コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます



エルトン・ジョン
Japan 2015 East and West –2015ジャパンツアー完全版-
XAVEL Silver Masterpiece Series-058
AUD
4CD+bonus1DVD-R
\8,100
※数量限定商品となっておりますので、売り切れの際はご容赦ください。


はい、みなさん、出ましたね。ザヴェル・ジャパン・プレゼンツ、エルトン・ジョンの2015ジャパンツアー完全版、大阪と横浜でおこなわれた2夜限りのスペシャル・ライブを、ショウ開始前のSEから終演までノーカット完全収録した永久保存のプレス4CDです。もちろん音質はおなじみザヴェルが誇るマルチIEMマトリクス音源ですから、両公演ともオフィシャル級のミラクル・サウンドですよ。はっきり言って放送用音源なんかめじゃないんですね。
今回の来日はですね、やはり何といってもひさかたぶりとなるバンドを率いてのライブ、これがまず一つ目の見どころでしたね。おなじみデイヴィー・ジョンストン、素晴らしいギターですね、やはりこの人なくしてエルトンのライヴは成立しない、そう再認識させられる素晴らしい仕事ぶりですよ。そしてもう一人のキーパーソン、ナイジェル・オルソン、たまりませんね。存在感抜群の燻し銀のドラムにはしびれてしまいますね、個人タクシーの運転手さんじゃありませんよ。その他にも腕っこきのベーシストであるマット・ビゾネット、「え!エディ?」と錯覚してしまう魅惑のキーボードプレイヤー・キム・バラード、横浜公演ではエルトンとの熱い絡みも見せてくれたセクシーなパーカッション&ドラム奏者ジョン・マホンと、役者揃いのバンドは期待に違わぬ鉄壁の演奏を見せてくれましたね。
二つ目の見どころはですね、一体どんな曲を演奏してくれるのか、やはりこれに尽きますね。2015年のエルトンはラス・ヴェガスのシーザーズ・パレスを根城に精力的にライブ展開してきたんですが(インターネットを駆使すればそこでの演奏曲目も見ることが出来るみたいですよ、みなさんも是非試してみてくださいね)、「あばずれさんのお帰り」ではじまるこの2015年の鉄板セットリストで来日公演も固く盛り上げてくれるのかなーと思いきや、いやはや驚きましたね、「葬送~血まみれの恋はおしまい」のメドレーで幕を開けたんですね。会場に詰め掛けた往年のファンの皆様、このオープニングには鳥肌が立ちましたね、分かりますよ。そして『黄昏のレンガ路』や『マッドマン』収録の70年代の珠玉の名曲を惜しげもなく詰め込んだステージ、これは長年の溜飲を下げるに十分な、あまりに感動的な2時間半のパフォーマンスでしたね。他にも、数年後、数十年後にこのライブをあらためて聴いた時、「ああ、そういえば2015年はそんな年だったんだな」と感慨にふけるであろう箇所、それが90年代の名曲「ビリーヴ」でしょうね。「先週末に発生したパリでのテロの犠牲者に捧げ」られたこの曲。全世界を巻き込んだ問題に発展している”イスラム国”、怖いですね、恐ろしいですね。彼らに対して、そして彼らと戦うものたちに対して「ラヴですよ、ノット・ヘイトですよ」と訴えているんですね。憎しみの連鎖を断ち切ろうという時代を超越したエルトンのメッセージは永久に不滅ですよ・・・話が逸れてしまいましたね。とにかく日本公演はスペシャルなセットリストだったんですね。大阪公演の「ダニエル」出だしで勘違いしたキムが「フィラデルフィア・フリーダム」を一瞬押鍵してしまうあたりからも、その非日常ぶりが窺い知れるというものですね。
そして、みなさん。いよいよ一番気になる音質についてですよ。今回のザヴェルによる2公演は、ステージ上で各メンバーが使用するIEMソースの数々と、門外不出のオリジナル・オーディエンス・ソース(MK4マスター)を絶妙のバランスでステレオ・ミックスしたものなんですね。卓直の非圧縮ライン音源と、ライヴならではの分厚い低音を最高の音質で捉えた最高峰のオーディエンス・ソース(オリジナルMK4マスター)とを、じっくりと時間をかけて丁寧にマトリクス処理しているんですね。「そんな説明じゃいまいちよく分からない」というみなさんには、流出ステレオン・サウンドボード音源と思ってもらってかまいません。3月におこなわれたジャクソン・ブラウンの東京公演最終日でも驚愕のライブ音源をリリースしたザヴェルですが、この作品はそれに勝るとも劣らない圧巻の仕上がりなんですね。テレビ放送から音を抜いた即席サウンドボード音源やどんぐりの背比べのオーディエンス音源とはわけが違いますよ。「そんなこといっても、しょせんブート屋の誇大インフォ。さんざん踊らされて我が家のライブラリーはゴミ溜めになりもうした。」と嘆き疑う向きにこそ、是非とも聴いてもらいたいんですね。エルトンの奏でる美しいピアノの音色と倍音豊かな太い歌声を核に、デイヴィーのギター、ナイジェルのドラム、マットのベース、キムのシンセ、ジョンのパーカッションと、全ての楽器を完璧な分離のリッチでファットな極上サウンドで捉えていますから、ほんとに素晴らしいです。それにしても70年代の名曲群を、今現在の厚く暖かみのあるエルトンの歌声で聴くにつれ、長年耳に馴染んできたはずのバーニー・トーピンの手による宝石のようなリリックスが、また新たな表情を見せながら心に染みわたるから不思議ですよ。あまりに感動的、涙涙ですよ。もちろん耳障りなオーディエンス・ノイズは皆無なので安心してお楽しみいただけますからね。
来日記念盤、ホログラム仕様の美麗アートワーク、日本語帯つき、200セット限定のナンバリング・カード付属の4枚組みプレスCDです。さらに初回入荷分には、大阪公演の中盤「フィラデルフィア・フリーダム」から「ザ・ワン」までをオーディエンス・ショットにて収録したボーナスDVDRが付属します。オーディエンス・ショットですが、会場に設置された巨大スクリーンを至近距離から捉えているので見やすいです、もちろんここでしか見れないオリジナル・ソースですよ。ボーナスDVDR付属版は初回入荷分のみですのでお早めにオーダーくださいね。それではみなさん、またどこかでお会いしましょう。さよなら、さよなら・・・さよなら。

