンク・フロイド在籍時の超レアなお宝映像を中心に、近年のドキュメンタリー番組に至るまで幅広く収録しています。

映像クオリティに関しては、大変綺麗な映像からかなり粗めのものまでソースによってばらつきがありますが、いずれも現存する最良の状態のマスターから収録されています。

*ディスク1のトラック19(「Scarecrow」のアウトテイク)は映像のみの収録、またディスク2のトラック29(06年の特番「The Lives They Live」)では一部音声と映像がマスターからずれています。ご了承下さい。

<DVD 1>
01. Syd's First Trip (Summer of 1965, Colour Movies)
02. San Francisco (Movie With PF Soundtrack, October 1966)
03. It's So Far Out It's Straight Down
(Scene Special, Granada TV, 8 March 1967 With PF At UFO Club)
04. Interstellar Overdrive (UFO Club, 27 January 1967)
05. Excerpt From The Dope Movie (UFO Club, Possibly February March 1967)
06. Die Junge Nachtwandler (German TV, Pink Floyd At UFO Club, 24 February 1967)
07. Die Jungen Nachtwandler (Better Quality)
08. Die Jungen Nachtwandler Trailer (March 1967 Feat. Pink Floyd)
09. Arnold Layne (Promotional Film, 10 March.1967)
10. EMI Recording Studio (01 April 1967)
11. Syd On The Beach (April-May 1967)
12. Syd On The Beach (Original Speed)
13. Arnold Layne ( "Fanclub" 29 April 67, Netherlands)
14. Arnold Layne (from alternative master)
15. Look Of The Week (Complete, 14 May 1967)
16. Look Of the Week (Rebroadcast In Perfect Quality, Incomplete)
17. Pathe Newsreel (8 July 1967, Complete Feat. "Scarecrow" Promo)
18. Scarecrow (Promo, Better Quality)
19. Pathe Newsreel Outtakes (Feat. "Scarecrow" Outtakes, July 1967)
20. Jeanneta Cochrane (Peter Whitehead Footage, feat. PF Interstellar, 1967)
21. London 66-67 (Promo Video, 1994) Bonus Video

<DVD 2>
01. American Bandstand
(Apples and Oranges and Interview, Complete, 6 November 1967)
02. Hendrix Tour Bus Home Video
(November 1967, Sourced From "PF And Syd Barrett Story" Documentary)
03. Jugband Blues (UK Central Office Of Information, 9 December 1967)
04. Jugband Blues (December 1967, With Corrected Soundtrack)
05. Joe Cocker: With A Little Help From My Friends
(Promo, Featuring 3 Seconds Of PF On Christmas On Earth Continued,
22 December 1967)
06. Christmas On Earth Continued (PF Footage, 22 December 1967)
07. Christmas On Earth Continued (Slide Show)
08. Tomorrow s World (Complete, December 1967, PF Last Video with Syd)
09. Tomorrow s World (Sourced From Omnibus PF Story)
10. Tomorrow s World (Roger Waters On Jools Holland Show)
11. Mike Leonard s Light Devices (Pathe Newsreel, March 1968)
12. Pathe Newsreel Outtakes Feat. Mike Leonard (March 1968)
13. Beat Club News with PF 1967 Soundtrack (1969)
14. Beat Club Intro With Possibly Pink Floyd From 1967
15. Syd Home Movies (1966 - 1969)
16. Syd Home Movies (Slow Version, 1966-1969)
17. Syd In 1992 (Fake (?))
18. A Day So Dark So Warm: Syd Barrett Stalker Video (Summer 1998 Footage)
19. Dave And Rick Talk About Syd (MTV, 1988)
20. History Of Rock (USA and UK Excerpts)
21. History Of Rock (UK Excerpts)
22. Peter Whitehead Interview (1993)
23. BBC News Night (11 July 2006)
24. Sky News UK (11 July 2006)
25. News Report About Syd House Auction (2006)
26. Iggy Goes To Shopping (Syd's Girlfriend, 1967)
27. Iggy: Escimo Girl Part 1(Excerpts From Anthony Stern Movie, 1968)
28. Iggy: Escimo Girl Part 2 (Excerpts From Anthony Stern Movie, 1968)
29. The Lives They Lived (2006)
30. Seven Ages Of Rock (Syd's Part, 2007)
31. Mick Rock About Syd
32. Syd Barrett Visits His Accountant (Cartoon, 2007)



