コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます



イギー&ザ・ストゥージズ
This Is Fuckin' It
SSR-069
AUD-SHOT 79mins.
1DVD-R
\2,100
個数


昨年、オリジナル・ストゥージズメンバーのロン・アシュトンが亡くなりストゥージズとしての活動を中断していたイギー・ポップが1977年のアルバム「Kill City」でのギタリスト、ジェームズ・ウィリアムソンを迎えてストゥージズの活動を再開。

イギーの全キャリア中でも屈指の名盤「Raw Power」を中心としたセットでのツアーより2010年6月19日のトロントでのライヴをオーディエンスショットにて収録!

ストゥージズ再結成以降、1st、「Fun House」、「The Weirdness」からのセットでライブを行ってきたので、「Raw Power」から始まるライブはそれだけで新鮮です!ジェームズ・ウィリアムソンがギターということもあり「Kill City」からも演奏、さらには「Open Up and Bleed」までも披露するなどレア度は高いです。イギーは相変わらずの全開のパフォーマンスですが、ジェームズ・ウィリアムソンもロン・アシュトンの負けない素晴らしいギターを披露しています!

ショットは特に前半は音も映像も安定しないオーディエンスショットで最初の「Raw Power」ではマスターに起因した飛ぶ箇所もあるのですが概ね良好なショットと言えます。

1.Raw Power
2.Kill City
3.Search And Destroy
4.Gimme Danger
5.Cock In My Pocket
6.Shake Appeal
7.1970
8.Beyond The Law
9.I Got A Right
10.I Wanna Be Your Dog
11.Your Pretty Face Is Going To Hell
12.Death Trip
13.Open Up and Bleed
14.Loose
15.Fun House
16.No Sense Of Crime
17.No Fun

Live At Yonge-Dundas Square, Toronto, Canada
On 19th June 2010



ストゥージズ
MY IDEA OF FUJI 07
EASTSEA-001/002
(SCREAN) 64min.
1DVD-R+1CD-R
\2,300 (数量限定特別価格)
個数


再結成、イギー&ザ・ストゥージズ、2007年7月28日苗場フジロック・フェスティバル出演時のライブをオーディエンス・スクリーン・ショットにて収録。(スクリーン・ショットのため全体に赤・青の色味がでています、ご了承ください)

ストゥージズのファースト、セカンド、そして最新アルバム「ザ・ウィヤードネス」の曲のみ演奏!観客が盛り上がりステージでイギーとパンク共闘宣言!生きる伝説、元祖パンク・オブ・ゴッド・ファーザーの生き様を見ろ!ボーナスCD-Rには映像とは別音源の臨場感あるオーディエンス録音の同ライブを収録!

2007.7.28
01. Loose 02. Down On The Street 03. 1969 04. I Wanna Be Your Dog 05. TV Eye 06. My Idea Of Fun 07. Dirt 08. Real Cool Time 09. No Fun 10. 1970 11. -Mindroom- 12. Fun House / LA Blues 13. Skull Ring
encore
14. I Wanna Be Your Dog - Reprised



ストゥージズ
TAKE IT EASY
NEW TATTOO-241
AUD
1CD-R
\2,500
個数


ストゥージーズ名義での出演となり、初のグリーンステージ登場となったフジロック’07、2日目のイギーのライブを高音質完全収録。

60歳になってもステージを縦横無尽に駆け回り、未だ衰えぬパワー健在!!1ST,2NDの名曲を連発し、お約束のステージ上げでは100人以上のが上がり、一時中断する場面も。何度見てもイギーは素敵です!

01. Loose 02. Down On The Street 03. 1969 04. I Wanna Be Your Dog 05. TV Eye 06. My Idea Of Fun 07. Dirt 08. Real Cool Time 09. No Fun 10. 1970 11. Fun House / L.A. Blues 12. Skull Ring

- encore -
13. I Wanna Be your Dog ( Reprise )



イギー&ザ・ストゥージズ
LIVE AT SHIBUYA-AX, 22th March 2004
NEW TATTOO-095
AUD
1CD-R
\2,500
個数


2004年3月22日、渋谷AXでのライブをNEW TATTOOならではの超高音質オーディエンス録音にて完全収録!!




