コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます



ジェフ・ベック
Royal Concert Hall, Glasgow 2018 -digital remaster edition-
Invisible Works Records-131
AUD
2CD-R
\3,400


遂に開始したジェフ・ベックの2018年最新ツアーより、6/13のグラスゴー公演をデジタル・リマスターの施された超高音質オーディエンス・マスターより収録。現代のオーディエンス音源の最高峰と断言出来る高品質なマスターを使用。なおかつレーベル・オリジナルのデジタル・リマスタリングが施されたことにより、オーディエンス録音の決定版と断言できる立体的かつクリアな素晴らしい音質で衰え知らずのジェフな卓越したギター捌きを堪能出来ます。ジミーホールをフューチャーしたおなじみのステージ進行ですが、ドラムにはあのヴィニー・カリウタが復帰しており、さらに女性チェロ奏者が加入したことにより、近年まれに見る素晴らしい演奏を聴くことができます。最新ツアーの決定版タイトル!是非!!

◆Royal Concert Hall, Glasgow, Scotland June 13, 2018
(Disc 1) 01. Pull It 02. Stratus 03. Nadia 04. You Know You Know 05. Morning Dew 06. I Have to Laugh 07. Star Cycle 08. Lonnie On The Move 09. Mná na h-Éireann 10. Just For Fun 11. Little Wing

(Disc 2) 01. A Change Is Gonna Come 02. Big Block 03. Cause We've Ended As Lovers 04. You Never Know 05. Brush With The Blues 06. Blue Wind 07. Superstition 08. A Day In The Life 09. Encore Break 10. You Shook Me 11. Goin Down



ジェフ・ベック
BALOISE SESSION 2016
SY-1407
SBD/PRO-SHOT
1CD-R+1DVD-R
\3,670


ジェフ・ベックの新境地アルバム「ラウダー・ヘイラー」ツアーより、2016年10月22日スイス、バーゼル「バロワーズ・セッション」でのステージを収録したサウンドボード&プロショット・アイテムが登場!!DVDはフルHDソースの劣化を極限にまで抑え、ブルーレイに迫る高画質を実現するニューテクノロジー仕様!!(HDソースをDVDフォーマットにダウン・コンバートする事による画質の劣化を、限りなく高精細にトランスコードするニューテクノロジーにより、DVDでありながら今まで以上にきめの細かな輪郭のある高画質となりました!!)
CDも、他では絶対にまね出来ないプロ級のデジタル・マスターリングが施された超強力・ウルトラ・サウンド!!DVDでは味わえない最高音質にてご堪能下さい!!現地衛星放送の為、視聴困難だった映像が遂に拝めます!!もはや細かな説明不要でしょう!!日本公演では演っていないヤードバーズ「シェイプス・オブ・シングス」を披露しております!!BONESのロージー&カルメン、盟友ジョン・ホール、鉄壁リズム隊のロンダ・スミス&ジョナサン・ジョセフ等バックメンバーとの、これまでに無いバラエティ豊かなライヴステージは必聴・必見!!カメラワークや編集なども素晴らしい、「ラウダー・ヘイラー」ツアー決定版!!76分に及ぶ至福のパフォーマンスに酔いしれて下さい!!シルフ・レーベルが美麗ジャケット・ワーク(ピクチャーレーベル/帯付き)にてお届けする、2016年サウンドボード&プロショット・アイテムが登場です!!ファン必携!!

Live At Event Halle, Basel, Switzeland October 22nd 2016
SOUNDBOARD & PRO-SHOT 76min

-CD & DVD-
01. The Revolution Will Be Televised 02. Lonnie on the Move 03. Live in
the Dark
04. The Ballad of the Jersey Wives 05. You Know You Know 06. Morning Dew
07. A Change Is Gonna Come 08. Big Block 09. Cause We've Ended as Lovers
10. O.I.L. 11. Scared for the Children 12. Beck's Bolero 13. Shapes of
Things
14. Rollin' and Tumblin' 15. Superstition 16. Right Now 17. Outro...
Approx: 76min.

Jeff Beck (Guitar)
Rhonda Smith (Bass, Back Vocals)
Jonathan Joseph (Drums)
Rosie Bones(Vocals)
Carmen Vandenberg(Guitar)
Jimmy Hall(Vocals, Harp)









ジェフ・ベック
 
①LIVE IN OSAKA 2017
②LIVE IN NAGOYA 2017
③LIVE IN AMAGASAKI 2017
④LIVE IN OSAKA/NAGOYA/AMAGASAKI 2017 3DAYS SET
 
①SYLPH-1372
②SYLPH-1373
③SYLPH-1374
④NN-1339
 
AUD
 
①②③各2CD-R ④6CD-R
 
①②③各\4,040 ④\8,990
①LIVE IN OSAKA 2017 
②LIVE IN NAGOYA 2017 
③LIVE IN AMAGASAKI 2017 
④3DAYS SET 


デビュー50周年を迎えた孤高のギタリスト、ジェフ・ベックが、BONESのロージー&カルメンが全面参加した新境地アルバム「ラウダー・ヘイラー」を引っ提げて来日!!その2017年ジャパンツアーより、2月2日大阪公演(ツアー6日目)・2月6日名古屋公演(ツアー9日目)・2月7日尼崎公演(ツアー10日目/最終日)を共に迫力&臨場感満点の極上級/超高音質にて完全収録!!量感タップリ&リアルに表現されたギター/ヴォーカルや各楽器隊、メンバーが奏でる音の絶妙なバランス、2MIXでの卓越したステレオ定位感、といった極上サウンドにて至福のライヴステージを完全再現!!また会場を丸ごと真空パックした空気感も堪りません!!もちろんシルフ・レーベルならではの丁寧なマスターリングが施された超エクセレントな逸品ですので、熱くさせられる事間違いなし!!特に名古屋は、かなり小さな会場だけに音像のダイレクト感がハンパないです!!
ライヴは、ロージーがヴォーカルを務める新作からのナンバーが7曲、盟友ジョン・ホールが歌うナンバーが5曲、そしてベックの「フリーウェイ・ジャム」「哀しみの恋人達」といった代表曲で構成された、これまでに無いバラエティ豊かなライヴステージ!!ロンダ・スミス&ジョナサン・ジョセフの鉄壁リズム隊の最強グルーヴに、ジェフのギターも吠えまくっており、攻撃的かつ鋭いフレーズの連発は鳥肌必至です!!今ツアー新加入のロージーも、パワフルかつキュートなヴォーカルで観客を魅了しており、カルメンも「リトル・ブラウン・バード」では達者なギターソロを披露し大健闘しています!!また、「ユー・ノー・ユー・ノー」でのロンダの超絶ベースソロや、「ビッグ・ブロック」「ベックス・ボレロ」といった往年の代表曲の数々にも新たなアレンジが施されおり、聴き所もタップリです!!今ツアーは各公演微妙にセットリストが違っており、大阪では固定曲「ロニー・オン・ザ・ムーヴ」を、名古屋・尼崎では「ロニー・オン・ザ・ムーヴ」に変わり、「ユー・ネヴァー・ノウ」が登場!!また、名古屋・尼崎では新たに「リトル・ウイング」がセットイン!!泣きメロ・フレーズ洪水ナンバーが聴けるのは嬉しい限り!!そして最終日だからでしょう!!尼崎では「ユー・ノー・ユー・ノー」に変わり新たに「ストレイタス」が、セカンド・アンコールでは、ヤードバーズ「オーヴァー・アンダー・サイドウェイズ・ダウン」をプレイし、会場も大盛り上がりしています!!またベックが今ツアーの謝辞を述べる一幕もあります。etc...各公演ジェフのギタープレイも違っており、それぞれ聴き応えも満点!!今なお進化し続ける現在進行形の素晴らしいパフォーマンスはファン必聴と断言!!シルフ・レーベルが美麗ジャケット・ワーク(ピクチャーレーベル/帯付き)&極上サウンドにてお届けする追体験・大阪/名古屋/尼崎公演決定盤!!
あの感動と興奮がリアルに蘇る、必携メモリアル・アイテムが登場です!!(お得な大阪/名古屋/尼崎3DAYSセットもご用意しております!!)

LIVE IN OSAKA 2017(SY-1372)
Live At Grand Cube Osaka, Osaka February 2nd 2017
Disc-1
01. Opening BGM: I'm Glad, Glad (LLOYD PRICE) 02. The Revolution Will
Be Televised
03. Freeway Jam 04. Lonnie on the Move 05. Live in the Dark 06. The
Ballad of the Jersey Wives
07. You Know You Know 08. Morning Dew 09. A Change Is Gonna Come 10.
Big Block
11. Cause We've Ended as Lovers 12. O.I.L. (Can't Get Enough of That
Sticky) 13. Thugs Club... 58'54

Disc-2
01. Scared for the Children 02. Beck's Bolero 03. Blue Wind 04. Little
Brown Bird
05. Superstition 06. Right Now -Encore- 07. Goodbye Pork Pie Hat > 08.
Brush with the Blues
09. A Day in the Life -Encore 2- 10. Going Down 11. Band Intro 12. Outro
13. Closing BGM: Mad About You (RICHARD BERRY)... 47'37


LIVE IN NAGOYA 2017(SY-1373)
Live At Nagoya Civic Assembly Hall, Aichi February 6th 2017
Disc-1
01. Opening BGM: Don't Start Me to Talkin' (SONNY BOY WILLIAMSON)
02. The Revolution Will Be Televised 03. Freeway Jam 04. You Never Know
05. Live in the Dark 06. The Ballad of the Jersey Wives 07. You Know
You Know
08. Morning Dew 09. A Change Is Gonna Come 10. Big Block
11. Cause We've Ended as Lovers 12. O.I.L. (Can't Get Enough of That
Sticky)
13. Thugs Club... 58'58

Disc-2
01. Scared for the Children 02. Beck's Bolero 03. Blue Wind 04. Little
Wing
05. Little Brown Bird 06. Superstition 07. Right Now
-Encore- 08. Goodbye Pork Pie Hat > 09. Brush with the Blues 10. A Day
in the Life
-Encore 2- 11. Going Down 12. Band Intro 13. Outro
14. Closing BGM: Road Runner (BO DIDDLEY)... 53'50


LIVE IN AMAGASAKI 2017(SY-1374)
Live At Amashin Archaic Hall, Amagasaki, Hyogo February 7th 2017
Disc-1
01. Opening BGM: Bo Diddley (BO DIDDLEY) 02. The Revolution Will Be
Televised
03. Freeway Jam 04. You Never Know 05. Live in the Dark
06. The Ballad of the Jersey Wives 07. Stratus 08. Morning Dew
09. A Change Is Gonna Come 10. Big Block 11. Cause We've Ended as Lovers
12. O.I.L. (Can't Get Enough of That Sticky) 13. Thugs Club
14. Scared for the Children... 64'41

Disc-2
01. Beck's Bolero 02. Blue Wind 03 Little Wing 04. Little Brown Bird
05. Superstition 06. Right Now -Encore- 07. Goodbye Pork Pie Hat >
08. Brush with the Blues 09. A Day in the Life
-Encore 2- 10. Over Under Sideways Down(The Yardbirds)
11. Band Intro 12. Going Down 13. Outro
14. Closing BGM: Mannish Boy (MUDDY WATERS)... 51'27

Jeff Beck (Guitar)
Rhonda Smith (Bass, Back Vocals)
Jonathan Joseph (Drums)
Rosie Bones(Vocals)
Carmen Vandenberg(Guitar)
Jimmy Hall(Vocals, Harp)







ジェフ・ベック
 
①LIVE IN TOKYO-1
②LIVE IN TOKYO-2
③LIVE IN TOKYO 2017 2DAYS SET
 
①SYLPH-1375
②SYLPH-1376
③NN-1340
 
AUD
 
①②各2CD-R ③4CD-R
 
①②各\4,040 ③\6,600
①LIVE IN TOKYO-1 
②LIVE IN TOKYO-2 
③LIVE IN TOKYO 2017 2DAYS SET 


デビュー50周年を迎えた孤高のギタリスト、ジェフ・ベックが、BONESのロージー&カルメンが全面参加した新境地アルバム「ラウダー・ヘイラー」を引っ提げて来日!!その2017年ジャパンツアーより、1月30日と1月31日東京公演2DAYS(ツアー4日目/5日目)を共に迫力&臨場感満点の極上級/超高音質にて完全収録!!量感タップリ&リアルに表現されたギター/ヴォーカルや各楽器隊、メンバーが奏でる音の絶妙なバランス、2MIXでの卓越したステレオ定位感、といった極上サウンドにて至福のライヴステージを完全再現!!また会場を丸ごと真空パックした空気感も堪りません!!もちろんオリジナル・マスターを使用し、シルフ・レーベルならではの丁寧なマスターリングが施された超エクセレントな逸品ですので、熱くさせられる事間違いなし!!
ライヴは、ロージーがヴォーカルを務める新作からのナンバーが7曲、盟友ジョン・ホールが歌うナンバーが5曲、そしてベックの「フリーウェイ・ジャム」「哀しみの恋人達」といった代表曲で構成された、これまでに無いバラエティ豊かなライヴステージ!!ロンダ・スミス&ジョナサン・ジョセフの鉄壁リズム隊の最強グルーヴに、ジェフのギターも吠えまくっており、攻撃的かつ鋭いフレーズの連発は鳥肌必至です!!今ツアー新加入のロージーも、パワフルかつキュートなヴォーカルで観客を魅了しており、カルメンも「リトル・ブラウン・バード」では達者なギターソロを披露し大健闘しています!!また、「ユー・ノー・ユー・ノー」でのロンダの超絶ベースソロや、「ビッグ・ブロック」「ベックス・ボレロ」といった往年の代表曲の数々にも新たなアレンジが施されおり、聴き所もタップリです!!尚、東京2公演のセットリストは同じですが、各公演ジェフのギタープレイも違っており、それぞれ聴き応えも満点!!今なお進化し続ける現在進行形の素晴らしいパフォーマンスはファン必聴と断言!!シルフ・レーベルが美麗ジャケット・ワーク(ピクチャーレーベル/帯付き)&極上サウンドにてお届けする追体験・東京公演2DAYS決定盤!! あの感動と興奮がリアルに蘇る、必携メモリアル・アイテムが登場です!!(お得な東京公演2DAYSセットもご用意しております!!)

LIVE IN TOKYO-1 2017(SY-1375)
Live At Tokyo International Forum, Tokyo January 30th 2017
Disc-1
01. Opening BGM: I'm Walkin' (Fats Domino) 02. The Revolution Will Be
Televised
03. Freeway Jam 04. Lonnie on the Move 05. Live in the Dark
06. The Ballad of the Jersey Wives 07. You Know You Know 08. Morning Dew
09. A Change Is Gonna Come 10. Big Block 11. Cause We've Ended as Lovers
12. O.I.L. (Can't Get Enough of That Sticky)... 55'29

Disc-2
01. Thugs Club 02. Scared for the Children 03. Beck's Bolero 04. Blue
Wind
05. Little Brown Bird 06. Superstition 07. Right Now
-Encore- 08. Goodbye Pork Pie Hat> 09. Brush with the Blues 10. A Day
in the Life
-Encore 2- 11. Going Down 12. Band Intro 13. Outro
14. Closing BGM: Red Hot Rockin' Blues (JESSIE JAMES)...52'12


LIVE IN TOKYO-2 2017(SY-1376)
Live At Tokyo International Forum, Tokyo January 31st 2017
Disc-1
01. Opening BGM: My Little Queen Bee (SLIM HARPO)
02. The Revolution Will Be Televised 03. Freeway Jam 04. Lonnie on the
Move
05. Live in the Dark 06. The Ballad of the Jersey Wives 07. You Know
You Know
08. Morning Dew 09. A Change Is Gonna Come 10. Big Block
11. Cause We've Ended as Lovers
12. O.I.L. (Can't Get Enough of That Sticky) 13. Thugs Club
Disc-2
01. Scared for the Children 02. Beck's Bolero 03. Blue Wind
04. Little Brown Bird 05. Superstition 06. Right Now
-Encore- 07. Goodbye Pork Pie Hat> 08. Brush with the Blues
09. A Day in the Life -Encore 2- 10. Going Down 11. Band Intro
12. Outro 13. Closing BGM: I Tried so Hard (Wispering mith)

Jeff Beck (Guitar)
Rhonda Smith (Bass, Back Vocals)
Jonathan Joseph (Drums)
Rosie Bones(Vocals)
Carmen Vandenberg(Guitar)
Jimmy Hall(Vocals, Harp)



ジェフ・ベック
Japan Tour 2017 YOKOHAMA & TOKYO
XAVEL-Silver Masterpiece Series-115/116/117
AUD
6CD
\12,600


最新アルバム『ラウド・ヘイラー』を携えておこなわれたベック大先生の2017年来日ツアー。あのクラシック・ロック・アワード以来実に2ヶ月半ぶりとなる待望の来日ステージでありますが、常に変化と前進を恐れぬ大先生ならではの野心作と位置づけるべき前述アルバムでも大フィーチャーされた、ロージー嬢(ヴォーカル)とカーメン嬢(ギター)を帯同しての日本全国津々浦々を巡る精力的なツアーとあいなりました。本作は、そんな2017年来日ツアーのハイライトたる関東3公演を、「流出ステレオSBD音源か!?」と錯覚してしまう驚異的なハイクオリティ・サウンドで完全収録したものです。前回(2015年)の来日ツアー3公演(東京、横浜、大阪)でも驚愕の音質を誇るプレス・タイトルを連発したXAVELレーベルですが、それらをも上回る新境地のライヴ・サウンドがここにあります。そう、巷に溢れる凡百のオーディエンス音源や、お粗末なIEMマトリクス音源などを全てゴミ箱送りにしてしまう驚愕のハイクオリティ音源なのであります。美麗ホログラム・ジャケ、限定プレス6CD、日本語帯つき仕様、問答無用の決定版メモリアル・アイテムです。
*本タイトルは、横浜公演を収録した「Japan Tour 2017 YOKOHAMA」(XAVEL-SMS-115)、東京初日公演を収録した「Japan Tour 2017 TOKYO#1」(XAVEL-SMS-116)、東京最終公演を収録した「Japan Tour 2017 TOKYO#2」(XAVEL-SMS-117)のカップリング・アイテムです。ジャケ等の仕様が異なりますが、収録内容(ディスク)は同一です。各公演の詳細に関しては、各々のタイトルの説明文をご覧ください。

◆Live at Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan 25th January 2017
(Disc 1)
01. The Revolution Will Be Televised 02. Freeway Jam 03. Lonnie on the Move 04. Live in the Dark 05. Thugs Club 06. You Know You Know 07. Morning Dew 08. A Change Is Gonna Come 09. Big Block 10. Cause We've Ended as Lovers 11. O.I.L. (Can't Get Enough of That Sticky) 12. The Ballad of the Jersey Wives 13. Scared for the Children
(Disc 2)
01. Beck's Bolero 02. Little Brown Bird 03. Rollin' and Tumblin' 04. Superstition 05. Right Now Encore: 06. A Day in the Life 07. Going Down
Bonus Tracks;
◆Soundcheck at Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan 25th January 2017
08. Thugs Club take-1 09. Thugs Club take-2 10. Morning Dew 11. Little Brown Bird 12. Going Down

◆Live at Tokyo International Forum, Tokyo, Japan 30th January 2017
(Disc 1)
01. The Revolution Will Be Televised 02. Freeway Jam 03. Lonnie on the Move 04. Live in the Dark 05. The Ballad of the Jersey Wives 06. You Know You Know 07. Morning Dew 08. A Change Is Gonna Come 09. Big Block 10. Cause We've Ended as Lovers 11. O.I.L. (Can't Get Enough of That Sticky) 12. Thugs Club 13. Scared for the Children 14. Beck's Bolero 15. Blue Wind
(Disc 2)
01. Little Brown Bird 02. Superstition 03. Right Now Encore: 04. Goodbye Pork Pie Hat / Brush with the Blues 05. A Day in the Life 06. Going Down Bonus Tracks; Soundcheck at Tokyo International Forum, Tokyo, Japan 30th January 2017 07. Jam 08. Brush with the Blues 09. Live in the Dark 10. Thugs Club 11. Superstition 12. Blue Wind 13. Little Brown Bird

