コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます



2009年/2011年/2014/2016年ジャパンツアーはコチラ



エリック・クラプトン
BEEFY'S BIG BIRTHDAY BASH
MID VALLEY RECORDS
AUD/AUD-SHOT
1CD+1DVD
\3,300
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


現時点で最新公演!ロイアル・アルバート・ホール公演後の2015年7月25日ハイ・ウィカムのクリケット場で行われたチャリティ・コンサート。名クリケット選手イアン・ボザムの60歳の誕生日を祝うライヴでエリックが450名の幸運な観客を
前にプレイしました。その激レア・ライヴを超高音質オーディエンス録音で完全収録に成功!当日の映像のDVDもボーナスで付いた2枚組み!(スクリーンショットで映像のクオリティもプロショット並みの美しいものです)ラストの"HAPPY BIRTHDAY"を唄っているのは超貴重!アンディ、クリス・ステイントン、デイブ・ブロンズ、ヘンリー・スピネッティ、そしてバックコーラスのミッシェルとシャロンというメンバー構成です。CD、DVDともにプレス盤です。

CD
1. SOMEBODY KNOCKING
2. KEY TO THE HIGHWAY
3. TELL THE TRUTH
4. HOOCHIE COOCHIE MAN
5. LAY DOWN SALLY
6. GIN HOUSE
7. WONDERFUL TONIGHT
8. CROSSROADS
9. LITTLE QUUEN OF SPADES
10. COCAINE
11. HAPPY BIRTHDAY IAN
RECORDED LIVE AT WORMSLEY ESTATE CRIKET GROUND STOKENCHURCH, HIGH WYCOMBE, UK : 25 JULY 2015

DVD
1. SOMEBODY KNOCKING
2. KEY TO THE HIGHWAY
3. TELL THE TRUTH
4. HOOCHIE COOCHIE MAN
5. LAY DOWN SALLY
6. GIN HOUSE
7. WONDERFUL TONIGHT
8. CROSSROADS
9. LITTLE QUUEN OF SPADES
10. COCAINE
11. IAN'S MC
12. HAPPY BIRTHDAY IAN
13. IAN'S MC
RECORDED LIVE AT WORMSLEY ESTATE CRIKET GROUND STOKENCHURCH, HIGH WYCOMBE, UK : 25 JULY 2015



エリック・クラプトン
FIRST LANDED IN JAPAN 1974
PADD-51/52
SBD/AUD
2CD
\7,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


■初来日公演から11月2日武道館公演をサウンドボードで収録
■ボーナストラックでは4曲のみですが前日1日の初登場サウンドボードも併録

量より質を重視して、厳選された歴史的音源を、他レーベルで後発されても価値が落ちない内容と音質をテーマにリリースをするPADDINGTONレーベルの最新作は、歴史的な第一回目の来日公演より、1974年11月2日武道館公演をサウンドボードで収録した
タイトルになります。 この初来日公演は全部で5公演行なわれ、武道館は3連続公演。本作に収録はその最終日にあたります。お酒が程よく入ったエリックが日本の聴衆の前に現れた、それを一目見ようと大勢のファンが武道館、そして大阪厚生年金会館に訪れました。まさかこの後、40年に渡って200回以上のコンサートを日本で行なうとは誰も思わなかったでしょう。まさにその第一歩となるのが、本作に収録されている武道館公演なのです。音質はサウンドボードですので、安定した高音質であることはもちろん、ギターやヴォーカルが間近で聴くことができ、初来日公演の中では外すことの出来ない音源といえるでしょう。さらにボーナストラックでは、11月1日の武道館公演を、4曲のみですが、これまたサウンドボードで初登場収録しています。こちらはメインで収録されている11月2日のサウンドボードよりも、さらに音質が良く、この全長版が望まれるところ。あまりの音質の良さと、11月1日のサウンドボードがあるとは聞いたことがなかったので、同日のオーディエンス録音と聴き比べてみましたが、エリックがわざとマイクに向かってあげた「うめき声」までピタリと一致、間違いなく同一公演、11月1日武道館公演の演奏で間違いありません。さらに最後には、このオーディエンス音源から、サウンドボードで欠落していた「Layla」を追加で収録しています。エリッククラプトン1974年初来日公演から、11月2日武道館公演をサウンドボードで収録。さらにボーナストラックでは、4曲のみながら初登場11月1日武道館公演を、これまたサウンドボードで収録。美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

BUDOKAN HALL TOKYO JAPAN NOVEMBER 2, 1974
DISC ONE
01. Tuning 02. Smile 03. Let It Grow 04. Can't Find My Way Home 05. Better Make It Through Today
06. I Shot The Sheriff 07. Key To The Highway 08. Willie And The Hand Jive - Get Ready

DISC TWO 01. Badge 02. Presence Of The Lord 03. Singing The Blues

BUDOKAN HALL TOKYO JAPAN NOVEMBER 1, 1974
04. Singing The Blues 05. Badge 06. Willie And The Hand Jive - Get Ready - I Shot The Sheriff 07. Have You Ever Loved A Woman
08. Layla (audience source)



エリック・クラプトン
BALOISE SESSION 2013
WR-519
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


最新!“エリック・クラプトン”スイスで行われたフェスティバルBaloise Sessionでのステージを高音質サウンドボード音源(2枚組)で収録した最新タイトルが登場!

本タイトルは、スイスで開催されたフェスティバルBaloise Sessionの11月13、14日に登場した“エリック・クラプトンのステージを収録した最新のタイトル。2013年7月に亡くなったJ.Jケイルへの追悼と言っても過言ではないステージとなったのは言うまでもありません!お馴染みのブルース・スタンダードから自身の往年の大ヒット・ナンバーまで、まさに現在のクラプトンのベスト・オブ・ベスト!2014年2月の2年半ぶりの来日公演を前に是非、押さえておきたいオススメのライブ盤です!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Event Halle, Messe Basel, Basel, Switzerland, November 13&14, 2013.

DISC ONE 01. Don't Go to Strangers / 02. Key to the Highway / 03. I'm Your Hoochie Coochie Man / 04. Got My Mojo Workin'
05. Since You Said Goodbye / 06. After Midnight / 07. Call Me the Breeze / 08. Gin House [Andy Fairweather Low on vocals]
09. How Long [Paul Carrack on vocals]

DISC TWO 01. Driftin' Blues / 02. Nobody Knows You When You're Down and Out / 03. Layla / 04. Pretending
05. Wonderful Tonight / 06. Crossroads / 07. Queen of Spades / 08. Cocaine / 09. High Time We Went



エリック・クラプトン
Goodnight Irene
Invisible Works Records-108
AUD
4CD-R
\4,300
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


Eric Claptonの2013年最新ツアーより、4/2ノースカロライナ公演と4/5コネチカット公演を、ともに超高音質のオーディエンス録音にて完全収録。

ドラムにSteve Jordan、ギターにDyle Bramhall IIが復帰し、ペダル・スティール・ギター奏者Greg Leiszやソウルフルな歌声を聴かせるオルガン奏者Paul Carrackを迎えた最新型ECライブ、セットリストは二日間共通ですが、レーベル独自のリマスターが施された超高音質サウンドで要注目の最新50周年ツアーをお楽しみいただけます。

◆Time Warner Arena, Charlotte, NC 2nd April 2013
(Disc 1)
01. Intro 02. Hello Old Friend 03. My Father's Eyes 04. Tell The Truth 05. Gotta Get Over 06. Black Cat Bone 07. Got To Get Better In A Little While 08. Tempted (Paul Carrack on Vocals) 09. I Shot The Sheriff 10. Driftin' 11. Nobody Knows You When You're Down And Out 12. Tears In Heaven 13. Goodnight Irene 14. Wonderful Tonight

(Disc 2)
01. How Long (Paul Carrack on Vocals) 02. Stones In My Passway 03. Love In Vain 04. Crossroads 05. Little Queen Of Spades 06. Cocaine Encore: 07. Sunshine Of Your Love 08. High Time We Went (Paul Carrack on Vocals)

◆Mohegan Sun Arena, Uncasville, CT 5th April 2013
(Disc 3)
01. Intro 02. Hello Old Friend 03. My Father's Eyes 04. Tell The Truth 05. Gotta Get Over 06. Black Cat Bone 07. Got To Get Better In A Little While 08. Tempted (Paul Carrack on Vocals) 09. I Shot The Sheriff 10. Driftin' 11. Nobody Knows You When You're Down And Out 12. Tears In Heaven 13. Goodnight Irene 14. Wonderful Tonight

(Disc 4)
01. How Long (Paul Carrack on Vocals) 02. Stones In My Passway 03. Love In Vain 04. Crossroads 05. Little Queen Of Spades 06. Cocaine Encore: 07. Sunshine Of Your Love 08. High Time We Went (Paul Carrack on Vocals)

◇Personnel; Eric Clapton (Guitar, Vocals), Doyle Bramhall II (Guitar, Vocals), Greg Leisz (Pedal Steel Guitar), Willie Weeks (Bass), Chris Stainton (Keyboards), Paul Carrack (Keyboards, Vocals), Steve Jordan (Drums), Sharon White (Backing Vocals) & Michelle John (Backing Vocals)



エリック・クラプトン
FRANKFURT 2013
WR-342
AUD
2CD-R-PAPER
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


”エリック・クラプトン”2013年ワールド・ツアーより5月29日フランクフルトでの最新のステージを高音質オーディエンス音源(2枚組)で収録したタイトルが登場!

本タイトルは、エリック・クラプトンの2013年ワールド・ツアーより5月29日フランクフルトでの最新ライブを収録した至福のタイトルです。デビュー50周年、自らの活動の集大成とも言える今回のツアーは各地で話題となっているのは言うまでもありません。この日は、スクィーズやマイク&ザ・メカ二クスでの活動で有名なポール・キャラックがゲストとして登場!3曲で共演を果たしております!2枚のディスクをアナログ風の紙ジャケットに収めた、ワールド・ツアー前半、オススメの永久保存盤、コレクターズ・アイテムです!!

SOURCE: EXCELLENT AUDIENCE RECORDINGS.
Live at Festhalle, Frankfurt, Germany, May 29, 2013.

DISC ONE
01. Hello Old Friend / 02. My Father's Eyes / 03. Tell The Truth / 04. Gotta Get Over / 05. Black Cat Bone
06. Got To Get Better In A Little While / 07. Come Rain, Come Shine (feat. Paul Carrack) / 08. Badge / 09. Driftin'
10. Nobody Knows You When You're Down and Out / 11. It Ain't Easy (feat. Paul Carrack)

DISC TWO
01. Layla / 02. Wonderful Tonight / 03. Blues Power / 04. Love In Vain / 05. Crossroads / 06. Little Queen of Spades / 07. Cocaine
08. Sunshine Of Your Love / 09. High Time We Went (feat. Paul Carrack)



エリック・クラプトン
Tour 2013 U.S.A.
Invisible Works Records-107
AUD
2CD-R
\3,400
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


Eric Claptonの2013年最新USAツアーを総括する極上音質のアイテムが入荷。
2013年3/29のフロリダにおけるライブを、近代オーディエンス録音の最高峰と断言できる高品質なマスターよりデジタル・リマスタリング収録。
レーベル独自のリマスターが施されたことにより、サウンドボード録音に匹敵する極上サウンドへと生まれ変わっており、冒頭「Hello Old Firined」でマスターに発生していた音量の乱れも完璧に補正されています。
さらにボーナストラックとして、この日演奏されなかった「Goin' Down Slow」「Singin' The Blues」「Lay Down Sally」「Layla」「Badge」の計5曲を、3/20オクラホマ公演と4/6ピッツバーグ公演から追加収録。
ニューアルバム『Old Sock』からの新曲、さらに「Tears In Heaven」等を含むセットリストは要注目!新たなバンドメンバーとともに繰り広げられる最新50周年ツアーの決定的な1枚です!

◆Seminole Hard Rock Hotel & Casino, Hollywood, FL 29th March 2013
(Disc 1)
01. Intro 02. Hello Old Friend 03. My Father's Eyes 04. Tell The Truth 05. Gotta Get Over 06. Black Cat Bone 07. Got To Get Better In A Little While 08. Tempted (Paul Carrack on Vocals) 09. I Shot The Sheriff 10. Driftin' 11. Nobody Knows You When You're Down And Out 12. Tears In Heaven 13. Good Night Irene 14. Wonderful Tonight 15. How Long (Paul Carrack on Vocals)

(Disc 2)
01. Stones In My Passway 02. Love In Vain 03. Crossroads 04. Little Queen Of Spades 05. Cocaine 06. Sunshine Of Your Love 07. High Time We Went (Paul Carrack on Vocals) 08. Outro

Bonus Tracks;
◆Chesapeake Energy Arena, Oklahoma City, OK 20th March 2013
09. Goin' Down Slow 10. Singin' The Blues 11. Lay Down Sally 12. Layla

◆Consol Energy Center, Pittsburgh, PA 6th April 2013
13. Badge

◇Personnel; Eric Clapton (Guitar, Vocals), Doyle Bramhall II (Guitar, Vocals), Greg Leisz (Pedal Steel Guitar), Willie Weeks (Bass), Chris Stainton (Keyboards), Paul Carrack (Keyboards, Vocals), Steve Jordan (Drums), Sharon White (Backing Vocals) & Michelle John (Backing Vocals)



エリック・クラプトン
&スティーヴ・ウィンウッド
Royal Albert Hall 2011
IRCD-055-064+1DVDR
AUD
10CD-R+bonus1DVD-R
\5,600


エリック・クラプトン&スティーヴ・ウィンウッド、2011年5月26、27、29、30、6月1日ロイヤル・アルバート・ホールで行われた共演ライブ(高音質オーディエンス)をコンプリート収録した永久保存盤セット(10CDR+ bonusDVDR)がロウ・プライスで限定入荷!!

■Royal Albert Hall, London , May 26, 2011 (IRCD-55/56)
DISC:1
01. Had to Cry Today / 02. Low Down / 03. After Midnight / 04. Presence Of The Lord / 05. Glad / 06. Well Alright 07. Hoochie Coochie Man / 08. While You See A Chance / 09. Key To The Highway / 10. Midland Maniac

DISC:2
01. Crossroads / 02. Georgia On My Mind / 03. That's No Way To Get Along / 04. Can't Find My Way Home 05. Gimme Some Lovin’ / 06. Voodoo Chile / 07. Cocaine Encore 08. Dear Mr. Fantasy

■Royal Albert Hall, London , May 27, 2011 (IRCD-57/58)
DISC:1
01. Had to Cry Today / 02. Low Down / 03. After Midnight / 04. Presence Of The Lord / 05. Glad / 06. Well Alright 07. Hoochie Coochie Man / 08. While You See A Chance / 09. Key To The Highway / 10. Midland Maniac

DISC:2
01. Crossroads / 02. Georgia On My Mind / 03. Driftin’ / 04. That's No Way To Get Along / 05. Layla 06. Can't Find My Way Home / 07. Gimme Some Lovin’ / 08. Voodoo Chile / 09. Cocaine Encore 10. Dear Mr. Fantasy

■Royal Albert Hall, London , May 29, 2011 (IRCD-59/60)
DISC:1
01. Had to Cry Today / 02. Low Down / 03. After Midnight / 04. Presence Of The Lord / 05. Glad / 06. Well Alright 06. Hoochie Coochie Man / 07. While You See A Chance / 08. Key To The Highway / 09. Pearly Queen

DISC:2
01. Crossroads / 02. Georgia On My Mind / 03. Still Got The Blues / 04. That's No Way To Get Along / 05. Layla 06. Can't Find My Way Home / 07. Gimme Some Lovin’ / 08. Voodoo Chile / 09. Cocaine Encore 10. Dear Mr. Fantasy

■Royal Albert Hall, London , 30 May 2011 (IRCD-61/62)
DISC:1
01. Had to Cry Today / 02. Low Down / 03. After Midnight / 04. Presence Of The Lord / 05. Glad / 06. Well Alright 07. Hoochie Coochie Man / 08. While You See A Chance / 09. Key To The Highway / 10. Pearly Queen

DISC:2
01. Crossroads / 02. Georgia On My Mind / 03. Still Got The Blues / 04. That's No Way To Get Along / 05. Layla 06. Can't Find My Way Home / 07. Gimme Some Lovin’ / 08. Voodoo Chile / 09. Cocaine Encore 10. Dear Mr. Fantasy

■Royal Albert Hall, London , 1 June 2011 (IRCD-63/64)
DISC:1
01. Had to Cry Today / 02. Low Down / 03. After Midnight / 04. Presence Of The Lord / 05. Glad / 06. Well Alright 07. Hoochie Coochie Man / 08. While You See A Chance / 09. Key To The Highway / 10. Pearly Queen

DISC:2
01. Crossroads / 02. Georgia On My Mind / 03. Driftin / 04. That's No Way To Get Along / 05. Layla 06. Can't Find My Way Home / 07. Gimme Some Lovin’ / 08. Voodoo Chile / 09. Cocaine Encore 10. Dear Mr. Fantasy

BONUS-DVDR
■Royal Albert Hall,May 26 2011
01. Georgia On My Mind / 02. That's No Way To Get Along / 03. Can't Find My Way Home / 04. Gimme Some Lovin' / 05. Voodoo Chile

■Royal Albert Hall,May 29 2011
06. Had To Cry Today / 07. Glad / 08. Well All Right / 09. Still Got The Blues / 10. Layla / 11. Pearly Queen / 12. Dear Mr. Fantasy

■Royal Albert Hall,May 30 2011
13. Presence Of The Lord / 14. Hoochie Coochie Man

■Royal Albert Hall,June 01 2011
15. After Midnight / 16. Driftin'

The band: Guitar, Vocals:Eric Clapton / Guitar, Vocals,Hammond Organ and Piano:Steve Winwood Bass Guitar:Willie Weeks / Keyboards:Chris Stainton / Drums:Steve Gadd / Backing Vocals:Sharon White Backing Vocals:Michelle John



エリック・クラプトン&ジェフ・ベック
2010 Montreal Bell Center
MDNA-10004
AUD
2CD-R
\3,500


2010年2/22、カナダはモントリオールのBell CenterでおこなわれたEric ClaptonとJeff Beckの共演ライブを超高音質のオーディエンス録音にて完全収録。

ネット経由の音源をマスターとしていますが、レーベル独自のリマスタリングが施されたことにより、全く別物と言っても過言ではないほどの超高音質サウンドへと生まれ変っています。難点としては、冒頭Jeff Beckのセットの「Eternity’s Breath」が未収となっている点、そして録音者近辺(というかほぼ真横の至近距離)に異常な盛り上がりっぷりを見せている数人の客がいるため、曲間の静かな箇所等でその奇声が気になる点が挙げられます。が、音質自体は最初に述べたとおりの非常に秀逸なサウンドへと仕上がっているので、別ソースの極上音質完全版が登場しない限りは、本作がモントリオール公演の決定版となることでしょう。

