コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ



JAPAN 2018            
JAPAN 2017 JAPAN 2015 JAPAN 2013 JAPAN TOUR 2010- 2000-2009 1990-1999
1980-1989 1970-1979 WINGS OUTTAKE COMPILATION DVD BLU-RAY

関連ページ:ビートルズ




 複数公演セット/BOX

ポール・マッカートニー
EVSD presents Freshen Up at Tokyo Dome & Nagoya Dome
-definitive edition-
EVSD-1075-1094
AUD
20CD BOX
\59,000
※高額商品のためゆうパックにて発送となりますので
お支払い方法は"振込み"のみとさせていただきます(送料無料)
当店から改めて送るご注文確定メールにて送料無料を適応いたします。
 
※数量限定で入荷いたしました。メーカー品切れの為、入荷分のみの販売となります。(2019.1.14)
※品切れの際はご了承ください。


"Freshen Up"ジャパン・ツアー2018、ドーム3公演(10/31東京ドーム1st+11/1東京ドーム2nd+11/8名古屋ドーム)の超絶決定版ボックスが満を持して登場!ドーム3公演のライヴ+サウンドチェック・パーティを、極上ステレオSBDに比肩するモニター・ステレオ・サウンドボード・マトリクス音源と至高のオーディエンス音源の2ソースでお届けします!さらに東京ドーム・ファーストナイトの前夜に同所でおこなれた非公開のリハーサルも極上音質のモニター・ステレオ・サウンドボード・マトリクス音源で完全収録!全て本ボックスでしか聴くことが出来ない完全オリジナル・マスター!300セット限定のナンバリング入り超豪華ボックス・セット!外装もコンテンツも突出した異次元のクオリティを誇る逸品です!!EVSD&XAVELが自信と誇りを持ってお届けする正真正銘の最終決定版タイトルです!オーダーはお早めに!!

[仕様詳細]
ポール来日公演のこの豪華仕様も第四作目を迎えました。来日プログラムの様な雰囲気を再現するためオーロラ・ホログラム・コーティングを施しました。光の加減と角度により七色のオーロラの様に光るボックスとなっております。もちろん恒例の「熨斗紙」に巻かれております。中に納められている六つの紙ジャケットも帯付きで手抜きなしです。限定300セット、ナンバリング仕様!

[音源詳細]
①10/30東京ドーム・前日リハーサル-モニター・ステレオ・サウンドボード・マトリクス音源-プレス2CD
②10/31東京ドーム公演(ライヴ+サウンドチェック・パーティ)-モニター・ステレオ・サウンドボード・マトリクス音源-プレス3CD
③10/31東京ドーム公演(ライヴ+サウンドチェック・パーティ)-オーディエンス音源(オリジナルMK4マスター)-プレス3CD
④11/1東京ドーム公演(ライヴ+サウンドチェック・パーティ)-モニター・ステレオ・サウンドボード・マトリクス音源-プレス3CD
⑤11/1東京ドーム公演(ライヴ+サウンドチェック・パーティ)-オーディエンス音源(オリジナルMK4マスター)-プレス3CD
⑥11/8名古屋ドーム公演(ライヴ+サウンドチェック・パーティ)-モニター・ステレオ・サウンドボード・マトリクス音源-プレス3CD
⑦11/8名古屋ドーム公演(ライヴ+サウンドチェック・パーティ)-オーディエンス音源(オリジナルMK4マスター)-プレス3CD

①10/30東京ドーム・前日リハーサル-モニター・ステレオ・サウンドボード・マトリクス音源-プレス2CD
ジャパン・ツアー封切り公演を翌日に控えた10/30夜、東京ドームでおこなわれた本番さながらの入念なリハーサルを、XAVELのお家芸「モニター・ステレオ・サウンドボード・マトリクス録音」にて完全収録!もちろん完全初登場のオリジナル・マスター!ステレオ・サウンドボード録音に比肩するオフィシャル級の極上サウンドをお楽しみいただけます!このリハーサルを収録した別ソースの「サウンドボード音源」も既に出回っていますが、劣悪な音質のそういった音源とは全く別物の素晴らしいサウンドですのでご安心下さい!およそ2時間あまり、来日直後の疲れなど微塵も感じさせないパワフルなパフォーマンスが印象的な非公開のリハーサル。サウンドチェック・パーティやライヴの定番楽曲はもちろん、「Come On To Me」の「イチバン!」イントロや、珠玉のバラード「I Don’t’ Know」、レイドバックしたインスト・バージョンの「From Me To You」などここでしか聴くことが出来ない貴重な演奏が満載です!

②10/31東京ドーム公演(ライヴ+サウンドチェック・パーティ)-モニター・ステレオ・サウンドボード・マトリクス音源-プレス3CD
④11/1東京ドーム公演(ライヴ+サウンドチェック・パーティ)-モニター・ステレオ・サウンドボード・マトリクス音源-プレス3CD
⑥11/8名古屋ドーム公演(ライヴ+サウンドチェック・パーティ)-モニター・ステレオ・サウンドボード・マトリクス音源-プレス3CD
本ボックス最大の目玉音源。今回の来日ツアー、ひいては近年のポールのライヴ音源の中でも別格に位置づけられるであろう突出した完成度を誇るマトリクス音源。もはや流出ステレオ・サウンドボード音源にしか聴こえない強烈なタイトル!もちろんこのボックスでしか聴くこと出来ないEVSD&XAVELオリジナルの完全初登場音源です!
さらなる進化を遂げたXAVELレーベルの最新ライヴ・レコーディング手法「マルチ・ステレオIEM+モニター・サウンドボード・ミックス音源」の凄まじさを体感出来る必聴音源!2017年のONE ON ONEジャパン・ツアー終了後にはポール一行を追いかけ渡米、タンパ公演、ダルース公演、そしてブルース・スプリングスティーンの客演が大きな話題となったニューヨークMSG連日公演の計4公演でステレオ・サウンドボード音源に比肩する素晴らしい録音を残したあのXAVELレーベルが総力を結集して仕上げた最高傑作です!ステージ上に設置されたモニタリング用スピーカーのステレオ・ライン音源、複数のステレオIEMソースなどを正真正銘プロ・ユースの機材を用いてステレオ・ミックス。入念なマスタリング工程を経て完成した極上サウンドは、前述のUSツアー4公演をも軽く凌駕するぶっちぎりの完成度です!正に最高傑作!!!主役である御大ポールの声をセンターにどっしりと据え、全ての楽器とコーラスを最高のバランスと素晴らしいステレオ定位で配置したワン・アンド・オンリーのミラクル・サウンドは、"進化し続けるライヴ・レコーディング"を標榜するXAVELレーベルの面目躍如たるものです!当然のことながら煩わしいオーディエンス・ノイズなどは皆無で、IEM音源特有のガイドやクリック音も入っていないストレス・フリーな内容です!ドーム3公演、ライヴ本編はもちろんサウンドチェック・パーティまで完全収録したオフィシャル級の完璧音源です!国宝決定!!

③10/31東京ドーム公演(ライヴ+サウンドチェック・パーティ)-オーディエンス音源(オリジナルMK4マスター)-プレス3CD
⑤11/1東京ドーム公演(ライヴ+サウンドチェック・パーティ)-オーディエンス音源(オリジナルMK4マスター)-プレス3CD
⑦11/8名古屋ドーム公演(ライヴ+サウンドチェック・パーティ)-オーディエンス音源(オリジナルMK4マスター)-プレス3CD
本ボックスのもうひとつの目玉音源。オーディエンス録音の最高峰、ドイツが誇るSchoeps社のMK4マイクロフォンを用いて録音された決定版オーディエンス音源。もちろんこのボックスでしか聴くこと出来ないEVSD&XAVELオリジナルの完全初登場音源です!
EVSD&XAVELレーベルからは無指向性の高級マイクロフォンを使用したオーディエンス音源(プレス3CD「Freshen Up at Tokyo Dome 1st Night -Omnidirectional Source-」「「Freshen Up at Tokyo Dome 2nd Night -Omnidirectional Source-」」「「Freshen Up at Nagoya Dome -Omnidirectional Source-」」)も先行発売されていますが、もちろん本作はそれとは別のマスターです。この音源最大の魅力は、「単一指向性」というマイク・キャラクターを利して録音されたPAスピーカー直の不純物無しの超高級サウンドであります。距離感という点ではボックスに同時収録されている「マルチIEM+モニター・サウンドボード・ミックス音源」に及びませんが、分厚くリッチなその高級サウンドはライヴの感動をよりリアルに呼び起こさせてくれることでしょう。オーディエンス音源最大の魅力である会場の空気感、臨場感も満点!もちろんこちらもドーム3公演、ライヴ本編はもちろんサウンドチェック・パーティまで完全収録した手抜きなしの逸品です!

◆Rehearsal at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 30th October 2018 [EVSD & XAVEL Original Master (STEREO IEM & MONITOR SOUNDBOARD MATRIX RECORDING)]
(Disc 1) (1:1:15:787) EVSD-1075
01. Jam 02. Matchbox 03. Honey Don't 04. Come On To Me (Ichiban Intro) 05. Letting Go 06. Who Cares 07. Come On To Me 08. A Hard Day's Night 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. Maybe I'm Amazed 12. I Don't Know

(Disc 2) (57:55:453) EVSD-1076 01. I've Just Seen a Face 02. From Me to You (Instrumental, Laidback Shuffle Version) 03. From Me to You 04. Jam 05. Blackbird 06. Here Today 07. Lady Madonna 08. Fuh You 09. Ob-La-Di, Ob-La-Da 10. Let It Be 11. Live and Let Die 12. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 13. Helter Skelter 14. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End

[Tokyo Dome 1st Night : EVSD & XAVEL Original Master (Multiple Stereo IEM & Monitor Soundboard Matrix Master)]
(Disc 1) (1:1:40:333) EVSD-1077 ◆Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 31st October 2018 01. Opening (Coming Up / Mrs. Vandebilt / The End) 02. A Hard Day's Night 03. Hi, Hi, Hi 04. All My Loving 05. Letting Go 06. Who Cares 07. Come On to Me 08. Let Me Roll It / Foxy Lady 09. I've Got a Feeling 10. Let 'Em In 11. My Valentine 12. Nineteen Hundred and Eighty-Five 13. Maybe I'm Amazed

(Disc 2) (1:15:51:40) EVSD-1078 01. I've Just Seen a Face 02. In Spite of All the Danger 03. From Me to You 04. Love Me Do 05. Blackbird 06. Here Today 07. Queenie Eye 08. Lady Madonna 09. Eleanor Rigby 10. Fuh You 11. Being for the Benefit of Mr. Kite! 12. Something 13. Ob-La-Di, Ob-La-Da 14. Band on the Run 15. Back in the U.S.S.R. 16. Let It Be 17. Live and Let Die 18. Hey Jude

(Disc 3) (1:8:25:627) EVSD-1079 Encore: 01. Yesterday 02. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 03. Helter Skelter 04. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End ◆Soundcheck Party at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 31st October 2018 05. Intro 06. Jam 07. Honey Don't 08. Coming Up 09. Day Tripper 10. C Moon 11. Let 'Em In 12. San Francisco Bay Blues 13. Things We Said Today 14. Ram On 15. Midnight Special 16. Massage Song / Lady Madonna

[Tokyo Dome 1st Night : EVSD & XAVEL Original Audience Master (MK4 Cardioid Microphone)]
(Disc 1) (1:2:24:13) EVSD-1080 ◆Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 31st October 2018
01. Opening (Coming Up / Mrs. Vandebilt / The End) 02. A Hard Day's Night 03. Hi, Hi, Hi 04. All My Loving 05. Letting Go 06. Who Cares 07. Come On to Me 08. Let Me Roll It / Foxy Lady 09. I've Got a Feeling 10. Let 'Em In 11. My Valentine 12. Nineteen Hundred and Eighty-Five 13. Maybe I'm Amazed

(Disc 2) (1:16:27:27) EVSD-1081 01. I've Just Seen a Face 02. In Spite of All the Danger 03. From Me to You 04. Love Me Do 05. Blackbird 06. Here Today 07. Queenie Eye 08. Lady Madonna 09. Eleanor Rigby 10. Fuh You 11. Being for the Benefit of Mr. Kite! 12. Something 13. Ob-La-Di, Ob-La-Da 14. Band on the Run 15. Back in the U.S.S.R. 16. Let It Be 17. Live and Let Die 18. Hey Jude

(Disc 3) (1:4:35:693) EVSD-1082 Encore: 01. Yesterday 02. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 03. Helter Skelter 04. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End ◆Soundcheck Party at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 31st October 2018 05. Intro 06. Jam 07. Honey Don't 08. Coming Up 09. Day Tripper 10. C Moon 11. Let 'Em In 12. San Francisco Bay Blues 13. Things We Said Today 14. Ram On 15. Midnight Special 16. Massage Song / Lady Madonna

[Tokyo Dome 2nd Night : EVSD & XAVEL Original Master (Multiple Stereo IEM & Monitor Soundboard Matrix Master)]
(Disc 1) (1:5:18:547) EVSD-1083 ◆Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 1st November 2018 01. Opening (Coming Up / Mrs. Vandebilt / The End) 02. A Hard Day's Night 03. Junior's Farm 04. Can't Buy Me Love 05. Letting Go 06. Who Cares 07. Got to Get You Into My Life 08. Come On to Me 09. Let Me Roll It / Foxy Lady 10. I've Got a Feeling 11. Let 'Em In 12. My Valentine 13. Nineteen Hundred and Eighty-Five 14. Maybe I'm Amazed

(Disc 2) (1:17:45:733) EVSD-1084 01. We Can Work It Out 02. In Spite of All the Danger 03. From Me to You 04. Love Me Do 05. Blackbird 06. Here Today 07. Queenie Eye 08. Lady Madonna 09. Eleanor Rigby 10. Fuh You 11. Being for the Benefit of Mr. Kite! 12. Something 13. Ob-La-Di, Ob-La-Da 14. Band on the Run 15. Back in the U.S.S.R. 16. Let It Be 17. Live and Let Die 18. Hey Jude

(Disc 3) (1:9:30:613) EVSD-1085 Encore: 01. I Saw Her Standing There 02. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 03. Helter Skelter 04. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End ◆Soundcheck Party at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 1st November 2018 05. Intro 06. Jam 07. Twenty Fight Rock 08. Blue Suede Shoes 09. Got To Get You Into My Life 10. Magical Mystery Tour 11. Whole Lotta Shakin' Going On 12. I Don't Know 13. It's So Easy 14. San Francisco Bay Blues 15. Ram On 16. Midnight Special 17. Massage Song / Lady Madonna

[Tokyo Dome 2nd Night : EVSD & XAVEL Original Audience Master (MK4 Cardioid Microphone)]
(Disc 1) (1:5:12:493) EVSD-1086 ◆Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 1st November 2018 01. Opening (Coming Up / Mrs. Vandebilt / The End) 02. A Hard Day's Night 03. Junior's Farm 04. Can't Buy Me Love 05. Letting Go 06. Who Cares 07. Got to Get You Into My Life 08. Come On to Me 09. Let Me Roll It / Foxy Lady 10. I've Got a Feeling 11. Let 'Em In 12. My Valentine 13. Nineteen Hundred and Eighty-Five 14. Maybe I'm Amazed

(Disc 2) (1:18:39:493) EVSD-1087 01. We Can Work It Out 02. In Spite of All the Danger 03. From Me to You 04. Love Me Do 05. Blackbird 06. Here Today 07. Queenie Eye 08. Lady Madonna 09. Eleanor Rigby 10. Fuh You 11. Being for the Benefit of Mr. Kite! 12. Something 13. Ob-La-Di, Ob-La-Da 14. Band on the Run 15. Back in the U.S.S.R. 16. Let It Be 17. Live and Let Die 18. Hey Jude

(Disc 3) (1:8:23:520) EVSD-1088 Encore: 01. I Saw Her Standing There 02. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 03. Helter Skelter 04. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End ◆Soundcheck Party at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 1st November 2018 05. Intro 06. Jam 07. Twenty Fight Rock 08. Blue Suede Shoes 09. Got To Get You Into My Life 10. Magical Mystery Tour 11. Whole Lotta Shakin' Going On 12. I Don't Know 13. It's So Easy 14. San Francisco Bay Blues 15. Ram On 16. Midnight Special 17. Massage Song / Lady Madonna

[Nagoya Dome : EVSD & XAVEL Original Master (Multiple Stereo IEM & Monitor Soundboard Matrix Master)]
(Disc 1) (1:5:27:147) EVSD-1089 ◆Live at Nagoya Dome, Nagoya, Japan 8th November 2018 01. Opening (Coming Up / Mrs. Vandebilt / The End) 02. A Hard Day's Night 03. Junior's Farm 04. Can't Buy Me Love 05. Letting Go 06. Who Cares 07. Got to Get You Into My Life 08. Come On to Me 09. Let Me Roll It / Foxy Lady 10. I've Got a Feeling 11. Let 'Em In 12. My Valentine 13. Nineteen Hundred and Eighty-Five 14. Maybe I'm Amazed

(Disc 2) (1:18:45:720) EVSD-1090 01. I've Just Seen a Face 02. In Spite of All the Danger 03. From Me to You 04. Love Me Do 05. Blackbird 06. Here Today 07. Queenie Eye 08. Lady Madonna 09. Eleanor Rigby 10. Fuh You 11. Being for the Benefit of Mr. Kite! 12. Something 13. Ob-La-Di, Ob-La-Da 14. Band on the Run 15. Back in the U.S.S.R. 16. Let It Be 17. Live and Let Die 18. Hey Jude

