コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます



ジョージ・クリントン
&パーラメント/ファンカデリック
LIVE IN TOKYO 2013
STOIC BLUE-0026
AUD
2CD-R
\3,670


Pファンクの総師ジョージ・クリントンがパーラメント/ファンカデリック名義で2年振りに再び降臨!!
大所帯の最強軍団を従えて行われた2013年来日公演より4月13日東京公演(2日目/2ND)を迫力&臨場感も満点の超高音質にて完全収録!!
会場の熱気も丸ごと真空パックされた逸品で熱くさせられる事間違いなし!!

延々とうねるように続く強烈なファンクビートが終始炸裂!!「Give Up The Funk」「P-Funk」「Flash Light」他等、ほぼノンストップで畳み掛けるようにプレイされる代表曲の数々とパフォーマンスは正に圧巻の一言!!御大も途中イスに腰掛ける場面はあるものの、72際とは思えないパワー全開の健在ぶりです!!1時間40分を超える白熱ステージはファンなら必聴間違いなし!!今なおトップに君臨するファンク・レジェンドの貫禄ライヴをお楽しみ下さい!!(帯付き)

Live In Tokyo, April 13rd 2013(2nd)

Disc-1
01.Intro/Cosmic Slop(9:38)
02.Red Hot Mama(6:43)
03.I Got A Thing,You Got A Thing, Everybody's Got A Thing(6:14)
04.P-Funk (Wants To Get Funked Up)(7:34)
05.Flash Light(8:54)
06.Something Stank/Hard As Steel(4:47)
07.(Not Just) Knee Deep(11:38)
08.Sentimental Journey/Disco To Go(10:30)

Disc-2
01.Crazy(Gnarls Barkley Cover)(8:05)
02.Give Up The Funk(Tear Roof Off The Sucker)(4:59)
03.Night Of Thumpasorus People(9:03)
04.Bounce 2 This(8:07)
05.Atomic Dog/Hardcore Jollies(13:01)

George Clinton -Vocals-
Steve Boyd -Vocals-
Paul Hill -Vocals-
Kendra Foster -Vocals-
Mary Griffin -Vocals-
Kim Manning -Vocals-
Shonda Clinton -Rapper-
Tracey Lewis Clinton -Rapper-
Carlos"Sir Nose"McMurray -Dancer-
Bennie Cowan -Horns-
Greg Thomas -Horns,Vocals-
Michael "Kidd Funkadelic"Hampton -Lead Guitar-
Garrett Shider -Guitar,Vocals-
Rickey Rouse -Guitar-
Lige Curry -Bass,Vocals-
Jefferey Bunn -Bass,Vocals-
Michael“Clip”Payne -Keyboards,Vocals-
Daniel Bedrosian -Keyboards,Vocals-
Jerome Rodgers -Keyboards-
Foley -Drums-



パーラメント/ファンカデリック
Switzerland 2006
LIFE-DVD-003
123min. Pro-shot
1DVD-R
\2,910


George Clinton & P-Funk All Starsの2006年Estival Jazzでのステージを放送用マスターを使用した高画質プロショットにて90分以上に亘って収録、音声もDolby Digital 2.0デジタル・リマスタリングが施された高品質なアイテムです。近年ヨーロッパのフェス等で精力的なステージをこなしているGeorge Clinton & P-Funk All Starsですが、年齢を感じさせないパワフルなステージを是非映像でもご覧になってください。

さらにボーナス映像として、1999年のスタジオセッションを放送用マスターを使用した高画質プロショットにて追加収録。こちらは30分弱と短めですが、客席から手が届くぐらいの距離でおこなわれたハイテンションなステージは見応え十分、本編に勝るとも劣らない素晴しい内容となっています。

Estival Jazz, Lugano, Switzerland, 8th July 2006 (95min. Pro-shot)
/ Dolby Digital 2.0 / Digitally Remastered Sound Source

Give Up The Funk / Tear The Roof of The Sucker Up For The Downstroke Flashlight Somethin' Stank Hard As Steel Sexy Side of You Never Ending Love Atomic Dog Rock'n' Roll Medley Intro Whole Lotta Shakin' Going On Lucille Let The Good Times Roll Rock Around The Clock ~ Rock'n' Roll Ending

