コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます




エマーソン,レイク&パーマー
Complete Wheeling 1977
Dead Flowers-009
SBD
2CD-R
\3,700


Emerson, Lake & Palmer、1977年11/18のWheeling公演をステレオ・サウンドボード・マスターより、デジタル・リマスタリング収録。

再始動アルバム『ELP四部作』リリースに伴い開始されたツアーから、当初のオーケストラ帯同のコンサートツアーの後におこなわれた、3人によるライブステージの模様を完全収録した音源で、オフィシャル『キング・ビスケット・ライブ』にも一部収録されている公演の全貌を明らかにする貴重な内容です。既にリリースされているタイトルと同一のマスターを用いていますが、本作では3人のパートをより鮮明にすべく、低音と高音のエンハンスに重点を置いたリマスタリングを施しており、ステレオ分離もより鮮明になった極上のサウンド・クオリティを実現しています。

Keith Emerson (keyboards)
Greg Lake (lead vocals, bass, guitars)
Carl Palmer (drums, percussion)

◆Wheeling Civic Center, Wheeling, WV, 18th November 1977 (early show)
<Disc 1>
1.Peter Gunn Theme 2.Hoedown 3.Tarkus 4.Take A Pebble 5.C' Est La Vie 6.Lucky Man 7.Pictures At An Exhibition

<Disc 2>
1.Karn Evil #9 2.Tiger In The Spotlight 3.Watching Over You 4.Tank / Enemy God 5.Nut Rocker 6.Pirates (part-1) 7.Pirates (part-2) 8.Fanfare For The Common Man / Rondo 9.Show Me The Way To Go Home



エマーソン,レイク&パーマー
Live in Buenos Aires 1997
Second Line-030
108min. Pro-shot
1DVD-R
\2,500


EL&Pの1997年8/8アルゼンチンはブエノス・アイレス公演を、放送用プロショット・マスターより収録。

オフィシャル・リリースのモントルーライブと同年の再結成ツアー最後期のステージで、セットリストもモントルーライブとほぼ同じものとなっています。アナログのマスターを用いているため極上の画質とはいえませんが、デジタル・リマスタリングによりトレーダー間で流通しているアナログ・ビデオとは一線を画すクオリティとなっています(オフィシャル盤と比べるとマニア向けの範疇を出ないことは確かですが)。やはり実力派の3人によるロック・テイストの強い「So What」ジャムは圧巻、各メンバーへのインタビューを挟みながらの100分超の収録内容は、ファンにとって興味の尽きないものといえるでしょう。

◆Teatro Gran Rex, Buenos Aires, Argentina 8th August 1997
01.Karn Evil 9, 1st Impression pt.2 02.Tiger In A Spotlight 03.Hoedown 04.Honky Tonk 05.Interview I 06.From The Beginning 07.Take A Pebble 08.Knife Edge 09.Fanfare for the Common Man / Blue Rondo a la Turk / Drum Solo I 10.Touch & Go 11.Interview II 12.Creole Dance 13.Lucky Man 14.Interview III 15.Drum Solo (cont.) / Blue Rondo a la Turk (reprise)



エマーソン,レイク&パーマー
PANIC IN STUDIUM
PU0000
AUD
2CD-R
\6,800


絶頂期アクシデントにより会場が騒然となった1972年7月24日甲子園公演を完全収録。

ラスト「ロンド」に観客がなだれ込み中断、PAが切られましたが、ドラムだけが生音でかすかに響いています。これ以降、甲子園でのロックコンサートが禁止された、いわくつきの公演です。音源元より、以前とは比較にならない程の最高音質を実現した、リマスター盤です。オフィシャル・アルバムをアレンジしたジャケットもそそります!!

