コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます




シカゴ
Live In Yokohama 2016
XAVEL-HM-077
AUD
2CD-R
\4,600


シカゴの2016年ジャパンツアーより、1/15パシフィコ横浜公演を超高音質にて完全収録。XAVELレーベルお馴染みの超高音質オーディエンスマスターとマルチIEM(イン・イヤーモニター)をミックスしたマトリクス音源。クリアーかつ迫力あるサウンドにて全編お楽しみいただけるおすすめアイテムです。IEMのミックスによりブラス隊とギターのサウンドを前面に押し出した本作。世界最高峰の評価をうけるマイクの柔らかなサウンドを殺すことなくナチュラルなミックスに仕上がりにはファンにも納得していただける事でしょう。記念すべき来日公演をXAVELレーベルの高音質盤でお楽しみください。

◆Live Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan 15th January 2016 [Multiple IEM Sources + EX-Audience Source = Matrix Recordings]
(Disc 1) -1st set-
01. Opening 02. Introduction 03. Questions 67 & 68 04. Dialogue (Part I & II) 05. If You Leave Me Now 06. Alive Again 07. Wake Up Sunshine 08. Now 09. Call on Me 10. (I've Been) Searchin' So Long 11. Mongonucleosis 12. Will You Still Love Me? 13. Another Rainy Day in New York City 14. Look Away 15. Ballet for a Girl in Buchannon (Make Me Smile / So Much to Say, So Much to Give / Anxiety's Moment / West Virginia Fantasies / Colour My World / To Be Free / Now More Than Ever)
(Disc 2) -2nd set-
01. Guitar Intro 02. Old Days 03. Does Anybody Really Know What Time It Is? 04. Hard Habit to Break 05. You're the Inspiration 06. Beginnings 07. I'm a Man (incl. Drums & Percussion Solo) 08. Street Player 09. Just You 'n' Me 10. Hard to Say I'm Sorry 11. Get Away 12. Saturday in the Park 13. Feelin' Stronger Every Day 14. Free 15. 25 or 6 to 4



シカゴ
LIVE FROM THE GRAND CUBE
SYLPH-1297
AUD
2CD-R
\4,220


「素直になれなくて」「サタデイ・イン・ザ・パーク」などのヒット曲で知られるアメリカの伝説的ロック・バンド、シカゴが36作目アルバム「NOW」を携えて約4年振りに来日!!その2016年ジャパンツアーより、1月9日大阪公演を迫力&臨場感満点の極上級/超高音質にて完全収録!!耳障りな絶叫や手拍子も一切無く、バランスも最高の生々しい超リアルでゴキゲンなサウンドで蘇ります!!また臨場感はタップリと空気感までもリアルに再現!!これは文句無しの逸品です!!
オリジナルメンバーのロバート・ラム、ジェイムス・パンコウ、リー・ロクネインの3人はもちろん、前回と来日メンバーは同じです!!今回のライヴは二部構成となっており、第一部では新曲「NOW」を、そして前回は演っていない「クエスチョンズ67/68」「朝日よ輝け」、アコースティックセットにて「スティル・ラヴ・ミー」「雨の日のニューヨーク」「ルック・アウェイ」を披露しています!!そして第二部は、70年代と80年代の定番ヒットナンバーを抜群の演奏力で魅了する白熱ライヴステージ!!これは熱くさせられる事間違いなし!!全28曲/タップリ2時間25分に及ぶ最高峰ブラス・ロックショウはファン必聴間違いなし!!シルフ・レーベルが美麗ジャケット・ワーク(帯付き)&極上サウンドにてお届けする追体験・大阪公演決定盤!! ファン必携のメモリアル・アイテムが登場です!!

Live At Grand Cube Osaka, Osaka January 9th 2016

DISC-ONE -1st SET-
1.Opening BGM(Am I The Same Girl / Swing Out Sister) 2.Intro
3.Questions 67 & 68
4.Dialogue (Part I & II) 5.If You Leave Me Now 6.Alive Again
7.Wake Up Sunshine 8.Now 9.Call On Me 10.(I've Been) Searchin' So
Long >
11.Mongonucleosis 12.Interlude 13.Will You Still Love Me? (Jason On
Keyboard)
14.Another Rainy Day In New York City 15.Look Away
16.Ballet For A Girl In Buchannon... 79'44

DISC-TWO -2nd SET-
1. Intermission BGM(You Got The Love / Rufus feat. Chaka Khan)
2.Guitar Solo> 3.Old Days
4.Does Anybody Really Know What Time It Is? 5.Hard Habit To Break
6.You're The Inspiration 7.Beginnings 8.I'm A Man(Incl:Drums &
Percussions)
9.Street Player 10.Just You 'n' Me 11.Hard To Say I'm Sorry/Get Away
12.Saturday In The Park 13.Feelin' Stronger Every Day -Encore-
14.Free
15.25 Or 6 To 4 16.Outro 17.Closing BGM(You Got The Love / Rufus
feat. Chaka Khan)
...68'21

Robert Lamm - Keyboards/Vocals
Lee Loughnane - Trumpet/Vocals
James Pankow - Trombone/Vocals
Jason Scheff - Bass/Keyboards/Vocals
Tris Imboden - Drums
Keith Howland - Guitar/Vocals
Lou Pardini - Keyboards/Vocals
Ray Herrmann - Saxophone/Vocals
Walfredo Reyes Jr. - Percussion



