コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます



クラッシュ
無線衝突 RARE TRACKS COLLECTION
WR-294
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


”ザ・クラッシュ”究極のレア・トラック・コレクションが遂に登場!

本タイトルは、”セックス・ピストルズ”と並ぶ伝説のパンク?!・バンド“ザ・クラッシュ”の未発表曲、デモ音源、オルタネイト・ヴァージョン、別ミックスなどなどを贅沢に収録した待望のタイトルです。”セックス・ピストルズ”解散後もパンク・ロック界を牽引し続けた彼らの歴史をオリジナル・アルバム未収録曲で辿る究極のコレクターズ・アイテム!1曲目の「CLASH CITY ROCKERS」(ピッチ修正版)から感動の名曲「THIS IS ENGLAND」の12インチ・ヴァージョンまで全23曲、貴重な音源が目白押しの永久保存盤です!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
The Clash Unreleased Tracks, Demos, & Rare Version.

01. Clash City Rockers[Alternative Version]
02. Remote Control[7"Version(Mono)]
03. 1977[Polydor Demo]
04. Janie Jones[Polydor Demo]
05. London's Burning[Polydor Demo]
06. White Riot[Polydor Demo]
07. Career Opportunities[Polydor Demo]
08. 1-2 Crush On You[Polydor Demo]
09. Pressure Drop[Polydor Demo]
10. The Prisoner[Polydor Demo]
11. White Man In Hammersmith Palace[Alternate Version]
12. City Of The Dead[Non Album Track]
13. Capital Radio Two[Non Album Track]
14. I'm So Bored With The U.S.A.[Unreleased Demo]
15. White Riot[Alternate Demo Mix]
16. I Fought The Law[U.S.12"Promo Version]
17. Bankrober[7" Version]
18. One Emotion[Unreleased]
19. Radio Clash[Non Album Track]
20. Heart & Mind[Unreleased]
21. Train In Vain[7" Mix Version 1991]
22. Should Stay Or Should I Go[7"Mix Version 1991]
23. This Is England[12"Version]



クラッシュ
RUDE BOY-SOUNDTRACK-
GSCD-024
SBD
1CD-R
\3,000
<SOLD OUT>


1980年に製作されたザ・クラッシュ伝説のロッキュメンタリー「ルード・ボーイ」のサウンド・トラック盤(未発売)が約30年の時を超え、パンク専門”GOD SAVE”レーベルより遂にリリース!

映画「ルード・ボーイ」は、1978年、ロンドン、ヴィクトリア・パークで行われたイベント「ROCK AGAINST RACISM」「OUT ON PAROLE TOUR」「SO IT OUT TOUR」でのステージ・シーンや名盤「動乱」のレコーディング風景などをふんだんに織り込み、メンバーを取り巻く当時のザ・クラッシュ・ファンを真正面から描いた(B級映画的なドラマ・シーンを含む)伝説の映画なのは言うまでもありません。映画の内容はともかく??随所に散りばめられた演奏シーンは、かなりの圧巻です!

本タイトルは、その映画の中での演奏部分をダイレクトにチョイスし収録した,、ザ・クラッシュ・ファン待望の映画「ルード・ボーイ」サウンド・トラック盤です!!

01. Rude Boy Advert
02. Rudie Can't Fail(Demo)
03. Revolution Rock(Instrumental)
04. The Prisoner(Music Hall,Aberdeen/July 5th 1978)
05. White Riot(Music Hall,Aberdeen/July 5th 1978)
06. White Man In Hammersmith Palais(Glasgow Apollo/July 4th 1978)
07. I'm So Bored With The USA(Glasgow Apollo/July 4th 1978.)
08. Janie Jones(Glasgow Apollo/July 4th 1978)
09. White Riot(Glasgow Apollo/July 4th 1978)
10. Police And Thieves(Birmingham Top Rank/July 12th 1978)
11. Tommy Gun(Dumfermline Kinema/July 6th 1978)
12. Complete Control(London Music Machine/July 27th 1978)
13. Safe European Home(London Music Machine/July 27th 1978)
14. What's My Name(London Music Machine/July 27th 1978)
15. English Civil War(London Lyceum/March 1th 1979)
16. I Fought The Law(London Lyceum/December 28th 1978)
17. London's Burning(Victoria Park,Hackney,London/April 30th 1978)
18. White Riot(Victoria Park,Hackney,London/April 30th 1978)
19. Garageland(Rude Boy Outtake)
20. Good Times Roll(Rude Boy Outtake)
21. No Reason(Rude Boy Outtake)
22. All You Young Cunts(Rude Boy Outtake)
23. Stay Free(Rude Boy Outtake)



クラッシュ
Remixes&Rare (2in1 plus)
GSCD-019
SBD
1CD-R
\2,600
個数


セックス・ピストルズと並びロンドン・パンクの創始者でありながら、通常のパンク・ロックの枠にとらわれず、レゲエやダブなどの音楽的要素を大胆に取り入れ、独自の個性を確立してシーンに大きな影響を与えた。ザ・クラッシュ!

1990年U.K.で発売されたハーフ・オフィシャル盤「TWELVE INCH MIXES」と1992年ドイツで発売された「RETURN TO BRIXTON」の2枚(ともに現在は入手困難)をカップリング、さらに名盤「サンディニスタ」のアウト・テイクまでも収録した超貴重、奇跡の1枚!!

TWELVE INCH MIXES(Remix 5tracks 1992/GERMAN)
01. London Calling
02. The Magnificent Dance
03. This Is Radio Clash
04. Rock the Casbah
05. This Is England

RETURN TO BRIXTON(Rare 4tracks 1990/U.K.)
01. Return To Brixton
02. Return To Brixton (Extended Mix)
03. Return To Brixton (SW2 Dub)
04. The Guns of Brixton

SANDINISTA OUTTAKES (5outtakes + 1live Summer/1980)
01. Every Little Bit Hurts
02. Louie Louie
03. Blonde Rock 'n' Roll
04. King Of The Road
05. Midnight To Stevens
06. Lightning Strikes (Not Once But Twice)



クラッシュ
ROCKERS GALORE
CLASH-001
SBD
1CD+1DVD-R
\3,800
個数


全世界のTHE CLASHファンが発売を待ち望んでいた幻のプロモ・オンリー・サンプラーCDが遂に登場!!

The Clash(ザ・クラッシュ)全盛期を支えた名エンジニア、Bill Price(ビル・プライス)により名盤バックカタログが一挙デジタル・リマスター化、さらに未発表ライヴ音源で構成されたアルバム「From Here to Eternity」がリリースされた1999年にアメリカでの発売元「Epic」が制作しプロモーションの為に配布(配布された枚数があまりに少なかった為、マニアの間では幻の超貴重盤!現在では某・オークションサイトで高額で取引されています)したというプロモ・オンリー・サンプラーCDが本作「Rockers Galore」です。

First Album「THE CLASH」から「COMBAT ROCK」までの5枚のオリジナル・アルバムとライブ・アルバム「From Here to Eternity」から厳選されたベスト的内容の11曲収録、そして曲間に各メンバーへのインタビュー(各メンバーが生の声で語るTHE CLASHヒストリーは歴史的にも超貴重)を交えた全24トラックを収録した、まさに超プレミアムな1枚!さらに、実は25トラック目にシークレット音源(このCDでしか聞けない超貴重な未発表ライブ音源2曲収録、うち1曲は、まさか、クラッシュが!!なんと、伝説の、あのバンドのカヴァー!買ってからのお楽しみ!)が収録されています!

そして、初回盤には、これまた、うれしいTHE CLASHの選りすぐりのプロモ・クリップ(懐かしのオフィシャル・ビデオ「THIS IS VIDEO CLASH」の選曲を再現)を高画質・高音質で収録したDVDR付!

