コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます



フレディ・キング
King Rules Hamburg
LIFE 020
SBD
2CD-R
\4,200


1975年10/19、ハンブルグでおこなわれたフレディ・キングのライブを、オフィシャル級の極上ステレオ・サウンドボード録音にて完全収録。
キャリア最晩期のステージとして有名なこの日のライブ、以前から不完全盤のサウンドボード音源も出回っていましたが、本作はファン待望の完全版ステレオ・サウンドボード・マスターを使用しています。2013年最新のリマスターが施されており、このままオフィシャル・リリース可能なレヴェルの素晴らしいサウンドをお楽しみいただけます。このライブの翌年には心不全のため早過ぎる死を迎えることとなる伝説のブルース・ギタリスト、40歳を超え円熟の極みを迎えていた絶頂期のパフォーマンス、脂の乗り切った強烈なギタープレイの数々をお聴き逃がしなく!

◆Onkel Pö's Carnegie Hall, Hamburg, Germany 19th October 1975
/ Complete Stereo Soundboard Recording / 2013 digitally remastered

(Disc 1)
01. Introduction 02. Big Leg Woman 03. The Moon Is Rising 04. Woman Across The River 05. Boogie Funk 06. Band Intro / Meet Me In The Morning 07. Feelin' Alright 08. Mojo Boogie 09. Have You Ever Loved A Woman 10. Rock Me Baby 11. Something You Got 12. Messin' With The Kid

(Disc 2)
01. Sweet Home Chicago 02. You're The One 03. Woke Up This Morning 04. Ain't Nobody's Business 05. Kings Thing 06. Going Down 07. The Things That I Used To Do 08. Let The Good Times Roll 09. Stormy Monday

◇Personnel; Freddie King (guitar, vocals), Ed Lively (guitar), Alvin Hemphill (organ), Louis Stephens (piano), Benny Turner (bass) & Caleb Emphrey (drums)



フレディ・キング
FUNKY 335
OMCD-08002
SBD
1CD-R
\3,800
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


大きな尖った襟のシャツがはち切れんばかりの巨体を揺さぶって、ほとばしる汗、右肩にちょいと引っ掛けたギブソン335からはエリック・クラプトンをも魅了したブルースフレーズを撒き散らし、ファンキーなバンドをぐいぐい・ぐいぐい引っ張ってグルーヴするブルース王。偉大なるフレディ・キングの激レア発掘音源です。

BBより激しく、アルバートよりテクニカル。フェンダー・ローズがキラキラゆらゆら漂う中にオルガンがビャーと鳴いて、突き刺さるフレディの335!アトランティックのソウル・ファンクフィーリングを吸収し、到達したファンキー・ブルースの最高峰ライヴがここに収められています。FMブロードキャスト・マスターの曲間欠落や、左右チャンネルのバランスの悪さをほぼ完璧に仕上げなおし、音質も更に聴きやすく細心のリマスタリングを施してあります。尚、かつてBMMレーベルで同日とクレジットされたアイテムがリリースされていますが、それとは別のライヴです。

Live at ONKEL PO'S CARNEGIE HALL, HAMBURG, GERMANY, October 19, 1975
01. Intro / 02. Big Legged Woman / 03. The Moon Is Rising / 04. Woman Across The River / 05. Have You Ever Loved A Woman - Rock Me Baby / 06. Something You Got / 07. Ain't Nobody's Business / 08. Going Down



フレディ・キング
TEXAS 1975
WR-427
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


三大ブルース・ギタリスト・キングの1人“フレディ・キング”1975年、地元?!テキサスでの迫力のステージを高音質スタジオ・サウンドボード音源で収録した貴重なタイトルが登場!

本タイトルは、クラプトンを始め数多くのミュージシャンに影響を与えたブルース界の重鎮“フレディ・キング”の迫力のライブを収録した感動のタイトル。全編、“フレディ・キング”節炸裂のステージは超圧巻です!奇しくも、この翌年、同地で天に召された彼のブルース魂全開の迫力のステージを存分に堪能出来るオススメのライブ盤です!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at January Sound Studios Dallas, Texas, March 31, 1975.

01. KZEW Intro (Ken Rundell) / 02. Big Legged Woman / 03. Woman Across The River / 04. While The Moon Is Shining Bright
05. Ain't Nobody's Business / 06. Key To The Highway / 07. Hideaway / 08. Goin' Down / 09. Early One Morning
10. Come On (Part III) / 11. Have You Ever Loved A Woman / 12. KZEW Outro / Lone Star Beer Commercial



フレディ・キング
FESTIVAL IN 1969
OMCD-08022
SBD+AUD
1CD-R
\3,800
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


フレディ・キングの、1969年の二つの音源をカップリング収録。

片方シカゴ大学・フェークフェスティヴァル、こちらはオフィシャルクオリティのサウンドボード。もう片方アンアーバー・ブルースフェスティヴァル、こちらはあまり音の良くないオーディエンス録音で、サックスやオルガンを配したファンキーなアプローチ。1975年のライヴは比較的多く残されているフレディ・キングですが、1969年の音源は貴重です。エリック・クラプトンの原点ここにあり。

Live at UNIVERSITY OF CHICAGO FOLK FESTIVAL, February 1969 (EX-SBD)
Live at ANN ARBOR BLUES FESTIVAL, August 1969 (AUD)

1. SAN-HO-ZAY / 2. HAVE YOU EVER LOVED A WOMAN / 3. HIDEAWAY / 4. I'LL JUST PLAY IT COOL / 5. GOT MY MOJO WORKING (Instrumental) / 6. SOMETHING YOU GOT / 7. Instrumental / 8. LAWDY MAMA / 9. HAVE YOU EVER LOVED A WOMAN / 10. GET OUT MY LIFE WOMAN / 11. HIDEAWAY / 12. LISTEN TO ME / 13. I'LL JUST PLAY IT COOL