◆Bell Center, Montreal, Canada 22nd February 2010
<Disc 1>
Jeff Beck set;
01. Stratus (fade in) 02. Led Boots 03. Corpus Christi Carol 04. Bass solo 05. Hammerhead 06. Mna Na Eireann 07. Brush With The Blues 08. Big Block 09. A Day In The Life 10. Nessun Dorma Eric Clapton acoustic set; 11. Driftin' 12. Layla 13. Running On Faith 14. Rock 'N' Roll

<Disc 2>
Eric Clapton electric set;
01. Tell The Truth 02. Key To The Highway 03. I Shot The Sheriff 04. Little Queen of Spades 05. Cocaine Eric Clapton & Jeff Beck set; 06. Shake Your Money Maker 07. Moon River 08. You Need Love 09. Outside Woman Blues 10. Little Brown Bird 11. Wee Wee Baby 12. (I Want To Take You) Higher Encore; 13. Crossroads

◇Jeff Beck Band;
Jeff Beck (guitar), Jason Rebello (keyboards), Rhonda Smith (bass), & Narada Michael Walden (drums) ◇Eric Clapton Band; Eric Clapton (guitar, vocal), Chris Stainton (keyboards), Walt Richmond (keyboards), Willie Weeks (bass), Steve Gadd (drums), Michelle John (backing vocal) & Sharon White (backing vocal)



エリック・クラプトン&ジェフ・ベック
2 Days at MSG 2010
Invisible Works Records-054
AUD
4CD-R
\4,600


2010年2/18と2/19の両日、NYのMadison Square GardenでおこなわれたEric ClaptonとJeff Beckの共演ライブを、両日ともに極上音質のオーディエンス録音にて完全収録した4枚組みCDが入荷。

ロンドンO2アリーナでの2公演を終え、舞台を米国の名所MSGに移しておこなわれた2連日公演。本アイテムでは高品質のオーディエンス・マスターにレーベル独自のリマスタリングが施されており、単なるネット音源とは一線を画す最高級のサウンド・クオリティでこの二日間の夢舞台を克明に記録しています。ネット上にも複数のソースが出回っているこのMSG2公演ですが、それらは片方のチャンネルにノイズが発生したりモノラルであったりといった難点を抱えているので、真の意味での極上サウンドでストレス無く楽しむことが出来る本アイテムの価値は非常に高いといえるでしょう。

◆Madison Square Garden, New York, NY USA 18th February 2010
<Disc 1>
Jeff Beck Band set;
01. Eternity's Breath 02. Stratus 03. Led Boots 04. Corpus Christi Carol * 05. Bass solo 06. Hammerhead * 07. Mna Na hEireann * 08. Brush With The Blues 09. Big Block 10. A Day In The Life 11. Nessum Dorma Aria (Puccini "Turandot") * (* with 12 Piece Orchestra) Eric Clapton Band acoustic set; 12. Driftin' 13. Nobody Knows You When You're Down And Out 14. Running On Faith 15. I've Got A Rock 'N Roll Heart

<Disc 2>
Eric Clapton Band electric set;
01. Tell The Truth 02. Key To The Highway 03. I Shot The Sheriff 04. Little Queen Of Spades 05. Cocaine Eric Clapton Band with Jeff Beck set; 06. Shake Your Moneymaker 07. Moon River 08. You Need Love 09. Outside Woman Blues 10. Little Brown Bird 11. Wee Wee Baby 12. (I Want To Take You) Higher Encore; 13. Crossroads

◆Madison Square Garden, New York, NY USA 19th February 2010
<Disc 3>
Jeff Beck Band set;
01. Eternity's Breath 02. Stratus 03. Led Boots 04. Corpus Christi Carol * 05. Bass solo 06. Hammerhead * 07. Mna Na hEireann * 08. Brush With The Blues 09. Big Block 10. A Day In The Life 11. Nessum Dorma Aria (Puccini "Turandot") * (* with 12 Piece Orchestra)

Eric Clapton Band acoustic set;
12. Driftin' 13. Nobody Knows You When You're Down And Out 14. Running On Faith 15. I've Got A Rock 'N Roll Heart

<Disc 4>
Eric Clapton Band electric set;
01. Tell The Truth 02. Key To The Highway 03. I Shot The Sheriff 04. Little Queen Of Spades 05. Cocaine Eric Clapton Band with Jeff Beck set; 06. Shake Your Moneymaker 07. Moon River 08. You Need Love 09. Outside Woman Blues 10. Little Brown Bird 11. Wee Wee Baby 12. (I Want To Take You) Higher Encore; 13. Crossroads

◇Jeff Beck Band;
Jeff Beck (guitar), Jason Rebello (keyboards), Rhonda Smith (bass), & Narada Michael Walden (drums) ◇Eric Clapton Band; Eric Clapton (guitar, vocal), Chris Stainton (keyboards), Walt Richmond (keyboards), Willie Weeks (bass), Steve Gadd (drums), Michelle John (backing vocal) & Sharon White (backing vocal)



スティーヴ・ウィンウッド
with エリック・クラプトン
Directions 2009
Invisible Works Records-037/038/039
AUD
6CD-R
\6,500


Eric Clapton&Steve Winwoodの2009年USツアーより、2日目フィラデルフィア、3日目ワシントンDC、4日目、オハイオ州コロンバスでのライブを、高音質オーディエンス・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。全公演レーベル独自のリマスタリングが施された決定的な内容、各公演単独でも販売いたしておりますので、詳細に関してはそちらをご覧下さい。

◆Wachovia Center, Philadelphia PA 12th June 2009
<Disc 1>
01. intro 02. Had To Cry Today 03. Lowdown 04. After Midnight 05. Sleeping In The Ground 06. Presence Of The Lord 07. Glad 08. Well Alright 09. Tough Luck Blues 10. Pearly Queen 11. Tell The Truth 12. No Face, No Name, No Number

<Disc 2>
01. Forever Man 02. Georgia On My Mind 03. Driftin' 04. Nobody Knows You When You're Down And Out 05. Layla 06. Can't Find My Way Home 07. Split Decision 08. Little Wing 09. Voodoo Chile 10. Cocaine 11. Dear Mr. Fantasy 12. outro

◆Verizon Center, Washington DC 13th June 2009
<Disc 1>
01. intro 02. Had To Cry Today 03. Lowdown 04. After Midnight 05. Presence Of The Lord 06. Sleeping In The Ground 07. Glad 08. Well Alright 09. Tough Luck Blues 10. Pearly Queen 11. No Face, No Name, No Number

<Disc 2>
01. Forever Man 02. Little Wing 03. Georgia On My Mind 04. Driftin' 05. Nobody Knows You When You're Down And Out 06. Layla 07. Can't Find My Way Home 08. Crossroads 09. Voodoo Chile 10. Cocaine 11. Dear Mr. Fantasy 12. outro

◆Value City Arena, Columbus, OH 15th June 2009
<Disc 1>
01. intro 02. Had To Cry Today 03. Low Down 04. After Midnight 05. Presence Of The Lord 06. Sleeping In The Ground 07. Glad 08. Well All Right 09. Tough Luck Blues 10. Pearly Queen 11. There's A River 12. Little Wing 13. Forever Man

<Disc 2>
01. Georgia On My Mind 02. Driftin' 03. How Long Blues 04. Layla 05. Can't Find My Way Home 06. Split Decision 07. Voodoo Chile 08. Cocaine 09. Dear Mr. Fantasy 10. outro



スティーヴ・ウィンウッド
with エリック・クラプトン
Arc City 2009
Invisible Works Records-039
AUD
2CD-R
\3,300


Eric Clapton&Steve Winwoodの2009年USツアー4日目、オハイオ州コロンバスのValue City Arenaでのライブを、高音質オーディエンス・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。

ツアー初日からこの日まで、ステージ進行の軸となる楽曲群に変化こそありませんが、「There’s A River」「How Long Blues」が新たにセットインしており、ファンにとっては興味深いステージといえるのではないでしょうか。音質に関しても、レーベル独自のリマスタリングが施された文句なしのハイクオリティ・サウンドで、同レーベルより同時発売のフィラデルフィア公演よりはやや距離感のある音像ながら、会場の出音を全ての帯域完璧に捉えた高級感溢れる音質による収録となっています。

*ツアー2日目、3日目、4日目の3公演をまとめてご希望の場合は、同時発売の6枚組み「Directions 2009」(IWR-037/038/039)がお買い得です。

◆Value City Arena, Columbus, OH 15th June 2009
<Disc 1>
01. intro 02. Had To Cry Today 03. Low Down 04. After Midnight 05. Presence Of The Lord 06. Sleeping In The Ground 07. Glad 08. Well All Right 09. Tough Luck Blues 10. Pearly Queen 11. There's A River 12. Little Wing 13. Forever Man

<Disc 2>
01. Georgia On My Mind 02. Driftin' 03. How Long Blues 04. Layla 05. Can't Find My Way Home 06. Split Decision 07. Voodoo Chile 08. Cocaine 09. Dear Mr. Fantasy 10. outro

◇Personnel;
Eric Clapton (guitar, vocal)
Steve Winwood (keyboards, guitar, vocal)
Chris Stainton (keyboards)
Willie Weeks (bass)
Abe Laboriel Jr. (drums)
Michelle John (vocal)
Sharon White (vocal)



スティーヴ・ウィンウッド
with エリック・クラプトン
DC 2009
Invisible Works Records-038
AUD
2CD-R
\3,300


Eric Clapton&Steve Winwoodの2009年USツアー3日目、ワシントンDCのVerizon Centerでのライブを、良好な音質のオーディエンス・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。

同レーベルより同時発売された前日のフィラデルフィア公演の完璧な音質と比べると、楽器の輪郭がややぼやけた距離感を感じる音像ですが、本作もレーベル独自のリマスタリングが施されており、ネット上で入手可能な単なるDL音源とは一線を画すバランスの良い高音質な仕上がりとなっています。

*ツアー2日目、3日目、4日目の3公演をまとめてご希望の場合は、同時発売の6枚組み「Directions 2009」(IWR-037/038/039)がお買い得です。

◆Verizon Center, Washington DC 13th June 2009
<Disc 1>
01. intro 02. Had To Cry Today 03. Lowdown 04. After Midnight 05. Presence Of The Lord 06. Sleeping In The Ground 07. Glad 08. Well Alright 09. Tough Luck Blues 10. Pearly Queen 11. No Face, No Name, No Number

<Disc 2>
01. Forever Man 02. Little Wing 03. Georgia On My Mind 04. Driftin' 05. Nobody Knows You When You're Down And Out 06. Layla 07. Can't Find My Way Home 08. Crossroads 09. Voodoo Chile 10. Cocaine 11. Dear Mr. Fantasy 12. outro

◇Personnel;
Eric Clapton (guitar, vocal)
Steve Winwood (keyboards, guitar, vocal)
Chris Stainton (keyboards)
Willie Weeks (bass)
Abe Laboriel Jr. (drums)
Michelle John (vocal)
Sharon White (vocal)



スティーヴ・ウィンウッド
with エリック・クラプトン
Philly 2009
Invisible Works Records-037
AUD
2CD-R
\3,300


Eric Clapton&Steve Winwoodの2009年USツアー2日目、フィラデルフィアのWachovia Centerでのライブを、高音質オーディエンス・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。

直前におこなわれたECバンドのRAH連続公演ではSteve GaddとAndy Fairweather Lowが復帰していましたが、Steve Winwoodとの北米ツアーでは来日公演と同じくAbe Laboriel Jr.が再び起用されています(ドイルはいません)。音質に関しても完璧で、レーベル独自のデジタル・リマスタリングにより驚異的な音質アップを遂げており、オーディエンス録音としては最高峰と断言出来る素晴しいサウンド・クオリテとなっているので、ツアー序盤戦の決定盤として是非ともおさえていただきたい1枚です。

*ツアー2日目、3日目、4日目の3公演をまとめてご希望の場合は、同時発売の6枚組み「Directions 2009」(IWR-037/038/039)がお買い得です。

◆Wachovia Center, Philadelphia PA 12th June 2009
<Disc 1>
01. intro 02. Had To Cry Today 03. Lowdown 04. After Midnight 05. Sleeping In The Ground 06. Presence Of The Lord 07. Glad 08. Well Alright 09. Tough Luck Blues 10. Pearly Queen 11. Tell The Truth 12. No Face, No Name, No Number

<Disc 2>
01. Forever Man 02. Georgia On My Mind 03. Driftin' 04. Nobody Knows You When You're Down And Out 05. Layla 06. Can't Find My Way Home 07. Split Decision 08. Little Wing 09. Voodoo Chile 10. Cocaine 11. Dear Mr. Fantasy 12. outro

◇Personnel;
Eric Clapton (guitar, vocal)
Steve Winwood (keyboards, guitar, vocal)
Chris Stainton (keyboards)
Willie Weeks (bass)
Abe Laboriel Jr. (drums)
Michelle John (vocal)
Sharon White (vocal)



エリック・クラプトン
2 shows at RAH 2009
Invisible Works Records-036
AUD
4CD-R
\4,700


5月初頭から開始したEric Claptonの2009年春のツアー、そのハイライトと呼ぶべき11夜に及ぶRoyal Albert Hall公演から5/20と5/23のステージを極上音質のオーディエンス録音にてディスク4枚に収録。

ギターにAndy Fairweather Low、そしてドラムにSteve Gaddが久しぶりに復帰した目下の最新公演、5/20のステージをディスク1と2に、5/23のステージをディスク3と4に収録しています。

5/20のステージは既発のCDRタイトル同様のマスターを用いており、「Somewhere Over The Rainbow」のラストがフェード・アウトとなっていますが、レーベル独自のリマスタリングにより音質が数ランクはアップしています。

5/23のステージは完全収録、こちはもレーベル独自のリマスタリングが光る素晴しい音質でステージ全編を楽しむことが出来ます。Steve Gaddを含むこのラインナップでのツアーは限定的なものになると思われるので、両公演ともに素晴しいサウンド・クオリティで楽しむことが出来る本アイテムは是非ともおさえておきたい1枚といえるでしょう!

◆Royal Albert Hall, London, England 20th May 2009
<Disc 1>
01. Going Down Slow 02. Key To The Highway 03. Old Love 04. Anything For Your Love 05. I Shot The Sheriff 06. Happy Birthday Sylvia 07. Layla (acoustic) 08. Nobody Knows You When You're Down And Out 09. Not Dark Yet 10. Anytime For You 11. Somewhere Over The Rainbow (incomplete)

<Disc 2>
01. Badge 02. Little Queen of Spades 03. Everything's Gonna Be Alright 04. Wonderful Tonight 05. Cocaine -encore- 06. Crossroads

◆Royal Albert Hall, London, England 23rd May 2009
<Disc 3>
01. Going Down Slow 02. Key To The Highway 03. Old Love 04. Anything For Your Love 05. I Shot The Sheriff 06. Layla 07. Nobody Knows You When You're Down And Out 08. Not Dark Yet 09. Anytime For You 10. Somewhere Over The Rainbow

<Disc 4>
01. Badge 02. Little Queen Of Spades 03. Before You Accuse Me 04. Wonferful Tonight 05. Cocaine -encore- 06. Crossroads

◇Personnel;
Eric Clapton (guitar, vocals)
Andy Fairweather Low (guitar)
Chris Stainton (keyboards)
Tim Carmon (keyboards)
Willie Weeks (bass)
Steve Gadd (drums)
Michelle John (backing vocals)
Sharon White (backing vocals)



V.A.(エリック・クラプトン/ポリス)
Waiting On The World To Change -Hard Rock Calling 2008-
Dead Flowers DVD-046
93min. Pr-shot
1DVD-R
\2,550


2008年6/28、29の両日、ロンドンのハイドパークでおこなわれた”Hard Rock Calling Festival”のステージを、放送用プロショット・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。

Eric Clapton、The Police、Sheryl Crow、John Mayer、Robert Randolph & The Family Band、The Bangles等々、錚々たる顔ぶれでおこなわれた熱いステージを、レーベル独自のリマスタリングが施された極上クオリティの映像でお楽しみいただけます。放送枠の関係から各バンド数曲ずつの収録となっていますが、ブート離れした超美麗な映像と完璧なバランスのサウンドは圧巻で、全く物足りなさ等感じないはずです。John Mayerの「Waiting On The World」と「Vultures」でオリジナルマスターに発生していた無音箇所も丁寧に補正されているので、本公演の決定的映像として大推薦いたします。

◆“Hard Rock Calling Festival 2008”, Hyde Park, London, UK, 28th & 29th June 2008
<The Bangles>
1. Manic Monday 2. Walk Like An Egyptian
<KT Tunstall>
3. Black Horse & The Cherry Tree
<The Police>
4. Message In A Bottle 5. Every Little Thing She Does Is Magic 6. Can't Stand Losing You
<John Mayer>
7. Waiting On The World 8. Vultures 9. Gravity
<Jason Mraz>
10. I'm Yours
<Robert Randolph & The Family Band>
11. Voodoo Child
<Sheryl Crow>
12. Out Of Our Heads 13. Every Day Is A Winding Road
<Eric Clapton>
14. Tell The Truth 15. Drifting Blues 16. Motherless Child 17. Layla
<Eric Clapton, Robert Randolph, Sheryl Crow & John Mayer>
18. Crossroads



エリック・クラプトン
Ignition Key
Invisible Works Records-013
AUD
2CD-R
\3,600


いよいよ開始したEric Claptonの2008年ツアーより、封切り公演となった5/3のフロリダ・タンパにおけるステージを超高音質のオーディエンス録音にて完全収録。

記念すべきツアー幕開けのライブということで、今回のツアーの全貌を逸早く伝えてくれるファンには興味の尽きない収録内容となっています。さらに嬉しいのはその音質の素晴しさで、デジタル・リマスタリングの施された完璧なサウンド・バランスは、オーディエンス録音としては間違いなく最上位に位置づけられるクオリティとなっているので、ツアー序盤戦の決定的な1枚としてファンとしては是非ともおさえておきたいタイトルといえるでしょう。

◆Ford Amphitheatre, Tampa, FL, 3rd May 2008
<DISC 1>
01.Tell The Truth 02.Key To The Highway 03.Hoochie Coochie Man 04.Little Wing 05.Double Trouble 06.Don't Knock My Love 07.Outside Woman Blues 08.Nobody Knows You When You're Down And Out 09.Rockin' Chair 10.Motherless Child 11.Traveling Riverside Blues

<DISC 2>
01.Running On Faith 02.Motherless Children 03.Little Queen Of Spades 04.Before You Accuse Me 05.Wonderful Tonight 06.Layla -encore- 07.Cocaine 08.Crossroads (with Robert Randolph)

◇Personnel;
Eric Clapton (guitars, vocals)
Doyle Bramhall II (guitars, vocals)
Chris Stainton (keyboards)
Pino Palladino (bass)
Ian Thomas (drums)
Sharon White (backing vocals)
Michelle John (backing vocals)



スティーヴ・ウィンウッド
with エリック・クラプトン
2.25 MSG
Second Line-042
132min. Aud-shot
1DVD-R
\2,100