イギー・ポップ/デヴィッド・ボウイ
Another TV Eye
MDNA-14089
SBD
1CD-R
\3,000
個数


1977年3/21、『Lust for Life』ツアーの一環としてオハイオ州クリーヴランドでおこなわれたイギー・ポップのライブを、最新のリマスターが施された高音質ステレオ・サウンドボード録音にて収録。デヴィッド・ボウイの強力なサポートを得て本格的にシーンにカムバックを果たした時期の貴重なライブを、イギー本来の魅力を存分に伝えてくれるワイルドかつクリアな素晴らしいサウンドでお楽しみいただる必聴アイテムです。ソロ・アーティストとしてのキャリアをスタートさせたこの記念すべき1977年のライブは、オフィシャル・ライブ盤『TV Eye』でも聴くことが出来ますが、本アイテムに使用されたソースは『TV Eye』と同時期に録音された別ライブであり、これまで世に出回ることの無かった未発表ライブ音源が遂に最高の状態で明らかになった形です。ピアノ&バックアップ・ヴォーカルとして参加するデヴィッド・ボウイを筆頭に、トッド・ラングレンのバックミュージシャンを務めたハント&トニー・セールス、ストゥージズのスコット・サーストンなどバンドも強力なラインナップで、完璧な演奏でもってイギーを盛り立てています。ストゥージズ・ナンバー、『Idiot』『Lust for Life』のソロデビュー2部からの楽曲で構成された荒々しくも緻密なこの時期のライブを理想的な音質で捉えた本作は、パンク・シーンのゴッドファーザーIggy Popを語る上でやはり避けては通れない1枚といえるでしょう。

◆Agora Ballroom, Cleveland, OH 21st March 1977
01. Raw Power 02. T.V. Eye 03. Dirt 04. 1969 05. Turn Blue 06. Funtime 07. Gimme Danger 08. No Fun 09. Sister Midnight 10. I Need Somebody 11. Search and Destroy 12. I Wanna Be Your Dog

◇Personnel; Iggy Pop - vocals David Bowie - piano, vocals Ricky Gardiner – guitar Stacey Hayden – guitar Hunt Sales – drums Tony Sales – bass Scott Thurston - synthesizer, bass, guitar, harmonica, piano, keyboards, vocals



V.A.
(セックス・ピストルズ/ザ・ジャム
クラッシュ/バズコックス/イギー・ポップ
スージー&ザ・バンシーズetc)
Revolution Punk!
GOD SAVE-001
56 min / Pro-Shot
1DVD-R
\2,900
個数


70年代後半、全世界に吹き荒れたPUNK ROCK革命、その頂点であるSEX PISTOLS、THE CLASHをはじめとする数々のPUNKバンドの中から選りすぐりのライブ映像をPICK UP、30年の時を超え遂に初DVD化!!

登場するバンドは、SEX PISTOLS、THE CLASHはもちろん、THE JAM、SIOUXSIE & THE BANSHEES、THE STRANGLERS、BOOMTOWN RATS、JOY DIVISION、BUZZCOCKSなどなど、さらにPUNK界のゴッドファーザーことIGGY POPまでが収録され、今となっては観る事の出来ない貴重ライブ映像のオンパレード。ビギナーの方はもちろんマニアの方にもオススメのタイトルです。

現存する最良のマスターを使用し今までにないクリアな映像で再現。当時の熱いPUNK魂を堪能出来るとともに歴史的な記録映像としても価値のあるタイトルになっております。30年以上経っても色あせる事のないPUNK REVOLUTION、強制即買い、永久保存盤です。GOD SAVE THE PUNK REVOLUTION !!

01. opening introduction
02. Sex Pistols / Anarchy in the U.K.
03. Siouxsie & The Banshees / Make Up to Break up
04. The Jam / In the City
05. Buzzcocks / Love You More ,I Don’t Mind
06. Penetration / Don’t Dictate
07. Iggy Pop / Lust for Life
08. Boomtown Rats / Looking After No.1
09. Undertones / Teenage Kicks
10. The Stranglers / No More Heroes,Something Better Change
11. Buzzcocks / Ever Fallen in Love
12. Joy Division / Shadow Plan
13. The Jam / Takin’ My Love
14. Siouxsie & The Banshees / Mittageisen (Metal Postcard)
15. Iggy Pop / The Passenger
16. Buzzcocks / What Do I Get
17. The Clash / What’s My Name
18. ending