コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます




フリートウッド・マック
New Orleans 1970
WR-056
SBD
1CD-R
\3,200


初期フリートウッド・マック、全盛期ブルース・バンド時代、1970年ニューオリンズでの名演が高音質サウンドボード音源で登場!

本タイトルは、1970年1月、ピーター・グリーン、ジェレミー・スペンサー、ダニー・カーワン(なんと、当時19歳!)、トリプル・ブルース・ギター黄金のラインナップによる迫力のステージを高音質サウンドボードで収録した貴重なタイトルです!
この年、ピーター・グリーン、ジェレミー・スペンサーの2人が相次いで脱退、この3人での白熱のブルース・ギター・バトルは2度と聴く事が出来なくなります。そう言った意味でも歴史的に貴重な音源である事は言うまでもありません!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at New Orleans,Louisiana,January 30th,1970.

01. Intro
02. Before the Beginning
03. It Takes Time
04. Like It This Way
05. Only You
06. Madison Blues
07. Oh Baby
08. Albatross
09. Green Manalishi
10. World in Harmony
11. Stranger Blues



ピーター・グリーン
Germany 1998
Dead Flowers DVD-055
58min. Pro-shot
1DVD-R
\3,000


Peter Green & The Splinter Groupの1998年6/20ドイツでのライブを、放送用プロショット・マスターより高画質収録。

故コージー・パウエル脱退直後におこなわれたステージで、後任ドラマーにLarry Tolfree、ベースにNeil Murrayというレアなバンド編成時のライブです。音源としてはファンの間では昔からかなり有名な公演ですが、今回その映像版アイテムが、Dead Flowersレーベル独自のリマスタリングが光る素晴らしい画質と音質で登場となりました。ギタープレイ、ヴォーカルともにすこぶる好調、セットも往年のフリートウッド・マック時代の楽曲が多数セットインしているので、全ホワイトブルーズ・ファンにご満足いただけるはず、何よりも名曲を多数これまで想像力に頼るしかなかったカムバック後のピーター・グリーンのこの日のステージ、やはり映像で確認すると(予想をはるかに上回るほど調子が良さそうなので)感慨も新たなはずです。

◆Gesendef Auf, Baden Baden, Germany, 28th June 1998
01.Introduction 02.Black Magic Woman 03.Mama Keep Your Big Mouth Shut 04.Rattlesnake Shake 05.The Supernatural 06.Shake Your Hips 07.Travelin' Riverside Blues 08.Steady Rollin' Man 09.The Stumble 10.Albatross 11.The Green Manalishi 12.Going Down 13.Look on Yonder Wall

◇Personnel;
Peter Green (vocal, guitar)
Nigel Watson (guitar, vocal, mandolin)
Roger Cotton (keyboards, guitar)
Neil Murray (bass)
Larry Tolfree (drums, percussion)