コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます




マイルス・デイヴィス/ハービー・ハンコック
In Rome 1988
Rainbow Seeker DVD-027
63min. Pro-shot
1DVD-R
\3,000
個数


これぞブートならではといえるレア・ライブ映像が入荷!

帝王不在のマイルス・バンドにハービー・ハンコックが参加、マイルスのトランペット・パートをキーボードで代演するという大変珍しい内容です。
1988年(詳細な日付は不明)のイタリアはローマでのライブを、放送用プロショット・マスターよりデジタル・リマスタリング収録したもので、年代を感じさせるやや粗めの画質ではありますが、レーベル独自のリマスター作業により音質は飛躍的に向上しています。ある意味マイルス以上に"マイルス的"に迫るハービーのプレイは必見です!

◆Rome, Italy 1988
1. Perfect Way (cuts in)
2. The Senate
3. Human Nature
4. Wrinkle
5. Tutu
6. Drums solo
7. Splatch
8. Tomaas

◇Personnel; Herbie Hancock (subbing for Miles Davis whole show) ?Keyboards Kenny Garrett - Alto Saxophone, Flute Adam Holzman ? Synthesizer Joe "Foley" McCreary - Electric Guitar Benny Rietveld - Electric Bass Ricky Wellman ? Drums Marilyn Mazur - Percussion



マイルス・デイヴィス
Warsaw 1988 and more…
Tribal Blast DVD-026
133min. Pro-shot
1DVD-R
\3,200
個数


MILES DAVISの1988年10/30ワルシャワ公演を、過去最長収録となるニューマスターより、強烈極まりない極上映像&音質のデジタル・リマスタリング・バージョンにて収録。

ファースト・ショウを全8曲とセカンド・ショウを全4曲、計104分に亘り収録した初登場の放送用マスターにレーベル御用達のデジタル・リマスタリングを施しており、ギラギラとした超鮮明な映像と非の打ち所のない完璧な音声(dolby digital 2.0)には全てのファンが失神してしまうことでしょう。セカンド・ショウが完全収録ではないのが唯一残念な点ですが、これまで出回っていた映像が僅か5曲のみの収録であったこと、また放送用のマスターとして本作を超える長さのソースが発掘されるかどうかは定かではないことを考えれば、そして何よりもそのクオリティにおいて本作を超えるものが登場するとは考えられないだけに、88年ワルシャワ公演の映像アイテム決定版として間違いなく必携のタイトルと断言できます。さらにボーナス映像として、同年7/11のシュツットガルト公演より「Time After Time」と7/31のLive Under The Skyより「Perfect Way」「Human Nature」を、こちらも過去最高の高画質・高音質にて追加収録しているので、88年マイルスの映像アイテムとしても間違いなく定番の1本となることでしょう。

◆Jazz Jamboree '88, Sala Kongresowa, Warsaw, Poland, 30th October 1988
<FIRST SHOW>
01.In A Silent Way / Intruder 02.Star People 03.Perfect Way 04.The Senate / Me and You 05.Human Nature 06.Wrinkle 07.Tutu 08.Time After Time
<SECOND SHOW>
09.In A Silent Way / Intruder 10.Star People 11.Perfect Way 12.The Senate / Me and You

◆Liederhalle, Stuttgart, Germany, 11th July 1988
13.Time After Time

◆Live Under The Sky '88, Yomiuri Land Open East Theatre, Tokyo, Japan, 31st July 1988
14.Perfect Way 15.Human Nature

Personnel;
Miles Davis (tp, key)
Kenny Garrett (as, fl)
Joe "Foley" McCreary (lead-b)
Adam Holzman (synth)
Benny Reitveld (el-b)
Ricky Wellman (d)
Marilyn Mazur (perc)
Joey Defrancesco (synth on t-01〜12)
Robert Irving (synth on t-13〜15)



マイルス・デイヴィス
LIVE IN MONTREAL 1985
IRDVD-051
PRO SHOT 58min
1DVD-R
\3,200
個数


Miles1985年、伝説のモントリオール・ジャズ・フェスティバルの名演が蘇ります!

バンド・メンバーはBob Berg(Sax)、Daryl Jones(B)John Scodield(G)、Robert Irving III(Key)、Vince Wilburn(Ds)、Steve Thornton(Perc.)というラインナップ。

内容はMilesとScofield、またはBob Bergのソロがフィーチャー。本作品が発売された当時は、Milesの公式映像がほとんど発売されてなかった事もあり、多くのMilesファンが熱狂、またはショックと評価も二分でした。しかし、天才Miles、その存在感は半端じゃありません。周りを一切寄せ付けず演奏に没頭するMiles。

6人編成のバックと共に6曲を演奏。マイケル・ジャクソンの当時のヒット曲「Human Nature」(アルバム『Thriller』に収録)やMilesお気に入りシンディ・ローパーの名曲「Time After Time」などなど、時代を先取りしつつ、Miles流に演奏されてるのも天才ならでは!