デヴィッド・ギルモア
L.A. 3RD NIGHT -ロス・アンゼルス飛翔伝説 エピソードⅢ-
XAVEL-Silver Masterpiece Series-068
AUD
2CD
\4,600


恒例となってきたXAVELレーベルの海外遠征作品シリーズ最新作!今回は米国ロス・アンゼルスにてデヴィッド・ギルモアのライヴ録音に挑戦!結果は大成功となっています。米国のライヴ会場の厳重なチェックをくぐり抜け、厳選した機材で収録された高品質オーディエンス・マスターと、バンドメンバーが使用する複数のIEMを、XAVELレーベルならではのハイクオリティなマトリクス技術でミックスした超力作!ステレオ・サウンドボード音源と同等の極上クオリティでお楽しみいただける事を保証します!ライブのオープニングを飾る「5 A.M.」におけるギターの旋律を一聴しただけで、この作品が尋常でないクオリティを誇る事がお分かりいただける事でしょう。新年度から投入された最新技術によりさらなる進化を遂げたXAVELレーベルのIEMマトリクス!すべてのプログレ・ファンに送る傑作の登場です!昨年度九年ぶりのソロ名義アルバム「RATTLE THAT LOCK –飛翔-」を発表したデヴィッド・ギルモア。アルバム自体のクオリティも素晴らしく、ROXY MUSICのフィル・マンザネラとの共同プロデュースでも話題となりました。アルバム発表に伴う今回のツアーではマンザネラがサイド・ギターとしてライヴにも参加しています。
二部制となっているライヴは、新作から7曲が選曲され、このアルバムに対するギルモアの並々ならぬ意気込みも見て取れます(楽曲のクオリティも素晴らしいものです)。新作からの楽曲に加え、PINK FLOYD時代の楽曲も多数演奏されており、オールド・ファンも大歓喜といった内容。特に「マネー」「アス・アンド・ゼム」「時のない世界」「ラン・ライク・ヘル」はギルモアのソロ・ツアーでは初めて演奏された楽曲。「アス・アンド・ゼム」「ラン・ライク・ヘル」の二曲はギルモアにとって1994年の「The Division Bell」ツアー以来の演奏となっており、PINK FLOYDファンとしては絶対に見逃せない内容です。この素晴らしい内容のライヴを前述した最高の音質で完全収録した本作!タイトルに「エピソードⅢ」とある通り、ロス・アンゼルスでの公演はこの日の公演前に二日間開催されています(24日、25日のハリウッド・ボウル公演)。こちらも後ほど同等のクオリティにてリリース予定!先行発売となるLAフォーラム公演、是非ともお試しあれ!!

◆Live at The Forum, Inglewood, CA, USA 27th March 2016
(Disc 1)
-1st set-
01. Opening S.E. 02. 5 A.M. 03. Rattle That Lock 04. Faces of Stone 05. Wish You Were Here 06. What Do You Want From Me 07. A Boat Lies Waiting 08. The Blue 09. Money 10. Us and Them 11. In Any Tongue 12. High Hopes

-2nd set-
13. Astronomy Domine

(Disc 2)
01. Shine On You Crazy Diamond (Parts I-V) 02. Fat Old Sun 03. Coming Back to Life 04. Band Introduction 05. The Girl in the Yellow Dress 06. Today 07. Sorrow 08. Run Like Hell Encore: 09. Time 10. Breathe (Reprise) 11. Comfortably Numb

