コレクターズCD & DVDショップ THE JACK

お問い合わせ、ご質問等はこちらからどうぞ


BEATLES LIVE CD LIVE DVD CD DVD "Back To Basics"

SOLO JOHN LENNON PAUL McCARTNEY GEORGE HARRISON RINGO STARR




ビートルズ
THE BIGGEST ATTRACTION IN THE WHOLE WORLD
mccd-614-619
SBD
4CD+2DVD
\13,900
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)


■音と映像を様々なバージョンで徹底網羅
■高画質で収録したメルボルン公演
■AI技術による初のカラー化
■ドキュメンタリー映像

【1964年ワールド・ツアー】 当初リバプールの局地的な人気でしかなかったビートルズは、デビュー以後、ロンドンを始め英国で最大の人気を誇るバンドとなった。ビートルズのメンバーはひとつの目安としてロンドン・パラディウムで演奏した事が成功を実感した瞬間だったと言う。さらにその人気はヨーロッパに広がり、1964年「抱きしめたい」がビルボードでトップを奪取するに至って、全米にもその名が轟くことになる。しかし1964年2月最初の渡米においてはテレビ出演、今となっては伝説のエド・サリヴァン・ショウで演奏することに重点が置かれ、コンサートはワシントンDCとカーネギーホールの2公演のみ、どちらかといえば顔見世の意味合いが強く、本格的な全米ツアーは同年の8月まで待たねばならなかった。 全米で人気を博すということは世界のショウビジネス界で成功したと同列である。しかしアメリカのファンは飢餓感を抱いていた。ビートルズは、イギリスを始めヨーロッパでこそ数多くコンサートをこなしていたが、アメリカのほとんどのファンはまだテレビでしか見たことがなかったのである。「飢餓感」。これが1964年8月初めての全米ツアーが大成功を収めた要因のひとつであろう。このように、世界に向けて羽ばたいた記念すべき1964年は、フランスはパリにおける連続公演から幕を開け、8月のアメリカン・ツアーに先立ち、6月にこれまた初めてのオーストラリア・ツアーが組まれた。つまりフランスからイギリス、そしてオーストラリア、アメリカと、まさにこの年初めてワールド・ツアーが行なわれたのである。本作は、その6月のオーストラリア・ツアーから、メルボルン公演を音と映像で多方面から収録したタイトルになる。
【MESSAGE TO AUSTRALIA】ディスク1は、1963年9月12日にアビーロード・スタジオで収録された、オーストラリアのファンへ向けてのメッセージである。レコーディングの合間にこのような収録が行なわれていた事実が興味深い。おそらくメッセージを依頼したのであろうDJボブ・ロジャースへのコメントという体裁をとっている。このDJは自身のラジオ番組でビートルズのレコードをかけて大プッシュしていたのだろう、それに対する謝辞が続いている。まだツアーは予定されておらず、リンゴは「いつか会えたらいいね」というコメントを残している。その「いつか」が実現するのが約9か月後ということになる。メッセージとはいえ、きちんとテイクを重ねて収録されているのが伺える。
【1964年6月16日メルボルン公演】次に1964年6月16日のメルボルン・フェスティバル・ホール公演から3曲が収録されている。本編でメインで収録されているメルボルン公演の前日のコンサートである。この日の公演は音源が基本的に残されておらず、「Can’t Buy Me Love」は途中からの収録であり、「This Boy」はジョージによる曲紹介のみ、そして「Twist And Shout」は1曲完全に収録されている。きちんとしたサウンドボード音源なので、もしかしたら他にも収録されているのかもしれないが、現在のところこの2曲とジョージの曲紹介のみの発掘にとどまっている。
【1964年6月17日メルボルン公演 昼の部】そしていよいよメインとなる1964年6月17日メルボルン公演になる。この日は昼夜2回公演が同会場で行なわれており、その両方を最高のクオリティで収録しているのが本作となる。まず司会のアラン・フィールドの「世界で最大のアトラクションです!ビートルズ!」という高らかに宣言するイントロが印象的であり、本作のタイトルともなっている。この時点で既にビートルズがショウビジネス界最大の出し物であったという事が伺える。ビートルズのライヴといえば1964年と1965年は「Twist And Shout」、1966年は「Rock And Roll Music」のオープニングが知られているが、このオーストラリア公演は「I Saw Her Standing There」で始まる貴重なコンサートである。2曲目以降は後のアメリカン・ツアーとほぼ同じであり、「Twist And Shout」が後半に演奏されているのが相違点であろうか。いずれもこの時点でビートルズのベスト的なセットリストではあるのだが、不思議なことに「抱きしめたい」が演奏されていないのだ。この時点でビートルズにとって最大のヒット曲であるにも関わらず、そして年初にワシントンで演奏しているにも関わらず、このメルボルン公演では割愛されている。1ステージの曲数や演奏時間に制限があったのかもしれないが、それにしてもこの曲を割愛したのは理解に苦しむ。また、1964年のワールド・ツアーの直前、リンゴが扁桃腺を腫らし戦線離脱を余儀なくされてしまう。代役のドラマーとしてジミー・ニコルに白羽の矢が立ちツアーに同行する。この時の心境をリンゴは「ピート・ベストの事が頭を過った」と回想している。もちろんジミー・ニコルはあくまで代役以上の存在ではなく、リンゴは再び戦線復帰した、それがこのメルボルンでもある。ステージ上ではポールがリンゴ復帰を祝うコメントを比較的長くしており、聴衆もそれを歓迎している様子が収録されている。ディスク1にはまずWBC RADIO MASTERから同公演を収録している。放送前のロウ・テープということで、いくぶん粗い音像ながら流出の未編集音源である。司会者の挨拶から9曲を昼の部から収録している。一聴して気付くのはビートルズの熱演、特にポールのノリの良さである。初めての土地ということ、そして渡米前の最も熱い時期ということが、このメルボルン公演の熱演に繋がったのであろう。ロウ・テープということもあり音質は素晴らしく、この後のエア・チェック音源と比べると雲泥の差がある。そのエア・チェック音源がディスク1の後半に収録されている。いかにも当時のラジオ放送という音質であるが、数多くのバージョンのひとつとしてここに収録されている。興味深いのはこの放送音源が昼の部と夜の部の混合で構成されている点である。もちろんどの曲が昼か夜かは音源を聴けば容易に判別できる。 ディスク2のメインは1964年6月17日メルボルン公演昼の部のWBC RAJIO TRANSFER TAPEから収録されている。しかも前座から収録されている点、そして何より音質が非常に優れている点が特長として挙げられる。前座パートは地元シンガーのJonny Chesterが1曲、Sounds Incorporatedが7曲の収録となっている。Sounds Incorporatedは1965年シェア・スタジアムでもビートルズの前座として出演している。この昼の部のWBC RADIO TRANSFER TAPEは流出の過程でいくつか不備が見られる。まず「Long Tall Sally」が未収録である点。そして流出経路の違いにより「This Boy(こいつ)」が欠落しているものもある。既発タイトルではこの2曲を夜の部から使いまわしているものも存在した。本作では「This Boy」をきちんと昼の部からの演奏で収録している点が利点として挙げられる。
【1964年6月17日メルボルン公演 夜の部】ディスク2の後半は夜の部のWBC RADIO MASTER音源が収録されている。ディスク1に収録の昼の部と同様、流出のロウ・マスターであり、音質は現代の耳で聴いても素晴らしいものだ。大仰な司会者のアナウンスから演奏に雪崩れ込む様が当時のビートルズの勢いをそのまま表している。同じWBC RADIO MASTERでも、別バージョンがディスク3の後半に収録されている。いずれも甲乙つけがたい高音質ではあるのだが、実際にこのような別バージョンが存在すること自体、いままで知られていなかったのではないだろうか。ディスク3前半は、夜の部のWBC RADIO TRANSFER TAPEである。こちらも前座のジョニー・デヴリン1曲、Sounds Incorporated7曲が収録されている。昼の部では欠落していた「Long Tall Sally」まで完全収録である。いくぶんノイズがあるが前座を含めた最も長いバージョンである。オーストラリアのローカル・アーティストのパートは、YD盤『AUSTRALIAN TOUR 1964』などではほとんど無視されてしまっており、意外やこの前座パートをほぼ完全に収録したものとしては初登場になる。オーストラリア側のサポート二組がいずれもエルビスのイミテーター然とした出で立ちとレパートリーで、いかにもアマチュアっぽいショー内容であったり、イギリスより同行したSounds Incorporatedがウイリアムテル序曲を演奏していたり、また映画「ウエストサイド物語」より挿入歌「マリア」を演奏していたりと、当時の世相や流行が見て取れる前座である。
ビートルズの演奏は、これは昼の部にも増して余裕を感じさせる素晴らしい演奏である。その出来の良さは、このステージを撮影したフィルムを見てエプスタインが大いに満足、ビートルズの演奏シーンを当初の予定よりも多く使うことを許可したというエピソードが残されている。疾走感あふれる「I Saw Her Standing There」から、ジョンが絶叫する「You Can’t Do That」など、初期の瑞々しい雰囲気を残したビートルズのライヴが堪能できる。これら聴くと、既発タイトルが、複数のソースを駆使して苦労して制作されているのがわかる。音が最も優れているWBC RAJIO MASTER、前座から最長収録のWBC RADIO TRANSFER TAPE、そしてその別バージョンなど、本作はそれぞれ別途に収録しているのが最大の特長であろう。そして、これは昼夜2公演の両方に言えることであるが、このメルボルン公演は放送されたこともあってアナログ時代から数多くのコレクターズ・アイテムがリリースされてきたが、いずれもエア・チェック・ソースを使用していたため、決して満足のいく音質のタイトルは存在しなかった。ましてや本作のようにそれぞれ別個に収録しているタイトルは空前絶後であろう。
【1964年6月17日メルボルン公演 昼の部&夜の部】ディスク4はGTV VIDEO MASTER音源、つまり後述する映像付随の音源を収録している。当時はテープの質が悪く、フィルムのサウンドトラックが最も音質が優れた録音記録媒体であった。80年代の日本のオーディオ雑誌を紐解くと、カセットテープの代わりにVHSビデオで音源を残そうとう企画すらなされていたくらいである。実際、ここで聴くことが出来る音源は、ラジオ放送局の放送されたもの、或いは放送前の音源などと比べても非常に優れている。ラジオはラジオ用に、映像はそれとは別に、同じコンサートでありながら、それぞれに収録されたため、まったく別物として位置づけられる(ただし、昼の部のTV放送とレイト・ショーのラジオ放送自体行われた記録はない)。ラジオ音源では未収録の前座が収録されているのはもちろん、ビートルズのパートも最高の音質で収録されている。残念ながら映像が存在しな部分は音源としても当然存在しないので、内容的には完全収録とはなっていないが、この音質は特筆すべきであろう。 また収録構成としては昼の部と夜の部の混成となっている。これは当時から現在に至るまでの慣例として、複数のコンサートを編集により、より完成度の高い映像作品にするという姿勢に由来するものである。同一会場の同日昼夜の違いしかないので、音や映像からはその違和感を覚えることなく通して視聴できる。コレクターとしては、それぞれ別個に全てを聴きたいところだろうが、数あるバージョンのひとつとして本作の最後はこの映像由来の昼夜混成ビデオ音源を収録している。
DVD SING FOR SHELL】1964年6月17日のメルボルン公演は、前述のようにラジオ放送用とは別に映像でも収録が行なわれている。当時テレビ放送を目的として「SING FOR SHELL」という番組が制作され、ビートルズのみならず、前座を含めたコンサートの記録的な意味を持つ。もちろんメインはビートルズであり、白黒映像ながら鮮明かつコンサートのほぼ全貌を捉えている点で非常に貴重なものである。ビートルズ・ファンにとって前座は退屈なものであろうが、当時のショウ・ビジネスを取り巻く状況を知る上で、時代色が感じられる部分で興味深い。なお、実際の当日の出演順とは異なり、ワーク・テープ段階より実際には3番手のSounds Incorporatedが番組のオープニングに登場し、オーストラリア・ローカルの歌手二組がビートルズにステージのバトンを渡す形に恣意的に並べ替えられている。これは、やはりオーストラリアの視聴者に地元歌手をアピールする狙いがあったのだろう。ちなみにこの「SING FOR SHELL」はコンサートから早くも翌月1964年7月にオーストラリアCHANNEL 9でオンエアされている。映像としてはお馴染みのものながら、現在考え得る最高のクオリティで収録している。白黒の濃淡を見れば本作が従来のものよりも更に画質がアップしているのがわかる。もともと撮影段階から白黒フィルムであるのだが、既発盤では、例えて言うなれば「RGBカラーの白黒」のような画面がほとんどであった。そのため白黒とはいえ幾分緑色がかったものであった。本作はその点、「グレースケールの白黒」という感じの画面となっており、輪郭から陰影まで鮮明な白黒映像となっている。そして本作最大の目玉は、DVDディスク2に収録されているカラー化映像である。ビートルズのパートのみであるが、本来ディスク1に収録のように白黒で撮影されたものを、AI機能を使いカラー化したものが収録されているのである。これは同レーベルのドイツ公演をやはりカラーで収録した「BRAVO BEATLES BLITZTOURNEE」(3CD+2DVD)と異なり、人の手で着色したものではなく、AIを駆使したカラー化という点で初の試みである。簡単に述べると、色彩を人工知能に覚えさせ、それを自動で判断して着色する技法である。人工知能なので、回数を重ねることに経験値が蓄積され、より正確になっていく。そういう特徴を鑑みると、本作のカラー映像は元がカラー・フィルムのものとは差があることは否めない。しかし、ギターの色、肌の色、髪の色、特に正面からのポールとジョージがひとつのマイクを分かち合う映像を、こうしてカラー映像を見ると、申し訳ないが二度と白黒には戻れなくなることは間違いない。私たちがカラー写真で目にする1964年のスーツ姿の典型的なビートルズが、実際に動き、そして演奏しているという事実に感動すら覚える。数年前にウルトラQがカラー化されてブルーレイで発売された当初、古くからのマニアは玉体にメスを入れるが如き行為だと批判的であったが、実際カラー化を目の当たりにすると、やはり白黒映像には戻れないインパクトがあった。それと同様に、本作に収録のカラーで見るメルボルン公演は素晴らしいのひとことである。他では真似のできないカラー化されたメルボルン公演、その効果のほどをぜひ見ていただきたいと思っている。ディスク2の後半は、現地で放送されたドキュメンタリーが収録されている。よく日本でも来日50周年などといった折に、当時の関係者のインタビューを当時の映像を交えドキュメンタリーが制作されているが、オーストラリアでもビートルズ来豪は歴史的な出来事であったのだろう。本作では20周年に当たる1984年に制作された現地のドキュメンタリー、そして1989年に制作された「DOWN UNDER」というドキュメンタリーをそれぞれ収録している。もちろん全編英語ではあるのだが、雰囲気なりとも楽しめるはずである。ビートルズがやって来るというファンの熱狂、マスコミの騒動など、国は違えど日本も豪州も気持ちは同じなのだという当然の事に嬉しくなってしまう。

【THE BIGGEST ATTRACTION IN THE WHOLE WORLD】MCレーベルからは10年前のリリースに続き2度目となるメルボルン公演であるが、圧倒的なボリュームと、その後に発掘された音源と映像、また驚きのカラー化映像を加え、大幅にアップグレードしたビートルズのメルボルン公演である。メルボルン公演に関して本作を超えるタイトルはあるまい。もはや半世紀以上昔の出来事であるビートルズのコンサートが、日本同様にオーストラリアでも伝説として今も生きているという事実、そしてそれを追体験する完璧なセットである。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。スリップケース付。

DISC ONE
ABBEY ROAD STUDIOS September 12, 1963 01. Message To Australia
MELBOURNE FESTIVAL HALL June 16, 1964 02. Can’t Buy Me Love 03. This Boy 04. Twist And Shout
MELBOURNE FESTIVAL HALL June 17, 1964 Early Show WBC RADIO MASTER
05. Alan Field Introduction 06. I Saw Her Standing There 07. You Can't Do That 08. All My Loving 09. She Loves You 10. Till There Was You
11. Roll Over Beethoven 12. Can't Buy Me Love 13. This Boy 14. Long Tall Sally
MELBOURNE FESTIVAL HALL June 17, 1964 Early & Late Show WBC RADIO BROADCAST
15. I Saw Her Standing There 16. You Can’t Do That 17. All My Loving 18. She Loves You 19. Till There Was You 20. Roll Over Beethoven
21. Can’t Buy Me Love 22. This Boy 23. Long Tall Sally

DISC TWO
MELBOURNE FESTIVAL HALL June 17, 1964 Early Show WBC RADIO TRANSFER TAPE
JOHNNY CHESTER with THE PHANTOMS 01. Fever
SOUNDS INCORPORATED 02. Instrumental 03. Fingertips 04. Brontosaurus Stomp 05. The Spartans 06. Drums Solo 07. Maria 08. William Tell Overture
THE BEATLES 09. Alan Field Introduction 10. I Saw Her Standing There 11. You Can't Do That 12. All My Loving 13. She Loves You
14. Till There Was You 15. Roll Over Beethoven 16. Can't Buy Me Love 17. This Boy 18. Twist And Shout
MELBOURNE FESTIVAL HALL June 17, 1964 Late Show WBC RADIO MASTER
19. Alan Field Introduction 20. I Saw Her Standing There 21. You Can't Do That 22. All My Loving 23. She Loves You 24. Till There Was You
25. Roll Over Beethoven 26. Can't Buy Me Love 27. This Boy 28. Twist And Shout 29. Long Tall Sally

DISC THREE
MELBOURNE FESTIVAL HALL June 17, 1964 Late Show WBC RADIO TRANSFER TAPE
JOHNNY DEVLIN with THE PHANTOMS 01. What I'd Say
SOUNDS INCORPORATED 02. Instrumental 03. Fingertips 04. Brontosaurus Stomp 05. Spartans 06. Drum Solo 07. Maria 08. William Tell Overture
THE BEATLES 09. Alan Field Introduction 10. I Saw Her Standing There 11. You Can't Do That 12. All My Loving 13. She Loves You
14. Till There Was You 15. Roll Over Beethoven 16. Can't Buy Me Love 17. This Boy 18. Twist and Shout 19. Long Tall Sally

WBC RADIO ALTERNATE MASTER 20. Alan Field Introduction 21. I Saw Her Standing There 22. You Can't Do That 23. All My Loving
24. She Loves You 25. Till There Was You 26. Roll Over Beethoven 27. Can't Buy Me Love 28. This Boy 29. Twist And Shout 30. Long Tall Sally

DISC FOUR
MELBOURNE FESTIVAL HALL June 17, 1964 Early & Late Show GTV VIDEO MIX SOUNDS INCORPORATED
01. Instrumental 02. Fingertips 03. Brontosaurus Stomp 04. The Spartans 05. Drums Solo 06. Maria 07. William Tell Overture
JOHNNY DEVLIN with THE PHANTOMS 08. C'mon Everybody 09. What'd I Say 10. Jailhouse Rock
JOHNNY CHESTER with THE PHANTOMS 11. (You're So Square) Baby I Don't Care 12. Miss Ann 13. Fever 14. Let's Have A Party
THE BEATLES 15. I Saw Her Standing There 16. You Can't Do That 17. All My Loving 18. She Loves You 19. Till There Was You
20. Roll Over Beethoven 21. Can't Buy Me Love 22. Twist And Shout 23. Long Tall Sally

DVD DISC ONE
MELBOURNE FESTIVAL HALL June 17, 1964 Early & Late Show GTV VIDEO MASTER SOUNDS INCORPORATED
01. Instrumental 02. Fingertips 03. Brontosaurus Stomp 04. The Spartans 05. Drums Solo 06. Maria 07. William Tell Overture
JOHNNY DEVLIN with THE PHANTOMS 08. C'mon Everybody 09. What'd I Say 10. Jailhouse Rock
JOHNNY CHESTER with THE PHANTOMS 11. (You're So Square) Baby I Don't Care 12. Miss Ann 13. Fever 14. Let's Have A Party
THE BEATLES 15. I Saw Her Standing There 16. You Can't Do That 17. All My Loving 18. She Loves You 19. Till There Was You
20. Roll Over Beethoven 21. Can't Buy Me Love 22. Twist And Shout 23. Long Tall Sally

DVD DISC TWO
MELBOURNE FESTIVAL HALL June 17, 1964 Late Show GTV MASTER on COLOR
01. I Saw Her Standing There 02. You Can't Do That 03. All My Loving 04. She Loves You 05. Till There Was You 06. Roll Over Beethoven
07. Can't Buy Me Love 08. Twist And Shout 09. Long Tall Sally
MELBOURNE FESTIVAL HALL 10. Private 8 mm films
TOUR DOCUMENT PROGRAM 11. 20th. Anniversary TV Program #1, 1984 12. 20th. Anniversary TV Program #2, 1984 13. "Down Under", 1989 #1
14. "Down Under", 1989 #2 15. "Down Under", 1989 #3 16. "Down Under", 1989 #4 17. "Down Under", 1989 #5 18. "Down Under", 1989 #6 19. Movie Tone News 1964



ビートルズ
LIVE AT SAM HOUSTON COLISEUM
SGT.CD/DVD SCD16008-1/2
SBD
1CD+1DVD
\4,400
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)


ザ・ビートルズの歴史的ライブ記録を音と映像でまとめたライブ・アーカイブ・コレクションのシリーズ最新作第8弾は65年ライブの代表的音源としてシェア・スタジアムやハリウッド・ボウルと並ぶ『ライブ・アット・サム・ヒューストン・コロシアム』が登場!65年8月19日テキサス州サム・ヒューストン・コロシアムで行われた2回公演をラジオ放送局サウンドボードから最新リマスター音源で完全収録。DVDはそのヒューストン公演をとらえたライブのカラー映像やTVニュース、記者会見さらには前座演奏の音源まで関連映像含めた65年北米ツアーからのハイライト編集映像コレクション。65年ツアーのサウンドボード音源として見逃すことの出来ない必聴ライブを音と映像でまとめた決定版シリーズ最新作注目のコレクターズ・アイテム!

[コレクターズ・ポイント]
CDには65年ツアーのサウンドボード音源としてシェア・スタジアムやハリウッド・ボウルと並んで過去アナログ時代からコレクターにはお馴染みの公演でCD時代になっても多数リリースされてきた有名音源ですが今回は過去最高クオリティとしてコレクターに知られた海外編集盤『HOWDYALL!』の元音源を最新リマスターで収録。またエクストラではニュース・リポート音源も収録されています。DVDにはヒューストン公演のカラー映像やTVニュース、記者会見等の関連映像含めニューヨーク到着からトロント、シカゴやサンフランシスコ公演そしてロンドン帰還まで65年北米ツアーをハイライト編集でまとめた映像コレクションでさらに映像に加えこの日の公演はビートルズ2公演のみならずオープニング・アクトの演奏もラジオ局収録のサウンドボード音源が残されておりその音源はDVDオーディオ・パートに静止画像と共に収録。2公演完全収録のサウンドボード音源CDとトータル2時間以上収録となるDVDによる最新編集コレクターズ・アイテムです。

CD
Live At Sam Houston Coliseum, Texas, USA August 19th 1965

LIVE AT SAM HOUSTON COLISEUM 1965 : AFTERNOON SHOW
1. INTRODUCTION 2. TWIST AND SHOUT 3. SHE'S A WOMAN 4. I FEEL FINE 5. DIZZY MISS LIZZY
6. TICKET TO RIDE 7. EVERYBODY'S TRYING TO BE MY BABY 8. CAN'T BUY ME LOVE 9. BABY'S IN BLACK
10. I WANNA BE YOUR MAN 11. A HARD DAY'S NIGHT 12. HELP! 13. I'M DOWN

LIVE AT SAM HOUSTON COLISEUM 1965 : EVENING SHOW
14. INTRODUCTION 15. TWIST AND SHOUT 16. SHE'S A WOMAN 17. I FEEL FINE 18. DIZZY MISS LIZZY
19. TICKET TO RIDE 20. EVERYBODY'S TRYING TO BE MY BABY 21. CAN'T BUY ME LOVE 22. BABY'S IN BLACK
23. I WANNA BE YOUR MAN 24. A HARD DAY'S NIGHT 25. HELP! 26. I'M DOWN
EXTRA
27. NEWS REPORT / CAN'T BUY ME LOVE

DVD
THE NORTH AMERICAN TOUR 1965 HIGHLIGHTS - TV NEWS AND CONCERT FOOTAGES COLLECTION
POST CARD FROM TEXAS 1 POST CARD FROM TEXAS 2 NEWYORK AIRPORT ARRIVAL 8/13 NEWYORK WARWICK HOTEL 8/13 NEWYORK PRESS CONFERENCE 8/13 TORONTO CONCERT FOOTAGE 8/17 TORONTO HOME MOVIE 8/17
ATLANTA PRESS CONFERENCE 8/18 HOUSTON AIRPORT 8/19 HOUSTON HOME MOVIE 8/19 HOUSTON PRESS CONFERENCE 8/19 HOUSTON TV REPORT 8/19 HOUSTON BEFORE THE SHOW 8/19 HOUSTON CONCERT FOOTAGES 8/19 version 1&2 CHICAGO CONCERT FOOTAGE 8/20 version 1/2/3 SAN DIEGO TV REPORT AND CONCERT 8/28
SAN FRANCISCO TV REPORT AND CONCERT 8/31 SAN FRANCISCO ALTERNATE CONCERT FOOTAGE 8/31
SAN FRANCISCO REPORT CONCERT AND PRESS CONFERENCE 8/31 BACK TO THE UK 9/01 LONDON AIRPORT 9/02

LIVE AT SAM HOUSTON COLISEUM 1965 : OPENING ACTS (AUDIO ONLY)
Introduction The King Curtis Band With The Discotheque Dancers - Medley (It's Not Unusual / Can't Buy Me Love / I'm Telling You Now / A Hard Day's Night) The King Curtis Band - Soul Twist / Shot Gun / What'd I Say Cannibal And The Headhunters - Out Of Sight / Nau Ninny Nau / Mickey's Monkey / The Way You Do The Things You Do / Land Of 1000 Dances Brenda Holloway With King Curtis Band - Medley (Shake / (I Can't Get No) Satisfaction) / Put Your Head On My Shoulder / I Can't Help Myself Sound Incorporated - Sound Like Movin' / Fingertips / The William Tell Overture / In The Hall Of The Mountain King Live At Sam Houston Coliseum, Texas, USA August 19th 1965 NTSC 16:9 (4:3) Wide Screen - Dolby Digital Stereo / Mono time approx. 66min./65min.=131min.
time approx. 100min.