現在はROLLING STONESの最強サポート・ベーシストとして活躍中のDaryl Jones(当時から、やっぱりバカうま、バカテクです)の若き日の勇姿(痩せてます・笑)を堪能出来るのも、今となっては貴重です。 その時代がどうであろうが、バックのメンバーがどうであろうが、MilesはMilesでしかないという事実を再確認出来る永久保存盤、最強のタイトルです!!

RECORDED LIVE ON 1985.
AT THE MONTREAL JAZZ FESTIVAL.

-MUSICIANS-
Miles Davis(Tp)
Bob Berg(Sax)
Daryl Jones(B)
John Scodield(G)
Robert IrvingIII(Key)
VinceWilburn(Ds)
Steve Thornton(Perc.)

- SET LIST -
1. ONE PHONE CALL
2. HUMAN NATURE
3. SOMETHING'S ON YOUR MIND
4. TIME AFTER TIME
5. CODE M.D.
6. JEAN PIERRE



マイルス・デイヴィス
On The Road Mid-Eighties
Rainbow Seeker DVD-026
184min. Pro-shot
2DVD-R
\4,200
個数


80年代半ばのマイルスのライブ映像を3ソース、全て初登場となるプロショット・マスターよりデジタル・リマスタリング収録した2枚組みDVDが入荷。

まずディスク1には、1984年と1985年のNorth Sea Jazz Festivalにおけるライブ・パフォーマンスを合計68分に亘り収録。収録曲に関しては84年が4曲、85年が3曲と決して多くはありませんが、近年のデジタル放送に用いられたマスターを使用しているため、画質・音質ともに最高のクオリティでお楽しみいただけます。

続いてディスク2には、1986年10/26にセルビアのベオグラードでおこなわれたライブを合計2時間近くに亘り収録。こちらはアナログ・マスターを使用しているため、ディスク1の完璧なクオリティと比べるとかなり見劣りがしますが、Garth Webber在籍時の大変珍しいライブ映像、しかも1ステージをほとんど完全に収録した驚愕の内容なので、やはりファン必見でしょう!

<DVD 1>
◆North Sea Jazz Festival, The Hague, The Netherlands 15th July 1984
1. Star People
2. What It Is
3. It Gets Better
4. Jean Pierre

◇Personnel;
Miles Davis (tp, synth), Bob Berg (ss, ts), John Scofield (elg), Robert Irving (synth), Darryl Jones (elb), Al Foster (ds) & Steve Thornton (per)

◆North Sea Jazz Festival, The Hague, The Netherlands 13th July 1985
5. Human Nature
6. Something's On Your Mind
7. Star People

◇Personnel;
Miles Davis (tp, synth), Bob Berg (ss, ts), John Scofield (elg), Robert Irving (synth), Darryl Jones (elb), Vincent Wilburn (ds) & Steve Thornton (per)

<DVD 2>
◆Sava Centar, Belgrade, Serbia 26th October 1986
01. One Phone Call / Street Scenes
02. Speak
03. Star People
04. Perfect Way
05. Human Nature
06. Wrinkle
07. Tutu
08. Splatch
09. Time After Time
10. Tomaas
11. Full Nelson
12. Carnival Time
13. Burn
14. Maze
15. Portia

◇Personnel;
Miles Davis (tp, key), Bob Berg (ss, ts), Garth Webber (elg), Robert Irving (synth), Adam Holzman (synth), Darryl Jones (elb), Vincent Wilburn (ds) & Steve Thornton (per)



マイルス・デイヴィス
Naked Star in Warsaw 1983
Hannibal V-001
111min. Pro-shot
1DVD
\3,300
個数


MILES DAVISの1983年10/23ワルシャワ公演が、オフィシャル級の完璧な画質+音質のプレスDVDで登場。

近年発掘されたマスターテープに、映像・音声ともにプロユースの最新機材による独自のリマスタリングを施したファン驚愕のクオリティの逸品です。John Scofield加入後、Mike Sternの脱退を経て1ギター編成となった時期の貴重なライブで、BassにはDarryl Jonesが定着し、またRobert Irvingが加入したことにより新たな生命力を得たバンドの姿を最高級のクオリティでお楽しみいただけます。80年のカムバック後、精力的なツアーをこなしてきたマイルスのプレイヤーとしての魅力は勿論、1ギターとなったことが却って奏功した感すらあるジョンスコの変態的なギターワーク、そしてマーカス・ミラー脱退後最大の懸案事項でもあったベースプレイヤー探しに終止符を打つ若きダリル・ジョーンズのプレイ等、全編見所満載の111分です。

Miles Davis (tp, synth)
Bill Evans (ss, ts, fl)
John Scofield (el-g)
Robert Irving (synth)
Darryl Jones (el-b)
Al Foster (ds)
Mino Cinelu (per)

◆Sala Kongresowa, Warsaw, Poland, 23rd October 1983
01.Opening MC 02.Speak 03.Star People 04.What It Is 05.It Gets Better 06.Hopscotch 07.That's Right 08.Code M.D. 09.Star On Cicely 10.Jean Pierre 11.Untitled Tune 12.Speak T 13.Speak U



