コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます



ジャクソン・ブラウン
All The Words Spoken -2015東京最終夜-
XAVE Silver Masterpiece Series-042
AUD
3CD
\4,500
個数


最高傑作!!ジャクソン・ブラウンの2015年来日ツアーより、オーチャードホールでおこなわれた東京3連日公演の最終日、3/13のステージを驚愕のハイクオリティ・サウンドにて完全収録。ジャクソンをはじめとした各メンバーがステージ上で使用する各々バランスの異なる複数のIEMソースと、XAVELレーベル・オリジナルの極上オーディエンス・ソース(MK4マスター)とを絶妙のバランスでステレオ・ミックスした新時代のマトリクス音源。分厚く暖かいMK4マスターのサウンド・キャラクターと、IEM音源のダイレクトかつ分離の素晴らしい音像の「良い所どり」という理想的なバランスで、ウェストコースト・サウンドの真髄とでもいうべきあのライブ・サウンドが甦ります。東京3連日公演の初日、二日目は既に同XAVELレーベルより先行リリースされておりますが、この最終日は満を持してのプレスCDでの登場。IEMソースのマトリクス処理もこの上ない緻密な精度でおこなわれているため、その完成度の高さは前述した初日・二日目公演を遥かに上回るものです。冒頭に述べたとおり文字通りの最高傑作に仕上がったこの最終夜、ステレオ・サウンドボード録音と比べても全く聴き劣りのしない完璧なサウンド・クオリティであの奇跡の一夜を追体験して下さい!
最新アルバム『Standing In The Breach』を携えておこなわれた今回のツアーにおいては、同アルバム収録の新曲群と「孤独なランナー」「Take It Easy」といった説明不要のヒット曲の数々を軸にしつつ、随所にファンの要望に応えて日替わりのリクエスト曲が組み込まれるという、近年のジャクソンのライブの真骨頂というべき素晴らしいステージが毎夜繰り広げられました。(とりわけこの東京3公演では、近年演奏されることの無かった多くの楽曲が日替わりでサプライズ演奏されたため、往年のファンにとってはいずれの日も聴き逃せない内容といえるのではないでしょうか?)さて、3連日公演の最終日にあたるこの日のライブ。オーディエンスの熱いリクエストに応えて「Redneck Friend」「Jamaica Say You Will」、そして待望久しい「Late For The Sky」が演奏されました。セカンド・アンコールのラスト・ナンバーは前日までの「Before The Deluge」から「I Am A Patriot」に変更されています。「奇跡」と形容しても決して大げさではないこの感動の一夜を、非の打ち所のない素晴らしすぎる音質で完全収録した本作。ジャクソンのヴォーカルとギターを軸に、今ツアー最大の聴きどころでもあるグレッグ&ヴァルのツイン・ギターを完璧なステレオ分離で捉えています。観客との掛け合いもカットすることなくリアルに収録されているので、”等身大の巨人”ジャクソン・ブラウンのライヴの魅力が120%伝わることでしょう。
ボーナス・トラックには、初日(3/11)公演と二日目(3/12)公演から、この最終夜ではセット落ちしてしまった全11曲を追加収録。本作1枚で、東京3連日公演で演奏された全ての楽曲を聴くことが出来るという嬉しすぎる仕様!さらに最後に、ジャクソンに先駆けて来日ツアーを敢行したCS&Nの東京初日(3/5)公演における飛び入り演奏までも追加収録。グラハム・ナッシュのバッキング・コーラスを得て演奏されたのは「The Crow On The Cradle」。1979年にNYのMSGで開催された伝説の「No Nukes」コンサートを眼前にするかのような感動的なパフォーマンスです。
永久保存のプレスCD3枚組み、日本語帯つき。名盤『Late For The Sky』同様、マグリットの「光の帝国」をモチーフにした会場Bunkamuraオーチャードホールの画像は、ライブ当日の開場前の風景です。ひょっとすると貴方の後ろ姿も確認出来るかも知れません。全ファン必携のメモリアル・アイテムと断言します。

◆Orchard Hall, Tokyo, Japan 13th March 2015 [Multiple IEM Sources + EX-Audience Source (Original MK4 Master) = Matrix Recording]
(Disc 1)
-1st set-
01. Opening 02. The Barricades Of Heaven 03. Something Fine 04. The Long Way Around 05. Leaving Winslow 06. These Days 07. Redneck Friend 08. Walls And Doors 09. I'm Alive 10. You Know The Night 11. For A Dancer

(Disc 2)
-2nd set-
01. Your Bright Baby Blues 02. Jamaica Say You Will 03. If I Could Be Anywhere 04. Late For The Sky 05. Which Side? 06. Standing In The Breach 07. Looking East 08. The Birds Of St. Marks 09. The Late Show 10. Doctor My Eyes 11. Running On Empty

(Disc 3)
1st Encore:
01. Take It Easy 02. Our Lady Of The Well 2nd Encore: 03. I Am A Patriot
Bonus Tracks;
◆Orchard Hall, Tokyo, Japan 11th March 2015
04. Looking Into You 05. Just Say Yeah 06. Sleep's Dark And Silent Gate 07. The Pretender
◆Orchard Hall, Tokyo, Japan 12th March 2015
08. Shaky Town 09. Fountain Of Sorrow 10. Rock Me On The Water 11. Call It A Loan 12. In The Shape Of A Heart 13. For A Rocker 14. Before The Deluge
◆Crosby, Stills & Nash with special guest Jackson Browne International Forum, Tokyo, Japan 5th March 2015
15. The Crow On The Cradle

◇Personnel; Jackson Browne (Vocals, Guitar, Piano) Greg Leisz (Pedal Steel, Guitar) Val McCallum (Guitar) Mauricio Lewak (Drums) Bob Glaub (Bass) Jeff Young (Keyboards) Chavonne Stewart (Chorus) Alethea Mills (Chorus)



ジャクソン・ブラウン
2015 Tokyo 2nd Night
XAVEL Hybrid Masters-048
AUD
3CD-R
\4,500
個数


ジャクソン・ブラウンの2015年来日ツアーより、オーチャードホールでおこなわれた東京3連日公演の中日、3/12のステージを驚愕の極上サウンドにて完全収録。
ジャクソンをはじめとした各メンバーがステージ上で使用する各々バランスの異なる複数のIEMソースと、XAVELレーベル・オリジナルの極上オーディエンス・ソース(MK4マスター)とを絶妙のバランスでステレオ・ミックスした新時代のマトリクス音源。分厚く暖かいMK4マスターのサウンド・キャラクターと、IEM音源のダイレクトかつ分離の素晴らしい音像の「良い所どり」という理想的なバランスで、ウェストコースト・サウンドの真髄とでもいうべきあのライブ・サウンドが甦ります。とにかくこの音質には、全てのファンの方が腰を抜かされるはずです!同時リリースの初日公演(「2015 Tokyo 1st Night」XAVEL HM-047)をも凌駕する本作のサウンド・クオリティは、もはや流出ステレオ・サウンドボードといわれても疑いを抱かない、それほどの完成度です。
最新アルバム『Standing In The Breach』を携えておこなわれた今回のツアーにおいては、同アルバム収録の新曲群と「孤独なランナー」「Take It Easy」といった説明不要のヒット曲の数々を軸にしつつ、随所にファンの要望に応えて日替わりのリクエスト曲が組み込まれるという、近年のジャクソンのライブの真骨頂というべき素晴らしいステージが毎夜繰り広げられました。(とりわけこの東京3公演では、近年演奏されることの無かった多くの楽曲が日替わりでサプライズ演奏されたため、往年のファンにとってはいずれの日も聴き逃せない内容といえるのではないでしょうか?)さて、3連日公演の中日にあたるこの日のライブ。前日から熱烈なリクエストを受けていた「The Late Show」、そしてセカンドアンコールでは「For A Rocker」が実に久しぶりに演奏されています。2度のアンコール演奏がおこなわれたセカンドセットは1時間40分、結果ディスク3枚の大熱演となりました。演奏の質・量ともに文句なし、お腹いっぱいの中日公演。翌日の東京最終公演では一体何が飛び出すのか?そのような期待を抱かずにはいられない近年稀に見る出色のライブを、このままオフィシャル・リリースも可能なレヴェルの完璧なサウンドでお楽しみ下さい!