Eric ClaptonとSteve Winwoodの2008年MSG公演より、2/25のステージを安定感抜群の高画質オーディエンスショットにて収録。

ステージ向かって右側の2階席最前列より、クローズショットを多用した素晴しいカメラワークで捉えており、音質も極めて良好なファン必見のハイ・クオリティ映像です。映像の鮮明さ、音質のバランスの良さともにオーディエンスショットとしては最上クラスに位置づけることが出来るので、今回の3公演初日映像の決定的な1枚としてオススメのアイテムです。

◆Madison Square Garden, New York, 25th.Feb.2008
01.Had to Cry Today 02.Low Down 03.Forever Man 04.Them Changes 05.Sleeping in the Ground 06.Presence of the Lord 07.Glad 08.Well Alright 09.Double Trouble 10.Pearly Queen 11.Tell the Truth 12.No Face, No Name, No Number 13.After Midnight 14.Split Decision 15.Ramblin' on My Mind (EC solo acoustic) 16.Georgia on My Mind (SW solo hammond) 17.Little Wing 18.Voodoo Chile 19.Can't Find My Way Home 20.Dear Mr. Fantasy 21.Crossroads

◇Personnel;
Eric Clapton (guitar, vocals)
Steve Winwood (hammond organ, guitar, vocals)
Chris Stainton (keyboards)
Willie Weeks (bass)
Ian Thomas (drums)



スティーヴ・ウィンウッド
with エリック・クラプトン
2.26 MSG
Second Line-043
136min. Aud-shot
1DVD-R
\2,100


Eric ClaptonとSteve Winwoodの2008年MSG公演より、2/26のステージを高画質オーディエンスショットにて収録。

ステージ向かってやや左側の2階席より、各メンバーでのクローズショットとモニタースクリーンをバランスよく捉えた中々のカメラワークで、中日公演にあたるこの日のステージの全貌を伝えてくれます。dolby digital 2.0でリマスタリングされた音質も非常にバランスの良いもので、これまで出回っていた音源を不要にしてしまうほどのバランスの良い仕上がりとなっています。

◆Madison Square Garden, New York, 26th.Feb.2008
01.Had to Cry Today 02.Low Down 03.Forever Man 04.Them Changes 05.Sleeping In The Ground 06.Presence Of The Lord 07.Glad 08.Well Alright 09.Double Trouble 10.Pearly Queen 11.Tell The Truth 12.No Face 13.After Midnight 14.Split Decision 15.Ramblin On My Mind (EC solo acoustic) 16.Georgia On My Mind (SW solo hammond) 17.Little Wing 18.Voodoo Chile 19.Can't Find My Way Home 20.Cocaine 21.Dear Mr. Fantasy

◇Personnel;
Eric Clapton (guitar, vocals)
Steve Winwood (hammond organ, guitar, vocals)
Chris Stainton (keyboards)
Willie Weeks (bass)
Ian Thomas (drums)



スティーヴ・ウィンウッド
with エリック・クラプトン
2.28 MSG
Second Line-044
125min. Aud-shot
1DVD-R
\2,100


Eric ClaptonとSteve Winwoodの2008年MSG公演より、2/28のステージをモニタースクリーンを捉えた高画質オーディエンスショットにて収録。

ショウの冒頭が欠けており「Low Down」からの収録となっている点が残念ですが、終始モニタースクリーンを捉えた安定感抜群のカメラワークは見ていて全くストレスを感じさせません。音質も非常にクリアでバランスの良いものなので、MSG3公演最終日の貴重なドキュメントとして必見の1本です。

◆Madison Square Garden, New York, 28th.Feb.2008
01.Low Down 02.Forever Man 03.Them Changes 04.Sleeping In The Ground 05.Presence Of The Lord 06.Glad 07.Well Alright 08.Double Trouble 09.Pearly Queen 10.Tell The Truth 11.No Face 12.After Midnight 13.Split Decision 14.Kind Hearted Woman Blues (EC solo acoustic) 15.Georgia On My Mind (SW solo hammond) 16.Little Wing 17.Voodoo Chile 18.Can't Find My Way Home 19.Cocaine 20.Dear Mr. Fantasy 

◇Personnel;
Eric Clapton (guitar, vocals)
Steve Winwood (hammond organ, guitar, vocals)
Chris Stainton (keyboards)
Willie Weeks (bass)
Ian Thomas (drums)



エリック・クラプトン
"Pitty"
Dead Flowers-002
SBD
2CD-R
\4,000


2007年7/28シカゴで開催されたCrossroads Guitar Festivalより、多数のゲストを迎えておこなわれたEric Claptonのステージが、放送用マスターに24bitデジタルリマスタリングを施したオフィシャル級の極上音質で登場!

2006-07ツアーでお馴染みのECバンドのショートセットでスタート、Robbie Robertson、Steve Winwoodをゲストに迎えながらステージは進行し、最後に大御所Buddy Guyが登場、全員による「Sweet Home Chicago」で会場のテンションは最高に達します。故George Harrisonに捧げられた「Isn't It A Pitty」、Winwoodとの共演がこの上なく美しい「Can't Find My Way Home」等聴き所満載の至福の2時間半を、最高級の音質でお楽しみ下さい!

◆Crossroads Guitar Festival, Bridgeview, Illinois, 28th July 2007
<Disc 1>
01.introduction by Bill Murray 02.Tell The Truth 03.Key To The Highway 04.Got To Get Better 05.Isn't It A Pitty (George Harrison) 06.Why Does Love Got To Be So Sad 07.Little Queen Of Spades [with Robbie Robertson] 08.introducing Robbie Robertson 09.Who Do You Love 10.Further On Up The Road [with Steve Winwood] 11.introducing Steve Winwood 12.Pearly Queen

<Disc 2> [with Steve Winwood]
01.Presence Of The Lord 02.Can't Find My Way Home 03.Had To Cry Today 04.Dear Mr. Fantasy 05.Cocaine 06.Crossroads [Buddy Guy] 07.introduction by Bill Murray 08.Mary Had A Little Lamb 09.Damn Right I Got The Blues [Buddy Guy and EC] 10.Hoochie Coochie Man [All] 11.Sweet Home Chicago [Buddy Guy] 12.Stone Crazy 13.outro



エリック・クラプトン
Melbourne 2007
2L-007
105min. Aud-shot
1DVD-R
\2,700


Eric Claptonの2007年ライブが、会場のスクリーンを安定して捉えた高画質のオーディエンスショットにて登場。

昨年度末の日本公演からおよそ2ヶ月後となる2007年2/4、オーストラリアのメルボルンでおこなわれたライブを完全収録したもので、全編ほとんど手ぶれなく会場のスクリーンを撮影しているため、一見するとプロショットと思ってしまうほどのハイクオリティな映像となっています。オーディエンスショットとしては音声もかなり良好、日本公演の終盤戦同様ドミノスナンバーを多数とり入れたセットリストは、やはりDerek TrucksとDoyle Bramhallを擁する今回のツアーのバンド編成にとてもよく合います。

Eric Clapton (guitar, vocals)
Doyle Bramhall II (guitar)
Derek Trucks (guitar)
Chris Stainton (keyboards)
Tim Carmon (keyboards)
Willie Weeks (bass)
Steve Jordan (drums)
Michelle John (backing vocals),
Sharon White (backing vocals)

◆Rod Laver Arena, Melbourne, Australia, 4th February 2007
01.Tell The Truth 02.Key To The Highway 03.Got To Get Better In A Little While 04.Little Wing 05.Why Does Love Got To Be So Sad -acoustic set- 06.Driftin' Blues 07.Outside Woman Blues 08.Nobody Knows You When You're Down And Out 09.Running on Faith -elctric set- 10.Motherless Children 11.Little Queen of Spades 12.Further on Up The Road 13.Wonderful Tonight 14.Layla
<encore>
15.Cocaine 16.Crossroads



エリック・クラプトン
FEEL YOUR BODY
EC0038
AUD
2CD-R
\4,850


ツアーメンバーを一新したトリプル・ギター編成が遂に日本上陸!!その3年振り17度目となるエリック・クラプトン2006年ジャパンツアーより記念すべきツアー初日11月11日と12日の大阪2DAYSをベストなポジションより他とは一味違う、リアルな臨場感&迫力満点の超高音質にて完全収録!!クラプトンのヴォーカルやギターも超リアルにド迫力収録!!2日目はステレオ感も満点っす!!スピーカーから大音量で是非聴いて下さい鳥肌必至っす!!!!E&Cならではの美麗ジャケットワークは勿論、丁寧なマスターリングが施された大推薦アイテムです!!

内容ですが、やはり日本ツアーではセットを少し変えてきましたねー。なんと28年振りにプレイされたドミノス・ナンバー「Tell The Truth」が登場!!!!!これはサプライズナンバーっす!!!さらにクリームナンバー「Outside Woman Blues」がアコースティックで登場っす!!!!こちらもクラプトン名義のライヴでは初披露?ではないでしょうか!!!!クラプトン自身の声もギターも絶好調で、これからどう変化していくかが楽しみな余裕のスタート2DAYS。まだ大人しめなドイルのギターとは対象的に、現在世界NO1を感じさせるデレクのスライドギターが炸裂しており、「Motherless Children」でのトリプルスライドや「Little Queen Of Spades」でのギターソロなど聴き所でしょう!!そして初日でのサプライズとしては「After Midnight」と「Little Queen Of Spades」の中盤までクラプトンがなんとレスポールでプレイしたことでしょう!!!!2日目はさらに調子が上がっております。etc...と細かく書ききれない、ファンには聴き所だらけクラプトン・ライヴ・パフォーマンス!!マニアなファンなら全公演必聴でしょう!!

2006/11/11 OSAKA CASTEL HALL
Disc-One
Pretending 2.I Shot The Sheriff 3.Got To Get Better In A Little While 4.Old Love 5.Tell The Truth 6.Motherless Children 7.Key To The Highway 8.Outside Woman Blues 9.San Francisco Bay Blues 10.Nobody Knows You When You're Down And Out 11.Running On Faith (7-11:Sit Down Set)

Disc-Two
1.After Midnight 2.Little Queen Of Spades 3.Further On Up The Road 4.Wonderful Tonight 5.Layla 6.Cocaine
-Encore-
7.Crossroads



エリック・クラプトン
THROUGH MY HEAD
EC0039
AUD
2CD-R
\4,850

2006/11/12 OSAKA CASTEL HALL
Disc-One
Pretending 2.I Shot The Sheriff 3.Got To Get Better In A Little While 4.Old Love 5.Tell The Truth 6.Motherless Children 7.Key To The Highway 8.Outside Woman Blues 9.San Francisco Bay Blues 10.Nobody Knows You When You're Down And Out 11.Running On Faith (7-11:Sit Down Set)

Disc-Two
1.After Midnight 2.Little Queen Of Spades 3.Further On Up The Road 4.Wonderful Tonight 5.Layla 6.Cocaine
-Encore-
7.Crossroads



エリック・クラプトン
THE FLAME STILL BURNS
EC0040
AUD
2CD-R
\4,850


ツアーメンバーを一新したトリプル・ギター編成が遂に日本上陸!!その3年振り17度目となるエリック・クラプトン2006年ジャパンツアーより11月14日(ツアー3日目)と15日(ツアー4日目/大阪最終日)の大阪2DAYSをベストなポジションより他とは一味違う、リアルな臨場感&迫力満点の超高音質にて完全収録!!分厚い低域とクリアーな高音域、そしてヴォーカルやギターのリアル感が際立つ音像はサウンドボード収録と言っても過言ではないでしょう!!!!ですが残念ながら、14日はオープニング3曲とラスト「Crossroads」で耳障りなノイズが多めに混入してしまっております。。。がしかし、「Tell The Truth」中盤以降は小さなノイズが所々に混入する程度なので、これだけの超ド迫力収録でパフォーマンスもイイだけに勿体ない!!ですのでリリース致します!!15日も静かな箇所でホント微量のノイズが入る箇所がありますが問題なしっす!!E&Cならではの美麗ジャケットワークは勿論、丁寧なマスターリングが施されたアイテム!!スピーカーから大音量で是非聴いて下さい鳥肌必至っす!!!

気になる内容ですが、セットを少し変えてきましたねー。「I Shot The Sheriff」の変わりに人気ドミノスナンバー「Anyday」が日本で復活!!!これは嬉しい!!!そしてクラプトンのアコギソロで「Driftin' Blues」も登場!!!これも嬉しい限りっす!!そして「Outside Woman Blues」ではリズムセクションが加わり更にイイ感じになっております!!その分、「San Francisco Bay Blues」が外れました。。。この日の演奏も絶好調で、気合い十分ノリにノッてるパフォーマンス!!!そして15日もセットが微妙に変わっており、「Tell The Truth」は後半で登場し、「Further On Up The Road」が外れてしいまいました。。。それ以外は14日と同じです。ですので1曲少なくなりました。。。残念。。。しかし、この日も絶好調で終始笑顔がこぼれるリラックスしたパフォーマンスが楽しめます!!この日の「After Midnight」ではギブソンCS356で少しだけですがプレイしています!!(あまりに音がショボかったようで御大も苦笑。。。)両日ともクラプトン自身の声もギターも絶好調で、更にどう変化していくのかワクワクさせてくれるセットの2DAYS。現在世界NO1を感じさせるデレクのスライドギターが炸裂しており、「Motherless Children」でのトリプルスライドや「Little Queen Of Spades」でのギターソロなど聴き所でしょう!!etc...と細かく書ききれない、ファンには聴き所だらけクラプトン・ライヴ・パフォーマンス!!マニアなファンなら全公演必聴でしょう!!

2006/11/14 OSAKA CASTEL HALL
Disc-One
1.Pretending 2.Got To Get Better In A Little While 3.Old Love 4.Tell The Truth 5.Anyday 6.Motherless Children 7.Driftin' Blues(eric solo) 8.Key To The Highway 9.Outside Woman Blues(with rhythm section) 10.Nobody Knows You When You're Down And Out 11.Running On Faith (7-11:Sit Down Set)

Disc-Two
1.After Midnight 2.Little Queen Of Spades 3.Further On Up The Road 4.Wonderful Tonight 5.Layla 6.Cocaine
-Encore-
7.Crossroads



エリック・クラプトン
I'LL NEVER GET OVER
EC0041
AUD
2CD-R
\4,850

2006/11/15 OSAKA CASTEL HALL
Disc-One
1.Pretending 2.Got To Get Better In A Little While 3.Old Love 4.Anyday 5.Motherless Children 6.Driftin' Blues(eric solo) 7.Key To The Highway 8.Outside Woman Blues(with rhythm section) 9.Nobody Knows You When You're Down And Out 10.Running On Faith (6-10:Sit Down Set)

Disc-Two
1.After Midnight 2.Little Queen Of Spades 3.Tell The Truth 4.Wonderful Tonight 5.Layla 6.Cocaine
-Encore-
7.Crossroads



エリック・クラプトン
YOUR TIME'S COMING
EC0042
AUD
2CD-R
\4,850


ツアーメンバーを一新したトリプル・ギター編成が遂に日本上陸!!その3年振り17度目となるエリック・クラ プトン2006年ジャパンツアーより11月17日(ツアー5日目)と11月18日(ツアー6日目/名古屋最終日)の名古屋2DAYSをベストなポジションより他と は一味違う、リアルな臨場感&迫力満点の超高音質にて完全収録!!ヴォーカルやギターを始め全てがリアルに、そして歓声などもバランス良く収録した超一級品!!!(ノイズはありませんのでご安心を。苦笑)E&Cならではの美麗ジャケットワークは勿論、丁寧なマス ターリングが施された大推薦アイテム!!スピーカーから大音量で是非聴いて下さい鳥肌必至っす!!!

気になる内容ですが、更にセットを少し変えてきましたー! !17日はなんと「Tell The Truth」からスタート!!いよいよオープニングナンバーを変えてきましたねー!!そして「Pretending」が後半で登場しており、「Anyday」も披露しています!!!この日の演奏も安定しており、安心のパフォーマンスを楽しめます!!!そして18日では今ツアー初の「Before You Accuse Me」が後半で登場!!この日は、「Anyday」が外れてしいまいました。。。が、メンバー全員のプレイが聴き応え満点の素晴らしさ!!のっけから御大も絶好調で全編で手数の多い爆発系フレーズを連発しており、特に「Old Love」は最高です!!「Layla」 や「Cocaine」でも弾きまくっており、 アコースティックセットでも気合の入った演奏はGOODです!!この日は今メンバー編成の醍醐味を味わえる好演ではないでしょうか?終盤観客から「Why Does Love Got To Be So Sad」のリクエストを受け、御大が笑いながら「Tomorrow!」と返していたりと、なかなか楽しめる一幕もあります。今回はどの公演も外れが無いっすねー。両日ともクラプト ン自身の声もギターも絶好調で、更にどう変化していくのかワクワクさせてくれるセットの2DAYS。すでに武道館初日では「Five Long Years」が登場しましたねー!!!現在世界NO1を感じさせるデレクのスライドギター やドイルの個性的なギターワーク、「Motherless Children」でのトリプルスライドも聴き所でしょう!!etc...と細かく書ききれない、ファンには聴き所だらけクラプトン・ライヴ・パフォーマン ス!!マニアなファンなら全公演必聴でしょう!!

2006/11/17 NAGOYA RAINBOWHALL
Disc-One
1.Tell The Truth2.Got To Get Better In A Little While3.Old Love4.Anyday5.Motherless Children6.Driftin' Blues(eric solo) 7.Key To The Highway8.Outside Woman Blues(with rhythm section)9.Nobody Knows You When You're Down And Out 10.Running On Faith(6-10:Sit Down Set)

Disc-Two
1.After Midnight2.Little Queen Of Spades3.Pretending4.Wonderful Tonight5.Layla6.Cocaine
-Encore-
7.Crossroads



エリック・クラプトン
GONNA BE SOON
EC0043
AUD
2CD-R
\4,850

2006/11/18 NAGOYA RAINBOWHALL
Disc-One
1.Tell The Truth2.Pretending3.Got To Get Better In A Little While4.Old Love5.Motherless Children6.Driftin' Blues(eric solo) 7.Key To The Highway8.Outside Woman Blues(with rhythm section)9.Nobody Knows You When You're Down And Out 10.Running On Faith(6-10:Sit Down Set)

Disc-Two
1.After Midnight2.Little Queen Of Spades3.Before You Accuse Me4.Wonderful Tonight5.Layla6.Cocaine
-Encore-
7.Crossroads



エリック・クラプトン
HAVE YOU EVER
EC0044
AUD
2CD-R
\4,850


ツアーメンバーを一新したトリプル・ギター編成が遂に日本上陸!!その3年振り17度目となるエリック・クラ プトン2006年ジャパンツアーより東京初日11月20日(ツアー7日目)と11月21日(ツアー8日目)の武道館2DAYSをベストなポジションより他と は一味違う、リアルな臨場感&迫力満点の超高音質にて完全収録!!ヴォーカルやギターを始め全てがリアルに、そして武道館ならではの一体感が気持ちいい臨場感もバランス良く収録した超一級品!!!E&Cならではの美麗ジャケットワークは勿論、丁寧なマス ターリングが施された大推薦アイテムです!!スピーカーから大音量で是非聴いて下さい鳥肌必至っす!!!特に2日目は激ヤバっす!!!