◆Osaka-jo Hall, Osaka, Japan 16th November 2015 [Multiple IEM Sources + EX-Audience Source (Original MK4 Master) = Matrix Recording]
(Disc 1)
01. Pre-show S.E. (Phoenix) 02. Funeral for a Friend / Love Lies Bleeding 03. Bennie and the Jets 04. Candle in the Wind 05. All the Girls Love Alice 06. Levon 07. Tiny Dancer 08. Believe 09. Daniel 10. Philadelphia Freedom 11. Goodbye Yellow Brick Road 12. Piano Intro 13. Rocket Man (I Think It's Going to Be a Long, Long Time)

(Disc 2)
01. Hey Ahab 02. I Guess That's Why They Call It the Blues 03. The One 04. Your Song 05. Burn Down the Mission 06. Sad Songs (Say So Much) 07. Sorry Seems to Be the Hardest Word 08. Band Introduction 09. Don't Let the Sun Go Down on Me 10. The Bitch Is Back 11. I'm Still Standing 12. Your Sister Can't Twist (But She Can Rock 'n Roll) 13. Saturday Night's Alright for Fighting Encore: 14. Crocodile Rock

◆Yokohama Arena, Yokohama, Japan 18th November 2015 [Multiple IEM Sources + EX-Audience Source (Original MK4 Master) = Matrix Recording]
(Disc 3)
01. Pre-show S.E. (Alone Together) 02. Funeral for a Friend / Love Lies Bleeding 03. Bennie and the Jets 04. Candle in the Wind 05. All the Girls Love Alice 06. Levon 07. Tiny Dancer 08. Believe 09. Daniel 10. Philadelphia Freedom 11. Goodbye Yellow Brick Road 12. Piano Intro 13. Rocket Man (I Think It's Going to Be a Long, Long Time)

(Disc 4)
01. Hey Ahab 02. I Guess That's Why They Call It the Blues 03. The One 04. Your Song 05. Burn Down the Mission 06. Sad Songs (Say So Much) 07. Sorry Seems to Be the Hardest Word 08. Band Introduction 09. Don't Let the Sun Go Down on Me 10. The Bitch Is Back 11. I'm Still Standing 12. Your Sister Can't Twist (But She Can Rock 'n Roll) 13. Saturday Night's Alright for Fighting Encore: 14. Crocodile Rock

◇Elton John & His Band; Elton John (Piano, Vocals), Davey Johnstone (Guitar, Vocals), Nigel Olsson (Drums, Vocals), Matt Bissonette (Bass, Vocals), Kim Bullard (Keyboards) & John Mahon (Percussion, Drums, Vocals)



エルトン・ジョン
LIVE IN JAPAN 2015
XX-0069
SBD
2CD-R+2DVD-R
\5,870


エルトン・ジョンの2015年ジャパンツアーより、11月18日横浜アリーナ公演の完全収録サウンドボード&プロショット・アイテムが登場!!DVDはハイレート・デジタル収録の超高画質!!余計な部分は丁寧に編集済みのチャプター機能付き!!音声部分もマスターリングを施し、格段に向上した極上サウンドにてお楽しみ頂けます!!またCDはプロ級のデジタル・マスターリングが施されたツー・ランク上のウルトラ極上サウンド!!DVDでは味わえない最高音質にて素晴らしいコンサートを堪能下さい!!「キャンドル・イン・ザ・ウインド」「僕の歌は君の歌」をはじめ、ヒットナンバー満載の2時間30分!!14年振りとなる感動のライヴ・ステージはファン必聴・必見!!ピクチャーディスク/美麗ジャケット・ワークも嬉しいファンマスト・アイテムが登場です!!