シカゴ
Back In Tokyo 2012
Grun Zund Music-043
AUD
2CD-R
\4,200


シカゴの2012年来日ツアーより、10/20に東京国際フォーラムでおこなわれたライブを超高音質のオーディエンス録音にて完全収録。
レーベル・オリジナルの高品質なマスターに24bitデジタル・リマスタリングを施しており、聴きごたえ満点の秀逸な音質に仕上がっています。

毎度期待を裏切ることのない貫禄十分のパフォーマンス&セットリストは殊更の説明など不要でしょうが、終盤で演奏された今ツアー最大の目玉といえる『Chicago 13』収録の「Street Player」では、やはりひときわ大きな歓声が捲き起こっています。
一部の楽曲で周囲の女性客のチャットが煩わしく感じられる箇所があるのが唯一残念なところですが、大所帯バンドが繰り出すライブ・サウンドを臨場感満点の迫力の音質で捉えているので、2012年来日ツアーのメモリアル・アイテムとして是非ともおさえていただきたい1枚です。

◆International Forum, Tokyo, Japan 20th October 2012

<Disc 1>
01. Opening 02. Ballet For A Girl In Buchannon 03. Does Anybody Really Know What Time It Is? 04. Dialogue Part I & II 05. Old Days 06. Alive Again 07. Call On Me 08. If You Leave Me Now 09. I've Been Searchin' So Long 10. Mongonucleosis 11. Hard Habit To Break 12. You're The Inspiration

<Disc 2>
01. Band Introduction 02. Beginnings 03. I'm A Man 04. Street Player 05. Just You 'n' Me 06. Saturday In The Park 07. Hard To Say I'm Sorry ~ Get Away 08. Feelin' Stronger Everyday -encore- 09. Free 10. 25 Or 6 To 4 11. Closing

◇Personnel; Robert Lamm (vocal, keyboards, guitar), James Pankow (trombone, percussion, backing vocal), Lee Loughnane (trumpet, flugelhorn, vocal, percussion), Ray Herrmann (tenor, alto, & soprano saxophone, flute), Jason Scheff (vocals, bass), Tris Imboden (drums), Keith Howland (guitar, vocal), Lou Pardini (keyboards, vocal) & Walfredo Reyes (percussion)



シカゴ
LIVE AT ORIX THEATER
SYLPH-1162
AUD
2CD-R
\3,670


「素直になれなくて」「君こそすべて」「長い夜」「サタデイ・イン・ザ・パーク」などのヒット曲で知られるアメリカの伝説的ロック・バンド、シカゴが約2年半ぶりに来日!!
その2012年ジャパンツアーより、10月22日大阪公演を迫力&臨場感満点の極上高音質にて完全収録!!
サウンド・バランスもバッチリで、シルフ・レーベルならではの丁寧なマスターリングが施された文句無しの超エクセレントな逸品です!!

オリジナルメンバーはロバート・ラム、ジェイムス・パンコウ、リー・ロクネインの3人となってしまいましたが、そこは強者集団のシカゴなだけに前回の来日パフォーマンスよりも数段レベルアップしております!!
前回同様、70年代ナンバーを中心に、80年代ヒットナンバーを交えて繰り広げられる白熱ライヴ・ステージ!!今ツアーでは「ストリート・プレイヤー」がプレイされており、後半からは観客を総立ちにさせてしまう、1時間50分に及ぶ圧巻のパフォーマンスに熱くさせられる事間違いなし!!

美麗ジャケット・ワーク(帯付き)&極上サウンドにてお届けする、ファン必聴メモリアル・アイテムが登場です!!

Disc-I
1.Intro
2.Ballet For A Girl In Buchannon
3.Does Anybody Know What Time It Is?
4.Dialogue (Part I & II)
5.Old Days
6.Alive Again
7.Call On Me
8.If You Leave Me Now
9.(I've Been) Searchin' So Long
10.Mongonucleosis
11.Hard Habit To Break
12.You're The Inspiration
...56'58

Disc-II
1.Band Intro
2.Beginnings
3.I'm A Man>Drums & Percussions>
4.I'm A Man(Reprise)
5.Street Player
6.Just You 'n' Me
7.Saturday In The Park
8.Hard To Say I'm Sorry/Get Away
9.Feelin' Stronger Every Day
Encore:
10.Free
11.25 Or 6 To 4
12.Outro
...51'51 ”

Robert Lamm(Keyboard,Vocals)
James Pankow(Trombone,Vocals)
Lee Loughnane(Trumpet,Vocals)、
Jason Scheff(Bass,Vocals)
Tris Imboden(Drums)
Keith Howland(Guiter,Vocals)
Lou Pardini(Keyboard,Vocals)
Walfredo Reyes Jr(Percussion)
Ray Herrmann(Saxophone)



シカゴ
Live At Kobe 2010
SYLPH-1032
AUD
2CD-R
\5,200


デビュー40周年を迎えた米国のベテラン・バンド「シカゴ」が来日!!その2010年ジャパンツアーより、2月21日神戸公演を迫力&臨場感満点の超高音質にて完全収録!!

80年代以降の立役者ビル・チャンプリンが脱退するというハプニングがありましたが、今ツアーは9人編成ラインナップの豪華バンド・サウンドにてパフォーマンスを披露しています!!「素直になれなくて」「サタデー・イン・ザ・パーク」他、ロック史に輝く70年~80年代のヒットナンバーがオンパレード!!会場の盛り上がりもGOODです!!迫力満点の演奏と、素晴らしいヴォーカル・ハーモニーをタップリ2時間お楽しみ下さい!!