◆Orchard Hall, Tokyo, Japan 12th March 2015 [Multiple IEM Sources + EX-Audience Source (Original MK4 Master) = Matrix Recording]
(Disc 1)
-1st set-
01. The Barricades Of Heaven 02. Something Fine 03. The Long Way Around 04. Leaving Winslow 05. The Late Show 06. Shaky Town 07. I'm Alive 08. You Know The Night 09. For A Dancer 10. Fountain Of Sorrow

(Disc 2)
-2nd set-
01. Your Bright Baby Blues 02. Rock Me On The Water 03. Call It A Loan 04. If I Could Be Anywhere 05. Which Side? 06. Standing In The Breach 07. Looking East 08. The Birds Of St. Marks

(Disc 3)
01. In The Shape Of A Heart 02. Doctor My Eyes 03. Running On Empty Encore #1: 04. Take It Easy 05. Our Lady Of The Well Encore #2: 06. For A Rocker 07. Before The Deluge

◇Personnel; Jackson Browne (Vocals, Guitar, Piano), Greg Leisz (Pedal Steel, Guitar), Val McCallum (Guitar), Mauricio Lewak (Drums), Bob Glaub (Bass), Jeff Young (Keyboards), Chavonne Stewart (Chorus) & Alethea Mills (Chorus)



ジャクソン・ブラウン
2015 Tokyo 1st Night
XAVEL Hybrid Masters-047
AUD
2CD-R
\4,500
個数


ジャクソン・ブラウンの2015年来日ツアーより、オーチャードホールでおこなわれた東京3連日公演の初日、3/11のステージを驚愕の極上サウンドにて完全収録。
ジャクソンをはじめとした各メンバーがステージ上で使用する各々バランスの異なる複数のIEMソースと、XAVELレーベル・オリジナルの極上オーディエンス・ソース(MK4マスター)とを絶妙のバランスでステレオ・ミックスした新時代のマトリクス音源。分厚く暖かいMK4マスターのサウンド・キャラクターと、IEM音源のダイレクトかつ分離の素晴らしい音像の「良い所どり」という理想的なバランスで、ウェストコースト・サウンドの真髄とでもいうべきあのライブ・サウンドが甦ります。とにかくこの音質には、全てのファンの方が腰を抜かされるはずです!2008年の『時の征者』を携えての来日、2010年のシェリル・クロウとの来日においても良質なオーディエンス音源をリリースしたXAVELレーベルですが、本作ではそれらとは全く別次元の圧倒的なサウンド・クオリティをご確認いただけます。
最新アルバム『Standing In The Breach』を携えておこなわれた今回のツアーにおいては、同アルバム収録の新曲群と「孤独なランナー」「Take It Easy」といった説明不要のヒット曲の数々を軸にしつつ、随所にファンの要望に応えて日替わりのリクエスト曲が組み込まれるという、近年のジャクソンのライブの真骨頂というべき素晴らしいステージが毎夜繰り広げられました。(とりわけこの東京3公演では、近年演奏されることの無かった多くの楽曲が日替わりでサプライズ演奏されたため、往年のファンにとってはいずれの日も聴き逃せない内容といえるのではないでしょうか?)さて、3連日公演の初日にあたるこの日のライブ。忘れもしない「3・11」に開催されたということもあり、“No Nukeの始祖”ジャクソンの静かなる気合いがひしひしと伝わってくる好演となっております。オリジナル・アルバムに忠実な流れで演奏された「暗涙」から「プリテンダー」への箇所には、多くのファンの方が涙されたことでしょう。セットリスト自体は今ツアーにおけるオーソドックスな内容ですが、「The Late Show」や「For The Rocker」「Late For The Sky」といった翌日以降のサプライズ・セットにつながる伏線が随所に見てとれるため、東京3連日公演を一つの物語として見た時、やはりこの初日公演も聴き逃すわけにはいかないでしょう!

◆Orchard Hall, Tokyo, Japan 11th March 2015 [Multiple IEM Sources + EX-Audience Source (Original MK4 Master) = Matrix Recording]
(Disc 1) -1st set-
01. The Barricades Of Heaven 02. Looking Into You 03. The Long Way Around 04. Leaving Winslow 05. These Days 06. Shaky Town 07. Just Say Yeah 08. I'm Alive 09. You Know The Night 10. For A Dancer -2nd set- 11. Your Bright Baby Blues 12. Rock Me On The Water

(Disc 2)
01. If I Could Be Anywhere 02. Which Side? 03. Standing In The Breach 04. Looking East 05. The Birds Of St. Marks 06. Doctor My Eyes 07. Sleep's Dark And Silent Gate 08. The Pretender 09. Running On Empty Encore: 10. Take It Easy 11. Our Lady Of The Well 12. Before The Deluge

◇Personnel; Jackson Browne (Vocals, Guitar, Piano), Greg Leisz (Pedal Steel, Guitar), Val McCallum (Guitar), Mauricio Lewak (Drums), Bob Glaub (Bass), Jeff Young (Keyboards), Chavonne Stewart (Chorus) & Alethea Mills (Chorus)



ジャクソン・ブラウン
Road To The West
SYLPH-1033
AUD+AUD-SHOT
3CD-R+1DVD-R
\6,200
個数


アメリカを代表するふたりのシンガーソングライターが奇跡の競演!!ジャクソン・ブラウン&シェリル・クロウの2010年カップリング・ジャパンツアーより、3月3日神戸公演と3月8日大阪公演を、共に文句無しの超高音質にて完全収録!!

リアルな音像は勿論の事ですが、臨場感も満点の極上音質です!! 2公演分の貴重なふたりの共演部分「Doctor My Eyes」「Peace, Love And Understanding」「Love Hurts」も全て収録してあります!!

さらにボーナスとして、大阪公演の模様をステージ正面よりズームの効いたカメラワークにて収録した高画質DVDが付属します!!「Rock Me On The Water」の途中からですが、貴重な共演部分も収録してありますので、これは嬉しい限りでしょう!!!

内容ですが、神戸公演は前回ツアー同様の軽快ナンバーで2連発でスタート!!「Rock Me On The Water」「In The Shape Of A Heart」、そしてリクエストにて登場した「Late For The Sky」「Rosie」をプレイしております!!続いて大阪では「These days」、久々の?「Somebody's Baby」、「Lives In The Balance」「Doctor My Eyes」「About My Imagination」、リクエストにて登場した「Rosie」、そしてシェリル・クロウ・バンド全員と「Take It Easy」を共演しています!!やや時間が短い事だけが残念ですが、息の合ったメンバーとのパフォーマンスもバッチリで、素晴らしい歌と演奏を聴かせてくれております!!

セットリストの違った2公演で、しかも感動がリアルに蘇るDVDも付属していますので、聴いて良し、観て良しのファン・マスト・アイテムに間違いなし!!ヴォリュームたっぷりな4枚組メモリアル・アイテムが登場です!!

