コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます




ニール・ヤング
FARM AID 2013
WR-449
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


“ニール・ヤング”自らが主宰する毎年恒例のベネフィット・コンサートFARM AID 2013でのステージを高音質サウンドボード音源で収録したタイトルが早くも登場!

経営難に苦しむアメリカの小規模農場や個人経営の農家に対しての基金を集める目的で1985年から毎年開催されているFARM AIDも、今年で28回目、本タイトルは、企画者でもあるニール・ヤングの2013年のステージを収録した最新ライブ盤。カバー曲を中心に円熟した歌声は必聴!オススメのニール・ヤング、超最新ライブ盤です!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Farm Aid 28, Saratoga Performing Arts Center, Saratoga, NY, September 21, 2013.

01. Intro / 02. Blowin' in the Wind (Bob Dylan cover) / 03. Early Morning Rain (Gordon Lightfoot cover) / 04. Old Man / 05. Farm Aid 1
06. Heart of Gold / 07. Farm Aid 2 / 08. Since I Met You Baby (Ivory Joe Hunter cover) / 09. Farm Aid 3
10. Reason to Believe (Tim Hardin cover) / 11. Phil Ochs Story / 12. Changes (Phil Ochs cover)



ニール・ヤング
Psychedelic NY
Dead Flowers-039
SBD+71min. Pro-shot
1CD-R+1DVD-R
\3,400
個数


2012年9/29にNYのセントラル・パークでおこなわれたNeil Young & Crazy Horseのライブを、ステレオ・サウンドボード・ソースのCDと、HDTVソースの極上プロショットDVDにカップリング収録。

チャリティ・コンサート"Global Citizen Festival"のヘッドライナーとして出演した際のパフォーマンスで、ストリーミング配信もされたライブ映像であるため、既にご覧になったファンの方も多いのではないかと思いますが、本タイトルはストリーミング映像とは別次元の最高音質SBDソースと極上HDTVソースからの収録となっています。
『Greendale』以来、実に9年ぶりとなるCrazy Horseとの共演アルバム『Americana』を既に発表し、さらに10月末には『Psychedelic Pill』もリリース予定と、精力的な活動を続けるNeil Youngの最新ステージを、オフィシャル級の極上クオリティでお楽しみいただけます。
『Psychedelic Pill』収録の新曲が多数セットに組み込まれているので、新譜のリリースとあわせておさえておきたいアイテムといえるでしょう。

*DVDはDead Flowersレーベルより同時発売の『G-C-F-2012』(Dead Flowers-DVD-097)と同内容です。

◆Global Citizen Festival, Central Park, Great Lawn New York, NY 29th September 2012

(CD)
1. Opening
2. Love And Only Love
3. Powderfinger
4. Born In Ontario
5. Walk Like A Giant
6. The Needle And The Damage Done
7. Twisted Road
8. Fuckin' Up
9. Rockin' In The Free World

(DVD)
1. Opening
2. Love And Only Love
3. Powderfinger
4. Born In Ontario
5. Walk Like A Giant
6. The Needle And The Damage Done
7. Twisted Road
8. Fuckin' Up
9. Rockin' In The Free World



ニール・ヤング
G-C-F-2-0-1-2
Dead Flowers DVD-097
71min. Pro-shot
1DVD-R
\3,000
個数


Neil Young & Crazy Horseの2012年最新ライブ映像、9/29にNYのセントラル・パークでおこなわれたライブを、HDTVソースの極上プロショットにて71分にわたり収録。

チャリティ・コンサート"Global Citizen Festival"のヘッドライナーとして出演した際のパフォーマンスで、ストリーミング配信もされたライブ映像であるため、既にご覧になったファンの方も多いのではないかと思いますが、本タイトルはストリーミング映像とは別次元の極上HDTVソースからの収録となっています。
『Greendale』以来、実に9年ぶりとなるCrazy Horseとの共演アルバム『Americana』を既に発表し、さらに10月末には『Psychedelic Pill』もリリース予定と、精力的な活動を続けるNeil Youngの最新ステージを、オフィシャル級の極上クオリティでお楽しみいただけます。
『Psychedelic Pill』収録の新曲が多数セットに組み込まれているので、新譜のリリースとあわせておさえておきたいアイテムといえるでしょう。

◆Global Citizen Festival, Central Park, Great Lawn New York, NY 29th September 2012

1. Opening
2. Love And Only Love
3. Powderfinger
4. Born In Ontario
5. Walk Like A Giant
6. The Needle And The Damage Done
7. Twisted Road
8. Fuckin' Up
9. Rockin' In The Free World



ニール・ヤング
Global Citizen Festival
WR-128
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


“ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース”2012年9月、セントラルパークで開催された「グローバル・シチズン・フェスティバル」でのステージを高音質サウンドボード音源で収録したタイトルが登場です!

本タイトルは、2012年9月29日に開催された世界貧困プロジェクト主催のチャリティコンサート「グローバル・シチズン・フェスティバル」に出演した“ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース”のステージを完全収録した最新タイトル!
フェスティバルだけに短めのセット・リストですが、その分、凝縮された内容(選曲)はニールならでは!
ラストは、同じくフェスに出演したフーファイターズのデイヴ・グロールらが参加し、名曲「ROCKIN’ IN THE FREE WORLD」を熱演!“ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース”の最新ライブをたっぷりと御堪能ください!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Global Citizen Festival, Central Park, New York City, N.Y.Sept. 29, 2012.

01. Love And Only Love / 02. Powderfinger / 03. Born In Ontario / 04. Walk Like A Giant / 05. The Needle And The Damage Done / 06. Twisted Road / 07. F*!#in' Up / 08. Rockin' In The Free World [with Dan Auerbach & Dave Grohl]



ニール・ヤング
1ST DAY AT 2010 TWISTED ROAD TOUR
LRCD-10083
AUD
2CD-R
\4,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


始まりましたニール・ヤングの最新ツアー、2010・ツイステッド・ロード・ツアー。初日の公演を高音質オーディエンス録音マスターより完全収録。

ニール・ヤング一人による完全ソロ・ツアーで、お馴染みのアコースティック・セットと、非常に珍しいエレクトリック・ギターの弾き語り、という構成です。“マイ・マイ・ヘイ・ヘイ”で始まり、“ヘイ・ヘイ・マイ・マイ”で終わる形は“ラスト・ネバー・スリープス”を髣髴しますが、中身は新目の曲が多く演奏されています。

Live at Palace Theatre, Albany, NY, May 18, 2010
Neil Young - vo, ac-g, el-g, p, org

Disc 1
1. intro / 2. My My, Hey Hey (Out Of The Blue) / 3. Tell Me Why / 4. Helpless / 5. You Never Call / 6. Peaceful Valley / 7. Love And War / 8. Down By The River / 9. Hitchhiker / 10. Ohio / 11. Sign Of Love

Disc 2
1. Leia / 2. After The Gold Rush / 3. I Believe In You / 4. Rumblin' / 5. Cortez The Killer / 6. Cinnamon Girl / 7. tuning / 8. Walk With Me / 9. Hey Hey, My My (Into The Black)



ニール・ヤング
All In The Road
Dead Flowers DVD-062
157min. Pro & Aud-shot
2DVD-R
\4,000
個数


Neil Youngの2009年最新ライブ映像の決定版!Glastonburyフェスティバルにおけるライブ・パフォーマンスを2ソース、ポール・マッカートニーと共演したHard Rock Callingでの映像、Big Day Outにおけるプロショット映像と、合計2時間半以上のフル・ヴォリュームで最新ライブをディスク2枚に収録しています。

まずディスク1には、最初に09年6/26のGlastonburyフェスにおけるパフォーマンスを、放送用プロショット・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。ステージ全編ではなく5曲のみの収録ですが、本タイトルではHDTVクオリティの極上プロショット・マスターを使用しているので、既発のプロショット映像とのクオリティの差は歴然、驚愕という言葉が相応しい超美麗映像、また既発映像で発生していた「Words」における約10秒の音抜けも発生しない完璧な仕上がりとなっています。

続いて、翌日6/27のHard Rock CallingフェスにおけるPaul McCartneyとの「A Day In The Life」での共演を、オーディエンス・ショットにて収録。こちらは画質・音質ともに決してほめられたものではありませんが、その内容の貴重さから言ってもファン必見といえるでしょう。

最後に1/23にシドニーでおこなわれたBig Day Outフェスより、「The Needle & The Damage Done」のプロショット映像を追加収録。ディスク2にはGlastonburyフェスの別ソース、会場最前列から入魂のショットで捉えられた素晴らしい内容のオーディエンス・ショットを収録しています。若干手ぶれが発生する箇所もありますが、素晴らしいクローズ・ショットでステージを捉えており、放送ではカットされてしまった楽曲群をほぼ完全に収録、そして音質も素晴らしいです。

<Disc 1>
◆Glastonbury Festival, Worthy Farm, Pilton, England 26th June 2009
-Broadcasted Master (HDTV Quality)-
01. The Needle And The Damage Done 02. Words 03. Get Behind The Wheel 04. Rockin' In The Free World 05. A Day In The Life

◆Hard Rock Calling Festival, Hyde Park, London, England 27th June 2009
-Audience Master-
06. A Day In The Life (with Paul McCartney)

◆Big Day Out Festival, Sydney Showgrounds, Sydney, Australia 23rd January 2009
-Broadcasted Master-
07. The Needle & The Damage Done

<Disc 2>
◆Glastonbury Festival, Worthy Farm, Pilton, England 26th June 2009
-Audience Master-
01. opening 02. Hey Hey, My My (Into The Black) 03. Mansion On The Hill 04. Are You Ready For The Country? 05. Everybody Knows This Is Nowhere 06. Spirit Road 07. Words 08. Cinnamon Girl 09. Mother Earth 10. The Needle And The Damage Done 11. Comes A Time 12. Unknown Legend 13. Heart Of Gold 14. Down By The River 15. Get Behind The Wheel 16. Rockin' In The Free World 17. A Day In The Life



ニール・ヤング
ROCKIN' IN THE MINNESOTA
LRCD-08041
AUD
2CD-R
\4,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


ニールヤングの“2008 US, CANADA FALL TOUR”より初日の音源を高音質オーディエンスマスターよりリマスタリング収録しています。

新曲も多く演奏され、新たなイントロアレンジになった“ロッキン・イン・ザ・フリーワールド”や強力にまとまった“カウガール・イン・ザ・サンド”も名演が楽しめます。ボーナストラックに同年夏のライヴから、本編のセットリストにない楽曲を追加してあります。マニアで無い限りニールヤング2008年ツアーはとりあえずこのアイテムを持っていれば十分でしょう。

XCEL ENERGY CENTER, ST. PAUL, MN, October 14, 2008
and 3 bonus tracks from 2008 tour

Neil Young (vo, g, harp, org) / Ben Keith (stel-g, g, org, vo) / Rick Rosas (b) / Chad Cromwell (ds) / Pegi Young (vo, vib, p, g) / Anthony Crawford (vo, p, g, bells) / Larry Cragg (banjo / track 13 disc 1)

Disc 1
1. Love And Only Love / 2. Hey Hey, My My / 3. Everybody Knows This Is Nowhere / 4. Powderfinger / 5. Spirit Road / 6. Cortez The Killer / 7. Cinnamon Girl / 8. Helpless / 9. Mother Earth / 10. The Needle And The Damage Done / 11. Unknown Legend / 12. Heart Of Gold / 13. Old Man /

Disc 2
1. Band Member Intros/ 2. Get Back To The Country / 3. Just Singing A Song / 4. Sea Change / 5. When Worlds Collide / 6. Cowgirl In The Sand / 7. Rockin In The Free World / 8. A Day In The Life / Bonus Track / 9. Oh Lonesome Me / 10. Wrecking Ball / 11. Fuckin Up



ニール・ヤング
A Day In Madrid
Second Line-054
103min. Pro-shot
1DVD-R
\2,300
個数


ファン待望!Neil Youngの最新プロショット映像、2008年6/27にスペインのマドリードでおこなわれたRock In Rioのステージを放送用プロショットにて100分以上に亘り収録。

”Neil Young with The Chrome Dreams Band”名義でヘッドライナーとしてステージに立った、毎年恒例の巨大フェスにおける大観衆を前にしての熱すぎるエレクトリック・セットを、プロショットならではの安定した高画質にて収録しています。オリジナルの放送で無粋なCMが挿入されてしまっていたため、「Love And Only Love」等の数曲がカットイン・アウトとなってしまっている点が残念ですが、30分近くにも及ぶ「No Hidden Path」の大熱演、会場の興奮がピークに達したアンコール「A Day In The Life」等々、見所満載の最新のステージをハイ・クオリティのプロショットで楽しむことが出来るお買い得のタイトル、必見です!

