コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます



デヴィッド・ボウイ
THE LAST FIVE YEARS
SVAC009BDR
PRO-SHOT
1BLU-RAY-R
\2,900
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)
個数


2017年SOUND&VISIONアーカイブ・コレクション・シリーズ最新タイトル!デヴィッド・ボウイ没後一周忌に英国BBCTVで放送された『ザ・ラスト・ファイブ・イヤーズ』がHDマスターによるブルーレイ・エディションで登場!

ツアー引退後ボウイ最後の5年間におけるアルバムや映像制作過程を辿りながら随所に過去の貴重なライブやTV出演映像が盛り込まれた注目の最新TVスペシャルです。60年代HYPE時代や70年代ジギー・スターダスト初期ライブさらにダイヤモンド・ドッグス・ツアーのライブ映像や珍しい「ヒーローズ」「センス・オブ・ダウト」等目を見張る映像の数々はこれまで未公開の激レア・シーン含めファン必見の内容です。またカップリング収録された『ディスカヴァリング・デヴィッド・ボウイ』も数多くのプロモやTV出演映像とインタビューを中心にボウイのキャリアを振り返る内容で本邦未放送のTVスペシャルです。話題の回顧展でも見ることの出来なかったレア映像を含む2017年BBCTVスペシャルをメインに高画質HDクオリティでお届けするトータル130分以上収録の大推薦ブルーレイ最新タイトルです!!

THE LAST FIVE YEARS : BBC 2017 11th JANUARY 2016
PROLOGUE...
2011
THE EARLY YEARS
WHERE ARE WE NOW?
2012
2013
2014
2015
BLACKSTAR
LAZARUS
END CREDITS

DISCOVERING DAVID BOWIE
PART1-5

NTSC 16:9 HD 1920x1080 LPCM Stereo time approx. 133min. (90+43)



デヴィッド・ボウイ
SOUND AND VISION
SVAC003BDR
PRO-SHOT
1BLU-RAY-R
\2,900
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)
個数


こちらもデヴィッド・ボウイ追悼特番として英国BBCで放送された『サウンド・アンド・ヴィジョン』を収録。
英国を代表するロック界最重要アーティストとして彼がいかに大きな影響を与えたかを音楽・ファッションをテーマに数々の映像と共に検証。長年バックを務めたマイク・ガースンのインタビューや重要な転機となったベルリン時代も言及。そして後半は各注目アーティストが急遽ステージでボウイを追悼する貴重な最新ライブ映像をまとめて収録。感動的な演奏と映像に思わず涙するリック・ウェイクマンのBBC放送やマドンナのプロショット・ライブ映像、ボスのマルチ編集による最新ライブ、エルトンの10分以上に及ぶ熱演等必見です!ラストは先頃全米放送されたばかりの”コナン”TVショウでの追悼ライブ映像再放送も収録。

OPENING HIS MUSIC CAREER FASHION ICON MIKE GARSON INTERVIEW BOWIE IN BERLIN ENDING LIVE TRIBUTE TO DAVID BOWIE 2016 LIFE ON MARS? - Rick Wakeman REBEL REBEL – Madonna SPACE ODDITY PIANO JAM / ROCKET MAN - Elton John HEROES - Melissa Etheridge SPACE ODDITY - Steven Wilson and Ninet Tayeb REBEL REBEL - Bruce Springsteen HEROES - Jon Bon Jovi CONAN USTV 2016 INTRODUCTION DAVID BOWIE IN CONAN MEMORIAL DEADMAN WALKING (Studio Live)

NTSC 16:9 HD1080p LPCM Stereo time approx. 84min.



デヴィッド・ボウイ
STARMAN
SVAC002BDR
PRO-SHOT
1BLU-RAY-R
\2,900
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)
個数


デヴィッド・ボウイ追悼特番として英国BBCで放送された『STARMAN』は代表的な歴代映像と共にその業績を綴ったものでポイントは初期映像等が過去のDVD以上に高画質なHDクオリティで見られる他それぞれ曲間にレア・シーンやインタビュー等も流れるファン必見の内容です。後半には英米でのニュース特番や人気番組をまとめて収録。ブリクストンでのファンの集いや珍しい写真や映像が垣間見れるBBCニュース等コレクター必見の最新コンピレーションです。

INTRODUCTION SPACE ODDITY STARMAN OH! YOU PRETTY THINGS ZIGGY STARDUST THE JEAN GENIE LIFE ON MARS? CHANGES SUFFRAGETTE CITY REBEL REBEL YOUNG AMERICANS HEROES MARC BOLAN & DAVID BOWIE ASHES TO ASHES LET'S DANCE CHINA GIRL UNDER PRESSURE (with QUEEN) DANCING IN THE STREET (with MICK JAGGER) ABSOLUTE BEGINNERS FAME'90 BLACK TIE WHITE NOISE LITTLE WONDER HEROES 2000 SLOW BURN WHERE ARE WE NOW? BLACKSTAR LAZARUS MISCELLANEOUS TV NEWS R.I.P. DAVID BOWIE CELEBRATION IN BRIXTON NME : TALKS TO THE FAN IN BRIXTON NME : TRIBUTE THANK YOU NOTES - JIMMY FALLON JIMMY FALLON PAYS TRIBUTE CONAN REMEMBERS (edit) BBC BREAKING NEWS BBC : DAVID BOWIE HAS DIED BBC : LOOK BACK AT HIS EARLY DAYS BRIXTON'S TRIBUTE TRIBUTE 1947-2016 MOVIE EDITION

NTSC 16:9 HD1080p LPCM Stereo time approx. 93min.



デヴィッド・ボウイ
DIAMONDS IN MY EYES
SVAC001BDR
PRO-SHOT
1BLU-RAY-R
\2,900
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)
個数


21世紀以降デヴィッド・ボウイ終焉までのプロモ映像集大成。2001年当時公開されていなかった「スロウ・バーン」から最後のメッセージといえる「ラザルス」までバージョン違いを含めHD高画質クオリティで全曲完全収録。公式ベストDVDリリース以降未収録だったものがすべてまとめられたプロモ・コレクション最終章といえる後期ベスト映像決定版!

NOTHING HAS CHANGED SLOW BURN NEW KILLER STAR SISTER MIDNIGHT (Live at the Isle of Wight 2004) ALL THE YOUNG DUDES (Live at the Isle of Wight 2004) I'M AFRAID OF AMERICANS (Live at the Isle of Wight 2004) HEROES (Live at the Isle of Wight 2004) WHERE ARE WE NOW? THE STARS (ARE OUT TONIGHT) THE NEXT DAY VALENTINE'S DAY LOVE IS LOST - version 1 (Hello Steve Reich mix by James Murphy for The DFA) LOVE IS LOST - version 2
(Hello Steve Reich mix by James Murphy for The DFA) I'D RATHER BE HIGH - Venetian mix I'D RATHER BE HIGH - Venetian mix (Wasted edit) I'D RATHER BE HIGH - Venetian mix ((L'Invitation Au Voyage - Louis Vuitton) I'D RATHER BE HIGH - Venetian mix (TVCM) SOUND AND VISION 2013 SUE (OR IN A SEASON OF CRIME) BLACKSTAR LAZARUS

NTSC 16:9 HD1080p LPCM Stereo time approx. 99min.



デヴィッド・ボウイ
FIVE YEARS : THE MAKING OF AN ICON - BBC
+ THE GENIUS OF DAVID BOWIE plus EXTRA
PRIMEVISION COLLECTION PVC005
PRO-SHOT
1BLU-RAY-R
\4,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)
個数


2013年BBCで放送されたデヴィッド・ボウイの新たなドキュメンタリー『ファイブ・イヤーズ』はこれまで未公開のレア映像を交えたボウイ・ヒストリーでこれまでのキャリアで重要な転換期を5つのパートで紹介。71年「ジギー・スターダスト」誕生から83年「レッツ・ダンス」までデヴィッド・ボウイの輝かしいキャリアを振り返るファン必見の内容です。さらに同じくBBCで放送された『ザ・ジニアス・オブ・デヴィッド・ボウイ』も収録。発掘映像として話題となった「ジーン・ジニー」やルー・リード、イギー・ポップ等の貴重映像を含むBBCスペシャル・プログラムです。またエクストラ映像には本編未収録だったレアTV映像も追加収録。HD最高画質で収録された注目の映像コンピレーションです。

FIVE YEARS : THE MAKING OF AN ICON - BBC DOCUMENTARY 2013 INTRODUCTION YEAR ONE : 1971 to 1972 YEAR TWO : 1974 to 1975 YEAR THREE : 1976 to 1977 YEAR FOUR : 1979 to 1980 YEAR FIVE : 1982 to 1983

THE GENIUS OF DAVID BOWIE plus EXTRA
INTRODUCTION SPACE ODDITY OH! YOU PRETTY THINGS OH! YOU PRETTY THINGS - Peter Noone LIFE ON MARS? QUEEN BITCH STARMAN ALL THE YOUNG DUDES - Mott The Hoople ZIGGY STARDUST THE JEAN GENIE PERFECT DAY - Lou Reed REBEL REBEL THE MAN WHO SOLD THE WORLD – Lulu HEROES LUST FOR LIFE - Iggy Pop BOYS KEEP SWINGING FASHION LET'S DANCE HALLO SPACEBOY - with Pet Shop Boys ASHES TO ASHES plus EXTRA SPACE ODDITY (Hits A Go Go 1969) FIVE YEARS (BBC 1972) FAME (Soul Train 1976) GOLDEN YEARS (Soul Train 1976) HEROES (Bing Crosby Show 1977) THE LITTLE DRUMMER BOY / PEACE ON EARTH (with Bing Crosby 1977) NTSC 16:9 HD1080p LPCM Stereo time approx.89 + 82min.



デヴィッド・ボウイ
A Reality In Kansas City
A-tera Records-053
AUD
2CD-R
\3,700
個数


2004年5/10、カンザス・シティでおこなわれたDavid Bowieのライブを、IEM(イン・イヤー・モニター)ソースとオーディエンス・ソースをミックスしたマトリクス音源にて完全収録。新旧の名曲群を網羅したセットリストは、ボウイの魅力が凝縮された非常に内容の濃いものであり、同年3月におこなわれた来日公演のあの感動が蘇ること必至です。2時間20分を超える白熱のステージを、レーベル独自のリマスターが施された素晴らしいサウンドで楽しむことが出来るファン必携のタイトル。トレーダー間等で出回っている音源とは一線を画す高品質盤。目下のところ最後のワールドツアーとなってしまっているRealityツアーの全貌を、サウンドボード録音に比肩する素晴らしい音質で伝えてくれる決定的なアイテムの登場です。

◆Starlight Theatre, Kansas City, MO 10th May 2004

(Disc 1)
01. Intro 02. Rebel Rebel 03. New Killer Star 04. Battle For Britain (The Letter) 05. Cactus 06. Fashion 07. All The Young Dudes 08. China Girl 09. Pablo Picasso 10. Fame 11. The Loneliest Guy 12. The Man Who Sold The World 13. Breaking Glass 14. By My Wife 15. Hallo Spaceboy 16. Heathen (The Rays) 17. Sunday

(Disc 2)
01. Band Introduction 02. Under Pressure 03. Days 04. Changes 05. The Supermen 06. Ashes To Ashes 07. Quicksand 08. White Light White Heat 09. Heroes 10. Station To Station 11. Suffragette City 12. Ziggy Stardust



デヴィッド・ボウイ
LOST REALITY
AUD
2CD-R
\5,200
<SOLD OUT>


つい先日の来日公演ではその変わらぬ容姿と歌声で古くからのファンを魅了しつつ新しい若年層のファンも取り込んでいったデヴィットボウイの最新ツアー2004年4月1日のカナダ・トロント公演を高音質オーディエンスにてコンプリート収録!!

日本公演では演奏されなかった「Star Man」で始まるアンコールのジギー4連発はとにかく圧巻の一言!!昨年秋から始まったこのツアーで、幾度となく繰り返し演奏されて練りに練られたアレンジもいよいよ鋭さを増してきております!!これが完成形でしょう!

Disc 1:
01 - Lead in Music 02 - Rebel Rebel 03 - Modern Love 04 - New Killer Star 05 - Fame 06 - Cactus 07 - All The Young Dudes 08 - China Girl09 - Never Get Old 10 - The Loneliest Guy 11 - The Man Who Sold The World 12 - Hallo Spaceboy 13 - Sunday 14- Heathen 15 - Band IntrosDisc

Disc 2
16 - Under Pressure 17 - Days 18 - Slip Away - Including Space Oddity Tease 19 - Looking For Water 20 - Ashes To Ashes 21 - Hang On To Yourself 22 - Quicksand 23 - I'm Afraid Of Americans 24 - Heroes 25 - Crowd ~Encores~ 26 - Star Man 27 - Five Years 28 - Suffragette City 29 - Ziggy Stardust



デヴィッド・ボウイ
LIVE AT NIPPON BUDOKAN, 8th March 2004
NEW TATTOO-050
AUD
2CD-R
\3,200
個数


デヴィッド・ボウイの2004年ジャパンツアーより、3月8日武道館公演(初日)をNEW TATTOOならではの迫力ある超高音質オーディエンス録音にて完全収録!!




デヴィッド・ボウイ
LIVE AT NIPPON BUDOKAN, 9th March 2004
NEW TATTOO-051
AUD
2CD-R
\3,200
個数


デヴィッド・ボウイの2004年ジャパンツアーより、3月9日武道館公演(2日目)をNEW TATTOOならではの迫力ある超高音質オーディエンス録音にて完全収録!!




デヴィッド・ボウイ
BUDOKAN COMPLETE
NN-1334
AUD
4CD-R
\6,600
個数


ロックスター、デヴィッド・ボウイよ永遠なれ!!1973年の初来日公演より、数々の伝説的パフォーマンスでファンを魅了し続けた彼の、最後のジャパンツアーとなった2004年「A REALITY」ツアー全3公演より、3月8日と3月9日、日本武道館公演2DAYSを共に、ベスト・ポジションより武道館とは思えない、迫力&臨場感満点の極上級/超高音質にて完全収録!!耳障りなチャットなども殆どありません!!(シルフ・レーベル既発盤/WELCOME TO REALITY(SY-0573) とOVER REALITY'S(SY-0574)がセットになっております)もはや細かい説明不要でしょう!!文句無しの素晴らしいパフォーマンス!!初日では日替わりナンバーとして、「フェイム」「ネヴァー・ゲット・オールド」「火星の生活」「デイズ」「サウンド・アンド・ヴィジョン」の5曲を披露!! 「CHINA GIRL」では、始めボウイが唄わず、やり直す一幕も。。。2時間10分/全26曲のライヴステージ!!続く2日目では「ハング・オン・トゥ・ユアセルフ」「ファッション」「リアリティ」「5:15 エンジェルス・ハヴ・ゴーン」「スリップ・アウェイ」「アフレイド」「ブリング・ミー・ザ・ディスコ・キング」「フォール・ドッグ・ボムズ・ザ・ムーン」の8曲が新たにセットイン!!タップリ2時間30分/全29曲!!全3公演では一番多くプレイしたツアー2日目!!もちろん初日同様、文句無しの素晴らしいパフォーマンスはカッコ良過ぎます!!etc....聴き応え満点の2公演!!感涙必至の感動的ライヴ・ステージはファン必聴間違いなし!!シルフ・レーベルが美麗ジャケット・ワーク(帯付き)、極上サウンド、廉価版にてお届けする、ファン必携の追悼メモリアル・アイテムが登場です!!

Incl:WELCOME TO REALITY(SY-0573) & OVER REALITY'S(SY-0574)

Live At Budokan, Tokyo March 8th 2004
Disc-One
1.Intro 2.Rebel Rebel 3.New Killer Star 4.Fame* 5.Cactus 6.All
The Young Dudes
7.China Girl 8.Never Get Old * 9.The Loneliest Guy 10.The Man Who Sold
The World
11.Hallo Spaceboy 12.Sunday 13.Heathen (The Rays)/Band Intro 14.Under
Pressure

Disc-Two
1.Life On Mars? * 2.Looking For Water 3.Quicksand 4.Days * 5.Sound
And Vision *
6.Be My Wife 7.A New Career In A New Town 8.Ashes To Ashes 9.I'm
Afraid of Americans
10."Heroes" (Encore) 11.Five Years 12.Suffragette City 13.Ziggy
Stardust

Live At Budokan, Tokyo March 9th 2004
Disc-Three
1.Intro 2.Rebel Rebel 3.Hang On To Yourself *4.New Killer Star
5.Fashion *
6.Cactus 7.All The Young Dudes 8.China Girl 9.Reality * 10.5:15 The
Angels Have Gone *
11.The Man Who Sold The World 12.Hallo Spaceboy 13.Sunday 14.Heathen
(The Rays)/Band Intro
15.Under Pressure 16.Slip Away *

Disc-Four
1.Looking For Water 2.Quicksand 3.The Loneliest Guy 4.Afraid * 5.Be
My Wife
6.A New Career In A New Town 7.Ashes To Ashes 8.I'm Afraid of
Americans 9."Heroes"
(Encore)10.Bring Me The Disco King * 11.Five Years 12.Fall Dog Bombs
The Moon *
13.Suffragette City14.Ziggy Stardust



デヴィッド・ボウイ
WELCOME TO REALITY
SYLPH-0573
AUD
2CD-R
\5,500
個数


新作「REALITY」を引っ提げて8年振りに来日を果たした、デヴィッド・ボウイの2004年ジャパンツアーより、3月8日武道館公演(初日)を、ベスト・ポジションより武道館とは思えない、迫力満点の超高音質にて完全収録!!耳障りなチャットなども殆どなく、臨場感も満点!!シルフならではのガツーンといい感じなマスターリングをしてありまっせ~!!勇気あるボウイ・ファンの皆さま、ヴォリューム全開でお楽しみ下さいませ!!