CD:1
01. Funeral for a Friend/Love Lies Bleeding 02. Bennie and the Jets
03. Candle in the Wind 04. All the Girls Love Alice 05. Levon
06. Tiny Dancer 07. Believe 08. Daniel 09. Philadelphia Freedom
10. Goodbye Yellow Brick Road 11. Piano Solo Intro >
12. Rocket Man (I Think It's Going to Be a Long, Long Time)

DVD:1
01. Intro 02. Funeral for a Friend/Love Lies Bleeding
03. Bennie and the Jets 04. Candle in the Wind 05. All the Girls Love
Alice
06. Levon 07. Tiny Dancer 08. Believe 09. Daniel
10. Philadelphia Freedom 11. Goodbye Yellow Brick Road
12. Piano Solo Intro > 13. Rocket Man (I Think It's Going to Be a Long,
Long Time)

CD:2 & DVD:2
01. Hey Ahab 02. I Guess That's Why They Call It the Blues
03. The One 04. Your Song 05. Burn Down the Mission
06. Sad Songs (Say So Much) 07. Sorry Seems to Be the Hardest Word
08. Band Intro 09. Don't Let the Sun Go Down on Me
10. The Bitch Is Back 11. I'm Still Standing
12. Your Sister Can't Twist (But She Can Rock 'n Roll)
13. Saturday Night's Alright for Fighting
-Encore- 14.Crocodile Rock 15. Outro
16. Closing BGM : Can You Feel the Love Tonight?



エルトン・ジョン
ALL THE HITS IN OSAKA 2015
SYLPH-1292
AUD
2CD-R
\4,220


偉大なるピアノマン、今なお世界中から愛される”エルトン・ジョン”がバンドと共に14振りに来日!!その2015年11月16日大阪公演を迫力&臨場感満点の文句無し超高音質にて完全収録!!量感タップリ&リアルに表現されたヴォーカルとピアノ、各楽器の絶妙なバランス、2MIXでの卓越したステレオ定位感、耳障りなオーディエンス・ノイズ皆無、といった極上サウンドにて至福のライヴステージを完全再現!!もちろんシルフ・レーベルならではの丁寧なマスターリングが施された超エクセレントな逸品ですので、感動必至間違いなし!!
ライヴは、1973年発表の名盤「黄昏のレンガ路」ナンバーから、「葬送/血まみれの恋はおしまい」「ベニーとジェッツ」「キャンドル・イン・ザ・ウインド」の3連発で驚きのスタート!!「ブルースはお好き?」「僕の歌は君の歌」といったヒット・ナンバーはもちろん、先頃のパリ同時多発テロに触れ演奏された「ビリーヴ」、レオン・ラッセルとの共作曲「ヘイ・エイハブ」、そして大阪公演で初登場した「ザ・ワン」など、バラエティー豊かな楽曲の数々も披露!!エルトンの声量豊かで深みの増したヴォーカルや、卓越したパワフルなピアノ・プレイも素晴らしいの一言!!また、盟友のナイジェル・オルソンやデイヴィー・ジョンストンも参加するバック・バンドとの、息の合ったエネルギッシュなパフォーマンスはマジ最高です!!etc...終始聴き応えも満点、もはや細かな説明は不要でしょう!!50年にも渡るキャリアの中から選びぬかれた全24曲、タップリ2時間25分に及ぶ感動のライヴ・ステージはファン必聴と断言!!シルフ・レーベルが美麗ジャケット・ワーク(帯付き)&極上サウンドにてお届けする追体験・大阪公演決定盤!!プレミアムな一夜に酔いしれて下さい!!ファン必携のメモリアル・アイテムが登場です!!

Live At Osaka Castle Hall, Osaka November 16th 2015
All The Hits Japan Tour 2015

Disc-One
1. Opeing BGM 1 : Young Volcanoes (Fall Out Boy) 2. Opeing BGM 2 : The
Phoenix (Fall Out Boy)
3.Funeral for a Friend/Love Lies Bleeding 4.Bennie and the Jets
5.Candle in the Wind
6.All the Girls Love Alice 7.Levon 8.Tiny Dancer 9.Believe 10.Daniel
11.Philadelphia Freedom 12.Goodbye Yellow Brick Road
13.Piano Solo Intro> 14.Rocket Man (I Think It's Going to Be a Long,
Long Time)...79'47

Disc-Two
1.Hey Ahab 2.I Guess That's Why They Call It the Blues 3.The One 4.Your
Song
5.Burn Down the Mission 6.Sad Songs (Say So Much) 7.Sorry Seems to Be
the Hardest Word
8.Band Intro 9.Don't Let the Sun Go Down on Me 10.The Bitch Is Back
11.I'm Still Standing
12.Your Sister Can't Twist (But She Can Rock 'n Roll) 13.Saturday
Night's Alright for Fighting
-Encore- 14.Crocodile Rock 15.Outro...70'44

Elton John - Piano, Vocals
Nigel Olsson - Drums
Davey Johnstone - Guitar, Back Vocals
Matt Bissonette - Bass, Back Vocals
John Mahon - Percussion, Back Vocals
Kim Bullard - Keyboards



エルトン・ジョン
Kiev 2012 & NY 2006
Dead Flowers DVD-096
SBD+PRO-SHOT
1DVD-R+1CD-R
\3,400


つい先日も北京公演における人権活動家への賞賛発言で物議を醸した御大エルトン・ジョン。
熱烈なる人道主義の希求、そしてもう一つ、稀有なる才能を与えられた芸術家のライフワークとなっているのがAIDSとの戦い=「エルトン・ジョン・エイズ基金」です。この基金が主催するチャリティ・コンサートを2公演、極上クオリティのDVDとCDにカップリング収録したファン必携のアイテムが入荷。

