コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます



ジョー・サンプル
&ランディ・クロフォード
Tokyo 1st Nite
Wildlife Records-036
AUD
2CD-R
\4,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


Joe Sample & Randy Crawfordトリオfeaturing Steve Gadd & Nick Sampleの2009年来日ツアーより、3/20のBunkamuraオーチャード・ホールでのライブを高音質オーディエンス録音にて完全収録。

東京3公演の初日にあたるこの日のステージ、先立っておこなわれた札幌、大阪公演同様に、ランディ抜きのピアノトリオでのステージ(前半40分弱)とランディ登場後の本ステージ(後半1時間)からなる構成となっています。音質に関しては、同時発売の3/21公演と3/22公演と比べるとやや距離感の感じる音像ですが、大変クリアでバランスの良い高音質のオリジナル・マスターを使用しており、ステージ全編をストレスなく存分に楽しむことが出来ます。

◆Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 20th March 2009
<Disc 1> (trio set)
01. intro 02. HIPPING THE HOP 03. SPELLBOUND 04. MEMORIES 05. SOULY CREOLE 06. MELODIES OF LOVE 07. GEE BABY, AIN'T I GOOD TO YOU

<DISC 2> (with Randy Crawford)
01. BUT BEAUTIFUL 02. RIO DE JANEIRO BLUE 03. EVERYBODY'S TALKING 04. THIS BITTER EARTH 05. RESPECT YOURSELF 06. NO REGRETS 07. ME, MYSELF & I 08. FEELING GOOD 09. TELL ME MORE AND MORE AND THEN SOME 10. END OF THE LINE 11. ONE DAY I'LL FLY AWAY 12. STREET LIFE encore; 13. ALMAZ 14. HAPPINESS IS A THING CALLED JOE 15. outro

◇personnel;
Joe Sample (piano)
Randy Crawford (vocal)
Steve Gadd (drums)
Nick Sample (bass)



ジョー・サンプル
&ランディ・クロフォード
Tokyo 2nd Nite
Wildlife Records-037
AUD
2CD-R
\4,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


Joe Sample & Randy Crawfordトリオfeaturing Steve Gadd & Nick Sampleの2009年来日ツアーより、東京3連日公演の中日にあたる3/21のBunkamuraオーチャード・ホールでのライブを、高音質オーディエンス録音にて完全収録。

トリオ・セット、ランディ登場後の本編ともに、東京3公演で変化こそありませんが、唯一無二のランディの歌唱とそれに寄り添うバンドの熟練の技巧を楽しむことが出来るだけに、ファンであれば各日必聴といえるでしょう。音質に関しては、同時発売の東京3公演の中で、もっともバンド・サウンドの輪郭をくっきりと捉えており、中でもランディのヴォーカル・パートはこれ以上は望めないというぐらいの最良の状態にて収録しています。

◆Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 21st March 2009
<Disc 1> (trio set)
01. intro 02. HIPPING THE HOP 03. SPELLBOUND 04. MEMORIES 05. SOULY CREOLE 06. MELODIES OF LOVE 07. GEE BABY, AIN'T I GOOD TO YOU

<DISC 2> (with Randy Crawford)
01. BUT BEAUTIFUL 02. RIO DE JANEIRO BLUE 03. EVERYBODY'S TALKING 04. THIS BITTER EARTH 05. RESPECT YOURSELF 06. NO REGRETS 07. ME, MYSELF & I 08. FEELING GOOD 09. TELL ME MORE AND MORE AND THEN SOME 10. END OF THE LINE 11. ONE DAY I'LL FLY AWAY 12. STREET LIFE encore; 13. ALMAZ 14. HAPPINESS IS A THING CALLED JOE

◇personnel;
Joe Sample (piano)
Randy Crawford (vocal)
Steve Gadd (drums)
Nick Sample (bass)



ジョー・サンプル
&ランディ・クロフォード
Tokyo 3rd Nite
Wildlife Records-038
AUD
2CD-R
\4,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