◆Rock in Rio, Madrid, Spain, 27th June 2008
01. opening 02. Mr. Soul 03. I've Been Waiting For You 04. Cinnamon Girl 05. Love And Only Love 06. My My, Hey Hey (Out Of The Blue) 07. Oh, Lonesome Me 08. Mother Earth 09. The Needle And The Damage Done 10. Old Man 11. Heart Of Gold 12. Words 13. No Hidden Path -encore- 14. A Day In The Life

◇personnel;
Neil Young (guitar, harmonica, pump organ, vocals)
Ben Keith (pedal steel, lap steel, guitar, organ, vocals)
Rick Rosas (bass, vocals)
Chad Cromwell (drums)
Pegi Young (vocals)
Anthony Crawford (vocals, piano)
Larry Cragg (banjo)



ニール・ヤング
I’m Still Young
Second Line-048
158min. Aud-shot
1DVD-R
\2,500
個数


Neil Youngの最新ツアーより、2008年3/8のロンドンはハマースミス・アポロでのライブを高画質オーディエンスショットにて完全収録。

ファン待望の最新ライブ映像完全版、ボーナスには翌日3/9のステージから2曲を追加収録、トータル2時間半超の圧巻のタイトルです。所々カメラワークが不安定となる箇所もありますが、最新のデジタル機器による録画なので画質・音質ともに非常にクリア、全編を通してクローズショットを多用し終始ニールの姿を鮮明に捉えているのでストレスなくお楽しみいただけることと思います。ファン待望の感動の映像作品、貴方は目撃者になる!

◆Hamersmith Apollo London, England, 8th.March 2008 (1st show)
01.From Hank To Hendrix 02.Ambulance Blues 03.Sad Movies 04.A Man Needs A Maid 05.Flying On The Ground Is Wrong 06.On The Way Home 07.Harvest 08.Journey Through The Past 09.Love In Mind 10.Mellow My Mind 11.Love Art Blues 12.Love Is A Rose 13.Heart Of Gold 14.Old Man

(2nd show)
01.Mr. Soul 02.Dirty Old Man 03.Spirit Road 04.Down By The River 05.Hey Hey, My My 06.Too Far Gone 07.Oh, Lonesome Me 08.Winterlong 09.Powderfinger 10.No Hidden Path 11.Roll Another Number

(BONUS)
◆Hammersmith 9th.March.2008
01.From Hank To Hendrix 02.Ambulance Blues (Fade Out)

Neil Young (Vocals, Guitar, Harmonica, Keyboards, Grand Piano)
Ben Keith (Pedal Steel, Lap Steel, Guitar, Organ)
Rick Rosas (Electric Bass)
Ralph Molina (Drums)
Pegi Young (Vibraphone)
Anthony Crawford (Grand Piano)



ニール・ヤング
Chrome Dreams In Antwerpen
AUD
3CD-R
\4,500
個数


ニールヤング最新ツアー『2008・ヨーロピアン・クロームドリームス・コンチネンタル・ツアー』より、早くも決定版の登場です!!・・・と、言っても過言ではありません。

ディスク1、ディスク2に完全収録させた最上級オーディエンス録音のベルギー公演をメインとし、ディスク3には数日後の2公演からベルギーでは演奏されなかった曲を加え、ツアーの重要曲を網羅する構成になっています。もちろんすべてデジタルリマスター。

ニュアンスに富んだボーカル、味わいを増したアコギ、ウェスタン風な乾いたホンキートンクピアノ、そして極めつけはトレードマークの脳天直撃轟音エレクトリックサウンド!ヨーロッパまでツアーを見に行けないファンは、この最高の音質で最新ツアーを体感してください。

Live at Stadsschouwburg, Antwerpen, Belgium, February 11
(All Tracks of Disc 1 and Disc 2)
Live at Grand REX, Paris, France, February 14
(Disc 3 / Track 07, 08, 09, 11)
Live at RAI Theater, Amsterdam, Nederland, February 18
(Disc 3 / Track 01, 02, 03, 04, 05, 06, 10, 12)

Disc 1
01. From Hank To Hendrix 02. Ambulance Blues 03. Sad Movies 04. A Man Needs A Maidd 05. No One Seems To Know 06. Harvest 07. Journey Through The Past 08. Mellow My Mind 09. Love Art Blues 10. Out on The Weekend 11. Love Is A Rose

Disc 2
01. Mr. Soul 02. Everybody Knows This Is Nowhere 03. Dirty Old Man 04. Spirit Road 05. Bad Fog Of Loneliness 06. Introduction Of The Band 07. Winterlong 08. Oh, Lonesome Me 09. The Believer 10. No Hidden Path 11. Cinnamon Girl 12. Cortez The Killer

Disc 3
01. Kansas 02. Try 03. After The Goldrush 04. Stringman 05. Heat Of Gold 06. Old Man 07. Don't Let It Bring You Down 08. Cowgirl In The Sand 09. Don't Cry No Tears 10. Powderfinger 11. Like A Hurricane 12. Rockin' In The Free World
w./ Rick Rosas, Ben Keith, Ralph Molina, Anthony Crawford, Pegi Young



ニール・ヤング
Take Off
ZR-129/130
AUD
2CD-R
\3,800
個数


ついに始まりましたニール・ヤング最新ツアー。ニューアルバム『クローム・ドリームス②』をひっさげての“クロームドリームス・コンチネンタル・ツアー”より記念すべき初日の音源が登場です。良質なオーディエンスマスターにリマスターを施し、最高の音質での収録です。

70年代の幻のアルバム『クロームドリームス』も意識してか、『ウィンターロング』『ジャーニー・スルー・ザ・パスト』『老兵』など70年代の隠れ名曲も登場し、そこにニューアルバム『②』用の新曲を織り交ぜてのセットリストとなっております。とくに新曲の中でも『No Hidden Path』はニールヤングらしいライヴ向けな曲で、本ツアーの聴き所のひとつとなっています。

全体的に、ツアー初日とありまだ丁寧に歌っている感がありますが、『マン・ニーズ・ア・メイド』で『ライク・ア・ハリケーン』のイントロが飛び出したり、『老兵』の歌詞を変えブッシュ大統領への皮肉が歌われたりと客をどよめかせるシーンもあります。これから演奏を重ね新曲たちがどのように変化していくのか、今後の楽しみとなりますが。まず、この初日をおさえなくては始まらないのです。

Live at Velma Morrison Center, Boise, Idaho, USA,10-18-2007
1st Day of Chrome Dreams Continental Tour 2007

Disc 1
01. From Hank To Hendrix 02. Ambulance Blues 03. Sad Movies 04. A Man Needs A Maid 05. No One Seems To Know 06. Harvest 07. Campaigner 08. Journey Through The Past 09. Mellow My Mind 10. Love Art Blues 11. Love Is A Rose 12. Heart Of Gold

Disc 2
01. The Loner 02. Everybody Knows This Is Nowhere 03. Dirty Old Man 04. Spirit Road 05. Bad Fog Of Loneliness 06. Winterlong 07. Oh, Lonesome Me 08. The Believer 09. No Hidden Path encore 10. Cinnamon Girl 11. Tonight's The Night

Neil Young - guitar, guitjo, harmonica, piano, vocals
Ben Keith - pedal steel, lap steel, guitar, organ, background vocals
Rick Rosas - bass
Ralph Molina - drums, background vocals
Pegi Young - background vocals, vibraphone
Anthony Crawford - background vocals, piano



ニール・ヤング
Bridge Benefit Collection
Musical Box-016
Pro/Aud-Shot
3DVD-R
\6,300
個数


ミュージカルボックス・ピクチャーよりニールヤングのブリッジ・スクール・コンサートを集めたコンピレーションDVD登場です。計4時間以上、3DVDというボリュームでの登場です。プロショット映像がメインであるため非常に観やすく、初心者にも安心して楽しんでいただけます。

アコースティック・クレイジーホースや、2004年の“ジャーニー・スルー・ザ・パスト”、ペギーヤングとのデュエットなど見所も多く、マニアにもおすすめのコレクターズ・アイテムです。

Including 7 Stages From The Bridge School Concerts
Live At Shoreline Amphitheatre, Mountain Vew, CA

OCTOBER 13th, 1986
01. Comes A Time 02. Heart Of Gold 03. Helples 04. I Am A Child

OCTOBER 30th, 1999
01. I Am A Child 02. Good To See You 03. Heart Of Gold 04. Harvest Moon 05. Looking Forward 06. Out Of Control 07. Long May You Run 08. Southern Pacific 09. Mother Earth 10. Slowpoke 11. Old Man

OCTOBER 31st, 1999
01. I Am A Child 02. Good To See You 03. Daddy Went Walkin' 04. Old King 05. Long May You Run 06. Sugar Mountain 07. Homegrown 08. Mother Earth 09. Harvest Moon 10. Cortez The Killer 11. Old Man 12. I Shall Be Released

OCTOBER 20th, 2001
01. Long May You Run 02. Love And Only Love 03. Blowin' In The Wind 04. Mideast Vacation 05. All You Need Is Love 06. Mother Earth 07. Imagine

OCTOBER 21st, 2001
01. Long May You Run 02. Love And Only Love 03. Blowin' In The Wind 04. Mideast Vacation 05. All You Need Is Love 06. Mother Earth 07. Imagine

OCTOBER 25/26th, 2003
01. Sugar Mountain 02. Mother Earth 03. Comes A Time

OCTOBER 24th, 2004
01. Pocahontas 02. Harvest Moon 03. Journey Through The Past 04. On The Way Home 05. Human Highway 06. Old King 07. Comes A Time 08. Four Strong Winds



ニール・ヤング
BONNAROO FESTIVAL 2003
BTCD-001/002
SBD
2CD
\4,600
個数


ボナルーフェスティヴァル2003にクレイジー・ホースと共に参加した熱い公演を、オフィシャル級の超高音質サウンドボードにて収録!「GREENDALE TOUR」では新作中心のセットでしたが、このツアーでここまで過去の楽曲を網羅している公演は他に無いでしょう!!

Live At Bonnaroo Music Festival Manchester Tennessee June 13,2003

Disc 1
1. Love To Burn 2. Sedan Delivery 3. Powderfinger 4. Hey Hey, My My 5. Cortez The Killer 6. Fuckin' Up

Disc 2
1. Like A Hurricane 2. Be The Rain 3. Cinnamon Girl 4. Rockin' In The Free World 5. Roll Another Number 6. Down By The River



ニール・ヤング
Neil “Poncho” Young in Germany
Dead Flowers DVD-051
158min. Pro-shot
2DVD-R
\3,570
個数


2002年5/18、Rock Am RingフェスにおけるNeil Youngのプロショット映像が、ニューマスターを使用した驚愕のクオリティで登場。

Crazy HorseのFrank ‘Poncho’ SampedroとMG’Sというバンド編成でおこなわれたこの日のステージ、これまでにも複数のDVDタイトルがリリースされており、既にご覧になったことがあるファンの方も多いことと思います。本アイテムには初登場となる極上画質のマスターを使用、ディスク2枚にハイ・ビットレートを保持したまま収録しており、既発の映像アイテムを不要にしてしまう決定的なクオリティを実現しているので、文字通りの最終決定版として大推薦いたします!

◆Rock Am Ring, Nurburgring, Germany, 18th May.2002
<DVD1 / 90min.>
01.When You Dance 02.The Loner 03.Differently 04.Sleeps With Angels 05.Are You Passionate 06.Goin' Home 07.Cinnamon Girl 08.Cortez The Killer 09.Let's Roll 10.Powderfinger 11.Quit (Don't Say You Love Me) 12.She's A Healer

<DVD2 / 68min.>
01.All Along The Watchtower 02.Two Old Friends 03.Mr.Soul 04.Down By The River 05.F*ckin' Up 06.Helpless

◇Personnel;
Neil Young (vocals, guitar, harmonica)
Frank 'Poncho' Sampedro (guitar, backing vocals, piano on "Helpless")
Donald 'Duck' Dunn (bass guitar)
Booker T. Jones (Hammond organ)
Steve 'Smokey' Potts (drums)
Astrid Young (backing vocals, piano on "Quit" and "She's a Healer")
Pegi Young (backing vocals)
Larry Cragg, (additional bass guitar on "Let's Roll")



ニール・ヤング
Rock am Ring Festival, Nurburgring, Germany May 18,2002
PANGAEA ULTIMA PICTURES
PRO-SHOT / 158 min
2DVD-R
\3,800
個数


ニールヤング、アーユーパッショネイトツアーより5/18ドイツ公演の模様をプロショット収録したアイテムが新レーベルPANGAEA ULTIMA PICTURESより登場しました。

このツアーはクレイジーホースのフランクポンチョサンペドロ+MG‘Sといったバンドで構成されています。ニールヤングのこの2002年の時期の映像も数少ないのでこちらも貴重といえるでしょう。

さらにボーナス映像としてVH1 Regendsというバッファロー時代からのキャリアを総括した番組を収録しており、こちらも必見映像です。

1.When You Dance 2.The Loner 3.Differently 4.Sleeps With Angels 5.Are You Passionate 6.Goin' Home 7.Cinnamon Girl 8.Cortez The Killer 9.Let's Roll 10.Powderfinger 11.Quit (Don't Say You Love Me) 12.She's A Healer 13.All Along The Watchtower 14.Two Old Friends 15.Mr.Soul 16.Down By The River Encore 17.Fuckin' Up 18.Helpless bonus track VH1 Regends (43min)



ニール・ヤング
A PERFECT ECHO VOLUME.2(1989-2001)
BTCD-007/008/009/010
SBD
4CD
\7,200
個数


NEIL YOUNGの現在入手困難な音源をバッファロー時代も含めた1967年から2001年まで実に丁寧に、サウンドボード・ライブ音源のみでディスク8枚にまとめあげた入魂のコンピレーション・アルバムが良質なサウンドボード音源を提供し続ける「BE TWISTED!」レーベルから登場です!