(Disc 3) (1:11:38:573) EVSD-1091 Encore: 01. Birthday 02. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 03. Helter Skelter 04. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End ◆Soundcheck Party at Nagoya Dome, Nagoya, Japan 8th November 2018 05. Intro 06. Jam 07. Honey Don't 08. Save Us 09. Jet 10. Drive My Car 11. C Moon 12. Whole Lotta Shakin' Goin' On 13. It's So Easy 14. FourFiveSeconds 15. Ram On 16. Midnight Special 17. Massage Song / Lady Madonna

[Nagoya Dome : EVSD & XAVEL Original Audience Master (MK4 Cardioid Microphone)]
(Disc 1) (1:5:31:387) EVSD-1092 ◆Live at Nagoya Dome, Nagoya, Japan 8th November 2018 01. Opening (Coming Up / Mrs. Vandebilt / The End) 02. A Hard Day's Night 03. Junior's Farm 04. Can't Buy Me Love 05. Letting Go 06. Who Cares 07. Got to Get You Into My Life 08. Come On to Me 09. Let Me Roll It / Foxy Lady 10. I've Got a Feeling 11. Let 'Em In 12. My Valentine 13. Nineteen Hundred and Eighty-Five 14. Maybe I'm Amazed

(Disc 2) (1:18:46:533) EVSD-1093 01. I've Just Seen a Face 02. In Spite of All the Danger 03. From Me to You 04. Love Me Do 05. Blackbird 06. Here Today 07. Queenie Eye 08. Lady Madonna 09. Eleanor Rigby 10. Fuh You 11. Being for the Benefit of Mr. Kite! 12. Something 13. Ob-La-Di, Ob-La-Da 14. Band on the Run 15. Back in the U.S.S.R. 16. Let It Be 17. Live and Let Die 18. Hey Jude

(Disc 3) (1:11:29:253) EVSD-1094 Encore: 01. Birthday 02. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 03. Helter Skelter 04. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End ◆Soundcheck Party at Nagoya Dome, Nagoya, Japan 8th November 2018 05. Intro 06. Jam 07. Honey Don't 08. Save Us 09. Jet 10. Drive My Car 11. C Moon 12. Whole Lotta Shakin' Goin' On 13. It's So Easy 14. FourFiveSeconds 15. Ram On 16. Midnight Special 17. Massage Song / Lady Madonna



ポール・マッカートニー
LIVE AT TOKYODOME
- FIRST NIGHT&SECOND NIGHT
SSM001CD1/2+SSM002CD1/2
AUD
2CD+2CD
\4,300
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ポール・マッカートニー2018年ジャパン・ツアーより東京ドーム2公演緊急同時リリース!
ウイングス時代を彷彿させるホーン・セクションが加わったことによりこれまで以上にゴージャスな演奏を聞かせてくれる”フレッシュン・アップ”となった最新ツアー。予想通り東京ドームの連続2公演はセットリストが数曲入れ替わりこの2公演で今のところ最新ツアーのレパートリーは全曲網羅しています。”イチバ~ン!”の日本語イントロが初披露された「COME ON TO ME」はじめ随所に日本語で一生懸命語りかける様子や初日でのハロウィーン仮装、2日目は観客をステージに呼び込んでの結婚プロポーズの演出等、日本公演ならではのドキュメントも含め今回もファンにとっては忘れられないツアーとなりました。初日は「HI, HI, HI」「ALL MY LOVING」「I'VE JUST SEEN A FACE」アンコールで「YESTERDAY」を披露しましたが2日目は「JUNIOR'S FARM」「CAN'T BUY ME LOVE」「WE CAN WORK IT OUT」さらにホーン・セクションが光る「GOT TO GET YOU INTO MY LIFE」も演奏されアンコールでは「I SAW HER STANDING THERE」を披露。セットリストが異なることでどちらも注目となった今回の東京ドーム2公演を厳選された極上ハイ・スペック高音質デジタル・レコーディングによる複数の録音マスターを元にリストア編集。両公演ともに驚くほどクリアでバランスのとれた正にサウンドボード音源に匹敵する超優良生録音源でコンサートを完全収録。海外直輸入プレス盤CDによる永久保存版ツアー・メモリアルとなる大推薦のコレクターズ・アイテムです!!

FIRST NIGHT: FRESHEN UP JAPAN TOUR 2018
CD 1 1. INTRO 2. A HARD DAY'S NIGHT 3. HI, HI, HI 4. ALL MY LOVING 5. LETTING GO 6. WHO CARES 7. COME ON TO ME 8. LET ME ROLL IT / FOXY LADY 9. I'VE GOT A FEELING 10. LET 'EM IN 11. MY VALENTINE 12. NINETEEN HUNDRED AND EIGHTY FIVE 13. MAYBE I'M AMAZED
14. I'VE JUST SEEN A FACE 15. IN SPITE OF ALL THE DANGER 16. FROM ME TO YOU 17. LOVE ME DO 18. BLACKBIRD 19. HERE TODAY

CD 2 1. QUEENIE EYE 2. LADY MADONNA 3. ELEANOR RIGBY 4. FUR YOU 5. BEING FOR THE BENEFIT OF MR.KITE! 6. SOMETHING
7. OB-LA-DI, OB-LA-DA 8. BAND ON THE RUN 9. BACK IN THE U.S.S.R. 10. LET IT BE 11. LIVE AND LET DIE 12.HEY JUDE 13. YESTERDAY
14. SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND (Reprise) 15. HELTER SKELTER 16. GOLDEN SLUMBERS / CARRY THAT WEIGHT / THE END

Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 31 October 2018


SECOND NIGHT : FRESHEN UP JAPAN TOUR 2018
CD 1 1. INTRO 2. A HARD DAY'S NIGHT 3. JUNIOR'S FARM 4. CAN'T BUY ME LOVE 5. LETTING GO 6. WHO CARES
7. GOT TO GET YOU INTO MY LIFE 8. COME ON TO ME 9. LET ME ROLL IT / FOXY LADY 10. I'VE GOT A FEELING 11. LET 'EM IN 12. MY VALENTINE
13. NINETEEN HUNDRED AND EIGHTY FIVE 14. MAYBE I'M AMAZED 15. WE CAN WORK IT OUT 16. IN SPITE OF ALL THE DANGER
17. FROM ME TO YOU 18. LOVE ME DO 19. BLACKBIRD 20. HERE TODAY

CD 2 1. QUEENIE EYE 2. LADY MADONNA 3. ELEANOR RIGBY (Failed Opening) 4. ELEANOR RIGBY 5. FUR YOU 6. BEING FOR THE BENEFIT OF MR.KITE! 7. SOMETHING 8. OB-LA-DI, OB-LA-DA 9. BAND ON THE RUN 10. BACK IN THE U.S.S.R. 11. LET IT BE 12. LIVE AND LET DIE
13. HEY JUDE 14. I SAW HER STANDING THERE 15. SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND (Reprise) 16. HELTER SKELTER
17. Come On Stage With Us 18. GOLDEN SLUMBERS / CARRY THAT WEIGHT / THE END

Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 1 November 2018

Paul McCartney (vocals, bass, guitars, keyboads) Rusty Anderson (guitars, chorus) Brian Ray (guitars, bass, chorus)
Paul "Wix" Wickens (keyboards, guitars, percussion) Abe Laboriel, Jr. (drums, percussion, chorus)
Hot City Horns - Michael Davis (trumpet) Paul Burton (trombone) Kenji Fenton (sax)


 2018/11/8 ナゴヤドーム

ポール・マッカートニー
Freshen Up at Nagoya Dome -Omnidirectional Source-
EVSD-1073/1074/1075
AUD
3CD
\3,600


ニュー・アルバム『Egypt Station』を携えて開始したばかりのFRESHEN UPワールド・ツアーが早くも日本上陸!東京ドーム2DAYS、両国国技館、名古屋ドームの4公演がとりおこなわれる2018ジャパン・ツアー。今回も有象無象のオーディエンス音源を皮切りに、モニター・サウンドボード音源やIEMマトリクス音源といった様々なタイトルが登場し、そのいずれもが「これぞ最高決定盤!」という触れ込みで跋扈するカオスな状況が間もなく訪れることと思いますが、羅針盤たる唯一のレーベルEVSD&XAVELからまず手始めにおさえておきたい極上オーディエンス音源が登場です。
2013年のOut Thereジャパン・ツアーを契機に結成された最強タッグEVSD&XAVEL。キャラクターの異なる様々なオーディエンス音源から、ステレオSBD音源に比肩する異次元のステレオ・モニター・マトリクス音源まで、毎度ぶっちぎりの決定版タイトルをリリースしてきたわけですが、今回もはっきり言って「同レーベルのリリースだけおさえておけばよい!」そう断言出来る凄まじいラインナップのタイトルをお届け予定です。
先行オーディエンス音源決定版第4弾として登場した本作は、ツアー最終日11/8の名古屋ドームでのライヴを驚愕のハイクオリティ・サウンドで完全収録したもので、前回2017年のONE ON ONE東京ドーム公演においてもファンの度肝を抜いた超絶クオリティの「フロント・ロウ」オーディエンス音源と同じ系統に属する秀逸なオーディエンス音源です。前回の東京ドーム公演3日間の音源「「One On One at Tokyo Dome -Omnidirectional Source-」(EVSDレーベル)をお聴きになったファンの方にはことさらの説明など不要でしょうが、リアル・プロフェッショナル・テーパーが最高の機材を投入して東京ドーム・アリーナA中央ブロックの正真正銘フロント・ロウで録音した驚愕の音源が本作です。ハイエンドの無指向性マイクを使用して録音されたミラクル高音質盤!とてつもなくレンジの広いリッチな音色、不快な残響や音の回り込みなど皆無の驚くべきダイレクトな音像、そして眼前にリアルにアリーナ最前列の空間を再現してみせる拡がりのあるステレオ感・・・説得力満点のこのサウンドの前にはいかなる修辞も陳腐なものに思えてしまう、真の意味での決定版オーディエンス音源なのです。
新曲を積極的に取り入れた最新ツアーのセットリストは、「Let ‘Em In」や「From Me To You」といった前回ツアーでは演奏されなかった人気曲を含む贅沢なもので聴きどころが満載。この最終夜名古屋では、お決まりのアンコール「モットキキタイ?」パフォーマンス後に「Birthday」が今ツアー中唯一演奏されたという点でも必聴でしょう!
さらに本編終了後のディスク3後半部には、本公演前におこなわれたVIP限定のサウンドチェック・パーティを極上音質オーディエンス録音で完全収録。こちらも「どうやって録音したの?」と思わず唸り声を上げてしまうこと請け合いの凄い音です。
こんな凄い内容のプレスCDがこんなに安くてよいのか?いいんです!異次元のサウンドで蘇るドーム初日のパフォーマンス!!この後に控える超弩級のアイテム(至高のオーディエンス音源MK4マスター、XAVELレーベルのお家芸「マルチ・ステレオIEMマトリクス音源」、ドーム初日公演前日の10/30におこなわれた2時間超のサウンドチェック・リハーサル、国技館公演の開場前におこなわれたクローズド・リハーサルなど、ファン垂涎の音源が目白押しです!)にもご期待下さい!!!

(Disc 1)  
◆Live at Nagoya Dome, Nagoya, Japan 8th November 2018 [EVSD & XAVEL Original Audience Master (Omnidirectional Microphone)]   01. Opening (Coming Up / Mrs. Vandebilt / The End) 02. A Hard Day's Night 03. Junior's Farm 04. Can't Buy Me Love 05. Letting Go 06. Who Cares 07. Got to Get You Into My Life 08. Come On to Me 09. Let Me Roll It 10. I've Got a Feeling 11. Let 'Em In 12. My Valentine 13. Nineteen Hundred and Eighty-Five 14. Maybe I'm Amazed

(Disc 2)
01. I've Just Seen a Face 02. In Spite of All the Danger 03. From Me to You 04. Love Me Do 05. Blackbird 06. Here Today 07. Queenie Eye 08. Lady Madonna 09. Eleanor Rigby 10. Fuh You 11. Being for the Benefit of Mr. Kite! 12. Something 13. Ob-La-Di, Ob-La-Da 14. Band on the Run 15. Back in the U.S.S.R. 16. Let It Be 17. Live and Let Die 18. Hey Jude

(Disc 3)
Encore: 01. Birthday 02. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 03. Helter Skelter 04. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End   ◆Soundcheck Party at Nagoya Dome, Nagoya, Japan 8th November 2018 [EVSD & XAVEL Original Audience Master (Omnidirectional Microphone)]    05. Intro 06. Jam 07. Honey Don't 08. Save Us 09. Jet 10. Drive My Car 11. C Moon 12. Whole Lotta Shakin' Goin' On 13. It's So Easy 14. FourFiveSeconds 15. Ram On 16. Midnight Special 17. Massage Song / Lady Madonna



ポール・マッカートニー
FRESHEN UP NAGOYA DOME 2018
PCCD-304/305/306
AUD
3CD
\7,600
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


■2018年11月8日ナゴヤドーム公演を完全収録 ■臨場感あふるる超高音質
■当日本番前のサウンドチェックから完全収録
■ホーンセクションを加えた「Got To Get You Into My Life」を演奏
■サウンドチェックではロックショウさながらホーンセクションが加わった「Jet」を演奏

ポール・マッカートニーは2018年に入り、6月と7月にリバプールとロンドンでウォーム・アップ的にギグを行なっている。そして2018年9月7日にはニューヨークのグランド・セントラル駅の特設ステージにおいて特別ライブ。セットリストは通常より簡略化されたものながら、 ポールのミュージシャンとしての衰えは感じられず、このメンバーになってからバンドも既に16年目に突入するが、全員が素晴らしいパフォーマンスを行なっている。そしていよいよ、前回のONE ON ONE TOURを改め、FRESHEN UP TOURと題して再び新たなツアーに出る事を発表。 このツアーは2018年9月カナダを皮切りに、フェスティバル出演を含み、2019年にはアメリカのスケジュールまで決まっている。そして間をおかず2018年、このFRESHEN UP TOURの一環として来日公演が行なわれた。 24歳で初来日してから半世紀以上、こうして76歳になって尚、遠く日本において大規模なスタジアム・コンサートを行なっているなど、本人ですら予想だにしなかったであろう。日程は下記の通り。 2018年10月31日 東京ドーム 2018年11月01日 東京ドーム 2018年11月05日 両国国技館 2018年11月08日 名古屋ドーム 今回は初の両国国技館、そして1980年ウイングスが予定していたものの中止となった名古屋公演が組まれているのが特徴である。前回3回だった東京ドーム公演は2回と回数が減ったものの、ドーム球場を何度も埋め尽くせる動員力のあるアーティストは、ポールくらいビッグネーム以外に不可能であろう。本作は、その初日、2018年東京ドーム公演初日をサウンドチェックを含め完全収録している。 FRESHEN UP TOURにおける特徴として、ニューアルバム『EGYPT STATION』から新曲をレパートリーに加えている点が挙げられる。しかもコンサート序盤に「Who Cares」「Come On To Me」の2曲、そして中盤に「Fuh You」を演奏している。いずれもコンサートで演奏する事を念頭に置いた楽曲と思われ、ステージ構成の重要なアクセントとなっている。またこのツアーで初演となるのが「From Me To You」である。極初期のビートルズの代表曲のひとつであり、アコースティック・コーナーの1曲として採り上げられている。その他、セットリストの曲目だけ見ると、ツアータイトルに反しフレッシュな選曲はなく、これまでも演奏されてきた曲目が並んでいる。しかし、このツアーの特徴を挙げるとしたら、曲目よりもむしろ、アレンジに着目すべきであろう。 従来のポールのステージと大きく異なる点は、ブラス・セクションが加わった点にある。これまで70年代のウイングスを除くと、基本的にポールのステージにバンド・メンバー以外が演奏に加わることはなかった。もちろんバグ・パイプ楽団が登壇したり、ゲストが演奏する場面もなかったわけではない。しかしツアーに帯同して毎夜コンサートの演出として参加したミュージシャンはいない。今回初めて、ブラス・セクションがバンドに加わったのである。それまでウィックスが奏でるキーボードで代用されていた音が、本物の楽器で演奏される点において、敢えてアレンジもそれを活かすものとなっている。ブラス・セクションは「Letting Go」で初めて姿を現す。しかもステージ上ではなく、客席の中に並んだメンバーが突如奏でるサプライズ演出で、観客は大いに盛り上がっている。同曲は後半に短いブラス・ソロをブレイクに挿入し、一層際立つアレンジとなっている。新曲「Come On To Me」でも大々的にフューチャーされている。その他ブラス・セクションは「Let ‘Em In」や「Lady Madonna」「Ob La Di Ob La Da」「Live And Let Die」「Hey Jude」、そして最後のアビーロード・メドレーにおいても重要な役割を果たしている。また、アルバム『Egypt Station』に収録の「Back In Blazil」という曲には、「イチバン」という日本語が使われている。この曲を日本で初演するのではないかと前評判であったが、結果的には「Come On To Me」の冒頭にイントロとして加えられた。細かい点であるが、これもまた日本で初めて取り入れられたアレンジである。