パフォーマンス内容は、文句無しの素晴らしさ!!細かい説明不要ですが、この日は「CHINA GIRL」で始めボウイが唄わず、やり直す一幕があります。セットリストの違うボウイだけに、2日目武道館では演奏していない曲が5曲!!(*印)たっぷり2時間10分・全26曲!!常に進化し続ける究極のボウイ・ワールド!!ホント、カッコ良すぎっす!!これは最高!!あの感動がリアルに蘇えるメモリアル・アイテム!!

※武道館2公演セット'BUDOKAN COMPLETE(NN-1334)'がリリースとなりました(2016.1.12)

Disc-One
1.Intro 2.Rebel Rebel 3.New Killer Star4.Fame * 5.Cactus 6.All The Young Dudes7.China Girl 8.Never Get Old *9.The Loneliest Guy10.The Man Who Sold The World11.Hallo Spaceboy 12.Sunday13.Heathen (The Rays)/Band Intro14.Under Pressure

Disc-Two
1.Life On Mars? * 2.Looking For Water3.Quicksand 4.Days *5.Sound And Vision * 6.Be My Wife7.A New Career In A New Town8.Ashes To Ashes 9.I'm Afraid of Americans10."Heroes"(Encore) 11.Five Years 12.Suffragette City 13.Ziggy Stardust



デヴィッド・ボウイ
OVER REALITY'S
SYLPH-0574
AUD
2CD-R
\5,500
個数


新作「REALITY」を引っ提げて8年振りに来日を果たした、デヴィッド・ボウイの2004年ジャパンツアーより、3月9日武道館公演(2日目)を、ベスト・ポジションより武道館とは思えない、迫力満点の超高音質にて完全収録!!耳障りなチャットなども無く、あたかもサウンドボード音源のようです!!分厚い低域(ド迫力度はウーハーギリギリ一杯)と、ボウイのヴォーカルのクリアー度は特筆もの!!しかも、アコースティックなどの繊細な音もリアルに収録してます!!そしてシルフならではのマスターリングを施し、ヤバイ・サウンドにて当日の素晴らしいパフォーマンスを再現!!(要するにガツーンといい感じっすよ~!!ということです(笑)勇気あるボウイ・ファンの皆さま、ヴォリューム全開でお楽しみ下さいませ!!

パフォーマンス内容は、文句無しの素晴らしさ!!細かい説明不要です!!セットリストの違うボウイだけに、初日武道館では演奏していない曲が8曲!!(*印)たっぷり2時間30分・全29曲!!全3公演では一番多くプレイしたツアー2日目です!!常に進化し続ける究極のボウイ・ワールド!!ホント、カッコ良すぎっす!!これは最高!!あの感動がリアルに蘇ります!!

※武道館2公演セット'BUDOKAN COMPLETE(NN-1334)'がリリースとなりました(2016.1.12)

Disc-One
1.Intro 2.Rebel Rebel 3.Hang On To Yourself *4.New Killer Star 5.Fashion * 6.Cactus7.All The Young Dudes 8.China Girl 9.Reality *10.5:15 The Angels Have Gone *11.The Man Who Sold The World 12.Hallo Spaceboy13.Sunday 14.Heathen (The Rays)/Band Intro15.Under Pressure 16.Slip Away *

Disc-Two
1.Looking For Water 2.Quicksand 3.The Loneliest Guy4.Afraid * 5.Be My Wife 6.A New Career In A New Town7.Ashes To Ashes 8.I'm Afraid of Americans 9."Heroes"(Encore)10.Bring Me The Disco King * 11.Five Years12.Fall Dog Bombs The Moon * 13.Suffragette City14.Ziggy Stardust



デヴィッド・ボウイ
STRUGGLING FOR REALITY
SYLPH-0575
AUD
2CD-R
\4,040
※2016.01.21 価格改定
個数


日本でのラストライヴ・アイテム!!ロックスター、デヴィッド・ボウイよ永遠なれ!!1973年の初来日公演より、数々の伝説的パフォーマンスでファンを魅了し続けた彼の、最後のジャパンツアーとなった2004年「A REALITY」ツアー全3公演より、最終日3月11日大阪公演をベスト・ポジションより迫力&臨場感満点の極上級/超高音質にて完全収録!!耳障りなチャットなども殆どありません!!しかし残念ながら、この日が日本でのラスト・ライヴとなってしまいました。。。。もはや細かな説明は不要でしょう!! もちろん、この日も文句無しの素晴らしいパフォーマンスでカッコ良過ぎます!!ツアー初出曲はありませんが、初日ナンバーと2日目ナンバーを巧く構成したセットリストとなっており、タップリ2時間25分・全28曲!!音も良過ぎてマジ最高です!!感涙必至の感動的ラスト・ライヴはファン必聴間違いなし!!シルフ・レーベルが美麗ジャケット・ワーク(帯付き)、極上サウンド、廉価版にてお届けする、ファン必携の追悼メモリアル・アイテムが登場です!!(尚、イントロ部分で1ヶ所音飛びがありますが、マスターからによるものです)

Live At Castel Hall, Osaka March 11st 2004(Last live In Japan)

Disc-One
1.Intro 2.Rebel Rebel 3.Hang On To Yourself 4.New Killer Star
5.Fame 6.Cactus
7.All The Young Dudes 8.China Girl 9.Reality 10.5:15 The Angels
Have Gone
11.The Man Who Sold The World 12.Hallo Spaceboy 13.Sunday 14.Heathen
(The Rays)/Band Intro
15.Under Pressure 16.Slip Away

Disc-Two
1.Looking For Water 2.Quicksand 3.The Loneliest Guy 4.Be My Wife
5.Sound And Vision 6.Ashes To Ashes
7. I'm Afraid of Americans 8."Heroes" (Encore) 9.Bring Me The Disco
King 10.A New Career In A New Town
11.Five Years 12.Suffragette City 13.Ziggy Stardust



デヴィッド・ボウイ
A REALITY TOUR IN JAPAN 2004
SVAC008BDR1/2
AUD-SHOT
2BLU-RAY-R
\3,600
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)
個数


2004年ボウイ最後の日本公演となった”リアリティ・ジャパン・ツアー”から3月8&9日武道館公演を高画質オーディエンス・カメラ収録のマスターから2公演全曲収録。当時のSD画質から劣化なしにHDコンバート収録しておりファン感涙の武道館2公演がベスト・クオリティで甦ります。さらに当時ウェブキャストで限定公開されたツアー・ドキュメンタリーも追加収録。武道館のバックステージやファンの様子さらに新幹線での移動やライブ・シーンも含め注目の映像ドキュメンタリーが24分収録されています。今となっては伝説といえる感動的な最後の武道館公演をとらえたファン必携の映像コレクターズ・アイテムです!

Live at Budokan, Tokyo, Japan 8th&9th March 2004

DISC ONE
BUDOKAN FIRST NIGHT
REBEL REBEL NEW KILLER STAR FAME CACTUS ALL THE YOUNG DUDES
CHINA GIRL NEVER GET OLD THE LONELIEST GUY THE MAN WHO SOLD THE WORLD HALLO SPACEBOY
SUNDAY HEATHEN (THE RAYS) UNDER PRESSURE LIFE ON MARS? LOOKING FOR WATER QUICKSAND
DAYS SOUND AND VISION BE MY WIFE A NEW CAREER IN A NEW TOWN ASHES TO ASHES
I'M AFRAID OF AMERICANS "HEROES" FIVE YEARS SUFFRAGETTE CITY ZIGGY STARDUST
extra video A REALITY TOUR IN JAPAN - Behind The Scene

DISC TWO
BUDOKAN SECOND NIGHT
REBEL REBEL HANG ON TO YOURSELF NEW KILLER STAR FASHION
CACTUS ALL THE YOUNG DUDES CHINA GIRL REALITY 5:15 THE ANGELS HAVE GONE
THE MAN WHO SOLD THE WORLD HALLO SPACEBOY SUNDAY HEATHEN (THE RAYS) UNDER PRESSURE
SLIP AWAY SPACE ODDITY LOOKING FOR WATER QUICKSAND THE LONELIEST GUY AFRAID BE MY WIFE
A NEW CAREER IN A NEW TOWN ASHES TO ASHES I'M AFRAID OF AMERICANS "HEROES"
BRING ME THE DISCO KING FIVE YEARS FALL DOG BOMBS THE MOON SUFFRAGETTE CITY ZIGGY STARDUST

David Bowie (vocals, guitars) Earl Slick (guitar) Gerry Leonard (guitar) Mark Plati (bass, guitar, keyboards) Gail Ann Dorsey (bass, vocals) Sterling Campbell (drums) Mike Garson (keyboards, piano) Catherine Russell (keyboards, percussion, vocals)

Audience-Camera Shot / NTSC 16:9 SD>HD 1920x1080 LPCM Stereo time approx. 124 + 24 / 140min.



デヴィッド・ボウイ
MONTREUX JAZZ FESTIVAL 2002
SVAC007BDR
PRO-SHOT
1BLU-RAY-R
\2,900
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)
個数


2002年7月18日HEATHENヨーロッパ・ツアーの最終公演となった”モントルー・ジャズ・フェスティバル”のプロショット映像がワイド仕様HDマスターからの収録で全曲コンプリート収録。一部映像や音声未収録も最新リストアで修復されており画質も向上した待望のブルーレイ決定版!アンコールでは時代を先取りした傑作アルバム『LOW』からの再現ライブが実現したトータル2時間半以上に及ぶボウイ・ファン必見のプロショット映像コンサート完全版です!

Live at Auditorium Stravinsky, Montreux, Switzerland 18th July 2002

INTRODUCTION SUNDAY LIFE ON MARS? ASHES TO ASHES CACTUS SLIP AWAY CHINA GIRL STARMAN
I WOULD BE YOUR SLAVE I'VE BEEN WAITING FOR YOU STAY CHANGES FASHION FAME
I'M AFRAID OF AMERICANS 5:15 THE ANGELS HAVE GONE "HEROES" HEATHEN (THE RAYS) EVERYONE SAYS HI
HALLO SPACEBOY LET'S DANCE ZIGGY STARDUST LOW encore WARSZAWA SPEED OF LIFE BREAKING GLASS
WHAT IN THE WORLD SOUND AND VISION ART DECADE ALWAYS CRASHING IN THE SAME CAR BE MY WIFE
A NEW CAREER IN A NEW TOWN SUBTERRANEANS OUTRODUCTION

David Bowie (vocals, guitars) Earl Slick (guitar) Gerry Leonard (guitar) Mark Plati (bass, guitar, keyboards) Gail Ann Dorsey (bass, vocals) Sterling Campbell (drums) Mike Garson (keyboards, piano) Catherine Russell (keyboards, percussion, vocals)

HD Pro-Shot Master / NTSC 16:9 HD 1920x1080 LPCM Stereo time approx. 160min.



デヴィッド・ボウイ
TOY-Unreleased Album-
SBD
1CD
\4,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


■極初期のセルフカバー曲を集めたボウイ未発表アルバムの完全盤
■ボーナストラックで1967年の貴重なアセテートを収録

近年まれにみるデヴィッド・ボウイ最大の話題となった2001年にリリース予定だった未発表アルバム『TOY』の流出音源が、コレクターズアイテムとして登場です。

今まで 『TOY』と題されたコレクターズ・アイテムは数多くありましたが、どれも未発表アルバムのタイトルに反してライヴ音源だったりアウトテイクだったり、またラジオ音源だったり、或いはそれらを組み合わせたものなど、どれもファンの想像を超えるものではなく、本来の形、スタジオでレコーディングされた『TOY』は本作が初めてとなります。

もちろん今まで完全未発表だった「Hole In The Ground」もしっかり初登場収録されており、これこそ完全盤ではないか、もはやボウイのニューアルバムと同レベルではないかと海外でも話題になっているアルバム、それがこのアルバム 『TOY』なのです。

1999年から2000年頃のツアーにおいて、ボウイは自らの過去のあまり知られていない曲にスポットを当てるべく、積極的にステージでそれらを採り上げていました。その延長として、新曲のみならず、1960年代の自分の曲をセルフカバーした曲を含むアルバム『TOY』を企画します。これが2000年前後のことでした。

しかし、その内容に レコード会社は難色を示し、結局リリースは見送られお蔵入りすることとなったのです。その中の数曲はタイトルやアレンジを変え次のアルバム『HEATHEN』に収録され、或いはシングルのB面などで部分的に発表されてきましたが、現在でも完全なアルバムとして発表されることはなく、その曲目すら正確なものは知られていませんでした。

本作は、まさにその幻の作品の完全盤ともいうべきもので、そのクオリティと内容に世界中のファンが狂喜を持って大きな話題となっています。

アルバムの全曲が明らかになったこと、素晴らしい音質で収録されていること、何より『Reality』以降、純粋なスタジオアルバムをリリースしていないボウイ・ファンのフラストレーションを一気に解消するかのような内容は実に驚きです。

一曲目「Uncle Floyd」は後に再レコーディングされ「Slip Away」と改題され「Afraid」と共に『Heathen』に収録。「Baby Loves That Way」と「I Dig Everything」は1965年と1966年にリリースされたシングルのセルフカバー、「Conversation Piece」は1970年に作られた曲、「Let Me Sleep Beside You」「In The Heart Of The Morning」の2曲も未発表曲で、BBCライヴでのみ聴くことが出来ました。

アルバム・タイトル曲の「Toy」も「Your Turn To Drive」と改題され発表された曲、「Shadow Man」は1971年の未発表曲、そして目玉の「Hole In The Ground」は今回初登場の完全未発表曲。「You’ve Got A Habit Of Leaving」と「Liza Jane」に至っては1965年デイヴィージョーンズ時代のシングル曲です。

最後の2曲「Liza Jane」と「The London Boys」はアルバムではなく、シングルのB面用ストックとも言われており、最終的なアルバムがどのような形になる予定だったのか依然として霧の中ですが、この2曲をボーナス・トラックとしてとらえれば、大きくひとつのコンセプトが浮かび上がってくるのではないでしょうか。

また、ボーナストラックとして、1967年の貴重なアセテートの両面「Everything Is You」と「Social Girl」の2曲を収録しています。こちらはセルフカバーではなく、1967年当時のアセテートより収録しています。若く瑞々しいボウイの歌声が新鮮に響きます。

デヴィッド・ボウイの未発表アルバム『TOY』を流出完全な形で収録した本作はボウイ・ファンにとって特別な1枚となることは間違いありません。しかも内容は60年代から70年代初頭にかけての埋もれた名曲のセルフ・カバーという非常に興味深いもの。さらにボーナストラックには1967年の貴重なアセテートから2曲を収録。

まさにご無沙汰となっているボウイのニューアルバムと言っても過言ではありません。ピクチャー・ディスク仕様のファクトリープレス盤です。

<THE 'TOY' ALBUM>
01.Uncle Floyd
02.Afraid
03.Baby Loves That Way
04.I Dig Everything
05.Conversation Piece
06.Let Me Sleep Beside You
07.Toy
08.Hole In The Ground
09.Shadow Man
10.In The Heat Of The Morning
11.You’ve Got A Habit Of Leaving
12.Silly Boy Blue
13.Liza Jane
14.The London Boys

<1967 ACETATE>
15.Everything Is You
16.Social Girl



デヴィッド・ボウイ
UNRELEASED ALBUM TOYING
SPACEBOY-001
SBD
1CD-R
\2,600
個数


ボウイファンは超期待のレーベルになること間違いなしDAVID BOWIE 専門 新レーベルSPACEBOY第1弾、全ボウイファンマストアイテムの登場です!!

オリジナルアルバム「HOURS」で活発な活動を再開する前、アルバム「PIN UPS」のようにカヴァー曲と自身の60年代、いわゆるPYE YEARS(スペースオディティより前の曲)リメイクでのアルバムを考えていました。これは「TOYING」と呼ばれ結局のところ未発売に終わりました。

本CDRは、そのアルバム「TOYING」の為に、このままリリース出来る状態にまで仕上がった音質最高のアウトテイクス5トラックを収録。カヴァーも、THE WHO、THE KINKS、MY DEATHの再録音。そして何とジョンレノンのマザーや、ボブディランの曲までやっています。未発表のオリジナル曲のセッションも1曲あり、これにプラスして同時期のライブで行われた、SIMON & GARFUNKELのカヴァー。そしてBOWIE-NETからのインターネット配信でのみ放送されたTHE LONDON BOYSとI DIG EVERYTHING。STORYTELLERSで冗談のようにプレイされたアコースティックでの CAN'T HELP THINKING ABOUT ME。いずれも1966年前後の彼のシングルのリアレンジバージョンです。

更にボーナスとして、2001年のチベタンベネフィットよりベネフィットで演奏された「HEROES」のリハーサルと本番を両方収録。最後に1999年の STORYTELLERSでは、まだ未完成であったCAN'T HELP THINK ABOUT ME の完全なリアレンジライブバージョン(1997)をBBCより高音質サウンドボードで収録。2000年代初期、再活動開始に相応しい超名盤「HOURS」の前にボウイが試行錯誤していた様子がよくわかります。

最終的には未発売となったアルバムですが、ボウイならではのアレンジで完成テイクとして録音されたこれらのカヴァー曲はボウイファン必聴と言えるでしょう。勿論、ステレオサウンドボード高音質です。これが001となるSPACEBOYレーベル。ボウイファンは今後も超期待のレーベルになること間違いなしと言えるでしょう!推薦盤!