◆Live at Tokyo International Forum, Tokyo, Japan 31st January 2017
(Disc 1)
01. The Revolution Will Be Televised 02. Freeway Jam 03. Lonnie on the Move 04. Live in the Dark 05. The Ballad of the Jersey Wives 06. You Know You Know 07. Morning Dew 08. A Change Is Gonna Come 09. Big Block 10. Cause We've Ended as Lovers 11. O.I.L. (Can't Get Enough of That Sticky) 12. Thugs Club 13. Scared for the Children 14. Beck's Bolero 15. Blue Wind
(Disc 2)
01. Little Brown Bird 02. Superstition 03. Right Now Encore: 04. Goodbye Pork Pie Hat / Brush with the Blues 05. A Day in the Life 06. Going Down
Bonus Tracks;
◆Soundcheck at Tokyo International Forum, Tokyo, Japan 31st January 2017
07. Superstition 08. Blue Wind 09. Lonnie on the Move 10. Thugs Club 11. Going Down
◆Live at Ryogoku Kokugikan, Tokyo, Japan 11th November 2016
12. Beck's Bolero

◇Personnel; Jeff Beck (Guitar), Jimmy Hall (Vocals), Rhonda Smith (Bass), Jonathan Joseph (Drums), Carmen Vandenberg (Guitar) & Rosie Bones (Vocals)



ジェフ・ベック
Japan Tour 2017 TOKYO 2nd Night
XAVEL-Silver Masterpiece Series-117
AUD
2CD
\4,600


最新アルバム『ラウド・ヘイラー』を携えておこなわれたベック大先生の2017年来日ツアー。あのクラシック・ロック・アワード以来実に2ヶ月半ぶりとなる待望の来日ステージでありますが、常に変化と前進を恐れぬ大先生ならではの野心作と位置づけるべき前述アルバムでも大フィーチャーされた、ロージー嬢(ヴォーカル)とカーメン嬢(ギター)を帯同しての日本全国津々浦々を巡る精力的なツアーとあいなりました。本作は、そんな2017年来日ツアーのハイライトたる1/31東京最終公演を、「流出ステレオSBD音源か!?」と錯覚してしまう驚異的なハイクオリティ・サウンドで完全収録したものです。圧倒的な分離とクリアネスで迫り来る各楽器は鳥肌モノで、横浜公演ではややウェット気味であったヴォーカル・パートもばっちり前面にくっきりと出ております。冒頭「The Revolution~」途中までが録音機材にトラブルが生じた関係でオーディエンス音源のみによる収録となっています(それでも十分すぎるほどの高音質です)が、その後復旧してからは全編本当に凄い音となっており間違いなく卒倒モノです。前回(2015年)の来日ツアー3公演(東京、横浜、大阪)でも驚愕の音質を誇るプレス・タイトルを連発したXAVELレーベルですが、それらをも上回る新境地のライヴ・サウンドがここにあります。そう、巷に溢れる凡百のオーディエンス音源や、お粗末なIEMマトリクス音源などを全てゴミ箱送りにしてしまう驚愕のハイクオリティ音源なのであります。新旧の楽曲をバランス良く配した理想的なセットリストは、大先生の言葉を借りるならば「ミュージシャンの本懐たる”現在進行形の進化形態”と聴衆が期待する”ノスタルジー”の高次元での融合」とでも形容すべきものでしょう。前日同様「Blue Wind」や「Goodbye Pork Pie Hat / Brush with the Blues」もセットインした東京最終公演。ボーナス・トラックには開場前におこなわれたサウンド・チェックの模様と、あの両国パフォーマンスから「Beck’s Bolero」を追加収録。美麗ホログラム・ジャケ、限定プレス2CD、日本語帯つき仕様、問答無用の決定版メモリアル・アイテムです。
*パシフィコ横浜公演(1/25)、東京国際フォーラム2Days公演(1/30+1/31)の計3公演をカップリングした6枚組みプレス盤「Japan Tour 2017 YOKOHAMA & TOKYO」(XAVEL-SMS-115/116/117)も同時リリースです。関東3公演をまとめてご希望の方はそちらがお買い得です。

◆Live at Tokyo International Forum, Tokyo, Japan 31st January 2017
(Disc 1)
01. The Revolution Will Be Televised 02. Freeway Jam 03. Lonnie on the Move 04. Live in the Dark 05. The Ballad of the Jersey Wives 06. You Know You Know 07. Morning Dew 08. A Change Is Gonna Come 09. Big Block 10. Cause We've Ended as Lovers 11. O.I.L. (Can't Get Enough of That Sticky) 12. Thugs Club 13. Scared for the Children 14. Beck's Bolero 15. Blue Wind
(Disc 2)
01. Little Brown Bird 02. Superstition 03. Right Now Encore: 04. Goodbye Pork Pie Hat / Brush with the Blues 05. A Day in the Life 06. Going Down
Bonus Tracks;
◆Soundcheck at Tokyo International Forum, Tokyo, Japan 31st January 2017
07. Superstition 08. Blue Wind 09. Lonnie on the Move 10. Thugs Club 11. Going Down
◆Live at Ryogoku Kokugikan, Tokyo, Japan 11th November 2016
12. Beck's Bolero

◇Personnel; Jeff Beck (Guitar), Jimmy Hall (Vocals), Rhonda Smith (Bass), Jonathan Joseph (Drums), Carmen Vandenberg (Guitar) & Rosie Bones (Vocals)



ジェフ・ベック
Japan Tour 2017 TOKYO 1st Night
XAVEL-Silver Masterpiece Series-116
AUD
2CD
\4,600


最新アルバム『ラウド・ヘイラー』を携えておこなわれたベック大先生の2017年来日ツアー。あのクラシック・ロック・アワード以来実に2ヶ月半ぶりとなる待望の来日ステージでありますが、常に変化と前進を恐れぬ大先生ならではの野心作と位置づけるべき前述アルバムでも大フィーチャーされた、ロージー嬢(ヴォーカル)とカーメン嬢(ギター)を帯同しての日本全国津々浦々を巡る精力的なツアーとあいなりました。本作は、そんな2017年来日ツアーのハイライトたる1/30東京初日公演を、「流出ステレオSBD音源か!?」と錯覚してしまう驚異的なハイクオリティ・サウンドで完全収録したものです。圧倒的な分離とクリアネスで迫り来る各楽器は鳥肌モノで、横浜公演ではややウェット気味であったヴォーカル・パートもばっちり前面にくっきりと出ており、サム・クックの「A Change is gonna~」におけるジミーのシャウトとジェフのギターの掛け合いなどは圧巻、全編本当に凄い音で間違いなく卒倒モノです。前回(2015年)の来日ツアー3公演(東京、横浜、大阪)でも驚愕の音質を誇るプレス・タイトルを連発したXAVELレーベルですが、それらをも上回る新境地のライヴ・サウンドがここにあります。そう、巷に溢れる凡百のオーディエンス音源や、お粗末なIEMマトリクス音源などを全てゴミ箱送りにしてしまう驚愕のハイクオリティ音源なのであります。新旧の楽曲をバランス良く配した理想的なセットリストは、大先生の言葉を借りるならば「ミュージシャンの本懐たる”現在進行形の進化形態”と聴衆が期待する”ノスタルジー”の高次元での融合」とでも形容すべきものでしょう。おなじみ「Blue Wind」や「Goodbye Pork Pie Hat / Brush with the Blues」もセットリストに復活した充実著しい東京初日公演。ボーナス・トラックには開場前におこなわれたサウンド・チェックの模様を追加収録。美麗ホログラム・ジャケ、限定プレス2CD、日本語帯つき仕様、問答無用の決定版メモリアル・アイテムです。
*パシフィコ横浜公演(1/25)、東京国際フォーラム2Days公演(1/30+1/31)の計3公演をカップリングした6枚組みプレス盤「Japan Tour 2017 YOKOHAMA & TOKYO」(XAVEL-SMS-115/116/117)も同時リリースです。関東3公演をまとめてご希望の方はそちらがお買い得です。

◆Live at Tokyo International Forum, Tokyo, Japan 30th January 2017
(Disc 1)
01. The Revolution Will Be Televised 02. Freeway Jam 03. Lonnie on the Move 04. Live in the Dark 05. The Ballad of the Jersey Wives 06. You Know You Know 07. Morning Dew 08. A Change Is Gonna Come 09. Big Block 10. Cause We've Ended as Lovers 11. O.I.L. (Can't Get Enough of That Sticky) 12. Thugs Club 13. Scared for the Children 14. Beck's Bolero 15. Blue Wind
(Disc 2)
01. Little Brown Bird 02. Superstition 03. Right Now Encore: 04. Goodbye Pork Pie Hat / Brush with the Blues 05. A Day in the Life 06. Going Down Bonus Tracks; Soundcheck at Tokyo International Forum, Tokyo, Japan 30th January 2017 07. Jam 08. Brush with the Blues 09. Live in the Dark 10. Thugs Club 11. Superstition 12. Blue Wind 13. Little Brown Bird

◇Personnel; Jeff Beck (Guitar), Jimmy Hall (Vocals), Rhonda Smith (Bass), Jonathan Joseph (Drums), Carmen Vandenberg (Guitar) & Rosie Bones (Vocals)



ジェフ・ベック
Japan Tour 2017 YOKOHAMA
XAVEL-Silver Masterpiece Series-115
AUD
2CD
\4,600


最新アルバム『ラウド・ヘイラー』を携えておこなわれたベック大先生の2017年来日ツアー。あのクラシック・ロック・アワード以来実に2ヶ月半ぶりとなる待望の来日ステージでありますが、常に変化と前進を恐れぬ大先生ならではの野心作と位置づけるべき前述アルバムでも大フィーチャーされた、ロージー嬢(ヴォーカル)とカーメン嬢(ギター)を帯同しての日本全国津々浦々を巡る精力的なツアーとあいなりました。本作は、そんな2017年来日ツアーの封切りステージ、1/25のパシフィコ横浜でのライヴを「流出ステレオSBD音源か!?」と錯覚してしまう驚異的なハイクオリティ・サウンドで完全収録したものです。圧倒的な分離とクリアネスで迫り来る各楽器は鳥肌モノで、ヴォーカル・パートのみがややウェットな音像となっていますが、インスト・パートなどは本当に凄い音で間違いなく卒倒モノです。前回(2015年)の来日ツアー3公演(東京、横浜、大阪)でも驚愕の音質を誇るプレス・タイトルを連発したXAVELレーベルですが、それらをも上回る新境地のライヴ・サウンドがここにあります。そう、巷に溢れる凡百のオーディエンス音源や、お粗末なIEMマトリクス音源などを全てゴミ箱送りにしてしまう驚愕のハイクオリティ音源なのであります。新旧の楽曲をバランス良く配した理想的なセットリストは、大先生の言葉を借りるならば「ミュージシャンの本懐たる”現在進行形の進化形態”と聴衆が期待する”ノスタルジー”の高次元での融合」とでも形容すべきものでしょう。素晴らしい演奏を聴くことが出来るジャパンツアー・ファーストナイト。この後続くジャパン・ツアーへの期待も膨らむばかりです。ボーナス・トラックには開場前におこなわれたサウンド・チェックの模様を追加収録。美麗ホログラム・ジャケ、限定プレス2CD、日本語帯つき仕様、問答無用の決定版メモリアル・アイテムです。
*パシフィコ横浜公演(1/25)、東京国際フォーラム2Days公演(1/30+1/31)の計3公演をカップリングした6枚組みプレス盤「Japan Tour 2017 YOKOHAMA & TOKYO」(XAVEL-SMS-115/116/117)も同時リリースです。関東3公演をまとめてご希望の方はそちらがお買い得です。

◆Live at Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan 25th January 2017
(Disc 1)
01. The Revolution Will Be Televised 02. Freeway Jam 03. Lonnie on the Move 04. Live in the Dark 05. Thugs Club 06. You Know You Know 07. Morning Dew 08. A Change Is Gonna Come 09. Big Block 10. Cause We've Ended as Lovers 11. O.I.L. (Can't Get Enough of That Sticky) 12. The Ballad of the Jersey Wives 13. Scared for the Children
(Disc 2)
01. Beck's Bolero 02. Little Brown Bird 03. Rollin' and Tumblin' 04. Superstition 05. Right Now Encore: 06. A Day in the Life 07. Going Down
Bonus Tracks; ◆Soundcheck at Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan 25th January 2017
08. Thugs Club take-1 09. Thugs Club take-2 10. Morning Dew 11. Little Brown Bird 12. Going Down

◇Personnel; Jeff Beck (Guitar), Jimmy Hall (Vocals), Rhonda Smith (Bass), Jonathan Joseph (Drums), Carmen Vandenberg (Guitar) & Rosie Bones (Vocals)



ジェフ・ベック
Tour 2015 -Live in OSAKA-
XAVEL Silver Masterpiece Series-056
AUD
2CD
\4,600


2015年来日ツアー最終日のステージ。わずか3公演ではありましたが、近年の来日公演の中でも特筆に値する素晴しいパフォーマンスで大いなる感動を与えてくれたジェフ・ベック&鉄壁のサポートを誇るバンド。本作に収められた最終大阪公演では、関西のオーディエンスならではの熱烈な盛り上がりにも後押しされ、ジェフを筆頭にバンドが一丸となった絶好調のプレイを聴かせてくれます。東京公演の基本セット中盤に「Loaded」が追加された今ツアー最長のセットリスト、「A Change Is Gonna Come」の絶叫シーンで感極まって床に倒れこんだジミー・ホールのパフォーマンスも象徴的な、正に大団円、有終の美を飾る大熱演が繰り広げられています!音質も完璧すぎるほどの完璧さで、「Loaded」でのクリック音さえ無ければ流出ステレオ・サウンドボード録音(それも極上の!)と信じて疑わないであろう驚愕のクオリティに仕上がっています。そして、本作のさらなる聴き所はボーナス・トラックです!この日開場前におこなわれたサウンド・チェックを全編11トラックにわたり収録しているのですが、今ツアーでは演奏されなかったジミヘンの「Red House」を素晴らしい音質で聴くことが出来るのです!これはすごすぎる!!

"Tour 2015 -Live in Osaka-" (2CD) XAVEL-SMS-056
◆Live at Zepp Namba, Osaka, Japan 28th September 2015
(Disc 1)
01. Intro 02. Even Odds 03. Hammerhead 04. You Know You Know 05. Stratus 06. Morning Dew 07. A Change Is Gonna Come 08. Yemin 09. Lonnie on the Move 10. Loaded 11. Nine 12. Nadia 13. Little Wing 14. Cause We've Ended as Lovers 15. Superstition 16. Big Block

(Disc 2)
01. A Day in the Life 02. Corpus Christi Carol 03. Rollin' and Tumblin' 04. Going Down Encore: 05. Danny Boy 06. The Thrill Is Gone 07. Outro
Bonus Tracks; ◆Soundcheck at Zepp Namba, Osaka, Japan 28th September 2015
08. Drums Soundcheck 09. Jam (Work Song / Same Thing) 10. Even Odds 11. Lonnie on the Move 12. Corpus Christi Carol 13. Nadia 14. Red House 15. Hammerhead 16. Cause We've Ended as Lovers 17. Superstition 18. Loaded



ジェフ・ベック
LIVE 2015 ZEPP TOKYO
NEW TATTOO-599
AUD
2CD
\3,800


Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPANにWヘッドライナーとして出演したジェフ・ベックの約一年半ぶりの来日公演より、珍しいライブハウスのスタンディング公演となった2015年9月25日のゼップ東京での単独パフォーマンスを
超高音質オーディエンス録音にて完全収録!
そのNEW TATTOOレーベル・オリジナル・マスター使用した限定プレスCDにてオーディエンス録音の決定版となるメモリアルアイテムの登場です!

さらに50セット限定でIEM音源と極上オリジナル・オーディエンス音源をフルマトリクス・したヴァージョンの同日音源(2CDR)が付いております!

バックの3人は前回と同じメンバーでしたが、今回はゲストヴォーカルにジミー・ホールが帯同しており、"Little Wing”や"Going Down”など数曲で登場、アンコールでは今年亡くなったB.B.キングへ捧げられた "The Thrill Is Gone”が演奏されるなど、前回とはまた違った内容でファンを飽きさせないジェフ・ワールド全開の一夜となりました。

DISC ONE
1.INTRODUCTION
2.Even Odds
3.Hammerhead
4.You Know You Know
5.Stratus
6.Morning Dew
7.A Change Is Gonna Come
8.Yemin
9.Lonnie on the Move
10.Nine
11.Nadia
12.Little Wing
DISC TWO
1.Cause We've Ended as Lovers
2.Superstition
3.Big Block
4.A Day in the Life
5.Corpus Christi Carol
6.Rollin' and Tumblin'
7.Going Down
Encore:
8.Danny Boy
9.The Thrill Is Gone


JEFF BECK LIVE 2015
ZEPP TOKYO, TOKYO, JAPAN ON 25TH SEPTEMBER 2015



ジェフ・ベック
Tour 2015 -Live in TOKYO-
XAVEL Silver Masterpiece Series-054
AUD
2CD
\4,600


2015年来日ツアー初日のステージ。今回のツアーにおいては、ブルージーな歌唱に定評のあるシンガーJimmy Hallを帯同し、「Morning Dew」「Going Down」といった原点回帰を感じさせる楽曲群を取り上げているという事前情報がネット上などにあがっておりました。往年のファンならずとも、期待に胸を膨らませ会場に足を運び、新旧の代表曲やサム・クックの名曲「A Change Is Gonna Come」、故B.B.に捧げられた「The Thrill Is Gone」といったバラエティ豊かな楽曲の数々を、ワン・アンド・オンリーのギター・トーンで弾きあげるジェフのパフォーマンスに胸を熱くし、歓喜と興奮冷めやらぬまま家路についたことでしょう。そんな2015年来日ツアー、記念すべき初日の東京公演をオフィシャル・ライブ盤と比べても遜色の無い極上サウンドで完全収録したのが本作です。ドラマーのジョナサン・ジョセフ、ヴォーカルのジミー・ホール、ミキシング・エンジニアらが使用する各々ミックス・バランスの異なる複数のIEMソース群と、極上クオリティのオリジナル・オーディエンス・ソースとを絶妙のバランスでステレオ・ミックス。左チャンネルにジェフ、右チャンネルにニコラスと完璧にセパレートした2本のギター、センターにジミーのヴォーカルとロンダの太いベース、強烈なステレオ分離でボトムを支えるジョナサンのドラム・サウンド・・・という完璧すぎる音質に仕上がっています。極上オーディエンス・ソースでしか再現できない分厚い低音と、ライン録音でしか再現できないギター音の粒立ちのよさ(ジェフのギター・タッチの細部に亘りはっきりと確認可能なほど!その音色は非圧縮の極上サウンドです)が融合した、ライブ録音の未来型、究極型がここにあります。もちろん耳障りなオーディエンス・ノイズなどは皆無なので、ストレス無く末永くお楽しみいただけること請け合いです。これまでリリースされたいかなるジェフ・ベックのライブ音源とも別次元の圧倒的なサウンド・クオリティには、間違いなく全てのファンの方々が腰を抜かすはずです。ボーナス・トラックには、この日開場前におこなわれたサウンド・チェックより「Going Down」他、全7曲を追加収録しています(こちらも素晴らしい音質です)。

"Tour 2015 -Live in Tokyo-" (2CD) XAVEL-SMS-054
◆Live at Zepp Tokyo, Tokyo, Japan 25th September 2015
(Disc 1)
01. Intro 02. Even Odds 03. Hammerhead 04. You Know You Know 05. Stratus 06. Morning Dew 07. A Change Is Gonna Come 08. Yemin 09. Lonnie on the Move 10. Nine 11. Nadia 12. Little Wing 13. Cause We've Ended as Lovers 14. Superstition

(Disc 2)
01. Big Block 02. A Day in the Life 03. Corpus Christi Carol 04. Rollin' and Tumblin' 05. Going Down Encore: 06. Danny Boy 07. The Thrill Is Gone 08. Outro
Bonus Tracks; ◆Soundcheck at Zepp Tokyo, Tokyo, Japan 25th September 2015
09. Yemin 10. Danny Boy 11. Corpus Christi Carol 12. Lonnie on the Move 13. Little Wing 14. Going Down 15. Jam



ジェフ・ベック
Tour 2015 -Live in TOKYO FILM- DVD Edition
Alexander DVD-013
AUD
1DVD
\3,400


2015年来日ツアーの記念すべき封切り公演を、2台のカメラを使用した見応え満点のオーディエンス・ショット(ともに本作でしか見るlことが出来ないオリジナル・ソース)にて完全収録。2階席最前列からのショットをメーンに、ギター・ソロなどの要所で1階席中段からのクローズ・ショットが差し込まれるという、鑑賞していて飽きのこない素晴らしい映像作品(プレスDVD)に仕上がりました。オーディエンス・ショットにありがちな、前方の観客の手や頭といった視界を遮る煩わしい障害物は皆無なので、ストレス無くお楽しみいただけます。さらに音声部には、「ステレオ・サウンドボード・録音にしか聴こえない」極上マルチIEMマトリクス音源を使用するこだわりぶり(たとえば運転中、音だけでも楽しめます)。違いの分かる貴方にこそ是非ご覧になっていただきたい、2015年ツアーの決定的な映像アイテムです。ジェフ・ベック・グループのデビュー・アルバム「Truth」からおよそ半世紀。偉大なる足跡をのこし今なお進化を続ける不世出のギタリストの卓越したパフォーマンスを、本作で繰り返しお楽しみ下さい!