【2018年11月8日ナゴヤドーム公演】 2018年来日公演最終日である。FRESHEN UP TOURの特徴を備えつつ、これまでにない大団円的な素晴らしいコンサートとなっている。全4回の2018年日本公演でこの日をベスト・パフォーマンスとする人も多いのではないか。ポールはその時々で最後の公演に余力を出し切る傾向にあり、そのためツアー最終日にリバプール公演が組まれることが多い。この名古屋公演の後はしばらくコンサートがないこともあり、非常に熱の入ったパフォーマンスとなっている。ポール自身もこの日が最終だという意識をもって臨んでおり、それは日本での滞在の素晴らしさを語るMCでも随所に伺い知ることが出来る。ここ数年、ほぼ毎年のように来日しているポールにとって、FAITHFULな日本のファンは強く心に刻まれていることだろう。そのような日本のファンの思いに応えるかのような、ポールの初の名古屋公演であった。 「A Hard Day’s Night」で開幕するのは同じだが、この日も2曲目の「Hi Hi Hi」が「Junior’s Farm」に差し替えられた。さらに「All My Loving」も「Can’t Buy Me Love」に、そして「Yesterday」が日本公演で唯一の「Birthday」に変更になっている。 そしてこの日もまたFRESHEN UP TOURにおいて2度目となる「Got To Get You Into My Life」が演奏されている。ホーンセクションが加わったことにより、かなり重厚で聴き応えのあるバージョンとなっているので、今後ツアーが進行するにあたってレギュラーで演奏されるのではないか。ディスク3は当日の本番前に行なわれたサウンドチェックの音源である。本編では演奏することのないレアな曲やカバー曲を演奏してくれるVIPチケット用の公開サウンドチェック。この日のサウンドチェックもまた、VIPチケットが存在した三日間の内でベストともいえる内容となっている。久しぶりの「Save Us」はもちろん聴き所であるのだが、最大のウリは「Jet」であろう。毎回コンサートで盛り上がる楽曲であり、特に2004年ツアーではオープニングを飾ったポールの代表曲のひとつでありながら、今回のツアーでは演奏されることなく、日本公演においても一度も演奏されていない。しかしこの日初めて、サウンドチェックであるものの初披露されたのである。曲自体はこれまで数えきれないくらい演奏されてきたため珍しくはないのだが、この日はホーンセクションが演奏に加わっている点において特筆される。イントロのジャージャッジャジャーからホーンが大々的に加わり、ウイングスのロック・ショウさながらの重厚な演奏となっている。この完成度の高さは、今後レギュラー・セットリストに加えられるのではないか。東京二日目の「Got To Get You Into My Life」といい、この「Jet」といい、ツアーが進化する過程において、その重要な転換が日本で行なわれたという事実を嬉しく思う。そして日本のファンの反応でその後のセットに組み入れるかどうかを判断するという、日本のファンを信頼している故の披露であろう。2018年来日公演より、最終日11月8日ナゴヤドーム公演を超高音質で完全収録。2003年以降のポールのライブをリアルタイムで追いかけ、今回も、その時々の最新ツアーをいち早くハイ・クオリティでお届けしてきたピカデリー・サーカス・レーベルで揃えて頂ければ間違いないだろう。数多くのタイトルが今回もリリースされると思うが、いろいろと他と比べる必要もなく、決定盤として本作があればそれで良い。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

NAGOYA DOME AICHI JAPAN November 8, 2018

DISC ONE 01. Introduction 02. A Hard Day's Night 03. Junior’s Farm 04. Can’t Buy Me Love 05. Letting Go 06. Who Cares 07. Got To Get You Into My Life 08. Come On To Me 09. Let Me Roll It 10. I've Got A Feeling 11. Let ‘Em In 12. My Valentine 13. Nineteen Hundred And Eighty Five 14. Maybe I'm Amazed 15. I’ve Just Seen A Face 16. In Spite Of All Danger 17. From Me To You 18. Love Me Do 19. Blackbird

DISC TWO 01. Here Today 02. Queenie Eye 03. Lady Madonna 04. Eleanor Rigby 05. Fuh You 06. Being For The Benefit Of Mr.Kite
07. Something 08. Ob La Di Ob La Da 09. Band On The Run 10. Back In The U.S.S.R. 11. Let It Be 12. Live And Let Die 13. Hey Jude
14. Birthday 15. SGT. Pepper's Reprise 16. Helter Skelter 17. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End

DISC THREE SOUNDCHECK 01. Tuning 02. Nagoya Dome Jam 03. Honey Don’t 04. Save Us 05. Jet 06. Jam 07. Drive My Car
08. C Moon 09. Shake Rattle And Roll 10. It’s So Easy 11. FourFive Seconds 12. Ram On 13. Midnight Special 14. Sounds For Massages 15. Lady Madonna 16. Paul's Greeting



ポール・マッカートニー
FRESHEN UP NAGOYA DOME THE MOVIE 2018
PCCD-310
AUD-SHOT
1DVD
\5,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


■2018年11月8日名古屋ドーム公演を映像にて完全収録 ■5台のカメラ編集によるマルチ・ショット映像
■ドームとは思えないドアップの近距離ショット ■全て一切どこにも出回っていないオリジナル映像

ポール・マッカートニーは2018年に入り、前回のONE ON ONE TOURを改め、FRESHEN UP TOURと題して再び新たなツアーに出る事を発表。このツアーは2018年9月カナダを皮切りに、フェスティバル出演を含み、2019年にはアメリカのスケジュールまで決まっている。そして間をかず2018年、このFRESHEN UP TOURの一環として来日公演が行なわれた。日程は下記の通り。 2018年10月31日 東京ドーム 2018年11月01日 東京ドーム 2018年11月05日 両国国技館 2018年11月08日 名古屋ドーム 今回は初の両国国技館、そして1980年ウイングスが予定していたものの中止となった名古屋公演が組まれているのが特徴である。前回3回だった東京ドーム公演は2回と回数が減ったものの、ドーム球場を何度も埋め尽くせる動員力のあるアーティストは、ポールくらいビッグネーム以外に不可能であろう。本作は、その最終日2018年11月8日名古屋ドーム公演を4台のカメラを編集した映像で完全収録している。 前年の2017年来日公演もまた、ピカデリー・サーカス・レーベルから全公演映像がリリースされている。複数台のカメラを編集することによって、まるでプロショット映像のような完成度の高い作品に仕上がっており、多くのファンに驚きを持って迎えられたが、今回はさらにバージョン・アップしている。カメラの台数も増え、 この日はアリーナからのショットでカメラが4台、スタンドから1台。まさに様々な角度からステージを接写。スタンドからの遠距離望遠映像とは比べ物にならない、画面いっぱいに広がる超接近映像は臨場感あふるる素晴らしい出来栄え。2017年の映像を見て驚かれた方は、今回さらにそれを凌駕する映像作品になっていることに再び驚かれるであろう。音声はカメラ付随のマイクではなく、音源のみ専用のマイクで録音されたものを使用しているため、通して統一された高音質で視聴する事が出来る。2018年来日公演より、最終日11月8日名古屋ドーム公演を5台のカメラ編集により完全収録。一昔前のオーディエンス映像といえば1カメラで延々同じ画面を眺めているような退屈なものであったが、本作はそれぞれステージの見所を随所でカメラチェンジし、時に引いたステージ全体映像、時にポールの額から汗したたり落ちる様が鮮明に映る超接近映像まで、まるでプロショットのように様々な角度からこの日のコンサートの魅力を余すところなく収録している。2003年以降のポールのライブをずっと追いかけ、今回も、その時々の最新ツアーをいち早くハイ・クオリティでお届けしてきたピカデリー・サーカス・レーベルで揃えて頂ければ間違いないだろう。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

NAGOYA DOME AICHI JAPAN November 8, 2018

01. Introduction 02. A Hard Day's Night 03. Junior’s Farm 04. Can’t Buy Me Love 05. Letting Go 06. Who Cares
07. Got To Get You Into My Life 08. Come On To Me 09. Let Me Roll It 10. I've Got A Feeling 11. Let ‘Em In 12. My Valentine
13. Nineteen Hundred And Eighty Five 14. Maybe I'm Amazed 15. I’ve Just Seen A Face 16. In Spite Of All Danger
17. From Me To You 18. Love Me Do 19. Blackbird 20. Here Today 21. Queenie Eye 22. Lady Madonna 23. Eleanor Rigby
24. Fuh You 25. Being For The Benefit Of Mr.Kite 26. Something 27. Ob La Di Ob La Da 28. Band On The Run
29. Back In The U.S.S.R. 30. Let It Be 31. Live And Let Die 32. Hey Jude 33. Birthday 34. SGT. Pepper's Reprise
35. Helter Skelter 36. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End



ポール・マッカートニー
FRESHEN UP AT NAGOYA DOME Film
NEMO–024
AUD-SHOT
1BD-R+1DVD-R
\3,800


デラサイコー!NA NA NA NA NAGOYA!ダガヤ!2018年、FRESHEN UP ジャパン・ツアーも遂に最終日!11/8の名古屋ドームにおけるライヴを高画質オーディエンス・ショットにて完全収録!1階席3塁側、ステージに向かって真横から撮影されたHDクオリティ・超美麗オリジナル・オーディエンス・ソースをマスターに使用しており、ステージ脇に設置されたサイド・スクリーンを安定して捉えたストレス・フリーな映像をお楽しみいただけます。音声部においても、映像とは別録りされた極上音質のデジタル・オーディエンス・マスターに差し替えてありますので、単なるオーディエンス映像では望むべくも無いハイクオリティな音質でこのライヴを追体験出来るという、これまた嬉しすぎる仕様となっています。ニューアルバム『Egypt Station』を携えて開始されたばかりの最新ツアーは、中盤のアコースティック・パートに「From Me To You」が組み込まれるなど、前回のONE ON ONEツアーとは内容も一新しており見所満載です。またこの日のアンコール・パートでは、会場のオーディエンスが用意されたボードを一斉に掲げメッセージを伝えるという粋な演出があり、ポールも思わず言葉を失うという一幕も見てとれます。その後演奏された「Birthday」は今ツアー初登場ですので、先行リリースの東京ドーム2DAYS、および両国国技館の映像とあわせてやはりおさえておきたい1本といえるでしょう。HDクオリティ映像の美しさをそのままに詰め込んだブルーレイ・ディスクと、汎用性のあるコンパクト・サイズにコンバートしたDVDの2枚組みカップリング・アイテムです。

◆Live at Nagoya Dome, Aichi, Japan 8th Novmenber 2018
(BD & DVD)
01. OPENING 02. A HARD DAY'S NIGHT 03. JUNIOR'S FARM 04. CAN'T BUY ME LOVE 05. LETTING GO 06. WHO CARES 07. GOT TO GET YOU INTO MY LIFE 08. COME ON TO ME 09. LET ME ROLL IT / FOXY LADY 10. I'VE GOT A FEELING 11. LET 'EM IN 12. MY VALENTINE 13. NINETEEN HUNDRED AND EIGHTY-FIVE 14. MAYBE I'M AMAZED 15. I'VE JUST SEEN A FACE 16. IN SPITE OF ALL THE DANGER 17. FROM ME TO YOU 18. LOVE ME DO 19. BLACKBIRD 20. HERE TODAY 21. QUEENIE EYE 22. LADY MADONNA 23. ELEANOR RIGBY 24. FUH YOU 25. BEING FOR THE BENEFIT OF MR. KITE! 26. SOMETHING 27. OB-LA-DI, OB-LA-DA 28. BAND ON THE RUN 29. BACK IN THE U.S.S.R. 30. LET IT BE 31. LIVE AND LET DIE 32. HEY JUDE ENCORE: 33. BIRTHDAY 34. SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) 35. HELTER SKELTER 36. GOLDEN SLUMBERS / CARRY THAT WEIGHT / THE END



ポール・マッカートニー
FRESHEN UP AT NAGOYA DOME Film -Collector’s Edition-
NEMO–024LE
AUD-SHOT/AUD
1BD-R+1DVD-R+2CD-R
\4,900


デラサイコー!NA NA NA NA NAGOYA!ダガヤ!2018年、FRESHEN UP ジャパン・ツアーも遂に最終日!11/8の名古屋ドームにおけるライヴを高画質オーディエンス・ショットにて完全収録!1階席3塁側、ステージに向かって真横から撮影されたHDクオリティ・超美麗オリジナル・オーディエンス・ソースをマスターに使用しており、ステージ脇に設置されたサイド・スクリーンを安定して捉えたストレス・フリーな映像をお楽しみいただけます。音声部においても、映像とは別録りされた極上音質のデジタル・オーディエンス・マスターに差し替えてありますので、単なるオーディエンス映像では望むべくも無いハイクオリティな音質でこのライヴを追体験出来るという、これまた嬉しすぎる仕様となっています。ニューアルバム『Egypt Station』を携えて開始されたばかりの最新ツアーは、中盤のアコースティック・パートに「From Me To You」が組み込まれるなど、前回のONE ON ONEツアーとは内容も一新しており見所満載です。またこの日のアンコール・パートでは、会場のオーディエンスが用意されたボードを一斉に掲げメッセージを伝えるという粋な演出があり、ポールも思わず言葉を失うという一幕も見てとれます。その後演奏された「Birthday」は今ツアー初登場ですので、先行リリースの東京ドーム2DAYS、および両国国技館の映像とあわせてやはりおさえておきたい1本といえるでしょう。HDクオリティ映像の美しさをそのままに詰め込んだブルーレイ・ディスクと、汎用性のあるコンパクト・サイズにコンバートしたDVDの2枚組みカップリング・アイテムです。さらに本タイトル「コレクターズ・エディション」では、映像の音声部にも使用された前述の「極上オーディエンス・デジタル・ソース」をマスターにした2枚組みCDも付属します。ブルーレイ・ディスク+DVD+2CDの4枚組み来日メモリアル盤。数量限定生産ですのでお買い逃がし無く!!

◆Live at Nagoya Dome, Aichi, Japan 8th Novmenber 2018
(BD & DVD)
01. OPENING 02. A HARD DAY'S NIGHT 03. JUNIOR'S FARM 04. CAN'T BUY ME LOVE 05. LETTING GO 06. WHO CARES 07. GOT TO GET YOU INTO MY LIFE 08. COME ON TO ME 09. LET ME ROLL IT / FOXY LADY 10. I'VE GOT A FEELING 11. LET 'EM IN 12. MY VALENTINE 13. NINETEEN HUNDRED AND EIGHTY-FIVE 14. MAYBE I'M AMAZED 15. I'VE JUST SEEN A FACE 16. IN SPITE OF ALL THE DANGER 17. FROM ME TO YOU 18. LOVE ME DO 19. BLACKBIRD 20. HERE TODAY 21. QUEENIE EYE 22. LADY MADONNA 23. ELEANOR RIGBY 24. FUH YOU 25. BEING FOR THE BENEFIT OF MR. KITE! 26. SOMETHING 27. OB-LA-DI, OB-LA-DA 28. BAND ON THE RUN 29. BACK IN THE U.S.S.R. 30. LET IT BE 31. LIVE AND LET DIE 32. HEY JUDE ENCORE: 33. BIRTHDAY 34. SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) 35. HELTER SKELTER 36. GOLDEN SLUMBERS / CARRY THAT WEIGHT / THE END

(CD 1)
01. A HARD DAY'S NIGHT 02. JUNIOR'S FARM 03. CAN'T BUY ME LOVE 04. LETTING GO 05. WHO CARES 06. GOT TO GET YOU INTO MY LIFE 07. COME ON TO ME 08. LET ME ROLL IT 09. I'VE GOT A FEELING 10. LET 'EM IN 11. MY VALENTINE 12. NINETEEN HUNDRED AND EIGHTY-FIVE 13. MAYBE I'M AMAZED 14. I'VE JUST SEEN A FACE 15. IN SPITE OF ALL THE DANGER 16. FROM ME TO YOU 17. LOVE ME DO 18. BLACKBIRD 19. HERE TODAY

(CD 2)
01. QUEENIE EYE 02. ELEANOR RIGBY 03. LADY MADONNA 04. FUH YOU 05. BEING FOR THE BENEFIT OF MR. KITE! 06. SOMETHING 07. OB-LA-DI, OB-LA-DA 08. BAND ON THE RUN 09. BACK IN THE U.S.S.R. 10. LET IT BE 11. LIVE AND LET DIE 12. HEY JUDE ENCORE: 13. BIRTHDAY 14. SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) 15. HELTER SKELTER 16. GOLDEN SLUMBERS / CARRY THAT WEIGHT / THE END



ポール・マッカートニー
LIVE AT NAGOYA DOME - LAST NIGHT
SSM004CD1-2
AUD
2CD
\2,600
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ポール・マッカートニー2018年ジャパン・ツアーの最後を飾った11月8日ナゴヤ・ドーム公演が極上音源で
お届けする”SUPERSONIC MASTERS”から東京ドーム2公演、国技館公演に続く連続リリース第3弾として登場!

これまで過去のジャパン・ツアーでは一度も実現していない記念すべき初の名古屋公演。この日の日替わりナンバーは「JUNIOR'S FARM」「CAN'T BUY ME LOVE」「I'VE JUST SEEN A FACE」が披露され今ツアーの特徴となっているホーン・セクションが光る「GOT TO GET YOU INTO MY LIFE」も演奏してくれました。そしてアンコールでは今回ジャパン・ツアーで演奏されていなかった「BIRTHDAY」を初披露!また「ヘイ・ジュード」のコーラスで観客が掲げた”NAgoya”カードに反応して「ナナナゴヤ!」を叫んだり最後のMCではジャパン・ツアー最終公演として長めの謝辞が聞かれたりとやはりこの日も見逃せない公演となりました。同レーベルからリリースされた東京ドーム2公演、国技館公演同様に極上ハイ・スペック高音質生録マスターを元にデジタル・リマスターされた音質はサウンドボード音源に匹敵する驚愕レベルの極上サウンドでこれ以上ないベスト・クオリティといえるでしょう。厳選された超優良音源で2018年ジャパン・ツアー4公演をコンプリートした注目の”SUPERSONIC MASTERS”シリーズ!海外直輸入プレス盤CDによる永久保存ツアー・メモリアル決定版コレクターズ・アイテムです!!