1 Pictures Of Lily (Unreleased Recording Around 2000)
2 Waterloo Sunset (Unreleased Recording Around 2000)
3 Mother (Unreleased Recording Around 2000)
4 Trying To Get To Heaven (Unreleased Recording Around 2000)
5 My Death (Unreleased Recording Around 2000)
6 Afraid (Unreleased Recording / From Toying Session Around 2000)
7 America (Live At NYC Oct 2001)
8 The London Boys (Bowie Net Show Only Roseland 19th June 2000)
9 I Dig Everything (Bowie Net Show Only Roseland 19th June 2000)
10 Can’t Help Think About Me (Storytellers 1999)
11 The London Boys (Re-Play At BBC Concert On 27th June 2000)
12 I Dig Everything(Re-Play At BBC Concert On 27th June 2000)

Bonus Tracks
13 Heroes (Tibet House Benefit Concert 2001:Rehearsal)
14 Heroes (Tibet House Benefit Concert 2001:Rehearsal)
15 Can’t Get Thinking About Me (BBC Radio One Concert 2007)



デヴィッド・ボウイ
LIVE AT MIDNIGHT
GLASTONBURY FESTIVAL 2000
SVAC009CD1/2
SBD
2CD
\2,400
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


デヴィッド・ボウイ追悼S&Vアーカイブ・コレクション・シリーズよりプレス盤CDタイトル最新作が緊急入荷!
コンプリート収録は初となる2000年グラストンベリー・フェスティバルでのライブが2016年BBCラジオ放送マスターを元に最新デジタル・リマスター完全版で登場!!”ベスト・エバー・モーメンツ”と絶賛されたこの日のステージはボウイ自身にとっても71年以来の同フェス出演で当時の若き姿を彷彿させるロング・ヘアーで熱演を繰り広げた今となっては伝説のライブです。この時期のライブ披露として珍しい「アブソルート・ビギナーズ」やスロー・アレンジの「レッツ・ダンス」等セットリストも注目でその一部は当時からラジオやTV放送もされていますが今回はオープニングからラストまでDJトークも入らず実際の放送より長いBBCマスター音源で初の全曲完全収録。音質も文句なしの完璧クオリティでボーナス・トラックとして同年ニューヨークでのYAHOOミュージック・アワードでピアノだけをバックに披露された2曲も収録。2CDプレス盤による永久保存のマスト・アイテム。今あらためて感動の涙を誘う大推薦タイトル決定版の登場です!

GLASTONBURY FESTIVAL 2000 Live at Glastonbury Festival,
Worthy Farm, Pilton Somerset, Glastonbury U.K. 6-25-2000
Complete Broadcast by BBC Radio 6 on 1-17-2016

DISC 1
01. OPENING 02. WILD IS THE WIND 03. CHINA GIRL 04. CHANGES 05. STAY 06. LIFE ON MARS?
07. ABSOLUTE BEGINNERS 08. ASHES TO ASHES 09. REBEL REBEL 10. LITTLE WONDER 11. GOLDEN YEARS
12. FAME 13. ALL THE YOUNG DUDES 14. THE MAN WHO SOLD THE WORLD

DISC 2
01. STATION TO STATION 02. STARMAN 03. HALLO SPACEBOY 04. UNDER PRESSURE 05. ZIGGY STARDUST
06. "HEROES" 07. LET'S DANCE 08. I'M AFRAID OF AMERICANS
YAHOO INTERNET MUSIC AWARDS along with Mike Garson on keyboards Live at Studio 54, New York, NY, U.S.A. 7-24-2000
09. WILD IS THE WIND 10. LIFE ON MARS?

David Bowie - vocals, acoustic guitar, harmonica Earl Slick - lead guitar Mark Plati - rhythm guitar, acoustic guitar, bass guitar
Gail Ann Dorsey - bass guitar, guitar, clarinet, vocals Sterling Campbell - drums, percussion Mike Garson - keyboards, piano
Holly Palmer - percussion, vocals Emm Gryner - keyboard, clarinet, vocals



デヴィッド・ボウイ
ASTORIA 1999
DEN-090/091
SBD
2CD
\7,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


■わずか8公演の短期ツアーから1999年12月2日ロンドンはアストリア公演を完全収録。
■バリバリのサウンドボード音源で完全収録。
■『Hours』収録曲はこのツアーでのみのレア・ナンバー
■ボーナストラックではこの時期出演のテレビ・スタジオ・ライヴを収録

ボウイはそのキャリアにおいて、けしてアルバムごとにツアーを行っていたわけではないが、90年代以降は、ほぼアルバムに伴うツアーを敢行している。1999年に行なわれたツアーは、アルバム『Hours』に伴うもので、ツアー・タイトルもそのままHours Tourと言う。この頃のボウイは、アルバムのプロモーションのため、テレビ出演を数多くこなしているが、このHours Tourはボウイのキャリアにおいて、最も少ない本数のツアーとなったのである。ツアーと呼ぶには心もとない、わずか8公演のみなのである。これはボウイにしては異例のことで、本来ツアーを行なう予定ではなかったのが、プロモーション側の要請で短期日程を急遽決めたというのが真相ではないだろうか。

1999年10月9日 ロンドン1999年10月10日 ダブリン1999年10月14日 パリ1999年10月17日 ウィーン1999年11月19日 ニューヨーク 1999年12月2日 ロンドン1999年12月4日 ミラノ 1999年12月7日 コペンハーゲン


本作は、そのわずか8公演の短期Hours Tourより、1999年12月2日ロンドンはアストリア公演をバリバリのサウンドボードで完全収録している。音質はこのままライヴ・アルバムとして通用するくらいのハイ・クオリティで、このツアーを代表するのみならず、ボウイのコレクターズ・アイテムの中でも屈指の音質を誇る。特にヴォーカルの生々しさは格別で、ボウイがすぐそこで歌っているような錯覚に陥るほどである。各ツアーを収集している人にとってもHours Tourは本作があれば事足りるであろう。コンサートは静かな「Life On Mars」で開幕する。会場のざわめきを美しいピアノのイントロで一瞬にして上品な熱狂に変えてしまう。このような派手さとは無縁のオープニングも趣があって素晴らしい。特に歌詞の「she's lived it ten times or more」の部分をゆっくり登り詰めるように歌うところなど、くぅ~たまらんという感じである。そして1990年ツアーでは下げて歌っていたキメの「ライフォンマ~♪」はきちんと上げて歌っているのがポイント高い。しかもバックはピアノのみのシンプルな演奏で、時折アクセントで入れるピアノの連打がクラシカルな雰囲気を醸している。驚くのは、最初ボウイのみで歌っていたのが、2番の歌詞の「Cause Lennon's on sale again」の部分から会場が一体となって歌い出すのである。ミックスの関係なのか、非常に効果的かつ感動的なテイクとなっている。そして2曲目には、なんと「Word On A Wing」である。これまた大空を翼いっぱに広げて飛び交うような美しく壮大な曲を1999年に突如演奏するとは。この曲はボウイの曲の中でも最高傑作のひとつであり、リリースされた1976年のツアーとVH1のストーリーテラー単発、そしてこのHours Tourでのみ演奏されたレア・ナンバーである。ほぼオリジナルに近いアレンジで、女性コーラスも同じように入る。ボウイはいくぶん声を低めに歌っているが曲の魅力を削ぐものではけしてない。残念なのはピアノの代わりにギターを前面に押し出した演奏だという点である。オリジナルにあったあの印象的なピアノがない、それだけにやはりスタジオ・バージョンを凌駕するとは言い難いが、発表から四半世紀後のボウイがステージで再演という事実だけで感動してしまう。「Ashes To Ashes」はフェイドアウトせずきちんとエンディングまでしめる。あの浮遊感も完璧に再現されており、シンプルながら味のある演奏となっている。「China Girl」はベースをブンブン唸らせる重厚感あるアレンジで演奏されている。東洋的な雰囲気のあったオリジナル・バージョンから一転、スピード感あふるるハードなロックに生まれ変わっているのが面白いではないか。まるでリード・ベースのような感じである。続いてアコースティックでイントロが奏でられる。一瞬メロディからTIN MACHINEの「I Can Read」かと思わせられるが、意外や演奏するのは「Always Crashing In The Same Car」であった。客席も最初何の曲かわからず、歌詞が始まって初めて歓声が上がっている。「Drive In Saturday」はジギー時代からステージでボウイが好んで歌っている曲であり、その時々のツアーで異なるアレンジが聴き比べられる稀有な曲である。1999年バージョンは女性コーラスとギターを主体としたスロー・ロック・ナンバーとなっている。そして本来は2曲目に演奏した「Word On A Wing」と続けて演奏して欲しかった「Stay」である。イントロ・フレーズのギターとは別にリード・ギターがオリジナルとは大幅に異なる不気味な音を奏でており、そのイントロの合間を縫ってボウイが「ワン!トゥ!スリー!フォー!」とカウントを入れて曲に入る箇所がたまらなくカッコいい。曲の後半は長いベースとギターソロが加えられている。「Changes」は会場全体が歌っているのがわかるボウイ・クラシクスである。そしてエンディングのピアノに誘われる形のメドレーで「Rebel Rebel」が始まる。歪んだギターでお馴染みのリフを繰り返すバックに対し、ボウイは少々押され気味だ。コンサートの最後は「I’m Afraid Of Americans」である。これは会場で聴かないとわからないのだが、非常に低音を効かせたアレンジで、客席にいる人たちの腹にズンズン響くアレンジで聴衆を圧倒する曲なのである。ここでもサビの部分で迫力ある野太いベース音をドラムが補強している様子がバッチリ収録されている。そしてツアーがサポートするニュー・アルバム『Hours』からは、6曲と、アルバムの半分以上の曲を演奏しているのも現役アーティスト感バリバリである。『Hours』の収録曲は、Heathernツアーで「Survive」が演奏された以外、この後のツアーでも演奏されることがなく、全てがこのツアーのみのレア曲と言える。流石に直近のアルバムなだけあってアレンジに大幅な変更はなく完全再現になっている。きらびやかなアコースティック・ギターが美しいアルバムのオープニング・ナンバー「Thursday Child」。アルバム通り女性コーラスが薄っすらと入る。このために女性コーラスをステージに導入し、それが他の古い楽曲のアレンジにも活かされているといえるだろう。「Survive」「Seven」も同系統のスロー・バラードである。同じアルバムからか、類似の雰囲気は否めない。しかし「Can’t Help Thinking About Me」は一転、疾走するドラムに乗せて軽やかにヴォーカルを乗せるボウイならではの曲調である。少し鼻にかかったような歌いまわしをしている。冒頭で、1999年『Hours』リリースに伴い、プロモーションのためにツアーと平行してテレビ出演を数多くこなしたと書いたが、ディスク2の後半はこの時期に出演したテレビのスタジオ・ライヴを収録している。まず最初は199年10月4日デヴィッド・レターマン・ショウにおけるパフォーマンス「Something In The Air」である。この日はこの1曲のみの演奏であった。続いて1999年10月9日、これだけはテレビではなく、通常ツアーの一環でロンドンはウェンブリー・スタジアムで行なわれた「NetAid」からのサウンドボード音源である。本編で演奏された完全セットリストの中から、中継された6曲を収録している。次に1999年11月17日ロージー・オドネル・ショウで演奏した2曲「Thursday’s Child」と「China Girl」である。時間が限られている場合はプロモーションを兼ねた新曲と、客ウケする過去の代表曲を演奏するケースが多いが、この時もその例に漏れず、新曲プラス旧曲の組み合わせとなっている。最後が12月4日ジュールズ・ホーランドへの出演である。この番組では4曲演奏しているのだが、「Ashes To Ashes」と「Cracked Actor」という旧曲で、「Somethin In The Air」と「Survive」という新曲を挟む構成となっている。出来れば実際のコンサートで演奏していない新曲をテレビのスタジオ・ライヴならではで演奏して欲しかったところだが、アルバムと同時にツアーのプロモーションの性格もあったのだろう。ボウイの1999年Hoursに伴うわずか8公演の短期ツアーから、12月2日ロンドンはアストリア公演を、このままライヴ・アルバムにしても遜色がないバリバリのサウンドボードで完全収録。この時期ならではのアレンジで披露された曲から、このツアーでしか演奏されていない『Hours』収録の曲まで、1990年代のキムタクのような髪型をしたボウイのパフォーマンスが生々しい音像で収録されている。またボーナストラックには1999年精力的に出演したテレビでのスタジオ・ライヴを収録し、このツアーの代表盤となっている。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

THE ASTORIA LONDON U.K. December 2, 1999
DISC ONE 01. Life On Mars? 02. Word On A Wing 03. Thursday’s Child 04. Ashes To Ashes 05. Survive06. Can’t Help Thinking About Me 07. China Girl
08. Always Crashing In The Same Car 09. Something In The Air 10. Drive In Saturday11. Stay 12. Seven 13. Changes 14. Rebel Rebel 15. Repetition

DISC TWO 01. The Pretty Things Are Going To Hell 02. Cracked Actor 03. I’m Afraid Of Americans

DAVID LETTERMAN SHOW October 4, 1999 04. Something In The Air

NETAID WEMBLEY STADIUM October 9, 1999 05. Life On Mars? 06. Survive 07. China Girl 08. The Pretty Things Are Going To Hell
09. Drive In Saturday 10. Rebel Rebel

ROSIE O’DONNELL SHOW November 17, 1999 11. Thursday’s Child 12. China Girl

LATER WITH JOOLS HOLLAND December 4, 1999 13. Ashes To Ashes 14. Something In The Air 15. Survive 16. Cracked Actor



デヴィッド・ボウイ
THE HOURS TOUR 1999
WR-360
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


”デヴィッド・ボウイ”1999年リリースのアルバム「’HOURS…’」を引っさげたザ・アワーズ・ツアーよりロンドンでのステージを高音質サウンドボード音源(2枚組)で収録したタイトルが登場!

本タイトルは、デヴィッド・ボウイの1999年ザ・アワーズ・ツアーよりロンドン・アストリア・シアターでのステージを完全収録した迫力のタイトルです。前述のアルバムからのナンバーに過去のヒット曲が散りばめられたセット・リストはボウイだけにストーリー性があり刺激的です!ザ・アワーズ・ツアーのサウンドボード音源は、あまり出回っていないだけにボウイの歴史の中でも貴重な時期のオススメのライブ盤です!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Astoria Theatre ,London,UK, December 2, 1999.

DISC ONE
01. Life On Mars / 02. Word On A Wing / 03. Thursday's Child / 04. Ashes To Ashes / 05. Survive / 06. Can't Help Thinking About Me
07. China Girl / 08. Always Crashing In The Same Car / 09. Something In The Air

DISC TWO
01. Drive-In Saturday / 02. Stay / 03. Seven / 04. Changes / 05. Rebel Rebel / 06. Repetition / 07. The Pretty Things Are Going To Hell
08. Cracked Actor / 09. I'm Afraid Of Americans



デヴィッド・ボウイ
RADIO CITY MUSIC HALL 1997
WR-423
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


“デヴィッド・ボウイ”1997年、GQマン・オブ・ザ・イヤー・アワードでのステージを高音質スタジオ・サウンドボード音源(2枚組)で収録した貴重なタイトルが登場!

本タイトルは、音楽誌GQマン・オブ・ザ・イヤー選出記念に行われたライブを収録した貴重なタイトル。アルバム「EARTHLING」リリースに伴うワールド・ツアー終盤に行われたライブだけに、約90分に凝縮されたセット・リストは圧巻です!ちょうど50歳を迎え、円熟したステージを展開するボウイの魅力満載、オススメのコレクターズ・アイテムです!!

SOURCE: EXCELLENT STUDIOS SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Radio City Music Hall, New York City, NY, October 15, 1997.

DISC ONE
01. Dennis Miller Introduction / 02. Always Crashing In The Same Car / 03. Panic In Detroit / 04. Waiting for The Man / 05. My Death
06. The Jean Genie / 07. I'm Afraid Of Americans / 08. Seven Years In Tibet

DISC TWO
01. Looking For Satellites / 02. Under Pressure / 03. Fashion / 04. The Man Who Sold The World / 05. Battle For Britain (The Letter)
06. Stay / 07. Little Wonder / 08. Hallo Spaceboy / 09. Moonage Daydream



デヴィッド・ボウイ
THE BRIDGE BENEFIT
AS-109
PRO-SHOT
1DVD
\2,970
個数


デヴィッド・ボウイの1996年10月に出演した「ブリッジ・スクール・ベネフィット」でのライブをプロショットにてカップリングにて完全収録。このライブではボウイ、ゲイル・アン・ドルシー、リーヴス・ガブレルスの3人編成での出演となっております。各日ともセットリストを若干変えておりファンは見逃せません。90年代のボウイはちょっと苦手と言うファンの方にも見ていただきたいオススメの1枚!