Hoedown/Tarkus/Take A Pebble/Lucky Man/Take A Pebble/Pictures At An Exhibition/Rond



グレッグ・レイク
SHAKIN' ALL OVER
SYLPH-1193
AUD
1CD-R
\3,670


キング・クリムゾン、エマーソン・レイク&パーマーの創立メンバーである、プログレッシヴ・ロックの伝説的ヴォーカリスト”グレッグ・レイク”がライヴ・アルバム「ソングス・オブ・ア・ライフタイム」を引っ提げて、実に17年振りに奇跡の来日!!
その2013年ジャパンツアーより、6月18日大阪公演を最高クラスの超高音質にて完全収録!!
クラヴ・ギグならではの迫力&臨場感もタップリ!!しかもシルフ・レーベルならではの細かく丁寧なマスターリングも施された超エクセレントな逸品です!!

ライヴは、彼のこれまでの輝かしい軌跡において重要な意味を持つ楽曲を取り上げ、それにまつわるストーリーを語り演奏するソロ・ツアー。バッキング・トラックに合わせてベース、エレキギター、アコースティックギターなどを持ち替えて、いまだ衰え知らずの素晴らしいヴォーカルを披露しています!!
キング・クリムゾン、エマーソン・レイク&パーマーのナンバーはもちろん、エルヴィス・プレスリーやビートルズのナンバー、またアルバムには未収録の「夢見るクリスマス」「シェイキン・オール・オーバー」の2曲も披露しています!!彼の良い人柄が投影されたリラックスムード漂うハッピーな雰囲気も◎です!!2部構成で行われた80分に渡るの円熟ソロ・パフォーマンスは必聴間違いなし!!ファンには嬉しい美麗ジャケット・ワーク(帯付き)&極上サウンドにてお届けするメモリアル・アイテムが登場です!!

LIVE AT OSAKA MUSE, OSAKA JUNE 18TH 2013

-----1ST SET-----
01.INTRO
02.21ST CENTURY SCHIZOID MAN
03.LEND YOUR LOVE TO ME TONIGHT
04."SONGS OF A LIFETIME TOUR INTRODUCTION"
05.FROM THE BEGINNING
06."TRIBUTE TO THE KING"
07.HEARTBREAK HOTEL
08.EPITAPH / THE COURT OF THE CRIMSON KING
09."KING CRIMSON COVER STORY"
10.I TALK TO THE WIND
11."RINGO AND THE BEATLES"
12.YOU'VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY
-----2ND SET-----
13.TOUCH AND GO
14.TRILOGY INTRO / STILL... YOU TURN ME ON
15.I BELIEVE IN FATHER CHRISTMAS
16.SHAKIN' ALL OVER
17."REFLECTIONS OF PARIS"
18.C EST LA VIE
19."MY VERY FIRST GUITAR"
20.LUCKY MAN
21.PEOPLE GET READY
22.ENCORE BREAK
23.KARN EVIL 9 (FIRST IMPRESSION PART TWO)
24.OUTRO



キース・エマーソン・バンド
PRELUDE TO HOPE
SYLPH-0951
AUD
2CD-R
\5,500


新作『キース・エマーソン・バンド・フィーチャリング・マーク・ボニーラ』を引っ提げて来日を果たした鍵盤の魔術師キース・エマーソンの2008年ジャパンツアーより、最終日となった10月20日大阪でのライヴを迫力&臨場感満点の超高音質にて完全収録!!分厚い中低域がリッチ感満点の魅力的なサウンドにて最新パフォーマンスと堪能出来ます!!

今ツアーはKeith Emerson(Key)、Marc Bonilla(G, Vo)、Travis Davis(B)、Tony Pia(Ds)という布陣で、前回の来日公演とはメンバーを一新した4人のコンビネーションによるエネルギッシュな演奏で、「庶民のファンファーレ」「ラッキー・マン」「タルカス」などの代表曲とニュー・アルバムからの新曲を交えた白熱パフォーマンス!!この日は新作から「Marche Train」「Finale」もプレイされており嬉しい限り!!「Lucky Man」で炸裂するモーグ、「Hoedown」ではハーモニカを吹き、マークとの掛け合いで「オースザンナ」コミカルにプレイ、そして30分を超える「Tarkus」では聴き応え満点のテルミンソロを披露するなど、etc...聴き所満載!!アンコールではマークの息子さん?が阪神のユニホーム着用&メガホンパーカッションで参加しており、最終日ならではの大盛り上がり大会にて幕を閉じております!!タップリ2時間30分に渡る素晴らしいパフォーマンスはファンなら必聴間違いなしと断言!!最新ライヴ・メモリアルアイテムが登場です!!これはマストでしょう!!