CD 1
1. INTRO 2. A HARD DAY'S NIGHT 3. JUNIOR'S FARM 4. CAN'T BUY ME LOVE 5. LETTING GO 6. WHO CARES
7. GOT TO GET YOU INTO MY LIFE 8. COME ON TO ME 9. LET ME ROLL IT / FOXY LADY 10. I'VE GOT A FEELING
11. LET 'EM IN 12. MY VALENTINE 13. NINETEEN HUNDRED AND EIGHTY FIVE 14. MAYBE I'M AMAZED
15. I'VE JUST SEEN A FACE 16. IN SPITE OF ALL THE DANGER 17. FROM ME TO YOU 18. LOVE ME DO
19. BLACKBIRD

CD 2
1. HERE TODAY 2. QUEENIE EYE 3. LADY MADONNA 4. ELEANOR RIGBY 5. FUR YOU
6. BEING FOR THE BENEFIT OF MR.KITE! 7. SOMETHING 8. OB-LA-DI, OB-LA-DA 9. BAND ON THE RUN
10. BACK IN THE U.S.S.R. 11. LET IT BE 12. LIVE AND LET DIE 13. HEY JUDE 14. BIRTHDAY
15. SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND (Reprise) 16. HELTER SKELTER 17. It's Great For Us Come Here
18. GOLDEN SLUMBERS / CARRY THAT WEIGHT / THE END 19. OUTRO

Live at Nagoya Dome, Nagoya, Japan 8 November 2018

Paul McCartney (vocals, bass, guitars, keyboads) Rusty Anderson (guitars, chorus) Brian Ray (guitars, bass, chorus)
Paul "Wix" Wickens (keyboards, guitars, percussion) Abe Laboriel, Jr. (drums, percussion, chorus)
Hot City Horns - Michael Davis (trumpet) Paul Burton (trombone) Kenji Fenton (sax)


 2018/11/5 両国国技館

ポール・マッカートニー
EVSD presents Freshen Up at Kokugikan BOX –Limited Edition-
EVSD-1095-1099
AUD
5CD BOX
\16,700
※高額商品のためゆうパックにて発送となりますので
お支払い方法は"振込み"のみとさせていただきます(送料無料)
当店から改めて送るご注文確定メールにて送料無料を適応いたします。
 
※数量限定で入荷いたしました。メーカー品切れの為、入荷分のみの販売となります。(2019.1.14)
※品切れの際はご了承ください。
<SOLD OUT>


"Freshen Up"ジャパン・ツアー2018、11/5両国国技館公演の超絶決定版ボックスが満を持して登場!
300セット限定のナンバリング入りボックス・セット!外装もコンテンツも突出した異次元のクオリティを誇る逸品です!!EVSD&XAVELが自信と誇りを持ってお届けする正真正銘の最終決定版タイトルです!!今回も早期の完売が見込まれますのでオーダーはお早めに!!

[仕様詳細]
限定300セットの国技館メモリアル・ボックス!もちろんナンバリング入り!!音源の凄さもさることながら装丁も素晴らしい!エンプレス・バレイ十八番の豪華ボックス&紙ジャケット仕様であります!この限定浮世絵バージョンはベルベット・マット・コーティング仕様(通常のマット・コーティングとは全く違い、吸い付く様な手触りも高級感あふれ、キズも付かない特殊加工!)で、より浮世絵が映える豪華仕様となっています。この浮世絵の国技館限定リトグラフやチラシはやっぱ人気ですもんね。是非ボックスも浮世絵バージョンで揃えてみよう!まいどの事ながら完売必至の限定バージョンです!繰り返しになりますがご注文はお早めに!

[音源詳細]
①11/5両国国技館サウンドチェック(非公開)-マルチIEM+モニター・サウンドボード・ミックス音源-プレスCD
11/5、ライヴ当日の開場を前に完全非公開でおこなわれたサウンドチェックを、モニター用サウンドボード・ソースなど複数の高音質ライン音源をミックスした極上サウンドで全曲収録。もちろんEVSD&XAVELオリジナルの完全初登場音源です!このサウンドチェックを収録した別ソースの「サウンドボード音源」も既に出回っていますが、劣悪な音質のそういった音源とは全く別物の素晴らしいサウンドですのでご安心下さい!
およそ1時間あまり、通常の公開サウンドチェック・パーティと同様の流れで各楽器を試しながら入念におこなわれた非公開のリハーサル。「One After 909」や「Miss Ann」、珠玉の新曲「I Don’t Know」、ウクレレを使った「Singing The Blues」、非公開ならではの遊び心に溢れたボート・バージョン(!)の「Midnight Special」など、聴きどころ満載のサウンドチェックを最高音質でお楽しみ下さい!

②11/5両国国技館ライヴ-マルチ・ステレオIEM+モニター・サウンドボード・ミックス音源-プレス2CD
本ボックスの目玉音源。今回の来日ツアー、ひいては近年のポールのライヴ音源の中でも別格に位置づけられるであろう突出した完成度を誇るマトリクス音源。もはや流出ステレオ・サウンドボード音源にしか聴こえない強烈なタイトル!もちろんこのボックスでしか聴くこと出来ないEVSD&XAVELオリジナルの完全初登場音源です!
さらなる進化を遂げたXAVELレーベルの最新ライヴ・レコーディング手法「マルチ・ステレオIEM+モニター・サウンドボード・ミックス音源」の凄まじさを体感出来る必聴音源!2017年のONE ON ONEジャパン・ツアー終了後にはポール一行を追いかけ渡米、タンパ公演、ダルース公演、そしてブルース・スプリングスティーンの客演が大きな話題となったニューヨークMSG連日公演の計4公演でステレオ・サウンドボード音源に比肩する素晴らしい録音を残したあのXAVELレーベルが総力を結集して仕上げた最高傑作です!ステージ上に設置されたモニタリング用スピーカーのステレオ・ライン音源、複数のステレオIEMソースなどを正真正銘プロ・ユースの機材を用いてステレオ・ミックス。入念なマスタリング工程を経て完成した極上サウンドは、前述のUSツアー4公演をも軽く凌駕するぶっちぎりの完成度です!正に最高傑作!!!主役である御大ポールの声をセンターにどっしりと据え、全ての楽器とコーラスを最高のバランスと素晴らしいステレオ定位で配置したワン・アンド・オンリーのミラクル・サウンドは、"進化し続けるライヴ・レコーディング"を標榜するXAVELレーベルの面目躍如たるものです!当然のことながら煩わしいオーディエンス・ノイズなどは皆無で、IEM音源特有のガイドやクリック音も入っていないストレス・フリーな内容です!新たなる聖地でおこなわれた一夜限りの夢舞台を、恒例のウェーブで盛り上がる開演前のSE箇所からたっぷりと完全収録したオフィシャル級の完璧音源です!家宝決定!!

③11/5両国国技館ライヴ-オーディエンス音源(オリジナルMK4マスター)-プレス2CD
本ボックスのもうひとつの目玉音源。オーディエンス録音の最高峰、ドイツが誇るSchoeps社のMK4マイクロフォンを用いて録音された決定版オーディエンス音源。もちろんこのボックスでしか聴くこと出来ないEVSD&XAVELオリジナルの完全初登場音源です!
EVSD&XAVELレーベルからは無指向性の高級マイクロフォンを使用したオーディエンス音源(プレス2CD「Freshen Up at Kokugikan -Omnidirectional Source-」)も先行発売されていますが、もちろん本作はそれとは別のマスターです。この音源最大の魅力は、「単一指向性」というマイク・キャラクターを利して録音されたPAスピーカー直の不純物無しの超高級サウンドであります。距離感という点ではボックスに同時収録されている「マルチIEM+モニター・サウンドボード・ミックス音源」に及びませんが、分厚くリッチなその高級サウンドはライヴの感動をよりリアルに呼び起こさせてくれることでしょう。オーディエンス音源最大の魅力である会場の空気感、「Love Me Do」の手拍子や「In Spite of All the Danger」「Hey Jude」などにおける大合唱といった臨場感も満点!新たなる「聖地」でおこなわれた一夜限りの歴史的なライヴ、バンドと観客が一体となって生み出したをこの上なく美しい瞬間を完璧な形で捉えたオーディエンス録音の決定版です!

◆Soundcheck at Ryogoku Kokugikan, Tokyo, Japan 5th Novmenber 2018 [EVSD & XAVEL Original Master (Multiple IEM & Monitor Soundboard Matrix Master)-]
(CD) EVSD-1095 (1:0:20:200) 01. Intro 02. Jam 03. Matchbox 04. Blue Suede Shoes 05. Jam 06. Flaming Pie 07. One After 909 08. Coming Up 09. Miss Ann 10. I Don't Know 11. Let 'Em In 12. San Francisco Bay Blues 13. Singing The Blues 14. Midnight Special (Boat Version) 15. Lady Madonna

◆Live at Ryogoku Kokugikan, Tokyo, Japan 5th Novmenber 2018 [EVSD & XAVEL Original Master (Multiple Stereo IEM & Monitor Soundboard Matrix Master)]
(Disc 1) EVSD-1096 (1:16:19:493) 01. Pre-show SE 02. Opening (Coming Up / Mrs. Vandebilt / The End) 03. A Hard Day's Night 04. Hi, Hi, Hi 05. All My Loving 06. Letting Go 07. Come On to Me 08. Let Me Roll It / Foxy Lady 09. I've Got a Feeling 10. My Valentine 11. Nineteen Hundred and Eighty-Five 12. I've Just Seen a Face 13. In Spite of All the Danger 14. From Me to You 15. Love Me Do 16. Blackbird

(Disc 2) EVSD-1097 (1:14:59:653) 01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. Fuh You 04. Being for the Benefit of Mr. Kite! 05. Something 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Band on the Run 08. Back in the U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live and Let Die 11. Hey Jude Encore: 12. I Saw Her Standing There 13. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 14. Helter Skelter 15. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End

◆Live at Ryogoku Kokugikan, Tokyo, Japan 5th Novmenber 2018 [EVSD & XAVEL Original Audience Master (MK4 Cardioid Microphone)]
(Disc 1) EVSD-1098 (1:8:24:493) 01. Opening (Coming Up / Mrs. Vandebilt / The End) 02. A Hard Day's Night 03. Hi, Hi, Hi 04. All My Loving 05. Letting Go 06. Come On to Me 07. Let Me Roll It / Foxy Lady 08. I've Got a Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. I've Just Seen a Face 12. In Spite of All the Danger 13. From Me to You 14. Love Me Do 15. Blackbird

(Disc 2) EVSD-1099 (1:15:10:147) 01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. Fuh You 04. Being for the Benefit of Mr. Kite! 05. Something 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Band on the Run 08. Back in the U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live and Let Die 11. Hey Jude Encore: 12. I Saw Her Standing There 13. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 14. Helter Skelter 15. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End



ポール・マッカートニー
Freshen Up at Ryogoku Kokugikan -Omnidirectional Source-
EVSD-1070/1071
AUD
2CD
\3,600


ニュー・アルバム『Egypt Station』を携えて開始したばかりのFRESHEN UPワールド・ツアーが早くも日本上陸!東京ドーム2DAYS、両国国技館、名古屋ドームの4公演がとりおこなわれる2018ジャパン・ツアー。今回も有象無象のオーディエンス音源を皮切りに、モニター・サウンドボード音源やIEMマトリクス音源といった様々なタイトルが登場し、そのいずれもが「これぞ最高決定盤!」という触れ込みで跋扈するカオスな状況が間もなく訪れることと思いますが、羅針盤たる唯一のレーベルEVSD&XAVELからまず手始めにおさえておきたい極上オーディエンス音源が登場です。
2013年のOut Thereジャパン・ツアーを契機に結成された最強タッグEVSD&XAVEL。キャラクターの異なる様々なオーディエンス音源から、ステレオSBD音源に比肩する異次元のステレオ・モニター・マトリクス音源まで、毎度ぶっちぎりの決定版タイトルをリリースしてきたわけですが、今回もはっきり言って「同レーベルのリリースだけおさえておけばよい!」そう断言出来る凄まじいラインナップのタイトルをお届け予定です。
入魂の東京ドーム連日公演(10/31&11/1)に続く同レーベル第3弾のアイテムとしてリリースされた本タイトルは、今ツアー中もっとも大きな注目を集めた力士の聖地・両国国技館におけるライヴを驚愕のハイクオリティ・サウンドで完全収録したものです。ロック界きっての好角家として知られるポールだけに、この日のライヴは長いキャリアの中でもひときわ特別な色彩を帯びた感慨深いステージとなったようです。巨大スクリーンも撤去した距離感が異様に近い全方位的ビューを楽しめる国技館ならではの一種独特の雰囲気、そして入手困難なチケットを調達してこの会場に詰め掛けた生粋のビートルマニアの完璧すぎる手拍子&大合唱(本当にプロフェッショナル・オーディエンスという賛辞を贈りたくなる完璧なまでのレスポンスです!オフィシャル・ライヴ盤でもここまで完璧な手拍子や合唱は聴くことが出来ないでしょう!まさにライヴ音源の醍醐味が満載です!!)。「この場所も永遠に語り継がれる音楽の聖地となるだろう。」という事前の触れ込みに違わぬこのスペシャルな一夜を、ハイエンドの無指向性マイクを使用して録音されたミラクル高音質盤が本作!とてつもなくレンジの広いリッチな音色、不快な残響や音の回り込みなど皆無の驚くべきダイレクトな音像、そして眼前にリアルにアリーナ最前列の空間を再現してみせる拡がりのあるステレオ感・・・説得力満点のこのサウンドの前にはいかなる修辞も陳腐なものに思えてしまう、真の意味での決定版オーディエンス音源です。
異次元のサウンドで蘇る両国国技館!期待を裏切らぬEVSD&XAVELの仕事による必聴必携盤!!この後に控える超弩級のアイテム(至高のオーディエンス音源MK4マスター、XAVELレーベルのお家芸「マルチ・ステレオIEMマトリクス音源」、ドーム初日公演前日の10/30におこなわれた2時間超のサウンドチェック・リハーサル、国技館公演の開場前におこなわれたクローズド・リハーサルなど、ファン垂涎の音源が目白押しです!)にもご期待下さい!!!

(Disc 1)  
◆Live at Ryogoku Kokugikan, Tokyo, Japan 5th Novmenber 2018   
01. Opening (Coming Up / Mrs. Vandebilt / The End)   02. A Hard Day's Night   03. Hi, Hi, Hi   04. All My Loving   05. Letting Go   06. Come On to Me   07. Let Me Roll It / Foxy Lady   08. I've Got a Feeling   09. My Valentine   10. Nineteen Hundred and Eighty-Five   11. I've Just Seen a Face   12. In Spite of All the Danger   13. From Me to You   14. Love Me Do   15. Blackbird   
(Disc 2)
01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. Fuh You 04. Being for the Benefit of Mr. Kite! 05. Something 06.Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Band on the Run 08. Back in the U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live and Let Die 11. Hey Jude Encore: 12. I Saw Her Standing There 13. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 14. Helter Skelter 15. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End



ポール・マッカートニー
FRESHEN UP RYOGOKU KOKUGIKAN 2018
PCCD-301/302/303
AUD/AUD-SHOT
2CD+1DVD
\7,600
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