ビートルズ
ON TOUR IN CANADA
SGT.CD/DVD SCD16007-1/2
SBD
1CD+1DVD
\4,400
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)


ザ・ビートルズの歴史的ライブ記録を音と映像でまとめたライブ・アーカイブ・コレクションのシリーズ最新作第7弾は記録的な64年北米ツアーVOL.3となる『オン・ツアー・イン・カナダ』が登場!ラジオ放送局が収録したサウンドボード音源として知られる64年8月22日バンクーバー公演に加え9月7日トロント公演と翌8日モントリオール公演の現存するライブ音源をまとめて収録。中でもバンクーバー公演は2万人以上収容のスタジアムで観客がステージに殺到しあまりの混乱で二度も演奏を中断する事態となった伝説のライブで当時の凄まじい熱狂ぶりを最新リマスター音源で収録。そしてDVDにはバンクーバー公演のライブ映像に加えラジオ放送で実況中継された音源も追加収録されトロント公演とモントリオール公演の貴重な映像も含め64年北米ツアーのカナダでの演奏音源と映像記録がまとめられた決定版シリーズ最新作です!

[コレクターズ・ポイント]
CDには64年ツアーのサウンドボード音源としてアナログ時代からコレクターにはラジオ放送局収録のサウンドボード音源として知られた64年8月22日バンクーバー公演を収録。64年ハリウッド・ボウルと並ぶこの時期の代表的ライブ音源のひとつで最新リマスターによるベスト・クオリティで収録されています。9月7日トロント公演は当時のオーディエンス録音で聴きづらい音質ですが初登場となるラジオ収録の「ツイスト・アンド・シャウト」も収録されています。モントリオール公演もラジオ放送局の収録音源として発掘されたもので音質で不完全ながらこの時期のまとまったライブ音源として注目です。DVDには50周年のタイミングで放送された「ビートルズ・イン・カナダ」はじめトロント公演とモントリオール公演の貴重なニュース映像や現存するライブ映像の断片を収録。さらにオーディオ・パートとして記者会見とラジオ放送で実況中継されたライブ・リポート音源も静止画像付きで収録されてます。サウンドボード音源CDとトータル100分収録となるDVDによる大推薦のコレクターズ・アイテムです。

CD
LIVE IN VANCOUVER 1964 Live At Empire Stadium, Vancouver, Canada August 22nd 1964
1. INTRODUCTION 2. TWIST AND SHOUT 3. YOU CAN'T DO THAT 4. ALL MY LOVING 5. SHE LOVES YOU
6. THINGS WE SAID TODAY 7. ROLL OVER BEETHOVEN 8. CAN'T BUY ME LOVE 9. IF I FELL 10. BOYS
11. A HARD DAY'S NIGHT 12. LONG TALL SALLY 13. RADIO FROM EMPIRE STADIUM

LIVE IN TORONTO 1964 Live At Maple Leaf Gardens, Toronto, Ontario, Canada September 7th 1964
14. TWIST AND SHOUT 15. YOU CAN'T DO THAT 16. ALL MY LOVING 17. SHE LOVES YOU

LIVE IN MONTREAL 1964 Live At Montreal Forum, Montreal, Quebec, Canada September 8th 1964
18. INTRODUCTION 19. TWIST AND SHOUT 20. YOU CAN'T DO THAT 21. ALL MY LOVING 22. SHE LOVES YOU
23. THINGS WE SAID TODAY 24. ROLL OVER BEETHOVEN 25. CAN'T BUY ME LOVE 26. IF I FELL 27. BOYS
28. A HARD DAY'S NIGHT

EXTRA 29. CBC-TV (Toronto TV Documentary) 30. SHE LOVES YOU (Toronto TV Documentary) 31. ALL MY LOVING (Toronto TV Documentary)

DVD
ON TOUR IN CANADA 1964
REMEMBERING THE BEATLES IN CANADA VANCOUVER 1964 HIGHLIGHTS VANCOUVER 1964 MEMORIAL
BEATLES IN CANADA DOCUMENTARY VANCOUVER 8mm FILM 8/22 TORONTO 9/07 LEAVING TORONTO 9/08
TORONTO MOVIE AND RECORD STORE 9/08 TORONTO COLOR FOOTAGE 9/07 MONTREAL PRESS CONFERENCE 9/08

VANCOUVER RADIO (AUDIO ONLY)
VANCOUVER RADIO PRESS CONFERENCE VANCOUVER RADIO COVERAGE OF CONCERT 1
VANCOUVER RADIO COVERAGE OF CONCERT 2 VANCOUVER RADIO COVERAGE OF CONCERT 3
VANCOUVER RADIO COVERAGE OF CONCERT 4 NTSC 16:9 (4:3) Wide Screen - Dolby Digital Stereo / Mono
time approx. 100min.





ビートルズ
 
THE BEATLES AT THE HOLLYWOOD BOWL
①COMPLETE MASTER REEL COLLECTION
②2015 REMASTER CD EDITION
 
①CCPHWD-CD001/2/DVD
②SMAS-11638CD
 
①PRO-SHOT/SBD
②SBD
 
①2CD+1DVD
②1CD
 
①\5,400
②\2,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)
①COMPLETE MASTER REEL COLLECTION(2CD+1DVD)
②2015 REMASTER CD EDITION(1CD)


ザ・ビートルズの歴史的ライブとしてあまりに有名な伝説の64~65年ハリウッド・ボウル公演の音源と映像を完全網羅した2015最新リマスターによる『コンプリート・マスターリール・コレクション』(2CD&1DVD)が新登場!
現存するマスター・リール音源とアセテート原盤による2CDそしてDVD映像には数ある素材を駆使した64年コンサート完全版収録。また貴重なドキュメンタリー・フィルムやニュース映像、65年公演の貴重なカラー映像等を収録した注目の最新決定版です。さらにビートルズ唯一のオフィシャル・ライブ・アルバムとして77年にリリースされながら現在まで公式CD化されていない『ザ・ビートルズ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』が2015最新リマスター&オリジナル・アナログ音源で”リマスターCDエディション”として登場!ビートルズ・コレクションには欠かせない定番サウンドボード・ライブを現存するベスト・クオリティの音源と映像でまとめたハリウッド・ボウル最新タイトル2種同時リリースです!!

①COMPLETE MASTER REEL COLLECTION 【2CD+1DVD】
60年代アメリカ・キャピトル・レコード主導でライブ・アルバムの発売が企画され64年と65年にロサンゼルスで行われたハリウッド・ボウル公演を3トラック・サウンドボード・レコーディングしたものの当時は発売されずにお蔵入りとなった現存するライブ音源をプレス盤CD2枚に完全収録。ディスク1には64年8月23日公演を最新リマスターのステレオ・サウンドボード音源とモノラル・アセテート音源で収録。ディスク2には65年8月29と30日の公演をそれぞれ最新リマスターのステレオ・サウンドボード音源で収録。さらにDVDには64年公演を複数のフィルムやニュース映像を編集しステレオ・サウンドボード音源で完全収録。また未編集のコンサート・フィルム映像やニュース映像、画質クオリティが向上したインタビューやライブ映像も収録。そして数少ない貴重な映像記録といえる65年公演もカラー・フィルムと白黒ニュース映像で収録。近年発掘の新映像マテリアルも含め合計90分収録されています。ビートルズ・ライブのマスト・アイテムとして見逃せないハリウッド・ボウルの最新ベスト・コレクションです。

②2015 REMASTER CD EDITION 【1CD】
1977年ビートルズ初の公式ライブ・アルバムとして発売された『ザ・ビートルズ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』はこれまでアナログ・リリースのみで未だCD化されていません。64年公演と65年の2公演からベスト編集された内容そして音質的な問題でCD化されないままですがジョージ・マーテイン監修の元でリミックス編集された音源は今となっては他では聴けない貴重な音源といえるでしょう。今回のリリースではリリース当時のオリジナル・アナログ音源に加え2015最新リマスター音源も収録。聴き比べるとその違いは明らかでこの最新リマスター音源がハリウッド・ボウルのベスト音源といえるでしょう。また追加トラックにはアルバム未収録のライブ音源も収録。USキャピトル・オリジナル原盤を忠実に再現し見開きジャケや細かな文字デザインの違いも完全再現。公式リマスター盤としてリリースされた形を踏襲した2015年最新リマスターCDエディションとして大推薦の公式ライブ・アルバム決定版です。

①COMPLETE MASTER REEL COLLECTION 【2CD+1DVD】
CD disc 1 8-23-1964 : STEREO REMASTER
1. INTRODUCTION 2. TWIST AND SHOUT 3. YOU CAN'T DO THAT 4. ALL MY LOVING 5. SHE LOVES YOU
6. THINGS WE SAID TODAY 7. ROLL OVER BEETHOVEN 8. CAN'T BUY ME LOVE 9. IF I FELL 10. I WANT TO HOLD YOUR HAND 11. BOYS 12. A HARD DAY'S NIGHT 13. LONG TALL SALLY 14. WE WANT THE BEATLES

8-23-1964 : MONO ACETATE MASTER
15. INTRODUCTION 16. TWIST AND SHOUT 17. YOU CAN'T DO THAT 18. ALL MY LOVING 19. SHE LOVES YOU
20. THINGS WE SAID TODAY 21. ROLL OVER BEETHOVEN 22. CAN'T BUY ME LOVE 23. IF I FELL
24. I WANT TO HOLD YOUR HAND 25. BOYS 26. A HARD DAY'S NIGHT 27. LONG TALL SALLY
Live At The Hollywood Bowl, Hollywood, CA, USA August 23rd 1964

CD disc 2 8-29-1965 : STEREO REMASTER
01. INTRODUCTION 02. TWIST AND SHOUT 03. SHE'S A WOMAN 04. I FEEL FINE 05. DIZZY MISS LIZZY
06. TICKET TO RIDE 07. EVERYBODY'S TRYING TO BE MY BABY 08. CAN'T BUY ME LOVE 09. BABY'S IN BLACK
10. I WANNA BE YOUR MAN 11. A HARD DAY'S NIGHT 12. HELP! 13. I'M DOWN
Live At The Hollywood Bowl, Hollywood, CA, USA August 29th 1965

8-30-1965 : STEREO REMASTER
14. INTRODUCTION 15. TWIST AND SHOUT 16. SHE'S A WOMAN 17. I FEEL FINE 18. DIZZY MISS LIZZY
19. TICKET TO RIDE 20. EVERYBODY'S TRYING TO BE MY BABY 21. CAN'T BUY ME LOVE 22. BABY'S IN BLACK
23. I WANNA BE YOUR MAN 24. A HARD DAY'S NIGHT 25. HELP! 26. I'M DOWN 27. OUTRODUCTION
Live At The Hollywood Bowl, Hollywood, CA, USA August 30th 1965

DVD LIVE AT THE HOLLYWOOD BOWL 1964
INTRODUCTION TWIST AND SHOUT YOU CAN'T DO THAT ALL MY LOVING SHE LOVES YOU THINGS WE SAID TODAY ROLL OVER BEETHOVEN CAN'T BUY ME LOVE IF I FELL I WANT TO HOLD YOUR HAND BOYS
A HARD DAY'S NIGHT LONG TALL SALLY VIDEO EXTRA HOLLYWOOD BOWL 1964 NEWSREELS ORIGINAL CONCERT FILMS 1 ORIGINAL CONCERT FILMS 2 A HARD DAY'S NIGHT (CBS NEWS) AP NEWS INTERVIEW 1964
LA INTERVIEWS 1965 CONCERT COLOUR FILM 1965 INTERVIEW 1965 CONCERT REPORT 1965
NTSC 16:9 (4:3) Dolby Digital Stereo / Mono time approx. 90min.

②2015 REMASTER CD EDITION 【1CD】
2015 STEREO REMASTER
1. TWIST AND SHOUT 2. SHE'S A WOMAN 3. DIZZY MISS LIZZY 4. TICKET TO RIDE 5. CAN'T BUY ME LOVE
6. THINGS WE SAID TODAY 7. ROLL OVER BEETHOVEN 8. BOYS 9. A HARD DAY'S NIGHT 10. HELP!
11. ALL MY LOVING 12. SHE LOVES YOU 13. LONG TALL SALLY

ADDITIONAL TRACKS
14. TWIST AND SHOUT (Capitol Stereo Edit) 15. TWIST AND SHOUT (Capitol Stereo Edit) 16. ALL MY LOVING (Anthology Stereo Remix) 17. BABY'S IN BLACK (Anthology Stereo Remix)

1977 ORIGINAL MASTER
18. TWIST AND SHOUT (August 30th 1965) 19. SHE'S A WOMAN (August 30th 1965) 20. DIZZY MISS LIZZY (August 29/30th 1965) 21. TICKET TO RIDE (August 29th 1965) 22. CAN'T BUY ME LOVE (August 30th 1965) 23. THINGS WE SAID TODAY (August 23rd 1964) 24. ROLL OVER BEETHOVEN (August 23rd 1964) 25. BOYS (August 30th 1965) 26. A HARD DAY'S NIGHT (August 30th 1965 / 23rd 1964) 27. HELP! (August 29th 1965) 28. ALL MY LOVING (August 23rd 1964) 29. SHE LOVES YOU (August 23rd 1964) 30. LONG TALL SALLY (August 23rd 1964)



ビートルズ
THE BEATLES IN SWEDEN 1963-1964
mccd-466/467/468/469
SBD
2CD+2DVD
\12,600
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)


■カープラン公演を既発盤より長いアップグレード音源で収録
■初登場1963年10月26日ストックホルム公演音源
■近年発掘された1964年7月28日ストックホルム公演音源だけでなく映像も収録
■スウェーデンに到着から帰国までのドキュメンタリー映像
■ドロップインを3回分収録
■スウェーデンツアーの写真をふんだんに使用した当時のブックレット付

マニア必携Mクローデル・レーベルの中でも、特に人気の高いライヴ・クロニクル・シリーズの最新作が入荷します。今回も圧倒的なグレードアップと初登場音源に初登場映像を含む、同シリーズの名に恥じない素晴らしい内容です。今回は1963年と1964年の2度に渡って行なわれたスウェーデンツアーを集大成したもので、時系列に沿って実り多きスウェーデンでのビートルズを演奏のみならずオフステージを含め、残存するマテリアルを全て収録しています。ビートルズは1963年、「WITH THE BEATLES」のレコーディングを終えた後、初めてのスウェーデン・ツアーに向かいます。そこでラジオ出演、テレビ出演、コンサートと、短い期間に精力的に活動、その伝説は日本における武道館コンサート同様に、現在でもスウェーデンで語り継がれています。1963年の短期滞在が大歓迎に満ちたものであったこと、そしてパフォーマンスも充分に満足できるものであったこと(それは本作を聴いても納得できるものです)などの理由から、翌1964年にもスウェーデン・ツアーが組まれました。2年に渡るスウェーデン・ツアーにおいて、残存する音源および映像はそんなに多くありませんが、そのどれもがパフォーマンスのクオリティが高く、また音源&映像のクオリティも抜群で、アンソロジーに置いてもかなり時間をとって収録されていたほどです。CDのディスク1は、ビートルズのスウェーデンにおけるライヴ音源を中心に収録しています。まず最初は1963年10月24日カープラン公演です。1980年代にはオフィシャル・リリースされる予定であったという噂が真実であるかのような高音質ライヴ音源として古くから知られており、あの「海賊盤辞典」においても別格の扱いで紹介されていました。しかも、このコンサートは高音質であるだけでなく、その凄まじいばかりの熱気に溢れた名パフォーマンスとしても有名で、内容的には不完全であるものの、1995年アンソロジー・プロジェクトでやっと陽の目を見たライヴ音源です。本作に収録されているのは、まさにその完全版。さらに同じ完全版でも、既発盤においてはビートルズの演奏部分のみが収録されていましたが、本作は、わずかながら共演者ノースメンの紹介とアウトロダクションが初登場で収録された、より長い収録となっています。初登場部分があることからわかる通り、本編のビートルズ部分も既発盤よりジェネレーションが若くさらに音質が向上。この名演にして名音源の決定盤となっています。続いて、初登場音源として、1963年10月26日ストックホルム公演から、「I Saw Her Standing There」と「She Loves You」の2曲が収録されています。残念ながら両曲とも短い収録ですが、本作で初登場の貴重なライヴ音源です。続くDROP INは、映像でもお馴染みの音源で、ビートルズは4曲を披露しています。こちらは映像とあわせて楽しんでいただけたらと思っています。1964年7月28日ストックホルム公演は、近年になってスウェーデンのラジオ番組で「All My Loving」まず放送され、その明瞭な音源に驚かされたものでした。ポールのマイクばかりがオンでジョンのマイクがオフというバランスの悪いもので、このような不備から、おそらく公式にリリースされることはまずない貴重なライヴ音源です。その後、どういう経緯か、その全長版が流出しました。本作は、もちろん「All My Loving」のみならず、この1964年7月28日ストックホルム公演の全長版を収録しています。当日のセットリスト全てではないにせよ、このようにまとまった音源が21世紀になって流出したということがマニアには非常に衝撃なことでした。しかも内容的にも非常に興味深いもので、ビートルズは余裕たっぷりに、おふざけいっぱいに演奏している、ちょっと悪ノリ気味のライヴが楽しめます。 CDのディスク2は、前述の1964年7月28日ストックホルム公演の「All My Loving」1曲が放送されて話題となったスウェーデンのラジオ・プログラムを完全収録しています。ストックホルム公演の「All My Loving」はこのプログラムの目玉として最後に放送されたものですが、それ以外でも興味深い内容のラジオ・プログラム。単にビートルズの曲を流すだけでなく、関係者のインタビューやライヴ音源を交えての、スウェーデン・ローカルとはいえ、よくこのような音源の放送を許可したなという驚きの内容です。ピートベストやシジミーニコルらに交じって、初めてビートルズのレコードをNEMSで買い求めたという伝説の人物、レイモンドジョーンズまでがインタビューに答えているのが特に興味深いところです。続いてDVDの紹介です。DVDのディスク1は1963年の映像を収録しています。初めてのスウェーデン・ツアーに向かうロンドン空港でのビートルズから、ストックホルムの空港に到着して、大勢のファンが出迎える中、車に乗ってホテルに向かう様子など、当時のニュース映像から貴重なドキュメンタリー映像を収録しています。特に1963年10月26日ストックホルムのコンサート映像は、短いながら超貴重なもの。その中でも「蜜の味」の演奏シーンは、同曲をライヴで演奏している唯一残されている映像です。「蜜の味」をステージで演奏しているビートルズです!! 翌1963年10月27日の映像は、前座の演奏から、ビートルズ登場、そして演奏シーンまで、なんと美しいカラー映像で収録されているのです。若々しい襟なしスーツに身を包んだビートルズの貴重なカラー・ライヴ映像です。後半は1963年10月30日に収録されたテレビ番組「Drop In」を2種のソースで収録しています。最初の「ALTERNATE VERSION」はビートルズのシーンのみですが、タイムコードが入らず、画質もアンソロジー収録と同様のハイクオリティのもの。そして「COMPLETE VERSION」はタイムコードが入り、画質は前者に若干劣るものの、当日の放送を完全収録しています。DVDのディスク2は1964年の映像が収録されています。前年に引き続き2度目となるスウェーデン・ツアー。こちらも、ストックホルムの空港で大勢のファン、そして吹奏楽団までがビートルズを歓迎する様子から始まります。記者会見ではフランクな私服姿でタバコを吹かしながら、足を投げ出し、非常にリラックスした様子で質問に答えています。そして注目は、近年ライヴ音源が流出した1964年7月28日ストックホルム公演の映像です。こちらも短い収録ながら、「あのライヴ音源」が収録された日の映像ということで、非常に感慨深く観る事が出来ます。続いて「PA Ne Sverigeturne」という、スウェーデンで制作された、スウェーデン・ツアーに特化したドキュメンタリー番組が収録されています。当時の映像をふんだんに使用し、スウェーデンでのビートルズの位置付け、当時の盛り上がりを振り返る素晴らしいドキュメンタリーです。貴重な映像、ファンが提供したと思しきフィルム、写真、そしてメモラビリアなどを散りばめ、さすが地元ならではのドキュメンタリーです。例えば日本公演の映像であれば、日本側が撮影したフィルムや当時の関係者の証言など、日本にしかないマテリアルがあるように、スウェーデン・ツアーを特集したスウェーデン制作のドキュメンタリーが存在するということは、非常にビートルズの歴史を残すという点で意義あるものとなっています。ディスク2の後半は、現存が確認されている「Drop In」、1963年12月1日放送分、1965年1月13日放送分の2回分を完全収録しています。ビートルズは出演していませんが、同時期のアーティストが数多く出演しており、当時のミュージックシーンを知る一級の資料となっています。「Drop In」はビートルズが出演した1963年10月30日放送分と、ここに収録の2回分、合計3回分のみ、フルで残っていることになります。注目は1963年12月1日放送分にペースメーカーズが出演している点でしょう。この時の映像から「How Do You Do It」が部分的に映像版アンソロジーに使用されましたが、本作にはその完全版のみならず、もう1曲「A Shot Of Rhythm & Blues」も収録されています。アンソロジーCDにはビートルズが演奏する「How Do You Do It?」が収録されていますが、このペースメーカーズの演奏の方が断然出来が良く、ビートルズのメンバーがノリ気でなかった、結局ボツになった理由が、この日のペースメーカーズの演奏から伺えます。
最後になりますが、本作には当時のツアーの様子を特集したブックレットが全セットに付属します。これは当時のビンテージのレア・アイテムとして前述のドキュメンタリーでも厳かに紹介されていた、スウェーデンのみで発売されていた貴重なもので、残存数も少なくほとんと見たことがありません。内容はスウェーデンにおけるビートルズのステージ写真、オフの写真、ファンの写真など、当時の熱狂を余すところなく伝えてくれる充実したもので、スウェーデン公演の大切なスーベニアとなっています。Mクローデルのライヴ・クロニクル・シリーズ最新作は、1963年と1964年のスウェーデン公演を集大成。初登場音源と初登場映像、アップグレードを含むずっしり重い究極のセットです。全セットにスウェーデン公演の写真をふんだんに使った当時の特集号ブックレットを封入。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。スリップケース付。

DISC ONE Karlaplans Studio, Stockholm October 24, 1963 01. Introduction by Klas Burling 02. I Saw Her Standing There 03. From Me ToYou 04. Money 05. Re-introduction The Norsemen 06. Roll Over Beethoven 07. You Really Got A Hold On Me 08. She Loves You 09. Twist And Shout Kungliga Hallen, Stockholm October 26, 1963 10. I Saw Her Standing There 11. She Loves You
DROP IN October 30, 1963 12. Drop In Signature Tune 13. introduction by Klas Burling 14. She Loves You 15. Twist And Shout
16. I Saw Her Standing There 17. Long Tall Sally 18. Drop In Signature Tune
The Johnneshovs Isstadion Stockholm July 28, 1964 19. introduction 20. I Saw Her Standing There 21. You Can’t Do That 22. She Loves You
23. All My Loving 24. Roll Over Beethoven 25. Can’t Buy Me Love 26. I Wanna Be Your Man

DISC TWO RADIO PROGRAM in SWEDEN 01. From Us To You 02. Introduction 03. Raunchy 04. That'll Be The Day 05. Ain't She Sweet
06. Raymond Jones Interview 07. My Bonie 08. Love Of The Loved 09. Ken Thompson Interview 10. Love Me Do 11. Pete Best Interview
12. How Do You Do It 13. George Harrison Interview 14. Love Me Do 15. Please Please Me 16. Ask Me Why 17. Beatles Introducing themself
18. Drop In Introduction - She Loves You 19. Paul McCartney Interview 20. Till There Was You 21. Rattle Your Jewerly
22. Komme Gimme Dine Hand 23. Twist And Shout 24. Fans Interview 25. Jimmy Nicol Interview 26. Beatles Interview 27. All My Loving
28. Beatles Interview Klas Burling MEETS The Beatles 29. Interview #1 30. Interview #2 31. Interview #3 32. Interview #4

DVD DISC ONE 1963 DOCUMENTARY 01. London Airport 02. Stockholm Airport 03. Beatles’ Arrival #1 04. Beatles’ Arrival #2
05. Beatles’ Arrival #3 Kungliga Hallen, Stockholm October 26, 1963 01. A Taste Of Honey - She Loves You
Cirkus, Goteborg October 27, 1963 01. Opening Acts 02. Beatles Concert Footage
TV SHOW “DROP IN” October 30, 1963 ALTERNATE VERSION 01. Introduction 02. She Loves You 03. Twist And Shout
04. I Saw Her Standing There 05. Long Tall Sally 06. Drop In Theme
COMPLETE VERSION 01. Drop In Signature Tune 02. Leva Livet 03. Bossanova U.S.A. 04. Hully Gully Holiday
05. Save all Your Love For Me 06. She Loves You 07. Twist And Shout 08. I Saw Her Standing There 09. Long Tall Sally
10. Drop In Signature Tune 33. Interview #5 34. Interview #6

DVD DISC TWO 1964 DOCUMENTARY 01. Stockholm Airport #1 02. Stockholm Airport #2 03. Fans Waiting for The Beatles 04. Interview #1
05. Interview #2 06. Interview #3
The Johnneshovs Isstadion Stockholm July 28, 1964 01. Can’t Buy Me Love 02. Airport #1 03. Airport #2
Beatles P.A Ne Sverigeturne 01. Opening 02. Unknown Artist 03. London Palladium 04. Interview #1 05. Interview #2
06. Foto Martin Dyfverman 07. Foto Sture Karlsson 08. She Loves You 09. I Saw Her Standing There
TV SHOW “DROP IN” December 1, 1963 01. Drop In Signature Tune Michael Cox 02. Stand Up 03. I've Been Thinking
The Telstars and Gals & Pals 04. Five Hundred Miles Monika Lind 05. Jag Maste Ga I Skolan Osten Warnerbring 06. Unknown Song #1
07. Unknown Song #2 GERRY & THE PACEMAKERS 08. A Shot Of Rhythm & Blues 09. How Do You Do It?
TV SHOW “DROP IN” January 13, 1965 01. Drop In Signature Tune The Dee Jays 02. Farmer John 03. Long Tall Shorty
Git Hill 04. Downtown 05. Hundred Sixty Bob Asklof 06. I Love You 07. I Who Have Nothing The Honeycombs 08. Have I The Right
09. Is It Because 10. That's The Way 11. She's Too Way Out 12. Drop In Signature Tune ALTERNATE VERSION 01. How Do You Do It?



