コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます



ボズ・スキャッグス
2015 Tokyo 3rd Night
XAVEL-HM-058
AUD
2CD-R
\4,600


「AORの帝王」ボズ・スキャッグスの2015年来日ツアーより、ツアー最終日となる6/18渋谷Bunkamuraオーチャードホールでのライブを、極上音質にて完全収録!レーベル・オリジナルの超高音質オーディエンス・ソース(MK4マスター)と、ボズを始めとしたバンドメンバー3人が使用するIEM(イン・イヤー・モニター)をミックスし、丁寧なリマスタリングを施した極上音質作品。さながらステレオ・サウンドボード音源といった出来栄えとなっています。2年ぶりの来日となる今回のツアー、「Runnin' Blue」「Mixed Up, Shook Up Girl」と渋めの選曲で幕を開けるライブですが、お馴染みの人気曲も随所に散りばめ会場の盛り上がりも上々です。仙台、札幌から始まり全8公演をこなした今回のツアーもいよいよ千秋楽。有終の美を飾るに相応しい、素晴らしいライブになっています。今回の東京公演3DaysをそれぞれリリースしているXAVELレーベルですが、3日間の中でも二日目(6/11)の公演を収録した「2015 Tokyo 2nd Night(XAVEL-HM-057)」がもっともIEM比率が高く、この日の公演は初日公演(純粋なオーディエンス録音)との中間に位置するバランスの取れた仕上がりになっています。通常のオーディエンス録音は苦手という方にも自信を持っておすすめできる仕上がり、記念すべき来日公演をXAVELレーベルの極上音質音源でお楽しみください。

◆Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 18th June 2015 [Multiple IEM Sources + EX-Audience Source (Original MK4 Master) = Matrix Recording]
(Disc 1)
01. Intro 02. Runnin' Blue 03. Mixed Up, Shook Up Girl 04. Jojo 05. A Fool To Care 06. Some Change 07. Rainy Night in Georgia 08. Heart of Mine 09. Georgia 10. Miss Sun 11. Until You Come Back To Me (featuring Miss Monet)
(Disc 2)
01. Harbor Lights 02. Lowdown 03. Lido Shuffle Encore: 04. There's a Storm Coming 05. What Can I Say 06. We're All Alone Encore 2: 07. Band Introduction 08. Sick and Tired Encore 3: 09. Last Tango On 16th Street

◇Personnel; Boz Scaggs (Vocals, Guitar) Michael Miller (Guitar) Gene Lake (Drums) Richard Patterson (Bass) Michael Logan (Keyboards, Guitar) Michael Logan, Jr. (Percussion, Keyboards) Eric Crystal (Guitar, Saxophones, Keyboards) Ms. Monet (Vocals)



ボズ・スキャッグス
2015 Tokyo 2nd Night
XAVEL-HM-057
AUD
2CD-R
\4,600


「AORの帝王」ボズ・スキャッグスの2015年来日ツアーより、東京3公演の二日目となる6/11渋谷Bunkamuraオーチャードホールでのライブを、極上音質にて完全収録!レーベル・オリジナルの超高音質オーディエンス・ソース(MK4マスター)と、ボズを始めとしたバンドメンバー3人が使用するIEM(イン・イヤー・モニター)をミックスし、丁寧なリマスタリングを施した極上音質作品。さながらステレオ・サウンドボード音源といった出来栄えとなっています。2年ぶりの来日となる今回のツアー、「Runnin' Blue」「Mixed Up, Shook Up Girl」と渋めの選曲で幕を開けるライブですが、お馴染みの人気曲も随所に散りばめ会場の盛り上がりも上々です。前日公演ではセット落ちしていた「Last Tango On 16th Street」ですが、この日からセットリストに復帰しています。今回の東京公演3DaysをそれぞれリリースしているXAVELレーベルですが、3日間の中でもこの日の公演を収録した本作品がもっともIEM比率が高く、ライン音源に近い仕上がりと言えます。通常のオーディエンス録音は苦手という方にも自信を持っておすすめできる仕上がり、記念すべき来日公演をXAVELレーベルの極上音質音源でお楽しみください。

◆Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 11th June 2015 [Multiple IEM Sources + EX-Audience Source (Original MK4 Master) = Matrix Recording]
(Disc 1)
01. Intro 02. Runnin' Blue 03. Mixed Up, Shook Up Girl 04. Jojo 05. A Fool To Care 06. Some Change 07. Rainy Night in Georgia 08. Heart of Mine 09. Georgia 10. Miss Sun 11. Until You Come Back To Me (featuring Miss Monet)
(Disc 2)
01. Harbor Lights 02. Lowdown 03. Lido Shuffle Encore: 04. There's a Storm Coming 05. What Can I Say 06. We're All Alone Encore 2: 07. Sick and Tired 08. Band Introduction Encore 3: 09. Last Tango On 16th Street