DVD "Tour 2015 Film -Live in Tokyo-"
◆Live at Zepp Tokyo, Tokyo, Japan 25th September 2015 (Total Approx. 104min. / EX-Audience Shot (Original Master) 2 Camera Mix / Audio: Multiple IEM Matrix Source)
01. Intro 02. Even Odds 03. Hammerhead 04. You Know You Know 05. Stratus 06. Morning Dew 07. A Change Is Gonna Come 08. Yemin 09. Lonnie on the Move 10. Nine 11. Nadia 12. Little Wing 13. Cause We've Ended as Lovers 14. Superstition 15. Big Block 16. A Day in the Life 17. Corpus Christi Carol 18. Rollin' and Tumblin' 19. Going Down Encore: 20. Danny Boy 21. The Thrill Is Gone 22. Outro

◇Personnel; Jeff Beck (guitar), Rhonda Smith (bass), Jonathan Joseph (drums), Nicolas Meier (guitar) & Jimmy Hall (vocals, harmonica)



ジェフ・ベック
Tour 2015 Live in TOKYO FILM Blu-ray Edition
Alexander Blu-ray Disc-034
AUD
1BD-R
\4,600


※このアイテムは 「Tour 2015 Live In Tokyo Film - DVD Edition-」(Alexander DVD-013 プレス1DVD)のブルーレイ・バージョンです。収録内容は同じですが、ブルーレイの大容量を活かし、数段ハイクオリティな映像とサウンドをお楽しみいただけるアイテムです

2015年来日ツアーの記念すべき封切り公演を、2台のカメラを使用した見応え満点のオーディエンス・ショット(ともに本作でしか見るlことが出来ないオリジナル・ソース)にて完全収録。2階席最前列からのショットをメーンに、ギター・ソロなどの要所で1階席中段からのクローズ・ショットが差し込まれるという、鑑賞していて飽きのこない素晴らしい映像作品(プレスDVD)に仕上がりました。オーディエンス・ショットにありがちな、前方の観客の手や頭といった視界を遮る煩わしい障害物は皆無なので、ストレス無くお楽しみいただけます。さらに音声部には、「ステレオ・サウンドボード・録音にしか聴こえない」極上マルチIEMマトリクス音源を使用するこだわりぶり(たとえば運転中、音だけでも楽しめます)。違いの分かる貴方にこそ是非ご覧になっていただきたい、2015年ツアーの決定的な映像アイテムです。ジェフ・ベック・グループのデビュー・アルバム「Truth」からおよそ半世紀。偉大なる足跡をのこし今なお進化を続ける不世出のギタリストの卓越したパフォーマンスを、本作で繰り返しお楽しみ下さい!

◆Live at Zepp Tokyo, Tokyo, Japan 25th September 2015 (Total Approx. 104min. / EX-Audience Shot (Original Master) 2 Camera Mix / Audio: Multiple IEM Matrix Source)
01. Intro 02. Even Odds 03. Hammerhead 04. You Know You Know 05. Stratus 06. Morning Dew 07. A Change Is Gonna Come 08. Yemin 09. Lonnie on the Move 10. Nine 11. Nadia 12. Little Wing 13. Cause We've Ended as Lovers 14. Superstition 15. Big Block 16. A Day in the Life 17. Corpus Christi Carol 18. Rollin' and Tumblin' 19. Going Down Encore: 20. Danny Boy 21. The Thrill Is Gone 22. Outro

◇Personnel; Jeff Beck (guitar), Rhonda Smith (bass), Jonathan Joseph (drums), Nicolas Meier (guitar) & Jimmy Hall (vocals, harmonica)



ジェフ・ベック
RIDING WITH THE WIND
SYLPH-1221
AUD
2CD-R
\3,960


孤高のギタリスト、ジェフ・ベックがニューバンドを率いて4年振りに来日!!その2014年ジャパンツアーより、4月16日最終日大阪公演を迫力&臨場感満点の極上級/超高音質にて完全収録!!ジェフの吠えまくるギターはもちろん、バックの演奏も圧倒的に迫るド迫力スーパー鳥肌サウンド!!バランスもバッチリで、これは熱くさせられる事間違いなし!!シルフ・レーベルならではの丁寧なマスターリングも施された最高級の逸品です!!
カッコいいオープニングナンバー「LOADED」を始めとする新曲5曲や、「LITTLE WING」「DANNYBOY」といったカバーなど、これまでとは違ったナンバーがタップリと楽しめる大好評の今ツアー!!この日は、ツアー序盤で演っていた「ザ・パンプ」「ブルー・ウインド」「コーパス・クライスティ・キャロル」の3曲が外れ(S.ワンダーのオープニングSEもなし)、かわりに「エジプシャン」「コラール」という新曲2曲がセットイン!!これまで以上に現在進行形のセットリストで攻めまくっております!!またアンコール「ローリン・アンド・タンブリン」イントロでのギターソロも、この日は結構長めに披露しております!!ジェフのギターもエネルギシュ&エモーショナルで更に進化する超絶プレイの連続は圧巻の一言!!バックメンバーとの息もピッタリで、ロンダのグルーヴィーなベース、ジョナサンのタイトで強力なドラム、ニコラスのフォーキーでツボ心得たギタープレイ、練り込まれたバンドアンサンブルなども終始聴き応え満点!!代表曲も網羅した1時間40分に及ぶ素晴らしい感動パフォーマンスはファン必聴と断言します!!
シルフレーベルが美麗ジャケット・ワーク(帯付き)&極上サウンドにてお届けする、超ド迫力の大阪ライヴ追体験決定盤!!あの感動と興奮がリアルに蘇る必携メモリアル・アイテムが登場です!!

Live At Festival Hal, Osaka April 16th 2014

DISC-1
01. INTRO
02. LOADED
03. NINE
04. LITTLE WING
05. YOU KNOW YOU KNOW
06. HAMMERHEAD
07. ANGEL(FOOTSTEPS)
08. STRATUS
09. YEMIN
10. WHERE WERE YOU
11. EGYPTIAN
12. GOODBYE PORK PIE HAT/BRUSH WITH THE BLUES

DISC-2
01. YOU NEVER KNOW
02. DANNY BOY
03. WHY GIVE IT AWAY
04. LED BOOTS
05. CHORAL
06. BIG BLOCK
07. A DAY IN THE LIFE
08. BAND INTRO
-ENCORE-
09. ROLLIN' AND TUMBLIN'
10. CAUSE WE'VE ENDED AS LOVERS
11.OUTRO

JEFF BECK - GUITAR
RHONDA SMITH - BASS, VOCALS
JONATHAN JOSEPH - DRUMS
NICOLAS MEIER - GUITAR



ジェフ・ベック
2014 Yokohama Sound & Vision
XAVEL Silver Masterpiece Series-035SNV
AUD
2CD+1BD-R
\8,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


お待たせしました!ジェフ・ベックの2014年来日ツアーの真打ちアイテム、4/14のパシフィコ横浜でのライブを最高の音(プレス2CD)と映像(1BDR)で楽しむことが出来る全ファン必携のカップリング・アイテムが登場!プレス2CD「2014 Yokohama Night」(XAVEL-SMS-035)とブルーレイ「The Pipes Are Calling –Yokohama 2014-」(ALX-BD-003)をカップリング収録したアイテムですので、詳細は各アイテムのインフォメーションをご覧になって下さい。

<CD>
◆Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan 14th April 2014
(Disc 1)
01. Intro 02. Loaded 03. Nine 04. Little Wing 05. You Know You Know 06. Hammerhead 07. Angel (Footsteps) 08. Stratus 09. Sakura / Yemin 10. Where Were You
(Disc 2)
01. Egyptian 02. Goodbye Pork Pie Hat 03. Brush With The Blues 04. You Never Know 05. Danny Boy 06. Why Give It Away 07. Led Boots 08. Choral 09. Big Block 10. A Day In The Life Encore; 11. Rollin' And Tumblin' 12. Cause We've Ended As Lovers 13. Outro

<BD-R>
◆Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan 14th April 2014
ALX-BD-003 (Sound Produced by X-AVEL)
01. Intro 02. Loaded 03. Nine 04. Little Wing 05. You Know You Know 06. Hammerhead 07. Angel (Footsteps) 08. Stratus 09. Sakura / Yemin 10. Where Were You 11. Egyptian 12. Goodbye Pork Pie Hat 13. Brush With The Blues 14. You Never Know 15. Danny Boy 16. Why Give It Away 17. Led Boots 18. Choral 19. Big Block
20. A Day In The Life Encore; 21. Rollin' And Tumblin' 22. Cause We've Ended As Lovers 23. Outro

◇Personnel; Jeff Beck (Guitar) Rhonda Smith (Bass, Vocals) Jonathan Joseph (Drums, Vocals) Nicholas Meier (Guitar)



ジェフ・ベック
2014 Tokyo 3rd & 4th Night
XAVEL Silver Masterpiece Series-033/034
AUD
4CD
\8,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


お待たせしました!ジェフ・ベックの2014年来日ツアーの真打ちアイテム、IEM(イン・イヤー・モニター)音源と極上オリジナル・オーディエンス音源をフルマトリクスした最高音質の決定版プレスCDが登場!4/8の東京ドーム・シティ・ホール公演と4/9の東京ドーム・シティ・ホール公演とを、ともに関係者使用のIEM(イン・イヤー・モニター)ソースと極上オリジナル・オーディエンス・ソースとをフルマトリクスした極上サウンドにて完全収録。「2014 Tokyo 3rd Night」(XAVEL-SMS-033)と「2014 Tokyo 4th Night」(XAVEL-SMS-034)をカップリング収録したアイテムですので、詳細は各アイテムのインフォメーションをご覧になって下さい。

◆Tokyo Dome City Hall, Tokyo, Japan 8th April 2014
(Disc 1 )
01. Intro (Sir Duke) 02. Loaded 03. Nine 04. Little Wing 05. You Know You Know 06. Hammerhead 07. Angel (Footsteps) 08. Stratus 09. Sakura / Yemin 10. Where Were You
(Disc 2 )
01. The Pump 02. Goodbye Pork Pie Hat 03. Brush With The Blues 04. You Never Know 05. Danny Boy 06. Blue Wind 07. Led Boots 08. Corpus Christi 09. Big Block 10. Jeff's Boogie (snippet) / A Day In The Life Encore; 11. Rollin' And Tumblin' 12. Cause We've Ended As Lovers 13. Why Give It Away 14. Outro

◆Tokyo Dome City Hall, Tokyo, Japan 9th April 2014
(Disc 1 )
01. Intro (Sir Duke) 02. Loaded 03. Nine 04. Little Wing 05. You Know You Know 06. Hammerhead 07. Angel (Footsteps) 08. Stratus 09. Sakura / Yemin 10. Where Were You
(Disc 2 )
01. The Pump 02. Goodbye Pork Pie Hat 03. Brush With The Blues 04. You Never Know 05. Danny Boy 06. Blue Wind 07. Led Boots 08. Corpus Christi 09. Big Block 10. A Day In The Life Encore; 11. Rollin' And Tumblin' 12. Cause We've Ended As Lovers 13. Why Give It Away 14. Outro

◇Personnel; Jeff Beck (Guitar) Rhonda Smith (Bass, Vocals) Jonathan Joseph (Drums, Vocals) Nicholas Meier (Guitar)



ジェフ・ベック
2014 Tokyo 1st & 2nd Night
XAVEL Silver Masterpiece Series-031/032
AUD
4CD
\8,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


お待たせしました!ジェフ・ベックの2014年来日ツアーの真打ちアイテム、IEM(イン・イヤー・モニター)音源と極上オリジナル・オーディエンス音源をフルマトリクスした最高音質の決定版プレスCDが登場!4/4のNHKホール公演と4/7の東京ドーム・シティ・ホール公演とを、ともに関係者使用のIEM(イン・イヤー・モニター)ソースと極上オリジナル・オーディエンス・ソースとをフルマトリクスした極上サウンドにて完全収録。「2014 Tokyo 1st Night」(XAVEL-SMS-031)と「2014 Tokyo 2nd Night」(XAVEL-SMS-032)をカップリング収録したアイテムですので、詳細は各アイテムのインフォメーションをご覧になって下さい。

◆NHK Hall, Tokyo, Japan 4th April 2014
(Disc 1 )
01. Intro (Sir Duke) 02. Loaded 03. Nine 04. Little Wing 05. You Know You Know 06. Hammerhead 07. Angel (Footsteps) 08. Stratus 09. Sakura / Yemin 10. Where Were You
(Disc 2 )
01. The Pump 02. Goodbye Pork Pie Hat 03. Brush With The Blues 04. You Never Know 05. Danny Boy 06. Blue Wind 07. Led Boots 08. Corpus Christi 09. Big Block 10. A Day In The Life Encore; 11. Rollin' And Tumblin' 12. Cause We've Ended As Lovers 13. Outro

◆Tokyo Dome City Hall, Tokyo, Japan 7th April 2014
(Disc 1 )
01. Intro (Sir Duke) 02. Loaded 03. Nine 04. Little Wing 05. You Know You Know 06. Hammerhead 07. Angel (Footsteps) 08. Stratus 09. Sakura / Yemin 10. Where Were You
(Disc 2 )
01. The Pump 02. Goodbye Pork Pie Hat 03. Brush With The Blues 04. You Never Know 05. Danny Boy 06. Blue Wind 07. Led Boots 08. Corpus Christi 09. Big Block 10. A Day In The Life Encore; 11. Rollin' And Tumblin' 12. Cause We've Ended As Lovers 13. Why Give It Away 14. Outro

◇Personnel; Jeff Beck (Guitar) Rhonda Smith (Bass, Vocals) Jonathan Joseph (Drums, Vocals) Nicholas Meier (Guitar)



ジェフ・ベック
2014 Yokohama Night
XAVEL Silver Masterpiece Series-035
AUD
2CD
\4,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


お待たせしました!ジェフ・ベックの2014年来日ツアーの真打ちアイテム、IEM(イン・イヤー・モニター)音源と極上オリジナル・オーディエンス音源をフルマトリクスした最高音質の決定版プレスCDが登場!4/14にパシフィコ横浜でおこなわれたライブを、関係者使用のIEM(イン・イヤー・モニター)ソースと極上オリジナル・オーディエンス・ソースとをフルマトリクスした極上サウンドにて完全収録。東京4公演とはガラリと変わったセットリストで繰り広げられたこの日のステージを、サウンドボード音源に匹敵するハイ・クオリティ・サウンドで楽しむことが出来る本作。アイリッシュ・トラッドの名曲「Danny Boy」をはじめ、”職人”ジェフ・ベックの技の冴えが全編に光りまくるファン悶絶の内容となりましたが、その神懸ったパフォーマンスの細部までをも聴き取ることが出来る珠玉のアイテムに仕上がりました。通常のオーディエンス録音では到底再現不能の細やかなギタータッチまで伝えてくれるIEMソース、そして会場アリーナ最前方で録音された豊かな低音と圧倒的な音の拡がりが魅力のオーディエンス・ソース。この2つのソースが最高のバランスでミックスされた至高のライブ音源、永久保存のプレス盤で末永くお楽しみ下さい!*同時発売の横浜公演ブルーレイ作品「The Pipes Are Calling –Yokohama 2014-」(ALX-BD-003)をあわせてお求めの場合は、2CD+1BDRカップリング・タイトル「2014 Yokohama Sound & Vision」(XAVEL-SMS-035SNV)がお買い得です。

◆Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan 14th April 2014

(Disc 1)
01. Intro 02. Loaded 03. Nine 04. Little Wing 05. You Know You Know 06. Hammerhead 07. Angel (Footsteps) 08. Stratus 09. Sakura / Yemin 10. Where Were You

(Disc 2)
01. Egyptian 02. Goodbye Pork Pie Hat 03. Brush With The Blues 04. You Never Know 05. Danny Boy 06. Why Give It Away 07. Led Boots 08. Choral 09. Big Block 10. A Day In The Life Encore; 11. Rollin' And Tumblin' 12. Cause We've Ended As Lovers 13. Outro

◇Personnel; Jeff Beck (Guitar) Rhonda Smith (Bass, Vocals) Jonathan Joseph (Drums, Vocals) Nicholas Meier (Guitar)



ジェフ・ベック
2014 Tokyo 4th Night
XAVEL Silver Masterpiece Series-034
AUD
2CD
\4,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


お待たせしました!ジェフ・ベックの2014年来日ツアーの真打ちアイテム、IEM(イン・イヤー・モニター)音源と極上オリジナル・オーディエンス音源をフルマトリクスした最高音質の決定版プレスCDが登場!4/9に東京ドーム・シティ・ホールでおこなわれたライブを、関係者使用のIEM(イン・イヤー・モニター)ソースと極上オリジナル・オーディエンス・ソースとをフルマトリクスした極上サウンドにて完全収録。東京4日目公演、舞台を東京ドーム・シティ・ホールに移しておこなわれた3連日公演最終日のステージを、サウンドボード音源に匹敵するハイ・クオリティ・サウンドで楽しむことが出来る本作。複数代のカメラが投入されたオフィシャル・シュートも決定しているこの日のステージ。さすがにバンドの演奏も気合の入り方が違いました。3公演を消化した後ということもあって、セットリスト・演奏内容ともに今ツアーのハイライトというべき素晴らしいパフォーマンスが繰り広げられました。通常のオーディエンス録音では到底再現不能の細やかなギタータッチまで伝えてくれるIEMソース、そして会場アリーナ最前方で録音された豊かな低音と圧倒的な音の拡がりが魅力のオーディエンス・ソース。この2つのソースが最高のバランスでミックスされた至高のライブ音源、永久保存のプレス盤で末永くお楽しみ下さい!*同時発売の東京3日目公演プレス2CD「2014 Tokyo 3rd Night」(XAVEL-SMS-033)をあわせてお求めの場合は、カップリング・タイトル「2014 Tokyo 3rd & 4th Night」(XAVEL-SMS-033/034)がお買い得です。

◆Tokyo Dome City Hall, Tokyo, Japan 9th April 2014

(Disc 1 )
01. Intro (Sir Duke) 02. Loaded 03. Nine 04. Little Wing 05. You Know You Know 06. Hammerhead 07. Angel (Footsteps) 08. Stratus 09. Sakura / Yemin 10. Where Were You

(Disc 2 )
01. The Pump 02. Goodbye Pork Pie Hat 03. Brush With The Blues 04. You Never Know 05. Danny Boy 06. Blue Wind 07. Led Boots 08. Corpus Christi 09. Big Block 10. A Day In The Life Encore; 11. Rollin' And Tumblin' 12. Cause We've Ended As Lovers 13. Why Give It Away 14. Outro

◇Personnel; Jeff Beck (Guitar) Rhonda Smith (Bass, Vocals) Jonathan Joseph (Drums, Vocals) Nicholas Meier (Guitar)



ジェフ・ベック
2014 Tokyo 3rd Night
XAVEL Silver Masterpiece Series-033
AUD
2CD
\4,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


お待たせしました!ジェフ・ベックの2014年来日ツアーの真打ちアイテム、IEM(イン・イヤー・モニター)音源と極上オリジナル・オーディエンス音源をフルマトリクスした最高音質の決定版プレスCDが登場!4/8に東京ドーム・シティ・ホールでおこなわれたライブを、関係者使用のIEM(イン・イヤー・モニター)ソースと極上オリジナル・オーディエンス・ソースとをフルマトリクスした極上サウンドにて完全収録。東京3日目公演、舞台を東京ドーム・シティ・ホールに移しておこなわれた3連日公演中日のステージを、サウンドボード音源に匹敵するハイ・クオリティ・サウンドで楽しむことが出来る本作。翌日のオフィシャルシュートに向けてさらに完成度が高まった観のあるこの日のステージ。終始ご機嫌のベックが「A Day In The Life」前ではファンの歓声に応えて「Jeff‘s Boogie」を爪弾く一幕もありました。通常のオーディエンス録音では到底再現不能の細やかなギタータッチまで伝えてくれるIEMソース、そして会場アリーナ最前方で録音された豊かな低音と圧倒的な音の拡がりが魅力のオーディエンス・ソース。この2つのソースが最高のバランスでミックスされた至高のライブ音源、永久保存のプレス盤で末永くお楽しみ下さい!*同時発売の東京4日目公演プレス2CD「2014 Tokyo 4th Night」(XAVEL-SMS-034)をあわせてお求めの場合は、カップリング・タイトル「2014 Tokyo 3rd & 4th Night」(XAVEL-SMS-033/034)がお買い得です。

