コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます



メリー・ホプキン
EXPO '70 LIVE IN JAPAN
STCD-125
SBD
1CD
\3,600
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


1970年3月15日から9月13日までの183日間、大阪は吹田市で日本で初めてのみならずアジア初の国際博覧会が開催された。「人類の進歩と調和」をテーマにそれまで類を見ない大規模な博覧会となり、 敗戦国から高度経済成長を経て復興した戦後日本の象徴的なイベントであった。団塊の世代は万博の記憶とその時の自分をリンクして想い出す事が出来るのではないだろうか。その万博に出演するため、メリーホプキンが来日したのである。


メリーホプキンはビートルズが設立したアップル・レコードの最初の契約者であった。そのためポールは曲提供はもちろん、プロデュースからプロモーションまで積極的に力を注いでいた。おかげで先行シングル「悲しき天使」が英米でヒットし、ファースト・アルバム『ポストカード』も新人とは思えぬ豪華なゲストの作品が並び、メリーホプキンは一躍スターとなった。しかしポールとメリーの蜜月は1970年に入ると終焉を迎えてしまう。「悲しき天使」「グッドバイ」に続く第三弾シングルとして、ポールはドリス・デイが歌っていた「ケセラセラ」を用意する。しかも川内康範だったら激怒するであろう、オリジナルにはない新たなリフレインをポールが独自に加え、レコーディングが行なわれたのである。この仕上がりにメリーホプキンが難色を示し、結局第三弾シングルは別のプロデューサーによる別の曲に変更になってしまった。これ以後、ポールはメリーホプキンに興味を失ってしまう。メリーホプキンが来日したのは、このような時期であった。

1970年7月1日メリーホプキンは予定より4時間遅れで羽田空港に到着した。大勢のファンが待ち受ける中で空港に姿を現したメリーホプキンは、空港内で簡易的な記者会見も行なっている。東京で1泊した後、翌2日に大阪に移動し、改めて記者会見を行なった。そして同日には会場となる万博ホールで早速リハーサルを行なっている。7月3日には京都観光で終日休暇を楽しんだ後、7月4日から7日までの4日間のコンサートを行なったのである。当時のプログラムにはこの4日間で7回公演が行なわれるとの記載がある。1日2回公演で1回だけの日もあったということだろうが、それ以上の記録が残っていないため詳細は不明である。

そしてファンにとっては幸運な事に、メリーホプキンの大阪万博におけるライブは、メリーの離日直後の7月12日に早くもテレビ放送されている。どの日のどの公演が撮影されたのか、これもまた不明であるが、途中にインタビューを挟みこの時の貴重な記録となっている。そして家庭用ビデオが登場以前の1970年という事もあり、現在に至るまでこの時に放送された映像というのはテレビ局にも残されていないようだ。当時のファンがテレビ放送時に音だけを録音した本作が、現在聴くことの出来る唯一のメリーホプキンの大阪万博のライブということになる。

放送では1曲目に「青春の光と影」が演奏されたように構成されているが、実際は「愛の喜び」がオープニング・ナンバーであったようだ。なんと贅沢にも実際の生オーケストラがバックを務めるという豪華なステージで、これはメリーも初めての経験ではなかっただろうか。この「青春の光と影」は同名映画のタイトルとなりヒットした曲であるが、メリー自身はライブのみで正式にレコーディングは行なっていない。2曲目「しあわせの扉」もオーケストラをバックに軽快に歌われる。ファースト・アルバム『ポストカード』からは唯一「パピー・ソング」が披露されたのみである。「ドナドナ」は子牛が売られて行くよ~の原曲である。ここからカバー曲が続く。ビートルズの曲は「With A Little Help From My Friends」「Yesterday」「In My Life」と3曲も採用している。同じくアップル・アーティストであったギャラガー&ライルという男性デュオもメリーの来日公演に同行しており、ステージ上で紹介されている。そして当時も今も、最も知られているであろう「グッドバイ」と「悲しき天使」でコンサートは終了する。アンコールはなかったようだ。

なお、ボーナストラックとして、メリーホプキンのライブ音源を後半に収録している。デビューしたての1969年のものから1983年までのテレビ出演時のライブ音源である。こうしてみると、限られた時間で1、2曲披露するとなると、やはりどうしても「悲しき天使」を求められてしまうのだろうかと思ってしまう。この曲はもはやメリーホプキンにとって「愛は勝つ」や「木綿のハンカチーフ」のようなものなのだろう。時代の変遷を経て同じ曲でもアレンジや歌いまわしが異なるので、その相違を楽しむのも一興であろう。特に1983年33歳となったメリーの「悲しき天使」は円熟した素晴らしい感動的な歌唱なので是非聴いてみて欲しい。

1970年大阪万博のため来日したメリーホプキンの来日公演をサウンドボードで収録。記録が残されていないため、実際のコンサートがどれくらいの長さでどのような曲をどのような順に演奏したのか、詳細は現在も不明である。本作に収録がその時のライブで残されている全てである。昭和45年、高度成長で日本がイケイケの時代に、オリンピックと並んで戦後昭和史最大の国家プロジェクトである万博のステージ。記録としても貴重なものであるといえる。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