さて日本公演も中盤戦へとさしかかってきましたねー!!気になる内容ですが、更にセットを少し変えてきましたー! !この日より、なんと「Five Long Years」が今ツアー初登場!!!!!!20日はシャッフルビートの早いヴァージョンで披露されており、これはビックリ&レア・テイクっす!!21日はややテンポを落としてのヴァージョンで披露されております!!聴き応え満点の人気ナンバー登場は嬉しい限り!!!!この2公演のセットリストは同じで、「Pretending」や「Anyday」が外れ、「Before You Accuse Me」が後半で登場するパターンですので、まさにインプロ主体のブルースナイト2DAYS!!ってなパフォーマンスでしょうか?!!結構激しいギタープレイも飛び出し、御大も終始笑顔なパフォーマンスを楽しめます!!!!!今回はどの公演も外れが無いっすねー。両日ともクラプト ン自身の声もギターも絶好調で、更にどう変化していくのかワクワクさせてくれるセットの2DAYS。現在世界NO1を感じさせるデレクのスライドギター やドイルの個性的なギターワーク、「Motherless Children」でのトリプルスライドも聴き所でしょう!!etc...と細かく書ききれない、ファンには聴き所だらけクラプトン・ライヴ・パフォーマン ス!!マニアなファンなら全公演必聴でしょう!!

2006/11/20 BUDOKAN, TOKYO
Disc-One
1.Tell The Truth 2.Five Long Years 3.Got To Get Better In A Little While 4.Old Love 5.Motherless Children 6.Driftin' Blues(eric solo) 7.Key To The Highway 8.Outside Woman Blues(with rhythm section) 9.Nobody Knows You When You're Down And Out 10.Running On Faith (6-10:Sit Down Set)

Disc-Two
1.After Midnight 2.Little Queen Of Spades 3.Before You Accuse Me 4.Wonderful Tonight 5.Layla 6.Cocaine
-Encore-
7.Crossroads



エリック・クラプトン
I'M TALKING ABOUT
EC0045
AUD
2CD-R
\4,850

2006/11/21 BUDOKAN, TOKYO
Disc-One
1.Tell The Truth 2.Five Long Years 3.Got To Get Better In A Little While 4.Old Love 5.Motherless Children 6.Driftin' Blues(eric solo) 7.Key To The Highway 8.Outside Woman Blues(with rhythm section) 9.Nobody Knows You When You're Down And Out 10.Running On Faith (6-10:Sit Down Set)

Disc-Two
1.After Midnight 2.Little Queen Of Spades 3.Before You Accuse Me 4.Wonderful Tonight 5.Layla 6.Cocaine
-Encore-
7.Crossroads



エリック・クラプトン
SHE HAD THE NERVE
EC0046
AUD
2CD-R
\4,850


ツアーメンバーを一新したトリプル・ギター編成が遂に日本上陸!!その3年振り17度目となるエリック・クラプトン2006年ジャパンツアーより11月24日(東京4日目/ツアー10日目)武道館公演をベストなポジションより他とは一味違う、リアルな臨場感&迫力満点の超高音質にて完全収録!!武道館ならではの一体感が気持ちいい臨場感もバランス良く収録した超一級品!!この日は特に気持ちいい盛り上がりの歓声を多く収録しており堪らない臨場感!!これは熱くさせられます!!!!E&Cならではの美麗ジャケットワークは勿論、丁寧なマスターリングが施された大推薦アイテムです!!スピーカーから大音量で是非聴いて下さい鳥肌必至っす!!!

さて日本公演も中盤戦へとさしかかってきましたねー!!気になる内容ですが、更にセットを少し変えてきましたー! !この日は、後半で人気ナンバー「Anyday」が復活!!!これはファンには嬉しい限り!!「Five Long Years」も初日、2日目より更にテンポを落としてのヴァージョンで披露されております!!この日は「Old Love」を始め、聴き応えのあるナンバーが多く、ドイルやデレクのカッコいいソロ・フレーズに触発されたのか、御大も弾きまくり系の鋭いギタープレイが飛び出す好演ではないでしょうか?!!!!今回はどの公演も外れが無いっすねー。クラプトン自身の声もギターも絶好調で、更にどう変化していくのか?現在世界NO1を感じさせるデレクのスライドギターやドイルの個性的なギターワーク、「Motherless Children」でのトリプルスライドも聴き所でしょう!!etc...と細かく書ききれない、ファンには聴き所だらけクラプトン・ライヴ・パフォーマンス!!マニアなファンなら全公演必聴でしょう!!

2006/11/24 BUDOKAN, TOKYO
Disc-One
1.Tell The Truth 2.Five Long Years 3.Got To Get Better In A Little While 4.Old Love 5.Motherless Children 6.Driftin' Blues(eric solo) 7.Key To The Highway 8.Outside Woman Blues(with rhythm section) 9.Nobody Knows You When You're Down And Out 10.Running On Faith (6-10:Sit Down Set)

Disc-Two
1.After Midnight 2.Little Queen Of Spades 3.Anyday 4.Wonderful Tonight 5.Layla 6.Cocaine
-Encore-
7.Crossroads



エリック・クラプトン
DOWN TO THE STATION
EC0047
AUD
2CD-R
\4,850


ツアーメンバーを一新したトリプル・ギター編成が遂に日本上陸!!その3年振り17度目となるエリック・クラプトン2006年ジャパンツアーより東京5日目11月29日(ツアー12日目)と6日目11月30日(ツアー13日目)の武道館2DAYSをベストなポジションより他とは一味違う、リアルな臨場感&迫力満点の超高音質にて完全収録!!ヴォーカルやギターを始め全てがリアルに、そして武道館ならではの一体感が気持ちいい臨場感もバランス良く収録した超一級品!!!E&Cならではの美麗ジャケットワークは勿論、丁寧なマスターリングが施された大推薦アイテムです!!スピーカーから大音量で是非聴いて下さい鳥肌必至っす!!!

さて日本公演も後半戦へとやってきましたー!!気になる内容ですが29日よりエリックのソロで「Rambling On My Mind」が東京初登場!!!そして30日では、なんと「Key To The Highway」のエレクトリック・ヴァージョンが今ツアー初登場!!!これがカッコいいアレンジで文句無し!!!ですが。。。セットが一曲少なくなってしまいました。。。ややお疲れっすかねー?その代わりと言ってはなんですが、ソロタイムが若干長くなってるような気がします!!もちろん両日ともクラプトン自身の声やギター、各メンバーのプレイも絶好調ですので、聴き応え満点です!!現在世界NO1を感じさせるデレクのスライドギターやドイルの個性的なギターワーク、「Motherless Children」でのトリプルスライドも聴き所でしょう!!etc...と細かく書ききれない、ファンには聴き所だらけクラプトン・ライヴ・パフォーマンス!!マニアなファンなら全公演必聴でしょう!!

2006/11/29 BUDOKAN, TOKYO
Disc-One
1.Tell The Truth 2.Got To Get Better In A Little While 3.Old Love 4.Motherless Children 5.Rambling On My Mind(eric solo) 6.Key To The Highway 7.Outside Woman Blues(with rhythm section) 8.Nobody Knows You When You're Down And Out 9.Running On Faith (5-9:Sit Down Set) 

Disc-Two
1.After Midnight 2.Little Queen Of Spades 3.Anyday 4.Wonderful Tonight 5.Layla 6.Cocaine
-Encore-
7.Crossroads



エリック・クラプトン
FASTEST TRAIN I SEE
EC0048
AUD
2CD-R
\4,850

2006/11/30 BUDOKAN, TOKYO
Disc-One
1.Tell The Truth 2.Key To The Highway 3.Got To Get Better In A Little While 4.Old Love 5.Motherless Children 6.Rambling On My Mind(eric solo) 7.Outside Woman Blues(with rhythm section) 8..Nobody Knows You When You're Down And Out 9.Running On Faith (6-9:Sit Down Set)

Disc-Two
1.After Midnight 2.Little Queen Of Spades 3.Anyday 4.Wonderful Tonight 5.Layla 6.Cocaine
-Encore-
7.Crossroads



エリック・クラプトン
BOUND TO GO
EC0049
AUD
2CD-R
\4,850


ツアーメンバーを一新したトリプル・ギター編成が遂に日本上陸!!その3年振り17度目となるエリック・クラ プトン2006年ジャパンツアーより12月2日埼玉公演(ツアー14日目)と12月5日武道館公演(7日目/ツアー15日目)の2DAYSをベストなポジションより他とは一味違う、リアルな臨場感&迫力満点の超高音質にて完全収録!!ヴォーカルやギターを始め全てがリアルに、気持ちいい臨場感もバランス良く収録した超一級品!!!E&Cならではの美麗ジャケットワークは勿論、丁寧なマスターリングが施された大推薦アイテムです!!スピーカーから大音量で是非聴いて下さい鳥肌必至っす!!!

さて日本公演も後半戦へとやってきましたー!!気になる内容ですが埼玉は30日とセットは同じで、「Rambling On My Mind」ソロと「Key To The Highway」のエレクトリック・ヴァージョンが登場!!!これがカッコいいアレンジで文句無し!!このヴァージョンですがデュアン・オールマンが唯一参加した70年ドミノスのタンパ公演と同じっす!!やはりデレクを意識しての事でしょうか!?またファンのリクエストに御大が返答する一幕もあります!!

そして、いよいよ残すは武道館4公演となった12月5日は「Driftin' Blues」が再びセットイン!!「Old Love」の中盤ソロパートは、これまでとは違ったアンヴィエント系アレンジで披露しております!!もちろん両日ともクラプトン自身の声やギター、各メンバーのプレイも絶好調ですので、聴き応え満点です!!現在世界NO1を感じさせるデレクのスライドギターやドイルの個性 的なギターワーク、「Motherless Children」でのトリプルスライドも聴き所でしょう!!etc...と細かく書ききれない、ファンには聴き所だらけクラプトン・ライヴ・パフォー マンス!!マニアなファンなら全公演必聴でしょう!!

そしてビックサプライズ!!12月6日公演では実に31年振り!!!(98年の一回を除いて)ドミノスナンバー「Little Wing」登場!!!!

2006/12/02 SAITAMA SUPER ANENA
Disc-One
1.Tell The Truth 2.Key To The Highway 3.Got To Get Better In A Little While 4.Old Love 5.Motherless Children 6.Rambling On My Mind(eric solo) 7.Outside Woman Blues(with rhythm section) 8..Nobody Knows You When You're Down And Out 9.Running On Faith (6-9:Sit Down Set)

Disc-Two
1.After Midnight 2.Little Queen Of Spades 3.Anyday 4.Wonderful Tonight 5.Layla 6.Cocaine
-Encore-
7.Crossroads



エリック・クラプトン
I HEARD TO SAY
EC0050
AUD
2CD-R
\4,850

2006/12/05 BUDOKAN, TOKYO
Disc-One
1.Tell The Truth 2.Key To The Highway 3.Got To Get Better In A Little While4.Old Love 5.Motherless Children 6.Driftin' Blues(eric solo)7.Outside Woman Blues(with rhythm section) 8.Nobody Knows You When You're Down And Out 9.Running On Faith(6-9:Sit Down Set)

Disc-Two
1.After Midnight 2.Little Queen Of Spades 3.Anyday 4.Wonderful Tonight5.Layla 6.Cocaine
-Encore-
7.Crossroads



エリック・クラプトン
HAVE A LOVE SO TRUE
EC0051
AUD
2CD-R
\4,850


ツアーメンバーを一新したトリプル・ギター編成が遂に日本上陸!!その3年振り17度目となるエリック・クラ プトン2006年ジャパンツアーより12月6日武道館公演(8日目/ツアー16日目)をベストなポジションより他とは一味違う、リアルな臨場感&迫力満点の超高音質にて完全収録!!ヴォーカルやギターを始め全てがリアルに、気持ちいい臨場感もバランス良く収録した超一級品!!!E&Cならではの美麗ジャケットワークは勿論、丁寧なマスターリングが施された大推薦アイテムです!!スピーカーから大音量で是非聴いて下さい鳥肌必至っす!!!

さて日本公演も残り3公演!!!ここに来て遂にビッグサプライズ!!!98年クロスロード・コンサートでの一回を除いては、ツアーにて実に31年振りとなるドミノス・ナンバー「Little Wing」が登場!!!!しかもこれが超弾きまくりの素晴らしいライヴ・テイクで鳥肌必至!!!こんなヤバい「Little Wing」が聴けるなんてミラクルっす。。。感無量。。。そしてここに来てなんと「Further On Up The Road」が再びセットイン!!!この日はアコースティック・セットを始め、御大もテンションの高いギターフレーズがガンガン飛び出す絶好調ぶりで、今ツアーベストの呼び声高いパフォーマンス!!いやー最高っす!!!これは必聴公演でしょう!!!現在世界NO1を感じさせるデレクのスライドギターやドイルの個性的なギターワーク、「Motherless Children」でのトリプルスライドも聴き所でしょう!!etc...と細かく書ききれない、ファンには聴き所だらけクラプトン・ライヴ・パフォー マンス!!マニアなファンなら全公演必聴でしょう!!
(尚、After Midnightで一カ所デジタルノイズが入りますがマスターからによるものです)

2006/12/06 BUDOKAN
Disc-One
1.Tell The Truth 2.Key To The Highway 3.Got To Get Better In A Little While 4.Little Wing 5.Motherless Children 6.Rambling On My Mind(eric solo) 7.Outside Woman Blues(with rhythm section) 8.Nobody Knows You When You're Down And Out 9.Running On Faith (6-9:Sit Down Set)

Disc-Two
1.After Midnight 2.Little Queen Of Spades 3.Further On Up The Road 4.Wonderful Tonight 5.Layla 6.Cocaine
-Encore-
7.Crossroads



エリック・クラプトン
WOULD GO ON ENDLESSLY
EC0052
AUD
2CD-R
\4,850


ツアーメンバーを一新したトリプル・ギター編成が遂に日本上陸!!その3年振り17度目となるエリック・クラプトン2006年ジャパンツアーより12月8日武道館公演(9日目/ツアー17日目)と12月9日武道館公演(最終日/ツアー最終日)共にをベストなポジションより他とは一味違う、リアルな臨場感&迫力満点の超高音質にて完全収録!!この2公演は文句無し!!!ヴォーカルやギターを始め全てがリアルに、気持ちいい臨場感もバランス良く収録した超一級品!!!E&Cならではの美麗ジャケットワークは勿論、丁寧なマスターリングが施された大推薦アイテムです!!スピーカーから大音量で是非聴いて下さい鳥肌必至っす!!!

さて日本公演もラスト2公演!!!ここに来て更にビッグサプライズ!!!なんと殆ど演奏していないレア・ドミノスナンバー「Why Does Love Got To Be So Sad?」が登場!!しかもラストは御大とデレクとの2本のギターソロが絡むアレンジで堪りません!!!今ツアーでこのような演出は初ではないでしょうか?!そしてあの「Little Wing」も登場!!!!いやーまいりました。。。こんなレア・ナンバーが1公演で2曲も披露されるとは。。。まさにミラクル!!!特に最終日は御大が日本公演の謝辞を述べた後に、なんと2連発で披露されており、「Anyday」までも登場するという正にドミノス再演と言っても過言ではないスペシャルセットリスト!!!(クリーム再結成をやったと思ったら、次はドミノスですかー!!ツアー序盤からは考えられない、70年代ナンバーオンパレードの選曲は驚きです!!)もちろん御大の切れ味鋭いギターを始め、バンドの演奏も最高ですので、ラスト2公演は外せないレア公演と断言!!最終日はもちろんお約束のマストアイテム!!!ファンには聴き所だらけのクラプトン・ライヴ・パフォーマンス!!マニアなファンなら全公演必聴でしょう!!!あの感動と興奮がリアルに蘇るメモリアルアイテムです!!

(あとがき)これにて「E&C WORLD STAR」レーベルよりのリリースは終了です。今回も1ヶ月にわたる日本公演を、最後まで素晴らしい演奏で楽しませてくれたエリックとバンドメンバー、本当にありがとう!!!期待されていたファンの方には申し訳ありませんが11/23日公演のリリースはありません。。。ごめんなさい。。。が、しかし次の来日公演では完全制覇したいと思っております!!!ってあるのか来日?。。。いつかその時が来たら、またお逢いしましょう!!!ってあるのかレーベル?。。。血と涙の結晶2006年度アイテム達をよろしくでーす!!それでは!!

2006/12/08 BUDOKAN, TOKYO
Disc-One
1.Tell The Truth 2.Key To The Highway 3.Got To Get Better In A Little While 4.Little Wing 5.Motherless Children 6.Drifting Blues(eric solo) 7.Outside Woman Blues(with rhythm section) 8.Nobody Knows You When You're Down And Out 9.Running On Faith (6-9:Sit Down Set)

Disc-Two
1.Why Does Love Got To Be So Sad? 2.Little Queen Of Spades 3.Further On Up The Road 4.Wonderful Tonight 5.Layla 6.Cocaine
-Encore-
7.Crossroads



エリック・クラプトン
WILL SEE YOU SMILE
EC0053
AUD
2CD-R
\4,850

2006/12/09 BUDOKAN, TOKYO
Disc-One
1.Tell The Truth 2.Key To The Highway 3.Got To Get Better In A Little While 4.Little Wing 5.Why Does Love Got To Be So Sad? 6.Rambling On My Mind(eric solo) 7.Outside Woman Blues(with rhythm section) 8.Nobody Knows You When You're Down And Out 9.Running On Faith (6-9:Sit Down Set)

Disc-Two
1.Motherless Children 2.Little Queen Of Spades 3.Anyday 4.Wonderful Tonight 5.Layla 6.Cocaine
-Encore-
7.Crossroads



エリック・クラプトン
BLACK CURTAIN
EC0021
AUD
2CD-R
\5,820


EC・2003年ジャパンツアーより、大阪3DAYSをベストなポジションより他とは一味違う、リアルな臨場感&迫力満点の超高音質にて完全収録!!クリアーとかクリアーじゃないとか、低音がどうのとか、音が遠いとか近いとか、チャットがどうのとか....そんなクソ細かい事は完全無視じゃ~!!会場にタイムスリップしたかのごとく、ガツーンと感動と興奮が押し寄せるよう、いい感じにマスターリングしてありまっせ~!!!!絶対デカイスピーカーでヴォリュームあげて聴きなはれ!!!小っちゃなウォークマンやミニコンポでゴマカせるブツとは違いまっせ~!!!っと思います(笑)(今ツアーはPAが変わりましたね?。協賛社だけにしょうがないんでしょうが、前回が良かっただけにややキビシーっす...泣....。個人的には、あのド迫力極太PAで聴きたかったな~っと...やや残念....。全体的に中盤あたりからヴォーカルを含めたバランスがすごく良くなる感じがします。大阪3日目アイテムの「Cocaine」からは良い意味で驚く程、急激にバランス変わります。泣&笑。なかなか今回はテゴワそうですぞ~)

肝心の内容は、広島公演より4曲削られましたが(現在さらに減ってる模様...)その分クラプトンが弾きまくっております!!広島は2時間20分。大阪は2時間05~10分位ですので演奏内容は濃くなっております!!唄い方の違いなんかも、それぞれの公演の聴きどころでしょう!!

