コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます



テデスキ・トラックス・バンド
2016 JAPAN COMPLETE
SB-0047
AUD
6CD-R
\5,870


スーザンのソウルフルなヴォーカルと、デレクの超絶ギター・テクニックで観客を圧倒する音楽集団、テデスキ・トラックス・バンドがアルバム「レット・ ミー・ゲット・バイ」を引っ提げて2年振りに来日!!その2016年ジャパンツアー全3公演を迫力&臨場感も満点の超高音質にて完全収録!!レーベル独自の優れたマスターリングが施された、文句無しの極上サウンドにて白熱パフォーマンスを堪能出来る逸品です!!
ライヴは新作ナンバーはもちろん、彼ら代表曲やカバー曲などをバランス良く配したセットリストで、各日共に大満足の内容となっております!!まず初日名古屋では、「The Letter」「Bird on the Wire」「Within You Without You」「Get What You Deserve」「Don't Think Twice, It's All Right」「Space Captain」の6曲がこの日のみの登場!!1時間50分!!
続く大阪では、前日は演奏しなかった、「Made Up Mind」「Keep On Growing」「Midnight In Harlem」「Crying Over You」「The Sky is Crying」他10曲を入れ替えており(ダブり曲は、たったの4曲!!)、2時間を超える全く別物ステージとなっております!!また、この日のみ「Angel from Montgomery」「That Did It」をプレイ!!
そして最終日の武道館は、名古屋と大阪をミックスしたセットリストで、この日のみ「 I Love Japan」「With A Little Help From My Friends」をプレイ!!タップリ2時間15分にも及ぶ最長ライヴとなりました!!etc...細かく説明出来ないくらい、各公演聴き所満載!!毎回違ったセットリストやインプロジャムなど、巧みなアレンジと卓越した演奏力は素晴らしいの一言で、パワフルに進化した圧巻のステージは必聴間違いなし!!ストイック・ブルーより極上サウンド/美麗ジャケットワーク(帯付き)にてお届けする、2016年メモリアル・アイテムが登場です!!

Live At Nagoya Civic Assembly Hall, Nagoya, Aichi March 30th 2016
Disc-1
01. Intro 02. Don't Know What It Means > 03. The Letter (Joe Cocker)
04. Laugh About It 05. Bird on the Wire (Leonard Cohen)
06. Within You Without You (The Beatles) > 07. Just As Strange
08. Idle Wind 09. Get What You Deserve (The Derek Trucks Band)
10. Don't Think Twice, It's All Right (Bob Dylan)... 56'25

Disc-2
01. I Want More 02. I Pity the Fool (Bobby “Blue” Bland) 03. Let Me Get
By
04. Jam (Bitches Brew) 05. Bound for Glory -Encore- 06. Band Intro
07. Space Captain (Joe Cocker) 08. Outro... 55'48

Live At Orix Theater, Osaka March 31st 2016
Disc-3
01. Made Up Mind 02. Laugh About It 03. Don't Know What It Means >
04. Keep On Growing (Derek and the Dominos) > 05. Midnight In Harlem
06. Crying Over You 07. The Sky is Crying (Elmore James) 08. Idle
Wind... 70'08

Disc-4
01. Angel from Montgomery (John Prine) 02. Band Intro 03. Just A Strange
04. That Did It (Bobby “Blue” Bland) 05. Sticks and Stones (Titus
Turner) >
06. Jam (Bitches Brew) 07. The Storm -Encore- 08. Anyhow My Load
09. Anyhow 10. Outro... 53'43

Live At Nippon Budokan, Tokyo April 1st 2016
Disc-5
01. Opening BGM: Move On Up (Curtis Mayfield) 02. Made Up Mind
03. Bound For Glory 04. Don't Know What It Means 05. Midnight In Harlem
06. Crying Over You 07. The Sky Is Crying (Elmore James)
08. Keep On Growing (Derek and the Dominos)
09. Anyhow My Lord > 10. Anyhow > 11. Idle Wind... 77'56

Disc-6
01. Sticks And Stones (Titus Turner) 02. Band Intro
03. I Pity the Fool (Bobby “Blue” Bland) 04. Drum Solo > 05. Let Me Get
By >
06. Jam (Bitches Brew) > 07. The Storm -Encore- 08. I Love Japan >
09. I Want More > 10. With A Little Help From My Friends(The Beatles)
11. Outro - Closing BGM: Golden Slumbers/Carry That Weight/The End
(Rick Harrington)... 59'47

Susan Tedeschi - Lead Vocals, Rhythm Guitar
Derek Trucks - Lead Guitar
Kofi Burbridge - Keyboards, Flute
Tyler Greenwell - Drums, Percussion
J. J. Johnson - Drums, Percussion
Mike Mattison - Harmony Vocals
Mark Rivers - Harmony Vocals
Kebbi Williams - Saxophone
Tim Lefebvre - Bass
Ephraim Owens - Trumpet
Elizabeth Lea - Trombone
Alecia Chakour - Harmony Vocals




テデスキ・トラックス・バンド
BUDOKAN 2016
XAVEL-279
AUD
2CD-R+1DVD-R
\5,800


Tedeschi Trucks Bandの2016年来日ツアーより、最終公演となる東京は日本武道館でのライブを超高音質オーディエンス録音&ハイクオリティ・オーディエンス・ショットにて完全収録!世界最高峰の評価を受けるドイツS社のマイクロフォンMK4を使用しアリーナ前方にて収録されたオリジナル・オーディエンス・マスターの音質は絶品!デレクの圧倒的なギタープレイは勿論の事、大所帯のバンド全てのメンバーのパフォーマンスを圧倒的なクオリティでお楽しみいただける事を保証します。
付属するDVDには当日一階西スタンド、そしてアリーナ前方からのシューティングを組み合わせたマルチカメラ映像が収録されており、ライブを全編ノーカットで楽しむことが出来ます。西スタンドからのシューティング映像は抜群の安定感を誇り、前方を塞ぐ障害物は皆無。これだけでも全編通して超ハイクオリティの映像と言えますが、アリーナから撮影された映像はさらにクオリティの高い超絶クローズ・ショットとなっています。デレクの手元まで鮮明に映し出された映像はファン必見です!音声部にはCDに使用されている音源&別ソースをミックスし、より広がりのあるライブ感溢れる音像に仕上がっています。ファン悶絶のハイクオリティ・アイテム!是非ともお買い逃し無くどうぞ!!