◇Personnel; David Gilmour (Guitar, Vocals), Phil Manzanera (Guitar), Kevin McAlea (Keyboards), Guy Pratt (Bass, Vocals), Steve Distanislao (Drums), Joao Mello (Saxophone), Jon Carin (Keyboards, Vocals, Guitar), Bryan Chambers (Vocals), Louise Marshall (Vocals) & Lucita Jules (Vocals)



デヴィッド・ギルモア / デヴィッド・クロスビー
L.A. 1st Night –ロス・アンゼルス飛翔伝説エピソードⅠ-
XAVEL-Silver Masterpiece Series-066
AUD
2CD
\5,800


プログレ・ファンの皆様、大変長らくお待たせいたしました!各方面より続編を期待されておりました「ロス・アンゼルス飛翔伝説」の第2弾が登場!第1弾「「ロス・アンゼルス飛翔伝説・エピソードⅢ」では、ステレオSBD音源をも凌駕する衝撃的なサウンド・バランスで世界中のマニアの度肝を抜いたわけですが、今回満を持して登場とあいなった第2弾は皆様お待ちかねの「エピソードⅠ」です!そうです!誰もが最高音質(←ここ、重要です)で聴きたいであろうツアーの開幕ステージ、デヴィッド・クロスビーが客演を果たしたハリウッド・ボウル初日公演であります!
”Rattle That Lock”ツアーの幕開けを華々しく飾った名所ハリウッド・ボウルでの連日公演、その初日公演をステレオSBD音源にも引けを取らぬミラクル・サウンドで完全収録したファン感涙のアイテム。おなじみXAVELレーベルが世界に誇るマルチIEMマトリクス音源。完全初登場となる複数のIEMソースとオリジナルAUDソースを絶妙のバランスでステレオ・ミックスしたその音質は、ライブ終了直後より出回っていた「早かろう安かろう悪かろう」のダウンロード音源とは完全に別次元!珠玉のハイ・クオリティ・サウンドで捉えられた“咽び泣くギター”には全てのファンが昇天必至です!そして「The Blue」「On An Island」「Comfortably Numb」の3曲ではデヴィッド・クロスビーが客演しており、本作最大の聴き所となっています(とりわけ「Comfortably Numb」のドクター・パートは見た目的にもハマり役なのではないでしょうか?)。また本作では、ハリウッド・ボウルの会場音響の素晴らしさを活かすべくAUDソースのミックス・バランスが気持ち大きめとなっているので、先行発売の「エピソードⅢ」のコンパクトな音質と比べると、よりレンジの広い「ライブ感」に溢れたスケールの大きな音質に仕上がっている点も嬉しいところです。
ホログラム仕様の美麗ジャケ、日本語帯つき、限定プレスCD3枚組み。この後に控える「エピソードⅡ」にもご期待下さい!

◆Hollywood Bowl, Hollywood, CA, USA 24th March 2016
(Disc 1) -1st set-
01. Opening S.E. 02. 5 A.M. 03. Rattle That Lock 04. Faces of Stone 05. Wish You Were Here 06. A Boat Lies Waiting 07. The Blue (with David Crosby) 08. Money 09. Us and Them 10. In Any Tongue 11. High Hopes
(Disc 2) -2nd set-
01. Astronomy Domine 02. Shine On You Crazy Diamond (Parts I-V) 03. Fat Old Sun 04. Coming Back to Life 05. On an Island (with David Crosby) 06. Band Introduction 07. The Girl in the Yellow Dress (Disc 3) 01. Today 02. Sorrow 03. Run Like Hell Encore: 04. Time 05. Breathe (Reprise) 06. Comfortably Numb (with David Crosby)



デヴィッド・ギルモア
&リック・ライト
Atom Soul Brother
A-tera Records-024
SBD
1CD-R
\2,360


1988年8/1、デンマークはコペンハーゲンのナイトクラブでおこなわれたDavid Gilmour、Rick Wright参加の一晩限りのスペシャル・ギグを、ステレオ・サウンドボード・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。