ビートルズ
LIVE AT THE STAR CLUB
= DEFINITIVE EDITION =
MP1962CD1/2DVD1
SBD
2CD+1DVD
\5,400
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)


1962年デビューまもないビートルズの歴史的ライブ記録として知られる『ライブ・アット・ザ・スター・クラブ』が2015年最新編集マスター音源による2CD&DVDセットの決定版として新たに登場!

ドイツ・ハンブルグで収録されたビートルズ最初期のライブ記録として知られるこの音源はこれまで様々なリリースがありましたが2015年最新編集の”決定版”として現存する最高のクオリティで完全収録したCD2枚組に加えDVDもセットされたスペシャル・コンレクション!「俺たちのライヴはハンブルグ時代が最高だった」というジョン・レノンの言葉通り躍動感溢れるビートルズの原点をとらえた大推薦のコレクターズ・アイテム!!

[内容詳細] ビートルズ最初期のライブとして知られるこの『ライブ・アット・ザ・スター・クラブ』は2015年新たに海外で編集された”ZULAUT!”が現時点では最もマスター音源に近い最高クオリティの決定版とされています。この”ARCHIVE UNLIMITED”レーベルのディフィニティブ・エディションではオリジナル同様CD2枚には現存するビートルズの音源と過去にはビートルズと混同されたクリフ・ベネットやキングサイズ・テイラー&ドミノスの演奏も収録。一部音源補正されたリストア・バージョンです。そしてDVDはオーディオ・フォーマットとしてビートルズのライブ音源全曲をスター・クラブのステージや貴重なハンブルグ時代の写真と共にビデオ・スライドショウ形式で収録。
オリジナルでは不完全だったライブ音源も補填されオリジナル以上に完全版に再編集されてます。ビデオ・フォーマットには”ビートルズ・イン・ハンブルグ”としてTVドキュメンタリー等の貴重な映像マテリアルをまとめて収録。あのトニー・シェリダンも出てきます。62年10月の公式デビュー以降最後のハンブルグ巡業となったこの時のライブは後にBBCライブでも演奏されたナンバーが数多く演奏されておりまた「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」「アスク・ミー・ホワイ」等のオリジナル・ナンバーの披露も見逃せないまさに歴史的ライブ音源である『スター・クラブ』の決定版コレクターズ・アイテムです。

Recorded Live At The Star Club, Hamburg Germany December 21st/25th/28th/31st 1962
CD ONE
1. BE-BOP-A-LULA (sung by Fred Fascher) 2. I SAW HER STANDING THERE 3. HALLELUJAH I LOVE HER SO (sung by Horst Fascher) 4. RED HOT 5. SHEILA 6. KANSAS CITY / HEY HEY HEY HEY 7. SHIMMY LIKE KATE 8. REMINISCING 9. RED SAILS IN THE SUNSET 10. SWEET LITTLE SIXTEEN 11. ROLL OVER BEETHOVEN 12. A TASTE OF HONEY 13. NOTHIN' SHAKIN' (BUT THE LEAVES ON THE TREES) 14. I SAW HER STANDING THERE 15. TO KNOW HER IS TO LOVE HER 16. EVERYBODY'S TRYING TO BE MY BABY 17. TILL THERE WAS YOU 18. WHERE HAVE YOU BEEN ALL MY LIFE 19. LEND ME YOUR COMB 20. YOUR FEET'S TOO BIG 21. I'M TALKING ABOUT YOU 22. A TASTE OF HONEY 23. MATCHBOX 24. LITTLE QUEENIE 25. GOODNIGHT

CD TWO
1. PREAMBLE 2. ROAD RUNNER 3. THE HIPPY HIPPY SHAKE 4. A TASTE OF HONEY (Tony Sheridan on backing vocal)5. ASK ME WHY 6. TWIST AND SHOUT 7. MR. MOONLIGHT 8. BESAME MUCHO 9. FALLING IN LOVE AGAIN 10. I'M TALKING ABOUT YOU 11. LONG TALL SALLY 12. I'M GONNA SIT RIGHT DOWN AND CRY (OVER YOU) 13. I REMEMBER YOU 14. ROLL OVER BEETHOVEN ADDITIONAL TRACKS 15. HULLY GULLY Cliff Benett And The Rebel Rousers 16. MONEY (THAT'S WHAT I WANT) 17. SPARKLING BROWN EYES 18. LOVESICK BLUES 19. FIRST TASTE OF LOVE 20. DIZZY MISS LIZZY 21. DO YOU BELIEVE? 22. OOH POO PAH DOO 23. TWIST AND SHOUT 24. BIG RIVER (sung by Carol Elvin) Kingsize Taylor And The Dominos

DVD AUDIO SECTION - THE BEATLES LIVE AT THE STAR CLUB 1962
1. PREAMBLE 2. ROAD RUNNER 3. THE HIPPY HIPPY SHAKE 4. A TASTE OF HONEY 5. ASK ME WHY 6. BE-BOP-A-LULA 7. I SAW HER STANDING THERE 8. HALLELUJAH I LOVE HER SO 9. RED HOT 10. SHEILA 11. KANSAS CITY / HEY HEY HEY HEY 12. SHIMMY LIKE KATE 13. REMINISCING 14. RED SAILS IN THE SUNSET 15. SWEET LITTLE SIXTEEN 16. ROLL OVER BEETHOVEN 17. A TASTE OF HONEY 18. NOTHIN' SHAKIN' (BUT THE LEAVES ON THE TREES) 19. I SAW HER STANDING THERE 20. TO KNOW HER IS TO LOVE HER 21. EVERYBODY'S TRYING TO BE MY BABY 22. TILL THERE WAS YOU 23. WHERE HAVE YOU BEEN ALL MY LIFE 24. LEND ME YOUR COMB 25. YOUR FEET'S TOO BIG 26. I'M TALKING ABOUT YOU 27. A TASTE OF HONEY 28. MATCHBOX 29. LITTLE QUEENIE 30. GOODNIGHT 31. TWIST AND SHOUT 32. MR. MOONLIGHT 33. BESAME MUCHO 34. FALLING IN LOVE AGAIN 35. I'M TALKING ABOUT YOU 36. LONG TALL SALLY 37. I'M GONNA SIT RIGHT DOWN AND CRY (OVER YOU) 38. I REMEMBER YOU 39. ROLL OVER BEETHOVEN

VIDEO SECTION - THE BEATLES IN HAMBURG
THE BEATLES' LOST TAPES (Nationwide 1972) REEPERBAHN AND GROSSE FREIHEIT (Early 1960s) INTERVIEWS (1966)
INSIDE THE STAR CLUB (from Hafenpolizei 1962) INSIDE THE TOP TEN CLUB INSIDE THE STAR CLUB (1966) INTERVIEWS WITH ROSI AND LISA TONY SHERIDAN'S HAMBURG RED HOT (Hamburg film)
16:9 NTSC Dolby Digital Stereo time approx. 100/50 = 150min.



ビートルズ
LIVE FROM LONDON
SGT.CD/DVD SCD-15004-1/2
SBD
1CD+1DVD
\4,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)


ビートルズ63年の記録をまとめたライブ・アーカイブ・コレクションの続編となる最新作第四弾『ライブ・フロム・ロンドン~ビートルマニア1963 II』が登場!リバプールに続くロンドン編となる今回は英国王室を前にした歴史的ライブである1963年11月4日ロイヤル・ヴァラエティー・パフォーマンスそして初登場最長版「サンデイ・ナイト・アット・ロンドン・パラディアム」さらに近年発掘されたロンドン・イーストハム公演やボーンマス公演に加え2015年になって初登場音源として注目された63年6月放送のサイド・バイ・サイドBBC完全版をCD収録。DVDには63年英国での現存するTV放送スタジオ・ライブ映像「ビッグ・ナイト・アウト」「レディ・ステディ・ゴー」「サンク・ユア・ラッキー・スターズ」等が最新アップグレード高画質クオリティで収録。エクストラでは63年UKツアーのドキュメントといえる各地でのライブ映像やニュース映像もまとめて収録。最新リマスター音源と映像でまとめた63年ロンドン編となる決定版シリーズ最新作です!!

[コレクターズ・ポイント] 63年リバプール編に続くロンドン編となる今回はCDにはあの伝説の1963年11月4日ロンドンのプリンス・オブ・ウェールズ・シアターでのロイヤル・ヴァラエティー・パフォーマンスから収録。エリザベス皇太后、マーガレット女王、スノードン卿を始めとする英国王室を前にしてジョンの毒舌が飛び出した歴史的ライブ記録をベスト・クオリティで完全収録。続いて英国中を熱狂させた決定的ライブとして知られる「サンデイ・ナイト・アット・ロンドン・パラディアム」を現存する複数音源による最長版が初登場。さらに近年発掘されたロンドン・イーストハム公演やボーンマス公演に加え2015年になって発掘された「ラブ・ミー・ドゥ」含む初登場音源として注目の63年6月放送のBBC「サイド・バイ・サイド」を番組ごとノーカット完全収録。DVDには63年英国での現存するTV放送スタジオ・ライブ映像「ビッグ・ナイト・アウト」「レディ・ステディ・ゴー」「サンク・ユア・ラッキー・スターズ」等が最新アップグレード高画質クオリティで収録。そして映像にも歴史的ライブをとらえたロイヤル・ヴァラエティー・パフォーマンスは現状ベスト高画質で全曲収録されています。さらにエクストラでは63年UKツアーのドキュメントといえる各地でのライブ映像やニュース映像もまとめて収録。ビートルマニアの熱狂ぶりと世界へ飛び出す直前の勢い溢れるビートルズの演奏記録として見逃せない貴重映像ばかりです。最後にはロンドン・パラディアム・インタビューとロイヤル・ヴァラエティー・パフォーマンスのリハーサル映像も追加収録。今回も最新アップグレード編集による63年英国でのビートルズをまとめた決定版としてリバプール編と共に大推薦のライブ・アーカイブ・コレクション最新作です!

CD
THE ROYAL VARIETY PERFORMANCE 1. INTRODUCTION (Harry Secombe) 2. FROM ME TO YOU 3. SHE LOVES YOU 4. TILL THERE WAS YOU 5. RATTLE YOUR JEWELRY (John) 6. TWIST AND SHOUT 7. OUTRODUCTION / GOD SAVE THE QUEEN Live At Prince Of Wales Theatre, London, U.K. November 4th 1963

SUNDAY NIGHT AT THE LONDON PALLADIUM 1963 8. INTRODUCTION 9. FROM ME TO YOU 10. I'LL GET YOU
11. SHE LOVES YOU 12. TWIST AND SHOUT 13. OUTRODUCTION Live At The London Palladium, London, U.K. October 13th 1963
LIVE AT GRANADA CINEMA EAST HAM LONDON 1963 14. FROM ME TO YOU / OPENING ACT 15. INTRODUCTION
16. I SAW HER STANDING THERE 17. FROM ME TO YOU 18. ALL MY LOVING 19. YOU REALLY GOT A HOLD ON ME
20. ROLL OVER BEETHOVEN 21. BOYS 22. SHE LOVES YOU Live At Granada Cinema, East Ham, London, U.K. November 9th 1963
LIVE AT GAUMONT CINEMA BOURNEMOUTH 1963 23. ROLL OVER BEETHOVEN 24. A TASTE OF HONEY 25. BABY IT'S YOU 26. SHE LOVES YOU 27. TWIST AND SHOUT Live At Gaumont Cinema, Bournemouth, U.K. August 21st 1963

LIVE AT ROYAL ALBERT HALL LONDON 1963 28. TWIST AND SHOUT 29/30. FROM ME TO YOU
Live At Royal Albert Hall, London, U.K. April 18th 1963

EXTRA TRACKS : SIDE BY SIDE (Complete BBC master June 1963) 31. Side By Side (Opening Theme) 32. TOO MUCH MONKEY BUSINESS 33. Ja Der Willy (The Karl Denver Trio) 34. LOVE ME DO 35. Zub (The Karl Denver Trio) 36. Chat
37. BOYS 38. When Day Is Done (The Karl Denver Trio) 39. Chat 40. I'LL BE ON MY WAY 41. If I Had My Way (The Karl Denver Trio) 42. FROM ME TO YOU 43. Wimoweh 44. Side By Side (Closing Theme) BBC Radio "Side By Side" April 4th 1963 / June 24th 1963 aired.

DVD
LIVE AND TV SHOWS:BIG NIGHT OUT 1963
INTRODUCTION FROM ME TO YOU SHE LOVES YOU TWIST AND SHOUT OUTRODUCTION / I SAW HER STANDING THERE TV Show At Didsbury Studio Centre, Manchester, U.K. September 1st 1963 / September 7th 1963 aired.

READY STEADY GO! (OCTOBER 1963)
OPENING THEME TWIST AND SHOUT GEORGE TALK LOOK WHO IT IS (Helen Shapiro) RINGO TALK PAUL JUDGES FOUR BRENDA LEES PAUL TALK I'LL GET YOU JOHN TALK SHE LOVES YOU CONTEST
TV Show At Television House, London, U.K. October 4th 1963 aired.

THANK YOUR LUCKY STARS 1963
ALL MY LOVING / MONEY (THAT'S WHAT I WANT) TV Show At Television Studios, Birmingham, U.K. October 20th 1963 / October 26th 1963 aired.

THE ROYAL VARIETY PERFORMANCE
INTRODUCTION (Harry Secombe) FROM ME TO YOU SHE LOVES YOU TILL THERE WAS YOU RATTLE YOUR JEWELRY (John) TWIST AND SHOUT OUTRODUCTION / GOD SAVE THE QUEEN
Live At Prince Of Wales Theatre, London, U.K. November 4th 1963 aired.

LUCKY STARS ON MERSEY SIDE
INTRODUCTION I WANT TO HOLD YOUR HAND ALL MY LOVING TWIST AND SHOUT AWARD PRESENTATION (George Martin) SHE LOVES YOU TV Show At Alpha Television Studios, Birmingham, U.K. December 15th 1963 / December 21st 1963 aired.

EXTRA FEATURE:TV NEWS CONCERT FOOTAGE AND LIVE FILM COLLECTION
BLACKPOOL / SOUTHPORT (COLOUR FILMS) Live At ABC Theatre, Blackpool, U.K. 8/25.1963and Floral Hall, Southport, U.K. 10/15.1963 CHELTENHAM (VERSION 1) CHELTENHAM (VERSION 2) Live At Odeon Cinema, Cheltenham, U.K. 11/1.1963
DUBLIN IRELAND (TV NEWS wide) DUBLIN IRELAND (VARIOUS FILMS) Live At Adelphi Cinema, Dublin, Ireland 11/7.1963
PLYMOUTH (VERSION 1) PLYMOUTH (VERSION 2 wide) Live At ABC Cinema, Plymouth, U.K. 11/13.1963 BOURNEMOUTH (TV NEWS) BOURNEMOUTH (VERSION 1) BOURNEMOUTH (VERSION 2) Live At Winter Gardens Theatre, Bournemouth, U.K. 11/16.1963 WIMBLEDON Live At Palais, Wimbledon, U.K. 12/14.1963

EXTRA FILMS
LONDON PALLADIUM INTERVIEW THE ROYAL VARIETY PERFORMANCE REHEARSALS
NTSC 16:9 (4:3) Wide Screen - Dolby Digital Stereo / Mono time approx. 96min.



ビートルズ
Beatles' Last Concert
At Candlestick Park 1966
mccd-475/476/477
AUD
1CD+2DVD
\9,300
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)


■コンサート本編を2種類の音源で収録
■「Baby’s In Black」などで音ヨレがありません
■コンサート開催を伝える当時のラジオスポットなど収録
■ドキュメンタリー「ONE LAST TIME」を大元のU-MATICから初のデジタル化
■初DVD化となるドキュメンタリー「UNSEEN BEATLES」収録。
■そして初登場カラー8mmによるステージ正面からの映像!

マニア必携Mクローデル・レーベルより、1966年8月29日キャンドルスティック公演に焦点を当てた、ビートルズ最後のコンサートの音源と映像を集大成したタイトルがリリースになります。2014年に取り壊しが決まっているキャンドルスティック・パークでポールがソロ・コンサートを行なったことが話題となりましたが、それもすべて、この会場がビートルズ最後のコンサートとなった地であることに由来しています。それくらい、ファンにとっても記念すべき場所、記憶すべき特別なコンサートであったといえます。本作は、そのキャンドルスティック公演を音と映像で集大成しています。CDは、キャンドルスティック・パーク公演を収録しています。これはトニーバロウがポールの依頼によりステージ下で録音された音源として有名なもの。わざわざポールが依頼したということは、メンバー間でこれが最後のステージになるという共通認識があったという証明でもあります。トニーバロウ回顧録では、わずかにテープが足りず、最後の「のっぽのサリー」の途中で終わってしまったとあります。そしてポールにテープを渡し、さらに自分用にテープを机の中に入れておいた、それがいつの間にか流通してしまったとあります。この音源は、ポールに渡す際に、既に途中で切れてしまっていた「のっぽのサリー」に、スタジオテイクが繋げられていたということです。実際に本作に収録の「RAW VERSION」の音源を聴くと、テンポが全く異なるライヴ・バージョンとスタジオ・バージョンがくっつけられているのがわかります。ジェネレーションは不明ですが、音の感じから、かなり若い世代のテープだということは伺えますが、やはりこのスタジオテイクと繋げられる前のものは、依然として出回っていないようです。それでも、現在考え得る最も若いジェネレーションの音源が、本作に収録の「RAW VERSION」です。 後半は、「RE-MASTER VERSION」を収録しています。今まで数多くリリースされてきたキャンドルスティック・パーク公演ですが、テープの状態が良くなく、ヨレが随所に見られ、特に「Baby’s In Black」に顕著でした。もしお手持ちのタイトルがありましたら、ぜひ確認してみてください。本作に収録の「RE-MASTER VERSION」は、リマスターのみならずテープの修復も行ない、このヨレを極力軽減するように努めました。ヨレが顕著だった「Baby’s In Black」も、まったくヨレがなく、通して違和感なくスムーズに聞こえるので驚かれることでしょう。数あるキャンドルスティック音源の中で、ヨレのないのは本作のみです。それ以外でも細かいレストア作業が施されていますので、この歴史的音源の決定版ともいえるバージョンに仕上がっています。ボーナストラックとして、1966年当時のコンサート告知のラジオ・スポットを収録しています。陽気なDJが鼻歌を歌いながらコンサートのお知らせをしており、この辺は現代と変わりませんね。さらに記者会見の様子を収録しています。続いてDVDです。まず最初は、キャンドルスティック・パーク公演に焦点を当てた1987年制作のドキュメンタリー「ONE LAST TIME」を収録しています。このドキュメンタリーは、コンサートを撮影したバリーホッド氏が、地元の映像会社を使って自主制作したもので、同年には早くもVHSソフトとして限定販売もなされました。しかし、このVHSは自主制作の限定品とあって、あまり出回ることなく、そのVHSから転用されたコレクターズ・アイテムのみが広く出回っていました。既発タイトルの映像はすべてこのVHSが元になっています。ただし、大本のVHSが稀少であったこと、元々のVHSのダビングがあまり高品質でなかったこと、さらにビデオの時代ではダビングを重ねるごとに画質が劣化していったこともあり、DVDやBLUE-RAYの時代となった今では厳しい画質のものしかありませんでした。本作は、入手元は言えないのですが、U-matic直のデジタル化で収録しているのです! 実際に画質を比べていただければ、アップグレードという範疇では収まらないクオリティアップに驚かれることでしょう。「ONE LAST TIME」をU-matic直でデジタル化、これは画期的なことではないでしょうか。1991年にも、バリーホッド氏が素材を提供し全面協力の下、地元のケーブルテレビが別のドキュメンタリーを制作しました。それが「IN SANFRANCISCO」です。素材的には「ONE LAST TIME」と被る部分もありますが、一方で、「ONE LAST TIME」に未収録で、この「IN SAN FRANCISCO」にしか収録されていない映像もあり、バリーホッド氏のマテリアルは、この二つを揃えないとダメなのです。そして本作は、この二つを同時に収録している唯一のタイトルとなります。「UNSEEN BEATLES」は、1996年にローカル局により制作されたドキュメンタリーで、従来の映像とはまた別の、全く別アングルからのショットが紹介されました。しかも1966年だけでなく、サンフランシスコにおける1964年と1965年のコンサートも紹介されている貴重なドキュメンタリーでした。不幸なことにタイトルが悪く、同名の写真集もあれば、同名の番組が数多くあり、今まで一切、コレクターズ・アイテムとして流通することはありませんでした。細かい映像を集めることで定評のあるFAB PRODUCTIONでさえ収録していません。本作はそれを初めて収録したタイトルということになります。「1966 TV REPORT」は、コンサートを伝える当時のニュース映像を集めたものです。さすがに50年前の映像なので、画質的には苦しいところもありますが、当時の熱狂をリアルタイムで報道する貴重なニュース映像の数々です。記録としてこれ以上最適なものはないでしょう。1966年の全米ツアーは、ジョンのキリスト発言の影響もあり、前年や前々年に比べ熱狂も静かで注目度もイマイチ、という評論がなされたりもしますが、ここに映される嬌声をあげるファンたちを見ると、けしてそれは真実を表した言葉ではないと思えます。記者会見やコンサート、そして空港の離発着まで、カメラが密着しているのも興味深いところ。けしてビートルズの人気は衰えていたわけではないのです。本作には、これらドキュメンタリー映像とは別に、コンサートを収録した8mm映像をそれぞれ別途、収録しています。コンサート会場設営の様子、まだ日が明るい間からステージを組んでいる様子、さらにビートルズが会場入りする様子、これら8mm映像の中には、出自不明ながら、おそらく1987年ドキュメンタリー制作時のラフ・カットだと思われる映像が含まれています。この映像に関しては詳細がまったく不明で申し訳ないのですが、なんと今まで一切使われていない、カラー8mmによるステージ正面からのショットが含まれているのです。ホッド氏ではなく、別の人が撮影した映像とのことですが、短いながらも、今まで一切流通したことのない、本作で初登場のステージ映像です。ボーナス映像として、1964年と1965年のさうんフランシスコでのライヴ映像も収録されており、結果的に、1964、1965、1966年と、3回の全米ツアーにおけるサンフランシスコ公演の集大成となっています。Mクローデル・レーベルのライヴ・クロニクル・シリーズ最新作は、1966年8月29日サンフランシスコのキャンドルスティック・パーク公演、ビートルズ最後のコンサートの焦点をあて、関連する音源および、初登場映像を含む当日の映像を集大成したタイトルになります。初登場映像のみならず、既発映像も大幅のグレード・アップしており、ビートルズ・ファンにとっては宝物のようなタイトルです。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

AUDIO DISC 【RAW VERSION #1】
01. Rock And Roll Music 02. She's A Woman 03. If I Needed Someone 04. Day Tripper 05. Baby's In Black
06. I Feel Fine 07. Yesterday 08. I Wanna Be Your Man 09. Nowhere Man 10. Paperback Writer 11. Long Tall Sally 【RE-MASTER VERSION】 12. Rock And Roll Music 13. She's A Woman 14. If I Needed Someone 15. Day Tripper 16. Baby's In Black 17. I Feel Fine 18. Yesterday 19. I Wanna Be Your Man 20. Nowhere Man 21. Paperback Writer 22. Long Tall Sally 【EXTRA】23. Radio Spot 24. Press Conference

DVD DISC ONE
【ONE LAST TIME】01. Opening 02. Before The Concert 03. Press Conference 04. Stage Constructing 05. Opening Act 06. Rock And Roll Music 07. She's A Woman 08. If I Needed Someone 09. Day Tripper 10. Baby's In Black 11. I Feel Fine 12. Yesterday 13. I Wanna Be Your Man 14. Nowhere Man 15. Paperback Writer 16. Out Of The Studium 【THE UNSEEN BEATLES】01. Introduction 02. Cow Palace #1 03. Cow Palace #2 04. Candlestick Park 【8mm FILM #1】01. Arrival & Opening Acts 02. Beatles Appearing 03. Rock And Roll Music 04. If I Needed Someone 05. Day Tripper
【8mm FILM #2】01. Stage Constructing 02. Beatles Appearing 【8mm FILM #3】01. Before The Concert #1 02. Before The Concert #2
【1966 TV REPORT】01. Report At The Stadium 02. Twist And Shout 03. A Hard Day's Night 04. I Wanna Be Your Man 05. Press Conference 06. Twist And Shout 07. Report At Cow Palace 08. I Wanna Be Your Man 09. Concert & Press Conference 10. She's A Woman 11. Nowhere Man

DVD DISC TWO
【IN SAN FRANCISCO】01. Opening 02. Ed Sullivan Show 03. Arrival At The Airport 04. Concert & Press Conference 05. About The Poster 06. Concert Footage 07. Monterey Pop Festival 【COCNERT FOOTAGES】01. 1964 CONCERT 02. 1965 CONCERT #1 03. 1965 CONCERT #2 04. 1965 CONCERT #3



ビートルズ
LIVE FROM LIVERPOOL
SGT.CD/DVD SCD-15003-1/2
SBD
1CD+1DVD
\4,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
(2週間程度かかる場合がございます)


英国でセンセーショナルなビートルマニア旋風を巻き起こしたビートルズ63年の記録をまとめたライブ・アーカイブ・コレクション第三弾となる最新作が登場!1963年12月に故郷リバプール・エンパイア劇場で行われBBCで放送されたライブ・ショウ「イッツ・ザ・ビートルズ」のサウンドボード完全版音源と現存する映像を中心に初のカラー・ライブ映像「ビートルズ・カム・トゥ・タウン」の貴重な初登場未編集マテリアルさらにTVショウや「ジューク・ボックス・ジュリー完全版」まで2時間以上に渡って収録されたDVDそしてCDには注目の初登場BBC発掘音源も収録!最新リマスター音源と映像コレクションの決定版シリーズ2015年最新作の登場です!!