ボーナストラックとしてティン・マシーン時代の1989年6月24日のアムステルダム公演より5曲、1991年の「サタデー・ナイト・ライブ」出演時の2曲を追加収録。

海外GOD FATHER系 レーベルよりデジパック、プレスDVD。

MOUNTAIN VIEW, SHORELINE AMPHITHEATRE, OCTOBER 20, 1996
1.ALADDIN SANE 2.THE JEAN GENIE 3.I CAN'T READ 4.THE MAN SOLD THE WORLD 5.CHINA GIRL 6."HEROES" 7.WHITE LIGHT, WHITE HEAT

MOUNTAIN VIEW, SHORELINE AMPHITHEATRE, OCTOBER 19, 1996
8.ALADDIN SANE 9.THE JEAN GENIE 10.I CAN'T READ 11.THE MAN WHO SOLD THE WORLD 12."HEROES" 13.LET'S DANCE

EXTRA FEATURE
TIN MACHINE
AMSTERDAM, PARADISO, JUNE 24, 1989
1.HEAVEN'S IN HERE 2.WORKING CLASS HERO 3.I CAN'T READ 4.BABY CAN DANCE 5.UNDER THE GOD

SATURDAY NIGHT LIVE 1991
1.BABY UNIVERSAL 2.IF THERE IS SOMETHING



デヴィッド・ボウイ
LIVE OUTSIDE : LORELEY FESTIVAL 1996
SVAC005BDR
PRO-SHOT
1BLU-RAY-R
\2,900
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)
個数


2016年デヴィッド・ボウイ追悼で急遽放送された96年ロックパラスト・ローリー・フェスティバルをHDマスター・クオリティで完全収録。これまでその一部しかHDクオリティでは放送しておらず高画質HDでのTVコンプリート放送は初登場。アウトサイド96年ヨーロッパ・ツアーからのコンサート完全収録として見逃せない定番ライブ・プロショット映像が超美麗クオリティで収録された待望の決定版ブルーレイ・アイテム!

Live at Rockpalast Loreley Open Air Festival, St. Goarshausen, Germany June 22, 1996

INTRODUCTION LOOK BACK IN ANGER SCARY MONSTERS (AND SUPER CREEPS) DIAMOND DOGS THE HEART'S FILTHY LESSON OUTSIDE ALADDIN SANE ANDY WARHOL THE VOYEUR OF UTTER DESTRUCTION (AS BEAUTY) THE MAN WHO SOLD THE WORLD TELLING LIES BABY UNIVERSAL HALLO SPACEBOY BREAKING GLASS WE PRICK YOU JUMP THEY SAY LUST FOR LIFE UNDER PRESSURE “HEROES” WHITE LIGHT/WHITE HEAT MOONAGE DAYDREAM ALL THE YOUNG DUDES

David Bowie (vocal) Reeves Gabriels (guitar) Mike Garson (keyboards) Gail Ann Dorsey (bass, vocal) Zach Alford (drums)
TV Rebroadcast 2016 mdrAKTUELL

NTSC 16:9 HD 1920x1080 LPCM Stereo time approx. 100min.



デヴィッド・ボウイ
LORELEY FESTIVAL 1996
helden DEN-097/098
SBD
2CD
\7,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


■1996年6月22日ローレライ・フェスを完全収録
■完璧な高音質サウンドボード音源
■1996年7月9日ローマ公演もサウンドボードで併録

ボウイは1995年にアルバム『アウトサイド』をリリースする。『BLACK TIE WHITE NOISE』に続く新たなコンセプトアルバムとして、アルバムのイメージ通り、短く刈り上げた髪、おどろおどろしいメイクのボウイが印象的な時代であった。ブライアン・イーノとの久しぶりのコラボも話題となったアルバムである。
リリースが19959月25日であり、アルバムに伴うOUTSIDE TOURはそのリリースを待たず1995年9月14日から始まっている。このツアーは非常に大規模なもので、翌1996年2月まで継続され、実に68公演を数える。
OUTSIDE TOURの成功を受け、一旦中断したツアーは1996年6月より再開される事になった。その最初の地が日本であり、東名阪のみならず広島や小倉、福岡などでも大人数を動員し、実際にこの時体験したファンも多いのではないだろうか。ボウイ史的には、この時再開されたツアーはOUTSIDE TOURと区別する意味でOUTSIDE SUMMER FESTIVALS TOURと呼ばれている。このツアー・タイトルは、日本公演に続く欧州ツアーの出演が、主に各種フェスティヴァルのステージをメインにした事に由来する。このような数多くのロック・フェスが各国各地で行なわれていたのに驚かされるが、本作はその中のひとつ、1996年6月22日ドイツで行なわれたローレライ・フェスをサウンドボードで完全収録している。

アルバム『アウトサイド』に伴うツアーでありながら、アウトサイド色は希薄で、どちらかといえば、この時代、この時のボウイの解釈によるボウイ・クラシクスのステージといった趣となっている。ボウイの場合、曲が発表された時期の新旧にあまり意味はなく、新曲の発表は自分の曲を累積していく作業に過ぎず、その時々のステージでは膨大なカタログの中からその時最も自分の表現欲を満たす楽曲を選択している感じである。なにせ一曲目が「怒りをこめてふり返れ」というのも面白い選曲ではないか。このツアーでもTIN MACHINEのReeves Gabresが同行しており、随所に激しいギターが組み込まれ、ハードさが前面に出されたアレンジとなっているのが特長である。途中にブレイクを入れ、すっかりOUTSIDEっぽい楽曲に変貌しているのが興味深い。3曲目の「Diamond Dogs」も硬質なアレンジで犬が唸るような声が効果音として加えられており、やはりOUTSIDEにそのまま収録しても違和感のないものとなっている。これぞ1996年のボウイ的解釈であろう。

注目は「Andy Warhol」である。古い70年代初頭の曲に大胆なアレンジを施し、全く異なる楽曲として再演されている。出だしはアカペラに近い状態から、突如アップ・テンポになり、女性コーラスやピアノソロなどが挿入されるという、原曲のぶち壊し具合である。それは「世界を売った男」も同様で、こちらは逆にギターが印象的だった原曲に対し、静かなバラード的なアレンジと変貌している。TIN MACHINEの「Baby Universal」もまた興味深い選曲である。元々TIN MACHINEはボウイのソロと一線を画したプロジェクトであったはずだが、ここでは同列の扱いでセットインしている。TIN MACHINEのライヴと比較してハードさは影を潜め、ボウイのヴォーカルを際立たせたアレンジとなっている。ボウイは曲によって声色を使い分けており、この曲では明らかにTIN MACHINEの頃の発声を意識しているのが面白い。

個人的には「Jump They Say」が萌える選曲である。アルバム『BLACK TIE WHITE NOISE』発表時にツアーは行なわれなかったため、このアルバム収録曲のライヴ演奏というのは非常にレア、これがその1曲である。およそライヴ向けとは言えない曲であるが、それでも苦しいながら何とか元曲の再現がなされている。コンサートのエンディングはかなり古い曲、ボウイのメルクマールとも言うべき楽曲で締めくくられる。ほぼオリジナル通りの「Heroes」に続き、ジギー・ツアーではコンサートの終盤のハイライトであった「White light White Heat」。そして「月世界の白昼夢」である。この曲もアレンジを大幅に変え、後半のギターソロの部分に長く時間がとられている。実に濃密な世界観が展開されている名演といえよう。コンサートの最後は「すべての若き野郎ども」である。最後ひとつ前に重い楽曲を置き、最後にふっと軽く抜いた曲で終えるのはボウイのステージの特徴である。この日は最後に会場全員が一体となれる切ない「すべての若き野郎ども」という完璧な構成で胸がいっぱいになる。

本作は、ローレライ・フェスと同時に、ディスク2の後半にもうひとつ同ツアーより、1996年7月9日ローマ公演を、これもまたサウンドボードで収録している。当時FMで放送されたもので、こちらも音質はサウンドボードで完璧である。放送された時点で完全収録ではなく、またイタリア語のDJが被さるが、このツアーの貴重なサウンドボード音源として併録している。

OUTSIDE SUMMER FESTIVALS TOURから1996年6月22日ローレライ・フェスにおけるステージをサウンドボードで完全収録。さらに同ツアーより1996年7月9日ローマ公演も不完全ながらサウンドボードで収録。このツアーにおける決定盤であろう。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

LORELEY FESTIVAL St. Goarshausen Germany June 22, 1996

DISC ONE
01. Introduction 02. Look Back In Anger 03. Scary Monsters 04. Diamond Dogs 05. The Hearts Filthy Lesson 06. Outside
07. Aladdin Sane 08. Andy Warhol 09. Voyeur Of Utter Destruction 10. The Man Who Sold The World 11. Telling Lies
12. Baby Universal 13. Hallo Spaceboy 14. Breaking Glass 15. We Prick You 16. Jump They Say 17. Lust For Life 18. Under Pressure

DISC TWO
01. "Heroes" 02. Whitelight White Heat 03. Moonage Daydream 04. All The Young Dudes

Curva Sud dello Stadio Olimpico Rome Italy July 9, 1996
05. Look Back In Anger 06. Scary Monsters 07. The Heart's Filthy Lesson 08. Outside 09. Aladdin Sane 10. Voyeur Of Utter Destruction
11. The Man Who Sold The World 12. Hallo Spaceboy 13. Breaking Glass 14. Telling Lies 15. Jump They Say 16. Under Pressure
17. "Heroes"



デヴィッド・ボウイ
Outside Live 1995
WR-151
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


“デヴィッド・ボウイ”1995年リリースのアルバム「OUTSIDE」に伴うTHE OUTSIDE TOURよりセントルイスでの
ステージを高音質サウンドボード音源(2枚組)で収録したタイトルがが登場です!

本タイトルは、1995年の「THE OUTSIDE TOUR」の中でもベスト・ライブ・アクトとして有名なセントルイス公演を余すところなく収録した貴重なタイトル!
このツアーからセット・リストに組み込まれたクィーンとの大ヒット曲「UNDER PRESSURE」は大感動!
このツアーのサウンドボード音源は、ほとんど出回っていないだけに必聴です!!

Source: Excellent Studio Soundboard Recordings.
Live at Riverport Amphitheatre, St. Louis, MO, October 11, 1995.

DISC ONE
01. Outside / 02. Scary Monsters / 03. Reptile / 04. Hallo Spaceboy / 05. Hurt / 06. Look Back In Anger / 07. I’m Deranged 08. The Heart’s Filthy Lesson / 09. The Voyeur Of Utter Destruction / 10. I Have Not Been To Oxford Town

DISC TWO
01. Outside / 02. Andy Warhol / 03. Breaking Glass / 04. The Man Who Sold The World / 05. We Prick You / 06. Joe The Lion 07. A Small Plot Of Land / 08. Nite Flights / 09. band introductions / 10. Under Pressure / 11. Teenage Wildlife 12. Strangers When We Meet




デヴィッド・ボウイ
Finish Off Old Phase
HELDEN DEN-10/11
SBD
2CD
\7,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


デヴィッドボウイの専門レーベルHELDENが放つ第6弾は、1990年サウンド・アンド・ヴィジョン・ツアーより、1990年8月5日ミルトン・キーンズ公演を高音質サウンドボード完全収録のタイトルになります。

CD時代になっても尚、名盤と謳われたボウイの70年代のカタログが長らく廃盤となっていましたが、遂1990年、ライコからボーナストラック付で次々に再発されていきました。

その嚆矢となったベスト的な内容のBOXと共に、過去のボウイの名盤の数々が再発されるとあって、当時は日本のみならず世界中でボウイを特集した雑誌が発行され、ロックファンの間でも一種のブームが起こりました。そしてその過去カタログのリリースに合わせて行なわれたのが、本作に収録されているサウンド・アンド・ヴィジョン・ツアーです。
このツアーに当たってはニューアルバムはリリースされておらず、完全に過去を清算する意味合いの込められたツアーで、ボウイ自身「このツアーを最後に過去の楽曲はステージで二度と演奏することはない。封印する」というような事を語っていました(これが宣伝文句なのは明らかで、またかよと当時から信用されていませんでしたが)。 
よってそのツアーの性質上、演奏曲はすべて過去に発表した曲で占められており、まさにベスト・ヒットといえるもの。当時ロッキング・オンのインタビューで「僕にはストーンズやビートルズみたいにシングルヒットはないからね」と謙遜していたものの、今まで廃盤だったアルバムが再発になったのみならず、日本公演まで行なわれたとあって、日本でも何度目かのボウイ・ブームが起こったのも記憶に新しいところです。

ベートーベンの「歓喜の歌」から、玉を転がすような「Space Oditty」のイントロに移る瞬間の高揚感は実に素晴らしいオープニングです。ストーンズの「Satisfaction」にインスパイアされたかのような「Rebel Rebel」、浮遊感溢れる「Ashes To Ashes」など、ボウイ・クラシックがこれでもかというくらいに次々と演奏されており、このようなステージは変化を信条とするボウイには珍しいといえるでしょう。
「Life On Mars?」ではサビの部分を下げて歌うのには面喰いましたが、この惚れ惚れする美しさは格別。80年代の新たな代表曲「Let’s Dance」や「Blue Jean」なども織り交ぜ、最後は「Modern Love」で締めくくるというのも、このツアーがただ再発に合わせたものではなく、ベスト選曲をするという意志の表れでしょう。

1990年をほぼ1年使って日本を含む世界中を回ったこのサウンド・アンド・ヴィジョン・ツアーは、ほぼ同一の選曲で進行しましたが、それでも、セットリストにマイナーチェンジは行なわれており、本作のボーナストラックでは、メインのミルトン・キーンズ公演では演奏されなかった同ツアーの楽曲を収録しています。4月3日パリ公演からは「John I’m Only Dancing」「Alabama Song」、4月17日ローマ公演から「TVC15」「Be My Wife」「Golden Years」、4月22日ドルトムント公演から「Queen Bitch」、そして5月16日東京公演より「Star Man」「Panic In Detroit」、そしてやはりこの曲がラストでしょう「Rock And Roll Suicide」を収録しています。
このツアーはボウイ自身ライヴ・アルバムをリリースする意向であったと言われていますが、残念ながら結局未リリースのまま。しかし本作は完璧なサウンドボード音源で収録されており、同ツアーの他のサウンドボード音源、リオ公演などと比べても、音の広がりや輪郭の鮮明さ、何より演奏の密度といった観点から大きく抜きん出た、このツアーでは最高の音質。
このままオフィシャル・リリースしても通用するクオリティで収録されています。

ボウイが意図したライヴ・アルバムは、まさに本作のようなものになるのではないでしょうか。 1990年ミルトン・キーンズ公演を、まるでロスト・ライヴ・アルバムのような完璧なサウンドボードで完全収録した本作は、ボーナストラックの充実もあって、このツアーで本作さえあれば他は不要といった完成度になっています。もちろん美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤です!!

The Milton Keynes Bowl Milton Keynes U.K. August 5, 1990

DISC ONE
01. Ode To Joy
02. Space Oditty
03. Rebel Rebel
04. Ashes To Ashes
05. Fashion
06. Life On Mars?
07. Pretty Pink Rose
08. Sound And Vision
09. Blue Jean
10. Let's Dance
11. Stay
12. Ziggy Stardust
13. China Girl
14. Station To Station
15. Young Americans
16. Suffragette City
17. Fame

DISC TWO
01. Heroes
02. Changes
03. The Jean Genie – Gloria
04. White Light White Heat
05. Modern Love

PALAIS OMNISPORTS BERCY PARIS FRANCE APRIL 3, 1990
06. John I'm Only Dancing
07. Alabama Song

PALAUER ROME ITALY APRIL 17, 1990
08. TVC15
09. Be My Wife
10. Golden Years

WESTFALENHALLE DORTMUND GERMANY April 22, 1990
11. Queen Bitch

TOKYO DOME TOKYO JAPAN MAY 16, 1990
12. Star Man
13. Panic In Detroit
14. Rock And Roll Suicide




デヴィッド・ボウイ
SOUND+VISION JAPAN TOUR 1990
SVAC006BDR1/2
PRO-SHOT
2BLU-RAY-R
\3,800
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)
個数


1990年サウンド+ヴィジョン・ジャパン・ツアー東京ドーム公演がコンプリート・バージョンとTVブロードキャスト・バージョンをあわせた2枚組究極エディションで登場。デヴィッド・ボウイ自ら過去を封印すると宣言しオールタイム・グレイテスト・ヒット・ツアーとなったこの時のライブ映像は当時TV放送もされましたが数曲カットされた編集バージョンでした。今回は編集前のコンプリート・バージョンとTV放送バージョン両方をカップリング。当時の放送はSD(スタンダード)画質でしたがHDコンバートによるベスト・クオリティでブルーレイ収録。”ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ”として今となってはあらためて感動もののファン必見ライブ映像決定版です。

Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan May 16, 1990

DISC ONE
COMPLETE VERSION
SPACE ODDITY CHANGES TVC 15 REBEL REBEL BE MY WIFE ASHES TO ASHES STARMAN FASHION LIFE ON MARS? BLUE JEAN LET'S DANCE STAY BAND INTRODUCTION CHINA GIRL SOUND AND VISION ZIGGY STARDUST STATION TO STATION YOUNG AMERICANS SUFFRAGETTE CITY FAME "HEROES" PANIC IN DETROIT PRETTY PINK ROSE MODERN LOVE THE JEAN GENIE ROCK'N'ROLL SUICIDE

DISC TWO
TV BROADCAST VERSION
SPACE ODDITY CHANGES TVC 15 REBEL REBEL BE MY WIFE ASHES TO ASHES STARMAN LIFE ON MARS? BLUE JEAN LET'S DANCE BAND INTRODUCTION CHINA GIRL SOUND AND VISION ZIGGY STARDUST STATION TO STATION YOUNG AMERICANS SUFFRAGETTE CITY FAME "HEROES" MODERN LOVE THE JEAN GENIE ROCK'N'ROLL SUICIDE

David Bowie - vocals, guitar, saxophone Adrian Belew - guitar, backing vocals Erdal Kizilcay - bass, backing vocals Rick Fox - keyboards, backing vocals Michael Hodges – drums

Unreleased Pro-Shot / TV Broadcast NTSC 16:9 SD/HD 1920x1080 LPCM Stereo time approx. 119 / 90min.