Disc-One
Live At Kobe International Hall, Hyougo March 3rd 2010
1.Opening  2.Boulevard   3.Everywhere I Go  4.I'll Do Anything  5.Fountain Of Sorrow 6.Rock Me On The Water  7.Time The Conqueror  8.Off Of Wonderland  9.In The Shape Of A Heart 10.Giving That Heaven Away  11.Late For The Sky  12.Rosie  13.The Pretender 14.Runnin' On Empty

Disc-Two
Live At Osaka Grand Cube, Osaka March 8th 2010
1.Opening  2.Time The Conqueror  3.Off Of Wonderland  4.Rock Me On The Water 5.Fountain Of Sorrow  6.These days   7.Somebody's Baby   8.Rosie 9.Late For The Sky 10.Lives In The Balance  11.Doctor My Eyes >  12.About My Imagination 13.Giving That Heaven Away  14.Runnin' On Empty  15.Take It Easy(with Sheryl Crow Band)

Disc-Three
Special Set with Sheryl Crow Band
Live At Kobe International Hall, Hyougo March 3rd 2010
1.Doctor My Eyes  2.(What's So Funny 'Bout) Peace, Love And Understanding

Live At Osaka Grand Cube, Osaka March 8th 2010
3.Love Hurts  4.(What's So Funny 'Bout) Peace, Love And Understanding

-BONUS DVD-
Live At Osaka Grand Cube, Osaka March 8th 2010  Audience Shot
1.Rock Me On The Water(Fade In)  2.Fountain Of Sorrow  3.These days 4.Somebody's Baby   5.Rosie  6.Late For The Sky  7.Lives In The Balance 8.Doctor My Eyes >  9.About My Imagination  10.Giving That Heaven Away  11.Runnin' On Empty 12.Take It Easy(with Sheryl Crow Band)  13.Love Hurts(with Sheryl Crow Band) 14.(What's So Funny 'Bout) Peace, Love And Understanding(with Sheryl Crow Band)

JACKSON BROWNE(vo.g.p)
KEVIN MCCORMICK (b)
MARK GOLDENBERG (g)
MAURICIO LEWAK (ds)
ALETHEA MILLS (vo)
CHAVONNE MORRIS (vo)
JEFF YOUNG (key)



ジャクソン・ブラウン&シェリル・クロウ
One Night In Osaka
Grun Zund Music-019
AUD
3CD-R
\5,200
個数


2010年3/8、グランキューブ大阪でおこなわれたジャクソン・ブラウン&シェリル・クロウのジョイント・ライブを、超高音質のオーディエンス録音にて完全収録。

第1部ジャクソン・ブラウン・バンドのアンコール「Take It Easy」でシェリル・クロウ・バンドが客演、第2部シェリル・クロウ・バンドの中間部「Love Hurts」「Peace, Love, & Understanding」でジャクソン・ブラウンがゲスト参加した大阪公演、その全てを当日の演奏曲順そのままに完全収録しています。

同時発売の神戸公演と同様に、ヴォーカルが最前面に押し出た分厚い極上サウンドでライブ全編を収録しているので、当日会場に足を運ばれたファンの方はもちろん、惜しくも見逃してしまったファンの方にも自信を持ってオススメ出来るメモリアル・アイテムです!

◆Grand Cube Osaka, Osaka, Japan 8th March 2010

Jackson Browne set;
<Disc 1>
01. Time The Conqueror 02. Off Of Wonderland 03. Rock Me On The Water 04. Fountain Of Sorrow 05. These Days 06. Somebody's Baby 07. Rosie 08. Late For The Sky 09. Lives In The Balance 10. Doctor My Eyes 11. About My Imagination 12. Giving That Heaven Away 13. Running On Empty 14. Take It Easy * (* with Sheryl Crow and her band)

◇Jackson Browne band;
Jackson Browne (vocal, guitar, keyboards), Kevin McCormick (bass), Mark Goldenberg (guitar), Mauricio Lewak (drums), Alethea Mills (vocal), Chavonne Stewart (vocal), & Jeff Young (keyboards)

Sheryl Crow set;
<Disc 2>
01. If It Makes You Happy 02. Can't Cry Anymore (incl. I Can See Clearly Now) 03. Love Is Free 04. My Favorite Mistake 05. It's Only Love 06. Strong Enough 07. Detours 08. Love Hurts ** 09. (What's So Funny 'Bout) Peace, Love, And Understanding ** (** with Jackson Browne)

<Disc 3>
01. Real Gone 02. There Goes The Neighborhood 03. Good Is Good 04. All I Wanna Do 05. Soak Up The Sun 06. Out OF Our Heads encore; 07. A Change Would Do You Good 08. Everyday Is A Winding Road

◇Sheryl Crow band;
Sheryl Crow (vocal, guitar, bass), Timothy Smith (bass, guitar), Peter Stroud (guitar), Michael Rowe (keyboards, bass, percussion), Jeremy Stacey (drums, percussion), Stephanie Alexander (backing vocal), & Nayanna Holley (backing vocal)



ジャクソン・ブラウン&シェリル・クロウ
One Night In Kobe
Grun Zund Music-019
AUD
3CD-R
\5,200
個数


2010年3/3、神戸国際会館でおこなわれたジャクソン・ブラウン&シェリル・クロウのジョイント・ライブを、超高音質のオーディエンス録音にて完全収録。

前日におこなわれた東京国際フォーラムでのライブ同様、ジャクソン・ブラウン・バンドのセットで幕を開け、第2部シェリル・クロウ・バンドのアンコール・パートでジャクソン・ブラウンがゲスト参加するという構成でおこなわれた一夜限りの神戸公演、その全てを当日の演奏曲順そのままに完全収録しています。

音質に関しても非常に素晴らしく、両バンドのサウンドの肝であるヴォーカルが最前面に押し出た分厚い極上サウンドでライブ全編を収録しているので、当日会場に足を運ばれたファンの方はもちろん、惜しくも見逃してしまったファンの方にも自信を持ってオススメ出来るメモリアル・アイテムです!

◆Kobe Kokusai Kaikan, Hyogo, Japan 3rd March 2010

Jackson Browne set;
<Disc 1>
01. Boulevard 02. Everywhere I Go 03. I'll Do Anything 04. Fountain Of Sorrow 05. Rock Me On The Water 06. Time The Conqueror 07. Off Of Wonderland 08. In The Shape Of A Heart 09. Giving That Heaven Away 10. Late For The Sky 11. Rosie 12. The Pretender 13. Running On Empty

◇Jackson Browne band;
Jackson Browne (vocal, guitar, keyboards), Kevin McCormick (bass), Mark Goldenberg (guitar), Mauricio Lewak (drums), Alethea Mills (vocal), Chavonne Stewart (vocal), & Jeff Young (keyboards)

Sheryl Crow set;
<Disc 2>
01. A Change Would Do You Good 02. Love Is Free 03. Leaving Las Vegas 04. Strong Enough 05. Can't Cry Anymore 06. My Favorite Mistake 07. The First Cut Is The Deepest 08. Detours 09. Here Come The Sun

<Disc 3>
01. Home 02. There Goes The Neighborhood 03. If It Makes You Happy 04. Out Of Our Heads 05. Soak Up The Sun 06. Everyday Is A Winding Road encore; 07. Doctor My Eyes * 08. (What's So Funny 'Bout) Peace, Love, And Understanding * (* with Jackson Browne)

◇Sheryl Crow band;
Sheryl Crow (vocal, guitar, bass), Timothy Smith (bass, guitar), Peter Stroud (guitar), Michael Rowe (keyboards, bass), Jeremy Stacey (drums), Stephanie Alexander (backing vocal), & Nayanna Holley (backing vocal)



ジャクソン・ブラウン
2 Shows In The Forum
XAVEL-066/067
AUD
4CD-R
\6,000
個数


Sheryl Crowとのカップリング・ツアーということで話題となった2010年来日公演より、封切り公演となった3/2の東京国際フォーラムでのライブと、全国各地を巡り再び東京へと戻ってきた3/11同所でのライブを、ともに極上音質のオーディエンス録音にて完全収録。「Dance All Sorrow Away」(XAVEL-066)と「Tokyo Say You Will」(XAVEL-067)をカップリング収録したお買い得なアイテムです。XAVELレーベルならではといえる素晴らしいサウンド・クオリティ、セット進行もガラリと変わっているので、両公演ともに必聴でしょう!