◆Tokyo Dome City Hall, Tokyo, Japan 8th April 2014

(Disc 1 )
01. Intro (Sir Duke) 02. Loaded 03. Nine 04. Little Wing 05. You Know You Know 06. Hammerhead 07. Angel (Footsteps) 08. Stratus 09. Sakura / Yemin 10. Where Were You

(Disc 2 )
01. The Pump 02. Goodbye Pork Pie Hat 03. Brush With The Blues 04. You Never Know 05. Danny Boy 06. Blue Wind 07. Led Boots 08. Corpus Christi 09. Big Block 10. Jeff's Boogie (snippet) / A Day In The Life Encore; 11. Rollin' And Tumblin' 12. Cause We've Ended As Lovers 13. Why Give It Away 14. Outro

◇Personnel; Jeff Beck (Guitar) Rhonda Smith (Bass, Vocals) Jonathan Joseph (Drums, Vocals) Nicholas Meier (Guitar)



ジェフ・ベック
2014 Tokyo 2nd Night
XAVEL Silver Masterpiece Series-032
AUD
2CD
\4,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


お待たせしました!ジェフ・ベックの2014年来日ツアーの真打ちアイテム、IEM(イン・イヤー・モニター)音源と極上オリジナル・オーディエンス音源をフルマトリクスした最高音質の決定版プレスCDが登場!4/7に東京ドーム・シティ・ホールでおこなわれたライブを、関係者使用のIEM(イン・イヤー・モニター)ソースと極上オリジナル・オーディエンス・ソースとをフルマトリクスした極上サウンドにて完全収録。東京2日目公演、舞台を東京ドーム・シティ・ホールに移しておこなわれた3連日公演初日のステージを、サウンドボード音源に匹敵するハイ・クオリティ・サウンドで楽しむことが出来る本作。アンコール・ラストに「Why Give It Away」が追加され、さらに充実度を増したこの日のステージ。”職人”ジェフ・ベックの技の冴えが全編に光りまくるファン悶絶の内容となりましたが、その神懸ったパフォーマンスの細部までをも聴き取ることが出来る珠玉のアイテムに仕上がりました。通常のオーディエンス録音では到底再現不能の細やかなギタータッチまで伝えてくれるIEMソース、そして会場アリーナ最前方で録音された豊かな低音と圧倒的な音の拡がりが魅力のオーディエンス・ソース。この2つのソースが最高のバランスでミックスされた至高のライブ音源、永久保存のプレス盤で末永くお楽しみ下さい!*同時発売の東京初日公演プレス2CD「2014 Tokyo 1st Night」(XAVEL-SMS-031)をあわせてお求めの場合は、カップリング・タイトル「2014 Tokyo 1st & 2nd Night」(XAVEL-SMS-031/032)がお買い得です。

◆Tokyo Dome City Hall, Tokyo, Japan 7th April 2014

(Disc 1 )
01. Intro (Sir Duke) 02. Loaded 03. Nine 04. Little Wing 05. You Know You Know 06. Hammerhead 07. Angel (Footsteps) 08. Stratus 09. Sakura / Yemin 10. Where Were You

(Disc 2 )
01. The Pump 02. Goodbye Pork Pie Hat 03. Brush With The Blues 04. You Never Know 05. Danny Boy 06. Blue Wind 07. Led Boots 08. Corpus Christi 09. Big Block 10. A Day In The Life Encore; 11. Rollin' And Tumblin' 12. Cause We've Ended As Lovers 13. Why Give It Away 14. Outro

◇Personnel; Jeff Beck (Guitar) Rhonda Smith (Bass, Vocals) Jonathan Joseph (Drums, Vocals) Nicholas Meier (Guitar)



ジェフ・ベック
2014 Tokyo 1st Night
XAVEL Silver Masterpiece Series-031
AUD
2CD
\4,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


お待たせしました!ジェフ・ベックの2014年来日ツアーの真打ちアイテム、IEM(イン・イヤー・モニター)音源と極上オリジナル・オーディエンス音源をフルマトリクスした最高音質の決定版プレスCDが登場!4/4にNHKホールでおこなわれたライブを、関係者使用のIEM(イン・イヤー・モニター)ソースと極上オリジナル・オーディエンス・ソースとをフルマトリクスした極上サウンドにて完全収録。記念すべき2014ジャパン・ツアーの封切りステージを、サウンドボード音源に匹敵するハイ・クオリティ・サウンドで楽しむことが出来る本作。当初の発表とは若干異なる4人編成でのライブ・パフォーマンスは、”職人”ジェフ・ベックの技の冴えが全編に光りまくるファン悶絶の内容となりましたが、その神懸ったパフォーマンスの細部までをも聴き取ることが出来る珠玉のアイテムに仕上がりました。通常のオーディエンス録音では到底再現不能の細やかなギタータッチまで伝えてくれるIEMソース、そして会場アリーナ最前方で録音された豊かな低音と圧倒的な音の拡がりが魅力のオーディエンス・ソース。この2つのソースが最高のバランスでミックスされた至高のライブ音源、永久保存のプレス盤で末永くお楽しみ下さい!*同時発売の東京2日目公演プレス2CD「2014 Tokyo 2nd Night」(XAVEL-SMS-032)をあわせてお求めの場合は、カップリング・タイトル「2014 Tokyo 1st & 2nd Night」(XAVEL-SMS-031/032)がお買い得です。

◆NHK Hall, Tokyo, Japan 4th April 2014

(Disc 1 )
01. Intro (Sir Duke) 02. Loaded 03. Nine 04. Little Wing 05. You Know You Know 06. Hammerhead 07. Angel (Footsteps) 08. Stratus 09. Sakura / Yemin 10. Where Were You

(Disc 2 )
01. The Pump 02. Goodbye Pork Pie Hat 03. Brush With The Blues 04. You Never Know 05. Danny Boy 06. Blue Wind 07. Led Boots 08. Corpus Christi 09. Big Block 10. A Day In The Life Encore; 11. Rollin' And Tumblin' 12. Cause We've Ended As Lovers 13. Outro

◇Personnel; Jeff Beck (Guitar) Rhonda Smith (Bass, Vocals) Jonathan Joseph (Drums, Vocals) Nicholas Meier (Guitar)



ジェフ・ベック
The Pipes Are Calling –Yokohama 2014-
Alexander Blu-ray Disc-003
AUD
1BD-R
\4,400
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


お待たせしました!ジェフ・ベックの2014年来日ツアーの真打ちアイテム、HDクオリティの美麗映像とIEMマトリクス・ソースの極上音声でお届けする珠玉のブルーレイ作品が登場です!本作は4/14にパシフィコ横浜でおこなわれたライブを、アリーナ中ほどより安定感抜群のオーディエンス・ショットにて撮影したものです。もちろんレーベル・オリジナルの極上マスターを使用(Youtubeなどにアップロードされている映像とは別次元のクオリティです)、手ぶれが発生する箇所も殆ど無く、要所ではしっかりとクローズショットが用いられているという痒いところに手が届く内容となっております。音声部には、プレスCDで同時発売の「2014 Yokohama Night」と同マスターの”IEM+AUDマトリクス”音源が使用されており、サウンドボード音源のような質感のハイクオリティ・サウンドを楽しめる点も特筆に値します。場面によってはプロショットのような安定感の映像と音声をお楽しみいただける本作、オフィシャル・シュートの東京4日目公演とはセットリストもガラリと変わっているため、へヴィー・マニアならずともおさえておきたい必見の映像アイテムといえるでしょう!*同時発売の横浜公演プレス2CD「2014 Yokohama Night」(XAVEL-SMS-035)をあわせてお求めの場合は、2CD+1BDRカップリング・タイトル「2014 Yokohama Sound & Vision」(XAVEL-SMS-035SNV)がお買い得です。

◆Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan 14th April 2014

01. Intro 02. Loaded 03. Nine 04. Little Wing 05. You Know You Know 06. Hammerhead 07. Angel (Footsteps) 08. Stratus 09. Sakura / Yemin 10. Where Were You 11. Egyptian 12. Goodbye Pork Pie Hat 13. Brush With The Blues 14. You Never Know 15. Danny Boy 16. Why Give It Away 17. Led Boots 18. Choral 19. Big Block
20. A Day In The Life Encore; 21. Rollin' And Tumblin' 22. Cause We've Ended As Lovers 23. Outro

◇Personnel; Jeff Beck (Guitar) Rhonda Smith (Bass, Vocals) Jonathan Joseph (Drums, Vocals) Nicholas Meier (Guitar)



ジェフ・ベック
The Pipes Are Calling –Yokohama 2014- DVD edition
Alexander DVD-005
AUD
1DVD-R
\2,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


本作は4/14にパシフィコ横浜でおこなわれたライブを、アリーナ中ほどより安定感抜群のオーディエンス・ショットにて撮影したものです。もちろんレーベル・オリジナルの極上マスターを使用(Youtubeなどにアップロードされている映像とは別次元のクオリティです)、手ぶれが発生する箇所も殆ど無く、要所ではしっかりとクローズショットが用いられているという痒いところに手が届く内容となっております。音声部には、プレスCDで同時発売の「2014 Yokohama Night」と同一マスターの”IEM+AUDマトリクス”音源が使用されており、サウンドボード音源のような質感のハイクオリティ・サウンドを楽しめる点も特筆に値します。場面によってはプロショットのような安定感の映像と音声をお楽しみいただける本作、オフィシャル・シュートの東京4日目公演とはセットリストもガラリと変わっているため、へヴィー・マニアならずともおさえておきたいお買い得な映像アイテムといえるでしょう!

◆Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan 14th April 2014
01. Intro 02. Loaded 03. Nine 04. Little Wing 05. You Know You Know 06. Hammerhead 07. Angel (Footsteps) 08. Stratus 09. Sakura / Yemin 10. Where Were You 11. Egyptian 12. Goodbye Pork Pie Hat 13. Brush With The Blues 14. You Never Know 15. Danny Boy 16. Why Give It Away 17. Led Boots 18. Choral 19. Big Block 20. A Day In The Life Encore; 21. Rollin' And Tumblin' 22. Cause We've Ended As Lovers 23. Outro ◇Personnel; Jeff Beck (Guitar) Rhonda Smith (Bass, Vocals) Jonathan Joseph (Drums, Vocals) Nicholas Meier (Guitar)



ジェフ・ベック
THROUGH THE CLOUDS
SYLPH-1217
AUD
2CD-R
\3,960


孤高のギタリスト、ジェフ・ベックがニューバンドを率いて4年振りに来日!!その2014年ジャパンツアーより、4月5日尼崎公演を迫力&臨場感満点の極上級/超高音質にて完全収録!!ジェフの吠えまくるギターはもちろん、バックの演奏も圧倒的に迫る超リアルなド迫力スーパー鳥肌サウンド!!バランスもバッチリで、これは熱くさせられる事間違いなし!!シルフ・レーベルならではの丁寧なマスターリングも施された最高級の文句無しな逸品です!!ここ日本からワールドツアーをスタートしたジェフ・ベック!!カッコいいオープニングナンバー「LOADED」を始めとする新曲5曲や、「LITTLEWING」「DANNYBOY」といったカバーなど、これまでとは違ったナンバーがタップリと楽しめる大好評の今ツアー!!ジェフのギターもこれまで以上にエネルギシュ&エモーショナルで、今年で70歳とは思えないルックスと更に進化する超絶プレイの連続は圧巻の一言です!!バックメンバーとの息もピッタリで、ロンダのグルーヴィーなベース、ジョナサンのタイトで強力なドラム、ニコラスのフォーキーでツボ心得たギタープレイ、練り込まれたバンドアンサンブルなども終始聴き応え満点!!代表曲も網羅した1時間45分に及ぶ素晴らしい感動パフォーマンスはファン必聴と断言します!!シルフレーベルが美麗ジャケット・ワーク(帯付き)&極上サウンドにてお届けする、超ド迫力の尼崎ライヴ追体験決定盤!!あの感動と興奮がリアルに蘇る必携メモリアル・アイテムが登場です!!

Live At Amashin Archaic Hall, Amagasaki, Hyogo April 5th 2014

DISC-1
01. INTRO(SE:Sir Duke/Stevie Wonder)  02. LOADED  03. NINE
04. LITTLE WING  05. YOU KNOW YOU KNOW  06. HAMMERHEAD
07. ANGEL(FOOTSTEPS)  08. STRATUS  09. YEMIN  10. WHERE WERE YOU
11. THE PUMP  12. GOODBYE PORK PIE HAT/BRUSH WITH THE BLUES...56'34

DISC-2
01. YOU NEVER KNOW  02. DANNY BOY  03. BLUE WIND  04. LED BOOTS
05. CORPUS CHRISTI CAROL  06. BIG BLOCK  07. A DAY IN THE LIFE
-ENCORE-   08. ROLLIN' AND TUMBLIN'  09. CAUSE WE'VE ENDED AS LOVERS
10. WHY GIVE IT AWAY  11. OUTRO...47'49

JEFF BECK - GUITAR
RHONDA SMITH - BASS, VOCALS
JONATHAN JOSEPH - DRUMS
NICOLAS MEIER - GUITAR



ミック・ジャガー、ジェフ・ベック、バディ・ガイ etc.
America The Beautiful
-Complete Performance at The White House "Red, White and Blues"-
Dead Flowers-035
SBD+PRO-SHOT
1CD-R+1DVD-R
\4,200


Mick Jagger、Jeff Beck、B.B.King、Buddy Guy、その他諸々の豪華メンバーが共演を果たした"2012年度版ホワイトハウス・ライブ"の、完全版ステレオ・サウンドボード音源&HDTVソース・プロショット映像のカップリングアイテムが登場!

オバマ大統領就任後、毎年恒例となったホワイトハウスでの豪華なキャスティングによるドリーム・パフォーマンス。本年は、"Red, White and Blues"と銘打ち、アメリカのルーツミュージックであるブルーズに焦点を当てたステージとなりました。

Booker T. Jonesを音楽監督に、B.B.King、Buddy Guy、Mick Jagger、Jeff Beck、Derek Trucks, Susan Tedeschi といった超豪華なミュージシャン達が夢の競演を果たした、大変贅沢な内容となっております。

巷で話題騒然のこのライブを最高のクオリティで完全収録したのが本アイテム。まずCDには、この日演奏された15曲を、実際に演奏されたとおりの曲順で全曲完全収録しています(既発タイトルでは抜けていたJeff Beckの「Brush With The Blues 」とGary Clark Jr.による「In The Evening (When The Sun Goes Down) 」を含む完全版です!)。

ボーナストラックとして、バックステージで演奏されたKeb' Mo'の「America The Beautiful」、Warren Haynesの「River's Gonna Rise」、Derek Trucks,とSusan Tedeschiによる「Rollin' And Tumblin'」の計3曲を追加収録。
全編レーベル独自のリマスターが施された、素晴らしい音質のステレオ・サウンドボード録音でお楽しみいただけます。

DVDには、HDTVソースのマスターを使用した超美麗かつ高音質なプロ・ショット映像で、この夢の共演をやはり全曲収録(「Brush With The Blues」と「In The Evening (When The Sun Goes Down) 」のみ別ソースから補完してあるため画質が落ちます)。

さらにボーナストラックとして、2011年Classic Rock Roll Of Honour AwardsにおけるJeff Beckのライブ映像を、極上クオリティのHDTVソースからプロ・ショット収録。今や飛ぶ鳥を落とす勢いのLADY GAGAの「Bad Romance」のカヴァー他、ベックファン必見のパフォーマンスの連続となっています。


◆Complete Performance "Red, White and Blues" at The White House, 1600 Pennsylvania Avenue, Washington, D.C. 21st February 2012

<CD> [Stereo Soundboard Recording / 24bit Digitally Remastered] 01. Intro (Green Onions ~ President Barack Obama Speech) 02. Let The Good Times Roll [Ensemble] 03. The Thrill Is Gone [B.B. King] 04. St. James Infirmary [Trombone Shorty] 05. Let Me Love You Baby [Buddy Guy, Jeff Beck] 06. Brush With The Blues [Jeff Beck] 07. I Can't Turn You Loose [Mick Jagger] 08. Commit A Crime [Mick Jagger, Jeff Beck] 09. Miss You [Mick Jagger, Shemekia Copeland, Susan Tedeschi] 10. Beat Up Guitar [Shemekia Copeland, Gary Clark Jr.] 11. Catfish Blues [Gary Clark Jr.] 12. In The Evening (When The Sun Goes Down) [Gary Clark Jr.] 13. Henry [Keb' Mo'] 14. I'd Rather Go Blind [Susan Tedeschi, Derek Trucks, Warren Haynes] 15. Five Long Years [Buddy Guy, Jeff Beck, Mick Jagger, Gary Clark Jr.] 16. Sweet Home Chicago [Ensemble]

Bonus Tracks (◆Backstage at the White House); 17. America The Beautiful [Keb' Mo'] 18. River's Gonna Rise [Warren Haynes] 19. Rollin' And Tumblin' [Derek Trucks & Susan Tedeschi]


<DVD> [HDTV source / Pro-shot / total approx. 80min.]
01. PBS intro 02. President Obama intro 03. Let The Good Times Roll [Ensemble] 04. Taraji P. Henson intro 05. St. James Infirmary [Trombone Shorty] 06. Let Me Love You Baby [Buddy Guy, Jeff Beck] 07. I Can't Turn You Loose [Mick Jagger] 08. Commit A Crime [Mick Jagger, Jeff Beck] 09. Miss You [Mick Jagger, Shemekia Copeland, Susan Tedeschi] 10. Beat Up Guitar [Shemekia Copeland, Gary Clark Jr.] 11. Catfish Blues [Gary Clark Jr.] 12. Henry [Keb' Mo'] 13. I'd Rather Go Blind [Susan Tedeschi, Derek Trucks, Warren Haynes] 14. Five Long Years [Buddy Guy, Jeff Beck, Mick Jagger, Gary Clark Jr.] 15. Sweet Home Chicago [Ensemble] 16. The Thrill Is Gone [B.B. King] 17. In The Evening (When The Sun Goes Down) [Gary Clark Jr.] 18. Brush With The Blues [Jeff Beck]

Bonus Tracks (◆Jeff Beck at "Classic Rock Roll Of Honour Awards" London, UK 9th November 2011) 19. Bad Romance 20. Big Block 21. I Put a Spell On You (with Joss Stone) 22. I'll Stand By You (with Chrissie Hynde)




ジェフ・ベック
THE ONE AND ONLY
NEW TATTOO-470
AUD
2CD-R
\3,200

  ♪試聴 LED BOOTS (MP3) 【Download】
  ♪試聴 CAUSE WE'VE ENDED AS LOVER (MP3) 【Download】

約7年振りのニューアルバム「EMOTION & COMMOTION」を発表し、昨年に続き1年ぶりの来日となったジェフベックの2010年ジャパンツアーより東京公演初日4月10日公演を超高音質オーディエンス録音にて完全収録でNEW TATTOOよりリリース!

リズム隊を一新した今回の来日公演は前回とはまた違った印象を与え、ジェフもテレキャスターやレスポールに持ち替えて演奏するなど、前回以上に評判の良い内容となりました。

音質もナチュラルで素晴らしいオーディエンス録音で、ストレス無くお聴きいただけます!

DISC ONE
1 ETERNITY'S BREATH
2 STRATUS
3 LED BOOTS
4 CORPUS CHISTI CAROL
5 HAMMERHEAD
6 MRA NA EIREANN
7 BASS SOLO / JAM
8 PEOPLE GET READY
9 ROLLIN & TUMBLIN
10 NEVER ALONE
11 BIG BLOCK
12 OVER THE RAINBOW
13 BLAST FROM THE EAST

DISC TWO
1 ANGEL (FOOTSTEPS)
2 DIRTY MIND
3 BRUSH FROM THE BLUES
4 I WANT TO TAKE YOU HIGHER
5 A DAY IN THE LIFE / BAND INTRO
-encore 1-
6 HOW HIGH THE MOON
7 NESSUN DORMA
-encore 2-
8 CAUSE WE'VE ENDED AS LOVER

LIVE AT MEETS PORT JCB HALL ON 10TH APRIL 2010





ジェフ・ベック
①THE CUBE
②THE CUBE FLM
①SYLPH-1043
②SV-0017
①AUD+AUD-SHOT
②AUD-SHOT
①2CD-R+1DVD-R
②1DVD-R
①\6,200
②\4,500




①2CD-R+1DVD-R
②1DVD-R


最新アルバム「Emotion & Commotion」を引っ提げて来日を果たしたジェフ・ベックの2010年ジャパンツアーより、4月7日大阪公演を迫力&臨場感満点の超高音質にて完全収録!!