[コレクターズ・ポイント] CDにはまずビートルズ・ライブ音源のまとまったサウンドボード収録ものとしては最古の63年12月7日リバプール・エンパイア劇場での公演を最新リマスターのサウンドボード完全版で収録。映像は不完全ながら音源としては全曲が残されている奇跡の歴史的ライブ音源をベスト・クオリティで聴くことが出来ます。続いて「ビートルズ・カム・トゥ・タウン」「モーカム・アンド・ワイズ・ショウ」からオリジナル・ライブ音源を収録。そしてエクストラ・トラックスにはこれまで公式BBCライブ・アルバムはもちろんかつては記録でも確認されていなかった”ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ#13”での「ティル・ゼア・ウォズ・ユー」を収録。これまでのBBC関連アイテムには収録されたことがない注目の新発掘初登場音源です。そしてDVDには初のカラー・ライブ映像としてお馴染みの63年11月20日PATHEニュースがマンチェスターで収録した「ビートルズ・カム・トゥ・タウン」を16:9ワイドのリマスター映像と4・:3トリミングのオリジナル・ニュース映像で収録。続く「レイト・ナイト・エクストラ」はBEATAXカメラでお馴染みの「抱きしめたい」「ディス・ボーイ」に加えケン・ドット・インタビューも完全収録。過去最高の美麗クオリティとしてDVD初登場映像です。リバプール・エンパイア劇場での「イッツ・ザ・ビートルズ」は残念ながら音源のように完全収録ではありませんが現状ベスト・クオリティの編集で後半部分を収録。さらにこの時期収録のTVショウ(放送は64年ですが)「モーカム・アンド・ワイズ・ショウ」もその一部は”アンソロジー”で見られましたがここでは完全版で収録。そしてDVDエクストラ・フィーチャーには「ビートルズ・カム・トゥ・タウン」の貴重な初登場未編集マテリアルとリバプール・エンパイア劇場での「イッツ・ザ・ビートルズ」のオルタネイト映像を収録。「ビートルズ・カム・トゥ・タウン」の方はノー・トリミングのワイド完全版に加え貴重な未編集映像の数々も収録。元ソース無音のフィルムに音声をリストア編集した過去最高クオリティの最新編集バージョンとしては初登場の必見映像です。「イッツ・ザ・ビートルズ」のオルタネイト映像も不完全ながら本編未収録パートが含まれこちらも見逃せません。最後の「シー・ラブス・ユー(マージー・サウンド)」も高画質ベスト・クオリティで収録。DVDではさらに「イッツ・ザ・ビートルズ」と同じ63年12月7日にリバプール・エンパイア劇場でライブ前に収録したBBCTVショウ番組「ジューク・ボックス・ジュリー」完全版の音源をスライドショウ形式で収録。現存する映像はなく写真でしか未だ確認できませんがCD未収録のこの番組の音源をこちらで完全再現。ビートルズの演奏はないもののエルビスやマージービート系等の様々な曲紹介と共にバラエティ番組に出演したビートルズの様子をとらえた貴重な記録といえるでしょう。今回も最新アップグレード編集による決定版として大注目のライブ・アーカイブ・コレクション最新作です!

CD
IT'S THE BEATLES (LIVE FROM LIVERPOOL 1963)
1. OPENING / FROM ME TO YOU 2. I SAW HER STANDING THERE 3. ALL MY LOVING 4. ROLL OVER BEETHOVEN
5. BOYS 6. TILL THERE WAS YOU 7. SHE LOVES YOU 8. THIS BOY 9. I WANT TO HOLD YOUR HAND 10. MONEY (THAT'S WHAT I WANT) 11. TWIST AND SHOUT 12. FROM ME TO YOU / THIRD MAN'S THEME ENDING
Live At Empire Theatre, Liverpool, U.K. December 7th 1963

THE BEATLES COME TO TOWN
13. SHE LOVES YOU 14. TWIST AND SHOUT Live At ABC Cinema, Manchester, U.K. November 20th 1963

THE MORECAMBE AND WISE SHOW
15. THIS BOY 16. ALL MY LOVING 17. I WANT TO HOLD YOUR HAND 18. BOYS, WHAT WAS I THINKING
19. MOONLIGHT BAY 20. SHOW ENDING TV Show At Elstree Studio Centre, Borehamwood, U.K. December 2nd 1963 / April 18th 1964 aired.

EXTRA TRACKS
21. TILL THERE WAS YOU (Unreleased BBC) "Pop Go The Beatles #13" September 3rd 1963 / September 10th 1963 aired.
22. SHE LOVES YOU (The Mersey Sound) Live At Little Theatre, Southport, U.K. August 27th 1963

DVD
LIVE AND TV SHOW:THE BEATLES COME TO TOWN
SHE LOVES YOU - wide remaster TWIST AND SHOUT - wide remaster THE BEATLES COME TO TOWN - original
SHE LOVES YOU – original TWIST AND SHOUT – original Live At ABC Cinema, Manchester, U.K. November 20th 1963

LATE SCENE EXTRA
I WANT TO HOLD YOUR HAND THIS BOY KEN DOTT INTERVIEWS – complete TV Show At Granada TV Centre, Manchester, U.K. November 25th 1963 / November 27th 1963 aired.

IT'S THE BEATLES (LIVE FROM LIVERPOOL 1963)
I WANT TO HOLD YOUR HAND SPEECH MONEY (THAT'S WHAT I WANT) TWIST AND SHOUT FROM ME TO YOU / THIRD MAN'S THEME ENDING Live At Empire Theatre, Liverpool, U.K. December 7th 1963

THE MORECAMBE AND WISE SHOW
THIS BOY ALL MY LOVING I WANT TO HOLD YOUR HAND BOYS, WHAT WAS I THINKING MOONLIGHT BAY
SHOW ENDING TV Show At Elstree Studio Centre, Borehamwood, U.K. December 2nd 1963 / April 18th 1964 aired.
PATHE TV NEWS
LET'S ALL BE BEATLES!

EXTRA FEATURE:
THE BEATLES COME TO TOWN - original wide screen / outtakes I / outtakes II (B&W) / outtakes III

IT'S THE BEATLES / LIVE FROM LIVERPOOL - outtakes I / outtakes II / outtakes III

BONUS VIDEO SHE LOVES YOU - The Mersey Sound

SLIDESHOW : JUKE BOX JURY (audio only)
01 - Hit And Miss (John Barry) 02 - Introduction 03 - I Could Write A Book (The Chants) 04 - The Beatles 05 - Kiss Me Quick (Elvis Presley) 06 - The Beatles 07 - Hippy Hippy Shake (The Swinging Blue Jeans) 08 - The Beatles 09 - Did You Have A Happy Birthday (Paul Wanka) 10 - The Beatles 11 - The Nitty Gritty (Shirley Ellis) 12 - The Beatles 13 - I Can't Stop Talking About You (Steve Lawrence) 14 - The Beatles 15 - Do You Really Love Me Too (Billy Fury) 16 - The Beatles 17 - There I've Said It Again (Bobby Vinton) 18 - The Beatles 19 - Love Hit Me (The Orchids) 20 - The Beatles 21 - I Think of You (The Merseybeats) 22 - The Beatles 23 - Hit And Miss (John Barry) TV Show At Empire Theatre, Liverpool, U.K. December 7th 1963

NTSC 16:9 (4:3) Wide Screen - Dolby Digital Stereo / Mono time approx.138min.



ビートルズ
LIVE AT WASHINGTON COLISEUM
SGT.CD SCD-14001-1/2
SBD
1CD+1DVD
\4,400
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


1964年2月ビートルズ全米制覇の歴史的記録というべきワシントン公演が
『ライブ・アット・ワシントン・コロシアム1964』としてCD+DVDによるSGT.ライブ・
アーカイブ・コレクションから新登場!最新リマスターによる初のデュオフォニック・
ステレオ音源そして待望のニュー・マスターによるベスト・クオリティ映像という最高のカップリングでお届けする定番ライブの決定版!アメリカ初上陸50周年記念に
相応しいリリースとなる2014年最新コレクターズ・エディションです。


[コレクターズ・ポイント] ビートルズ・ライブのマスト・アイテムとしてコレクターには古くからお馴染みの64年ワシントン公演ですが今回のリリースは
欧州ビートルズ・コネクションからの新たなマスターを元に音も映像も過去最高のクオリティで収録されてます。2010年に配信映像で完全版が陽の目を見て以降それを元に数多くのリリースがありましたが元の配信自体が公式DVDレベルではありませんでした。その後より画質が良いとされたPALマスターも出回りましたが比較すると今回収録のものがよりマスターに近いベスト・クオリティです。配信映像にあったオープニングもあえて冒頭に収録されていますがコンサート本編とフェイドして切り替わるポイントがニュー・マスターの証です。ワイドTV標準16:9に作り変えられてますがアスペクトはオリジナル4:3素材のままで音源もオリジナル・モノラルをサブに収録していますが今回はオーディオ・オプションで2014デュオフォニック・ステレオ音源をメインに
収録。最新デジタル・リマスタリングによるナチュラルな立体的ステレオ音像は一段とボーカルが際立ち楽器の音もより明確に生まれ変わった初音源と
なっています。CDにはこのリマスター音源を完全収録。DVDではデュオフォニック・ステレオとオリジナル・モノラル両方を聞き比べることも可能です。
DVDは本編に加えエクストラ・フューチャーもたっぷり収録。かつてはこれしか見ることが出来なかった「ツイスト・アンド・シャウト」が不完全で終わる
ワシントン公演のオリジナル・フィルム・バージョンも収録。さらにニュース映像やアングルの違うオルタネイト・バージョンも複数収録。「シー・ラブス・ユー(オルタネイト)」やニュース断片を元にしたビデオ・モンタージュも今回初登場となる新規リストア映像です。そしてCD・DVD共に公式では未収録のままとなっているエド・サリヴァン・ショウのマイアミ・アフタヌーン・リハーサルもボーナス収録。新発掘ライブ音源や映像含むスエーデン公演の決定版を先に
リリースしたSGT.ライブ・アーカイブ・コレクションですが本来第一弾予定だったのがこの『ライブ・アット・ワシントン・コロシアム1964』です。
今回もCD+DVDによる最新編集の決定版といえる大推薦コレクターズ・アイテムとなっております。

THE FIRST CONCERT IN UNITED STATES OF AMERICA 1964

CD
LIVE AT WASHINGTON COLISEUM Live At Washington Coliseum, Wasington D.C. U.S.A. February 11th 1964
1. CONCERT OPENING 2. ROLL OVER BEETHOVEN 3. FROM ME TO YOU 4. I SAW HER STANDING THERE 5. THIS BOY 6. ALL MY LOVING 7. I WANNA BE YOUR MAN 8. PLEASE PLEASE ME 9. TILL THERE WAS YOU 10. SHE LOVES YOU 11. I WANT TO HOLD YOUR HAND 12. TWIST AND SHOUT 13. LONG TALL SALLY 14. CONCERT ENDING

TV SHOW REHEARSAL Afternoon Rehearsal For TV Show "THE ED SULLIVAN SHOW" At Deauville Hotel, Miami Beach, Florida, U.S.A. February 16th 1964 15. SHE LOVES YOU 16. THIS BOY 17. ALL MY LOVING 18. I SAW HER STANDING THERE 19. FROM ME TO YOU 20. I WANT TO HOLD YOUR HAND

DVD
LIVE AT WASHINGTON COLISEUM Live At Washington Coliseum, Wasington D.C. U.S.A. February 11th 1964
AUDIO OPTION=2014 Duophonic Stereo Remaster / Original Mono soundtrack
INTRODUCTION CONCERT OPENING ROLL OVER BEETHOVEN FROM ME TO YOU I SAW HER STANDING THERE THIS BOY ALL MY LOVING I WANNA BE YOUR MAN PLEASE PLEASE ME TILL THERE WAS YOU SHE LOVES YOU I WANT TO HOLD YOUR HAND TWIST AND SHOUT LONG TALL SALLY CONCERT ENDING

EXTRA FEATURE:LIVE AT WASHINGTON COLISEUM - ORIGINAL FILM VERSION Afternoon Rehearsal For TV Show "THE ED SULLIVAN SHOW" At Deauville Hotel, Miami Beach, Florida, U.S.A.February 16th 1964
CONCERT OPENING ROLL OVER BEETHOVEN FROM ME TO YOU I SAW HER STANDING THERE THIS BOY ALL MY LOVING I WANNA BE YOUR MAN PLEASE PLEASE ME TILL THERE WAS YOU SHE LOVES YOU I WANT TO HOLD YOUR HAND TWIST AND SHOUT (incomplete)

CONCERT ARCHIVE THEATRICAL TRAILER CONCERT FOOTAGE NEWSREEL ROLL OVER BEETHOVEN / I WANNA BE YOUR MAN (alternate) SHE LOVES YOU (alternate with color version) SHE LOVES YOU (alternate version) ALL MY LOVING (video montage) I WANT TO HOLD YOUR HAND (video montage)

TV SHOW REHEARSAL SHE LOVES YOU THIS BOY ALL MY LOVING I SAW HER STANDING THERE FROM ME TO YOU I WANT TO HOLD YOUR HAND

NTSC 16:9 (4:3) Wide Screen - Dolby Digital Stereo / Mono time approx.107min.



ビートルズ
Complete Royal Variety Performance
mccd-442/443
SBD
1CD+1DVD
\7,800
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


Mクローデルの最新作にして、マニア必携ライヴクロニクル・シリーズの最新作は、
1963年11月4日プリンス・オブ・ウェールズ・シアターで行なわれた、伝統あるロイヤルバラエティ・パフォーマンスにビートルズが出演したときのタイトルになります。

女王陛下臨席の下で、自国を代表するあらゆるジャンルのパフォーマーが集い、この年ブレイクしたビートルズにも白羽の矢が立ったというわけです。日本でいう紅白歌合戦みたいなものでしょうか、数々のアーティストが女王陛下の前でパフォーマンスを披露するイベントです。ちなみにこの会場名は英国王子の称号から採られていることは当然ですが、大東亜戦争で日本軍が撃沈した当時最強と言われたイギリスの軍艦も「プリンス・オブ・ウェールズ」と命名されていました。皇軍によって撃沈された報を受け、チャーチル首相が衝撃で絶句したといいます。その、当時世界最強の軍艦と同じ名前が冠された劇場だけに、ここがいかに英国にとって厳かで権威ある場所であるか、そしてこの出演が光栄なものであるかが伺えます。もっともジョンは鼻持ちならない雰囲気に嫌悪を示し、翌年以降の出演依頼を全て断ったそうです。つまりこの年が唯一ビートルズが出演したロイヤルバラエティ・パフォーマンスとなるのです。このジョンが高貴で鼻持ちならない雰囲気を嫌悪した気持ちは、「Twist And Shout」演奏前の「安い席の方々は拍手を、それ以外の席の方は宝石を鳴らしてください」という有名なセリフからも伺えます。当初、楽屋では「テメエらの宝石でもジャラジャラ鳴らしやがれ」という過激なものを予定していたそうですが、ブライアンエプスタインなどに説得され、やや柔らかい表現になったということです。実際にこの部分では、ジョンが言い終わったあとニッコリ笑ったこともあり、本当は辛辣な嫌味にもかかわらず、周囲はユーモアと受け取ったようで、笑いと拍手が生じています。本作の音源部分は、このビートルズの出演を複数ソースにて完全収録しています。まず最初は映像付随のサウンドトラック音源です。「From Me To You」が若干フェードイン気味に入ってきますが、残存するソースで最も長く、終演後のエンディング・テーマまで収録されています。 この日はテレビ放送とは別にラジオでもオンエアされており、本作の2ソース目は、そのラジオ・エア・チェック音源が収録されています。このソースの特長はラジオ番組のイントロが付けられており、DJがビートルズを紹介して始まるというもの。音像は明るく、ビデオ音声とはまた異なる質感の音源です。そして最後はテレビ放送の元となったRAW ソースです。こちらは、まさに流出サウンドボードといった趣で音質が最も良く、音質に限って言えば、本作収録の他のソースと比べてのみならず、アンソロジーと比べてもこちらの方が上です。もしこの音源が1995年当時発掘されていたら、間違いなくこちらが採用されたことでしょう。それくらい音質的に優れたものです。以上、テレビ放送サウンドトラック、ラジオ・オン・エア、放送元ロウ・ソースと、それぞれ特長ある音源を全て収録しています。CDの後半には、約3週間前、1963年10月13日にロンドン・パラディウムで行なわれたコンサートを、高音質の初登場ソースにて収録。この日の音源はMクローデル・レーベル『EARLY BEATLES AROUND UK 1962-1964』に、4種類のソースが収録されていましたが、本作にはそれとは別の5つ目のソース、便宜上ソースEと記載されていますが、収録されています。今までのどのソースよりも音質が良く、今まであまり音が良くなかった1963年ロンドン・パラディウムの印象ががらりと変わることでしょう。残念ながらこのソースEは音質は最高に良いのですが、「I’ll Get You」が未収録なため、「I’ll Get You」を含むソースAも改めてここに収録されています。映像は、当時の放送を全出演者を完全収録した初登場映像となります。司会者のイントロダクションに続き、女王陛下のお出ましの様子から始まり、この日のイベントの様子を完全収録。タップダンスあり、バレエあり、コメディあり、寸劇あり、そしてビートルズは6番目の出演者として登場します。その他、マレーネ・ディートリッヒの映像なども、今となっては貴重なものです。そしてイベントの最後には、全出演者が改めてステージに勢揃い。ビートルズも再び登壇して、全出演者の真ん中に陣取っています。今まで演奏シーンはよく見ることが出来ましたが、最後の挨拶部分の映像は非常に珍しいものです。本作には、イベント完全収録とは別に、TCRが入っておらず、より高画質のビートルズ演奏部分が収録されています。アンソロジー映像版も含め、おそらくこれが現状考え得る最も高画質なものでしょう。さらにボーナス映像として、当時のロイヤルバラエティ・パフォーマンスを報じたニュース映像が収録されています。開演前に緊張の面持ちで女王陛下と謁見するビートルズのメンバー。イベントが終わって車に乗り込み会場を後にする様子、バックステージで他の出演者と談笑する様子などがドキュメンタリー映像として収録されています。そして何より貴重なのは、ビートルズの当日のリハーサル映像が収録されている点です。同じステージながら服装が異なるので、これがリハーサル映像であることが伺えます。Mクローデルのライヴ・クロニクルの最新作は、1963年11月4日ロイヤルバラエティ・パフォーマンスを他の出演者も含め完全収録。音源はアンソロジーより高音質で収録。ボーナスでは1963年10月13日ロンドン・パラディウムを高音質初登場ソースで収録。映像は全出演者完全収録に加え、TCRなしの高画質別バージョンでビートルズ部分を収録。のみならずリハーサル映像や女王陛下との謁見の様子、バックステージの様子など、ニュース映像も収録。音質も画質もこれ以上のものはないでしょう。永久保存がっちりプレス盤。スリップケース仕様です。

Royal Variety Performance Prince Of Wales Theatre London U.K. November 4, 1963

CD DISC
VIDEO SOUNDTRACK SOURCE
01. From Me To You 02. She Loves You 03. Till There Was You 04. Twist And Shout 05. Ending Theme RADIO AIR CHECK SOURCE 06. Introduction 07. From Me To You 08. She Loves You 09. Till There Was You 10. Twist And Shout TV ON LINE RAW SOURCE 11. From Me To You 12. She Loves You 13. Till There Was You 14. Twist And ShoutLONDON PALLADIUM October 13, 1963 SOURCE E 15. Introduction 16. From Me To You 17. She Loves You 18. Twist And Shout19. Ending Theme SOURCE A 20. From Me To You 21. I’ll Get You 22. She Loves You 23. Twist And Shout

DVD DISC
COMPLETE PERFORMANCES
01. Introductions 02. Queen’s Appearance 03. E BILLY PETCH DANCERS 04. THE CLARK BROTHERS 05. LUIS ALBERTO DEL PARANA and LOS PARAGUAYOS 06. CHARLIE DRAKE with TESSA DAVEES and THE EIGHT CHARLIES 07. SUSAN MAUGHAN 08. THE BEATLES 09. DICKIE HENDERSON 10. FRANCIS BRUNN 11. BUDDY GRECO 12. NADIA NERINA (with the cast of SLEEPING BEAUTY) 13. JOE LOSS AND HIS ORCHESTRA with ROSE BRENNAN, ROSS MCMANUS LARRY GRETTON, THE BILLY PETCH DANCERS. 14. "STEPTOE & SON" WILFRED BRAMBELL, HARRY H.CORBETT 15. PINKY & PERKY & COMPANY 16. ERIC SYKES & HATTIE JACQUES 17. MICHAEL FLANDERS & DONALD SWANN 18. MARLENE DIETRICH with BURT BACHARACH 19. TOMMY STEELE with THE HALF A SIX PENCE COMPANY 20. curtain call with all members 21. GOD SAVE THE QUEEN THE BEATLES HIGH QUALITY NO TCR VERSION01. From Me To You 02. She Loves You 03. Till There Was You 04. Twist And Shout NEWS FILMS Beatles’ Stage Meeting Queen Backstage Reception ... etc



ビートルズ
BEATLES ON TOUR IN SWEDEN
SCD-14002-1/2
SBD
1CD+1DVD
\4,400
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ビートルマニアの熱狂に包まれた63/64年スエーデン・ツアーをまとめたCD+DVDによる最強カップリングのコレクターズ・エディション!

63年初期ライブのラジオショウから話題の64年最新発掘ライブ音源までを収録したCDそして50周年を記念し2014年になって世界初公開となった当時の貴重なコンサート映像を含む最新TVドキュメントはじめトータル2時間収録のDVDというまさにコレクター必携の最新注目タイトル!音と映像ともに必聴必見の決定版登場です!!


[コレクターズ・ポイント] CDは時系列に63年ラジオショウ・ライブとTVショウ音源そして64年初登場ライブ音源を収録。お馴染みの63年音源は最新リマスタリングで過去最高の高音質クオリティで収録されてます。そして注目の新発掘音源となる64年ライブは不完全ながらコンサート・アナウンスから始まる現行最長リマスター・バージョンを収録。さらにエクストラとして話題の64年ライブ音源をDJが紹介するネット配信バージョンも併せて収録しています。DVDにはまず2014年スエーデン本国で放送された30分のドキュメンタリー『ビートルズ・オン・ツアー・イン・スエーデン』を収録。当時のカメラマンや共演者が次々登場してきますが何といっても見逃せないのが63年当時のカラー記録フィルムやコンサート映像(63年「テイスト・オブ・ハニー」と「シー・ラブス・ユー」はネットで見られるものより若干長くさらに断片ながら63年ヨーテボリ公演のカラー映像をここまで見ることが出来るのは初の快挙です!)は驚きの必見映像といえるでしょう。続いてお馴染みのTVショウ「ドロップ・イン」は最高画質のビートルズ本編完全版と当日の番組自体をノーカット収録したコンプリート・バージョンを収録。『コンサート・フィルム・アーカイブ1963/1964』ではCDに収録した初登場ライブ音源と同じ64年ヨハネスホフ公演も断片映像ながら見ることが出来ます。さらに20分に及ぶラジオ・インタビューも珍しい当時の写真を多数スライドショウと共に視聴出来る形式で収録。その他貴重な当時のニュース映像も含めスエーデン関連の映像を多角的に網羅した見逃せない内容でCD+DVDによる決定版コレクターズ・アイテムといえるでしょう。

CD - Live at Karlaplansstudion, Stockholm, Sweden October 24th 1963
1. RADIO SHOW INTRODUCTION 2. I SAW HER STANDING THERE 3. FROM ME TO YOU 4. MONEY (THAT'S WHAT I WANT) 5. ROLL OVER BEETHOVEN 6. YOU REALLY GOT A HOLD ON ME 7. SHE LOVES YOU
8. TWIST AND SHOUT

- TV Show "DROP IN" at Narren-teatern, Grona Lund, Stockholm, Sweden October 30th 1963

9. TV SHOW INTRODUCTION 10. SHE LOVES YOU 11. TWIST AND SHOUT 12. I SAW HER STANDING THERE
13. LONG TALL SALLY 14. DROP IN THEME

- Live at Johanneshov Isstadion, Stockholm, Sweden July 28th 1964
15. CONCERT INTRODUCTION 16. I SAW HER STANDING THERE 17. YOU CAN'T DO THAT 18. SHE LOVES YOU
19. ALL MY LOVING 20. ROLL OVER BEETHOVEN 21. CAN'T BUY ME LOVE 22. I WANNA BE YOUR MAN

EXTRA = SWEDEN 1964 - BEATLES LIVE ON LINE BROADCAST
23. INTRODUCTION (TWIST AND SHOUT) 24. I SAW HER STANDING THERE 25. YOU CAN'T DO THAT 26. SHE LOVES YOU 27. ALL MY LOVING 28. ROLL OVER BEETHOVEN 29. CAN'T BUY ME LOVE 30. I WANNA BE YOUR MAN
31. LONG TALL SALLY

DVD
BEATLES ON TOUR IN SWEDEN - TV SPECIAL Inc. Interviews and Some Rare Concert Films
THE BEATLES - DROP IN 1963 Introduction / She Loves You / Twist And Shout / I Saw Her Standing There / Long Tall Sally
/ Drop In Theme

NEWS REEL COMPILATION DROP IN 1963 COMPLETE SHOW Introduction / Lill-Babs - Leva Livet (It's My Party) / Beatles Fan Interview / Gals And Pals - Bossa Nova USA / Rock Boris - Hully Gully Holiday / Doris - Save All Your Love For Me / Introduction / She Loves You / Twist And Shout / I Saw Her Standing There / Long Tall Sally / Drop In Theme

CONCERT FILM ARCHIVE 1963/1964
Opening - Taste Of Honey (1963) / She Loves You (1963) / Can't Buy Me Love (1964) / Twist And Shout (1964) / All My Loving (1964)

SWEDISH RADIO INTERVIEWS Rare Photo Slideshow

NTSC 16:9 (4:3) Wide Screen - Dolby Digital Stereo / Mono time approx.120min.