◇Personnel; Boz Scaggs (Vocals, Guitar) Michael Miller (Guitar) Gene Lake (Drums) Richard Patterson (Bass) Michael Logan (Keyboards, Guitar) Michael Logan, Jr. (Percussion, Keyboards) Eric Crystal (Guitar, Saxophones, Keyboards) Ms. Monet (Vocals)



ボズ・スキャッグス
2015 Tokyo 1st Night
XAVEL-268
AUD
2CD-R
\4,600


「AORの帝王」ボズ・スキャッグスの2015年来日ツアーより、東京3公演の初日となる6/10渋谷Bunkamuraオーチャードホールでのライブを、超高音質オーディエンス録音にて完全収録!レーベル・オリジナルの超高音質オーディエンス・ソース(MK4マスター)に丁寧なリマスタリングを施した逸品。暖かく奥行きのある、ぶ厚い音質には必ずや満足していただけるはずです。2年ぶりの来日となる今回のツアー、「Runnin' Blue」「Mixed Up, Shook Up Girl」と渋めの選曲で幕を開けるライブですが、お馴染みの人気曲も随所に散りばめ会場の盛り上がりも上々です。続く翌日公演、追加として行われた6/18の最終公演はボズを始めとした、バンドメンバー複数人のIEM(イン・イヤー・モニター)をミックスしたマトリクス音源としてリリース予定です。シンプルな極上オーディエンス録音はこの日だけですので、聴き比べてみるのも面白いでしょう。記念すべき来日公演をXAVELレーベルの極上音質音源でお楽しみください。

◆Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 10th June 2015 [EX-Audience Recording (Original MK4 Master)]
(Disc 1)
01. Intro 02. Runnin' Blue 03. Mixed Up, Shook Up Girl 04. Jojo 05. A Fool To Care 06. Some Change 07. Rainy Night in Georgia 08. Heart of Mine 09. Georgia 10. Miss Sun 11. Until You Come Back To Me (featuring Miss Monet)
(Disc 2)
01. Harbor Lights 02. Lowdown 03. Lido Shuffle Encore: 04. There's a Storm Coming 05. What Can I Say 06. We're All Alone Encore 2: 07. Sick and Tired

◇Personnel; Boz Scaggs (Vocals, Guitar) Michael Miller (Guitar) Gene Lake (Drums) Richard Patterson (Bass) Michael Logan (Keyboards, Guitar) Michael Logan, Jr. (Percussion, Keyboards) Eric Crystal (Guitar, Saxophones, Keyboards) Ms. Monet (Vocals)



デュークス・オブ・セプテンバー
Tokyo, Raise Up!
XAVEL-180
AUD
2CD-R
\4,200


Steely Danの頭脳Donald Fagen、中期The Doobie Brothersの立役者Michael McDonald、AORの代名詞的存在Boz Scaggs。
70~80年代のロックシーンを牽引した3人の大御所によって結成された話題のバンドThe Dukes of September Rhythm Revue。
ファン待望の2012年来日ツアーより、11/1の日本武道館でのライブを超高音質のオーディエンス録音にて完全収録。
会場アリーナA中央ブロック最前方の良席で録音されたXAVELレーベル・オリジナルの高品質なマスターに24bitデジタル・リマスターを施した最高音質盤。
武道館ならではのふくよかで暖かみのあるリッチな中低音が非常に心地良い、メモリアル・アイテムにふさわしい臨場感溢れるリッチなサウンドに仕上がっています。

現Steely Danバンドのメンバーが中心となっているバックバンドのタイトな演奏にも支えられ、三者三様のヒットナンバーと味わい深い歌唱を楽しむことが出来る大変贅沢な内容。
とりわけ、大名盤『彩』収録の「Peg」をスタジオ盤と同じくMichael McDonaldのコーラスで聴くことができるあたりは、今ツアーのハイライトといえるでしょう。ボーナストラックとして、翌日11/2にパシフィコ横浜でおこなわれた来日ツアー最終公演より、「I Keep Forgettin'」「Kid Charlemagne」「Miss Sun」「Peg」「Takin' It To The Streets」の5曲を、ステージ上で使用されているIEM(イン・イヤー・モニター)ソースとオーディエンス・ソースとをマトリクスした極上音質にて追加収録しています。

*11/2のパシフィコ横浜最終公演をあわせてご希望の場合は、同時発売の4枚組みセット商品「Tokyo & Yokohama Raise Up!」(XAVEL-180/181)がお買い得です。

◆Nippon Budokan, Tokyo, Japan 1st November 2012

(Disc 1)
01. Opening 02. People Get Up And Drive Your Funky Soul 03. Who's That Lady 04. Sweet Soul Music 05. I Keep Forgettin' (Every Time You're Near) 06. Trouble Man 07. Kid Charlemagne 08. The Same Thing 09. Miss Sun 10. I Heard It Through The Grapevine 11. You Never Can Tell 12. Love's Gonna Live Here 13. If You Don't Know Me By Now 14. What A Fool Believes 15. Piano Intro ~ Hey Nineteen 16. Love T.K.O. 17. (Take A Little) Piece Of My Heart