マニアの方は、もちろん、初心者の方にも、これ一枚でTHE CLASHが丸わかりの至れり尽くせり、納得の永久保存盤です!!

CD 
01. Complete Control - from From Here To Eternity
02. Paul Simonon - on the beginnings of The Clash
03. Mick Jones - on the beginnings of The Clash
04. Joe Strummer - on the beginnings of The Clash
05. Mick Jones - more on the beginnings of The Clash
06. Janie Jones - from The Clash
07. Paul Simonon - on naming the band
08. White Riot - from The Clash
09. Topper Headon - on how he joined the band
10. Tommy Gun - from Give 'Em Enough Rope
11. Paul Simonon & Mick Jones - on why Train In Vain wasn't listed on London Calling
12. Train In Vain - from London Calling
13. Paul Simonon - on reggae influences and singing for the first time
14. The Guns Of Brixton - from London Calling
15. Paul Simonon - on reggae and working with Mikey Dread
16. Rockers Galore - featuring Mikey Dread - B side of Train In Vain
17. Mick Jones - on Sandinista! & The Magnificent Seven
18. The Magnificent Seven - from Sandinista!
19. Joe Strummer - on the political nature of the band
20. Police On My Back - from Sandinista!
21. Joe Strummer - on inspiration for Rock The Casbah
22. Rock The Casbah - from Combat Rock
23. Joe Strummer - on the state of British rock music in 1980 – 1981
24. Straight To Hell - from From Here To Eternity
25. seacret tracks ?????

BONUS DVDR
01. Tommy Gun
02. London Calling
03. Bankrobber
04. Train In Vain
05. The Call Up
06. This Is Radio Clash
07. Rock The Casbah
08. Should I Stay Or Should I Go



クラッシュ
Rat Patrol From Fort Bragg
GOD SAVE
SBD
1CD-R
\3,200
個数


緊急限定販売!!THE CLASHの名盤「COMBAT ROCK」のMICK JONESプロデュース&ミックス版「RAT PATROL FROM FORT BRAGG」がデジタルリマスターで装いも新たに登場!なんと正規アルバム未収録曲3曲収録!!

当時、MICK JONESプロデューースで制作、発売される予定だった「RAT PATROL FROM FORT BRAGG」(COMBAT ROCK)ですが、JOE、PAUL対MICKの対立(その後、MICKは脱退)などからお蔵入りとなってしまった幻の音源。以前、高額2枚組(「RAT PATROL FROM FORT BRAGG」は1枚目、2枚目はインストばかりで、しかも寄せ集め的内容の為、憤りを感じた方も多いはず?!)で市場に出回っていましたが、今回は「RAT PATROL FROM FORT BRAGG」のみをSPECIAL PRICEでスッキリ1枚に収録。「COMBAT ROCK」よりロック色の強いサウンド(ヴォーカルも別テイク)が楽しめます。

真実の「COMBAT ROCK」を聴かずしてTHE CLASHは語れない!!

01. Know Your Rights
02. Car Jamming
03. Should I Stay Or Should I Go
04. Rock The Casbah
05. Red Angel Dragnet
06. Straight To Hell (Extended Mix)
07. Overpowered By Funk (Demo)
08. Atom Tan
09. Sean Flynn
10. Getto Defendant
11. Inoculated City
12. Death Is A Star
13. Walk Evil Talk
14. The Beautiful People Are Ugly
15. Kill Time
16. First Night Back In London
17. Cool Confusion
18. Innoculated City (Uncensored)

THE CLASH :
Joe Strummer
Mick Jones
Paul Simonon
Topper Headon



クラッシュ
CUT THE CRAP -Out Of Control Sessions-
GSCD-014
SBD
1CD-R
\3,000
個数


WE ARE THE CLASH !! PUNK専門レーベル”GOD SAVE”から伝説のバンド“THE CLASH”の貴重なレコーディング・セッション音源が登場!!

本タイトルは、1982年、ドラマー“トッパー・ヒードン解雇、1983年、ギタリスト”ミック・ジョーンズ“脱退後、1985年にリリースされた実質的にクラッシュ最後のアルバムとなった「CUT THE CRAP」のレコーディング・セッション(通称Out Of Control Session)を忠実に記録したものであり実質的にはジョー・ストラマー主導のもとに録音されたものと思われます。オフィシャル「CUT THE CRAP」のシンセ・サウンドが大胆に導入されたデジタルなサウンドとは違った生のバンド・サウンドを聴くことが出来ます。

一般的に「CUT THE CRAP」はリリース時、商業的に惨憺たる結果(先行シングル”THIS IS ENGLAND”は少ヒットしたが?!)に終ってしまった旧メンバーも含めた純粋なクラシュ・ファンからは存在しない、存在を認めたくないアルバムとして語られていますが、今こうして生のバンド・サウンドで演奏される楽曲を聴くと決して悪くありません。むしろ、このセッション時のアレンジ、音でリリースされていたら、アルバム「CUT THE CRAP」は全く違った評価が得られたに違いありません。それだけに、本タイトルは聴きごたえ満点の貴重なものであります!

さらに新ラインナップ(ザ・クラッシュ2と呼ばれることもある)による1984年グラスゴー、シアトル、パリでのライブ音源(サウンドボード録音)と「THIS IS ENGLAND」のオルタネイト・バージョン、U.K.シングル「THIS IS ENGLAND」B面曲「DO IT NOW」をボーナス・トラックとして収録!!

これを聴けば「CUT THE CRAP」の見方が変わること間違いなしです!!

01. Dictator
02. We Are the Clash
03. Are You Ready for War
04. This is England
05. Three Card Trick
06. In the Pouring Rain
07. Glue Zombie
08. Ammunition
09. National Powder
10. Galleani
11. This is England
12. Rock N Roll City
13. Out of Control
14. Sex Mad War
15. Backwoods Drive
Recorded at LUCKY 8 STUDIO November 1983.

bonus track
16. Glue Zombie (Glasgow Feb 10th 1984)
17. In the Pouring Rain (Seattle May 30th 1984)
18. Are You Ready for War (Seattle May 30th 1984)
19. Ammunition (Palis March 1th 1984)
20. This is England (Alternate Mix)
21. Do It Now (U.K. Single“This Is England”B-side)



クラッシュ
On Broadway 4-The Outakes
JERK VINYL-005
SBD
1CD-R
\3,100
個数


91年にオフィシャルリリースされたCD3枚組ボックス・セット「ON BROADWAY」のアウトテイク集、最近ではほぼ市場で見かけることの無くなった“On Broadway 4-The Out Takes”を新たにデジタルリマスタリングしなおし、かなりの音質アップに成功した決定盤アイテムがJERK VINYLレーベルより登場しました!