LIVE AT IMP HALL, OSAKA OCTOBER 20TH 2008
DISC-1
1.Ignition (intro)/1st Presence
2.Last Horizons
3.Karn Evil9 1st Imression Part2
4.Piano Concert 3rd Movement
5.Bitches Crystal
6.Malambo
7.Touch And Go
8.Lucky Man
9.Miles Away Part1
10.Miles Away Part2/Crusaders Cross/Fugue
11.Marche Train
12.Finale
13.The Batarian

DISC-2
1.Prelude To Hope
2.A Place To Hide
3.From The Beginning
4.Hoedown
5.Tarkus
-ENCORE-
6.Fanfare For The Common Man(incl:Rondo/America)
7.Natcracker/Nutrocker

Keith Emerson(Key)
Marc Bonilla(G, Vo)
Travis Davis(B)
Tony Pia(Ds)



キース・エマーソン・バンド
Aquatokyo Suite
Wildlife Records-018
AUD
6CD-R
\8,500


Keith Emerson Band featuring Marc Bonillaの2008年来日ツアーより、10/15・16・18の東京3公演を全て最高級のオーディエンス録音にて完全収録。Wildlife-015・016・017の各アイテムを1タイトルにまとめたものとなりますので、各公演の詳細に関しては各アイテムをご覧下さい。

甲乙つけがたい大変素晴しいサウンド・クオリティの3公演、質感においても全くタイプの異なる3つの高音質ソースをこれ1枚で聴き比べることが出来るお買い得なアイテムです。演奏内容に関しても、即興パートにおいて日替わりのスリリングな展開を見せる等、各公演聴き込むにつれ新たな発見があるはず、繰り返し何度もお楽しみいただけること請け合いの大推薦アイテムです。

◆C.C.Lemon Hall, Tokyo, Japan, 15th October 2008
<Disc 1>
1. intro 2. Ignition 3. 1st Presence 4. Last Horizon 5. Karn Evil 9 1st Impression (2nd part) 6. Piano Concerto No.1 (3rd Movement) 7. band introduction 8. Bitches Crystal 9. Malambo 10. Touch And Go 11. Lucky Man 12. Miles Away part-1 13. Miles Away part-2 14. Crusaders Cross 15. Fugue 16. The Barbarian 17. Prelude To A Hope 18. A Place To Hide 19. From The Beginning

<Disc 2>
1. Hoedown 2. Tarkus / a) Eruption / b) Stones Of Years / c) Iconoclast / d) Mass / e) Manticore 3. Tony Pia drum solo 4. Tarkus / f) Battlefield / g) Aquatarkus -enocore- 5. Fanfare For The Common Man (incl. Rondo & America) 6. Nutcracker (Danse de la Fee Dragee) ~ Nutrocker 7. outro

◆C.C.Lemon Hall, Tokyo, Japan, 16th October 2008
<Disc 3>
1. intro 2. Ignition 3. 1st Presence 4. Last Horizon 5. Karn Evil 9 1st Impression (2nd part) 6. Piano Concerto No.1 (3rd movement) 7. band introduction 8. Bitches Crystal 9. Malambo 10. Touch & Go 11. Lucky Man 12. Miles Away part-1 13. Miles Away part-2 14. Crusaders Cross 15. Fugue 16. 2nd Presence 17. Marche Train 18. The Barbarian

<Disc 4>
1. Prelude To A Hope 2. A Place To Hide 3. From The Beginning 4. Hoedown 5. Tarkus / a) Eruption / b) Stones Of Years / c) Iconoclast / d) Mass / e) Manticore 6. Tony Pia drum solo 7. Tarkus / f) Battlefield / g) Aquatarkus -enocore- 8. Fanfare For The Common Man (incl. Rondo & America) 9. Nutcracker (Danse de la Fee Dragee) ~ Nutrocker 10. outro