Disc-1
1.Introduction(Medley) 
2.Questions 67/68 (Japanese Version)
3.Dialogue (Part1&2) 
4.If You Leave Me Now 
5.I've Been Searchin' So Long
6.Mongonucleosis 
7.Along Comes A Woman
8.Does Anybody Really Know What Time It Is?
9.Call On Me 
10.Alive Again 
11.Old Days 
12.Hard Habit To Break
13.You're The Inspiration 
14.Beginnings

Disc-2
1.I'm A Man
2.Just You 'n' Me 
3.Hard To Say I'm Sorry/Get Away
4.Saturday In The Park  
5.Feelin' Stronger Every Day
-Encore-  
6.Ballet For A Girl In Buchannon  
7.Free  
8.25 Or 6 To 4

Robert Lamm(Vocal & Keyboard)
James Pankow(Tromborn)
Ray Herman(Sax & Flute)
Lee Loughnane(Trumpet & Flugelhorn)
Tris Imboden(Drums)
Jason Scheff(Vocal & Bass)
Keith Howland(Vocal & Guitar)
Drew Hester(Percussions)
Lou Pardini(Vocal & Keyboard)



シカゴ
CAN YOU DIG IT
SYLPH-925
AUD
2CD-R
\5,500


約5年振りに来日を果たしたシカゴの2008年ジャパン・ツアーより4月15日大阪でのライヴを迫力&臨場感も最高の超高音質にて完全収録!!

ライヴは「Introduction」から「Questions 67 And 68」日本語ヴァージョンでスタート!!「Does Anybody Really~」ではヴォーカルでヒューイ・ルイスが登場!!そして続く「I'm a Man」ではヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの全メンバーが参加し、総勢17人で熱唱&熱演し観客を沸かせております!!60年~70年代の代表曲や「Saturday In The Park 」「Hard To Say I'm Sorry」などのお馴染みヒット曲をタップリと披露しています!!綿密なバンドアンサンブルや気持ちいいブラスセクションなど聴き応えも満点です!! ヒューイとのカップリングツアーだけに?熱いステージパフォーマンスとなった今ツアー!!ファンは必聴間違いなしのメモリアル・ライヴ盤が登場です!!

DISC-1
1. INTRODUCTION > QUESTIONS 67 AND 68
2. BALLET FOR A GIRL IN BUCHANNON
3. DOES ANYBODY REALLY KNOW WHAT TIME IT IS ? *
4. I'M A MAN **
5. FEEL
6. IF YOU LEAVE ME NOW
7. CALL ON ME > ALIVE AGAIN
8. I DON'T WANNA LIVE WITHOUT YOUR LOVE > LOOK AWAY > YOU'RE NOT ALONE
9. LOVE ME TOMORROW > NO TELL LOVER
10. HARD HABIT TO BREAK > YOU'RE THE INSPIRATION

DISC-2
1. BEGINNINGS
2. DRUMS SOLO
3. JUST YOU 'N' ME
4. SATURDAY IN THE PARK
5. FEELIN' STRONGER EVERY DAY
6. HARD TO SAY I'M SORRY > GET AWAY
- ENCORE -
7. FREE
8. 25 OR 6 TO 4
* W/ HEUY LEWIS * * W/ HEUY LEWIS AND THE NEWS

Robert Lamm (keyboards, vocals)
Lee Loughnane (trumpet)
James Pankow (trombone)
Ray Herman (sax)
Bill Champlin (keyboards, vocals)
Jason Scheff (bass, vocals)
Tris Imboden (drums)
Keith Howland (guitar)



シカゴ
Chicago in Vegas 2006
Dead Flowers DVD-017
56min. Pro-shot
1DVD-R
\2,700


2006年12/31、年の暮れにラスベガスで盛大におこなわれたChicagoのライブを、放送用マスターを使用した高品質のプロ・ショットにて収録。

冒頭「Make Me Smile」~「Color My World」から、新年を迎えるオーディエンスの高揚を代弁するかのようなハイテンションな円熟のパフォーマンスを披露、「Saturday in the Park」「素直になれなくて」といった誰しもが口ずさんでしまうであろう名曲の数々を1時間あまりのコンパクトな放送枠で存分に楽しむことが出来ます。放送用デジタル・マスターに映像・音声ともにリマスタリングを施したハイクオリティなアイテム、30年以上もの長きに亘り音楽産業の荒波を雄々しく乗り越えてきたChicagoの説得力十分のステージをお楽しみ下さい。

◆Live on Freemont st, Las Vegas, 31st December 2006
01.Make me smile 02.Color my world 03.Make me smile (reprise) 04.Feel 05.Old days 06.If you leave me now 07.Beginnings 08.Does anybody really know what time it is? 09.Saturday in the park 10.Feelin' stronger every day 11.Hard to say i'm sorry 12.Free 13.25 or 6 to 4



シカゴ
FEEL THE MAGIC
SYLPH-0093
AUD
2CD-R
\6,140


ベストアルバムを携えて来日をしたシカゴの2003年1月29日大阪公演をクリアーな、超高音質にて完全収録!!ファンの一体感が気持ちいい臨場感です!!