元々ヒスノイズが強くドンシャリだったダメ音源を丁寧にデジタルリマスタリングすることにより見事なまでの音質アップに成功しています。各アルバム、シングル(当然B面曲も)からのRE-MIXや別バージョン等、レア・トラックばかりを収録しており、珍しい「CUTTHECRAP」期のナンバー、ELLENFOLEYをFeat.した「SANDINISTA!」のアウトテイクやJANIEJONES&THELASH名義でリリースされた「HOUSEOFTHEJUJUQUEEN」デモまで全24曲、たっぷり79分収録しています。ON BROADWAYの4枚目と呼ぶに相応しいファンマストアイテムに仕上がっています。

1. Rock The Casbah (with Rankin Rodger)
2. Guns Of Brixton (Alternate Mix)
3. Train In Vain (Remix) 
4. White Man In Hammersmith Palais (Alternate RAR)
5. Glue Zombie (Glasgow 10 Feb 1984)
6. This Is England (Alternate Mix)
7. In The Pouring Rain (Seattle 30 May 1984)
8. Are You Ready For War (Seattle 30 May 1984)
9. Fingerpoppin (12" AOR Mix)
10. Bonds Reports
11. Dirty Harry (The Full Radio Mix) 
12. We Are The Clash (Cut The Crap)
13. Ammunition (Paris 1 Mar 1984)
14. Unknown (Columbus Ohaio 9 May 1984 Sound Check)
15. King Of The Road (Sandinista Outtake with Norman Watt Roy On Bass)
16. Blonde Rock & Roll / Ellen Foley (Sand Out)
17. White Riot (26 Apr 1977 Remixed Minus The Back Vocal)
18. Know Your Rights (Combat Rock Outtake 26 Apr 1977 Remixed) 
19. Overpowered By Funk Instru. (Combat Rock Outtake)
20. Louie Louie (Sandinista Outtake)
21. Garageland (Alternate - Rude Boy Outtake - Complete)
22. House Of The Ju Ju Queen (Demo Dec 1982)
23. Y.M.C.A. (WCBN Radio Sing-A-Long)



クラッシュ
Live at Montego Bay, Jamaica, November 26th, 1982
SBD
1CD-R
\3,800
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


クラッシュのルーツでもあるレゲエのメッカ・ジャマイカでの公演が、セカンドジェネレイション・マスターから丁寧に24ビット・デジタルリマスタリングされ、過去最高クオリティで登場。

Live at Montego Bay, Jamaica, November 26th, 1982

1. Introduction / 2. London Calling / 3. Police On My Back / 4. Guns of Brixton / 5. Magnificent Seven > Armagideon Time > Magnificent Seven / 6. Unco Partner / 7. Spanish Bombs / 8. One More Time / 9. Train In Vain / 10. Bankrobber / 11. Radio Clash / 12. Working For The Clampdown / 13. Should I Stay Or Should I Go? / 14. Rock The Casbah / 15. Straight To Hell (fade out) / 16. (fade in) I Fought The Law



クラッシュ
AT MEMORIAL COLISEUM
WR-195
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


”ザ・クラッシュ”1982年、ロサンゼルス・メモリアル・コロシアムでの白熱のライブを高音質サウンドボード・リマスター音源で収録したタイトルが登場!

本タイトルは、“ザ・フー”の1982年、セカンド・アメリカン・ツアー(ラスト・コンサート)のオープニング・アクトとして起用された“ザ・クラッシュ”のステージを収録した貴重なタイトルです。同年5月、アルバム「COMBAT ROCK」リリース直前、ドラムのトッパー・ヒードンがドラッグ問題で脱退(クビ)し、初期のドラマー”テリー・チャイムズ“”を急遽サポートに迎え、まるでデビュー当時に戻ったような激しい演奏を展開しております!
翌年、“ミック・ジョーンズ“の脱退によりバンド崩壊へ転げ落ちる直前の最後の勇姿と言っても過言ではない。”ジョー・ストラマー“亡き後、2度とありえない”ザ・クラッシュ“の歴史的にも貴重なタイトルです!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Memorial Coliseum, Los Angeles, CA. October, 29th 1982.

01. London Calling
02. Police On My Back
03. The Guns of Brixton
04. This Is Radio Clash
05. Spanish Bombs
06. Rock the Casbah
07. The Magnificent Seven
- Armagideon Time
- The Magnificent Seven
08. Janie Jones
09. Train In Vain
10. Tommy Gun
11. Clampdown
12. Brand New Cadillac
13. Should I Stay Or Should I Go?
14. I Fought the Law



クラッシュ
BRIXTON FAIR DEAL COMPLETE 1982
WR-441
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


後期“ザ・クラッシュ”1982年、ロンドン・ブリクストン・フェアー・ディールでの白熱のステージを高音質サウンドボード音源(2枚組)で収録した貴重なタイトルが登場!

本タイトルは、御存知、“ザ・クラッシュ”のCOMBAT ROCK TOURより1982年7月、ロンドン・ブリクストン・フェアー・ディールでのライブを収録したタイトル。以前、出回っていたモノは、音質が悪かったり完全版じゃなかったりしていましたが、今回のタイトルは、コンプリート・アップグレード版!トッパ―・ヒードンが脱退(クビ)になり活動が危ぶまれた彼らですが、初代ドラマーであるテリー・チャイムズが復帰、テリーならではのタイトなドラミングは圧巻。後期、ザ・クラッシュの迫力のステージを存分に堪能出来る必聴のコレクターズ・アイテムです!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Fair Deal, Brixton, London, UK, July 30, 1982.

DISC ONE
01. Introduction / 02. White Riot / 03. London Calling / 04. This Is Radio Clash / 05. The Leader / 06. Career Opportunities
07. Guns of Brixton / 08. Somebody Got Murdered / 09. Rockers Galore - Bankrobber / 10. The Magnificent Seven
11. Know Your Rights / 12. Train in Vain / 13. Charlie Don't Surf / 14. Janie Jones

DISC TWO
01. Rock the Casbah / 02. Police on My back / 03. Safe European Home / 04. Clampdown / 05. Ghetto Defendent / 06. Armagideon Time
07. Brand New Cadilac / 08. Stay Free / 09. English Civil War / 10. Stright to Hell / 11. Should I Stay or Should I Go
12. Police and thieves / 13. I fought the Law / 14. Garageland



クラッシュ
Topper’s LAST DAYS
GSCD-012
SBD
1CD-R
\2,900
個数


PUNK専門レーベルGOD SAVEより、THE CLASHのドラマー、トッパー・ヒードンのラスト・ステージが高音質サウンド・ボード音源で登場です!!

1970年代後半、世界を巻き込んだパンク・ムーブメントの中にありパンク・ロックの枠にとらわれず、レゲエやダブなどの音楽的要素を貪欲に吸収し、独自の個性を確立してロック・シーンに大きな影響を与えたTHE CLASH!!数あるパンク・バンドの中でも最も成功したバンドと言っても過言ではありません。

名盤「LONDON CALLING」~「SANDINISTA」~「COMBAT ROCK」の流れの中、不動の4人(ジョー・ストラマー、ミック・ジョーンズ、ポール・シムノン、トッパー・ヒードン)として世界にクラッシュの名を知らしめ活動絶頂期にあると誰しもが思っていた1982年、以前からドラッグを常用していたドラムのトッパー・ヒードンがバンドから脱退(当時、バンド側はドラック問題によるヒードン脱退の理由を隠し、疲労によるものと発表した)されるというショッキングな事件が起こりました。

その後、さらにはリード・ギタリストのミック・ジョーンズが脱退。 残されたジョー・ストラマーとポール・シムノンは若いメンバー3人を迎えた新体制で再出発を図るが、リリースされたアルバム『CUT THE CLAP』はメディア、ファン両者から見向きもされず、結局バンドは解散する事となりました。

本作は、その後のクラッシュ崩壊の発端であり原因のひとつでもあるトッパー・ヒードンのクラッシュでの最後のステージ(オランダLOCHEM FESTIVAL)を高音質サウンド・ボードで収録した歴史的なタイトルです!!

この日が最後のステージになる事をトッパー自身わかっていたのかどうかは定かではありませんが、新旧の名曲を織り交ぜたテンションの高い演奏は、まさにベスト・オブ・ベスト!!ミックのLONDON CALLINGのアナウンスの後、いつ聴いても鳥肌モノの、あのイントロ!!からラストのCLAMPDOWNまで、一瞬も聴き逃せない緊迫した素晴らしいステージが目の前で展開されているかのような臨場感!!絶対に手元に置いておきたい貴重なタイトルです!!

LOCHEM FESTIVAL,HOLLAND May 20th, 1982.

