コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます



デヴィッド・サンボーン
JAZZ SOUS LES POMMIERS 2016
SB-0048
SBD+PRO-SHOT
1CD-R+1DVD-R
\3,670


ジャズ・フュージョン・シーンで活躍する人気のサックス奏者、デヴィッド・サンボーン率いるエレクトリック・バンドの、2016年5月5日フランス、ク-タンスで行われたジャズ・フェスティヴァル「ジャズ・スー・レ・ポミエ・2016(林檎の木の下のジャズ)」でのステージを、極上サウンドボード&プロショットにて完全収録!!CDはプロ級のデジタル・マスターリングが施されたウルトラ・サウンド!!DVDでは味わえない最高音質にてご堪能下さい!!
ライヴは、S.ワンダーの名曲「アナザー・スター」でスタート!!15年振りとなるマーカスとの共作アルバム「Time And The River」から「オーディナリー・ピープル」や、マーカスゆかりの「スパニッシュ・ジョイント」「ラン・フォー・カヴァー」も披露!!信頼をおくリッキー・ピーターソン(key)やニック・モロック(g)、アンドリュ・ベリー(b)、ビリー・キルソン(dr)等の凄腕バックメンバーの素晴らしいパフォーマンスに、サンボーン節も終始炸裂する好演!!70歳を超えてもなお、現在進行形のパワフルな演奏を披露する「巨匠」に、魅了される事間違いなしの1時間20分!!ファン・マストアイテムが、ストイック・ブルーより極上サウンドボード&プロショット/美麗ジャケットワーク(帯付き)にて登場です!!

Live At Jazz sous les Pommiers, Salle Marcel Helie, Coutances, France
May 5th 2016
SOUNDBOARD & PRO SHOT 79min

CD & DVD
01. Intro 02. Another Star 03. Maputo 04. Band Intro
05. Camel Island (Incl: Drum Solo) 06. Ordinary People
07. Spanish Joint 08. Run for Cover
-Encore- 09. The Dream 10. Outro... 78'49
Approx: 79min.

David Sanborn (saxophone)
Ricky Peterson (keyboards)
Nicky Moroch (guitar)
Andre Berry (bass)
Billy Kilson (drums)



DMS
OSAKA 2011
SYLPH-1113
AUD
2CD-R
\4,200


ジョージ・デューク、マーカス・ミラー、デヴィッド・サンボーンからなるスーパー・ソウル・ジャズ・サミット「DMS」が来日!!

その2011年9月7日大阪でのライヴ(2nd)を、まるで会場丸ごと真空パックしたかの様な迫力&臨場感バツグンの超高音質にて完全収録!!

ライヴはそれぞれのリーダー作をバランス良く織り交ぜつつ、マイルス・ナンバーや各時代の重要セッション・ナンバーを、3人の個性溢れる圧倒的なパフォーマンスで披露!!サンボーンのサックスが、いつにも増してファンキー度アップしております!!又、ジョージのお茶目なキャラクター相まってか、終始リラックス&ユーモアー溢れるステージングは楽しさ120%です!!

そしてアンコールでは、ジョージの不気味で笑えるヴォーカル・イントロがあったり、ラストのファンク・ナンバー「Da
Butt」では、なんとサンボーンの珍しいラップ・ヴォーカルも聴けます!!etc...

終始聴き所だらけの至福の90分!!これはファンなら絶対必聴と断言出来るメモリアル・アイテムが登場です!!

DMS featuring George Duke, Marcus Miller, David Sanborn
Live In Osaka September 7th 2011(2nd)

Disc-1
1.Intro
2.Run For Cover
3.Straight to the Heart
4.Band Intro
5.Brazilian Love Affair
6.Maputo
7.Chicago Song(Osaka Song)...44'00"

Disc-2
1.Cobra/Tutu
2.Sweet Baby
3.Blast
-Encore-
4.George's Intro/Reach For It
5.Da Butt...46'19"

George Duke(Vocal,Keyboards)
Marcus Miller(Vocal,Bass, Bass Clarinet)
David Sanborn(Alto Saxophone,Vocal)
Federico Gonzalez Pena(Keyboards)
Louis Cato (Drums)



DMS
in DA BUTT OSAKA
Wildlife Records -096
AUD
2CD-R
\4,200


George Duke、Marcus Miller、David Sanbornの3人による話題のプロジェクトDMSの2011年来日ツアーより、9/7の大阪公演を極上音質のオーディエンス録音にて完全収録。

各人のソロの楽曲にまじえて、フランク・ザッパやマイルス・デイヴィスの名曲が説得力たっぷりに演奏されているあたりは、華やかなキャリアを誇る3人の共演ならではといえるでしょう!