まずDVDに収録されているのは、2012年6/30、ウクライナの首都キエフの独立広場においておこなわれたライブです。
同じステージに立ったQUEEN feat. Adam Lambertのパフォーマンスとともに、終演後ほどなくネット上などでもプロショット映像が流通したため、既にご覧になった方も多いことでしょう。
本作ではマスター・クオリティと断言できるHDTVプロショット・マスターを使用しており、映像・音声ともにレーベル独自のリマスターが施された決定版と断言できる仕上がりになっています。
近年のエルトンのコレクターズ映像の中でもベストといって差し支えない秀逸な出来栄えなので、是非ともご覧になっていただきたいところです。

一方CDに収録されているのは、2006年9/6、NYのリンカーン・センターでおこなわれた僅か1200人の観客の前でのプレミア・ライブ。
公演終了後よりファンの間では話題となっていたステージで、一部の楽曲は動画サイトなどでも視聴可能ですが、本CDでは卓流出の鮮度抜群の極上ステレオ・サウンドボード・マスターを使用しており、レーベル独自のリマスター作業が奏功した極上サウンドを楽しむことが出来ます。
全11曲収録と、この日演奏された全曲を収録しているのではない点が唯一残念なところですが、完璧なクオリティのステレオ・サウンドボード録音はやはり聴きごたえ満点です。

(DVD)
◆Independence Square, Kiev, Ucraine 30th June 2012
01. Intro 02. Saturday Night's Alright (For Fighting) 03. Bennie And The Jets 04. Levon 05. Tiny Dancer 06. Philadelphia Freedom 07. Candle In Te Wind 08. Goodbye Yellow Brick Road 09. Rocket Man 10. Hey Ahab 11. I Guess That's Why They Call It The Blues 12. Sacrifice 13. Sad Songs (Say So Much) 14. Nikita 15. Don't Let The Sun Go Down On Me 16. I'm Still Standing 17. The Bitch Is Back 18. Crocodile Rock Encore; 19. Your Song

(CD)
◆Rose Theatre, Lincoln Centre, New York 6th September 2006
01. Bennie And The Jets 02. Daniel 03. Someone Saved My Life Tonight 04. Postcards From Richard Nixon 05. Wouldn't Have It Any Other Way 06. Tinderbox 07. Blues Never Fade Away 08. The Bridge 09. Old '67 10. The Bitch Is Back 11. Saturday Night's Alright (For Fighting)



エルトン・ジョン
Rock It, Man!
Dead Flowers Records-037
SBD+PRO-SHOT
2CD-R+2DVD-R
\5,800


Elton Johnの最新ステレオ・サウンドボード音源+プロショット映像のカップリング・アイテムが入荷。

CDには、2011年11/14にモスクワのCrocus City Hallでおこなわれたライブを、24bitデジタル・リマスタリングが施された極上音質のステレオ・サウンドボード録音にて完全収録しています。
とにかく音質が素晴らしく、近年のエルトンのコレクターズ音源の中では間違いなくトップクラスと断言できるサウンド・クオリティなので、極寒のモスクワを燃え上がらせた熱いパフォーマンスを存分に楽しむことができるでしょう!ク
ロアチア出身のチェロ奏者“2 Cellos”のルカとステファン、そしてSly & The Family StoneのRose Stoneとその娘Lisaを擁するコーラス隊も話題となった2011年ツアーバンド、未聴の方は是非本作でその充実ぶりを確かめてみてください!

2枚のDVDには、それぞれ2010年度版 Rock In Rio(リスボン)と2011年度版 Rock In Rio(リオデジャネイロ)におけるステージを、ともに放送用プロショット・マスターよりデジタル・リマスタリング収録しています。
お馴染み鉄壁の演奏で盛り立てるElton Johnバンドの演奏をたっぷり2時間楽しむことができる2010年度版、そしてご存じSly & The Family Stoneのリード・シンガーRose Stoneや、クロアチア出身の2名の若手セロ弾きを加えた大所帯のバンドによる豪華な演奏を楽しめる2011年度版と、どちらも見逃すことができない内容となっています。


◆Crocus City Hall, Moscow, Russia November 14th 2011
[Stereo Soundboard Recording / 24bit digitally remastered]

<CD 1> 01. Saturday Night's Alright For Fighting 02. I'm Still Standing 03. Levon 04. Madman Across The Water 05. Holiday Inn 06. Tiny Dancer 07. Philadelphia Freedom 08. Goodbye Yellow Brick Road 09. Candle In The Wind 10. Rocket Man 11. I Guess That's Why They Call It The Blues 12. Hey Ahab

<CD 2> 01. Gone To Shiloh 02. Monkey Suit 03. Band Introduction 04. Sacrifice 05. Honky Cat 06. Sad Songs (Say So Much) 07. Daniel 08. Sorry Seems To Be The Hardest Word 09. Don't Let The Sun Go Down On Me 10. Are You Ready For Love 11. Bennie And The Jets 12. The Bitch Is Back 13. Crocodile Rock encore; 14. Your Song 15. Nikita