大阪初日はやはり「レイラ」。これはヤバいです!!大阪2日目は、キレキレ・モードのプレイ連発!!「HOLY MOTHER」は、この日亡くなられたマイケル・ケイメンに捧げられました。大阪3日目も、文句無しのパフォーマンス!!この日の「RIVER OF TEARS」は、かなりキマすね~。イントロでの観客からの拍手で、この曲の人気の程がうかがえます。そのかわり「HOLY MOTHER」はカットになりましたが...(バラードが日替わりなる模様)前回ツアーの重要曲「Five Long Years」は大阪3日間ともプレイ!!弾きまくっておりますが、リズムが違っており、大爆発系の2日目はオイシイんじゃないでしょうか。ちなみにトータルでの弾きまくり度は、19日→20日→17日の順みたいですが、それぞれ他にも聴きどころ満載です!!細かく書けなくてスイマセン。。。リアルな感動が蘇るメモリアルアイテムの登場です!!

2003/11/17 OSAKA CASTEL HALL
Disc-One
1.Intro 2.When you got a good friend/Crossroads 3.I shot the sheriff 4.Bell bottom blues 5.Reconsider Baby 6.Can't find my way home 7.White room 8.I want a little girl 9.Got my mojo working 10.Hoochie coochie man 11.Change the world 12.Five Long Years

Disc-Two
1.Kind hearted woman 2.Badge 3.Holy mother 4.Lay down Sally5.Wonderful tonight 6.Cocaine 7.Knockin' on heaven's door8.Layla
(Encore)
9.Sunshine of your love10.Band Intro/Somewhere over the rainbow



エリック・クラプトン
COME DOWN OFF
EC0026
AUD
2CD-R
\5,820


2003年11月29日をベストなポジションより、他とは一味違うリアルな臨場感&迫力満点の超高音質にて完全収録!!会場にタイムスリップしたかのごとく、ガツーンと感動と興奮が押し寄せるよう、いい感じにマスターリングしてありまっせ~!!ヴォリュームは全開っすよ~!!!

いよいよクラプトンが武道館に登場!!まずこの日はジョージハリスンの命日にあたるだけに、期待感タップリの待ちに待った東京ファンが大変な盛り上がり!!演奏だけでなく、その気持ちいい一体感溢れるライヴ感も余す事無く真空パックされておりますぞ~!!11/29のセットリストは横浜2日目と全く同じですが、かなりご機嫌よろしいパフォーマンス!!!この日の「Before You Accuse Me」は、ちょっと違った感じのアレンジで後半部分の盛り上がりが気持ちいいっす。「Got My Mojo」「Hoochie Coochie」は同じくスライド・プレイです。(これのパターンに変わったようです)「Sunshine~」では、ちょっと違った曲っぽい(アルペジオが入ったりする)変わったアドリブ・ソロから始まります。バラードは「Holy Mother」です。トータルの出来としては、いい感じなGOODパフォーマンス!!ここに来てセットリストやプレイが変化してまいりました!!唄い方の違いなど聴きどころも満載!!マニアなファンは前回よりも検証シガイがあるかも?。リアルな感動が蘇るメモリアルアイテムです!!

2003/11/29 BUDOKAN
Disc-One
1.Intro 2.When you got a good friend/Crossroads 3.I shot the sheriff4.Bell bottom blues 5.Reconsider Baby 6.Can't find my way home7.White room 8.I want a little girl 9.Got my mojo working10.Hoochie coochie man 11.Change the world

Disc-Two
1.Before you accuse me 2.Kind hearted woman 3.Badge 4.Holy mother 5.Lay down Sally 6.Wonderful tonight 7.Cocaine8.Layla
(Encore)
9.Sunshine of your love10.Band Intro/Somewhere over the rainbow



エリック・クラプトン
GOT THE TIME
EC0036
AUD
2CD-R
\5,820


レプタイル・ツアーにて大変ご好評頂いた「E&C WORLD STAR」レーベルより、2003年12月13日武道館公演(最終日)をベストなポジションより、他とは一味違うリアルな臨場感&迫力満点の超高音質にて完全収録!!会場にタイムスリップしたかのごとく、ガツーンと感動と興奮が押し寄せるよう、いい感じにマスターリングしてありまっせ~!!ヴォリュームは全開っすよ~!!!

いよいよ最終日!!!やはり違いました!!!オープニングは広島以来の登場となった「Nobody Knows You~」よりスタート!!全曲披露か?と期待しましたが、後は前日と同じです。。。が、しかし、この日は弾きまくりモードっす!!!「Sheriff」「White Room」「Cocaine」「Sunshine」など弾きまくっておりますぞ~!!また、最後には今ツアーの謝辞を述べております(すぐ戻って来るといってます~!!!)トータルでは、なかなかご機嫌よろしい必聴パフォーマンス!!最終日ならではの雰囲気がタップリ味わえます。リアルな感動が蘇るメモリアル・アイテムです!!!!

2003/12/13 BUDOKAN
Disc-One
1.Intro 2.Nobody knows you when you're down and out 3.When you've got a good friend/Crossroads 4.I shot the sheriff5.Bell bottom blues 6.Reconsider Baby 7.Can't find my way home8.White room 9.I want a little girl 10.Got my mojo working11.Hoochie coochie man 12.Change the world

Disc-Two
1.Bright lights, big city 2.Kind hearted woman 3.Badge4.Holy mother 5.Lay down Sally 6.Wonderful tonight 7.Cocaine 8.Layla
(Encore)
9.Sunshine of your love 10.Band Intro/Somewhere over the rainbow



エリック・クラプトン
BLUEBIRD FLY
NN0073
SBD
2CD-R
\5,500


あの放送より2001年12月4日武道館公演をノーカット完全収録!!単純なデジタル収録とは異なり、いったんサンプリン・レートを96KHzにコンバートし24ビットでマスターリングした驚愕のデジタル収録です。99年と違い今回は素晴らしいミックス済みのオフィシャル並のサウンドボード!!音質にこだわった逸品です!!

Key To The Highway(Acoustic)/Reptile(Instrumental)/Got You On My Mind/Tears In Heaven(Acoustic)/Layla(Acoustic)/Bell Bottom Blues(Acoustic)/Change The World(Acoustic)/River Of Tears/Goin' Down Slow/She's Gone/I Want A Little Girl/Badge /Hoochie Coochie Man/Five Long Years/Cocaine/Wonderful Tonight/Layla Encore/Sunshine Of Your Love/Band Intro-Somewhere Over The Rainbow



エリック・クラプトン
EAGLE FILES ON WEDNEDAY
EC0004
AUD
2CD-R
\6,140


2001年ジャパンツアー二日目、11/21大阪公演を超高音質にて完全収録。堪らない臨場感です!!またバランスもGOODです!!

この日は「Have You Ever」の代わりに「Stormy Monday」がセットイン!!又、「レイラ」を2回演っています。あれ?どうしたの?「Wonderful Tonight」と「Over The Rainbow」の2曲を演奏しないなんて...(メンバー紹介もなしです)...いや~あっさりと終わってしまった2日目.....摩訶不思議公演?....ファンにはど~も気になるアイテムです.....。是非とも真相を検証してみて下さい。

Key To The Highway(Acoustic)/Reptile(Instrumental)/Got You On My Mind/Tears In Heaven(Acoustic)/Layla(Acoustic)/Bell Bottom Blues(Acoustic)/Change The World(Acoustic)/My Father's Eyes/River Of Tears/Goin' Down Slow/She's Gone/I Want A Little Girl/Badge/Hoochie Coochie Man/Stormy Monday Blues/Cocaine/Layla/Sunshine Of Your Love



エリック・クラプトン
BEST FRIEND'S HOME
EC0002
AUD
2CD-R
\6,140


2001年ジャパンツアー8日目、11/30武道館公演を武道館とは思えない、超高音質にて完全収録!!

ご存知しょう....親友のジョージ・ハリスンがこの日に亡くなりました...おそらくクラプトンもいつもとは違う心境での演奏だったに違いありません..しかし、悲しくもそれを乗り越えるかのような力強さと、やさしさに溢れたクラプトンの歌とギターが感動的に響き渡ります...特に「Layla」「Badge」「River Of Tears」そしてバラードは本当に心にしみます....ファンには、不思議な感動が蘇る奇跡のアイテムです。

Key To The Highway(Acoustic)/eptile(Instrumental)/Got You On My Mind/Tears In Heaven/Layla/Bell Bottom Blues/Change The World 8.River Of Tears/Goin' Down Slow /She's Gone/I Want A Little Girl/Badge/Hoochie Coochie Man/Blues/Cocaine/Wonderful Tonight/Layla Encore/Sunshine Of Your Love/Band Intro/Somewhere Over The Rainbow



エリック・クラプトン
ANOTHER MAN'S NAME
EC0000
AUD
2CD-R
\6,140


2001年ジャパンツアー9日目、12/3武道館公演を超高音質にて完全収録!!この日の日替わりは「Have You Ever Loved A Woman」です。ツアーも中盤、クラプトンの調子も悪くないようで、安定したパフォーマンスが楽しめます。

Key To The Highway(Acoustic)/Reptile(Instrumental)/Got You On My Mind /Tears In Heaven/Layla/Bell Bottom Blues/Change The World 8.River Of Tears/Goin' Down Slow/She's Gone/I Want A Little Girl/Badge/Hoochie Coochie Man/Have You Ever Loved A Woman/Cocaine/Wonderful Tonight/Layla Encore/Sunshine Of Your Love/Band Intro-Somewhere Over The Rainbow



エリック・クラプトン
FOR ONE WOMAN
EC0008
AUD
2CD-R
\6,140


2001年ジャパンツアー10日目、12/4武道館公演を武道館とは思えない超高音質・完全収録!!鳥肌もの臨場感!!最高のパフォーマンス!!

この日は、テレビカメラが入っていましたが、これまでのいやな前例を覆すかのごとく弾きまくっています!!出ました「Five Long Years」!!大阪3日目より久々に登場!!ひょっとして調子のいい日は、この曲を演るんでしょうか?又、「Badge」では、”ジョージに捧げる”とMCしています。ライヴ感満点の必聴アイテム!!オーディエンス録音の最高級アイテム!!

Key To The Highway(Acoustic)/Reptile(Instrumental)/Got You On My Mind/Tears In Heaven/Layla/Bell Bottom Blues/Change The World/River Of Tears/Goin' Down Slow/She's Gone/I Want A Little Girl/Badge/Hoochie Coochie Man/Five Long Years/Cocaine/Wonderful Tonight/Layla Encore/Sunshine Of Your Love/Band Intro/Somewhere Over The Rainbow



エリック・クラプトン
FINALLY LEARNED
EC0007
AUD
2CD-R
\6,140


2001年ジャパンツアー14日目、12/11武道館公演最終日をエクセレント超高音質にて完全収録!!

この日は武道館公演最終日の為、感謝の意を表したMCをやっておりす。(クラプトンメインでの武道館は、ホントこれが最後かもしれませんね....)クラプトン自身も感銘に浸っているのか?それともお疲れなのか?「Badge」のイントロをトチッて”Ah!"と言ってます。(笑)又、アコースティク「Layla」が外れて、「My Father's 」がセットイン!!そして、日替わりは出ました!「Five Long Years」!さすがにこの曲は盛り上がります!ファンなら必携の武道館最終日公演です。

Key To The Highway(Acoustic)/Reptile(Instrumental)/Got You On My Mind/Tears In Heaven(Acoustic)/Bell Bottom Blues(Acoustic)/Change The World(Acoustic)/My Father's Eyes/River Of Tears/Goin' Down Slow/She's Gone/I Want A Little Girl/Badge/Hoochie Coochie Man/Stormy Monday Blues/Cocaine/Wonderful Tonight/Layla/Sunshine Of Your Love/Band Intro/Over The Rainbow



エリック・クラプトン
FINAL REPTILE
EC0006
AUD
2CD-R
\6,140


2001年ジャパンツアー最終日、12/15横浜公演を超高音質にて完全収録!!

フロントローど真ん中より、リアルなステレオ感を実現!クラプトンのギターが超生々しいです!!2001年ツアーを締めくくるにふさわしい豪華なセットリストとなりました!!クラプトン・メインの日本公演は、この日が最後になるかもしれませんね~...(涙)...とにかくファンなら必携間違いなしのメモリアル・アイテムです!!尚、2.3カ所ノイズが入ります。

Key To The Highway(Acoustic) /Reptile(Instrumental)/Got You On My Mind/Tears In Heaven(Acoustic)/Layla(Acoustic)/Bell Bottom Blues(Acoustic)/Change The World(Acoustic)/My Father's Eyes/River Of Tears/Goin' Down Slow/She's Gone/I Want A Little Girl/Badge/Hoochie Coochie Man/Five Long Years/Cocaine/Wonderful Tonight/Layla/Sunshine Of Your Love/Band Intro/Somewhere Over The Rainbow



エリック・クラプトン
Buenos Aires 2001
Second Line-040
123min. Pro-shot
1DVD-R
\3,000


“Reptile”ツアー、2001年10/6にアルゼンチンはブエノスアイレスのリバープレート・スタジアムにおけるライブを全19曲、2時間以上に亘り高画質プロショットにて収録。

映像・音声ともに乱れ等は皆無の高品質な放送用プロショットマスターにデジタルリマスタリングを施しており、Steve Gadd、Nathan East等を擁するECバンドの豪華なステージを臨場感満点のハイ・クオリティな映像でお楽しみいただけます。「Key To The Highway」から始まりメンバー紹介を交えながらの「Somewhere Over The Rainbow」で幕を閉じる一連のセットは、翌11月からおこなわれた日本公演の思い出を反芻するのにも最適です。

◆River Plate Stadium, Buenos Aires, Argentina, 6th October 2001
01.Key To The Highway 02.Reptile 03.Got You On My Mind 04.Tears in Heaven 05.Bell Bottom Blues 06.Change The World 07.My Father's Eyes 08.River Of Tears 09.Going Down Slow 10.She's Gone 11.I Want a Little Girl 12.Badge 13.Hoochie Coochie Man 14.Stormy Monday 15.Cocaine 16.Wonderful Tonight 17.Layla 18.Sunshine Of Your Love 19.Somewhere Over The Rainbow

◇Personnel;
Eric Clapton (guitar, vocal)
Andy Fairweather Low (guitar, vocal)
Nathen East (bass, vocal)
Steve Gadd (drums)
David Sancious (keyboards, guitar, vocal)
Greg Philliganes (keyboards, vocal)



エリック・クラプトン
Reptile World Tour
WR-102
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


“エリック・クラプトン“2001年、REPTILE WORLD TOUR南米ブエノス・アイレス公演を高音質サウンドボード音源(2枚組)でコンプリート収録したタイトルが登場です!

この日のステージは、南米というお国柄のせいか観客のテンションもマックス状態!尋常ではありません!
それだけに、もちろん、クラプトン、そしてバンドのテンションも非常に高く彼自身も観客と一緒にステージを思う存分楽しんでいる様子が物凄く伝わってくる演奏を展開しております!
選曲も、お馴染みの代表曲が目白押し!オーディエンスの熱狂に答えるべく、若干アップ・テンポにアレンジ?!された演奏は素晴らしいの一言!!
特に、後半、「Cocain」からのラストの「SOMEWHERE OVER THE RAINBOW」までの一連の選曲は感動です!クラプトンの南米公演は珍しいだけに貴重なタイトルと言えるでしょう!!

Disc:1 01. Key To The Highway / 02. Reptile / 03. Got You On My Mind / 04. Tears In Heaven / 05. Bell Bottom Blues / 06. Change The World 07. My Father's Eyes / 08. River Of Tears / 09. Going Down Slow / 10. She's Gone

Disc:2 01. I Want A Little Girl / 02. Badge / 03. Hoochie Coochie Man / 04. Stormy Monday / 05. Cocaine / 06. Wonderful Tonight / 07. Layla 08. Sunshine Of Your Love / 09. Somewhere Over The RainbowDisc:1 01. Key To The Highway / 02. Reptile / 03. Got You On My Mind / 04. Tears In Heaven / 05. Bell Bottom Blues / 06. Change The World 07. My Father's Eyes / 08. River Of Tears / 09. Going Down Slow / 10. She's Gone

Disc:2 01. I Want A Little Girl / 02. Badge / 03. Hoochie Coochie Man / 04. Stormy Monday / 05. Cocaine / 06. Wonderful Tonight / 07. Layla 08. Sunshine Of Your Love / 09. Somewhere Over The Rainbow



エリック・クラプトン
BLUES EYES
EC0003
AUD
2CD-R
\6,140


99年来日公演の11月15日大阪公演初日、大阪城ホールでのライヴが高音質・完全収録!大阪初日だけあって、会場も大盛り上がり!それにつられてクラプトンもノリノリのプレイの連続!しかもクリアー&臨場感満点な高音質で言うこと無し!ホント名盤です!

(レヴュー)最前列ド真ん中あたりで録音されたと思われ、恐らくこれ以上は望めないと思える程の驚異の音質だ。大阪公演初日にあたったこの日はバンドもオーディエンスのノリも良く、非常にパワフルな演奏が展開されている。セットリストもこの日が一曲多かった。全曲文句無しのプレイだ。素晴らしい!

My Father's Eye/Pilgrim/River Of Tears/Going Down Slow/Hoccchie Coochies Man/Have You Ever Loved A Woman/She's Gone/Rambling On My Mind/Tears In heaven/Bell Bottom Blues/Channge The World/Gin House/Cocaine/Old Love/Badge/Wonderfull Tonight/Layla/Before You Accuse Me



エリック・クラプトン
GOOD FELLOWS
EC0009
AUD
2CD-R
\6,140


99年11月17日大阪公演最終日が超高音質・完全収録で登場!!アリーナのスピーカー真ん前からの収録でサウンドボードと聞き間違える程の大迫力、超高音質盤!!クラプトンの微妙なギターワークもバッチリ聴き取れる、大オススメ決定盤!!