◆Nippon Budokan, Tokyo, Japan 1st April 2016
(Disc 1)
01. Intro 02. Made Up Mind 03. Bound for Glory 04. Don't Know What It Means 05. Midnight in Harlem 06. Crying Over You 07. The Sky Is Crying 08. Keep On Growing 09. Anyhow My Lord / Anyhow 10. Idle Wind

(Disc 2)
01. Sticks and Stones 02. Band Introduction 03. I Pity the Fool 04. Let Me Get By 05. Jam 06. The Storm Encore 07. I Love Japan 08. I Want More 09. With a Little Help From My Friends

(DVD)
01. Intro 02. Made Up Mind 03. Bound for Glory 04. Don't Know What It Means 05. Midnight in Harlem 06. Crying Over You 07. The Sky Is Crying 08. Keep On Growing 09. Anyhow My Lord / Anyhow 10. Idle Wind 11. Sticks and Stones 12. Band Introduction 13. I Pity the Fool 14. Let Me Get By 15. Jam 16. The Storm Encore 17. I Love Japan 18. I Want More 19. With a Little Help From My Friends




テデスキ・トラックス・バンド
3Days In Tokyo Complete
-”Made Up Mind” Japan Tour 2014-
XAVEL-225
AUD
6CD-R
\8,400


TEDESCHI TRUCKS BANDの2014年来日ツアーより、東京公演3Daysをディスク6枚にコンプリート収録したアイテムが登場!ディスク1、2には2/6渋谷公会堂、3、4には2/10渋谷AX、5、6には2/11人見記念講堂公演をそれぞれフル収録、3公演いずれも、Xavelレーベル・オリジナルの超高品質オーディエンス・マスターに24bitデジタル・リマスタリングが施された高音質盤です。

前回来日公演より2年ぶり、2回目となる今回の来日ツアー、東京公演3日間は全日ソールド・アウトとなり、大好評のうちに幕を閉じました。今回ツアーにはデレクの盟友ドイル・ブラムホールⅡが帯同しており、日毎にセットリストも大幅に変化、ドイルがステージに参加するタイミングもまちまちになっており、デレクとのギター・バトルはショウの注目ポイントといえるでしょう。最終日に披露されている「ANYDAY」は今回のツアーの中でもハイライトといえる内容、客席の盛り上がりも素晴らしいものです。記念すべき来日公演をXavelレーベルの高音質盤でお楽しみ下さい。

"2014 TOKYO 1ST NIGHT"
◆SHIBUYA PUBLIC HALL, TOKYO, JAPAN 6TH FEBRUARY 2014
(DISC 1)
1. INTRO 2. MADE UP MIND 3. DO I LOOK WORRIED 4. IT'S SO HEAVY 5. MISUNDERSTOOD 6. I KNOW 7. ST. JAMES INFIRMARY 8. MEET ME AT THE BOTTOM * 9. ALL THAT I NEED *
(DISC 2)
1. PART OF ME * 2. PALACE OF THE KING * 3. MIDNIGHT IN HARLEM 4. BOUND FOR GLORY 5. THE STORM ENCORE; 6. SPACE CAPTAIN *

"2014 TOKYO 2ND NIGHT"
◆SHIBUYA AX, TOKYO, JAPAN 10TH FEBRUARY 2014
(DISC 3)
1. INTRO (SYMPATHY FOR THE DEVIL) 2. DON'T LET ME SLIDE 3. MADE UP MIND 4. IT'S SO HEAVY 5. DON'T MISS ME 6. DO I LOOK WORRIED 7. MEET ME AT THE BOTTOM * 8. ALL THAT I NEED * 9. ST. JAMES INFIRMARY * 10. PART OF ME * 11. PALACE OF THE KING *
(DISC 4 )
1. MIDNIGHT IN HARLEM 2. I KNOW 3. BOUND FOR GLORY 4. THE STORM ENCORE; 5. YOU DON'T MISS YOUR WATER 6. JAM 7. LOVE HAS SOMETHING ELSE TO SAY

"2014 TOKYO 3RD NIGHT"
◆HITOMI MEMORIAL HALL, TOKYO, JAPAN 11th FEBRUARY 2014
(DISC 5)
1. INTRO 2. WAH-WAH * 3. MADE UP MIND 4. SHELTER 5. GET WHAT YOU DESERVE 6. MIDNIGHT IN HARLEM 7. PART OF ME * 8. ST. JAMES INFIRMARY * 9. ALL THAT I NEED * 10. FORTY-FOUR *
(DISC 6)
1. ANYDAY * 2. I KNOW 3. ANGEL FROM MONTGOMERY/SUGAREE 4. BOUND FOR GLORY 5. THE STORM ENCORE; 6. PALACE OF THE KING *
* WITH DOYLE BRAMHALL II




テデスキ・トラックス・バンド
UP-TIGHT TOKYO!
XAVEL-143
AUD
4CD-R + bonus 1CD-R
\7,500


TEDESCHI TRUCKS BANDの2012年来日ツアーより、東京2連日公演を超高音質のオーディエンス録音にて完全収録。XAVELレーベル・オリジナルの高品質なマスターに24bitデジタル・リマスタリングを施した最高音質盤、今回の来日ツアーを最高の形で締め括った渋谷公会堂2Daysを、臨場感満点の高級サウンドで存分にお楽しみいただけます。

両日でセットリストもがらりと変わっており、この東京2Daysからはバンドメンバー紹介のジャムが新たに盛り込まれるなど、ツアーの有終の美を飾るに相応しい充実のステージとなっているので、全ファン必聴と断言します!


◆Shibuya Public Hall, Tokyo, Japan 8th February 2012
(Disc 1)
01. Opening 02. Don't Let Me Slide 03. Everybody's Talkin' 04. Midnight In Harlem 05. Rollin' And Tumblin' 06. Until You Remember 07. Bound For Glory 08. Learn How To Love 09. Stevie Groove (Band Introduction)
(Disc 2)
01. Nobody's Free 02. Darlin Be Home Soon (incl. Maki Madni) 03. That Did It 04. Uptight 05. Bass Solo 06. Drums Duo 07. Love Has Something Else To Say (incl. Kissing My Love) encore;
08. Sing A Simple Song 09. I Want To Take You Higher

◆Shibuya Public Hall, Tokyo, Japan 9th February 2012
(Disc 3)
01. Opening 02. Everybody's Talkin' 03. Comin' Home 04. Days Is Almost Gone 05. Rollin' And Tumblin' 06. Learn How To Love 07. Wade In The Water 08. Stevie Groove (Band Introduction) 09. Darlin Be Home Soon (incl. Maki Madni) 10. Nobody's Free
(Disc 4)
01. That Did It 02. Uptight 03. Bass Solo 04. Drums Duo 05. Bound For Glory encore; 06. Midnight In Harlem 07. Love Has Something Else To Say (incl. Why Don't We Do It In The Road)

◇Personnel; Derek Trucks (guitar) Susan Tedeschi (guitar, vocals) Oteil Burbridge (bass) Kofi Burbridge (keyboards, flute) Tyler Greenwell (drums, percussion) J. J. Johnson (drums, percussion) Mike Mattison (vocals) Mark Rivers (vocals) Kebbi Williams (saxophone) Maurice Brown (trumpet) Saunders Sermons (trombone, vocals)




テデスキ・トラックス・バンド
SOUL GROOVIN'
SYLPH-1123
AUD
2CD-R
\4,200

天才ギタリスト、デレク・トラックスとその妻で実力派シンガー&ギタリスト、スーザン・テデスキが率いる総勢11名の超絶技巧集団、テデスキ・トラックス・バンドがアルバム「REVELATER」を引っ提げて来日!!その2012年大好評に終ったジャパンツアーより2日目、2月7日大阪公演を迫力&臨場感満点の超高音質にて完全収録!!スーザンのヴォーカルとデレクのギターも超リアルに収録されており、大所帯バンド隊とのバランスも文句無しの最高級・極上サウンドにてお楽しみ頂ける逸品です!!(オリジナル・マスター使用)

