コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます



フランク・ザッパ
Sleeping Snake
2L-003
107min. Pro-shot
1DVD-R
\2,700


"A Pioneer of the Future of Music"と銘打って2007年に放送されたFrank Zappaのドキュメンタリー映像の登場。

在りし日のザッパの姿を捉えたライブ映像・オフショット映像等を中心に、関係者・ザッパバンドのミュージシャン達によるインタビューを交えた構成となっており、2部・100分超に亘って不世出の天才の足跡をたどったファン必見の映像といえます。当然のことながらザッパ存命時の映像には現存する最良の状態のマスターが用いられており、ジョージ・デューク、テリー・ボジオ、スティーブ・ヴァイ等の証言とあいまって、長年のファンにも新たな発見があること請け合いです。

◆2007 documentary "A Pioneer of the Future of Music"

01.intro 02.Growing up 03.Denny Walley 04.Composition 05.Early Mothers 06.I think that progress is not possible without deviation 07.Humor 08.Revolution 09.Gail talks about The NYC Garrick Theater era 10.Footage from unknown 11.The Uncle Meat file 12.The G.T.O.s 13.Ian Underwood 14.Call Any Vegetable video segment Fillmore West, 6th Novembe 1970 15.George Duke 16.The 200 Motels film 17.Frank The workoholic 18.Part 1 closing credits 19.Part 2 opening 20.George Duke 21.Napoleon Murphy Brock 22.Tom and Bruce Fowler 23.Rhythm 24.The Black Page 25.Steve Vai 26.Pierre Boulez & Ensemble Modern 27.1992 sessions 28.1963 "Steve Allen" TV show 29.Dweezil Zappa 30.final credits



フランク・ザッパ
The Yellow Shark On Stage
SOFA-DVD-003
87min. Pro-shot
1DVD-R
\3,000


ザッパ専門SOFAレーベルの映像アイテム第3弾、”The Yellow Shark”の決定版映像が登場!

1992年9/17、ドイツのフランクフルトでおこなわれたザッパ存命時最後の作品となった『The Yellow Shark』の世界観をステージ上に再現してみせたプロショット・ライブ映像、アナログ・ビデオ時代から有名なソースなのでファンの方であれば一度はご覧になったことがあることと思いますが、今回リリースとなった本タイトルでは、初登場となるマスター・クオリティの極上ソースにデジタル・リマスタリングを施したオフィシャル級クオリティの仕上がりとなっています。ザッパ自ら指揮棒を執る最晩期のステージを、文字通り“決定版”と断言できる極上のクオリティにて収録したマストアイテム、全ザッパ・ファン必携の最終決定版と断言いたします!

◆Alte Oper, Frankfurt, Germany, 17th September 1992

01.Classica Trailer 02.Overture 03.Dog Meat 04.Outrage at Valdez 05.Times BeachⅡ 06.Ⅲ(Revised) 07.Magnesium Dress 08.Be-bop Tango 09.Food gathering 10.Ruth Is Sleeping 11.Amnerika 12.None of the Above pt-1 13.Pentagon Afternoon 14.Times BeachⅢ 15.Welcome to the United States 16.Pound for a Brown 17.Get Whitey 18.G-spot Tornado



フランク・ザッパ
Oslo 1988
SOFA-006
AUD
2CD-R
\4,300


SOFAレーベル第6弾、1988年4/27、ノルウェーのオスロでおこなわれたザッパバンドのライブを、高音質ステレオ・オーディエンス・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。

10人を超える大所帯でおこなわれた88年ツアー、またロックバンド編成としては最後のツアーとなってしまったザッパ最後期の貴重なライブ・ドキュメント、レーベル独自のリマスタリングが光る安定感抜群の高音質タイトルです。収録内容も大変充実しており、100曲を超えるレパートリーをもって臨んだ88年ツアーのステージは聴き所満載、この日も「Strawberry Fields Forever」を挿入した「Texas Motel Medley」、レゲエアレンジの「Stairway To Heaven」等、この時期ならではの楽曲がふんだんに詰め込まれた最高のパフォーマンスを聴かせてくれます。

◆Skedsmohallen, Oslo, Norway, 27th April 1988

<DISC 1>
1.Stinkfoot 2.Ain't Got No Heart 3.Love of My Life 4.Packard Goose Medley 5.Alien Orifice 6.Sharleena 7.Orange County Lumber Truck Medley 8.Advance Romance 9.Bobby Brown 10.Keep It Greasey 11.Andy 12.Inca Roads

<DISC 2> 1.The Torture Never Stops Medley 2.Texas Motel Medley 3.City of Tiny Lights 4.Pound for A Brown 5.Sex Noise Competiton 6.Stairway To Heaven 7.Bolero 8.Rhymin' Man 9.Sofa 10.Strictly Genteel

◇Personnel;
Frank Zappa (guitars,vocals)
Ike Willis (guitars,vocals)
Mike Keneally (guitars,synthesizers,vocals)
Walt Fowler (trumpet)
Bruce Fowler (trombone)
Paul Carman (alto sax)
Albert Wing (tenor sax)
Kurt McGettrick (baritone sax)
Chad Wackerman (drums)
Ed Mann (percussions)
Bobby Martin (keyboards,vocals)
Scott Thunes (bass)



フランク・ザッパ
STAIWAY TO ALLENTOWN
LRCD-09050
AUD
2CD-R
\4,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


1988年3月29日のライヴの、欠落部分を別マスターから補修しリマスターした完全版です。

このツアーでの目玉曲であるレッドツェッペリン“天国への階段”が、オフィシャルに収録されているレゲエリズムの演奏とは違う、オリジナルに近いアレンジで楽しめます。ジミー・ペイジのギターソロを完璧にコピーしたブラスセクションの前に、フランク・ザッパのロング・ギターソロもフィーチュアされています!

