コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


CD DVD

関連ページ:ビートルズ



ジョン・レノン/ポール・マッカートニー
Burbank Studios 1974
MDNA-15098
SBD
1CD-R
\3,000


ジョン・レノンとポール・マッカートニーの流出スタジオ音源が、最新のリマスターを施された高音質サウンドボード録音で登場。本アイテムは、1974年にカリフォルニアのバーバンク・スタジオでおこなわれたジョン&ポールのセッションを収録したものです。ジョンとハリー・ニルソンの共作『Pussy Cats』レコーディングの合間に録音されたというこのセッション、ビートルズ解散後にジョンとポールがおこなった数少ない共同レコーディングであり、またハリーをはじめスティービー・ワンダー、ジェシ・エド・デイヴィス、ボビー・キーズといった錚々たる顔ぶれが参加している点からも必聴です。

◆Burbank Studios 1974
1. A Toot and a Snore 2. Bluesy Jam Session 3. Studio Talk 4. Lucille 5. Nightmares (Sleepwalk) 6. Stand By Me 7. Stand By Me 8. Stand By Me 9. Cupid / Take This Hammer (incl. Chain Gang)

◇Personnel; John Lennon-vocals, guitar Paul McCartney-vocals, drums Jesse Ed Davis-guitar Harry Nilsson-vocals Stevie Wonder-electric piano Bobby Keys-sax



ジョン・レノン
MIND GAMES SESSIONS
mccd-405-408
SBD
4CD
\9,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)


Mクローデルが現在進めているジョンのソロアルバムのセッション・シリーズの最新作にして、完結の最後を締めくくるのは、ジョンが比較的穏やかに過ごしていた時期の「マインドゲームス」のセッションになります。地味な印象のあるアルバムですが、タイトル曲など佳曲が多く、またロックンロール・ナンバーや日本語が登場してびっくりする「あいすません」、涙が出るくらい美しい「アウト・オブ・ザ・ブルー」など、ジョンのファンの間では人気の高いアルバム。その「マインドゲームス」のセッションを、4枚組のボリュームでお届けします。VIGOの同アルバムセッションが3枚組だったことを考えると、その後に発掘された音源を含め、全てを網羅した質量ともに従来ないクオリティで集大成したもので、これ以上のものはないといった内容となっています。本作はアルバム収録順にデモ、アウトテイク、別ミックスなどを網羅したもので、非常に資料性の高いものとなっています。アルバム収録曲のみならず、同時期にレコーディングも同時に収録しています。リンゴにプレゼントした「I’m The Greatest」に至っては、デモから始まり、ジョージとリンゴの2人とポール抜きで集まってのセッション、ラフミックスなど、非常に聴き応えあるトラックが全て収録されています。最後に収録されているのは、音源の発掘自体がニュースとなった、ジョン、ポール、スティーヴィーワンダーらと行なわれた、通称「A Toot And A Snore」として知られるセッションです。ジョンとポールが、ビートルズ解散後にセッションを行なったというのも驚きですが、さらに音源まで残されているとは。演奏しているのはオールディーズ・ナンバーですが、「Stand By Me」では、はっきりとポールの声が聴きとれ、ああ本当にジョンとポールが70年代にセッションをしているのだと、改めて感慨深く思わされます。Mクローデルが進めていたジョンのアルバムセッション・シリーズ完結編「マインドゲームス」セッション。アルバム収録順にすべてのデモ、アウトテイク、別ミックスなどを網羅。さらに同時期のセッション、ジョンとポールが70年代に行なった唯一のセッション音源などを収録。ロストレノンを始め、有象無象、収拾がつかない状況になっているジョンのアウトテイク、アルバム・セッションに関しては本作ですべてキレイに整理されたといえるでしょう。ぜひMクローデルのアルバム・セッション・シリーズを揃えていただけたらと思います。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

DISC ONE
MIND GAMES 01. Demo #1 (Make Love Not War) (1970) 02. Demo #2 (I Promise) (1970) 03. Alternate Take Rough Mix 04. Promo mono 45” version TIGHT A$ 05. Demo 06. Rough Mix 07. Rough Mix with overdubs #1 08. Rough Mix with overdubs #2AISUMASEN (I'M SORRY) 09. Demo #1 (Call My Name) (1971) 10. Demo #2 (Call My Name) (1971) 11. Demo #3 (Call My Name) (1971) 12. Demo #4 (Call My Name) (1971) 13. Demo #5 (Call My Name) (1971) 14. Demo #6 (Call My Name) (1971) 15. Demo #6 (Call My Name) (1971) 16. Demo #7 (Call My Name) (1971) 17. Rough Mix #1 18. Rough Mix #2 with overdubs ONE DAY (AT THE TIME)19. Alternate Take 20. Rough Mix #1 21. Rough Mix #2 with overdubs BRING ON THE LUCIE (FREDA PEOPLE) 22. Demo (1971)23. Alternate Take 24. Rough Mix with guide vocal

DISC TWO
INTUITION 01. Demo Take 3 with “How?” & “God”02. Demo Take 4 03. Rough Mix OUT OF THE BLUE 04. Rough Mix #1 05. Rough Mix #2 with overdubs 06. Rough Mix #3 with more overdubs ONLY PEOPLE 07. Rough Mix #1 08. Rough Mix #2 with overdubs I KNOW (I KNOW) 09. Acoustic Demo #1 10. Acoustic Demo #2 11. Acoustic Demo #3 Vocal Overdub 12. Demo Take 1 13. Demo Take 2 14. Demo Take 3 15. Demo Take 4 16. Demo Take 5 17. Demo Take 6 18. Alternate Early Take 19. Alternate Take Rough Mix #1 20. Rough Mix #1 21. Rough Mix #2

DISC THREE
YOU ARE HERE 01. Alternate Take 02. Rough Mix MEAT CITY 03. Demo 04. Demo #1 05. Demo #2 06. Rough Mix 07. Single Version ROCK 'N ROLL PEOPLE 08. Piano Demo (1970) 09. Guitar Demo (1973) August 1, 1973 session 10. Take 6 11. Take 7 August 4, 1973 session 12. Take 5 13. Take 6 14. Take 7 I'M THE GREATEST 1970 Demos 15. Piano Demo #1 16. Piano Demo #2 1971 Rehearsal 17. Studio Demo #1 18. Studio Demo #2 1973 Session for “Ringo” LP John, George and Ringo 19. Take 1 (breakdown) 20. Take 2 (breakdown) 21. Take 3 (breakdown) 22. Take 4 (breakdown) 23. Take 5 24. Take 6 (breakdown) 25. Take 7 (breakdown) 26. Take 8 27. Take 9 (breakdown) 28. Take 10 29. Take 11

DISC FOUR
I'M THE GREATEST 01. Takes unknown 02. Rough Mix (Ringo on vocals) 1973-1973 PUSSY CATS SESSION
MUCHO MUNGO 03. Demo Take 1 04. Demo breakdown 05. Demo Take 2 Demo taping with Harry Nilsson 06. Demo sequence #1 07. Demo sequence #2 08. Demo sequence #3 MT. ELGA 09. Rehearsal RECORD PLANT JAM SESSION With Paul McCartney, Stevie Wonder, Jesse Ed Davis and Bobby Keys 10. Jam #1 - A Toot and a Snore - Never Trust a Bugger with Your Mother 11. Little Bitty Pretty One – Jam 12. Lucille 13. Sleepwalk - “Nightmares” jam 14. Stand By Me #1 (breakdown) 15. Stand By Me #2 (breakdown) 16. Stand By Me #3 (breakdown) with Paul in backing vocals 17. Stand By Me #4 with Paul on backing vocals 18. Cupid - Chain Gang - Take This Hammer



ジョン・レノン
IMAGINE SESSIONS
mccd-396-401
SBD
6CD
\11,400
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)


Mクローデルが現在進めているジョンのソロアルバムのセッション・シリーズの最新作は、ジョンの代表作のみならずロック史に燦然と存在感を放つ世紀の名盤「イマジン」のセッションになります。ジョンのイマジンといえば表題曲と共にビートルズのアルバムと同様に高い評価を受けており、その評価は時が経つほどに輝きを増し、永遠に色褪せる事のない名盤としてジョンの死後も後世に語り継がれています。全体を覆うシンプルな楽器編成とアレンジでありながら、力強く、時として優しく、聴く者の心をとらえて離さない不思議な魅力溢れるアルバムで、収録されている楽曲もジョンの代表曲と呼ばれる名曲が並んでおり、ビートルズ解散後、ジョンにとって最も充実した時期であったことが伺えます。本作は、その名盤のスタジオ・セッションをディスク6枚いっぱいに網羅した質量ともに従来にないクオリティで集大成したもので、これ以上のものはないといった内容となっています。ディスク1は「イマジン」「クリップルインサイド」「ジェラスガイ」「イッツソーハード」の4曲のアウトテイクを収録。デモから始まりスタジオで徐々に完成されていく様子が生々しく収録されています。「ジェラスガイ」に関しては、元々「Child Of Nature」というタイトルで、同じメロディでありながら歌詞が全く異なるという興味深いもの。ディスク2は「イッツソーハード」、「兵隊にはなりたくない」「真実が欲しい」の3曲のアウトテイクを収録。特に「真実が欲しい」は喉よ裂けよとばかりにジョンが早口でまくしたてるヴォーカルが素晴らしいアルバムのハイライトともいえる曲ですが、そのアウトテイク、別ヴォーカルが聴けるというのはまさにコレクターで良かったと思える瞬間です。ディスク3は、ほとんど1枚「Oh My Love」に費やされます。美しいメロディを持ち、それを最大限活かすためか、簡素なアレンジで仕上げられていますが、それに反してスタジオではこのように繰り返しテイクが重ねられているのが驚きです。ディスク4は、まるまる「How Do You Sleep」のセッションが収録されています。ジョンの怨念というか怨嗟がこめられた(笑)、ポールへのあてつけの曲。サージェントペパーズふうのイントロから始まり、「イエスタディ」をポール初のソロシングル「アナザーディ」を引き合いに出し皮肉を加えるなど、歌詞内容は辛辣なもの。ジョージがセッションに参加しているのも、ポールの心を傷つけたのではと想像します。ジョンがバンドに対し「もっと憎しみを込めてやれ!」などと指示を出しているのも、ファンとしてはつらいものがあります。ディスク5は「How」「Oh Yoko」の他、同時期のアルバム未収録曲のアウトテイク、ピアノデモを収録しています。重苦しい空気が一気に晴れるような美しい「How」に始まり、陽気な「Oh Yoko」でアルバムを締めくくるという、この2曲でアルバム全体が救われたような絶妙の曲順です。そしてディスク6は1970年に収録されたピアノデモの他、ショートフィルム「Clock」のサウンドトラック、そして「イマジン」のラフミックスを収録したアセテート音源を収録。最後にジャケット写真にも触れておきましょう。「イマジン」といえば物憂い表情のジョンのアップに雲がかかっている写真が有名です。この雲は一節によるとジョンが超能力ないし霊能力で出したエクトプラズムだと何かの本に書いてありましたが、真偽のほどはどうなのでしょうか。本作のスリップケースのフロントに使われている写真はオリジナル・アルバムの珍しいアウトフォトです。写真の具合によって全く異なる印象を与えるジョンですが、オリジナルのものより若々しく、より、この時代のジョンらしい風貌に見えます。また中のジャケットに使われている写真はもう1枚別のアウトフォトで、こちらは目に雲がかかっているためボツになったのでしょう。いずれにせよ雲の位置や形状が流動的であることから、この雲は合成ではなくリアルタイムで撮影されたものに違いなく、その正体が気になるところです。Mクローデルの最新作は、ジョンの名盤「イマジン」のセッションを、このようにディスク6枚に渡ってアルバム収録曲順にアウトテイクなどスタジオ・セッション音源を収録。さらに同時期のセッション、デモ、アセテートなどを徹底的に網羅した初登場音源を含む決定盤タイトルです。これ以上のものは今後も出ないでしょう。ジャケットには珍しいアウトフォトを使用し、美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。スリップケース付。

DISC ONE IMAGINE 01. Studio Demo (complete) 02. Take 1 (complete) 03. Take 2 (complete) 04. Take 3 05. Offline Monitor Mix from Version #1 06. Alternate Take Double Piano Overdub (partial) 07. Version 2, take 1 08. Version 2, Alternate Take 09. Version 2, Take 7 10. Mixing Session Offline Monitor Mix CRIPPLED INSIDE 11. Take 1 (breakdown) 12. Take 2 13. Take 3 (breakdown) 14. Take 17 15. Alternate Rough Take JELOUS GUY 16. Piano Demo #1 “Child Of Nature” (1970) 17. Piano Demo #2 “Child Of Nature” (1970)18. Take 1 19. Take 2 20. Take 7 21. Take 7 Vocal Overdub 22. Vocal Take 20 IT'S SO HARD 23-Take 2 Overdub Session 24. John Talks About King Curtis 25. King Curtis Arrival 26. Playbacks And Discussions 27. Demostrations

DISC TWO IT'S SO HARD 01. Rehearsal 02. Saxophone Overdub Take 1 03. Saxophone Overdub Take 2 04. Discussion 05. Saxophone Overdub Take 3 06. Playback 1 07. Discussion 08. Playback 2 09. Playback 3 10. Playback 4 I DON’T WANNA BE A SOLDIER MAMA 11. Studio Rehearsal 12. Take 1 (complete) 13. Take 2 (complete) Overdub Session 14. Discussion 15. Playback 16. Playback 17. Playback 18. discussion 19. Saxophone Overdub Take 1 20. Discussion 21. Saxophone Overdub Take 2 22. Saxophone Overdub Take 3 23. Saxophone Overdub Take 4 GIMME SOME TRUTH 24. Take 1 (breakdown) 25. Take 2 26. Take 3 (breakdown) 27. Alternate Vocal 28. Vocal Overdub Session