内容ですが、一曲がソロなどの見せ場も含め約10分近いライヴアレンジで披露されるナンバーが多く聴き応え満点!!特にエモーショナルなスライド・プレイが心地良い「MIDNIGHT IN HARLEM」、スーザン&デレクのギターソロ・バトルがカッコいい「「LEARN HOW TO LOVE」、フルートとのスリリングな展開が堪らない「NOBODY'S FREE」など、鳥肌必至のライヴ・テイクとなっております!!ラストではスライ・ナンバー2連発が飛び出し、「I WANT TO TAKE YOU HIGHER」でのデレクのエネルギッシュなギターソロも秀逸です!!スーザンの迫力満点なソウルフル・ヴォイス、デレクの超絶スライド・プレイを始め、各メンバー全員の見せ場も盛り込んだ終始聴き所だらけの2時間20分!!圧巻パフォーマンスの連続は正に最高の一言に尽きます!!ファンなら絶対必聴間違いなし!!

2012年の一発目として、シルフレーベルが自信を持ってお届けする大推薦メモリアル・アイテムが登場です!!


Live at Mielparque Hall,Osaka February 7th 2012

DISC-ONE
1.INTRO 2.BOUND FOR GLORY 3.ROLLIN' AND TUMBLIN'
4.MIDNIGHT IN HARLEM 5.LEARN HOW TO LOVE 6.DAYS IS ALMOST GONE
7.BAND INTRO 8.EVERYBODY'S TALKIN'
9.DARLING BE HOME SOON(INCL:MAKI MADNI) 10.NOBODY'S FREE
total time ...76:14

DISC-TWO
1.THAT DID IT 2.UPTIGHT >OTEIL BASS SOLO >DRUMS >UPTIGHT
3.LOVE HAS SOMETHING ELSE TO SAY (INCL:WHY DON'T WE DO IT IN THE ROAD)
-ENCORE- 4.WADE IN THE WATER 5.SING A SIMPLE SONG > 6.I WANT TO TAKE
YOU HIGHER
total time ...65:19


Derek Trucks - Guitar
Susan Tedeschi - Guitar & Vocals
Oteil Burbridge - Bass Guitar
Kofi Burbridge - Keyboards & Flute
Tyler Greenwell - Drums & Percussion
J.J. Johnson - Drums & Percussion
Mike Mattison - Harmony Vocals
Mark Rivers - Harmony Vocals
Kebbi Williams - Saxophone
Maurice Brown - Trumpet
Saunders Sermons - Trombone




デレク・トラックス
&スーザン・テデスキー
MIDNIGHT IN HEAVEN
NEW TATTOO-481
AUD
2CD-R
\3,200

  ♪試聴 Midnight In Harlem(MP3) 【Download】
  ♪試聴 I’ve Got A Feeling(MP3) 【Download】

スライドの名手デレク・トラックスとその妻でソロアーティストでもあるスーザン・テデスキー夫婦共演名義のライブでは初来日となったフジ・ロック・フェスティヴァル'10、2日目に登場したパフォーマンスを超高音質オーディエンス録音にて完全収録!

会場の入場規制の都合でこの会場までたどり着けなかったなどの声も聞こえたましたが、雨が降りしきる中、スーザンのブルージーな歌声とキュートなMCにデレクのスライドも冴え渡り、全編を通して和やかな雰囲気を醸し出し、デレク・トラックス・バンドとはひと味違ったパフォーマンスで会場に集まったファンを大いに納得させた2時間10分でした!

DISC ONE
1.Intro
2.Come And See About Me
3.Don’t Drift Away
4.Space Captain
5.Love Has Something Else To Say
6.Midnight In Harlem
7.Give It Up Or Let Me Go
8.Nobody’s Free
9.Standing On The Edge Of Love
10.That Did It

Disc Two
1 Coming Home
2 Blind Crippled And Crazy
3 Butterfly
4 I’ve Got A Feeling
5 Find Your Way Home
encore
6 Band Intro
7 Stand Back
8 Too Late

Fuji Rock Festival ‘10
Naeba Ski Resort, Yuzawa, Niigata On 31st July 2010



デレク・トラックス
&スーザン・テデスキー・バンド
with ウォーレン・ヘインツ
6TH MOUNTAIN JAM
LRCD-10085
AUD
2CD-R
\4,200


フジロック・フェスティヴァル2010への出演も決まっている、デレク・トラックスの最新ライヴ音源です。

6周年を迎えた“マウンテン・ジャム”での演奏を、高音質オーディエンス・マスターよりリマスタリング収録。この日は、デレク・トラックス・バンドではお馴染みの長尺ジャムというより、スーザン・テデスキィのヴォーカルをメインに組んだ比較的ポップにまとまりのある演奏です。ゲストに、今やミスター・ジャム・セッション・ギタリストともいえるウォーレン・ヘインツが登場。

Live at 6th Annual Mountain Jam, Hunter Mtn. Ski Area, Hunter, NY, June 05, 2010

Derek Trucks – guitar
Susan Tedeschi - guitar, vocals
Oteil Burbridge – bass
Kofi Burbridge - keys, flute
Tyler Greenwell – drums
Duane Trucks – drums
Mike Mattison - vocals, guitar
Nigel Hall - vocals, keyboards
* Warren Haynes – guitar

Disc 1
1. Love Has Something Else To Say / 2. Midnight In Harlem / 3. Love Was All In My Mind / 4. I've Got a Feeling / 5. Nobody's Free / 6. band intro / 7. Don't Drift Away / 8. Standing On The Edge Of Love

Disc 2
1. Look Around / 2. Serve It Up / 3. I'd Rather Be Blind, Crippled And Crazy / 4. All My Love / 5. Comin' Home * / 6. Space Captain



デレク・トラックス
&スーザン・テデスキー・バンド
WANEE MUSIC FESTIVAL 2010
LRCD-10084
AUD
2CD-R
\4,200


フジロック・フェスティヴァル2010への出演も決まっている、デレク・トラックスの最新ライヴ音源です。

若干篭もりがちだったオーディエンス・マスターを丁寧にリマスタリングし、高音質での収録となっています。妻のスーザン・テデスキィとのライヴで、デレク・トラックス・バンドとして行うライヴより華やかでブルージーな演奏が楽しめます。ボーカルはスーザンはもとより、デレク・トラックス・バンドでもおなじみのマイク・マティスンも参加しています。テレキャスターを操るブルース・ウーマンでもあるスーザンとの、夫婦ギター・バトルも圧巻。長尺ジャムも必聴。

Live at Mushroom Stage, Wanee Music Festival, Spirit of the Suwannee Music Park,
Live Oak, FL, April 17, 2010

Disc 1
1. Love Has Something Else To Say / 2. Hate To See You Go / 3. Midnight In Harlem / 4. Give It Up or Let Me Go / 5. Time Machine / 6. Come and See About Me / 7. Corrina / 8. Nobody's Free