理想的なポジションよりリアル&抜群のサウンド・バランスにて再現!!シルフレーベルならではの会場に居るかのような臨場感&迫力ある豊かな中低域も最高です!!

更にボーナスとして、当日の模様をステージ正面より、ズームの効いたカメラークにて収録したオーディエンス・ショットDVDが付属します!!凝ったライティングの関係上やや観づらい楽曲はありますが、前回アイテムより手ブレも少なく安定しており、ジェフの素晴らしいパフォーマンスに引き込まれる事間違いなしです!!(DVD単品もあります)

大好評に終ったバック陣を一新しての2010年パフォーマンス!!メリハリの効いたステージ構成、ナラダやロンダがヴォーカルを取る「ROLLIN' AND TUMBLIN'」「HIGHER」他、エネルギッシュにパワーアップしたパフォーマンスは気持ちいいっす!!又、超久しぶりのレスポール・プレイも新鮮で、「OVER THE RAINBOW」やラスト「NESSUN DORMA」などの名曲も感動必至です!!etc..

.細かな内容説明は不要でしょう!!素晴らしいパフォーマンスは必聴間違いなし!!日本公演という貴重な映像もファンには嬉しい、聴いて興奮・観て感動の最新メモリアル・アイテムが登場です!!

LIVE AT GRAND CUBE, OSAKA APRIL 7TH 2010

(CD/DVD)
ETERNITY'S BREATH
STRATUS
LED BOOTS
ELEGY FOR DUNKIRK
CORPUS CHRISTI CAROL
HAMMERHEAD
MNA NA h-EIREANN
BASS SOLO
PEOPLE GET READY
ROLLIN' AND TUMBLIN'
NEVER ALONE
BIG BLOCK
OVER THE RAINBOW
BLAST FROM THE EAST
ANGEL(FOOTSTEPS)
DIRTY MIND(INCL:DRUM SOLO)
BRUSH WITH THE BLUES
(I WANT TO TAKE YOU)HIGHER
A DAY IN THE LIFE
-ENCORE-
HOW HIGH THE MOON (TRIBUTE TO LES PAUL)
NESSUN DORMA

Jeff Beck (guitar)
Narada Michael Walden (drums)
Rhonda Smith (bass)
Jason Rebello (keyboards





ジェフ・ベック
①THE FORUM
②THE FORUM FILM
①SYLPH-1044
②SV-0018
AUD
①2CD-R+1DVD-R
②1DVD-R
①\6,200
②\4,500




①2CD-R+1DVD-R
②1DVD-R


最新アルバム「Emotion & Commotion」を引っ提げて来日を果たしたジェフ・ベックの2010年ジャパンツアーより、4月12日東京国際フォーラム初日を迫力&臨場感満点の超高音質にて完全収録!!シルフレーベルならではの会場に居るかのような臨場感&迫力ある豊かな中低域も最高です!!ジェフのギターも迫力満点です!!

更にボーナスとして、当日の模様をステージ正面より、ズームの効いたカメラークにて収録したオーディエンス・ショットDVDが付属します!!凝ったライティングの関係上やや観づらい楽曲はありますが、前回アイテムより手ブレも少なく安定しており、ジェフの素晴らしいパフォーマンスに引き込まれる事間違いなしです!!(DVD単体もあります)

大好評に終ったバック陣を一新しての2010年パフォーマンス!!この日の「HIGHER」はジェフがテレキャスターへの変更前にナラダがドラミングを始めてしまい、ストラトのままプレイするというハプニング発生!!ストラトならではのトリッキーなプレイが光るヴァージョンとなっております!!!etc...細かな内容説明は不要でしょう!!素晴らしいパフォーマンスは必聴間違いなし!!日本公演という貴重な映像もファンには嬉しい、聴いて興奮・観て感動の最新メモリアル・アイテムが登場です!!

LIVE AT INTERNATIONAL FORUM, TOKYO APRIL 12TH 2010

(CD/DVD)
ETERNITY'S BREATH
STRATUS
LED BOOTS
ELEGY FOR DUNKIRK
CORPUS CHRISTI CAROL
HAMMERHEAD
MNA NA h-EIREANN
BASS SOLO
PEOPLE GET READY
ROLLIN' AND TUMBLIN'
NEVER ALONE
BIG BLOCK
OVER THE RAINBOW
BLAST FROM THE EAST
ANGEL(FOOTSTEPS)
DIRTY MIND(INCL:DRUM SOLO)
BRUSH WITH THE BLUES
(I WANT TO TAKE YOU)HIGHER
A DAY IN THE LIFE
-ENCORE-
HOW HIGH THE MOON (TRIBUTE TO LES PAUL)
NESSUN DORMA

Jeff Beck (guitar)
Narada Michael Walden (drums)
Rhonda Smith (bass)
Jason Rebello (keyboards)



ジェフ・ベック
THE FINAL
SYLPH-1045
AUD+AUD-SHOT
2CD-R+1DVD-R
\5,600


最新アルバム「Emotion & Commotion」を引っ提げて来日を果たしたジェフ・ベックの2010年ジャパンツアーより、4月13日東京国際フォーラム(ツアー最終日)を臨場感満点の超高音質にて完全収録!!

更にボーナスとして、当日の模様をステージ真っ正面より、ズームの効いたカメラークにて収録したオーディエンス・ショットDVDが付属します!!残念ながら「ETERNITY'S BREATH」は不完全、「LED BOOTS」「CORPUS CHRISTI CAROL」「HAMMERHEAD」は未収録で、画質も大阪・フォーラム初日よりやや落ちます。。。が、最終日の素晴らしいパフォーマンスを存分に堪能できる有り難い映像に間違いなしです!!(DVD単体はありません)

大好評に終ったバック陣を一新しての2010年パフォーマンス!!やはり最終日ということで、2ndアンコールに応え「CAUSE WE'VE ENDED AS LOVERS」をプレイしています!!!etc...細かな内容説明は不要でしょう!!素晴らしいパフォーマンスは必聴間違いなし!!日本公演という貴重な映像もファンには嬉しい、聴いて興奮・観て感動の最新メモリアル・アイテムが登場です!!

LIVE AT INTERNATIONAL FORUM, TOKYO APRIL 13TH 2010

(CD/DVD)
ETERNITY'S BREATH
STRATUS
LED BOOTS *
CORPUS CHRISTI CAROL *
HAMMERHEAD *
MNA NA h-EIREANN
BASS SOLO
PEOPLE GET READY
ROLLIN' AND TUMBLIN'
NEVER ALONE
BIG BLOCK
OVER THE RAINBOW
BLAST FROM THE EAST
ANGEL(FOOTSTEPS)
DIRTY MIND(INCL:DRUM SOLO)
BRUSH WITH THE BLUES
(I WANT TO TAKE YOU)HIGHER
A DAY IN THE LIFE
-ENCORE 1-
HOW HIGH THE MOON (TRIBUTE TO LES PAUL)
NESSUN DORMA
-ENCORE 2-
CAUSE WE'VE ENDED AS LOVERS
* UNRECORDED on DVD

Jeff Beck (guitar)
Narada Michael Walden (drums)
Rhonda Smith (bass)
Jason Rebello (keyboards)



エリック・クラプトン&ジェフ・ベック
2010 Montreal Bell Center
MDNA-10004
AUD
2CD-R
\3,500


2010年2/22、カナダはモントリオールのBell CenterでおこなわれたEric ClaptonとJeff Beckの共演ライブを超高音質のオーディエンス録音にて完全収録。

ネット経由の音源をマスターとしていますが、レーベル独自のリマスタリングが施されたことにより、全く別物と言っても過言ではないほどの超高音質サウンドへと生まれ変っています。難点としては、冒頭Jeff Beckのセットの「Eternity’s Breath」が未収となっている点、そして録音者近辺(というかほぼ真横の至近距離)に異常な盛り上がりっぷりを見せている数人の客がいるため、曲間の静かな箇所等でその奇声が気になる点が挙げられます。が、音質自体は最初に述べたとおりの非常に秀逸なサウンドへと仕上がっているので、別ソースの極上音質完全版が登場しない限りは、本作がモントリオール公演の決定版となることでしょう。

◆Bell Center, Montreal, Canada 22nd February 2010
<Disc 1>
Jeff Beck set;
01. Stratus (fade in) 02. Led Boots 03. Corpus Christi Carol 04. Bass solo 05. Hammerhead 06. Mna Na Eireann 07. Brush With The Blues 08. Big Block 09. A Day In The Life 10. Nessun Dorma Eric Clapton acoustic set; 11. Driftin' 12. Layla 13. Running On Faith 14. Rock 'N' Roll

<Disc 2>
Eric Clapton electric set;
01. Tell The Truth 02. Key To The Highway 03. I Shot The Sheriff 04. Little Queen of Spades 05. Cocaine Eric Clapton & Jeff Beck set; 06. Shake Your Money Maker 07. Moon River 08. You Need Love 09. Outside Woman Blues 10. Little Brown Bird 11. Wee Wee Baby 12. (I Want To Take You) Higher Encore; 13. Crossroads

◇Jeff Beck Band;
Jeff Beck (guitar), Jason Rebello (keyboards), Rhonda Smith (bass), & Narada Michael Walden (drums) ◇Eric Clapton Band; Eric Clapton (guitar, vocal), Chris Stainton (keyboards), Walt Richmond (keyboards), Willie Weeks (bass), Steve Gadd (drums), Michelle John (backing vocal) & Sharon White (backing vocal)



エリック・クラプトン/ジェフ・ベック
Across The Muddy Road vol.1
XAVEL Silver Masterpiece Series-005
AUD
2CD
\4,300


2009年2/21、埼玉スーパーアリーナでおこなわれたEric ClaptonとJeff Beckの共演ステージ第1夜を、正にミラクル・クオリティという形容こそが相応しい戦慄のオーディエンス録音にてプレスCDに完全収録!

来日公演の合間を縫ってのEric Claptonと、大阪で(単独)来日ツアーを終了したばかりのJeff Beck、“夢舞台”という言葉がピタリと当てはまる歴史的ステージの全貌を、ファン卒倒間違いなしの凄まじいまでの高音質にて記録した永久保存のアイテムです!Jeff Beckの2009年来日ツアーを全公演追いかけ、総じてクオリティの高い音質でリリースしているXAVELレーベルですが、それらのアイテム全てがかすんでしまうかのようなあまりにも圧倒的なサウンド・クオリティによる収録となっています、試聴可能なお店であれば是非試聴してみて下さい、これは凄すぎます!ステージの進行に関しては、①Jeff Beckバンド、②Eric Claptonバンド、そして③Eric ClaptonバンドにJeff Beckが客演するという3部構成からなるステージで、各セット50分前後の演奏となっているのですが、本アイテムでは機材の入れ替え時間、あるいはバンドメンバーが退場しているアンコール待ちの箇所を必要最低限だけカットすることにより、ステージ全編をディスク2枚にコンパクトに収録しています。クラプトン、ベックともに各バンドの時間帯では、通常の単独公演のセットと較べると半分ぐらいのショートセットになっている点が残念ですが、曲間息つく間もなく鬼気迫るテンションで進行していくステージには全く物足りなさ等感じないはずです。そしてこの日最大の目玉であるクラプトン&ベックの共演パート、ステージ上に肩を並べて現れた二人の姿を見ただけで感極まったファンの方も多かったことと思いますが、その演奏内容の素晴しさはさらに想像を絶するものであったはずです、これはもう聴いていただくほか説明不可能です!サウンドボード音源すら一蹴してしまうウルトラ・クオリティの極上アイテム、限定プレスCDによるリリースです。

◆Saitama Super Arena, Saitama, Japan 21st February 2009
<Disc 1> [Jeff Beck band]
01. intro 02. The Pump 03. You Never Know 04. Cause We've Ended As Lovers 05. Stratus 06. Angel (Footsteps) 07. Led Boots 08. Goodbye Pork Pie Hat 09. Brush WIth The Blues 10. instrumental jam (incl. Freeway Jam) 11. Blue Wind 12. A Day In The Life -encore- 13. Peter Gunn Theme 14. outro [Eric Clapton band;] 15. intro 16. Driftin' 17. Layla (unplugged version) 18. Motherless Child 19. Running On Faith

<Disc 2>
01. Tell The Truth 02. Little Queen Of Spades 03. Before You Accuse Me 04. Cocaine 05. Crossroads 06. outro [Eric Clapton band with Jeff Beck] 07. intro 08. You Need Love 09. Listen Here 10. Compared To What 11. Here But I'm Gone 12. Outside Woman Blues 13. Brown Bird 14. Wee Wee Baby -encore- 15. I Want To Take You Higher 16. outro

◇Eric Clapton & His Band:
Eric Clapton (guitar, vocal)
Doyle Bramhall II (guitar, vocal)
Willie Weeks (bass)
Abe Laboriel Jr. (drums)
Chris Stainton (keyboards)
Michelle John (backing vocals)
Sharon White (backing vocals)

◇Jeff Beck Band:
Jeff Beck (guitar, bass)
Tal Wilkenfeld (bass)
Vinnie Colaiuta (drums)
David Sancious (keyboards)



エリック・クラプトン/ジェフ・ベック
Across The Muddy Road vol.2
XAVEL Silver Masterpiece Series-006
AUD
2CD
\4,300


2009年2/22、埼玉スーパーアリーナでおこなわれたEric ClaptonとJeff Beckの共演ステージ第2夜を、正にミラクル・クオリティという形容が相応しい戦慄の高音質オーディエンス録音にてプレスCDに完全収録!

前日の第1夜公演を収録した「~ vol.1」(XAVEL Silver Master Piece Series-005)同様、アリーナ最前中央ブロック前方のセンター座席から録音された超絶高音質のオリジナル・オーディエンスマスターを使用しており、甲乙つけ難い凄まじいサウンド・クオリティでステージ全編を収録しています。繰り返しになりますが、とにかく音質が素晴しく、あまりにもくっきりとした各楽器の輪郭とステレオ感にはブートの常識を全てひっくり返されるような思いすらします。演奏内容に関しては、クラプトン・バンド、ベック・バンドともに前日とセットリストを一部変えてきており、50分前後という短い演奏時間の中に全精力を凝縮させるかのような素晴しいパフォーマンスをこの日も見せてくれています。共演パートにおいては前日と同様の流れとなっていますが、まず2度と見られないであろう両雄の掛け合いだけに、両日ともに一秒たりとも聴き逃すことは出来ないでしょう!サウンドボード音源すら一蹴してしまうウルトラ・クオリティの極上アイテム、限定プレスCDによるリリースです。

◆Saitama Super Arena, Saitama, Japan 22nd February 2009
<Disc 1> [Jeff Beck band]
01. intro 02. The Pump 03. You Never Know 04. Cause We've Ended As Lovers 05. Stratus 06. Angel (Footsteps) 07. Led Boots 08. Goodbye Pork Pie Hat 09. Brush WIth The Blues 10. instrumental jam (incl. Freeway Jam) 11. A Day In The Life 12. Big Block 13. Where Were You 14. Peter Gunn Theme 15. outro

[Eric Clapton band;]
16. intro 17. Driftin' 18. Layla (unplugged version) 19. Motherless Child 20. Running On Faith

<Disc 2>
01. Tell The Truth 02. Key To The Highway 03. I Shot The Sheriff 04. Wonderful Tonight 05. Cocaine 06. Crossroads 07. outro

[Eric Clapton band with Jeff Beck]
08. intro 09. You Need Love 10. Listen Here 11. Compared To What 12. Here But I'm Gone 13. Outside Woman Blues 14. Brown Bird 15. Wee Wee Baby -encore- 16. I Want To Take You Higher 17. outro

◇Eric Clapton & His Band:
Eric Clapton (guitar, vocal)
Doyle Bramhall II (guitar, vocal)
Willie Weeks (bass)
Abe Laboriel Jr. (drums)
Chris Stainton (keyboards)
Michelle John (backing vocals)
Sharon White (backing vocals)

◇Jeff Beck Band:
Jeff Beck (guitar, bass)
Tal Wilkenfeld (bass)
Vinnie Colaiuta (drums)
David Sancious (keyboards)



エリック・クラプトン/ジェフ・ベック
Across The Muddy Road Complete
XAVEL Silver Masterpiece Series-005006
AUD
4CD
\7,000


2009年2/21と2/22、埼玉スーパーアリーナでおこなわれたEric ClaptonとJeff Beckの二夜限りの共演ステージをプレスCD4枚に完全収録。

第1夜を収録した「Across The Muddy Road vol.1」(XAVEL Silver Masterpiece Series-005)と、第2夜を収録した「Across The Muddy Road vol.2」(XAVEL Silver Masterpiece Series-006)のカップリングアイテムとなります。両日共に“オーディエンス録音の究極型”と自信を持って断言出来る素晴しすぎる音質による収録となっています。両公演の詳細に関しては、それぞれのタイトルの解説をご覧になって下さい。サウンドボード音源すら一蹴してしまうウルトラ・クオリティの極上アイテム、限定プレスCDによるリリースです。

◆Saitama Super Arena, Saitama, Japan 21st February 2009
<Disc 1> [Jeff Beck band]
01. intro 02. The Pump 03. You Never Know 04. Cause We've Ended As Lovers 05. Stratus 06. Angel (Footsteps) 07. Led Boots 08. Goodbye Pork Pie Hat 09. Brush WIth The Blues 10. instrumental jam (incl. Freeway Jam) 11. Blue Wind 12. A Day In The Life -encore- 13. Peter Gunn Theme 14. outro

[Eric Clapton band;]
15. intro 16. Driftin' 17. Layla (unplugged version) 18. Motherless Child 19. Running On Faith

<Disc 2>
01. Tell The Truth 02. Little Queen Of Spades 03. Before You Accuse Me 04. Cocaine 05. Crossroads 06. outro

[Eric Clapton band with Jeff Beck]
07. intro 08. You Need Love 09. Listen Here 10. Compared To What 11. Here But I'm Gone 12. Outside Woman Blues 13. Brown Bird 14. Wee Wee Baby -encore- 15. I Want To Take You Higher 16. outro

◆Saitama Super Arena, Saitama, Japan 22nd February 2009
<Disc 1> [Jeff Beck band]
01. intro 02. The Pump 03. You Never Know 04. Cause We've Ended As Lovers 05. Stratus 06. Angel (Footsteps) 07. Led Boots 08. Goodbye Pork Pie Hat 09. Brush WIth The Blues 10. instrumental jam (incl. Freeway Jam) 11. A Day In The Life 12. Big Block 13. Where Were You 14. Peter Gunn Theme 15. outro

[Eric Clapton band;]
16. intro 17. Driftin' 18. Layla (unplugged version) 19. Motherless Child 20. Running On Faith

<Disc 2>
01. Tell The Truth 02. Key To The Highway 03. I Shot The Sheriff 04. Wonderful Tonight 05. Cocaine 06. Crossroads 07. outro [Eric Clapton band with Jeff Beck] 08. intro 09. You Need Love 10. Listen Here 11. Compared To What 12. Here But I'm Gone 13. Outside Woman Blues 14. Brown Bird 15. Wee Wee Baby -encore- 16. I Want To Take You Higher 17. outro





エリック・クラプトン/ジェフ・ベック
①MIRACULOUS NIGHT -FIRST NIGHT-
②MIRACULOUS NIGHT -SECOND NIGHT-
①NEW TATTOO-397
②NEW TATTOO-398
AUD
各3CD-R
各\3,500
①SAITAMA 2/21
②SAITAMA 2/22


奇跡の共演となったベック・クラプトンの埼玉公演2DAYSをオリジナルマスター使用の超高音質オーディエンス録音にて完全収録!