■2018年11月5日両国国技館公演を完全収録
■アリーナ最前ブロックより臨場感あふるる超高音質録音
■スタンド正面からシューティングされた完全収録DVD付

ポール・マッカートニーは2018年に入り、6月と7月にリバプールとロンドンでウォーム・アップ的にギグを行なっている。そして2018年9月7日にはニューヨークのグランド・セントラル駅の特設ステージにおいて特別ライブ。セットリストは通常より簡略化されたものながら、ポールのミュージシャンとしての衰えは感じられず、このメンバーになってからバンドも既に16年目に突入するが、全員が素晴らしいパフォーマンスを行なっている。そしていよいよ、前回のONE ON ONE TOURを改め、FRESHEN UP TOURと題して再び新たなツアーに出る事を発表。このツアーは2018年9月カナダを皮切りに、フェスティバル出演を含み、2019年にはアメリカのスケジュールまで決まっている。そして間をおかず2018年、このFRESHEN UP TOURの一環として来日公演が行なわれた。24歳で初来日してから半世紀以上、こうして76歳になって尚、遠く日本において大規模なスタジアム・コンサートを行なっているなど、本人ですら予想だにしなかったであろう。日程は下記の通り。 2018年10月31日 東京ドーム 2018年11月01日 東京ドーム 2018年11月05日 両国国技館 2018年11月08日 名古屋ドーム 今回は初の両国国技館、そして1980年ウイングスが予定していたものの中止となった名古屋公演が組まれているのが特徴である。前回3回だった東京ドーム公演は2回と回数が減ったものの、ドーム球場を何度も埋め尽くせる動員力のあるアーティストは、ポールくらいビッグネーム以外に不可能であろう。本作は、その三日目2018年両国国技館公演を音と映像で完全収録している。FRESHEN UP TOURにおける特徴として、ニューアルバム『EGYPT STATION』から新曲をレパートリーに加えている点が挙げられる。しかもコンサート序盤に「Who Cares」「Come On To Me」の2曲、そして中盤に「Fuh You」を演奏している。いずれもコンサートで演奏する事を念頭に置いた楽曲と思われ、ステージ構成の重要なアクセントとなっている。またこのツアーで初演となるのが「From Me To You」である。極初期のビートルズの代表曲のひとつであり、アコースティック・コーナーの1曲として採り上げられている。その他、セットリストの曲目だけ見ると、ツアータイトルに反しフレッシュな選曲はなく、これまでも演奏されてきた曲目が並んでいる。しかし、このツアーの特徴を挙げるとしたら、曲目よりもむしろ、アレンジに着目すべきであろう。従来のポールのステージと大きく異なる点は、ブラス・セクションが加わった点にある。これまで70年代のウイングスを除くと、基本的にポールのステージにバンド・メンバー以外が演奏に加わることはなかった。もちろんバグ・パイプ楽団が登壇したり、ゲストが演奏する場面もなかったわけではない。しかしツアーに帯同して毎夜コンサートの演出として参加したミュージシャンはいない。今回初めて、ブラス・セクションがバンドに加わったのである。それまでウィックスが奏でるキーボードで代用されていた音が、本物の楽器で演奏される点において、敢えてアレンジもそれを活かすものとなっている。ブラス・セクションは「Letting Go」で初めて姿を現す。しかもステージ上ではなく、客席の中に並んだメンバーが突如奏でるサプライズ演出で、観客は大いに盛り上がっている。同曲は後半に短いブラス・ソロをブレイクに挿入し、一層際立つアレンジとなっている。新曲「Come On To Me」でも大々的にフューチャーされている。その他ブラス・セクションは「Let ‘Em In」や「Lady Madonna」「Ob La Di Ob La Da」「Live And Let Die」「Hey Jude」、そして最後のアビーロード・メドレーにおいても重要な役割を果たしている。また、アルバム『Egypt Station』に収録の「Back In Blazil」という曲には、「イチバン」という日本語が使われている。この曲を日本で初演するのではないかと前評判であったが、結果的には「Come On To Me」の冒頭にイントロとして加えられた。細かい点であるが、これもまた日本で初めて取り入れられたアレンジである。
【2018年11月5日両国国技館公演】 2018年来日公演三日目である。当初は東京ドーム2日間と名古屋ドームのみの予定であったが、その後、この両国国技館公演が追加で発表されたのである。2015年と2017年の武道館公演にも驚かされたが、まさかポールが両国国技館でコンサートを行なうなど、信じられない思いである。キャパは武道館より一回り小さく、公称でおよそ7000人である。2013年来日の際は福岡公演の折、大相撲九州場所を観戦し、懸賞金もつけるなど、好角家は言い過ぎだろうが、ポール自身非常に相撲に興味を持っているようである。もちろん両国国技館はその大相撲の会場でもある。当日は升席もそのまま使用され、非常に近距離でポールのコンサートを楽しめるとあって満席、雰囲気だけでもと見切り席まで当日券として急遽販売されたほどの大盛況であった。場所が両国国技館だけあって、ポールは時折「ごっつぁんです」や相撲の懸賞金を受け取る際の手刀を真似るなど、終始機嫌が良い感じであった。セットリストは通常のステージから数曲カットされたダイジェストなものであったが、演奏は非常に熱く、近年稀にみる素晴らしいものであった。 本作はその両国国技館公演を超高音質で完全収録している。最前列ではないものの、Aブロックの前方で収録された音像は周囲に耳障りな嬌声を発する人もおらず、また目立つ拍手もほとんどなく、非常にクリーンかつ近距離で収録されている。あの喧騒の国技館にあって奇蹟的な録音であると言える。この日のオーディエンス録音で本作を超えるものはあるまい。またボーナストラックとしてポール自身による今回の日本公演に向けてのメッセージ、さらに両国国技館公演が追加になった旨を伝えるメッセージなどを収録している。この日はサウンドチェックは公開されなかったが、本作のディスク3は両国国技館のコンサートをスタンド正面から撮影されたDVDとなっている。1カメラの収録ながら非常に安定したショットで、ズームを駆使してコンサートを完全収録している点、当日のコンサートの様子が楽しめる。ピカデリー・サーカス・レーベルからは、両国国技館を4カメラで収録し編集されたプロショット顔負けのDVDが個別にリリースされているが、本作はそれとは別に、1カメラながらコンサートを完全収録したものとして、充分に楽しめるものとなっている。2018年来日公演より、三日目11月5日両国国技館公演をアリーナ最前ブロックより超高音質で完全収録。これまでの来日公演において最高の音質で収録されている。2003年以降のポールのライブをリアルタイムで追いかけ、今回も、その時々の最新ツアーをいち早くハイ・クオリティでお届けしてきたピカデリー・サーカス・レーベルで揃えて頂ければ間違いないだろう。数多くのタイトルが今回もリリースされると思うが、いろいろと他と比べる必要もなく、決定盤として本作があればそれで良い。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

RYOGOKU KOKUGIKAN TOKYO JAPAN November 5, 2018

DISC ONE
01. Introduction 02. A Hard Day's Night 03. Hi Hi Hi 04. All My Loving 05. Letting Go 06. Come On To Me 07. Let Me Roll It
08. I've Got A Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred And Eighty Five 11. I’ve Just Seen A Face 12. In Spite Of All Danger 13. From Me To You 14. Love Me Do 15. Blackbird 16. Queenie Eye 17. Lady Madonna 18. Fuh You

DISC TWO
01. Being For The Benefit Of Mr.Kite 02. Something 03. Ob La Di Ob La Da 04. Band On The Run 05. Back In The U.S.S.R.
06. Let It Be 07. Live And Let Die 08. Hey Jude 09. I Saw Her Standing There 10. SGT. Pepper's Reprise 11. Helter Skelter 12. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End
EXTRA TRACKS 13. Messege For Japan #1 14. Messege For Japan #2 15. Messege For Ryogoku Show 16. Freshen Tour Japan Spot

DVD DISC - single camera -
01. Introduction 02. A Hard Day's Night 03. Hi Hi Hi 04. All My Loving 05. Letting Go 06. Come On To Me
07. Let Me Roll It 08. I've Got A Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred And Eighty Five 11. I’ve Just Seen A Face 12. In Spite Of All Danger 13. From Me To You 14. Love Me Do 15. Blackbird 16. Queenie Eye 17. Lady Madonna 18. Fuh You 19. Being For The Benefit Of Mr.Kite 20. Something 21. Ob La Di Ob La Da 22. Band On The Run 23. Back In The U.S.S.R. 24. Let It Be 25. Live And Let Die 26. Hey Jude
27. I Saw Her Standing There 28. SGT. Pepper's Reprise 29. Helter Skelter 30. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End



ポール・マッカートニー
FRESHEN UP RYOGOKU KOKUGIKAN THE MOVIE
PCCD-309
AUD-SHOT
1DVD
\5,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


■2018年11月5日両国国技館公演を映像にて完全収録 ■4台のカメラ編集によるマルチ・ショット映像
■アリーナ最前列のようなドアップの近距離ショット ■全て一切どこにも出回っていないオリジナル映像

ポール・マッカートニーは2018年に入り、前回のONE ON ONE TOURを改め、FRESHEN UP TOURと題して再び新たなツアーに出る事を発表。このツアーは2018年9月カナダを皮切りに、フェスティバル出演を含み、2019年にはアメリカのスケジュールまで決まっている。そして間をおかず2018年、このFRESHEN UP TOURの一環として来日公演が行なわれた。日程は下記の通り。 2018年10月31日 東京ドーム 2018年11月01日 東京ドーム 2018年11月05日 両国国技館 2018年11月08日 名古屋ドーム 今回は初の両国国技館、そして1980年ウイングスが予定していたものの中止となった名古屋公演が組まれているのが特徴である。前回3回だった東京ドーム公演は2回と回数が減ったものの、ドーム球場を何度も埋め尽くせる動員力のあるアーティストは、ポールくらいビッグネーム以外に不可能であろう。 本作は、その三日目2018年11月5日両国国技館公演を4台のカメラを編集した映像で完全収録している。前年の2017年来日公演もまた、ピカデリー・サーカス・レーベルから全公演映像がリリースされている。複数台のカメラを編集することによって、まるでプロショット映像のような完成度の高い作品に仕上がっており、多くのファンに驚きを持って迎えられたが、今回はさらにバージョン・アップしている。カメラの台数も増え、 この日は全てアリーナからのショットでメインとなるカメラが2台、スタンドから2台。まさに様々な角度からステージを接写。スタンドからの遠距離望遠映像とは比べ物にならない、画面いっぱいに広がる超接近映像は臨場感あふるる素晴らしい出来栄え。2017年の映像を見て驚かれた方は、今回さらにそれを凌駕する映像作品になっていることに再び驚かれるであろう。音声はカメラ付随のマイクではなく、音源のみ専用のマイクで録音されたものを使用しているため、通して統一された高音質で視聴する事が出来る。2018年来日公演より、三日目11月5日両国国技館公演を4台のカメラ編集により完全収録。一昔前のオーディエンス映像といえば1カメラで延々同じ画面を眺めているような退屈なものであったが、本作はそれぞれステージの見所を随所でカメラチェンジし、時に引いたステージ全体映像、時にポールの額から汗したたり落ちる様が鮮明に映る超接近映像まで、まるでプロショットのように様々な角度からこの日のコンサートの魅力を余すところなく収録している。2003年以降のポールのライブをずっと追いかけ、今回も、その時々の最新ツアーをいち早くハイ・クオリティでお届けしてきたピカデリー・サーカス・レーベルで揃えて頂ければ間違いないだろう。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

RYOGOKU KOKUGIKAN TOKYO JAPAN November 5, 2018

01. Introduction 02. A Hard Day's Night 03. Hi Hi Hi 04. All My Loving 05. Letting Go 06. Come On To Me 07. Let Me Roll It 08. I've Got A Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred And Eighty Five 11. I’ve Just Seen A Face 12. In Spite Of All Danger 13. From Me To You
14. Love Me Do 15. Blackbird 16. Queenie Eye 17. Lady Madonna 18. Fuh You 19. Being For The Benefit Of Mr.Kite 20. Something
21. Ob La Di Ob La Da 22. Band On The Run 23. Back In The U.S.S.R. 24. Let It Be 25. Live And Let Die 26. Hey Jude 27. I Saw Her Standing There 28. SGT. Pepper's Reprise 29. Helter Skelter 30. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End



ポール・マッカートニー
FRESHEN UP AT Ryogoku Kokugikan Film
NEMO–023
AUD-SHOT
1BD-R+1DVD-R
\3,800


ドスコイ、ドスコイ!ゴッチャンデス!!2018年、FRESHEN UP ジャパン・ツアー!最も注目度の高かった追加公演、11/5の両国国技館におけるライヴを高画質オーディエンス・ショットにて完全収録!1階席西側前方の升席という至近距離からステージを撮影した門外不出HDクオリティ・超美麗オリジナル・オーディエンス・ソースをマスターに使用しており、ステージ上手側サイドから安定して捉えた見晴らしも良好なストレス・フリーな映像をお楽しみいただけます。音声部においても、映像とは別録りされた極上音質のデジタル・オーディエンス・マスターに差し替えてありますので、単なるオーディエンス映像では望むべくも無いハイクオリティな音質でこのライヴを追体験出来るという、これまた嬉しすぎる仕様となっています。ニューアルバム『Egypt Station』を携えて開始されたばかりの最新ツアーは、中盤のアコースティック・パートに「From Me To You」が組み込まれるなど、前回のONE ON ONEツアーとは内容も一新しており見所満載です。真横~斜め後ろからのショットであるため、楽曲によってはポールの細かい表情変化などを確認出来ないのが残念ではありますが、ドームでは考えられない超至近距離から捉えたド迫力の超美麗映像ですので、同レーベルより先行発売の東京ドーム2デイズとあわせて是非ともおさえておきたい1本といえます(ドーム2デイズはスクリーン・ショットでしたので、本作は全く別モノのライヴ盤として楽しむことが出来るはずです)。HDクオリティ映像の美しさをそのままに詰め込んだブルーレイ・ディスクと、汎用性のあるコンパクト・サイズにコンバートしたDVDの2枚組みカップリング・アイテムです。

◆Live at Ryogoku Kokugikan, Tokyo, Japan 5th Novmenber 2018
(BD & DVD)
01. Opening 02. A Hard Day's Night 03. Hi, Hi, Hi 04. All My Loving 05. Letting Go 06. Come On to Me 07. Let Me Roll It / Foxy Lady 08. I've Got a Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. I've Just Seen a Face 12. In Spite of All the Danger 13. From Me to You 14. Love Me Do 15. Blackbird 16. Queenie Eye 17. Lady Madonna 18. Fuh You 19. Being for the Benefit of Mr. Kite! 20. Something 21. Ob-La-Di, Ob-La-Da 22. Band on the Run 23. Back in the U.S.S.R. 24. Let It Be 25. Live and Let Die 26. Hey Jude Encore: 27. I Saw Her Standing There 28. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 29. Helter Skelter 30. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End



ポール・マッカートニー
FRESHEN UP AT Ryogoku Kokugikan Film -Collector’s Edition-
NEMO–023LE
AUD-SHOT/AUD
1BD-R+1DVD-R+2CD-R
\4,900


ドスコイ、ドスコイ!ゴッチャンデス!!2018年、FRESHEN UP ジャパン・ツアー!最も注目度の高かった追加公演、11/5の両国国技館におけるライヴを高画質オーディエンス・ショットにて完全収録!1階席西側前方の升席という至近距離からステージを撮影した門外不出HDクオリティ・超美麗オリジナル・オーディエンス・ソースをマスターに使用しており、ステージ上手側サイドから安定して捉えた見晴らしも良好なストレス・フリーな映像をお楽しみいただけます。音声部においても、映像とは別録りされた極上音質のデジタル・オーディエンス・マスターに差し替えてありますので、単なるオーディエンス映像では望むべくも無いハイクオリティな音質でこのライヴを追体験出来るという、これまた嬉しすぎる仕様となっています。ニューアルバム『Egypt Station』を携えて開始されたばかりの最新ツアーは、中盤のアコースティック・パートに「From Me To You」が組み込まれるなど、前回のONE ON ONEツアーとは内容も一新しており見所満載です。真横~斜め後ろからのショットであるため、楽曲によってはポールの細かい表情変化などを確認出来ないのが残念ではありますが、ドームでは考えられない超至近距離から捉えたド迫力の超美麗映像ですので、同レーベルより先行発売の東京ドーム2デイズとあわせて是非ともおさえておきたい1本といえます(ドーム2デイズはスクリーン・ショットでしたので、本作は全く別モノのライヴ盤として楽しむことが出来るはずです)。HDクオリティ映像の美しさをそのままに詰め込んだブルーレイ・ディスクと、汎用性のあるコンパクト・サイズにコンバートしたDVDの2枚組みカップリング・アイテム。さらに本タイトル「コレクターズ・エディション」では、映像の音声部にも使用された前述の「極上オーディエンス・デジタル・ソース」をマスターにした2枚組みCDも付属します。ブルーレイ・ディスク+DVD+2CDの4枚組み来日メモリアル盤。数量限定生産ですのでお買い逃がし無く!!

◆Live at Ryogoku Kokugikan, Tokyo, Japan 5th Novmenber 2018
(BD & DVD)
01. Opening 02. A Hard Day's Night 03. Hi, Hi, Hi 04. All My Loving 05. Letting Go 06. Come On to Me 07. Let Me Roll It / Foxy Lady 08. I've Got a Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. I've Just Seen a Face 12. In Spite of All the Danger 13. From Me to You 14. Love Me Do 15. Blackbird 16. Queenie Eye 17. Lady Madonna 18. Fuh You 19. Being for the Benefit of Mr. Kite! 20. Something 21. Ob-La-Di, Ob-La-Da 22. Band on the Run 23. Back in the U.S.S.R. 24. Let It Be 25. Live

(CD 1)
01. Opening 02. A Hard Day's Night 03. Hi, Hi, Hi 04. All My Loving 05. Letting Go 06. Come On to Me 07. Let Me Roll It / Foxy Lady 08. I've Got a Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. I've Just Seen a Face 12. In Spite of All the Danger 13. From Me to You 14. Love Me Do 15. Blackbird

(CD 2)
01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. Fuh You 04. Being for the Benefit of Mr. Kite! 05. Something 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Band on the Run 08. Back in the U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live and Let Die 11. Hey Jude Encore: 12. I Saw Her Standing There 13. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 14. Helter Skelter 15. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End



ポール・マッカートニー
LIVE AT RYOGOKU KOKUGIKAN
SPECIAL ARENA NIGHT & SOUND CHECK MONITOR RECORDINGS
SSM003CD1/2+SSM003CDSC
AUD
2CD+1CD
\3,600
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ポール・マッカートニー2018年ジャパン・ツアーより東京ドーム2公演に続いて11月5日に両国国技館で
行われた特別公演がコンサート完全収録2CDと当日のサウンドチェックを収録した1CDの3枚組セットで登場!
これまで武道館公演を行ってきたポールですが今回のツアーでは相撲の聖地”両国国技館”での初公演が実現。武道館よりキャパの小さい会場でポールを間近で見るチャンスとあってチケットも即完売しファン垂涎のプレミアムなコンサートとなりました。この歴史的快挙となった初の国技館公演を超優良ハイスペック生録音源で完全収録。大会場とは違って音の輪郭もはっきりして非常にクリアーながらも迫力あるサウンドはまさにサウンドボード音源と肩を並べるほどの極上クオリティです。さらにこの日行われたサウンドチェックも会場モニターからのサウンドボード音源で収録。コンサート本番ではこの日だけの初披露曲はなかったもののサウンドチェックでは本番では演奏しないレア・ナンバーばかり多数披露。ポールお気に入りのカバー曲はじめ「ONE AFTER 909」「COMING UP」の他最新アルバムからの「I DON'T KNOW」も演奏されました。イヤモニ特有のノイズとフラットな音をデジタル修復したベスト・クオリティで収録。通常行われているVIP公開もなかったこの日のサウンドチェックはコンサート本編と共に貴重な記録音源といえるでしょう。一夜限りの特別公演となった両国国技館公演をモニター・サウンドボード音源のサウンドチェックと極上サウンドのコンサート完全収録でお届けする大推薦のコレクターズ・アイテム!東京ドーム2公演に続き”SUPERSONIC MASTERS”からの海外直輸入プレス盤CDによる永久保存版ツアー・メモリアルです!!