ビートルズ
The Beatles At The Hollywood Bowl
- Complete Collector's Edition
DAP-B007A/B
SBD
2CD
\4,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ビートルズ唯一の公式ライブ・アルバムである「アット・ザ・ハリウッド・ボウル」が2013年最新リマスターによる最高クオリティでCD化!
77年リリースのライブ・アルバム及びその元となった64年公演と65年の2公演さらにエクストラ・トラックも含めたコンプリート・コレクターズ・エディションとして2枚組で登場。オリジナル・アルバムはもとよりそれぞれのライブ音源のいずれも格段にアップグレードされた最新リマスター音源はこれまで数多くリリースされてきたハリウッド・ボウルの中でも最高クオリティで全編収録。音質クオリティも内容的にも大推薦のハリウッド・ボウル決定版の登場です!

[コレクターズ・ポイント]
1977年に公式リリースされながらいまだ未CD化の「ザ・ビートルズ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル」は64年公演と65年の2公演から編集されたのは有名ですがこのコンプリート・コレクターズ・エディションではCD1枚目にまず77年ライブ・アルバムを完全収録。続いてキャピトル編集アルバム用の「ツイスト・アンド・シャウト」や後にアンソロジー・プロジェクトで公開されたライブ音源も収録。そして64年公演を最新リマスターで完全収録。同レーベルからリリースされた「ライブ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル1964」に収録されたステレオ・ミックスとは違う最新ステレオ・リマスター音源でボーカルがよりリアルになり演奏もモノ音源に匹敵する迫力を増したベスト・バージョンとなってます。そしてCD2枚目には65年公演の8月29日30日の2公演をコンプリート収録。これまで音質的には疎らだったこの2公演も最新リマスターで高音質に生まれ変わってます。先にリリースされている「ライブ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル1964」と合わせて見逃せない最新コレクターズ・エディションです。

CD ONE
1977 LIVE ALBUM - ORIGINAL REMASTER VERSION
1. Twist And Shout 2. She's A Woman 3. Dizzy Miss Lizzy 4. Ticket To Ride 5. Can't Buy Me Love 6. Things We Said Today 7. Roll Over Beethoven 8. Boys 9. A Hard Day's Night 10. Help! 11. All My Loving 12. She Loves You 13. Long Tall Sally
Live At The Hollywood Bowl, Los Angeles, CA, USA August 23rd 1964 & August 29th/30th 1965 combined
Original Album Released on capitol and perlophone 1977 Digital Remastered 2013

EXTRA LIVE TRACKS
14. Twist And Shout - 1964 Capitol Stereo Edit 15. All My Loving - 1964 Anthology Remix
16. Baby's In Black - 1965 Anthology Remix 17. Twist And Shout - 1964 Capitol Mono Edit

1964 : AUGUST 23 - NEW STEREO REMASTER VERSION
18. Introduction 19. Twist And Shout 20. You Can't Do That 21. All My Loving 22. She Loves You 23. Things We Said Today
24. Roll Over Beethoven 25. Can't Buy Me Love 26. If I Fell 27. I Want To Hold Your Hand 28. Boys 29. A Hard Day's Night
30. Long Tall Sally
Live At The Hollywood Bowl, Los Angeles, CA, USA August 23rd 1964 Digital Remastered 2013

CD TWO
1965 : AUGUST 29 01. Opening 02. Twist And Shout 03. She's A Woman 04. I Feel Fine 05. Dizzy Miss Lizzy 06. Ticket To Ride 07. Everybody's Trying To Be My Baby 08. Can't Buy Me Love 09. Baby's In Black 10. I Wanna Be Your Man 11. A Hard Day's Night 12. Help! 13. I'm Down 1965 : AUGUST 30 14. Opening 15. Twist And Shout 16. She's A Woman 17. I Feel Fine 18. Dizzy Miss Lizzy 19. Ticket To Ride 20. Everybody's Trying To Be My Baby 21. Can't Buy Me Love 22. Baby's In Black 23. I Wanna Be Your Man 24. A Hard Day's Night 25. Help! 26. I'm Down

Live At The Hollywood Bowl, Los Angeles, CA, USA August 29th/30th 1965 Digital Remastered 2013



ビートルズ
Live At The Hollywood Bowl 1964
Collector's Edition 2012
DAP-B006AB
SBD/PRO-SHOT
1CD+1DVD
\4,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ビートルズ絶頂期の代表的ライブとしてお馴染みの64年ハリウッド・ボウル公演が新規マスター音源と最新編集映像をあわせた
CD+DVDのコレクターズ・エディション!新たに発掘された最高音質のオリジナル・ステレオ・マスターとオリジナル・モノ・ミックス音源を収録したCDそしてコンサート完全再現含むハリウッド・ボウル映像コンピレーションのDVDによる2012年ビートルズ・デビュー50周年にお届けする64年ハリウッド・ボウル・コンサートの決定版!

[コレクターズ・ポイント] 64年8月ビートルズ人気が頂点を極め当時ライブ・アルバムのためにレコーディングされたハリウッド・ボウル公演はアナログ時代からお馴染みの定番ライブ音源ですが今回のステレオ音源はオリジナル・マスターに最も近いロウ・ジェネレーションとして新たに発掘された音源を元に過剰なリマスターをしていないフラット・トランスファー・リマスタリングを採用。
原音に近いナチュラルなサウンドで収録されています。モノラル音源も当時のアセテート原盤からの収録でかつてアナログ・ブート時代の元になった音源をノイズレスでクリアな最高音質で収録。ステレオ・モノそれぞれ現状ベスト・クオリティで収録されています。
DVDにはコンサートの映像版として複数のフィルム映像やニュース映像を元にステレオ音源で全曲再現した「コンプリート・コンサート」そして別アングル等の「オルタネイト」さらにニュース映像や記者会見等の「ニュースリール」を収録。
ジャケには64年当時キャピトルがリリース予定にしていたお蔵入りデザインが使われています。当時のビートルズの歴史的ドキュメントとしてハリウッド・ボウル公演をCD+DVDで完全再現した2012年版コレクターズ・エディションです。

Live At The Hollywood Bowl, Los Angeles, CA, USA August 23rd 1964
Digital Remastered 2012 Edition NTSC 4:3 Dolby Digital Stereo / Mono time approx. 126min.

CD STEREO REMASTER VERSION
1. Introduction 2. Twist And Shout 3. You Can't Do That 4. All My Loving 5. She Loves You 6. Things We Said Today
7. Roll Over Beethoven 8. Can't Buy Me Love 9. If I Fell 10. I Want To Hold Your Hand 11. Boys 12. A Hard Day's Night
13. Long Tall Sally
MONO REMASTER VERSION
14. Introduction 15. Twist And Shout 16. You Can't Do That 17. All My Loving 18. She Loves You 19. Things We Said Today
20. Roll Over Beethoven 21. Can't Buy Me Love 22. If I Fell 23. I Want To Hold Your Hand 24. Boys 25. A Hard Day's Night
26. Long Tall Sally

DVD COMPLETE CONCERT 2012 EDITION
01. Introduction 02. Twist And Shout 03. You Can't Do That 04. All My Loving 05. She Loves You 06. Things We Said Today
07. Roll Over Beethoven 08. Can't Buy Me Love 09. If I Fell 10. I Want to Hold Your Hand 11. Boys 12. A Hard Day's Night
13. Long Tall Sally
ALTERNATES
14. All My Loving (Anthology Edit) 15. All My Loving (Anthology Outtakes) 16. Alternate Edit Version 1 17. Alternate Edit Version
18. Raw Footage
NEWSREELS
19. Newsreel 1 20. Newsreel 2 21. Newsreel 3 22. Newsreel 4 23. Newsreel 5 24. Newsreel 6 25. Hollywood TV Report
26. Press Conference 1 27. Press Conference 2 28. Hollywood Star Newsreel



ビートルズ
Live Chronicle Extra
mccd-328/329
SBD/AUD
1CD+1DVD
\7,700
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


■キャバンクラブの「カンザスシティ」アセテート完全収録!
■ロイオービソン・ツアー、1963ボーンマス、ダブリン、カーライルなど、初登場!
■1964メルボルンも既発と日付違いの初登場!
■1966年ボストンやシアトルなども初登場!
■とにかく近年発掘された初登場音源が満載!

マニア必携Mクローデルのライヴクロニクル・シリーズの最新作!今回はEXTRAと題して、今までシリーズ以降に発掘された貴重な初登場音源を集約したものになります。

ビートルズのライヴ音源は枯渇したのではと言われつつも、毎年何らかの初登場音源が発掘され、そのたびごとにマニアは狂喜乱舞してきました。今回は、近年発掘されたものを中心に、今まで誰も聴いたことのない音源、誰も見た事のない映像をお届けします。

まず音源の方です。冒頭を飾るのは1962年8月22日キャバンクラブ。特にトラック3、MAN OF THE DECADEのバージョンは複数撮影されたSOME OTHE GUYの中でも、ジョージのギターソロの部分が映像のものとは別テイク(と言われていますが、ジョンのインタビューが被っていてよくわかりません)。

そして本作の目玉音源のひとつが、1962年9月5日キャバンクラブにおける「カンザスシティ」です。アンソロジーにて不完全な状態で収録され、さらにナレーションが被っていましたが、グラナダテレビが放送用に録音したというキャバンクラブでのライヴに驚いたものでしたが、今回、初めて、ナレーションが被っていないのはもちろんのこと、アセテート盤より、きちんと完全収録しているのです。まさにマニアが待ち望んでいた音源がこれです。この1曲だけでも本作の価値があろうというもの。  

1963年5月24日ロイオービソンツアーからは、近年発掘された「Some Other Guy」と「Please Please Me」を収録。前者はデビュー前のイメージが強いですが、実際は1963年の一時期、オリジナルに交じってこのように通常のステージでも依然として演奏されていたことが伺えます。

本作はすべてが目玉音源と言っても良いのですが、そんな中でもキャバンクラブの「カンザスシティ」と並んで目玉中の目玉は、1963年8月21日ボーンマス公演の音源でしょう。数年前にオークションにテープが出品され、その後一切表に出ることがなかったのですが、今回おそらく落札者の提供か、あるいはオークション用のサンプルなのか、それぞれ短いながら、クレジットにあるように同テープより5曲を収録しています。

特に「Baby It’s You」に至っては、BBCライヴでの音源が残されているものの、実際のステージで演奏した音源というのは今までになく、非常に貴重なテイクと言えるでしょう。また「Taste Of Honey」も、BBC以外ではスタークラブとこのテイクしかライヴ・バージョンがない、貴重な音源です。同様に、1964年10月21日グラスゴー公演における「すてきなダンス」、これもまたBBC以外では初のライヴ・テイクになります。 既発盤ではクレジットが4月30日と間違っていましたが、当然、リリース前にステージで演奏されるはずもなく、本作のクレジットが正しい日付です。

1963年11月7日ダブリン公演の「I Saw Her Standing There」、1963年11月11日カーライル公演の「From Me To You」もそれぞれ初登場。1964年2月11日ワシントン公演は、本作の中で唯一フル・コンサート完全収録で、先に映像作品が出ていたので純粋な意味での初登場音源ではありませんが、「Twist And Shout」が完全収録された近年の発掘ということで収録してあります。

そして凄いのは、1964年オーストラリアツアーの音源です。アデレイド公演の2曲は従来と同じ日付、演奏ですが、音質が格段にアップしています。この状態で全曲あればよいのですが、それは今後の発掘に期待しましょう。そしてメルボルン公演は完全初登場音源。これはオーストラリアのラジオで放送された音源というふれこみで、既発に収録されていた6月17日ではなく、なんと前日16日の演奏なのです。しかも17日の音源と非常に似通った音質なので、17日同様に、同じ機材で収録されていると思われます。

続いて1964年7月28日スウェーデン公演より「All My Loving」です。この音源も突如ラジオ局が発表したもので、このような音源が残っているとは驚きのひとこと。興味深いのは、コーラス部分がほとんど聴こえず、終始ポールのヴォーカルのみとなっている点です。おそらくこれはジョージのマイクがオフになっていたためコーラスが上手く録音出来なかったのでしょう。そしてこれが今でもなお未発表である理由ではないかと思われます。いずれにせよ貴重な音源には違いありません。

ちょっと変わった音源といえば、1965年8月30日のハリウッドボウル公演の「I’m Down」です。これはミッドナイトビートで初登場する以前に、アナログブート『Beatles Vs Don Ho』で初登場した音源ですが、本作はそれよりも長く、音質も良いバージョンとなっています。音源的には既に出ているもので貴重度は低いですが、珍しい音源ということで収録されています。

そして最後は、1966年最後のツアーより、1966年8月18日ボストン公演。これはコンサートの最中のレポートという形態の録音で、インタビューがメインとなっていますが、バックで聴こえるのはまごうことなきビートルズの演奏です。

1966年8月25日シアトル公演は、初登場のオーディエンスソースによる録音です。オーディエンスながら音質は素晴らしく、なぜこのような音源が突如出てきたのか、完全版があるのかどうか、いずれにせよ驚きの音源です。

次に映像です。初期を中心に様々な貴重映像が収録されています。最初期のカラー映像、デビュー前の小さなクラブで演奏しているビートルズ。そしてキャバンクラブにおける「Some Other Guy」は同じ様に見えて、実は複数テイク撮影されているのが一目でわかるバージョン違いをすべて収録。

キャバンクラブでは8月22日に最初に撮影され、音が貧弱だということで9月5日に音だけ再録されたとされています。ここで複数テイクの「Some Other Guy」を見比べることにより、 異なる演奏であるのが明らかです。つまり8月22日に「Some Other Guy」は1度だけでなく、撮影を意識してか、少なくとも2度演奏されていたことが、この映像から明らかになっています。また、演奏シーン以外のキャバンでの客席の様子などもうかがえます。

その他、おそらくクレジットを見てもピンとこないような会場があるとしたら、それが初登場映像です。写真では有名な1963年12月14日ウインブルドン公演の映像なども驚かれることでしょう。

ビートルズのライヴ音源と映像をベストな形で後世に残すプロジェクト、ライヴ・クロニクル・シリーズの最新作は、初登場音源と映像をふんだんに盛り込んだ、近年の発掘の成果を集大成しました。美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤です。

AUDIO DISC
CAVERN CLUB LIVERPOOL U.K. August 22, 1962
01.19620822-Some Other Guy (no glitches)
02.19620822-Some Other Guy (from "Man of the Decade")

CAVERN CLUB LIVERPOOL U.K. September 5, 1962
03. Some Other Guy
04. Kansas City - Hey Hey Hey Hey (with introduction)
05. Kansas City - Hey Hey Hey Hey (complete Acetate)

GRANADA WALTHAMSTOW U.K. May 24, 1963
06. Some Other Guy
07. Please Please Me

GAUMONT CINEMA BOURNEMOUTH August 21, 1963
08. Roll Over Beethoven
09. A Taste Of Honey
10. Baby It's You
11. She Loves You
12. Twist And Shout

"Royal Variety Show" complete "off-air" tape November 4, 1963
13.From Me To You
14.She Loves You
15.Till There Was You
16.Twist And Shout

ADELPHI CINEMA DUBLIN November 7, 1963
17. I Saw Her Standing There

ABC CINEMA CARLISLE U.K. November 11, 1963
18. From Me To You

WASHINGTON DC COLISEUM February 11, 1964
19. Introduction
20. Roll Over Beethoven
21. From Me To You
22. I Saw Her Standing There
23. This Boy
24. All My Loving
25. I Wanna Be Your Man
26. Please Please Me
27. Till There Was You
28. She Loves You
29. I Want To Hold Your Hand
30. Twist And Shout
31. Long Tall Sally

CENTENNIAL HALL ADELAIDE AUSTRALIA June 12, 1964
32. I Want To Hold Your Hand
33. Till There Was You

FESTIVAL HALL MELBOURNE AUSTRALIA June 16, 1964
34. Can't Buy Me Love - This Boy

JOHANNESSHOVS, STOCKHOLM SWEDEN July 28, 1964
35. Concert Introduction
36. All My Loving

CONVENTION CENTER LAS VEGAS NV U.S.A. August 20, 1964
37. Twist And Shout - You Can't Do That

AUDITORIUM MILWAUKEE WI U.S.A. September 4, 1964
38. A Hard Day's Night

ODEON CINEMA GLASGOW U.K. October 21, 1964
39. I'm Happy To Dance With You

HOLLYWOOD BOWL LOS ANGELES CA U.S.A. August 30, 1965
Radio special "From Liverpool To Legend" 1977
40. I'm Down

SUFFOLK DOWNS RACETRACK BOSTON MA U.S.A. August 18, 1966
41. She's A Woman - Yesterday - Paperback Writer - I'm Down

SEATTLE COLISEUM SEATTLE WA U.S.A. August 25, 1966
42. Turn Down Day
43. Rock And Roll Music
44. She's A Woman

DVD DISC
February 10, 1962 Youth Club color 8mm
February 10, 1962 Youth Club color 8mm
stabilized February 10, 1962 Youth Club color 8mm
stabilized and close up August 22, 1962
Cavern Club Some Other Guy version 1 Granada Arc. August 22, 1962
Cavern Club Some Other Guy version 2 Anthology August 22, 1962
Cavern Club Some Other Guy version 3 The Greatest Story August 22, 1962
Cavern Club Some Other Guy version Comparison 3 versions August 22, 1962
Cavern Club Cut Away Shots August 25, 1963
ABC Theatre Blackpool color 8mm August 27, 1962
Little Theatre Southport October 15, 1963
Floral Hall Southport November 1, 1963
Odeon Cinema Cheltenham November 4, 1963
Prince Of Wales Theatre London rehearsal November 4, 1963
Prince Of Wales Theatre London Royal Variety Show November 7, 1963
Adelphi Cinema Dublin November 13, 1963
ABC Cinema Plymouth November 16, 1963
Winter Gardens Theatre Bournemouth CBS version 1 November 16, 1963
Winter Gardens Theatre Bournemouth CBS version 2 November 16, 1963
Winter Gardens Theatre Bournemouth NBC version December 2, 1963
Morecambe And Wise ShowDecember 14, 1963 Wimbledon Palais Wimbledon



ビートルズ
Live At The BBC
DAP-B005AB
SBD
2CD
\4,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ビートルズ結成50周年企画のBBCコレクション第二弾が登場!今回は初登場音源ソースを含む新たなアップグレード音源を中心としたBBCライブ音源の2012年版最新コレクションです。
現存するBBC音源で最も古い62年7月から最後のBBCセッションとなる65年まで時系列に収録されておりタイトル通り公式アルバム「ライブ・アット・ザ・BBC」のオルタネイト・マスター・エディションというコンセプトのもと公式未収録音源ばかりを収録。
これまで数多くリリースされてきたBBC音源ですが近年になって新たに発掘された音源やアップグレード音源でまとめられており公式盤の続編として聞き逃せない内容であると共にBBC音源の補完アップデート版としても注目のBBCコレクションです!

[コレクターズ・ポイント] 2012年英国BBCで再放送された”AT THE BEEB”を収録した第一弾に続いて今回はまったく内容の異なるBBCコレクションの第二弾です。
第一弾は2012年放送音源は内容としては82年版BBC放送プログラムの英国バージョンと米国バージョンを収録していましたが今回は94年に公式リリースされた「ライブ・アット・ザ・BBC」のオルタネイト・マスター・エディションとして公式未収録の音源を中心にコンパイルしたもので公式盤の続編といえる未収録音源を補完する内容となってます。
最初期EMIデビュー以前の珍しいカバーが貴重な62年最古のセッション音源からはじまり過去にリリースされてきた音源よりも長く音飛びもない初登場音源ソースである「ア・テイスト・オブ・ハニー」や公式をも上回る過去最高音質にアップグレードした「ザッツ・オールライト」等一部の公式盤収録曲ももちろん別ソースの最新リマスター音源が使われておりこれまで数多くリリースされてきたBBC音源ですが近年になって新たに発掘された音源やアップグレードした音源がまとめられてます。
公式盤の続編として聞き逃せない内容であると共にBBC音源の最新補完アップデート版としても注目のコレクターズ・アイテムとなっている大推薦の最新タイトルです。

All Tracks From BBC Broadcast Materials
Digital Remastered 2012 Edition

CD ONE
01. BBC Introduction - Pop Go The Beatles / From Us To You Teenager's Turn / Here We Go - 07.03.1962
02. Dream Baby Here We Go - 11.06.1962
03. A Picture Of You People And Places - 29.10.1962
04. A Taste Of Honey Saturday Club - 22.01.1963
05. Some Other Guy
06. Beautiful Dreamer Here We Go - 06.03.1963
07. Please Please Me Saturday Club - 16.03.1963
08. Misery
09. Too Much Monkey Business
10. Talkin' About You Pop Go The Beatles - 01.06.1963
11. Money (That's What I Want) Pop Go The Beatles - 17.06.1963
12. Anna (Go To Him)
13. Boys
14. Chains
15. P.S. I Love You
16. Twist And Shout Pop Go The Beatles - 02.07.1963
17. That's All Right (Mama) Pop Go The Beatles - 16.07.1963
18. Long Tall Sally
19. Please Please Me
20. She Loves You
21. I'll Get You
22. I Got A Woman Pop Go The Beatles - 16.07.1963
23. Words Of Love
24. Glad All Over
25. I Just Don't Understand
26. Devil In Her Heart
27. Slow Down Pop Go The Beatles - 01.08.1963
28. There's A Place Pop Go The Beatles - 03.09.1963
29. Lucille Pop Go The Beatles - 03.09.1963
30. Theme From The Flowerpot Men Saturday Club - 07.09.1963 31. Happy Birthday Saturday Club

CD TWO
Easy Beat - 16.10.1963
01. I Saw Her Standing There
02. Love Me Do
03. Please Please Me
04. From Me To You
05. She Loves You Saturday Club - 17.12.1963
06. All I Want For Christmas
07. Crimble Medley From Us To You - 18.12.1963
08. Tie Me Kangaroo Down, Sport From Us To You - 18.12.1963
09. I Want To Hold Your Hand (1996 edit with missing) Saturday Club - 31.03.1964
10. I Call Your Name
11. You Can't Do That From Us To You - 01.05.1964
12. With Monday To You Top Gear - 14.07.1964
13. Promo Chat (outtake)
14. Long Tall Sally
15. If I Fell From Us To You - 17.07.1964
16. I'm Happy Just To Dance With You
17. Things We Said Today
18. I Should Have Known Better
19. A Hard Day's Night
20. From Us To You From Us To You Recording Session - 17.07.1964
21. From Us To You (outtake)
22. From Us To You (no voice-over)
23. I'm Happy Just To Dance With You (backing track)
24. I Should Have Known Better (false start)
25. I Should Have Known Better (single tracked) Top Gear - Recording Sessions - 17.11.1964
26. studio chat / I Feel Fine (false start)
27. I Feel Fine (single tracked vocal) Top Gear - 17.11.1964
28. I'm A Loser 29. Honey Don't (unedited)
30. She's A Woman
31. I'll Follow The Sun
32. I'll Follow The Sun (outtake) The Beatles Invite You To Take A Ticket To Ride - 26.05.1965
33. The Night Before
EXTRA
34. George Martin Interview 1964




ビートルズ
The Beatles At The Beeb
DAP-B004AB
SBD
2CD
\4,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


2012年ビートルズ結成50周年を記念して英国BBCラジオで放送された”THE BEATLES AT THE BEEB”をコンプリート収録したBBCライブ最新放送エディションが初登場!
内容は82年の放送プログラムながら今回新たに放送されたものは過去の放送や公式盤も上回る高音質クオリティのトラックが含まれており必聴です。曲によって聞き比べると明らかに鮮度が高く公式盤収録のリマスター処理された音と違って原音に近い状態であることが判ります。
今回あえて内容を差し替えることなく放送音源そのままをコンプリート収録し、さらにエクストラで82年版放送プログラムで当時米国のみで放送された今回放送未収録トラックを追加収録。
最新放送に加え未収録まで追加し”THE BEATLES AT THE BEEB”を82年版オリジナル放送音源コンプリートとなるコレクター注目の最新エディションです!