現在オフィシャルで廃盤のLD「SHOCKING PINKS」からの音源や94年のブリッジベネフィットの2日目(一日目は有名ですが、2日目はレア!)の音源、良質な音源の宝庫「ジョエル・バーンスタイン・テープ」からの音源など、聴き所満載です!

今回は4枚組の2タイトルという形で発売になります。きっちり年代順に並べられ、録音日時もクレジットされている親切な作りで、彼の歴史をライブ盤で振り返れる良い機会ではないでしょうか!是非セットでお買い求め下さい!文句なしのヴォリューム全115曲!!

A PERFECT ECHO VOLUME 2(1989-2001)

Disc 1 - 1989 - 1990
01. Rockin' In The Free World (Hamburg, Germany, 8-Dec-1989) 02. Don't Let It Bring You Down (Hamburg, Germany, 8-Dec-1989) 03. After The Goldrush (Hamburg, Germany, 8-Dec-1989) 04. Ohio (Hamburg, Germany, 8-Dec-1989) 05. Too Far Gone (Amsterdam, Holland, 10-Dec-1989) 06. Crime In The City (Amsterdam, Holland, 10-Dec-1989) 07. Eldorado (Amsterdam, Holland, 10-Dec-1989) 08. Hangin' On A Limb (Amsterdam, Holland, 10-Dec-1989) 09. Someday (Amsterdam, Holland, 10-Dec-1989) 10. My My Hey Hey (Amsterdam, Holland, 10-Dec-1989) 11. The Old Laughing Lady (Paris, France, 11-Dec-1989) 12. The Needle And The Damage Done (Paris, France, 11-Dec-1989) 13. No More (Paris, France, 11-Dec-1989) 14. Days That Used To Be (Mountain View, CA, 26-Oct-1990) 15. Mansion On The Hill (Mountain View, CA, 26-Oct-1990)

全て貴重なブロードキャスト音源。現在入手困難なトラックばかりです!


Disc 2 - 1991 - 1993
01. Love And Only Love (Mountain View, CA, 26-Oct-1990) 02. Forever Young (San Francisco, CA, 3-Nov-1991) 03. Harvest Moon (Irving, TX, 14-Mar-1992) 04. Unknown Legend (Irving, TX, 14-Mar-1992)05. Dreamin' Man (Chicago, IL, 17-Nov-1992) 06. You and Me (Chicago, IL, 17-Nov-1992)07. Natural Beauty (Chicago, IL, 17-Nov-1992) 08. From Hank to Hendrix (Ames, IA 24-Apr-1993)09. Separate Ways (Torhout, Belgium, 3-Jul-1993) 10. Love to Burn (Torhout, Belgium, 3-Jul-1993)11. Live To Ride (Torhout, Belgium, 3-Jul-1993) 12. All Along The Watchtower (Torhout, Belgium, 3-Jul-1993)

(02)ビルグラハム・メモリアルコンサートより。グレイトフルデッドとの共演!
(09-12)BOOKER-Tとのツアーより収録。


Disc 3 - 1993 - 1998
01. The Loner (Torhout, Belgium, 3-Jul-1993) 02. Country Home (New Orleans, LA, 18-Sep-1994) 03. Prime of life (Mountain View, CA 2-Oct-1994) 04. Driveby (Mountain View, CA 2-Oct-1994) 05. Train of love (Mountain View, CA 2-Oct-1994) 06. Change Your Mind (Mountain View, CA 2-Oct-1994) 07. Big time (Werchter, Belgium 7-Jul-1996) 08. Hey Hey My My (Werchter, Belgium 7-Jul-1996) 09. Music arcade (Werchter, Belgium 7-Jul-1996) 10. Pocahontas (George, WA, 14-Sep-1996) 11. Throw Your Hatred Down (Tinley Park, IL, 3-Oct-1998)

(01)BOOKER-Tとのツアーより収録。
(02)ファームエイドより収録
(03-06)ブリッジベネフィット2日目より収録。貴重な音源です!


Disc 4 - 1999 - 2001
01. Red Sun (Austin, TX, 29-May-1999) 02. Distant Camera (Austin, TX, 29-May-1999) 03. Philadelphia (Austin, TX, 29-May-1999) 04. Buffalo Springfield Again (Austin, TX, 29-May-1999) 05. Only Love Can Break Your Heart (CSNY - Los Angeles, CA, 18-Feb-2000) 06. Looking Forward (CSNY - Atlanta, GA, 14-Mar-2000) 07. Out of Control (CSNY - Atlanta, GA, 14-Mar-2000) 08. Slowpoke (CSNY - Atlanta, GA, 14-Mar-2000) 09. Southern Man (CSNY - Atlanta, GA, 14-Mar-2000) 10. Ohio (CSNY - Atlanta, GA, 14-Mar-2000) 11. Long May You Run (CSNY - Atlanta, GA, 14-Mar-2000) 12. Winterlong (Morrison, CO, 20-Sep-2000) 13. Bad Fog Of Loneliness (Morrison, CO, 20-Sep-2000) 14. Words (Morrison, CO, 20-Sep-2000) 15. World On A String (Morrison, CO, 20-Sep-2000) 16. Powderfinger (Rio de Janeiro, Brazil, 20-Jan-2001)

(16)ROCK IN RIO出演時の演奏!



CSN&Y
MSG 2000
AUD-SHOT
3DVD-R
\5,400
個数


CSNYの2000年マディソン・スクエア・ガーデンでの2公演が、5時間にわたりカップリング収録されています。

ニールヤングのレッドロックス・コンサートとほぼ同時期で、リズム隊も引き続きダック・ダン+ジム・ケルトナーが起用されています。従ってバンドアンサンブルは申し分ありません。アングルは4月3日はステージに向かって左上段から、翌4月4日は右上段から。そして両日ともにスクリーン映像もうまく差し込まれ、メンバーやギターのアップ映像なども楽しめます。もう今となっては一昔前のツアーとなりますが、逆にすこし懐かしみながら楽しんでいただけるかもしれません。

Live at Madison Square Garden, New York City, NY, April 03&04 2000
DISC 1
April 03, 2000
01. Carry On 02. Southern Man 03. Stand And Be Counted 04. Pre-Road Downs 05. Heartland 06. 49 Bye-Byes 07. Slowpoke 08. Marrakesh Express 09. Faith In Me 10. Almost Cut My Hair 11. Cinnamon Girl 12. Helplessly Hoping 13. Our House 14. Old Man 15. Dream For Him 16. Looking Forward 17. Someday Soon 18. After The Gold Rush 19. Guinnevere 20. Suite: Judy Blue Eyes 21. Out Of Control

DISC 2
01. Seen Enough 02. Teach Your Children 03. 7th inning stretch 04. Woodstock 05. Long Time Gone 06. Ohio 07. Love The One You're With 08. Down By The River 09. Eight Miles High 10. Rockin' In The Free World

April 04, 2000
11. Carry On 12. Southern Man 13. Stand And Be Counted 14. Pre-Road Downs 15. Heartland 16. 49 Bye-Byes 17. Slowpoke 18. Marrakesh Express 19. Faith In Me 20. Almost Cut My Hair 21. Cinnamon Girl

DISC 3
01. Helplessly Hoping 02. Our House 03. Old Man 04. Dream For Him 05. Looking Forward 06. Someday Soon 07. After The Gold Rush 08. Guinnevere 09. Suite: Judy Blue Eyes 10. Out Of Control 11. Seen Enough 12. Teach Your Children 13. 7th inning stretch 14. Woodstock 15. Eight Miles High 16. Ohio 17. Love The One You're With 18. Down By The River 19. For What It's Worth 20. Rockin' In The Free World (cut out)

Neil Young - vocals, guitar, keyboards, harmonica,
David Crosby - vocals, guitar, keyboards
Stephen Stills - vocals, guitar, keyboards
Graham Nash - vocals, guitar, keyboards, harmonica
Donald "Duck" Dunn - bass
Jim Keltner - drums



ニール・ヤング&クレイジー・ホース
Broken Arrow Canadian Tour
FR-388-390
AUD
3CD-R
\5,100
個数


ニールヤング・アンド・クレイジーホースの90年代で最も熱くヘヴィな、1996年ブロークン・アロー・ツアーからのライヴを完全収録し、さらに同ツアーから10曲を収録した3枚組!!

このツアーはジム・ジャームッシュ監督の映画“イヤー・オブ・ザ・ホース”や、同タイトルのオフィシャル・ライヴアルバムでも有名で、DVD-Rとして映像が既に MUSICAL BOXレーベルよりリリースされておりますが、全くの別マスターを使用しており、音質も良好なオーディエンス録音で迫力のあるライヴを存分に味わえます。

ボーナストラックの「The Needle And The Damage Done」はエレクトリック・ヴァージョンが収録され、同じく「Helpless」もバンド・バージョンで収録されているなど本編とのダブり曲・ヴァージョンもないので3枚丸々と堪能できる内容と言えます。

Disc 1
01 Hey Hey, My My 02 Cowgirl In The Sand 03 Big Time 04 Pocahontas 05 The Needle And The Damage Done 06 Helpless 07 Comes A Time 08 I Am A Child 09 Scattered 10 Cinnamon Girl 11 The Loner 12 Natural Beauty

Disc 2
01 Fuckin' Up 02 Music Arcade 03 Everybody Knows This Is Nowhere 04 Stupid Girl 05 Rockin' In The Free World 06 Prisoners Of Rock 'n' Roll 07 The Losing End 08 Welfare Mothers 09 Dangerbird 10 Powderfinger 11 Slip Away

Disc 3
01 Roll Another Number (For The Road) 02 The Needle And The Damage Done (Electric Version) 03 Campaigner 04 Helpless (Band Version) 05 When You Dance 06 Out of My Mind 07 Long May You Run 08 Changing Highways 09 Cortez The Killer 10 Sedan Delivery 11 Tonight The Night

1996 Broken Arrow Canadian Tour with Crazy Horse All Songs on disc 1 & 2, + disc 3 track 1
Live at Copps Coliseum, Hamilton, Ontario, Canada Oct 31, 1996

Disc 3 track 2 : Live in Barrie, Ontario Aug 31,1996
Disc 3 track 3 : Live in Edmonton, Alberta Oct 24, 1996
Disc 3 track 4 & 5 : Live In Montreal, Quebec Nov 7, 1996
Disc 3 track 6 : Live in Hartford , Ct, Nov 8, 1996
Disc 3 track 7 : Live in George, Wa. Sep 14, 1996
Disc 3 track 8 -11 : Live in Sacremento, Ca. sep 16, 1996

Band :
Crazy Horse, Line Up 3
Neil Young - vocals, guitar, keyboards, harmonica
Frank Sampedro - guitar, keyboards, vocals
Billy Talbot - bass, vocals
Ralph Molina - drums, vocals



ニール・ヤング&クレイジー・ホース
Year Of Crazy Horse
Musical Box-013
Pro/Aud-Shot-175min
2DVD-R
\4,800
個数


ニールヤング・アンド・クレイジーホースの90年代で最も熱くヘヴィな、1996年ブロークン・アロー・ツアーからのライヴ映像です。

ジム・ジャームッシュ監督の映画“イヤー・オブ・ザ・ホース”や、同タイトルのオフィシャル・ライヴアルバムでも有名ですが、こんかいのタイトルはそれらを補足すると言ってもいい好タイトルです。

メインとなる10月31日カナダ・オンタリオ州でのショウはオーディエンスショットですが、かなり良く取れており非常に見やすい映像で収録されています。音声もかなりの高音質。そもそもジャームッシュ監督による映画“イヤー・オブ・ザ・・・・”もハンディカメラによる映像が多く使われており、ここに使われているオーディエンステープも違和感なく見れるレベルなのです。

そしてボーナス的に当時テレビで放送された同年7月19日フェニックスフェスティヴァルでの映像を収録してあります。この部分は以前フットストンプ・レーベルからもリリースされていますが、ぶち切れになっていた曲間やイントロをきちっとフェードイン・アウトして見やすく編集されています。そして、このボーナス映像により本編で演奏されていなかった“ライク・ア・ハリケーン”、“ハート・オブ・ゴールド”が加わり、このツアーの重要セットリストほぼ収録となる決定版となったのです。

