コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます



クーパー・テンプル・クロース
SHOT FROM EVERY ANGLE
SYLPH-0522
AUD
2CD-R
\5,500


ニューアルバムを引っ提げて来日を果たしたUKロックバンド「ザ・クーパー・テンプル・クロース」の2003年ジャパンツアーより、10月16日東京公演(最終日)を、激ヤバの超高音質にて完全収録!!迫力・バランス・臨場感も最高!!これは文句無しにカッコイイっす!!さらにオマケとして2002年フジロックでのサウンドボード1曲をプラス。

内容は、ニューアルバムのナンバーを中心に1stのスピーディーなナンバーを盛込み、タップリ90分のパフォーマンス!!重厚で攻撃的なサウンドと美しいメロディのオンパレード。存在感のあるベンのヴォーカルはもちろん、ドラマティックな楽曲の数々を抜群の演奏力で披露しています。目玉としては最終日のみ、なんと「Safe Enough Distance」をプレイ!!ですので今ツアーでは、この日のみ1曲多いです。音質バッチリのファン必携メモリアル・アイテムです!!超オススメっす!!

DISC-ONE
1.A.I.M. 2.DEVIL WALKS IN THE SAND 3.FILM-MAKER 4.MURDER SONG 5.NEW TOYS 6.THE SAME MISTAKES7.BLIND PILOTS 8.BEEN TRAINING DOGS 9.THE LAKE 10.MUSIC BOX

DISC-TWO
1.SAFE ENOUGH DISTANCE AWAY 2.WHO NEEDS ENEMIES? 3.AMBER 4.TALKING TO A BRICK WALL 5.DID YOU MISS ME? 6.PANZER ATTACK 7.PROMISES,PROMISES 8.LET'S KILL MUSIC9.FILM-MAKER*
*BONUS TRACK:7/28/2003 NAEBA(SOUNDBOARD)



クーパー・テンプル・クロース
SEEING THE POTENTIAL
SYLPH-0096
AUD
1CD-R
\3,560


重厚で攻撃的なサウンド、UKロックの「結晶」ともいえる美しいメロディとそれをドラマティックに響かせる抜群の構成力。無限大の可能性を感じさせる「ザ・クーパー・テンプル・クロース」の2002年初単独ジャパンツアーより東京公演を超高音質にて完全収録!!各雑誌での絶賛を証明するかのごとく、メンバー全員のぶっ壊れ具合がヤバすぎる衝撃度200%のパフォーマンス!!とにかく暴れぷり、切れっぷりが凄すぎます!!緊張感漂うステージは、まさに圧巻!!(曲間でのMCは和やかです)28日「Murder Song」ではGuitar、Danのギターのシールドが抜けるハプニングがあり、会場大爆笑です!!新人らしからぬ複雑な音構成と耳に残る楽曲もただものではないカッコ良さ!!ロックファン必聴アイテムが登場です!!

(レヴュー)英国期待のニューカマー、その単独初来日公演だけあって歓声がもう、このバンドに懸ける感を痛いくらいに感じさせる。「コンニチハ、ミンナ、ボクタチハ・・・」という初々しいMCを挟んで、演奏から溢れ出る気迫あるいはガッツは、確かに彼らがそれだけのミュージシャンであることを、聴き手であるコチラに確信させる。オーディエンス録音ゆえに、ギターの細かいタッチは上手くキャッチし切れていない。けれどオリジナル盤では希薄だった、それこそライヴならではの低音の凄みが、逆に上手く収められているのが魅力的。特に、代表曲へ移行する、その瞬間のダイナミズムは、本当に圧倒的な音圧で捉えられていて、あ、そうか、そこから溢れ出る緊張感こそが、このバンドの魅力なんだった、って強く思わせる。だけど、そういったことに耳を奪われていると、ああ、またヴォーカルであるベンの拙い日本語MCが入る。たぶん、ここに収められた、初々しいキャラクターと迫力ある演奏は、これからバンドが成長してゆく過程において、大きく変化するもので、つまり、やがて損なわれる新人らしさを記録した貴重な1枚とも言える。

2002/03/27 SINJYUKU RIKIDROOM
DID YOU MISS ME?/THE DEVIL WALKS INTHE SAND/WHO NEEDS ENEMIES?/FILM MAKER/THE LAKE/PANZER ATTACK/AMBER/DIGITAL OBSERVATIONS/WAY OUT WEST/BEEN TRAINING DOGS/LET'S KILL MUSIC/MURDER SONG



クーパー・テンプル・クロース
COULD BE SO GOOD
SYLPH-0095
AUD
1CD-R
\3,560


2002年初単独ジャパンツアーより東京公演を超高音質にて完全収録!!各雑誌での絶賛を証明するかのごとく、メンバー全員のぶっ壊れ具合がヤバすぎる衝撃度200%のパフォーマンス!!とにかく暴れぷり、切れっぷりが凄すぎます!!緊張感漂うステージは、まさに圧巻!!新人らしからぬ複雑な音構成と耳に残る楽曲もただものではないカッコ良さ!!ロックファン必聴アイテムが登場です!!

(レヴュー)オーディエンス録音だけあって、冒頭、観客の雑談が少し邪魔くさい。しかしCDを回転させて4分ほど経ったところでプレイが始まると、その雑談はバンドが一丸となって出す強い筆力によって、見事に塗りつぶされる。初日公演の盛り上がりを受けてか(この日は単独初来日公演2日目)、バンドはさらにタイトな演奏を聴かせている。観客の歓声が多く含まれているが、そのことが逆に、この日の異様な盛り上がりを伝えている。4の最後、「コンバンハ」とか「ノッテルカ?」とかのMCは些か拍子抜けの感があり、続く怒濤の流れは、そういうコミカルな面ないしファンと分け合う親密感など実はこのバンドには不必要なものなのではないか、ということを少し考えさせる。しかし素晴らしいのは、ドラムのアタックを強く響かせる。混沌が混沌を生んでいる、けれど混沌がうねる、そういう様が見事にキャッチされている。終局、壮大に響くキーボードをクリアーに捉えている音像も、うれしい。演奏が終わった途端、観客が話し始る、その瞬間がある意味、ライブ感を巧く演出している。

2002/03/28 SHIBUYA QUATRO
DID YOU MISS ME?/THE DEVIL WALKS INTHE SAND/WHO NEEDS ENEMIES?/FILM MAKER/THE LAKE/PANZER ATTACK/AMBER/DIGITAL OBSERVATIONS/WAY OUT WEST/BEEN TRAINING DOGS/LET'S KILL MUSIC/MURDER SONG