内容は、もちろんシカゴを代表る曲がオンパレード!!メンバー全員にそれぞれ見せ場があり、いやでも楽しくなってしまうパフォーマンス!!(中盤あたりから会場は総立ちノリノリです)セットリストもバラエィーに富んでおり、ヒットバラードあり、ダンサブルナンバーあり、美しいハーモニーあり、とタップリ2時間至福のライヴステージ!!メンバーが楽しんでいるのが伝わる、アットホームな雰囲気もGOODです!ファンには最高のメモリアル・アイテムです!!

(レヴュー)昨年発売された『シカゴ・コンプリート・ベスト』を引っさげて2年ぶりの来日を果たしたシカゴの、1月29日の大坂公演を収録。会場録音だが、デジタル録音によるすっきりとした音空間が気持ち良い。大坂フェスティヴァル・ホールは地下3階くらいまで吹き抜けで空洞になっているため、見た目の豪華なステージとは裏腹に低域の回り込みがきついので要所要所でボコボコと低音が音を立てている。筆者は東京のフォーラムに出かけたが、あまりにもの演奏の素晴らしさが故にうっかりとCDを購入しそうになってしまった。家に帰ればいくらでも聞けるのに。それにしても昔WOWOWでライヴ・イン・ジャパンを見た時はひどすぎる演奏と歌に辟易したのだが、今回のライヴは予想をはるかに越えて今年ナンバー・ワンに掲げても良いほどの出来だった。セット・リストもベスト盤からのものがほとんどで、歌詞が分からなくても皆口ずさめるの嬉しい。ビル・チャンプリンの淡々としたキーボードさばきと渋い声はドゥービーズ時代のマイケル・マクドナルドにも似ている。未だに年間100本以上ものライヴをこなしている彼らはまだまだ現役のようだ。

Intro-Ballet For A Girl In Buchannon/Make Me Smile/So Much To Say,So Much To Give/Anxiety's Moment-West Virginia Fantasies/Colour My World/To Be Free~Now More Than Ever/You're the Inspiration/If You Leave Me Now/Hard Habit to Break/Old Days/Look Away/(I've Been)Searchin' So Long/Mongonucleosis/Dialogue/Canon/Here In My Heart/Happy Man/Another Rainy Day In New York City/Saturday In The Park/Feelin' Stronger Every Day/Just You 'N' Me/Beginnings-Drum Solo/Band Intro/Does Anybody Really Know What Time It Is?/I'm A Man/Hard To Say I'm Sorry-Get Away/Free/25 Or 6 To 4



シカゴ
In Dortmund 1982
DF-DVD-003
55min. Pro-shot
1DVD-R
\3,000


Chicago再出発の代名詞『Chicago 16』「素直になれなくて」の時期に行われた貴重なライブ映像が、マスタークオリティの高画質・高音質プロショットで登場!

Bill Champlionを新メンバーに加え、Peter Ceteraのヴォーカルによるバラードを前面に押し出し、狙い済ましたかのようにヒットチャート上位に返り咲いた1982年。本作は、文字通り起死回生となった前述アルバム発表後、12/19ドルトムントで行われたライブを高画質にて収録したファン必見のタイトルです。
オフィシャルアルバムではこの時期を境にAOR路線を驀進、初期Chicago最大の魅力であったブラスロック色は薄れていきますが、その分彼ら本来の魅力を如実に伝えてくれるライブステージを収録した本タイトルは、ファンにとっては大変うれしいリリースといえるでしょう。

全編素晴らしい画質+音質ですが、ごく一部曲間にマスターに起因する音切れが発生します、ご了承ください。

◆"Rock Pop In concert", Westfalenhalle, Dortmund, 19th December 1982
01.Ballet For A girl In Buchannon 02.Scrapbook 03.Chains 04.If You Leave Me Now 05.Piano Solo 06.Does Anybody Really Know What Time It Is ? 07.Love Me Tomorrow 08.Hard To Say Iエm Sorry 09.25 Or 6 To 4 10.Gimme Some Loving 11.Got To Get You Into My Life



シカゴ
Another Live In Japan (Budokan 1972)
MDNA-13045
SBD/AUD
2CD-R
\3,900


もうひとつの「シカゴ・ライブ・イン・ジャパン」。1972年6/8に日本武道館でおこなわれたCHICAGOのライブを、高音質サウンドボード録音にて収録。
ボーナス・トラックには「お前が去って」他、欠落している楽曲群をオーディエンス録音にて追加収録しています。その後の日本でのシカゴ人気を決定的なものとした2度目となる72年の来日ツアー、その全貌を伝えてくれる必聴盤!大阪フェスティバル・ホールでのライブをコンパイルしたオフィシャル『ライブ・イン・ジャパン』とあわせて押さえておきたいコレクターズ・アイテムです。

◆Nippon Budokan, Tokyo, Japan 8th June 1972 [Soundboard Recording]

(Disc 1)
01. Band Intro 02. Introduction 03. Beginnings 04. Mother 05. State Of The Union 06. Make Me Smile 07. Lowdown 08. Now More Than Ever 09. Dialogue (Part 1 & Part 2) 10. Fancy Colours 11. Saturday In The Park 12. A Song For Richard And His Friends 13. Does Anybody Really Knows What Time It Is?

(Disc 2)
01. Questions 67 & 68 02. 25 Or 6 To 4 03. I'm A Man 04. Free Bonus Tracks; Audience Source 05. Now That You've Gone 06. Lowdown 07. Ballet For A Girl In Buchannon 08. All Is Well 09. A Hit By Varese 10. Does Anybody Really Know What Time It Is? (Free Form Intro) 11. Does Anybody Really Know What Time It Is?