<DVD 1> (115min. Pro-shot)
◆"Rock In Rio Lisboa" Parque da Bela Vista, Lisboa, Portugal 22nd May 2010
01. Funeral For A Friend 02. Love Lies Bleeding 03. Saturday Night's Alright For Fighting 04. Levon 05. Tiny Dancer 06. Philadelphia Freedom 07. Goodbye Yellow Brick Road 08. Daniel 09. Rocket Man 10. I Guess That's Why They Call It The Blues 11. Take Me To The Pilot 12. Sacrifice 13. Band Introduction 14. Don't Let The Sun Go Down On Me 15. Sorry Seems To Be The Hardest Word 16. Bennie And The Jets 17. The Bitch Is Back 18. I'm Still Standing 19. Crocodile Rock 20. Candle In The Wind 21. Your Song

<DVD 2> (98min. Pro-shot)
◆"Rock in Rio 4" Rio de Janeiro, Brazil 23rd September 2011
01. Saturday Night's Alright For Fighting 02. I'm Still Standing 03. Levon 04. Tiny dancer 05. Philadelphia Freedom 06. Goodbye Yellow Brick Road 07. Rocket Man 08. I Guess That's Why They Call It The Blues 09. Hey Ahab 10. Honky Cat 11. Daniel 12. Don't Let the Sun Go Down On Me 13. Skyline Pigeon 14. Bennie And The Jets 15. Bitch is Back 16. Crocodile Rock ◇Personnel; Elton John (lead vocals, piano), Davey Johnstone (guitar, vocals), Nigel Olsson (drums, vocals), Bob Birch (bass guitar, vocals), Kim Bullard (keyboards), John Mahon (percussion, vocals) and Luka Sulic (cello)*, Stjepan Hauser (cello)*, Tata Vega (backing vocals)*, Rose Stone (backing vocals)*, Jean Witherspoon (backing vocals)*,Lisa Stone (backing vocals)* (* on 2011 tour)



エルトン・ジョン&ビリー・ジョエル
Face Again in Toronto
Second Line-079
208min. Aud-shot
2DVD-R
\3,400


Elton JohnとBilly Joelの2009年“Face 2 Face”ツアーより、5/26のトロントでのライブを極上画質のオーディエンス・ショットにて収録。

共演パートで幕を開け、エルトンのソロ、ビリーのソロ、そして最後にまた共演にて幕という合計3時間半に及ぶ珠玉のステージは、ファンならずとも思わず引き込まれてしまう素晴しいものです。2階席からのズームショットを多用したオーディエンス・ショットでカメラワークも非常に安定しており、HDデジタル・ビデオ・カメラによる最高の鮮明映像にて収録されているので、見ていて全くストレスを感じません。

音質に関してもレーベル独自のリマスタリングが施されており、ややこもり気味であった音声部が非常に輪郭のくっきりとした高音質サウンドへと生まれ変っているので、このトロントにおけるライブ映像の決定版として自信を持ってオススメいたします!

◆Air Canada Centre, Toronto, Ontario 26th May 2009

<DVD 1 (99min.21sec)>
[Billy & Elton together]
01. introduction 02. Your Song 03. Just The Way You Are 04. Don't Let The Sun Go Down On Me 05. My Life

[Elton John set]
06. Funeral For A Friend / Love Lies Bleeding 07. Saturday Night's Alright For Fighting 08. Burn Down The Mission 09. Madman Across The Water 10. Tiny Dancer 11. Goodbye Yellow Brick Road 12. Daniel 13. Rocket Man 14. Levon 15. I'm Still Standing 16. Crocodile Rock

<DVD 2 (108min.32sec.)>
[Billy Joel set]
01. Angry Young Man 02. Movin' Out (Anthony's Song) 03. Allentown 04. Zanzibar 05. Don't Ask Me Why 06. She's Always A Woman 07. Scenes From An Italian Restaurant 08. River Of Dreams 09. We Didn't Start The Fire 10. It's Still Rock And Roll To Me 11. Only The Good Die Young

[Billy & Elton together]
12. I Guess That's Why They Call It The Blues 13. Uptown Girl 14. The Bitch Is Back 15. You May Be Right 16. Bennie And The Jets 17. Birthday 18. Back In The USSR 19. Candle Of The Wind 20. Piano Man



エルトン・ジョン
60th Rocket Launch
Grun Zund Music-003
AUD
2CD-R
\3,500


Elton Johnの60歳メモリアルとなる2007年来日プレミアム・ソロ・コンサートより、2日目11/21の武道館公演を高音質オーディエンス録音にて全曲収録。未だ衰えを見せぬパワフルな歌唱と、今や専売特許、枚挙にいとまないフォロワーを抱える美しいピアノワーク。ソロ・コンサートならではの120%エルトンの魅力が伝わる3時間近くにも及ぶ入魂のライブを、臨場感満点の迫力の高音質で楽しむことが出来ます。

2夜限りの特別なショウとなった今回の来日ステージ、セットリストは2日間同様のものとなったので、アンコール待ち等のオーディエンス・パートをカットして全曲をディスク2枚にコンパクトに収録した本タイトルは、ファン必携の思い出の1枚となることでしょう。