[コレクターズ・ポイント] 2012年最新放送音源は内容としては82年放送プログラムながらこれまで出回っていた音源以上にジェネレーションが若く明らかに当時のラジオ・ショウ音源より音質向上しています。
曲によっては82年以降により状態の良い音源の発掘でクオリティが良くなったものも一部あり公式盤等でも聴くことが出来ますがそれら以外の多くは公式盤収録のリマスター処理された音と違ってストレートなオリジナル音源となっているのがポイントで今回あえてノイズ・リダクションやEQ処理をせずにBBC放送そのままを収録しています。
そのため曲によって今となっては音質や収録内容が不完全なものもありますが82年オリジナル音源を尊重して手を加えずに収録しています。
また当時英国で放送されたこの82年BBC音源が米国で放送された時には2時間から3時間枠となり曲数も増えましたが今回はそのトラックもエクストラとして追加収録。結果的に米国で3時間放送された時の収録曲すべてがこの2枚組に収められています。
公式盤未収録はもちろん同じ収録曲でもクオリティや編集の違いも含めBBC音源の定番コレクションとしてお薦めのタイトルとなっております。

All Tracks From BBC 6 Music Radio Broadcast 2012 Edition
EXTRA Tracks From "THE BEATLES AT THE BEEB" US(3 hours)1982 Edition

CD ONE
1. BBC Introduction - Pop Go The Beatles / From Us To You
2. The Hippy Hippy Shake
3. Memphis, Tennessee
4. Peter Pilbeam (comment)
5. Please Mr. Postman
6. Bernie Andrews (comment)
7. Too Much Monkey Buisiness
8. Brian Matthew (comment)
9. Do You Want To Know A Secret
10. I'll Be On My Way (excerpt)
11. Terry Henebery (comment)
12. Crying, Waiting, Hoping
13. Terry Henebery (comment) / Pop Go The Beatles
14. To Know Her Is To Love Her
15. Terry Henebery (comment)
16. Don't Ever Change
17. Andy Peebles (comment)
18. Carol 19. Isle Of Wight (george)
20. Soldier Of Love
21. Lend Me Your Comb
22. A Little Rhyme (john)
23. Clarabella
24. A Shot Of Rhythm And Blues
25. Matchbox
26. Sure To Fall (In Love With You)
27. Lonesome Tears In My Eyes
28. I Got A Woman
29. The Honeymoon Song / Andy Peebles (comment)
30. End Comment - From Us To You EXTRA
31. Some Other Guy
32. That's All Right (Mama)
33. Sweet Little Sixteen
34. Nothin' Shakin'
35. I Just Don't Understand
36. So How Come (No One Loves Me)
37. Love Those Goon Shows! (john) / I Got To Find My Baby
38. From Us To You / Ending

CD TWO
1. BBC Introduction - Pop Go The Beatles
2. From Us To You
3. All My Loving
4. Just A Rumour (george)
5. Roll Over Beethoven
6. From Fluff To You (paul)
7. Till There Was You
8. Lonely At The Back There (ringo)
9. I Wanna Be Your Man
10. I'm Not Blooming (john)
11. Can't Buy Me Love
12. From Us To You
13. Christmas Request (speech)
14. This Boy
15. Bernie Andrews (comment)
16. Long Tall Sally
17. Top Gear / Don't Pass Me By (speech)
18. And I Love Her
19. Crinsk Dee Night (speech)
20. A Hard Day's Night
21. Things We Said Today
22. I'm A Loser
23. Riding On A Bus (speech)
24. She's A Woman
25. I Feel Fine
26. Favourite Countries (speech)
27. Kansas City / Hey! Hey! Hey! Hey!
28. A Spaniard In The Works (speech)
29. Everybody's Trying To Be My Baby
30. Dizzy Miss Lizzy
31. Ticket To Ride EXTRA
32. Andy Peebles (comment) - Pop Go The Beatles / From Us To You
33. Rock And Roll Music
34. I'll Follow The Sun
35. Johnny B Goode
36. Honey Don't
37. BBC Program Ending




ビートルズ
VIVE LA FRANCE
SV-201109-1/2/3
SBD&PRO-SHOT
2CD+1DVD
\5,600
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ビートルズ専門SGT.レーベル注目の最新作はビートルズ絶頂期のライブ記録として見逃すことの出来ない64年&65年フランス・パリ公演の最新コンピレーションが登場!

あのアメリカ上陸直前にオリンピア劇場を熱狂させた64年と当時のヨーロッパ・ツアーで唯一コンサート全曲が記録されたパリ公演65年の現存するマテリアルを最新リマスタリングによるベスト・クオリティの音と映像でお届けします。

初登場編集バージョン含む64年の貴重なカラー映像や最新リマスタリングによる最高の音と映像による65年パリ公演等これまで数多くのリリースもありビートルズ・コレクションにはマストなパリ公演ですが今回ほどの内容とクオリティはまさに決定版というべき必聴・必見タイトルです!!


[主な収録内容]
CDには64年と65年が各一枚づつにまとめられDVDはそれぞれのセクションにライブ映像はもちろん当時の貴重なニュース映像等含む現存する映像マテリアルがまとめられています。

CD1には64年オリンピア劇場のライブに加え近年発掘されたヴェルサイユ公演からの音源も収録。後半には初の海外レコーディングとなったパリ録音のスタジオ・セッション音源もすべて収録されています。

CD2は65年パリ公演(昼夜2ステージ)をコンプリート収録。サウンドボード優良音源としておなじみのライブ音源ですが複数ソースによりMC含む最長バージョン収録に加えロウジェネ・マスターによる一段とグレードアップしたその音質はこれまでのものと聞き比べるとその最新リマスター効果がわかる過去最高の音質クオリティで聞くことが出来ます。

そしてDVDには64年と65年それぞれのセクションでこちらも初登場の編集バージョンを含むパリ公演の映像集大成となってます。

近年発掘され話題となった64年ヴェルサイユ公演や共演者が8mm撮影していたオリンピア劇場のカラー映像シーンはまさに見逃せない発掘映像でトリニ・ロペスやシルビー・バルタンといった共演者も含め断片ながら見逃せない貴重映像です。

65年パリ公演も最新リマスタリングによりドロップアウトや画像乱れ音切れを極力補正し音もすべて新たに編集されたベスト・クオリティの最新バージョンでコンプリート収録。もちろんTV未放送だった「アイ・フィール・ファイン」も含めコンサート曲順通りの完全版です。

さらにTV放送フィルム・バージョンもオリジナル通りに収録しており比べると音と映像の違いが良くわかります。その他ニュース映像等も新発掘や画質クオリティアップも含めて現存する映像関連マテリアルを可能な限り収録しておりこれまでのSGT.レーベル同様に現状最高のベスト・コレクションといえる大推薦のコレクターズ・アイテムです!!

CD ONE
LES BEATLES A PARIS 1964
1. Paris Airport Interview Recorded at Le Bourget Airport, Paris january 14th 1964
2. From Me To You
3. Green Green (by Trini Lopez)
4. Si Je Chante (by Sylvie Vartan) Live at Cinema Cyrano, Versailles january 15th 1964
5. From Me To You
6. I Saw Her Standing There
7. This Boy (intro)
8. Twist And Shout
9. From Me To You (encore)
10. Long Tall Sally
11. From Me To You (ending) Live at L'Olympia, Paris january 16th 1964
12. L'Olympia Backstage Interview - The Beatles
13. L'Olympia Backstage Interview -
Sylvie Vartan Recorded at L'Olympia, Paris by Michel Lemaire january 16th 1964
14. If I Had A Hammer (by Trini Lopez)
15. Intro-comment (by Robert Marcy)
16. From Me To You
17. She Loves You
18. This Boy
19. I Want To Hold Your Hand
20. Twist And Shout
21. From Me To You (ending)-Outro-comment (by Robert Marcy)
Live at L'Olympia, Paris january 19th 1964
22. Weekend World BBC Interview
Recorded at George V Hotel, Paris january 24th 1964
by Harold B. Kelley (Armed Forces Network)
23. One And One Is Two (demo) Recorded at George V Hotel, Paris 1964
24. Can't Buy Me Love (take 1)
25. Can't Buy Me Love (take 2)
26. Can't Buy Me Love (take 3)
27. Can't Buy Me Love (take 3 - monitor mix)
28. Can't Buy Me Love (take 4)
29. Can't Buy Me Love (take 1/2 edit mix)
30. Komm Gib Mir Deine Hand (take 1 to 10 edit piece)
31. Komm Gib Mir Deine Hand (single mono mix)
32. Komm Gib Mir Deine Hand (UK Rarities stereo mix)
33. Sie Liebt Dich (take unknown edit piece)
34. Sie Liebt Dich (single mono mix)
35. Sie Liebt Dich (US Rarities stereo mix)
Recorded at EMI Pathe Marconi Studio, Paris january 29th1964
36. Interview For WINS Radio NYC Interview with Bermond
Redmont for WINS Radio NYC, Paris 1964
37. London Airport Interview Recorded at London Airport, London february 5th 1964
38. Paris Retrospections (Anthology interview)

CD TWO
LES BEATLES A PARIS 1965 COMPLETE AFTERNOON SHOW
1. Introduction
2. Twist And Shout
3. She's A Woman
4. I'm A Loser
5. Can't Buy Me Love
6. Baby's In Black
7. I Wanna Be Your Man
8. A Hard Day's Night
9. Everybody's Trying To Be My Baby
10. Rock And Roll Music
11. I Feel Fine
12. Ticket To Ride
13. Long Tall Sally

Afternoon Show Live at Palais Des Sports, Paris june 20th 1965
COMPLETE EVENING SHOW
14. Introduction
15. Twist And Shout
16. She's A Woman
17. I’m A Loser
18. Can't Buy Me Love
19. Baby’s In Black
20. I Wanna Be Your Man
21. A Hard Day's Night
22. Everybody's Trying To Be My Baby
23. Rock And Roll Music
24. I Feel Fine
25. Ticket To Ride
26. Long Tall Sally

Evening Show Live at Palais Des Sports, Paris june 20th 1965
OPENING ACTS
27. I'm Alright (by Les Pollux)
28. Memphis Tennessee (by Evy)
29. Joy, Joy, Joy (by Moustique)
30. Les Copains D'Abord (by Les Haricots Rouges)
31. I Wish You Would (by Yardbirds)

Live at Palais Des Sports, Paris june 20th 1965
INTERVIEWS 1965
32. Interview In Rolls Royce (by Jacques Ourevitch)
33. Interview At The Hotel (by Jacques Ourevitch)
34. George And Ringo Interview (by Chris Denning)
35. French teenager Interview (by Chris Denning)
36. John Talk About The MBE (French Interview In London)


DVD
LES BEATLES A PARIS 1964
1. From London To Paris (january 14th 1964)
2. Champs-Elysees, Paris (january 15th 1964)
3. CONCERT CLIP Cyrano, Versailles - version 1 (january 15th 1964) inc. Roll Over Beethoven / She Loves You / I Want To Hold Your Hand / From Me To You / Long Tall Sally

4. CONCERT CLIP Cyrano, Versailles - version 2 (january 15th 1964) inc. Green Green (Trini Lopez) / Je Si Chante (Sylvie Vartan) / From Me To You /

5. CONCERT CLIP L'Olympia, Paris - afternoon show (january 16th 1964) inc. Roll Over Beethoven / Twist And Shout / Long Tall Sally / From Me To You (ending) / 6. NEWS CLIP L'Olympia, Paris - evening show (january 16th 1964)inc.I Want To Hold Your Hand / Interview For Belgium

7. CONCERT CLIP L'Olympia, Paris - evening show version 1 (january 16th 1964) inc. Roll Over Beethoven / Twist And Shout / From Me To You (ending)

8. CONCERT CLIP L'Olympia, Paris - evening show version 2 (january 16th 1964)inc.I Saw Her Standing There / This Boy / Boys / I Want To Hold Your Hand / Twist And Shout / From Me To You (ending)

9. ORIGINAL NEWSREEL - German TV
10. ORIGINAL NEWSREEL – ITV
11. CONCERT CLIP L'Olympia, Paris - color version 1 (january 17-20th 1964) inc. Long Tall Sally / If I Had A Hammer (by Trini Lopez) / Je Si Chante (Sylvie Vartan) / Roll Over Beethoven / I Saw Her Standing There

12. CONCERT CLIP L'Olympia, Paris - color version 2 (january 17-20th 1964)inc. Roll Over Beethoven / I Saw Her Standing There / This Boy

13. CONCERT CLIP L'Olympia, Paris - color version 3 (january 17-20th 1964 inc.I Saw Her Standing There

14. CONCERT CLIP L'Olympia, Paris - color version 4 (january 17-20th 1964) inc. Roll Over Beethoven / I Saw Her Standing There / 15. Beatles Wig For Sale In Paris / 16. Return From Paris To London (february 5th 1964) / 17. ITV Interview At London Airport (february 5th 1964)

LES BEATLES A PARIS 1965 COMPLETE PARIS CONCERT - digital remaster version
1. Introduction / 2. Twist And Shout 3. She's A Woman / 4. I'm A Loser / 5. Can't Buy Me Love / 6. Baby's In Black / 7. I Wanna Be Your Man / 8. A Hard Day's Night 9. Everybody's Trying To Be My Baby / 10. Rock And Roll Music / 11. I Feel Fine / 12. Ticket To Ride / 13. Long Tall Sally

Evening Show Live at Palais Des Sports, Paris june 20th 1965
ANTHOLOGY REMASTER
14. I'm A Loser / 15. Everybody's Trying To Be My Baby (Apple promotion)

THE BEATLES MEET PARIS - TV BROADCAST (kinescope film version)
16. Twist And Shout / 17. She's A Woman 18. Ticket To Ride / 19. Can't Buy Me Love / 20. I’m A Loser / 21. I Wanna Be Your Man / 22. A Hard Day's Night 23. Baby’s In Black / 24. Rock And Roll Music / 25. Everybody's Trying To Be My Baby / 26. Long Tall Sally

TV Broadcast Evening Show Live at Palais Des Sports, Paris june 20th 1965
NEWS CLIPS 1965
27. London Airport - version 1 (June 20th 1965) / 28. London Airport - version 2 29. Aeroport de Paris Arrival / 30. George V Hotel Balcony / 31. Lyon Newsreel - version 1 (june 21st 1965) 32. Lyon Newsreel -

version 2 NTSC 4:3 Color/B&W Dolby Digital Mono/Stereo time approx. 105min.




ビートルズ
Around The Beatles-Complete Special Edition-
Sgt.DVD SV-201106-1/2
SBD+PRO-SHOT
1CD+1DVD
\5,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


ビートルズ・コレクター注目のSGT.レーベルからの最新作はビートルズ旋風真っ只中の64年TVショウ「アラウンド・ザ・ビートルズ」のCD&DVDセットによるコンプリート・スペシャル・エディションの登場です!

DVDにはシェークスピア”真夏の夜の夢”の寸劇やゲストを含むスタジオ・ライブによるTVショウを現存するベスト・クオリティの完全版B&Wマスター映像で収録。ユーモアたっぷりのシェークスピア寸劇にはオリジナル日本語字幕が初登場!今となっては貴重な4人による寸劇をより理解して楽しめます。

さらにボーナス・セクションではシェークスピア寸劇のカラー・バージョンはじめスタジオ・ライブのステレオ音源バージョンまた過去に市販されていたビデオ編集バージョンも収録されています。

CDにはビートルズ・ライブの最新リマスター音源、事前収録された歓声の被らないオリジナル・スタジオ音源も現存するオリジナル・モノ&ステレオ・リマスターでの収録に加えマレー・ザ・Kがインタビューに訪れたリハーサル音源も収録。本番では演奏されなかった「ユー・キャント・ドゥ・ザット」も披露された貴重なリハーサル・セッションの様子を聞くことができます。

映像・音源共に現存するマテリアルをリサーチしベスト・クオリティで完全収録したCD&DVDのコンプリート・スペシャル・エディションでお届けする「アラウンド・ザ・ビートルズ」!SGT.レーベルからの決定版コレクターズ・アイテムです!!

[コレクターズ・ポイント詳細]

アメリカ初上陸を果たし英国のみならず人気絶頂を極めた64年に英米で放送されたビートルズのスペシャルTVショウ「アラウンド・ザ・ビートルズ」。過去にはビートルズの演奏だけをフィーチャーしたビデオも市販されたことがありましたがDVD化されずに現在まで廃盤で当時放送されたこのショウの完全版はこれまで公式リリースされず不完全な映像や断片的なスタジオ音源が長年に渡り出回ってきました。

今回のDVDではこの時代のTVショウなので元が白黒画面で音声もモノラルですが最新リマスタリングにより映像も音声も過去最高のベスト・クオリティで収録されています。

ショウはオープニングに続きビートルズ四人揃ってのシェークスピア”真夏の夜の夢”の寸劇が始まります。字幕設定オンで日本語字幕も収録されているので難解に見えるシェークスピア寸劇をより解りやすく楽しめます。

第五幕のシークエンスを意外と忠実に演じており劇中劇の設定なので観客のヤジもセリフのうちながらアドリブも交えビートルズならではのユーモアたっぷりの芝居ぶりは必見で四人揃ってこうした演技を披露しているのはこの時だけなので貴重な記録といえるでしょう。

またゲストにはシラ・ブラックやサウンズ・インコーポレイテッドといったNEMSアーティスト中心にPJプロビーやロング・ジョン・ボルドリー等、当時のブリティッシュ・ビートのショー・ケースといった内容でこちらも貴重です。

ビートルズの演奏ではここだけの披露となった「シャウト!」やヒット・メドレーがお馴染みですがボーナス・セクションでは”アンソロジー”で注目されたステレオ音源バージョンも映像で収録。またシェークスピア寸劇は元の白黒映像を最新技術でカラーライズしたバージョンも収録されておりこちらのカラー映像でも日本語字幕がセレクトできます。

さらに過去に市販されていたビートルズの演奏だけのビデオ編集バージョンも収録。映像も音もリマスタリングされていない本来のまま収められているので完全版とのクオリティの違いも確認できます。

CDではこのショウの現存するビートルズ音源がすべて収録されており観客を入れたスタジオ・ライブ演奏の最新リマスター音源、事前収録された歓声の被らないオリジナル・スタジオ音源の全曲モノ・バージョンおよびステレオ音源も最新リマスター音源で収録。さらに本番前日に行われたドレス・リハーサル中にマレー・ザ・Kがインタビューに訪れた時の音源も収録。

インタビューの合間には事前録音された演奏に合わせたリハーサル演奏が聴けるのがポイントで本番では演奏されなかった「ユー・キャント・ドゥ・ザット」を披露するほかシェークスピア寸劇のリハーサル・シーンの音源もあわせ30分以上に渡り収録されています。

過去のリリースでもここまでまとめられた映像と音源はなく日本語字幕も初登場。最高クオリティでアップグレードされた内容による永久保存プレス盤コレクターズ・アイテムとしてまさに決定版といえる大推薦のニュー・リリースです!

CD
01. We Love You Beatles
02. Twist And Shout
03. Roll Over Beethoven
04. I Wanna Be Your Man
05. Long Tall Sally
06. Medley:Love Me Do /
Please Please Me /
From Me to You /
She Loves You /
I Want to Hold Your Hand /
07. Can't Buy Me Love
08. Shout!
TV Show at Studio 5AB Rediffusion's Wembley Studios, London 28 April 1964

09. Twist And Shout
10. Roll Over Beethoven
11. I Wanna Be Your Man
12. Long Tall Sally
13. Medley:Love Me Do /
Please Please Me /
From Me to You /
She Loves You /
I Want to Hold Your Hand /
14. Can't Buy Me Love
15. Shout!
Recorded at IBC Studios, Portland Place, London 19 April 1964

16. Around The Beatles Rehearsals
17. Shakespeare's Rehearsals
18. Rehearsals (Upgrade Edit Version)
Rehearsal at Studio 5AB Rediffusion's Wembley Studios, London 27 April 1964

19. Boys (Stereo)
20. I Wanna Be Your Man (Srereo)
21. Long Tall Sally (Stereo)
22. Shout! (Stereo)
23. She Loves You / I Want to Hold Your Hand (Stereo)
Recorded at IBC Studios, Portland Place, London 19 April 1964


DVD
01. Opening / We Love You Beatles
02. Shakespeare's "A Midsummer Night's Dream" by THE BEATLES
03. West Side Story Dancers - The Jets
04. My Boy Lollipop - Millie Small
05. Medley:Lover Please /
Movin' On / Forty Days /
Money(That's What I Want) /
Hit The Road Jack - Long John Baldry&The Vernons Girls
06. Keep Moving - Sounds Incorporated
07. Walking The Dog - P.J.Proby
08. Tom Hark - Millie Small
09. Detroit - Sounds Incorporated
10. Only You Can Do It - The Vernons Girls
11. Got My Mojo Working - Long John Baldry
12. Saved - Cilla Black
13. Cumberland Gap - P.J.Proby&The Vernons Girls
14. I Believe - P.J.Proby
15. Murray The K Introducing
16. You're My World - Cilla Black
17. Heat Wave - Cilla Black THE BEATLES
18. Twist And Shout
19. Roll Over Beethoven
20. I Wanna Be Your Man
21. Long Tall Sally
22. Medley:Love Me Do /
Please Please Me /
From Me to You /
She Loves You /
I Want to Hold Your Hand /
23. Can't Buy Me Love
24. Shout!
TV Show at Studio 5AB Rediffusion's Wembley Studios, London 28 April 1964

BONUS SECTION
01. Shakespeare's "A Midsummer Night's Dream" (Colourised)
02. Boys (Stereo)
03. I Wanna Be Your Man (Srereo)
04. Long Tall Sally (Stereo)
05. Shout! (Stereo) READY STEADY GO! SPECIAL EDITION (Original Soundtrack)
06. We Love You Beatles
07. Twist And Shout
08. Roll Over Beethoven
09. I Wanna Be Your Man
10. Long Tall Sally
11. Medley:Love Me Do /
Please Please Me /
From Me to You /
She Loves You /
I Want to Hold Your Hand
12. Can't Buy Me Love
13. Shout!



ビートルズ
①Super Live!(限定盤)
②Super Live!(通常盤)
JPGR-1009/1009B
①SBD+PRO-SHOT
②SBD
①1CD+1DVD-R
②1CD
①\3,600
②\3,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります
①限定盤
②通常盤


ザ・ビートルズ専門”JPGR”レーベルよりハリウッド・ボウル決定盤が遂にリリース!!

1977年にリリースされたザ・ビートルズ唯一のオフィシャル・ライブ・アルバム「ザ・ビートルズ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル」。1964年8月23日と1965年8月30日、ロサンゼルスのハリウッド・ボウルで行われたライブの中からベスト・トラックをチョイスし収録、全世界で大ヒットを記録した有名なアルバムなのは言うまでもありません。その上、未だに公式CD化されていないアルバムです。

本タイトルは、ファン感涙!もはや、説明不要!!その両日をコンサート始まりのイントロダクションからラストまで高音質サウンドボード音源で全曲完全収録した「ザ・ビートルズ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル」の、まさにコンプリート決定盤!!

さらに、限定盤には、記録映像、ニュース映像でしか存在しない?!ハリウッド・ボウル公演の模様を高画質でコンピレーションした超貴重なボーナス映像DVDR付!!

今後、オフィシャル発売は、ほぼ有り得ない?!だけに、ファンならずともオススメ、至福の1枚です!!

(ボーナスDVDR無し1CD通常盤も同時発売!!)