◆International Forum, Tokyo, Japan 2nd March 2010
<Disc 1>
01. opening 02. Off Of Wonderland 03. I'll Do Anything 04. Fountain Of Sorrow 05. Time The Conqueror 06. In The Shape Of A Heart 07. Too Many Angels 08. Giving That Heaven Away

<Disc 2>
01. About My Imagination 02. Lives In The Balance 03. For A Dancer 04. The Pretender 05. Running On Empty [Sheryl Crow band with Jackson Browne] 06. Doctor My Eyes 07. (What's So Funny 'Bout) Peace, Love, And Understanding

◆International Forum, Tokyo, Japan 11th March 2010
<Disc 1>
01. opening 02. Time The Conqueror 03. Everywhere I Go 04. Rock Me On The Water 05. Fountain Of Sorrow 06. These Days 07. Jamaica Say You Will 08. Somebody's Baby 09. Late For The Sky

<Disc 2>
01. Lives In The Balance 02. Doctor My Eyes 03. About My Imagination 04. The Pretender 05. Running On Empty 06. Take It Easy (with Sheryl Crow & her band) [Sheryl Crow band with Jackson Browne] 07. Love Hurts 08. (What's So Funny 'Bout) Peace, Love, And Understanding

◇Jackson Browne band;
Jackson Browne (vocal, guitar, keyboards), Kevin McCormick (bass), Mark Goldenberg (guitar), Mauricio Lewak (drums), Alethea Mills (vocal), Chavonne Stewart (vocal), & Jeff Young (keyboards)



ジャクソン・ブラウン
Tokyo Say You Will
XAVEL-067
AUD
2CD-R
\3,800
個数


2010年3/11、東京国際フォーラムでおこなわれたJackson Browneのライブを極上音質のオーディエンス録音にて完全収録。

Sheryl Crowとのカップリング・ツアーということで話題となった本ツアー、その東京2公演目のステージを、XAVELレーベル・オリジナルの高品質なオーディエンス・マスターに24bitデジタル・リマスタリングを施して収録した素晴らしいクオリティのアイテムです。カップリング・ツアーということもあり、通常のセットと比べるとやや短めとなっている点は残念ですが、ファンの熱烈なアンコールに応えて急遽セットインとなった「Jamaica Say You Will」、Jackson BrowneバンドにSheryl Crowバンド全員が加わって演奏された「Take It Easy」、Sheryl Crowバンドの中間部セットにJackson Browneが加わって演奏された「Love Hurts」「(What’s So Funny ‘Bout) Peace, Love, And Understanding」等、とても充実した内容となっています。

3/2東京国際フォーラム公演をカップリング収録したお買い得なアイテム「2 Shows In The Forum」(XAVEL-066/067)も同時発売中です。

◆International Forum, Tokyo, Japan 11th March 2010
<Disc 1>
01. opening 02. Time The Conqueror 03. Everywhere I Go 04. Rock Me On The Water 05. Fountain Of Sorrow 06. These Days 07. Jamaica Say You Will 08. Somebody's Baby 09. Late For The Sky

<Disc 2>
01. Lives In The Balance 02. Doctor My Eyes 03. About My Imagination 04. The Pretender 05. Running On Empty 06. Take It Easy (with Sheryl Crow & her band) [Sheryl Crow band with Jackson Browne] 07. Love Hurts 08. (What's So Funny 'Bout) Peace, Love, And Understanding

◇Jackson Browne band;
Jackson Browne (vocal, guitar, keyboards), Kevin McCormick (bass), Mark Goldenberg (guitar), Mauricio Lewak (drums), Alethea Mills (vocal), Chavonne Stewart (vocal), & Jeff Young (keyboards)



ジャクソン・ブラウン
Dance All Sorrow Away
XAVEL-066
AUD
2CD-R
\3,800
個数


2010年3/2、東京国際フォーラムでおこなわれたJackson Browneのライブを極上音質のオーディエンス録音にて完全収録。

Sheryl Crowとのカップリング・ツアーということで話題となった本ツアー初日のステージを、XAVELレーベル・オリジナルの高品質なオーディエンス・マスターに24bitデジタル・リマスタリングを施して収録した素晴らしいクオリティのアイテムです。カップリング・ツアーということもあり、通常のセットと比べるとやや短めとなっている点は残念ですが、Sheryl Crowバンドのアンコール・パートにJackson Browneが客演という形で実現した「Doctor My Eyes」「(What’s So Funny ‘Bout) Peace, Love, And Understanding」の共演等、とても充実した内容となっています。

3/11東京国際フォーラム公演をカップリング収録したお買い得なアイテム「2 Shows In The Forum」(XAVEL-066/067)も同時発売中です。

◆International Forum, Tokyo, Japan 2nd March 2010
<Disc 1>
01. opening 02. Off Of Wonderland 03. I'll Do Anything 04. Fountain Of Sorrow 05. Time The Conqueror 06. In The Shape Of A Heart 07. Too Many Angels 08. Giving That Heaven Away

<Disc 2>
01. About My Imagination 02. Lives In The Balance 03. For A Dancer 04. The Pretender 05. Running On Empty [Sheryl Crow band with Jackson Browne] 06. Doctor My Eyes 07. (What's So Funny 'Bout) Peace, Love, And Understanding

◇Jackson Browne band;
Jackson Browne (vocal, guitar, keyboards), Kevin McCormick (bass), Mark Goldenberg (guitar), Mauricio Lewak (drums), Alethea Mills (vocal), Chavonne Stewart (vocal), & Jeff Young (keyboards)



ジャクソン・ブラウン
Here Comes Those Tunes Again…
XAVEL-012
AUD
2CD-R
\3,800
個数


2008年11/22、昭和女子大人見記念講堂でおこなわれたJackson Browneのステージを、高音質オーディエンス録音にて完全収録。

6年ぶりとなるオリジナル・アルバム『時の征者』からの楽曲と、往年の名曲を絶妙に交えた珠玉のライブを、臨場感満点のオーディエンス録音にてお楽しみいただけます。和やかな雰囲気の中進行していったこの日のステージ、オーディエンスの声援にて応えて急遽セットを組み替えて「Rock Me On The Water」をプレイ、「Running On Empty」からは客席も総立ちになり会場前方に押し寄せる等、非常な盛り上がりを見せました。ヴォーカルが前面に出たバランスの良い音質となっておりオススメです。

◆Hitomi Memorial Hall, Tokyo, Japan, 22nd November 2008
<Disc 1> -1st set-
1. intro 2. Boulevard 3. Barricades Of Heaven 4. Everywhere I Go 5. Fountain Of Sorrow 6. band introduction 7. Time The Conqueror 8. Off Of Wonderland 9. Live Nude Cabaret 10. Culver Moon 11. Giving That Heaven Away 12. Doctor My Eyes 13. About My Imagination

-2nd set-
14. Somethimg Fine

<Disc 2>
1. These Days 2. For Taking The Trouble 3. Lives In The Balance 4. Going DownTto Cuba 5. Just Say Yeah 6. The Drums Of War 7. Far From The Arms Of Hunger 8. Rock Me On The Water 9. The Pretender 10. Running On Empty
-encore-
11. The Load Out 12. Stay 13. I Am A Patriot 14. outro



ジャクソン・ブラウン
&デヴィッド・リンドレー
Philadelphia Folk Festival 2006
Dead Flowers DVD-035
114min. Pro-shot
1DVD-R
\3,000
個数


2006年8/19、ペンシルバニアで開催された”Philadelphia Folk Festival”に出演したJackson BrowneとDavid Lindleyのアコースティック・ライブを、2時間近くに亘りオフィシャル級の高画質プロショットにて収録。

ギターとキーボード、そして全く衰えを見せない歌声で大観衆を魅了するJackson Browne。目まぐるしく楽器を持ち替え、弦楽器のスペシャリストぶりを存分にアピールするDavid Lindley。長年の盟友二人によるステージはアコースティック・デュオの最高峰とも言うべき珠玉の名演となっており、ファンであれば画面に釘付けのまま2時間があっという間に経過してしまうこと請け合いです!