(レヴュー)音質はこれまた素晴らしくクリアなステレオ・オーディエンス録音。いきなりオープニングのイントロミスでのやり直しから始まり、その後も最後までいろいろとあった日であるが、その分キレ方は尋常ではなかった。「She's Gone」での壮絶なソロ、「Bell botom Blues」での流れるようなソロ、「Gin House」でのスリリングなソロ、とこれだけを聴いてもその凄さは伝わってくるだろう。まさにスリルに満ちた一夜だったのだ。それを楽しめるのも、この音質あってのことだと言えるだろう。(ラストにお辞儀をもう一度メンバーに促すクラプトン"ワンモア!"という声もちゃんと入っている。)大阪3DAYSをすべて最高音質でリリースしてしまったこのレーベルには脱帽だ。もはやこれらを上回る音源が出てくるとは考えられない。

My Father's Eye/Pilgrim/River Of Tears/Going Down Slow/Hoccchie Coochies Man/She's Gone/Rambling On My Mind/Tears In heaven/Bell Bottom Blues/Channge The World/Gin House/Cocaine/Old Love/Badge/Wonderfull Tonight/Layla/Sunshine Of Your Love



エリック・クラプトン
BEFORE YOU…
EC0001
AUD
2CD-R
\6,140


99年11月27日東京武道館公演が高音質・完全収録で登場、セットリストにも変更があり、なんとツアーで初めて BEFORE YOU ACCUSE MEをアコースティクセットでプレイ!

My Father's Eye/Pilgrim/River Of Tears/Going Down Slow/She's Gone/Rambling On My Mind/Tears In heaven/Before You Accuse Me/Bell Bottom Blues/Channge The World/Gin House/Cocaine/Wonderfull Tonight/Badge/Have You Ever Loved A Woman/Layla/Sunshine Of Your Love



エリック・クラプトン
FINAL INPRESSION
EC0005
AUD
2CD-R
\6,140


99年11月30日東京武道館公演が超高音質・完全収録で登場!!

やはり最終日とあって、クラプトンの乗り、そして観客の乗りが99年日本公演中最高で、ギタープレイ・演奏も素晴らしいの一言!!11/29に演奏した「STORMY MONDAY」はオリジナル・ヴァージョンになっており、この日のみ一人づつメンバー紹介をしています!。最終日の熱い興奮と感動が余すことなく伝わる最高の一枚!

My Father's Eye/Pilgrim/River Of Tears/Going Down Slow/She's Gone/Rambling On My Mind/Tears In heaven/Before You Accuse Me/Bell Bottom Blues/Channge The World/Gin House/Cocaine/Wonderfull Tonight/Badge/Stormy Monday/Layla/Sunshine Of Your Love



エリック・クラプトン
100 NIGHTS THANK YOU!
PU0004
AUD
2CD-R
\6,800


初来日74年の日本公演初日から丁度100回目の記念すべきアニヴァーサリー・ショウとなった97年10月17日武道館公演を超A級のオーディエンスソースにて完全収録!!

「Sunshine Of Your Love」が終わった所で日本での100回公演という偉業を讚え祝福するセレモニーがあり、観客とクラプトンが一体になった雰囲気の中大ラストを迎えます!!鳥肌必至!!本ソースは音質が特に素晴らしくアコースティックで始るオープニング「Layla」などは、爪弾く繊細なギターの音色も感度抜群に捉えており、さざ波のごとく広がってゆく拍手も適度なホール感で心地よく、まるで招待席で実際にショウを見ているような極上の臨場感が味わえます!!

1997/10/17 BUDOKAN, TOKYO, JAPAN
LAYLA/CHANGE THE WORLD/NOBODY KNOWS YOU WHEN YOU ARE DOWN AND OUT/TEARS IN HEAVEN/GOING DOWN SLOW/BROKEN HEARTED/PILGRIM/BEFORE YOU ACCUSE ME/I SHOT THE SHERIFF/WONDERFUL TONIGHT/I'M TORE DOWN/HAVE YOU EVER LOVED A WOMAN/COCAINE/TEARING US APART/OLD LOVE/SUNSHINE OF YOUR LOVE/EVERYDAY I HAVE THE BLUES



エリック・クラプトン
FIFTH NIGHT
PV0021
PRO SHOT 94min
1DVD-R
\5,170


ダイレクトにデジタル収録したDVD版が登場!!説明不要の1997年10月27日武道館公演・定番高画質プロショット映像!!カットされたのはわずか2曲のみ全16曲の最高のライブを堪能して下さい!!

メニュー画面&チャプター付きのプロフェッショナル仕様で言うこと無し!

LAYLA/CHANGE THE WORLD/NOBODY KNOWS YOU WHEN YOU ARE DOWN AND OUT/TEARS IN HEAVEN/GOING DOWN SLOW/BEFORE YOU ACCUSE ME/I SHOT THE SHERIFF/WONDERFUL TONIGHT/I'M TORE DOWN/HAVE YOU EVER LOVED A WOMAN/COCAINE/TEARING US APART/OLD LOVE/SUNSHINE OF YOUR LOVE/EVERYDAY I HAVE THE BLUES



ジョージ・ハリスン
with エリック・クラプトン
"Days Of Speed" Revisited
GREEN APPLE
AUD
4CD-DIGI
\8,300
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


名音源デイズ・オブ・スピードが帰ってきました!レアなセットリストで聞き逃せない初日横浜公演とベストプレイと誉れ高い大阪公演のセットでございます。

ノイズのエディットやバランス調整を施し、特に音質の素晴らしい大阪公演は耳障りな曲中の手拍子がかなりなくなっており、よりベストなソースに生まれかわりました!サウンドボードみたいな音質は保障済みです。

横浜公演の”FUSH ON THE SAND"と”LOVE COMES TO EVERYONE"は、この日のみの演奏ですし、何といっても大阪公演の”WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS"のソロは彼のキャリアの5本の指に入るソロを弾いております!

素晴らしいフレージング!神が舞い降りたかのようなチョーキング!文句無しの2公演です。美麗紙ジャケット&帯のコレクターズアイテムです。

GEORGE HARRISON with ERIC CLAPTON & HIS BAND
LIVE IN JAPAN 1991 DECEMBER 1ST 横浜アリーナ

Disc1
1 I Want To Tell You
2 Old Brown Shoe
3 Taxman
4 Give Me Love
5 If I Needed Someone
6 Something
7 Fish On The Sand
8 Love Comes To Everyone
9 What Is Life
10 Dark Horse
11 Piggies
12 Pretending
13 Old Love
14 Badge

Disc2
1 Wonderful Tonight
2 Got My Mind Set On You
3 Cloud Nine
4 Here Comes The Sun
5 My Sweet Lord
6 All Those Years Ago
7 Cheer Down
8 Devil's Radio
9 Isn't It A Pity
10 While My Guitar Gently Weeps
11 Roll Over Beethoven

GEORGE HARRISON with ERIC CLAPTON & HIS BAND
LIVE IN JAPAN 1991 DECEMBER 10TH 大阪城ホール

Disc1
1 I Want To Tell You
2 Old Brown Shoe
3 Taxman
4 Give Me Love
5 If I Needed Someone
6 Something
7 What Is Life
8 Dark Horse
9 Piggies
10 Pretending
11 Old Love
12 Badge
13 Wonderful Tonight

Disc2
1 Got My Mind Set On You
2 Cloud Nine
3 Here Comes The Sun
4 My Sweet Lord
5 All Those Years Ago
6 Cheer Down
7 Devil's Radio
8 Isn't It A Pity
9 While My Guitar Gently Weeps
10 Roll Over Beethoven



ジョージ・ハリスン
with エリック・クラプトン
I HEAR IT AGAIN TODAY
NN0076
AUD
2CD-R
\6,140


高音質にて完全収録!!もう細かな説明は不要でしょう...今は亡きジョージの歌とギターが響き渡ります。クラプトンは「PRITENDING」「OLD LOVE」「BADGE」「WONDERFUL TONIGHT」の4曲を演っています。尚、ジョージが「TAXMAN」の曲紹介で”ラバーソウル”からと言っていますが、正しくは"リボルバー”です(笑)。いよいよ全貌が明らかに!!これで全公演がリリースされたことになります。永遠に語り継がれる日本だけの友情パフォーマンスです....涙....

(レヴュー)カセット・マスターテープに収められた悪名高きドームの残響を丁寧なイコライジング作業で抑え、各楽器のサウンドバランスを計って聴きやすい音像を実現している。良好と言ってよい音質だ。このツアーのタイトルにありがちな、クラプトンのセットの中途切れやアンコールラストの尻切れもなく完全収録されているのが価値あるところだ。ハリスンもクラプトンもツアーが終盤にさしかかり、非常にプレイが滑らかになっており、名曲の数々を安定した演奏で聴かせてくれる。ハリスンがこの地上の人でなくなってしまった今のタイミングでは感慨を抱かずには聴くことはできないだろうが、是非彼との思い出を確認していただきたいタイトルである。本作はそれに値するクオリティを備えた好盤である。

1991/12/14 TOKYO
I Want To Tell You/Old Brown Shoe/TaxMan/Give Me Love/If I Needed Someone/Something/What Is Life/Dark Horse/Piggies/Blues/Pretending/Old Love/Badge/Wonderful Tonight/Got My Mind Set On You/Cloud 9/Here Comes The Sun/My Sweet Lord/All Those Years Ago/Cheer Down/Devil's Radio/Isn't It A Pity/While My Guitar Gently Weeps/Roll Over Beethoven/Drums & Percussions-Roll Over Beethoven



ジョージ・ハリスン
with エリック・クラプトン
MY SWEET LORD
HT0001
AUD SHOT
2DVD-R
\6,140


1stマスターよりダイレクトにデジタル収録したDVD版が遂に登場!!91年日本のみで実現した二度とあり得ない伝説の共演ライヴ貴重映像!!しかも日本ツアー各地7ヶ所11日間よりベストショットでコンピュレートした驚異の根性作品!!各曲ごとにアングルが違う為、見飽きる事もありません!!その素晴らしさに敬意を表し、余計なマークなどの編集一切無し!!最高の画質と音質でお楽しみ下さい!!既発VHS同タイトルよりも遥かにレベルアップしております!!

メニュー画面&チャプター付きのプロフェッショナル仕様で言うこと無し!!

JAPAN 1991
I Want To Tell You/Old Brown Shoe /TaxMan/Give Me Love/If I Needed Someone/.Something/What Is Life/Dark Horse/Piggies/Blues/Pretending/Old Love /Badge/Wonderful Tonight/Got My Mind Set On You/Cloud 9/Here Comes The Sun/My Sweet Lord/All Those Years Ago /Cheer Down/Devil's Radio/Isn't It A Pity /While My Guitar Gently Weeps/Roll Over Beethovenll



V.A. (ボブ・ディラン)
30th Anniversary Concert Celebration
PV0031
PRO SHOT
2DVD-R
\4,690


ボブ・ディランのデビュー30周年を記念して、有名ミュージシャンを一堂に集めマジソン・スクウェア・ガーデンで行われたコンサートの模様を、廃盤レーザーディスクマスターよりダイレクトにデジタル収録!!これ以上はない画質・音質です!!さらに未収録のリハーサルの模様を40分にわたりボーナスとしてプラス。

G.ハリスン、クラプトン、ニール・ヤング、ロン・ウッドを始めとする超豪華ゲストによる夢の祭典!!ハイライトとも言えるクラプトンの「Don't Think Twice~」やニール・ヤングの「All Along The Watch Tower」は屈指の名演でしょう!!また演奏されなかったニール・ヤングのオルガン弾き語りによる「Forever Young」など、タップリ4時間見応え十分な内容は必見!!

メニュー画面&チャプター機能付きのプロフェッショナル仕様で言う事なし!!

◆1992/10/16 MADISON SQUARE GARDEN, NEW YORK CITY
Disc1 Runningtime 114min
1.Opening Montage "All Along The Watchtower"
2.Prologue Behind-The-Scenes
3.Like A Rolling Stone (John Mellencamp)
4.Leopard-Skin Pill-Box Hat (John Mellencamp)
5.Blowin' In The Wind (Stevie Wonder)
6.Boots Of Spanish Leather (Nancy Griffith with Carolyn Hester)
7.Gotta Serve Somebody (Booker T.& The M.G.'s)
8.Foot Of Pride (Lou Reed)
9.Masters Of War (Eddie Vedder/Mike McCready)
10.The Times They Are A-Changin' (Tracy Chapman)
11.It Ain't Me, Babe (June Carter/Johnny Cash)
12.What Was It You Wanted (Willie Nelson)
13.I'll Be Your Baby Tonight (Kris Kristofferson)
14.Highway 61 Revisited (Johnny Winter)
15.Seven Days (Ron Wood)
16.Just Like A Woman (Ritchie Havens)
17.When The Ship Comes In
(The Clancy Brothers and Robbie O'Connell with special guest Tommy Makem)
18.War (Sinead O'Connor)
19.Just Like Tom Thumb's Blues (Neil Young)
20.All Along The Watchtower (Neil Young)

Disc2 Runningtime 117min
1.I Shall Be Released (Chrissie Hynde)
2.Love Minus Zero, No Limit (Eric Clapton)
3.Don't Think Twice, It's All Right (Eric Clapton)
4.Emotionally Yours (The O'Jays)
5.When I Paint My Masterpiece (The Band)
6.You Ain't Goin' Nowhere
(Mary-Chapin Carpenter/Rosanne Cash/Shawn Colvin)
7.Absolutely Sweet Marie (George Harrison)
8.License To Kill (Tom Petty & The Heartbreakers)
9.Rainy Day Woman #12 & 35 (Tom Petty & The Heartbreakers)
10.Mr. Tambourine Man (Roger McGuinn)
11.It's Alright, Ma [I'm Only Bleeding] (Bob Dylan)
12.My Back Pages
(Bob Dylan/Roger McGuinn/Tom Petty/Neil Young/Eric Clapton/George Harrison)
13.Knockin' On Heaven's Door (Everyone)
14.Girl Of The North Country (Bob Dylan)

-REHEARSALS-
15.My Back Pages 16.Just Like Tom Thumb's Blues 17.All Along The Watchtower 18.Forever Young



エリック・クラプトン
LIVE IN JAPAN 1988
WR-507
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


“エリック・クラプトン(アンド・ヒズ・バンド・ウィズ・マーク・ノップラー)”1988年、25周年記念ツアーより11月に行われた東京ドームでのステージを高音質スタジオ・サウンドボード音源(2枚組)で収録したタイトルが登場!

本タイトルは、“エリック・クラプトン”デビュー25周年記念ツアーより東京ドームでのライブを収録した至福のタイトル。彼のバンドにサポート・ギタリストとして“マーク・ノップラー”を迎えて行われた、このアニヴァーサリー・ツアーは、今や伝説となっているのは言うまでもありません!しかも、なんと、スペシャル・ゲストにエルトン・ジョンが登場!2人の天才による共演は超圧巻!オープニングの「CROSSROAD」からラストの「SUNSHINE OF YOUR LOVE」まで鉄壁のサウンドが炸裂するオススメのライブ盤です!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan, November 2, 1988.

DISC ONE
01. Crossroads / 02. White Room / 03. I Shot The Sheriff / 04. Lay Down Sally / 05. Wonderful Tonight / 06. Tearing Us Apart
07. After Midnight / 08. Can't Find My Way Home / 09. Money For Nothing / 10. Candle In The Wind

DISC TWO
01. I Guess That's Why They Call It The Blues / 02. I Don't Wanna Go On Like That / 03. I'm Still Standing / 04. Daniel
05. Band Introduction / 06. Cocaine / 07. Layla / 08. Solid Rock / 09. Saturday Night's Alright For Fighting / 10. Sunshine Of Your Love



エリック・クラプトン
BEHIND THE CROSSROAD
PU0001
AUD
2CD-R
\6,140


87年3月27日クラプトンの故郷リプナーで「ERIC CRAPTON & FRIENDS」と題して行われた大変珍しいチャリティーギグを、80年代ソーズとは思えない新発掘・超A級オーディエンスマスターで完全収録!!音質の良さはサウンドボードに匹敵するといっても良いでしょう!!

残念ながらこの時のパーソネルは不明ですが、チャリティらしいセットリストで「August」のナンバーに「Walking The Dog」「Route 66」などのブルースやR&Rのカバー、特に珍しい「Black Magic Women」そしてお馴染みの名曲を織り交ぜてプレイしており非常に楽しめるショウです!!

Introduction/Prelude/Tulsa Time/Behind The Mask/Walkin' The Dog/Route 66/Crossroads/Lay Down Sally/Black Magic Woman/The Bear/Alberta/Tearing Us Apart/Knock On Wood/Ramblin' On My mind-Have You Ever Loved A Woman/Red Dress/Boogie/Walking On Sunset/Sunshine Of Your Love/Baby's Gone and Left Me/Cocaine/Further On Up The Road



エリック・クラプトン
AT THE RITZ - BREEZE OF AUGUST
CZ0002
SBD
2CD-R
\6,140


サウンドボード・マスターを遂に入手、しかもこのマスターを更に最新スタジオの20bitハイサンプリングでリマスターされた恐るべしアルバムが完成しました。クラプトン人気最高潮の今、この歴史的名盤になりうるアルバムは逃すわけにはいきません!!

Keith Richards Joins Eric for 'Cocaine' and 'Layla'

1986/11/23 NEW YORK THE RITZ
CROSSROADS/WHITE ROOM/I SHOT THE SHERIFF/WANNA MAKE LOVE TO YOU/IT'S IN THE WAY THAT YOU USE IT/RUN/MISS YOU/SAME OLD BULUES/TEARING AS APART/HOLY MOTHER/BADGE/LET IT RAIN/COCAIN/LAYLA/UNSHINE OF YOUR LOVE/FURTHER ON UP THE ROAD



エリック・クラプトン
EXTRA SHOW
PU0008
SBD
2CD-R
\5,820


86年バーミンガムでのライヴを超高音質サウンドボード収録!文句なしにいいです!!

1986/07/15 BIRMINGHAM NEC
Crossroads/White Room/I Shot The Sheriff/Wanna Make Love To You/Run/Miss You/Same Old Blues/Tearing Us Apar/Holy Mother/Behind The Mask/Budge/Let It Rain/In The Air Tonight/Cocaine/Layla/Sunshine Of Your Love/Further On Up The Road



エリック・クラプトン
KINGSWOOD MUSIC THEATER 1985
WR-370
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


“エリック・クラプトン”1985年のツアーより、6月21日、トロント・キングスウッド・ミュージック・シアターでのステージを高音質サウンドボード音源(2枚組)で収録したタイトルが登場!

本タイトルは、同年3月にリリースした名盤「BEHIND THE SUN」を引っさげてのツアーであり、クラプトンのキャリアの中でも最も油の乗った時期といっても良いでしょう。前述のアルバム収録曲を中心に、自らのキャリアを総括するかのようなセット・リストは85年までのベストと言っても過言ではないでしょう!バックを固めるメンバーも大御所ドナルド・ダック・ダン、ティム・レンウィックなどアルバム・レコーディングに参加したメンバーが集結!オープニングからラストまで存分に楽しめる至福の1枚です!!

SOURCE: EXCELLENT MONO SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Kingswood Music Theater, Toronto, Ontario, June 21, 1985.

