コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます



ブッカー・T・ジョーンズ
CAMBRIDGE FOLK FESTIVAL 2009
BLVD-0012
Pro-Shot 30min
1DVD-R
\3,600
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ブッカーTジョーンズのケンブリッジ・フォーク・フェスティバルでの演奏を、16:9サイズの最上級プロショット映像にて収録。

30分番組のデジタル・ブロードキャスト・マスターであるため、収録時間が短い事が唯一難点ですが、厳選された名曲がギュッと凝縮され、満足度は充分!メインギターはブラック・クロウズ、イノセント・クリミナルズのマーク・フォード!同じフェスティバルに出演していたロス・ロボスのギタリスト、デヴィッド・イダルゴもゲスト参加!MGズの演奏とは違ったサウンドで、かつての名曲が蘇ります。ブルース・ロックやサザン・ロック好きにもオススメ。

Live at Cambridge Folk Festival, Cherry Hinton Hall, Cambridge, England, August 01 2009

Booker T. Jones (org, vo) / Mark Ford (g) / Troy Garnier / Rony James (b) / Darian Gray (ds) / David Hidalgo (g)

1. GREEN ONIONS / 2. BORN UNDER A BAD SIGN / 3. HIP HUG HER / 4. SOUL LIMBO / 5. TIME IS TIGHT



ブッカー・T・ジョーンズ
マーク・フォード
AFRICAN FESTIVAL OF THE ARTS
OMCD-10042
AUD
1CD-R
\3,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


スタックスを支えたソウル・オルガン・プレーヤー、ブッカー・T・ジョーンズのライヴを、高音質オーディエンス+デジタル・リマスターにて収録。

セットリストはMGズでもお馴染みのヒット・パレードですが、バンドが違うため新鮮に楽しめます。ギターはブラック・クロウズ、イノセントクリミナルズのマーク・フォード、ベースにはファビュラス・サンダーバーズのロニー・ジェームスです。

Live at African Festival Of The Arts, Washington Park, Chicago, IL, September 05, 2009

Booker T. Jones (org, vo) / Marc Ford (g) / Troy Gagne (g) / Ronnie James (b) / Darian Grey (d)

1. intro / 2. Pound It Out / 3. Green Onions / 4. Born Under A Bad Sign / 5. Potato Hole / 6. Soul Limbo / 7. Hip Hug Her / 8. Melting Pot (inc. band intro) / 9. Sittin' On The Dock Of The Bay / 10. Hang 'em High / 11. Time Is Tight / 12. encore



ブッカー・T&THE DBT'S
AT BONNAROO MUSIC FESTIVAL 2009
OMCD-09036
AUD
1CD-R
\3,800
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


サザンロック・バンドのドライヴ・バイ・トラッカーズと、メンフィス・ソウルの大御所ブッカーT・ジョーンズという組み合わせでのライヴ音源。

2009年のボナルー・ミュージック・フェスティヴァルでの演奏を、抜群の高音質オーディエンスマスターよりリマスタリング完全収録しています。少し意外なような組み合わせですが、実は同年リリースされているブッカーT・ジョーンズのニューアルバム『POTATO HOLE』でバックを勤めているのが、ほぼドライヴ・バイ・トラッカーズのメンバーなのです。その『POTATO HOLE』からの曲が多く演奏されており、『POTATO HOLE』が気に入っている方は必聴。ドライヴ・バイ・トラッカーズをバックにした“グリーン・オニオンズ”も聴きモノ。

Live at BONNAROO MUSIC & ARTS FESTIVAL, MANCHESTER, TN, June 13, 2009

Booker T. Jones (org) // Drive By Truckers // Mike Cooley (g) / Patterson Hood (g) / John Neff (g, pdl-g) / Shonna Tucker (b) / Brad Morgan (ds)

1. Intro / 2. Pound It Out / 3. She Breaks / 4. Homefield Advantage / 5. Green Onions / 6. Warped Sister / 7. Native New Yorker / 8. Zip City / 9. Potato Hole / 10. Let There Be Rock / 11. Hey Ya / 12. Time Is Tight / 13. Lookout Mountain



ブッカー・T&MG'S
AT MINNEAPOLIS 2008
NRR-CD18016
AUD
2CD-R
\3,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ブッカーTアンドMGズを総括するような内容のライヴです。この後ダック・ダンが亡くなり、スティーヴ・クロッパーとブッカーT・ジョーンズの仲もあまり良くなさそうで、このようにメンバーが集まってのライヴはこの頃が最終期だったのではないでしょうか。かなしい。。。だから残された音源を聴くしかないのです。とても良く録られた音質抜群のオーディエンス音源をリマスタリング収録しています。MGズ中期の名曲「メルティング・ポット」も快演。ディスク2には画竜点睛にエディ・フロイドが登場します。やっぱ「ソウル・マン」「ノック・オン・ウッド」「ドック・オブ・ザ・ベイ」辺りはソウルフルなヴォーカル居ないとね。