◆"Philadelphia Folk Festival 2006", Old Pool Farm, Schwenksville, PA, USA, 19th August 2006
01. I'm Alive 02. Call It A Loan 03. Too Many Angels 04. Pretender 05. The Crow On The Cradle 06. Live In The Balance 07. For Everyman 08. Mercury Blues 09. El Rayo X 10. These Days 11. Your Bright Baby Blues 12. Barricades Of Heaven 13. Late For The Sky 14. For A Dancer 15. Take It Easy 16. Running On Empty



ジャクソン・ブラウン
SILENCE REPLIED
SYLPH-0598
AUD
2CD-R
\6,140
個数


ファン待望のソロ・アコースティックライヴが実現したジャクソンブラウンの2004年ジャパンツアーより、4月23日東京公演(2日目)をフロントローより迫力&臨場感満点の超高音質完全収録!!(ファンからのリクエスト攻撃などもリアルに収録していますので、あたかも会場にいるようです)

あらかじめのセットリストは決まっておらず、毎公演ちがった面白さを堪能できるソロツアー!!まず、この日の目玉として、この日のみ「I'M THE CAT」を披露。「ROSE」ではピアノをミスって失笑する一幕もあります。大阪初日とお同じく、第一部から結構なリクエスト攻撃で会場も盛り上がっております!!(「青春の日々」と日本語でリクエストするファンもいれば、「HOLD ON ・HOLD OUT」をリクエストしてジャクソンに鼻で笑われるファンもいたりして笑えます)セットリストが大きく違っており、しかもパフォーマンスも最高!!各公演それぞれ違うので、ホント聴き応え満点です!!行った人には堪らないメモリアル!!ファンなら必聴間違いなし!!

Disc-One Set:1
1.The Night Inside Me 2.These Days 3.For A Dancer(Piano) 4.Mohammed's Radio(Piano) 5.Sky Blue And Black(Piano) 6.Call It A Loan 7.Looking East 8.Rosie(Piano) 9.Looking Into You(Piano) 10.Before The Deluge(Piano) 11.Linda Paloma 12.Take It Easy

Disc-Two Set:2
1.For Everyman 2.I Thought I Was A Child(Piano) 3.Fountain Of Sorrow(Piano) 4.Barricades Of Heaven 5.Your Bright Baby Blues 6.I'm The Cat 7.I'm Alive 8.Love Needs A Heart(Piano) 9.Alive In The World(Piano) 10.The Pretender(Piano) 11.Running On Empty
Encore:1
12.Late For The Sky(Piano)
Encore:2
13.For America14.I Am A Patriot



ジャクソン・ブラウン
HIGHWAY WHISPER
SYLPH-0597
AUD
2CD-R
\6,140
個数


ファン待望のソロ・アコースティックライヴが実現したジャクソンブラウンの2004年ジャパンツアーより、4月27日大阪公演(初日)を臨場感も満点の超高音質完全収録!!(ファンからのリクエスト攻撃などもリアルに収録していますので、あたかも会場にいるようです)

ライヴは2部構成で、あらかじめセットリストは決まっておらず、ジャクソンがその時々でプレイするナンバーを決めていくパフォーマンス。リクエストによっては何が演る分らないだけに、ファンとのやりとりを始め、毎公演ちがった面白さを堪能できるソロツアー!!

まず、この日の目玉としては、やはり大阪....第一部からリクエストしまくりで、ジャクソンも楽しんでいるようですが、少々コマッテル感も否めないっす...苦笑。(大阪人として一言。もう少し加減というものを知りましょうー。めっちゃジャクソン無視してるところあるし...苦笑)でも、そのおかげで、この日しか聴けなかったナンバーが4曲!!まず「The Road And the Sky」。「長いこと演ってないなー」と言い、始めのギターイントロを練習して思い出してます。途中で歌詞も思い出せず鼻歌でごまかし会場は笑モードです。(「Alive In The World」「「Poor Poor」での歌詞忘れてごまかしてます...笑..しかし、忘れてる方が楽しくてが盛り上がりますねー)驚きでは封印していた「Cocain」を披露!!途中の歌詞を変えて歌いました!!

そしてアルバム「Running On Empty」より又々出ました、「Shaky Town」!!更には、ジャクソンがアルバムをプロデュースでも知られるお気に入りウォーレン・ゼボンのナンバー2連発!!(「Poor Poorー」はこの日のみ)が、しかし悲しいハプニング発生....。Dリンドレーの「Call It A Loan」で酔っ払いオヤジの奇声にキレたジャクソン!!演奏をストップっしてしまいました....残念....。(第一部では、まだ大人しかった酔っ払いオヤジですが、徐々に調子こいていった為の大失態。ジャクソンもそれまでは、なんかコイツ邪魔やな~位で軽くあしらってますが、この時は、も~ガマンならん!!ってな気分だったんでしょうね~もう少しだったんですがねー...苦笑。大阪人として一言。明らかに雰囲気壊すような奇声あげてんのに、周りのファンは注意くらいせいちゅうの。ライヴ中の一人ハッピー酔っ払いオヤジなんか、ちょっと怒ってやったら直ぐ大人しくなるのに....あ~情けない.....)

が、しかしです!!トータル全30曲、2時間30分のパフォーマンスは聴き応え満点!!ファンの盛り上がりが素晴らしく、ジャクソンも「やっぱり大阪は違うね~」みたいに喜んでおります!!アットホームな雰囲気は恐らく時間も忘れる位だったのでしょう。アンコールでは惜しむかのごとく響く?「The Pritender」1曲で時間切れとなりました。パフォーマンスも含め、ある意味「濃い濃い」大阪初日です!!ファンならこれは聴くべし!!「Rosie」「Load Out-Stay」は他公演アイテムでお楽しみ下さーい!!

尚「Father On」で一瞬、小さなデジタル・ノイズが入りますがマスターからによるものです。

Disc-One Set:1
1.The Barricades Of Heaven2.Looking Into You(Piano) 3.The Road And The Sky4.For America 5.Here Comes Those Tears Again6.Alive In The World(Piano) 7.Somebody's Baby(Piano)8.These Days 9.Late For The Sky(Piano)10.I'm ALive 11.The Crow On The Cradle12.Cocaine 13.Too Many Angels 14.Running On Empty

Disc-Two Set:2
1.For Everyman 2.Jamaica Say You Will(Piano)3.Farther On(Piano) 4.Sleep's Dark And Silent Gate(Piano)5.Your Bright Baby Blues 6.Linda Paloma7.Before The Deluge(Piano) 8.Doctor My Eyes9.Shaky Town10.Poor Poor Pitiful Me (Warren Zevon's song)11.Mohammed's Radio(Warren Zevon's song)(Piano)12.Sky Blue And Black(Piano)13.Call It A Loan(was interrupted and changed)14.My Stunning Mystery Companion15.Take It Easy
Encore:
16.The Pretender(Piano)



ジャクソン・ブラウン
EMBATTLED ILLUSIONS
SYLPH-0599
AUD
2CD-R
\6,140
個数


大好評を博した「ジャクソン・ブラウン」のソロ・アコースティック2004年ジャパンツアーより、4月30日名古屋公演(ツアー最終日)をフロントローより迫力満点のかなりの高音質完全収録!!(ファンからのリクエスト攻撃などもリアルに収録していますので、あたかも会場にいるようです)

あらかじめのセットリストは決まっておらず、毎公演ちがった面白さを堪能できるソロツアー!!まず、この日の目玉として、この日のみ「ACROSS THE BORDER LINE」「HASTEN DOWN THE WIND」、そしてジャパンツアーのラストは「ALL GOOD THINGS」で幕を閉じています。この日は程よいリクエストで安心です!!(笑)これ又セットリストが大きく違っており、やはり最終日だけに聴き所満載!!(歌詞忘れなどの細かいところは省略させていただきます)行った人には堪らないメモリアル!!ファンなら必聴間違いなし!!

Disc-OneSet:1
1.I'm ALive2.The Barricades Of Heaven3.These Days4.Across The Border Line 5.Hasten Down The Wind(Warren Zevon's song)(Piano)6.The Naked Ride Home7.Something Fine8.Take It Easy9.Our Lady Of The Well10.Jamaica Say You Will(Piano)11.My Stunning Mystery Companion12.In The Shape Of A Heart13.The Pretender(Piano)

Disc-TwoSet:2
1.Rosie(Piano)2.Mohammed's Radio(Warren Zevon's song)(Piano)3.Love Needs A Heart(Piano)4.Alive In The World(Piano)5.Somebody's Baby(Piano)6.Song For Adam7.Late For The Sky(Piano)8.Looking East9.For Everyman10.Running On Empty
Encore:
11.Lives In The Balance12.For America13.All Good Things



ジャクソン・ブラウン
NIGHT IN MY EYES
SYLPH-0193
AUD
2CD-R
\6,140
個数


アルバム「The Naked Ride Home」を引っ提げての2003年ジャパンツアーより、ツアー初日となった大阪公演を文句無しの超高音質にて完全収録!!しかも素晴らしいパフォーマンスと大阪ファンの盛り上がりを、鳥肌もの臨場感満点に収録した最高級のアイテム!!(ファンなら、これを聴いて感動しない訳ないっす!!)