初心者の方にも楽しんでいただけると思います。ニールヤング+クレイジーホースの轟音ライヴをばっちり楽しめるマストアイテムです。

DISC 1
Live at Copps Coliseum, Hamilton, Ontario, Canada October 31st, 1996
01. Hey Hey, My My 02. Cowgirl In The Sand 03. Big Time 04. Pocahontas 05. The Needle And The Damage Done 06. Helpless 07. Comes A Time 08. I Am A Child 09. Scattered 10. Cinnamon Girl 11. The Loner 12. Natural Beauty 13. Fuckin' Up 14. Music Arcade 15. Everybody Knows This Is Nowhere 16. Stupid Girl 17. Rockin' In The Free World

DISC 2
encore
01. Prisoners Of Rock 'n' Roll 02. The Losing End 03. Welfare Mothers 04. Dangerbird 05. Powderfinger 06. Slip Away 07. Roll Another Number

Live at Phoenix Festival, Stratford upon Avon, England July 19th, 1996
08. Hey Hey, My My 09. Heart Of Gold 10. Cinnamon Girl 11. Like A Hurricane 12. Rockin' In The Free World

Neil Young - vocals, guitar, keyboards, harmonica
Frank Sampedro - guitar, keyboards, vocals
Billy Talbot - bass, vocals
Ralph Molina - drums, vocals



ニール・ヤング
Big Time With Crazy Horse
AUD
2CD
\6,000
個数


SJOHISTORISKA MUSEET,STOCKHOLM,SWEDEN,JUN 25th 1996
DISC:1
01 Country Home 02 Pochahontas 03 Stupid Girl 04 Big Time 05 Drive Back 06 I Am A Child 07 Heart Of Gold 08 The Loser 9 Fuckin’ Up 10 Cortez The Killer 11 Scattered

DISC:2
01 Music Arcade 02 Welfare Mothers 03 Like A Hurricane 04 Hey Hey, My My 05 Powderfinger 06 Sedan Delivery 07 The Losing End 08 Roll Another Number For The Road 09 Rockin’In The Free World 10 Cinnamon Girl



ニール・ヤング&ブッカー・T&MG'S
INSPIRED BY OTIS
ZRVD-001
PRO & AUD-133min
1DVD-R
\4,000
<SOLD OUT>


1993年ブッカーT・MGズを従えてのツアーより7月23日ローマ公演の映像登場です。特別レアな映像ではありませんが、見た事のない方はここで入手しておきましょう。

特筆すべきはこの時期のみの“ニールヤング+スティーヴクロッパー”のツーショットでしょう。オーディエンスカメラはこの二人をメインに写しており、それぞれルーツの違うギタリストを観察するのには最高です。

そもそもこのツアーのきっかけはさかのぼること約1年、ボブディランの30周年を祝うフェスティヴァルでのセッションで意気投合したためだと思われますが、そのボブディラン・フェスでのニールヤングのステージと、ボブディラン・フェス用のニールヤングのリハーサルをボーナストラックとして収録してあります。

このツアーはニールヤングのファンからはそれほど大きく評価されてはいませんが、“60年代白黒混合ソウルのスタックスを支えたブッカーT・MGズ”に“90年代グランジの父とうたわれたニールヤング”の融合、これは広く音楽ファンが注目すべきであり、このアイテムはファーストコンタクトからボブディラン・フェスを経てニールヤング+ブッカーT・MGズとしてのツアーまで、重要なポイントをしっかり押さえた好タイトルなのです。ツアーではなんとニールがオーティスレディングの“ドッグ・オブ・ベイ”を歌うという貴重なシーンも納められています。さすがにこの曲ではギターはスティーヴクロッパーにまかせ、ニールはギターを持たずにハーモニカとマイクを握り締め歌っています。

ちなみに、この時期発表されたブッカーT・MGズのニューアルバムのライナーにはニールヤングからのブッカーT・MGズ紹介的コメントが寄せられています。

Live at FORO ITALICO, ROME, ITALY,JULY 23rd, 1993
01 Mr. Soul 02. The Loner 03. Southern Man 04. Helpless 05. Like A Hurricane 06. Motorcycle Mama 07. Love To Burn 08. Separate Ways 09. Powderfinger 10. Only Love Can Break Your Heart 11. Harvest Moon 12. The Needle And The Damage Done 13. Down By The River 14. Rockin' In The Free World 15. band intro 16. Sitting On The Dock Of The Bay 17. All Along The Watchtower BONUS TRACK BOB FEST (Rehearsal) 18. Just Like Tom Thumb's Blues 19. All Along The Watchtower 20. All Along The Watchtower (take 2)

BOB FEST
21. Just Like Tom Thumb's Blues 22. All Along The Watchtower

1993 European Tour with Booker T & The MG's Booker T & The MG's
Neil Young - vocals, guitar, harmonica, piano
Booker T. Jones - organ, synthesizer, vocals
Steve Cropper - guitar Donald
Duck Dunn - bass
Jim Keltner - drums
Astrid Young - backup vocals
Annie Stocking - backup vocals



ニール・ヤング&ブッカー・T&MG'S
Torhout 1993 -Definitive Edition-
Dead Flower-060
SBD
2CD-R+1DVD-R
\4,500
個数


Booker T. & The MG'sを従えておこなわれたNeil Youngの1993年のツアーより、7/3にベルギーで開催されたTorhout Festival出演時のパフォーマンスを、"これぞ決定版!"と自信を持って断言できる最高級の音と映像でカップリング収録。
まず2枚組みのCDには、素晴らしいサウンド・バランスを誇る流出ステレオ・サウンドボード・マスターを、Dead Flowersレーベル・オリジナルの24bitデジタル・リマスタリングが施された最高音質にてコンサート全編を収録しています。全てのパートを完璧な分離とバランスで捉えた極上音質盤、「Love To Burn」途中のノイズが発生しないことからも、本タイトルこそが"決定版"となることに疑いの余地はありません。ご存知Steve Cropperや故Donald Duck Dunnを擁するMG's、この時期ドラムにはJim Keltnerが名を連ねており、全編至高の演奏を聴かせてくれています。さらにボーナストラックとして、同年11/6にカリフォルニア州のマウンテン・ビューでおこなわれたソロ・アコースティック・ライブをサウンドボード収録。こちらもデジタル・リマスタリングが施された素晴らしい音質で、のっぺりとした音像であったモノラル音源が立体的な極上音質へと生まれ変わっています。
続いて付属のDVDですが、こちらには同フェスティバルのステージをワンカメラで捉えた全ファン必見の映像を収録しております。間違いなく関係者による撮影と思われるこの映像、画質・カメラワーク・安定感の全てにおいて素晴らしく、編集前のプロショット映像といった趣きがあります。音声部にはサウンドボード音源を使用しており、全てのファンの方々にご納得いただける非常に完成度の高い映像アイテムに仕上がっております。

◆Torhout Festival, Torhout, Belgium July 3, 1993
(Disc 1)
01. Mr. Soul 02. The Loner 03. Southern Man 04. Helpless 05. Like A Hurricane 06. Love To Burn 07. Separate Ways 08. Powderfinger 09. Only Love Can Break Your Heart 10. Harvest Moon 11. The Needle And The Damage Done

(Disc 2)
01. Live To Ride 02. Down By The River Encore; 03. All Along The Watchtower
Bonus Tracks; ◆Shoreline Amphitheatre (Mountain View, CA) November 6, 1993
04. Introduction by Pegi Young 05. Sugar Mountain 06. Mother Earth (Natural Anthem) 07. Stranger in Paradise 08. After the Gold Rush 09. Train of Love

(DVD)
01. Mr. Soul 02. The Loner 03. Southern Man 04. Helpless 05. Like A Hurricane 06. Love To Burn 07. Separate Ways 08. Powderfinger 09. Only Love Can Break Your Heart 10. Harvest Moon 11. The Needle And The Damage Done 12. Live To Ride 13. Down By The River Encore; 14. All Along The Watchtower

◇Personnel; Neil Young – (vocals, guitar, harmonica, piano) Booker T. Jones – (organ, synthesizer, vocals) Steve Cropper – (guitar) Donald Duck Dunn – (bass) Jim Keltner – (drums) Astrid Young – (backup vocals) Annie Stocking – (backup vocals)



V.A. (ボブ・ディラン)
30th Anniversary Concert Celebration
PV0031
PRO SHOT
2DVD-R
\4,690
個数


ボブ・ディランのデビュー30周年を記念して、有名ミュージシャンを一堂に集めマジソン・スクウェア・ガーデンで行われたコンサートの模様を、廃盤レーザーディスクマスターよりダイレクトにデジタル収録!!これ以上はない画質・音質です!!さらに未収録のリハーサルの模様を40分にわたりボーナスとしてプラス。

G.ハリスン、クラプトン、ニール・ヤング、ロン・ウッドを始めとする超豪華ゲストによる夢の祭典!!ハイライトとも言えるクラプトンの「Don't Think Twice~」やニール・ヤングの「All Along The Watch Tower」は屈指の名演でしょう!!また演奏されなかったニール・ヤングのオルガン弾き語りによる「Forever Young」など、タップリ4時間見応え十分な内容は必見!!

メニュー画面&チャプター機能付きのプロフェッショナル仕様で言う事なし!!

◆1992/10/16 MADISON SQUARE GARDEN, NEW YORK CITY
Disc1 Runningtime 114min
1.Opening Montage "All Along The Watchtower"
2.Prologue Behind-The-Scenes
3.Like A Rolling Stone (John Mellencamp)
4.Leopard-Skin Pill-Box Hat (John Mellencamp)
5.Blowin' In The Wind (Stevie Wonder)
6.Boots Of Spanish Leather (Nancy Griffith with Carolyn Hester)
7.Gotta Serve Somebody (Booker T.& The M.G.'s)
8.Foot Of Pride (Lou Reed)
9.Masters Of War (Eddie Vedder/Mike McCready)
10.The Times They Are A-Changin' (Tracy Chapman)
11.It Ain't Me, Babe (June Carter/Johnny Cash)
12.What Was It You Wanted (Willie Nelson)
13.I'll Be Your Baby Tonight (Kris Kristofferson)
14.Highway 61 Revisited (Johnny Winter)
15.Seven Days (Ron Wood)
16.Just Like A Woman (Ritchie Havens)
17.When The Ship Comes In
(The Clancy Brothers and Robbie O'Connell with special guest Tommy Makem)
18.War (Sinead O'Connor)
19.Just Like Tom Thumb's Blues (Neil Young)
20.All Along The Watchtower (Neil Young)

Disc2 Runningtime 117min
1.I Shall Be Released (Chrissie Hynde)
2.Love Minus Zero, No Limit (Eric Clapton)
3.Don't Think Twice, It's All Right (Eric Clapton)
4.Emotionally Yours (The O'Jays)
5.When I Paint My Masterpiece (The Band)
6.You Ain't Goin' Nowhere
(Mary-Chapin Carpenter/Rosanne Cash/Shawn Colvin)
7.Absolutely Sweet Marie (George Harrison)
8.License To Kill (Tom Petty & The Heartbreakers)
9.Rainy Day Woman #12 & 35 (Tom Petty & The Heartbreakers)
10.Mr. Tambourine Man (Roger McGuinn)
11.It's Alright, Ma [I'm Only Bleeding] (Bob Dylan)
12.My Back Pages
(Bob Dylan/Roger McGuinn/Tom Petty/Neil Young/Eric Clapton/George Harrison)
13.Knockin' On Heaven's Door (Everyone)
14.Girl Of The North Country (Bob Dylan)

-REHEARSALS-
15.My Back Pages 16.Just Like Tom Thumb's Blues 17.All Along The Watchtower 18.Forever Young



ニール・ヤング
COWGIRL IN THE SANTA CRUZ
SR-007/008/009
AUD
3CD
\7,200
個数


ファンの間で超名演として名高い、1990年の11月13日のサンタ・クルズでのライヴが完全収録初プレスCDで登場!!待望のアイテム登場です!

怒涛の名演奏として名高い1990年11月13日サンタ・クルズ公演を完全収録。かつて『Warpath』と言う名のCDRが海外でリリースされていましたが、当時から入手困難で今では幻のアイテム。未だ入手できず探し求めている方も多いことでしょう。

オーディエンス録音ながらその音質の良さもファンの間では有名で、迫力・臨場感共に最高!今回はトラック打ちもきちんと整えられ、名演『カウガール・イン・ザ・サンド』のイントロもしっかりトラック内に含まれています。更に音質も解像度を増して収録。フランク・サンペドロの強力なリズム・ギターもはっきり聴き取れます。

コンプリート収録でプレスされたのは今回が初!コレクターも納得の、非常に丁寧なつくりになっています。マストアイテム、是非家宝にしてください。

The Catalyst, Santa Cruz 13-11-1990

Disc 1
01.Country Home 02.Surfer Joe And Moe The Sleaze 03.Love To Burn 04.Day's That Used To Be 05.Bite The Bullet 06.Cinnamongirl 07.Farmer John

Disc 2
01.Cowgirl In The Sand 02.Over And Over 03.Dangerbird 04.Don't Cry No Tears 05.Sedan Delivery 06.Roll Another Number 07.Fuckin' Up

Disc 3
01.T-Bone 02.Homegrown 03.Mansion On The Hill 04.Like A Hurricane 05.Love And Only Love 06.Cortez The Killer



ニール・ヤング
A PERFECT ECHO VOLUME.1(1967-1989)
BTCD-003/004/005/006
SBD
4CD
\7,200
個数


NEIL YOUNGの現在入手困難な音源をバッファロー時代も含めた1967年から2001年まで実に丁寧に、サウンドボード・ライブ音源のみでディスク8枚にまとめあげた入魂のコンピレーション・アルバムが良質なサウンドボード音源を提供し続ける「BE TWISTED!」レーベルから登場です!