デヴィッド・ボウイ
TOKYO 1990
MDNA-13039
SBD/AUD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


ボウイの1990年5/16東京ドーム公演を、超高音質サウンドボード録音で収録。
キャリアの総決算、ひいては過去との決別を果たすという意味合いでおこなわれた『Sound+Vision』ワールドツアーの決定的な音源として、ファンの間では古くから有名な流出ステレオSBDソースですが、「Fashion」「Station To Station」「Stay」「Panic In Detroit」「Pretty Pink Rose」がマスターから欠落していました。
本作では、別ソースの高音質音源より前述欠落していた5曲をボーナストラックとして追加収録、伝説の東京ドーム公演を全曲楽しむことが出来るという塩梅です。

◆Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 16th May 1990 STEREO SOUNDBOARD RECORDING

(Disc 1)
01. Ode To Joy 02. Space Oddity 03. Changes 04. TVC 15 05. Rebel Rebel 06. Be My Wife 07. Ashes To Ashes 08. Starman 09. Life On Mars? 10. Blue Jean 11. Let's Dance 12. China Girl

(Disc 2)
01. Sound & Vision 02. Ziggy Stardust 03. Young Americans 04. Suffragette City 05. Fame 06. Heroes 07. Modern Love 08. The Jean Genie – Gloria 09. Rock'n'Roll Suicide Bonus Tracks: 10. Fashion 11. Station To Station 12. Stay 13. Panic In Detroit 14. Pretty Pink Rose

◇Personnel; David Bowie (vocals, guitar, saxophone) Adrian Belew (lead guitar) Michael Hodges (drums) Erdal Kizilcay (bass) Rick Fox (keyboards)



デヴィッド・ボウイ
Sound + Vision Tour Rehearsals
helden DEN-18/19
SBD
2CD
\7,400
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)
個数


デヴィッドボウイの専門レーベルHELDENが放つ初登場音源! 1990年サウンド・アンド・ヴィジョン・ツアーに向けて行なわれた、ツアーリハーサルを収録しています。

このツアーは完全に過去を清算する意味合いの込められたツアーで、ボウイ自身「このツアーを最後に過去の楽曲はステージで二度と演奏することはない。封印する」というような事を語っていました。よってそのツアーの性質上、演奏曲はすべて過去に発表した曲で占められており、まさにベスト・ヒットといえるもの。ディスク1はロケーションが不明ながら、初登場サウンドボード音源、1990年1月20日に行なわれたリハーサルが収録されています。まだ初期段階のリハーサルで、過去何度も演奏してきた曲とはいえ、非常にラフで未完成。曲のエンディングやパートを確認しつつ、ツアーならではのアレンジを模索している様子が伺えます。興味深いのは「気のふれた男優」を演奏している点です。まだ初期段階の顔合わせ的なリハーサルなだけに、どの曲をステージで採用するか、とりあえず演奏してみようと思ったのでしょう。しかしながら、ディスク2に収録の一か月後のリハーサルでは既にセットから外されており、ツアーが始まっても最後まで演奏されることはありませんでした。この音源が発掘されるまで、「気のふれた男優」が初期段階とはいえセットに加えられる可能性があった事が明らかとなり、非常に驚いています。ディスク2は、ディスク1の約一か月後、2月のニューヨークでのリハーサルと言われているものです。ディスク1に比べ、完成度は高く、またアレンジもセットリストもツアー本番にかなり近いものとなっています。裏ジャケットにあるように、背後のスクリーンに投影されたボウイとステージ上の実物のボウイがシンクロする幻想的な「スペース・オディティ」から始まる、この段階で既にほぼ構成が固まっているように思えます。この2月のリハーサルは既発タイトルがありましたが、本作に収録の音源は、同じ音源ながらクリアで抜けが良く、その差は歴然。まさにオフィシャル級のサウンドボードで収録されています。

DISC ONE
Location Unknown January 20, 1990
01. Rebel Rebel 02. Be My Wife #1 03. Be My Wife #2 04. Be my Wife #3 05. Changes #1
06. Changes #2 07. Changes #3 08. Changes #4 09. Changes #5 10. Space Oddity 11. Changes #6 12. Queen Bitch 13. Cracked Actor 14. Jean Genie 15. funny talking 16. Ziggy Stardust #1 17. Ziggy Stardust #2 18. Member Introductions

DISC TWO
New York City NY U.S.A. Febyruary 1990
01. Space Oddity 02. Changes 03. TVC 15 04. Rebel Rebel 05. Golden Years
06. Be My Wife 07. Ashes To Ashes 08. John, I'm Only Dancing 09. Queen Bitch 10. Fashion 11. Life On Mars? 12. Blue Jean 13. Ziggy Stardust 14. Stay 15. Sound & Vision 16. Station To Station 17. Moon Of Alabama 18. Pretty Pink Rose



デヴィッド・ボウイ
&スティーヴィー・レイ・ヴォーン
Serious Strut
WR-103
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


“デヴィッド・ボウイ&スティーヴィー・レイ・ヴォーン”の2人による最初で最後の奇跡の共演音源を高音質サウンドボード音源(2枚組)で収録したタイトルが登場です!

1982年、モントルー・ジャズ・フェスティバルに、当時、まだ無名だったスティーヴィー・レイ・ヴォーン(&ダブル・トラブル)が出演、そのステージを観て度肝を抜かれたボウイが自身のキャリアの中で最大のヒットとなった1983年リリースのアルバム「LET’S DANCE」のレコーディングにギタリストとして彼を抜擢し、その後の成功へと導いた話は有名です。
本タイトルは、リリース後、大々的に行われたシリアス・ムーンライト・ツアーにスティーヴィーを迎えたリハーサル音源を高音質サウンドボード音源で収録した貴重なタイトルです!
ボウイの歴史の集大成とも言える、それまでにリリースした数々のアルバムから代表曲をチョイスしたセット・リストは今や伝説!
残念ながらスティーヴィーは直前にツアー参加を辞退しステージでの共演は幻と終わってしまっただけに、超貴重な音源です!!
ボーナス・トラックとして、「LET’S DANCE」のスティヴィー・フル・ヴァージョンを収録!!

SOURCE: EXCELLENT STUDIO SOUNDBOARD RECORDINGS.
Recorded at Las Colinas Soundstage, Dallas, TX, USA - April 27, 1983.

Disc One
01. Star
02. Heroes
03. What In The World
04. Look Back In Anger
05. Joe The Lion
06. Wild Is The Wind
07. Golden Years
08. Fashion
09. Lets Dance
10. Red Sails
11. Breaking Glass
12. Life On Mars
13. Sorrow
14. Cat People (Putting Out Fire)
15. China Girl
16. Scary Monsters (Super Creeps)
17. Rebel Rebel
18. I Can't Explain
19. White Light White Heat

Disc Two
01. Station To Station
02. Cracked Actor
03. Ashes To Ashes
04. Space Oddity
05. Young Americans
06. Soul Love
07. Hang Onto Yourself
08. Fame
09. TVC15
10. Stay
11. Jean Genie
12. Modern Love
13. Life On Mars (Mess Up)
BONUS TRACK
14. Let's Dance[feat SRV Full Version]




デヴィッド・ボウイ
Ricochet+Video EP
IRDVD-074
PRO-SHOT 71min
1DVD-R
\3,300
個数


デヴィッド・ボウイ1983年「SERIOUS MOONLIGHT TOUR」香港、バンコック、シンガポール公演時のドキュメンタリー映像が遂に登場(日本語字幕スーパー付)!

本タイトルは、ボウイの1983年「SERIOUS MOONLIGHT TOUR」香港、バンコック、シンガポール公演時の模様(オフ・ショット、インタビューなどなど)をボウイ自身の編集で制作されたフィルムであり、日本でも東京(パルコ劇場)のみで公開された超幻のドキュメンタリー作品!現在までDVDでのリリースはされておらずファンにとっては待ちに待ったリリースと言っても過言ではありません。

1983年、ボウイは古巣RCAを離れ新たにEMIアメリカにレコード会社を移籍し、3年間の沈黙を破り歴史的アルバム「LET’S DANCE」をリリース、世界的な大ヒットを記録しました。また、大島渚・監督の「戦場のメリー・クリスマス」への出演も話題となり同年、秋には5年振りの来日公演も行っています。東南アジア・ツアーでボウイ自身が何を見て、何を感じたのか?ボウイ自身が編集しただけあり、まさに生(なま)!ツアーの舞台裏までも垣間見ることの出来る貴重な作品です。

さらに、当時、ビデオ&LDのみでリリースされた「VIDEO EP」をプラス!名曲「LET’S DANCE」「CHINA GIRL」「MODERN LOVE」の3曲のプロモ・クリップを追加収録!日本語字幕スーパー付で、全編、観ごたえ満点!超オススメのタイトルです。

THE PRIVATE FILM OF DAVID BOWIE “RICOCHET”
Station To Station
Look Back In Anger
Heroes
Fame
Ricochet etc…

VIDEO EP(promo clip)
Let’s Dance
China Girl
Modern Love



デヴィッド・ボウイ
SCARY MONSTERS SESSIONS
DEN-028
SBD
1CD
\4,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


ボウイ専門レーベルHELDENより、アルバム「スケアリーモンスターズ」のスタジオ・セッション音源がリリースになります。

1980年に発表されたボウイの13枚目のアルバム「スケアリーモンスターズ」は、冷たく重いベルリン三部作の次に位置し、RCA在籍最後のアルバムです。その為、長らく廃盤の状態が続いていましたが、1991年にボーナストラックが付与されて再発になったことから、かつて名盤と呼ばれた同アルバムが再評価なされたのみならず、その後の世代にも広く受け入れられている大ヒットアルバムです。またこのアルバムがリリースされた1980年というのはボウイの男っぷりが最も輝いていた時期で、若さと才能と美貌の三拍子揃ったこの時期のボウイは、まさに天下無敵。当時、沢田研二と並んで日本で最も輝いていた男と言ってもよいでしょう。日本でもCMや映画と露出が増えていた頃です。
本作は、その「スケアリーモンスターズ」のスタジオ・セッションを収録したタイトルになります。曲目を見ただけではピンと来ないものもありますが、それらは最終的にアルバムに収録された曲の仮タイトルということで、まさにあの完成度の高いアルバムに昇華する一歩手前のスタジオ・アウトテイクが集約されているのです。「Tired Of My Life」は「It’s No Game」のデモ時におけるタイトルで、メロディも歌詞も異なる、かなり以前のテイクです。このシンプルなデモが、あのいきなり日本語で始まるあの壮大な曲に変貌するとは、この段階では想像だにつきません。「Cameras In Brooklyn」は「Up The Hill Backwards」のワーキングタイトルで、ここで聴くことが出来るのは、これもまたかなり初期段階のテイクですが、コーラスが加わったバンドによる演奏で、ラフでありながら、ほぼ完成に近い状態です。そしてタイトル曲「スケアリーモンスターズ」はヴォーカルが異なる2テイクを収録しています。その他、詳細はトラックリストを参照していただければと思います。
ボーナストラックとして、1980年9月5日アメリカのテレビショウに出演した際のライヴを2曲収録しています。ボウイの代表曲のひとつとなる「Ashes To Ashes」に加え、懐かしい「Life On Mars?」の2曲をライヴ演奏。特に「Ashes To Ashes」はリリースされて間もなく、最初期のライヴ・バージョンとして特筆されるでしょう。 ボウイの名盤「スケアリーモンスターズ」のスタジオ・セッションを集大成した本作。ボーナストラックにはリリース同年に出演したテレビライヴを収録。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤です。

recording session February - April 1980
01. Tired Of My Life (Demo for "It's No Game") 02. It's No Game (Alternate Take) 03. Cameras In Brooklyn (Early version of "Up The Hill Backwards") 04. Scary Monsters & Super Creeps (Alternate Take #1) 05. Scary Monsters & Super Creeps (Alternate Take #2)
06. Ashes To Ashes (Unreleased Disco Remix) 07. It Happens Everyday (Early Version Of "Teenage Wildlife")
08. Laser (Early Version Of "Scream Like A Baby") 09. Kingdom Come (Alternate Take #1) 10. Kingdom Come (Alternate Take #2)
11. Because You're Young (Alternate Take) 12. I Am A Laser (Recorded with the Astronettes - Different lyrics)
13. Is There Life After Marriage? (Unreleased Outtake) 14. Cool Cat (with Queen)

"Tonight" T.V. Show September 5, 1980
15. Ashes To Ashes 16. Life On Mars?



デヴィッド・ボウイ
SCARY MONSTERS CHRONICLES
WR-314
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


”デヴィッド・ボウイ”の1980年の名盤「SCARY MONSTERS」のレア音源をコンピレーションした「スケアリー・モンスターズ・クロニクルズ」が高音質サウンドボード音源で登場!

本タイトルは、”デヴィッド・ボウイ”の通算13枚目のアルバム「SCARY MONSTERS」のレア音源をまとめた非常に興味深いタイトルです。アルバム「SCARY MONSTERS」は、いわゆる、ベルリン3部作の後に制作されたアルバムであり、本来のボウイの持ち味が存分に発揮され、その後、「LET’S DANCE」などの怒涛のヒット作連発の布石となったアルバムであるのは言うまでもありません!本作は、未発表曲、オルタネイト・ヴァージョン、デモなどで、名盤の裏側を掘り下げる事が出来る、まさに究極のコレクターズ・アイテムです!復活を遂げたボウイの歴史を知る上で絶対に聴いておきたいオススメの1枚です!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
David Bowie 1980 Album “Scary Monsters” Rare Tracks + Bonus Tracks.

01. It's No Game (Alternate Take) / 02. Cameras In Brooklyn (Early Version Of "Up The Hill Backwards")
03. Scary Monsters & Super Creeps (Alternate Take) / 04. Ashes To Ashes (Unreleased Disco Remix)
05. It Happens Everyday (early Version Of "Teenage Wildlife") / 06. Laser (Early Version Of "scream Like A Baby")
07. Kingdom Come (Alternate Take) / 08. Because You're Young (Alternate Take) / 09. Tired Of My Life (demo For "It's No Game")
10. I Am A Laser (Recorded With The Astronettes - Different Lyrics) / 11. Is There Life After Marriage? (Unreleased)
12. Panic In Detroit (Re-Recorded) / 13. Crystal Japan (japanese Only Single) / 14. Alabama Song (japanese Only Single)
"Saturday Night Live", T.V. Show, USA, 15 December, 1979
15. The Man Who Sold The World / 16. Boys Keep Swinging / 17. TVC15
"Tonight" T.V. Show, USA, 5 September 1980
18. Ashes To Ashes / 19. Life On Mars



デヴィッド・ボウイ
LOW AND HEROES JAPAN TOUR 1978
WR-304
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


”デヴィッド・ボウイ”1978年、2度目の来日公演より最終日であるNHKホールでのステージを高音質サウンドボード音源で収録したタイトルが登場!

本タイトルは、1978年、2度目の来日を果たした”デヴィッド・ボウイ”のジャパン・ツアー最終日、NHKホールでのステージを収録した貴重なタイトルです。前年にリリースされた名盤「LOW」と「HEROES」を引っさげたLOW AND HEROES JAPAN TOURの最終日という事もあり観客のテンションもマックス!それに答えるかのように迫力の歌声を聴かせてくれるボウイのパフォーマンスは圧巻です!
歴史的にも超貴重なオススメのコレクターズ・アイテムです!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at the NHK Hall, Tokyo, Japan, December 12, 1978.