Live at MEMORIAL HALL, MUHLENBURG COLLEGE, ALLENTOWN, PA, March 29 1988

FRANK ZAPPA (g, vo) / ike willis (g, vo) / mike keneally (g, syn, vo) / bobby martin (key, vo) / ed mann (per) / walt fowler (tp) / bruce fowler (tb) / paul carman (as) / albert wing-tenor (s) / kurt mcgettrick-baritone (s) / scott thunes (b) / chad wackerman (ds)

Disc 1
1. Intro / 2. THE BLACK PAGE / 3. WE'RE TURNING AGAIN / 4. ALIEN ORIFICE / 5. FIND HER FINER / 6. SINISTER FOOTWEAR / 7. STEVIE'S SPANKING / 8. ANY KIND OF PAIN / 9. OCLT MEDLEY PART. 1 / 10. OCLT MEDLEY PART. 2 / 11. THEME FROM LUMPY GRAVY / 12. SYNCLAVIER PIECE - IRISH EYES Intro / 13. WHEN IRISH EYES ARE SMILING - THEME FROM THE GODFATHER / 14. PACKARD GOOSE MEDLEY / 15. ZOMBY WOOF

Disc 2
1. KING KONG / 2. MR.GREEN GENES / 3. FLORENTINE POGEN / 4. ANDY / 5. INCA ROADS / 6. STAIRWAY TO HEAVEN / 7. TEXAS MOTEL MEDLEY / 8. THEME FROM THE UNTOUCHABLES / 9. STRICTLY GENTEEL



フランク・ザッパ
Ahoy 1984
SOFA-001
AUD
2CD-R
\4,300


ロッテルダム公演を、初登場となるオリジナル・オーディエンスマスターよりデジタル・リマスタリング収録。

先だってのZappa Plays Zappa来日公演でも圧倒的な存在感と歌唱力を披露してくれたRay White、ザッパ・バンド再後期不動のドラマーChad Wackerman等を擁して精力的におこなわれたこの1984年のツアーから、オランダでおこなわれたステージが地球の反対側である日本で完全な形で発掘されたこと自体がまず驚きです。そして、音質的にも時代を考えるならば十分すぎるほどの良好なサウンド、入念・的確なデジタル・リマスタリングにより最良のバランスへと仕上げられているので、ファンとしてはまずはおさえておいて損の無い1枚といえます。長らく待ち望まれながらも、ついぞ日本では見ることが出来なかった後期80年代のザッパのステージ、飽くなき探究心と無尽蔵のエネルギーに彩られたステージの全貌を明らかにする好盤の登場です。

Frank Zappa (guitar, vocal)
Ray White (guitar, vocal)
Chad Wackerman (drums)
Scott Thunes (bass)
Allan Zavod (keyboards, percussion)
Bobby Martin (keyboards, sax, vocal)
Ike Willis (guitar, vocal)

◆Ahoy, Rotterdam, Holland, 16th September 1984

<Disc 1>
1.Chunga's Revenge 2.Teenage Wind 3.Truck Driver Divorce 4.More Trouble Every Day 5.Penguin in Bondage 6.Hot Plate Heaven at The Green Hotel 7.Cocaine Decisions 8.Nig Biz 9.Sharleena 10.He's So Gay 11.Bobby Brown

<Disc 2>
1.Keep It Greasey 2.Honey Don't You Want A Man Like Me? 3.Carol You Fool 4.Chana in De Bushwop 5.Let's Move To Cleveland
- encore -
6.The Closer You Are 7.Johnny Darling 8.No No Cherry 9.Cosmik Debris 10.Dinah-Moe Humm 11.Whipping Post



フランク・ザッパ
Finale at Palace Theater 1984
SOFA-010
SBD
2CD-R
\4,500


ザッパ専門”SOFA”レーベルより、1984年7月におこなわれたロサンゼルスPalace Theater最終公演(7/22)のステレオ・サウンドボード音源が登場。

本タイトルは、ザッパがツアーからの引退を表明した節目の年にも当たる1984年の貴重なステレオ・サウンドボード音源を、ファースト・ジェネレーションの極上マスターよりデジタル・リマスタリング収録した全ファン必聴のアイテムです。序盤の楽曲がカットされており完全収録ではない点が惜しまれますが、このままオフィシャル発売が可能なレヴェルの素晴らしい音質で、さらにザッパ・バンド卒業生の故ジョージ・デュークやエインズレー・ダンバー、そしてジョニー"ギター"ワトソン等が客演を果たすという豪華な内容となっているので、ファンであれば是非とも押さえておきたい1枚と言えるでしょう。ボーナストラックには、ザッパ・プロデュースのもと1972年に制作された故ジョージ・デュークのデモ音源を3曲追加収録。「Waka/Jawaka」と「The Grand Wazoo」レコーディングのためのセッション期間に作られたと言われるこのデモ音源、当時のザッパ・バンドの面々が全面的に参加しており、ギター・ソロは御大ザッパ自ら弾いている(と言われている)激レアな内容であります!

◆Palace Theater, Los Angeles, CA 22nd July 1984 [Stereo Soundboard Recording (1st gen)]
(Disc 1)
01. Intro by FZ 02. Black Page #2 (cut) 03. Hot Plate Heaven At The Green Hotel 04. Dumb All Over 05. The Evil Prince 06. Carolina Hardcore Ecstasy 07. Advance Romance 08. He's So Gay 09. Bobby Brown 10. Keep It Greasey 11. Honey Don't You Want A Man Like Me? 12. Carol You Fool 13. Dangerous Kitchen 14. Chana In The Bushwop 15. Let's Move To Cleveland 16. Why Don't You Like Me?