現在オフィシャルで廃盤のLD「SHOCKING PINKS」からの音源や94年のブリッジベネフィットの2日目(一日目は有名ですが、2日目はレア!)の音源、良質な音源の宝庫「ジョエル・バーンスタイン・テープ」からの音源など、聴き所満載です!

今回は4枚組の2タイトルという形で発売になります。きっちり年代順に並べられ、録音日時もクレジットされている親切な作りで、彼の歴史をライブ盤で振り返れる良い機会ではないでしょうか!是非セットでお買い求め下さい!文句なしのヴォリューム全115曲!!

A PERFECT ECHO VOLUME 1(1967-1989)

Disc 1 - 1967 - 1971
01. Mr. Soul (Buffalo Springfield - Hollywood, CA 11-Aug-1967) 02. Birds (CSNY - Los Angeles, CA 26-Aug-1969) 03. I've Loved Her So Long (CSNY - Los Angeles, CA 26-Aug-1969)04. Sea Of Madness (CSNY - Big Sur, CA, 13-Sep-1969)05. Helpless (CSNY - Houston, TX, 18-Dec-1969)06. Country Girl (CSNY - Houston, TX, 18-Dec-1969)07. Broken Arrow (Cincinnati, OH 25-Feb-1970)08. Come On Baby Let's Go Downtown (New York, NY 6-Mar-1970)09. Everybody Knows This Is Nowhere (New York, NY 6-Mar-1970) 10. Winterlong (New York, NY 6-Mar-1970)11. Cinnamon Girl (New York, NY 6-Mar-1970) 12. Cowgirl In The Sand (New York, NY 6-Mar-1970)13. On The Way Home (CSNY - Los Angeles, CA 28-Jun-1970)14. Tell Me Why (CSNY - Los Angeles, CA 28-Jun-1970)15. Out On The Weekend (London, England, 23-Feb-1971)16. Journey Through The Past (London, England, 23-Feb-1971)17. Love In Mind (London, England, 23-Feb-1971)

(01)バッファロー時代の貴重なライブテイクです!
(04)Big Surフォークフェスティヴァルより収録
(05)スタジオテイクのリリース前の演奏です!
(08-12)FILL MORE EASTでの演奏。ダニーウェットン在籍時のオリジナル・クレイジーホースです!
(15-17)BBC TV「IN CONCERT」からの演奏。


Disc 2 - 1974 - 1976
01. Walk On (CSNY - Westbury, NY, 8-Sep-1974)02. Ambulance Blues (CSNY - Westbury,) 8-Sep-1974)03. Lookin' For A Love (San Francisco, CA, 23-Mar-1975)04. No One Seems To Know (Tokyo, Japan, 10-Mar-1976)05. Human Highway (London, England, 31-Mar-1976)06. Cortez The Killer (London, England, 31-Mar-1976)07. White Line (Fort Worth, TX, 10-Nov-1976)08. Don't Cry No Tears (Chicago, IL, 15-Nov-1976)09. Peace Of Mind (Chicago, IL, 15-Nov-1976)10. A Man Needs A Maid (Chicago, IL, 15-Nov-1976)11. Give Me Strength (Chicago, IL, 15-Nov-1976)12. Lotta Love (Chicago, IL, 15-Nov-1976) 13. Like A Hurricane (Chicago, IL, 15-Nov-1976)14. Harvest (Boston, MA, 22-Nov-1976) 15. Campaigner (Boston, MA, 22-Nov-1976)16. Here We Are In The Years (Atlanta, GA, 24-Nov-1976)17. The Losing End (Atlanta, GA, 24-Nov-1976)

(03)「S.N.A.C.K」ベネフィットコンサートより収録!
(07,16,17)シェルバーンスタイン・テープから。かなり貴重です!
(08-13)「ROLLING ZUMA REVIEW」より収録。


Disc 3 - 1978 - 1984
01.Thrasher (San Francisco, CA, 22-Oct-1978)02. Little Thing Called Love (Berlin, Germany, 19-Oct-1982)03. Old Man (Berlin, Germany, 19-Oct-1982)04. Transformer Man (Berlin, Germany, 19-Oct-1982) 05. Sample And Hold (Berlin, Germany, 19-Oct-1982)06. Don't Be Denied (Dayton, OH, 18-Sep-1983) 07. Barstool Blues (Santa Cruz, CA, 7-Feb-1984)08. Touch The Night (Santa Cruz, CA, 7-Feb-1984) 09. Tonight's The Night (Santa Cruz, CA, 7-Feb-1984)10. Comes A Time (Austin, TX, 25-Sep-1984) 11. Southern Pacific (Austin, TX, 25-Sep-1984)12. Down By The River (Austin, TX, 25-Sep-1984)

(02-05)「Live In BERLIN」から収録
(06)「SHOCKING PINKS」※廃盤 より収録!
(07-09)クレイジーホース+ベン・キースで二日間4公演のみ行われた貴重なライブから。
(10-12)「AUSTIN CITY LIMITS」出演時の演奏


Disc 4 - 1984 - 1989
01. Heart Of Gold (Austin, TX, 25-Sep-1984)02. Flying on the Ground is Wrong (New Orleans, LA, 27-Sep-1984)03. Road Of Plenty (Mansfield, MA, 21-Sep-1986)04. Hippie Dream (Minneapolis, MN, 17-Oct-1986)05. Prisoners Of Rock'n'Roll (Minneapolis, MN, 17-Oct-1986)06. When You Dance I Can Really Love (Birmingham, England, 2-Jun-1987)07. See the sky about to rain (Birmingham, England, 2-Jun-1987) 08. Mideast Vacation (Birmingham, England, 2-Jun-1987)09. Southern Man (CSNY - Oakland, CA, 4-Dec-1988)10. For The Turnstiles (Tulsa, OK, 13-Jan-1989)11. Sugar Mountain (Tulsa, OK, 13-Jan-1989) 12. Four Strong Winds (Tulsa, OK, 13-Jan-1989)13. Cocaine Eyes (Tulsa, OK, 13-Jan-1989) 14. Like A Hurricane (Tulsa, OK, 13-Jan-1989)15. Rockin' In The Free World (New York, NY, 30-Sep-1989)

(01)「AUSTIN CITY LIMITS」出演時の素晴らしい演奏です!
(07)「BIRMINGHAM VACATION」より貴重なトラックです!
(13)「Tulsa Time」よりレア・トラックです!



ニール・ヤング
ACOUSTIC
SR-018
SBD
4CD-R+1DVD-R
\6,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


二ールヤング 魂の帰還意図的に自らのキャリアを傷つけたと評される10年間がここに終わりを告げる。
89年、ディランは【オー・マーシー】、ストーンズは【スティール・ホイールズ】、クラプトンは【ジャーニーマン】、そして彼も【フリーダム】で復活を遂げる。
復活を強く印象づけたソロ・アコースティック・ツアーからの放送音源を4枚に収録。特典として、このツアーのビデオ映像もDVD化で収録。サタデーナイトライブも収録。

Disc:1
Hey Hey, My My (Out Of The Blue) Rockin' In The Free World The Old Laughing Lady Don't Let It Bring You Down Someday Crime In The City (Sixty To Zero) Eldorado Too Far Gone This Note's For You The Needle And The Damage Done No More Fuckin' Up After The Goldrush Hangin' On A Limb

Disc:2
Heart Of Gold Ohio Rockin' In The Free World My My Hey Hey (Out Of The Blue) Rockin' In The Free World The Old Laughing Lady Don't Let It Bring You Down This Note's For You The Needle And The Damage Done No More After The Goldrush Ohio Rockin' In The Free World Powerfinger My My Hey Hey (Out Of The Blue) Rockin' In The Free World Too Far Gone

Disc:3
My My, Hey Hey (Out Of The Blue) Rockin' In The Free World Comes A Time Sugar Mountain Pocahontas Helpless Crime In The City (Sixty To Zero) For The Turnstiles This Old House Roll Another Number (For the Road) Too Far Gone This Note's For You The Needle And The Damage Done No More After The Goldrush Heart Of Gold Ohio Disc:4 Rockin' In The Free World Powderfinger Down By The River Don't Let It Bring You Down Crime In The City (Sixty To Zero) Eldorado Ohio Comes A Time Razor Love Rockin' In The Free World The Needle And The Damage Done No More Rockin' In The Free World The Needle And The Damage Done No More Disc:1,

Disc:2 1-3 - Muziektheater Stopera, Amsterdam, The Netherlands. 10th December 1989
Disc:2 4-14 - L'Elysee Montmartre, Paris, France. 11th December 1989
Disc:2 15-17 - Grose Freiheit, Hamburg, Germany. 8th December 1989
Disc:3, Disc:4 1-3 - Jones Beach Music Theater, Wangagh, NY. USA 14th June 1989
Disc:4 4-7 - Hammersmith Odeon, London, England. 12th December 1989
Disc:4 8-9 - Sportpaleis Ahoy' Rotterdam, Netherlands. 13th December 1989
Disc:4 10-12 - "Saturday Night Live" (Rehearsal)
Disc:4 13-15 - "Saturday Night Live" (Broadcast)
"Saturday Night Live" NBC TV Studios,Rockeffer Center, NY. USA 30th September. 1989

Disc:5
Crime In The City (Sixty To Zero) This Note's For You No More Too Far Gone After The Goldrush Ohio Rockin' In The Free World Rockin' In The Free World The Needle And The Damage Done No More Rockin' In The Free World The Needle And The Damage Done No More

Disc:5
1-2 - The Palladium, New York, NY, USA 6th September. 1989
Disc:5
3-7 - Jones Beach Music Theater, Wangagh, NY. USA 14th June 1989
Disc:5
8-10 - "Saturday Night Live" (Rehearsal)
Disc:5
11-13 - "Saturday Night Live" (Broadcast)
"Saturday Night Live" NBC TV Studios,Rockeffer Center, NY. USA 30th September. 1989



ニール・ヤング
Solo Cocert In Frankfurt
ZR-137/138
AUD
2CD-R
\4,000
個数


1989年ニールヤングのソロコンサート音源登場です。12月7日のフランクフル小公演を高音質オーディエンスマスターよりリマスタリングされ、完全収録です。

“Rockin' In The Free World ”“Crime In The City ”“Eldorado”“This Note's For You ”といった、この時期ならではの特徴的なセットリストとなっております。曲により昔なじみのベン・キースやフランク・サンペドロがサポートで加わりますが、和気藹々としたとても良い雰囲気です。“Too Far Gone”では演奏をいったん止め「ところでベン、元気にやってるか?」などとなんともフレンドリーで微笑ましいシーンも見受けられます(聞き受けられます)。エレクトリックギターで疾走するニールではありませんが、まあ、こういうのも良いじゃんね。たまには。

DISC 1
01. My My, Hey Hey 02. Rockin' In The Free World 03. The Old Laughing Lady 04. Don't Let It Bring You Down 05. Someday 06. Crime In The City 07. Eldorado

DISC 2
01. Too Far Gone 02. This Note's For You 03. The Needle And The Damage Done 04. No More 05. After The Gold Rush 06. Hanging On A Limb 07. Heart Of Gold 08. Ohio 09. Rockin' In The Free World

1989 European Tour
Neil Young - vocals, guitar, banjo, keyboards, harmonica
(support member)
Frank "Poncho" Sampedro - guitar. mandolin, vocals
Ben Keith - dobro, keyboards, vocals

Live at Musikhalle, Frankfurt, West Germany December 07, 1989



ニール・ヤング
Acosticlips
Musical Box-012
Pro-Shot
1DVD-R
\3,200
個数


アコースティックなニールヤングのテレビクリップを集めた映像集です。当時テレビ放送されたドキュメントからのライヴシーンなど、1970年初頭の映像ばかりを収録しています。この辺の映像は来春に予定されているオフィシャル“アーカイヴ・ボックス”で高画質にて日の目を見る事になるのかもしれませんが、それまで待ちきれないファンのためのリリースです。これを観て“アーカイヴ・ボックス”へ期待を膨らませましょう。

Rare TV Clips Of Neil Young In Early 1970S
Including ........The Loner, Cinnamon Girl, Only Love Can Break Your Heart, Old Man, Journey Through The Past, Cowgirl In The Sand, Man Needs A Maid, Heart Of Gold.....
And More