01. Warszawa / 02. "Heroes" / 03. Fame / 04. Beauty And The Beast / 05. Five Years / 06. Soul Love / 07. Star / 08. Hang Onto Yourself
09. Ziggy Stardust / 10. Suffragette City / 11. Station To Station / 12. TVC15



デヴィッド・ボウイ
Isolar Ii In The Court 1978
helden DEN-16/17
SBD/AUD
2CD
\7,400
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)
個数


デヴィッドボウイの専門レーベルHELDENが放つ初登場音源!
1978年ロウとヒーローズに伴うツアーにおけるヨーロッパ最終公演、7月1日ロンドンはアールズコートでのライヴを完全収録しています。しかも初登場サウンドボードでの収録ということで、マニアならずとも注目のタイトルと言えるでしょう。1978年ツアーのサウンドボードタイトルといえばテレビ放送されたもののサウンドトラックがわずかにあるのみでしたが、本作は映像落としではない流出のサウンドボード音源。前半のみしか残されていないのは残念ですが、人気の高い1978年ツアーの初登場サウンドボードが流出したということで、既にボウイ・マニアの間では話題となっている音源です。特筆すべきは「SOUND & VISION」が演奏されている点です。この曲はアルバム「LOW」からシングルカットされ、ヒットしたにもかかわらず、ツアーのセットリストに組み入れられませんでした。そんな中で、唯一演奏されたのが、このアールズコート最終日だったのです。後にも先にも、このツアーで同曲が演奏されたのは1度きり。その貴重な演奏がサウンドボードで収録されているのです。残念ながらこのサウンドボード部分は前半のみしか流出しておらず、後半は同公演のオーディエンス音源で補完して、このヨーロッパ最終公演を完全収録しています

DISC ONE SOUNDBOARD RECORDINGS
01. Warszawa 02. Heroes 03. What In The World 04. Be My Wife 05. The Jean Genie
06. Blackout 07. Sense Of Doubt 08. Speed Of Life 09. Sound and Vision 10. Breaking Glass 11. Fame 12. Beauty And The Beast

DISC TWO AUDIENCE RECORDINGS
01. Member Introductions 02. Five Years 03. Soul Love 04. Star 05. Hang On to Yourself
06. Ziggy Stardust 07. Suffragette City 08. Art Decade 09. Alabama Song 10. Station to Station 11. TVC15 12. Stay 13. Rebel Rebel



デヴィッド・ボウイ
Sula Vie Dilejo
DEN-07/08
AUD
2CD
\6,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


ELDENレーベルの4作目、デヴィッド・ボウイ1978年のワールド・ツアーより、4月21日デトロイト公演を完全収録したタイトルがリリースになります。サウンドボードの完全盤というのがない本ツアーにあって、それに匹敵する超高音質オーディエンス録音。

むしろ乾いたサウンドボードよりも音の広がりや臨場感、なにより音の近さなどを加味すると、本作の音源の方が凌駕しているといっても過言ではないくらい、素晴らしい音質です。

『STATION TO STATION』、『LOW』、『HEROES』といった、ボウイのキャリアでも重要な位置を占める名盤に伴って行なわれたツアーということもあって、1978年のワールド・ツアーは最も人気のあるツアーのひとつ。日本公演が行なわれたこともあって、実際にコンサートに行った人も多いのではないでしょうか。当時のボウイの日本での人気がかなり過熱していた様子が当時の雑誌や新聞、記事などから伺えますが、そんな華やかな報道とは裏腹に、実際のコンサートは暗く重苦しい「ワルシャワ」から始まる落ち着いたものに驚かされます。

このツアーを収録したアルバム「STAGE」が当初は実際のコンサートと前後半を入れ替えて収録されたのも、あまりに当時のロック・コンサートのイメージとは異なるオープニングだったからでしょう。もちろん現在ではこの時代の評価も固まり、実際の曲順に沿って完全収録されているのはご存知の通りです。しかしながら、オフィシャルは別とすると、このツアーからはサウンドボード音源がほとんどありません。12月の日本公演はテレビ放送されたため映像と共に素晴らしい音質のものもコレクターズ・アイテムとしてリリースされていますが、内容的には中途半端なもので、他のツアーのようにサウンドボードで完全盤というのがないという淋しい状況でした。

本作はもちろんオーディエンス収録なのですが、注目はその音質です。デトロイト連続公演となった二日目、従来も音の悪い音源が出回ってはいましたが、近年、格段に音質向上した別ソース音源が出回りました。サウンドボードがなく、音質が良いものが少ない78年ツアーにあって、従来のものを凌駕する高音質音源が表出したことは、ボウイファンの間でかなり話題になり、いち早い音盤化が望まれていました。

本作はその期待に100%応えるもので、今まで72年、74年、76年、と、それぞれのツアーを代表する名盤を排出してきたHELDENレーベルのラインナップとして、78年を代表するタイトルとなることでしょう。 1978年ツアーの超高音質音源。ボーナストラックでは1978年5月30日ブレーメンでのテレビ出演サウンドボード音源+1978年7月1日アールズ・コートのサウンドボード音源2曲を収録。このツアーを俯瞰する決定盤。美しいピクチャー・ディスクの永久保存がっちりプレス盤。

DISC ONE
01. Warszawa
02. Heroes
03. What In The World
04. Be My Wife
05. The Jean Genie
06. Blackout
07. Sense Of Doubt
08. Speed Of Life
09. Breaking Glass
10. Beauty And The Beast
11. Fame
12. Band Introductions
13. Five Years
14. Soul Love 
15. Star
16. Hang Onto Yourself
17. Ziggy Stardust
18. Suffragette City
19. Rock 'N' Roll Suicide
20. Art Decade

DISC TWO
01. Moon Of Alabama
02. Station To Station 
03. Stay
04. TVC
15 05. Rebel Rebel

BONUS TRACKS BREMEN GERMANY May 30, 1978
06. Sense Of Doubt
07. Band Introductions
08. Beauty And The Beast
09. Heroes
10. Stay
11. The Jean Genie
12. TVC15
13. Rebel Rebel
14. Alabama Song

EARL'S COURT U.K. July 1, 1978
15. Sound And Vision
16. Fame



イギー・ポップ/デヴィッド・ボウイ
Another TV Eye
MDNA-14089
SBD
1CD-R
\3,000
個数


1977年3/21、『Lust for Life』ツアーの一環としてオハイオ州クリーヴランドでおこなわれたイギー・ポップのライブを、最新のリマスターが施された高音質ステレオ・サウンドボード録音にて収録。デヴィッド・ボウイの強力なサポートを得て本格的にシーンにカムバックを果たした時期の貴重なライブを、イギー本来の魅力を存分に伝えてくれるワイルドかつクリアな素晴らしいサウンドでお楽しみいただる必聴アイテムです。ソロ・アーティストとしてのキャリアをスタートさせたこの記念すべき1977年のライブは、オフィシャル・ライブ盤『TV Eye』でも聴くことが出来ますが、本アイテムに使用されたソースは『TV Eye』と同時期に録音された別ライブであり、これまで世に出回ることの無かった未発表ライブ音源が遂に最高の状態で明らかになった形です。ピアノ&バックアップ・ヴォーカルとして参加するデヴィッド・ボウイを筆頭に、トッド・ラングレンのバックミュージシャンを務めたハント&トニー・セールス、ストゥージズのスコット・サーストンなどバンドも強力なラインナップで、完璧な演奏でもってイギーを盛り立てています。ストゥージズ・ナンバー、『Idiot』『Lust for Life』のソロデビュー2部からの楽曲で構成された荒々しくも緻密なこの時期のライブを理想的な音質で捉えた本作は、パンク・シーンのゴッドファーザーIggy Popを語る上でやはり避けては通れない1枚といえるでしょう。

◆Agora Ballroom, Cleveland, OH 21st March 1977
01. Raw Power 02. T.V. Eye 03. Dirt 04. 1969 05. Turn Blue 06. Funtime 07. Gimme Danger 08. No Fun 09. Sister Midnight 10. I Need Somebody 11. Search and Destroy 12. I Wanna Be Your Dog

◇Personnel; Iggy Pop - vocals David Bowie - piano, vocals Ricky Gardiner – guitar Stacey Hayden – guitar Hunt Sales – drums Tony Sales – bass Scott Thurston - synthesizer, bass, guitar, harmonica, piano, keyboards, vocals



デヴィッド・ボウイ
NASSAU COLISEUM 1976
WR-272
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


“デヴィッド・ボウイ”1976年、ナッソウ・コロシアムでのステージを高音質サウンドボード音源(2枚組)で収録したタイトルが登場!

本タイトルは、1976年、”デヴィッド・ボウイ”が自らのアイデンティティを見直し制作した名盤「STATION TO STATION」リリース後にニューヨーク・ナッソウ・コロシアムで行われたステージを収録した至福のタイトルです。架空のロック・スター”ジギー・スターダスト”に別れを告げ黒人音楽へと傾倒していく”デヴィッド・ボウイ”の過渡期とも言われる時期の貴重なライブだけに必聴です!クールでファンキーなアレンジで演奏される過去の名曲は必聴です!”シン・ホワイト・デューク”時代のオススメ定番のコレクターズ・アイテムです!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Nassau Coliseum, Long Island, NY, March 23, 1976.

DISC ONE
01. Station To Station / 02. Suffragette City / 03. Fame / 04. Word On A Wing / 05. Stay / 06. Waiting For The Man / 07. Queen Bitch
08. Life On Mars

DISC TWO
01. Five Years / 02. Panic In Detroit / 03. Changes / 04. TVC 15 / 05. Diamond Dogs / 06. Rebel Rebel / 07. The Jean Genie



デヴィッド・ボウイ
Station To Grand Illusion
DEN-03/04
SBD
2CD
\6,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


デヴィッドボウイの1976年ステーション・トゥ・ステーション・ツアーから、1976年5月13日ロッテルダム公演のサウンドボード音源がリリースになります。1976年ツアーのサウンドボード音源といえばナッソウ公演が有名ですが、本タイトルは比較的レアなロッテルダム公演を収録しています。

アルバム『STATIION TO STATION』をリリースに伴うツアーということで、アルバムがそうであったように、長大な曲が多く演奏されており、どれも10分に至る演奏時間をとって余裕たっぷりのライヴ演奏となっているのが特徴です。厳かな効果音で始まる「Station To Station」から、若干テンポを落としてゆっくりと始まるコンサート。「WORD ON A WING」では広大な世界観、のびのびと自由に歌うボウイのヴォーカルが堪能できます。 

ボーナストラックには、このツアーで演奏されたレア・ナンバーを収録し、本タイトルだけでこのツアーを把握できる内容となっています。

まずは1976年2月28日クリーヴランド公演より「QUEEN BITCH」「TVC15」「LIFE ON MARS?」「FIVE YEARS」「TVC15」の5曲を収録。サウンドボード音源には未収録の「QUEEN BITHC」「LIVE ON MARS?」「FIVE YEARS」の3曲は初期の頃の曲で、それを後年劇的な変貌を遂げたボウイがどのようなアレンジで演奏するかという興味深いもの。特に「LIFE ON MARS?」と「FIVE YEARS」はメドレーで間髪入れずに続けて演奏されるというこのツアーならではのアレンジです。「TVC15」が2度クレジットされているのは、おそらく進行があやふやで2度演奏しだすのですが間違いに気付きすぐに中断してしまう、そんな間違いを2度もくり返すという珍しいハプニングです。

続いて1976年2月26日トロント公演より「THE JEAN GENIE」「SISTER MIDNIGHT」「THE JEAN GENIE」の3曲。レアな「SISTER MIDNIGHT」を挟んで「THE JEAN GENIE」が2度演奏していますが、これも前述の「TVC15」同様、進行上のミスがあったのか、演奏途中で中断させるというハプニングです。「SISTER MIDNIGHT」は1976年3月15日フィラデルフィア公演のテイクも収録しています。

最後は1976年3月23日ナッソウ公演より「PANIC IN DETROIT」を収録。曲中で披露されるパーカッション・ソロを含め完全盤です。 

1976年ステーション・トゥ・ステーション・ツアーのサウンドボード音源。ボーナストラックではこのツアーのレア・ナンバー、レア・テイクを収録し、このツアーを俯瞰する決定盤となるでしょう。美しいピクチャー・ディスクの永久保存がっちりプレス盤。

Sport Palais Ahoy Rotterdam Holland May 13, 1976

DISC ONE
01. Station To Station
02. Suffragette City
03. Fame
04. Word On A Wing
05. Stay
06. Waiting For The Man
07. Changes
08. TVC 15
09. Diamond Dog

DISC TWO
01. Rebel Rebel
02. The Jean Genie

BONUS TRACKS
Public Auditorium, Cleveland, OH, USA February 28, 1976
03. Queen Bitch
04. TVC 15
05. Life On Mars?
06. Five Years
07. TVC 15

Maple Leaf Gardens, Toronto, ON, Canada February 26, 1976
08. The Jean Genie
09. Sister Midnight
10. The Jean Genie

Spectrum Arena, Philadelphia, PA, USA March 15, 1976
11. Sister Midnight

Nassau Veteran's Memorial Coliseum, Uniondale, NY, NYC, USA March 23, 1976
12. Panic In Detroit



デヴィッド・ボウイ
STATION TO CALVARY SEATTLE 1976
DEN-026/027
AUD
2CD
\7,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


デヴィッドボウイの1976年ステーション・トゥ・ステーション・ツアーから、1976年2月3日シアトル公演がリリースになります。このツアーは1976年2月に始まり、5月末まで約4か月間をフルに行なわれ、前半を北米、後半を欧州と、全64公演を数えます。2月2日バンクーバー公演は最終ゲネプロ、リハーサルと位置付けられており、本作に収録のシアトル公演がツアー初日ということになります。そのツアー初日となるシアトル公演を高音質で完全収録。緊張の残る中始まったアルバム「ステーション・トゥ・ステーション」に伴う新たなツアー。イギ―ポップの「Sister Midnight」を始め、カバー曲とアルバム収録曲を交えた長大な楽曲の数々は、これ以前のツアーとは一線を画す実験的なもので、近年になりナッソウ公演が公式リリースされたこともあり、再評価されているツアーです。1976年2月3日シアトル公演を、高音質にて完全収録したタイトル。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

DISC ONE
01. Introduction
02. Station To Station
03. Suffragette City
04. Waiting For The Man
05. Word On A Wing
06. Stay
07. TVC 15
08. Sister Midnight

DISC TWO
01. Life On Mars?
02. Five Years
03. Panic In Detroit
04. Fame
05. Changes
06. The Jean Genie
07. Queen Bitch
08. Rebel Rebel



デヴィッド・ボウイ
STRANGE FASCINATION-definitive version
DEN-01/02
SBD
2CD
\6,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


デヴィッド・ボウイの1974年ダイアモンド・ドッグ・ツアーから、定番音源である1974年9月5日ロサンゼルス公演を完全収録した「STRANGE FASCINATION」が、十数年ぶりのアップ・グレードになるでしょうか、ロウジェネ・ソースにてリリースになります。

この日のコンサートは超高音質サウンドボードで有名な音源が存在し、アナログ時代から有名な音源。これは是非一度体験していただきたい音です。

1974年のダイアモンド・ドッグ・ツアーからはフィラデルフィア公演を収録した『DAVID LIVE』というライヴ・アルバムがありますが、それは7月8日から12日の5回の公演を編集したもので、レコーディングを巡って当日に至ってもトラブルがあったとも伝えられ、実際に聴けば明らかですが、演奏に覇気がなく歌唱も集中力が欠如したいまひとつのライヴ盤として悪評高いものでした。

本作に相当するロサンゼルス公演はライヴ・アルバムが収録されたフィラデルフィア連続公演のおよそ2ヶ月後に当たり、そのような混乱した状況とは一変し、ツアー終盤ということでこなれた演奏は一聴の価値あるものとなっています。バックの演奏はタイトになり、ボウイの歌唱にも魂が込められた真剣なものであるのが伝わってくる名演です。

また時期的にダイアモンド・ドッグ・ツアーと、その直後のソウル・ツアー、フィリー・ドッグ・ツアーへの過渡期に相当し、セットリストにも若干の変化があり、「It's Gonna Be Me」「John, I’m Only Dancing」が加えられ、『DAVID LIVE』とはかなり印象の異なるコンサートとなっています。ぜひこれを機会に『Strange Fascination』に触れて頂きたいと思っています。

ボーナス・トラックも充実しており、このタイトル1枚で1974年のツアーの概要が掴める内容となっています。

まずメインのロサンゼルス公演ではセットリストから落ちた「Panic In Detroit」を7月12日フィラデルフィア公演よりサウンドボード収録。

1974年ツアーは10月からソウル・ツアーと改称され、ツアータイトルのみならず、セットリストやアレンジががらりと変化し、ぐっとアルバム『Young Americans』よりになりますが、続いて収録されているのはそのソウル・ツアーより10月16日デトロイト公演から「Love Me Do - The Jean Genie」。このメドレーは1973年のハマースミス・オデオンにおけるバージョンが有名ですが、聴き慣れた「The Jean Genie」の途中からビートルズの「Love Me Do」に繋がるものではなく、最初から「Love Me Do」で始まり途中で「The Jean Genie」に繋がるという逆パターンなのです。アレンジも一年でこれほど変化するのかと思うくらいにソウルフルなものになっています。

続いて10月28日ニューヨークはラジオ・シティ公演より、「Sorrow」「Young Americans」「Can You Hear Me?」「Somebody Up There Likes Me」の4曲を収録。

どれもロックンロールとは程遠いソウル・ナンバーで、当時とはいえこれをステージで演奏するのは勇気が必要だったのではと思います。その後もツアー中セット・リストは増減を繰り返し、次に収録されているのは12月1日アトランタ公演より、コンサートの冒頭で演奏された「Memory Of Free Festival」、アルバム『Young Americans』から「Win」、ディック・キャベット・ショウでの演奏がお馴染みの「Footstompin’」のステージでのライヴ演奏がそれぞれ収録されています。 

最後にボーナス・トラックのさらにボーナス・トラックのような感じですが、1974年8月13日にシグマ・サウンド・スタジオでレコーディングされたセッション・テープより4曲を収録しています。

今年になってオリジナルのリール・テープがオークションに出品されて話題となり、ここに収録されているのはその出品に際してサンプルとして公開されたもので、それぞれほんの短い収録ながら初登場の音源にマニアは騒然となりました。特に「Shilling of Rubes」に関しては曲目のみが知られていたのみで、実際に耳にすることが出来るのはコレクターズ・アイテムとしては本作が初登場になります。

サウンドボード音源ロウジェネ・ソースを使用した名盤『STRANGE FASCINATION』のアップグレード決定盤。ボーナス・トラックも充実しており、進行中においても様々な変化を遂げた1974年ツアーの全貌を掌握できるような内容となっています。

同レーベルからは今後もボウイの素晴らしいアーカイヴが予定されており、第2弾はステーション・トゥ・ステーション・ツアーのサウンドボード音源とのこと。ナッソウ公演ではありませんのでご安心を(笑)。永久保存のがっちりプレス盤。美しいピクチャー・ディスク仕様です。

The Universal Amphitheater Los Angeles CA U.S.A. SEPTEMBER 5, 1974

DISC ONE
01 – Introduction
02 – 1984
03 - Rebel Rebel
04 - Moonage Daydream
05 - Sweet Thing
06 – Changes
07 - Suffragette City
08 - Aladdin Sane
09 - All the Young Dudes
10 - Cracked Actor
11 - Rock'n'Roll with me
12 - Knock on Wood
13 - It's Gonna be me
14 - Space Oddity
15 - Furture Legend
16 - Diamond Dogs

DISC TWO
01 - Big Brother
02 – Time
03 - The Jean Genie
04 - Rock'n'Roll Suicide
05 - John I'm only Dancing

BONUS TRACKS
Tower Theatre, Philadelphia, PA, USA July 12, 1974
06 - Panic in Detroit
Palace, Michigan, Detroit, MI, USA October 16, 1974
07. Love Me Do - The Jean Genie
Radio City Music Hall, New York, NYC, USA October 28, 1974
08. Sorrow
09. Young Americans
10. Can You Here Me?
11. Somebody Up There Likes Me
Omni Arena, Atlanta, GA, USA December 1, 1974
12. Memory Of Free Festival
13. Win
14. Footstompin'
Sigma Sound Studio Sessions August 13, 1974
15. Young Americans
16. After Today
17. Shilling Of Rubes
18. I'm a Laser



デヴィッド・ボウイ
RARE CLASSICS
WR-009
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


デヴィッド・ボウイの1972年から1975年までの貴重なレア(ライブ&スタジオ)音源を高音質で収録した激レア・コンピレーションが登場!
今もなお、そのカリスマ性は衰えることのないボウイですが、1972年から1975年のボウイの活動や作品が好きだという方が多いと思われます。本タイトルは、その時期の貴重な音源をまとめた至福のタイトルです!

