コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


ご来店いただきましてありがとうございます



ビル・ブラッフォード
Emotional Works '88-'91
TB-DVD-014
143min. Pro-shot
1DVD-R
\3,200


Bill Brufordが目指した変拍子JAZZの極致、Earthworksの決定版DVDが登場!

まずは1988年3/10、ドイツにて開催されたDeustsches Jazz Festival Frankfurtでのステージを、極上画質の放送用マスターより1時間弱に亘って収録。音声に若干のノイズがのる箇所もありますが、別途デジタルリマスタリングの施された臨場感満点の音質で、各楽器のバランスも文句なし、何よりもオフィシャル級と呼んでも差し支えない鮮明な映像には長年のマニアも納得のはずです。

続いて1991年のLeverkusen Jazzstageでの演奏を、こちらも放送用マスターを使用した高画質プロショットにて1時間弱に亘って収録。YES再々結成の年にもあたるこの年の演奏、ファンにとっては時系列的にBill Brufordのキャリアを追う上で見逃せないものではないでしょうか。

最後にボーナス映像として1991年にテレビ放送された"Total Sound"から、インタビューをまじえながらの演奏シーンを追加収録。シモンズSDXに関するビル自身の興味深いコメント等が収録された、こちらもファン必見の内容となっています。

◆"Deustsches Jazz Festival Frankfurt '88 <58:15>", Kongresshalle, Frankfurt, Germany, 10th March 1988

Bill Bruford (drums)
Iain Ballamy (saxophones)
Django Bates (keyboards, tenor-horn),
Mick Hutton (bass)

1.My Heart Declares a Holiday 2.Up North 3.Bridge of Inhibition 4.It Needn't End in Tears 5.Making a Song and Dance 6.Pressure 7.Emotional Shirt 8.Thud

◆"Leverkusen Jazzstage '91 <58:24>", Leverkusen, Germany, 1991

Bill Bruford (drums)
Iain Ballamy (saxophones)
Django Bates (keyboards, tenor-horn),
Tim Harries (bass)

1.Candles Still Flicker in Romania'a Dark 2.Stromboli Kicks 3.Pigalle 4.All Heaven Broke Loose 5.Nerve 6.Bridge of Inhibition 7.Emotional Shirt 8.Dancing on Frith Street

◆-bonus- <26:35>, "Total Sound" Los Angeles Public TV Interviews & Performance, Room 302 Palos Verdes Inn / The Strand Nightclub LA, CA, 1991
1.Introduction & Interview w/ Bill 2.Stromboli Kicks (rehearsal) 3.Interview w/ Bill 4.Interview w/ Django 5.Interview w/ Bill 6.Simmons Electronic Drums Demonstration 7.My Heart Declare a Holiday (rehearsal) 8.Interview w/ Bill



アンダーソン・ブラッフォード
ウェイクマン・ハウ
Jones Beach 1989
Second Line-066
149min. Aud-shot
1DVD-R
\3,200


ファン必見!ABWHの極上ライブ映像、1989年8/10にNYのJones Beachでおこなわれた2時間に及ぶステージが驚愕のクオリティで登場。

『Evening Of YES Music』から遡ること1ヶ月、ツアー初期の貴重なライブ映像で勿論ベースはTony Levin、というだけでもこの映像の価値の高さは窺い知れますが、驚くべきはその映像クオリティの高さです。画質こそやや暗めのワンカメラによる映像ですが、終始安定したカメラワークで各メンバーの動きを追いかけており、見ていて全くストレスを感じさせません。そして何よりも素晴しいのがその音質で、サウンドボード・ソースを用いた完璧なバランスのハイ・クオリティ・サウンド!全てのファンにご覧になっていただきたいオススメの2タイトルです!

◆Jones Beach Amphitheatre, Wantagh, NY, USA 10th.August.1989
01.Time and a word/Owner of a lonely heart/Teakbois 02.Clap 03.Mood for a day 04.Rick Wakeman solo 05.Long distance runaround/ Bruford solo 06.Birthright 07.And you and I 08.I've seen all good people 09.Close to the edge 10.Themes 11.Levin-Bruford duet 12.Brother of mine 13.The meeting 14.Heart of the sunrise 15.Order of the universe 16.Roundabout 17.Starship trooper

◇Personnel;
Jon Anderson (vocals)
Bill Bruford (drums)
Steve Howe (guitars)
Rick Wakeman (Keyboards)
Julian Colbeck (Keyboards)
Tony Levin (Bass)
Milton McDonald (guitars)