Joe Sample & Randy Crawfordトリオfeaturing Steve Gadd & Nick Sampleの2009年来日ツアーより、最終日3/22のBunkamuraオーチャード・ホールでのライブを、高音質オーディエンス録音にて完全収録。

一年前のクルセイダーズでの来日以来となるJoe Sample & Steve Gaddの共演ステージ、今回はアコースティック・セットということで前回とは一味違った両巨匠の魅力を堪能出来ます。もちろん貫録十分の歌唱でファンの期待に応えてくれたランディのパフォーマンスも圧巻で、説得力満点の歌声には誰もが心を揺さ振られるはずです。音質に関しても文句なしの高音質で各楽器をバランス良く捉えており、09年来日ステージの記念に是非ともおさえていただきたい大推薦の1枚です。

◆Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 22nd March 2009
<Disc 1> (trio set)
01. intro 02. HIPPING THE HOP 03. SPELLBOUND 04. MEMORIES 05. SOULY CREOLE 06. MELODIES OF LOVE 07. GEE BABY, AIN'T I GOOD TO YOU

<DISC 2> (with Randy Crawford)
01. BUT BEAUTIFUL 02. RIO DE JANEIRO BLUE 03. EVERYBODY'S TALKING 04. THIS BITTER EARTH 05. RESPECT YOURSELF 06. NO REGRETS 07. ME, MYSELF & I 08. FEELING GOOD 09. TELL ME MORE AND MORE AND THEN SOME 10. END OF THE LINE 11. ONE DAY I'LL FLY AWAY 12. STREET LIFE encore; 13. ALMAZ 14. HAPPINESS IS A THING CALLED JOE 15. outro

◇personnel;
Joe Sample (piano)
Randy Crawford (vocal)
Steve Gadd (drums)
Nick Sample (bass)



クルセイダーズ
The Summit Of Funk
Our Prayer-043
SBD
2CD-R
\4,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


2008年7/17にドイツでおこなわれたクルセイダーズの最新ライブを、放送用ステレオ・サウンドボード・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。

”The Summit Of Funk”と冠して、今やバンドにとって欠かせない存在となったNils Landgren率いるFunk Unitとともに出演したステージを、オフィシャル級の極上音質にて収録したファン感涙のアイテムです。08年の来日公演後、Steve GaddがJames Taylorとのツアーに参加するためバンドを離脱、本公演ではお馴染みの新進気鋭のドラマーForrest Robinsonが参加していますが、非常にタイトでアグレッシヴなドラムワークでGaddとはまた違ったスパイスをクルセイダーズの珠玉の名曲に加えています。

放送用音源にありがちな雑な編集もほとんど見うけられず、曲間のMC等も完全に収録されているのも嬉しい限り、とりわけジョーの「A Ballad For Joe」「Way Back Home」といった楽曲に関する逸話、あるいはJazz CrusadersがCrusadersへと名を改めた経緯などをじっくりと語る様には思わず胸が熱くなります。全編片時も耳を離すことが出来ない最高のステージですが、中でも本作最大の聴き所がFunk Unitを迎えてのラスト「Sweet N’ Sour」でしょう。4管による大変賑やかなメインテーマから各人のソロパートへ、ニルス(trombone)、マグナス(flute)、ウィルトン(tenor sax)、セバスチャン(trumpet)、レイ(guitar)と豪華すぎるソロ回しを終えて会場のテンションも最高潮!!!とここで放送枠の関係からフェードアウト・・・このラストだけが非常に惜しくてなりません。しかしながら、それを補って余りある充実の収録内容、何よりも東京、名古屋、富山での素晴しいパフォーマンスがまだ記憶に鮮明に焼きついている現段階でのこの完璧すぎる音質でのリリースは嬉しすぎます!大・大・大推薦盤です!