DISC THREE OH MY LOVE Rehearsal Session 01. Piano Demostration 02. Rehearsal #1 03. Rehearsal #2 04. Rehearsal #3 05. Rehearsal #4 06. Rehearsal #5 Studio Session 07. Make Love, Not War 08. Rehearsal Take 1 09. Run-through 10. Take 1 11. Take 2 12. Middle Eight #1 rehearsal 13. Take 3 (breakdown) 14. Take 3 15. Take 4 (breakdown) 16. Take 4 with rehearsal 17. Take 5 (breakdown) 18. Take 6 19. Take 7 (breakdown) 20. Take 8 (slate as “Take 7”) (breakdown) 21. Take 9 (breakdown) 22. Take 10 (breakdown) 23. Take 11 (slate as “Take 10”) (breakdown) 24. Take 12 (breakdown 1) 25. Take 12 (breakdown 2) 26. Take 12 with false start and breakdown 27. Take 13 (breakdown) 28. Take 14 (breakdown) 29. Take 15 (breakdown) 30. Take 16 (breakdown) 31. Take 17 with False start (erroneously known as Take 2) 32. Take 18 (breakdown) 33. Take 19 (breakdown) 34. Take 20 (fade out) HOW DO YOU SLEEP? 35. Piano Demo 36. Piano Rehearsal 37. Rehearsal 1 38. Rehearsal 2

DISC FOUR HOW DO YOU SLEEP? 01. Rehearsal 3 02. Rehearsal 4 (breakdown) 03. Rehearsal Take 1 04. Rehearsal Take 2 05. Breakdown 06. Breakdown 07. Rehearsal Take 3 08. Breakdown 09. Breakdown 10. Breakdown 11. Take 1 12. Studio Chat 13. Take 2 14. Rehearsal (cut) 15. Alternate Take Version 2 #1 16. Alternate Take Version 2 #2 17. Alternate Take Version 2 #3 18. Alternate Take Version 3 19. Take 4 (breakdown) 20. Take 5 (breakdown) + Take 6 21. Alternate Vocal A 22. Alternate Vocal B 23. Double tracked chorus

DISC FIVE HOW? 01. Demo #1 (1970) 02. People Get Ready - How? Demo #2 (1970) 03. Demo #3 (1970) 04. Demo #4 (1970) 05. Take 1 06. Take 2 07. Take 12 08. Alternate Vocal A 09. Alternate Vocal B 10. Vocal Recording 11. Monitor Mix OH YOKO 12. Demo #1 (1970) 13. Demo #2 (1970) 14. Take 7 15. Take 9 16. Vocal Overdub session #1 17. Vocal Overdub session #2 18. Vocal Overdub session #3 STUDIO OUTTAKES 19. San Francisco Bay Blues 20. Well (Baby Please Don’t Go)PIANO DEMO 1970 21. Sally And Billy #1 22. Sally And Billy #2 23. Help! 24. I’m Having a Baby My Love (improvisation) 25. Instrumental

DISC SIX PIANO DEMO 1970 01. Christmas Message #1 02. Christmas Message #2 03. Somewhere in My Sky (improvisation) 04. Can’t Believe You Wanna Leave #1 05. Can’t Believe You Wanna Leave #2 06. Mailman Bring Me No More blues 07. I’m Not As Strong As You Think 08. You Know How Hard it is (improvisation) 09. Happy Girl 10. I’ll Make you Happy #1 11. I’ll Make you Happy #2 ‘Clock’ Soundtrack St Regis Hotel, NY, Sep.1971 12. Shazam 13. Honey Don’t #1 14. Honey Don’t #2 15. Glad All Over 16. Lend Me Your Comb 17. New York City 18. Wake Up Little Susie 19. Vacation Time 20. Not Fade Away 21. (You’re So Square) Baby I Don’t Care 22. Heartbeat 23. Peggy Sue Got Married 24. Peggy Sue #1 25. Peggy Sue #2 26. Maybe Baby 27. Mailman, Bring Me No More Blues 28. Rave On 29. Instrumental “Exit Piece” IMAGINE ROUGH ACETATE MIX 30. Imagine 31. Crippled Inside 32. Jealous Guy 33. It’s So Hard 34. I Don’t Wanna Be A Soldier Mama 35. Gimme Some Truth 36. How?



ジョン・レノン
ROCK N ROLL SESSIONS
mccd-409/410/411
SBD
3CD
\8,400
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)


Mクローデルが現在進めているジョンのソロアルバムのセッション・シリーズの最新作は、1975年ジョンが専業主夫としての空白の5年間に入る前に、自らのルーツを辿るが如くリリースされたアルバム「Rock N Roll」のセッション音源になります。

初登場音源を含み、同アルバムのセッションを完全網羅。ロックンロールのセッション音源といえばかつてVIGOTONEレーベルよりリリースされていましたが、収録曲を見て頂ければわかる通り、VIGOTONEの時代以降に発掘されたもの、あるいは本作で初登場したものを含め、飛躍的な内容の向上が見られます。そしておそらく今後このタイトルを上回るものは出ないでしょう。それくらい決定盤ともいうべき充実した内容となっています。本作の特長はアルバム収録の曲を「BACK TO MONO SESSIONS」と呼ばれる1973年のLAでのセッションと、「OLDIES BUT MOLDIES SESSIONS」と呼ばれる1974年のNYのセッションで大別し、さらにそれぞれ曲ごとに分類して収録している点にあります。というのも、このアルバムは、その制作過程において非常に複雑な紆余曲折を経て完成にこぎつけており、その全体像を把握するのは困難であり、それが既発タイトルが中途半端なものにならざるを得なかった遠因ともなっています。そもそもこのアルバムは、ビートルズの「Come Together」がチャックベリーの「You Can’t Catch Me」に酷似しているという盗作騒動が生じ、その和解条件としてジョンが「You Can’t Catch Me」をレコーディングし、印税がチャックベリーに入るようにする、という和解案が発端となっています。そしてまず、フィルスペクターをプロデューサーに迎えLAでレコーディングが行なわれましたが、ちょうど運悪く二人とも私生活が荒廃している時期に相当し、制作は遅々として進まず、とてもリリースに足るクオリティではありませんでした。それは本作に収録のディスク1と2の前半を聴いて頂けるとわかるのですが、とにかくジョンがべろんべろんに酔っぱらっていて、コントロール・ルームから指示を出すフィルスペクターも精神不安定な様子。さらにはフィルスペクターはなんとマスターテープを持って失踪してしまいます。その後、ジョンは、自身のプロデュースで再びこのロックンロールのレコーディングを再開。ところが今度は、リリース前に音源が流出し、『Roots』というタイトルでテレビ通販で販売されるという事態が生じました。当然このような形態でのリリースはジョンの意図するところではなく、すぐさま販売停止となりましたが、最終的にリリースされたものとは内容が異なることから、今まで散々コレクターズ・アイテムとして繰り返しリリースされてきました。本作にはもちろん、このルーツに収録のバージョンも全て網羅しています。このように、盗作トラブルから持ち上がった企画は、レコーディングの過程からリリースにおいてさえ様々なトラブルを抱えつつ、ジョンが主夫生活に入る前の集大成として、自らのルーツであるロックンロールのカバーアルバム「Rock ‘N Roll」として結実しました。本作は、そのセッションの全てを網羅したもので、ジョンのマニアのみならず、ロックの歴史上、重要なアルバムのアウトテイク集として必携のタイトルと言えるでしょう。ディスク3の最後には、アルバムのリリースに伴う当時のラジオ・スポットと、1974年11月24日に行なわれたエルトンジョンとのリハーサル「I Saw Her Standing There」を収録しています。 ジョンのアルバム・セッション・シリーズの最新作は、アルバム「Rock N Roll」のセッションを完全網羅。べろんべろんに酔っぱらった不真面目なジョンと、モニタールームで怒り出すフィルスペクターなど生々しいドキュメントが収録されています。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

DISC ONE
BACK TO MONO SESSIONS 1973 BE MY BABY
01. Alternate Rough take 02. Rough Mix 03. “Roots” version
JUST BECAUSE
04. Take 13 (breakdown) 05. Take 14 (breakdown) 06. Studio Talk 07. Alternate Take
ANGEL BABY
08. Take 8 (breakdown) 09. Take 9 (breakdown) 10. Rough Mix 11. “Roots” version
YOU CAN'T CATCH ME
12. Rough Mix #1 13. Rough Mix #2 14. “Roots” version
SWEET LITTLE SIXTEEN
15. Rough Mix #1 16. Rough Mix #2 17. “Roots” version
BONY MORONIE
18. Rough Mix 19. “Roots” version
HERE WE GO AGAIN
20. Demo Take 1 (with voice over / breakdown) 21. Demo Take 2 22. Studio Outtake

DISC TWO
SINCE MY BABY LEFT ME
01. Studio Outtake #1 02. Studio Outtake #2
TO KNOW HER IS TO LOVE HER
03. Studio Outtake
SUNNYVIEW REHEARSALS October 1974
04. Bring it on Home to Me - Send me Some Lovin’ 05. Ya Ya (breakdown) 06. Ya Ya
07. That’ll Be The Day (breakdown) 08. That’ll Be The Day (with false start) 09. Do You Want To Dance 10. Stand By Me
11. Peggy Sue 12. Be-Bop-A-Lula 13. Slippin’ And Slidin’ 14. Jam / Whole Lotta Love 15. Thirty Days 16. C’mon Everybody
17. Ain’t That A Shame (breakdown) 18. Ain’t That A Shame (incomplete) 19. Ain’t That A Shame (fragment)
20. Ain’t That A Shame (incomplete) 21. Instrumental jam #2 (fragment) 22. Instrumental jam #3 (fragment)

OLDIES BUT MOLDIES SESSIONS 1974
BE BOP A LULA
23. Take 2 24. Monitor Mix 25. “Roots” version
STAND BY ME
26. Monitor Mix #1 (fragment) 27. Monitor Mix #2 28. Monitor Mix #3 (fragment) 29. “Roots” version
READY TEDDY - RIP IT UP
30. Alternate Take 31. Rough Mix 32. Monitor Mix 33. “Roots” version
AIN'T THAT A SHAME
34. Monitor Mix Take 3 35. Rough Mix 36. “Roots” version

DISC THREE
DO YOU WANT TO DANCE
01. Monitor Mix #1 02. Monitor Mix #2 03. “Roots” version
SLIPPIN' AND SLIDIN'
04. Take 5 05. Monitor Mix 06. “Roots” version
PEGGY SUE
07. Alternate Take 08. Monitor Mix 09. Rough Mix 10. “Roots” version
BRING IT ON HOME TO ME - SEND ME SOME LOVIN’
11. Alternate Take 12. Monitor Mix #1 13. Monitor Mix #2 14. “Roots” version
YA YA
15. Monitor Mix 16. “Roots” version
JUST BECAUSE
17. Vocal re- recording session 18. “Roots” version 19. ‘Rock and Roll’ Spot
REHEARSAL WITH ELTON JOHN Nov 24, 1974
20. I Saw Her Standing There



ジョン・レノン
PLASTIC ONO BAND SESSIONS
mccd-391-395
SBD
5CD
\10,300
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)


Mクローデルの最新作は、ジョンのソロアルバムのデモ、アウトテイク、ラフミックス、モニターミックスなどを集大成したシリーズ第三弾。「ジョンの魂」のセッション音源になります。初のジョンのソロアルバムとなる「ジョンの魂」は、シンプルな楽器編成でありながら、それゆえに力強いパワーが溢れており、ジョンの魅力が素の状態で凝縮された歴史的名盤として名高いアルバム。歌詞内容も詩的で美しく、まるで俳句の世界を昇華させたような深淵な意味が込められています。それぞれの楽曲は「マザー」や「悟り」「孤独」といった個人的なものから、「労働階級の英雄」などボブディランぽい楽曲まで幅広く、「母の死」といった極私的なものまで、この時期に傾倒していた「プライマリーセラピー」(原初療法))の影響も色濃く反映されています。オリジナルアルバムの裏ジャケットにはジョンの幼少期の写真がアップで使われており、プライマリーセラピーによって、自分の人生を幼少期から辿って心の棘を抜くというコンセプトがアルバムのそこかしこに投影されています。一曲目が「マザー」で始まり、歌詞にはファザーも登場、そして最後は「母の死」で終わるという、一種狂気的なジョンが、その自分の狂気に気付き、偽悪的な振る舞いや言動をする自分に苦しみを吐露しているかのようなアルバムとなっており、胸が痛くなるアルバムです。さらに本作のジャケットには幼少期のジョン、母ジュリア、そして今でいう毒親である父フレッド、盤面にはミミ伯母さんなどがあしらわれており、可愛く聡明なジョン君が、成長していかに私たちが知るジョンレノンとなったのかを考えさせられます。本作は、そんな歴史的名盤のセッション音源を5枚のディスクに網羅した、これさえあれば決定盤というもので、アルバム収録曲のみならず、同時期のデモ音源やシングルのみの曲なども含め、初登場音源を含み、従来これほど体系的に集約されたタイトルは皆無でした。特に今回初登場の「人々に力を」のオルタネイトテイクはアセテートからの音源で、今まで完全未発表のものです。Mクローデルの最新作は、名盤ジョンの魂のセッション音源を完全網羅。初登場音源を含み、まさにこれぞ決定盤という内容になっています。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。スリップケース付。

DISC ONE MOTHER
01. Demo 02. Alternate Take #1 03. Alternate Take #2 04. Rough Take #1 05. Rough Take #2 06. Instrumental Backing (with voice over) 07. Monitor Mix 08. Acetate Rough Mix HOLD ON 09. Rock version Take 1 (breakdown) 10. Rock version Take 2 11. Take 1 12. Take 2 13. Take 3 14. Take 4 15. Take 5 16. Take 6 17. Takes 7, 8 & 9 18. Take 10 19. Take 11 20. Take 12 21. Takes 13 & 14 22. Takes 15, 16 & 17 23. Take 18 24. Take 19 25. Takes 20 & 21 26. Glad All Over (jam) 27. Takes 22 & 23 28. Takes 24, 25, 26, 27 & 28 29. Take 29 (fast version) 30. Take 30

DISC TWO HOLD ON
01. Take 31 02. Take 32 03. Monitor Mix I FOUND OUT 04. Demo #1 05. Demo #2 06. Alternate Rough take #1 07. Alternate Rough Take #2 08. Alternate Rough Take #3 WORKING CLASS HERO 09. Alternate Take - Well Well Well (coda)
10. Censored version ISOLATION 11. Alternate Take #1 (breakdown) 12. Alternate Take #2 13. Alternate Take #3 14. Rehearsal
REMENBER 15. Piano Demo 16. Rehearsal / God (coda) 17. It’ll be me (improvisation) 18. Take 1 19. Take 2 20. Take 3 21. Take 4