マイルス・デイヴィス
Frakfurt to Rome 1982
Tribal Blast DVD-029
135min. Pro-shot
1DVD-R
\3,200
個数


カムバック・マイルス、1982年におこなわれたヨーロッパ・ツアーより、4/17のドイツ・フランクフルト公演と4/25のイタリア・ローマ公演を、ともに現存する最良の状態のプロショット・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。

1981年、遂にシーンにカムバックを果たしアメリカ・日本をツアーした帝王マイルス。翌82年春、いよいよ本格始動とばかりに開始された欧州ツアーの模様を伝えてくれるのが本タイトルです。前半が欧州ツアー序盤のフランクフルト公演、冒頭の「Back Seat Betty」「My Man’s Gone Now」2曲が未収ですが、ノイズ等皆無の超鮮明な高画質映像で56分間に亘り収録しています。後半80分がおよそ一週間後に行なわれたローマ公演で、こちらは画質がやや落ちますが、ファーストセット・セカンドセットともに完全収録しており、この年のツアーの全貌を伝えてくれる貴重な映像といえるでしょう。両編ともに入念な音声のリマスタリングがおこなわれており音質は抜群なので、単なる映像アイテム以上の価値がある貴重な内容といえます。80年代マイルスバンドの音楽的支柱となったMarcus Millerと、やはり当時新進気鋭のMike Stern、二人のこの時期・この状況下においてしか成立し得なかったであろう絡みはやはり何度聴いてもしびれます。

Miles Davis (trumpet)
Bill Evans (saxophone, flute)
Mike Stern (guitar)
Marcus Miller (bass)
Al Foster (drums)
Mino Cinelu (percussion)

◆Jahrhunderthall, Frankfurt, Germany, 17th April 1982
1.Aida 2.Ife 3.Fat Time 4.Jean Pierre

◆Teatro Tenda Pianeta, Rome, Italy, 25th April 1982
<1st set>
1.Back Seat Betty 2.My Man's Gone Now 3.Aida
<2nd set>
4.Ife 5.Fat Time 6.Jean Pierre



マイルス・デイヴィス
Oriental Afrobeat
Hannibal-008
SBD
2CD
\5,600
個数


1975年1/22、東京厚生年金会館でおこなわれたMILES DAVISのライブを、“これぞ決定版”と断言出来る完璧な状態のステレオ・サウンドボード・マスターよりデジタル・リマスタリング収録したプレスCDが登場。

『アガルタ』、『パンゲア』という2枚の名盤を生み出した75年来日公演、その一連のツアーの記念すべき幕開け公演となったこのステージは、70年代“エレクトリック・マイルス”を総括する必聴の公演の一つとして、ファンにとっては馴染み深いものとなっています。

本アイテムでは、この公演を収録した初登場となるステレオ・サウンドボード・マスターを24bitデジタル・リマスタリング収録、既発のタイトル最大の難点である「Prelude」等において頻繁に発生する音揺れが存在しないことからも分かるように、より鮮度の高い極上品質のマスターを使用しており、音質に関しても、レーベル独自のリマスタリング作業により、ライブの臨場感をダイレクトに伝えてくれる重厚で非常に生々しい極上サウンドへと磨き上げられています。

限定プレスCD2枚組み、お買い逃しなく!

◆Live at Shinjuku Koseinenkin Kaikan, Tokyo, Japan 22nd January 1975
[Stereo Soundboard Recording
(Upgraded Master / 24bit digitally remastered edition)]
<Disc 1>
1. Band Warming Up 2. Prelude 3. Maiysha

<Disc 2>
1. Ife 2. Mtume 3. Turnaroundphrase 4. Tune In 5 / Willie Nelson 5. Untitled Tune

◇Personnel;
Miles Davis (tp, org)
Sonny Fortune (ss, as, fl)
Pete Cosey (elg, synth, per, ds)
Reggie Lucas (elg)
Michael Henderson (elb)
Al Foster (ds)
Mtume (per)



マイルス・デイヴィス
Palais Des Sports Paris 1973
Rainbow Seeker DVD-024
63min. Pro-shot
1DVD-R
\3,300
個数


”1973マイルス”、完全初登場となるプロショット映像アイテムが入荷!

1973年11/15にパリのPalais des Sportsでおこなわれたライブ・パフォーマンスを、良好なモノクロ放送用プロショット・マスターよりデジタル・リマスタリング収録したものです。

放送枠の関係から「Ife」〜「Calypso Frelimo」まで約63分の収録となっており、残念ながらこの日のステージの完全版というわけではありませんが、時代を考えるならば十分すぎるほどの高画質な映像、そしてレーベル独自のリマスターが施された秀逸な音質へと仕上がっているので、全ファン必見の決定版アイテムと断言いたします!