(Disc 2)
01. Intro by FZ 02. Stick It Out 03. Truck Driver Divorce* 04. Jam* 05. In France*/** 06. Chunga's Revenge***

◇Frank Zappa's Band: Napoleon Murphy Brock (tenor saxophone, vocals), Robert Martin (Bobby) (keyboards, tenor saxophone, French horn, vocals), Scott Thunes (bass), Chad Wackerman (drums), Ray White (guitar, vocals), Ike Willis (guitar, vocals), Frank Zappa (guitar, vocals) & Alan Zavod (keyboards)
◇Guest Appearance; * George Duke (keyboards), ** Johnny Guitar Watson (guitar, vocals), *** Aynsley Dunbar (drums), *** Bruce Fowler (trombone) & *** Denny Walley (guitar)

Bonus Tracks; ◆George Duke Demo (produced by Frank Zappa in 1972 during sessions for Waka/Jawaka and Grand Wazoo)
07. For Love (I Come Your Friend) 08. Psychosomatic Dung 09. Uncle Remus (Instrumental)

◇Personnel; George Duke (keyboards), Alex Dmochowski (bass), Aynsley Dunbar (drums), Tony Duran (slide guitar), Sal Marquez (trumpet), Mike Altschul and Joel Peskin (woodwinds), Ilene "Chunky" Rapaport (vocal) and guitar solos are believed to be by Frank Zappa



フランク・ザッパ
LIVE AT THE RITZ 1981
WR-438
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


”フランク・ザッパ”1981年、ニューヨーク・リッツでの迫力のステージを高音質サウンドボード音源(2枚組)で収録したタイトルが登場!
本タイトルは、ファンの間でも人気の高い”スティーヴ・ヴァイ”在籍時の貴重なライブ音源。ゲストにアル・ディメオラを迎え究極のトリプル・ギター・バトルが展開するステージは必聴!オススメのコレクターズ・アイテムです!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at The Ritz, NYC, November 17, 1981.

DISC ONE
01. Treacherous Cretins (fades in) / 02. Montana / 03. Easy Meat / 04. You Are What You Is / 05. Mudd Clubb
06. The Meek Shall Inherit Nothing / 07. Dumb All Over / 08. Heavenly Bank Account / 09. Suicide Chump / 10. Jumbo Go Away
11. Envelopes / 12. What's New In Baltimore / 13. Moggio / 14. Bamboozled By Love

DISC TWO
01. Sinister Footwear / 02. Cocaine Decisions / 03. Nig Biz / 04. Doreen / 05. Goblin Girl / 06. Black Page #2 / 07. Tryin' To Grow A Chin
08. Strictly Genteel / 09. Al DiMeola Intro / 10. Ride Like The Wind / 11. This Is My Story / 12. Whippin Post
13. Watermelon In Easter Hay



フランク・ザッパ
Salt Lake City 1980
SOFA-005
SBD
2CD-R
\4,300


ザッパ専門SOFAレーベルより、1980年12/3のSalt Lake City公演のアーリーショウ、レイトショウを、ともに高音質ステレオ・サウンドボード・マスターよりデジタル・リマスタリング収録したマニア驚愕の音源が登場。

初登場となるこの日のサウンドボード・マスター、今回もSOFAレーベル独自のこだわりのリマスタリングが施されており、ザッパ専門レーベルならではの痒いところに手が届く音質へと仕上げています。怒涛の如く楽曲を連ねていくザッパ黄金期のライブは予期していても圧倒されてしまう濃すぎる内容、バンド編成に関してもIke Willis、Ray Whiteのダブルヴォーカル、3人目のギターにはSteve Vai、すっかり板についた観のあるVinnie Colaiutaという完璧な布陣です。殺気すら感じさせる超速テンポの「Keep It Greasey」、10分を超える「City Of Tiny Lights」、アーリー&レイト2公演を聴き通すことで完結する最盛期ザッパの強烈なステージは聴き応え十分、またこの時期のVinnie Colaiutaのパフォーマンスは彼のキャリアの中でも屈指の名演に数えることが出来る素晴しいものなので、全ドラムマニアに聴いていただきたいオススメの1枚とも言えます。

◆Terrace Ballroom, Salt Lake City, UT, 3rd December 1980

<Disc 1; Early Show>
1.Tuning 2.Chunga's Revenge 3.Panty Rap 4.Tell Me You Love Me 5.Cosmik Debris 6.Keep It Greasey 7.The Blue Light 8.Goblin Girl 9.Pick Me I'm Clean 10.Dead Girls of London 11.Shall We Take Ourselves Seriously? 12.City of Tiny Lights 13.Mudd Club 14.The Meek Shall Inherit Nothing 15.Suicide Chump

<Disc 2; Late Show>
1.Tuning 2.Black Napkins 3.Panty Rap 4.You Are What You Is 5.Love of My Life 6.Flakes 7.Magic Fingers 8.The Blue Light 9.Tinsel Town Rebellion 10.Pick Me I'm Clean 11.Honey, Don't You Wanna Man Like Me? 12.I Ain't Got No Heart 13.Medical Emergency Break 14.The Torture Never Stops

◇personnel;
Frank Zappa (guitar, vocal)
Ike Willis (guitar, vocal)
Steve Vai (guitar)
Ray White (guitar, vocal)
Arthur Barrow (bass)
Vinnie Colaiuta (drums)
Tommy Mars (keyboards)
Bob Harris (keyboards, trumpet)



フランク・ザッパ
Rehearsals 1980
MDNA-13065
SBD
1CD-R
\2,900


フランク・ザッパ・バンドの激レア・スタジオ・リハーサル音源が登場。この音源は、1980年9/22にLAのスタジオでおこなわれたザッパ・バンドのリハーサルの模様を収めたものです。

今は亡き御大ザッパを中心に、今や押しも押されぬトップドラマーとなったヴィニー・カリウタ、20歳を超えてようやくバンドに正式加入を果たしたばかりのスティーブ・ヴァイ等を擁するオールスターバンドの大変貴重なセッションは全ファン必聴。関係者流出のマスターを使用しており、時代を考えるならば十分すぎるほどの高音質で記録されているのも嬉しいところです。

◆Los Angeles, CA 22nd September 1980

1. The Torture Never Stops #1 2. The Torture Never Stops #2 3. We're Turning Again 4. My Sharona

◇Personnel; Frank Zappa (guitar, vocals), Vinnie Colaiuta (drums), Arthur Barrow (bass), Bob Harris #2 (keyboards, trumpet, vocals), Tommy Mars (keyboards), Steve Vai (guitar), Ray White (guitar, vocals) & Ike Willis (guitar, vocals)