CD
<Hollywood Bowl,August,23th 1964>
01. Introduction / 02. Twist & Shout / 03. You Can’t Do That / 04. All My Loving / 05. She Loves You / 06. Things We Said Today / 07. Roll Over Beethoven / 08. Can't Buy Love / 09. If I Fell / 10. I Want To Hold Your Hand / 11. Boys / 12. A Hard Day’s Night / 13. Long Tall Sally

<Hollywood Bowl,August,30th 1965>
14. Introduction / 15. Twist & Shout / 16. She's a Woman / 17. I Feel Fine / 18. Dizzy Miss Lizzy / 19. Ticket to Ride / 20. Everybody's Trying To Be My Baby / 21. Can't Buy Me Love / 22. Baby’s In Black / 23. I Wanna Be Your Man / 24. A Hard Day's Night / 25. Help! / 26. I'm Down

BONUS DVDR
Hollywood Bowl Star Newsreels 1964 / Rare Footage,08.23.1964 / Encore Entertainment 1978 Audio Synched 8mm Color Rare Film, / 08.29.1965 / Anthology Outtakes



ビートルズ
Beatles' Satyricon
mccd-207/208/209
AUD&SBD/PRO-SHOT
CD+2DVD
\8,000
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


マニア必携Mクローデルのライヴ・クロニクル・シリーズは、このところテレビ出演モノなどが続いていましたが、久しぶりにツアーをテーマにしたタイトルがリリースになります。

今回は1965年の欧州ツアーより、イタリアとスペイン、都市名で言うと、ミラノ、ローマ、マドリッド、そしてバルセロナをまわったツアーの音源&映像になります。

まず音源に関してです。メインとなるのは1965年6月27日ローマ公演のファースト・ショウ、午後の部と言われている音源を収録しています。

この直後に行なわれるアメリカ公演とは若干セットリストが異なり、特に「I’m A Loser」をステージで演奏しているバージョンというのがレア。

イタリア公演といえばこのローマ公演のみが残されており、しかも音源は1種類のみ。今まで音質が最も良いとされているのが、残念ながらアナログ盤に使われたもので、BULLDOGレーベルを始め、既発のCDは全てこのアナログから落とされた物がソースとなっていました。そのため、針音がするのはもちろん、アナログ盤特有のトレースノイズが終始入っており、CDの時代になって30年あまり、いまだにそれ以上の物がないのが現状でした。

今まで多くの既発盤をお持ちの方はご存知のとおり、ローマ公演は音質が他の残されているライヴ音源に比べると良くありません。本作においても、元のソースは基本的には同じものです。しかし、本作を全くの先入観なしで聴いて頂けると、ローマ公演がこんなに音が良かったのかと驚く事間違いなし。

これは、少し前にマニアが入手して個人レーベルで発表し、一部の楽曲のみでしたがアップグレードして話題になりました。本作はその全長版になります。

実際に何人かのマニアの方に試聴していただいたところ、劇的な音質の向上に皆一同に驚きの声を上げていました。まずノイズが完全にないのです。これはノイズリダクションやイコライジングなどでごまかせるレベルではなく、本当にないのです。もしそのような人工的な加工を施したならば、それに伴って失われる音の成分というものが物理的に生じますが、本作はノイズがなく、かつ、当時録音された時はこのような音で収録されていたという、そのまま鮮度の高い音で収録されているのです。

収録曲目だけを見ると既発盤と同じで新鮮味がないかもしれませんが、一度耳を傾けると、もう二度と既発盤には戻れなくなる、それくらい音質に差がありますので、これは是非、耳の肥えた古くからのファンにこそ聴いていただきたいと思います。

また、古いアナログ機器特有のピッチの不安定さもなく、デジタル変換後に厳密にピッチ調整を施し、1965年当時の勢いのあるビートルズの演奏の魅力をそのままに伝えてくれます。音質、ノイズの有無、ピッチなど、様々な要因をクリアし、既発盤と比べるまでもなく本作がローマ公演におけるベストの音質であると言えます。

ボーナストラックとして、セカンドショウ夜の部より、同じくローマ公演のサウンドボード音源を収録し、このツアーにおける現存する音源を全て網羅しています。

内容的な面では純粋な初登場音源というのはありませんが、そのクオリティアップの度合いは、今まで同公演を聴き慣れた人ほど驚きをもってむかえられるのではないでしょうか。

次に映像ですが、ディスク2枚に渡り、1枚目がイタリア関連の映像を、2枚目をスペイン関連の映像を、それぞれ収録しています。

ディスク1はイタリア・ツアーを収録。6月24日ミラノ公演は鮮やかなカラー映像でスタジアムコンサートの様子を収録。数多くの写真が残されているミラノ公演ですが、ビートルズはもちろん、会場の様子、聴衆の様子など、1965年当時のこのような美しいカラー映像は非常に貴重といえるでしょう。

ジェノア公演は画質こそいまひとつなものの、これまた貴重なカラー映像での収録。武道館と雰囲気の似た屋内会場におけるコンサートの映像です。

そして本編で音源が収録されているローマ公演の映像は、会場外の様子からメンバーがステージに登場する様子、チューニングしている様子、そしてもちろん演奏シーンと、白黒ながら貴重な映像が目白押し。帽子を被ってステージに立つジョンが非常にカッコイイです。その他、イタリアで放送されたツアーを回想する番組、当時のイタリアツアーを撮影したドキュメンタリー映像などを収録しています。

ディスク2はスペイン・ツアーを収録。7月2日マドリッド公演も、会場外の様子から、ビートルズの登場シーンも収録されています。ジョンがスペイン風の帽子を被っているのも興味深く、複数のカメラで当日の様子をしっかりと収録しています。

7月3日バルセロナ公演は、広いアリーナみたいな会場で、セキュリティに先導されて登場するビートルズから、ステージに上がって撮影しているかのような間近での撮影、暗闇に浮かぶ照明を浴びたビートルズの神秘的な輝き、これまたすごい映像です。

これらステージシーンとは別に、当時のツアーを回想するスペインのテレビ番組、1990年代に収録されたポールのツアーに合わせたスペインツアーを回想する番組などを収録。

最後に、スペインを訪れタラップから降りる様子やホテル、記者会見など、ドキュメンタリー・フィルムを収録。

ジョンレノンはビートルズのツアー時代を「まるでフェリーニのサテリコンみたいだった」と回想しています。フェリーニはイタリアが誇る映画監督ですが、酒池肉林を活写した映画に例えて自らのツアーを語るあたり、この頃のツアーはジョン自身が振り返っても異常な状態であったということでしょう。

ビートルズが世界的人気を博して最も充実していた時代、1965年の欧州ツアーより、イタリアとスペインにおけるコンサートを音源と映像で集約したMクローデルのライヴ・クロニクル・シリーズの最新作。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤です。次は1964年パリ公演のセットを予定しています。

CD AUDIO DISC
THEATRO ADRINO ROME, ITALY JUNE 27, 1965 AFTERNOON SHOW
01. Twist And Shout
02. She’s A Woman
03. I’m A Loser
04. Can’t Buy Me Love
05. Baby’s In Black
06. I Wanna Be Your Man
07. A Hard Day’s Night
08. Everybody’s Trying To Be My Baby
09. Rock And Roll Music
10. I Feel Fine
11. Ticket To Ride
12. Long Tall Sally

THEATRO ADRINO ROME, ITALY JUNE 27, 1965
EVENING SHOW AIRED VERSION
13. Twist And Shout
14. She’s A Woman
15. I’m A Loser

SOUNDBOARD VERSION
16. Twist And Shout
17. I’m A Loser
18. Interview

DVD DISC ONE
"ITALY SIDE"
01. VELODROMO MILAN ITALY June 24, 1965 Afternoon Show
02. PALAZZO DELLO SPORT GENOA ITALY June 25, 1965 Afternoon Show
03. THEATRO ADRINO ROME ITALY June 27, 1965
04. “I Favolosi Beatles”
05. Film Archives in Italy Part 1
06. Film Archives in Italy Part 2

DVD DISC TWO
"SPAIN SIDE"
01. PLAZA DE TOROS DE MADRID SPAIN July 2, 1965
02. PLAZA DE TROS MONUMENTAL BARCELONA SPAIN July 3, 1965
03. Que Vienen Los Beatles
04. Nous Records Vells
05. El Mon De McCartney
06. Paul McCartney Febre Beatle
07. Planeta Rock The Beatles
08. Film Archive in Spain



ビートルズ
Historical Hollywood Bowl Concert
mccd-186-192
AUD/SBD/AUD/PRO-SHOT
2DVD+6CD
\32,500
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


マニア必携Mクローデル・レーベルより、ハリウッドボウル公演がいよいよリリースとなります。

内容、音質、装丁、これらクオリティにおいて従来にない高レベルの、ハリウッドボウル公演のみならず、レーベル自身の集大成でもあるであろう、究極のセットが2011年の年末に世界を席巻します!!

既発盤が数多く存在するコンサートだけに、新たにリリースするに足るマテリアルとクオリティが伴っていないと意味がありません。世界中のマニアに協力を要請し素材を集めた結果、驚きのマテリアルが次々に集まり、これだけのボリュームになってしまいました。しかし余計なものは何一つなく、ハリウッドボウル・コンサートを集大成するには必要なものばかり。

まず音源から解説しましょう。ディスク1は1964年8月23日公演の、従来と異なるロウジェネ新ソースでの収録。はっきりいってこの音質はすごいです。これは既発をイコライジングしただけではとうてい望めないレベルの高音質で、MID NIGHT BEATとは別のさらにジェネレーションが若いことを示唆しています。

ディスク1の後半は1977年にリリースされたライヴ・アルバム『LIVE AT THE HOLLYWOOD BOWL』のリマスター音源を収録しています。こちらも、ただアルバムから針で起こしたものではなく、きちんとレストアされ、針音などもないクリーンな仕上がりとなっており、その意味でも決定盤と言えるでしょう。

ディスク2は1965年8月29日と8月30日のコンサートを、二日間、完全収録しています。こちらも新マスターを使用。8月29日のコンサートはアタマ2曲においてポールのマイクがオフになってしまうというトラブルがありますが、その様子も生々しく収録されています。

ディスク3はハリウッドボウル関連のレア音源集になっています。まず前半は1964年8月23日のコンサートのモノ・アセテート音源が収録されています。アナログ時代、ハリウッドボウルといえばこの音源でしたが、本作に収録されているのは、モノ・アセテートを綺麗にトランスファーしたもので、針音やアセテート特有のパチパチといったノイズもなく、クレジットがなければこれがアセテート音源であると気付かないくらいに、クリーンな音源です。

そして後半は、オーディエンス音源を含む様々なバージョンを収録。サウンドボード音源があるためか、断片ながらオーディエンス録音が存在することは今まで看過されてきましたが、実際は本作に収録してあるとおり、断片的なものも含め、様々なソースのオーディエンス音源があることが伺えます。

もちろん音質ではサウンドボード音源にはかないませんが、その時代、その場所の空気、ファンの熱気みたいなものを感じてもらえるのではないでしょうか。このオーディエンス音源は1964年はもちろん、1965年の二日間のコンサートにおいても存在するものは全て収録しています。

ディスク4の前半は、1965年8月29日と30日の音源をミックスしたものを収録。そしてディスク4の後半とディスク5は、RAW VERSIONということで、今回入手した新マスターの1964年8月23日及び1965年8月29日と30日の素の大元のソースを、別ミックスということで収録してあります。

ディスク6は、なぜかこのコンサートだけ存在する1965年8月30日のラフミックスを収録。前半がステレオで、後半がモノラルのもの。別ミックスなのはもちろん、編集も異なるので、全体のランニングタイムも微妙に異なります。

最後に本作における特長のひとつは、ピッチ調整を厳密に行なっているという点です。音質の良さのみならず、このピッチ調整がきちんと施されているというのも、本作が決定盤である大きな要素となっています。

続いて映像の紹介です。トータルでDVD2枚分、全部ハリウッドボウル関連!今まで見ることのできなかった初登場映像をふんだんに盛り込み、既発映像も大幅なクオリティアップ。

DVDディスクの1は1964年8月23日のコンサートを収録。比較的映像の残されているこの日のコンサートですが、とは言っても断片なものもあり、ほとんど欠けている曲もあり、なかなか通しての映像というのはありませんでした。

本作では司会者によるイントロダクションから、開演前の会場の様子を交え、通してひとつのコンサートを鑑賞できるように再構築しています。はっきり言ってこの映像はすごいです。

レコーディングを意識していたためと思われますが、メンバーのノリは非常によく、しかも今までの断片だったもの、画質の悪かったもの、それらとは比べ物にならないくらいのクオリティで眼前に現れるのです!!しかも複数のカメラで撮影されている、いわゆるプロショットですので、まったく飽きがきません。

足りない部分は、この年の全米ツアーにおける各地の映像をコラージュして作られています。まさにこれぞ日本公演やシェアなどと並ぶ、ビートルズのコンサート映像。しかも年代が1964年ということで、アメリカで一番人気の盛り上がっていた時代のビートルズのコンサートが素晴らしい映像で堪能できるのです。

さらにDVDディスク1には、1964年に撮影された映像をカメラ毎に分離した形で全てを収録しています。先のコンサート構築映像に使用されなかったショットももちろん含みますし、それぞれどのような違いがあるかマルチアングルで比べられるように収録したものなど、この時に撮影された全映像、8mm、16mm、編集違いなど、すべて収録しているのです。

DVDディスク2は1965年編です。一番最初は1965年8月29日の、なんとカラー8mm映像。もちろん音声もリアルタイムのものが付随しています。いくぶん色彩が経年変化しているものの、写真すら少ない1965年のハリウッドボウル公演が、なんとカラー映像で残されていることに驚かされます。

しかも、コピー・フィルムからテレシネしたものなので、画質の鮮明度は従来のものとは比較にならないくらいクリア。輪郭が甘い何段階もジェネレーションが落ちた既発アナログ・テレシネの映像とは、同じ映像とは思えないくらいの鮮度です。

1965年8月30日のコンサートは残念ながらカラーでは残されていませんが、短いながら16mmの美しい白黒映像で残されています。会場外の様子から、観客、コンサートの様子などが収録されています。引きの映像ではステージの様子がしっかり映っているので、1964年とステージ装飾の違いを見比べるのも面白いかもしれません。

続いて、1965年のハリウッドボウルコンサートを題材として作成されたドキュメンタリー番組が収録されています。どのような意図で製作されたのか、これが実際に放送されたのかどうか不明ですが、当時製作されたことは間違いなく、使われている映像、インタビュー、ファンの様子などはすべて当時のものです。

次に収録されているのは1964年8月23日に行なわれたコンサートを前にしての恒例となった記者会見、そして1965年8月29日に行なわれた、やはり同じく記者会見の様子を収録しています。

最後はボーナストラックとして1965年8月31日、ハリウッドボウル公演の翌日、サンフランシスコはカウパレスでのコンサートの映像を収録しています。これがかなりレアな映像で、ハリウッドボウルコンサートとは雰囲気が異なり室内会場でのコンサート。ジョンは帽子を被ってステージに立っています。

2011年、その最後を締めくくるのが本作、ハリウッドボウルコンサートなのです。もはやこれだけの作品を作り上げるのは二度と不可能でしょう。厚型ジュエルケース2セットがスリップケースに収納された仕様で、CDラックの中に入れても大きな存在感と威圧感を発するであろう、ずっしり重い豪華6CD+2DVDのセット。もちろん美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤です!!!

DVD DISC ONE
“LIVE AT THE HOLLYWOOD BOWL”
HOLLYWOOD BOWL LOS ANGELES CA U.S.A. AUGUST 23, 1964
01. Introduction
02. Announcement
03. Beatles Appearance
04. tuning
05. Twist And Shout
06. You Can’t Do That
07. All My Loving
08. She Loves You
09. Things We Said Today
10. Roll Over Beethoven
11. Can’t Buy Me Love
12. If I Fell
13. I Want To Hold Your Hand
14. Boys
15. A Hard Day’s Night
16. Long Tall Sally
FILM ARCHIVES
Camera A – Raw Camera A - Audio Sync Camera A - Alt. Edit #1 Camera A - Alt. Edit #2 Camera B – Raw Camera B - Audio Sync. Camera B - Wide Screen Camera B - 8mm Film Print Camera C - “Hollywood Starnews” Camera C - Audio Sync. Camera D - by “Encore Entertaiment” Camera A+B+C+D Multi Angle

DVD DISC TWO
01. Hollywood Bowl Color 8mm Film Digital Tele-cine August 29, 1965
02. Hollywood Bowl B&W 16mm Film August 30, 1965
03. Hollywood Bowl Concert Documentary in 1965
04. A Press Conference at Cinnamon Cinder in 1964
05. A Press Conference at Capitol Records in 1965

BONUS FOOTAGE
06. Cow Palace San Francisco August 31, 1965 Afternoon Concert


DISC ONE
HOLLYWOOD BOWL LOS ANGELES CA U.S.A. AUGUST 23, 1964
RE-MASTER VERSION
01. Introductions
02. Twist And Shout
03. You Can't Do That
04. All My Loving
05. She Loves You
06. Things We Said Today
07. Roll Over Beethoven
08. Can't Buy Me Love
09. If I Fell
10. I Want To Hold Your Hand
11. Boys
12. A Hard Day's Night
13. Long Tall Sally

“LIVE AT THE HOLLYWOOD BOWL”
1977 RELEASE VERSION RE-MASTER VERSION
14. Introductions
15. Twist And Shout b
16. She's A Woman
17. Dizzy Miss Lizzy
18. Ticket To Ride
19. Can't Buy Me Love
20. Things We Said Today
21. Roll Over Beethoven
22. Boys
23. A Hard Day's Night
24. Help
25. All My Loving
26. She Loves You
27. Long Tall Sally

DISC TWO
HOLLYWOOD BOWL LOS ANGELES CA U.S.A. AUGUST 29, 1965
RE-MASTER VERSION
01. Opening
02. Twist And Shout
03. She's A Woman
04. I Feel Fine
05. Dizzy Miss Lizzy
06. Ticket To Ride
07. Everybody's Trying To Be My Baby
08. Can't Buy Me Love
09. Baby's In Black
10. I Wanna Be Your Man
11. A Hard Day's Night
12. Help
13. I'm Down

HOLLYWOOD BOWL LOS ANGELES CA U.S.A. AUGUST 30, 1965
RE-MASTER VERSION
14. Opening
15. Twist And Shout
16. She's A Woman
17. I Feel Fine
18. Dizzy Miss Lizzy
19. Ticket To Ride
20. Everybody's Trying To Be My Baby
21. Can't Buy Me Love
22. Baby's In Black
23. I Wanna Be Your Man
24. A Hard Day's Night
25. Help
26. I'm Down

DISC THREE
HOLLYWOOD BOWL LOS ANGELES CA U.S.A. AUGUST 23, 1964
MONO ACETATES VERSION
01. Introductions
02. Twist And Shout
03. You Can't Do That
04. All My Loving
05. She Loves You
06. Things We Said Today
07. Roll Over Beethoven
08. Can't Buy Me Love
09. If I Fell
10. I Want To Hold Your Hand
11. Boys
12. A Hard Day's Night
13. Long Tall Sally

AUDIENCE SOURCE #1
14. Audience Applause
15. Twist And Shout
16. You Can't Do That
17. All My Loving
18. She Loves You
19. Things We Said Today
20. Roll Over Beethoven
21. I Want To Hold Your Hand
22. Boys
23. A Hard Day's Night
24. Long Tall Sally
25. After The Show

AUDIENCE SOURCE #2
26. Annoucement
27. Twist And Shout

AUDIENCE SOURCE #3
28. She Loves You

AUDIENCE SOURCE #4
29. Audience Applause
30. Twist And Shout
31. All My Loving

STEREO VERSION
32. Introduction
33. Twist And Shout
34. You Can't Do That
35. All My Loving

1966 MONO VERSION
36. You Can't Do That
37. If I Fell
38. I Want To Hold Your Hand

HOLLYWOOD BOWL LOS ANGELES CA U.S.A. AUGUST 29, 1965
AUDIENCE SOURCE
39. Twist And Shout

HOLLYWOOD BOWL LOS ANGELES CA U.S.A. AUGUST 30, 1965
AUDIENCE SOURCE
40. Twist And Shout
41. She's A Woman

DISC FOUR
HOLLYWOOD BOWL LOS ANGELES CA U.S.A. AUGUST 29 & 30, 1965
MIXED VERSION
01. Twist And Shout
02. She's A Woman
03. I Feel Fine
04. Dizzy Miss Lizzy
05. Ticket To Ride
06. Everybody's Trying To Be My Baby
07. Can't Buy Me Love
08. Baby's In Black
09. I’m Down

HOLLYWOOD BOWL LOS ANGELES CA U.S.A. AUGUST 23, 1964
RAW MASTER VERSION
10. Introductions
11. Twist And Shout
12. You Can't Do That
13. All My Loving
14. She Loves You
15. Things We Said Today
16. Roll Over Beethoven
17. Can't Buy Me Love
18. If I Fell
19. I Want To Hold Your Hand
20. Boys
21. A Hard Day's Night
22. Long Tall Sally

DISC FIVE
HOLLYWOOD BOWL LOS ANGELES CA U.S.A. AUGUST 29, 1965
RAW MASTER VERSION
01. Introductions
02. Twist And Shout
03. She's A Woman
04. I Feel Fine
05. Dizzy Miss Lizzy
06. Ticket To Ride
07. Everybody’s Trying To Be My Baby
08. Can’t Buy Me Love
09. Baby’s In Black
10. I Wanna Be Your Man
11. A Hard Day’s Night
12. Help
13. I’m Down

HOLLYWOOD BOWL LOS ANGELES CA U.S.A. AUGUST 30, 1965
RAW MASTER VERSION
14. Introductions
15. Twist And Shout
16. She's A Woman
17. I Feel Fine
18. Dizzy Miss Lizzy
19. Ticket To Ride
20. Everybody’s Trying To Be My Baby
21. Can’t Buy Me Love
22. Baby’s In Black
23. I Wanna Be Your Man
24. A Hard Day’s Night
25. Help
26. I’m Down

DISC SIX
HOLLYWOOD BOWL LOS ANGELES CA U.S.A. AUGUST 30, 1965
ROUGH MIX FOR PLAYBACK
01. Introduction
02. Twist And Shout
03. She's A Woman
04. I Feel Fine
05. Dizzy Miss Lizzy
06. Ticket To Ride
07. Everybody's Trying To Be My Baby
08. Can't Buy Me Love
09. Baby's In Black
10. I Wanna Be Your Man
11. A Hard Day's Night
12. Help
13. I'm Down

HOLLYWOOD BOWL LOS ANGELES CA U.S.A. AUGUST 30, 1965
ROUGH MONO-MIX
14. Twist And Shout
15. She's A Woman
16. I Feel Fine
17. Dizzy Miss Lizzy
18. Ticket To Ride
19. Everybody's Trying To Be My Baby
20. Can't Buy Me Love
21. Baby's In Black
22. I Wanna Be Your Man
23. A Hard Day's Night
24. Help
25. I'm Down
26. Interview



ビートルズ
Live From The Sam Houston Coliseum
BE-007
SBD
2CD
\5,300
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


マニア必携mistrclaudelレーベルより、完売御礼となっていたサムヒューストン・コロシアム公演がリマスターされ再リリースになります。

1965年8月19日サム・ヒューストン・コロシアムを昼&夜完全収録+前座の、まさに完全収録の決定盤で人気のタイトル。さらに旧盤はアナログ時代からの慣習で1966年シェア・スタジアムの写真がジャケットに使われていましたが、今回はフロントにもバックにも当日の写真を使い、またジャケット中には前座メンバーの写真を使い、まさにサム・ヒューストンその日を詰め込んだタイトルとなっての再発です。

1965年夏のアメリカン・ツアーは、前年の過密スケジュール・ツアーに嫌気が差したメンバーの要望もあって、少ない公演数で多数の観客動員を見込めるスタジアム公演が中心となりました。その象徴がツアー初日のシェア・スタジアム公演であり、それから4日後、このサム・ヒューストン公演もまた、巨大なコロシアムが会場となりました。その熱狂たるや言葉をいくら紡ぐよりも本作を聴いていただけると理解出来ると思います。

実にその時の様子がダイレクトに伝わってくるエクセレント・サウンドボード音源!しかも昼夜2公演がこのクオリティで残されていることも驚きです。ヒューストン公演当日の写真で確認できますが、フロント3人のギター/ベースに関してはアンプよりダイレクトに録音PAにライン・フィードされている(ステージ写真ではアンプ前の音声収録用のマイクが確認できない)ようで、これが本公演の音質が同時期の他公演のライブ音源と比べ、クリアで生々しい印象をリスナーに与える要因かも知れません。音質と内容に恵まれたビートルズ・ライヴの魅力をあますところなく伝えてくれる音源と言えるでしょう。

現地のラジオ局KIOTがプロフェッショナル機材で収録したものですが、当時放送されたという記録はなく、まさに驚きの流出音源。これがアナログ時代から名盤と語り継がれてきたサム・ヒューストン・コロシアム、その決定盤となるのです! 