Wildlifeレーベル・オリジナルの高品質なマスターに24bitデジタル・リマスタリングが施された最高音質盤、マーカスのベースが前面に出た迫力満点のサウンドはファン悶絶間違いなし!

アンコール・ラストの「Da Butt」では3人全員がヴォーカルをとるというノリノリぶり!あの熱い暑い大阪の一夜が蘇る好タイトルの登場です!

◆Live in Osaka, Japan 7th September 2011 (1st show)

(Disc 1)
1. Opening
2. Run For Cover
3. Straight to the Heart
4. band introduction
5. Brazilian Love Affair / Echidna's Arf
6. Maputo
7. Chicago Song

(Disc 2)
1. In A Silent Way / Cobra
2. It's About That Time
3. Tutu
4. Piano Solo(It Never Entered My Mind)/ Sweet Baby
5. Blast
-encore-
6. Dukey Stick Talk / Reach For It
7. Da Butt

◇Personnel;
George Duke (keyboards)
Marcus Miller (bass)
David Sanborn (alto saxophone)
Federico Gonzalez Pena (keyboards)
Louis Cato (drums)



デヴィッド・サンボーン
EC WAS HERE
SB0002
AUD
1CD-R
\3,880


個性的でユニーク、そして渋みのあるファンキーなアルト・サックス・プレイで、ジャズ、フュージョンにとどまらずジャンルを超えてファンを魅了するデヴィッド・サンボーンの2006年ジャパンツアーより、12月9日東京公演2日目(2ndステージ)でのパフォーマンスを臨場感も最高にグッドな文句無しの超高音質にて完全収録!!サンボーンを始めとする楽器全てをリアルに、そしてライヴ感もタップリに再現した極上音質盤です!!

この2ndステージには、なんとレジェンズの盟友エリック・クラプトン、そしてスライドギターの名手デレク・トラックスが伝説の一夜となった武道館最終日公演を終えて駆けつけており、ある意味で(苦笑)特別なステージとなりました!!さすがに飛び入りするというサプライズはありませんでしたが、オープニング時には軽く談笑する一幕も。そしてライヴの方は「Full House」より軽快にスタートし、ラスト定番の美旋律ナンバー「The Dream」まで、約70分に渡る至福サンボーン・ワールド!!彼ならではの艶やかなトーン、そして心震わすスレーズの数々は素晴らしいの一言で、聴き応え満点!!ライヴ・アイテムも少ないだけに、ファンには嬉しいリリース!!!これはマストです!!

David Sanborn(As)
Gene Lake(ds)
Nicky Moroch(g)
Richard Patterson(b)
Deren Johnson(key)

1.Opening 2.Full House 3.Benny 4.As We Speak 5.Maputo 6.Chicago Song 7.Lotus Blossom 8.Soul Serenade
-encore-
9.The Dream



デヴィッド・サンボーン
TOKYO NOCTURNE
SB0003
AUD
2CD-R
\5,500


ジャズ、フュージョンにとどまらずジャンルを超えてファンを魅了するデヴィッド・サンボーンのアルバム「タイム・アゲイン」リリースに伴う2003年ジャパンツアーより、7月15日東京公演(2ndステージ)でのパフォーマンスを臨場感最高の高音質にて完全収録!!さらに2002年モントルージャズフェスでの「The Dreams」SB音源をプラス!!

ライヴはアルバムオープニングを飾る「COMIN' HOME BABY」からスタートし、「HARLEM NOCTURNE」、ジョニ・ミッチェルの「MAN FROM MARS」など新作ナンバーを立て続けにプレイ!!今は亡きDon Aliasのソロがタップリ・フューチャーされた「CAMEL ISLAND」、嫌でも盛り上がる「TEQUILA」、ラテンムードが楽しい「BANG BANG」、そしてアンコールでは「SNAKES」も登場し、ラストは名曲「THE DREAM」とバラエティー豊かな選曲と素晴らしいパフォーマンスは聴き応え満点!!彼ならではの艶やかなトーン、そして心震わすスレーズの数々は最高です!!ファンには嬉しいライヴ・アイテムがリリース!!