各日DISC1がベック、DISC 2がクラプトン、DISC 3が共演となっております。ベックはこの埼玉公演がジャパンツアーの最後の締めくくりとなった為、とても楽しそうに延び延びとプレイしているのが音源からも感じられると思います。一方クラプトンはいきなりのアコースティックから渋くスタートし、ツアーセットリストのエッセンス的な内容のライブとなりました。(ベックもそうですが。。)そして肝心の2人の共演ですが、クラプトンのバンドにジェフが加わるという形の共演となり、慣れ親しんだブルースナンバーなどで、お互いソロを取り合い素晴らしい内容の共演ライブとなりました。特に2日目の共演と持ち時間は前日の共演に触発されたのか、クラプトンの演奏に見違えるものがあります。

音質も同レーベル独特の臨場感溢れる音源となっておりますので安心してお聞きいただけると思います。


DISC ONE
- JEFF BECK -
01. THE PUMP
02. YOU NEVER KNOW
03. CAUSE WE'VE ENDED AS LOVERS
04. STRATUS
05. ANGEL (FOOTSTEPS)
06. LED BOOTS
07. GOODBYE PORK PIE HAT
08. BRUSH WITH THE BLUES
09. BASS SOLO (Inc.FREEWAY JAM)
10. BLUE WIND
11. A DAY IN THE LIFE ~ BAND INTRO
- encore -
12. PETER GUNN THEME

DISC TWO
- ERIC CLAPTON -
01. DRIFTIN' (ACOUSTIC, SOLO)
02. LAYLA (ACOUSTIC VERSION)
03. MOTHERLESS CHILD
04. RUNNING ON FAITH
05. TELL THE TRUTH
06. LITTLE QUEEN OF SPADES
07. BEFORE YOU ACCUSE ME
08. COCAINE
09. CROSSROADS

DISC THREE
- JEFF BECK WITH ERIC CLAPTON & HIS BAND -
01. YOU NEED LOVE
02. LISTEN HERE / COMPARED TO WHAT
03. HERE BUT I'M GONE
04. OUTSIDE WOMAN BLUES
05. LITTLE BROWN BIRD
06. WEE WEE BABY
- encore -
07. I WANT TO TAKE YOU HIGHER
LIVE AT SAITAMA SUPER ARENA, SAITAMA ON 21ST FEBRUARY 2009



DISC ONE
- JEFF BECK -
01. THE PUMP
02. YOU NEVER KNOW
03. CAUSE WE'VE ENDED AS LOVERS
04. STRATUS
05. ANGEL(FOOTSTEPS)
06. LED BOOTS
07. GOODBYE PORK PIE HAT
08. BRUSH WITH THE BLUES
09. BASS SOLO(Inc.FREEWAY JAM)
10. A DAY IN THE LIFE
11. BIG BLOCK
12. WHERE WERE YOU
13. PETER GUNN THEME

DISC TWO
- ERIC CLAPTON -
01. DRIFTIN' (ACOUSTIC, SOLO)
02. LAYLA (ACOUSTIC VERSION)
03. MOTHERLESS CHILD
04. RUNNING ON  FAITH
05. TELL THE TRUTH
06. KEY TO THE HIGHWAY
07. I SHOT THE SHERIFF
08. WONDERFUL TONIGHT
09. COCAINE
10. CROSSROADS

DISC THREE
- JEFF BECK WITH ERIC CLAPTON & HIS BAND -
01. YOU NEED LOVE
02. LISTEN HERE / COMPARED TO WHAT
03. HERE BUT I'M GONE
04. OUTSIDE WOMAN BLUES
05. LITTLE BROWN BIRD
06. WEE WEE BABY
- encore -
07. I WANT TO TAKE YOU HIGHER
LIVE AT SAITAMA SUPER ARENA, SAITAMA ON 22ND FEBRUARY 2009



エリック・クラプトン/ジェフ・ベック
MUSIC'S STILL FLASHIN
EC-0059
AUD
2CD-R
\3,400


E&C WORLD STARレーベルより、エリック・クラプトンとジェフ・ベックが共演した2009年2月21日と22日埼玉演2DAYSをベストなポジションより、リアルな臨場感&迫力満点の超高音質にて完全収録!!

共演部分のみですが、埼玉初日公演を42分間をディスク1に、2日目の47分間をディスク2にそれぞれノーカット収録!!もちろん丁寧なマスターリングを施し、最近のいかにもデジタルという薄っぺらな音質ではなく、中低域に厚みを持たせてリッチ感満 点に再現!!なんとも心地いい~でもガッツリ出音も収録していると言う、ちょっと他では味わえないアイテム!!サウンド・バランスも文句無しの逸品ですので、是非ともスピーカーから大音量で聴いて下さい!!!鳥肌必至っす!!!ジャケットワークは2日間のフォトを使用し、フロントジャケットはリバーシブル仕様となっております。内容説明は不要でしょう!!世紀のスペシャル・ライヴを、ズッシリ図太い・ド迫力サウンドにてお楽しみ下さい!!!

DISC-ONE
Live At Super Arena, Saitama February 21th 2009
1.Opening
2.You Need Love
3.Listen Here - Compared To What
4.Here But I'm Gone
5.Outside Woman Blues
6.Brown Bird
7.Wee Wee Baby
-Encore-
8.Want To Take You Higher
9.Ending
TOTAL: --- 42:15

DISC-TWO
Live At Super Arena, Saitama February 22th 2009
1.Opening
2.You Need Love
3.Listen Here - Compared To What
4.Here But I'm Gone
5.Outside Woman Blues
6.Brown Bird
7.Wee Wee Baby
-Encore-
8.Want To Take You Higher
9.Ending
TOTAL: --- 47:30

Eric Clapton & His Band with Jeff Beck
Eric Clapton (guitar, vocal)
Jeff Beck (Guitar)
Doyle Bramhall II (guitar, vocal)
Willie Weeks (bass)
Abe Laboriel Jr. (drums)
Chris Stainton (keyboards)
Michelle John (backing vocals)
Sharon White (backing vocals)



ジェフ・ベック
①GETTING READY
②PICKING UP!!!
③SONIC GROOVE
④OSAKA 2DAYS -LIMITED EDITION-
①SYLPH-0970
②SYLPH-0971
③SV-0012
④NN-1285
①②AUD
③AUD-SHOT 88MIN
④AUD+AUD-SHOT
①②2CD-R
③1DVD-R
④4CD-R+1DVD-R
①②\4,600
③\4,000
④\8,500


①2/18 OSAKA
②2/19 OSAKA
③2/18 OSAKA (DVD)
④OSAKA 2DAYS


ジェフベックの2009年ジャパンツアーより、2月18日と19日の大阪公演2DAYSを迫力&臨場感満点の超高音質にて完全収録!!他とは一味違うド迫力サウンドは、是非とも大音量スピーカーにてお楽しみ下さい!!鳥肌もの必至です!!

そしてもはや細かい説明は不要でしょう!!ツアー最終地となった大阪だけのスペシャルナンバー「PEOPLE GET READY」が登場!!更に、この2日間は最高潮に盛り上がった素晴らしいパフォーマンスで文句無しに必聴間違いなしっす!!

そしてファン待望の最新ライブ映像アイテムが登場!!2月18日大阪初日公演の模様を、ステージほぼ正面よりズームの効いた高画質ワイドスクリーン・オーディエンス・ショットにて収録!!(BECK'S BOLEROは未収録)所々で画像が乱れたり、観客の陰に隠れてジェフが見えなくなる箇所はありますが、素晴らしいギターワークを始め、タルちゃんとのベースソロなど見応えタップリに88分収録してありますので、あの感動&興奮をリアルに蘇らせてくれる事間違いなし!!やはり来日映像は貴重でありがたし!!

いよいよシルフレーベルがお届けする2009年メモリアルアイテムが登場です!!
(大阪2DAYS限定セットには2月18日DVDがボーナスとして付属しますのでお得です!)

①Live At Koseinenkin Hall, Osaka, February 18th 2009
DISC-ONE
01. OPENING 02. BECK'S BOLERO 03. THE PUMP 04. ETERNITY'S BREATH 05. YOU NEVER KNOW 06. CAUSE WE'VE ENDED AS LOVERS 07. BEHIND THE VEIL 08. BLAST FROM THE EAST 09. PEOPLE GET READY 10. STRATUS 11. ANGEL 12. VINNIE COLAIUTA DRUM SOLO 13. LED BOOTS

DISC-TWO
01. NADIA 02. SPACE BOOGIE 03. GOODBYE PORK PIE HAT 04. BRUSH WITH THE BLUES 05. IMPROVISATION JAM (INCL. FREEWAY JAM) 06. BLUE WIND 07. A DAY IN THE LIFE 08. BAND INTRODUCTION
-ENCORE-
09. WHERE WERE YOU 10. BIG BLOCK / SCOTTISH ONE 11. PETER GUNN THEME


②Live At Koseinenkin Hall, Osaka, February 19th 2009
DISC-ONE
01. OPENING 02. BECK'S BOLERO 03. THE PUMP 04. ETERNITY'S BREATH 05. YOU NEVER KNOW 06. CAUSE WE'VE ENDED AS LOVERS 07. BEHIND THE VEIL 08. BLAST FROM THE EAST 09. PEOPLE GET READY 10. STRATUS 11. ANGEL 12. VINNIE COLAIUTA DRUM SOLO 13. LED BOOTS

DISC-TWO
01. NADIA 02. SPACE BOOGIE 03. GOODBYE PORK PIE HAT 04. BRUSH WITH THE BLUES 05. IMPROVISATION JAM (INCL. FREEWAY JAM) 06. BLUE WIND 07. A DAY IN THE LIFE 08. BAND INTRODUCTION
-ENCORE-
09. WHERE WERE YOU 10. BIG BLOCK 11.SCOTTISH ONE 12. PETER GUNN THEME


③Live At Koseinenkin Hall, Osaka, February 18th 2009
THE PUMP
ETERNITY'S BREATH
YOU NEVER KNOW
CAUSE WE'VE ENDED AS LOVERS
BEHIND THE VEIL
BLAST FROM THE EAST
PEOPLE GET READY
STRATUS
ANGEL
VINNIE COLAIUTA DRUM SOLO
LED BOOTS
NADIA
SPACE BOOGIE
GOODBYE PORK PIE HAT
BRUSH WITH THE BLUES
IMPROVISATION JAM
(INCL. FREEWAY JAM)
BLUE WIND
A DAY IN THE LIFE
WHERE WERE YOU
BIG BLOCK
SCOTTISH ONE
PETER GUNN THEME



ジェフ・ベック
Believe It (2009 Tokyo 1st Night)
XAVEL Silver Masterpiece Series-001
AUD
2CD
\4,300


Jeff Beckの2009年来日ツアーより、2/6の東京国際フォーラム公演を極上音質のオーディエンス録音にてプレスCDに収録。

ジャパン・ツアーの封切り公演となったこの日のステージ、来日ツアーに先立っておこなわれたオーストラリア~ニュージーランド9公演の勢いそのままに、クロスロード・フェス~ロニー・スコッツ・クラブのステージでもお馴染みのVinnie ColaiutaとTal Wilkenfeldのリズム隊にDavid Sanciousを加えた”2009年度版ベック・バンド”のプレイの神髄を存分に見せつけてくれました。本アイテムでは、この記念すべきステージを会場最前方のスウィート・スポットより収録したオリジナル・マスターに24bitデジタル・リマスタリング処理、全ての楽器が眼前で演奏されているかのような“完璧”としか形容のしようがないウルトラ・クオリティのオーディエンス録音にて完全収録しています。とりわけ、あまりにも生々しいベックのギターの音色と、難解なポリリズムをこれでもかと交えながら驚くべき正確なタイム感でボトムを支えるVinnie Colaiutaの人間離れしたドラム・ワークを、ファン涙モノの粒立ちの良さで収録している点は特筆に値します。来日公演を専門に取り扱うXAVELレーベルが、通常の生産ラインとは別に新設したプレス専門の”Silver Masterpiece Series”、自信を持って送りだされた本作のサウンド・クオリティの高さは想像に難くありません。翌日のフォーラム公演と2/9のNHKホール公演ではセット落ちしてしまった「Snake Oil」はやはり聴き所、しかしながら同じ曲でも日ごとに全く異なった演奏を見せてくれる今回のベック・バンド来日公演は、ファンであれば全公演必聴と言っても過言ではないでしょう!来日ツアー・パンフをモチーフとしたアートワークも秀逸、限定プレスCD2枚組みによるリリースです。

◆International Forum, Tokyo, Japan 6th February 2009
<Disc 1>
01. intro 02. Beck's Bolero 03. The Pump 04. Eternity's Breath 05. You Never Know 06. Cause We've Ended As Lovers 07. Behind The Veil 08. Blast From The East 09. Stratus 10. Angel 11. Vinnie Colaiuta drum solo 12. Led Boots

<Disc 2>
01. Nadia 02. Tal Wilkenfeld bass solo 03. Snake Oil 04. Goodbye Pork Pie Hat 05. Brush With The Blues 06. Blue Wind 07. A Day In The Life 08. band introduction
-encore-
09. Where Were You 10. Big Block 11. Scottish One

◇Personnel;
Jeff Beck (guitar)
Tal Wilkenfeld (bass)
Vinnie Colaiuta (drums)
David Sancious (keyboards)



ジェフ・ベック
INTERNATIONAL FORUM, TOKYO ON 6TH FEB. 2009
NEW TATTOO-400
AUD
2CD-R
\3,200


ジェフ・ベック、約3年半振りのジャパンツアーより東京公演初日を臨場感溢れる高音質オーディエンス録音にて完全収録!

今回は前回同様、ヴィニー・カリウタに加え、紅一点のベーシスト、若干23歳でツアーに抜てきされたタル嬢のお披露目的公演ともなった今回のツアーは随所にタルのベースソロをフューチャー!ジェフのプレイも更に磨きがかかり円熟のプレイを聴かせてくれます。また関東4公演で"SNAKE OIL"をプレイしたのはこの日のみ!

Disc One
01. Beck’s Bolero
02. The Pump
03. Eternity’s Breath
04. You Never Know
05. Cause We’ve Ended As Lovers
06. Behind The Veil
07. Blast From The East
08. Stratus
09. Angels (Footsteps)
10. Drum Solo
11. Led Boots

Disc Two
01. Nadia
02. Bass Solo
03. Snake Oil
04. Goodbye Pork Pie Hat
05. Brush With The Blues
06. Blue Wind
07. A Day In The Life - Band Intro
- encore -
08. Where Were You
09. Big Block
10. Scottish One

Live At International Forum Tokyo On 6th February 2009



ジェフ・ベック
Boogie Night (2009 Tokyo 2nd Night)
XAVEL Silver Masterpiece Series-002
AUD
1CD
\3,000


Jeff Beckの2009年来日ツアーより、2/7の東京国際フォーラム公演を極上音質のオーディエンス録音にてプレスCDに収録。

前日に引き続き同じ会場でおこなわれた09年来日ツアー2日目のステージ、この日はTal Wilkenfeldのベース・ソロからなだれこむ「Snake Oil」に変わり「Space Boogie」がセットインしたこともあり、開演から終演まで80分強のパフォーマンスとなりました。本アイテムは、メンバーがステージから姿を消しているアンコール待ちの箇所等の不要な部分をカットすることにより、ディスク1枚にコンパクトに収録、非常にリーズナブルな値段設定、それもファンには嬉しいプレス盤によるリリースとなっています。もちろん音質に関しても文句なしの極上音質、XAVELレーベルより同時リリースの「Believe It」(2/6公演)と比べると、どちらも甲乙つけがたい最高の音質なのですが、リマスタリング時に敢えて異なるサウンド・バランスを目指して制作されたため、本作ではVinnie Colaiutaのハイハットさばきや鮮やかな鳴り物の響き等に重点を置いたサウンドとなっています。来日ツアー・パンフをモチーフとしたアートワークも秀逸、限定プレスCDによるリリースです。

◆International Forum, Tokyo, Japan 7th February 2009
01. Beck's Bolero 02. The Pump 03. Eternity's Breath 04. You Never Know 05. Cause We've Ended As Lovers 06. Behind The Veil 07. Blast From The East 08. Stratus 09. Angel 10. Vinnie Colaiuta drum solo 11. Led Boots 12. Nadia 13. Space Boogie 14. Goodbye Pork Pie Hat 15. Brush With The Blues 16. Blue Wind 17. A Day In The Life 18. band introduction
-encore-
19. Where Were You 20. Scottish One 21. Big Block

◇Personnel;
Jeff Beck (guitar)
Tal Wilkenfeld (bass)
Vinnie Colaiuta (drums)
David Sancious (keyboards)



ジェフ・ベック
INTERNATIONAL FORUM, TOKYO ON 7TH FEB. 2009
NEW TATTOO-401
AUD
2CD-R
\3,200


2009年ジャパンツアーより、東京公演2日目を臨場感溢れる高音質オーディエンス録音にて完全収録!

徐々に調子の上げていったジェフはこの日も素晴らしいプレイを披露。前日の"SNAKE OIL"に変わり"SPACE BOOGIE"がセットイン。

Disc One
01. Beck’s Bolero
02. The Pump
03. Eternity’s Breath
04. You Never Know
05. Cause We’ve Ended As Lovers
06. Behind The Veil
07. Blast From The East
08. Stratus
09. Angels (Footsteps)
10. Drum Solo - Led Boots

Disc Two
01. Nadia
02. Space Boogie
03. Goodbye Pork Pie Hat
04. Brush With The Blues
05. Blue Wind
06. A Day In The Life - Band Intro
- encore -
07. Where Were You
08. Scottish One
09.Big Block

Live At International Forum Tokyo On 7th February 2009



ジェフ・ベック
big block dyno
XAVEL Silver Masterpiece Series-003
AUD
2CD
\4,300


Jeff Beckの2009年来日ツアーより、3公演目となる2/9のNHKホールでのライブを、極上音質のオーディエンス録音にてプレスCDに収録。XAVELレーベルのプレス生産ライン”XAVEL Silver Masterpiece Series”からの第3弾商品、先行して発売されるフォーラム2公演とは一味も二味も異なる魅力溢れるサウンドに仕上げられた自信作です。

フォーラム2公演がすっきりとした中低音と高音の鮮やかさに主眼をおいて制作されたのに対し、本タイトルでは中音域のナチュラルな温かみのある響きに重点を置いたマスタリングが施されており、ベックのギター音の抜けの気持ちよさ、あるいはヴィニー・カリウタのスネアの革の鳴りの素晴らしさ等にその違いは顕著に見られます。これは、実際に両会場に足を運ばれたファンの方には、とりもなおさずフォーラムとNHKホールそれぞれの音響特性を最大限に生かす理にかなった方向性と感じられるのではないでしょうか。フォーラム2公演では会場1階シングル列のやや左よりの席からの録音であったため、楽器の定位が若干左寄りでしたが、このNHKホール公演は完全なセンター定位ですので、トータル・バランスで見ても前述2タイトルを凌駕するほどの極上音質による収録といえるのではないでしょうか。「東京3公演でどれか1枚」とお考えでしたら、(後述しますが)バンドのパフォーマンスの充実振りからいっても、迷わず本タイトルを推薦します。演奏内容に関して触れておくと、「Snake Oil」がセット落ちし代わりに「Space Boogie」がセットインするというフォーラム二日目の流れは変わらず、アンコール・ラストに「Peter Gun’s Theme」が追加されています。バンドのテンションとまとまりに関しては、間違いなくこの日が東京公演のハイライトといっても過言ではない素晴らしさで、中でも日替わりで異なったアプローチを見せてくれるヴィニーの叩きっぷりには、観客のみならずバンド・メンバーまでもが圧倒されたほどです。

◆NHK Hall, Tokyo, Japan 9th February 2009
<Disc 1>
01. Beck's Bolero 02. The Pump 03. Eternity's Breath 04. You Never Know 05. Cause We've Ended As Lovers 06. Behind The Veil 07. Blast From The East 08. Stratus 09. Angel 10. Vinnie Colaiuta drum solo 11. Led Boots

<Disc 2>
01. Nadia 02. Space Boogie 03. Goodbye Pork Pie Hat 04. Brush With The Blues 05. Blue Wind 06. A Day In The Life 07. band introduction -encore- 08. Where Were You 09. Big Block 10. Scottish One 11. Peter Gunn Theme 12. outro

◇Personnel;
Jeff Beck (guitar)
Tal Wilkenfeld (bass)
Vinnie Colaiuta (drums)
David Sancious (keyboards)



ジェフ・ベック
NHK HALL, TOKYO ON 9TH FEB. 2009
NEW TATTOO-402
AUD
2CD-R
\3,200


2009年ジャパンツアーより、東京公演3日目を臨場感溢れる高音質オーディエンス録音にて完全収録!

この日のジェフは、最後には客席にギターを渡してしまう程ゴキゲンで最高なプレイを披露!今回の関東4公演中1,2を争う程の素晴らしいライブだったと言っても過言では無いでしょう!また、最後には"PETER GUNN THEME"がセットイン!