Disc 2
1. Band Introductions / 2. Don't Drift Away / 3. Comin' Home / 4. Look Around / 5. Too Late / 6. Vusi Mahlasela / 7. Serve It Up / 8. I've Got a Feeling / 9. Woman's Gotta Have It / 10. Encore Break / 11. I Believe in Music / 12. Space Captain



デレク・トラックス・バンド
In Tokyo 2009 3Days Complete
XAVEL-047/048/049
AUD
4CD-R
\7,000


ドゥービー・ブラザーズとのジョイント・ツアーとなったDerek Trucksバンドの2009年来日ステージより、東京3公演(9/25国際フォーラム、9/26国際フォーラム、9/30NHKホール)をいずれも高音質のオーディエンス録音にて完全収録。

もちろん、ドゥービー・ブラザーズのステージへのDerek Trucksの客演箇所もしっかり収録されているので、ファンにとっては嬉しいお買い得なアイテムといえるでしょう。「In Tokyo 2009 1st Night」(XAVEL-047)「In Tokyo 2009 2nd Night」(XAVEL-048)「In Tokyo 2009 3rd Night」(XAVEL-049)をまとめたものなので、公演の詳細に関しては各タイトルをご覧下さい。

◆International Forum, Tokyo, Japan 25th September 2009

01. Down In The Flood 02. Sweet Inspiration 03. I'll Find My Way 04. I Know 05. band introduction 06. Get What You Deserve 07. My Favorite Things 08. Anyday 09. Done Got Over

◆International Forum, Tokyo, Japan 26th September 2009

01. Key To The Highway 02. Mahjoun 03. Already Free 04. Anyday 05. Sweet Inspiration 06. band introduction 07. Meet Me At The Bottom 08. Get Out Of My Life Woman 09. We're A Winner 10. Down In The Flood 11. Don't Start Me To Talking (The Doobie Brothers with Derek Trucks)

◆NHK Hall, Tokyo, Japan 30th September 2009
<Disc 1>
1. Get What You Deserve 2. I'll Find My Way 3. Sahib Teri Bandi 4. Down In The Flood 5. band introduction 6. This Sky

<Disc 2>
1. Anyday (with Marc Russo) 2. Leavin' Trunk (with Ed Toth) 3. Key To The Highway (with Tom Johnston & Pat Simmons) 4. Don't Start Me To Talking (The Doobie Brothers with Derek Trucks)



デレク・トラックス・バンド
In Tokyo 2009 3rd Night
XAVEL-049
AUD
2CD-R
\4,300


ドゥービー・ブラザーズとのジョイント・ツアーとなったDerek Trucksバンドの2009年来日公演より、最終公演となった9/30のNHKホールでのライブを極上音質のオーディエンス録音にて完全収録。

東京・大阪・名古屋と三都を巡り、再び東京の地へと舞い戻ってきたバンドの記念すべき最終公演は、ステージ終盤でドゥービー・ブラザーズのメンバーが次々と飛び入り参加(「Anyday」ではサックスのMarc Russo、「Leavin’ Trunk」ではドラムのEd Toth、そしてラストの「Key To The Highway」ではTom JohnstonとPat Simmonsの御大二人が飛び入り)するという、非常に充実した内容となりました。本タイトルではその贅沢なステージを素晴しすぎる音質のオーディエンス録音にて完全収録しています。とにかく音質が素晴しく、音の回り込みが殆ど見られない極上サウンドは、オーディエンス録音だということが信じられないほどです。

もちろん、ドゥービー・ブラザーズのステージにDerek Trucksが飛び入りした「Don’t Start Me To Talkin’」も追加収録しており、前述したように音質も完璧なので、今回の日本公演の中でも絶対に外すことの出来ない決定的なタイトルと断言します!

*東京3公演(9/25国際フォーラム、9/26国際フォーラム、9/30NHKホール)をまとめてご希望の場合は、同時発売の4枚組み「In Tokyo 2009 3Days Complete」 (XAVEL-047/048/049)がお買い得です。

◆NHK Hall, Tokyo, Japan 30th September 2009
<Disc 1>
1. Get What You Deserve 2. I'll Find My Way 3. Sahib Teri Bandi 4. Down In The Flood 5. band introduction 6. This Sky

<Disc 2>
1. Anyday (with Marc Russo) 2. Leavin' Trunk (with Ed Toth) 3. Key To The Highway (with Tom Johnston & Pat Simmons) 4. Don't Start Me To Talkin’ (The Doobie Brothers with Derek Trucks)

◇Personnel;
Derek Trucks (guitar)
Todd Smallie (bass, vocal)
Yonrico Scott (drums, vocal)
Kofi Burbridge (keyboards, flute, vocal)
Mike Mattison (lead vocal)
Count M'butu (percussion, vocal)



デレク・トラックス・バンド
THAT'S COOL!
SYLPH-1006
AUD+AUD-SHOT
2CD-R+1DVD-R
\5,400


新作「ALREADY FREE」を発表し、ドゥービー・ブラザーズとのジョイント・ツアーの為、2年振りに来日を果たしたデレク・トラックス・バンドの2009年ジャパンツアーより、9月28日大阪公演を迫力&臨場感満点の超高音質にて完全収録!!(ドゥービー・ブラザーズと共演した「Don't Start Me to Talkin'」も追加収録)

さらにボーナスとして、当日の模様をステージほぼ中央よりズームの効いたカメラワークにて収録したDVDが付きます!!こちらもドゥービー・ブラザーズとの貴重な共演映像を含む高画質・完全収録版!!デレクの超絶スライド・プレイもドアップで多数収録されており見応えタップリで最高です!!

各公演セットリストが違うデレクですが、この日は「I Know」からスタート。「Anyday」ではドゥービーのマークが飛び入り参加し、サックス・ブロウが炸裂する12分に渡るカッコいいジャムが展開されており、必聴ライヴ・テイクとなっております!!ジョイント・ツアーの為、演奏時間が短めながらも、デレクならではの素晴らしい重厚スライド・プレイ&フレーズが満載でヤバイです!!

あの興奮がリアルに蘇るDVD付きなのも嬉しい限り!!聴いて良し、観て良しの最新ライヴ・アイテムが登場です!!これはファンならマストでしょう!!