01. London Calling 02. Safe European Home 03. The Guns of Brixton 04. Train In Vain 05. Clash City Rockers 06. Know Your Rights 07. The Magnificent Seven 08. Ghetto Defendant 09. Should I Stay or Should I Go 10. Police and Thieves 11. Brand New Cadillac 12. Bankrobber 13. Complete Control 14. Career Opportunities 15. Clampdown



クラッシュ
Made In Hong Kong
WR-155
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


“ザ・クラッシュ”1982年、迫力の香港公演を高音質サウンドボード音源(2枚組)で収録したタイトルが登場です!

本タイトルは、1月の最初で最後の来日公演の翌月に行われた香港公演を収録した貴重なタイトル!”ザ・クラッシュ”の歴史の中で1番の絶頂期とも言われている時期のライブだけにテンションの高い緊張感溢れるステージを展開しております。ほぼ日本公演の流れに沿ったセット・リストで新旧の名曲を織り交ぜたステージは必聴です!オープニングの「LONDON CALLING」イントロのギターを聴いただけでノックアウト!
来日公演のサウンドボード完全版が出回ってないだけに、来日公演の興奮を再現出来る唯一のタイトルです!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at AC Hall, Hong Kong, China, February 25, 1982.

SIDE ONE
01. London Calling
02. Washington Bullets
03. Tommy Gun
04. Guns of Brixton
05. Train in Vain
06. Know Your Rights
07. The Magnificent Seven
08. Ivan Meets G
09. White Man in a Hammersmith Palais
10. Wrong em Boyo
11. Koka Kola
12. Broadway
13. I Fought The Law
14. Career Opportunities

SIDE TWO
01. Janie Jones
02. The Call Up
03. Brand New Cadillac
04. Somebody Got Murdered
05. Clampdown
06. Charlie Don't Surf
07. Police And Thieves
08. Stay Free
09. Armagideon Time
10. Safe European Home



クラッシュ
This Is Radio Clash
GOD SAVE
SBD
2CD-R
\4,000
個数


幻の音源「LIVE AT SHEA STADIUM」が発掘されCD化されたり、ライブ映像ヒストリー「LIVE REVOLUTION ROCK」のDVDが発売されたりと、にわかに盛り上がっている何度目かのTHE CLASHブームの中、1981年、NEW YORK,BONDSで行われたTHE CLASH伝説の16夜連続ライブから5月9日の音源(+インタビュー&5月8日の音源5曲)「THIS IS RADIO CLASH」が再登場で蘇ります。

約5年前、衝撃の発掘音源として高額で市場に出回り、あっという間に完売となった超ヒットアイテム。世界中のTHE CLASHファンが血眼になって探しても手に入れる事が難しいとされるもの。しかも、当時、オフィシャル・ライブ・アルバムとして発売する予定で収録されていたという噂もあっただけにメンバーのテンションは限界をはるかに上回り爆発寸前。もちろん音質もオフィシャル級(というかオフィシャル!)で保証付。

セットリストも前年末12月に発売された4th Album 「Sandinista」からの曲を中心に新旧織り交ぜたベストな選曲。1曲目の「LONDON CALLING」のイントロが始まった瞬間からラストの「WASHINGTON BULLETS」まで一音も聞き逃せない緊迫感。前代未聞の16夜連続ライブという事もありPUNK ROCKというカテゴリーから飛び出し孤高のロックンロール・バンドとして世界に認められたTHE CLASHの気合が痛いほど伝わるアイテム。

さらに、CDRでの再発ではありますが、ジャケット六つ折り仕様(広げるとNEWS PAPER風でカッコいいです)、バックインレイ、盤面に至るまで当時のまま完璧に再現。現在、オフィシャルで発売中の「LIVE AT SHEA STADIUM」よりもはるかに迫力のあるオリジナル・メンバー(SHEA STADIUM時はドラムのTOPPER脱退後で不在)でのサウンド。

この機会に、是非、あなたのお気に入りのTHE CLASHアイテムに加えてみては。

(※一部マスターに起因するノイズが多少ありますが不良品ではございませんので予め御了承ください。)

DISC.1
1 London Calling 2.Safe European Home 3.The Leader 4.Train In Vain 5.White Man In Hammersmith Palais 6.(This Is) Radio Clash 7.Corner Soul 8.The Guns Of Brixton 9.The Call Up 10.Bankrobber 11.Complete Control 12.Lightning Strikes 13.Ivan Meet G.I. Joe 14.Charlie Don’t Surf 15.The Magnificient Seven 16.Broadway 17.Somebody Got Murdered 18.Police & Thieves 19.Clampdown

DISC.2
1.One More Time 2.Brand New Cadillac 3.Street Parade 4.Janie Jones 5.Washington 5.Washington Bullets6.Interview,Radio and TV edits 7.This Is Radio Clash 8.Career Opportunities 9.Complete Control 10.I Fought The Law 11.Armagideon Time

Disc.1:1-19,Disc.2:1-5 Live At Bonds,Casino,9th June 1981.
Disc.2:6 Various Tv & Radio Edits Over The Opening Days.
Disc.2:7-11 Live At Bonds,Casino,8th June 1981.



クラッシュ
Concerts For The People Of Kampuchea-Complete Remastered-
GSCD-025
AUD
1CD-R
\3,000
個数


1979年に開催された「カンボジア難民救済コンサート」出演時のザ・クラッシュのステージを高音質オーディエンス(リマスター)で収録したタイトルがパンク専門”GOD SAVE”レーベルより遂にリリース!

ユニセフのワルトハイム国連事務局長とポール・マッカートニーの提唱で1979年12月26日~29日にロンドン・ハマースミス・オデオン劇場で行われたチャリティ・コンサート「Concerts For The People Of Kampuchea」は、ポール率いるウィングスとロッケストラ、クィーン、エルヴィス・コステロ、プリテンダーズ、スペシャルズ、ザ・フーなど当時のイギリス・ロック界を代表するビッグ・ネームが集結した伝説のイベントとして今も語り継がれています!

本タイトルは、中でも群を抜いて素晴らしいパフォーマンスで観客を魅了したザ・クラッシュのステージをコンプリート(現在までオフィシャル・アナログ盤で「Armagideon Time」1曲のみしか聴くことが出来なかった)で収録した歴史的にも貴重なタイトルです!

ザ・クラッシュ第1次絶頂期(名盤「ロンドン・コーリング」発表期)とも言われる79年だけあり、イベント用に厳選・凝縮されたセット・リストは、まさに79年のライブのベスト・オブ・ベスト!今、聴いてもメンバーの気合がヒシヒシと感じられる迫力のサウンドです!

Concerts For The People Of Kampuchea
(Hammersmith Odeon,London,U.K.December 27th 1979.

01. Clash City Rockers
02. Brand New Cadillac
03. Safe European Home
04. Jimmy Jazz
05. Clampdown
06. The Guns Of Brixton
07. Train In Vain
08. Wrong'Em Boyo
09. Koka Kola
10. White Man In Hammersmith Palais
11. Stay Free
12. Bankrobber
13. Janie Jones
14. Complete Control
15. Armagideon Time
16. London Calling
17. Outroduction



クラッシュ
Chicago 1979
WR-079
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


“ザ・クラッシュ”1979年、シカゴでの迫力のライブを高音質サウンドボード音源で収録したタイトルが登場!

本タイトルは、名盤「LONDON CALLING」リリースの3ヶ月前、ファースト・アメリカン・ツアーよりシカゴ公演を高音質サウンドボード音源で収録したタイトルです!
ファースト・アルバム「白い暴動」セカンド・アルバム「動乱(獣を野に放て)」のナンバーはもちろん、リリース前の「ロンドン・コーリング」のナンバーも飛び出し観客のテンションも最高潮!
世界に通用するロック・バンドとして頂点を極める直前の緊張感溢れる演奏は必聴です!
以前、流通していた音源はピッチがズレていましたが、今回はピッチ調整済なので御安心ください!
ジョー・ストラマー亡き後、2度と再現不可能なオリジナル・メンバー4人でのステージは永遠に不滅です!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Aragon Ballroom, Chicago, IL, September 14, 1979.