DISC THREE RE>EMBER
01. Take 5 / Tutti Frutti (coda) 02. Takes 6 & 7 03. Take 8 04. Takes 9 & 10 05. Take 11 06. Take 12 07. Take 13 08. Takes 14, 15 & 16 09. Take 17 (Rough Mix) LOVE 10. Demo 11. Acoustic Rehearsal 12. (You’re So Square) Baby I Don’t Care 13. Rehearsal #1 14. Rehearsal #2 15. Rehearsal #3 16. Rehearsal #4 17. Rehearsal #5 18. Rehearsal #6 19. Piano Rehearsal
20. Take 11 21. Take 12 22. Improvisation 23. Take 14 24. Take 15

DISC FOUR LOVE
01. Take 16 02. Takes 17 & 18 03. Take 19 04. Take 20 05. Take 21 06. Take 22 (engineer mistake “Take 21”)
07. Take 23 08. Take 24 09. Take 25 10. Take 31 11. Take 32 12. Take 36 13. Takes 37 & 38 14. Stereo Remix WELL WELL WELL
15. Demo 16. Alternate Rough Take LOOK AT ME 17. Demo Take 1 18. Demo Take 2 19. Rehearsal 20. Alternate Take
21. Alternate Rough Mix #1 22. Alternate Rough Mix #2 with overdubs GOD 23. Demo #1 24. Demo #2 25. Demo #3 26. Demo #4
27. Alternate Take #1 28. Alternate Take #2

DISC FIVE GOD
01. Monitor Mix MY MUMMY'S DEAD 02. Demo #1 03. Demo #2 1970 DEMOS 04. Yoko Ono Poem Game WHEN A BOY MEETS A GIRL 05. Demo #1 06. Demo #2 STUDIO OUTTAKES & JAM 07. Long Lost John 08. That’s All Right (Mama) 09. Glad All Over #2 10. Honey Don’t - Don’t Be Cruel – Matchbox YOKO ONO PLASTIC ONO BAND SESSIONS JAM 11. Something More Abstract 12. Between The Takes 13. Slow Blues 14. Fast Rocker FLY FILMING SESSIONS DECEMBER 1970 15-Acoustic improvisations POWER TO THE PEOPLE SESSION 1971 16. Rehearsal 17. Alternate Take 18. Alternate Rough Take #1 19. Alternate Rough Take #2 20. Rough Mix GOD SAVE US SESSION 21. Demo 22. Alternate Take #1 23. Alternate Take #2 24. Acetate Version



ジョン・レノン
SOMETIME IN NEW YORK CITY SESSIONS
mccd-354/355/356
SBD
3CD
\8,400
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)


Mクローデルの最新作は、ジョンの1972年の作品、「サムタイム・イン・ニューヨークシティ」のセッション音源を網羅したタイトルになります。
このアルバムはジョンが当時かぶれていた政治色を前面に出したもので、ジャケットには毛沢東とニクソンが裸踊りをしている写真を使用したり、楽曲においてもアイルランド問題やアッティカ刑務所での暴動、逮捕されている社会活動家の救済など、前作「イマジン」が普遍的なテーマを扱った非現実的なものだったのに対し、普遍性とは対極にある当時の世相を反映した時事問題をテーマに多く採り上げている点、非常に稀有なタイトルであるといえます。なにせいきなりフェミニズムの曲で女性を奴隷に例えNワードで始まるのですから驚きます。非常に左翼的な内容はかつてのファンにも受け入れがたいものだったのではないでしょうか。またスタジオアルバムにおいてヨーコの曲を交え収録するというスタイルも初めてでした。よってクレジットはジョンレノンではなくジョン&ヨーコの共作としてリリースされています。本作は同時期にレコーディングされた「ハッピークリスマス」のセッションからアルバムのスタジオ・レコーディングのパートのアウトテイクが網羅されています。特にこのアルバムを象徴する「ニューヨークシティ」は、憧れのニューヨークに移り住んだ喜びを素直に表現した軽快なロックナンバー。後にグリーンカード取得のために長期に渡って苦労することになる、その一因がこの左翼的な内容のアルバムにあったことは皮肉ですが、この曲のアウトテイクが充実しているのも嬉しいところ。何度も繰り返しテイクを重ねることで、あの勢いが醸成されたというのが非常によくわかる内容です。さらに「The Luck Of The Irish」のようなシンプルな曲においても、このように幾重にもリハーサルを重ねていることも興味深いところです。「Angela」は元々「JJ」というタイトルで同じメロディーのデモが残されており、その後「People」と歌詞が変わり、最終的に政治犯として投獄されたアンジェラへの支援曲として流用されたことが伺えます。さらにジョンはセッションを通じて気晴らしのためなのか、アルバム収録曲以外の曲も数多く演奏しており、それはキャバン時代から馴染んできたオールディーズであったり、ビートルズ時代の曲であったりと多岐に渡ります。本作にはアルバム収録曲以外の、同時期のデモ、そしてスタジオ・セッションも網羅しています。デモで演奏されている「Send Me Some Lovin’」やスタジオにおける「Ain’t That A Shame」などは、その後アルバム「ロックンロール」にも収録されたもので、この頃から既にジョンの愛すべきオールディーズを自らレコーディングするというアイデアの萌芽があったのではないでしょうか。またライヴ活動の少ないジョンのソロ時代ですが、アルバムでもテーマが採り上げられたアッティカ刑務所の暴動事件を受けての支援コンサートの音源が本作に収録されています。とはいってもフルコンサートではなくゲスト出演のようなもので、ジョンとヨーコでわずか3曲のみの出演。ジョンはアルバム収録の「アッティカステート」、ヨーコは「シスターズ・O・シスターズ」の他、ジョンはピアノではなくアコースティック・ギターで「イマジン」を披露。歌詞の冒頭が始まると大きな拍手が起きることから、今となっては代表曲のひとつとなった「イマジン」が、当時から大きな人気を博し名曲としての評価がなされていたことが伺えます。Mクローデルの最新作は、1972年発表「サムタイム・イン・ニューヨークシティ」のセッション音源を網羅。アルバム収録曲のみならず、同時期のセッションをすべて収録した決定盤です。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

DISC ONE
HAPPY XMAS (WAR IS OVER) 01. Demo (1971) 02. Basic track Rough Mix #1 03. Basic track Rough Mix #2
WOMAN IS THE NIGGER OF THE WORLD 04. Demo (1971) 05. Alternate Rough Take ATTICA STATE 06. Demo Take 1 (1971)
07. Demo Take 2 (1971) 08. Demo Take 3 (1971) 09. Studio Rehearsal NEW YORK CITY 10. Demo (1971) 11. Rehearsal #1
12. Rehearsal #2 13. Take 1 (breakdown) 14. Take 2 (breakdown) 15. Take 3 16. Takes 4 (breakdown) 17. Takes 5 & 6 18. Take 7 (breakdown)

DISC TWO
NEW YORK CITY 01. Take 20 02. Improvisation “Let’s Ride”03. Take 21 04. Takes 22, 23 & 24 THE LUCK OF THE IRISH 05. Demo Take 1 06. Demo Take 2 07. Rehearsal #1 08. New York City - Rehearsal #2 09. Rehearsal #3 10. Rehearsal #4 11. Rehearsal #5 12. Rehearsal #6 13. Rehearsal Take 1 14. Rehearsal #7 15. Rehearsal #8 16. Rehearsal #9 17. Take 1 (breakdown) 18. Take 2
19. Rehearsal #10 20. Rehearsal #11 JOHN SINCLAIR 21. Demo ANGELA 22. Early demo version “JJ” Take 1 23. Early demo version “JJ” Take 2 24. Early demo version “People” 1971 DEMOS 25. Send me Some Lovin’26. He Got The Blues 27. I Ain’t Got Time 28. She’ll Be Coming Round The Mountain 19. Take 8 20. Take 9 21. Take 10 (breakdown) 22. Take 11 23. Take 12 (breakdown)
24. Take 13 25. Take 14 26. Takes 15 & 16 27. Take 17 28. Takes 18 & 19 (breakdown)

DISC THREE
SOMETIME IN NYC JAM SESSIONS 01. Roll over Beethoven 02. Honey Don’t 03. Ain’t That A Shame 04. My Baby - Not Fade Away 05. Send me Some Lovin’06. Whole Lotta Shakin’ - It’ll Be Me 07. Honey Hush 08. Don’t Be Cruel - Hound Dog 09. Caribbean ATTICA STATE BENEFIT CONCERT DEC.17, 1971 10. Intro 11. Attica State 12. Sisters, O Sisters 13. Imagine POP2 Broadcasted Jan. 8, 1971 14. Bring on The Lucie (Freda People) - Attica State 15. “George Jackson” improvisation 16. Bring On The Lucie (Freda People) #2 (“Free The Irish”) “EYEWITNESS NEWS” REHEARSALS San Francisco, August 1972 17. Woman Is The Nigger Of The World 18. Fools Like Me 19. Caribbean 20. Peggy Sue - Bring it On Home 21. Rock Island Line 22. Maybe Maybe
23. Peggy Sue



ジョン・レノン
WALLS AND BRIDGES SESSIONS
mccd-386-390
SBD
5CD
\10,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


■昼夜2公演をオーディエンス録音にてそれぞれ収録。
■リハーサル音源やラジオスポットなど関連音源含めディスク5枚に渡って収録。
■映像は本編、別バージョン、別アングル、8mm映像などを収録。

マニア必携Mクローデル・レーベルより、ジョンレノンのワン・トゥ・ワン・コンサートがリリースになります。実に音源と映像合わせてディスク6枚に渡り、このジョン唯一にして最大のコンサートを集大成しています。
ジョンの死後、オフィシャルにリリースされましたが、それは昼夜2回公演を編集したもので、かつMCと演奏え昼夜が異なるなど複雑な編集、さらにヨーコの声を削除するなどミックスにも大きく手が加えられた人工的に作り上げられた「作品」でした。
もちろんそれは「作品」としては素晴らしいもので、数多くのジョンのファンを魅了してやまないものですが、「ドキュメント」という観点では、従来にリリースされたどのタイトルよりも本作が優れたものとなっています。
単発のステージばかりで生前はツアーを行なわなかった70年代のジョンですが、唯一、事前告知されたフル・コンサートが、本作に収録されているONE TO ONE BENEFIT CONCERTなのです。
コンサートは1972年8月30日にニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで行なわれました。何組かの前座の後にジョンが登場して、およそ80分に渡るコンサートを、昼夜2回公演で行ないました。
ポールと違い、明らかにステージ慣れしておらず、ジョンのナーバスな様子が感じられるステージ。声の調子もあまり良いものではないものの、バックのエレファンツメモリーの演奏も含めラフなステージングはいかにもジョンらしいもの。なにせ昼夜で歌詞や歌い回しが全く異なるのです。何より演奏や歌唱の技術的な巧拙を超越したジョンの世界が如実に表れている素晴らしいコンサートであることに異論はないでしょう。

まずディスク1はコンサート昼の部の演奏をオーディエンス録音にて収録しています。音質的にはいまひとつながら、実際のコンサートの曲順に沿って、ヨーコの楽曲を交えつつ、ほぼ完全収録。ほぼ、というのは、最後の全員で歌う「平和を我らに」が欠落しているためです。
ディスク2と3にはコンサート夜の部が収録されています。こちらは昼の部よりも優れたオーディエンス録音で、さらに完全収録です。聴衆による「人々に勇気を」に導かれて始まる力強い「ニューヨーク・シティ」からジョンの魅力溢れるヴォーカルがしっかり堪能できます。ヨーコの曲が微妙に曲順変更になっています。
昼夜コンサートのどちらも、古いテープですので走行に不安定なところがありましたが、ピッチ調整を完璧に施し、デジタルリマスタリングによりクオリティ的にも40年前のコンサートを見事に甦らせています。
ディスク3の後半には、ライヴアルバムから外れながらサウンドボード音源が過去に放送された音源より7曲収録されています。コンサート本編に関してはこれ以上のものはないでしょう。そして残りはリハーサル音源です。長らくステージに立っていないジョンなだけに、入念なリハーサルが数日間に渡って行なわれた、その様子を収録しています。
それもスタジオを変えつつ、実際にステージで演奏していない曲も含め、ラフでありながら真剣な、時としておふざけを交えつつ、良い雰囲気でリハーサルが進んでいく様子が手にとるようにわかる音源です。
最後には、当時ラジオで放送されたジョンとヨーコによるコンサート告知のラジオ・スポットのアウトテイクを収録。ジョンとヨーコがコンサートをやるのでみんな来てねという宣伝。チケットがソールドアウトになったよ。へへっ、というジョンが可愛いです。続いてDVDの内容ですが、まず驚くのがリハーサルの映像です。
曲は「It’s So Hard」のみで短いですが、コンサート本編の出来よりも、こちらの方が断然良くて雰囲気があるのが面白いところ。ジョンがくわえタバコで、例のアーミージャケットを羽織るところがカッコ良過ぎます。そしてコンサート本編と、当時放送された、本編とは昼夜違いの映像、さらにカメラアングル違いの映像を収録。
わずか昼夜2回の公演にも関わらず、このような別バージョンが存在することが不思議ですが、放送やソフト化にあたって幾バージョンかが作られたものと思われます。そして最後には、前座を含め当日の様子を収録した8mm映像を収録。もちろんプロショットとは別アングルです。
ジョンレノン唯一のフルコンサートを昼夜2公演とリハーサル、さらにジョンとヨーコ本人によるラジオスポットなど、ワン・トゥ・ワン関連の音源を集大成。
さらに映像はコンサート本編のみならず、短いながらリハーサルの様子や、別アングル、別バージョンなどを含め、これまた他の追随を許さない完成度となっています。美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。スリップケース付。

DISC ONE
GOING DOWN ON LOVE
1-Piano demo sequence 2-Demo Take 1 3-Demo Take 2 4-Demo Take 3 5-Studio Rehearsal 6-Takes 5 & 6 (breakdown) 7-Offline Monitor Mix WHATEVER GETS YOU THRU THE NIGHT 8- Demo sequence #1 9- Demo sequence #2 10-Demo sequence #3 11-Demo sequence #4 12-Demo sequence #5 13-Studio Rehearsal #1 14-Studio Rehearsal #2 Recording Session #1: 15-Ain’t She Sweet 16-Take 1 17-Take 218-Take 3 19-Take 4 (breakdown) / Yesterday parody 20-Take 5 21-Take 6 (breakdown) 22-Take 6 23-Take 7 (breakdown) 24-Take 7 25-Take 8 (breakdown)26-Take 9 (breakdown) 27-Take 9 28-Take 10