PAUL McCARTNEY / LIVE AT RYOGOKU KOKUGIKAN - SPECIAL ARENA NIGHT [2CD]
: FRESHEN UP JAPAN TOUR 2018 LIVE AT RYOGOKU KOKUGIKAN, TOKYO, JAPAN NOV.5 2018
SUPERSONIC MASTERS - SSM003CD1/2

CD 1 1. INTRO 2. A HARD DAY'S NIGHT 3. HI, HI, HI 4. ALL MY LOVING 5. LETTING GO 6. COME ON TO ME 7. LET ME ROLL IT / FOXY LADY 8. I'VE GOT A FEELING 9. MY VALENTINE 10. NINETEEN HUNDRED AND EIGHTY FIVE 11. I'VE JUST SEEN A FACE
12. IN SPITE OF ALL THE DANGER 13. FROM ME TO YOU 14. LOVE ME DO 15. BLACKBIRD

CD 2 1. QUEENIE EYE 2. LADY MADONNA 3. FUR YOU 4. BEING FOR THE BENEFIT OF MR.KITE! 5. SOMETHING 6. OB-LA-DI, OB-LA-DA 7. BAND ON THE RUN 8. BACK IN THE U.S.S.R. 9. LET IT BE 10. LIVE AND LET DIE 11. HEY JUDE 12. I SAW HER STANDING THERE 13. SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND (Reprise) 14. HELTER SKELTER 15. GOLDEN SLUMBERS / CARRY THAT WEIGHT / THE END 16. OUTRO Live at Ryogoku Kokugikan Sumo Arena, Tokyo, Japan 5 November 2018

Paul McCartney (vocals, bass, guitars, keyboads) Rusty Anderson (guitars, chorus) Brian Ray (guitars, bass, chorus) Paul "Wix" Wickens (keyboards, guitars, percussion) Abe Laboriel, Jr. (drums, percussion, chorus) Hot City Horns - Michael Davis (trumpet) Paul Burton (trombone) Kenji Fenton (sax)

PAUL McCARTNEY / LIVE AT RYOGOKU KOKUGIKAN - SOUND CHECK MONITOR RECORDINGS [1CD]
: FRESHEN UP JAPAN TOUR 2018 LIVE AT RYOGOKU KOKUGIKAN, TOKYO, JAPAN NOV.5 2018
SUPERSONIC MASTERS - SSM003CDSC

CD 1. JAM #1 2. MATCHBOX 3. BLUE SUEDE SHOES 4. JAM #2 5. FLAMING PIE 6. ONE AFTER 909 7. COMING UP
8. MISS ANN 9. I DON'T KNOW 10. LET 'EM IN 11. SAN FRANCISCO BAY BLUES 12. SINGING THE BLUES 13. MIDNIGHT SPECIAL 14. LADY MADONNA Live at Ryogoku Kokugikan Sumo Arena, Tokyo, Japan 5 November 2018

Paul McCartney (vocals, bass, guitars, keyboads) Rusty Anderson (guitars, chorus) Brian Ray (guitars, bass, chorus) Paul "Wix" Wickens (keyboards, guitars, percussion) Abe Laboriel, Jr. (drums, percussion, chorus) Hot City Horns - Michael Davis (trumpet) Paul Burton (trombone) Kenji Fenton (sax)


 2018/11/1 東京ドーム2日目

ポール・マッカートニー
Freshen Up at Tokyo Dome 2nd Night -Omnidirectional Source-
EVSD-1067/1068/1069
AUD
3CD
\3,600


ニュー・アルバム『Egypt Station』を携えて開始したばかりのFRESHEN UPワールド・ツアーが早くも日本上陸!東京ドーム2DAYS、両国国技館、名古屋ドームの4公演がとりおこなわれる2018ジャパン・ツアー。今回も有象無象のオーディエンス音源を皮切りに、モニター・サウンドボード音源やIEMマトリクス音源といった様々なタイトルが登場し、そのいずれもが「これぞ最高決定盤!」という触れ込みで跋扈するカオスな状況が間もなく訪れることと思いますが、羅針盤たる唯一のレーベルEVSD&XAVELからまず手始めにおさえておきたい極上オーディエンス音源が登場です。
2013年のOut Thereジャパン・ツアーを契機に結成された最強タッグEVSD&XAVEL。キャラクターの異なる様々なオーディエンス音源から、ステレオSBD音源に比肩する異次元のステレオ・モニター・マトリクス音源まで、毎度ぶっちぎりの決定版タイトルをリリースしてきたわけですが、今回もはっきり言って「同レーベルのリリースだけおさえておけばよい!」そう断言出来る凄まじいラインナップのタイトルをお届け予定です。
先行リリース第2弾として登場の本作は、ツアー二日目11/1の東京ドームでのライヴを驚愕のハイクオリティ・サウンドで完全収録したもので、前回2017年のONE ON ONE東京ドーム公演においてもファンの度肝を抜いた超絶クオリティの「フロント・ロウ」オーディエンス音源と同じ系統に属する秀逸なオーディエンス音源です。前回の東京ドーム公演3日間の音源「「One On One at Tokyo Dome -Omnidirectional Source-」(EVSDレーベル)をお聴きになったファンの方にはことさらの説明など不要でしょうが、リアル・プロフェッショナル・テーパーが最高の機材を投入して東京ドーム・アリーナA中央ブロックの正真正銘フロント・ロウで録音した驚愕の音源が本作です。ハイエンドの無指向性マイクを使用して録音されたミラクル高音質盤!とてつもなくレンジの広いリッチな音色、不快な残響や音の回り込みなど皆無の驚くべきダイレクトな音像、そして眼前にリアルにアリーナ最前列の空間を再現してみせる拡がりのあるステレオ感・・・説得力満点のこのサウンドの前にはいかなる修辞も陳腐なものに思えてしまう、真の意味での決定版オーディエンス音源なのです。
新曲を積極的に取り入れた最新ツアーのセットリストは、「Let ‘Em In」や「From Me To You」といった前回ツアーでは演奏されなかった人気曲を含む贅沢なもので聴きどころが満載。この東京ドーム二日目公演と前日の初日公演ではセットリストも大幅に入れ替えられており、両日ともに必聴です。
本編終了後のディスク3後半部には、本公演前におこなわれたVIP限定のサウンドチェック・パーティを極上音質オーディエンス録音で完全収録。こちらも「どうやって録音したの?」と思わず唸り声を上げてしまうこと請け合いの凄い音です。
こんな凄い内容のプレスCDがこんなに安くてよいのか?いいんです!異次元のサウンドで蘇るドーム二日目のパフォーマンス!!この後に控える超弩級のアイテム(至高のオーディエンス音源MK4マスター、XAVELレーベルのお家芸「マルチ・ステレオIEMマトリクス音源」、ドーム初日公演前日の10/30におこなわれた2時間超のサウンドチェック・リハーサル、国技館公演の開場前におこなわれたクローズド・リハーサルなど、ファン垂涎のタイトルが目白押しです!)にもご期待下さい!!!

(Disc 1)
◆Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 1st November 2018 [EVSD & XAVEL Original Audience Master (Omnidirectional Microphone)]
01. Opening (Coming Up / Mrs. Vandebilt / The End) 02. A Hard Day's Night 03. Junior's Farm 04. Can't Buy Me Love 05. Letting Go 06. Who Cares 07. Got to Get You Into My Life 08. Come On to Me 09. Let Me Roll It / Foxy Lady 10. I've Got a Feeling 11. Let 'Em In 12. My Valentine 13. Nineteen Hundred and Eighty-Five 14. Maybe I'm Amazed 15. We Can Work It Out 16. In Spite of All the Danger 17. From Me to You

(Disc 2)
01. Love Me Do 02. Blackbird 03. Here Today 04. Queenie Eye 05. Lady Madonna 06. Eleanor Rigby 07. Fuh You 08. Being for the Benefit of Mr. Kite! 09. Something 10. Ob-La-Di, Ob-La-Da 11. Band on the Run 12. Back in the U.S.S.R. 13. Let It Be 14. Live and Let Die 15. Hey Jude

(Disc 3)
Encore: 01. I Saw Her Standing There 02. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 03. Helter Skelter 04. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End

◆Soundcheck Party at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 1st November 2018 [EVSD & XAVEL Original Audience Master (Omnidirectional Microphone)]
05. Jam 06. Twenty Fight Rock 07. Blue Suede Shoes 08. Got To Get You Into My Life 09. Magical Mystery Tour 10. Whole Lotta Shakin' Going On 11. I Don't Know 12. It's So Easy 13. San Francisco Bay Blues 14. Ram On 15. Midnight Special 16. Massage Song / Lady Madonna



ポール・マッカートニー
FRESHEN UP TOKYO DOME November 1, 2018
PCCD-298/299/300
AUD
3CD
\7,600
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


■2018年11月1日東京ドーム公演を完全収録
■ステージかぶりつき最前列録音にて臨場感あふるる超高音質録音
■当日本番前のサウンドチェックも完全収録
■ホーンセクションを加えた「Got To Get You Into My Life」ツアー初演
■サウンドチェックでは「I Don't Know」初演

ポール・マッカートニーは2018年に入り、6月と7月にリバプールとロンドンでウォーム・アップ的にギグを行なっている。そして2018年9月7日にはニューヨークのグランド・セントラル駅の特設ステージにおいて特別ライブ。セットリストは通常より簡略化されたものながら、ポールのミュージシャンとしての衰えは感じられず、このメンバーになってからバンドも既に16年目に突入するが、全員が素晴らしいパフォーマンスを行なっている。そしていよいよ、前回のONE ON ONE TOURを改め、FRESHEN UP TOURと題して再び新たなツアーに出る事を発表。このツアーは2018年9月カナダを皮切りに、フェスティバル出演を含み、2019年にはアメリカのスケジュールまで決まっている。そして間をおかず2018年、このFRESHEN UP TOURの一環として来日公演が行なわれた。24歳で初来日してから半世紀以上、こうして76歳になって尚、遠く日本において大規模なスタジアム・コンサートを行なっているなど、本人ですら予想だにしなかったであろう。日程は下記の通り。 2018年10月31日 東京ドーム 2018年11月01日 東京ドーム 2018年11月05日 両国国技館 2018年11月08日 名古屋ドーム 今回は初の両国国技館、そして1980年ウイングスが予定していたものの中止となった名古屋公演が組まれているのが特徴である。前回3回だった東京ドーム公演は2回と回数が減ったものの、ドーム球場を何度も埋め尽くせる動員力のあるアーティストは、ポールくらいビッグネーム以外に不可能であろう。本作は、その二日目2018年東京ドーム公演をサウンドチェックを含め完全収録している。 FRESHEN UP TOURにおける特徴として、ニューアルバム『EGYPT STATION』から新曲をレパートリーに加えている点が挙げられる。しかもコンサート序盤に「Who Cares」「Come On To Me」の2曲、そして中盤に「Fuh You」を演奏している。いずれもコンサートで演奏する事を念頭に置いた楽曲と思われ、ステージ構成の重要なアクセントとなっている。またこのツアーで初演となるのが「From Me To You」である。極初期のビートルズの代表曲のひとつであり、アコースティック・コーナーの1曲として採り上げられている。その他、セットリストの曲目だけ見ると、ツアータイトルに反しフレッシュな選曲はなく、これまでも演奏されてきた曲目が並んでいる。しかし、このツアーの特徴を挙げるとしたら、曲目よりもむしろ、アレンジに着目すべきであろう。 従来のポールのステージと大きく異なる点は、ブラス・セクションが加わった点にある。これまで70年代のウイングスを除くと、基本的にポールのステージにバンド・メンバー以外が演奏に加わることはなかった。もちろんバグ・パイプ楽団が登壇したり、ゲストが演奏する場面もなかったわけではない。しかしツアーに帯同して毎夜コンサートの演出として参加したミュージシャンはいない。今回初めて、ブラス・セクションがバンドに加わったのである。それまでウィックスが奏でるキーボードで代用されていた音が、本物の楽器で演奏される点において、敢えてアレンジもそれを活かすものとなっている。ブラス・セクションは「Letting Go」で初めて姿を現す。しかもステージ上ではなく、客席の中に並んだメンバーが突如奏でるサプライズ演出で、観客は大いに盛り上がっている。同曲は後半に短いブラス・ソロをブレイクに挿入し、一層際立つアレンジとなっている。新曲「Come On To Me」でも大々的にフューチャーされている。その他ブラス・セクションは「Let ‘Em In」や「Lady Madonna」「Ob La Di Ob La Da」「Live And Let Die」「Hey Jude」、そして最後のアビーロード・メドレーにおいても重要な役割を果たしている。 また、アルバム『Egypt Station』に収録の「Back In Blazil」という曲には、「イチバン」という日本語が使われている。この曲を日本で初演するのではないかと前評判であったが、結果的には「Come On To Me」の冒頭にイントロとして加えられた。細かい点であるが、これもまた日本で初めて取り入れられたアレンジである。
【2018年11月1日東京ドーム公演】 2018年来日公演二日目である。基本的にはもちろんFRESHEN UP TOURの特徴を備えているのだが、初日にも増してこの日は興味深い内容となっている。「A Hard Day’s Night」で開幕するのは同じだが、2曲目の「Hi Hi Hi」が「Junior’s Farm」に差し替えられた。 同一会場で連続公演を行なう場合、ポールはセットリストを数曲変えるのが常だが、今回もそのような慣習が踏襲されている。さらに「All My Loving」も「Can’t Buy Me Love」に、「I’ve Just Seen A Face」が「We Can Work It Out」に、「Yesterday」が「I Saw Her Standing There」に、それぞれ変更になっている。 そしてこの日の最大の特長は、FRESHEN UP TOURにおいて初演となる「Got To Get You Into My Life」が演奏された点であろう。別の曲がカットされた代わりというわけではなく、純粋にこの日はこの曲が増えているのである。元々ホーンセクションをツアーに同行させた以上、この曲が最も栄えるであろうと思われたが、不思議とこれまで演奏されていなかった。今回、日本の東京ドーム二日目で初めて演奏された曲である。ディスク3は当日の本番前に行なわれたサウンドチェックの音源である。本編では演奏することのないレアな曲やカバー曲を演奏してくれるVIPチケット用の公開サウンドチェック。この日のサウンドチェックは前日と比べても非常に充実したものとなった。「Twenty Flight Rock」はこれまで何度となく演奏されてきたポールが好んでいるカバーだが、この日は全く新しいアレンジで演奏している。「Blue Suade Shoes」もゆったりとブルージーなアレンジが施されている。そして本編で演奏した「Got To Get You Into My Life」も、直前のこの時に演奏されている。当初は両国国技館用の隠し玉かと思われていたが本編でも演奏されている。さらに「Magical Mystery Tour」においてもホーンセクションが非常に効果的なアレンジとなっている。こちらは本編では演奏されていないが、おそらく今後セットリスト入りするであろう。加えてこの日最大の目玉は「I Don’t Know」であろう。ニュー・アルバム『Egypt Station』の2曲目に位置する同曲は、これまでライブで演奏されたことがなく、おそらくこの日が初演ではないかと思われる。2018年来日公演より、二日目11月1日東京ドーム公演を最前列にて超高音質で完全収録。これまでの来日公演において最高の音質で収録されている。2003年以降のポールのライブをリアルタイムで追いかけ、今回も、その時々の最新ツアーをいち早くハイ・クオリティでお届けしてきたピカデリー・サーカス・レーベルで揃えて頂ければ間違いないだろう。数多くのタイトルが今回もリリースされると思うが、いろいろと他と比べる必要もなく、決定盤として本作があればそれで良い。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

TOKYO DOME, TOKYO JAPAN November 1, 2018

DISC ONE 01. Introduction 02. A Hard Day's Night 03. Junior’s Farm 04. Can’t Buy Me Love 05. Letting Go 06. Who Cares
07. Got To Get You Into My Life 08. Come On To Me 09. Let Me Roll It 10. I've Got A Feeling 11. Let ‘Em In 12. My Valentine
13. Nineteen Hundred And Eighty Five 14. Maybe I'm Amazed 15. We Can Work It Out 16. In Spite Of All Danger 17. From Me To You
18. Love Me Do 19. Blackbird

DISC TWO
01. Here Today 02. Queenie Eye 03. Lady Madonna 04. Eleanor Rigby #1 05. Eleanor Rigby #2 06. Fuh You 07. Being For The Benefit Of Mr.Kite
08. Something 09. Ob La Di Ob La Da 10. Band On The Run 11. Back In The U.S.S.R. 12. Let It Be 13. Live And Let Die 14. Hey Jude
15. I Saw Her Standing There 16. SGT. Pepper's Reprise 17. Helter Skelter 18. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End

DISC THREE SOUNDCHECK
01. Setting 02. Paul’s Greeting 03. Tokyo Dome Jam 04. Twenty Flight Rock 05. Blue Suade Shoes 06. Got To Get You Into My Life
07. Magical Mystery Tour 08. Shake Rattle And Roll 09. I Don’t Know 10. It’s So Easy 11. San Francisco Bay Blues 12. Ram On
13. Midnight Special 14. Sounds For Massages 15. Lady Madonna 16. Paul's Greeting



ポール・マッカートニー
FRESHEN UP TOKYO DOME THE MOVIE November 1, 2018
PCCD-308
AUD-SHOT
1DVD
\5,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


■2018年11月1日東京ドーム公演を映像にて完全収録 ■4台のカメラ編集によるマルチ・ショット映像
■ドームとは思えないドアップの近距離ショット ■全て一切どこにも出回っていないオリジナル映像