Disc One
01. Beck’s Bolero
02. The Pump
03. Eternity’s Breath
04. You Never Know
05. Cause We’ve Ended As Lovers
06. Behind The Veil
07. Blast From The East
08. Stratus
09. Angels (Footsteps)
10. Jam - Led Boots

Disc Two
01. Nadia
02. Space Boogie
03. Goodbye Pork Pie Hat
04. Brush With The Blues
05. Blue Wind
06. A Day In The Life - Band Intro
- encore -
07. Where Were You
08. Big Block
09. Scottish One
10. Peter Gunn Theme

Live At NHK Hall, Tokyo On  9th February 2009



ジェフ・ベック
accidental fusion
XAVEL Silver Masterpiece Series-004
AUD
2CD
\4,300


Jeff Beckの2009年来日ツアーより、4公演目となる2/11のパシフィコ横浜でのライブを、極上音質のオーディエンス録音にてプレスCDに収録。

3公演をこなし、東京から横浜に場所を移しておこなわれた波乱含みのパフォーマンスを、ウルトラ・クオリティの極上オーディエンス録音にて、ステージ中断の時間を含めてノーカット完全収録しています。本作には、会場フロント・ロウほぼ中央の席(正確にはやや左寄りですが)から録音されたオリジナル・オーディエンス・マスターに24bitデジタル・リマスタリングを施しており、オーディエンス録音の理想形とでもよぶべき驚愕の音質でこの日のライブを完全に再現しています。すなわち、ステージ上のバンドのリアルな生音(XAVELレーベルよりCDRで発売された金沢公演の音質と同様の素晴しい音色です)と、ミキサーを通して会場のスピーカーあるいはステージ上のバンド用モニターから出力される音を、これ以上はない絶妙のバランスで捉えており、正に完璧という言葉しか思い浮かばない凄まじいまでのサウンド・クオリティによる収録となっています。機材トラブル(「悲しみの恋人たち」で顕著になるアンプからのノイズですが、注意深く聴けば「The Pump」で既にその兆候が見られます)による中座を強いられることとなったこの日のステージですが、皮肉にもジェフのギター・プレイは冴えわたっているので、マーシャル・アンプからのあまりにもリアルなギター音を最高の音質で楽しむことが出来る本作は、ファンであれば絶対におさえていただきたい1枚と断言します。“アクシデント”という言葉に集約される本公演ですが、日本公演中最悪の悪夢のステージかと問われれば、全くそんなことはありません。ギター・プレイ自体は前述した通り素晴しいものであり、また非常に珍しいジェフのMCを随所に聴くことが出来るという点、そしてその窮地に呼応するかのごとく開始されたインプロ・ジャムの素晴しさ、ここで見られる“120%ヴィニー・カリウタ”の全開プレイはKarizma等における彼の鬼神の如き叩きっぷりを彷彿させるものであり、ジェフ&タルによる二人羽織ベースが偶然にも産声をあげたと言う点でも、本公演の価値は非常に高いものといえるでしょう。

◆Pacifico Yokohama, Kanagawa, Japan 11st February 2009
<Disc 1>
01. intro 02. Beck's Bolero 03. The Pump 04. Eternity's Breath 05. You Never Know 06. Cause We've Ended As Lovers 07. Behind The Veil 08. improvisation jam 09. Blast From The East 10. Stratus 11. intermission

<Disc 2>
01. Angel 02. Led Boots 03. Nadia 04. Space Boogie 05. Goodbye Pork Pie Hat 06. Brush With The Blues 07. Blue Wind 08. A Day In The Life 09. band introduction
-encore-
10. Where Were You 11. Big Block 12. Scottish One 13. Peter Gunn Theme 14. outro

◇Personnel;
Jeff Beck (guitar, bass)
Tal Wilkenfeld (bass)
Vinnie Colaiuta (drums)
David Sancious (keyboards)



ジェフ・ベック
PACIFICO YOKOHAMA, KANAGAWA ON 11TH FEB. 2009
NEW TATTOO-403
AUD
2CD-R
\3,200


2009年ジャパンツアーより、横浜公演を臨場感溢れる高音質オーディエンス録音にて完全収録!

この日のライブは前半からジェフのギターが不調で、ノイズを発するトラブルに見舞われ途中機材修復の中断などありましたが、回復中にリズム隊がジャムをしてる中にジェフが入って行き、タルのベースを使って二人で一緒に弾くなどの思わぬサプライズなども飛び出したりと聴き所は満載!!トラブル回復後はジェフのプレイも素晴らしい内容となってます!

Disc One
01. Beck’s Bolero
02. The Pump
03. Eternity’s Breath
04. You Never Know
05. Cause We’ve Ended As Lovers
06. Behind The Veil
07. Jam
08. Blast From The East
09. Stratus
- Trouble Suspended -
10. Angels (Footsteps)
11. Led Boots

Disc Two
01. Nadia
02. Space Boogie
03. Goodbye Pork Pie Hat
04. Brush With The Blues
05. Blue Wind
06. A Day In The Life - Band Intro
- encore -
07. Where Were You
08. Big Block
09. Scottish One
10. Peter Gunn Theme

Live At Pacifico Yokohama, Kanagawa On  11th February 2009



ジェフ・ベック
TWO DAYS BOLERO
SYLPH-0785
AUD
2CD-R
\5,820


ミュージックフェスティバル出演の為、約1年振りに来日を果たしたジェフ・ベックの2006年7月22日富士スピードウェイでのライヴと7月23日泉大津フェニックでもライヴを共に迫力満点の超高音質にて完全収録!!さらに7月22日サンタナと約20年振りの共演となった10分にも及ぶ「Super Boogie」も収録!!この一枚で今回の来日プレイがすべてを堪能出来ます!!!

大阪のライヴは激しい雨の中行われましたが、素晴らしい音質にて収録されておりますのでご安心を!!バックメンバーはベースがピノ・パラディノからランディ・ホープ・テイラーに代わりましたが、前回よりもグルーヴィーなパフォーマンスを楽しめます!!アンコールでは新曲も披露!!2公演ともにセットリストは同じですが、そこはジェフベック!!アドリブ主体のプレイですので聴き所満点です!!2006年来日メモリアルの決定盤がいよいよ登場です!!コピー転売厳禁!!

Disc-One Live at Fuji Speedway,Sizuoka, 22th July 2006
1.Beck's Bolero 2.Stratus 3.You Never Know 4.Cause We've Ended As Lovers 5.Behind The Vail 6.Led Boots 7.Nadia 8.Angel(footsteps) 9.Scutterbrain 10.Big Block 11.Star Cycle 12.People Get Ready 13.Good Bye Pork Pie Hat/Brush With The Blues 14.Blue Wind
-Encore1-
15.Scottish One -Encore2- 16.Over The Rainbow

Disc-Two Live at Izumi Otsu Phoenix,Osaka, 23th July 2006
1.Beck's Bolero 2.Stratus 3.You Never Know 4.Cause We've Ended As Lovers 5.Behind The Vail 6.Led Boots 7.Nadia 8.Angel(footsteps) 9.Scutterbrain 10.Big Block 11.Star Cycle 12.People Get Ready 13.Good Bye Pork Pie Hat/Brush With The Blues 14.Blue Wind -Encore1- 15.Scottish One -Encore2- 16.Over The Rainbow 17.Introduce JEff Beck* 18.Super Boogie*(with Santana Band)
*Live at Fuji Speedway,Sizuoka, 22th July 2006



ジェフ・ベック
PASSING HANDS
SYLPH-0696
AUD
2CD-R
\6,140


5年振りに来日を果たした孤高のギタリスト”ジェフ・ベック”の2005年ジャパンツアーより、7月8日に行われた大阪でのライヴステージを、シルフ・レーベルならではの超高音質にて完全収録!!ジェフの艶やかギタートーンはもちろん、迫力も満点!!大歓声も鳥肌ものに気持ちいい臨場感で、ライヴ感溢れるマスターリングが施された逸品です!

今ツアーはバックメンバーも強者揃い!!タイトでしかもツボを押さえた演奏は、ジェフの素晴らしいギタープレイに華を添えています!!(ちなみにヴォーカルは85年作『フラッシュ』で共演したジミーホール、ベースは去年ザ・フーのサポートとしての来日も記憶に新しいピノ・パラディノ。キーボードのジェイソン・リベロも去年スティングのツアーメンバーとして来日しており、ドラムのヴィニー・カリウタもフランク・ザッパを始め数々のセッションに参加しています)内容としては、第一期JBGの「ジェフズ・ボレロ」で始まり「トゥルース」や「ブロウ・バイ・ブロウ」などの名盤からバランスよく選曲された超豪華な集大成的セットリスト!!アンコールではお馴染みジェニファーが登場し3曲共演しています!!イントロでは大歓声が沸き上がる「ピープル・ゲット・レディー」や、ラストでキーボードとのデュオでプレイされた「虹の彼方」は感動必死です!!ストラトキャスターからエモーショナルに沸き出る唯一無二のギターサウンドやテクニックは素晴らしいの一言に尽きます!!2部構成にてタップリ2時間、あの素晴らしい一夜を再び堪能して頂ける2005年メモリアル・アイテムです!!ファン必聴盤と断言!!大大大推薦!!コピー転売厳禁 !!

JIMMY HALL (VOCAL)
PINO PALLADINO (BASS)
JASON REBELLO (KEY)
VINNIE COLAIUTA (DRUM)

Disc-One -1st Set-
1.Beck's Bolero 2.Stratus 3.You Never Know 4.Cause We've Ended As Lovers 5.Rollin' And Tamblin' 6.Morning Dew 7.Behind The Veil 8.Two Rivers 9.Star Cycle 10.Big Block 11.Scatterbrain

Disc-Two -2nd Set-
1.Nadia 2.Angel (Footsteps) 3.Led Boots 4.Diamond Dust 5.Hey Joe 6.Manic Deprssion 7.Goodbye Pork Pie Hat 8.Brush With The Blues 9.Blue Wind -Encore- 10.Earthquake (w/Jennifer Batten ) 11.Blast From The East (w/Jennifer Batten ) 12.Going Down (w/Jennifer Batten ) 13.People Get Ready 14.Somewhere Over The Rainbow



ジェフ・ベック
HEARD MY BRAIN
SYLPH-0697
AUD
2CD-R
\6,140


5年振りに来日を果たした孤高のギタリスト”ジェフ・ベック”の2005年ジャパンツアーより、7月9日に行われた大阪でのライヴステージを、共にシルフ・レーベルならではの超高音質にて完全収録!!ジェフの艶やかギタートーンはもちろん、迫力も満点!!大歓声も鳥肌ものに気持ちいい臨場感で、ライヴ感溢れるマスターリングが施された逸品です!

今ツアーはバックメンバーも強者揃い!!タイトでしかもツボを押さえた演奏は、ジェフの素晴らしいギタープレイに華を添えています!!(ちなみにヴォーカルは85年作『フラッシュ』で共演したジミーホール、ベースは去年ザ・フーのサポートとしての来日も記憶に新しいピノ・パラディノ。キーボードのジェイソン・リベロも去年スティングのツアーメンバーとして来日しており、ドラムのヴィニー・カリウタもフランク・ザッパを始め数々のセッションに参加しています)内容としては、第一期JBGの「ジェフズ・ボレロ」で始まり「トゥルース」や「ブロウ・バイ・ブロウ」などの名盤からバランスよく選曲された超豪華な集大成的セットリスト!!アンコールではお馴染みジェニファーが登場し3曲共演しています!!イントロでは大歓声が沸き上がる「ピープル・ゲット・レディー」や、ラストでキーボードとのデュオでプレイされた「虹の彼方」は感動必死です!!ストラトキャスターからエモーショナルに沸き出る唯一無二のギターサウンドやテクニックは素晴らしいの一言に尽きます!!2部構成にてタップリ2時間、あの素晴らしい一夜を再び堪能して頂ける2005年メモリアル・アイテムです!!ファン必聴盤と断言!!大大大推薦!!コピー転売厳禁 !!

JIMMY HALL (VOCAL)
PINO PALLADINO (BASS)
JASON REBELLO (KEY)
VINNIE COLAIUTA (DRUM)

Disc-One -1st Set-
1.Beck's Bolero 2.Stratus 3.You Never Know 4.Cause We've Ended As Lovers 5.Rollin' And Tamblin' 6.Morning Dew 7.Behind The Veil 8.Two Rivers 9.Star Cycle 10.Big Block 11.Scatterbrain

Disc-Two -2nd Set-
1.Nadia 2.Angel (Footsteps) 3.Led Boots 4.Diamond Dust 5.Hey Joe 6.Manic Deprssion 7.Goodbye Pork Pie Hat 8.Brush With The Blues 9.Blue Wind -Encore- 10.Earthquake (w/Jennifer Batten ) 11.Blast From The East (w/Jennifer Batten ) 12.Going Down (w/Jennifer Batten ) 13.People Get Ready 14.Somewhere Over The Rainbow



ジェフ・ベック
THOUGHTS DEEP
SYLPH-0698
AUD
2CD-R
\6,140


5年振りに来日を果たした孤高のギタリスト”ジェフ・ベック”の2005年ジャパンツアーより、7月15日東京公演[ツアー最終日]をシルフ・レーベルならではの超高音質にて完全収録!!ジェフの艶やかギタートーンはもちろん、迫力も満点!!大歓声も鳥肌ものに気持ちいい臨場感で、ライヴ感溢れるマスターリングが施された逸品です!

最終日ということもあるのでしょうか?バックのタイトながらもインプロヴィゼーション煽るグルーヴ感満点の演奏に触発された、ジェフも結構ノリノリで素晴らしいギタープレイを連発しています!!セットリスト的には同じですが、アンコールでジェニファーは登場せず「Blast from The East」は演っていません・・・が、「ジェフズ・ボレロ」で始まり「トゥルース」や「ブロウ・バイ・ブロウ」などの名盤からバランスよく選曲された超豪華な集大成的セットリストは興奮させられっぱなしです!!「ピープル・ゲット・レディー」や「虹の彼方」はホント鳥肌ものでしょう!!特別はサプライズはありませんでしたが、素晴らしいパフォーマンスで魅了してくれた2005年ジャパンツアー最終公演だけに、ファンならこの日の演奏は特別に胸に響くのではないでしょうか。ありがとうジェフ!!あの素晴らしい一夜を再び堪能して頂ける2005年メモリアル・アイテムです!!ファン必聴盤と断言!!大大大推薦!!コピー転売厳禁 !!

Disc-One -1st Set-
1.Beck's Bolero 2.Stratus 3.You Never Know 4.Cause We've Ended As Lovers 5.Rollin' And Tamblin' 6.Morning Dew 7.Behind The Veil 8.Two Rivers 9.Star Cycle 10.Big Block 11.Scatterbrain

Disc-Two -2nd Set-
1.Nadia 2.Angel (Footsteps) 3.Led Boots 4.Diamond Dust 5.Hey Joe 6.Manic Deprssion 7.Goodbye Pork Pie Hat 8.Brush With The Blues 9.Blue Wind
-Encore-
10.Earthquake 11.Going Down 12.People Get Ready 13.Somewhere Over The Rainbow



ジェフ・ベック
LOOSE FINGER
SYLPH-0202
AUD
2CD-R
\6,140


2000年ジャパンツアー2日目、2000年12月2日東京公演がかなりの高音質・完全収録にて登場。

「フー・エルス!」のナンバーを中心にサイコ・サム”が炸裂!!初日に比べて二日目のステージは、時差ボケも解消したグッド・パフォーマンス。終始楽しそうにハード・アクションでギターを操り、あのベック・トーンを連発しています!!また、ジェニファーが「Rollin'?」ではヴォーカルをとっています。彼のギターが堪能出来る、ファンには大満足の一枚です。

Intro:BlackbirdEarthquakeRoy's ToyThe PumpBrush With The BluesBlast From The EastDirty MindNadiaPsycho SamRice Pudding-Savoy/Loose Cannon/Star Cycle/You Never Know/Angel(Foot Steps)/Rollin' And Tumblin'/Blue Wind/Where Were You/A Day In The Life



ジェフ・ベック
FINGER PUMP
SYLPH-0201
AUD
2CD-R
\6,140


2000年ジャパンツアー6日目、12月9日横浜公演が超高音質・完全収録にて登場。

この日は珍しくジェフが「どうも、ありがとう」と日本語でMCをしています(笑)!!また、「Star Cycle」では、初めの音が違ったので、爆笑の中やり直す一幕もあり。セットリストに変更はありませんが、東京公演(2日目)とは「Rollin' And Tumblin'」と「Angel」の曲順が変わっています。ベックのギターフレーズやアレンジも微妙に変化していくパフォーマンスはファンには堪りません!!ジェフのギターがかなり攻撃的に吠える、超高音質盤です!!

Intro:Blackbird-Earthquake/Roy's Toy/The Pump/Brush With The Blues/Blast From The East/Dirty Mind/Nadia/Psycho Sam/Rice Pudding-Savoy/Loose Cannon/Star Cycle/You Never Know/Rollin' And Tumblin'/Angel(Foot Steps)/A Day In The Life/Where Were You/Blue Wind



ジェフ・ベック
DIRTY FINGER
SYLPH-0200
AUD
2CD-R
\6,140


2000年ジャパンツアー7日目、12月10日大阪公演(初日)が超高音質・完全収録にて早くも登場。

この日も、新作と「フー・エルス!」のナンバーを中心に"サイコ・サム”が炸裂!!ツアーも中盤になり演奏がやはり良くなっています!!セットリストに変更はありませんが、大阪公演から「A Day In The Life」が本編のラストになり、「Blue Wind」がアンコールのラストになっています。ベックのギターフレーズやアレンジも微妙に変化していくパフォーマンスはファンには堪りません!!音質も文句なしの超高音質です。

Intro:Blackbird-Earthquake/Roy's Toy/The Pump/Brush With The Blues/Blast From The East/Dirty Mind/Nadia/Psycho Sam/Rice Pudding-Savoy/Loose Cannon/Star Cycle/You Never Know/Angel (Foot Steps)/Rollin' And Tumblin'/A Day In The Life/Where Were You/Blue Wind



ジェフ・ベック
ROLLIN' FINGER
SYLPH-0206
AUD
2CD-R
\6,140


2000年ジャパンツアー8日目、12月11日大阪公演(二日目)がサウンドボードを超えた!?かなりの超高音質・完全収録にて登場!!

フロントローど真ん中にて、最高のバランスとクリアーさを再現!!さらに驚きは、ジェフの微妙なタッチは勿論のこと、ステレオ感バリバリのジェニファーとの掛合い、ドラムのビート感etc...重量級の迫力で押しよせてくるギタープレイとバンドパフォーマンスには超鳥肌もの!!「Savoy」では弦が切れてギターチェンジする一幕も....。とにかく音質も演奏も超素晴らしい、名盤です。

Intro:Blackbird-Earthquake/Roy's Toy/The Pump/Brush With The Blues/Blast From The East/Dirty Mind/Nadia/Psycho Sam/Rice Pudding-Savoy/Loose Cannon/Star Cycle/You Never Know/Angel(Foot Steps)/Rollin' And Tumblin'/A Day In The Life/Where Were You/Blue Wind



ジェフ・ベック
BLACK FINGER
SYLPH-0199
AUD
2CD-R
\6,140


2000年ジャパンツアー最終日、12月15日名古屋公演が超高音質・完全収録にて早くも登場。

この日の聞き所は、「Nadia」イントロ部分のあの”スケベな声”とジェフのギターが絡んでいる所でしょう!!勿論観客は大喜び!!又、最終日ということで、かなりリラックスした雰囲気です。尚、セットリストに変化はありませんが、そこは最終日ファンには外せないアイテムです。

Intro:Blackbird-Earthquake/Roy's Toy/The Pump/Brush With The Blues/Blast From The East/Dirty Mind/Nadia/Psycho Sam/Rice Pudding-Savoy/Loose Cannon/Star Cycle/You Never Know/Rollin' And Tumblin'/Angel(Foot Steps)/A Day In The Life/Where Were You/Blue Wind



ジェフ・ベック
LED BOOTS 99
NN0085
SBD
2CD-R
\5,500


99年6月2日東京国際フォーラムでのライヴをサウンドボードより超高音質で収録!単純なデジダル収録とは異なり、いったんサンプリング・レートを96KHzにコンバートし24ビットでマスターリングした驚愕のデジタル収録です!!また、カットされた「LED BOOT」「WHERE WERE YOU」の2曲は、当日のSB並のオーディエンス録音を丁寧にミックスし、完全版としてリリース!他とは一味違う最高の一枚です!

WHAT MAMA SAID/PSYCHO SAM/ BRUSH WITH THE BLUES/STAR CYCLE /SAVOY/BLAST FROM THE EAST/A DAY IN THE LIFE /DECLAN/THX 138 /THE PUMP/LED BOOTS~DRUM SOLO(★)/CAUSE WE'VE ENDED AS LOVERS/SPACE FOR THE PAPA (incl. BECK'S BOLERO)/ANGEL (FOOTSTEPS) /EVEN ODDS/ YOU NEVER KNOW~BASS SOLO/BLUE WIND/WHERE WERE YOU(★)/BIG BLOCK



ジェフ・ベック
PSYCHO FES
SYLPH-0203
AUD
2CD-R
\6,140


99年大阪フェスティバルでのライヴを高音質にて完全収録!