ライヴは2部構成になっており、一部は新譜のナンバーが中心に披露され、2部は往年の名曲の数々をタップリ披露しています!!セットリストが代わるだけに、聴きどころも満載な今ツアー!!この日は、なんと!リクエストに応え「ROSIE」をプレイ!!メンバーがコーラスで参加し、素晴らしテイクで観客も大喝采!!アンコールでの「The Load Out」でのセリフで「次は京都」と歌ってしまい、間違いに気付き「広島」と訂正しています(笑)さらに、もちろん大阪ではお約束?「まいど!」連発でっす!!(笑)etc....。バンドメンバーも、それぞれ見せ場があり、終始飽きさせません!!驚きは、2部でのバンドとファンとの一体感が素晴らしく、ラストでジャクソンが「アンビリーバブル!!!」言ってしまう程です!!(いいぞ!大阪ファン!)又、常に反戦や平和のメッセージを歌い続けてきた彼だけに、イラク戦争の事なども曲間でMCし、ファンも拍手喝采で応えています!!至福の2時間20分!!シルフならではの、音質と臨場感を兼ね備えた、感動と興奮をたっぷり楽しめる最高級アイテム!!!ファンなら絶対に必聴と断言です!!オフィシャル&SBぶっ飛びの逸品で、マジ聴かなきゃ損です!!

(レヴュー)2003年、5年ぶりに実現した来日公演から4月28日(月)の大阪フェスティヴァル・ホール公演と5月3日(土)の中野サンプラザ公演がリリースされた。日本公演物では音質に定評のあるレーベルからのリリースだけあって高音質オーディエンス録音にて収録されている。今回の来日公演は2部構成となっており、しかも5月3日の中野サンプラザ公演を収録した『Night Inside Me』に至っては3枚組というヴォリュームだ。最新作『The Naked Ride Home』を引っ提げての来日ではあるものの、やはり1970年代の楽曲になると一段と大きな拍手で迎えられているのは事実であり、それはこの2公演でも克明に記録されている。長年にわたりジャクソン・ブラウンを支持しているファンがこの日本においても多数存在していることも証明されており、公演当日に足を運んだファンにとっては記念碑的アイテムとなるであろう。

The Night Inside Me/Fountain Of Sorrow/The Barricades Of Heaven/Casino Nation/Till I Go Down/Black And White/Lives In The Balance/These Days/The Naked Ride Home/My Stunning Mystery Companion/About My Imagination/In The Shape Of A Heart/For Taking The Trouble/Rosie(Audiense's Request)/Late For The Sky/A Child In These Hills/Never Stop/Culver Moon/Sleep's Dark and Silent Gate/The Pretender/Running On Empty/The Load Out-Stay/Doctor My Eyes



ジャクソン・ブラウン
NIGHT INSIDE ME
SYLPH-0194
AUD
3CD-R
\6,470
個数


「ジャクソン・ブラウン」の2003年ジャパンツアーより、5月3日東京公演を超高音質にて完全収録!!ライヴ感&臨場感満点に収録した最高級のアイテム!!(ファンなら、これを聴いて感動しない訳ないっす!!)

セットリストが代わるだけに、聴きどころも満載な今ツアー!!この日は、リクエストに応え「ROSIE」「Late For The Sky」をプレイ!!(最初からセットリストにあったかも?笑。既発の大阪と比べると新旧のナンバーがバランス良く披露されています!!この日は一部が65分、2部がなんと95分のタップリ2時間40分に渡る白熱のパフォーマンスとなり、今ツアーで最も評判の公演をなりました!!ライヴの流れを損なわない為、ノンカット3CDでのリリース!!(休憩タイムと終演アナウンスは、もちろんカットしています)シルフならではの、音質と臨場感を兼ね備えた、感動と興奮をたっぷり楽しめる最高級アイテム!!!ファンなら絶対に必聴と断言です!!

The Night Inside Me/Fountain Of Sorrow/The Barricades Of Heaven/Casino Nation/Rock Me On The Water/Looking Into You/These Days/The Naked Ride Home/Something Fine/My Stunning Mystery Companion/About My Imagination/In The Shape Of A Heart/For Taking The Trouble/Lives In The Balance/Sky Blue and Black/Rosie(Audiense's Request)/For A Dancer/Child In These Hills/Culver Moon/Late For The Sky(Audiense's Request)/The Pretender/Running On Empty/The Load Out-Stay/For Everyman/Doctor My Eyes



ジャクソン・ブラウン
The Lost Sessions 9899
Dead Flowers-022
SBD
1CD-R
\3,000
個数


Jackson Browneの98~99年におこなわれた未発表ソロ・ライブ集、全編オフィシャル級の極上クオリティによる収録となっており、内容のレアさから言っても迷わず押さえていただきたいマスト・アイテムです。

まず1998年の『The Next Voice You Hear』日本ツアー中におこなわれたFMスタジオにおける未発表ソロ・ライブより8曲を収録。ジャクソンの息遣いから繊細なギター弦の揺れ、あるいはピアノ・タッチまでをとてつもなくクリアな音質で収録した驚愕のサウンド・クオリティ、あまりにも完璧すぎる内容となっています。

続いて翌99年3/25にスペインの放送局で招待客の前でおこなわれたアコースティック・ライブから5曲を収録、こちらも素晴しい音質のステレオ・サウンドボード録音による収録です。

そして最後に、99年8/15のロスのFMスタジオにおけるライブより、「Man of Constant Sorrow」の歴史的初パフォーマンスをステレオ・サウンドボード収録。翌2000年にアイルランドのアコーディオン奏者Sharon Shannonと公式に録音することとなるこの名曲、アコギ1本によるアレンジの本テイクは是非とも聴いていただきたい珠玉の名演です。

◆FM studio acoustic solo live during "The Next Voice You Hear" Japan Tour 1998
01. The Barricades Of Heaven 02. The Next Voice You Hear 03. I'm Alive 04. The Pretender 05. For Everyman 06. The Barricades Of Heaven 07. The Pretender 08. World In Motion

◆Acoustic session for Spanish TV before invited audience, Madrid, Spain, 25th March 1999
09. I'm Alive 10. In The Shape Of A Heart 11. Alive In The World 12. World In Motion 13. Take It Easy

◆First-ever performance of an unreleased song, KPFK FM, Los Angels, CA, 15th Augusut 1999
14. Man Of Constant Sorrow



ジャクソン・ブラウン
For Everything In Motion
Dead Flowers-021
SBD+AUD
2CD-R
\3,800
個数


1989年『World In Motion』リリースに伴うツアーより、その決定版と断言出来る至高のマスト・アイテムが入荷。

まずDisc 1には8/25にカリフォルニアのMountain Viewにおけるライブを、ステレオ・サウンドボード・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。「For America」で幕を開ける疾走感満点のステージ、この日のステージには盟友David Lindleyも参加しており、完璧すぎるほどの音質でステージの全貌を伝えてくれる本テイクは正に必聴と断言します。

続いてDisc 2の前半には、同89年のサンフランシスコにおけるステージより、「Take It Easy」等5曲の演奏を、こちらも完璧な音質のステレオ・サウンドボード録音にて収録。

最後にDisc 2の後半には、日本公演中におこなわれた東京でのシークレット・ギグを、高音質オーディエンス収録。世界が混沌とした状況下にあった80年代末、ジャクソンが世に放った“World In Motion”という強いメッセージは、今改めて聴いても十分すぎるほど胸に響くはずです。

<Disc 1>
◆Shoreline Amphitheater, Mountain View, CA, 25th August 1989
[stereo soundboard master]
01. For America 02. Tender Is The Night 03. Enough Of The Night 04. Chasing You Into The Light 05. For Everyman 06. World In Motion 07. Anything Can Happen 08. For A Dancer 09. Cocaine 10. How Long 11. Lawless Avenues 12. The Word Justice 13. Running On Empty 14. When The Stone Begins To Turn