(Disc 2)
01. Peg 02. Lowdown 03. Keyboards Intro ~ Takin' It To The Streets 04. Band Introduction 05. Reelin' In The Years encore; 06. Lido Shuffle 07. Piano Intro ~ Pretzel Logic 08. Thank You (Falettinme Be Mice Elf Agin) 09. Them Changes 10. People Get Up And Drive Your Funky Soul

◆Bonus Tracks; Pacifico Yokohama, Kanagawa, Japan 2nd November 2012 (IEM Matrix)
11. I Keep Forgettin' (Every Time You're Near) 12. Kid Charlemagne 13. Miss Sun 14. Peg 15. Keyboards Intro ~ Takin' It To The Streets

◇Personnel; Donald Fagen (piano, vocals), Michael McDonald (keyboards, vocals), Boz Scaggs (guitar, vocals), Jon Herington (guitar), Freddie Washington (bass), Shannon Forrest (drums), Jim Beard (keyboards), Jay Collins (saxophones, flute), Michael Leonhart (trumpet), Walt Weiskopf (saxophones, flute), Carolyn Escoffery (vocals) & Catherine Russell (vocals)



デュークス・オブ・セプテンバー
Yokohama, Raise Up!
XAVEL-181
AUD
2CD-R
\4,200


Steely Danの頭脳Donald Fagen、中期The Doobie Brothersの立役者Michael McDonald、AORの代名詞的存在Boz Scaggs。
70~80年代のロックシーンを牽引した3人の大御所によって結成された話題のバンドThe Dukes of September Rhythm Revue。
ファン待望の2012年来日ツアーより、最終日11/2のパシフィコ横浜でのライブを極上音質のオーディエンス録音にて完全収録。
会場1Fフロント・ロウ中央の良席で録音されたXAVELレーベル・オリジナルの高品質なマスターに24bitデジタル・リマスターを施した最高音質盤。
バンドの繰り出す出音をサウンドボード録音に比肩するほどの完璧なバランスで捉えており、今ツアーの決定版となること間違いなしの超クリアなサウンドに仕上がっています。

現Steely Danバンドのメンバーが中心となっているバックバンドのタイトな演奏にも支えられ、三者三様のヒットナンバーと味わい深い歌唱を楽しむことが出来る大変贅沢な内容。とりわけ、大名盤『彩』収録の「Peg」をスタジオ盤と同じくMichael McDonaldのコーラスで聴くことができるあたりは、今ツアーのハイライトといえるでしょう。
ボーナストラックとして、前日11/1に日本武道館でおこなわれたステージより、「What A Fool Believes」「Lowdown」 「Reelin' In The Years」「Lido Shuffle」「Pretzel Logic」の5曲を、ステージ上で使用されているIEM(イン・イヤー・モニター)ソースとオーディエンス・ソースとをマトリクスした極上音質にて追加収録しています。

*11/1の日本武道館公演をあわせてご希望の場合は、同時発売の4枚組みセット商品「Tokyo & Yokohama Raise Up!」(XAVEL-180/181)がお買い得です。

◆Pacifico Yokohama, Kanagawa, Japan 2nd November 2012

(Disc 1)
01. Opening 02. People Get Up And Drive Your Funky Soul 03. Who's That Lady 04. Sweet Soul Music 05. I Keep Forgettin' (Every Time You're Near) 06. Trouble Man 07. Kid Charlemagne 08. The Same Thing 09. Miss Sun 10. I Heard It Through The Grapevine 11. You Never Can Tell 12. Love's Gonna Live Here 13. If You Don't Know Me By Now 14. What A Fool Believes 15. Piano Intro ~ Hey Nineteen 16. Love T.K.O. 17. (Take A Little) Piece Of My Heart

(Disc 2)
01. Peg 02. Lowdown 03. Band Introduction 04. Keyboards Intro ~ Takin' It To The Streets 05. Reelin' In The Years encore; 06. Lido Shuffle 07. Piano Intro ~ Pretzel Logic 08. Thank You (Falettinme Be Mice Elf Agin) 09. Them Changes 10. People Get Up And Drive Your Funky Soul

◆Bonus Tracks; Nippon Budokan, Tokyo, Japan 1st November 2012 (IEM Matrix)
11. What A Fool Believes 12. Lowdown 13. Reelin' In The Years 14. Lido Shuffle 15. Pretzel Logic

◇Personnel; Donald Fagen (piano, vocals), Michael McDonald (keyboards, vocals), Boz Scaggs (guitar, vocals), Jon Herington (guitar), Freddie Washington (bass), Shannon Forrest (drums), Jim Beard (keyboards), Jay Collins (saxophones, flute), Michael Leonhart (trumpet), Walt Weiskopf (saxophones, flute), Carolyn Escoffery (vocals) & Catherine Russell (vocals)