ピーター・セテラ
Live In Tokyo 2014
XAVEL-248
AUD
2CD-R
\4,400


"ヴォイス・オブ・シカゴ"ピーター・セテラの2014年東京公演より、中日(なかび)6/10のステージを極上クオリティのオーディエンス録音にて完全収録。XAVELレーベル・オリジナルの高品質なマスターに24bitデジタル・リマスタリングを施した最高音質盤。前回2012年の来日公演でも素晴らしいサウンド・クオリティのメモリアル・アイテムをリリースしたXAVELレーベルですが、今回も期待に違わぬ仕事ぶりを見せてくれています。シカゴ期、ソロ・キャリアの名曲をつめこんだ珠玉のセットリストはファンならずとも大満足間違いなし!優雅に年齢を重ねたピーターのヴォーカルは何度聴いてもしびれます。

◆Live In Tokyo, Japan 10th June 2014

(Disc 1)
01 Intro 02 Restless Heart 03 Glory Of Love 04 After All 05 One Good Woman 06 Happy Man 07 Stay With Me 08 You're The Inspiration 09 Oh! Darling (Lead Vocal Tania) 10 Come Together (Lead Vocal Chris)

(Disc 2)
01 The Next Time I Fall 02 Stay The Night 03 If You Leave Me Now 04 I Can Feel It 05 Hard Habit To Break 06 Hard To Say I'm Sorry / Get Away Encore 07 Save Me 08 25 Or 6 To 4 09 Outro

◇Personnel;
Peter Cetera (vocals, guitar) Tania Hancheroff (vocals, percussion) Jonathan Hamby (keyboards) Tony Harrell (keyboards) Bruce Gaitsch (guitar) Chris Rodriguez (guitar, vocals) Joe Chemay (bass) Dan Needham (drums)



CTA(カリフォルニア・トランジット・オーソリティ)
IT'S GROOVE
SYLPH-1447
AUD
2CD-R
\4,040


元シカゴのオリジナル・ドラマー、ダニー・セラフィン、同じく元シカゴのビル・チャンプリン、ドニー・デイカスといった歴代メンバーと、故キース・エマーソンの片腕的ギタリスト、マーク・ボニーラ、そしてホーンセクション等も従え、シカゴの初期~中期の名曲を演奏するスペシャル・プロジェクト・バンド、CTA(カリフォルニア・トランジット・オーソリティ)が待望の日本初上陸!!その2018年ジャパンツアーより、4月20日大阪公演(ツアー最終ステージ)を、迫力&臨場感満点の極上級/超高音質にて完全収録!!ステレオ感やバランスも最高の、生々しい超リアル&ゴキゲンなサウンドで蘇ります!!また会場全体が一丸となった臨場感はタップリと、空気感までもリアルに再現!!もちろんシルフ・レーベルならではの丁寧なマスターリングも施された超エクセレントな逸品ですので、熱くさせられる事必至です!!
ライヴは、初期~中期シカゴの代表曲はもちろん、ビルがジョージ・ベンソンに提供した「ターン・ユア・ラヴ」や、80年代ヒットの「君こそすべて」、「ルック・アウェイ」なども披露!!中盤では、ドニー・デイカス(終盤でも再登場)が登場し、シカゴ加入前にスティ-ヴン・スティルスと共作した「ターン・バック・ザ・ペイジス」と、ダニーと共作したアルバム「ホット・ストリート」収録の「エイント・イット・タイム」の2曲で、熱狂的ギタープレイとヴォーカルを披露しております!!約30年振りの来日となったダニーのパワフルなドラミングや、ビルのハートフル・ヴォイスと艶やかな音色が心地よいオルガンプレイも健在!!また、トニー・グラント&トラヴィス・デイヴィスの美しいハイトーン・ヴォイスや分厚いコーラス・ワーク、そしてバンド・マスター役を担うキーボード&ピアノのエドワード・ロスとマーク・ボニーラのツボを抑えた秀逸ソロ・プレイなど、マジ最高の一言 !!個性的凄腕メンバー等が集結しているだけに、本家シカゴを凌ぐ??圧巻パフォーマンスは終始聴き応え満点です!!etc...「サタデイ・イン・ザ・パーク」「僕らに微笑みを」「忘れ得ぬ君に」他、名曲オーンパレードの1時間40分に及ぶ、完成度の高い素晴らし過ぎるエネルギシュな最終ステージは、ファン必聴と断言!!シルフ・レーベルが美麗ジャケット・ワーク(ピクチャーレーベル/帯付き)&極上サウンドにてお届けする追体験・大阪公演決定盤!!!至福の時間をお約束いたします!!ファン必携メモリアル・アイテムが登場です!!