<Disc 2>
◆"BBC Live Classic Tracks" Recorded in San Francisco 1989
(broadcasted on 23rd June 1997)
[stereo soundboard master]
01. In The Shape Of A Night 02. Take It Easy / Our Lady Of The Well 03. For Everyman 04. Late For The Sky 05. For A Rocker

◆The Secret Live on Japan Tour "World In Motion" Terada Warehaouse, Tokyo, 30th September 1989
[stereo audience master]
06. For Everyman 07. Waterloo Sunset 08. Take It Easy 09. Our Lady Of The Well 10. Long Distance Love 11. Late For The Sky 12. Rosie 13. Before The Deluge 14. I Am A Patriot 15. When The Stone Begins To Turn 16. Running On Empty 17. The Pretender

◇Personnel;
Jackson Browne (vo, p, g)
Debra Dobkin (per, vo)
Scott Thurston (key, g, vo)
Michael Jochum (dr)
Bob Glaub (b)
Kevin Dukes (g, vo)
Doug Haywood (sax, key, vo, g)
David Lindley (g, fdl)

*Disc 2; Jackson solo



ジャクソン・ブラウン
Perfect Balance
DF-DVD-002
95min. Pro-shot
1DVD-R
\3,200
個数


1986年、2年間の充電期間を経てアルバム『Lives In The Balance』をリリース、精力的なツアーを開始したJackson Browneのライブ映像が極上クオリティで登場!

1986年3/15、"Lives In The Balanceツアー"の幕開けとなったドイツはエッセンでおこなわれたステージを、95分に亘り収録しています。長らくこの日を待ちわびた観客の盛り上がりぶりは凄まじく、ジャクソンも久しぶりのライブパフォーマンスを楽しむかのように終始ご機嫌です。前作『Lawyers In Love』のツアーとはバンドメンバーの顔ぶれもがらりと変わっており、70~80年代の珠玉の名曲の数々に新鮮な彩りを添えています。アナログビデオ時代から定番の映像なので、既にこの日のステージを目にしたことのあるファンの方も多いと思いますが、放送用マスターを映像・音声別々にデジタル・リマスタリングした本タイトルは、既発のあらゆるタイトルを全て不要にしてしまう完全に別格の圧倒的なクオリティで、正に最終決定版と呼ぶに相応しい仕上がりとなっています。

◆"Rockpalast", Grugahalle, Essen, Germany, 15th March 1986
01.Boulevard 02.Tender is the Night 03.In The Shape of a Heart 04.Candy 05.Downtown 06.For Everyman 07.Lawyers in Love 08.Soldiers of Plenty 09.Black and White 10.Late for the Sky 11.Lives in the Balance 12.Lawless Avenues 13.For America 14.The Pretender 15.Running on Empty 16.Doctor my Eyes 17.For a Rocker



ジャクソン・ブラウン
TAKE IT EASY BABY
CZ0009
AUD
2CD-R
\6,140
個数


80年「HOLD ON」ツアーより、11月11日大阪府立体育館公演が、バランスの良い、かなりの高音質にてほぼ完全収録!!初音源・初登場!!

初めて”I LOVE YOU”のフレーズを口にしたことは有名ですが、この時は”愛してる”と日本語で唄い、もちろん観客は大盛り上がりです!!、本当に感動的です!!「孤独なランナー」を始め名曲の数々は聞き応え満点で、20年前のあの感動と興奮を臨場感タップリにお届けします。尚、ラストの「Take It Easy」は11月13日の大阪フェスでのテイクを収録してあります。

The Fuse/Your Bright Baby Blues/Here Come Those Tears Again/Fountain Of Sorrow/For Everyman/Call It A Loan Of Missing Persons/Walking Slow/Before The Deluge/Disco Apocalypse/That Girl Could Sing/Hold Out/Boulevard/Doctor My Eyes/The Late Show/Running On Empty/Sleeps Dark And Silent Gate/The Pretender/Hold On Hold Out/The Load Out-Stay/Take It Easy



ジャクソン・ブラウン
Live Emptiness
DF-DVD-012
56min. Pro-shot
1DVD-R
\3,000
個数


驚異的なヒットを記録した『Running On Empty』を携えておこなわれた1978年のツアーより、ロンドンのShepherd's Bush Theatreでおこなわれたライブが極上プロショットで登場!

BBC放送前のマスターをダイレクトに収録したファン驚愕の内容で、映像・音声ともに完璧なクオリティの逸品です。鬼才David Lindley、Russel Kunkel、Danny Kortchmarらの盟友と作り上げたライブアルバム『Running On Empty』。アルバム録音の翌年におこなわれたこのツアーでは、Russel Kunkelの代役をJim Gordonが務めていますが、それも今となっては却って貴重なものといえるでしょう。何よりもこの時期のジャクソンのライブを映像で、それもマスタークオリティの高画質で楽しめるとあってはファンにとっては見逃せないはずです!

Jackson Browne (guitars, piano, lead vocals)
David Lindley (guitars, fiddle, backing vocals)
Craig Doerge (keyboards)
Bob Glaub (bass)
Jim Gordon (drums)
Rosemary Butler (backing vocals)
Doug Haywood (backing vocals)

◆BBC Television Centre, Shepherd's Bush Theatre, London, 1978
01.The Fuse 02.Here Come Those Tears Again 03.Rock Me On The Water 04.Cocaine 05.Rosie 06.Doctor My Eyes 07.These Days 08.Running On Empty 09.Love Needs A Heart 10.Nothing But Time 11.The Load Out 12.Stay 13.final thanks & crowd



ジャクソン・ブラウン
Road Runner
Dead Flowers-019
SBD
2CD-R
\3,800
個数


David Lindley、Jim Godon等、豪華なバンド編成でおこなわれた1978年の『Running On Empty』ツアーの全貌を伝えてくれるステレオ・サウンドボード音源が登場。驚異的なヒットを記録した『Running On Empty』を携えてのツアー序盤、2/22のナッシュビルでのライブをディスク2枚に収録しています。

前77年におこなわれた2ヶ月間の全米ツアーからのテイクを収録した金字塔ライブ・アルバム『Running On Empty』、本公演ではそのテイクの数々に迫るほどの渾身のパフォーマンスが全編に展開されており、ファンであれば問答無用に必聴のアイテムと断言します。音質も現行最良のステレオ・サウンドボード・マスターにデジタル・リマスタリングを施しており、既発音源とは一線を画す非常に輪郭のくっきりとした高音質サウンドに仕上がっています。

*「Take It Easy」後半から「The Fuse」の冒頭にかけて音声バランスが崩れますが、マスターに起因するものです、ご了承下さい。

◆Live in Nashville,TN, 22nd February 1978
<Disc 1>
01 Take It Easy 02 The Fuse 03 Fountain Of Sorrow 04 Here Comes Those Tears Again 05 Before The Deluge 06 Your Bright Baby Blues 07 Rock Me On the Water 08 Cocaine 09 Rosie 10 For A Dancer 11 Doctor My Eyes 12 These Days

<Disc 2>
01 For Everyman 02 Walking Slow 03 Running On Empty 04 Love Needs A Heart 05 The Pretender 06 The Load Out 07 Stay 08 The Road And The Sky

◇Running On Empty Tour 1978;
Jackson Browne (vo, g)
David Lindley (g, fdl, pcs, vo)
Jim Gordon (dr)
Bob Glaub (b)
Craig Doerge (key)
Danny Kortchmar (g)
Doug Haywood (vo, g)
Rosemary Butler (vo)



ジャクソン・ブラウン
BROADCASTS 1976
WR-493
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


“ジャクソン・ブラウン”1976年、シカゴ・WTTW・スタジオでのTVライブを高音質サウンドボード音源で収録した貴重なタイトルが登場!