◆Live at Palais des Sports, Paris, France 15th November 1973

1. Ife
2. Right Off
3. Prelude
4. For Dave
5. Tune In 5
6. Calypso Frelimo

◇Personnel;
Miles Davis (tp, org)
Dave Liebman (ts, ss, fl)
Pete Cosey (elg, per)
Reggie Lucas (elg)
Michael Henderson (elb)
Al Foster (ds)
Mtume (perc)



マイルス・デイヴィス
Les Prelude
Hannibal-007
SBD+PRO-SHOT
1CD+1DVD
\5,000
個数


1973年11/3のオーストリア公演のサウンドボード音源と、11/1ドイツ公演のプロショット映像を、プレスCD&DVDに収録したファン待望のアイテムがHannibalレーベルより登場。

CD(11/3オーストリア・ウィーン公演)では、近年の再放送に用いられたサウンドボード・マスターにHannibalレーベル独自のリマスタリングを施しており、オリジナルのマスターではモノラル収録であったこの公演を、前作『The Lost Fleet』(ロスト・クインテット期のストックホルム公演を収録した決定版)同様に立体感溢れる素晴しい音質へと生まれ変わらせています。

DVD(11/1ドイツ・ベルリン公演)においても、やはり近年の再放送に用いられた極上画質のプロショット・マスターを使用、この再放送マスターは30分のみの収録という不完全なものであったため、欠落している後半の20分弱を旧ソースのプロショット・マスター(現存する最良の状態のマスターを使用していますが、さすがに前半の新マスターのクオリティには及びません)で補完しています。DVDにおいてもHannibalレーベルならではのこだわりのリマスタリングが随処に光っており、音質・画質ともに最高の仕上がりとなっています。

<CD>
◆Stadthalle, Vienna, Austria 3rd November 1973
(stereo soundboard recording / 2009 digitally remastered)
1. Turnaroundphrase 2. Tune In 5 3. Ife 4. Right Off 5. Prelude 6. Calypso Frelimo

<DVD>
◆Philharmonie, Berlin, Germany 1st November 1973
(46min. Pro-shot / digitally remastered picture and sound) 1.
Turnaroundphrase 2. Tune In 5 3. Ife 4. Untitled Tune 5. Tune In 5

◇personnel;
Miles Davis (tp, org)
Dave Liebman (ss, ts, fl)
Pete Cosey (elg, per)
Reggie Lucas (elg)
Michael Henderson (elb)
Al Foster (ds)
Mtume (per)



マイルス・デイヴィス
Seventy Three
Hannibal Vision-003
148min. Pro-shot
1DVD
\3,300
個数


MILES DAVISが1973年におこなったステージより、ウィーン、ストックホルム、モントルーの3公演をいずれも過去最高の決定的なクオリティのプロショットにて収録したプレスDVDが登場。

まずは11/3のオーストリアはウィーンでのライブを、近年の再放送に用いられた極上クオリティのマスターよりデジタル・リマスタリング収録。不動のラインナップでおこなわれた73年ツアーのハイライトといっても過言ではないウィーン公演、タイトなグルーヴの中繰り広げられる殺気に満ちた各メンバーのソロプレイは圧巻です、オフィシャル・クオリティの最高の映像と音質でご堪能下さい。

続いて10/27のストックホルム公演を、現存する最良の状態のマスターよりデジタル・リマスタリング収録。こちらはウィーン公演の完璧なクオリティにこそ及びませんが、時代を考えるならば十分すぎるほどの高画質・高音質による収録となっています。そして最後に、オフィシャルのボックスセットにも収録されている7/8モントルーのステージより、「Ife」「Calypso Frelimo」の2曲をやはり高画質・高音質のプロショットにて追加収録。

Miles Davis (tp, org)
Dave Liebman (ss, ts, fl)
Pete Cosey (el-g, per)
Reggie Lucas (el-g)
Michael Henderson (el-b)
Al Foster (ds)
Mtume (per)

[2007 Digitally Remastered Picture And Sound Source / Dolby Digital 2.0]
◆Stadthalle, Vienna, Austria, 3rd November 1973
01.Turnaroundphrase 02.Tune In 5 03.Ife 04.Right Off 05.Prelude 06.Calypso Frelimo

◆Konserthuset, Stockholm, Sweden, 27th October 1973
07.Intro 08.Untitled Tune 09.Calypso Frelimo 10.For Dave 11.Tune In 5

◆Montreux Casino, Montreux, Switzerland, 8th July 1973
12.Ife 13.Calypso Frelimo



マイルス・デイヴィス
LIVE AT THE RAINBOW 1973
IRCD-029/030
SBD
2CD-R
\4,000
個数


MILES DAVIS、伝説の名演と呼ばれている1973年レインボー・シアターでのライブがCDR2枚組で登場です!!1973年7月10日レインボー・シアター公演のアフタヌーン・ショウと同日のイブニング・ショウの模様を高音質サウンドボード収録。

驚異的な音で録音されている本作は、以前、プレスCDで発売されMILESファンの度肝を抜き、話題となったタイトルで(発売時は#1、#2別々で販売)、最近では、めっきり市場で見かけなくなっているだけに今回の再発は嬉しい限りです。バンドメンバーが記録用に録音しておいたマスター・テープからの音源なので音のバランス、音質は文句なしで最高!サウンドボード録音ながら臨場感も抜群です。