01. Jimmy Jazz
02. I’m So Bored With The USA
03. Complete Control
04. London Calling
05. Clampdown
06. White Man In Hammersmith Palais
07. Koka Kola
08. I Fought The Law
09. Jail Guitar Doors
10. Police & Thieves
11. Stay Free
12. Clash City Rockers
13. Safe European Home
14. Capital Radio One
15. Janie Jones
16. Garageland
17. Justice Tonight-Kick It Over
18. Career Opportunities
19. White Riot



V.A.
(セックス・ピストルズ/ザ・ジャム
クラッシュ/バズコックス/イギー・ポップ
スージー&ザ・バンシーズetc)
Revolution Punk!
GOD SAVE-001
56 min / Pro-Shot
1DVD-R
\2,900
個数


70年代後半、全世界に吹き荒れたPUNK ROCK革命、その頂点であるSEX PISTOLS、THE CLASHをはじめとする数々のPUNKバンドの中から選りすぐりのライブ映像をPICK UP、30年の時を超え遂に初DVD化!!

登場するバンドは、SEX PISTOLS、THE CLASHはもちろん、THE JAM、SIOUXSIE & THE BANSHEES、THE STRANGLERS、BOOMTOWN RATS、JOY DIVISION、BUZZCOCKSなどなど、さらにPUNK界のゴッドファーザーことIGGY POPまでが収録され、今となっては観る事の出来ない貴重ライブ映像のオンパレード。ビギナーの方はもちろんマニアの方にもオススメのタイトルです。

現存する最良のマスターを使用し今までにないクリアな映像で再現。当時の熱いPUNK魂を堪能出来るとともに歴史的な記録映像としても価値のあるタイトルになっております。30年以上経っても色あせる事のないPUNK REVOLUTION、強制即買い、永久保存盤です。GOD SAVE THE PUNK REVOLUTION !!

01. opening introduction
02. Sex Pistols / Anarchy in the U.K.
03. Siouxsie & The Banshees / Make Up to Break up
04. The Jam / In the City
05. Buzzcocks / Love You More ,I Don’t Mind
06. Penetration / Don’t Dictate
07. Iggy Pop / Lust for Life
08. Boomtown Rats / Looking After No.1
09. Undertones / Teenage Kicks
10. The Stranglers / No More Heroes,Something Better Change
11. Buzzcocks / Ever Fallen in Love
12. Joy Division / Shadow Plan
13. The Jam / Takin’ My Love
14. Siouxsie & The Banshees / Mittageisen (Metal Postcard)
15. Iggy Pop / The Passenger
16. Buzzcocks / What Do I Get
17. The Clash / What’s My Name
18. ending



クラッシュ
The Demonstration 1976-1978
GSCD-006
SBD
2CD-R
\3,800
個数


今もなお、伝説のPUNK(ROCK)バンドとして世界中の多くの人々に影響を与え続けているTHE CLASH。彼らの初期の貴重音源が2枚組でGOD SAVEレーベルより遂にリリース!!

DISC.1 1曲目から5曲目までは1976年、THE CLASHがCBSと契約する以前にロンドンのオックスフォード・ストリートにあるポリドール・スタジオで、録音されたものでプロデューサーは、3枚目のアルバム「LONDON CALLING」を手掛けることとなる、ガイ・スティーヴンス。初期のシンプルな音に対して、当時ガイ・スティーヴンスを起用するのは早過ぎ??、今になってみるとオフィシャル・ファーストに収録されてる同曲よりもクオリティが高いような気がするが、当時、まだ若く荒削りだったメンバーには理解出来なかったのだろう。

6曲目から8曲目はNMEのフリーEPからの音源。6曲目の「LISTEN」は、オフィシャル盤「SUPER BLACK MARKET CLASH」に収録されているが、こちらのオリジナル・ヴァージョンはインタビューがコラージュされているヴァージョンで未CD化。8曲目に収録されているのはトニー・ウィルソンによるインタビュー、こちらもオフィシャルで発表されていない。

9曲目から11曲目は、THE CLASHメンバー自身のプロデュース音源。1978年に録音され後にミックス&オーバーダブしなおしてシングルB面として発表されているが、その原型が垣間見れるという意味でも貴重な別テイクといっても過言ではない。

DISC.2 1曲目から8曲目までは、DISC.1のポリドール・デモ後、ミッキー・フートによって録音され、彼が所有していたものと思われる音源。ガイ・スティーブンスのプロデュース音源とは明らかに違うソリッドで激しいサウンドを聴く事が出来ます。

8曲目、JOEがアコギ1本で歌うELVIS PRESLEYのカバー「HEATBREAK HOTEL」は超レア。9曲目以降はセカンド・アルバム「GIVE'EM ENOUGH ROPE」レコーディング時の音源。サンディ・パールマンのプロデュースによるものか??。オフィシャル収録の完成型に近い感じではあるが、一部、歌詞が違ったりアレンジが異なるテイク(サックスが大胆に施されている曲など)が収録されています。特にMICK JONESのギター・リフが素晴らしく鳥肌物(なぜにオフィシャルではカットされてしまったのか疑問??)。当時、すでに発売済だった初期の名曲「CLASH CITY ROCKERS」を肩慣らし??で演奏している音源も収録され、まさにメイキング・オブ「動乱」といった内容です。

約30年前の貴重音源だけに、音質は決して良いとは言えませんが、THE CLASHが、いかにしてアルバムを仕上げていったのか??その過程が熱く伝わる内容となっております。今回のアイテムを聴いてから、オフィシャルを聴きなおして、新たなTHE CLASHを、あなた自身で発見してください。超オススメ!!

Disc.1
1.Career Opportunities
2.Whit Riot
3.Janie Jones
4.London’S Burning
5.1977
6.Listen
7. Capitol Radio
8.Interview
9. 1-2-Crush On You
10. Pressure Drop 11.The Prisoner

Disc.2
1.I’m So Bored With The U.S.A
2.London’S Burning
3.White Riot(Take1)
4.White Riot(Take2)
5.Career Opportunities
6.1977
7.Janie Jones
8.Heartbreak Hotel
9.Safe European Home
10.Julie’S Been Working For The Drug Store
11.Stay Free
12.Groovy Times
13.Drug-Stabbing Time
14.Last Gang In Town
15.It’S Not Over(Gates Of The West)
16.One Emotion
17.Clash City Rockers
18.Tommy Gun



クラッシュ
This Is 5 Clash
GSCD-018
AUD
1CD-R
\2,600
個数


SEX PISTOLSと並びパンク・ロック・ムーブメントの代名詞的なバンドTHE CLASHの初期(メジャーデビュー前)キース・レヴィン在籍時のレア・ライブ音源がパンク専門”GOD SAVEレーベル”より登場!!

本タイトルは、THE CLASHがCBSと契約しメジャーデビューする直前の1976年9月5日(ロンドン・ラウンドハウス)と同年10月26日(バーミンガム・バーバレラズ)のステージの模様を余すところ無く収録した歴史的にも貴重なタイトルです!当時、奇跡的に録音されたオーディエンス・ソース・マスターに最新デジタル・リマスタリングを施したエクセレント・オーディエンス・サウンドは30年以上経った今聴いても超ド迫力の一言!

当時のメンバーは、ジョー・ストラマー、ミック・ジョーンズ、ポール・シムノンはもちろん、ドラマーにファースト・アルバムのレコーディングまで在籍し、トッパー・ヒードン脱退後、再びクラッシュに参加する事となる孤高のドラマー“テリー・チャイムス”そして、もうひとりのクラッシュ(ギタリスト)として、あのキース・レヴィン(後にピストルズを脱退したジョン・ライドンとパブリック・イメージ・リミテッド結成)がエッジの効いたギターを弾いております。

セット・リストも、その後、メジャー・デビュー後レコーディングされる「WHITE RIOT」など、おなじみの初期定番曲のオンパレード!さらに、最終的にはレコーディングされる事なくお蔵入りした未発表ナンバーも多数収録!クラッシュ・マニアの方にも、初期パンクが好きな方にもオススメ出来る永久保存盤!!