デュークス・オブ・セプテンバー
Tokyo & Yokohama, Raise Up!
XAVEL-180/181
AUD
2CD-R
\6,700


Steely Danの頭脳Donald Fagen、中期The Doobie Brothersの立役者Michael McDonald、AORの代名詞的存在Boz Scaggs。
70~80年代のロックシーンを牽引した3人の大御所によって結成された話題のバンドThe Dukes of September Rhythm Revue。
ファン待望の2012年来日ツアーより、11/1日本武道館公演と11/2パシフィコ横浜公演をともに極上音質のオーディエンス録音にて完全収録。
XAVELレーベル・オリジナルの高品質なマスターに24bitデジタル・リマスターを施した最高音質盤、ボーナストラックには両日よりそれぞれ5曲を厳選し、ステージ上で使用されているIEM(イン・イヤー・モニター)ソースとオーディエンス・ソースとをマトリクスした極上音質にて追加収録しています。

*武道館公演を収録した「Tokyo, Raise Up!」(XAVEL-180)とパシフィコ横浜公演を収録した「Yokohama, Raise Up!」(XAVEL-181)のカップリング・アイテムですので、各公演の詳細に関してはそれぞれの解説をご覧になってください。

◆Nippon Budokan, Tokyo, Japan 1st November 2012

(Disc 1)
01. Opening 02. People Get Up And Drive Your Funky Soul 03. Who's That Lady 04. Sweet Soul Music 05. I Keep Forgettin' (Every Time You're Near) 06. Trouble Man 07. Kid Charlemagne 08. The Same Thing 09. Miss Sun 10. I Heard It Through The Grapevine 11. You Never Can Tell 12. Love's Gonna Live Here 13. If You Don't Know Me By Now 14. What A Fool Believes 15. Piano Intro ~ Hey Nineteen 16. Love T.K.O. 17. (Take A Little) Piece Of My Heart

(Disc 2)
01. Peg 02. Lowdown 03. Keyboards Intro ~ Takin' It To The Streets 04. Band Introduction 05. Reelin' In The Years encore; 06. Lido Shuffle 07. Piano Intro ~ Pretzel Logic 08. Thank You (Falettinme Be Mice Elf Agin) 09. Them Changes 10. People Get Up And Drive Your Funky Soul

◆Bonus Tracks; Pacifico Yokohama, Kanagawa, Japan 2nd November 2012 (IEM Matrix)
11. I Keep Forgettin' (Every Time You're Near) 12. Kid Charlemagne 13. Miss Sun 14. Peg 15. Keyboards Intro ~ Takin' It To The Streets


◆Pacifico Yokohama, Kanagawa, Japan 2nd November 2012

(Disc 1)
01. Opening 02. People Get Up And Drive Your Funky Soul 03. Who's That Lady 04. Sweet Soul Music 05. I Keep Forgettin' (Every Time You're Near) 06. Trouble Man 07. Kid Charlemagne 08. The Same Thing 09. Miss Sun 10. I Heard It Through The Grapevine 11. You Never Can Tell 12. Love's Gonna Live Here 13. If You Don't Know Me By Now 14. What A Fool Believes 15. Piano Intro ~ Hey Nineteen 16. Love T.K.O. 17. (Take A Little) Piece Of My Heart

(Disc 2)
01. Peg 02. Lowdown 03. Band Introduction 04. Keyboards Intro ~ Takin' It To The Streets 05. Reelin' In The Years encore; 06. Lido Shuffle 07. Piano Intro ~ Pretzel Logic 08. Thank You (Falettinme Be Mice Elf Agin) 09. Them Changes 10. People Get Up And Drive Your Funky Soul

◆Bonus Tracks; Nippon Budokan, Tokyo, Japan 1st November 2012 (IEM Matrix)
11. What AFool Believes 12. Lowdown 13. Reelin' In The Years 14. Lido Shuffle 15. Pretzel Logic

◇Personnel; Donald Fagen (piano, vocals), Michael McDonald (keyboards, vocals), Boz Scaggs (guitar, vocals), Jon Herington (guitar), Freddie Washington (bass), Shannon Forrest (drums), Jim Beard (keyboards), Jay Collins (saxophones, flute), Michael Leonhart (trumpet), Walt Weiskopf (saxophones, flute), Carolyn Escoffery (vocals) & Catherine Russell (vocals)



デュークス・オブ・セプテンバー
Soul Cruising!
SYLPH-1165
AUD
2CD-R
\3,840


スティーリー・ダンのドナルド・フェイゲン、元ドゥービー・ブラザーズのマイケル・マクドナルド、そしてボズ・スキャッグスのAOR大御所3人が組んだスーパー・バンド「ザ・デュークス・オブ・セプテンバー・リズム・レヴュー」が来日!!
その2012年10月30日大阪公演を迫力&臨場感満点の極上高音質にて完全収録!!
サウンド・バランスもバッチリで、シルフ・レーベルならではの丁寧なマスターリングが施された文句無しの超エクセレントな逸品です!!