*「Levon」のイントロ・ピアノ・パートで僅かな欠落部分があります、ご了承下さい。

◆Budokan, Tokyo, Japan, 21st November 2007
<DISC 1>
01.Your Song 02.Sixty Years On 03.The Greatest Discovery 04.I Need You To Turn To 05.Border Song 06.Ballad Of The Boy with Red Shoes 07.Daniel 08.Honky Cat 09.Rocket Man 10.Tiny Dancer 11.Mona Lisas and Mad Hatters 12.Nikita 13.Philadelphia Freedom 14.Sacrifice

<DISC 2>
01.Ticking 02.Roy Rogers 03.Sorry Seems To Be The Hardest Word 04.Candle In The Wind 05.I Guess That's Why They Call It The Blues 06.Electricity 07.Carla Etude 08.Tonight 09.Take Me To The Pilot 10.Blue Eyes 11.Levon 12.Bennie And The Jets 13.Don’t Let The Sun Go Down On Me 14.I’m Still Standing 15.Circle Of Life





エルトン・ジョン
①RED SWALLOWTAIL / 2007/11/20
②RED SHOES / 2007/11/21
①NEW TATTOO-272
②NEW TATTOO-273
AUD
各3CD-R
各\3,500

①2007/11/20
②2007/11/21


エルトン6年振り、7度目の来日となる60歳のメモリアル公演となった東京のみ2回公演を臨場感たっぷりの高音質完全収録!!初のピアノソロでのライブとなった2日間は"Your Song"でスタートし、約2時間45分ノンストップでパワフルな歌声とピアノを聴かせてくれました!

#セットリストは2日間同じです。

Disc One
01. Your Song 02. Sixty Years On 03. The Greatest Discovery 04. I Need You To Turn To 05. Border Song 06. The Boy In The Red Shoes 07. Daniel 08. Honky Cat 09. Rocket Man

Disc Two
01. Tiny Dancer 02. Mona Lisas And Mad Hatters 03. Nikita 04. Philadelphia Freedom 05. Sacrifice 06. Ticking 07. Roy Rogers 08. Sorry Seems To Be The Hardest Word 09. Candle In The Wind 10. I Guess That's Why They Call It The Blues

Disc Three
01. Electricity 02. Carla / Etude 03. Tonight 04. Take Me To The Pilot 05. Blue Eyes 06. Levon 07. Bennie And The Jets 08. Don't Let The Sun Go Down On Me
- encore -
09. I'm Still Standing 10. Circle Of Life



エルトン・ジョン
60 in 60
Second Line-016
62min. Pro-shot
1DVD-R
\2,700


2007年3/25、60歳の誕生日を祝し“60 in 60”と銘打ってNYのMSGでおこなわれたElton Johnのライブを、放送用マスターにデジタル・リマスタリングを施したオフィシャル級の極上クオリティにて収録。

衰えを知らない説得力抜群の歌唱とピアノプレイ、ヒット曲満載で繰り広げられる夢のようなステージに大観衆も興奮の坩堝となっています。オフィシャル級という言葉が決して大げさではない映像のクオリティの素晴しさは言うまでもなく、マスターに起因していた音抜け箇所も可能な限り修正された非常にクオリティの高い逸品です。来日公演の予復習に欠かせないファン必携の1枚!

◆Elton John's 60th Birthday Party from Madison Square Garden, New York, NY, 25th March 2007

01.Don't Let The Sun Go Down On Me 02.Rocket Man 03.Sad Songs 04.60 Years On 05.Saturday Night's Alright (For Fighting) 06.Tiny Dancer 07.Empty Garden 08.Sorry Seems To Be The Hardest Word 09.The Bitch Is Back 10.Crocodile Rock 11.Bennie And The Jets 12.Your Song



エルトン・ジョン
A DREAM WILL FLY
SYLPH-134
AUD
2CD-R
\6,140


2001年ジャパンツアーより、初日の大阪公演を超高音質にて完全収録。、

素晴らしい歌とピアノを披露しています!!また、久々のバンド形態で74年にも来日したドラムのナイジェルが一緒です。観客は名曲が終わるたびスタンディング・オーベーションで盛り上がり、エルトンも上機嫌です!!「Your Song」「I Guess That's~」他、心に響く名曲のオンパレードで、特に中盤での「Tiny Dancer」は結構レア?ではないでしょうか!...至福の2時間、感動のメモリアル・アイテム!