DISC TWO
WHATEVER GETS YOU THRU THE NIGHT
1-Take 11 2-Take 12 (breakdown) 3-Take 13 (breakdown) 4-Take 14 5-Take 15 (“Take 14” by engineer) 6-Take 16 (breakdown) 7-Take 17 (breakdown) 8-Take 18 9-Take 19 (breakdown) 10-Take 20 (breakdown) 11-Take 21 (breakdown) 12-Take 2213-Take 23 14-Take 24 Re-Make Recording Session #2 15-Take 1 16-Take 2 17-Take 3 with breakdown 18-Take 4 19-Take 5 20-Take 6 21-Take 7 (Backing track Master take) 22-Mixing Session Offline Monitor Mix Guitar/Bongos overdubs 23-Mixing Session over Take 7 Offline Monitor Mix 24-Rough Mix Single Vocal 25-Vocal Overdubs over Take 7

OLD DIRT ROAD
26-Studio Rehearsal 27-Takes 11 & 12 28-Mixing Session Offline Monitor Mix

DISC THREE
WHAT YOU GOT 1-Demo #1 2-Demo #2 3-Demo #3 (breakdown) 4-Demo #4 5-Alternate Take 6-Take 10 Mixing Session Offline Monitor Mix #1 7-Take 10 Mixing Session Offline Monitor Mix #2 8-Take 10 Mixing Session Offline Monitor Mix #3 9-Mono Promo

BLESS YOU
10-Studio Rehearsal #1 (breakdown) 11-Studio Rehearsal #2 (breakdown) 12-Studio Rehearsal 13-Alternate Take #1 14-Alternate Take #2 15-Offline Monitor Mix

SCARED
16-Studio Rehearsal 17-Take 4 18-Offline Monitor Mix #9

DREAM
19-Demo #1 20-Demo #2 21-Demo #3 22-Mixing Session Offline Monitor Mix 23-Rough Mix

DISC FOUR
#9 DREAM
1-Edit Promo mono 2-Edit Promo stereo

SURPRISE, SURPRISE (SWEET BIRD OF PARADOX)
3-Demo #1 4-Demo #2 5-Studio Rehearsal 6-Alternate Take 7-Offline Monitor Mix

STEEL AND GLASS
8- Demo #1 “Pill” (1971) 9- Demo #2 (1973) 10-Demo #3 (1973) 11-Demo #4 (1974) 12-Studio Rehearsal 13-Take 8 14-Mixing Session Offline Monitor Mix 1 15-Mixing Session Offline Monitor Mix 2 16-Offline Monitor Mix 3 17-Long Version Quad Mix

BEEF JERKY
18-Studio Rehearsal 19-Alternate Take

DISC FIVE
NOBODY LOVES YOU (WHEN YOU’RE DOWN AND OUT)
1-Demo (1973) 2-Studio Rehearsal 3-Take 9 4-Take 18 (breakdown) 5-Take 19 6-Offline Monitor Mix

MOVE OVER MS. L
7-Demo #1 8-Demo #2 9-Studio Rehearsal #1 (breakdown) 10-Studio Rehearsal #2 11-Alternate Take (breakdown) 12-Alternate Take 13-Alternate Take 2 14-Offline Monitor Mix 15-Rough Mix Take 3 16-Walls and Bridges Radio SpotMore

1973 DEMOS 17-Just Because #1 18-Just Because #2 19-Just Because #3 20-“So Many” (demo sequence) 21-“The Boat Song”



ジョン・レノン
NEWYORK1972
The Best Of The Rest 1972 Collection
DAP-J001
SBD
1CD
\3,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)


1972年ニューヨークへ移住し政治的活動も積極化したジョン・レノン激動のドキュメントというべきレア音源コレクションが登場!最近になって発掘された「ワーキング・クラス・ヒーロー」の初登場リハーサル音源やニュース映像での即興演奏そしておなじみ”ワン・トゥ・ワン・コンサート”のミックスが異なるラジオ・ブロードキャスト音源、貴重なライブ演奏といえる”ジェリー・ルイス・テレソン”等タイトル通りジョン・レノン72年の活動を新発掘&アップグレード音源でまとめた大推薦の最新リマスター・コレクションです!!

[コレクターズ・ポイント] 72年といえば公式ライブにもなった”ワン・トゥ・ワン・コンサート”をはじめチャリティ・コンサートやTVショウ等の有名どころは公式でも数多くリリースされていますがここではジョン・レノン・アンソロジー等に収録されていないレア音源ばかりを収録。
これまでいっさい出回っておらず最近になって発掘され話題となった「ワーキング・クラス・ヒーロー」の初登場リハーサル音源含むワン・トゥ・ワン・リハーサルも今回の収録はその一部ながら既発とは異なる音補正された最新リマスター音源が使われてます。またワン・トゥ・ワン・コンサートの音源は公式とは収録もミックスも異なるラジオ放送バージョンのステレオ音源を収録。。
ジェリー・ルイス・テレソンも公式未収録の貴重なライブ音源といえるでしょう。ラストの「ハッピー・クリスマス」はオーケストラ抜きのミックス音源を収録。その他アクエリアスTVの「アッティカ・ステイト」やエレファンツ・メモリーの未発表アセテート音源等この時期のマニアックな音源の中から新発掘やアップグレード音源中心にまとめた最新オリジナル・コンピレーションです。

1. New York City – Outtake 2. Come Together – Rehearsals 3. Well Well Well – Rehearsals 4. Working Crass Hero - Rehearsals 5. Attica State - Aquarius TV 6. Woman In The Nigger Of The World - Eyewitness News Outtake 7. Fools Like Me - Eyewitness News Outtake 8. Carribean Song - Eyewitness News Outtake 9. Rock Island Line - Eyewitness News 10. Maybe Baby / Peggy Sue - Eyewitness News 11. Roll Over Beethoven – Rehearsals 12. Don't Be Cruel / Hound Dog – Rehearsals 13. New York City - Rehearsals
14. Mother - One To One Radio Broadcast 15. Imagine - One To One Radio Broadcast 16. Come Together - One To One Radio Broadcast 17. Give Peace A Chance - One To One Radio Broadcast 18. Everglade Woman - Elephant's Memory 19. Imagine - Jerry Lewis Telethon Live 20. Give Peace A Chance - Jerry Lewis Telethon Live 21. Happy X'mas (War Is Over) - Naked Version

NEWYORK1972 VIDEO COLLECTION LIMITED EDITION BONUS DVDR
NEW YORK CITY - French TV IMMIGRATION INTERVIEW GIVE PEACE A CHANCE - Vietnam Rally UNDERGROUND NEWS EYEWITNESS NEWS - John&Yoko Jam ONE TO ONE REHEARSALS ONE TO ONE AFTERNOON SHOW OPENING
COME TOGETHER INSTANT KARMA SISTERS O SISTERS COLD TURKEY HOUND DOG GIVE PEACE A CHANCE
ALTERNATES / IMAGINE MOTHER COME TOGETHER HOUND DOG GIVE PEACE A CHANCE - Ending
COME TOGETHER - movie version MOTHER - movie version JERRY LEWIS TELETHON (IMAGINE/GIVE PEACE A CHANCE)
NEW YORK CITY - Jonas Mekas film NTSC 4:3 Dolby Digital Stereo time approx.100min.



ジョン・レノン
One To One Benefit Concert 1972
mccd-272-277
AUD
5CD+DVD
\8,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


■昼夜2公演をオーディエンス録音にてそれぞれ収録。
■リハーサル音源やラジオスポットなど関連音源含めディスク5枚に渡って収録。
■映像は本編、別バージョン、別アングル、8mm映像などを収録。

マニア必携Mクローデル・レーベルより、ジョンレノンのワン・トゥ・ワン・コンサートがリリースになります。実に音源と映像合わせてディスク6枚に渡り、このジョン唯一にして最大のコンサートを集大成しています。
ジョンの死後、オフィシャルにリリースされましたが、それは昼夜2回公演を編集したもので、かつMCと演奏え昼夜が異なるなど複雑な編集、さらにヨーコの声を削除するなどミックスにも大きく手が加えられた人工的に作り上げられた「作品」でした。
もちろんそれは「作品」としては素晴らしいもので、数多くのジョンのファンを魅了してやまないものですが、「ドキュメント」という観点では、従来にリリースされたどのタイトルよりも本作が優れたものとなっています。
単発のステージばかりで生前はツアーを行なわなかった70年代のジョンですが、唯一、事前告知されたフル・コンサートが、本作に収録されているONE TO ONE BENEFIT CONCERTなのです。
コンサートは1972年8月30日にニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで行なわれました。何組かの前座の後にジョンが登場して、およそ80分に渡るコンサートを、昼夜2回公演で行ないました。
ポールと違い、明らかにステージ慣れしておらず、ジョンのナーバスな様子が感じられるステージ。声の調子もあまり良いものではないものの、バックのエレファンツメモリーの演奏も含めラフなステージングはいかにもジョンらしいもの。なにせ昼夜で歌詞や歌い回しが全く異なるのです。何より演奏や歌唱の技術的な巧拙を超越したジョンの世界が如実に表れている素晴らしいコンサートであることに異論はないでしょう。

まずディスク1はコンサート昼の部の演奏をオーディエンス録音にて収録しています。音質的にはいまひとつながら、実際のコンサートの曲順に沿って、ヨーコの楽曲を交えつつ、ほぼ完全収録。ほぼ、というのは、最後の全員で歌う「平和を我らに」が欠落しているためです。
ディスク2と3にはコンサート夜の部が収録されています。こちらは昼の部よりも優れたオーディエンス録音で、さらに完全収録です。聴衆による「人々に勇気を」に導かれて始まる力強い「ニューヨーク・シティ」からジョンの魅力溢れるヴォーカルがしっかり堪能できます。ヨーコの曲が微妙に曲順変更になっています。
昼夜コンサートのどちらも、古いテープですので走行に不安定なところがありましたが、ピッチ調整を完璧に施し、デジタルリマスタリングによりクオリティ的にも40年前のコンサートを見事に甦らせています。
ディスク3の後半には、ライヴアルバムから外れながらサウンドボード音源が過去に放送された音源より7曲収録されています。コンサート本編に関してはこれ以上のものはないでしょう。そして残りはリハーサル音源です。長らくステージに立っていないジョンなだけに、入念なリハーサルが数日間に渡って行なわれた、その様子を収録しています。
それもスタジオを変えつつ、実際にステージで演奏していない曲も含め、ラフでありながら真剣な、時としておふざけを交えつつ、良い雰囲気でリハーサルが進んでいく様子が手にとるようにわかる音源です。
最後には、当時ラジオで放送されたジョンとヨーコによるコンサート告知のラジオ・スポットのアウトテイクを収録。ジョンとヨーコがコンサートをやるのでみんな来てねという宣伝。チケットがソールドアウトになったよ。へへっ、というジョンが可愛いです。続いてDVDの内容ですが、まず驚くのがリハーサルの映像です。
曲は「It’s So Hard」のみで短いですが、コンサート本編の出来よりも、こちらの方が断然良くて雰囲気があるのが面白いところ。ジョンがくわえタバコで、例のアーミージャケットを羽織るところがカッコ良過ぎます。そしてコンサート本編と、当時放送された、本編とは昼夜違いの映像、さらにカメラアングル違いの映像を収録。
わずか昼夜2回の公演にも関わらず、このような別バージョンが存在することが不思議ですが、放送やソフト化にあたって幾バージョンかが作られたものと思われます。そして最後には、前座を含め当日の様子を収録した8mm映像を収録。もちろんプロショットとは別アングルです。
ジョンレノン唯一のフルコンサートを昼夜2公演とリハーサル、さらにジョンとヨーコ本人によるラジオスポットなど、ワン・トゥ・ワン関連の音源を集大成。
さらに映像はコンサート本編のみならず、短いながらリハーサルの様子や、別アングル、別バージョンなどを含め、これまた他の追随を許さない完成度となっています。美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。スリップケース付。

MSG NEW YORK CITY NY U.S.A. AUGUST 30, 1972
DISC ONE
AFTERNOON SHOW
01. Introduction - Power To The People 02. New York City 03. It’s So Hard 04. Move On Fast 05. Woman Is The Nigger Of The World 06. Sisters O Sisters 07. Well Well Well 08. Born In A Prison 09. Instant Karma
10. Mother 11. We’re All Water 12. Come Together 13. Imagine 14. Open Your Box 15. Cold Turkey 16. Don’t Worry Kyoko
17. Hound Dog

DISC TWO
EVENING SHOW
01. Introduction - Power To The People 02. New York City 03. It’s So Hard 04. Sisters O Sisters 05. Woman Is The Nigger Of The World 06. Move On Fast 07. Well Well Well 08. Instant Karma 09. Mother 10. We’re All Water 11. Born In A Prison 12. Come Together 13. Imagine 14. Open Your Box 15. Cold Turkey 16. Hound Dog

DISC THREE
01. Give Peace A Chance

SOUNDBOARD SOURCE from EVENING SHOW
02. It’s So Hard 03. Woman Is The Nigger Of The World 04. Mother 05. We’re All Water 06. Come Together 07. Imagine 08. Give Peace A Chance
REHEARSALS BUTTERFLY STUDIOS NEW YORK NY U.S.A. AUGUST 21, 1972
09. Honky Tonk 10. Mind Train
11. Come Together 12. We’re All Water

DISC FOUR
BUTTERFLY STUDIOS NEW YORK NY U.S.A. AUGUST 18, 1972
01. Come Together 02. Tequila 03. New York City 04. It's So Hard 05. Move On Fast - Back Off Boogaloo 06. Woman Is The Nigger Of The World 07. Sisters O Sisters
08. Give Peace A Chance 09. Instrumental Jam 10. Unchained Melody - It’s Only Make Belie - Who Put The Bomp 11. Well Well Well 12. Born In A Prison 13. Instant Karma

DISC FIVE
01. Mother 02. We're All Water 03. Come Together 04. Open Your Box 05. Cold Turkey 06. Don't Worry Kyoko
FILLMORE EAST NEW YORK NY U.S.A. AUGUST 25, 1972
07. Jam #1 08. Jam #2
FILLMORE EAST NEW YORK NY U.S.A. AUGUST 26, 1972
09. We're All Water 10. Roll Over Beethoven 11. Give Peace A Chance 12. Tequila 13. Jam #3

RADIO SPOTS
14. Radio Spot #1 15. Radio Spot #2 16. Radio Spot #3 17. Radio Spot #4 18. Radio Spot #5 19. Radio Spot #6 20. Radio Spot #7 21. Radio Spot #8

DVD DISC
BUTTERFLY STUDIOS NEW YORK NY U.S.A. AUGUST 21, 1972 01. It's So Hard LIVE IN NEW YORK CITY
02. Introduction - Power To The People 03. New York City 04. It's So Hard 05. Woman Is The Nigger Of The World 06. Sisters, O Sisters 07. Well, Well, Well 08. Instant Karma 09. Mother 10. Born In A Prison 11. Come Together 12. Imagine 13. Cold Turkey 14. Hound Dog 15. Give Peace a Chance

BROADCAST
16. Introduction 17. Come Together 18. Instant Karma 19. Sisters, O Sisters 20. Cold Turkey 21. Hound Dog 22. Give Peace a Chance ALTERNATES 23. Imagine ? Introduction 24. Mother #1 25. Come Together #1 26. Hound Dog 27. Give Peace a Chance 28. Come Together #2 29. Mother #2 30. Jonas Mekas Film of the One To One Concert



ジョン・レノン
1980
MC-015
SBD
1CD
\2,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ジョン・レノンの本当のラスト・アルバム?!遺作となった「DOUBLE FANTASY」と死後、1984年に発売された「MILK AND HONEY」のジョンの楽曲のみを高音質レア・トラック+プロモ音源を収録した2012年版JOHN LENNON 1980ラスト・オルタネイト・アルバムが”Monkey Clown”レーベルより遂に登場です!