Live In Osaka(2nd Stage) April 20th 2018

Disc-1
01. Intro 02. -Opening Video- 03. Introduction 04. Saturday In The Park
05. Questions 67 & 68
06. Turn Your Love 07. You're The Inspiration 08. Turn Back The Pages
09. Ain't It Time
10. Dialogue Part I & II 11. Piano Solo (Incl: smoke on the water) 12.
Does Anyone Know What Time It Is

Disc-2
01. I Don't Wanna Live Without Your Love 02. Look Away 03. Color My
World 04. Thanks & Band Intro
05. Hard Habit To Break 06. Make Me Smile 07. 25 or 6 to 4
-Encore- 08. Feeling Stronger Everyday 09. Outro

Danny Seraphine(Drums)
Bill Champlin(Keyboards, Guitar, Vocals)
Donnie Dacus(Guitar, Vocals)
Marc Bonilla(Guitar)
Edward Roth(Keyboards)
Tony Grant(Vocals)
Travis Davis(Bass, Vocals)
Banzai Brass(Trumpet)(Trombone)(Saxophone)



LEGENDS:VOICES OF ROCK
(ボビー・キンボール
ビル・チャンプリン
ファーギー・フレデリクセン
スティーヴ・オウジェリー)
VOICE OF AOR IN TOKYO LAST NIGHT
NEW TATTOO-523
AUD
2CD-R
\3,500


TOTOの初代ヴォーカリストのボビー・キンボールと2代目ヴォーカルのファーギー・フレリクセン、ジャーニーのヴォーカルを勤めたスティーヴ・オージェリーとシカゴを支えたビル・チャップリンの4人が一同に会した夢の共演LEGENDS : VOICES OF ROCKがVOICE OF AORと銘打って来日!
2012年6月13日のジャパンツアー最終日、渋谷公会堂で行われたライブをNEW TATTOOオリジナルマスター使用の極上のオーディエンス録音にて完全収録!!

ファーギーによるアルバム「ISOLATION』の楽曲の伸びのあるハイトーンやスティーブ・オージェリーのジャーニーのヒットメドレーやビル・チャップリンによるシカゴやエアプレイのヒットソング、そして最後に登場したボビー・キンボールもパワフルな歌声でTOTOの名曲を熱唱しております!往年のファンは熱くなる事間違い無しの1枚です!!

DISC 1
FERGIE FREDERIKSEN
1. CARMEN (WITH BILL)
2. ANGEL DON'T CRY
3. ENDLESS
4. ISOLATION
BILL CHAMPLIN
5. YOU'RE NOT ALONE (WITH FERGIE)
6. LOOK AWAY
7. AFTER THE LOVE HAS GONE
8. I DON'T WANNA LIVE WITHOUT YOUR LOVE
9. HARD HABIT TO BREAK (WITH FERGIE)
STEVE AUGERI
10. SEPARATE WAYS
11. DON'T STOP BELIEVIN
12. FAITHFULLY
13. ANY WAY YOU WANT IT (WITH FERGIE)

DISC 2
BOBBY KIMBALL
1. GIRL GOODBYE
2. AFRICA
3. A MILLION MILES AWAY
4. ROSANNA
ENCORE
5. CHILD'S ANTHEM
6. GEORGY PORGY
7. GIFT WITH A GOLDEN GUN
8. HOLD THE LINE

RECORDED LIVE AT SHIBUYA PUBLIC HALL TOKYO JAPAN ON 13TH JUNE 2012



LEGENDS:VOICES OF ROCK
(ボビー・キンボール
ビル・チャンプリン
ファーギー・フレデリクセン
スティーヴ・オウジェリー)
DREAM NIGHT IN OSAKA 2011
SYLPH-1146
AUD
2CD-R
\4,200


TOTOのオリジナル・シンガーであるボビー・キンボールと、その後を継いだ2代目ファーギー・フレデリックセン、長年シカゴを支えたビル・チャップマン、そして再編ジャーニーでフロントを務めたスティーブ・オージェリーが一堂に会し、夢の競演を果たすLEGENDS:VOICES OF ROCKが日本上陸!!

その2012年6月9日大阪でのライヴを迫力&臨場感満点の超高音質にて完全収録!!ヴォーカル&バンド演奏のリアル感も満点で、サウンドバランスも文句無しの極上級な逸品です!!

内容は、各ヴォーカリストがそれぞれの代表曲4曲を披露(時折メンバーがコーラス参加しています。セットリスト参照)!!特にファーギーの艶のある伸びやかなハイトーンで披露されるアルバム「Isolation」ナンバーや、ボビーの声量溢れるパワフルなハイトーンには圧倒される事必至です!!そして、やや声がキツそうですが、スティーブ・オージェリの怒濤のジャーニー名曲4連発も最高です!!

又、このユニットの立案者であるスウェーデンのルカサーこと、ギタリスト:トミー・デナンダーを始めとするバックバンドも、エネルギッシュ&パワフルな予想を超える素晴らしいパフォーマンスで多くの観客を魅了しています!!アンコールは全員が揃っての大お祭り大会!!etc...

もはや細かな説明は不要でしょう!!70年代~80年代を代表するヒットナンバーがオンパレードで、往年のファンは熱くさせられる事間違いなしの堪らないライヴ・パフォーマンス!!これはファン必聴のメモリアル・アイテムが登場です!!