(レヴュー)傑作『ソングス・フォー・ザ・ウエスト・コースト』を引っ提げての日本公演から三公演をリリースしたもの。どれも非常に良好なステレオ・オーディエンス録音だが、特に武道館最終日を収録した『AFTER~』は臨場感と迫力のある音質かつクリアで周りの話し声や拍手が聞こえないという素晴らしいものだ。しかし初日大阪公演を収録した『A DREAM~』も各楽器やエルトンの声が非常に近く、迫力と生々しさという点ではこちらの方に軍配が上がるかもしれない。さて内容だが、今回の特徴として、近年では珍しく小人数構成で連日シンプルかつ力強い演奏が繰り広げられ、セットリストにも特徴が見られる。近年のヒット曲はほとんど演奏されていなく、特に90年代の曲はまったく演奏されていない。その代わりに『TAMBLEWEED CONNECTION』や『MADMAN ACROSS THE WATER』の頃のレアな(隠れた)名曲が登場する。また、テロで惨劇に見まわれたニューヨークへの追悼として「Mona Lisas And Mad Hatters」が久々にフルで演奏されたことなどもあげられる。まず大阪公演だが、この日はなんと武道館公演より7曲も少ない。その為先述のレアナンバーはほとんど演奏されていない。序盤エルトンの声の調子があまり良くないが、中盤から徐々に取り戻し、全体を通して演奏の出来は良く、短いだけに集中力が切れることもなく力強い演奏を聴かせてくれる。個人的にはそれぞれ名演と思うDisc-1:は後奏が長くトータル10分近くにも及ぶもので、そのドラマティックな展開はオフィシャルライブアルバム『ワン・ナイト・オンリー』に収録されているテイクを遥かに凌駕するものだ。この日はその構成にアドリブ的なところがあり、武道館最終日に比べ若干完成度は低いがそれでもエルトンのソロは絶妙で、武道館とはまた違った魅力がある。また『ソングス?』では曲ごとの解説がほとんどなかったが、三公演すべてにおいてエルトンによる曲解説があり、Disc-1:を「エイズで命の落した少年についての歌」と説明し、Disc-2:では「2、3年前にワイオミング州で殺されたマシュー・シェファード氏(彼はゲイであり、リンチによって殺された)についての歌」と説明している。これらの曲をこういった背景を知らずに聴くのと頭において聴くのでは格段の差があるだろう。

Funeral For A Friend-Love Lies Bleeding/Someone Saved My Life Tonight/Bennie And The Jets/Philadelphia Freedom/Ballad Of The Boy With Red Shoes/Wasteland The Wastelanel/Rocket Man/Daniel/I Guess That's Why They Call It The Blues/This Train Don't Stop There Anymore/I want Love/Mona Lisas And Mad Hatters/Birds/Take Me To The Pilot/Tiny Dancer/Original Sin/I'm Still Standing/The Bitch Is Back/Saturday Night's Alright For Fighting/Your Song/Crocodile Rock



エルトン・ジョン
I THINK ABOUT IT
SYLPH-136
AUD
2CD-R
\6,140


2001年ジャパンツアーより、2日目東京公演を超高音質にて完全収録。(2CDに目一杯収録しています)

この日は、初日の大阪公演に比べ、なんと7曲も多いセット・リストになっており、中盤ではアルバム「Madman~」の名曲3連発を披露!!さらには、2回ものアンコールに応え「Don't Let The Sun~」「Candle In the Wind」を披露し、素晴らしい感動のパフォーマンスをタップリ聴かせてくれています。2時間40分、全28曲、聞き応え満点のファン必聴・メモリアルアイテムです!

Funeral For A Friend-Love Lies Bleeding/Someone Saved My Life Tonight/Bennie And The Jets/Philadelphia Freedom/Ballad Of The Boy With Red Shoes/The Wasteland/Rocket Man/Daniel/I Guess That's Why They Call It The Blues/This Train Don't Stop ThereAnymore/(Gotta Get A)Meal Ticket/I Want Love/Birds/Country Comfort/Take Me To The Pilot/Mona Lisas And Mad Hatters/Holiday Inn/Tiny Dancer/Levon/Americans Triangle/Original Sin/I'm Still Standing/The Bitch Is Back/Saturday Night's Alright(For Fighting)/Your Song/Crocodile Rock/Don't Let The Sun Go Down On Me/Candle In The Wind



エルトン・ジョン
AFTER EVERYTHING
SYLPH-135
AUD
2CD-R
\6,140


2001年ジャパンツアーより、11月15日東京最終日公演を耳障りなチャットが入らない、最高音質にて完全収録。エルトンの歌とピアノが超クリアー!!しかも迫力満点です!!(アンコール待ちをカットし、2CDに目一杯収録しています)

セットリストは13日と同じですが、TVが入っていないせいか?エルトンがリラックスして楽しんでいるムードが伝わる、素晴らしい感動のパフォーマンス!!この日をベストに挙げるファンが多いのもうなずけます。感動の2時間40分!!買って損なし、これは名盤です!

Funeral For A Friend-Love Lies Bleeding/Someone Saved My Life Tonight/Bennie And The Jets/Philadelphia Freedom/Ballad Of The Boy With Red Shoes/The Wasteland/Rocket Man/Daniel/I Guess That's Why They Call It The Blues/This Train Don't Stop ThereAnymore/(Gotta Get A)Meal Ticket/I Want Love/Birds/Country Comfort/Take Me To The Pilot/Mona Lisas And Mad Hatters/Holiday Inn/Tiny Dancer/Levon/Americans Triangle/Original Sin/I'm Still Standing/The Bitch Is Back/Saturday Night's Alright(For Fighting)/Your Song/Crocodile Rock/Don't Let The Sun Go Down On Me/Candle In The Wind



エルトン・ジョン
Rainbow Theatre 1977
WR-134
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


イギリスを代表する言わずと知れたシンガー・ソングライター”サー・エルトン・ジョン”1977年、レインボー・シアターでの貴重なライブを高音質サウンドボード音源(2枚組)で収録したタイトルが登場です!