◆Shibuya AX, Tokyo, Japan, 18th October 2008
<Disc 5>
1. Ignition 2. 1st Presence 3. Last Horizon 4. Karn Evil 9 1st Impression (2nd part) 5. Piano Concerto No.1 (3rd movement) 6. band introduction 7. Bitches Crystal 8. Malambo 9. Touch & Go 10. Lucky Man 11. Miles Away part 1 12. Miles Away part 2 13. Crusaders Cross 14. Fugue 15. 2nd Presence 16. Marche Train 17. Finale 18. The Barbarian

<Disc 6>
1. Prelude To A Hope 2. A Place To Hide 3. From The Beginning 4. Hoedown 5. Tarkus / a) Eruption / b) Stones Of Years / c) Iconoclast / d) Mass / e) Manticore 6. Tony Pia drum solo 7. Tarkus / f) Battlefield / g) Aquatarkus -enocore- 8. Fanfare For The Common Man (incl. Rondo & America) 9. Nutcracker (Danse de la Fee Dragee) ~ Nutrocker 10. outro

◇Personnel;
Keith Emerson (keyboards)
Marc Bonilla (guitar, vocal)
Tony Pia (drums)
Travis Davis (bass)



キース・エマーソン・バンド
Finale Tokyo
Wildlife Records-017
AUD
2CD-R
\4,300


Keith Emerson Band featuring Marc Bonillaの2008年来日ツアーより、10/18の東京追加公演を素晴しい音質のオーディエンス録音にて完全収録。

来日公演3日目となるこの追加ステージは、本来のこのバンドの集客力を考えるならばかなり小規模のライブハウスでおこなわれたため、前2公演とは比較にならないほど残響の少ないドライな質感の出音となっています。マークのヴォーカルをはじめ各楽器の粒立ちが大変良好で、コンパクトにまとまった大変聴きやすいバランスによる収録となっています。セットリストも前日よりさらに1曲、新曲「Finale」が追加されており、トータル2時間半にも及ぶ入魂のステージを展開しています。

◆Shibuya AX, Tokyo, Japan, 18th October 2008
<Disc 1>
1. Ignition 2. 1st Presence 3. Last Horizon 4. Karn Evil 9 1st Impression (2nd part) 5. Piano Concerto No.1 (3rd movement) 6. band introduction 7. Bitches Crystal 8. Malambo 9. Touch & Go 10. Lucky Man 11. Miles Away part 1 12. Miles Away part 2 13. Crusaders Cross 14. Fugue 15. 2nd Presence 16. Marche Train 17. Finale 18. The Barbarian

<Disc 2>
1. Prelude To A Hope 2. A Place To Hide 3. From The Beginning 4. Hoedown 5. Tarkus / a) Eruption / b) Stones Of Years / c) Iconoclast / d) Mass / e) Manticore 6. Tony Pia drum solo 7. Tarkus / f) Battlefield / g) Aquatarkus -enocore- 8. Fanfare For The Common Man (incl. Rondo & America) 9. Nutcracker (Danse de la Fee Dragee) ~ Nutrocker 10. outro

◇Personnel;
Keith Emerson (keyboards)
Marc Bonilla (guitar, vocal)
Tony Pia (drums)
Travis Davis (bass)



キース・エマーソン・バンド
Jupiter Tokyo
Wildlife Records-016
AUD
2CD-R
\4,300


Keith Emerson Band featuring Marc Bonillaの2008年来日ツアーより、10/16の東京公演を極上クオリティのオーディエンス録音にて完全収録。

日本公演2日目となるこの日のステージ、前日と同じホールにおけるライブですが、低音部を中心とした出音のバランスが大きく改善されており、前日と比べるとキーボード、ギター等の細かいニュアンスがより鮮明に伝わってきます。さらにこの日は会場フロント・ロウからの録音となっているため、各楽器の生音を大変鮮明に捉えており、ほどよいホールの残響も手伝ってオーディエンス録音としては最高峰と断言できる素晴しい音質による収録となっています。セットの進行は基本的に前日と同様ながら、ホルストの組曲The Planets「木星」をモチーフにしたニューアルバム収録の佳曲「Marche Train」が新たにセットイン、Marc BonillaのEBowによるプレイが風情豊かでGoodです。