THE 5 CLASH
Joe Strummer (lead vocals, rhythm guitar)
Mick Jones (lead guitar, vocals)
Keith Levene (lead guitar)
Paul Simonon (bass guitar, backing vocals)
Terry Chimes (drums, percussion)

The Roundhouse,Chalk Farm,Camden London,England 5th September 1976.
01. Deny / 02. 1-2 Crush On You / 03. I Know What I Think About You / 04. I Never Did I / 05. How Can I Understand The Flies / 06. Protex Blue / 07. Janie Jones / 08. Mark Me Absent / 09. Deadly Serious 10. 48 Hours / 11. I’m So Bored With You / 12. Sitting At My Party / 13. London’s Burning / 14. What’s My Name / 15. 1977

Barbarella’s - Birmingham,England 26th October 1976.
16. White Riot / 17. Birmingham’s Burning / 18. I’m So Bored With The U.S.A. / 19. How Can I Understand The Flies / 20. Protex Blue / 21. Deadly Serious / 22. Deny / 23. Career Opportunities 24. 48 Hours / 25. What’s My Name / 26. Janie Jones / 27. 1977 / 28. 1-2 Crush On You



ジョー・ストラマー
The Very Best Of Joe Strummer
WR-087
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


今は亡きザ・クラッシュのフロントマン“ジョー・ストラマー”がザ・クラッシュ解散後、ソロとして活動を始めた1986年から2004年(没後リリース音源含)までのシングルBサイド、レア音源などを高音質サウンドボード音源で収録したスペシャルなタイトルが登場!

ジョー・ストラマーは、1970年代後半、ザ・クラッシュのヴォーカリストとしてパンク・ムーブメントを駆け抜け、解散後はソロとして作品をリリース、映画音楽制作、俳優としても活躍し、1990年代後半、自らのバンド、ザ・メスカレロスを結成、再び世界のロック・シーンに返り咲いた矢先の2002年12月22日、ブルームフィールドの自宅で死去、今もな世界中の多くのミュージシャンにリスペクトされている言わずと知れたパンク将軍です!
本タイトルは、彼の輝かしい活動の記録として入手困難となっている音源を中心に収録した、まさにベリー・ベスト・オブ!
しかも、過去に流通している音源とは一線を画すアップグレイド・ソースを使用!
オフィシャルで発売されてもおかしくない位、音質、内容ともに素晴らしいタイトルです!
特に、ファースト・ソロ・アルバム「EARTHQAKE WEATHER」からシングル・カットされた「GANGSTERVILLE」のカップリング曲であるアルバム未収録のT-08「PUNK ROCK BLUES」は必聴です!

ジョー・ストラマーの軌跡を知る上で重要なタイトルである事は間違いありません!超オススメの永久保存盤です!!

Source: Excellent Soundboard Recordings.RARE TRACKS FROM 1986 – 2004.

01. Love Kills
02. Evil Darling
03. Trash City
04. Baby the Trans
05. Nefertiti Rock
06. Nothin' 'bout Nothin'
07. Gangsterville
08. Punk Rock Blues
09. Mango Street
10. Island Hopping
11. It's a Rockin' World
12. X-ray Style [demo]
13. Yalla, Yalla
14. The Return of the Blues Cowboy
15. The Harder They Come
16. Johnny Appleseed
17. Coma Girl
18. Over the Border
19. Redemption Song
20. (White Man) In Hammersmith Palais

T-01: Sid & Nancy [1986]
T-02: Straight To Hell [1987]
T-03>T-06: Permanent Record [1988]
T-07>T-10: Earthquake Weather [1989]
T-11: The South Park [1998]
T-12,T-13,T-16,T-17,T-19,T-20: And The Mescaleros [1999-2003]
T-14: And Jools Holland [2002]
T-15: And The Long Beach Dub All Stars [2000]
T-18: And Jimmy Cliff [2004]



ジョー・ストラマー
The Last Calling
GSCD-022/023/+B
SBD
2CD-R+bonus1DVD-R
\3,500
個数


ジョー・ストラマーとミック・ジョーンズの最後の共演ライブを高音質サウンド・ボードで収録したタイトルが登場!!

2002年11月15日、ロンドンのアクトン・タウン・ホールで行われたストライキ中のロンドン消防組合のためのチャリティーライブを高音質サウンド・ボード音源で完全収録。

この日のライブの聴衆の中には、なんと、かつてのザ・クラッシュの盟友、ミック・ジョーンズが…。ライヴ後半、ミックはジョーとクラッシュ時代の名曲「Bankrobber」を演奏。アンコールではさらに「White Riot」と「London's Burning」を演奏!!1983年以来、約20年振りにジョーとミックが同じステージで共演した奇跡のライブです!!

さらに、その日の共演を収録したボーナスDVDR付。こだわりリスペクト・ジャケ仕様、至福の永久保存盤!!

isc:1
01. Shaktar Donetsk
02. Bhindi Bhagee
03. Rudie Can't Fail
04. Tony Adams
05. White Man in Hammersmith Palais
06. Mega Bottle Ride
07. Get Down Moses
08. Police & Thieves

Disc:2
01. Cool'n'Out
02. Police on My Back
03. Johnny Appleseed
04. Coma Girl
05. I Fought the Law
06. Bankrobber (with Mick Jones)
07. White Riot (with Mick Jones)
08. London's Burning (with Mick Jones)

Bonus-DVDR
FBU benefit concert at Acton Town Hall,London,U.K.15th November 2002
JOE STRUMMER AND THE MESCARELOS with MICK JONES
Bankrobber / Whit Riot / London’s Burning / VIVA JOE STRUMMER Trailer



ジョー・ストラマー&ザ・メスカレロス
FIGHT AGAINST THE PURISTS
SYLPH-0210
AUD
2CD-R
\6,140
個数


2001年ジャパンツアーより最終日の11月5日大阪公演を文句無しの超高音質にて完全収録!!耳障りなチャットが入らない最高の臨場感です!!

クラッシュ&ルーツ系の名曲をちりばめた、メスカレロスとの息もピッタリな”ジョー兄貴ぶり”を見せてくれています!!特に「I FOUGHT THE LAW」「LONDON'S BURNING」は鳥肌ものです!!アイリッシュトラッドあり、レゲエあり、スカあり、白熱&至福の2時間。兄貴に負けちゃいられない,現役ルーディー必聴アイテムです!二度と見れなくってしまいましが、本作では兄貴が目の前に現れます。

OPENING/INSTRUMENTAL/COOL 'N' OUT/GLOBAL A GO-GO/RUDIE CAN'T FAIL/BHINDI BHAGEE/ARMAGIDEON TIME/SHAKTAR DONETSK/POLICE & THIEVES/MEGA BOTTLE RIDE/TONY ADAMS/JUNKO/JOHNNY APPLESEED/BUMMED OUT CITY/POLICE ON MY BACK/HARDER THEY COME/PRESSURE DROP/I FOUGHT THE LAW/BANKROBBER/YALLA YALLA/A MESSAGE TO YOU RUDY/LONDON'S BURNING/BLITZKRIEG BOP



ジョー・ストラマー
LIVE AT THE HOUSE OF BLUES
WR-273
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


THE CLASHのヴォーカリストであり、今は亡きパンク将軍”ジョー・ストラマー”1999年、ロスアンゼルス・ハウス・オブ・ブルースでの迫力のステージを高音質サウンドボード音源(2枚組)で収録したタイトルが登場!