Live At Grand Cube Osaka September 28th 2009
BONUS DVD : LIVE AT OSAKA 2009 COMPLETE /AUD SHOT -83min

DISC-ONE
1.I Know
2.Key to The Highway
3.Mahjoun
4.Already Free
5.Get What You Deserve
6.Anyday*

DISC-TWO
1.Leaving Trunk
2.Sweet Inspiration
3.Down In The Flood
-Bonus Track-
4.Don't Start Me to Talkin'**

BONUS DVD
1.I Know
2.Key to The Highway
3.Mahjoun
4.Already Free
5.Get What You Deserve
6.Anyday*
7.Leaving Trunk
8.Sweet Inspiration
9.Down In The Flood
-Bonus Track-
10.Don't Start Me to Talkin'**

* with Marc Russo from The Doobie Brothers : Saxophones
** with The Doobie Brothers

Derek Trucks - Guitar
Todd Smallie - Bass
Yonrico Scott - Drums
Kofi Burbridge - Keyboards
Mike Mattison - Vocals
Count M'butu - Percussion




デレク・トラックス・バンド
In Tokyo 2009 2nd Night
XAVEL-048
AUD
1CD-R
\3,500


ドゥービー・ブラザーズとのジョイント・ツアーとなったDerek Trucksバンドの2009年来日公演より、9/26の国際フォーラムでのライブを高音質オーディエンス録音にて完全収録。

前日に引き続いて同じ会場でおこなわれたこの東京2日目公演ですが、さらにバランスの良いハイ・クオリティ・サウンドによる収録となっており、実際に会場に足を運ばれたファンの方であれば、本アイテムの音質の良さに驚かれることでしょう。「Key To The Highway」で幕を開けたステージは、Curtis Mayfieldの「We’re A Winner」が組み込まれる等、前日とはがらりとセットリストを変更しています。さらに、この日のドゥービー・ブラザーズのステージにおける「Don’t Start Me To Talkin’」ではデレクが飛び入り参加、存在感満点のソロを聴かせてくれていましたが、本編終了後にそのテイクを追加収録しています。

*東京3公演(9/25国際フォーラム、9/26国際フォーラム、9/30NHKホール)をまとめてご希望の場合は、同時発売の4枚組み「In Tokyo 2009 3Days Complete (XAVEL-047/048/049)がお買い得です。

◆International Forum, Tokyo, Japan 26th September 2009
01. Key To The Highway 02. Mahjoun 03. Already Free 04. Anyday 05. Sweet Inspiration 06. band introduction 07. Meet Me At The Bottom 08. Get Out Of My Life Woman 09. We're A Winner 10. Down In The Flood 11. Don't Start Me To Talkin’ (The Doobie Brothers with Derek Trucks)

◇Personnel;
Derek Trucks (guitar)
Todd Smallie (bass, vocal)
Yonrico Scott (drums, vocal)
Kofi Burbridge (keyboards, flute, vocal)
Mike Mattison (lead vocal)
Count M'butu (percussion, vocal)



デレク・トラックス・バンド
In Tokyo 2009 1st Night
XAVEL-047
AUD
1CD-R
\3,500


ドゥービー・ブラザーズとのジョイント・ツアーとなったDerek Trucksバンドの2009年来日公演より、封切りステージとなった9/25の東京国際フォーラムでのライブを高音質オーディエンス録音にて完全収録。

ニューアルバム『Already Free』を携えての今回の来日公演は、Mike Mattisonのソウルフルなヴォーカルを前面に押し出した、最新アルバム同様の素晴らしいものとなりました。ジョイント・ツアーということで通常のステージと比べるとやや短めであるのは残念ですが、日替わりでセットリストを組み替えて臨んでいるので、ファンであれば全公演必聴といえるでしょう。音質に関しても、当日の会場の出音を考えるならば十分過ぎるほどのハイ・クオリティ・サウンドで収録されており、この日はドゥービー・ブラザーズとの共演こそ実現しませんでしたが、東京3公演で唯一「My Favorite Things」を演奏する等、聴き所の多い収録内容となっています。

*東京3公演(9/25国際フォーラム、9/26国際フォーラム、9/30NHKホール)をまとめてご希望の場合は、同時発売の4枚組み「In Tokyo 2009 3Days Complete」 (XAVEL-047/048/049)がお買い得です。

◆International Forum, Tokyo, Japan 25th September 2009
01. Down In The Flood 02. Sweet Inspiration 03. I'll Find My Way 04. I Know 05. band introduction 06. Get What You Deserve 07. My Favorite Things 08. Anyday 09. Done Got Over

◇Personnel;
Derek Trucks (guitar)
Todd Smallie (bass, vocal)
Yonrico Scott (drums, vocal)
Kofi Burbridge (keyboards, flute, vocal)
Mike Mattison (lead vocal)
Count M'butu (percussion, vocal)



デレク・トラックス・バンド
SLIDIN' SERENADE - RADIO BROADCAST TAPES
LRCD-08043
SBD
1CD-R
\3,800
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


デレクトラックス・バンドのコンピレーション・アイテムです。2006年から2008年のラジオ放送音源のみを収録、どのトラックもオフィシャル・サウンドクオリティでギンギンのスライドギターが味わえます。各トラックごと丁寧にリマスタリング、録音レベルも均一にされ、ラジオDJのトークは完全カット。オフィシャルアルバムに限り無く近いアイテムに仕上がってます。デレクトラックス・バンドのブートを買うなら、まずこのタイトル。大きな音でお楽しみください。

Live at MAIDA VALE STUDIO, LONDON, Jun 29, 2006 / Mar 08, 2007
Harvest Jazz & Blues Festival, NB, Sep 11, 2008
Live at MAIDA VALE STUDIO, LONDON, Mar 08, 2007
Live at Harvest Jazz & Blues Festival, NB, Sep 11, 2008

Derek Trucks (g) / Kofi Burbridge (keys, fl, vo) / Todd Smallie (b, vo) / Yonrico Scott (ds, per, vo) / Mike Mattison (vo) / Count M'Butu (per)

1. CROW JANE / 2. ALL I DO / 3. I WISH I KNEW / 4. CHEVROLET / 5. GET WHAT YOU DESERVE / 6. DOWN DON'T BOTHER ME / 7. SAHIB TERI BANDI / 8. band intro / 9. I'LL FIND MY WAY / 10. I KNOW / 11. GONNA MOVE / 12. SOUL SERENADE



デレク・トラックス
ソウル・シチュー・リヴァイヴァル
LONGWOOD GARDENS
LRCD-08010
AUD
2CD-R
\4,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


デレク・トラックスと夫人のスーザン・テデスキーのソウル・ユニット、ソウル・シチュー・リヴァイヴァル。サウンドボードに勝るとも劣らない高音質のオーディエンス録音マスターを使用しています。マイク・マティスンとスーザン・テデスキーのソウルフルなボーカル+デレク・トラックスのスライドギターで、ウィルソン・ピケット+デュアン・オールマンの“ヘイ・ジュード”に挑みます。ほかにもソウルの名曲目白押し。

Live at LONGWOOD GARDENS, KENNETT SQUARE, PA, July 2, 2008

Derek Trucks (g) / Susan Tedeschi (g,vo) / Kevin Hyde (tb) / Paul Garrett (tp) / Mace Hibbard (s) / Todd Smallie (b) / Yonrico Scott (ds) / Kofi Burbridge (keys ,fl) / Mike Mattison (vo) / Count M’Butu (per) / Duane Trucks (ds)

Disc 1  
1. Sugar / 2. Get Out Of My Life / 3. Glad You're Gone 4. People People / 5. Dont Keep Me Wonderin’ / 6. Cry Me A River / 7. Hercules

Disc 2
1. Don't Do It / 2. Stand Back / 3. Pack Up Our Things And Go / 4. Hey Jude / 5. Key To The Highway / 6. The Feeling Music Brings / 7. Save Me / 8. I Wants To Be Loved



デレク・トラックス・バンド
NOTHING CHANGES
NEW TATTOO-276
AUD
2CD-R
\3,200


ALLMAN BROTHERS BANDそしてERIC CLAPTONのツアーギタギタリストとして引っ張りだこな若きスライドの名手、デレクトラックスの自身のバンドを率いてのソールドアウトとなった東京公演2日目、11月26日公演を素晴らしい超高音質オーディエンス録音にて完全収録!!素晴らしいデレクのスライドプレイに首ったけ!!