musicians:
GEORGE CLINTON - Lead Vocals,Director
BERNIE "WOO WARRIOR" WORRELL - Keyboards
GARRY "STARCHILD" SHIDER - Guitar, Vocals
DEWAYNE "BLACKBIRD" McKNIGHT - Guitar
MICHAEL "KIDD FUNKADELIC" HAMPTON - Guitar
CARDELL "BOOGIE" MOSSON - Guitar, Vocals
ERIC McFADDEN - Guitar, Mandolin
LIGE CURRY - Bass, Vocals
RONKAT SPEARMAN - Bass, Vocals
FRANKIE "KASH" WADDY - Drums
RICO LEWIS - Drums
JEROME ROGERS - Keyboards
MICHAEL "CLIP" PAYNE - Keyboards
Vocals, BENNIE COWAN - Trumpet
GREG THOMAS - Saxophone, ROBERT "P-NUT" JOHNSON - Vocals, BELITA WOODS - Vocals, STEVE BOYD - Vocals
KIMBERLY MANNING - Vocals
KENDRA FOSTER - Vocals
SATIVA DIVA - Rap
CARLOS "SIR NOSE" McMURRAY - Dancer

◆Sessions at West 54th, 27th July 1999 (28min. Pro-shot)
interview Bop Gun Gamin' on Ya interview U.S. Customs Coast Guard Dog Atomic Dog

musicians
GEORGE CLINTON - Lead Vocals
Director, GARRY "STARCHILD" SHIDER - Vocals, Guitar
DEWAYNE "BLACKBIRD" McKNIGHT - Guitar
MICHAEL "KIDD FUNKADELIC" HAMPTON - Guitar
LIGE CURRY - Bass, Vocals
FRANKIE "KASH" WADDY - Drums
RON WRIGHT - Drums
JOEL "RAZOR" JOHNSON - Keyboards, Vocals
MICHAEL PAYNE - Keyboards, Vocals
GREG THOMAS - Saxophone, Vocals
BENNIE COWAN - Trumpet
SCOTT TAYLOR - Horns
ROBERT "PEANUT" JOHNSON - Vocals
BELITA WOODS - Vocals
STEVE BOYD - Vocals
PAUL HILL - Vocals
TRACEY LEWIS - Rap
CARLOS McMURRAY - Dancer
SHONDA CLINTON - Vocals
SHEILA BRODY - Vocals
LOUIE KABBABIE - Vocals



パーラメント/ファンカデリック
The Aqua Boogie Tour
LIFE DVD-002
109min. Pro-shot
1DVD-R
\2,770


P-Funkの1979年5/18ヒューストン公演が高画質プロショットで登場。

70年代後半、破竹の勢いでヒットチューンを量産したP-Funk軍団の絶頂期の姿を、時代を考えるならば十分といえる画質と音質で100分以上に亘り収録したファン必見のアイテムです。70年代黄金期を総括するかのようなステージはやはり映像で見ると圧巻、1980年代に入ると急速に活動が失速していくP-Funk軍団ですが、このテキサスでのライブはある意味その未来を予兆させるかのような、限界を超えて走り続けたバンドの生々しい姿を視覚的に確認することも出来るので、ファンにとっては大変興味深い内容といえるのではないでしょうか。

*後半で右チャンネルにマスターに起因するノイズが若干発生します、ご了承下さい。

◆<The Aqua Boogie Tour> The Summit, Houston, TX, 18th May 1979
1.intro 2.Cosmic Slop 3.Give Up The Funk ~ Night Of The Thumpasorous Peoples 4.Undisco Kidd 5.Cholly 6.Standing on the Verge of Getting it on 7.Aqua Boogie 8.One Nation Under a Groove 9.Flashlight 10.Mothership Connection 11.Rumpofsteelskin



パーラメント/ファンカデリック
FUNK ON THE EARTH
OMCD-08018
SBD
1CD-R
\3,800
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


最強ファンク集団による1976年の地球襲撃。ジミヘン・フリークなら一曲目の『コズミック・スロップ』で完全ノックアウト間違いなし。細心のリマスターで音質抜群。なんといってもブーツィー・コリンズ、エディ・ヘイゼル、バーニー・ウォーレルなど、Pファンク史上最高のメンバーが揃った1976年の最興ライヴです。

Live at CONVENTION CENTER, DALLAS, TX, USA, EARTH, November 05, 1976

1. COSMIC SLOP / 2. LET'S TAKE IT TO THE STAGE / 3. DO THAT STUFF / 4. STANDING ON THE VERGE OF GETTING IT ON / 5. THE UNDISCO KID / 6. MOTHERSHIP CONNECTION (fade out) / 7. SWING DOWN, SWEET CHARIOT / 8. DR. FUNKENSTEIN / 9. COMIN' 'ROUND THE MOUNTAIN / 10. GIVE UP THE FUNK / 11. NIGHT OF THE THUMPASAURUS PEOPLES / 12. WE WANT THE FUNK - FUNKIN' FOR FUN (fade out)