Live At NHK Hall,Osaka June 9th 2012

Disc-One
1.Intro
2.Carmen(Fergie Frederiksen w/Bill)
3.Angel Don't Cry(Fergie Frederiksen)
4.Endless(Fergie Frederiksen)
5.Isolation(Fergie Frederiksen)
6.You're Not Alone(Bill Champlin w/Fergie)
7.Introduce Bill Champlin
8.Look Away(Bill Champlin)
9.After Love Has Gone(Bill Champlin)
10.Hard Habit To Break(Bill Champlin w/Fergie)
11.Introduce Steve Augeri
12.Separate Ways(Steve Augeri w/Fergie)
13.Faithfully(Steve Augeri)
14.Don't Stop Believin(Steve Augeri)
15.Any Way You Want(Steve Augeri w/Fergie)

Disc-Two
1.Introduce Bobby Kimball
2.Girl Goodbye(Bobby Kimball w/Bill,Fergie)
3.Africa(Incl:Tommy Guitar Solo)(Bobby Kimball w/Bill,Fergie,Steve)
4.I'll Be Over You(Bobby Kimball w/Bill,Fergie)
5.Band Intro
6.Rosanna(Incl:Bill Keyboard Solo/Tommy Guitar Solo)(Bobby Kimball
w/Bill,Fergie,Steve)
-Encore-
7.Child's Anthem
8.I'll Supply The Love(Bobby Kimball w/Bill,Fergie,Steve)
9.Hold The Line(Bobby Kimball w/Bill,Fergie,Steve)

Bobby Kimball
Bill Champlin
Fergie Frederiksen
Steve Augeri
-Legends band-
Tommy Denander(Guitar)
Sayit Dolen(Guitar)
Ken Sandin(Bass)
Pontus Engborg(Drums)
P-O Nilsson(Keyboards)



ボビー・キンボール
ビル・チャンプリン
ファーギー・フレデリクセン
スティーヴ・オウジェリー
Voices of Rock In Tokyo Complete
XAVEL-159/160
AUD
4CD-R
\6,700


Bobby KimballとFergie Frederiksen(TOTO)、Bill Champlin(CHICAGO)、Steve Augeri(JOURNEY)という4人のヴォーカリストが一堂に会した夢のステージ、"VOICE OF AOR"と銘打っておこなわれた2012年の来日ツアーより、6/11の中野サンプラザ公演と6/13の渋谷公会堂公演を、ともに極上音質のオーディエンス録音にて完全収録。

XAVELレーベル・オリジナルの高品質なマスターに24bitデジタル・リマスタリングを施した最高音質盤、両公演ともに「現代オーディエンス録音の最高峰」と断言できる秀逸なサウンド・クオリティに仕上がっています。

6/11中野サンプラザ公演を収録した「Voices of Rock In Tokyo #1」(XAVEL-159)と、6/13渋谷公会堂公演を収録した「Voices of Rock In Tokyo #2」(XAVEL-160)のカップリング・アイテムですので、各公演の詳細に関してはそれぞれの解説をご覧になってください。

◆Nakano Sun Plaza Hall, Tokyo, Japan 11th June 2012
(Disc 1)
01. Intro

Fergie Frederiksen;
02. Carmen [with Bill Champlin]
03. Angel Don't Cry
04. Endless
05. Isolation

Bill Champlin;
06. You're Not Alone
07. Look Away
08. After The Love Has Gone
09. Hard Habit To Break [with Fergie Frederiksen]

Steve Augeri;
10. Separate Ways (Worlds Apart)
11. Don't Stop Believin'
12. Faithfully
13. Any Way You Want It

(Disc 2)
Bobby Kimball;
01. Girl Goodbye
02. Africa
03. I'll Be Over You
04. Rosanna

encore;
05. Band Introduction
06. Child's Anthem
07. A Million Miles Away
08. I'll Supply The Love
09. Hold The Line
10. Outro

◆Shibuya Public Hall, Tokyo, Japan 13th June 2012
(Disc 1)
01. Intro

Fergie Frederiksen;
02. Carmen [with Bill Champlin]
03. Angel Don't Cry
04. Endless
05. Isolation

Bill Champlin;
06. You're Not Alone
07. Look Away
08. After The Love Has Gone
09. I Don't Wanna Live Without Your Love
10. Hard Habit To Break [with Fergie Frederiksen]

Steve Augeri;
11. Separate Ways (Worlds Apart)
12. Don't Stop Believin'
13. Faithfully
14. Any Way You Want It

(Disc 2)
Bobby Kimball;
01. Girl Goodbye
02. Africa
03. A Million Miles Away
04. Rosanna

encore;
05. Introduction By Tommy Denander
06. Child's Anthem
07. Georgy Porgy
08. Gift With A Golden Gun
09. Hold The Line
10. Outro

◇Personnel; Bobby Kimball (Vocals, Keyboards), Bill Champlin (Vocals, Keyboards, Guitar), Fergie Frederiksen (Vocals), Steve Augeri (Vocals) and "Legends" from Sweden; Tommy Denander (Guitar), Sayit Dolen (Guitar), P-O Nilsson (Keyboards, Vocals), Ken Sandin (Bass) & Pontus Engborg (Drums)



ボビー・キンボール
ビル・チャンプリン
ファーギー・フレデリクセン
スティーヴ・オウジェリー
Voices of Rock In Tokyo #2
XAVEL-160
AUD
2CD-R
\4,200


Bobby KimballとFergie Frederiksen(TOTO)、Bill Champlin(CHICAGO)、Steve Augeri(JOURNEY)という4人のヴォーカリストが一堂に会した夢のステージ。
"VOICE OF AOR"と銘打っておこなわれた2012年の来日ツアーより、2012年6/11に中野サンプラザでおこなわれたライブと、6/13に渋谷公会堂でおこなわれたライブを、ともに極上音質のオーディエンス録音にて完全収録。