1985年、ザ・クラッシュ解散後、荒野の時代?!を過ごしていた”ジョー・ストラマー”が自らのバンド”ザ・メスカレロス”と共に再び音楽シーンへ殴り込み?!本タイトルは、”ザ・メスカレロス”との精力的なツアー活動も成熟した1999年、ロスアンゼルス・ハウス・オブ・ブルースでのライブを収録した至福のタイトルです。ソロになってからのナンバーはもちろん、全22曲中、12曲のザ・クラッシュ・ナンバーが惜しげもなく登場する、まさに大人のパンク・ロック・ライブが展開されております!”ジョー”が亡くなってから早10年、彼の熱い魂の叫びは永遠に不滅です!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at House Of Blues, Los Angeles California, November 6, 1999.

DISC ONE
01. Diggin' The New / 02. Nothin' Bout Nothin' / 03. X-Ray Style / 04. Rock The Casbah / 05. Ishen / 06. Brand New Cadillac
07. Tony Adams / 08. Trash City / 09. Nitcomb / 10. Road To Rock'n'Roll / 11. (White Man) In Hammersmith Palais
12. Safe Europeon Home / 13. Yalla Yalla(Edit)

DISC TWO
01. Rudie Can't Fail / 02. London Calling / 03. Pressure Drop / 04. Tommy Gun / 05. Forbidden City / 06. Straight To Hell
07. I Fought The Law / 08. Junco Partner / 09. Techno D-Day / 10. Bankrobber



ジョー・ストラマー
Earthquake Weather -Deluxe Edition-
GOD SAVE-004
SBD
2CD-R
\3,800
個数


JOE STRUMMERが、この世を去ってから早7年目。THE CLASHでの怒涛の10年の活動に終止符を打った3年後の1989年、ソロ・アーティストとして活動を再開したJOE STRUMMERの幻のFIRST SOLO ALBUM「EARTHQUAKE WEATHER」が、遂に2枚組DELUXE EDITIONで登場!!素晴らしい作品にもかかわらず現在では全くといっていいほど市場で見かけなくなり、なぜか(権利関係の問題??)再発もされていないアルバムです。

サウンドは、THE CLASHの激しさを残しつつも、後に最後のバンドとなるTHE MESCALEROSの原型がすでに垣間見れます。RED HOT CHILI PEPPERS、PEARL JAMなどで活躍していたJACK IRONS(ドラム)や初期レッチリ絡みのメンバーで構成されたLATINO ROCKABILLY WARが、ばっちりバックを固めているのも今となっては興味深いところです。THE CLASH解散後のJOEの足跡を知る上で重要な作品です。

「EARTHQUAKE WEATHER」が発売される前年1988年、再始動に向けたROCK AGAINST THE RICH TOUR ‘88から7月7日、LONDON,ELECTRICBALLROOMでのライブ音源が収録されたSPECIAL DISC。LATINO ROCKABILLY WARの強力なメンバーをバックにJOEの記念すべきソロ・デビューシングル「Love Kills」(ライブ音源は貴重)やサントラにのみ収録されている「Trash City」「Nothing About~」、101er`s時代の名曲「Keys to your Heart 」など晩年のライブでも全く演奏されなかった曲をプレイしています。さらに盟友POGUESの「If I Should~」、MICK JONES率いるB.A.Dの「Sightsee~」「V Thirteen」まで演奏。SANTANAもカヴァーしたラテンの名曲「Oye Como Va」やNicky Thomasの「Love Of The~」等のクラシックナンバーまで披露!そして極めつけはやはりTHE CLASHナンバーのオンパレード。JOEがヴォーカルをとる「Somebody Got Murdered」「Police On My Back」(THE CLASHではMICK JONESがヴォーカル)、後期の名曲「This is England」、ぶっ飛びお約束の「I Fought The Law」ラストは「London Calling」でキッチリ締めくくっています!この時期のライブ音源は、ほとんど記録されていなく出回ってないだけに超貴重です。

DISC.1
1.Gangsterville 2.King Of The Bayou 3.Island Hopping 4. Slant Six 5.Dizzy's Goatee 6. Shouting Street 7. Boogie With Your Children 8.Leopardskin Limoussines 9.Sikorsky Parts 10. Jewellers & Bums 11. Highway One Zero Street 12. Ride Your Donkey 13. Passport To Detroit 14. Sleepwalk

DISC.2
1.Oye Como Va 2.Love Kills 3.Nothin' Bout Nothin 4.Sightsee M.C.! 5.15th Brigade 6.Keys to your Heart 7.Armagideon Time 8.Somebody Got Murdered 9.The Unknow Immortal 10.This is England 11.Police and Thieves 12.V Thirteen 13.Ride Your Donkey 14.If I Should Fall From Grace With God 15.Brand New Cadillac 16.Love of the Common People 17.Trash City 18.Ubangi Stomp 19.Police On My Back 20.Junco Partner 21.I Fought The Law 22.Straight To Hell 23.London Calling

Rock Against The Rich Tour ’88 Joe Strummer And The Latino Rockabilly War
/ Live At Electric Ballroom,London 7 July 1988.



ジョー・ストラマー (THE 101'ERS)
Elgin Avenue Breakdown Revival ?
GSCD-10/11
SBD
2CD-R
\3,500
個数


PUNK専門レーベルGOD SAVEより、パンクの神様!ジョー・ストラマー、ザ・クラッシュ加入前のバンドThe 101'ers(ザ・ワンオーワナーズ)のタイトルが遂に登場です!!

The 101'ers(ザ・ワンオーワナーズ)は1970年代のパブ・ロック・バンドであり、言わずと知れたパンク将軍、ジョー・ストラマー(当時はウッディと名乗っていた)がザ・クラッシュに参加する前に所属していたことで知られるバンドです。ロンドンで1974年5月に結成され、9月6日に「エル・ワーソウ・アンド・ザ・ワンオーワン(101)・オールスターズ」としてブリクストンのテレグラフパブでデビュー。後に「ワンオーワン(101)オールスターズ」、さらに「ワンオーワナーズ(101'ers)」とバンド名を改名しストーンヘンジ・フリー・フェスティバルのような無料フェスティバル等に積極的に参加するなど、パンク・ロック登場以前のロンドン・ロック・シーンでは、すでにかなり有名な存在でした。

そんな彼らが、1976年4月3日にナッシュビル・ルームでセックス・ピストルズと対バン、この時、ピストルズのステージに衝撃を受けたジョーがザ・クラッシュに参加する事を決意したという話は、あまりにも有名です。The 101'ersのデビュー・シングルがリリースされた時には、ジョーはすでにザ・クラッシュに加入していたため、バンドはそのまま消滅、今もなお伝説のバンドとして語り継がれています。

本作は、1981年、その後のジョー(ザ・クラッシュ)の怒涛の活躍により、音源発売を望むファンの願いに答えてリリースされたシングル曲&ライブ音源を収録したコンピレーション・アルバム(12曲入)の、まさに復刻とも言えるタイトルです。しかしながら、ただの復刻ではありません!なんと、81年盤では発表されていなかったalternative versionも収録、さらに、未収録だった3曲*を追加収録!2009年版、コンプリートと言っても過言ではありません!