DISC-ONE
1.OPENING > COMIN' HOME BABY 2.HARLEM NOCTURNE 3.FULL HOUSE 4.MAN FROM MARS 5.DRUM SOLO > CAMEL ISLAND

DISC-TWO
1.SOUL SERENADE 2.TEQUILA 3.BANG BANG 4.CHICAGO SONG
-ENCORE-
5.SNAKES 6.THE DREAM

-BONUS TRACK-
7.THE DREAM (Montreux Jazz Festival 2002:SBD)



デヴィッド・サンボーン
NORTH SEA JAZZ FESTIVAL 2000
SB0005
SBD
1CD-R
\3,400


「STOIC BLUE RECORDS 」より新譜登場!!ジャンルを超えてファンを魅了するデヴィッド・サンボーンの2000年7月15日NORTH SEA JAZZ FESでのライヴを極上サウンドボードにて収録!!(レーベルの丁寧なマスターリングが施されております!)ジョーサンプル等を従えて、気合いの入った演奏の数々を極上音質にて楽しめる一枚です!!

1.CREOLE EYES 2.CAMEL ISLAND 3.EYALA 4.SEVEN TRAIN 5.CHILDREN SEE THE ANGELS 6.CORNERS 7.DINA LAM? 8.FOLKLORE As.David Sanborn Key.Joe Sample B.Vo.Richard Bonna Ds.Brian Blade



デヴィッド・サンボーン
STRAIGHT TO THE CA
SB0006
AUD
2CD-R
\5,500


ジャンルを超えてファンを魅了するデヴィッド・サンボーンの1986年11月13日ユニバーサル・シティーでのライヴを当時としては信じられない位の極上オーディエンスにて、ほぼ完全収録!!鳥肌もの臨場感も最高です!!(レーベルの丁寧なマスターリングが施されております!)

ギターにハイラム・ブロック、ドラムにデニス・チェンバース等を従えて、グルーヴィーでファンキー全開の86年ライヴ!!セットリストも過去のアルバムの人気ナンバー目白押しで文句無しです!!後半では翌年に若くして他界してしまう、ブルースハープの名手ポール・バターフィールドも競演しており、貴重なライヴに間違いありません!!「Smile」や「Love & Happiness」でのハイラム、ポール、サンボーンの激しいバトルは聴き応え満点!!サンボーンのファンキーブロウには熱くされる事必至で、観客の盛り上がりも尋常でない凄さです!!ある意味伝説の一夜と言っても過言では無いパフォーマンスはファンなら必聴間違いなし!!これは大推薦盤!!!!!!

Disc-One
1.Port Of Call(Fade In) 2.Chicago Song 3.Straight To The Heart 4.Trintin 5.I Told You So 6.Hiram Bullock Solo 7.Rush Hour

Disc-Two
1.Lotus Blossom 2.Ricky Peterson Solo > 3.Smile(w/Paul Butterfield)
-Encore-
4.Anything You Want 5.Love & Happiness(w/Paul Butterfield)(Fade Out)

DAVID SANBORN(As)
DENNIS CHAMBERS(Dr)
HIRAM BULLOCK(G)
RICKY PETERSON(Key)
LEO CLARK(Vo)
STEVE LOGAN(B)
GUEST:PAUL BUTTERFIELD(Harp)



デヴィッド・サンボーン
Celebration 1980
Our Prayer-052 (Sound Produced by Hannibal)
SBD
1CD-R
\3,200


David Sanbornグループの1980年ニューヨークでのライブを、Hannibalレーベルの手によるリマスターが光る極上音質ステレオ・サウンドボード録音にて収録。

80年4/20にN.Y.C.のCelebrationスタジオでおこなわれたライブ・パフォーマンスを、このままオフィシャル発売可能なレヴェルの極上サウンドで捉えた全ファン必携のコレクターズ・アイテムです。名作『Hideaway』リリースに伴うツアーのプロモーション用ライブということで、映画「アメリカン・ジゴロ」の愛のテーマをはじめ同アルバム収録曲を中心とした(というよりも、そのまま『Hideaway』な)内容となっています。Steve GaddとNeil Jasonという強力なリズムセクションのサポートを得て奏でられる艶やかなアルト・サックスのサウンドを、素晴らしすぎる音質でお楽しみいただける大推薦のタイトル。80年代初頭の”大都会New York“が眼前鮮やかに蘇る感動的な1枚です。

◆Celebration Studios, New York City, NY 20th April 1980 -Stereo Soundboard Recording/ 24bit Digitally Remastered-

1. Intro 2. Anything You Want 3. Lisa 4. Band Introduction 5. If You Would Be Mine 6. Carly's Song 7. The Seduction 8. Hideaway 9. Again An Again

◇Personnel; David Sanborn (Alto Saxophone), Cliff Carter (Piano), Neil Jason (Bass), Jeff Mironof (Guitar), Michael Colina (Synthesizer), Sammy Figeroa (Percussion) & Steve Gadd (Drums)