◆Schloss Neuhardenberg, Neuhardenberg, Germany, 17th July 2008
<Disc 1>
1 Free As The Wind 2 band introduction by Joe Sample 3 I Felt The Love 4 introduction by Joe Sample 5 A Ballad For Joe (Louis) 6 introduction by Nils Landgren 7 Get Out Of My Life Woman 8 Spiral

<Disc 2>
1 introduction by Joe Sample 2 Way Back Home 3 introduction by Joe Sample 4 So Far Away 5 Put It Where You Want It 6 introduction by Joe Sample -with Funk Unit- 7 Sweet N' Sour (fade out)

◇Personnel;
Joe Sample (piano)
Nils Landgren (trombone, vocals)
Wilton Felder (tenor sax)
Ray Parker Jr. (guitar)
Forrest Robinson (drums)
Nick Sample (bass)
[Funk Unit]
Magnum Coltrane Price (bass)
Magnus Lindgren (alto sax, flute)
Sebastian Studnitzky (trumpet)
Adam Karsnas (percussion)



クルセイダーズ with スティーヴ・ガッド
Way Back Tokyo
Wildlife-005
AUD
2CD-R
\4,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


2008年2/27、Steve Gaddを迎えておこなわれたTHE CRUSADERSの東京公演(セカンド・ショウ)を極上音質のオーディエンス録音にて完全収録。

Stix Hooperの個性溢れるグルーヴが特徴的なクルセイダーズ・サウンドを名匠Steve Gaddがどう料理するのか、そういったファンの興味も尽きない今回のツアー、「Sweet N’ Sour」「Spiral」「Snowflake」といった70年代の楽曲を中心に据えた来日公演はファンの期待を裏切らない素晴しいものとなりました。その中でもこの日は、中間部で「Carnival Of The Night」から「Hard Times」という最高の流れの名演をも残しており、今回のツアーのベストセットとい言っても過言ではない大満足の内容となっています。肝心の音質に関しても、非常に高音質のオリジナル・オーディエンスマスターにデジタルリマスタリングを施しており、サウンドボードを凌駕するといっても過言ではない素晴しいクオリティを実現、全楽器の出音をバランス良く非常に生々しく捉えており文句無しの仕上がりとなっています。中でもガッドのドラムの音色の再現性の素晴しさは特筆に値するもので、バスドラの風圧から鳴り物の鮮やかな音色、唯一無二のスティック捌きが目の前で繰り広げられているのではないかと錯覚を起こしてしまうほど、「Carnival Of The Night」と「Snowflake」に組み込まれた2度の熱いドラムソロは、これを聴かずに死ねるか!といった素晴しさです。

◆Live in Tokyo 27th February 2008 [2nd show]
<DISC 1>
1.Sweet N' Sour 2.band introduction by Joe Sample 3.Viva de Funk 4.It Happens Everyday 5.Street Life 6.Way Back Home 7.Carnival Of The Night 8.Steve Gadd drum solo #1 9.Carnival Of The Night (reprise)

<DISC 2>
1.Hard Times 2.Spiral 3.Snowflake 4.Steve Gadd drum solo #2 5.Snowflake (reprise) 6.Put It Where You Want It
-encore-
7.introduction by Ray Parker Jr. (It's Time To Party Now ~ A Woman Needs Love) 8.Ghost Busters ("Cru-Saders!")

◇Personnel;
Joe Sample (key)
Wilton Felder (sax)
Ray Parker Jr. (g)
Nils Landgren (tb)
Nick Sample (b)
Steve Gadd (ds)



クルセイダーズ
Snowflake In Colchester 1978
Our Prayer-026
SBD
1CD-R
\2,800
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


The Crusadersの1978年英国Colchesterでのライブを、放送用ステレオ・サウンドボード・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。『Images』リリース後におこなわれたツアーの最終公演を、時代を全く感じさせない超高音質、完璧なステレオ分離にて記録した必聴のアイテムです。