Al Fosterのバスドラムの音がここまでクリアに聴こえる音源は他に無いのではないでしょうか?圧倒的な迫力は、まるでステージの目の前で聴いているかのようです。ヘッドフォンで聴くと、なんと、ステージ上でマイルスがメンバーと会話をしている声や靴でカウントをしている音まで聞きとる事が出来ます(感動)。

全体を通して、この時期のMILESは非常に過激な演奏を展開しています。特にファンの間で人気の高い「Right Off」は今作の演奏が名演と呼ばれるに相応しいと言っても過言ではありません!音質、バランス、すべてにおいて最高のパフォーマンスが記録されている歴史的にも貴重なタイトルです!!

MEMBER:
MILES DAVIS(tp.org) / DAVE LIEBMAN(ss.ts.fl) / PETE COSEY(el-g.perc) REGGIE LUCAS(el-g) / MICHAEL HENDERSON(b) / AL FOSTER(ds) / MTUME(perc)

Rainbow Theatre. London 1973 July 10

DISC.1
01. Turnaroundphrase 02. Tune In 5 03. Untitled Tune

Disc.2
01. Right Off 02. Ife 03. Calypso Frelimo(imcomplete)



マイルス・デイヴィス
730619 Tokyo
Hannibal-005
SBD+PRO-SHOT
2CD+1DVD-R
\4,800
個数


1973年におこなわれた2度目となる来日公演より、6/19東京初日のステージを24bitデジタル・リマスタリングの施された極上音質のステレオ・サウンドボード録音にて収録したプレスCDが登場。

その人気、重要度ともに、マイルスのコレクターズCDの中でも最上位に位置づけられるこの日の音源は、放送用の流出マスターテープを用いた非常に高音質なアイテムとしてファンの間では広く認知されている通りです。その既発タイトルが市場から姿を消して久しい中、今回登場となった本タイトル、既発タイトルの単なる焼き直しのコピーかと問われればその答えは「否」です。即ち、本タイトルに用いられたマスターでは、「Tune in 5」等の音抜け箇所、「Ife」で頻繁に発生していたクリップノイズや一瞬の音飛び等が見られないということからもより良い状態のマスターを用いていることを証明しており、またそのサウンド・バランスにおいても、各楽器のエンハンスとライブの臨場感に重きを置いたプロ・スタジオ持ち込みのリマスタリング作業により、非常に完成度の高いライブ・ドキュメントと呼べる極上の仕上がりとなっているのです。

さらに、翌6/20の東京公演より、「Turnaroundphrase」「Tune In 5」「Right Off」の3曲を高画質プロショットにて収録したボーナスDVDRを追加。

Miles Davis (tp, org)
Dave Liebman (ss, ts, fl)
Pete Cosey (el-g, per)
Reggie Lucas (el-g)
Michael Henderson (el-b)
Al Foster (ds)
Mtume (per)

[STEREO SOUNDBOARD RECORDING / 24bit digitally remastered]
◆Shinjuku Kouseinenkin Hall, Tokyo, Japan, 19th June 1973
<DISC 1>
1.Turnaroundphrase 2.Tune In 5 3.Right Off 4.Funk 5.Tune In 5

<DISC 2>
1.Ife 2.Prelude 3.Zimbabwe

<bonus DVD>
◆Shinjuku Kouseinenkin Hall, Tokyo, Japan, 20th June 1973
1.Turnaroundphrase 2.Tune In 5 3.Right Off



マイルス・デイヴィス
2 Exciting Shows On The Corner
Hannibal-014
SBD
2CD
\6,500
個数


Hannibalレーベル最新作、1972年『On The Corner』期の必聴サウンドボード・ライブ2公演を、ともに24bitデジタル・リマスタリングの施された決定的な音質にて収録。

Disc 1に収録されているのが、9/10にアナーバーのOtis Spann Memorial Fieldでおこなわれた”Ann Arbor Blues & Jazz Festival”におけるライブ・パフォーマンスで、現存する最良のサウンドボード・マスターを使用しており、既発タイトルに見られた音抜け等の存在しない最長収録盤となっています。「Honky Tonk」と「Black Satin」の間にカットがありますが、4日前にNYのスタジオでレコーディングされたばかりの「Rated X」をはじめ、全編聴き逃せない内容となっています。

Disc 2には9/14にボストンのPaul's Mallでおこなわれたライブを完全収録。これまで“決定版”とされていたものと同一の高品質なステレオ・サウンドボード・マスターを使用、最新のデジタル・リマスタリングが施されたことにより、さらに磨きがかかった極上音質へと仕上がっています。ボーナス・トラックとして、入手困難な7インチ・アナログ盤の「Molester(Black Satin)」プロモ・バージョンを追加収録。

エレキ・シタールとタブラ奏者を擁する9人編成のバンド・サウンドが特徴の『On The Corner』期。音質・演奏内容ともに、この時期のベスト・テイクと断言出来る2公演と、初CD化となる7インチ・プロモ・バージョンの「Molester」をカップリングした全ファン必携アイテム!もちろん今回も永久保存のプレス2CDでのリリースです、お買い逃がしなく!