本タイトルは、結果的にジョンの遺作となってしまった「DOUBLE FANTASY」と死後、「DOUBLE FANTASY」には未収録のリハーサル楽曲を編集し1984年に発売された「MILK AND HONEY」の2枚のアルバムの中から、ジョンの楽曲のみのレア音源で構成された本当の意味でのジョンのラスト・アルバム的タイトルです!

前述の2枚のアルバムは、ジョンの意向により、ジョンとヨーコの楽曲が交互に並ぶような構成で、「男女の会話」といったテーマに沿って製作され、それぞれの楽曲を別々に収録しなかった理由について、当時ジョンは「そうしてしまうとヨーコの曲を聴かれない可能性がある」と語っていますが、アルバム全体の印象としては、やはりヨーコの楽曲はインパクトがあり過ぎてバランスが悪いと発売当時、思った方が多いと思います。その不満を解決すべく製作されたのが本タイトルです。しかもオフィシャルとは異なる生々しいレア・ヴァージョンで構成された内容はファンならずとも必聴です!

01. (Just Like)Starting Over
02. Cleanup Time
03. I'm Losing You
04. Beautiful Boy(Darling Boy)
05. Watching The Wheels
06. Woman
07. Dear Yoko
08. Every Man Has a Woman Who Loves Him
09. I'm Stepping Out
10. I Don't Wanna Face It
11. Nobody Told Me
12. Borrowed Time
13. My Little Flower Princess(Forgive Me)
14. Grow Old With Me
15. (Just Like)Starting Over[12’Promo Version]
16. Woman[10’Sterling Acetate]
17. Borrowed Time[Alternate Mix]



ジョン・レノン
Imagine Multi Tracks Separated
WW-22/23/24
SBD
3CD
\7,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ビートルズやウイングスの音源のマルチトラックが数多くリリースされていますが、いよいよジョンの代表作イマジンが、アルバムまるごとマルチトラックをバラした状態での収録作が登場します!! 

シンプルかつ力強いジョンの楽曲が、それぞれはっきり分離した状態で収録されているという、これはもう素晴らしい内容です。

基本的にはヴォーカル、ギター、ベース、ドラムで録音され、それに曲によってはピアノやサックスなどが加わると言う、至ってシンプルな編成でレコーディングされたアルバムですが、その細かい音作り、リリース・バージョンでは聴きとれなかった繊細なニュアンスが、まるで眼前で演奏されているかのような生々しさでよみがえります。

ギターにはジョージハリスン、ベースはクラウスフォアマン、ドラムスにはアランホワイト、ピアノにはニッキーホプキンスなど、錚々たるメンバーを従えて、どの音が誰のものなのか、それを念頭において聴くと、一層本作の魅力が増すことでしょう。いずれピンでも主役を張れるメンバーがジョンレノンのバックに徹したことで、この名盤が生まれたというのがよくわかります。

「Imagine」の美しいピアノ、ストリングスのメロディ、なによりジョンの優しい、優しい、とろけるようなヴォーカル・トラックが聴きどころ。この世紀の名曲の新たな視点が生まれたような感じです。

「Clippled Inside」はあの軽快なイントロが印象的で、ギター、ピアノ、ドラムなどが、どのような絡みであの雰囲気を醸成しているかが伺えます。

そして「Jealous Guy」は、ジョンの繊細な頼りなさが美しさに昇華された見事なヴォーカルにつきます。エンディングの呟きに心奪われる人も多いのではないでしょうか。

「It’s So Hard」は一転、ゴリゴリの力強いヴォーカルに、荒々しいサックスの音色、そして不安を掻き立てるキーボードの音色などが聴きどころです。

そして今回、最も素晴らしいと思ったのは「真実が欲しい」のジョンのイッちゃってるヴォーカルです。一人の歌手が、ここまで魂を込めて歌った例などないのではないかと思えるくらいエモーショナルなヴォーカルが、実に耳元で歌っているかのような迫力で聴けるのです。このヴォーカル・トラックが本作のハイライトといっていいでしょう。

また生音に近いギターソロも興味深いところ。「Oh My Love」には効果音として使われたベルの音まで別トラックとなっています。

「How Do You Sleep」は、ジョンの憎々しい感情が全開のヴォーカル、そして、もっと憎しみを込めて弾けというジョンの指示に従って、混沌とした雰囲気を奏でるジョージのギター。オルガンの音もアクセントとなり、あのケイオスを構成しているのだというのがわかります。

そして「Oh Yoko」ではジョンのハーモニカの魅力が存分に発揮された楽曲。リズミカルなハーモニカの音色を聴くと、ジョンが吹いている様子が目に浮かぶようです。

歴史的名盤として名高いジョンレノン「IMAGINE」のアルバム全曲を、マルチトラックそれぞれ分離した状態で収録したのが本作。従来は聴こえなかった音が、こうして分離した状態で聴くと、はっきり聴きとる事が出来、また新たな魅力が加わった感があります。

特にジョンのヴォーカルに関しては、最強のロックンロール・ヴォイスから、繊細で優しい歌声まで、これが全て一人の人物から発せられた声とは信じられないくらいバリエーションに富んだ、しかしどこから聴いてもジョンレノン以外あり得ない素晴らしいもの。ぜひこのマルチトラック・セパレーテッドで楽しんでもらえたらと思います。

美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

DISC ONE
IMAGINE
01. Vocals 
02. Piano 
03. Strings 
04. Bass 
05. Drums

CRIPPLED INSIDE
06. Vocals 
07. Piano 
08. Guitar 
09. Extra Instruments 
10. Bass 
11. Drums

JEALOUS GUY
12. Vocals 
13. Piano 
14. Strings 
15. Extra Instruments 
16. Bass 
17. Drums

IT’S SO HARD
18. Vocals
19. Keyboards
20. Guitar
21. Extra Instruments
22. Bass
23. Drums


DISC TWO
I DON’T WANT TO BE A SOLDIER
01. Vocals
02. Piano
03. Guitar
04. Extra Instruments
05. Bass
06. Drums

GIMME SOME TRUTH
07. Vocals
08. Keyboards
09. Guitar
10. Extra Instruments
11. Bass
12. Drums

OH MY LOVE
13. Vocals 
14. Piano 
15. Guitar 
16. Bells 
17. Bass


DISC THREE
HOW DO YOU SLEEP
01. Vocals 
02. Strings 
03. Organ 
04. Guitar 
05. Bass 
06. Drums

HOW
07. Vocals
08. Piano
09. Guitar
10. Bass
11. Drums

OH YOKO
12. Vocals
13. Piano
14. Harmonica
15. Guitar
16. Bass
17. Drums



ウィンストン・レッグサイ
&ダーティマック
“Rock'n Roll Circus"-Yer Blues Session
Mid Valley Records
SBD
2CD
\8,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


「黒い雲が俺の心をよぎり青い霧が俺の魂に立ちこめる」1968年12月10日・11日ウェンブレー、インターテル・スタジオでシューティングされたストーンズのスペシャル番組ロックンロールサーカス。
結局この映像はお蔵入りしてしまい、公式リリースには1996年まで待たなければいけなかったというのは皆様御存知の通りです。
今回はハイライトのひとつウィンストン・レッグサイ&ダーティマックのプレイの詳細に迫ったアイテムの登場です。
エリックの335でのプレイが素晴らしくリハーサル及び本番テイクは必聴なのですが、以外にクレジットや収録曲のミスは知られていません。
なのでロックンロール・サーカス音源を精査し、ここに解説付きでまとめた本作が決定盤であるのは間違いないのであります!限定ナンバリング入り、帯付き★

DISC 1
tk-01:Introduction -Introduction By Elliot Mintz -Lost Lennon Tapes Show 88-31 July 25, 1988
tk-02:Jam -Untitled Warm-Up Jam -Monaural Mixes From 4-Track Reel
tk-03:Yer Blues - A Capella -John Lennon & Mick Jagger
tk-04:Yer Blues - Rehearsal -Film Soundtrack From Mono Nagra Real
tk-05:Mick Jagger's Introduction Of Rock'n Roll Circus
tk-06:Entry Of The Gladiators
tk-07:Mick Jagger's And John Lennon's Introduction Of The Dirty Mac
tk-08:Yer Blues - Take #1 - Film Soundtrack From 4-Track Reel
tk-09:Whole Lotta Yoko -Aka Her Blues -Stereo Mixies From 4-Track Reel
tk-10:Yer Blues - Take#1 -Film Soundtrack From Mono Nagra Reel
tk-11:Yer Blues - Take#2 -Stereo Mixes From 4-Track Reel
tk-12:Yer Blues - Take#2 -Early Alternate Stereo Mixies 4-Track Reel
tk-13:Whole Lotta Yoko -aka Her Blues -Early Alternate Stereo Mixies 4-Track Reel
tk-14:Yer Blues - Take#2 - IBC 10-Inch Mono Acetate
tk-15:Whole Lotta Yoko - aka Her Blues -Ibc 10-Inch Mono Acetate
tk-16:Yer Blues - MVR Special Take -Take#1 And Take#2 Combined

DISC 2
LOST LENNON TAPES
tk-01:Show 88-31-July 25, 1988
tk-02:Show 89-02 January 2, 1989
tk-03:Show 89-27 June 26, 1989
tk-04:Show 90-13 March 26,1990
tk-05:Show 90-26 June 25, 1990
tk-06:Show 91-03 January 14, 1991
IBC 10-INCH MONO ACETATE
tk-07:Yer Blues -Winston Leg-Thigh & The Dirty Mac
tk-08:Whole Lotta Yoko -Winston Leg-Thigh & The Dirty Mac
tk-09:A Quick One While He's Away -The Who
tk-10:Purple Haze -The Jimi Hendrix Experience
tk-11:Wild Thing - The Jimi Hendrix Experience



ダーティ・マック
THE DIRTY MAC with YOKO ONO
MONKEY CROWNE (MC-0-14)
SBD
1CD+1DVD-R
\3,600


1968年、一度だけ結成された伝説のスーパー・グループ“ザ・ダーティー・マック”の音源集が40年の時を越え遂にリリース!

ローリング・ストーンズが製作した伝説のスタジオ・ライブ映像作品「ロックン・ロール・サーカス」のために、ジョン・レノン(ザ・ビートルズ)、エリック・クラプトン(クリーム・当時)、キース・リチャーズ(ザ・ローリング・ストーンズ)、ミッチ・ミッチェル(ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス)の4人のビッグ・ネーム・メンバーで結成された奇跡のバンド“ザ・ダーティー・マック”!

本タイトルは、今や伝説となっている“ザ・ダーティー・マック”の現存する音源の中から選りすぐりの貴重音源(リハーサル、ジャム・セッションなどなど)をチョイスした究極のコンピレーション。

ジョンの血気迫るヴォーカルはもちろん、このバンドのメンバーとして参加したいがためにベース担当を自ら直訴したと言われているキースのウネるベース・ライン!どっしりと屋台骨をささえるミッチのドラミング、その中でも注目すべきは、前編で冴え渡るクラプトンのギター・ワーク!クラプトン・ファンにも超オススメ(本番音源は当然ながらリハーサル、ジャム・セッションでのリフは最高です!)。

さらに、ライブ映像、バックステージの様子などを収録したボーナスDVDR付!ロックの歴史的にも大変貴重で価値のある永久保存盤!!

THE DIRTY MAC
John Lennon (as "Winston Leg-Thigh") : vocal,lead and rhythm guitar (from The Beatles)
Eric Clapton : lead and rhythm guitar (from Cream)
Keith Richards : bass (from The Rolling Stones)
Mitch Mitchell : drums (from The Jimi Hendrix Experience) with Yoko Ono

CD
01. Daialogue - Yer Blues
02. Jam Session
03. Yer Blues [take1 - no vocals]
04. Yer Blues [take1]
05. Yer Blues [take2 - no vocals]
06. Yer Blues [take2]
07. Yer Blues [take2 - mono]
08. Yer Blues [rehearsal - no vocals]
09. Yer Blues [rehearsal]
10. Yer Blues [mono acetate]
11. Her Blues(Whole Lotta Yoko) [mono acetate]
12. Yer Blues [take2 - wide stereo version]
13. Her Blues(Whole Lotta Yoko) [wide stereo version]
14. Yer Blues [take2 - DVD version]
15. Mick Jagger's & John Lennon's Instroduction Of The Dirty Mac
16. Yer Blues
17. Whole Lotta Yoko
18. Yer Blues [bonus track - The Beatles Demo]

Bonus-DVDR
01. LIVE (from ROCK AND ROLL CIRCUS / December 11th 1968)
02. Four split-screens version
03. Backstage footage



ジョン・レノン
Imagine…Outtakes
MID VALLEY
SBD
3CD
\3,300
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


1971年発表の名盤「Imagine」のアウトテイクス、セッション、デモ音源を音質最高のサウンドボードで収録!