前半はソウル・クラシックのカヴァーを中心に、3人の持ち歌を交えながら彼らが影響を受けたであろうR&Bナンバーをプレイ!!
後半からは「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」「ヘイ・ナインティーン」「ペグ」「ロウダウ ン」「テイキン・イット・トゥ・ザ・ストリーツ」他、3人の代表曲がオンパレードです!!演奏力バツグンのバンド&ホーン・セクションと女性コーラス隊からなる大編成バック・メンバーを従えてタップリ2時間、衰え知らずのエネルギッシュな素晴らしいパフォーマンスを披露しています!!
おそらく二度とないであろうメンツが揃った貴重なステージはファンなら必聴間違いなし!!美麗ジャケット・ワーク(帯付き)&極上サウンドにてお届けするマスト・アイテムが登場です!!

Disc-1
01. - Waiting -
02. People Get Up and Drive Your Funky Soul (James Brown)
03. Who's That Lady (The Isley Brothers)
04. Sweet Soul Music (Arthur Conley)
05. I Keep Forgettin' (Every Time You're Near) (The Doobie Brothers)
06. Trouble Man (Marvin Gaye)
07. Kid Charlemagne (Steely Dan)
08. The Same Thing (Muddy Waters)lead:Boz Scaggs
09. Miss Sun (Boz Scaggs)
10. I Heard It Through the Grapevine (Gladys Knight & The Pips)
11. You Never Can Tell(Chuck Berry)
12. Summer in the City (Lovin' Spoonful)lead:Donald Fagen
13. If You Don' t Know Me By Now (Harold Melvin & the Bluenotes)lead:Michael McDonald
14. What a Fool Believes (The Doobie Brothers)
15. Hey Nineteen (Steely Dan) lead:Donald Fagen

Disc-2
01. Love TKO (Teddy Pendergrass)lead:Boz Scaggs
02. (Take A Little))Piece of My Heart (Erma Franklin)lead: Catherine Russell
03. Peg (Steely Dan)lead:Donald Fagen
04. Lowdown (Boz Scaggs)lead:Boz Scaggs
05. Takin' It to the Streets (The Doobie Brothers)lead:Michael McDonald and Ctherine Russell
06. Band Intro
07. Reelin' in the Years (Steely Dan) lead:Donald Fagen
-Encore-
08. Lido Shuffle(Boz Scaggs)lead:Boz Scaggs
09. Pretzel Logic (Steely Dan)lead: all three frontmen
10. Thank You (Fallettinme Be Mice Elf Agin) (Sly & the Family Stone)
11. Them Changes (Buddy Miles)lead:Michael McDonald
12. People Get Up and Drive Your Funky Soul(reprise) (James Brown)
13. Outro

-The Dukes of September Rhythm Revue-
donald fagen- vocals, piano
michael mcdonald-vocals, keys
boz scaggs-vocals, guitar
jon herington-guitar
jim beard -keys
freddie washington- bass
michael white- drums
michael leonhart- trumpet
walt weiskopf- sax
jay collins- sax
carolyn leonhart(escoffery)- vocals
catherine russell- vocals



デュークス・オブ・セプテンバー
Live in Nagoya 2012 and more
MDNA-12034
AUD
2CD-R
\3,400


遂に来日を果たしたアダルト・コンテンポラリー・ミュージックのスーパー・ユニットTHE DUKES OF SEPTEMBER RHYTHM REVUE。
各地で大盛況となった2012年来日ツアーより、10/29のZEPP名古屋でのライブを、超高音質のオーディエンス録音にて完全収録。

ルーツ・ブルース、ロック、ファンクなど何でもありの貫禄のステージ、もちろんスティーリー・ダン、ドゥービー・ブラザーズ、ボズ・スキャッグスの一時代を築いたナンバーも要所でセットに組み込まれているので、2時間超のライブがあっという間に感じられることでしょう。音質も素晴らしいので、是非ともおさえていただきたいオススメのアイテムです。ボーナストラックとして、6/28のカリフォルニア公演より、名古屋では演奏されなかった「Love Is Strange」と「Summer In The City」を追加収録。

◆Zepp Nagoya, Aichi, Japan 29th October 2012

(Disc 1)
01. Opening 02. People Get Up And Drive Your Funky Soul 03. Who's That Lady 04. Sweet Soul Music 05. I Keep Fogettin' (Every Time You're Near) 06. Trouble Man 07. Kid Charlemagne 08. The Same Thing 09. Miss Sun 10. I Heard It Through The Grapevine 11. You Never Can Tell 12. If You Don't Know Me By Now 13. What A Fool Believes 14. Hey Nineteen 15. Love T.K.O. 16. Piece Of My Heart

(Disc 2) 01. Peg 02. Lowdown 03. Takin' It To The Streets 04. Reelin' In The Years encore: 05. Lido Shuffle 06. Pretzel Logic 07. Band Introduction 08. Thank You (Falettinme Be Mice Elf Again) 09. Them Changes 10. People Get Up And Drive Your Funky Soul Bonus Tracks; Gibson Amphitheatre, Universal City, CA 28th June 2012 11. Love Is Strange 12. Summer In The City