本タイトルは、“ジャクソン・ブラウン”1976年の名盤「THE PRETENDER」リリース直後に出演したTVプログラム、PBSサウンド・ステージでのスタジオ・ライブを収録した貴重なタイトル。前作「LATE FOR THE SKY」と前記のアルバムからのナンバーで構成されたTVプログラムは、まさにスペシャルな内容!脂ののった全盛期の“ジャクソン・ブラウン”の歌声を存分に堪能出来るオススメの1枚です!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at PBS Soundstage TV show, Live at WTTW Studios, Chicago, Illinois, November 6, 1976.

01. Intro - The Fuse / 02. Rock Me On The Water / 03. Late For The Sky / 04. The Road And The Sky / 05. Farther On
06. Fountain Of Sorrow (drop/glitch around 2:58) / 07. Before The Deluge / 08. Walking Slow / 09. I Thought I Was A Child
10. The Pretender




イーグルス&ジャクソン・ブラウン
HOUSTON 1976/BBC In Concert 1978
SBD
3CD
\3,400
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
<SOLD OUT>


これからの季節ウエストコーストサウンドってことで絶頂期の音源をチョイス!

イーグルス1976年ホテルカリフォルニアツアーから唯一のサウンドボード音源11月6日ヒューストン公演を収録!やっぱりホテルカリフォルニアで始まると嬉しいよね~ この日は“ THE BEST OF MY LOVE”でJDサウザーが飛び入り参加します!しかもグレンフライの誕生日という特別なショー!!音質最高のサウンドボードで、映像トラックでみられたテープのヨレやノイズ等ありません。

そしてカップリングとして翌年1978年のジャクソンブラウンの超有名公演BBC IN CONCERTS シェパーズブッシュ公演を収録!こちらも最高の内容と音質で1曲目の”THE FUSE”からもう心がグッときます!デヴィット・リンドレーにドラムはジム・ゴードンです!!こちらもテープのヨレやノイズ等ありません。

この2つの超名演をカップリングされたファンにはたまらないセットです!どちらも初CD化です。大好評発売中です!

EAGLES / HOUSTON 1976 【2CD】
The Summit, Houston, Texas November 6th Glenn Frey’s Birthday
Disc 1
1 Hotel California
2 Lyin’ Eyes
3 Wasted Time
4 Take It To The Limit
5 Desperado
6 Midnight Flyer
7 Turn To Stone
8 Already Gone

Disc 2
1 One Of These Nights
2 Funk#49
3 Good Day In Hell
4 Rocky Mountain Way
5 Witchy Woman
6 James Dean
7 M.C.Introducing
8 The Best Of My Love
9 Walk Away
10 Tequila Sunrise

Don Henley-Vocals, Drums, Percussion
Glenn Frey – Guitar, Vocals
Randy Meisner-Bass, Vocals
Joe Walsh-Guitar, Vocals
Don Felder-Guitar, Vocals
J.D.Souther-Guitar, Vodcals On “Best Of My Love”


JACKSON BROWNE / BBC In Concert 1978 【1CD】
Shepard’s Bush Theatre, London
DISC 3
1 The Fuse
2 Here Come Those Tears Again
3 Rock Me On The Water
4 Cocaine
5 Rosie
6 Doctor My Eyes
7 These Days
8 Running On Empty
9 Love Needs A Heart
10 Nothing But Time
11 The Load-Out
12 Stay



ジャクソン・ブラウン
&デヴィッド・リンドレー
Red Neck Friends
Dead Flowers-017
SBD
1CD-R
\2,800
個数


Jackson BrowneとDavid Lindleyによる1973年9/27のニューヨークRCAスタジオにおけるライブを、放送に用いられる前のステレオ・サウンドボード・マスターより24bitデジタル・リマスタリング収録。年代を全く感じさせない超クリアなマスターに入念なデジタル・リマスタリングを施しており、オリジナルマスターに発生していたクリップ・ヒスノイズを完全に払拭、音質も非常に暖かみのある極上音質へと生まれ変わらせています。

前72年からタッグを組み、この後数々の傑作・名演を世に送り出すこととなるDavid Lindleyとの初期ステージは聴き所満載、この73年に満を持してリリースとなった『For Everyman』収録の「For Everyman」「Red Neck Friend」で幕を閉じる珠玉のひととき(76分)を、最高級のサウンドでお楽しみいただけます。

◆RCA Studios, NYC, NY, 27th September 1973
STEREO SOUNDBOARD RECORDING / 24bit digitally remastered
1. Come All Ye Fair & Tender Ladies 2. Take It Easy 3. Jesus in 3/4 Time 4. Our Lady of the Well 5. Jamaica Say You Will 6. Rock Me On The Water 7. Out To Sea 8. Looking Into You 9. Song For Adam 10. My Opening Farewell 11. The Times You've Come 12. For Everyman 13. Red Neck Friend



ジャクソン・ブラウン
&デヴィッド・リンドレー
RCA STUDIOS 1973
WR-411
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


“ジャクソン・ブラウン”と盟友“デヴィッド・リンドレイ”による1973年、ニューヨーク・RCAスタジオでのスタジオ・ライブを高音質サウンドボード音源で収録した貴重なタイトルが登場!

本タイトルは、前年の1972年からタッグを組み、その後、数々の名演を生み出す事となる“ジャクソン・ブラウン”と“デヴィッド・リンドレイ”によるスペシャルな初期共演スタジオ・ライブ音源を収録した至福のタイトル。当時リリースされたばかりの名盤「FOR EVERYMAN」収録曲を中心に展開されるステージは感動!大人の時間を堪能出来るオススメの1枚です!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Recorded at RCA Studios, NY, September 27, 1973.

01. Come All Ye Fair & Tender Ladies / 02. Take It Easy / 03. Jesus in 3/4 Time / 04. Dialogue / 05. Our Lady of the Well / 06. dialogue
07. Jamaica Say You Will / 08. Rock Me On The Water / 09. Out To Sea / 10. Looking Into You / 11. Dialogue / 12. Song For Adam
13. dialogue / 14. My Opening Farewell / 15. The Times You've Come / 16. For Everyman / 17. Dialogue / 18. Redneck Friend



ジャクソン・ブラウン
Opening Farewell 1971
Dead Flowers Supreme Masters-001
SBD
2CD
\4,000
個数


1971年3/27、NYでおこなわれたJackson Browneのデビュー前の貴重なライブを、マスタークオリティの驚愕の高音質サウンドボード録音にて収録したプレスCDが登場!

アナログブート時代に一部出回ったこともある音源なので、マニアの方であれば何らかの形でこの日の演奏を耳にしたことがあるかもしれません。これまで出回っていたソースは、"サウンドボードからのファーストマスター"と謳いながらもレンジの狭い音圧に乏しいものや、アナログマスター特有のクリップノイズに演奏が埋れてしまったようなものばかりでした。しかしながら、本作に用いられたニューマスターは正にマスタークオリティの強烈な高音質で、経年によるノイズを限界まで取り除いているのは勿論のこと、デジタル・リマスタリングにより、若々しいジャクソンの歌声、そしてアコースティックギターの豊かな胴鳴りまで、本作では時代を全く感じさせない素晴しいクオリティでこの貴重な公演を現代に蘇らせています。DISC1の「From Silverlake」のみマスター欠落のため、やや音質の落ちる別マスターより補完してありますが、全編ファン驚愕のハイ・クオリティな仕上がり、ピッチも補正された決定版と呼ぶに相応しい内容となっています。デビュー前に既に稀代のSSWとしてのキャリアを約束されていたJackson Browne、青春時代の伝説のステージを存分に堪能できるおすすめの1枚です。限定プレス2CDでの登場です。

◆The Jabberwocky, Syracuse University, Syracuse, NY, 27th March 1971
(SOUNDBOARD RECORDING FROM THE MASTER / 24bit digitally remastered)
<DISC 1> -first set-
1.Under The Falling Sky 2.World To Gain 3.Together Again 4.Mae Jean 5.Last Time I Was Home 6.Jesus In 3/4 Time 7.My Opening Farewell 8.From Silverlake 9.Rock Me On The Water 10.Jamaica Say You Will

<DISC 2> -second set-
1.Together Again 2.Take It Underground 3.When You Loose Your Money 4.Our Lady Of The Well 5.These Days 6.Someday Morning 7.Shadow Dream Song 8.Song For Adam 9.Looking Into You