1999/05/30 OSAKA
What Mama Said/Psycho Sam/Brush With The Blues/Star Cycle/Savoy/Blast From The East/Day In The Life/Declan/THX138/Pump/Led Boots/Drum Solo/Cause We've Ended As Lovers/Space For The Papa/Angels(Footsteps)/Even Odds/You Never Know/Blue Wind/Where Were You/Big Block



ジェフ・ベック
PSYCHO WEST
SYLPH-0205
AUD
2CD-R
\6,140


99年ZEPP大阪でのライヴを高音質にて完全収録!

1999/05/29 ZEPP OSAKA
What Mama Said/Psycho Sam/Brush With The Blues/Star Cycle/Savoy/Blast From The East/Day In The Life/Declan/THX138/Pump/ Led Boots/Drum Solo/Cause We've Ended As Lovers/Space For The Papa/Angels(Footsteps)/Even Odds/You Never Know/Blue Wind/Where Were You/Big Block



ジェフ・ベック
PSYCHO HANDS RETURN
SYLPH-0204
AUD
2CD-R
\6,140


「ギターショップ」以来10年ぶりの来日。ベック名義の完全オリジナル作「WHO ELSE!」も10年ぶりに完成させ、これを引提げやって来ました。天才ジェフ・ベックの今世紀最後となる来日初日公演を抜群のダイナミックレンジ超高音質が登場しました。

1999/05/23 TOKYO BAY NK HALL
What Mama Said/Psycho Sam/Brush With The Blues/Star Cycle/Savoy/Blast From The East/Day In The Life/Declan/THX138/Pump/Led Boots/Drum Solo/Cause We've Ended As Lovers/Space For The Papa/Angels(Footsteps)/Even Odds/You Never Know/Blue Wind/Where Were You/Big Block



ジェフ・ベック
OAKDALE THEATER 1999
WR-524
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


“ジェフ・ベック”1999年、ウォーリングフォード・オークデイル・シアターでの迫力のステージを高音質サウンドボード音源(2枚組)で収録したタイトルが登場!

本タイトルは、“ジェフ・ベック”1999年、前作から10年ぶりにリリースされた名盤「WHO ELSE !」を引っさげたワールド・ツアーより、ウォーリングフォード・オークデイル・シアターで行われたライブを収録した至福のタイトル。サポート・ギタリストにジェニファー・バトゥンを迎えベックのギターがより一層際立つサウンドは圧巻!もちろん、ランディー・ホープ・テイラーとスティーヴ・アレクサンダーのリズム隊も最強!この後、怒涛の活躍を展開する事となるベックのオススメのライブ盤です!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Oakdale Theater, Wallingford, CT, March 21, 1999.

DISC ONE
01. What Mama Said / 02. Psycho Sam / 03. Brush With The Blues / 04. Star Cycle / 05. Savoy / 06. Blast From The East
07. A Day In The Life / 08. Declan / 09. THX 138 / 10. The Pump / 11. Led Boots

DISC TWO
01. 'Cause We've Ended As Lovers / 02. Space For The Papa / 03. Angel (Footsteps) / 04. Even Odds> You Never Know
05. Where Were You / 06. Big Block / 07. Blue Wind



ジェフ・ベック
HUSTON COLISEUM 1989
WR-466
AUD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


発掘!“ジェフ・ベック”1989年U.Sツアーより11月24日、テキサス・ヒューストンでのステージを高音質オーディエンス音源で収録したタイトルが登場!

本タイトルは、アルバム「GUITAR SHOP」リリース後に行われたU.Sツアーの後半、ヒューストンでのライブを収録した貴重なタイトル。レイボーンとのジョイント・ツアーだったため短めのステージですが、前述のアルバム全曲に往年の代表曲を演奏する構成は、実に的を得たセット!ラストはレイボーンとの共演による「GOING DOWN」。ベックとレイボーンによる白熱のギター・バトルは必聴!オススメの発掘音源です!!

SOURCE: EXCELLENT AUDIENCE RECORDINGS.
Live at Sam Houston Coliseum, Houston, TX, November 24, 1989.

01. Savoy / 02. Guitar Shop / 03. Sling Shot / 04. Big Block / 05. Behind The Veil / 06. Freeway Jam / 07. Where were you / 08. Stand on it
09. Goodbye Porkpie Hat / 10. Two Rivers / 11. Day in the House / 12. Train Kept A Rollin' / 13. Blue Wind / 14. People Get Ready
15. Going Down(with STEVIE RAY VAUGHAN)



ジミー・ペイジ
ジェフ・ベック
エリック・クラプトン
The God Of Guitar
WR-027
SBD
2CD-R
\3,700


ギターの神様、ジミー・ペイジ、ジェフ・ベック、エリック・クラプトンの3大ギタリストによる夢の競演が高音質サウンドボード音源で登場です!

本タイトルは、1983年、元フェイセズのロニー・レーンの呼びかけで開催されたチャリティー・コンサート(THE ARMS CONCERT)にジミー・ペイジ、ジェフ・ベック、エリック・クラプトンの3大ギタリストが登場!
当時、大きな話題を呼んだ夢の共演を収録(記録)した歴史的にも貴重なタイトルです!
3人の他にも、ポール・ロジャース、スティーヴ・ウィンウッド、チャーリー・ワッツ、ビル・ワイマン、ライ・クーダーなどなど、超豪華なメンバーが集結!
後にも先にも2度とない顔ぶれが勢揃いしております。3人それぞれが自身の曲をプレイしておりますが、特に注目は、後半、3人が一同に会してプレイするクラプトン(ドミノス)の名曲「LAYLA」!
おそらく2度とないであろう3人の共演を御堪能ください!

Recorded live at the Royal Albert Hall,London,UK
September 20.1983.
Source: Excellent Soundboard Recordings.

CD ONE
01. Everybody's Got to Change
02. Lay Down Sally
03. Wonderful Tonight
04. Cocaine
05. Women Are Smarter
06. Roadrunner
07. Slowdown Sunrise
08. Take Me to the River
09. Gimme Some Lovin'

CD TWO
01. Star Cycle
02. Pump
03. Out of a Book
04. Goodbye Pork Pie Hat
05. People Get Ready
06. Hi Ho Silver Lining
07. Prelude
08. Who's to Blame
09. City Sirens
10. Tulsa Time
11. Layla
12. Bomber's Moon
13. Good Night Irene



ジェフ・ベック
DALLAS 1975
WR-126
AUD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


言わずと知れたギターの神様”ジェフ・ベック”1975年、ダラスでの貴重なライブを高音質オーディエンス音源で収録したタイトルが登場です!

本タイトルは、あのザ・ビートルズの名プロデューサー”ジョージ・マーティン”を迎え制作、同年3月にリリースされたアルバム「BLOW BY BLOW」が、当時、流行していたフュージョン的インストゥルメンタル・アルバムにもかかわらず、アメリカでゴールド・ディスクを獲得!
セールス的にも大成功を収めた年である1975年6月、 ダラスで行われたライブを超臨場感満点の高音質オーディエンス音源で収録した貴重なタイトル!
前述の大ヒット・アルバム「BLOW BY BLOW」からのナンバーを中心に、水を得た魚のように華麗なリフを展開するベックに感動!ベックの代名詞的なナンバー「哀しみの恋人達」で、さらに大感動!オススメのタイトルです!!

SOURCE: EXCELENT AUDIENCE RECORDINGS.
Live at Memorial Auditorium, Dallas, June 11, 1975.
Personnel : Jeff Beck (guitar) Max Middleton (keyboards) Wilber Bascomb (bass) Bernard Purdie (drums)

01. Intro - Constipated Duck / 02. She's A Woman / 03. Freeway Jam / 04. Definitely Mabye / 05. Superstition / 06. Air Blower / 07. Keyboard Solo / 08. 'Cause We've Ended As Lovers / 09. Got The Feeling / 10. You Know What I Mean / 11. Power



ジェフ・ベック
CAUSE WE'VE ENDED AS LOVERS and OTHER SESSIONS
STCD-127
SBD
1CD
\4,400
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


本作はジェフベックのスタジオ・アウトテイクを収録したタイトル。
1975年BLOW BY BLOWツアーのリハーサルより3曲。
1971年『ROUGH AND READY』のスタジオ・アウトテイク2曲、
そして1977年NARADA MICHAEL WALDEN セッションから5曲を、
いずれもサウンドボードで収録している。

美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

REHEARSAL for BLOW BY BLOW Tour 1975
01. Cause We’ve Ended As Lovers 02. Unreleased Improvisation 03. You Know What I Mean

ROUGH AND READY OUTTAKES 1971
04. Got The Feeling 05. Situation

NARADA MICHAEL WALDEN SESSIONS 1977
06. Unreleased Tune #1 07. Unreleased Tune #2 08. Unreleased Tune #3 09. Unreleased Tune #4 10. Unreleased Tune #5



ベック・ボガード&アピス
Live In Japan
EMPRESS VALLEY SUPREME DISC
EVSD-569/570
AUD
2CD-DIGI
\9,800
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


LIVE IN JAPAN 武道館ライヴ BBA 初登場ソースを発掘!素晴らしい音質であの日の熱いライヴがよみがえる!必聴盤決定!

1973年5月14日武道館公演を収録。ジェフ・ベックの初来日そして初日ということもあって音源が多数残されておりますが、間違いなく今回の音源が間違いなく過去最高音質!6時45分開演、オープニングは「迷信」へヴィーなサウンドで観客を魅了。

ツイーターが18、アンプが10、モニターが4といった具合に大音響の中で演奏する際、最高に近い状態でプレイできるセッティングならではの爆音!
カーティスやディランのカバーもさすがです、後半も怒涛のプレイで攻めます。ジェフズ・ブギー、ゴーイング・ダウン、ラストのブギーにはトレイン・ケプト・ア・ローリンまで飛び出します!最高!!

RECORDED LIVE AT BUDOKAN, TOKYO, JAPAN, 14 MAY 1973

Disc 1
01 Introduction
02 Superstition
03 Livin' Alone
04 I'm So Proud
05 Lady
06 Tonight I'll Be Staying Here With You
07 People Get Ready
08 Morning Dew / Drums Solo

Disc 2
01 Sweet Sweet Surrender
02 Lose Myself With You / Bass Solo
03 Black Cat Moan
04 Jeff's Boogie
05 Why Should I Care
06 Plynth / Shotgun
07 Going Down
08 Oleo
09 Boogie Includes : The Train Kept A Rollin'



ベック・ボガード&アピス
UNRELEASED SECOND ALBUM
STCD-126
SBD
1CD
\4,400
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


活動期間は1972年から1974年までのわずかな期間であるにも関わらず、BBAは最強のロックトリオと呼ばれており現在に至るまで評価は揺るぎない。BBAとはもちろんババアではなく、ジェフベック、ティム・ボガート、カーマイン・アピスの3人によるトリオ形式のバンドである。元々ロッド・スチュワートをボーカルに加え4人編成のバンドを予定していたが、ロッドのフェイセズ加入で話が流れ、他にもポール・ロジャースなどに声をかけていたようだが、最終的には3人編成に落ちついたようだ。

3人編成が決定後1972年11月からアルバムのレコーディングに入り、そのままトリオ名をタイトルにした『ベック・ボガート & アピス』が翌年2月にリリースされる。そしてアルバム発表後の5月には、その短い活動期間に来日公演も行なわれており、その時のライブ盤が公式にリリースされるなど、1973年のBBAはこの日本公演を含むツアーに明け暮れることになる。

そして年が明けた1974年1月から次のアルバムに着手する。しかしこの頃からバンド内の確執が囁かれ、それは噂ではなく現実のものとして問題が表出、音楽誌では解散説が真実味を帯びた記事として掲載された。その結果、レコーディング途中のセカンドアルバムは完成を目前にして、特に解散声明を出すこともなく自然消滅に至ってしまった。

本作はその完成間近でお蔵入りとなったBBAのセカンド・アルバムの音源である。もちろん最終的にどのような形になったかは知る由もないが、1曲目の「Jizz Whizz」のみ後に『Beckology』に収録されたが、その他は未発表曲で構成された本作で幻となったセカンド・アルバムに思いを馳せてみて欲しい。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

01. Jizz Whizz 02. Laughing Lady 03. Prayin' 04. (Get Ready) Yar Lovemaker's 05. Livin' Life Backwards 06. Solid Lifter
07. Satisfied 08. All In Your Mind 09. Time Is Your Lady



ベック・ボガード&アピス
Unreleased Album
WR-007
SBD/AUD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ジェフ・ベック、ティム・ボガート&カーマイン・アピスの幻のセカンド・アルバムに貴重なライブ音源をプラスした定番タイトルが遂に登場!
楽曲に関しては、お蔵入りになっただけにクオリティが低いのは否めませんが、逆にそれが、バンドならではのグルーブ感が浮き彫りになり聴きごたえがあります。

10曲目からの1st&ラスト・ライブ音源は、たまらない選曲!特に12曲目の「MORNING DEW」は感動の嵐です!

SOURCE: Excellent Soundboard,Audience & Studio Recordings.
Unreleased B.B.A. 2nd Album Working Version & First,Last Show.

UNRELEASED B.B.A. SECOND ALBUM (STU)
01.Jizz Whizz
02.Laughing Lady
03.Prayin'
04.(Get Ready) Yar Lovemakers'
05.Livin' Life Backwards
06.Solid Lifter
07.Satisfied
08.All In Your Mind
09.Time Is A Lady

1st SHOW AT PITTSBERG AUG/01/1972 (AUD)
10.Definitely Maybe

SANTA MONICA CIVIC CENTER MAY/1973 (SBD)
11.Superstition
12.Morning Dew

LAST SHOW AT RAINBOW JAN/26/1974 (SBD)
13.Satisfied
14.Livin' Alone
15.Laughing Lady
16.Lady



ジェフ・ベック・グループ
BEAT CLUB 1972
SV-0020
PRO SHOT 36min
1DVD-R
\3,400


第二期ジェフ・ベック・グループの貴重映像が登場!!

1972年ドイツのTVショウ「BEAT CLUB」でのライヴ・パフォーマンスを、オフィシャル級の極上高画質にて収録!!音声部分も丁寧なデジタル・リマスターリングを施し、ワンランク上の逸品に仕上がっております!!ソウル/ジャズ・ロックのエッセンスを加えたアルバム「Rough And Ready」と「ORANGE」からのナンバーを中心に、約40年前の若々しいジェフ・ベックのギタープレイや、今は亡きコージー・パウエルのドラミングなど見応え満点です!!

メニュー&チャプター機能付きのプロフェショナル仕様、ジェフ・ベック・ファン必見のマスト・アイテムです!!

LIVE AT GERMANY 03/25/1972

01 - Got The Feeling
02 - Situation
03 - Morning Dew
04 - Tonight I'll Be Staying Here With You
05 - Going Down
06 - Definitely Maybe

Jeff Beck: Guitar, Backing Vocals
Bob Tench: Vocals
Clive Chaman: Bass
Max Middleton: Keyboards
Cozy Powell: Drums




ジェフ・ベック・グループ
ROUGH AND READY REEL MASTERS 1971
WR-419
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


第2期“ジェフ・ベック・グループ”の超名盤「ROUGH AND READY」のレコーディング・セッションから選りすぐりのアウト・テイクを高音質スタジオ・サウンドボード音源(2枚組)で収録した貴重なタイトルが登場!

本タイトルは、言わずと知れた第2期“ジェフ・ベック・グループ”の超名盤「ROUGH AND READY」のレコーディング・セッションでのアウト・テイクを2枚組にたっぷり収録した貴重なタイトル!ベック自らプロデュース&作曲、ブラッキーなサウンドを残しつつフュージョン的なアプローチでファンの度肝を抜いたアルバムのレコーディング・セッションの全貌が40年以上の歳月を経て明らかになるファンならずとも必聴!オススメのタイトルです!!

SOURCE: EXCELLENT STUDIOS SOUNDBOARD RECORDINGS.
Recorded at Island Studios, London, England 1971.

DISC ONE
01. Got The Feeling / 02. Got The Feeling / 03. Got The Feeling / 04. Truth (Situation) / 05. New Song (I’ve Been Used)
06. Heads (Short Business) / 07. July 13th / 08. Got The Feeling / 09. Situation / 10. Short Business / 11. I’ve Been Used

DISC TWO
01. Truth / 02. New Song / 03. Heads / 04. July 13th / 05. Heads / 06. Raynes Park Blues / 07. Truth / 08. New Song



ジェフ・ベック・グループ
Fillmore West 1968 Collector's Edition
Dead Flowers-042
SBD
1CD-R
\3,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


第1期ジェフ・ベック・グループの1968年7/24フィルモア・ウェスト公演を、マスター・クオリティの極上ステレオ・サウンドボード録音にて完全収録。

Rod Stewart、Ron Woodが在籍したファンの間でもとりわけ人気の高い時期の代表的なライブ音源。これまで日付が他の日であったり、6月のフィルモア・"イースト公演"とされたりと、詳細なデータも不確かなまま不完全盤や劣悪音質盤が出回ってきたいわくつきの音源ですが、2013年になってパーフェクトな状態のステレオ・サウンドボード・マスター完全版が流出、公演データも7/24ということがはっきりとしました。その流出マスターに記録された「You Shook Me」から「Hi Ho Silver Lining」までの全6曲を、24bitデジタル・リマスタリングが施された最高音質バージョンをCDの前半に、流出ステレオ・サウンドボード・マスターを(クリップノイズを除去しただけの)未加工のまま収録したオリジナル・バージョンを後半に収録。最新のリマスターが光るハイエンドなサウンドと、ストレートでけれんみのないオリジナルのサウンドの2バージョンを同時に楽しめる”コレクターズ・エディション”といった趣向です。
右チャンネルで強烈な個性を主張する若きベックのギター・サウンドは全ファン必聴の凄まじさ!第1期JBGの持ち味であるブルーズ・フィーリング全開の熱いステージを、オフィシャル級の極上ステレオ・サウンドでお楽しみ下さい!

◆Fillmore West, San Francisco, CA 24th July 1968
[Stereo Soundboard Master (Original & 24bit Digitally Remastered Version)]

[24bit Digitally Remastered Version]
01. You Shook Me
02. Let Me Love You
03. Morning Dew
04. Jeff's Boogie
05. The Sun Is Shining
06. Hi Ho Silver Lining

[Original Version]
07. You Shook Me
08. Let Me Love You
09. Morning Dew
10. Jeff's Boogie
11. The Sun Is Shining
12. Hi Ho Silver Lining

◇Personnel; Jeff Beck (guitar, vocals), Rod Stewart (vocals), Ron Wood (bass) & Mickey Waller (drums)



ジェフ・ベック・グループ
1968
WR-034
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ザ・ジェフ・ベック・グループ、1968年ストックホルムとフィルモア・イーストでのライブ2公演をを高音質サウンドボード音源で収録したタイトルが登場!

本タイトルは、第一期ジェフ・ベック・グループの白熱の2公演を高音質サウンドボード音源で収録した至福のタイトルです!
メンバーは、神様ジェフ・ベックを筆頭にロッド・スチュワート(ボーカル)、ロン・ウッド(ベース)、ミッキー・ウォーラー(ドラムス)という今考えても超豪華なメンツ!
ヤードバーズ在籍中、病気で倒れたベックの代役で加入したジミー・ペイジにギタリストの座を奪われ?!バンドを脱退したベックが、その鬱憤を発散すべく結成されたバンドだけに気合炸裂!
翌年にはバンドが自分の思い通りにいかない事に苛立ちコンサート中アンプを壊すなど大暴れ、解散宣言の後、第一期ジェフ・ベック・グループは消滅。
それだけに、この時期の音源は歴史的にも貴重です!

Recorded at Cirkeln Stockholm 04/25/1968.
& Fillmore East New York City 06/15/1968.
Source: Excellent Soundboard Recordings.

[Cirkeln Stockholm 04/25/1968]
01. Pretty Woman
02. I Ain't Superstitious
03. Jeff's Boogie
04. Morning Dew
05. I Ain't Superstitious
06. Love Is Blue

[Fillmore East New York City 06/15/1968]
01. You Shook Me / Let Me Love You
02. The Sun Is Shining
03. Jeff's Boogie

Jeff Beck[guitar]
Rod Stewart[vocals]
Ron Wood[bass]
Mickey Waller[drums]