フランク・ザッパ
Paris 1979
SOFA-002
SBD
2CD-R
\4,300


ZAPPA専門SOFAレーベル第2弾、1979年2/24のパリ公演を、メーカー独自のリマスタリング技術にて磨き上げた珠玉のアイテムが入荷。

ファンの間では認知度の高いパリのNouvel Hippodromeでおこなわれたサウンドボード音源、本作ではファースト・ジェネレーションのマスターソースにデジタル・リマスタリングを施しており、既発のタイトルを凌駕する臨場感満点の高音質を実現しています。1979年、名盤『Joe’s Garage』収録と同じ編成でおこなわれた黄金期ザッパのライブ・ステージ、Vinnie Colaiuta、Warren Cucurullo、Tommy Mars等、確かな技術を有し、その後各方面で大活躍することになる若手メンバーを揃えたバンドのタイトな演奏はただ純粋に楽しめる素晴しいものです。エポックメイキングな70年代前半~半ばとは、また一味も二味も違う、文字通り脂の乗りきった時期のザッパの姿を捉えた貴重なドキュメントです。

◆Nouvel Hippodrome, Paris, France, 24th February 1979

<DISC 1>
1.Watermelon in Easter Hay (fade in) 2.Dead Girls of London 3.I Ain't Got No Heart 4.Brown Shoes Don't Make It 5.Cosmik Debris 6.Tryin' To Grow A Chin 7.City of Tiny Lights 8.Dancin' Fool 9.Easy Meat 10.Jumbo Go Away (fade out)

<DISC 2>
1.Andy 2.Inca Roads 3.Florentine Pogen 4.Honey Don't You Want A Man Like Me? 5.Keep It Greasey 6.The Meek Shall Inherit Nothing 7.For The Young Sophisticate 8.Wet T-Shirt Night 9.Why Does It Hurt When I Pee? 10.Peaches En Regalia

◇Personnel;
Frank Zappa (Guitar, Vocal)
Denny Walley (Guitar, Vocal)
Ike Willis (Guitar, Vocal)
Tommy Mars (Keyboards)
Ed Mann (Percussion)
Peter Wolf (Keyboards)
Vinnie Colaiuta (Drums)
Arthur Barrow (Bass)
Warren Cucurullo (Guitar)



フランク・ザッパ
Don’t You Want A Man Like Me?
Sofa-DVD-004
58min. Pro-shot
1DVD-R
\3,000


ザッパ専門SOFAレーベルの映像アイテム第4弾、1978年9/8のドイツはミュンヘンでのライブがオフィシャル級の完璧なクオリティで登場。

Vinnie Colaiuta加入直後の貴重なライブを収録した映像として、アナログビデオ・ブート時代から流通していたソースなので、マニアの方であれば一度はご覧になったことがあるのではないかと思います。本タイトルでは経年による劣化等が一切見られないマスタークオリティのソースを使用、さらに専門レーベルならではのこだわりのリマスタリングが施されており、ファン感涙モノの素晴しすぎる映像と音質へと磨き上げています。現在とは別人の様相を呈するVinnie Colaiutaのドラムソロ箇所等、全編見所満載の濃すぎる収録内容、Tommy Marsをはじめとした一級の変わり者集団にして超一流の技巧派集団でもあったこの時期のザッパバンド、80年代に入り数々の素晴しいライブパフォーマンスを残すことになる面子による初期の貴重なライブ・テイクを究極のクオリティでご堪能下さい!

◆Circus Krone, Munich, Germany 8th.Sep.1978

01. Pound for a Brown 02. Baby Snakes 03. Deathless Horsie 04. Dancin' Fool 05. Easy Meat 06. Honey Don't You Want a Man Like Me? 07. Keep It Greasey 08. Why Does It Hurt When I Pee ? 09. Sofa #2 10. Vinnie's Seal Call Fusion Music 11. Bobby Brown 12. Conehead 13. Dead Air / I'm On Duty 14. St. Alphonzo's Pancake Breakfast

◇Personnel;
Frank Zappa
Ike Willis
Denny Walley
Arthur Barrow
Tommy Mars
Peter Wolf
Ed Mann
Vinnie Colaiuta



フランク・ザッパ
BERLIN 1978
LRCD-08036
SBD
2CD-R
\4,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


フランク・ザッパの強烈極まりないライヴ。オフィシャルクオリティのサウンドボード音源を、限りなくマスターに近いロウジェネレーション・テープからリマスタリング収録。ほぼ全曲ぶっ続け、フルマラソンを全速力で駆け抜けるような怒涛の演奏。エイドリアン・ブリュウ、パトリック・オハーン、テリー・ボジオ在籍の最強ライヴです。ザッパのライヴ音源の入門用にもおすすめ。

Live at DEUTSCHLANDHALLE, BERLIN, GERMANY, February 15, 1978
Frank Zappa / Patrick O'hearn / Adrian Belew / Tommy Mars / Terry Bozzio / Peter Wolf / Ed Mann

DISC 1
1. Intro / 2. DANCIN' FOOL / 3. PEACHES EN REGALIA / 4. THE TORTURE NEVER STOPS (inc RAT TOMAGO) / 5. TRYIN' TO GROW A CHIN / 6. CITY OF TINY LIGHTS / 7. BABY SNAKES / 8. A POUND FOR A BROWN ON THE BUS / 9. I HAVE BEEN IN YOU / 10. FLAKES / 11. BROKEN HEARTS ARE FOR ASSHOLES / 12. KING KONG / 13. WILD LOVE

DISC 2
1. YO MAMA / 2. TITTIES 'N BEER / 3. TNE BLACK PAGE #2 / 4. JONES CRUSHER / 5. LITTLE HOUSE I USED TO LIVE IN (inc THE SHEIK YERBOUTI TANGO) / 6. DONG WORK FOR YUDA / 7. BOBBY BROWN / 8. ENVELOPES / 9. DRUM SOLO / 10. DISCO BOY / 11. DINAH-MOE HUMM (inc AVE MARIA) / 12. CAMARILLO BRILLO / 13. MUFFIN MAN - Band intro