ポール・マッカートニーは2018年に入り、前回のONE ON ONE TOURを改め、FRESHEN UP TOURと題して再び新たなツアーに出る事を発表。このツアーは2018年9月カナダを皮切りに、フェスティバル出演を含み、2019年にはアメリカのスケジュールまで決まっている。そして間をおかず2018年、このFRESHEN UP TOURの一環として来日公演が行なわれた。日程は下記の通り。2018年10月31日 東京ドーム 2018年11月01日 東京ドーム 2018年11月05日 両国国技館 2018年11月08日 名古屋ドーム 今回は初の両国国技館、そして1980年ウイングスが予定していたものの中止となった名古屋公演が組まれているのが特徴である。前回3回だった東京ドーム公演は2回と回数が減ったものの、ドーム球場を何度も埋め尽くせる動員力のあるアーティストは、ポールくらいビッグネーム以外に不可能であろう。本作は、その二日目2018年11月1日東京ドーム公演を4台のカメラを編集した映像で完全収録している。
前年の2017年来日公演もまた、ピカデリー・サーカス・レーベルから全公演映像がリリースされている。複数台のカメラを編集することによって、まるでプロショット映像のような完成度の高い作品に仕上がっており、多くのファンに驚きを持って迎えられたが、今回はさらにバージョン・アップしている。カメラの台数も増え、 この日は全てアリーナからのショットでカメラが4台。まさに様々な角度からステージを接写。スタンドからの遠距離望遠映像とは比べ物にならない、画面いっぱいに広がる超接近映像は臨場感あふるる素晴らしい出来栄え。2017年の映像を見て驚かれた方は、今回さらにそれを凌駕する映像作品になっていることに再び驚かれるであろう。音声はカメラ付随のマイクではなく、音源のみ専用のマイクで録音されたものを使用しているため、通して統一された高音質で視聴する事が出来る。2018年来日公演より、二日目11月1日東京ドーム公演を4台のカメラ編集により完全収録。一昔前のオーディエンス映像といえば1カメラで延々同じ画面を眺めているような退屈なものであったが、本作はそれぞれステージの見所を随所でカメラチェンジし、時に引いたステージ全体映像、時にポールの額から汗したたり落ちる様が鮮明に映る超接近映像まで、まるでプロショットのように様々な角度からこの日のコンサートの魅力を余すところなく収録している。2003年以降のポールのライブをずっと追いかけ、今回も、その時々の最新ツアーをいち早くハイ・クオリティでお届けしてきたピカデリー・サーカス・レーベルで揃えて頂ければ間違いないだろう。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

TOKYO DOME, TOKYO JAPAN November 1, 2018

01. Introduction 02. A Hard Day's Night 03. Junior’s Farm 04. Can’t Buy Me Love 05. Letting Go 06. Who Cares 07. Got To Get You Into My Life
08. Come On To Me 09. Let Me Roll It 10. I've Got A Feeling 11. Let ‘Em In 12. My Valentine 13. Nineteen Hundred And Eighty Five
14. Maybe I'm Amazed 15. We Can Work It Out 16. In Spite Of All Danger 17. From Me To You 18. Love Me Do 19. Blackbird 20. Here Today
21. Queenie Eye 22. Lady Madonna 23. Eleanor Rigby #1 24. Eleanor Rigby #2 25. Fuh You 26. Being For The Benefit Of Mr.Kite 27. Something
28. Ob La Di Ob La Da 29. Band On The Run 30. Back In The U.S.S.R. 31. Let It Be 32. Live And Let Die 33. Hey Jude 34. I Saw Her Standing There 35. SGT. Pepper's Reprise 36. Helter Skelter 37. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End



ポール・マッカートニー
FRESHEN UP AT TOKYO DOME #2 Film
NEMO–021
AUD-SHOT
1BD-R+1DVD-R
\3,800


イチバン!イチバン!イッチ、ババンバ、バッバッバン!2018年、FRESHEN UP ジャパン・ツアー!11/2の東京ドーム・セカンド・ナイト公演を高画質オーディエンス・ショットにて完全収録!3塁側、1階席最前方から撮影された門外不出のHDクオリティ・オリジナル・オーディエンス・ソースをマスターに使用しており、サイド・スクリーンを安定して捉えた遮蔽物の無いストレス・フリーな超美麗映像をお楽しみいただけます。音声部においても、映像とは別録りされた極上音質のデジタル・オーディエンス・マスターに差し替えてありますので、単なるオーディエンス映像では望むべくも無いハイクオリティな音質でこのライヴを追体験出来るという、これまた嬉しすぎる仕様となっています。ニューアルバム『Egypt Station』を携えて開始されたばかりの最新ツアーは、中盤のアコースティック・パートに「From Me To You」が組み込まれるなど、前回のONE ON ONEツアーとは内容も一新しており見所満載です。この日の映像は、「Hey Jude」で会場オーディエンスの盛り上がりぶりを映すためにアングル移動した以外は全編サイド・スクリーンに狙いを絞って撮影されていますので、見晴らし&安定感抜群の大変フォーカスの効いたパンチのあるショットで2時間40分に及んだ入魂のパフォーマンスを存分にご堪能いただけることと思います。今ツアーの決定盤映像の一つとして絶対におさえておきたい1本といえるでしょう。この日と前日の東京ドーム2DAYSではセットリストが大幅に入れ替えられているので、是非同時リリースの初日公演とあわせてお楽しみ下さい!HDクオリティ映像の美しさをそのままに詰め込んだブルーレイ・ディスクと、汎用性のあるコンパクト・サイズにコンバートしたDVDの2枚組みカップリング・アイテムです。

◆Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 1st November 2018
(BD & DVD)
01. Opening 02. A Hard Day's Night 03. Junior's Farm 04. Can't Buy Me Love 05. Letting Go 06. Who Cares 07. Got to Get You Into My Life 08. Come On to Me 09. Let Me Roll It / Foxy Lady 10. I've Got a Feeling 11. Let 'Em In 12. My Valentine 13. Nineteen Hundred and Eighty-Five 14. Maybe I'm Amazed 15. We Can Work It Out 16. In Spite of All the Danger 17. From Me to You 18. Love Me Do 19. Blackbird 20. Here Today 21. Queenie Eye 22. Lady Madonna 23. Eleanor Rigby 24. Fuh You 25. Being for the Benefit of Mr. Kite! 26. Something 27. Ob-La-Di, Ob-La-Da 28. Band on the Run 29. Back in the U.S.S.R. 30. Let It Be 31. Live and Let Die 32. Hey Jude Encore: 33. I Saw Her Standing There 34. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 35. Helter Skelter 36. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End



ポール・マッカートニー
FRESHEN UP AT TOKYO DOME #2 Film -Collector’s Edition-
NEMO–021LE
AUD-SHOT/AUD
1BD-R+1DVD-R+2CD-R
\4,900


イチバン!イチバン!イッチ、ババンバ、バッバッバン!2018年、FRESHEN UP ジャパン・ツアー!11/2の東京ドーム・セカンド・ナイト公演を高画質オーディエンス・ショットにて完全収録!3塁側、1階席最前方から撮影された門外不出のHDクオリティ・オリジナル・オーディエンス・ソースをマスターに使用しており、サイド・スクリーンを安定して捉えた遮蔽物の無いストレス・フリーな超美麗映像をお楽しみいただけます。音声部においても、映像とは別録りされた極上音質のデジタル・オーディエンス・マスターに差し替えてありますので、単なるオーディエンス映像では望むべくも無いハイクオリティな音質でこのライヴを追体験出来るという、これまた嬉しすぎる仕様となっています。ニューアルバム『Egypt Station』を携えて開始されたばかりの最新ツアーは、中盤のアコースティック・パートに「From Me To You」が組み込まれるなど、前回のONE ON ONEツアーとは内容も一新しており見所満載です。この日の映像は、「Hey Jude」で会場オーディエンスの盛り上がりぶりを映すためにアングル移動した以外は全編サイド・スクリーンに狙いを絞って撮影されていますので、見晴らし&安定感抜群の大変フォーカスの効いたパンチのあるショットで2時間40分に及んだ入魂のパフォーマンスを存分にご堪能いただけることと思います。今ツアーの決定盤映像の一つとして絶対におさえておきたい1本といえるでしょう。この日と前日の東京ドーム2DAYSではセットリストが大幅に入れ替えられているので、是非同時リリースの初日公演とあわせてお楽しみ下さい!HDクオリティ映像の美しさをそのままに詰め込んだブルーレイ・ディスクと、汎用性のあるコンパクト・サイズにコンバートしたDVDの2枚組みカップリング・アイテムです。さらに本タイトル「コレクターズ・エディション」では、映像の音声部にも使用された前述の「極上オーディエンス・デジタル・ソース」をマスターにした2枚組みCDも付属します。ブルーレイ・ディスク+DVD+2CDの4枚組み来日メモリアル盤。数量限定生産ですのでお買い逃がし無く!!

◆Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 1st November 2018
(BD & DVD)
01. Opening 02. A Hard Day's Night 03. Junior's Farm 04. Can't Buy Me Love 05. Letting Go 06. Who Cares 07. Got to Get You Into My Life 08. Come On to Me 09. Let Me Roll It / Foxy Lady 10. I've Got a Feeling 11. Let 'Em In 12. My Valentine 13. Nineteen Hundred and Eighty-Five 14. Maybe I'm Amazed 15. We Can Work It Out 16. In Spite of All the Danger 17. From Me to You 18. Love Me Do 19. Blackbird 20. Here Today 21. Queenie Eye 22. Lady Madonna 23. Eleanor Rigby 24. Fuh You 25. Being for the Benefit of Mr. Kite! 26. Something 27. Ob-La-Di, Ob-La-Da 28. Band on the Run 29. Back in the U.S.S.R. 30. Let It Be 31. Live and Let Die 32. Hey Jude Encore: 33. I Saw Her Standing There 34. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 35. Helter Skelter 36. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End

(CD 1)
01. A Hard Day's Night 02. Junior's Farm 03. Can't Buy Me Love 04. Letting Go 05. Who Cares 06. Got to Get You Into My Life 07. Come On to Me 08. Let Me Roll It / Foxy Lady 09. I've Got a Feeling 10. Let 'Em In 11. My Valentine 12. Nineteen Hundred and Eighty-Five 13. Maybe I'm Amazed 14. We Can Work It Out 15. In Spite of All the Danger 16. From Me to You 17. Love Me Do 18. Blackbird 19. Here Today

(CD 2)
01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. Eleanor Rigby 04. Fuh You 05. Being for the Benefit of Mr. Kite! 06. Something 07. Ob-La-Di, Ob-La-Da 08. Band on the Run 09. Back in the U.S.S.R. 10. Let It Be 11. Live and Let Die 12. Hey Jude Encore: 13. I Saw Her Standing There 14. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 15. Helter Skelter 16. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End


 2018/10/30 東京ドーム初日

ポール・マッカートニー
Freshen Up at Tokyo Dome 1st Night -Omnidirectional Source-
EVSD-1064/1065/1066
AUD
3CD
\3,600


ニュー・アルバム『Egypt Station』を携えて開始したばかりのFRESHEN UPワールド・ツアーが早くも日本上陸!東京ドーム2DAYS、両国国技館、名古屋ドームの4公演がとりおこなわれる2018ジャパン・ツアー。今回も有象無象のオーディエンス音源を皮切りに、モニター・サウンドボード音源やIEMマトリクス音源といった様々なタイトルが登場し、そのいずれもが「これぞ最高決定盤!」という触れ込みで跋扈するカオスな状況が間もなく訪れることと思いますが、羅針盤たる唯一のレーベルEVSD&XAVELからまず手始めにおさえておきたい極上オーディエンス音源が登場です。
2013年のOut Thereジャパン・ツアーを契機に結成された最強タッグEVSD&XAVEL。キャラクターの異なる様々なオーディエンス音源から、ステレオSBD音源に比肩する異次元のステレオ・モニター・マトリクス音源まで、毎度ぶっちぎりの決定版タイトルをリリースしてきたわけですが、今回もはっきり言って「同レーベルのリリースだけおさえておけばよい!」そう断言出来る凄まじいラインナップのタイトルをお届け予定です。
さて、まず第1弾として登場した本作は、ツアー初日10/31の東京ドームでのライヴを驚愕のハイクオリティ・サウンドで完全収録したもので、前回2017年のONE ON ONE東京ドーム公演においてもファンの度肝を抜いた超絶クオリティの「フロント・ロウ」オーディエンス音源と同じ系統に属する秀逸なオーディエンス音源です。前回の東京ドーム公演3日間の音源「「One On One at Tokyo Dome -Omnidirectional Source-」(EVSDレーベル)をお聴きになったファンの方にはことさらの説明など不要でしょうが、リアル・プロフェッショナル・テーパーが最高の機材を投入して東京ドーム・アリーナA中央ブロックの正真正銘フロント・ロウで録音した驚愕の音源が本作です。ハイエンドの無指向性マイクを使用して録音されたミラクル高音質盤!とてつもなくレンジの広いリッチな音色、不快な残響や音の回り込みなど皆無の驚くべきダイレクトな音像、そして眼前にリアルにアリーナ最前列の空間を再現してみせる拡がりのあるステレオ感・・・説得力満点のこのサウンドの前にはいかなる修辞も陳腐なものに思えてしまう、真の意味での決定版オーディエンス音源なのです。
新曲を積極的に取り入れた最新ツアーのセットリストは、「Let ‘Em In」や「From Me To You」といった前回ツアーでは演奏されなかった人気曲を含む贅沢なもので聴きどころが満載。この東京ドーム初日公演と翌日の二日目公演ではセットリストも大幅に入れ替えられており、両日ともに必聴です。
本編終了後のディスク3後半部には、本公演前におこなわれたVIP限定のサウンドチェック・パーティを極上音質オーディエンス録音で完全収録。こちらも「どうやって録音したの?」と思わず唸り声を上げてしまうこと請け合いの凄い音です。
こんな凄い内容のプレスCDがこんなに安くてよいのか?いいんです!異次元のサウンドで蘇るドーム初日のパフォーマンス!!この後に控える超弩級のアイテム(至高のオーディエンス音源MK4マスター、XAVELレーベルのお家芸「マルチ・ステレオIEMマトリクス音源」、ドーム初日公演前日の10/30におこなわれた2時間超のサウンドチェック・リハーサル、国技館公演の開場前におこなわれたクローズド・リハーサルなど、ファン垂涎のタイトルが目白押しです!)にもご期待下さい!!!

(Disc 1)  
◆Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 31st October 2018 [EVSD & XAVEL Original Audience Master (Omnidirectional Microphone)]   01. Opening (Coming Up / Mrs. Vandebilt / The End)   02. A Hard Day's Night   03. Hi, Hi, Hi   04. All My Loving   05. Letting Go   06. Who Cares   07. Come On to Me   08. Let Me Roll It / Foxy Lady   09. I've Got a Feeling   10. Let 'Em In   11. My Valentine   12. Nineteen Hundred and Eighty-Five   13. Maybe I'm Amazed   14. I've Just Seen a Face   15. In Spite of All the Danger   16. From Me to You   17. Love Me Do   

(Disc 2)   
01. Blackbird   02. Here Today   03. Queenie Eye   04. Lady Madonna   05. Eleanor Rigby   06. Fuh You   07. Being for the Benefit of Mr. Kite!    08. Something   09. Ob-La-Di, Ob-La-Da   10. Band on the Run   11. Back in the U.S.S.R.12. Let It Be   13. Live and Let Die   14. Hey Jude   

(Disc 3)    
Encore:    01. Yesterday   02. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)    03. Helter Skelter   04. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End   

◆Soundcheck Party at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 31st October 2018 [EVSD & XAVEL Original Audience Master (Omnidirectional Microphone)]    
05. Intro   06. Jam   07. Honey Don't   08. Coming Up   09. Day Tripper   10. C Moon   11. Let 'Em In   12. San Francisco Bay Blues   13. Things We Said Today   14. Ram On   15. Midnight Special   16. Massage Song / Lady Madonna



ポール・マッカートニー
FRESHEN UP TOKYO DOME October 31, 2018
PCCD-295/296/297
AUD
3CD
\7,600
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


■2018年10月31日東京ドーム公演を完全収録
■ステージかぶりつき最前列録音にて臨場感あふるる超高音質録音
■当日本番前のサウンドチェックも完全収録

ポール・マッカートニーは2018年に入り、6月と7月にリバプールとロンドンでウォーム・アップ的にギグを行なっている。そして2018年9月7日にはニューヨークのグランド・セントラル駅の特設ステージにおいて特別ライブ。セットリストは通常より簡略化されたものながら、ポールのミュージシャンとしての衰えは感じられず、このメンバーになってからバンドも既に16年目に突入するが、全員が素晴らしいパフォーマンスを行なっている。そしていよいよ、前回のONE ON ONE TOURを改め、FRESHEN UP TOURと題して再び新たなツアーに出る事を発表。このツアーは2018年9月カナダを皮切りに、フェスティバル出演を含み、2019年にはアメリカのスケジュールまで決まっている。そして間をおかず2018年、このFRESHEN UP TOURの一環として来日公演が行なわれた。24歳で初来日してから半世紀以上、こうして76歳になって尚、遠く日本において大規模なスタジアム・コンサートを行なっているなど、本人ですら予想だにしなかったであろう。日程は下記の通り。 2018年10月31日 東京ドーム 2018年11月01日 東京ドーム 2018年11月05日 両国国技館 2018年11月08日 名古屋ドーム 今回は初の両国国技館、そして1980年ウイングスが予定していたものの中止となった名古屋公演が組まれているのが特徴である。前回3回だった東京ドーム公演は2回と回数が減ったものの、ドーム球場を何度も埋め尽くせる動員力のあるアーティストは、ポールくらいビッグネーム以外に不可能であろう。本作は、その初日、2018年東京ドーム公演をサウンドチェックを含め完全収録している。FRESHEN UP TOURにおける特徴として、ニューアルバム『EGYPT STATION』から新曲をレパートリーに加えている点が挙げられる。しかもコンサート序盤に「Who Cares」「Come On To Me」の2曲、そして中盤に「Fuh You」を演奏している。いずれもコンサートで演奏する事を念頭に置いた楽曲と思われ、ステージ構成の重要なアクセントとなっている。またこのツアーで初演となるのが「From Me To You」である。極初期のビートルズの代表曲のひとつであり、アコースティック・コーナーの1曲として採り上げられている。その他、セットリストの曲目だけ見ると、ツアータイトルに反しフレッシュな選曲はなく、これまでも演奏されてきた曲目が並んでいる。しかし、このツアーの特徴を挙げるとしたら、曲目よりもむしろ、アレンジに着目すべきであろう。 従来のポールのステージと大きく異なる点は、ブラス・セクションが加わった点にある。これまで70年代のウイングスを除くと、基本的にポールのステージにバンド・メンバー以外が演奏に加わることはなかった。もちろんバグ・パイプ楽団が登壇したり、ゲストが演奏する場面もなかったわけではない。しかしツアーに帯同して毎夜コンサートの演出として参加したミュージシャンはいない。今回初めて、ブラス・セクションがバンドに加わったのである。それまでウィックスが奏でるキーボードで代用されていた音が、本物の楽器で演奏される点において、敢えてアレンジもそれを活かすものとなっている。ブラス・セクションは「Letting Go」で初めて姿を現す。しかもステージ上ではなく、客席の中に並んだメンバーが突如奏でるサプライズ演出で、観客は大いに盛り上がっている。同曲は後半に短いブラス・ソロをブレイクに挿入し、一層際立つアレンジとなっている。新曲「Come On To Me」でも大々的にフューチャーされている。その他ブラス・セクションは「Let ‘Em In」や「Lady Madonna」「Ob La Di Ob La Da」「Live And Let Die」「Hey Jude」、そして最後のアビーロード・メドレーにおいても重要な役割を果たしている。また、アルバム『Egypt Station』に収録の「Back In Blazil」という曲には、「イチバン」という日本語が使われている。この曲を日本で初演するのではないかと前評判であったが、結果的には「Come On To Me」の冒頭にイントロとして加えられた。細かい点であるが、これもまた日本で初めて取り入れられたアレンジである。