DISC ONE
01. Tulsa Time / 02. Motherless Children / 03. I Shot The Sheriff / 04. Same Old Blues / 05. Tangled In Love / 06. White Room
07. Behind The Sun / 08. Wonderful Tonight / 09. Steppin' Out* (incomplete, intro and first verse only)

DISC TWO
01. Lay Down Sally (incomplete, fade-in) / 02. She's Waiting / 03. Try A Little Tenderness**/ 04. Badge / 05. Let It Rain
06. Double Trouble / 07. Cocaine / 08. Layla / 09. Forever Man (incomplete, last verse only)
10. band intro > Further On Up the Road (incomplete, first verse only)
* Shaum Murphy on vocals, Marcy Levy on harmonica ** Marcy Levy on vocals



エリック・クラプトン
BADGE
PU0005
SBD
2CD-R
\5,820


85年TORONTOでのライヴを高音質サウンドボード収録。

1985/05/21 KINGSWOOD MUSIC THEATRE
Tulsa Time/Motherless Children/I Shot The Sheriff/Same Old Blues/Tangled In Love/White Room/Behind The Sun/Wonderful Tonight/Steppin' Out/Lay Down Sally/She's Waitting/Try A Little Tenderness/Badge/Let It Rain/Double Trouble/Cocaine/Layla/Forever Man/Further On Up The Road



エリック・クラプトン
Behind the Sun Tour 1985 Hartford Ct.
PV0011
PRO SHOT 77min
1DVD-R
\4,700


今では貴重なレーザーディスク・マスターよりダイレクトにデジタル収録されたDVD盤が登場!!メニュー画面&チャプター機能付きのプロ仕様!!もはや説明不要でしょう。"Behind The Sun"ツアーより85年5月1日コネチカット州ハートフォード"シビック"センターでのライヴの模様を収録(35m/mフィルム収録)

ERIC CLAPTON : VOCALS, GUITAR
TIM RENWICK : GUITAR
DUCK DUNN : BASS
CHRIS STAINTON : KEYBOARDS
JAMIE OLDAKER : DRUMS
MARCY LEVY : BACKING VOCALS
SHAUN MURPHY : BACKING VOCALS

1.TULSA TIME 2.MOTHERLESS CHILDREN 3.I SHOT THE SHERIFF 4.SAME OLD BLUES5.BLUES POWER 6.TANGLED IN LOVE 7.SHE'S WAITING 8.WONDERFUL TONIGHT9.LAY DOWN SALLY 10.BADGE 11.LET IT RAIN 12.COCAINE 13.FOREVER MAN14.LAYLA



ジミー・ペイジ
ジェフ・ベック
エリック・クラプトン
The God Of Guitar
WR-027
SBD
2CD-R
\3,700


ギターの神様、ジミー・ペイジ、ジェフ・ベック、エリック・クラプトンの3大ギタリストによる夢の競演が高音質サウンドボード音源で登場です!

本タイトルは、1983年、元フェイセズのロニー・レーンの呼びかけで開催されたチャリティー・コンサート(THE ARMS CONCERT)にジミー・ペイジ、ジェフ・ベック、エリック・クラプトンの3大ギタリストが登場!
当時、大きな話題を呼んだ夢の共演を収録(記録)した歴史的にも貴重なタイトルです!
3人の他にも、ポール・ロジャース、スティーヴ・ウィンウッド、チャーリー・ワッツ、ビル・ワイマン、ライ・クーダーなどなど、超豪華なメンバーが集結!
後にも先にも2度とない顔ぶれが勢揃いしております。3人それぞれが自身の曲をプレイしておりますが、特に注目は、後半、3人が一同に会してプレイするクラプトン(ドミノス)の名曲「LAYLA」!
おそらく2度とないであろう3人の共演を御堪能ください!

Recorded live at the Royal Albert Hall,London,UK
September 20.1983.
Source: Excellent Soundboard Recordings.

CD ONE
01. Everybody's Got to Change
02. Lay Down Sally
03. Wonderful Tonight
04. Cocaine
05. Women Are Smarter
06. Roadrunner
07. Slowdown Sunrise
08. Take Me to the River
09. Gimme Some Lovin'

CD TWO
01. Star Cycle
02. Pump
03. Out of a Book
04. Goodbye Pork Pie Hat
05. People Get Ready
06. Hi Ho Silver Lining
07. Prelude
08. Who's to Blame
09. City Sirens
10. Tulsa Time
11. Layla
12. Bomber's Moon
13. Good Night Irene



エリック・クラプトン
CROSSCUT SAW
PU0014
SBD
3CD-R
\7,760


83年「Money And Cigarettes」アメリカ・ツアーから必携サウンドボード・ライヴ2公演をピッチも正しいロウ・ジェネレーションSBマスターでカップリング収録した大推薦盤!!83年のマストと言えるこのライヴを、店頭で入手出来るのは本作が初です!!

Disc-1&2は2月7日サンフランシスコ・カウパレス公演、Disc-3はセントルイス・キイルオーディトリウム公演を収録。このライヴではドラムがジェミー・オールディカーに交代しています。ツアー初期にしか演っていない「Crazy Country Hop」「Sweet Little Lisa」「Crosscut Saw」「Slow Down Linda」「I've Got A Rockin' Roll Heart」等をサウンドボードで聴ける貴重アイテムです!!

After Midnight/I Shot The Sheriff/Worried Life Blues/Crazy Country Hop/Crosscut Saw/Slow Down Linda/Sweet Little Lisa/Key To The Highway/Tulsa Time/Rock'n'Roll Heart/Wonderful Tonight/Blues Power/Have You Ever Loved A Woman/Let It Rain/Cocaine/Slow Down Linda/Lay Down Sally/Let It Rain/Sweet Little Lisa/Key To The Highway/Tulsa Time/Rock'n'Roll Heart/Wonderful Tonight/Blues Power/Who's Lovin' You Tonight-Have You Ever Loved A Woman-Ramblin' On My Mind/Layla/Cocaine/Further On Up The Road



エリック・クラプトン
DRUNKEN BUT SUPERB
PU0003
AUD
2CD-R
\6,140


アルバム「Another Ticket」リリースに伴う貴重な81年USツアーから、5日目の81年3月7日シアトル公演を新発掘された超一級オーディエンス・ソースで収録!!サウンドボードと言われても全く違和感が無い位良好ソースです!!(アルコール中毒から全57公演の内、8公演を終えたところでキャンセルになってしまった激レアツアーです)

目玉は、既発では未収録だったアンコール「Layla」「Futher On Up~」が本邦初登場!!この時点でかなりヤバかったはずのクラプトンですが、大観衆を熱狂させる素晴らしいステージを披露しています!!音源の希少性・極上音質・そして演奏の充実度とどれを取っても大推薦のマストアイテム!!

Tulsa Time/Lay Down Sally/Wonderful Tonight/Worried Life Blues/Stay Away/Double Trouble/Rita Mae/Ramblin' On My Mind-Mean Old World-Have You Ever Loved A Woman/Blues Power/Cocaine/Layla/Further On Up The Road



エリック・クラプトン
FURTHER ON UP CLEVELAND
PU0002
SBD
2CD-R
\6,140


カール・レイドル、ジェイミー・オールディカー、ディック・シムズの米国バック陣「タルサ・トップス」にイギリス人ギタリスト・アルバート・リーを迎えた貴重なメンバーによる1979年6月2日クリーブランドリッチフィールドコロシアム公演を初登場の極上サウンドボート(と、言われている)マスターで収録!!

既発ソースには未収録だった「Layla」「Futher On Up The Road」も収録されています!!音質は迫力&透明度が数段上で、一聴してすぐ分かるレベルです!!ヴィヴィットなライヴ感を実現しています!!この6月のツアーを最後にアルバート以外のバック陣を総入れ替えするので、このラインナップはこの時期ならではで貴重です!!音質もバツグンでファンには外せないアイテムです!!

Badge/If I Won't Be There/Worried Life Blues/Tulsa Time/Early In The Morning/Motherless Children/Wonderful Tonight/Crossroads/Double Trouble/Set Me Up/Watch Out For Lucy/Lay Down Sally/Layla/Further On Up The Road



エリック・クラプトン
SLOWHAND NORTH AMERICAN TOUR
WR-271
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


”エリック・クラプトン”1978年、スローハンド・アメリカン・ツアーより3月21日、ジョージア・シビック・センターでのステージを高音質サウンドボード音源(2枚組)で収録したタイトルが登場!

本タイトルは、名盤「SLOWHAND」を引っさげての1978年、スローハンド・アメリカン・ツアーよりジョージア・シビック・センターでのステージを収録した貴重なタイトルです。お馴染みの名曲はもちろん、このツアーのみ披露された「RODEDO MAN」「FOOL’S PARADISE」などレアな楽曲も演奏された至福のタイトル!ラストの「LAYLA」から「BOTTLE OF RED WINE」は感動、圧巻、オススメの貴重なタイトルです!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Civic Centre, Savannah GA, March 21, 1978.

DISC ONE
01. The Core / 02. Worried Life Blues / 03. Peaches and Diesel / 04. Wonderful Tonight / 05. Lay Down Sally / 06. Rodeo Man
07. Fool's Paradise / 08. Cocaine

DISC TWO
01. Double Trouble / 02. Badge / 03. Nobody Knows You (When You're Down and Out) / 04. Knockin' On Heaven's Door
05. Key to the Highway / 06. Layla / 07. Bottle of Red Wine



エリック・クラプトン
HAMMERSMITH 1977
WR-213
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


”エリック・クラプトン”1977年、UKツアーよりロンドン・ハマースミス・オデオンでのステージを高音質サウンドボード音源(2枚組)で収録したタイトルが登場!

”エリック・クラプトン”1977年4月UKツアーから27日、ハマースミス・オデオンでのステージを収録したタイトル。一部、オフィシャル・ボーナス・ディスクとしてリリースされておりますが、本タイトルは、その音源とは別ソースを使用したファンならずとも必聴のコレクターズ・アイテムです。1977年の流出音源は来日公演を除き、あまり出回っていないだけに貴重なコレクターズ・アイテムです!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Hammersmith Odeon, London, April 27, 1977.

DISC ONE
01. Hello Old Friend / 02. Sign Language / 03. Alberta / 04. Tell The Truth / 05. Knocking On Heaven's Door / 06. Steady Rollin' Man
07. Can't Find My Way Home

DISC TWO
01. Further On Up The Road / 02. Stormy Monday / 03. Badge / 04. Nobody Knows You When You're Down And Out
05. I Shot The Sheriff / 06. Layla / 07. Key To The Highway



エリック・クラプトン
BIRTHDAY SESSIONS 1976
WR-312
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


”エリック・クラプトン”1976年、超豪華メンバーによる37歳のバースデー・セッションを高音質サウンドボード音源で収録した超貴重なタイトルが登場!

本タイトルは、“エリック・クラプトン”の37回目の誕生日に行われたスタジオ・セッションを記録した貴重なタイトルです。なんと言っても、このバースデー・セッションに駆けつけたメンバーが超豪華!ロビー・ロバートソン、ジェシ・エド・デイヴィス、ロン・ウッド、ボブ・ディラン、ビリー・プレストン、ヴァン・モリソン、リック・ダンゴ、レヴォン・ヘルムなどなど、彼の人徳?!奇跡のメンバーによるスーパー・セッションが記録された超貴重な音源です!2度と実現不可能な究極のスーパー・セッションを御堪能ください!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Shangri-La Studios, Malibu, California, March 30, 1976.

01. It's Eric Clapton's Birthday (Billy Preston) / 02. Who Do You Love (Van Morrison) / 03. Hard Times (Rick Danko)
04. Stormy Monday (Van Morrison) / 05. Instrumental Jam / 06. Adios Mi Corason (Bob Dylan) / 07. The Water Is Wide (Bob Dylan)
08. Idiot Wind (Bob Dylan) / 09. Big River (Eric Clapton) / 10. Steppin' Out (Levon Helm)



エリック・クラプトン
EC IN DOWNUNDER
PU0007
SBD
2CD-R
\5,820


パルス・レーベルの音質がグレードアップ!!サンプリング・レートを96KHzにコンバートし、24ビットでマスターリングされた驚愕のサウンド。今までには味わえなかった”音の広がり”を堪能して下さい!!下記アイテムは既発のSB定番の有名な名演公演です!!全て同音源の別マスターを使用。

1975/04/14 FESTIVAL HALL, BRISBANE, AUSTRALIA
Badge/Milk Cow Blues-Have You Ever Loved A Woman/Steady Rollin' Man/Let It Rain/Nobody Loves You When You're Down And Out/I Shot The Sheriff/Layla/All I Have To Go Is Dream/Little Wing/Tell The Truth/Key To The Highway/Can't Find My Way Home/Blues Power/Driftin' Blues



エリック・クラプトン
DRIFTIN' ON MY MIND
PU0006
SBD
2CD-R
\5,820


パルス・レーベルの音質がグレードアップ!!サンプリング・レートを96KHzにコンバートし、24ビットでマスターリングされた驚愕のサウンド。今までには味わえなかった”音の広がり”を堪能して下さい!!下記アイテムは既発のSB定番の有名な名演公演です!!全て同音源の別マスターを使用。

1974/07/20 LONG BEACH ARENA,CA, USA
Smile/Easy Now/Let It Grow/I Shot The Sheriff/Layla/Little Wing/Willie And The Hand Jive/Get Ready/Badge/Can't Find My Way Home/Driftin' Blues-Ramblin' On My Mind/Let It Rain/Presence Of The Lord/Crossroads/Steady Rollin' Man/Little Queenie/Blues Power



エリック・クラプトン
1974 Live Boulevard
WR-019
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


エリック・クラプトン、1974年AZUスタジアムでのライブが高音質サウンドボード音源で登場!

デレク・アンド・ザ・ドミノスでの活動後、ソロ2作目、名盤「461 OCEAN BOULEVARD」を1974年にリリースし復活?!を果たしたクラプトン。
本タイトルは、コンプリートではないものの、翌年にリリースされる事となるオフィシャル盤「EC was Here」収録前日の貴重な音源(サウンドボード)を収録したアイテムです。
わずか7曲の収録ながら音質は抜群!

この時期、常に泥酔状態だったにもかかわらず、そこは天才クラプトン!
翌日のオフィシャル録音を気にしてか、演奏のクオリティは最高です。
永遠の名曲「LAYLA」はもちろん、特に「HAVE YOU EVER LOVED A WOMAN」のシャッフル・アレンジ・ヴァージョンからスロー・ブルースへと展開する後半は鳥肌モノです!

Live at AZU Stadium,Tempe,Az.July 18.1974.
Source: Excellent Soundboard Recordings.

1. Smile
02. Can't Find My Way Home
03. Layla
04. Willie And The Hand Jive-Get Ready
05. Have You Ever Loved A Woman
06. Badge
07. Presence Of The Lord



エリック・クラプトン
Unreleased Sessions
WR-040
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


エリック・クラプトン、1969年から1999年までの未発表セッションの中から選りすぐりのベスト・レア・テイクをコンピレーションしたタイトルが高音質サウンドボード音源で登場!

古くは1969年、ファースト・ソロ・アルバムのアウトテイクから 1999年のNAACPイメージアワードでの音源まで全18曲、聴きどころ満載のレア・アルバムです!
特にドミノスのセカンド・アルバムのアウトテイクT-02「MOODY JAM」とローリング・ストーンズとの幻のセッションT-03「CARNIVAL TO RIO」は圧巻です!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Remastered from the best available sources of each track 1969-1999.

01. Where There's A Will There's a Way
02. Moody Jam
03. Carnival To Rio
04. Tearing Us Apart
[full unedited with false start solo]
05. I'm Too Good For You
06. Homeboy 2
07. Ring Side
08. Country Bikin' 1
09. You Know What I Mean
10. Get Out Of Here 1
11. Italy
12. Version with drums
13. Munich Agreement
14. Blackout
15. Austria[With Talkback]
16. A Christmas Walk
17. At Home
18. Rock Me Baby

Track 1: First Solo Album Outtake,Olympic Studios.Nov.1969
Track 2: Dominos 2nd Album Outtake,Olympic Studios.April.1971
Track 3: Rolling Stones,Electric Lady Studios NY.June 25,1975
Track 4: Tina Turner,Wembley Stadium.June 18,1987
Track 5: Davina McCall,Townhouse Studios.June 15,1988
Tracks 6-10: "Homeboy"Film soundtrack rehearsals-Townhouse Studios.April 23,1988
Tracks 11-15: "Peace In Our Time"Townhouse Studios.May 7-21,1988
Tracks 16-17: "Communion"Townhouse Studios.December 8-9,1989
Track 18: NAACP Image Awards.February 14,1999



クリーム
TIME HAS DIED
SYLPH-0722
AUD
2CD-R
\4,530


リユニオン”クリーム”の2005年ニューヨーク、マディソン・スクエアーガーデン3DAYSより、10月24日初日公演を臨場感も最高なド迫力の超高音質にて完全収録!!!!!初日ならではの熱い盛り上がりも真空パック!!!分厚い低域や各楽器のバランスはもちろん、ガッーンと迫るライヴ感満点にマスターリングが施された逸品です!!いやー興奮させてくれますねー!!

目玉としてはロイヤル・アルバート・ホール公演では演奏していない、ワウ・ペダル踏みまくりの鬼ナンバー「Tales Of Brave Ulysses」がプラスされたことでしょう!!!これはヤバい!!この曲を聴くだけでも価値ありっす!!後、何公演行われるかは解りませんが、クリームでの非常に貴重な演奏の数々は、クラプトン・ファンは特に外せないのではないでしょうか!?臨場感タップリに熱いMSG初日のパフォーマンスをお楽しみ下さい!!!是非是非よろしくです!!

REUNION2005 ONLY NORTH AMERICAN SHOWS!
Eric Clapton - guitar, vocals
Jack Bruce - bass, vocals
Ginger Baker - drums, vocals

Disc-One
1.I'm So Glad 2.Spoonful 3.Outside Woman Blues 4.Pressed Rat and Wart Hog 5.Sleepy Time Time 6.Tales Of Brave Ulysses 7.NSU 8.Badge 9.Politician 10.Sweet Wine 11.Rolllin' & Tumblin 12.Stormy Monday 13.Deserted Cities Of The Heart

Disc-Two
1.Born Under A Bad Sign 2.We're Going Wrong 3.Crossroads 4.Sitting On Top Of The World 5.White Room 6.Toad 7.Sunshine Of Your Love



クリーム
GOLDEN TREAT
SYLPH-0723
AUD
2CD-R
\4,530


リユニオン”クリーム”の2005年ニューヨーク、マディソン・スクエアーガーデン3DAYSより、10月25日2日目公演を臨場感も最高なド迫力の超高音質にて完全収録!!この日は音質バッチリで、演奏内容もグッドでお勧めの!!熱い盛り上がりも真空パック!!!分厚い低域や各楽器のバランスはもちろん、ガッーンと迫るライヴ感満点にマスターリングが施された逸品です!!いやー興奮させてくれますねー!!