フランク・ザッパ
New York 1977
Dead Flowers-008
SBD
1CD-R
\2,600


ザッパの定番サウンドボード音源、1977年10/31のNY公演が装いも新たに登場。

Adrian Belew、Terry Bozzio、Patrick O’Hearn、Tommy Mars、Peter Wolf、Ed Mannからなるザッパ・バンド史上屈指のスター軍団を率いてのハロウィン・コンサート。これまで幾度もリリースされてきた正に定番の音源ですが、本作では超高音質のオリジナル放送用ステレオ・サウンドボード音源にデジタル・リマスタリングを施し、テクニシャン揃いのバンドの演奏をより鮮明に楽しめるように各楽器のエンハンスに重点を置いた処理をおこなっています。Terry Bozzioのドラム・ワーク、Patrick O’Hearnのベースプレイ等の粒立ちの良さは、これまで登場した数多のタイトルとは一線を画すものとなっているので、ザッパマニアにとっては見逃せないタイトルといえるのではないでしょうか。

Frank Zappa (vocals, guitars)
Adrian Belew (guitar, vocals)
Terry Bozzio (drums, vocals)
Patrick O’Hearn (bass, vocals)
Tommy Mars (keyboards, vocals)
Peter Wolf (keyboards)
Ed Mann (percussion)

◆Palladium, New York, NY, 31st October 1977

01.introduction 02.San Ber'Dino 03.Tryin' To Grow A Chin 04.City Of Tiny Lites 05.The Squirm 06.Big Leg Emma 07.Dance Contest Invocations 08.The Black Page #2 09.Jones Crusher 10.Camarillo Brillo 11.Black Napkins



フランク・ザッパ
Allures in Paris 1976
SOFA-004
SBD
1CD-R
\2,800


ザッパ専門SOFAレーベル第4弾、Frank Zappaの1976年3/8のパリ公演を、初登場となる放送用サウンドボード・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。

曲間におけるフランス人DJによるコメントが若干煩わしく感じられる部分もありますが、Roy Estrada、Terry Bozzio、Napoleon Murphy Brock、Andre Lewis、Norma Bellという豪華な顔ぶれによる76年のザッパバンドの強烈なステージを最高の音質で楽しめるオススメのタイトルです。

ボーナストラックとして「Inca Roads」「Stinkfoot」の2曲をオーディエンス・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。このボーナストラックの音質向上ぶりをご確認いただければ、SOFAレーベルのリマスタリング技術の確かさをお分かりいただけるのではないでしょうか。マニア要注目の音源の登場です。

◆Palais des Sports, Paris, France, 8th March 1976

1.Inca Roads Intro 2.Stinkfoot (incl.Poodle Lecture) 3.Dirty Love 4.Filthy Habits 5.How Could I Be Such A Fool? 6.I Ain't Got No Heart 7.I'm Not Satisfied <bonus truck *audience source> 8.Inca Roads Intro 9.Stinkfoot (incl.Poodle Lecture)

◇Personnel;
Frank Zappa
Roy Estrada
Terry Bozzio
Napoleon Murphy Brock
Andre Lewis
Norma Bell



フランク・ザッパ
Kyoto 1976
SOFA-008
AUD
2CD-R
\4,700


Frank Zappaの1976年日本公演より、2/4に京都大学・西部講堂でおこなわれたライブを、高品質のオーディエンス・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。

2/1東京(浅草国際劇場)、2/3大阪(厚生年金大ホール)、2/4京都、2/5東京(日本青年館)と、合計4公演がとりおこなわれた伝説の来日ツアーですが、その中でも質・量ともに最も充実した名演となった京都公演を、時代を感じさせない素晴らしい高音質で収録したファン必聴のアイテムです。

この京都公演を収録した音源としては2本組みのカセット・ブートが有名ですが、本作に用いられたマスターも同様であるため、残念ながらアンコールの「Dinah Moe Humm」途中までの収録となっています。よって演奏面に関しては初登場となる箇所こそ無いのですが、SOFAレーベルの専属エンジニアによるリマスタリングが光る音質の素晴しさは、既発のいかなる音源とも一線を画す素晴しいものとなっています。この公演を未聴のファンの方はもちろん、既にこの日の音源をお持ちの方にも是非とも聴いていただきたい、大推薦のタイトルです。

◆Recorded Live at Seibu Auditorium of Kyoto University, Kyoto, Japan 4th February 1976

<DISC 1>
01.Opening ~INCA ROAD~ 02.BAND INTRODUCTION ~STINK FOOT 03.DIRTY LOVE 04.FILTHY HABITS 05.HOW COULD I BE SUCH A FOOL? 06.I AIN'T GOT NO HEART 07.I'M NOT SATISFIED 08.BLACK NAPKINS 09.ADVANCE ROMANCE 10.HONEY DON'T YOU WANT A MAN LIKE ME?

<DISC 2>
01.THE ILLINOIS ENEMA BANDIT 02.WIND UP WORKIN' IN A GAS STATION 03.TRYIN' TO GROW A CHIN 04.TORTURE NEVER STOPS 05.CHUNGA'S REVENGE 06.DRUM SOLO 07.ZOOT ALLURES 08.SHIP AHOY ~MISS. PINKY (THE DAUGHTER OF MS. PINKY) 09.DINAH-MOH HUMM

◇personnel;
Frank Zappa (vocal, guitar)
Napleon Murphy Brock (saxophone, vocal)
Andre Lewis (keyboards)
Terry Bozzio (drums)
Roy Estrada (bass)



フランク・ザッパ
Osaka ‘76
SOFA-009
AUD
2CD-R
\4,700


Frank Zappaの1976年日本公演より、2/3に大阪厚生年金会館でおこなわれたライブを、高品質のオーディエンス・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。

2/1東京(浅草国際劇場)、2/3大阪、2/4京都(京都大学西部講堂)、2/5東京(日本青年館)と、合計4公演がとりおこなわれた伝説の来日ツアーですが、その中でも音質において決定版と断言出来るのがこの大阪公演です。一聴するとライン録音と間違えるほどの極上オーディエンス・マスターに、SOFAレーベル専属エンジニアによるリマスタリングが施されており、既発のいかなる音源とも一線を画す素晴しすぎる音質による収録となっています。オフィシャル『Zoot Allures』に収録された「Black Napkins」がこの日のテイクであることは有名ですが、その未編集10分超バージョンを最高の音質で聴くことが出来るというのも本作のセールスポイントの一つといえるでしょう。この公演を未聴のファンの方はもちろん、既にこの日の音源をお持ちの方にも是非とも聴いていただきたい、大推薦のタイトルです。