◇Personnel; Donald Fagen (keyboards, vocals), Michael McDonald (keyboards, vocals), Boz Scaggs (guitar, vocals), Jon Herington (guitar), Freddie Washington (bass), Shannon Forrest (drums), Jim Beard (keyboards), Michael Leonhart (trumpet), Walt Weiskopf (saxophone), Jay Collins (saxophone), Carolyn Leonhart (vocals) & Catherine Russell (vocals)



デュークス・オブ・セプテンバー
Nights In September
Dead Flowers-040
SBD
2CD-R
\4,200


Donald Fagen、Michael McDonald、Boz Scaggs。アダルト・コンテンポラリー・ミュージックの大御所3人が結成したスーパー・グループ"THE DUKES OF SEPTEMBER RHYTHM REVUE"。
2010年9/29、ロサンゼルスのグリークシアターでおこなわれた彼らのライブを、24bitデジタル・リマスタリングの施された極上音質のステレオ・サウンドボード・録音にて収録。

結成後2年の月日を経て来日を果たしたばかりの話題のグループですが、本作に収められたロス公演は、結成間もない時期のライブということもあって、先日の来日ツアーとは全く異なるセットリストで進行しています。
音質に関しても、このままオフィシャル発売できるレヴェルの完璧なクオリティに仕上がっているので、大満足間違いなしです!!ボーナストラックとして、同年9/2にニュージャージでおこなわれたライブより「King Harvest」を追加収録しています。
*「Them Changes」のみサウンドボード・マスター欠落のため、高音質のオーディエンス・マスターで補完してあります。

◆The Greek Theatre, Los Angeles, CA 29th September 2010
(Stereo Soundboard Recording / 24bit Digitally Remastered)

(Disc 1)
01. Sookie Sookie 02. Heighty Hi 03. Don't Mess Up A Good Thing 04. Shakedown Street 05. You Never Can Tell 06. I've Got News For You 07. Green Flower Street 08. Miss Sun 09. I Keep Forgettin' 10. Rock Steady 11. Rag Mama Rag 12. The Shape I'm In 13. Love T.K.O. 14. I Live The Life I Love 15. Cadillac Walk

(Disc 2)
01. What A Fool Believes 02. I.G.Y. (International Geophysical Year) 03. Lowdown 04. Takin' It To The Streets 05. Band Introduction 06. Reelin' In The Years 07. Love Train 08. Help Me Rhonda 09. Peg 10. Something In The Air 11. Them Changes * (* Audience Source) 12. Sookie Sookie

◆PNC Bank Arts Center, Holmdel, NJ 2nd September 2010
13. King Harvest



トト&ボズ・スキャッグス
BOBBY'S BIRTHDAY PARTY
NEW TATTOO-289
AUD
4CD-R
\5,500


トトとボズ・スギャックスの34年振りの夢の共演でソールドアウトとなった3月29日東京公演を超高音質完全収録!!

最初に登場したボズは、ブルージーで大人なAORを聞かせてくれます。4曲目からデヴィット・ペイチが飛び入りで共演。最後の曲ではスティーヴ・ルカサーがゲストで登場し、ハードロッキンなギターを聞かせてくれます。

次に登場したトトはデヴィット・ペイチも参加し、3代目ヴォーカリストのジョセフ・ウイリアムスが急遽参加決定で"PAMELA""STOP LOVIN' YOU"を熱唱!素晴らしい歌声を聞かせてくれました。最後はボズも共演しての"WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS"も演奏!充実したライブでした!

DISC ONE & TWO : TOTO
DISC THREE & FOUR : BOZ SCAGGS

DISC ONE
01. GYPSY TRAIN
02. CAUGHT IN THE BALANCE
03. PAMELA (w Joseph Williams)
04. BOTTOM OF YOUR SOUL
05. STOP LOVING YOU (w Joseph Williams)
06. FALLING IN BETWEEN
07. GREG KEYBOARD SOLO
08. ROSANNA ~ HAPPY BIRTHDAY BOBBY

DISC TWO
01. I'LL SUPPLY THE LOVE
02. ISOLATION
03. GIFT OF FAITH
04. KINGDOM OF DESIRE ~ LUKE GUITAR SOLO
05. HYDRA ~ SIMON DRUM SOLO
06. TAINT YOUR WORLD
07. BAND INTRO
08. HOLD THE LINE
- encore -
09. AFRICA
10. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIEND(w Boz Scaggs)

DISC THREE
01. LOWDOWN
02. JOJO
03. SLOW DANCER
04. DESIRE*
05. HERCULES*
06. MISS SUN*
07. HARBOR LIGHTS*
08. GEORGIA*

DISC FOUR
01. WE'RE ALL ALONE*
02. LIDO SHUFFLE*
- encore -
03. BAND INTRO*
04. LOAN ME A DIME*
05. BREAKDOWN DEAD AHEAD**
* with David Paich
** with David Paich & Steve Lukather