目玉としてはロイヤル・アルバート・ホール公演では演奏していない、ワウ・ペダル踏みまくりの鬼ナンバー「Tales Of Brave Ulysses」がプラスされたことでしょう!!!これはヤバい!!この曲を聴くだけでも価値ありっす!!後、何公演行われるかは解りませんが、クリームでの非常に貴重な演奏の数々は、クラプトン・ファンは特に外せないのではないでしょうか!?臨場感タップリに熱いMSG初日のパフォーマンスをお楽しみ下さい!!!是非是非よろしくです!!コピー転売厳禁!!

Disc-One
1.I'm So Glad 2.Spoonful 3.Outside Woman Blues 4.Pressed Rat and Wart Hog 5.Sleepy Time Time 6.Tales Of Brave Ulysses 7.NSU 8.Badge 9.Politician 10.Sweet Wine 11.Rolllin' & Tumblin 12.Stormy Monday

Disc-Two
1.Deserted Cities Of The Heart 2.Born Under A Bad Sign 3.We're Going Wrong 4.Crossroads 5.Sitting On Top Of The World 6.White Room 7.Toad 8.Sunshine Of Your Love



クリーム
WINTERLAND 1968
WR-216
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


”クリーム”1968年、ウィンターランドでのステージを音高音質サウンドボード音源(2枚組)で収録したタイトルが登場!

本タイトルは、オフィシャル盤「LIVE CREAM」「LIVE CREAM VOL,2」にも一部収録されている1968年3月、ウィンターランドでの伝説のステージの全貌を記録した貴重なタイトルです。言わずと知れたエリック・クラプトン、ジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカー、3人の天才によるサウンドは40年以上経った今聴いても鳥肌モノです!この年の11月のコンサートを最後に幕を閉じた“クリーム”後期の緊張感溢れるステージを存分に楽しめる貴重なオススメのタイトルです!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Winterland, San Francisco. California, US. March 03, 1968.

DISC ONE
01. Sunshine Of Your Love / 02. N.S.U. / 03. Stepping Out / 04. Traintime / 05. Toad

DISC TWO
01. I'm So Glad (fade out) / 02. Tales Of Brave Ulysses / 03. Spoonful / 04. Crossroads / 05. We're Going Wrong / 06. Sweet Wine



ブラインド・フェイス
HYDE PARK 1969
WR-348
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


1969年6月にハイドパークで行われた”ブラインド・フェイス”のデビュー・フリー・ライブを高音質サウンドボード音源で収録したタイトルが登場!

本タイトルは、エリック・クラプトン、スティーヴ・ウィンウッド、ジンジャー・ベイカー、リック。グレッチにより結成された伝説のスーパー・グループ“ブラインド・フェイス”のハイドパークで行なわれた記念すべきデビュー・ライブを収録した至福のタイトルです。当時、史上最高の10万人を動員したと言われている歴史的デビュー・ライブは、今もなお、伝説として語り継がれています!オリジナル・アルバム、わずか1枚、結成から1年足らずで解散した伝説のスーパー・グループの歴史的にも貴重なオススメのタイトルです!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Hyde Park, London, England, June 7, 1969.

01. Introduction / 02. Well All Right / 03. Sea Of Joy / 04. Sleeping In The Ground / 05. Under My Thumb
06. Can't Find My Way Home / 07. Do What You Like / 08. Presence Of The Lond / 09. Means To An End / 10. Had To Cry Today



ブラインド・フェイス
BIRTH 1969
IRCD-050/051/052
SBD&AUD
3CD-R
\4,600


クリーム解散後のエリック・クラプトンと同時期に解散したトラフィックのスティーヴ・ウインウッドが1968年からセッションを重ね、ドラムに元クリームのジンジャー・ベイカー、ベースに元ファミリーのリック・グレッチを迎え結成されたスーパー・グループ“ブラインド・フェイス”のリハーサルとライブを3枚に収録した貴重なタイトルが登場!!

Disc:1&2は、ライブ・デビュー3ヶ月前の1969年3月にイギリスのモーガン・スタジオでのリハーサル音源を2枚に渡り収録しています。かなり聴き応えがあるスタジオでのジャム・セッションもさることながら、「Well All Right」(Take 1~Take 9)は必聴です(ジミ・ヘンのHey Joeも演ってます)!

1969年6月7日、ロンドン、ハイドパーク・フリー・コンサートで衝撃的なデビュー・ライブを行った後、その勢いのまま欧米ツアーへ突入!

Disc:3は、そのツアーの中から6月18日のストックホルムでのライブを収録しています。オーディエンス音源ながら、それがまた臨場感があり生な感じでGOODです!

活動期間がわずか半年間だっただけに、当時のライブ音源は、かなり貴重と言えるでしょう!今から40年以上前のクラプトン&ウィンウッド伝説の始まりを、あなたの耳で確かめてください!!

<BLIND FAITH STUDIO REHEARSALS>
Disc:1
Recorded at The Morgan Studios, London,March 2,1969
01.~09. Jams
10. Well All Right(Take 1)

Disc:2
01.~06. Well All Right(Take 2-7)
07.&08. Hey Joe
09. Jams
10.&11. Well All Right(Take 8-9)
12.~17. Jams

<BLIND FAITH LIVE>
Disc:3
Konsrthuset,Stockholm,June 18,1969
01. Well All Right
02. Sleeping In The Ground
03. Sea Of Joy
04. Under My Thumb
05. Can't Find My Way Home
06. Do What You Like
07. Presence Of The Lord
08. Means To An End
09. Had To Cry Today

Eric Clapton(Guitar)
Steve Winwood(Vocal,Keyboad,Guitar)
Ginger Baker(Drums)
Rick Grek(Bass)



クリーム
Skimmed Cream
Dead Flowers DVD-032
55min. Pro-shot
1DVD-R
\2,700


CREAMのレア映像を過去最高の高画質・高音質にてコンパイルしたDVDが入荷。

本タイトルでは、ほとんどのソースにおいて近年の再放送に用いられたプロショットマスター、あるいはマスタークオリティの高画質なソースを用いているので、長年のファンであればそのトータル・クオリティのあまりの高さに間違いなく腰を抜かすはずです。冒頭「I Feel Free」のプロモ映像の鮮明さと超クリアな音質からおよそ1時間、モニター画面に釘付けとなってしまうこと請け合いです。1967-1968年、CREAMの限られた映像は近年様々な形で商品化が試みられていますが、本作はその中にあってもひときわ異彩を放つ高品質なDVDタイトルとしてオススメの1枚です。

<Video Anthology 1967-1968>
01.I Feel Free (Promo Film, Jan/Feb 1967)
02.I Feel Free (Beat Club, 24th Feb 1967)
03.Strange Brew (Beat Club, 19th May 1967)
04.We're Going Wrong (1st Festival of Pop Music, 1st June 1967)
05.I Feel Fre (1st Festival of Pop Music, 1st June 1967)
06.We're Going Wrong (BBC-TV "Twice A Fortnight", 26th Nov 1967)
07.Spoonful (French-TV, Dec 1967)
08.Tales of Brave Ulysses (French-TV, Dec 1967)
09.Sunshine of Your Love (French-TV, Dec 1967)
10.Toad ~ I'm So Glad (Fillmore & Winterland, SF, 7th-9th Mar 1968)
11.Sunshine of Your Love (ABC-TV "Romp", 21st Apr 1968)
12.Sunshine of Your Love (CBS Studios, LA, 17th May 1968)
13.Anyone for Tennis (CBS Studios, LA, 17th May 1968)
14.White Room (incomplete) (Royal Albert Hall,London/2nd Show, 26th Nov 1968)
15.I Feel Free (Promo Film, Jan/Feb 1967)



ウィンストン・レッグサイ
&ダーティマック
“Rock'n Roll Circus"-Yer Blues Session
Mid Valley Records
SBD
2CD
\8,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


「黒い雲が俺の心をよぎり青い霧が俺の魂に立ちこめる」1968年12月10日・11日ウェンブレー、インターテル・スタジオでシューティングされたストーンズのスペシャル番組ロックンロールサーカス。
結局この映像はお蔵入りしてしまい、公式リリースには1996年まで待たなければいけなかったというのは皆様御存知の通りです。
今回はハイライトのひとつウィンストン・レッグサイ&ダーティマックのプレイの詳細に迫ったアイテムの登場です。
エリックの335でのプレイが素晴らしくリハーサル及び本番テイクは必聴なのですが、以外にクレジットや収録曲のミスは知られていません。
なのでロックンロール・サーカス音源を精査し、ここに解説付きでまとめた本作が決定盤であるのは間違いないのであります!限定ナンバリング入り、帯付き★

DISC 1
tk-01:Introduction -Introduction By Elliot Mintz -Lost Lennon Tapes Show 88-31 July 25, 1988
tk-02:Jam -Untitled Warm-Up Jam -Monaural Mixes From 4-Track Reel
tk-03:Yer Blues - A Capella -John Lennon & Mick Jagger
tk-04:Yer Blues - Rehearsal -Film Soundtrack From Mono Nagra Real
tk-05:Mick Jagger's Introduction Of Rock'n Roll Circus
tk-06:Entry Of The Gladiators
tk-07:Mick Jagger's And John Lennon's Introduction Of The Dirty Mac
tk-08:Yer Blues - Take #1 - Film Soundtrack From 4-Track Reel
tk-09:Whole Lotta Yoko -Aka Her Blues -Stereo Mixies From 4-Track Reel
tk-10:Yer Blues - Take#1 -Film Soundtrack From Mono Nagra Reel
tk-11:Yer Blues - Take#2 -Stereo Mixes From 4-Track Reel
tk-12:Yer Blues - Take#2 -Early Alternate Stereo Mixies 4-Track Reel
tk-13:Whole Lotta Yoko -aka Her Blues -Early Alternate Stereo Mixies 4-Track Reel
tk-14:Yer Blues - Take#2 - IBC 10-Inch Mono Acetate
tk-15:Whole Lotta Yoko - aka Her Blues -Ibc 10-Inch Mono Acetate
tk-16:Yer Blues - MVR Special Take -Take#1 And Take#2 Combined

DISC 2
LOST LENNON TAPES
tk-01:Show 88-31-July 25, 1988
tk-02:Show 89-02 January 2, 1989
tk-03:Show 89-27 June 26, 1989
tk-04:Show 90-13 March 26,1990
tk-05:Show 90-26 June 25, 1990
tk-06:Show 91-03 January 14, 1991
IBC 10-INCH MONO ACETATE
tk-07:Yer Blues -Winston Leg-Thigh & The Dirty Mac
tk-08:Whole Lotta Yoko -Winston Leg-Thigh & The Dirty Mac
tk-09:A Quick One While He's Away -The Who
tk-10:Purple Haze -The Jimi Hendrix Experience
tk-11:Wild Thing - The Jimi Hendrix Experience



ダーティ・マック
THE DIRTY MAC with YOKO ONO
MONKEY CROWNE (MC-0-14)
SBD
1CD+1DVD-R
\3,600


1968年、一度だけ結成された伝説のスーパー・グループ“ザ・ダーティー・マック”の音源集が40年の時を越え遂にリリース!

ローリング・ストーンズが製作した伝説のスタジオ・ライブ映像作品「ロックン・ロール・サーカス」のために、ジョン・レノン(ザ・ビートルズ)、エリック・クラプトン(クリーム・当時)、キース・リチャーズ(ザ・ローリング・ストーンズ)、ミッチ・ミッチェル(ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス)の4人のビッグ・ネーム・メンバーで結成された奇跡のバンド“ザ・ダーティー・マック”!

本タイトルは、今や伝説となっている“ザ・ダーティー・マック”の現存する音源の中から選りすぐりの貴重音源(リハーサル、ジャム・セッションなどなど)をチョイスした究極のコンピレーション。

ジョンの血気迫るヴォーカルはもちろん、このバンドのメンバーとして参加したいがためにベース担当を自ら直訴したと言われているキースのウネるベース・ライン!どっしりと屋台骨をささえるミッチのドラミング、その中でも注目すべきは、前編で冴え渡るクラプトンのギター・ワーク!クラプトン・ファンにも超オススメ(本番音源は当然ながらリハーサル、ジャム・セッションでのリフは最高です!)。

さらに、ライブ映像、バックステージの様子などを収録したボーナスDVDR付!ロックの歴史的にも大変貴重で価値のある永久保存盤!!

THE DIRTY MAC
John Lennon (as "Winston Leg-Thigh") : vocal,lead and rhythm guitar (from The Beatles)
Eric Clapton : lead and rhythm guitar (from Cream)
Keith Richards : bass (from The Rolling Stones)
Mitch Mitchell : drums (from The Jimi Hendrix Experience) with Yoko Ono

CD
01. Daialogue - Yer Blues
02. Jam Session
03. Yer Blues [take1 - no vocals]
04. Yer Blues [take1]
05. Yer Blues [take2 - no vocals]
06. Yer Blues [take2]
07. Yer Blues [take2 - mono]
08. Yer Blues [rehearsal - no vocals]
09. Yer Blues [rehearsal]
10. Yer Blues [mono acetate]
11. Her Blues(Whole Lotta Yoko) [mono acetate]
12. Yer Blues [take2 - wide stereo version]
13. Her Blues(Whole Lotta Yoko) [wide stereo version]
14. Yer Blues [take2 - DVD version]
15. Mick Jagger's & John Lennon's Instroduction Of The Dirty Mac
16. Yer Blues
17. Whole Lotta Yoko
18. Yer Blues [bonus track - The Beatles Demo]

Bonus-DVDR
01. LIVE (from ROCK AND ROLL CIRCUS / December 11th 1968)
02. Four split-screens version
03. Backstage footage



B.B.キング
RED HOT
PV0032
PRO SHOT
1DVD-R
\4,690


1987年ロサンゼルスにて行われた、B.B. KING主催の超豪華ミュージシャンによるスーパー・セッション・ライブの模様を、廃盤レーザーディスク・マスターよりダイレクトにデジタル収録!!これ以上はない画質・音質です!!

クラプトン、ドクタージョン、S・R・ヴォーン、フィルコリンズ、ポールバターフィールド、アルバートキング等とソウル系ミュージシャンが参加しており、ポールバターフィールドはこの直後に死去し、最後のライヴとなりました。。。この日のハイライトとも言えるのは、もうこの世にはいないS・R・ヴォーン、ポールバタフィールド、アルバートキングによる「SKY IS CRYING」でしょう。。。貴重な映像に間違いなし!!強者揃いの演奏の数々は見応え十分で必見!!メニュー画面&チャプター機能付きのプロフェッショナル仕様で言う事なし!!

1987/04/15 THE EBONY SHOWCASE THEATER, LOS ANGELS,CA
1.WHY I SING THE BLUES (B.B.King & ALL Others) 2.PLEASE SEND ME SOMEONE TO LOVE (G.Knight & B.B.King) 3.THE THRILL IS GONE (B.B.King, E.Clapton, P.Collins, & Paul Butterfield) 4.I'D RATHER GO BLIND (E.James & Dr.John) 5.WHEN SOMETHING IS WRONG WITH MY BABY (B.Ocean & C.Khan) 6.SKY IS CTYING (S.Ray Vaughn, A.King, P.Butterfield & B.B.King) 7.SOMETHING'S GOT A HOLD ON ME (E.James & B.B.King) 8.IN THE MIDNIGHT HOUR (B.B.King & All Others) 9.AIN'T NOBODY'S BUSINESS BUT MY OWN (G.Knight, C.Khan, E.James & B.Ocean) 10.LET THE GOOD TIMES ROLL (B.B.King & All Others) 11.TAKE MY HAND, PRECIOUS LOAD (G.Knight, C.Khan, E.James & B.Ocean) 12.GROUP IMPROVISATION (B.B.King & All Others)



V.A.
SUPERSHOW The Last Great Sixties Musical Event
IRDVD-082
PRO-SHOT 79min.
1DVD-R
\3,200


エリック・クラプトン、ジャック・ブルース、スティーヴン・スティルス、バディ・ガイ、ローランド・カーク、レッド・ツェッペリンほかによる、夢の共演!

1969年にロンドン郊外ステインズのリノリウム・ファクトリーで行われたスーパースターたちのジャムセッションを収録した幻の音楽ドキュメンタリー映画「SUPERSHOW THE LAST GREAT SIXTIES MUSICAL EVET」が遂に登場!

本タイトルは1969年3月、ロンドン郊外のライブ・ファクトリー「ライノリウム」で2日間行われた歴史的なスーパーショウであり企画立案者は不明なものの、アメリカン・フィルム・カンパニーの制作でアメリカのTV局で放送することを目的に撮影が行われとされています。ベテランのモダン・ジャズ・カルテット、スティーヴン・スティルス、クリームのベーシスト、ジャック・ブルース、そしてドラマーのバディ・マイルス、さらにエリック・クラプトンと“ブルースマン”バディ・ガイ(当然ながら若き日のバディ・ガイの演奏はクラプトンのはるか上をいく絶品の名演です)、ジャズ・サックス奏者のローランド・カークとくれば、このライヴ・ショーが60年代最高にして最初で最後、伝説のジャム・セッションと呼ばれるのにも納得がいきます。中でも、デビュー間もないレッド・ツェッペリンの「DAZED AND CONFUSED」は必見です!!

さすがに40年前の映像だけに全体的に画質、音質が悪いのは仕方がありませんが、このような超豪華ミュージシャンによる夢の共演は後にも先にも2度と観る事ができないだけに歴史的にも価値のあるタイトルです!!

01. THOSE WHO ARE TO DIE SALUTE YOU (Jon Hiseman's Colosseum)
02. LOVE POTIONS (Buddy Miles, Steve Stills, Jack Bruce, Dallas Taylor, Dick Heckstall-smith ,Chris Mercer)
03. UNDER THE JASMIN TREE (Modern Jazz Quartet)
04. MARY HAD A LITTLE LAMB (Buddy Guy, Jack Bruce, Buddy Miles)
05. PRIMITIVE OHIO (Roland Kirk Quartet)
06. DAZED AND CONFUSED (Led Zeppelin)
07. TEXAS BLUES (Buddy Miles, Glenn Campbell, Buddy Guy, Steve Hoard, Chris Mercer)
08. VISITOR FROMVENUS (Modern Jazz Quartet)
09. BAD HAT (Glenn Campbell with The Misunderstood)
10. HOOCHIE COOCHIE MAN (Buddy Guy)
11. DEBUT (Jon Hiseman's Colosseum)
12. STORMY MONDAY (Buddy Guy, Roland Kirk, Jack Bruce, Jimmy hopps, Ron Burton)
13. I SAY A LITTLE PRAYER (Roland Kirk Quartet)
14. MY TIME AFTER A WHILE (Buddy Guy, Jack Bruce, Buddy Miles)
15. BLACK QUEEN (Buddy Miles, Steve Stills, Jack Bruce)
16. SLATE 27 (Eric Clapton, Roland Kirk, Dick Heckstall-Smith, Jack Hiseman, Ron Burton, Vernon Martin)
17. END JAM (Eric Clapton, Duster Bennet, Buddy Guy, Jack Bruce, Buddy Miles)