DISC ONE
01 IT HURTS ME TOO 02 GONNA MOVE 03 I'LL FIND MY WAY 04 SAHIB TERI BANDI 05 SAILING ON 06 PREACHIN' BLUES 07 SOUL OF A MAN 08 MEET ME AT YOU BOTTOM 09 GET WHAT YOU DESERVE 10 DONE GOT OVER

DISC TWO
01 I KNOW 02 MY FAVORRITE THINGS 03 VOLUNTEERED SLAVERY
encore
04 GET OUT OF MY LIFE WOMAN



デレク・トラックス・バンド
Tokyo 3 Days 2007
Invisible Works Records-002
AUD
4CD-R
\4,500


Derek Trucks Bandの2007年来日公演より、幕開けとなった初日11/25、翌26日、そして翌々27日の東京3連続公演をディスク4枚に全日全曲完全収録。3日間とも最上級のオーディエンス録音による収録となっており、トータル5時間にも及ぶ変幻自在のステージを最高の音質で楽しむことが出来ます。

デレクの超絶プレイが炸裂する定番の楽曲に加え、没後40年、コルトレーン・アレンジによる「My Favorite Things」での正に“シーツ・オブ・サウンド”とばかりに弾き倒すデレクと15分以上に及ぶバンドのジャム(11/25、26)、デレク解釈による「Greensleeves」から「Anyday」(11/27)と、日替わりセットは全編聴き所満載です。この東京3連続公演はステージ進行も全く異なったものとなっているので、3日間のステージで演奏された全曲を完全な形で聴くことが出来る本タイトルはファンにとって大変有難いリリースといえるでしょう。

<Disc 1>
◆Ebisu Garden Hall, Tokyo, Japan, 25th November 2007
01.opening 02.I Know 03.Volunteered Slavery 04.Key To The Highway 05.Soul Serenade 06.band introduction 07.So Close, So Far Away 08.Preachin' Blues 09.Soul Of A Man 10.Meet Me At The Bottom 11.44 Blues 12.Done Got Over 13.Drum & Percussion Solo 14.Get Out Of My Life

<Disc 2>
01.My Favorite Things 02.I Wish I Knew 03.Up Above My Head

◆Liquid Room, Tokyo, Japan, 26th November 2007
04.It Hurts Me Too 05.Gonna Move 06.Percussion Solo 07.I'll Find My Way 08.Sahib Teri Bandi 09.Sailing On 10.band introduction 11.Preachin' Blues 12.Soul Of A Man

<Disc 3>
01.Meet Me At The Bottom 02.Get What You Deserve 03.Done Got Over 04.I Know 05.My Favorite Things 06.Volunteered Slavery 07.Get Out Of My Life

◆Liquid Room, Tokyo, Japan, 27th November 2007
08.Leavin' Trunk 09.Soul Serenade 10.Blind, Crippled And Crazy

<Disc 4>
01.Key To The Highway 02.band introduction 03.Get Out Of My Life 04.Preachin' Blues 05.Soul Of A Man 06.Get What You Deserve 07.44 Blues 08.Done Got Over 09.I Know 10.Percussion Solo 11.Mahjoun 12.Greensleeves 13.Anyday 14.Gonna Move 15.Freddie's Dead



デレク・トラックス・バンド
The Last Night
Grun Zund Music-004
AUD
2CD-R
\3,200


The Derek Trucks Bandの2007年日本公演最終日、12/1の東京公演を高音質オーディエンス録音にて完全収録。

東京3連日公演、大阪、名古屋と目まぐるしくセットを変えながら東京へと戻ってきたThe Derek Trucks Band、この最終日のステージも「Joyful Noise」「Chevrolet」をセットインさせ、ゴールドトップのレスポール、ヴィンテージのSGを投入する等、ファンの期待を裏切らない非常に充実した内容となりました。本アイテムには、ふくよかな中低音が心地よいDATマスターを使用、ナチュラルな質感の高音質収録となっているので、数多く出回るであろう最終日の音源の中でも決定的な1枚となることでしょう。

◆Ebisu Garden Hall, Tokyo, Japan, 1st December 2007
<Disc 1>
1.openinig 2.Sailing On 3.Crow Jane 4.Sahib Teri Bandi ~ Maki Madni ~ Sahib Teri Bandi 5.It Hurts Me Too 6.Kam-Ma-Lay 7.Life Is Crazy 8.band introduction 9.Chevrolet 10.Soul Of A Man 11.Get What You Deserve 12.Done Got Over

<Disc 2>
1.To Know You, Is To Love You 2.I Know 3.Mahjoun ~ Greensleeves 4.Joyful Noise -1st encore- 5.For My Brother -2nd encore- 6.Up Above My Head



デレク・トラックス・バンド
LIVE TRUCKS! - Vol.7-
SB-0014
AUD
2CD-R
\5,170


Eクラプトン・バンドやオールマン・ブラザーズ・バンドでもお馴染み、超人的なスライド・テクニックを誇る今世紀最高の天才ギタリスト「デレック・トラックス」が自身のバンドを引き連れて来日!!その2007年ジャパンツアーより、11月29日大阪公演を臨場感満点の超高音質にて完全収録!!さらに ボーナストラックとして、11月27日東京公演でプレイされた「Anyday」を収録。

会場もソールドアウトで大盛況に終わった今ツアー。途中、ドブロギターでのアコースティックセットなども挿み、バラエティー豊かな楽曲の数々を素晴らしいパフォーマンスで披露しています!!デレックの人柄からか小さな会場ならではのアットホーム・ムード。白熱のスライド・プレイでは大歓声が沸き上がるファンには何とも言えない雰囲気満点です!!とにかく終始聴き所だらけの1時間50分!!ファン必聴に間違いなし!!