『鬱』リリースに伴う長丁場のワールドツアーの只中、7/31のコペンハーゲンGentofte Stadium公演を終えた直後のメンバーが、バンドクルー、ツアーマネージャー等とともに訪れたクラブでおこなったステージを、ミキサー直の極上音質のマスターより収録したマニアにはたまらない音源です。バンドのマネージャーの一人の誕生日を祝してのライブということで、非常にリラックスした雰囲気の中R&Bの定番ナンバー等を次々とプレイしています。「Master Blaster」がフェードアウトとなっている等、この日の演奏の全てを収録しているわけではない点は惜しまれますが、最高級の音質でDavid Gilmourのレアなギタープレイを堪能出来るので、やはりファン必聴の1枚といえるでしょう。

◆Lille Kongensgade 16 at Kongens Nytorv, Copenhagen, Denmark, 1st August 1988
1.Respect 2.Can't Get Enough 3.Blues 4.My Girl 5.Rock Steady (incl. Rapper's Delight) 6.Master Blaster 7.Superstition



デヴィッド・ギルモア
HAMMERSMITH ODEON 1984
WR-487
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


“デヴィッド・ギルモア”1984年、ロンドン・ハマースミス・オデオンでのライブを高音質サウンドボード音源で収録した貴重タイトルが登場!

本タイトルは、ピンク・フロイドの“デヴィッド・ギルモア”の1984年ソロ・ツアーより殿堂ハマースミス・オデオンでのライブを収録した必聴のタイトル。ソロ・アルバムからの曲を中心に、もちろん、ソロならではのアレンジで演奏されるフロイド・ナンバーも必聴!バックメンバーにバッドカンパニーのミック・ラルフス、マンフレッドマン、ファーム、AC/DCのクリス・スレイドといった強者を迎えギルモアの世界観が弾けるオススメのライブ・アルバムです!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Hammersmith Odeon, London, England, April 30, 1984.

01. Until We Sleep / 02. All Lovers Are Deranged / 03. There's No Way Out Of Here / 04. Short & Sweet (w/Roy Harper)
05. Run Like Hell / 06. Out Of The Blue / 07. Blue Light / 08. Murder / 09. Comfortably Numb (w/Nick Mason) / 10. Love On The Air



ロジャー・ウォータース
US + THEM North America 2017 - Live in Tampa
XAVEL-Silver Masterpiece Series-141
AUD
2CD
\4,600


ロジャー・ウォーターズの2017年「アス+ゼム」北米ツアーより、7/11にフロリダ州タンパでおこなわれたライヴをステレオ・サウンドボード録音と比べても遜色の無い超ハイクオリティ・サウンドで完全収録!往年のピンク・フロイド・ナンバーと最新アルバム『イズ・ディス・ザ・ライフ・ウィ・リアリー・ウォント?』からの楽曲を中心にした2部構成のステージを、おなじみXAVELレーベルのマルチIEMマトリクス録音で楽しむことが出来るマニア要チェックのアイテムです。映像と音、そしてライティングや様々なステージ装置が複雑に同期した壮大なスケールのショウであるため、ほとんどの楽曲でクリックとガイドが入ってしまっているのが大変残念ですが、音質やサウンド・バランス自体は極上ステレオ・サウンドボード録音のそれにも劣らぬ非常に素晴らしいものなので、この「アス+ゼム」ツアーの音源をまだお持ちでないファンの方には是非とも聴いていただきたいと思います。2枚組みプレスCD、ホログラム・ジャケ、日本語帯つき仕様の限定生産盤です。