Recorded Live at Dakota Jazz Club, Minneapolis, MN, November 02, 2008

DISC 1
1. intro 2. YOU GOTTA SERVE SOMEBODY 3. MELTING POT 4. BOOKER LOO 5. SOUL DRESSING 6. SUMMERTIME BEHAVE YOURSELF 7. BEHAVE YOURSELF SOUL DRESSING 8. HIP HUG HER 9. GREEN ONIONS 10. HANG 'EM HIGH 11. TIME IS TIGHT
DISC 2
1. intro to Eddie Floyd - RAISE YOUR HAND 2. 634-5789 3. PETER GUNN THEME 4. SOUL MAN 5. BIG BIRD 6. I'VE NEVER FOUND A GIRL (TO LOVE ME LIKE YOU DO) 7. KNOCK ON WOOD – Jam 8. (SITTIN' ON) THE DOCK OF THE BAY 9. DOUBLE OR NOTHING

BOOKER T. JONES – organ STEVE CROPPER – guitar DONALD "DUCK" DUNN – bass STEVE OTTS – drums EDDIE FLOYD - vocal (on DISC 2)



ブッカー・T&MG'S
San Francisco 1991
MDNA-18117
SBD
1CD-R
\3,000


Booker T & The MG'sの1991年4/20、サン・フランシスコにて行われたライブを超クリアーなサウンドボード・ソースより収録。この翌年にはロックの殿堂入りを果たす彼ら、円熟の極みともいえる素晴らしい演奏を楽しむことが出来る貴重な音源です。

Slims, San Francisco, CA, April 20, 1991 (SOUNDBOARD RECORDING)
01. Intro 02. Green Onions 03. Melting Pot 04. Band Introductions 05. New Song 06. Soul Limbo 07. Summertime 08. Hip-Hug-Her 09. Groovin' 10. New Song 11. Born Under A Bad Sign/ 12. Hang Em High 13. Time Is Tight 14. Encore Break 15. Sittin' On The Dock Of The Bay 16. Double Or Nothin' 17. Outro



ブッカー・T&MG'S
AT WINTERLAND 1968
NRR-CD18011
SBD
2CD-R
\3,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)


ブッカーT・ジョーンズのソウルフルなオルガン、スティーヴ・クロッパーとダック・ダンのオクターヴ違いユニゾンのグルーヴィーなリフ、アル・ジャクソンのタイトでストイックなドラム。メンフィス・ソウルの名門スタックスのスタジオ・バンドであり、看板スターだったオーティス・レディングからもライヴへの帯同を懇願されていたほどのバンドです。メイン・アクトが登場する前に場を盛り上げるべく演奏されていた『グリーン・オニオンズ』のヒットもあり、インスト・バンドとしても活躍し始めた全盛期1968年のライヴを、高音質サウンドボードから収録。後半には大ボス、アルバート・キングも登場し、自身もスタックスで吹き込んだ『ボーン・アンダー・ア・バッド・サイン』等共演します。マニアから入門用まで広くお勧めできる好タイトルです。

Recorded Live at WINTERLAND, SAN FRANCISCO, CA, JUNE 08, 1968

DISC 1 (Early Show)
1. MY SWEET POTATO - Band intro 2. EXPRESSWAY TO YOUR HEART 3. (SITTIN' ON) THE DOCK OF THE BAY 4. GROOVIN'
5. YOU KEEP ME HANGIN' ON 6. ODE TO BILLY JOE 7. SUMMERTIME 8. DOUBLE OR NOTHING 9. YOU DON'T LOVE ME

DISC 2 (Late Show)
1. NEVER MY LOVE 2. (SWEET, SWEET, BABY) SINCE YOU'VE BEEN GONE 3. I DON'T MIND 4. KNOCK ON WOOD 5. BOOKER-LOO
6. HEY JOE 7. GREEN ONIONS 8. HIP HUG-HER - Band intro by Albert King 9. BORN UNDER A BAD SIGN 10. OVERALL JUNCTION 11. THE SKY IS CRYING

BOOKER T. JONES – organ STEVE CROPPER – guitar DONALD "DUCK" DUNN – bass AL JACKSON, JR. – drums ALBERT KING - vocal, guitar (Disc2 - track9,10,11)