Disc-One
1.Get Out Of My Life 2.I Wish I Knew 3.It Hurts Me Too 4.Soul Serenade 5.Volunteered Slavery 6.Soul Of A Man 7.Get What You Deserve 8.Yield Not To Temptation > Turn On Your Lovelight 9.Preachin' Blues
10.Done Got Over

Disc-Two
1.I Know 2.Mahjoun > Greensleeves 3.Up Above My Head
- Encore 1 -
4.Leaving Trunk
- Encore 2 -
5.Key To The Highway
- Bonus Truck : Ebisu Liquidroom,Tokyo, November 27, 2007 -
6.Anyday

Derek Trucks - guitar
Todd Smallie-bass & vocals
Yonrico Scott-drums,
percussion, & vocals
Kofi Burbridge-keyboards, flute & vocals
Mike Mattison-lead vocals
Count M'Butu-congas & percussion



デレク・トラックス・バンド
London 2006
Second Line-024
109min. Aud-shot
1DVD-R
\2,700


Derek Trucks Bandの2006年5/24のロンドンはMean Fiddler Pubにおけるライブを、高画質オーディエンスショットにて全曲収録。Eric Claptonのツアー帯同中、アールズコート連続公演の中日におこなわれたステージで、2階席最前方よりステージ全体を非常に安定したカメラワークで捉えています。

「Up Above My Head」がフェードイン、「For My Brother」がフェードアウトとなっていますが、それ以外は狭めのハコということも奏功しての高画質・高音質にて全曲完全収録しています。自身のバンドでの非常にリラックスしたデレクの超人的なスライド・プレイは必見、Susan Tedeschi夫人との息の合った共演部も見所でしょう。

◆Mean Fiddler Pub, Charing Cross Road, London, UK 24th May 2006
01.Joyful Noise 02.Volunteered Slavery ~ I'll Find My Way 03.Crow Jane 04.Sahib Teri Bandi 05.I Wish I Knew 06.Blind Crippled & Crazy 07.Mahjoun 08.Greensleeves 09.Let's Go Get Stoned 10.All I Do ~ Leaving Trunk 11.Up Above My Head (fade in) 12.For My Brother (fade out) 13.Feel So Bad* 14.The Weight* 15.Hook And Sling
* with Susan Tedeschi on vocal and guitar



デレク・トラックス・バンド
LIVE TRUCKS! - vol.6-
SB0013
SBD
2CD-R
\4,850


Eクラプトン・バンドやオールマン・ブラザーズ・バンドでもお馴染み、超人的なスライド・テクニックを誇る今世紀最高の天才ギタリスト「デレック・トラックス」のライヴ・シリーズが「ストイック・ブルー・レコーズ」より登場!!サウンドはブルースを機軸にジャズ、ロック、ラテンとあらゆる音楽の要素を吸収した独特のスタイル。SG+フェンダースーパーリバーブというシンプルなセットながら、生み出される多彩なフレーズの数々は特筆もの!!しかも決してテクニックだけではない豊かな表現力も兼ね備えた、素晴らしいパフォーマンスを堪能出来るシリーズです!!サウンドボード音源!!11月には来日も決定しているだけに、ファンは要チェックでしょう!!

◆2005/11/06 Jazzfest Berlin, Delphi Theater, Berlin, GERD
Disc-One
1.Afro Blue(11:11) 2. I Wish I Knew(5:14) 3.Feel So Bad(8:02) 4.So Close So Far Away(6:06) 5.Crow Jane >(5:34) 6.Cheesecake(10:01) 7.To Know You Is To Love You(5:38) 8.Sahib Teri Bandi/Maki Madni(13:55) 9.Chevrolet (4:11)

Disc-Two
1.Sailing On (7:01) 2.Up Above My Head(4:51) 3.For My Brother (15:57) -Encore- 4.Joyful Noise(11:46)



デレク・トラックス・バンド
LIVE TRUCKS! - vol.5-
SB0012
SBD
2CD-R
\4,850


Eクラプトン・バンドやオールマン・ブラザーズ・バンドでもお馴染み、超人的なスライド・テクニックを誇る今世紀最高の天才ギタリスト「デレック・トラックス」のライヴ・シリーズが「ストイック・ブルー・レコーズ」より登場!!サウンドはブルースを機軸にジャズ、ロック、ラテンとあらゆる音楽の要素を吸収した独特のスタイル。SG+フェンダースーパーリバーブというシンプルなセットながら、生み出される多彩なフレーズの数々は特筆もの!!しかも決してテクニックだけではない豊かな表現力も兼ね備えた、素晴らしいパフォーマンスを堪能出来るシリーズです!!サウンドボード音源!!11月には来日も決定しているだけに、ファンは要チェックでしょう!!

◆2002/11/16 IMAC Theater Huntington, NY
Disc-One
1. 7/4 Jam >(7:39) 2. Pleasant Garden(6:56) 3. Preachin' Blues(7:52) 4. Feel So Bad(7:20) 5. So Close So Far Away(5:53) 6. Intro(0:33) 7. Gonna Move(6:36) 8. Proto Cosmos(5:08) 9. Ain't That Lovin' You(8:51) 10. Untitled Instrumental (Elvin)(6:58) There is a 30 second drop out on the right channel on Disc-One Track 1 which is on the master soundboard as well.

Disc-Two
1. Goin' Down Slow(8:26) 2. Cheesecake(10:24) 3. Yield Not To Temptation(5:33) 4. Everything Is Everything(5:51) 5. Intro(0:46) 6. Sahib Teri Bandi/Maki Madni(11:40) 7. Joyful Noise(10:08) -Encore- 8.Pedro In D Majo(20:02)



デレク・トラックス・バンド
LIVE TRUCKS! - vol.4-
SB0011
SBD
2CD-R
\4,850


Eクラプトン・バンドやオールマン・ブラザーズ・バンドでもお馴染み、超人的なスライド・テクニックを誇る今世紀最高の天才ギタリスト「デレック・トラックス」のライヴ・シリーズが「ストイック・ブルー・レコーズ」より登場!!サウンドはブルースを機軸にジャズ、ロック、ラテンとあらゆる音楽の要素を吸収した独特のスタイル。SG+フェンダースーパーリバーブというシンプルなセットながら、生み出される多彩なフレーズの数々は特筆もの!!しかも決してテクニックだけではない豊かな表現力も兼ね備えた、素晴らしいパフォーマンスを堪能出来るシリーズです!!サウンドボード音源!!11月には来日も決定しているだけに、ファンは要チェックでしょう!!

◆2001/10/05Magnolia Street Pub, Spartanburg, SC
Disc-One
1. Drums > Afro Blue(14:29) 2. Everything Is Everything(6:54) 3. Burbop(4:57) 4. Clown #2(7:13) 5. Driftin'(8:40) 6. Kam-Ma-Lay > Drums(10:44) 7. Band Intros(3:32)

Disc-Two
1. Lookout 31(7:49) 2. For My Brother(11:38) 3. Sahib Teri Bandi/Maki Madni > Rastaman Chant(23:49) 4. Ain't That Lovin' You(9:01)(w/Susan Tedeschi,Count M'Butu) 5. Joyful Noise(8:51)(w/Susan Tedeschi,Count M'Butu))



デレク・トラックス・バンド
LIVE TRUCKS! - vol.3-
SB0010
SBD
2CD-R
\4,850


Eクラプトン・バンドやオールマン・ブラザーズ・バンドでもお馴染み、超人的なスライド・テクニックを誇る今世紀最高の天才ギタリスト「デレック・トラックス」のライヴ・シリーズが「ストイック・ブルー・レコーズ」より登場!!サウンドはブルースを機軸にジャズ、ロック、ラテンとあらゆる音楽の要素を吸収した独特のスタイル。SG+フェンダースーパーリバーブというシンプルなセットながら、生み出される多彩なフレーズの数々は特筆もの!!しかも決してテクニックだけではない豊かな表現力も兼ね備えた、素晴らしいパフォーマンスを堪能出来るシリーズです!!サウンドボード音源!!11月には来日も決定しているだけに、ファンは要チェックでしょう!!