◆C.C.Lemon Hall, Tokyo, Japan, 16th October 2008
<Disc 1>
1. intro 2. Ignition 3. 1st Presence 4. Last Horizon 5. Karn Evil 9 1st Impression (2nd part) 6. Piano Concerto No.1 (3rd movement) 7. band introduction 8. Bitches Crystal 9. Malambo 10. Touch & Go 11. Lucky Man 12. Miles Away part-1 13. Miles Away part-2 14. Crusaders Cross 15. Fugue 16. 2nd Presence 17. Marche Train 18. The Barbarian

<Disc 2>
1. Prelude To A Hope 2. A Place To Hide 3. From The Beginning 4. Hoedown 5. Tarkus / a) Eruption / b) Stones Of Years / c) Iconoclast / d) Mass / e) Manticore 6. Tony Pia drum solo 7. Tarkus / f) Battlefield / g) Aquatarkus -enocore- 8. Fanfare For The Common Man (incl. Rondo & America) 9. Nutcracker (Danse de la Fee Dragee) ~ Nutrocker 10. outro

◇Personnel;
Keith Emerson (keyboards)
Marc Bonilla (guitar, vocal)
Tony Pia (drums)
Travis Davis (bass)



キース・エマーソン・バンド
Malambo Tokyo
Wildlife Records-015
AUD
2CD-R
\4,300


Keith Emerson Band featuring Marc Bonillaの2008年来日ツアーより、10/15の東京公演を超高音質のオーディエンス録音にて完全収録。そのバンド名をそのまま冠した最新アルバムを引っ提げてのファンにとっては待望となる来日公演、記念すべき幕開けの夜の全貌を伝えてくれるアイテムです。

右手の術後の苦難を乗り越え、新たなる出発を高らかに宣言するべく満を持して世に放った最新アルバムからの楽曲群を核に、「悪の経典#9」「Hoedown」「庶民のファンファーレ」といった往年のファン歓喜の楽曲を組み込んだ感動の2時間10分、中でも30分を超える時間をあてて全編演奏となった「Tarkus」等は聴き応え十分です。この初日公演は会場の出音が今回の来日公演中一番の爆音であったため、実際に会場に足を運ばれたファンの方には不満の残る側面もあったようですが、本作では高品質のオーディエンス・マスターに入念なリマスタリングを施しており、驚くほどバランスの良いサウンド・クオリティを実現しています。

Tokyo, Japan, 15th October 2008
<Disc 1>
1. intro 2. Ignition 3. 1st Presence 4. Last Horizon 5. Karn Evil 9 1st Impression (2nd part) 6. Piano Concerto No.1 (3rd Movement) 7. band introduction 8. Bitches Crystal 9. Malambo 10. Touch And Go 11. Lucky Man 12. Miles Away part-1 13. Miles Away part-2 14. Crusaders Cross 15. Fugue 16. The Barbarian 17. Prelude To A Hope 18. A Place To Hide 19. From The Beginning

<Disc 2>
1. Hoedown 2. Tarkus / a) Eruption / b) Stones Of Years / c) Iconoclast / d) Mass / e) Manticore 3. Tony Pia drum solo 4. Tarkus / f) Battlefield / g) Aquatarkus -enocore- 5. Fanfare For The Common Man (incl. Rondo & America) 6. Nutcracker (Danse de la Fee Dragee) ~ Nutrocker 7. outro

◇Personnel;
Keith Emerson (keyboards)
Marc Bonilla (guitar, vocal)
Tony Pia (drums)
Travis Davis (bass)



キース・エマーソン
WELCOME BACK
SYLPH-0720
AUD
2CD-R
\6,140


ロック史に数々の金字塔を打ち立てた究極のキーボード・ プレイヤー「キース・エマーソン」のデビュー35周年を記念して行われた2005ジャパンツアーより、ツアー初日となった10月13日大阪公演をド迫力&臨場感満点の超高音質にて完全収録!!キースの多彩なキーボードの音色やプレイは勿論、全てが超リアルに収録された驚きのシルフならではな逸品!!