サウンドはと言うと、究極のロックン・ロール炸裂!パンクな臭いは、あまりしないものの、この頃からジョーの歌声は後のザ・クラッシュを彷彿させメチャメチャ鳥肌モノです。そして、今回は、もう1枚貴重な音源DISCをセット。ジョーが1986年にサントラを担当した映画「SID & NANCY」のシングル(2曲入)が付きます。今では、サントラ自体見かけなくなっていますので(廃盤)超貴重音源です!2009年、GOD SAVEレーベルがジョーに敬意を表しての大盤振舞!是非、あなたのコレクションの1枚に。

DISC,1
01.Letsagetabitarockin' 02.Silent Telephone 03.Monkey Business (live) 04.Shake Your Hips (live) 05.Junco Partner (live) 06.Don't Let Go(live) 07.Motor Boys Motor 08.Sweety of the St. Moritz 09.Surf City (alternative version) 10.Keys to Your Heart (alternative version) 11.Sweet Revenge 12.Gloria (live) 13.Five Star Rockn’Roll (alternative version)* 14.Hideaway* 15.Steam-Guage ‘99*

DISC,2 :
01.Love Kills(Tittle Track) 02.Dum Dum Club



ポーグス / ジョー・ストラマー
TOWN & COUNTRY 1988
WR-437
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


ケルティック・パンク・バンド“ザ・ポーグス”1988年、イギリス・タウン&カントリーでの白熱のステージを高音質サウンドボード音源で収録した貴重なタイトルが登場!

本タイトルは、ケルティック・パンク・バンド“ザ・ポーグス”の絶頂期である1988年3月、イギリス・タウン&カントリーでのライブを収録した貴重なタイトル。なんと、病気療養中のフィリップ・フェヴロンの代役ギタリストとして“ザ・クラッシュ”の“ジョー・ストラマー”が参加!名曲「LONDON CALLING」を熱唱!世界的にも認められたアイリッシュ魂炸裂のサウンドは圧巻!オススメの貴重なライブ盤です!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at Town & Country Club, London, England, March 17, 1988.

01. Broad Majestic Shannon / 02. If I Should Fall From Grace With God / 03. Rainy Night In Soho / 04. Thousands Are Sailing
05. Fairytale of New York (with Kirsty MacColl) / 06. Lullaby of London (with Kirsty MacColl) / 07. Dirty Old Town (edit)
08. London Calling (with Joe Strummer) / 09. Turkish Song of the Damned (with Kirsty MacColl) / 10. Fiesta / 11. The Irish Rover
12. Worms / 13. Rudy A Message To You (with Lynval Golding & After Tonite) / 14. Wild Rover



ビッグ・オーディオ・ダイナマイト
This Is B.A.D.
GSDVDR-003
PRO-SHOT 52MIN
1DVD-R
\2,900
個数


JOE STRUMMERとともにフロントマン(ギタリスト)としてTHE CLASHを支えてきた男、あのTHE LIBERTINES、BABYSHAMBLESのプロデュースや現在は、元GENERATION X、SIGUE SIGUE SPUTNIK のベーシストTONY JAMESとCARBON/SILICONを結成し元気に活動中のMICKJONES。

彼がTHE CLASH脱退(クビ)後、1984年、映画監督として活躍していたDON LETTS(PUNK系の映像監督として有名)ととも結成したバンド、BIG AUDIO DYNAMITEの1984年から1992年までのPROMO CLIP集が13年の歳月を経て遂に登場!!THE CLASHで出来なかったMICKの世界観を存分に観る事が出来ます。

見所としては、今をときめく映画監督JIM JARMUSCHがDIRECTした映像や、なんといってもTHE CLASH脱退後、かなりの険悪状態からようやく和解したTHE CLASHの元メンバー、JOE STRUMMERとPAUL SIMONONが、そして友情出演でSEX PISTOLS~P.I..L.のJOHN LYDONまで登場する強力CLIPも収録され超必見です。画質もオフィシャル最良マスターを使用。全THE CLASHファンが探し求め発売を待ち望んでいた究極のアイテムが遂に登場です。

*Promo Clips. 1984-1992.
01.THE BOTTOM LINE Directed by Kevin Hewitt & Don Letts 02.E=MC2 Directed by Luc Roeg & Don Letts 03.MEDICINE SHOW Directed by Kevin Hewitt & Don Letts 04.C’MON EVERY BEATBOX Directed by Don Letts & Kevin Hewitt 05.V-THIRTEEN Directed by Kevin Hewitt & Don Letts 06.SIGHTSEE M.C! Directed by Jim Jarmusch 07.JUST PLAY MUSIC Directed by Don Letts 08.JAMES BROWN Directed by Don Letts & James Hudson 09.CONTACT Directed by James Hudson & Don Letts 10.RUSH Directed Howard Greenhalgh 11.THE GLOBE Directed by Ralph Ziman & Nic Hofmeyr



パール・ハーバー
PEARL’S GALORE !
WR-215
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


”パール・・ハーバー”1984年リリースの未CD化(日本未発売)の名盤「PEARL’S GALORE !」が約30年の時を越え遂に復刻!

本タイトルは、“ザ・クラッシュ・ファミリー”であり当時は“ポール・シムノン”のガール・フレンドでもあった“パール・・ハーバー”の1984年の名盤「PEARL’S GALORE !」を復刻した貴重なタイトルです!ジャケット写真にも写っておりますが、なんと、バックを務めるのは言わずと知れたジャパニーズ・ロック・バンド”THE MODS“!彼らのツアー(FILE TOUR)のオープニング・ゲストを務めた流れから実現したと思われる奇跡の共演盤です。当時、”THE MODS“側の契約の関係で日本では未発売(本タイトルとはジャケット違いノー・クレジットの不思議な6曲入ミニ・アルバムのみリリース)となった幻の名盤の復刻は、まさに快挙と言っても過言ではありません!ボーナス・トラックとして、1982年、ザ・クラッシュ来日公演より、パールがゲストとして登場”ザ・クラッシュ“をバックに熱唱した「FUJIYAMA MAMA」を追加収録した超貴重復刻盤です!!

SOURCE: EXCELLENT STUDIO SOUNDBOARD RECORDINGS.
Original UK Pressing 1984.

01. Killer Joe / 02. He Ain’t So Bad / 03. Flirt / 04. Spanish Bop / 05. Nerves / 06. Get Outta Here / 07. Out In The Streets
08. Please Come Home / 09. Run Rhythm Run / 10. Hula Love
BONUS TRACK 11. Fujiyama Mama [with THE CLASH]



キース・レヴィン
VIOLENT OPPOSITION SPECIAL EDITION
WR-240
SBD
1CD-R
\3,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
個数


初期の”ザ・クラッシュ””パブリック・イメージ・リミテッド”の伝説のアバンギャルド・ギタリスト”キース・レビン“1989年リリースの幻のソロ・アルバム「VIOLENT OPPOSTION」がスペシャル・エディションで登場!

本タイトルは、現在入手困難”キース・レビン“がPIL脱退後、長い沈黙を破り1989年にリリースした初のソロ・アルバム「VIOLENT OPPOSTION」にボーナス・トラック3曲を追加収録したスペシャル・エディションです!オリジナル曲はもちろん、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンのカバー曲を取り上げてるあたりは、さすが。サイキック・ギター・サウンドの先駆者と言われているだけに、本作もかなりの多才ぶりを発揮しております。特筆すべきは、その参加メンバー!レッチリのフリー、初期レッチリのヒレル、元パール・ジャムのジャック、フィッシュボーンのノウッドなどミクスチャー・ロックの職人達がバックをガッチリとサポートしております!”キース・レビン“の斬新でシャープなギター・テクニックは、今聴いても新鮮で衝撃的です!ニューウェイヴブ・ファン必聴、オススメの1枚!!

SOURCE: EXCELLENT STUDIO SOUNDBOARD RECORDINGS.
1989 Released Album Special Edition.

01. I'm Looking for Something / 02. Taang! Ting! [Version 1] / 03. If Six Was 9 / 04. Cops Too / 05. Double Barrel
06. Fast Brass Slam [Version 1] / 07. Liquidator / 08. Very Fast Cars / 09. Back Too Black / 10. 2011 / 11. Heavy 4 Hire
12. Cold Turkey
BONUS TRACKS 13. Fast Brass Slam [Version 2] / 14. Scot What ! / 15. Liquidator onu'D