◆Amalie Arena, Tampa, FL, USA - 11st July 2017 [XAVEL ORIGINAL MASTER : Multiple Stereo IEM Sources + Audience Source = Matrix Recording]
(Disc 1)
01. 1st Set Opening -1st Set- 02. Speak to Me 03. Breathe 04. One of These Days 05. Time 06. Breathe (Reprise) 07. The Great Gig in the Sky 08. Welcome to the Machine 09. When We Were Young 10. Déjà Vu 11. The Last Refugee 12. Picture That 13. Wish You Were Here 14. The Happiest Days of Our Lives 15. Another Brick in the Wall Part 2 16. Another Brick in the Wall Part 3
(Disc 2) -2nd Set-
01. 2nd Set Opening 02. Dogs 03. Pigs (Three Different Ones) 04. Money 05. Us and Them 06. Smell the Roses 07. Brain Damage 08. Eclipse Encore: 09. Vera 10. Bring the Boys Back Home 11. Comfortably Numb

Personnel; Roger Waters (Bass, Vocals, Guitar), Dave Kilminster (Guitar, Bass, Backing Vocals), Gus Seyffert (Guitar, Bass, Keyboards, Backing Vocals), Jonathan Wilson (Guitar, Keyboards, Vocals), Drew Erickson (Piano, Keyboards, Hammond Organ), Jon Carin (Piano, Keyboards, Guitar), Ian Ritchie (Saxophone), Joey Waronker (Drums), Jess Wolfe (Backing Vocals) & Holly Laessig (Backing Vocals)



ロジャー・ウォータース
Inside The Wall 2012
Dead Flowers Records-038
AUD
2CD-R
\3,500


Roger Watersの『The Wall』再現ツアーの決定版アイテムが登場!
2012年7/10、ノースカロライナ州Charlotteでおこなわれたライブを、ステージ上で使用されるIEM音源に24bitデジタル・リマスタリングを施した超高音質サウンドにて完全収録。
IEM音源ゆえに、ガイドとなるカウントやクリックが聞こえる箇所もありますが、”ライン録音”ならではの音像の近さとクリアさは圧倒的!

Dead Flowersレーベル・オリジナルのリマスタリングが施されたことにより、平坦でレンジの乏しかったモノラル音源が、立体的な迫力のサウンドに生まれ変わっている点も見逃せません。
数々の高音質オーディエンス音源が既に出回っているロジャーの『The Wall』再現ライブですが、その中でも一頭抜きん出た出色の音質を誇るアイテムです、お買い逃しなく!

◆Time Warner Cable Arena, Charlotte, NC 10th July 2012
(Disc 1)
01. Announcement 02. Spartacus 03. Outside The Wall intro 04. In The Flesh? 05. The Thin Ice 06. Another Brick In The Wall (Part 1) 07. The Happiest Days Of Our Lives 08. Another Brick In The Wall (Part 2) 09. Tribute To Jean Charles De Menezes 10. Mother 11. Goodbye Blue Sky 12. Empty Spaces 13. What Shall We Do Now 14. Young Lust 15. One Of My Turns 16. Don't Leave Me Now 17. Another Brick In The Wall (Part 3) 18. The Last Few Bricks
19. Goodbye Cruel World
(Disc 2)
01. Hey You 02. Is There Anybody Out There? 03. Nobody Home 04. Vera 05. Bring The Boys Back Home 06. Comfortably Numb 07. The Show Must Go On 08. In The Flesh 09. Run Like Hell 10. Waiting For The Worms 11. Stop 12. The Trial 13. Outside The Wall



ロジャー・ウォータース
THE MOON OVER SANTIAGO
G.R-204/205
SBD
2CD
\3,500


「狂気」再現ライブとして話題の2007年ツアーより3月14日のチリ、サンチアゴ公演をラジオ音源マスターを使用した高音質サウンドボー ド録音にて収録。

海外GOD FATHERレーベルよりスリーブケース仕様、プレスCD。

DISC 1(SET 1)
1.IN THE FLESH 2.MOTHER 3.SET THE CONTROLS FOR THE HEART OF THE SUN 4.SHINE ON YOU CRAZY DIAMOND 5.HAVE A CIGAR 6.WISH YOU WERE HERE 7.SOUTHAMPTON DOCK 8.THE FLETCHER MEMORIAL HOME 9.PERFECT SENSE 10.LEAVING BEIRUT 11.SHEEP