珠玉の49トラックをお楽しみ下さい!特に名曲"Jealous Guy"のテイク違いは必聴です!DISC 1はアウトテイク音源でアルバム「Imagine」を構成、「裏Imagine」として楽しめます。DISC 2、3には別テイク、セッション音源等を収録。いろんなアーティストにカバーされている名曲、"Imagine" "Jelous Guy"の別テイクが聴けるのは嬉しい限りです。

普段ジョンのアウトテイクス集に馴染みのない方にでも楽しんでいただける3枚組みとなっております!

The Alternate Album The Outtakes, The Sessions The Demos, The Overdub Sessions
Ascot Sound Studios, England May June 1971

Disc 1
01 Imegine Version
2 : Take1
02 Crippled Inside Take17
03 Jealous Guy Take2
04 It’s So Hard Take2
05 I Don’t Be Wanna Soldier Mama Take2
06 Gimmie Some Truth Alternate Vocal
07 Oh My Love Take 2
08 How Do You Sleep? Alternate Vocal
09 How? Alternatr Vocal
10 Oh Yoko! Take9
11 “Just A Little Story…” Studio Monologue
12 Well (Baby Please Don’t Go) Take1

Disc2
01 Imagine Take1
02 Imagine Take2
03 Imagine Take3
04 Imagine Alternate Vocals
05 Crippled Inside Take2
06 Jealous Guy Take1
07 Jealous Guy Take7
08 Jealou Guy Vocal Take 20
09 I Don’t Wanna Be A Soldier Mama Take1 With Sax
10 I Don’t Wanna Be A Soldier Mama Alternate Mix
11 Oh My Love Alternate Take 1a
12 Oh My Love Alternate Take 1b
13 How? Take12
14 How? Alternate Take 1b
15 How? Original Take
16 Oh Yoko Take 7
17 I’m The Greatest Piano Demo
18 Imagine Rehearsal
19 Sanfrancisco Bay Blues Impromptu Studio Solo

Disc 3
01 How Do You Sleep/ Rehearsal 1
02 Tuning Jam
03 How Do You Sleep? Rehearsal 2
04 How Do You Sleep Rehearsal 3
05 How Do You Sleep Version 2
06 How Do You Sleep Take 2
07 How Do You Sleep Version 3
08 How Do You Sleep? Alternate Vocal b
09 Oh My Love Acoustic Demo a “Late 1968”
10 Oh My Love Acoustic Demo b “Late 1968”
11 How? Piano Demo “Late 1970”
12 People Get Ready/How? Piano Demo “Late 1970-Early 1971”
13 How? /Child Of Nature/Oh Yoko! Piano Demo “Late 1970-Early 1971”
14 Oh Yoko! Acoustic Demo “Mid 1969”
15 Oh Yoko! Piano Demo “Late 1970-Early
16 It’s So Hard Sax Overdub “7-4-71 NYC”
17 I Don’t Wanna Be A Soldier Mama “7-4-71 NYC”
18 How Do You Sleep? “Reprise”



ジョン・レノン
The Alternate Plastic Ono Band
SAR-021
SBD
1CD
\3,300
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


2009年のビートルズに続いて、2010年にソロ作のオリジナルのミックスがリマスターされたジョン・レノンの作品群の中から、初のソロ作にして名盤の70年作『PLASTIC ONO BAND(ジョンの魂)』のオルタネイト・アルバムがStrange Appleからリリース!

『IMAGINE』と並んでジョンのソロ時代の重要作として挙げられることが多く、現在でもロックの名盤の類のランキングには上位に顔を出すアルバムである『PLASTIC ONO BAND(ジョンの魂)』を全曲別ヴァージョンで楽しめるオルタネイト・アルバム。数あるレア音源の中から厳選されたテイクをアルバムの収録順に並べた内容で、音質的にも全編に渡って高音質で安心してお楽しみ頂けます。ジョンのファンでなくとも楽しめる、全ロック・ファンにオススメの大推薦タイトルです!!

01. Mother (Alternate mix)
02. Hold On (Outtake)
03. Hold On (Outtake)
04. I Found Out (Rough Mix)
05. Working Class Hero (Outtake) 
06. Working Class Hero (Censored Version)
07. Isolation (Outtake)
08. Remember (Outtake)
09. Remember (Acetate)
10. Love (Rehearsal)
11. Love (Outtake)
12. Well Well Well (Rough Mix)
13. Look At Me (Outtake)
14. Look At Me (Rough Mix)
15. God (Demo)
16. My Mummy's Dead (Demo)



ジョン・レノン
Legend -The Other Side Of John Lennon-
MC-009
SBD
1CD
\3,300
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


MONKEY CLOWNレーベルが本年度最後にお届けする、ジョン・レノン生誕70年/没後30年記念タイトル第1弾!「LEGEND-THE OTHER SIDE OF JOHN LENNON」緊急リリース!

1998年にリリースされたオフィシャル・ベスト盤「LEGEND」を、全曲別テイク、別バージョンで再構成した至福の1枚!しかも、音質の良い音源ばかりを収録しているのもMONKEY CLOWNならでは!オフィシャル盤に準じたアート・ワークもファンの心をくすぐること間違いなしのコダワリ仕様!オフィシャル盤を持っている方には、より深いジョンの世界を、持っていない方には、オフィシャル盤に引けをとらないベスト盤として存分に楽しんでいただける素敵なタイトルです!

01. Imagine (Take 1)
02. Instant Karma! (Video Take)
03. Mother (Alternate Version 1)
04. Jealous Guy (Alternate Mix)
05. Power to the People (Early Mix)
06. Cold Turkey (Rough Mix)
07. Love (1982Remix)
08. Mind Games (Rough Mix)
09. Whatever Gets You Thru the Night (Overdub on Take 7)
10. #9 Dream (Promo Edit)
11. Stand By Me (Roots Version)
12. (Just Like) Starting Over (Rare 12”Promo Only Mix)
13. Woman (#8)
14. Beautiful Boy (Darling Boy)
15. Watching the Wheels (UNUSED BACKING TRACK 16” CHAT – PART)
16. Nobody Told Me (#2)
17. Borrowed Time (Alternate Mix)
18. Working Class Hero (Wonsaponatime Version)
19. Happy Xmas (War Is Over) (Rough Mix)
20. Give Peace a Chance (Early Mix)



ジョン・レノン
Rock’N’Roots
MC-008
SBD
1CD
\3,300
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


MONKEY CLOWNレーベルが本年度最後にお届けする、ジョン・レノン生誕70年/没後30年記念タイトル第2弾!「ROCK’N’ROOTS」緊急リリース!

1973年にフィル・スペクターをプロデュースのもと、レコーディングが始まったアルバム「ROCK’N’ROLL」。当時、ジョンもフィルも私生活のトラブルの影響で酒浸りの日々を送っていたため思うようにレコーディングは進行せず、遂にはフィルがマスター・テープを持ち逃げしてしまい、レコーディングは中止、先に「心の壁、愛の橋」がリリースされたことで海賊盤「ROOTS」が出回ったりと数々のトラブルの中で制作されたアルバム「ROCK’N’ROLL」のセッションから選りすぐりの音源をまとめたコンピレーション。前記の「ROOTS」の曲順+ボーナス・テイクというコダワリの構成で、ラフ・ミックスや別バージョンを楽しめるロックン・ロールなタイトルです!

01. Be-Bop-A-Lula
02. Ain't That A Shame
03. Stand By Me
04. Sweet Little Sixteen [Rough-Mix]
05. Medley: Rip It Up/Ready Teddy
06. Angel Baby
07. Do You Wanna Dance
08. You Can't Catch Me [Rough-Mix]
09. Bony Moronie [Rough-Mix]
10. Peggy Sue [Rough-Mix]
11. Medley: Bring It On Home To Me/Send Me Some Lovin'
12. Slippin' And Slidin' [Rough-Mix]
13. Be My Baby [Rough-Mix]
14. Ya Ya
15. Just Because
16. To Know Her Is To Love Her
17. Since My Baby Left Me
18. Just Because (Reprise)



ジョン・レノン
Double Fantasy Recording Sessions
mccd-175-178
SBD
4CD
\7,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


マニア必携Mクローデル・レーベルより、ジョンレノン最後のレコーディング・セッションを収録したタイトルがリリース。

1980年8月から10月にかけてニューヨークのヒット・ファクトリー及びレコード・プラントで行なわれたアルバム『ダブル・ファンタジー』、さらに死後『ミルク・アンド・ハニー』として結実する実り多きレコーディング・セッション、本作はその内『ダブル・ファンタジー』の曲を収録したものです。

ディスク1は「STARTING OVER」と「CLEAN UP TIME」の2曲を収録。再出発を告げる5年ぶりのニューアルバムに相応しい第一弾シングルとしてリリースされた「(JUST LIKE) STARTING OVER」のコードをギターで確認する生々しい演奏から始まり、何度も繰り返しリハーサルを繰り返す様子などが収録されています。

ディスク2は、「I’M LOSING YOU」とその際のセッション、さらに「I’M MOVING ON」を収録。「I’M LOSING YOU」は当初チープ・トリックを招いてのセッションでした。リック・ニールセンの非常にハードなギターをバックにジョンのロックン・ロール・ヴォイスが重なり、緊張感あふれるセッションとなっています。

この「I’M LOSING YOU」の時のセッションは比較的長く残されており、それがディスク2の後半に収録されているもの。本来の「I’M LOSING YOU」を忘れて、ビートルズの「SHE’S A WOMAN」(しかもポールの曲!)やオールディーズ・ナンバーを楽しそうに演奏しています。

さらに本作の特長は、ジョンだけでなくヨーコの曲に関しても収録していることで、「I’M LOSING YOU」と同じく、ヨーコの「I’M MOVING ON」もチープ・トリックが参加したハードなアレンジのバージョンで収録しています。 

ディスク3は「BEAUTIFUL BOY」「WATCHING THE WHEELS」「I’M YOUR ANGEL」「DEAR YOKO」の4曲のセッションを収録。「BEAUTIFUL BOY」は愛息ショーンに向けて書いた曲だけあって、ジョンの思い入れが強く、何度も歌い回しや歌詞を変えて収録しており、最終的なリリース・バージョンと聴き比べると面白いのではと思います。

ディスク4は「WOMAN」「男は誰もが」「HARD TIMES ARE OVER」の3曲のセッションを収録。今やスタンダード・ナンバーと化した感のある「WOMAN」。ビートルズと対比して1980年版の「GIRL」というジョンらしく、ブレスを効果的に使った人気の高い楽曲。実に12バージョンを収録しています。「男は誰もが」はジョンとヨーコのそれぞれのバージョンがありますが、デュエット・バージョンというのは珍しいのではないでしょうか。  

最後にボーナストラックとして、ラジオDJとインタビューが被っているものの、「STARTING OVER」と「WOMAN」のベーシック・トラック、及び「STARTING OVER」の12インチプロモのみに収録されていたロング・バージョン、そして同セッションからジョンの歌う「MAGGIE MAE」を収録しています。

Recording Session At Hit Factory And The Record Plant Aug - Oct 1980

DISC ONE (JUST LIKE) STARTING OVER
01. Chords#1
02. Chords#2
03. Vocal Booth #1
04. Vocal Booth #2
05. Studio Rehearsal #1
06. Studio Rehearsal #2
07. Studio Rehearsal #3
08. Only The Lonely - Gone From This Place
09. Take 1
10. Control Room #1
11. Control Room #2
12. Control Room #3
13. Rough Mix #1
14. Rough Mix #2
15. Rough Mix #3
16. Rough Mix #4

CLEAN UP TIME
17. Vocal Booth #1
18. Vocal Booth #2
19. Vocal Booth #2 Take 1
20. Vocal Booth #3 Take 3
21. Take 7 Instrumental
22. Take 7 Guide Vocal
23. Rough Mix #1
24. Rough Mix #2
25. Rough Mix #3

DISC TWO
I'M LOSING YOU
01. With Cheap Trick Rough Mix #1
02. With Cheap Trick Rough Mix #2
03. Extended Raw Mix
04. Alternate Take
05. Take 1
06. Studio Talk #1
07. Studio Talk #2
08. Slide Guitar Over Dub
09. Horns Over Dub
10. Vocal Over Dub
11. Rough Mix #1
12. Rough Mix #2

STUDIO SESSIONS
13. Studio Rehearsal #1
14. Studio Rehearsal #2
15. Vocal Booth #1
16. DREAM LOVER – STAY
17. MYSTERY TRAIN
18. Studio Rehearsal #3
19. SHE'S A WOMAN #1 - C'MON EVERYBODY
20. RIP IT UP
21. SHE'S A WOMAN #2
22. I'M A MAN
23. BE BOP-A-LULA
24. I'M LOSING YOU #1
25. I'M LOSING YOU #2 I'M MOVING ON
26. With Cheap Trick Rough Mix #1
27. With Cheap Trick Rough Mix #2

DISC THREE BEAUTIFUL BOY
01. Sean Visits The Studio
02. Rehearsal #1
03. Rehearsal #2
04. Rehearsal #3
05. Vocal Booth
06. Alternate Take
07. Studio Talk
08. Rough Mix #1
09. Rough Mix #2
10. Rough Mix #3

WATCHING THE WHEELS
11. Rehearsal #1
12. Rehearsal #2
13. Vocal Booth Take 2
14. Vocal Booth Take 3
15. Rough Mix #1
16. Control Room
17. Take 8 Mix #1
18. Take 8 Mix #2

I'M YOUR ANGEL
19. Vocal Booth
20. Rough Mix

DEAR YOKO
20. Vocal Booth
21. Take 1
22. Take 4
23. Take 6 Mix #1
24. Take 6 Mix #2
25. Rough Mix

DISC FOUR
WOMAN
01. Acoustic Backing Track
02. Vocal Booth Take 1
03. Vocal Booth Take 4
04. Vocal Booth #1
05. Vocal Booth #2
06. Vocal Booth #3
07. Control Room Talk #1
08. Control Room Talk #2
09. Rough Mix #1
10. Rough Mix #2
11. Rough Mix #3
12. Rough Mix #3 Alternate