ニューヨーク・カーネギー・ホールでのライブ音源(全長版はリリースされていないので貴重)に始まり、名盤「DAIMNOND DOGS」30周年記念盤のボーナス・ディスクでは消されていたLuluのヴォーカルが聞ける貴重なオリジナル音源。
そして、特に本タイトルの目玉は、アルバム「YOUNG AMERICANS」収録曲の別バージョンでしょう!
ボウイは、アウトテイクなど未発表音源の管理は非常に厳しい事で有名なだけに貴重なタイトルであるのは言うまでもありません!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD & STUDIO RECORDINGS.
Absolutely Rare is a collection of ultra-rare and previously unreleased recordings from 1972 to 1975.

The Music Hall, Boston on 10 January 1972
01. My Death
NBC Midnight Special at the Marquee, London on 18-20 October 1973
02. Sorrow
03. Time
04. Everything's Alright
05. Space Oddity
06. I Can't Explain
07. The Jean Genie
08. 1984-Dodo With Marianne Faithfull
09. I Got You Babe
BBC Version: Special Dry Mix made for Top of the Pops broadcast in 1974
10. Rebel Rebel
With Lulu, original full length version recorded in late 1973
11. Dodo Young Americans recording sessions in 1975
12. Can You Hear Me?
13. Right
14. Somebody Up There Likes Me
BBC Version: Another Dry Mix made for Top of the Pops in 1975
15. Golden Years.



デヴィッド・ボウイ
Like Some Cat From Japan
NJJP-130306
AUD
1CD-R
\2,900
個数


金字塔アルバム『ジギー・スターダスト』を携えておこなわれた伝説の1973年来日ツアーより、4/20の渋谷公会堂でのライブが2013年最新のリマスターを施された高音質オーディエンス録音にて登場。
近年のオーディエンス音源と比べるとさすがにレンジの狭さなどを若干感じますが、40年前のオーディエンス録音ということを勘案するならば、大変に優秀なサウンドバランスであるといえるでしょう。
ボウイのヴォーカルを核に、バンドサウンドを文句なしのバランスで捉えており、煩わしいオーディエンス・ノイズもほとんど感じられません。この73年来日ツアーの決定的な音源、ひいては『ジギー~』期を代表する優良音源となることが確実であろうマニア要注目のセンセーショナルなアイテムです。

◆Shibuya Kokaido, Tokyo, Japan 20th April 1973

01. Ode To Joy 02. Hang Onto Yourself 03. Ziggy Stardust 04. Changes 05. Moonage Daydream 06. John I'm Only Dancing 07. Watch That Man 08. The Jean Genie 09. Time 10. Five Years 11. Let's Spend The Night Together 12. Starman 13. Suffragette City Encore; 14. Rock & Roll Suicide 15. Round And Round



デヴィッド・ボウイ
Best Selling Freakiest Show
helden DEN-14/15
AUD
2CD
\7,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


デヴィッドボウイの専門レーベルHELDENより、1972年10月1日ボストン公演及び、その他同年のレア・トラックを収録したタイトルがリリースになります。

1972年といえば映画『ZIGGY MOTION PICTURE』が収録された年の前年に当たり、映像で見ることの出来るきらびやかな衣装に身を包んだボウイと異なり、後のグラムの象徴のような姿へ変貌する過渡期にあたる時期といえます。
ジャケットで見ることの出来る写真のように、アルバム『ZIGGY STARDUST』と同じ衣装を着用し、どちらかと言えば地味な印象を受けます。
しかし、若干のマイナーチェンジはあるものの、ステージ構成はほぼ同じであり、その分純粋に音楽で聴かせる事に主眼を置いたものとなっています。少なくとも音だけで聴く限りは、既に後のジギーの形が固まりつつあるのが伺えます。

ディスク1は、本作のメインとなるのは1972年10月1日ボストン公演です。10月ということで、「君の意思のままに」から「屈折する星屑」に繋がるオープニングなどは1973年ツアーでも踏襲されるパターンが既にここに完成しています。
ボストンは常にそうなのですが、音質はこの時代を考慮せずとも非常に優れているもので、1972年のオーディエンス録音の中でも最高峰のひとつ。

後半は、1972年5月にトライデント・スタジオで行なわれたモットザフープルと共に行なわれたセッションを収録しています。ディスク2は、1972年のレア・トラック集となっています。
5月から7月にかけて行なわれたツアーからの音源で、この時期はまだ試行錯誤を繰り返しており、セットリストも意外なナンバーを演奏していたりと、定型化されていないライヴならではのサプライズが多く、非常に興味深いもの。
5月6日ロンドン公演からは「ボブディランに捧げる歌」「アムステルダム」などバンドとの事前のリハが必要のないアコースティック曲、さらにレアなカバー曲「Gotta Get A Job」を収録。この曲は最近になって5月7日ヘムルへムステッド公演のテイクが発掘され、それも収録されています。
そして驚きは1972年7月18日アリスバーリー公演で披露されたビートルズのカバー「THIS BOY」です。コーラスワークが美しいオリジナルに対し、ここではボウイ一人の歌唱となっており、元々ビートルズマニアで学生時代に「ビートルズヘアーの少年たち」ということでテレビ出演したこともあるボウイのこの曲の新しい解釈となっています。

ディスク2の後半は11月25日クリ―ヴランド公演より、ボストン公演などから漏れた楽曲を収録しています。選曲は翌1973年のツアーで定番となるセットリストばかりで、「サフラゲットシティ」を経て「ロックンロールの自殺者」で締めくくるステージのエンディングが完成しています。ジギーがジギーになる直前の1972年10月1日ボストン公演をメインに、その他同年のステージよりレア・ナンバーを収録した本作は、1972年のステージを俯瞰的に捉えたタイトルとしてボウイ・マニアにとって不可避なタイトルといえるでしょう。美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤です。

DISC ONE
Boston Music Hall MA U.S.A. October 1, 1972
01. Hang On To Yourself
02. Ziggy Stardust
03. Changes
04. The Superman
05. Life On Mars?
06. Lady Stardust
07. Queen Bitch
08. Five Years
09. Space Oddity
10. Andy Worhol
11. My Death
12. Starman
13. Moonage Daydream
14. Round And Round
With Mott The Hoople and Lou Reed Trident Studio London U.K. May 1972
15. All The Young Dudes
16. It's Alright
17. Henry & The H-bomb
18. Sweet Jane
19. Shakin' All Over
20. Please Don't Touch
21. So Sad

DISC TWO
Kingston Polytechnic London U.K. May, 6, 1972
01. Song For Bob Dylan
02. Amsterdam
03. I Feel Free
04. Gotta Get A Job
Pavilion Hemel Hempstead U.K. May 7, 1972
05. Gotta Get A Job
Friar's Club Friar Square Aylesbury U.K. July 15, 1972
06. I Can't Explain
Friar's Club Friar Square Aylesbury U.K. July 18, 1972
07. This Boy
Entertainment Arena Cleveland OH U.S.A. November 25, 1972
08. Drive In Saturday
09. The Width Of A Circle
10. John I'm Only Dancing
11. Waiting For The Man
12. The Jean Genie
13. Suffragette City
14. Rock And Roll Suicide



デヴィッド・ボウイ
ALTERNATE ZIGGY STARDUST
WR-203
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


”デヴィッド・ボウイ”1972年の超名盤「ZIGGY STARDUST」のオルタネイト盤が高音質サウンドボード音源で登場!

アルバム「ZIGGY STARDUST」は、1972年、デヴィッド・ボウイが架空のロック・スター“ジギー”に扮しリリースしたコンセプト・アルバム。
リリース後、1年半に渡ったツアーも大盛況、グラム・ロックの代表的存在としての地位を確立したアルバムとして有名です。
本タイトルは、そんな名盤「ZIGGY STARDUST」のオルタネイト・ヴァージョンを収録した貴重なタイトル。オフィシャル盤と聴き比べて頂ければ一目瞭然!
ほとんど加工されていない生の荒削りなサウンドは、まさに真実の”ZIGGY”そのものです!70年代を代表する名盤の究極のコレクターズ・アイテムです!!

SOURCE: EXCELLENT STUDIO SOUNDBOARD RECORDINGS.
David Bowie’s Album [Ziggy Stardust] 1972 Alternate Version.

01. Five Years
02. The Supermen
03. Moonage Daydream
04. Starman
05. It Ain't Easy
06. Lady Stardust
07. Sweet Head
08. Hang On To Yourself
09. Ziggy Stardust
10. Suffragette City
11. Rock 'n Roll Suicide
12. John I'm Only Dancing
13. Holy Holy
14. Velvet Goldmine
15. Round And Round
16. White Light White Heat
17. Waiting For The Man



デヴィッド・ボウイ
Ziggy Over The Rainbow Theatre 1972
DEN-05/06
AUD
2CD
\6,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


デヴィッドボウイの1972年ツアーより、ロンドンはレインボー・シアターでのコンサートを2公演カップリングのタイトルがリリースになります。

1972年といえばアナログ時代からサンタモニカ公演が有名で、かつ1973年最終公演の映画のイメージもあってか、ジギー時代のライヴは「HANG ON TO YOURSELF」で始まり「ROCK ‘N ROLL SUICIDE」で終わるセットリストが一般的ですが、ツアー初期の段階ではいろいろと試行錯誤がなされていたようです。

その中のひとつ、本作に収録の1972年8月20日のコンサートでは、オープニングがなんと「LADY STARDUST」で始まるという珍しいパターン。ピアノで静かに始まるこの曲をトップに持ってくる意図は不明ながら、非常にレアなセットといえるでしょう。さらに面白いのは「STARMAN」のミドル・パートで、突然「SOMEWHERE OVER THE RAINBOW」が挿入されるのです。元々“スタ~マ~ン♪”のメロディは“サムウェ~オ~ヴァ~ザレイボウ~”のパクリではないかと思っていましたが、本人自らカミングアウトしたかのようなアレンジです。

後半に収録されている1972年12月24日クリスマス・イヴのコンサートでは、前半収録のコンサートより4ヶ月後ということで、セットリストにも若干の変化があり、なんと1曲目はストーンズのカヴァー「LET’S SPEND THE NIGHT TOGETHER」で始まるという、これまたレアなもの。最後は定番「ROCK ‘N’ ROLL SUICIDE」で締める王道パターンが踏襲されます。

HELDENレーベル第3弾はジギー時代のレア・ライヴ、4ヶ月離れたレインボーシアター2公演をカップリング。前半収録のものはよくある8月19日ではなく8月20日の方です。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

DISC ONE
Rainbow Theatre Finsbury Park London U.K. August 20, 1972
01. Ode To Joy 02. Lady Stardust 03. Hang On To Yourself 04. Ziggy Stardust 05. Life On Mars 06. The Superman 07. Changes 08. Five Years 09. Space Oddity 10. Andy Worhol 11. My Death 12. The Width Of A Circle 13. The Wild Eyed Boy From Freecloud 14. Starman 15. Moonage Daydream 16. Queen Bitch 17. Sufferagette City 18. White Light White Heat

DISC TWO
01. Waiting For The Man

Rainbow Theatre Finsbury Park London U.K. December 24, 1972
02. Ode To Joy 03. Let's Spoend The Night Together 04. Hang On To Yourself 05. Ziggy Stardust 06. Changes 07. The Superman 08. Life On Mars? 09. Five Years 10. The Width Of A Circle 11. John I'm Only Dancing 12. Moonage Daydream 13. The Jean Genie 14. Sufferagette City 15. Rock 'n' Roll Suicide



デヴィッド・ボウイ
Legendary Ziggy Shows 1972
LTCDR-11001-1/2
AUD
2CD-R
\3,300
個数



Ziggy Stardust And The Spiders From Mars With Lou Reed

6th May 1972 Kingston Polytechnic London, UK
DISC ONE :
01. Hang Onto Yourself
02. Ziggy Stardust
03. The Supermen
04. Queen Bitch
05. Song For Bob Dylan
06. Changes
07. Starman
08. Five Years
09. Space Oddity
10. Andy Warhol
11. Amsterdam
12. I Feel Free
13. Moonage Daydream
14. White Light White Heat
15. I Gotta Get A Job
16. Suffragette City
17. Rock 'N Roll Suicide
18. Waiting For The Man

8th July 1972 Royal Festival Hall London, UK
DISC TWO :
01. Intro
02. Hang Onto Yourself
03. Ziggy Stardust
04. Life On Mars
05. The Supermen
06. Starman
07. Changes
08. Five Years
09. Space Oddity
10. Andy Warhol
11. Amsterdam
12. I Feel Free
13. Moonage Daydream
14. White Light White Heat*
15. Waiting For The Man*
16. Sweet Jane*
17. Suffragette City
*featuring LOU REED



デヴィッド・ボウイ&マーク・ボラン
The Glam Rock Twins
WR-089
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


現在も衰える事のない圧倒的なカリスマ“デヴィッド・ボウイ”と29歳という若さでこの世を去った伝説のグラム・ロッカー“マーク・ボラン(T-REX)”の奇跡の共演音源を高音質サウンド・ボード音源で収録した貴重なタイトルが登場です!

本タイトルは、ボウイがボランの番組「MARC BOLAN SHOW」 出演直前に行われた2人によるセッション音源(デモ)を中心に番組本編の音源など、とにかく貴重な音源を収録した至福のタイトル!
ボランが亡くなっているだけに2度と再現出来ない歴史的にも重要で貴重な音源集です!
特に、ボランがリフを弾くボウイの曲T-9「HEROES」は、ボウイの曲ながらT-REX風にアレンジされ、とても興味深いテイクで必聴です!!

Source: Excellent Soundboard Recordings.
Rare Rehearsals, Collaborations, Demos, and Live Material.