ニール・ヤング
Comes A Live
ZR-094/095
AUD
2CD-R
\4,200
個数


ニールヤング初登場音源です。1978年5月25日のレイトショウと同年5月28日のアーリーショウをカップリングして収録。

『ワン・ストップ・ワールド・ツアー』と名付けられたソロ・ツアーより、どちらも初登場となる日です。音質は『VERY GOOD AUD』といったところ。アコースティックアルバム『カムズ・ア・タイム』の発売が遅れて未だ発売されていなかったにもかかわらず、次の『ラスト・ネヴァー・スリープス』へのアプローチを試みている時期のライヴで、セットリストも『カムズ・ア・タイム』からの曲に加え、『マイ・マイ・ヘイ・ヘイ』なども演奏されています。実際後のアルバム『ラスト・ネヴァー・スリープス』にはこのツアーからの演奏が使われている曲があることからも、ニールは既に新たな試みに突入していたことがわかるのです。また当時ならではのアレンジで歌われる曲たちも聴き逃せません。ニールヤング・ファン必携のコレクションです。

Two Shows From One Stop World Tour

MAY 25TH, 1978 (Late Show) The Boarding House, San Francisco, California
MAY 28TH, 1978 (Early Show) The Boarding House, San Francisco, California

Disc.1
MAY 25TH, 1978 (Late Show)
01. Pocahontas 02. Human Highway 03. Already One 04. Comes A Time 05. Birds 06. My My, Hey Hey 07. Cowgirl In The Sand 08. Shot's 09. After The Goldrush 10. Thrasher 11. The Ways Of Love 12. Out Of My Mind 13. Ride My Llama 14. Sugar Mountain 15. Sail Away

Disc.2
MAY 28TH, 1978 (Early Show)
01. Pocahontas 02. Human Highway 03. Already One 04. Comes A Time 05. Birds 06. My My, Hey Hey 07. Cowgirl In The Sand 08. Shot's 09. After The Goldrush 10. Thrasher 11. The Ways Of Love 12. Out Of My Mind 13. Ride My Llama 14. Sugar Mountain 15. Sail Away 16. Homegrown

Neil Young - vocals, guitar, keyboards, harmonica



ザ・ダックス
Lost Days Of The Ducks
Dead Flowers Records-051
SBD/AUD
4CD-R
\5,700
個数


1977年夏、Neil Youngと「My My, Hey Hey (Out of the Blue)」の共作者Jeff Blackburnを中心に、Moby Grapeのオリジナル・メンバーであるBob Mosley、Ry Cooder等との仕事で知られるJohnny Craviottoという4人のメンバーで結成された”THE DUCKS”。
カリフォルニア州サンタクルーズを根城に僅か3ヶ月間、およそ20回ほどの公演をおこなっただけで空中分解してしまった幻のプロジェクトの全貌を明らかにする珠玉のアイテムが登場。

メーンとなるのは、Disc 1~Disc 3に収録された完全初登場のステレオ・サウンドボード音源で、日付・場所等の詳細は不明ながら、1977年7~9月にサンタクルーズでおこなわれたレア・ライブの数々を素晴らしい音質で記録したものです。一部の楽曲でカット箇所等がありますが、経年を全く感じさせない最高品質のサウンドボード・マスターを使用しており、さらにレーベル・オリジナルの24bitデジタル・リマスタリングが施されたことにより、オフィシャル級の極上音質に仕上がっています。そしてDisc 4には、9/2のCivic Auditoriumでおこなわれたラスト・ライブを、こちらもレーベル・オリジナルのリマスターが光る超高音質オーディエンス録音にて収録。短命に終わってしまった幻のプロジェクトですが、ここで聴くことが出来るライブ・パフォーマンスの数々は、4人のミュージシャンの多様な音楽性が見事に昇華されており、70年代後半のアメリカのロックシーンの美味しい所が全て凝縮されたようなバラエティ豊かな内容となっています。全てのロックファンに聴いていただきたいオススメの1枚!

◆Live Compilation in Santa Cruz, California, July - September USA 1977 (EX-Soundboard Recording / 24bit Digitally Remastered)

(Disc 1)
01. A Deeper Mystery (cut in) 02. Gypsy Wedding 03. Bye Bye Johnny 04. Long May You Run 05. Sailor Man 06. Younger Days 07. Love You Forever 08. Gone Dead Train 09. Hold On Boys 10. Sail Away 11. Silver Wings 12. Two Riders 13. Poor Man

(Disc 2)
01. Mr. Soul 02. Tore Down 03. Wide Eyed And Willing 04. Truckin' Man 05. Don't Let Em Get To You 06. Long May You Run (cut out) 07. Intro 08. Poor Man 09. Tore Down 10. Your Love 11. Two Riders 12. Gone Dead Train 13. Little Wing 14. Truckin' Man 15. Hey Now 16. Silver Wings

(Disc 3)
01. Wild Eyed And Willing 02. Human Highway 03. Gypsy Wedding 04. Honky Tonk Man 05. Hold On Boys 06. I'm Ready 07. Windward Passage (cut out) 08. Mr. Soul 09. Car Tune 10. Leaving Us Now 11. Sail Away 12. Do Me Right

(Disc 4)
◆Civic Auditorium, Santa Cruz, CA 2nd September 1977 (EX-Audience Master / 24bit digitally remastered)
01. Gypsy Wedding 02. Tore Down 03. Sail Away 04. Take Me Down To The Sun 05. Do Me Right 06. Cryin' Eyes 07. Love You Forever 08. Younger Days 09. Silver Wings 10. Little Wing 11. Poor Man 12. Gone Dead Train 13. Hold On Boys 14. Mr. Soul 15. Car Tune 16. Are You Ready For The Country? 17. Homegrown 18. Silver Wings

◇Personnel; Neil Young (guitar, harmonica, vocals), Bob Mosley (bass, vocals), Jeff Blackburn (guitar, vocals) & Johnny Craviotto (drums, vocals)



ニール・ヤング
CHROME DREAMS
GG-07
SBD
1CD
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


本作「Chrome Dreams」はニール・ヤングが1977年に制作したもののお蔵入りとなった未発表アルバムである。
リリースされていればニールの70年代の代表作となっていたであろう強力な内容でありながら、その後もリリースされることなく、本アルバムの中から数曲が再録されて発表されているに過ぎない。レコーディングは1974年から1977年にかけて断続的に行なわれており、アルバム・タイトル及びアートワークも決まっておりながら、最終的にリリースされることなく、ニールの興味は新たに『American Stars ‘N Bars』に移行してしまう。
「Powderfinger」は『Rust Never Sleeps』に収録されているナンバーであるが、本作にはエレクトリックによるアレンジではなく、アコースティックによる美しいバージョンとなっている。「Sedan Delivery」もゆっくりとしたアレンジとなっていたり、「Pocahontas」はオーヴァー・ダブがなされていないシンプルなものであるなど、様々な相違が認められる。「Hold Back The Tears」は『American Stars ‘N Bars』と比べ大きく異なり、未発表の歌詞まで加えられている。「Too Far Gone」は10年以上経た『Freedom』まで陽の目を見なかった未発表曲である。 ニール・ヤングが1977年にリリース予定であった有名な未発表アルバムを最高の状態で収録したのが本作である。
美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

01. Pocahontas
02. Will To Love
03. Star Of Bethlehem
04. Like A Hurricane
05. Too Far Gone
06. Hold Back The Tears
07. Homegrown
08. Captain Kennedy
09. Stringman
10. Sedan Delivery
11. Powderfinger
12. Look Out For My Love



ニール・ヤング
THE BERNSTEIN TAPE
ZR-033/034
SBD
2CD-R
\5,100
個数


ニールヤングの1976年アメリカ・ツアーよりアコースティック・ソロ・ステージを集めたサウンドボード音源、通称バーンスタイン・テープの完全版が登場!!

バーンスタイン・テープとは、ローディーのレナード・バーンスタインがスタッフたちに配ったテープのことで、内容は1976年のアメリカ・ツアーのニールのソロ・ステージをサウンドボード録音にてコンピレーション収録したものです。これはかつてブート・リリースもありますが、曲数をカットし1枚物でのリリースでした。今回はノーカットの完全版です。既発アイテムでカットされていた『マン・ニーズ・ア・メイド』の演奏ではニールがシンセサイザーとピアノを弾き分け、オフィシャル・アルバム『ハーベスト』収録ヴァージョンに近い演奏が楽しめます。76年と言えばどうしても初登場の『ライク・ア・ハリケーン』に話題がいきますが、アコースティック・ソロ・セットだって素晴らしい演奏をしていたんですっ!

Acoustic Solo From AMERICAN TOUR 1976 Complete “Joel Bernstain Tape”
Disc 1
01 Campaigner 02 The Old Laughing Lady 03 Human Highway 04 Tell Me Why 05 After The Gold Rush 06 Havest 07 Mr. Soul 08 Here We Are In The Years 09 Journey Thorough The Past 10 Heart Of Gold 11 White Line 12 A Man Needs A Mind

Disc 2
01 Give Me Strength 02 No One Seems To Know 03 Mellow My Mind 04 Too Far Gone 05 Needle And The Damage Done 06 Pochahontas 07 Roll Another Number 08 The Losing End 09 Love Is A Rose 10 Sugar Mountain



ニール・ヤング&クレイジー・ホース
Well-Known Secret
Scremer-05028-031
AUD
4CD
\10,000
個数


説明不要の大有名音源BOSTON公演昼夜2ステージを最高級クラスのオーディエンス・レコーディングにて完全収録。

Disc 1に昼のアクースティック・セット、Disc 2に昼のバンド・ セット、そしてDisc 3に夜のアクースティック・セット、Disc 4に夜のバンド・セットが収録されており非常に聴きやすく楽しめる内容となっております。過去に幾度となくCDリリースされた音源ですので、私風情が今更敢えて語るのもおこがましいほど名演中の名演です。76年のツアーの中でもBEST 3に、人によってはBEST 1に挙げる名演です!!

幾度となくリリースされたものをまた出すのかと言った、お叱りの声も聞こえてきそうです。しかし、この世界遺産とも言うべきこの素晴らしい音源が録音者所有のマスター・テープからダイレクトにCD化されたのは初めてなのです。もちろん、編集時のデジ・ノイズなど皆無です。しかも昼夜公演揃ってワン・パッケージのまさに真のコレクターズ・アイテムです!

アクースティック・セットではニールのヴォーカルが力強く響き渡り、リスナーは遥か彼方のBOSTON MUSIC HALLに思いを馳せる事でしょう。アクースティック・セットなんか綺麗に録れてて当たり前だろ!そんな辛口の言葉も聞こえてきそうです。しかし、この音源の白眉は、やはり後半のバンド・セットの素晴らしさでしょう。艶やかなエレクトリック・ギターが聞こえた瞬間、全身に鳥肌が立つほど興奮を覚えるリスナーも少なくないはずです。そしてバンドが入ってきてもサチる事無く美しいバランスで収録されており、この音源を当時アマチュア生録最強のツールと謳われたSONYのワンポイント・ステレオ・マイクECM99Aと前年より強化されたSONYのポータブル・デッキTC-153SDにて現在に残してくれたテーパーにただただ感謝あるのみです。

<DISC 1>
1. The Old Laughing Lady 2. Human Highway 3. Journey Through The Past 4. Pocahontas 5. The Needle And The Damage Done 6. Give Me Strength 7. A Man Needs A Maid 8. Sugar Mountain

<DISC 2>
1. Country Home 2. Don't Cry No Tears 3. Down By The River 4. Lotta Love 5. Like A Hurricane 6. After The Goldrush 7. Cortez The Killer 8. Cinnamon Girl 9. Are You Ready For The Country?

<DISC 3>
1. Tell Me Why 2. Roll Another Number 3. Journey Through The Past 4. The Needle And The Damage Done 5. Harvest 6. Campaigner 7. Pocahontas 8. A Man Needs A Maid 9. Sugar Mountain

<DISC 4>
1. Country Home 2. Don't Cry No Tears 3. Drive Back 4. Cowgirl In The Sand 5. Bite The Bullet 6. Lotta Love 7. Like A Hurricane 8. After The Goldrush 9. Are You Ready For The Country? 10. Cortez The Killer 11. Cinnamon Girl 13. Homegrown 14. Southern Man

Disc 1 Disc 2 >Early Show
Disc 3 Disc 4 >Late Show
Boston Music Hall, Boston, Massachusetts November 22, 1976



ニール・ヤング
MADISON HURRICANE
SR-012/013
AUD
2CD
\5,400
個数


歴代のニールヤング・アンド・クレイジーホース・ツアーの中で最も人気の高い1976年後期アメリカ・ツアーからプレス・アイテム登場です!!

ニールヤングがクレイジーホースを率いて1976年後期に行ったアメリカ・ツアーより11月14日のマディソンでのライヴがプレスCDにて登場!この日のライヴがブートレグ・アイテムとしてリリースされるのはこれが初めてです。しかもプレスCD!