◆2000/03/25 Wetlands,New York, NY
Disc-One
1.Rastaman Chant(12:59) 2.Band Intro(1:19) 3.Preachin' Blues(6:29) 4.Bock To Bock(6:13) 5.Drums>(1:07) 6.555-Lake>(8:32) 7.Young Funk(7:51) 8.44 Blues(11:42)

Disc-Two
1.Intro(1:24) 2.Chicken Strut(10:16)(Sax & Eric Krasno(guitar)) 3.Intro(1:31) 4.Everything Is Everything(7:57)(w/Neil Evans(organ), Eric Krasno(guitar)) 5.Mr. PC(7:08)(w/Neil Evans(organ), Eric Krasno(guitar)) 6.Peter Prince Intro(0:37) 7.You're So Unique(6:01)(w/Peter Prince(vocals)) 8.Rico Banter(0:36) 9.Ain't That Lovin' You(8:06) 10.Egg 15 > Drums > Egg 15(8:54) 11.Yield Not To Temptation(7:22) 12.Encore(1:03) 13.Cissy Strut >(4:50) 14.Lively Up Yourself(5:58)



デレク・トラックス・バンド
LIVE TRUCKS! - vol.2-
SB0009
SBD
1CD-R
\3,400


Eクラプトン・バンドやオールマン・ブラザーズ・バンドでもお馴染み、超人的なスライド・テクニックを誇る今世紀最高の天才ギタリスト「デレック・トラックス」のライヴ・シリーズが「ストイック・ブルー・レコーズ」より登場!!サウンドはブルースを機軸にジャズ、ロック、ラテンとあらゆる音楽の要素を吸収した独特のスタイル。SG+フェンダースーパーリバーブというシンプルなセットながら、生み出される多彩なフレーズの数々は特筆もの!!しかも決してテクニックだけではない豊かな表現力も兼ね備えた、素晴らしいパフォーマンスを堪能出来るシリーズです!!サウンドボード音源!!11月には来日も決定しているだけに、ファンは要チェックでしょう!!

◆1999/09/18 Town Park - Telluride Blues & Brews Festival,Telluride, CO
1. Intro(0:34) 2. Egg 15(4:43) 3. Preachin' Blues(4:40) 4. Chicken Strut(5:09) 5. Forty-Four(7:35) 6. Look-Ka-Py-Py(4:52) 7. Rastaman Chant(13:01) 8. Ain't That Lovin' You(5:36) (w/Cameron Parks(guitar)) 9. Naima(7:13) 10. Yield Not To Temptation > Turn On Your Love Light > Yield Not To Temptation(9:59) -Encore- 11. 555- Lake(8:46)



デレク・トラックス・バンド
LIVE TRUCKS! - vol.1-
SB0008
SBD
2CD-R
\4,850


Eクラプトン・バンドやオールマン・ブラザーズ・バンドでもお馴染み、超人的なスライド・テクニックを誇る今世紀最高の天才ギタリスト「デレック・トラックス」のライヴ・シリーズが「ストイック・ブルー・レコーズ」より登場!!サウンドはブルースを機軸にジャズ、ロック、ラテンとあらゆる音楽の要素を吸収した独特のスタイル。SG+フェンダースーパーリバーブというシンプルなセットながら、生み出される多彩なフレーズの数々は特筆もの!!しかも決してテクニックだけではない豊かな表現力も兼ね備えた、素晴らしいパフォーマンスを堪能出来るシリーズです!!サウンドボード音源!!11月には来日も決定しているだけに、ファンは要チェックでしょう!!

◆1998/03/05 Dingo Bar,Albuquerque, N.M
Disc-One
1. Intro >(2:36) 2. Otto(5:15) 3. Preachin' Blues(6:16) 4. Look-Ka-Py-Py(3:53) 5. Gone Too Long(4:10) 6. Naima(8:48) 7. Pleasant Gardens(4:37) 8. 555 Lake(5:46) 9. Mr. PC(12:11)

Disc-Two
1. Intro >(2:10) 2. Out Of Madness(4:06) 3. Ain't That Lovin' You?(4:40) 4. Doing It To Death(6:49) 5. Yield Not To Temptation(6:22) 6. Cissy Strut(5:31)



デレク・トラックス・バンド
&ガヴァメント・ミュール
Nescafe Blues Festival 1996
Dead Flowers DVD-034
80min. Pro-shot
1DVD-R
\3,000


1996年5/30、ブラジルのサンパウロで開催された”Nescafe Blues Festival”に出演したDerek Trucks BandとGov’t Muleのライブを、高画質の放送用プロショット・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。

弱冠17歳の若き日のデレクのギター・プレイを堪能出来る必見の映像、「Mr.PC」をはじめとした一連のセットは現在のステージにも通じる玄人受けする非常に濃い内容で、デレクの音楽性の原点を垣間見ることが出来ます。後半のGov’t Muleのライブ映像も収録は40分と短めですが、ほとんどそのライブがオンエアされることはない彼らの貴重なプロショッ映像ということで、非常に貴重なものといえるでしょう。

◆Nescafe Blues Festival, Sao Paulo, Brazil, 30th May 1996
<Derek Trucks Band>
1.Spin Dr. 2.Dimples 3.Mambo 4.Yield Not 5.Mr. PC 6.interview 7.Help The Poor 8.Sleep Walk

<Gov't Mule>
1.Grinnin' In Your Face 2.Mule 3.Number1 4.interview 5.Gamblers Roll 6.Presence Of The Lord 7.Just Got Paid 8.Rocking Horse



デレク・トラックス
DEREK TRUCKS PLAYS JAZZS
HHCD-09037
SBD
2CD-R
\4,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


デレクトラックスの膨大なライヴ音源の中からジャズの演奏を選りすぐったコンピレーションアイテムです。

デレクのルーツでもあり、敬愛するジョンコルトレーンやマイルスも取り上げたナンバーをデレクトラックス・バンドの演奏で楽しめます。いずれも音質の良いマスターを使い、全てのトラックごとに細心のリマスタリングを施してあります。別々のライヴから集めたにもかかわらず、すべてトラックを通しで聴いてもまったく違和感はありません。中には今まで数回しか演奏された事もないような激レアトラックも収録されています。おそらく、ここまで手の込んだブートレグアイテムは他にありません。デレクトラックスのベスト・ブート間違い無し。大推薦タイトル。

DISC 1
1. VOLUNTEERED SLAVERY / 2. IMPRESSIONS / 3. AFRO BLUE / 4. FOOTPRINTS / 5. SO WHAT / 6. ST. THOMAS / 7. TUTU / 8. MR. PC / 9. CHAMELEON

DISC 2
1. AFRO BLUE / 2. ANGOLA / 3. NAIMA / 4. TUNE IN 5 / 5. SPACE IS THE PLACE / 6. MY FAVOLITE THINGS