01. New York City (T-Rex 1976)
02. Waht Can I Do (Bolan - Bowie 1977)
03. Spaceball Ricochet (Bolan 1972)
04. Ride A White Swan (T-Rex 1977)
05. Child Star (T-Rex 1968)
06. Madman (Demo 1977)
07. Sleeping Next To You (Demo 1977)
08. Walking Through That Door (T-Rex - Bowie 1975)
09. Heroes (Marc Bolan Show 1977)
10. It's Going To Be Me (1977)



デヴィッド・ボウイ
BOWPROMO
DEN-09
SBD
1CD
\4,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


デヴィッドボウイの専門レーベルHELDENが放つ第5弾は、名盤『HUNKY DORY』の初期バージョンを収録のタイトルになります。

本タイトルは、ボウイのマネージャーが、レコード会社に売り込む事を目的として作成した、試聴用のプロモ・レコードが元となっています。わずか500枚のみしか作成されておらず、当然のことながら現存数も少なく、ボウイ関連のコレクターの間でも幻の1枚と言われていたもので、オークションに出た際にはかなりの高額になっていたレア・プロモです。

このレコードの内容は、A面にボウイの楽曲が、B面に女性アーティストのダナ・ギレスピーの楽曲が配され、この2人を同時に売り込もうとしていたことが伺えます。 音質は40年前のレコードでありながら、保存状態は極めて良く、一説によるとダナ・ギレスピー本人が所有していたものから起こされたということで、針音は皆無、まるでスタジオ保存のマスターテープからそのまま収録されたような、まさにオフィシャル級の音質となっています。

また音質だけでなく、内容が驚くべきもので、アルバム『HUNKY DORY』の初期バージョン及びミックスが収録されているのです。  

「OH YOU PRETTY THINGS」で始まるこのプロモは、オリジナルにかなり近いものですが、微妙ながら違いがあり、ヴォーカルが近く、ピアノのミックスも異なります。またコーラスにリヴァーブがかけられているところが顕著な違いとして挙げられます。本作に収録のものはメイン・ヴォーカルとコーラスの両方にリヴァーブがかけられていますが、これはリリース・ヴァージョンにはほとんど見られなかった処理です。

続く「EIGHT LINES POEM」は、ギターの位置が異なり、リリース・バージョンではかなり加工処理されていたピアノの音も、実に自然な音のままです。さらにヴォーカルも別テイクで、短い曲ながら歌詞も異なるところが興味深いところ。

「KOOKS」はフェードアウトが長く、ミックスも異なります。曲の途中でフェードアウトされていたアコースティック・ギターも消えずに最後までミックスされています。

「IT AIN’T EASY」はご存知ジギ―スターダスト収録の曲ですが、この時点で既に完成していたことが伺えます。

「QUEEN BITCH」はベルベット・アンダーグラウンドに捧げられた曲で、ヴォーカルにリヴァーブがかけられておらず、逆にミックロンソンのギターには若干エフェクトがかけられています。美しい「QUICKSAND」は、リリースバージョンが途中からステレオになるのに対し、本作収録のものは最初から最後まで完全なステレオ。さらにストリングスが加えられていません。

「BOBMERS ? ANDY WARHOL intro」もミックスが異なり、さらに興味深いのは「ANDY WAHOL」へ繋がる部分が別バージョンであること、さらにボウイの笑い声が長く多く入っているのも違いといえるでしょう。

ボーナス・トラックは、これまた貴重なアセテート音源「C’est La Vie」。「SHADOW MAN」の原曲となったものですが、アコギだけで演奏され、歌詞もまったく異なるデモ。1967年にレコーディングされたままお蔵入りとなっていた音源で、どういう経緯で発見、流出されたかは不明ですが、近年になってオークションに出品されたアセテートが元となっていると思われます。

寡作ながらボウイの貴重音源を重要さと音質を考慮して良質なもののみをリリースしているHELDENレーベルの最新作、初登場の「HUNKY DORY」のプロモ初期バージョンに加え、ボーナストラックには近年流出したアセテート音源を収録。

ジャケットは『HUNKY DORY』のアウトテイク・フォトを使用し、美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤です。

Early Promo LP From “HUNKY DORY”
Recorded at Trident Studios, London 1971


01. Oh! You Pretty Things
02. Eight Line Poem
03. Kooks
04. It Ain't Easy
05. Queen Bitch
06. Quicksand
07. Bombers - Andy Warhol intro DANA GILLESPIE
08. Mother Don't Be Frightened
09. Andy Warhol
10. Never Knew
11. All Cut Up On You
12. Lavender Hill

BONUS TRACKS
13. C’est La Vie (1967 Acetate)
14. Shadowman (1970 Demo)
15. Lady Stardust (demo)



デヴィッド・ボウイ
Five Years in Daydream
-The Unreleased BBC Sessions 1967-1972-
MDNA-13072
SBD
2CD-R
\3,900
個数


ボウイの裏BBCセッション集が入荷。本タイトルは、1967年12月から1972年9月までの5年間にわたるボウイのBBCライブ音源より、オフィシャル未収録のテイクを網羅したマニア必携のアイテムです。デビューアルバム『デヴィッド・ボウイ』のリリース直後から「スペイス・オディティ」のスマッシュ・ヒット、そしてコンセプト・アルバム『ジギー・スターダスト』で頂点に登り詰めるまでの激動の5年間におこなわれた貴重なセッションの数々を、デジタル・リマスターが施された素晴らしいサウンドで楽しむことが出来ます。*日付・場所・参加ミュージシャンなどの詳細データは内ジャケに記載されています。

【DISC ONE】
01. The Wild Eyed Boy From Freecloud アルバム『Space Oddity』収録の同曲の、1969年6月20日にリリースされたシングル・バージョンである。アコギのカッティングから始まり、ボウイのヴォーカルが前面に出たミックスとなっている。弦楽器が入ってはいるものの、あくまでメインはボウイのアコギの引き語りスタイルとなっている。仰々しいオリジナル・バージョンと聞き比べて頂きたい。
02. Columbine 03. The Mirror 04. Threepenny Pierrot 1970年初頭に出演したテレビ・ショウ「Looking Glass Murders」という番組のためのデモ音源である。出演した演奏そのものではなく、出演のためのデモ音源というのが珍しい。いずれもボウイのアコギ・スタイルによる弾き語りで2曲が収録されている。いずれもディランに影響を受けたような、物静かな曲である。声色を変えたり、ハミングを使用したりと、ボウイ自身、まだ自らのスタイルを模索しているかのような音源である。最後の「Threepenny Pierrot」だけは軽快なピアノによる弾き語りである。メロディは明らかに後年の「London Bye Ta-Ta」であり、歌詞も大幅に異なり、曲構成も未完成ながら、この曲の原曲である事は疑いようがない。
05. Prettiest Star 06. Conversation Piece 1970年1月にリリースされた45シングル・バージョンである。「Prettiest Star」は抑制した優しい歌いまわしで歌っている。ここでもボウイのヴォーカルを前面に出し、バックを控えめにしたミックスがなされている。「Conversation Piece」は「Prettiest Star」のB面に収録されていた非常に美しいメロディを持つ牧歌的な曲である。
07. Lightning Frightning 08. London Bye Ta Ta THE HYPEとはボウイが1970年に結成したバンドである。この2トラックは1970年1月に行なわれた、そのHYPEとのセッション音源である。ギタリストであるミック・ロンソンやトニー・ヴィスコンティとの邂逅がその後のボウイのサウンドを決定づける事になる意味でも歴史的音源であろう。「Lightning Frightning」はあえて単調で抑揚のない歌いまわしで、バックにはギター、ピアノのみならず、印象的なサックスまで加えられており、初期の楽曲の中では異彩を放っている。そして先の「Threepenny Pierrot」が発展して「London Bye Ta Ta」と帰結する。煌びやかなギター、連打するピアノ、重層なコーラス・ワーク、これぞグラム・ロックの典型という仕上がりとなっている。あのピアノの簡素な楽曲がこのように昇華されるとは驚きである。
09. Memory Of A Free Festival Part 1 10. Memory Of A Free Festival Part 2 1970年6月にリリースされた45シングルの両面を収録している。「Space Oddity」の最後を飾る壮大な曲であるが、ボウイ自身、どのように完成させるか逡巡していたのだろう。ビートルズの「ストロベリーフィールズ」のように、いずれのバージョンも捨てがたく、様々なバージョンをこのようにリリースすることにしたのではないか。Part1はイントロこそアルバム・バージョンに近いながらも、すぐにギターが前面に出てき、テンポを刻むドラムに合わせてボウイが軽めに歌っている。曲のブレイク部分ではキーボードが派手に割り込んできて、曲の前半で早々に盛り上がる構成となっている。Part2はエンディング・コーダのSun Machine is Coming down・・・の部分から始まり、この部分のみをひたすら発展させたものとなっている。この曲は2つの楽曲を繋いで完成されたものであるということがわかる。
11. A Song For Marc タイトルこそ異なるものの、明らかに「Lady Stardust」の原曲である。これは1970年5月に録音されたほんの初期のバージョンである。ピアノのみのシンプルな演奏でありながら、ヴォーカルが重ねられており、かなり本格的な録音であることがわかる。初期バージョンということだが、曲構成や歌詞自体はほとんどこの時点で完成されている。
12. All The Madmen アルバム『The Man Who Sold The World』に収録の同曲のアウトテイクである。1970年6月に収録されたアセテートからの音源となっている。オリジナルのようなドタバタ感がなく、クリーンな印象を受ける。シングル・ヴォーカルであることも、その印象を補完している。
13. Holy Holy 14. I Tired Of My Life 「Holy Holy」は1970年6月にレコーディングされた45シングル・バージョンのアセテート音源である。そして「I Tired Of My Life」は1970年5月にレコーディングされたデモ音源である。このメロディはまごうことなき「It’s No Game」である。『スケアリー・モンスターズ』がリリースされたのが1980年なので、実にその10年前に既に基本となる楽曲が出来ていたことになる。リリース・バージョンにあるようなアップ・テンポの勢いは潜め、ゆったりとしたアレンジとなっている。
15. Right On Mother 16. Andy Wahol 17. Rupert The Riley 18 . How Lucky You Are 19. Man In The Middle 20. Bombers
「Right On Mother」は1971年の前期にレコーディングされた、ピアノの弾き語りによる小曲である。途中クラッピングと裏声とハミングが挿入され、非常にボウイらしさが発揮された、「陽のボウイ」が堪能できる名曲である。「Andy Wahol」は1971年3月にレコーディングされたアウトテイクのアセテート音源である。残念ながらイントロだけであるが、リリース・バージョンでは聴くことが出来ない部分まで長く収録されている貴重なものである。「Rupert The Riley」は1971年4月23日にレコーディングされている。ノリの良い曲であるが、モーターの効果音などもダビングされ、ある程度作り込まれたものであるが、依然として未完成な感は否めない。アニメ熊のルパートとの関連は不明である。「How Lucky You Are」は1971年5月にレコーディングされた、今度は「陰のボウイ」が堪能できる曲である。ピアノが刻むリズムに合わせてボウイが静かに歌い出し、その後徐々に盛り上がり、その頂点で再び静かなピアノに戻る、それを繰り返す典型的な曲構成を持つボウイならではの曲である。「Man In The Middle」は1971年6月17日にレコーディングされた。メイン・ヴォーカルはボウイ以外のバンド・メンバーが担っている。「Bombers」は1971年6月にれこーディングされた『Hunky Dory』のアウトテイクである。ほとんど完成形に近く、リリースされたバージョンと大きな相違はない。

【DISC TWO】
01. The Superman 1971年6月レコーディングの別バージョン。ヴォーカルが別バージョンであり、アレンジもすっきりとしたものとなっている。
02. Quicksand 03. Amsterdam 04. Bombers 05. Kooks 06. Changes 上記5曲は1971年の春にレコーディングされた『Hunky Dory』のデモ音源である。楽器は最低限にとどめ、耳元で鳴るボウイのヴォーカルがメインの、いかにもデモ音源である。時折ヴォーカルがダブルトラックになる箇所もあり、おそらくバンド・メンバーに指示するためのデモではないかと思われる。特にボウイの代表曲のひとつである「Changes」のデモ音源は貴重であろう。この後、生涯に渡って繰り返し歌っていくボウイのテーマ曲の、ピアノのみによる最初期バージョンである。イントロではハァ~ハァ~と呼吸音を効果音をつけているのも面白い。
07. Shadowman 08. Looking For A Friend 09. Holy Holy 10. Round And Round 11. Velvet Goldmine 12. Ziggy Stardust 13. Sweet Head
アコギがメインの『Space Oddity』、ギターサウンドがメインの『The Man Who Sold The World』、ピアノがメインの『Hunky Dory』、それぞれ雰囲気が異なるアルバムをリリースしてきたボウイが、ビッグ・ネームとして認知されたのは、やはり『ジギースターダスト』からではないだろうか。上記5トラックは、1971年9月、『ジギースターダスト』を共に制作するSPIDERS FROM MARSとのセッションでレコーディングされたものである。かつてのアルバム以上にギターを中心としたバンド・サウンドを意識した音作りとなっている。最後の「Ziggy Stardust」のみ、ボウイひとりのアコギによるデモ音源となっている。また「Sweet Head」はSPIDERS FROM MARSとのセッションだが、この音源のみ1971年11月のレコーディングである。
14. All The Young Dudes 邦題「すべての若き野郎ども」1972年のデモ音源である。元々ボウイがモット・ザ・フープルに提供した楽曲だが、その後ボウイもステージで演奏するなど、代表曲のひとつとなっている。そしてこの曲はボウイの代表曲であるだけでなく、グラム・ロックへの賛歌として、ロックのスタンダードとなっている名曲中の名曲である。デモ音源でありながら、その切ないメロディの美しさは隠しようがなく、この段階から既に歴史に残る名曲の雰囲気を備えている。
15. White Light White Heat 1972年3月16日に行なわれたスタジオ・リハーサル音源である。この日の翌々日にバーミンガムでのコンサートを控えており、そのためのリハだと思われる。ツアーも進んでいる中での演奏は充実そのもので、厚みのあるギター音が炸裂する中、本番ステージさながらの熱演である。
16. Zion 17. All The Young Dudes (7" acetate) 最後は、1972年10月にレコーディングされた『Aladdin Sane』のアウトテイクである。「Zion」はイントロやブレイクのピアノのメロディが「Aladdin Sane」に流用されている。ところが途中から雰囲気をがらりと変え、激しいギターが割り込んでくる。歌詞がまだ全くできていないのだろう、ボウイはただラ~ラ~ララ~と当てているのみである。この部分は「Watch That Man」のベースになったと聞こえなくもないが、どうだろう。そして最後が再び「すべての若き野郎ども」である。既にモット・ザ・フープルに完成形として提供した後のセルフ・カバーなだけに、かなり作り込まれたバージョンである。
【HUNG UP ON ROMANCING】 1969年から1972年までの、いわゆる初期に相当するボウイのスタジオ・セッション音源を収録したのが本作である。まだ初々しさが残る反面、成熟さも垣間見れる青年期における、ジギー前夜のボウイの姿が克明に刻まれている音源集である。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。



デヴィッド・ボウイ
HUNG UP ON ROMANCING
DEN-086/087
SBD
2CD
\7,000
個数


ボウイの時代をいくつかに分割して論じることは可能であるが、最初期に続いて、「Space Oddity」からジギー時代までを大雑把に「初期」と位置付ける事に異論はないであろう。本作は、その初期のスタジオ・アウトテイクや別バージョンを収録したタイトルになる。アルバムで言えば「Space Oddity」、「The Man Who Sold The World」「Hunky Dory」「Ziggy Stardust」の4枚のアルバムがリリースされた時期に重なる。いずれも現在聴くことの出来るものとは異なるもので、非常に興味深い内容となっている。

(Disc 1)
◆Top Gear Session, Piccadilly 1 Studio (18th December 1967)
01. Love You Till Tuesday 02. When I Live My Dream 03. Little Bombardier 04. Silly Boy Blue 05. In The Heat Of The Morning
◆Top Gear Session, Piccadilly 1 Studio (13th May 1968)
06. When I'm Five
◆Dave Lee Travis Session, Studio 2, Aeolian Hall (20th October 1969)
07. Unwashed & Somewhat Slightly Dazed
◆John Peel Sunday Show Session, BBC Paris Studio (5th February 1970)
08. Buzz The Fuzz 09. Karma Man 10. London Bye Ta-Ta 11. An Occasional Dream 12. Janine 13. The Wild-Eyed Boy From Freecloud 14. Fill Your Heart 15. The Prettiest Star
◆Andy Ferris Sounds Of The Seventies Session, Playhouse Theatre (25th March 1970)
16. I'm Waiting For The Man 17. The Width Of A Circle 18. The Supermen

(Disc 2)
◆John Peel In Concert Session, BBC Paris Studio (5th June 1971)
01. Queen Bitch 02. The Supermen 03. Song For Bob Dylan (Featuring George Underwood) 04. Andy Warhol (Featuring Dana Gillespie)
◆Bob Harris Sounds Of The Seventies Session, Studio T1, Kensington House (21th September 1971)
05. Oh! You Pretty Things 06. Kooks 07. Fill Your Heart 08. Port Of Amsterdam 09. Andy Warhol
◆John Peel Sounds Of The Seventies Session, Studio T1, Kensington House (11th January 1972)
10. Ziggy Stardust 11. Queen Bitch 12. I'm Waiting For The Man 13. Lady Stardust
◆Bob Harris Sounds Of The Seventies Session, Maida Vale Studio 5 (23th May 1972)
14. White Light/White Heat
◆BBC Radio Broadcast (21th September 1972)
15. John, I'm Only Dancing 16. Lady Stardust 17. Star



ティン・マシーン
LIVE IN JAPAN 1992
WR-279
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


1988年、”デヴィッド・ボウイ”を中心に結成されたバンド”ティン・マシーン”の1992年のワールド・ツアー日本公演よりNHKホールでのステージを高音質サウンドボード音源(2枚組)で収録したタイトルが登場!

“ティン・マシーン”は、“デヴィッド・ボウイ”が自身としての音楽活動を封印し新たなスターをきるべく結成され、わずか2枚のオリジナル・アルバムのみで消滅してしまった幻のバンド。本タイトルは、短命に終わってしまった幻のバンド“ティン・マシーン”唯一の来日公演を記録した歴史的にも貴重なタイトルです!当時は賛否両論のバンドでしたが、ボウイのキャリアの中で絶対に避けて通れない時期の貴重な音源であるのは言うまでもありません。オススメの貴重なコレクターズ・アイテムです!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Live at NHK Hall, Tokyo, Japan, February 6, 1992.

DISC ONE
01. Sorry / 02. Goodbye Mr. Ed / 03. If There Is Something / 04. Baby Universal / 05. Crack City / 06. I Can't Read
07. You Can't Talk / 08. Stateside

DISC TWO
01. Betty Wrong / 02. Go Now / 03. Bus Stop / 04. You Belong In Rock And Roll / 05. Debaser / 06. Heaven's In Here
07. Shopping For Girls / 08. Sacrifice Yourself