XAVELレーベル・オリジナルの高品質なマスターに24bitデジタル・リマスタリングを施した最高音質盤、同時リリースの中野サンプラザ公演(「Voices of Rock In Tokyo #1」XAVEL-159)と甲乙つけがたい秀逸なサウンド・クオリティを誇る全ファン必聴のアイテムです。Fergie Frederiksenによる『Isolation』収録の楽曲、Bill ChamplinのCHICAGOやAIRPLAY時代の楽曲、Steve AugeriによるJOURNEYのヒット曲メドレー、そして”TOTOのオリジナル・シンガー”御大Bobby Kimballによる珠玉のTOTOクラシックスと、全編を通して往年の名曲の数々が惜しげもなく披露されております。

この日のBobby Kimballセットの日替わりパートでは「Georgy Porgy」と「Gift With A Golden Gun」の2曲、さらにBill Champlinセットでは「I Don't Wanna Live Without Your Love」が追加となっています。

*6/11の中野サンプラザをあわせてご希望の場合は、同時発売の4枚組みセット商品「Voices of Rock In Tokyo Complete」(XAVEL-159/160)がお買い得です。

◆Shibuya Public Hall, Tokyo, Japan 13th June 2012
(Disc 1)
01. Intro

Fergie Frederiksen;
02. Carmen [with Bill Champlin]
03. Angel Don't Cry
04. Endless 05. Isolation

Bill Champlin;
06. You're Not Alone
07. Look Away
08. After The Love Has Gone
09. I Don't Wanna Live Without Your Love
10. Hard Habit To Break [with Fergie Frederiksen]

Steve Augeri;
11. Separate Ways (Worlds Apart)
12. Don't Stop Believin'
13. Faithfully
14. Any Way You Want It

(Disc 2)
Bobby Kimball;
01. Girl Goodbye
02. Africa
03. A Million Miles Away
04. Rosanna

encore;
05. Introduction By Tommy Denander
06. Child's Anthem
07. Georgy Porgy
08. Gift With A Golden Gun
09. Hold The Line
10. Outro

◇Personnel; Bobby Kimball (Vocals, Keyboards), Bill Champlin (Vocals, Keyboards, Guitar), Fergie Frederiksen (Vocals), Steve Augeri (Vocals) and "Legends" from Sweden; Tommy Denander (Guitar), Sayit Dolen (Guitar), P-O Nilsson (Keyboards, Vocals), Ken Sandin (Bass) & Pontus Engborg (Drums)



ボビー・キンボール
ビル・チャンプリン
ファーギー・フレデリクセン
スティーヴ・オウジェリー
Voices of Rock In Tokyo #1
XAVEL-159
AUD
2CD-R
\4,200


Bobby KimballとFergie Frederiksen(TOTO)、Bill Champlin(CHICAGO)、Steve Augeri(JOURNEY)という4人のヴォーカリストが一堂に会した夢のステージ、"VOICE OF AOR"と銘打っておこなわれた2012年の来日ツアーより、2012年6/11に中野サンプラザでおこなわれたライブを極上音質のオーディエンス録音にて完全収録。

XAVELレーベル・オリジナルの高品質なマスターに24bitデジタル・リマスタリングを施した最高音質盤、同時リリースの渋谷公会堂公演(「Voices of Rock In Tokyo #2」XAVEL-160)と甲乙つけがたい秀逸なサウンド・クオリティを誇る全ファン必聴のアイテムです。
Fergie Frederiksenによる『Isolation』収録の楽曲、Bill ChamplinのCHICAGOやAIRPLAY時代の楽曲、Steve AugeriによるJOURNEYのヒット曲メドレー、そして”TOTOのオリジナル・シンガー”御大Bobby Kimballによる珠玉のTOTOクラシックスと、全編を通して往年の名曲の数々が惜しげもなく披露されております。

この日の日替わりパートでは、Bobby Kimballによる「I'll Be Over You」、そしてBobby&Fergieのツイン・リードによる贅沢な歌唱を楽しむことが出来る「I'll Supply The Love」が演奏されています。

*6/13の渋谷公会堂公演をあわせてご希望の場合は、同時発売の4枚組みセット商品「Voices of Rock In Tokyo Complete」(XAVEL-159/160)がお買い得です。

◆Nakano Sun Plaza Hall, Tokyo, Japan 11th June 2012
(Disc 1)
01. Intro

Fergie Frederiksen;
02. Carmen [with Bill Champlin]
03. Angel Don't Cry
04. Endless
05. Isolation

Bill Champlin;
06. You're Not Alone
07. Look Away
08. After The Love Has Gone
09. Hard Habit To Break [with Fergie Frederiksen]

Steve Augeri;
10. Separate Ways (Worlds Apart)
11. Don't Stop Believin'
12. Faithfully
13. Any Way You Want It

(Disc 2)
Bobby Kimball;
01. Girl Goodbye
02. Africa
03. I'll Be Over You
04. Rosanna

encore;
05. Band Introduction
06. Child's Anthem
07. A Million Miles Away
08. I'll Supply The Love
09. Hold The Line
10. Outro

◇Personnel; Bobby Kimball (Vocals, Keyboards), Bill Champlin (Vocals, Keyboards, Guitar), Fergie Frederiksen (Vocals), Steve Augeri (Vocals) and "Legends" from Sweden; Tommy Denander (Guitar), Sayit Dolen (Guitar), P-O Nilsson (Keyboards, Vocals), Ken Sandin (Bass) & Pontus Engborg (Drums)