【2018年10月31日東京ドーム公演】 2018年来日公演初日は、それまでのFRESHEN UP TOURの特徴として「A Hard Day’s Night」で開幕した。今回は音響が素晴らしく、以前にも増して濃密な迫ってくるような音になっていて、それがまず驚かされる。わずかバンド5人で5万人の聴衆に対峙するに相応しい分厚い音像となっている2018年のポールのステージである。しかもホーン・セクションが加わり、美しいライティングと共に「魅せる」ショウとなっている。
本作の録音はステージかぶりつきの最前列で録音されたもので、2013年以降の来日公演ではまさにベストの音質で収録されている。またディスク3は当日の本番前に行なわれたサウンドチェックの音源である。本編では演奏することのないレアな曲やカバー曲を演奏してくれるVIPチケット用の公開サウンドチェック。この日は久しぶりの「Day Tripper」「Things We Said Today」などを演奏している。2018年来日公演より、初日10月31日東京ドーム公演を最前列にて超高音質で完全収録。これまでの来日公演において最高の音質で収録されている。2003年以降のポールのライブをリアルタイムで追いかけ、今回も、その時々の最新ツアーをいち早くハイ・クオリティでお届けしてきたピカデリー・サーカス・レーベルで揃えて頂ければ間違いないだろう。数多くのタイトルが今回もリリースされると思うが、いろいろと他と比べる必要もなく、決定盤として本作があればそれで良い。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

TOKYO DOME, TOKYO JAPAN October 31, 2018

DISC ONE
01. Introduction 02. A Hard Day's Night 03. Hi Hi Hi 04. All My Loving 05. Letting Go 06. Who Cares 07. Come On To Me
08. Let Me Roll It 09. I've Got A Feeling 10. Let ‘Em In 11. My Valentine 12. Nineteen Hundred And Eighty Five 13. Maybe I'm Amazed
14. I’ve Just Seen A Face 15. In Spite Of All Danger 16. From Me To You 17. Love Me Do 18. Blackbird 19. Here Today

DISC TWO
01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. Eleanor Rigby 04. Fuh You 05. Being For The Benefit Of Mr.Kite 06. Something
07. Ob La Di Ob La Da 08. Band On The Run 09. Back In The U.S.S.R. 10. Let It Be 11. Live And Let Die 12. Hey Jude 13. Yesterday
14. SGT. Pepper's Reprise 15. Helter Skelter 16. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End

DISC THREE SOUNDCHECK
01. Settings 02. Paul’s Greeting 03. Tokyo Dome Jam 04. Honey Don’t 05. Coming Up 06. Day Tripper
07. C Moon 08. Let ‘Em In 09. San Francisco Bay Blues 10. Things We Said Today 11. Ram On 12. Midnight Special 13. Sound For Massages
14. Lady Madonna 15. Paul's Greeting



ポール・マッカートニー
FRESHEN UP TOKYO DOME THE MOVIE October 31, 2018
PCCD-307
AUD-SHOT
1DVD
\5,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


■2018年10月31日東京ドーム公演を映像にて完全収録 ■5台のカメラ編集によるマルチ・ショット映像
■ドームとは思えないドアップの近距離ショット ■全て一切どこにも出回っていないオリジナル映像

ポール・マッカートニーは2018年に入り、前回のONE ON ONE TOURを改め、FRESHEN UP TOURと題して再び新たなツアーに出る事を発表。このツアーは2018年9月カナダを皮切りに、フェスティバル出演を含み、2019年にはアメリカのスケジュールまで決まっている。そして間をおかず2018年、このFRESHEN UP TOURの一環として来日公演が行なわれた。日程は下記の通り。 2018年10月31日 東京ドーム 2018年11月01日 東京ドーム 2018年11月05日 両国国技館 2018年11月08日 名古屋ドーム 今回は初の両国国技館、そして1980年ウイングスが予定していたものの中止となった名古屋公演が組まれているのが特徴である。前回3回だった東京ドーム公演は2回と回数が減ったものの、ドーム球場を何度も埋め尽くせる動員力のあるアーティストは、ポールくらいビッグネーム以外に不可能であろう。本作は、その初日2018年10月31日東京ドーム公演を5台のカメラを編集した映像で完全収録している。 前年の2017年来日公演もまた、ピカデリー・サーカス・レーベルから全公演映像がリリースされている。複数台のカメラを編集することによって、まるでプロショット映像のような完成度の高い作品に仕上がっており、多くのファンに驚きを持って迎えられたが、今回はさらにバージョン・アップしている。カメラの台数も増え、この日は全てアリーナからのショットでカメラが5台。まさに様々な角度からステージを接写。スタンドからの遠距離望遠映像とは比べ物にならない、画面いっぱいに広がる超接近映像は臨場感あふるる素晴らしい出来栄え。2017年の映像を見て驚かれた方は、今回さらにそれを凌駕する映像作品になっていることに再び驚かれるであろう。音声はカメラ付随のマイクではなく、音源のみ専用のマイクで録音されたものを使用しているため、通して統一された高音質で視聴する事が出来る。2018年来日公演より、初日10月31日東京ドーム公演を5台のカメラ編集により完全収録。一昔前のオーディエンス映像といえば1カメラで延々同じ画面を眺めているような退屈なものであったが、本作はそれぞれステージの見所を随所でカメラチェンジし、時に引いたステージ全体映像、時にポールの額から汗したたり落ちる様が鮮明に映る超接近映像まで、まるでプロショットのように様々な角度からこの日のコンサートの魅力を余すところなく収録している。2003年以降のポールのライブをずっと追いかけ、今回も、その時々の最新ツアーをいち早くハイ・クオリティでお届けしてきたピカデリー・サーカス・レーベルで揃えて頂ければ間違いないだろう。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。
TOKYO DOME, TOKYO JAPAN October 31, 2018

01. Introduction 02. A Hard Day's Night 03. Hi Hi Hi 04. All My Loving 05. Letting Go 06. Who Cares 07. Come On To Me 08. Let Me Roll It
09. I've Got A Feeling 10. Let ‘Em In 11. My Valentine 12. Nineteen Hundred And Eighty Five 13. Maybe I'm Amazed 14. I’ve Just Seen A Face
15. In Spite Of All Danger 16. From Me To You 17. Love Me Do 18. Blackbird 19. Here Today 20. Queenie Eye 21. Lady Madonna
22. Eleanor Rigby 23. Fuh You 24. Being For The Benefit Of Mr.Kite 25. Something 26. Ob La Di Ob La Da 27. Band On The Run
28. Back In The U.S.S.R. 29. Let It Be 30. Live And Let Die 31. Hey Jude 32. Yesterday 33. SGT. Pepper's Reprise 34. Helter Skelter
35. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End



ポール・マッカートニー
WELCOME BACK TO TOKYO DOME - HALLOWEEN NIGHT
RLP181031CD1/2
AUD
2CD
\3,300
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


話題のポール・マッカートニー2018年ジャパン・ツアーの初日となった10月31日東京ドーム公演を完全収録したプレス盤CD2枚組初登場!

先の北米公演と同様に「A HARD DAY'S NIGHT」からスタートし「LETTING GO」では客席からホーン・セクションが登場。「LADY MADONNA」のサックス・ソロや「LIVE AND LET DIE」最後のアビイ・ロード・メドレーまで曲によって今回のツアーの魅力であるホーン・セクションが加わったゴージャスな演奏はやはり圧巻です。新曲「COME ON TO ME」では日本語が飛び出す「BACK IN BRAZIL」の”イチバン!”のフレーズをイントロに加えた日本向けバージョンとしてこの日ライブ初披露さらにアンコール前にはハロウィーンの仮装でメンバーが登場し会場を沸かせてくれました。そんな感動と興奮冷めやらぬ日本公演初日をアリーナ・センターの良好ポジションで完全収録。アリーナならではの臨場感溢れる演奏の迫力が伝わってくるダイナミックなサウンドとアコースティックの生々しさをリアルに捉えた高音質デジタル・レコーディングによる2種類のオーディエンス録音マスターから編集されたオリジナル音源です。ハロウィーン・ナイトに行われた記念すべき2018年ジャパン・ツアー初日公演注目のコレクターズ・アイテムをいち早くお届けします!!

FRESHEN UP JAPAN TOUR 2018 LIVE AT TOKYO DOME, TOKYO, JAPAN OCT.31 2018

CD 1
1. OPENING 2. A HARD DAY'S NIGHT 3. HI, HI, HI 4. ALL MY LOVING 5. LETTING GO 6. WHO CARES
7. COME ON TO ME 8. LET ME ROLL IT / FOXY LADY 9. I'VE GOT A FEELING 10. LET 'EM IN 11. MY VALENTINE
12. NINETEEN HUNDRED AND EIGHTY FIVE 13. MAYBE I'M AMAZED 14. I'VE JUST SEEN A FACE
15. IN SPITE OF ALL THE DANGER 16. FROM ME TO YOU 17. LOVE ME DO 18. BLACKBIRD 19. HERE TODAY

CD 2
1. CALL AND RESPONSE 2. QUEENIE EYE 3. LADY MADONNA 4. ELEANOR RIGBY 5. FUR YOU
6. BEING FOR THE BENEFIT OF MR.KITE! 7. SOMETHING 8. OB-LA-DI, OB-LA-DA 9. BAND ON THE RUN
10. BACK IN THE U.S.S.R. 11. LET IT BE 12. LIVE AND LET DIE 13. HEY JUDE 14. YESTERDAY
15. SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND (Reprise) 16. HELTER SKELTER
17. GOLDEN SLUMBERS / CARRY THAT WEIGHT / THE END



ポール・マッカートニー
FRESHEN UP AT TOKYO DOME #1 Film
NEMO–021
AUD-SHOT
1BD-R+1DVD-R
\3,800


カエッテキタヨ!2018年、FRESHEN UP ジャパン・ツアー!記念すべき開幕ステージ、10/31の東京ドーム・ファースト・ナイト公演を高画質オーディエンス・ショットにて完全収録!1塁側、1階席前方正面から撮影された門外不出のHDクオリティ・オリジナル・オーディエンス・ソースをマスターに使用しており、ステージ全景とサイド・スクリーンを安定して捉えた遮蔽物の無いストレス・フリーな映像をお楽しみいただけます。音声部においても、映像とは別録りされた極上音質のデジタル・オーディエンス・マスターに差し替えてありますので、単なるオーディエンス映像では望むべくも無いハイクオリティな音質でこのライヴを追体験出来るという、これまた嬉しすぎる仕様となっています。ニューアルバム『Egypt Station』を携えて開始されたばかりの最新ツアーは、中盤のアコースティック・パートに「From Me To You」が組み込まれるなど、前回のONE ON ONEツアーとは内容も一新しており見所満載です。ドームのスタンド席ということで距離感こそありますが、見晴らし&安定感抜群のショットで2時間半超のライヴのステージ全体及びサイド・スクリーンをばっちり捉えておりますので、まずは手始めにおさえておきたい1本といえるでしょう。この日と翌日の東京ドーム2DAYSではセットリストが大幅に入れ替えられているので、是非同時リリースの二日目公演とあわせてお楽しみ下さい!HDクオリティ映像の美しさをそのままに詰め込んだブルーレイ・ディスクと、汎用性のあるコンパクト・サイズにコンバートしたDVDの2枚組みカップリング・アイテムです。

◆Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 31st October 2018
(BD & DVD)
01. Opening 02. A Hard Day's Night 03. Hi, Hi, Hi 04. All My Loving 05. Letting Go 06. Who Cares 07. Come On to Me 08. Let Me Roll It / Foxy Lady 09. I've Got a Feeling 10. Let 'Em In 11. My Valentine 12. Nineteen Hundred and Eighty-Five 13. Maybe I'm Amazed 14. I've Just Seen a Face 15. In Spite of All the Danger 16. From Me to You 17. Love Me Do 18. Blackbird 19. Here Today 20. Queenie Eye 21. Lady Madonna 22. Eleanor Rigby 23. Fuh You 24. Being for the Benefit of Mr. Kite! 25. Something 26. Ob-La-Di, Ob-La-Da 27. Band on the Run 28. Back in the U.S.S.R. 29. Let It Be 30. Live and Let Die 31. Hey Jude Encore: 32. Yesterday 33. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 34. Helter Skelter 35. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End



ポール・マッカートニー
FRESHEN UP AT TOKYO DOME #1 Film -Collector’s Edition-
NEMO–021LE
AUD-SHOT/AUD
1BD-R+1DVD-R+2CD-R
\4,900


カエッテキタヨ!2018年、FRESHEN UP ジャパン・ツアー!記念すべき開幕ステージ、10/31の東京ドーム・ファースト・ナイト公演を高画質オーディエンス・ショットにて完全収録!1塁側、1階席前方正面から撮影された門外不出のHDクオリティ・オリジナル・オーディエンス・ソースをマスターに使用しており、ステージ全景とサイド・スクリーンを安定して捉えた遮蔽物の無いストレス・フリーな映像をお楽しみいただけます。音声部においても、映像とは別録りされた極上音質のデジタル・オーディエンス・マスターに差し替えてありますので、単なるオーディエンス映像では望むべくも無いハイクオリティな音質でこのライヴを追体験出来るという、これまた嬉しすぎる仕様となっています。ニューアルバム『Egypt Station』を携えて開始されたばかりの最新ツアーは、中盤のアコースティック・パートに「From Me To You」が組み込まれるなど、前回のONE ON ONEツアーとは内容も一新しており見所満載です。ドームのスタンド席ということで距離感こそありますが、見晴らし&安定感抜群のショットで2時間半超のライヴのステージ全体及びサイド・スクリーンをばっちり捉えておりますので、まずは手始めにおさえておきたい1本といえるでしょう。この日と翌日の東京ドーム2DAYSではセットリストが大幅に入れ替えられているので、是非同時リリースの二日目公演とあわせてお楽しみ下さい!HDクオリティ映像の美しさをそのままに詰め込んだブルーレイ・ディスクと、汎用性のあるコンパクト・サイズにコンバートしたDVDの2枚組みカップリング・アイテムです。さらに本タイトル「コレクターズ・エディション」では、映像の音声部にも使用された前述の「極上オーディエンス・デジタル・ソース」をマスターにした2枚組みCDも付属します。ブルーレイ・ディスク+DVD+2CDの4枚組み来日メモリアル盤。数量限定生産ですのでお買い逃がし無く!!

◆Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 31st October 2018
(BD & DVD)
01. Opening 02. A Hard Day's Night 03. Hi, Hi, Hi 04. All My Loving 05. Letting Go 06. Who Cares 07. Come On to Me 08. Let Me Roll It / Foxy Lady 09. I've Got a Feeling 10. Let 'Em In 11. My Valentine 12. Nineteen Hundred and Eighty-Five 13. Maybe I'm Amazed 14. I've Just Seen a Face 15. In Spite of All the Danger 16. From Me to You 17. Love Me Do 18. Blackbird 19. Here Today 20. Queenie Eye 21. Lady Madonna 22. Eleanor Rigby 23. Fuh You 24. Being for the Benefit of Mr. Kite! 25. Something 26. Ob-La-Di, Ob-La-Da 27. Band on the Run 28. Back in the U.S.S.R. 29. Let It Be 30. Live and Let Die 31. Hey Jude Encore: 32. Yesterday 33. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 34. Helter Skelter 35. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End   

(CD 1)
01. Opening 02. A Hard Day's Night 03. Hi, Hi, Hi 04. All My Loving 05. Letting Go 06. Who Cares 07. Come On to Me 08. Let Me Roll It / Foxy Lady 09. I've Got a Feeling 10. Let 'Em In 11. My Valentine 12. Nineteen Hundred and Eighty-Five 13. Maybe I'm Amazed 14. I've Just Seen a Face 15. In Spite of All the Danger 16. From Me to You 17. Love Me Do 18. Blackbird 19. Here Today

(CD 2)
01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. Eleanor Rigby 04. Fuh You 05. Being for the Benefit of Mr. Kite! 06. Something 07. Ob-La-Di, Ob-La-Da 08. Band on the Run 09. Back in the U.S.S.R. 10. Let It Be 11. Live and Let Die 12. Hey Jude Encore: 13. Yesterday 14. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 15. Helter Skelter 16. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End