コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます



グラハム・パーカー
NUREMBURG 2013
WR-475
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります



“グラハム・パーカー(&ザ・ルーモア)”2013年、ニュールンベルグでの迫力のステージを高音質オーディエンス音源(2枚組)で収録した発掘タイトルが登場!

本タイトルは、御存知、パブ・ロック界の大御所“グラハム・パーカー(&ザ・ルーモア)”ニュールンベルグでの最新ライブを収録した至福のタイトル。1976年のデビュー以来、変わらぬヴォーカル・パフォーマンス!ルーモアとの息もバツチリの迫力のステージは、現在も健在です!新旧の代表曲を織り交ぜた“グラハム・パーカー(&ザ・ルーモア)”の集大成と言っても過言ではないセット・リストは感動です!オススメの最新ライブ盤です!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Der Hirsch, Nuremberg, October 1, 2013.

DISC ONE
01. Watch the Moon Come Down / 02. Over The Border (To America) / 03. Silly Thing / 04. Between You & Me / 05. Old Soul
06. Black Honey / 07. Stop Cryin About The Rain / 08. Fool's Gold / 09. Pride And Joy / 10. Problem Child / 11. Waiting For The UFOs
12. Stick To The Plan

DISC TWO
01. Lady Doctor / 02. Snake Oil Capital of the World / 03. Love Gets You Twisted / 04. Black Lincoln Continental / 05. Stick To Me
06. Long Emotional Ride / 07. Howlin' Wind / 08. -audience- / 09. Heat Treatment / 10. Hold Back The Night / 11. White Honey
12. Don't Ask Me Questions



グラハム・パーカー
Seattle Treatment
WR-133
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります



英国パブ・ロック界の重鎮“グラハム・パーカー(アンド・ザ・ルーモア)”1979年、シアトルでの白熱のライブを高音質サウンド・ボード音源で収録したタイトルが登場!

本タイトルは、1979年、彼のキャリアの中で最高作と評価されている4枚目のアルバム「Squeezing Out Sparks」リリースの3ヶ月後に行われたシアトルでのステージを収録した迫力のライブ盤です!
前述のアルバム「Squeezing Out Sparks」からのナンバーを中心に、そのタイトな身体からは想像のつかないパワフルな歌声は超圧巻!
これぞロックのお手本と言っても過言ではないロックン・ロール・ショーを思う存分堪能出来るオススメのタイトルです!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Paramount N.W. Theatre, Seattle WA. June 24, 1979.

01. KISW Intro / 02. Discovering Japan / 03. Local Girls / 04. Soul On Ice / 05. Don't Get Excited / 06. Back To School Days 07. Howling Wind / 08. Heat Treatment / 09. Stick To Me / 10. Mercury Poisoning / 11. You Can't Be Too Strong 12. Passion Is No Ordinary Word / 13. Clear Head / 14. (Hey Lord) Don't Ask Me Questions / 15. Protection / 16. Saturday Night Is Dead 17. Nobody Hurts You / 18. Soul Shoes / 19. Encore Applause / 20. I Want You Back / 21. Pouring It All Out