コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます



ジャック・デジョネット
チャノ・ドミンゲス
Jazz Baltica 2005
Tribal Blast DVD-019
83min. Pro-shot
1DVD-R
\2,910


2005年3/7、ドイツで開催されたJazz BalticaでおこなわれたJack DejohnetteとChano Dominguezの双頭プロジェクトによるステージを、オフィシャル級の極上プロショットにて収録した映像アイテムが入荷。

Chano Dominguez、スパニッシュ・プログレに造詣の深い方であれば、80年前後に短命ながらも活動したカディス出身のバンド”CAI”のリーダーSebastian Dominguezといったほうがピンとくるかもしれません。1981年のCAI解散後、Bill EvansやThelonious Monkといったピアノ・ジャズのレジェンドに傾倒し、自らのルーツであるフラメンコをジャズのフィルターで透過させるという手法で、現在のジャズ・シーンにおいて特異な存在感を放つピアニストです。本作に収録されたステージも、自らのバンドにおける演奏ではないものの、大御所Jack DeJohnetteや”Elements Of Life”バンドにおける活躍が顕著なLuisito Quintero等のバックアップを得て、ブレリア、ソレアをはじめとした伝統的フラメンコの様式を再構築してみせています。言葉で表現すると小難しくも聞こえますが、そのピアノの旋律は聴く者全ての心の琴線に触れるであろう非常に美しいもの(それは自らもピアノの素養があるJack DeJohnetteの完璧なサポートによるところも大きいのでしょう)であり、映像・音声ともに完璧な仕上がりの逸品なので万人に自信を持ってお薦め出来る一押しのアイテムです。

Jack DeJohnette (Drums)
Chano Dominguez (Piano)
Luisito Quintero (Percussion)
Blas Cordoba (Voice)
Jerome Harris (Bass)

◆Jazz Baltica 2005, Konzertscheune, Salzau, Germany, 7th March 2005
1.Mister C.I. 2.Spanish seven 3.Bye-Ya 4.Solea blues 5.Spantango 6.El sosiego 7.Spanish salsa



ゲイトウェイ・トリオ
AT UMEA JAZZ FESTIVAL
HHCD-08004
SBD
1CD-R
\3,500


知る人ぞ知る、マンフレード・アイヒャーが創立したドイツECMレーベル関連のアイテムです。ゲイトウェイ・トリオ。独特の空間系エフェクトをかけたアバークロンビーのギターに、マイルスを支えたホランド+デジョネットというリズム隊。オフィシャルアルバムでも非常に評価の高いこのトリオの、音質完璧なサウンドボードライヴ音源登場です。

小さい頃ピアノの教育も受けていたジャック・デジョネットによる“シルヴァー・ホロウ”でのピアノ・プレイも最高。北欧のひんやりした空気感に満ちた名演です。ECMファン必携。

Live at UMEA JAZZ FESTIVAL, SWEDEN, October 27, 1996

JOHN ABERCROMBIE (g) // DAVE HOLLAND (b) // JACK DEJOHNETTE (ds,p)

1. Intro - Shortcut / 2. How' S Never / 3. Herbacious / 4. Silver Hollow / 5. May Dance