◆Live at Osaka Kosei Nenkin Kaikan Hall, Osaka, Japan 3rd February 1976
<Disc 1>
01.Opening ~INCA ROAD~ 02.BAND INTRODUCTION ~STINK FOOT 03.DIRTY LOVE 04.FILTHY HABITS 05.HOW COULD I BE SUCH A FOOL? 06.I AIN'T GOT NO HEART 07.I'M NOT SATISFIED 08.BLACK NAPKINS 09.ADVANCE ROMANCE

<Disc 2>
01.HONEY, DON'T YOU WANT A MAN LIKE ME? 02.THE ILLINOIS ENEMA BANDIT 03.WIND UP WORKIN' IN A GAS STATION 04.TRYIN' TO GROW A CHIN 05.TORTURE NEVER STOPS 06.CHUNGA'S REVENGE 07.DRUM SOLO 08.ZOOT ALLURES 09.SHIP AHOY 10.I'M THE SLIME 11.SAN BER'DINO

◇personnel;
Frank Zappa (vocal, guitar)
Napoleon Murphy Brock (saxophone, vocal)
Andre Lewis (keyboards)
Terry Bozzio (drums)
Roy Estrada (bass)



フランク・ザッパ
Extreme
SOFA-DVD-002
73min. Pro-shot
1DVD-R
\3,000


ザッパ専門SOFAレーベルの映像アイテム第2弾、1974年の”A Token Of His Extreme”のコレクターズ・エディションが入荷!

1974年8/27、LAのKCET TVスタジオでおこなわれたNapoleon Murphy Brock、George Duke、Chester Thompson等を迎えた黄金期マザーズの貴重なライブ映像、輸入版DVDとは別のマスターをデジタル・リマスタリング収録しており、映像・音声ともに非常に良好なマニア必見のアイテムです。療養期間を経て大きく方向転換を果たした70年代のザッパサウンド、あらゆるジャンルの音楽ファンに強くアピールするであろう魅力的な楽曲群に彩られた貴重な映像作品です!

◆“A Token of his Extreme”, KCET TV, Los Angeles, 27th August 1974
01. Dog Meat 02. Montana 03. George Freak Out 04. Florentine Pogen 05. Stinkfoot 06. Pygmy Twylyte 07. Room Service 08. Inca Roads 09. Oh No 10. Son of Orange County 11. Trouble Every Day 12. A Token of my Extreme

◇Personnel;
Frank Zappa (guitar, vocals, percussion)
Napoleon Murphy Brock (sax, flute, vocals)
George Duke (keyboards. Vocals)
Tom Fowler (bass)
Chester Thompson (drums)
Ruth Underwood (percussion)



フランク・ザッパ
AUSTIN 1973
WR-412
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


“フランク・ザッパ”1973年、USツアーよりテキサス・オースティンでの圧巻のステージを高音質サウンドボード音源で収録したタイトルが登場!

本タイトルは、マザーズの最強の時代と言われる1973年USツアーより、テキサスでのライブを収録した迫力のタイトル。過去の数々の名曲から厳選されたセット・リストは、まさに、この時期の集大成と言っても過言ではありません!最強と言われたマンバーによる、後半の60年代マザーズ・メドレーは大興奮の嵐!ザッパの歴史の中でも、絶対に押さえておきたいオススメのライブ盤です!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Armadillo World Headquarters, Austin, TX, October 26, 1973.

01. Tuning / 02. Cosmik Debris / 03. Inca Roads / 04. Pygmy Twylyte / 05. The Idiot Bastard Son / 06. Cheepnis / 07. Big Swifty
08. Dickie's Such An Asshole / 09. Farther Oblivion / 10. The Mr. Green Genes Medley



フランク・ザッパ
More Opopoppa Special 1973
SOFA-DVD-001
127min. Pro-shot
1DVD-R
\3,000


ザッパ専門SOFAレーベルより、定番映像1973年”Opopoppa special”の決定版アイテムが登場!73年8/21、スウェーデンのストックホルムでおこなわれたTVショウ用のステージを2種類の放送用マスターからカップリング収録しています。

まず前半およそ75分が、近年発掘されたロングバージョンのマスターをデジタル・リマスタリング収録したもので、「Cosmik Debris」「Kung Fu」等を含む最長バージョンでの収録、映像・音声ともにSOFAレーベルならではのこだわりのリマスタリングが施されており、大変見応えのある内容となっています。

そして後半50分が、オリジナルの放送に用いられた同公演の放送局マスターからのソースをデジタル・リマスタリング収録したもので、超クリアな映像と音声による収録となっています。このクオリティの高さには長年のザッパ・マニアの方々も間違いなく腰を抜かすことでしょう!

◆Stockholm, Sweden, 21st August 1973 (extended master)
1.Cosmik Debris 2.Kung Fu 3.Penguin In Bondage ~ RDNZL 4.Montana 5.Dupree’s Paradise 6.Farther O’blivion

◆Stockholm, Sweden, 21st August 1973 (TV station master)
1.Montana 2.Dupree’s Paradise 3.Farther O’blivion

◇Personnel;
Frank Zappa (guitar, vocals)
Jean-Luc Ponty (violin)
George Duke (keyboards, vocals)
Tom Fowler (bass)
Bruce Fowler (trombone)
Ian Underwood (woodwings)
Ruth Underwood (percussion)
Ralph Humphrey (drums)



フランク・ザッパ
APPLETON 1969
WR-489
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


初期“フランク・ザッパ(アンド・ザ・マザーズインヴェイション)”1969年、アップルトンでのステージを高音質サウンドボード音源(2枚組)で収録した貴重なタイトルが登場!本タイトルは、“フランク・ザッパ(アンド・ザ・マザーズインヴェイション)”1969年の貴重なライブ音源を収録したタイトル。ザッパの初期であり、オリジナル・マザーズの最後期であるライブ音源は歴史的にも貴重!ザッパ・ファン必聴!オススメのライブ盤です!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Appleton, WI, May 23, 1969.