1976年は3月に初来日となった日本ツアーを経てヨーロッパツアーを行い、インターバルをはさんで秋にアメリカでツアーを行いました。今回リリースとなるアメリカ・ツアーは1976年初期の日本・ヨーロッパとは比べ物にならないほどのテンションの高さが魅力です。

特にこの日の『ライク・ア・ハリケーン』は20分に及ぶ長丁場で、ニールは後半のソロでギターに飽き足らずピアノまで弾き、さらにまたギターを弾きだすという暴れ様。セットリストも普通はどちらか一方に絞られていた『カウガール・ イン・ザ・サンド』と『ダウン・バイ・ザ・リヴァー』が両方とも演奏されるというお得な日でもあります。

音質はまずまずのオーディエンス録音を適度にマスタリングを施し収録しています。同年のツアーは他にもっと音質の良い音源もリリースされていますが、これだけテンションが高く素晴らしい演奏は他にありません!この日のライヴを聴かずしてニールヤングは語れないのです!!

11-14-1976, Dane County Coliseum, Madison, Wisconsin

DISC 1
01. The Old Laughing Lady/Guilty Train 02. Human Highway 03. Journey Through The Past 04. Pocahontas 05. Too Far Gone 06. The Needle And The Damage Done 07. A Man Needs A Maid 08. No One Seems To Know 09. Sugar Mountain

DISC 2
01. Cowgirl In The Sand 02. Don't Cry No Tears 03. Bite The Bullet 04. Down By The River 05. Lotta Love 06. Like A Hurricane 07. After The Goldrush 08. Cinnamon Girl 09 Encore 10. Cortez The Killer 11. Drive Back



ニール・ヤング
Fanfare Blowing
GG-01/02/03
AUD+PRO-SHOT
2CD+1DVD
\7,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


ニール・ヤングの初来日公演より、1976年3月5日大阪フェスティバルホール公演がリリースとなります。

その後も何度か来日しているニール・ヤングですが、この初来日は人気の高い76年のツアーの一環として行なわれたこともあって、ファンの間では特別な思いがあるコンサート。全7回行なわれ、それぞれに高音質のオーディエンス・ソースがコレクターズ・アイテムとしてリリースされています。それら従来の音源もじゅうぶんに高音質だったのですが、近年になってさらに音質が向上したソースが各公演発掘され、大阪3連続公演の中日にあたる本作に収録の3月5日公演も例外ではありません。

ここに収録の音源は、35年前のオーディエンス録音という時代性を超えて、現代でも通用する高音質レコーディング。しかもコンサート完全収録とあって、ぜひニールヤングの来日コレクションのひとつに加えていただきたいタイトルです。

DVDは同じ初来日公演より、日本武道館公演をプロショットで収録。音はもちろんサウンドボードです。

1976年3月10日と11日の両日で撮影された有名な映像ですが、今までおざなりにされていた収録日クレジットを、曲ごとにどの日の演奏かをジャケットに明記してあります。その他、1976年11月29日と31日に収録されたハマースミスオデオン公演から5曲をこれもプロショット映像で、1976年4月2日(1日という説もあり)グラスゴーの地下鉄駅前で行なわれたストリート・ライヴから「Old Laughing Lady」を収録。

ニールヤングの1976年初来日公演より、3月5日大阪フェスティバル・ホール公演を高音質完全収録の2CD、武道館公演プロショット映像をDVDに、それぞれ収録したセット。DVDのボーナス映像として同年ハマースミスオデオンのプロショット、ストリート・ライヴも収録。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤です。

FESTIVAL HALL OSAKA JAPAN MAR. 5, 1976
DISC ONE
01. Tell Me Why
02. Mellow My Mind
03. After The Goldrush
04. Too Far Gone
05. Only Love Can Break Your Heart
06. A Man Needs A Maid
07. No One Seems To Know
08. Heart Of Gold

DISC TWO
01. Country Home
02. Don't Cry No Tears
03. Down By The River
04. Lotta Love
05. Like A Hurricane 
06. The Losing End
07. Drive Back
08. Southern Man
09. Cinnamon Girl
10. Cortez The Killer

DVD DISC
BUDOKAN HALL TOKYO JAPAN MAR. 1976
01. Mellow My Mind (March 10)
02. Too Far Gone (March 10)
03. No One Seems To Know (March 10)
04. Country Home (March 10)
05. Don't Cry No Tears (March 10)
06. Drive Back (March 10)
07. Cowgirl In The Sand (March 11)
08. Lotta Love (March 11)
09. The Losing End (March 11)

HAMMERSMITH ODEON LONDON ENGLAND MAR. 1976
10. Tell Me Why (March 29)
11. Stringman (March 31)
12. Human Highway (March 31)
13. Down By The River (March 31)
14. Cortez The Killer (March 31)

ENTRANCE OF SUBWAY STATION GLASGOW SCOTLAND APR. 2, 1976
15. Old Laughing Lady



ニール・ヤング
C.O.D.E
SR-030/31
AUD
2CD
\5,200
個数


ニールヤング・クレイジーホースの1976年3月5日大阪公演決定版です。今更説明無用の1976年初来日公演から3月5日の大阪公演がアンコールまで含む完全収録にて登場しました。もともと音質の良いオーディエンス録音で有名でしたが、更に音質の良い新たなマスターよりリマスタリングを施し過去最高の音質に仕上がっています。

Complete "OSAKA" Definitive Edition
Live at Festival Hall, Osaka, Japan March 5th, 1976
Digital Remastered From New High Quality Master

Disc 1
01. Tell Me Why 02. Mellow My Mind 03. After The Gold Rush 04. Too Far Gone 05. Only Love Can Break Your Heart 06. A Man Needs A Maid 07. No One Seems To Now 08. Heart Of Gold

Disc 2
01. Country Home 02. Don't Cry No Tears 03. Down By The River 04. Lotta Love 05. Like A Hurricane 06. The Losing End 07. Drive Back 08. Southern Man 09. Cinnamon Girl 10. Cortez The Killer

Neil Young - vocals, guitar, keyboards, banjo, harmonica
Frank Sampedro - guitar, keyboards, vocals
Billy Talbot - bass, vocals
Ralph Molina - drums, vocals



ニール・ヤング
ANOTHER OSAKA
AUD
1CD
\3,200
個数


奇跡の名音源、遂に登場!! ニールヤング大阪公演初日!!!

記念すべきニールヤング初来日の1976年、三日間行われた大阪公演は二日目に当たる3月5日の公演が『OSAKA』としてあまりに有名ですが、今回リリースするのはその『OSAKA』を撮ったテーパーとおなじ人物によって撮られた初日の音源です。音質は超最高級のオーディエンス録音!! 

新曲Like a Hurricaneから代表曲Southern Manまでクレイジーホースのタイトに引き締まったバックにニールヤング灼熱のギターソロ!!! この素晴らしい音質で、これだけ素晴らしい演奏が聴ける喜びを噛み締めてください! 目を閉じて1976年3月4日大阪フェスティバルホールの熱気を心に刻んでください!! 大きな音で必聴!!!

Live at Festival Hall, Osaka, Japan, March 4, 1976

1. After The Goldrush 2. Too Far Gone 3. Only Love Can Break Your Heart 4. A Man Needs A Maid 5. No One Seems To Know 6. Heart Of Gold 7. Country Home 8. Don't Cry No Tears 9. Down By The River 10. Lotta Love 11. Like A Hurricane 12. The Losing End 13. Drive Back 14. Southern Man 15. Cinnamon Girl



ニール・ヤング&クレイジー・ホース
ROLLING ZUMA REVUE
LRCD-09054
AUD
2CD-R
\4,400
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


ニールヤングがクレイジーホースを率いてバーなどの小さなハコにゲリラ的出演するという、ボブディランの“ローリングサンダーレヴュー”的ツアー、その名も“ローリング・ズマ・レヴュー”!・・・。

ニールヤング史上最も人気の高い1976年ツアーに先駆け1975年に行われたその“ローリング・ズマ・レヴュー”で唯一残された貴重な音源です。超高音質とは行きませんが、リマスタリングしピッチも修正され、ニールヤングのブートを追いかけているファンならまったく問題無く楽しんでいただける音質です。全てエレクトリック演奏で、“ダウン・バイ・ザ・リヴァー”、“カウガール・イン・ザ・サンド”、“ライク・ア・ハリケーン”などの豪華定番トラックから、90年の“傷だらけの栄光”で日の目を見た激レアトラック“ホワイトライン”など1976年のエレクトリックセットでは演奏されなかったようなトラックまで、セットリストも見逃せません。

1976年のツアーが好きで、はじからブートを聴きあさっているようなマニアな方には大推薦!

Live at THE LNN OF THE BEGINNING, COTATI, CALIFORNIA, December 20, 1975

NEIL YOUNG (vo, g, keys, banj, harm) / FRANK SAMPEDRO (g, keys, vo) / BILLY TALBOT (b, vo) / RALPH MOLINA (ds, vo)

Disc 1
1. Country Home / 2. Don't Cry No Tears / 3. Cowgirl In The Sand / 4. One Thing I'm Sure Of / 5. New Orleans / 6. Cinnamon Girl / 7. Homegrown / 8. Down By The River

Disc 2
1. She's Hot / 2. Like A Hurricane / 3. Looking For A Love / 4. Lost And Lonely Feeling / 5. Drive Back / 6. White Line / 7. Southern Man



ニール・ヤング
Chrome Dreams
WR-035
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


ニール・ヤング、1970年代中期の幻の未発表アルバム「CHROME DREAMS」が35年の時を越え高音質
スタジオ・サウンドボード音源で蘇ります!

アルバム「CHROME DREAMS」は、1975年から1976年にかけて制作されながら結局、お蔵入りとなってしまった幻のアルバムです。
このアルバムには、後にリリースされるアルバム「American Stas 'N Bars」や「Rust Never Sleeps」に収録される事となる「Like a Hurricane」「Sedan Deliever」「Powderfinger」などの名曲が収録される予定でした。
もしリリースされていれば確実にニールの代表作と成り得たはずなのに当時のニールはOKとしなかってようです。それだけに、当時のフォーマットで聴く事が出来る本タイトルはニール・ファンならずとも必聴です!
さらに、同時期のライブ音源、スタジオ・アンリリース・ヴァージョンなど6曲の貴重なレア・トラックを追加収録!

Remastered from the best available sources of each track 1975-1976.
Source: Excellent Studio Soundboard Recordings.

01. Pocahontas
02. Will To Love
03. Star Of Bethlehem
04. Like A Hurricane
05. Too Far Gone
06. Hold Back The Tears
07. Homegrown
08. Captain Kennedy
09. Stringman
10. Sedan Delivery
11. Powderfinger
12. Look Out For My Love

Bonus Tracks
13. River Of Pride
['White Line',Unreleased Studio Version,27 Nov 1975]
14. Campaigner
[Unedited,Unreleased Studio Version,Summer 1976]
15. No One Seems To Know
[Live,Tokyo,Japan,10 Mar 1976]
16. Give Me Strength
[Live,Chicago,IL,15 Nov1976]
17. Peace Of Mind
[Live,Chicago,IL,15 Nov 1976]
18. Human Highway
[CSNY,Unreleased Studio Version,April 76]



ニール・ヤング
ボブ・ディラン
ザ・バンド
S.N.A.C.K. BENEFIT 1975
WR-410
SBD
1CD-R
\3,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


1975年、伝説のチャリティー・コンサート、スナック・ベネフィットで実現した“ニール・ヤング”“ボブ・ディラン”“ザ・バンド”による奇跡の共演ライブ音源を高音質サウンドボード音源で収録した貴重なタイトルが登場!

本タイトルは、1975年、ビル・グラハムの呼びかけでサンフランシスコ・ケザー・スタジアムで開催された”スナック・ベネフィット”でのヤング、ディラン、ザ・バンドによる伝説の共演を収録した貴重なタイトル。もう2度と再現出来ない奇跡の共演が蘇ります!後半の「HELPLESS」から「KNOCKIN ON HEAVEN’S DOOR」に隠されたヤングとディランの駆け引きがたまらない、オススメの貴重なライブ音源です!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Kezar Stadium, San Francisco, CA, March 23, 1975.

01. Are You Ready For The Country / 02. Ain't That A Lot Of Love / 03. Looking For A Love / 04. Loving You Is Sweeter Than Ever
05. I Want You / 06. The Weight / 07. Helpless > Knockin on Heaven's Door / 08. Will The Circle Be Unbroken



ニール・ヤング
Tonight’s The Night Acetate
WR-006
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


ニール・ヤング、1975年リリースのアルバム「TONIGHT’S THE NIGHT」のアセテイト盤が登場!
オリジナルは、ドラッグでこの世を去った2人の友人に捧げられた、とても重々しくパーソナルな内容の作品として知られるアルバムですが、本タイトルは、アナログ盤生産の前段階に使用された参照用のマスター音源を使用した、いわゆるアセテイト・ヴァージョンです。

曲順もオリジナルとは異なりサウンドもオリジナルと違い生々しさが半端ないです(しかも5曲の未収録曲入)!ニールが本当に発売したかったヴァージョンは、こちらだったのかもしれません?!オススメです!

SOURCE: Excellent Studio Soundboard Recordings. The Original Recorded Version Album
Recorded Between August 1973 - March 1974.