DISC 2(SET2:DARK SIDE OF THE MOON)
1.SPEAK TO ME 2.BREATHE 3.ON THE RUN 4.TIME / BREATHE(REPRISE) 5.THE GREAT GIG IN THE SKY 6.MONEY 7.US AND THEN 8.ANY COLOUR YOU LIKE 9.BRAIN DAMAGE 10.ECLIPSE ENCORE 11.THE HAPPIEST DAYS OF OUR LIVES 12.ANOTHER BRICK IN THE WALL 13.VERA 14.BRING THE BOYS BACK HOME 15.COMFORTABLY NUMB



ロジャー・ウォータース
/エリック・クラプトン
Lunatic Rave
MVR-732/733
SBD
2CD
\8,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


遂に完璧なステレオ・サウンドボード音源が登場!!本当のクラプトン・ファンが待ちに待った音源だと言えるでしょう!!彼はギタリストだということを再認識できる最高のアイテムです!

ロジャー・ウォーターズの「プロス・アンド・コンズ・オブ・ヒッチハイキング」リリース後の84年からスタートしたソロ・ツアーから84年7月26日シカゴ・ローズモント・ホライズン公演が完璧なステレオ・サウンドボード音源で完全収録!

これまで一切出回っていなかったヒッチハイキング・ツアーのサウンドボード音源なのでマスト・バイなのは言うまでもないでしょう。前編ではフロイドのナンバーを、そして後半では「ヒッチハイクの賛否両論」を完全再現しています。クールな楽曲にロジャーの熱いボーカル!メル・コリンズのハード・ブロー、そこにクラプトンの切り裂くようなギター!!ドラマティックな曲にクラプトンのギターが素晴らしいです。ギターもブラッキー、レスポール、サンバーストのストラト(スライドプレイ用)、
アコースティックギターとギターチェンジも多いです。写真でもわかるようにクラプトンの横にはギターがずらりとセッティングされています。後にクラプトン・バンドに加入する、サイドギターのティムのプレイも素晴らしいですよ。キーボードはクリス・
ステイントン、マイケル・ケイメン、ドラムはアンディ・ニューマーク、バック・ボーカルにはケィティ・キッスーンと思わずニヤリとさせられるメンバーです。 最後に、やはりボーカルをとらずに、いちギタリストとしてのプレイは素晴らしいものが
あります。プレイに集中できるのもその要因なんでしょうね。これが聴きたかったフレーズなんだよな~とグッと胸に
つきささるオブリガートとソロが連発します!本当に聴いて欲しい超絶クールなライヴです。
デザインも最高のスリップケースとジャケット、ピクチャーディスクで用意しております。

ROSEMONT HORIZON, CHICAGO, ILLINOIS USA 26TH JULY 1984

DISC ONE
01: Set The Controls For The Heart Of The Sun/02: Money/03: If/04: Welcome To The Machine/
05: Have A Cigar/06: Wish You Were Here/07: Pigs On The Wing (Part 1)/08: In The Flesh/09: Nobody Home/
10: Hey You/11: The Gunners Dream

DISC TWO
01: 4:30am (Apparently They Were Travelling Abroad)/02: 4:33am (Running Shoes)/03: 4:37am (Arabs With Knives And West German Skies)/04: 4:39am (For The First Time Today Part 2)/05: 4:41am (Sexual Revolution)/06: 4:47am (The Remains Of Our Love)/07: 4:50am (Go Fishing)/08: 4:56am (For The First Time Today Part 1)/09: 4:58am (Dunroamin, Duncarin, Dunlivin)/10: 5:01am (The Pros And Cons Of Hitchhiking)/11: 5:06am (Every Strangers Eyes)/12: 5:11am (The Moment Of Clarity)/13: Brain Damage/14: Eclipse