トト&ボズ・スキャッグス
Nagoya 2008
Upper Bottom Records-013
AUD
2CD-R
\3,880


大盛況となったTOTOとBoz Scaggsの2008年来日ツアーより、3/27の名古屋センチュリーホール公演を臨場感満点の良好なオーディエンス録音にて完全収録。

ディスク1の11曲目までが先に登場したBoz Scaggsの演奏、12曲目からディスク2の最後までがTOTOの演奏となっており、ここぞという所ではしっかりと互いのステージに飛び入り共演を果たした最高の1日の流れの記録を、本タイトル1枚でご堪能いただけるというお買い得アイテムです。

◆Century Hall, Nagoya, Aichi, Japan, 27th March 2008

<DISC 1>
-Boz Scaggs set-
01.intro 02.Low Down 03.Jojo 04.Slow Dancer 05.Desire 06.Miss Sun * 07.Harbor Lights * 08.Georgia * 09.We're All Alone * 10.Lid Shuffle * 11.Breakdown Dead Ahead **
(* with David Paich, **with David Paich & Steve Lukather)

-TOTO set-
12.Gypsy Train

<DISC 2>
01.Caught In The Balance 02.Pamela 03.Bottom Of Your Soul 04.Falling In Between 05.Greg Phillinganes solo 06.Rosanna medley; 07.I'll Supply The Love ~ 08.Isolation ~ 09.Gift Of Faith ~ 10.Kingdom Of Desire (incl. Steve Lukather solo) ~ 11.Hydra (incl. Simon Phillips solo) ~ 12.Taint Your World 13.Hold The Line 14.Africa 15.With A Little Help From My Friend *** 16.outro
(***with Boz Scaggs)

◇TOTO;
David Paich (key, vo)
Bobby Kimball (vo)
Steve Lukather (g, vo)
Simon Phillips (ds)
Greg Phillinganes (key, vo)
Lee Sklar (b)
Tony Spinner (g, vo)



ボズ・スキャッグス
KING OF DIGGING
SYLPH-0066
AUD
2CD-R
\6,140


アルバム「DIG」を携えて、来日を果たしたAORの代名詞”ボズ・スキャッグス”の2001年ジャパンツアーより、12月2日東京公演を超高音質にて完全収録!!「DIG」ナンバーが中心となり、往年の名曲をちりばめた構成のステージ(なかなか渋めのセットリストようです)。現在進行形のボズを堪能できるメモリアルアイテムです。

Call That Love/Jo Jo/Pay Day/Hercules/Miss Riddle/Vanishing Point/Look What You've Done To Me/I Just Go/King Of Elpaso/Breakdown Dead Ahead/Desire/Lido Shuffle/Lowdown/Miss Sun/Thanks To You



ボズ・スキャッグス
THE FILMORE AUDITRIUM 1997
WR-251
SBD
2CD-R
\3,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


70年代から80年代、アダルト・コンテンポラリー・サウンドを代表するアーティスト”ボズ・スキャッグス”1997年、フィルモア・オーディトリウムでのステージを高音質サウンドボード音源(2枚組)で収録したタイトルが登場!

本タイトルは、“ボズ・スキャッグス”がAOR路線から離れ自らのルーツであるブルース、R&Bサウンドへ原点回帰した時期のライブ。肩の力を抜いたボズの古き良き時代のアメリカン・ミュージックに対する愛情がふんだんに散りばめられた至福のライブ盤!オシャレなアダルト・サウンドだけではないボズの本当の魅力がわかるオススメのライブ盤です!!

SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS.
Live at The Fillmore Auditorium, San Francisco, CA, October 8, 1997.

DISC ONE
01. It All Went Down The Drain / 02. Lowdown / 03. Ask Me 'bout Nothing But The Blues / 04. Some Change / 05. Sierra
06. Sick And Tired / 07. Jojo / 08. Love Letters / 09. Runnin' Blue / 10. You Got My Letter
DISC TWO
01. Miss Sun / 02. Look What You've Done To Me / 03. Drivin' Wheel / 04. Loan Me A Dime / 05. T-Bone Shuffle / 06. I've Got Your Love
07. Band Introductions / 08. Breakdown Dead Ahead / 09. Don't Cry No More / 10. Lido Shuffle



ボズ・スキャッグス
New York City 1980
Dead Flowers-011
SBD
1CD-R
\2,800


1980年11/26、ニューヨークのRadio City Music HallでおこなわれたBOZ SCAGGSのライブを、初登場となる極上品質のステレオ・サウンドボード・マスターより24bitデジタル・リマスタリング収録。

この日の音源は以前にも出回ったことがありますが、今回入荷のタイトルは中間部「Jump Street」を含む長尺でのリリース、さらに放送前の高品質マスターに入念なデジタル・リマスタリングを施しており超オフィシャル級の完璧なサウンドバランスを実現、また既発盤で発生していた耳障りなクリップノイズも完全に払拭されたパーフェクトな形でのリリースとなっています。タイトなことこの上ないCarlos VegaとMike Porcaroのリズムセクション、一聴してそれと分かるMike Landauのギタープレイ等、ファンにとっては思い出深い同年の来日公演同様のバンド編成でおこなわれた黄金期ボズの珠玉のステージを最高音質でご堪能下さい!