EVERYMAN HAS A WOMAN WOHO LOVES HIM
13. Vocal Booth #1
14. Vocal Booth #2
15. Control Room
16. Rough Mix
17. Rough Mix John On Vocal
18. Rough Mix John & Yoko Duet

HARD TIMES ARE OVER
19. Choir Over Dub #1
20. Choir Over Dub #2
21. Choir Over Dub #3
22. Rough Mix

BONUS TRACKS
23. STARTING OVER (BASIC TRACK with Voice Over)
24. WOMAN (BASIC TRACK with Voice Over)
25. MAGGIE MAY (From The Session)
26. STARTING OVER (Long Fade 12inch Promo Version



ジョン・レノン
Milk And Honey Recording Sessions
mccd-179/180/181
SBD
3CD
\6,900
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


マニア必携Mクローデル・レーベルより、ジョンレノン最後のレコーディング・セッションを収録したタイトルがリリース。

1980年8月から10月にかけてニューヨークのヒット・ファクトリー及びレコード・プラントで行なわれたアルバム『ダブル・ファンタジー』、さらに死後『ミルク・アンド・ハニー』として結実する実り多きレコーディング・セッション、本作はその内『ミルク・アンド・ハニー』の曲を収録したものです。

ディスク1は「I’M STEPPING OUT」のセッションを収録。リハーサルからアウトテイクまで、ディスクがまるまる一枚この曲に費やされているだけでなく、ディスク2にまたがって別テイク及びラフミックスが収録されています。アルバムの冒頭を飾る軽快なナンバーで明るく素晴らしいジョンのヴォーカルが堪能できます。

ディスク2は「I DON’T WANNA FACE IT」とヨーコの「DON’T BE SCARED」、「NOBODY TOLD ME」「MY LITTLE FLOWER PRINCESS」の4曲のセッションを収録。

ディスク3は「BORROWED TIME」「GROW OLD WITH ME」「WALKING ON THIN ICE」の3曲に、わずか1テイクのみですが「NO ONE CAN SEE ME LIKE YOU DO」を収録。「BORROWED TIME」はアルバムのB面冒頭を飾る曲で、リハーサルの他、オーヴァーダブの様子や別テイクを収録。ブートのタイトルとして有名になった「GONE FROM THIS PLACE」もこの曲のセッションで収録されています。そして世紀の名曲「GROW OLD WITH ME」はテイク1とテイク2を収録。古い響きのピアノにのってゆっくり歌い出すジョン。ヴォーカルが近く生々しい歌声にしてこの名曲。涙なしでは聴けません。後ろではショーン君が何やら騒いでいるのも聞こえます。「WALKING ON THIN ICE」は、ジョンが凶弾に倒れるまさにその瞬間、手にマスターテープを持っていたという、その音源でしょうか。

DISC ONE I'M STEPPING OUT
01. Vocal Booth Rehearsal #1
02. Vocal Booth Rehearsal #2
03. Vocal Booth Rehearsal #3
04. Vocal Booth Rehearsal #4
05. Vocal Booth Rehearsal #5
06. Studio Rehearsal #6
07. Take 1
08. Take 2
09. Vocal Booth #1
10. Vocal Booth #2
11. Vocal Booth #3
12. Vocal Booth Talk
13. Vocal Booth #4
14. Alternate Take #1
15. Alternate Take #2
16. Alternate Take #3

DISC TWO
I'M STEPPING OUT
01. ALTERNATE TAKE #4
02. Rough Mix Unedited
03. Rough Mix

I DON'T WANNA FACE IT
04. Alternate Take #1
05. Alternate Take #2
06. Alternate Take #3
07. Rough Mix #1
08. Rough Mix #2
09. Rough Mix #3

DON'T BE SCARED
10. Rough Mix NOBODY TOLD ME
11. Take 1
12. Take 1 Rough Mix
13. Take 2
14. Rough Mix #1
15. Rough Mix #2 (FORGIVE ME) MY LITTLE FLOWER PRINCESS
16. Rehearsal #1
17. Vocal Booth #1
18. Vocal Booth #2
19. Alternate Take #1
20. Alternate Take #2

DISC THREE
BORROWED TIME
01. Rehearsal
02. Over Dub #1
03. Over Dub #2
04. Take 1
05. Take 2
06. Take 2 Rough Mix #1
07. Take 2 Rough Mix #2
08. Take 2 Rough Mix #3
09. Take 3 Rough Mix
10. Studio Talk
11. GONE FROM THIS PLACE

GROW OLD WITH ME
12. Take 1
13. Take 2

NO ONE CAN SEE ME LIKE YOU DO
14. Rehearsal WALKING ON THIN ICE
15. Vocal Booth
16. Rough Mix #1
17. Rough Mix #2
18. Rough Mix #3



ジョン・レノン
Live In New York City
HNCD-008
SBD+AUD
1CD-R
\3,000


解散後唯一の本格的なライヴとしてお馴染みのワン・トゥ・ワン・コンサートの昼の部をサウンドボード音源をメインに編集でカットされた箇所、サウンドボード音源が発表/発掘されていない曲をオーディエンス音源で収録し、可能な限りライヴ全長を再現した禁断のタイトルがリリース!!

解散後のビートル全員が一度はそのステージに立ったニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデン、ジョンの場合は解散後唯一の本格的なライヴのためのステージでした。

これは精神発達遅滞児童が一対一(One To One)の教育を受けられるように援助することを目的としたチャリティ・コンサートで、1972年8月30日に昼夜二回のステージが行なわれ、断片的なリリースや放送を除くと、ジョンの没後80年代の半ばになって映像と音源が別々にソフト化されました。

いくつか見るべき瞬間もあるものの、気合いが空回りしたかのようなテンションとヴォーカル・パフォーマンス等に、ファンでもあまりいい印象を持っていない方も多いのではないでしょうか。しかしながら、ほとんどライヴ活動を行なうことなくこの世を去ったジョンだけに、このライヴに対する需要は高く、映像を含めた昼の部夜の部それぞれの完全版のリリース(せめて映像ソフトのDVD化)も待たれています。

本作は、リリースされたソフトで採用されたテイクのほとんどが昼の部であることに目をつけて、全曲が出回っているオーデンエンス録音と組み合わせることにより、サウンドボード音源を別の形でマニアックに鑑賞しようという企画盤です。

というのは、LP(CD)とVHSで収録曲やミックスが異なるのはよく知られていますが、CDよりもLPの収録時間に合わせて編集を行なったと思われるオフィシャルでは(昼の部基準で考えると)「New York City」「Woman Is The Nigger Of The World」「Well, Well, Well」は曲中で短く編集されており、映像ソフト(VHS)も加えるならば「Born In A Prison」も実際の演奏より短くなっています。また、「New York City」はLP(CD)とVHSでカットされたヴァースが異なっているという違いがあります。

MCについても、昼の部/夜の部が入れ変わったり、歓声部分が少しずつ摘ままれていたりと、リリースに当たってはかなりの箇所が編集されていることがわかります。それらを考慮した上で、サウンドボード音源(Video Mix)をメインに聴けない部分をオーディエンス音源で補填して全曲を収録するというのが本作のコンセプト。

「New York City」のみLP(CD)の音源も使用しています。そのため、「New York City」「Woman Is The Nigger Of The World」「Well, Well, Well」「Born In A Prison」がツギハギで、「Move On Fast」「Sisters O Sisters」「We're All The Water」「Open Your Box」「Cold Turkey」「Don't Worry Kyoko (Mummy's Only Looking for Her Hand in the Snow)」「Hound Dog」はまるまるオーディエンス音源です。

ファンの方ならご存知の通りですが、このワン・トゥ・ワン・コンサートの昼の部のオーディエンス音源は非常に音が悪く、そのため曲中で編集されている曲は急に音質が変化しますので、ご了承の上お買い上げ下さい。

Live at Madison Square Garden, NYC August 30 1972 One To One Concert

1. Geraldo Rivera Introduction
2. Power to the People(Tape Intro)
3. New York City
4. It's So Hard 
5. Move On Fast
6. Woman Is The Nigger Of The World 
7. Sisters O Sisters
8. Well, Well, Well
9. Born In A Prison
10. Instant Karma (We All Shine On) 
11. Mother 
12. We're All The Water
13. Come Together
14. Imagine
15. Open Your Box
16. Cold Turkey
17. Cold Turkey 
18. Don't Worry Kyoko (Mummy's Only Looking for Her Hand in the Snow)
19. Hound Dog



ジョン・レノン
The Piano Tape
SAR-016
SBD
1CD
\3,600


98年リリースのJOHN LENNON ANTHOLOGYにも一部が採用された70年11月に当時の自宅アスコットのティッテンハースト・パークにあったスタジオで録音されたピアノ弾き語りのデモがリマスターされてStrange Appleからリリース!!

録音された時期は『ジョンの魂』のリリース直前で、翌年初夏にレコーディングが始まる『IMAGINE』の楽曲を中心としたデモ・レコーディングになっています。演奏そのものはラジオ番組「LOST LENNON TAPES」で放送されておりお馴染みのものもありますが、元の素材がこのCDに収められたテープということになります。途中何度かテープを止めた痕跡もあるものの、一気に録音されたものと思われます。時にはコードを弾き損ねたり、コードを見失って演奏が中断し、独り言(時には汚い独り言)を呟いたりしながら、途中ヨーコも交えながら録音されていきます。

『IMAGINE』のセッションでの演奏が確認されているものの、採用されるには至らなかった「Mind Games」のプロト・タイプを聴くことが出来る代表的な音源で、この時点では「Make Love, Not War」「 I Promise」と明らかに別々の曲として存在していたことがわかります。リンゴに贈られた「I'm The Greatest」も『IMAGINE』のセッション中にスタジオ・デモが録音されます。

ビートルズ時代に一旦完成しながらも陽の目を見なかった「Child Of Nature」は「Jealous Guy」として正式にレコーディングが行なわれることになりますが、この時点では「Child Of Nature」のまま。「Oh Yoko!」もカントリー調のアレンジが施されたリリース・ヴァージョンに比べると、淡々としたバラード調となっており、この演奏を聴けばこの曲があまり好きでない人も、考えを改めることになるのではという、なかなかの演奏。

この音源の中で目玉なのはやはり「Help!」。ほぼ同時期のローリング・ストーン誌でのインタビューで触れていた「Help!」の再演を、デモ・レコーディングとはいえ試みているのが非常に興味深い演奏です。2分程度の演奏で、コードがあやふやなため、ヴァース部分以外は演奏していないに等しいお粗末な出来なのが残念。

図らずも「How?」の元ネタを明かすような「People Get Ready」 からの「How?」の後は、オールディーズのスタンダード・ナンバーも飛び出し(「My Heart Is In Your Hands」とあるのは、正しくは「Can't Believe You Wanna Leave」)、「I'll Make You Happy」では「Cold Turkey」のようなラインが出てきて、ジョンも自ら苦笑しています。

聴きどころはざっと以上といったところですが、真剣に聴いても、何か作業をしている時にかけていてもハマる音源です。

過去名門レーベルVIGOTONEからCDRのみでリリースされていた音源ですので、プレス盤では初となるリリースですが、今回のリリースにあたっては、ピアノの存在感を重視したStrange Apple独自のリマスターを施してあります。

ボーナストラックには、基本的には本作に収録されている演奏から若干の編集を施し98年リリースのJOHN LENNON ANTHOLOGYに収録された「Mind Games」のプロト・タイプの2曲、「Mind Games(Make Love, Not War)」「Mind Games( I Promise)」を追加収録しており、聴き比べに重宝します。こちらの2曲は、オフィシャルにホーム・デモが収録される際の常ですが、薄めのリヴァ―ヴがかかっており、しっとりとした仕上がりになっていることがお分かり頂けるのではないかと思います。

CD
01. Make Love, Not War
02. I'm The Greatest
03. How?
04. Child Of Nature
05. Oh Yoko!
06. Sally And Billy
07. Rock & Roll People
08. Oh Yoko!
09. Help!
10. Untitled Instrumental
11. John and Yoko's Ascot Christmas Message
12. People Get Ready / How?
13. How?
14. My Heart Is In Your Hands
15. Mailman, Bring Me No More Blues
16. I Promise
17. You Know Hard It Is
18. I'll Make You Happy

Bonus Tracks
19. Mind Games(Make Love, Not War)
20. Mind Games( I Promise) 
Ascot Sound Studios, Tittenhurst Park, Ascot, England November 1970.



ジョン・レノン
NEW YORK DIALECT
VAL-003
SBD
1CD
\4,700


本作には2種類のセッションが収録されている。前半は1971年9月にニューヨークのセントレジス・ホテルでレコーディングされたものである。元々はフィルム作品「CLOCK」のための演奏で、正式なスタジオ機材を使ったレコーディングではなく、ジョンがギターを弾いている場面を収録したものである。アコギのみにてオールディーズ・ナンバーを次々に演奏している。傍らにはヨーコもいるようだ。 後半は1971年10月9日ニューヨークにて行なわれた、ジョンの誕生パーティでの演奏を収録している。この日ジョンは31歳を迎え、リンゴ、フィルスペクター、クラプトンなど多彩な出席者と一緒に、ミュージシャンらしい賑やかなパーティとなっている。この当時不仲だったポールは参加していないが、「Uncle Albert ? Admiral Halsey」を演奏している点が興味深い。

前半がジョンのアコギのみの弾き語り、後半がジョンの誕生パーティにおける賑やかな演奏会で、対照的な収録であるが、いずれも1971年ニューヨークにおけるジョンの数少ない貴重な記録である。美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

“CLOCK” SOUNDTRACK ST. REGIS HOTEL NEW YORK CITY NY U.S.A. September 1971
01. Shazam! 02. Honey Don’t 03. Glad All Over 04. Lend Me Your Comb 05. New York City 06. Wake Up Little Susie
07. Vacation Time 08. Peggy Sue #1 09. Not Fade Away 10. You’re So Square (Baby I Don’t Care) 11. Heartbeat
12. Peggy Sue Got Married 13. Peggy Sue #2 14. Maybe Baby 15. Mailman Bring Me No More Blues 16. Rave On
17. Aisumasen #1 18. Aisumasen #2 19. Aisumasen #3

JOHN’S BIRTHDAY PARTY LOCATION UNKNOWN SYRACUSE NY U.S.A. October 9, 1971
20. What'd I Say 21. Yellow Submarine 22. On Top Of Old Smokey 23. Goodnight Irene
24. He's Got The Whole World In His Hands 25. Like A Rolling Stone - Twist And Shout - Louie Louie - La Bamba
26. Bring It On Home To Me 27. Yesterday 28. Tandoori Chicken 29. Power To The People 30. Maybe Baby
31. Peggy Sue 32. My Baby Left Me 33. Blue Suede Shoes 34. Crippled Inside 35. Give Peace A Chance
36. Crippled Inside 37. Uncle Albert - Admiral Halsey 38. Happy Birthday 39. Uncle Albert - Admiral Halsey
40. My Sweet Lord



ジョン・レノン
Together Again
MC-007
SBD
1CD
\3,800


ビートルズ解散後のプライベートな場でのメンバーの交流がわかる音源2種をカップリング!!