DISC ONE
01. intro & tune-up / 02. Some Ballet Music / 03. Uncle Meat (incl. Drum Duet) / 04. Eye Of Agamotto / 05. My Guitar preamble
06. My Guitar Wants To Kill Your Mama
07. Clap & Vomit (incl. Prelude to the Afternoon of a Sexually Aroused Gas Mask, Meditation, audience participation)
08. Kung Fu #1 (aka The Jelly)
09. Eric Dolphy Memorial Barbecue (q: Teddy Bears' Picnic, Tea For Two, It Had To Be You, Octandre)

DISC TWO
01. Hungry Freaks, Daddy / 02. 'The Duke' preamble / 03. Little House I Used To Live In / 04. Aybe Sea / 05. Transylvania Boogie
06. Help I'm A Rock (incl. Transylvania Boogie) / 07. King Kong / 08. Igor's Boogie - Little Doo-Wop



フランク・ザッパ
Toronto 1969
SOFA-003
SBD
1CD-R
\2,800


ザッパ専門SOFAレーベル第3弾、オリジナル・マザーズの最後期の名演1969年2/23トロント公演のアーリー・ショウを、サウンドボード・マスターより24bitデジタル・リマスタリング収録。

Lowell George在籍時の貴重なステージとして名高いこの日の音源、これまでに様々な形で出回っているので、ファンの方であれば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。演奏内容の濃さにおいては説明不要の有名音源ですが、今回のリリースに際してはマスタークオリティのサウンドボードソースを使用、プロ・スタジオ持ち込みのデジタル・リマスタリングを施しており、このトロント公演のアーリー・ショウとしては文字通りの決定版と呼べるサウンド・クオリティへと仕上げています。

◆Rockpile, Toronto, 23th February 1969 (early show)
01. Intro 02. Bacon Fat 03. Lonely Lonely Nights 04. Corrido Rock 05. Pachuko Hop 06. Behind the Sun 07. String Quartet 08. WPLJ 09. In the Sky 10. All Night Long

◇Personnel;
Frank Zappa
Lowell George
Ian Underwood
Bunk Gardner
Jim "Motorhead" Sherwood
Roy Estrada
Don Preston
Jimmy Carl Black
Arthur Dyer Tripp III



ザッパ・プレイズ・ザッパ with special guest アラン・ホールズワース
Agoura Hills 2012
Invisible Works Records-085
AUD
3CD-R
\4,500


Zappa Plays Zappaの2012年最新ライブ、2/19にカリフォルニア州Agoura Hillsでおこなわれたライブを高音質のオーディエンス・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。

鬼才フランク・ザッパの遺した膨大な楽曲を網羅したZPZのツアーセットは、ファンであれば全公演必聴と断言できるものですが、この2月のツアーにはあのScott Thunesが帯同しているので、往年のファンには嬉しいかぎりでしょう。

さらに見逃せないのが、この日限定のスペシャル・ゲスト、Allan Holdsworthの客演です!そのギタープレイを“ワン&オンリー”と評されたザッパの楽曲に、現在の音楽シーンにおける文字通りの“唯一無二”のギタリストであるアランがどういったアプローチで迫るのか。

双方のファンにとって興味の尽きないであろう激レア・ライブ音源です!


◆The Canyon, Agoura Hills, CA 19th February 2012

<Disc 1> 01.Introduction / Sexual Harassment In The Workplace 02.Plastic People 03.Hungry Freaks Daddy 04.Bow Tie Daddy 05.Motherly Love 06.Dirty Love 07.Any Kind Of Pain ** 08.Blessed Relief 09.Mother People 10.Debra Kadabra * 11.Carolina Hardcore Ecstasy

<Disc 2> 01.Advance Romance 02.Wedding Dress Song / The Handsome Cabin Boy 03.Trouble Everyday 04.Lucille Has Messed Up My Mind 05.Eat That Question ** 06.Who Are The Brain Police?

<Disc 3> 01.Ride My Face To Chicago 02.Son Of Mr Green Genes encores: 03.Treacherous Cretins ** 04.Dancin' Fool 05.Willie The Pimp 06.Whippin' Post

Personnel; Dweezil Zappa (guitar, vocals), Scott Thunes (bass, vocals), Scheila Gonzalez (saxophone, flute, keyboards, vocals & dancing), Billy Hulting (marimba, percussions), Jamie Kime (guitar), Ben Thomas (vocals), Joe Travers (drums, vocals) & Chris Norton (keyboards, vocals) and special guests; * Pete Jones (vocals), ** Allan Holdsworth (guitar)




ザッパ・プレイズ・ザッパ
Son Of Harakiri County
Wildlife Records-035
AUD
2CD-R
\4,300


ZAPPA PLAYS ZAPPAの2009年来日公演より、4/7の渋谷O-Eastでのライブを極上音質のオーディエンス録音にて完全収録。

2008年の初来日のステージより東京公演を完全収録した同Wildlifeレーベルの「Tokyo! Tokyo!」(Wildlife-003)も素晴しい音質のオーディエンス録音でしたが、本タイトルはそれをも凌駕するウルトラ・クオリティの高音質盤です。直前でレイ・ホワイトが脱退してしまうというアクシデントにも見舞われましたが、より成長して帰ってきたバンドのパフォーマンスは圧巻で、流れるようなステージ進行は正に“ザッパ・ワールド”そのものといった感じです。偉大なる父の芸術作品をより完璧な形で世界に発信しようと、日々精進を怠らないドゥイージルの姿勢には脱帽するしかありません。

◆Shibuya O-East, Tokyo, Japan, 7th April 2009
<Disc 1>
01. introduction 02. Apostrophe' 03. Why Don'cha Do Me Right? 04. Penguin In Bondage 05. Village Of The Sun 06. Echidna's Arf (Of You) 07. Don't You Ever Wash That Thing? 08. Dirty Love 09. Purple Lagoon 10. Imaginary Diseases 11. Wind Up Workin' In A Gas Station 12. Pound For A Brown (incl. band solos)