EXPO HALL OSAKA JAPAN July 1970

01. Introduction 02. Both Sides Now 03. Knock Knock Who's There 04. You're Everything To Me 05. The Puppy Sung 06. Dona Dona
07. With A Little Help From My Friends 08. The House Of The Rising Sun 09. Interview #1 10. Yesterday 11. In My Life
12. Light In The City 13. Interview #2 14. Plaisir D'Amour 15. Temma Harbour 16. Goodbye 17. Those Were The Days
18. Outroduction

EXTRA LIVE PERFORMANCES 1969 - 1983
19. Knock Knock Who's There Eurovision 1970 20. Goodbye ABC Blackpool 1970 21. Those Were The Days Tom Jones TV Show 1969
22. Those Were The Days Vivid Live 1969 23. Those Were The Days French TV 1969 24. In My Life US TV 1969
25. Jefferson 1971 26. Those Were The Days 1983



メリー・ホプキン
Mary Hopkin Cronicle
SS
SBD
3CD-R
\6,600
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


メリーホプキンのレアトラックスをほぼ完全に網羅した決定版が登場!!60年代、アップル時代から近年までの正規のレアトラックからアウトテイクに至るまで全66曲に渡り根こそぎ収録されています。

詳細は曲目リストをご覧頂ければ一目瞭然!!アップル時代の作品等はAfter the Beatlesのソロになってからのメンバー達よりよほどBeatles soundを彷彿させていますし、バックの演奏にも不思議な位にビートルズの気配が感じられます。いつの時代にも愛される曲たちはビートルズファンはもちろんオールドロックファンにも涙モノの内容。隠れ名盤になること間違いナシです。

Disc.1
01.Les Temps De Fleur / French Version of "Those Were the Days" 1968 02.An Jenem Tag / German Version of "Those Were the Days" 1968 03.The Coca Cola Song / Commercial 1969 04.Where's Jack / From Film 1969 05.I'm Going To Fall In Love Again / B-Side "Knock Knock" 1970 06.Think About Your Children / Original Release 1970 07.Quand Je Te Regarde / French Version of "Let my name be sorrow" 1971 08.Let My Name Be Sorrow / Japanese Version of "Let my name be sorrow" 1971 09.Cherry Free Carol / B-side "Mary had a baby" 1972 10.For All My Days / From Film 1972 11.Summertime Summertime / A-side as "Hobby horse" 1972 12.Sweet And Low / B-side as "Hobby horse" 1972 13.Mary Had A Baby / A-side Single 1972 14.Mary Had A Baby / A-side Single (Changed Lyrics) 1973 15.Lion Tamer / From Bootleg LP VeeJay 1974 16.If You Love Me / A-side Single 1976 17.Tell Me Now / B-side "If you love me"1976 18.Just A Dreamer / B-side "Wrap Me In Your Arms" 1977 19.Wrap Me In Your Arms / A-side Single 20.A Song / B-side "What's Love" 1981 21.What's Love / A-side as Sundance 22.Those Were The Days / Late Seventies-Visconti 23.Goodbye / Late Seventies-Visconti

Disc.2
01.Middle Of Your Heart 02.Let Me Cast Your Chart 03.Speak For Me Of Love 04.Dance Children Dance 05.A Field Of Heathe 06.The Cabaret Is Over 07.Let's Grow A Little Garden 08.Baby 09.Now That The Baby Is Coming 10.Delaney My Son Track1-10 From Visconti's "Inventory" 1977. Mary:Background 11.Rachel's Song (1982 from "Bladerunner") 12.Love Duet (1988 "Under Milkwood" with Jan Cussick) 13.(Medley) For No One Here, There And Everywhere (1988 "Under Milkwood" with Jan Cussick) 14.No More War (Freedom Found 1990) 15.Heavens Gate ("Black To Black" 1992) 16.Further Down The Road (The Bridge 1994) 17.Morning Glory (The Bridge 1994) 18.Cry No More (The Bridge 1994) 19.Do You Remember (The Bridge 1994) 20.After Rain (with Ralph McFell 1995)

Disc.3
01.Three Ships Sailing (Cliff-Richards Show) 02.Early In The Morning Of Your Life (Cliff-Richards Show) 03.I'm Going To Fall In Love Again (Cliff-Richards Show) 04.You've Everything You Need (Cliff-Richards Show) 05.Can I Believe (Cliff-Richards Show) 06.Knock Knock Who's There? (Cliff-Richards Show) 07.Rymbeth Syml Something Stupid)Early Recordings 08.Aderyn Pur (Version 1) 09.Aderyn Pur (Version 2) 10.In The Morning (Apple Promo) 11.To Love Me (Donovan, MH:backgroun) 12.Cavaleria Rusticana (date unknown) 13.One Fine Day (date unknown) 14.Change We Must (Jon & Vangelis, MH:background) 15.Hold Me (with Peter Sellers) 16.Shamarac (Cilla Black Show) 17.Incurable Romantic (Demo) 18.Love Belongs Right Here (unidentifield) 19.The First Time Ever (unidentifield) 20.Once I Had A Sweetheart (Capitol Radio, with Robbie Barrish) 21.With You, Without You 22.Aderyn Pur 23.Ocean Song