リンゴが訪れたジョンの31歳の誕生日パーティー(71年10月9日)でのセッションと、74年の現存する解散後唯一のジョンとポールのセッションをカップリングした強力盤!!まず、71年 の音源は、ニューヨークのホテル、シラキュースで行なわれたジョンの誕生日パーティーで録音されたもので、アコースティック・ギターの伴奏と、ひっくり返 したバケツをパーカッションに使った演奏に合わせて、部屋にいる人間が合唱するという、プライベート・パーティー然とした演奏。アコーディオンも演奏に加わっており、ベルを鳴らす参加者もいます。テープは度々止められていますが、約45分の音源。

リンゴとモーリンのスターキー夫妻、クラウス・ヴーアマン、ジム・ケルトナー、フィル・スペクター、詩人のアレン・ギンズバーグ等を含む大勢の人間が歌うというキャンプ・ファイヤーのようなノリで、バディ・ホリーを始めとするスタンダード・ナンバーや、ディラン・ナンバーに加え、ビートルズ・ナンバーも飛び出します。

「Yellow Submarine」ではリンゴにソロ・ヴォーカルをとらせるなど、楽しげな雰囲気。「Yesterday」はグダグダな演奏ですが、ポールの曲を取り上げているのは興味深いところ。「Blue Suede Shoes」は2年前のトロントでのロックンロール・リバイバルと同じくカール・パーキンス・ヴァージョン。「Crippled Inside」以降、ソロ・ナンバーがまとまって演奏されていますが、先ほど「Yesterday」に続き、今度はポールのソロ「Uncle Albert/Admiral Halsey」を取り上げているのが非常に面白く、しかも、ジョンへの「Happy Birthday」を挟み、しつこく演奏しているのが笑えます。

途中カットが入り、今後はジョージの「My Sweet Road」を演奏しています。74年の音源は、ジョンが“失われた週末”期にハリー・ニルソンの『Pussy Cats』のプロデュースを行なっていた時期にあたる3月28日 にロスのレコード・プラントで行なわれたジャム・セッションのもの。ジョンはピアノ、ポールがドラム、スティービー・ワンダーがキーボード、ジェシ・エド・デイビスがギター、ボビー・キーズがサックスという布陣で、基本的にヴォーカルはジョン、ポールとハリー・ニルソンも時折ヴォーカルを入れていま す。

ポールの声は「Lucille」「Stand By Me」で、はっきりと確認出来、全体で30分足らずの音楽的には取り立てて言うことはない程度の演奏ですが、楽しげな雰囲気が伝わってくるものです。ファンであれば聴いてみたい音源であることは間違いないでしょう。

ジャケットは、メイ・パン撮影の74年の同時期のジョンとポールの2ショット。残念ながら、彼女はセッションのあった日は写真を撮らなかったということで、歴史的一夜の2人の姿は捉えられていませんが、この時期ジョンとポールに確かに交流があったことが嬉しい素敵な写真です。

The complete tape from 9th October 1971.
Recorded at John's 31st Birthday party in a Syracuse hotel room.
It is an all-star jam session where they are are joined by Ringo and Maureen, Klaus Voorman, Allen Ginsberg, Jim Keltner, Mal Evans, Neil Aspinall and Eric Clapton.
John and his crowd even attempt some of Paul's numbers ! For the first time the tape is presented complete and intact. 

CD :
01. What'd I Say
02. Yellow Submarine
03. On Top Of Old Smokey~Goodnight Irene~He's Got The Whole World In His Hands~Like A Rolling Stone~Twist And Shout~Louie Louie~La Bamba~Bring It On Home To Me
04. Yesterday
05. Tandoori Chicken~Power To The People~Maybe Baby
06. Peggy Sue
07. My Baby Left Me
08. Blue Suede Shoes
09. Crippled Inside~Give Peace A Chance~Crippled Inside~Uncle Albert/Admiral Halsey~Happy Birthday~Uncle Albert/Admiral Halsey~My Sweet Lord 

Recorded March 28, 1974, Burbank Studios, Los Angeles. Lennon was producing Harry Nilsson's latest album, Pussy Cats, when Paul and Linda McCartney dropped in on the Burbank Studios session on March 28, 1974.
They were joined by Stevie Wonder, Harry Nilsson, Jesse Ed Davis, May Pang, Bobby Keys and producer Ed Freeman for an impromptu jam session.Lennon was in his "lost weekend" , separated from Yoko Ono and living in Los Angeles with May Pang.
Sandford paints the scene very vividly, as the room froze when McCartney walked in, and remained perfectly silent until Lennon said, "Valiant Paul McCartney, I presume?" McCartney responded: "Sir Jasper Lennon, I presume?" ("Valiant Paul" and "Sir Jasper" were characters played by the two, in a televised Christmas play early in the Beatles's career.) McCartney extended a hand, Lennon shook it, and the mood was pleasant but subdued, cordial but not especially warm, at least initially.What followed was not very productive.
Lennon sounds to be on cocaine—he can be heard offering Wonder a snort on the first track, and on the fifth, asks someone to give him a snort. This is also the origin of the album name, where John Lennon clearly asks: "You wanna snort, Steve? A toot? It's goin' round." In addition, Lennon seems to be having trouble with his microphone and headphones.
Lennon is on lead vocal and guitar, while McCartney sings harmony and plays drums. Stevie Wonder sings and plays electric piano, Linda McCartney on organ, May Pang on tambourine, Harry Nilsson provides vocals, Jesse Ed Davis is on guitar, producer Ed Freeman fills in on bass, Bobby Keyes plays saxophone.

10. A Toot and a Snore ~Bluesy Jam
11. Lucille
12. Nightmares
13. Stand By Me~Stand By Me ~Stand By Me~Cupid~Chain Gang~Take This Hammer



ジョン・レノン
“R”COLLECTION-Rare Collection-1969-1980-
MC-005
SBD
1CD
\3,800


BEATLES-another tracks-シリーズで絶好調のMONKEY CLOWNレーベルよりJOHN LENNON/AT DAKOTAに続くJOHN究極のタイトルが緊急リリース!!

前回発売されたAT DAKOTAはアコースティック・ホーム・デモを中心に収録していましたが、今回は、それとは対照的に、ほぼ完成形に近いバンド・サウンドの貴重な別テイクを年代順に収録時間ギリギリまでタップリ収録しております。

収録曲を見ていただければわかるように、選りすぐりの選曲で音質もオフィシャル級、まさに、MONKEY CLOWNお馴染みの-another tracks-シリーズ、ジョン・レノン版と言っても過言ではありません。絶対に買って損なし!ジャケットから盤面、バック・インレイに至るまで細部までこだわった美麗仕様のプレス保存盤です。MONKEY CLOWNならではのスペシャルでナイスな企画タイトルです。これ1枚でジョンの貴重なソロ音源が丸わかりの便利な1枚!

CD
01. Give Peace A Chance - Early Mix -
02. Cold Turkey -Rough-Mix -
03. Instant Karma - Video Take Version –
04. Love - Remix 1982 –
05. Power To The People - Early Mix –
06. God - Alternate Take –
07. Jealous Guy - Alternate-Mix –
08. Give Me Some Truth - Alternate Lead Vocal –
09. Oh My Love - Alternate-Take –
10. How? - Final Backing Track Alternate Vocals –
11. Oh! Yoko - Take 9 –
12. Out Of The Blue - Alternate Version 2 –
13. Whatever Gets You Thru The Night - Alternate Take –
14. Going Down On Love - Alternate-Take –
15. I Saw Her Standing There - Rehearsal with ELTON JOHN –
16. (Just Like) Starting Over - BACKING TRACK ROUGH MIX 2 –
17. Watching The Wheels - UNUSED BACKING TRACK 16 –
18. Woman - Take 8 –
19. Dear Yoko - Take 6 –
20. I'm Stepping Out - Take 5 –
21. Nobody Told Me – Take 2 –

BONUS DVDR
01. Whatever Get you Thru The Night(promo)
02. Slippin’ And Slidin’(promo)
03. Imagine(Live 1971)



ジョン・レノン
AT DAKOTA
MOMKEY CLOWN-001
SBD
1CD
\3,800


新レーベル”MOMKEY CLOWN“始動第1弾!JOHN LENNONのDEMO & OUTTAKEを高音質サウンドボード音源で収録した究極のプレス盤が遂に登場!

本タイトルはJohnが1976年から1980年、自宅であるNYダコタハウスで録音(ピアノやアコースティックギターで)された中でも最良と言われる音源を集めた最強のタイトルです。1995年、John以外の3人による、あの伝説の再結成(アンソロジー・プロジェクト)?!の際にBEATLESの新曲用にとYokoからPaulに渡された(4曲渡したと言われている)「FREE AS A BIRD」と「REAL LOVE」に使われたとされるJohnのオリジナルデモ音源(原曲)が収録されているのも超貴重です!オフィシャル発売された前記2曲の原型を高音質で聴くことが出来きます。

また、次の新曲の候補となっていた「NOW AND THEN」のデモ音源も収録しています。「Stepping Out」「(Just Like)Starting Over」「Grow Old With Me」の初期バージョンなども収録されているなど素晴らしい内容となっております。現在までJohnのDEMO & OUTTAKEを収録したブートは多数発売されていますが、これだけ高音質で聴けるのは、後にも先にも、このタイトルだけです。

来年の12月でJohn没後、30年という月日が経とうとしていますが、この後も永遠に語継がれるであろうJohnの本物の(生の)叫びを、是非、あなたのコレクションに!!

CD
01. Free As A Bird (Piano composing tape, take 1)
02. Real Love (Piano demo, take 1)
03. Now And Then (Piano demo with "buzz")
04. Grow Old With Me (Piano and drum machine demo, double tracked voice)
05. Free As A Bird (Piano composing tape, take 3)
06. Grow Old With Me (Acoustic guitar demo)
07. Grow Old With Me (Piano demo)
08. Dear John (Acoustic guitar composing tape)
09. That's The Way The World Is (Piano demo, parts later became Real Love and I'm Steppin' Out)
10. India (Acoustic guitar demo, combines Tennessee/Memories verse with Serve Yourself chorus)
11. Mirror, Mirror (On The Wall) (Piano demo, take 1)
12. Gone From This Place (Acoustic guitar composing tape, faint vocal)
13. Across The River (Acoustic guitar and drum machine composing tape)
14. Don't Be Crazy (Piano demo, parts became (Just Like) Starting Over)
15. Illusions (Acoustic guitar demo)
16. Baby Make Love To You (Composing tape (later became part of Real Love))
17. Life Begins At 40 (Acoustic guitar and drum machine demo)
18. She's A Friend Of Dorothy (Piano demo)
19. You Saved My Soul
(Electric guitar demo, said to be John's last available home recording (14 November 1980))
20. Sally And Billy (Piano and drum machine demo from 1976)
21. Whatever Happened To... (Acoustic guitar demo from 1977)
22. One Of The Boys (Guitar demo, take 2 from late 1977)
23. Help Me To Help Myself (Piano demo)
24. Real Love (Acoustic guitar demo, take 4)



ジョン・レノン
IMAGINE THE FILM
HNDVD-003
PRO SHOT 60min.
1DVD-R
\3,100


ジョンの未DVD化作品のひとつである「IMAGINE THE FILM」がリリース!!アルバム『IMAGINE』の製作中とその前後に、ジョンとヨーコは膨大な映像を撮影しており、それはこの映像以外にも、ジョンの死後に製作された映画「IMAGINE」、レコーディング・ドキュメンタリー「GIMME SOME TRUTH」で最大限活用されています。そういった中で唯一ジョンの生前72年に製作されたこの映像は、途中寸劇のようなシーンを挟んではいるものの、今で言うプロモーション・フィルム集のようになっています。この作品は80年代にソフト化されたものの現在は廃盤となっています。

ソロ・デビュー当初、ジョンとヨーコのソロ・アルバムは別々に、しかし姉妹盤として製作されていましたが、ジョンのアルバム『IMAGINE』の姉妹盤であるヨーコのアルバム『FLY』から「Don't Count The Waves」「Mrs Lennon」の2曲を途中に挟み、アルバム『IMAGINE』が全曲収録されています。映像自体は、先述の、映画「IMAGINE」、レコーディング・ドキュメンタリー「GIMME SOME TRUTH」でも見ることの出来るものが大半ですが、「GIMME SOME TRUTH」で使用されているのは、ここでの素材より前後が長くなっていたり、別のカメラのショットであったりと見比べるのも一興。「IMAGINE」等は現在ではプロモーション・フィルムとして使用されていますが、単体で個々の曲の映像の寄せ集めではなく、この形態で通して映像を見ると、当時としては斬新な作品であったと思われます。BEATLES時代にも『SGT. Pepper'sLonely Hearts Club Band』で本作のような映像作品を制作する企画が存在していたと言われているのでアイデア自体はそれほど突飛なものではなかったはずですが、実際に製作された本作も一般公開された回数は少なく、多くのファンはソフト化されるまで目にすることが出来なかったことは、当時としては斬新な企画であったことを物語っています。もし、70年代にビデオが一般家庭に普及していればジョンの生前にソフト化されていたであろう、現在でも通用する、現在だからこそ意味のある、ビデオ・アルバムのような内容となっておりお勧めです。

※VHSをマスターとして使用していますが、一部テープの経年劣化により画像が乱れる箇所がございます。予めご了承下さい。

1.Imagine
2. Crippled Inside
3. Jealous Guy
4. Don't Count The Waves
5. It's So Hard
6. Mrs. Lennon
7. I Don't Want To Be A Soldier
8. Power To THe People
9. Give Me Some Truth
10. Oh My Love
11. How Do You Sleep
12. How?
13. Oh Yoko!