<Disc 1> (56:34)
◆“Ann Arbor Blues & Jazz Festival”
Live at Otis Spann Memorial Field, Ann Arbor, MI 10th September 1972
1. Announcement 2. Rated X 3. Honky Tonk (cut out) 4. Black Satin (cut in) 5. Right Off 6. Sanctuary 7. Announcement

<Disc 2> (57:04)
◆Live at Paul's Mall, Boston, MA 14th September 1972
1. Announcement 2. Black Satin 3. Rated X 4. Honky Tonk 5. Right Off 〜 Sanctuary (closing theme) 6. Announcement
◆Bonus Tracks; "Molester" Promo (7 inch analog)
7. Molester Side A 8. Molester Side B

◇Personnel; Miles Davis (tp), Carlos Garnett (ss), Cedric Lawson (key, synth), Reggie Lucas (elg), Khalil Balakrishna (el-sitar), Michael Henderson (elb), Al Foster (ds), Mtume (per) & Badal Roy (tabla)



マイルス・デイヴィス
Berliner Jazztage 1971 -Long Version-
Rainbow Seeker-DVD-030
PRO-SHOT
1DVD-R
\3,400
個数


マイルス・デイビス、Berliner Jazztage 1971でのプロショット・ライブ映像。長らく定番として知られているこの公演のロング・ヴァージョンが、最新のリマスタリングを施されての登場です。
旧放送バージョンでは収録時間が50分であったの対し、今回発掘された映像はプラス20分、合計70分と、大幅に収録時間が増えています。再放送映像をマスターとする事で、画質も飛躍的に向上、音声にもレーベル・オリジナルのリマスタリングが施されています。キース・ジャレット在籍時の定番ライブを、美麗なロングヴァージョンでお楽しみいただけるファン必携アイテムです。お買い逃しなく!

◆Philharmonie, Berlin, Germany 6th November 1971
1. Directions 2. Honky Tonk 3. What I Say? 4. Sanctuary 5. It's About That Time 6. Funky Tonk / Sanctuary
◇Personnel; Miles Davis (tpt) Gary Bartz (ss, as) Keith Jarrett (kb) Michael Henderson (b) Ndugu Leon Chancler (d) Charles Don Alias (perc) James Mtume Foreman (perc)



マイルス・デイヴィス
SATURN
Hannibal-009
SBD+PRO-SHOT
1CD+1DVD
\5,400
個数


Hannibalレーベル第9弾、Miles Davisの1970年のステージより2公演を、プレスCDとプレスDVDに収録。

まずCDには、6月にNYのFillmore Eastでおこなわれた4連日公演の中から、最終日6/20のステージ、いわゆる“土曜マイルス”をサウンドボード・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。

Fillmore East4連日公演といえば、So Whatレーベルの手により陽の目を見たフィルモア3連発完全版を抜きにしては語ることが出来ませんが、本CDは、『Comlete Saturday Miles At Fillmore』に用いられたマスターをSo What レーベルより借り受け、Hannibalレーベルならではと言える入念なリマスタリングを施して収録したものです。この“土曜マイルス”は、水曜や金曜のようなオフィシャル級の完璧なバランスではないため、これまで“通好みのアイテム”という位置づけでありましたが、このたび新たにリマスタリングが施されたことにより、奥に埋もれていたチックのエレピやキースのオルガンも格段に聴き取り易くなった立体感溢れる音像へと生まれ変わっています。

DVDには、同年8/18におこなわれたTanglewood公演のプロショット映像を収録。こちらも、現存する最良の状態のマスターにレーベル独自のリマスターが施されており、ドロップアウト等は皆無のとても綺麗な映像と、非常にクリアでバランスの良い素晴らしいサウンドへと仕上がっています。

<CD (57:25)>
◆Fillmore East Auditorium, New York, NY 20th June 1970
("Complete Saturday Miles" 2010 digitally remastered edition)

1. Directions 2. The Mask 3. It's About That Time 4. I Fall In Love Too Easily 5. Sanctuary 6. Bitches Brew 7. Willie Nelson 〜 The Theme

◇Personnel;
Miles Davis (tp), Steve Grossman (ss, ts), Chick Corea (elp, per), Keith Jarrett (org, fl), Dave Holland (b, elb), Jack DeJohnette (ds), & Airto Moreira (per)

<DVD (43min. Pro-shot)>
◆Berkshire Music Center, Tanglewood, MA 18th August 1970
(2010 digitally remastered edition)

1. Directions 2. Bitches Brew 3. The Mask 4. It's About That Time 5. Sanctuary 6. Spanish Key 〜 The Theme 7. Miles Runs The Voodoo Down 〜 The Theme