<Disc 2>
01. Pygmy Twilight 02. Son Of Orange County 03. More Trouble Every Day -encore- 04. Black Napkins 05. I'm The Slime 06. Willie The Pimp



ザッパ・プレイズ・ザッパ
Tokyo! Tokyo!!
Wildlife-003
AUD
2CD-R
\4,300


Zappa Plays Zappaの2008年1/22東京公演を、極上音質のオーディエンス録音にて全曲完全収録。Steve Vaiをゲストに迎えておこなわれた圧巻のパフォーマンスを、完璧なサウンドバランスにて捉えたファン必聴のアイテムです。

天才Frank Zappaの芸術を現在のステージ上にライブ再現すべく、2006年夏から長男Dweezil Zappaの提唱により開始された往年のファンには興味津々のZappa Plays Zappaツアー。当初の半年間に亘るライブ・スケジュールを終え、2007年夏に再開された第2部とも位置づけられる今回一連のツアーにおいては、よりザッパのキャリアを満遍なくカヴァーすることに重点を置き、なおかつステージ上のスクリーンに映し出される父フランクとのコラボレーション・パートが用意される等、非常に充実した内容で世界各地で絶賛されていることは周知の通りです。本作に収録された東京公演も、冒頭「Black Napkins」でスクリーンで大写しとなったザッパの雄姿に早くも会場のヴォルテージは最高潮に達し、難解な楽曲の数々を見事に再現してみせる若いバンドメンバーの完璧な演奏、ソウルフルなRay Whiteのヴォーカル、そしてSteve Vaiの超絶ギタープレイ、最初から最後までステージに釘付けの大盛り上がりのライブとなりました。会場内の座席の位置によっては出音のバランスが悪かったりもしたようですが、本作ではヴァイを含む3人(+スクリーンに映し出されるザッパ)のギターはもちろん、低音から高音まで全ての楽器を完璧なバランスで収録しているので、会場の出音に不満が残ったファンの方も溜飲を下げる思いではないでしょうか。

さらにディスク2の最後に、2007年10/30のNY公演より「Willie The Pimp」をサウンドボード録音にて追加収録しています。

Dweezil Zappa (guitar & vocal)
Joe Travers (drums & vaultmeister)
Billy Hulting (marimba, mallets & percussion)
Aaron Arntz (keyboards & trumpet)
Scheila Gonzalez (keyboards, saxophoe & vocals)
Pete Griffin (bass)
Jamie Kime (guitar)
Ray White (vocals & guitar)
Steve Vai (guitar)

◆Zepp Tokyo, Japan, 22nd January 2008 (* with Steve Vai)
<DISC 1>
01.intro 02.Black Napkins 03.Magic Fingers 04.Carolina Hard-Core Ecstacy 05.Doreen 06.Zoot Allures (false start) 07.Zoot Allures 08.Ship Ahoy 09.Pygmy Twilight 10.Dupree's Paradise 11.Uncle Remus 12.Willie The Pimp 13.Black Page *

<DISC 2>
01.Andy * 02.Filthy Habits * 03.I'm the Slime * 04.Montana * 05.Echidna's Arf (Of You) * 06.City Of Tiny Lights * 07.Florentine Pogen encore; 08.Cheepnis 09.Cosmic Debris 10.G-spot Tornado 11.Muffin Man * 12.outro (Chunga's Revenge) [bonus/soundboard source]

◆Late Night With Conan O'Brien, NY, 30th October 2007
13.Willie the Pimp



ザッパ・プレイズ・ザッパ
Illinois Bandits
Second Line-031
177min. Aud-shot
1DVD-R
\3,000


2007年夏から再開されたZappa Plays Zappaワールドツアー第2幕より、ツアー開始後間もない7/20のステージの模様を、高画質オーディエンス・ショットにて3時間近くに亘り全曲収録したDVDが入荷。2階席やや左側からのショットで、クローズショットもばっちりの安定したカメラワーク、オーディエンスもののDVDとしては映像・音声ともに最上級のレベルで非常に楽しめる内容です。

天才Frank Zappaの芸術を現在のステージ上にライブ再現すべく、2006年夏から長男Dweezil Zappaの提唱により開始された往年のファンには興味津々のZappa Plays Zappaツアー。当初の半年間に亘るライブ・スケジュールを終え、2007年夏に再開された第2部とも位置づけられる今回一連のツアーにおいては、よりザッパのキャリアを満遍なくカヴァーすることに重点を置き、なおかつステージ上のスクリーンに映し出される父フランクとのコラボレーション・パートが用意される等、非常に充実した内容で世界各地で絶賛されていることは周知の通りです。本作に収録されたシカゴ公演でも、ザッパ所縁のプレイヤーRay Whiteを筆頭に、若いバンドメンバーのタイトな演奏のもと熱狂的なオーディエンスの期待を裏切らない素晴らしいパフォーマンスを展開しています。スクリーンに映し出されるザッパの在りし日の雄姿を映像で楽しめるという点で、ファンにとって感涙モノのアイテムといえるでしょう。

さらにボーナス映像として、2007年10/30にテレビ出演した際の「Willie The Pimp」のスタジオ・ライブを追加収録。

◆Civic Opera House, Chicago, IL 20th July 2007
01.Echidna's Arf 02.My Guitar Wants to Kill Your Mama 03.Dirty Love 04.Black Napkins 05.Son of Suzy Creamcheese 06.Brown Shoes Don't Make It 07.America Drinks 08.City of Tiny Lights 09.Pygmy Twilight 10.Montana 11.Cheepnis 12.Advance Romance 13.Carolina Hardcore Ecstasy 14.Dumb All Over 15.What's New In Baltimore 16.Dupree's Paradise 17.Uncle Remus 18.Willie the Pimp 19.Joe's Garage 20.Wind Up Workin' In The Gas Station 21.San Berdino 22.Illinois Enema Bandit 23.Wild Love 24.Yo Mama Encore: 25.Cosmic Debris 26.Muffin Man 27.G Spot Tornado

◆Late Night With Conan O'Brien, NY 30th October 2007
28.Willie the Pimp