01. Tonight's The Night
02. Melllow My Mind
03. Roll Another Number
04. Tired Eyes
05. Speakin' Out
06. Walk On
07. For The Turnstiles
08. Bad Fog Of Loneliness
09. New Mama
10. Winterlong
11. Borrowed Tune
12. Traces
Bonus Track
13. World on a String[US 1st Pressing]
14. Come on Baby Let's Go Downtown[US 1st Pressing]
15. Albuquerque[US 1st Pressing]
16. Lookout Joe[US 1st Pressing]
17. Tonight's the Night, Pt. 2[US 1st Pressing]



ニール・ヤング
Time Fades Away
SBD
1CD
\3,400
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


大ヒット作「ハーヴェスト」リリース後に大々的に1973年初頭に行われたツアーからのライブ・アルバム『Time Fades Away』は、不思議なことに現在もCD化されていないタイトルのひとつ。本作は、もちろんアナログ復刻ではなく、当初CD化を予定してリマスターされながらお蔵入りとなったマスターから収録したものです。
よって針音がないのはもちろんのことですが、90年代にCD化されていたなら、このような音になったであろう、リマスター・バージョンとなっています。

ヒット・アルバムを引っ提げてのツアーと言えば聞こえはいいが、実際には三ヶ月に及ぶハード・スケジュールな
ツアーにおいて、バンド・メンバーの交代、大会場での混乱など、トラブル続きだったツアーであり、ツアー中に披露されていた新曲だけをまとめた内容は、通常のライブ・アルバムのイメージを覆すもの。ツアーのステージを再現する内容とはおおよそかけ離れていたことから、リリース当時は不評を買ってしまったアルバムでもあります。
しかし実際には困難の中で続行されたツアーにおける、ハードな演奏の数々を収めた名盤として現在では評価が定着しています。このツアーだけでニールが使用していたフライングVのギター・サウンドがうなりを上げる、この時だけの独特なハードさが魅力で、あの牧歌的な「ハーヴェスト」とほとんど同じメンバーによる演奏とは思えないほどに豹変しているのです。そのあまりにハードなスケジュールから、喉を痛めながらも歌い続けたニールの枯れた独特の歌声も、かえってそのハードなサウンドにマッチしているのが不思議。アルバム・タイトル曲、Last Danceなどのハードな演奏はクレイジー・ホースとも異なる激しい演奏が素晴らしい!
波乱含みで進んだツアーではありましたが、バンド・メンバーの交代後、ニールに頼まれてデヴィッド・クロスビーとグレアム・ナッシュが加わったことでツアー後半には混乱が収束、ショウも毎晩好調でした。このライブ・アルバムにはそのツアー後半からのテイクでまとめられており、「Yonder Stands The Sinner」や「Last Dance」ではクロスビーやナッシュもコーラスで大活躍。
アルバムに収録された「Love In Mind」はてっきり同じツアーからの演奏かと思いきや、何と1971年のソロ・ツアーからの演奏だったという(笑)。それどころか「ハーヴェスト」の「The Needle And The Damage Done」と同じ日の演奏。つまり、73年ツアーのライブ・アルバムに違う年代のライブ音源を混ぜてしまうニールの理不尽さが炸裂。もっとも、ジャケットには日時こそクレジットされなかったものの、収録場所は73年ツアーの時に含まれなかった「Royce Hall, UCLA」という会場名が記されていたので、マニアには知られていましたが。未だにCD化が実現しない音源ですが、90年代半ばになってニールが未CD化のアルバムをまとめてリマスターした際、テスト・プレスのCDまで作られながらもこのアルバムはリリースされませんでした。ここではそのテスト・プレスCDを元にした最高音質で収録。現在CD化されている他のアルバムと何ら遜色のないレベルで聴けます。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

01. Time Fades Away (The Myriad, Oklahoma City March 1, 1973)
02. Journey Through the Past (Public Hall, Cleveland February 11, 1973)
03. Yonder Stands the Sinner (Seattle Center Coliseum, Seattle March 17, 1973)
04. L.A. (The Myriad, Oklahoma City March 1, 1973)
05. Love in Mind (Royce Hall, UCLA January 30, 1971)
06. Don't Be Denied (The Coliseum, Phoenix March 28, 1973)
07. The Bridge (Memorial Auditorium, Sacramento April 1, 1973)
08. Last Dance (Sports Arena, San Diego March 29, 1973)



ニール・ヤング
COLORADO 1971 (Complete ''Boulder,Colorado'')
SBD
1CD
\3,200
個数


1971年1月27日に行われたこのライヴはアナログブートの『Boulder,Colorado』で有名だったものですが、今回リリースするのはそれとは別ソースを使ったプレスCDで、当時のライヴを追体験しているような臨場感溢れる高音質オーディエンス録音です。

この頃はニールヤングの腰の具合が悪かった為全編椅子に座ってのアコースティック楽器による弾き語りと非常にアットホームな空気の中ライヴが行われています。後の名作アルバム『ハーベスト』に収録されニールの代表曲の一つとなったHeart of Goldも最近の演奏とはまた違った表情をみせていて、これも聴き所のひとつといえるでしょう。

1971 Journey Through The Past Solo Tour 
Live at Macky Auditorium University Of Colorado, Boulder, Colorado January 27, 1971

1. On The Way Home 2. Tell Me Why 3. Old Man 4. Journey Through The Past 5. Cowgirl In The Sand 6. Heart Of Gold 7. A Man Needs A Maid 8. Sugar Mountain 9. Don't Let It Bring You Down 10. Love In Mind 11. The Needle And The Damage Done 12. Ohio 13. See The Sky About To Rain 14. Dance, Dance, Dance



ニール・ヤング
GOIN' BACK TO CANADA
OMS-016
SBD
1CD
\3,200
個数


ニールヤング1971年ソロツアーの1月19日トロント公演からレイトショウのオフィシャル級超高音質のサウンドボード録音をプレスディスクにて完全収録!

一部のトレーダー間で出回っているアイテムは『ゼアーズ・ア・ワールド』のイントロが掛けているようですが、もちろんそのイントロも収録しています!この日の演奏は、まるでスタジオでオリジナル・アルバムを製作しているかのような丁寧で素晴らしいもので、地元カナダであったことも手伝い、文句の付け所がありません!

そしてなんとも珍しいのは、『ハート・オブ・ゴールド』のピアノ・ヴァージョン。後に『ハーヴェスト』に収録され大ヒットナンバーとなったこの曲が、初期には『マン・ニーズ・ア・メイド』とコンビの形でピアノ・ヴァージョンとして披露されていたことはファンの間では有名ですが、この素晴らしいピアノ・ヴァージョンがサウンドボード録音にて聴けるのも大きな魅力です。

そしてボーナストラックとしてBBCスタジオでのライヴを2曲収録しています。まさに永久保存版と言うにふさわしいアイテムです!!

Massey Hall Toront Canada January 19,1971
Stereo Soundboard Recording Original Master Serious

01 On The Way Home 02 Tell Me Why 03 Old Man 04 Journey Through The Past 05 Helpless 06 Love In Mind 07 A Man Needs A Maid /Heart Of Gold 08 Cow Girl In The Sand 09 Don't Let It Bring You Down 10 There's A World 11 Bad Fog Of Loneliness 12 The Needle & The Damage Done 13 Ohio 14 See The Sky About To Rain 15 Down By The River 16 Dance,Dance,Dance 17 I Am A Child

*BBC 1971 Bounus Track
18 Out On The Weekend * 19 Journey Through The Past *



ニール・ヤング
BOSTON TEA PARTY 1970
AUD
2CD
\5,800
個数


ニール・ヤングのオリジナル・クレイジーホースによる貴重な音源が登場です!1970年3月1日ボストンでのライヴが良好オーディエンス録音にて登場です。

この日はオーディエンス録音が4曲ラジオで放送されていますが、今回リリースするのはそれとは別のオーディエンステープです。しかもボーナストラックにはラジオで放送された音源4曲も収録で、大充実の内容なのです。

そしてこの時期はクレイジーホースのオリジナル・ギタリストである(今は無き)ダニー・ウィットンが在籍していた事でも有名です。それに加えジャック・ニッチェがエレクトリック・ピアノで参加しており、最近のクレイジーホースと比べるとだいぶ違った演奏になっています。

ニール・ヤングとクレイジーホース、ともに若かりし頃のスピード感ある演奏が楽しめます。

Live at Tea Party, Boston, Massachusetts, March 1, 1970

(DISC 1)
1. On The Way Home 2. I Am A Child 3. Broken Arrow 4. Helpless 5. Sugar Mountain 6. Everybody Knows This Is Nowhere 7. Winterlong 8. Down By The River

(DISC 2)
1. Wonderin 2. The Loner 3. Cinnamon Girl 4. Cowgirl In The Sand 5. Come On Baby Let's Go Downtown 6. Sugar Mountain* 7. Helpless* 8. Cinnamon Girl* 9. Cowgirl In The Sand*
<*audience recording from Radio Broadcast>



ニール・ヤング
DANNY BY THE RIVER
SR-025/026
SBD
2CD
\5,200
個数


1970年2月25日シンシナティでのライヴを超高音質サウンドボードにて完全収録!

この日の公演は優良な音質のサウンドボード音源が残されていることもあり、過去にはいくつかのタイトルを生み出しましたが、今回リリースするのは過去にはリリースされたことのないニューバージョンです。近年発掘された新しい超高音質なマスターをリマスタリングし、過去タイトルを一蹴する決定版に仕上げてあります!

1970年のクレイジーホース・ツアーはオリジナル・ギタリストのダニー・ウィットン在籍唯一のツアーで、引き締まった演奏の素晴らしさは、最近オフィシャルリリースされたフィルモア公演でも立証済み!しかしこのオフィシャル『フィルモア』はエレクトリックセットのみの収録で入門用にはもってこいですが、やはりファンは一公演通してライヴを楽しみたくなるもので、この『ダニー・バイ・ザ・リヴァー』はそういったファンのためのアイテムなのです。オフィシャルと聴き比べても遜色ない音質で、当時ならではの『ブロークン・アロウ』なども演奏されたアコースティックセットから楽しんでいただけます。

そして極めつけはボーナストラックに収録された初登場音源の『ダウン・バイ・ザ・リヴァー』です。本編から3日後となる2月28日のペンシルベニア公演から収録されているこの曲はなんと30分に及ぶ大熱演!

音質はオーディエンス録音のため当然本編にはかないませんが、それでもリマスターによりかなりのレベルまで修正され、狭い音域が押し寄せる音の固まりとなり、この音圧がヴェルヴェット・アンダーグラウンドの『シスター・レイ』を髣髴するような迫力となっているのです!!これは音質の良さをメインとするオフィシャルには絶対に出せないブートの醍醐味!!

ボーナストラックまで含めて、1970年オリジナルメンバーによるクレイジーホース・ツアー音源の決定版です。 オフィシャル『フィルモア』とセットでロックファン必聴・必携!!

LIVE AT MUSIC HALL, CINCINNATI, OH, FEBRUARY 25, 1970

DISC 1
01. ON THE WAY HOME / 02. BROKEN ARROW / 03. I AM A CHILED / 04. HELPLESS / 05. DANCE, DANCE, DANCE / 06. SUGAR MOUNTAIN / 07. DON'T LET IT BRING YOU DOWN / 08. - THE OLD LOUGHING LADY / 09. THE LONER 10. EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE / 11. WINTERLONG / 12. COME ON BABY LET'S GO DOWNTOWN / 13. WONDERIN'

DISC 2
01. IT MIGHT HAVE BEEN / 02. DOWN BY THE RIVER / 03. CINNAMON GIRL / 04. outro

BONUS TRACK PHILADELPHIA, FEBRUARY 28, 1970
05. DOWN BY THE RIVER



ニール・ヤング
OHIO 1970
WR-296
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


“ニール・ヤング(ウィズ・クレイジー・ホース)”1970年、オハイオ・シンシナティー・ミュージック・ホールでのステージを高音質サウンドボード音源(2枚組)でコンプリート収録したタイトルが登場!

本タイトルは、“ニール・ヤング”の超名盤「AFTER THE GOLD RUSH」リリース直前、2月、シンシナティーでのライブを収録した至福のタイトル!前半アコースティック、後編エレクトリックに分けられた2部構成のステージは感動の嵐!今まで細切れでしか聴く事が出来なかったシンシナティー公演の全貌が遂に明らかになる貴重なオススメのコレクターズ・アイテムです!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Music Hall, Cincinnati, Ohio, February 25, 1970.

DISC ONE
[Acoustic Set]
01. On the Way Home / 02. Broken Arrow / 03. I Am a Child / 04. Helpless / 05. Dance, Dance, Dance
06. Sugar Mountain / 07. Don't Let It Bring You Down / 08. The Old Laughing Lady

DISC TWO
[Electric Set]
01. The Loner / 02. Everybody Knows This Is Nowhere / 03. Winterlong
04. Come on Baby, Let's Go Downtown / 05. Wonderin' / 06. It Might Have Been / 07. Down by the River / 08. Cinnamon Girl