◇Personnel;
Miles Davis (tp), Gary Bartz (ss, as), Chick Corea (elp), Keith Jarrett (org), Dave Holland (elb), Jack DeJohnette (ds), & Airto Moreira (per)



マイルス・デイヴィス
The First Night At Fillmore East
Hannibal-015
SBD
2CD
\5,900
個数


1970年3月、帝王マイルスにとって初となるフィルモア・イーストでのライブが、二日間(各2ステージ)計4公演とりおこなわれました。
2日目に当たる3/7のパフォーマンスは『Live At Fillmore East』としてオフィシャル発売されましたが、未発表に終わった初日のステージをマスター・クオリティのステレオ・サウンドボード・ソースより24bitデジタル・リマスタリング収録したのが本タイトルです。
ウェイン・ショーター退団直前、本格的なエレクトリック路線を邁進する70年代の幕開けを告げる記念碑的なステージを、オフィシャル級の極上音質で楽しむことが出来る逸品。お馴染みHannibalレーベルによる入念なリマスター作業が施された結果、マイルスのトランペットを中心に各楽器の輪郭がよりシャープになった鮮やかな高音質へと生まれ変わっており、細かいノイズまで完璧に払拭された決定版と呼ぶに相応しい仕上りとなっています。
さらにボーナス・トラックとして、7インチ・アナログ盤の「Friday Miles」「Saturday Miles」プロモを、こちらも24bitデジタル・リマスタリングが施された高音質で追加収録。
本編の3ヵ月後、再びフィルモア・イーストでおこなわれた所謂「金曜マイルス」「土曜マイルス」のエッセンスが詰め込まれたレア・プロモ。テオ・マセロ自身が編集に携わったこの7インチ盤は今回が初のCD化となるだけに、本編に勝るとも劣らないファン必聴のテイクといえるでしょう。もちろん今回も永久保存のプレスCDでのリリースです、お買い逃がしなく!

◆Fillmore East Auditorium, New York 6th March 1970

(CD 1) -First Concert-
1. Directions 2. Miles Runs The Voodoo Down 3. I Fall In Love Too Easily 4. Sanctuary 5. It's About That Time 〜 Theme

(CD 2) -Second Concert-
1. Directions 2. Miles Runs The Voodoo Down 3. It's About That Time 〜 Theme

Bonus Tracks; 4. "Friday Miles" Promo (7 inch analog) 5. "Saturday Miles" Promo (7 inch analog)

◇Personnel; Miles Davis (trumpet), Wayne Shorter (soprano and tenor saxophone), Chick Corea (fender rhodes electric piano), Jack DeJohnette (drums), Dave Holland (acoustic and electric bass) & Airto Moreira (percussion)



マイルス・デイヴィス
Chaos Theory
Hannibal-003
SBD
1CD & 1DVD-R
\3,600
個数


Lost Quintet最後のステージ、1969年11/9ロッテルダム公演がマスタークオリティのステレオサウンドボード、24bitデジタルリマスタリング仕様のプレスCDで登場。

名演として名高いこの日のステージ、近年再放送されたことにより既に様々な形で出回っているので、経年によるノイズから解き放たれたクリアなサウンドで多くのファンの方が体験済みのことと思いますが、他の音源とは一線を画す最高音質の決定版が本作となります。入念に施されたデジタル・リマスタリング作業により、放送用にミックスされた段階で大幅に失われていたハイ・エンドとロー・エンドが見事に蘇っており、またステレオ感においてもこれ以上望めないレベルの最高級の分離を実現、大音量で"統制のとれた混沌"を思う存分楽しむことが出来ます。オフィシャル級のクオリティとは本作のためにある言葉といって差し支えない、そう断言できる逸品です。

ボーナスDVDには、この公演の2日前におこなわれたベルリン公演のアップグレード版を収録。こちらも音質が飛躍的に向上、映像ノイズが格段に減少した過去最高のクオリティとなっています。エレクトリック路線を本格的に驀進する70年代を目前におこなわれたLost Quintetの貴重なステージ、最終決定版です。

Miles Davis (trumpet)
Wayne Shorter (tenor & soprano sax)
Chick Corea (electric piano)
Dave Holland (bass)
Jack DeJohnette (drums & marimba)

◆De Doelen, Rotterdam, Netherlands, 9th November 1969
STEREO SOUNDBOARD RECORDING <24bit digitally remastered>
1. Introduction 2. Directions 3. Bitches Brew 4. I Fall in Love Too Easily
5. Sanctuary 6. It's About That Time 7. Masqualero

<bonus DVD>
◆Philharmonie, Berlin, Germany, 7th November 1969
-2007 digitally remastered ediion- 45min. Pro-shot /NTSC format/All Regions
1. Introduction 2. Directions 3. Bitches Brew 4. It's About That Time
5. I Fall in Love Too Easily 6. Sanctuary 〜 The Theme



マイルス・デイヴィス
The Lost Fleet
Hannibal-006
SBD+PRO-SHOT
2CD+1DVD
\5,000
個数


“ロスト・クインテット”期を代表する名演として名高い1969年11/5ストックホルム公演のサウンドボード・ソースと、11/4のコペンハーゲン公演のプロショット映像を、ともにマスタークオリティの極上品質のソースよりデジタル・リマスタリング収録したプレスアイテムが登場!