内容はEL&PやTHE NICE時代の代表曲を中心に、他を寄せつけない圧倒的かつ壮大なサウンドで、アグレッシブに、しかも華麗に感動&興奮のパフォーマンスを披露しています!!途中のアコースティックセットでは、ニューオリンズなどの災害に影響されて作った美しくも悲しいメロディーが印象的な新曲もプレイ。「Hoedown」でのキースのハーモニカ・プレイや、振動すら感じるモーグシンセの重低音バリバリ感、さらには日本語の微妙に笑えるコネタ集にアンコールでのゼップ「Black Dog」?etc...ちょっと楽しい聴き所も満載です!!とにかくファンなら絶対必聴間違いなし!!大推薦の必携メモリアル・アイテムです!!!!!!コピー転売厳禁!!!!!!

Disc-One 
1.Introduction 2.Welcome Back(Karn Evil 9 1st Impression part2) 3.Toccata - Rock Piano Concerto 4.Living Sin 5.Bitches Crystal 6.Hoedown 7.Country Pie 8.Thing In F# Static 9.Intermezzo From The Karelia Suite 10."Song for New Orleans"(Piano & A.Guitar Duo) 11.A Cajun Ally(Piano & A.Guitar Duo) 12.Creole Dance(Piano Solo)

Disc-Two
1.Touch And Go 2.Lucky Man 3.Tarkus 4.America/Rondo
- Encore -
5.Black Dog 6.Fanfare For The Common Man



ナイス
Pop Progressive Peace Concert 1970
WR-153
AUD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


プログレッシブ・ロックを代表する天才キーボーディスト”キース・エマーソンの原点”ザ・ナイス”1970年、ポップ・プログレッシブ・ピース・コンサートでの貴重なライブを高音質オーディエンス音源で収録したタイトルが登場!

本タイトルは、キース・エマーソンの原点であるバンド“ザ・ナイス”の解散直前、1970年3月(翌月4月、正式に解散を発表)、ベルリンでのステージを収録した貴重なタイトル!これぞプログレのお手本とも言える迫力のステージは圧巻!
なんと、なんと、ラストに同フェスに出演したディープ・パープルのリッチー・ブラックモアとイアン・ギランが登場!今後、二度とありえない奇跡のコラボを展開しております!
ラストのセッション音源だけでも歴史的にも価値のある貴重なタイトルです!!

SOURCE: EXCELLENT AUDIENCE RECORDINGS.
Live at Sportpalast,Berlin,Germany,March 30,1970.

The Last Show: 01. Intermezzo From 'Karelia Suite' / 02. Hang On To A Dream 03. 'Country Pie a la Bach' aka Country Pie - Brandenburg Concerto No. 6 / 04. My Back Pages / 05. Rondo 06. Unknown Jam: 'Bye Bye Baby' [with Ritchie Blackmore and Ian Gillan]



ナイス
AT ACTUEL FESTIVAL
LRCD-08007
MONO AUD
1CD-R
\3,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


キースエマーソンが率いた、音の塊のごとき圧倒的な迫力で突き進むオルガン・トリオ、ナイス登場です。

モノラル・オーディエンス・テープがマスターですが厚みがあり迫力満点のマスタリングにより問題なく楽しめる音質です。オルガン・インプロヴァイザーと化したキースのぶっといオルガンが脳を揺さぶります。後にプログレ方向のファンから圧倒的支持を集めるキースですが、この段階ではまだブリティッシュ・オルガン・ロック。

Live at ACTUEL FESTIVAL, AMOUGIES, BELGIUM, October 26, 1969

Keith Emerson (org, p) // Lee Jackson (b, vo) // Brian Davison (ds)

1. tuning up & announcement / 2. INTERMEZZIO FROM KARELIA SUITE / 3. organ improv / 4. COUNTRY PIE / BRANDENBURGER CONCERTO #6 / 5. piano improvisation / 6. HANG ON TO A DREAM / 7. PATHETIQUE SYMPHONY 4TH / 8. SHE BELONGS TO ME / 9. RONDO