本タイトルは、1977年5月、6日間連続チャリティー・コンサートの最終日である5月7日のステージを完全収録した貴重なタイトル!
1977年というと、デビュー以来の曲作りのパートナーやバンド・メンバーが彼の元を離れるなど、エルトンにとって精神的、肉体的にも最も最悪の時期(現に、この年の11月に引退宣言)でありました。
しかしながら、そこはプロ中のプロ!自らが抱える問題、不安を観客に一切感じさせない完璧な歌声でファンを魅了しております。
おそらく、彼のステージの中で超最高の部類に入るといっても過言ではないオフィシャル級のライブ盤です!ファンならずとも必聴!!

SOURCE: EXCELENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Rainbow Theater, London, England, May 7, 1977.

DISC ONE
01. Your Song / 02. The Greatest Discovery / 03. Border Song / 04. Daniel / 05. Sweet Painted Lady 06. Rocket Man (I Think It's Going To Be A Long Long Time) / 07. I Heard It Through The Grapevine / 08. Candle In The Wind 09. Roy Rogers / 10. Dan Dare (Pilot Of The Future) / 11. Cage The Songbird / 12. Where To Now St. Peter? / 13. Ticking 14. Don't Let The Sun Go Down On Me

DISC TWO
01. Take Me To The Pilot / 02. Funeral For A Friend / 03. Tonight / 04. Better Off Dead / 05. Idol 06. I Feel Like A Bullet (In The Gun Of Robert Ford) / 07. I Think I'm Going To Kill Myself / 08. Sorry Seems To Be The Hardest Word 09. Crazy Water / 10. Bennie And The Jets / 11. Saturday Night's Alright (For Fighting) / 12. Goodbye



エルトン・ジョン
Earls Court Show 1976
Dead Flowers DVD-060
57min. Pro-shot
1DVD-R
\3,000


1976年5/12、ロンドンのアールズコートでおこなわれたElton Johnのライブを約1時間、高画質のプロショット・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。

近年のプロショット映像のような極上の画質というわけではありませんが、大きく映像が乱れる箇所は皆無で、時代を考えるならば大変に優れた画質と言っていいでしょう。シーンに不動の地位を確立し、正に全盛を極めたこの時期のエルトンのライブ映像は、その精力的な活動とは反比例するかのように殆ど世に出回っていないので、ファンとしては是非ともおさえておきたいタイトルといえます。

◆Earls Court,London, England 12th.May.1976
01.Grow Some Funk of Your Own 02.Goodbye Yellow Brick Road 03.Island Girl 04.Rocket Man 05.Hercules 06.Bennie and the Jets 07.Funeral for a Friend / Love Lies Bleeding



エルトン・ジョン
BBC Collection on 70’s
Dead Flowers DVD-020
128min. Pro-shot
1DVD-R
\3,000


Elton Johnの70年代前半BBCライブ映像より、オフィシャル未発表のテイクを全て過去最高の高画質&高音質プロショットにて収録したファン必見のDVDが登場。

まずは『僕の歌は君の歌』が大ヒットを記録した1970年、ロンドンのBBCスタジオで5/22におこなわれたライブを近年の再放送マスターよりオフィシャル級の極上クオリティにてデジタル収録。元スペンサー・デイヴィス・グループのNigel OlssonとDee Murray、そしてストリングスを従えて奏でられる珠玉の初期ナンバーはファンならずとも感涙モノでしょう。

続いて翌71年12/8に同じくBBCスタジオでおこなわれたライブを、こちらも再放送マスターより極上クオリティにて収録。同年発表の『マッドマン』収録の楽曲を中心にしたステージで、ピアノ・トリオによるR&Rの一つの集大成とでも言うべきタイトなショウを楽しめます。

最後に名盤『黄昏のレンガ路』『カリブ』を立て続けに発表した後の1974年12/24におこなわれたクリスマス・ライブを高画質プロショットにて収録。ド派手なエルトンの衣装とステージを楽しめるのは正に映像アイテムの醍醐味、パーカッションにRay Cooperを迎えた黄金期エルトン・バンドの重厚なロック・サウンドを存分に楽しめる最高の内容となっています。トータル2時間超、単に“シンガーソングライター”という認識だけでは語り尽くすことが出来ない、Elton Johnのアーティストとしての魅力が全て詰まった最高の映像アイテムです。

<Unreleased BBC Sessions>
◆BBC IN CONCERT 1970

01.Your Song 02.Border Song 03.Sixty Years On 04.Take Me To The Pilot 05.The Greatest Discovery 06.I Need You To Turn To 07.Burn Down The Mission

◆BBC SOUNDS FOR SATURDAY 1971

08.Tiny Dancer 09.Rotten Peaches 10.Razor Face 11.Holiday Inn 12.Indian Sunset 13.Levon 14.Madman Across The Water 15.Goodbye

◆BBC CHRISTMAS SPECIAL 1974

16.Rocket Man 17.Goodbye Yellow Brick Road 18.Daniel 19.Grey Seal 20.Bennie And The Jets 21.Lucy In The Sky With Diamonds 22.Don't Let The Sun Go Down On Me 23.Saturday Night's Alright (For Fighting) 24.Crocodile Rock 25.Bitch Is Back