まずCDには、11/5のストックホルム公演のファーストセットをディスク1に、セカンドセットをディスク2に、ともに近年の再放送に用いられたマスターから余計なDJ部分を排してデジタル・リマスタリング収録。チックのエレピが不具合をおこしたためアコースティック・ピアノによる演奏を楽しむことが出来る大変貴重なファーストセット、そしてロスト・クインテットの魅力が凝縮した芳醇な演奏が詰め込まれたセカンドセット、大変クリアな音質ながらオリジナルのマスターではモノラルであったこの日の公演を、Hannibalレーベルならではのリマスタリングにより立体感溢れる素晴しいサウンドに生まれ変わらせています。

一方、前日にあたる11/4のコペンハーゲン公演を収めたDVD、こちらも再放送に用いられた高画質の放送用マスターからデジタル・リマスタリング収録しており、大変美しい仕上がりの映像も勿論のことながら、音声部クオリティの素晴しさは特筆に値します。

CD、DVDともに永久保存のプレス盤です、お買い逃しなく!

◆Folkets Hus, Stockholm, Sweden, 5th November 1969
(SOUNDBOARD RECORDING 24bit digitally remastered)
<Disc 1> -1st set-
1.Bitches Brew 2.Paraphernalia 3.Nefertiti 4.Masqualero

<Disc 2> -2nd set-
1.Directions 2.Bitches Brew 3.This 4.It's About That Time 5.No Blues 6.The Theme

<DVD>
◆Tivoli Konsertsal, Copenhagen, Denmark, 4th November 1969
(53min. Pro-shot / digitally remastered picture and sound)
1.Bitches Brew 2.Agitation 3.I Fall In Love Too Easily 4.Sanctuary 5.It's About That Time 6.The Theme

◇Personnel;
Miles Davis (tp)
Wayne Shorter (ss, ts)
Chick Corea (p, elp)
Dave Holland (b, elb)
Jack DeJohnette (ds)



マイルス・デイヴィス
SALLE PLEYEL PARIS 1969
Rainbow Seeker DVD-023
127min. Pro-shot
2DVD-R
\4,200
個数


ファン衝撃の初登場映像!1969年11/3、パリのSalle Pleyelにておこなわれた”ロスト・クインテット”によるライブを、1stショウ(ディスク1)と2ndショウ(ディスク2)の2ステージともに、フルカラーの高画質プロショット映像にて完全収録。

2ndショウの一部でマスターに起因するドロップアウト箇所こそありますが、総じて時代を考えるならば十分すぎるほどの高画質な内容で、音質面に関してもレーベル独自のリマスターが施された秀逸な仕上がりとなっています。

全編必見と断言できる合計2時間超のライブ・パフォーマンス!2ndショウで確認できるジャック&チックによるダブル・ドラムや楽器を交代しての演奏シーンなどは、こういった映像アイテムの醍醐味といえるでしょう。

◆Salle Pleyel, Paris, France 3rd November 1969

(DVD 1) -1st show-
1. introduction
2. Directions
3. Bitches Brew
4. Paraphernalia
5. Riot
6. I Fall In Love Too Easily
7. Sanctuary
8. Miles Runs The Voodoo Down
9. The Theme

(DVD 2) -2nd show-
1. introduction
2. Bitches Brew
3. Agitation
4. I Fall In Love Too Easily
5. Sanctuary
6. Masqualero
7. It's About That Time

◇Personnel;
Miles Davis (tp)
Wayne Shorter (ss, ts)
Chick Corea (elp, ds)
Dave Holland (b)
Jack DeJohnette (ds, elp)



マイルス・デイヴィス
“Kind Of Blue”
Studio Sessions & Outtakes
WR-045
SBD
1CD-R
\3,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


ジャズ界の帝王“マイルス・デイヴィス”1959年の超名盤「KIND OF BLUE」のレコーディング・セッションを高音質サウンド・ボード音源で収録した奇跡のタイトルが登場です!

マイルスの「KIND OF BLUE」と言えば、ジャズ・シーンにおいて不屈の名盤であるとともに、当時、マンネリ化しつつあったジャズ・シーンに衝撃を与えた60年代のジャズ・シーンをリードするモード奏法を確立、それまでのジャズのイメージを打破した歴史的にも意義のある重要なアルバムである事は言うまでもありません!
本タイトルは、「KIND OF BLUE」に収録されている5曲のレコーディング・セッションを克明に記録し収録した奇跡のタイトルです!
余計な 説明不要の永久必聴盤です!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
KIND OF BLUE SESSIONS 1959.
[Columbia 30th Street Studio, New-York, USA]

01. Freddie Freeloader Session
02. So What Session
03. Blue In Green Session
04. Flamenco Sketches Session
05. All Blues Session