時代を感じさせないのはその色褪せない演奏も同様、各方面にその才能を如何なく発揮していた70年代後半のJoe SampleのピアノプレイとStix Hooper&Wilton Felderの味わい深い絡みはやはり唯一無二のクルセイダーズ・サウンドの醍醐味、またPopwellのボトムで躍動するベースとBilly RogersのツボをおさえたギターワークもWayne HendersonとLarry Carlton脱退の穴を補って余りある素晴しい内容です。翌79年リリースの『Street Life』が大当たりを記録し大きな方向転換の契機となるだけに、70年代の代表曲がバランスよく収録された本公演はこの時期のファンにとって正に垂涎のリリース、冒頭「Chain Reaction」の各人順次なだれこむイントロからラスト「Spiral」ポップウェルのベースソロでの終演まで、間違いなく至福のひとときとなることでしょう。

Joe Sample (Keyboards)
Wilten Felder (Saxophone)
Robert “Pops” Popwell (Bass)
Stix Hooper (Drums)
Billy Rogers (Guitar)

◆North Essex Poly Tech, Colchester, UK, 1978
1.Chain Reaction 2.Sweet 'n Sour 3.I Felt The Love 4.Snowflake 5.Drum Solo 6.Crossfire 7.Put It Where You Want It 8.Spiral



クルセイダーズ
French Riviera 1976
Rainbow Seeker Records-028
AUD
1CD-R
\3,400


「逆輸入十字軍フランス上陸」。ラリー・カールトン在籍最後期の大変貴重なライブ音源が発掘されました。1976年7/24、フランスのLe Castelletでおこなわれた"Riviera '76 Festival Jazz-Rock"におけるクルセイダーズのライブを、高音質オーディエンス録音にて収録したものです。

元マスターは良好な音質ながらのっぺりとした印象のモノラル音源でしたが、レーベル・オリジナルのリマスターが施されたことにより、別マスターと聴き違えるような高音質音源へと生まれ変わっています。名盤『南から来た十字軍』をリリースしたこの時期のライブは数少ないだけに、ファンであれば絶対におさえておきた1枚といえるでしょう!

◆"Riviera '76 Festival Jazz-Rock" Circuit Paul Ricard, Le Castellet, France 24th July 1976 [EX-Audience Recording / 2013 Digitally Remastered]

1. Intro 2. Stomp And Buck Dance 3. Drums Solo / Lilies Of The Nile 4. Put It Where You Want It 5. Greasy Spoon 6. Soul Caravan 7. Spiral 8. Way Back Home

◇Personnel; Wilton Felder : saxes / Joe Sample : keys, piano / Stix Hooper : drums / Robert "Pops" Popwell : el-bass / Larry Carlton : el-guitar



クルセイダーズ
More Scratch
Our Prayer-035
SBD
1CD-R
\2,800
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


Larry Carlton在籍時のクルセイダーズの名音源、1973年シアトル公演が24bitデジタルリマスタリング・バージョンで登場。

1973年春、ワシントン大学キャンパス内のHec Edでおこなわれたとされる往年のファンにはお馴染みのライブ音源、一般に“サウンドボード録音”とされていますが、マルチトラックの卓流れの音源ではなく、バンドメンバーに許可を得た関係者がステージ上に配置した左右2本のマイクから収録されたライン音源です。この2本のマイクの配置がこの上ない絶妙なポジショニングだったようで、ライブ録音の最高峰とも言える究極の高音質による収録となっていることは、一度でもこの音源を耳にしたことのあるファンの方であれば殊更の説明は不要なはずです。今回のリリースに際しては、さらに各楽器の輪郭を明瞭にするエンハンスに重点をおいたリマスタリングを施しており、まだこの音源を未体験の方は勿論、既にお馴染みのファンの方にも是非聴いていただきたい極上の仕上がりとなっています。

◆University of Washington, Seattle, WA, USA, Spring 1973
1.introduction 2.Put It Where You Want It 3.Watts Happening 4.Message From The Inner City 5.Treat Me Like Ya Treat Yaself 6.Eleanor Rigby 7.Young Rabbits ~ drum solo 8.Don't Let It Get You Down 9.So Far Away

◇Personnel;
Joe Sample (keyboards)
Wilton Felder (tenor sax)
Wayne Henderson (trombone)
Stix Hooper (drums)
Larry Carlton (guitar)
Luther Hughes (bass)