◆Radio City Music Hall, New York City, NY, 26th November 1980

1.Breakdown Dead Ahead 2.What Can I Say 3.Hard Times 4.You Got Some Imagination 5.Georgia 6.Jump Street 7.Lido Shuffle 8.Middle Man 9.Low Down

◇Personnel;
Boz Scaggs (vocal, guitar)
Randy Kerber (keyboards)
Carlos Vega (drums)
Mike Landau (guitar)
Mike Porcaro (bass)
Scott Plunkett (synthesizer)
Venetta Fields (vocal)
Paulette Brown (vocal)



ボズ・スキャッグス
Live Silk Degrees
MID VALLEY
SBD
3CD-R
\4,600
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


「この夏にピッタリ!フェロモン全開!!ED気味の貴方の息子も思わず...」 絶頂期1976年シルク・ディグリーズ・ツアーより2公演をチョイス!

両公演共に高音質サウンドボード収録した超有名公演です。勿論既発ソースよりグレードアップ!名盤シルク・ディグリーズからの曲を中心にプレイされたその内容はたみゃら~んです!

最高の楽曲にTOTOのポーカロ3兄弟のグルーヴ感あふれるプレイ!愛聴盤になる事まちがいなしです★ 「ガブリオレルーフ全開で勿論ジャケット着用、左腕にはカルティエ、財布は持たずにティファニーのマネークリップ、ノーネクタイ、襟出してネオン煌く青山通りをナイト・クルーズ!・・・どんだけ昭和なんだ・・・」 とにかくコレがあったらええんちゃう!

◎ボーナスDISCの3枚目は幻の1ST ALBUM 収録!!

Disc1
The Roxy, Los Angels, April 7.1976

1 Low Down 2 You Make It So Hard (To Say No) 3 What Can I Say 4 Might Have To Cry 5 Jump Street 6 Georgia 7 Slow Dancer 8 It’s Over 9 Lido Shuffle 10 Dinah Flo 11 Band Introduction 12 I Got Your Number

Disc 2
Central Park, NYC, NY, July 31.1976

1 Low Down 2 You Make It So Hard(To Say No) 3 What Can I Say 4 Slow Dancer 5 It’s Over 6 Angel Lady 7 Running Blues 8 Georgia 9 Jump Street 10 Lido Shuffle 11 Dinah Flo 12 Band Introduction 13 I Got Your Number 14 You’re Mine



ボズ・スキャッグス
Fillmore West 1971
Invisible Works Records-007
SBD
2CD-R
\4,000


BOZ SCAGGSのキャリア初期における名演として名高い1971年6/30のフィルモア・ウェスト公演を、アンコールジャム2曲を含む初登場のステレオ・サウンドボードマスターよりデジタル・リマスタリング収録。

今回発掘となったステレオ・サウンドボードマスターは、音質自体はかなりの高音質で各パートのバランスも良いものでありながら、「Painted Bells」中間部での音抜け、あるいは一部の楽曲でヒスノイズが目立つ等の問題を抱えていました。本タイトルでは、そういった問題点を払拭することに重点を置いたリマスタリングが施されており、サウンド面での完成度の高さは本公演の音源中髄一のものとなっているので、文句なしの決定版としてオススメです。演奏内容の充実ぶりも特筆に値するもので、まだ商業的な大成功を収めるには至っていないものの、ボズ本人が愛してやまないR&B色が全開となったステージはAOR全盛時のステージには無い荒削りな魅力に満ち溢れており、Elvin BishopとTaj Mahalを迎えてのラスト2曲のジャムまで全編において、当時の音楽シーンの熱気を余すところ無く伝えてくれる最高のライブを体験できます。

◆Fillmore West, San Francisco, CA, 30th June 1971

<DISC 1>
1.I Feel So Good (fade in) 2.We Were Always Sweethearts 3.Painted Bells 4.I Will Forever Sing (The Blues) 5.We Been Away 6.Hollywood Blues 7.Baby's Calling Me Home 8.Stepping Stone 9.Country Girl 10.Loan Me A Dime 11.I'll Be Long Gone

<DISC 2>
1.I'm Easy 2.Near You (fade in) 3.Sweet Release 4.Jam (We Gonna Rock)* 5.Jam (Long And Tall)*

◇Personnel;
Boz Scaggs (guitar, lead vocals)
Rita Coolidge (vocals, percussion)
Doug Simril (guitar, piano, vocals)
Joachim Jymm Young (keyboards)
David Brown (bass)
Mel Martin (saxophones, flute)
Pat O'Hara (trombone)
Tom Poole (trumpet, flugelhorn)
George Rains (drums)
*Elvin Bishop (guitar, vocals)
*Taj Mahal (harmonica, vocals)