コンサート前にKIOT局のDJビル・ウィザーズによる興奮気味のアナウンス。これからビートルズが出てくるぞと煽る様子は、実に当時の熱狂を表しているでしょう。昼の部では「A Hard Day’s Night」演奏後に、あまりの熱狂的なファンの反応に恐れをなしたのか、コンサートを中断して司会者が“みんなもう少し落ち着いてくれ。ビートルズが演奏できないじゃないか”と聴衆をなだめる様子も生々しく収録されています。

また「I’m Down」では、日本公演では聴くことができなかったジョンのオルガン・プレイが聴けるのも嬉しいところ。シェア・スタジアムと同じように肘弾きをしているのが、ここに残された音源から推測できます。

一般的にこのサム・ヒューストン公演はその音質の良さとは裏腹に演奏がよくないと言われていました。しかし、それは既発盤がことごとくピッチが遅かったため、全体的にかったるい印象になっていたのが原因のひとつ。

その中でも現在決定盤とされているイエロードッグ『Ultimate Live Collection』は特に極端にピッチが遅く、昼の部に関しては半音近く実際の演奏よりダウンしており大変聞き辛かったものです。また、昼の部も夜の部もヘッドフォンで聞かないと分からないレベルながら、20~30秒おきにコンバーターのエラーみたいなデジノイズがプツップツッって乗っていましたが、もちろん本作ではそういうノイズもありません。本作でこのヒューストン公演を聴いてみると、ジョンの喉荒れ以外は、意外にもオフィシャル・レコーディングを意識してステージに立っていた65年ハリウッドボウル2公演とさほどテンションの違いはないのがわかります。

マニアでなくともサム・ヒューストン公演は既に複数枚所有しているという人が多いかと思いますが、正常なピッチ、前座と昼夜完全収録、そしてアナログ落としではない高音質ノイズレスのテープ・ソース音源、これらの条件を満たしているタイトルは本作が初めて。これはぜひ買い替えの対象となりうる、アナログ時代から繰り返しリリースされてきた既発盤を不要のものとし、また今後いかなるタイトルが出ようとも決定盤の座は揺るぎない最終ヴァージョンと言えるでしょう。

ビートルズのコンサート2公演を見に行ったチケット代だと思って、ぜひ貴方のコレクションに加えていただきたいと思います。当日の写真を使ったアートワーク、パタンパタンの豪華見開きデジパック+スリップケース付。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

Live At The Sam Houston Coliseum 19th Aug 1965
Afternoon & Evening Shows With Opening Acts

DISC ONE
- Opening Acts
01. Introduction
THE KING CURTIS BAND WITH THE DISCOTHEQUE DANCERS
02. It's Not Unusual
- Can't Buy Me Love
- I'm Telling You Now
- A Hard Day's Night
THE KING CURTIS BAND
03. Soul Twist
04. Shot Gun
05. What'd I Say
CANNIBAL AND THE HEADHUNTERS
06. Out Of Sight
07. Nau Ninny Nau
08. Mickey's Monkey
09. The Way You Do The Things You Do
10. Land Of 1000 Dances
BRENDA HOLLOWAY WITH KING CURTIS BAND
11. Shake
- (I Can't Get No) Satisfaction
12. Put Your Head On My Shoulder
13. I Can't Help Myself
SOUND INCORPORATED
14. Sound Like Movin'
15. Fingertips
16. The William Tell Overture
17. In The Hall Of The Mountain King

DISC TWO
- Main Act
THE BEATLES AFTERNOON SHOW 3:00 pm
01. Introduction
02. Twist And Shout
03. She's A Woman
04. I Feel Fine
05. Dizzy Miss Lizzy
06. Ticket To Ride
07. Everybody's Trying To Be My Baby
08. Can't Buy Me Love
09. Baby’s In Black
10. I Wanna Be Your Man
11. A Hard Day's Night
12. Help
13. I'm Down
EVENING SHOW 8:00 pm
14. Introduction
15. Twist And Shout
16. She's A Woman
17. I Feel Fine
18. Dizzy Miss Lizzy
19. Ticket To Ride
20. Everybody's Trying To Be My Baby
21. Can't Buy Me Love
22.Baby’s In Black
23. I Wanna Be Your Man
24. A Hard Day's Night
25. Help
26. I'm Down



ビートルズ
Concert At Washington Coliseum
mccd-151/152/153
SBD+PRO-SHOT
1CD+2DVD
\9,200
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


初登場映像含む驚きのワシントン・セット。ドキュメンタリーを含め貴重な蔵出し映像の数々! ライヴ・クロニクル・シリーズの最新作は1964年初渡米となる2月のワシントン公演を収録したCD+2DVDの珠玉の作品集です。

今まで数多くのアイテムを排出してきた同公演ですが、今回も初めて見る映像の数々に驚く事は間違いありません。何せビートルズがステージに上がるところから、ギターを置いてステージを降りる所まで、初登場映像を含み、画質も内容も素晴らしいもので、世界中のハードコレクターも目を見張ることでしょう。しかもプロ・ショットのカメラ違い、オーディエンスショット、ニュース映像、ありとあらゆる当日のフィルム/ビデオを収録していますので、まさにこのタイトルで全てを網羅できるといっても過言ではありません。

音声に関しても、他のmisterclaudel作品でお馴染み、4種類の音声が切換え可能な仕様になっていますので、その点でもお楽しみいただけます。有名なコンサートだけに、まだこんなにマテリアルがあったのかと、今回も期待以上の内容の充実度を誇っています。

それでは内容を少し紹介しましょう。 まずCD音源の方です。オリジナルのフィルムはコマ落ちしている箇所があり、ほんのわずかながら、はっきりと音飛びが散見され、このコンサートを収録しているタイトルとしては、いまだ90年代にリリースされたSPANKレーベルがベスト・ソースという、有名な割には中々アプローチが困難な不遇なコンサートでした。本作はコンサートから46年の歳月を経て、本作が音質、内容、共に、初めてまともな形で収録しているといっていいでしょう。

メインとなるフィルム・ソース音源は、オリジナルの16mmフィルムの音声トラックから直接高品質抽出し、中途半端な「Twist And Shout」を含め今までで最長の収録となっており、その「Twist And Shout」も初登場部分を含む最長収録となっています。

後半はビデオ・ソース音源を収録で、こちらは曲によっては完奏していないものの、音質の良さは先のフィルムに比べて格段の差があり、これはもうジェネレーションなどの問題ではなく、記録媒体に起因する特性での超高音質で収録。「Long Tall Sally」を完全収録しているのも特長です。ツギハギは美しくなく、音質さがあるため違和感を払拭し得ず、ここにあえてそれぞれ特長のある2種類のソースを別々に収録したことで、既発盤の欠点を解消しています。

さらにこの2種類の音源をメインに、ボーナス・トラック的にオーディエンス・ソースやステレオ・ミックス音源、そして記者会見の様子を収録しています。特にJFK空港に到着してすぐの記者会見を完全収録しているのも、意外や今回が初めて。有名な記者会見なのでドキュメンタリー映像では定番で、ベートーベンの詩が好きだとか、髪の毛は昨日切ったとか、そういうユーモアの部分だけが抽出され断片的に目にすることが多い記者会見ですが、本作に収録の全長版でその雰囲気と流れの中で楽しんで頂けたらと思います。

さて続いてディスク2枚に渡って収録されたDVDがこれまた凄いです。何しろこのような高画質は今までなかったのはもちろん、見たことのない初登場フッテージがふんだんに盛り込まれた、安易に決定盤というだけでは物足りない、まったく別物といってもよい作品に仕上がっています。そんな2枚のDVDの内、1枚目にはワシントンDCでのコンサートが徹底的に収録されています。

まずメインとなる本編は、アナウンスの後に聴衆に揉まれながら縫うようにしてステージに登壇し、機材のセッティングやチューニングを行なう様子から始まり、最後にステージを降りるところまで、高画質かつ最長収録と、現在考えうる最高の状態で収録されています。またテレシネにおいては「ダブル・フレーム・レート」という特殊な技術を使用してデジタル化されているため、フィルム・ソースの1/24コマ秒のぎこちない動きから、滑らかなビデオ・ソースに近い質感の映像として見られるようにオーサリングされています。

注目の「Twist And Shout」は、残念ながら完全収録とはならなかったものの、今回初登場部分を含め曲の大部分を視聴できます。後ろからの珍しいショット、オークションに出品されたビデオソースの初登場サンプル部分などを含め、今までで最長の収録。さらに驚くのは、最後の「Long Tall Sally」が終わった後、会場に一礼し、ジョンとポールは楽器をそのまま自分の手で持っていくのですが、ジョージだけは楽器を床に置いてステージを降りる、まさにその部分まで収録されているのです。ほとんどの人が初めて目にする部分ではないでしょうか。

さらにこの本編には音声が4種類収録されており、それぞれが視聴の途中でも切換え可能となっています。日本公演やビッグナイトアウトでもお馴染みのこの音声切換え機能、今までで最高の音質を誇る①リマスター音声、元々のフィルムに焼き付けられていた②オリジナル音声、さらに③修正版音声、そしてシステムが揃っている方はぜひその効果を体験していただきたい④5.1chサラウンド音声、以上4種類の音声を、くどいようですが、途中でも切換え可能となっていますので、同じコンサート音源でもこのようなバリエーションがあるのかと楽しんでいただけたらと思います。

ボーナス映像も、これだけで独立したアイテムとなるような豊富な映像が収録されています。本編がフィルムソースだったのに対し、断片ながらビデオソースを集めたもの、オーディエンス映像(!)を集めたもの、ニュース映像、カラー8ミリ映像、JFK空港とは別にコンサート会場で行なわれた記者会見、このコンサートは映画として上映されたのはご存じの通りですが、その映画の予告編、16ミリシネマフィルムのダイレクト収録、さらに様々なショットの映像を画面分割で同時再生したマルチ・アングルでの収録など、もうこれ以上ないといったくらいに映像を盛り込んでいます。

DVDのディスク2は1964年2月の初渡米に関するワシントン以外の映像を収録しています。まずはエド・サリヴァン・ショウのリハーサル映像。本編はオフィシャル・リリースされていますが、もちろんこのリハーサル映像は未収録。このマイアミは、映像のみならず音声トラックに関しても、本作に収録のリハーサルの方が本番よりも格段に優れた音質で収録されているのにも注目です。そして有名なドキュメンタリー『What’s Happning』を、1964年当時放映されたバージョンと、1984年に再放送されたバージョンの両方を収録。今まで流通していたのは当時放送された画質の悪いものばかりでしたので、画質の悪いブートビデオしか見たことのない人はこのアップグレード具合に驚くことでしょう。

そしてこのディスク2の目玉は、ビートルズ初渡米のドキュメンタリー映像の、現存するすべてを収録した、オリジナル編集による100分以上に渡って収録されている「Conquer America」です。当時のニュース映像、ニュース・リール、ヒースロー空港出発から、JFK空港での記者会見映像、ファンの様子、歓迎レセプションの様子、ホテルでの様子、「FIRST U.S. VISIT」には未収録の映像を多数含むドキュメンタリー映像です。実際に「FIRST U.S. VISIT」よりも単純に収録時間だけ見ても長く、この充実ぶりが伺えます。

そして最後になりますが、DVDのオマケで今後のmistercladuelレーベルの予告編が収録されています。初登場映像の数々をチラ見せ収録されていますので、どうか今後ともご期待ください。 もはやコレクターであれば知らない人はいない、世界中のマニアの注目を集めているMCレーベルのライヴ・クロニクル・シリーズの最新作。ワシントンDCのコンサートを初登場部分を含め超高画質最長収録。音声は4種類の選択可。これまた初登場フッテージを含む初渡米時のドキュメンタリーや記者会見、マイアミにおけるリハーサル映像まで、今まで一部の超上級コレクター間でのみ流通していたマテリアルをこうして作品として下賜されることを光栄に思います。

もちろん美しいピクチャーディスク仕様の永久保存のがっちりプレス盤。アートワークからレーベル面、マスタリング、オーサリング、それぞれのプロの技術が結集して生まれた作品です。コレクションに加えられた暁には是非大切にしていただけたらと思います。

【CD DISC】
01. cinema trailer
FILM SOURCE
02. introduction & tuning
03. Roll Over Beethoven
04. From Me To You
05. I Saw Her Standing There
06. This Boy
07. All My Loving
08. I Wanna Be Your Man
09. Please Please Me
10. Till There Was You
11. She Loves You
12. I Want To Hold Your Hand
13. Twist And Shout

VIDEO SOURCE
14. introduction
15. From Me To You
16. I Saw Her Standing There
17. This Boy
18. All My Loving
19. Please Please Me
20. She Loves You
21. I Want To Hold Your Hand
22. Twist And Shout
23. Long Tall Sally

MAYSLES AUDIENCE SOURCE
24. Roll Over Beethoven
25. I Wanna Be Your Man
26. She Loves You
27. She Loves You (voice over)

PATHE AUDIENCE SOURCE
28. Roll Over Beethoven

STEREO MIX
29. Roll Over Beethoven
30. From Me To You
31. I Wanna Be Your Man
32. She Loves You

PRESS CONFERENCE
33. At The JFK Airport 7th February 1964

【DVD DISC ONE】
1: Remaster Audio
2: Original Audio
3: Extend Restored Audio
4: 5.1ch Surround Audio

WASHINGTON D.C. CONCERT
01. introduction & tuning
02. Roll Over Beethoven
03. From Me To You
04. I Saw Her Standing There
05. This Boy
06. All My Loving
07. I Wanna Be Your Man
08. Please Please Me
09. Till There Was You
10. She Loves You
11. I Want To Hold Your Hand
12. Twist And Shout
13. Long Tall Sally
14. outroduction

FILM ARCHIVES
01. Video Source
02. Audience Shot
03. News Film #1
04. News Film #2
05. Color 8mm
06. Multi Aungled
07. Press Conference On Stage
08. Cinema Trailer
09. Auction Sampler
10. 16mm Film Raw
11. 16mm Alternate Reel(unspliced)
12. Samples & Trailer

【DVD DISC TWO】
01. "THE ED SULLIVAN SHOW" MIAMI REHEARSAL
She Loves You
This Boy
All My Loving
I Saw Her Standing There
From Me To You
I Want To Hold Your Hand

02. "CONQUER AMERICA"
Beatles Off To America Pathe News Pop Music News Reel ITV News Various Footage Beatles Arrival at JFK Airport BBC News Footage NBC News Footage More News Footages Press Conference Beatles Arrival at Plaza Hotel Murray the K with The Beatles NBC News Footage News Flash “BEATLES HIT U.S.”

03. "WHAT'S HAPPNING" 1964 Broadcast
04. "WHAT'S HAPPNING" 1984 Re-Broadcast 05. Samples & Trailers



ビートルズ
BRAVO BEATLES- Blitztournee
misterclaudel
SBD+AUD+PRO-SHOT
2CD+2DVD
\7,900
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


1966年ジャーマニー・ツアーの音源と映像を網羅。初登場映像含む決定盤! マニア必携misterclaudelレーベルのライヴ・クロニクル・シリーズより、最新作は1966年ドイツ・ツアーがリリースになります!

伝説の1966年日本公演のおよそ1週間前、ミュンヘン、エッセン、ハンブルグの3都市で行なわれた1962年以来となるドイツ・ツアー。ビートルズのメンバーたちにとって、ドイツは黎明期のバンドを鍛えてくれた思い出深い場所。会場には昔からの友人も多く訪れ、またコンサート後は夜の街に繰り出したと伝えられます。そのノリの良さと演奏の素晴らしさは日本公演とえらい違い(笑)。いかに本人たちがこのドイツ・ツアーに意気込んでいたかがうかがえます。

本作は、このドイツ・ツアーを、音源と映像の両方で楽しむことが出来るスーパーアイテムです! このセットの構成ですが、CD2枚とDVD2枚の合計4枚組の大作で、CD1枚目とDVD1枚目がミュンヘン、CD2枚目とDVD2枚目がエッセンとハンブルグという内容で、詳細は裏ジャケットのクレジットをご覧になってください。

CD1枚目は6月24日ミュンヘン関連の音源を集大成。前座のクリフ・ベネットやピーター&ゴードンらから始まり、ビートルズの演奏は現存する7曲すべてを、今までにない最高音質のサウンドボードで収録しています。この日ミュンヘンでは昼夜2回の公演が行なわれており、当時放送されたものは昼夜それぞれからのベストテイクを繋げたものだということが近年になって判明しています。今まではこの昼夜の区別に関して研究が成熟していなかったこともあり、既発盤ではそれらをひとくくりに「6月24日ミュンヘン」としてクレジットされていましたが、例えば「I’m Down」は夜の部で、「Baby’s In Black」は昼の部といった具合に、今回は1曲ごとに昼夜の区別を記載しています。

さらに後半は、今まで音源としてはCD化されていなかった細かいニュース・フィルムからの音声が収録されています。この収録により、断片的ながら、昼の部の「I’m Down」や、昼の部の演奏前のチューニング、また今まで昼夜とも曲自体が未収録だった昼の部の「I Wanna Be Your Man」などが収録されています。さらに放送バージョンのミュンヘン7曲の“Extended Remaster”と称されるリマスター音源、夜の部「Nowhere Man」のアンソロジーミックスなどを収録して、内容的に万全を期しています。

CD2枚目は、6月25日エッセン昼夜2回公演のうち、昼の部をオーディエンス録音にて完全収録と、6月26日ハンブルグ昼夜2回公演のうち、昼の部を残存する音源の限りを収録しています。エッセン昼の部のオーディエンス録音も近年になって発掘されたものですが、既発盤では不安定だったピッチを正確に調整しリマスタリング。似たような音源のメンフィスでも完璧な仕事を施したスタッフが今回エッセン公演を手掛け、良くないながらも今までの印象をぐっと変えるグレードアップした音質になっています。またエッセン夜の部の「Paperback Writer」も収録しています。最後にボーナス・トラックとして、エッセンとハンブルグの記者会見を収録。

今回、音源もさることながら、目玉となるのがDVDです。DVD1枚目はミュンヘン公演に関連する映像を、演奏シーンを中心に収録しています。まずはお馴染みドイツ国営放送でオンエアされた「DIE BEATLES」の超キレイ・バージョン。前座からビートルズのパートまで、白黒の濃淡や細部のキメ細かさなど、今までにない最高のクオリティで収録しています。また画質のみならず、音の良さに関してもぜひ注目していただけたらと思います。

そして当日の様子を伝えるニュース・レポートに続いて、16ミリフィルムよりミュンヘンの鮮明なカラー映像が収録されています。今までも断片的に見ることが出来た映像ですが、今回は初登場部分を含む、そのフィルムの(おそらく)全長版で、ステージに登場し、ギターにジャックを差し込み、チューニングの後から「Rock And Roll Music」になだれ込む、その一連の流れがカラー・フィルムで見ることができるのです。もちろん断片には変わりありませんが、登壇からコンサートが終わって退場の様子も見れる貴重なカラー映像です。

そして今回の収録が他のタイトルと決定的に違うのは、音声がついているということです! 元々がサイレント・フィルムであり、既発盤でもBGMが加えられる程度でしたが、今回は、完璧にシンクロさせた当日の音声がビシッと決まって、これだけでひとつの作品として仕上がっている完成度です。言葉では伝わりづらいのですが、ご覧になっていただければきっと驚かれること間違いありません。またこの公演はニュース映像として国営放送が撮影した以外でも多くの白黒16ミリ・フィルムが残されており、ここではそれらの映像に加え、演奏シーンを編集して、カラー映像同様にリアルタイムの音声をシンクロさせたものを収録しています。

DVD2枚目は、エッセン公演とハンブルグ公演に関する映像を、演奏シーンを中心に収録しています。エッセンとハンブルグに関しても、ミュンヘン同様にモノクロですが16ミリ・フィルムで撮影されたニュース映像が数多く残されており、それらを音声付で楽しむことができます。

最後にボーナス映像として、プロモ・フィルム「My Brave Face」を収録。このプロモに使われているハンブルグのカラー映像は、おそらくポール個人所有のもので、コレクターズ・アイテムとしては一切世に出ていないもので、そのため短い映像ですがここに収録いたしました。

1966年、ビートルズのドイツ公演を、音源と映像でコレクションする決定盤。音源はプロ用ステューディオウ(スタジオ)で最新リマスターされ、さらにデータもきちんと整理された初めての収録。映像はカラー・フィルムを含むコンサート映像が音声付で収録されているので、ビギナーでも楽しめ、マニアにもコレクタブルな、どちらも初登場を含む貴重なコレクション。永久保存のがっちりファクトリー・プレス盤で、美しいピクチャー・ディスク仕様。マニア必携の2CD+2DVDの4枚組です!

DISC ONE
Circus Krone-bau,Munich ZDF-TV "Die Beatles" 
complete remaster 24th June 1966
Cliff Bennett & The Rebel Rousers (evening show)
01. Setting noise 02. Good Good Feeling 03. You Can't Love'em All 04. C.C. Rider The Rattles (evening show) 05. Love Of My Life 06. Come On And Sing 07. Sha-la-la-la Lee 08. Shout 09. Auf Wiedersehen Peter and Gordon (afternoon show) 10. Woman 11. Let It Be Me The Beatles 12. Tuning (evening show) 13. Rock'n'roll Music (evening show) 14. She's A Woman (evening show) 15. Baby's In Black (afternoon show) 16. I Feel Fine (afternoon show) 17. Yesterday (afternoon show) 18. Nowhere Man (evening show) 19. I'm Down (evening show) News film "The Beatles in Munchen" 20. Introduction (afternoon show) 21. I'm Down (afternoon show) News TV report by CBS 22. I'm Down (afternoon show) News TV report by ZDF-TV 23. I Wanna Be Your Man (afternoon show) News film "Blick in die Welt" 24. Introduction~tuning (afternoon show) News TV report by ZDF-TV 25. TV report (before evening show) 26. Goog Good Feeling (partcial) ZDF-TV "Die Beatles" extended remaster 24th June 1966 27. Tuning (evening show) 28. Rock'n'roll Music (evening show) 29. She's A Woman (evening show) 30. Baby's In Black (afternoon show) 31. I Feel Fine (afternoon show) 32. Yesterday (afternoon show) 33. Nowhere Man (evening show) 34. I'm Down (evening show) "Anthology" remaster 35. Nowhere Man (evening show)

DISC TWO
Grugahalle, Essen afternoon show 25th June 1966
01. Introduction 02. Rock'n'roll Music 03. She's A Woman 04. If I Needed Someone 05. Day Tripper 06. Baby's In Black 07. I Feel Fine 08. Yesterday 09. I Wanna Be Your Man 10. Nowhere Man 11. Paperback Writer 12. I'm Down Grugahalle, Essen evening show 25th June 1966  13. Paperback Writer Ernest Merck Halle, Hamburg afternoon show 26th June 1966 14. Introduction 15. La La La 16. Introduction - audience noise 17. Tuning 18. Baby's In Black 19. I Wanna Be Your Man 20. Nowhere Man - Paperback Writer 21. Nowhere Man - Paperback Writer (no overdub) 22. Paperback Writer Press Conference 23. Essen Press Conference 24. Hamburg Press Conference

DVD ONE
Circus Krone-bau,Munich ZDF-TV "Die Beatles" 
complete remaster 24th June 1966
01.- 02. Cliff Bennett & The Rebel Rousers 03. - 09. The Rattles 10. - 11. Peter and Gordon 12. - 19. The Beatles 20. ZDF-TV report 21. Color 16mm Audio Sync 22. Color 16mm Raw 23. Color 16mm "100 Jahre" 24. B&W 16mm Audio Sync 25. B&W 16mm Raw 1 26. B&W 16mm Raw 2 27. B&W 16mm "Blick In Die Welt"

DVD TWO
25th June Essen
01. B&W 16mm Audio Sync 02. B&W 16mm News Film 1 (short version) 03. B&W 16mm News Film 2 (long version) 26th June Hamburg 04. B&W 16mm Audio Sync 05. B&W 16mm Polis Film 06. B&W 16mm "Hamburgers voor de Beatles" Film Archives 07. Hamburg B&W 16mm 1 08. Hamburg B&W 16mm 2 09. Hamburg B&W 16mm 3 10. Hamburg B&W 16mm 4 11. Hamburg B&W 16mm 5 12. Hamburg B&W 16mm 6
Bonus Track 13. Hamburg Color 8mm (PV"My Brave Face") 14. Trailer



ビートルズ
Beatles' Big Night Out!
mccd-125/126/127
SBD+PRO-SHOT
1CD+2DVD
\7,800
※お取り寄せに通常よりお時間がかかります


マニア必携のmisterclaudelのライヴ・クロニクル・シリーズの最新作は、1963~1965年にかけて出演したTV番組 BIG NIGHT OUTと、その同番組の特別編 BLACKPOOL NIGHT OUT を1963年、1964年2回、1965年と、全4回を映像と音源で収録したタイトルです! 

2回の「BIG NIGHT OUT」はマイミング演奏、2回の「BIG NIGHT OUT」のスペシャル枠「BLACKPOOL NIGHT OUT」は生演奏を聞かせる番組でしたが、現存するこの4回の放送のすべてのアーカイブを集大成。そのクオリティの高さから、ビートルズ物のドキュメンタリーなどでは欠かせない映像として、断片的に収録されてきた同番組ですが、番組まるまる収録も含め、ここに現存するすべての映像を収録。画質、音質ともに文句無しのコレクションです。

まずCDの方は、前半は生演奏を披露した1964年BLACKPOOL NIGHT OUTを収録。この演奏は映像では残されておらず音源のみが残されています。この日の演奏は古くから音質の悪い録音が知られていましたが、近年になって音質の格段に良くなった別ソースが発掘されました。

内容は一長一短で、音質の良いソースAはオープニング・テーマから収録されていますが「LONG TALL SALLY」の最後がわずかに欠落。音質の劣るソースBは「LONG TALL SALLY」が最後まで収録されていますが、「A HARD DAY’S NIGHT」の冒頭がわずかに欠落。既発盤ではお互いのソースで補完しているのがほとんどでしたが、本作では、ソース別にそれぞれ収録して完全を期しています。

CDの後半は、やはり生演奏をした1965年のBLACKPOOL NIGHT OUTを収録。テレビ出演用の短いセットリストで、「I FEEL FINE」から始まり、ラストのイメージが強い「I’M DOWN」が2曲目、ビートルズのステージでは他で類を見ない唯一のソロ・コーナー、ポールによる「YESTERDAY」など、ここから数曲がアンソロジーにも収録され、その巻のハイライトとなっていることからも見所が多いステージです。こちらも2種類の別ソースをそれぞれ収録。

通常のライヴ・ステージとは異なるテレビスタジオでのライヴですので、セットリストも雰囲気もすべてが特別で他に類を見ないステージとなっています。

続いてDVDのディスク1には1963年「Big Night Out」、1964年「Big Night Out」、の2本を収録。

1963年「Big Night Out」はマイミングですが、1曲1曲がそのままプロモーションビデオとして鑑賞できるレベルのクオリティで、しかも他の出演者も含めた番組の完全版です。驚くのはその画質で、この完全版は既発ながらとても鑑賞には向かない画質でしたが、今回画質が大幅にアップ。これまで不安定でブレたりちらつきがあったりした映像が、本作では蔵出しアーカイヴよりそのようなストレスを全く感じさせない素晴らしいクオリティとなっています。音声もDVDの機能を活かし、2種類のオーディオ、オリジナル音声とリマスター音声を選択できる仕様になっています。

1964年「Big Night Out」は、大変クリアーなキネコ映像の完全版と、不完全ながら残っているビデオ版を両方収録。どちらも現在見ることのできる最高画質にて収録しています。マイミングとはいえ、「Please Mr. Postman」の演奏シーンが見れるのはこの映像のみ。こちらもオリジナル音声とリマスター音声との切り替えが可能です。

また、この番組は1964年2月23日ビートルズが最初のアメリカ訪問を終えた直後に収録されており、その凱旋記念的な番組でもあったため、TV局とは別にニュース用にも映像が残されていますが、そのニュース映像も漏れなく収録しています。 

DVDのディスク2は、まず1964年7月に収録されたスペシャル枠の「Blaskpool Night Out」の収録です。

この回は残念ながら映像が残されていませんが、わずかに残されたニュース映像を収録しています。おそらく本番ではなくリハの映像だと思われるのですが、寸劇でのヒトコマを見ることができます。この日の演奏シーンを含む本放送は現在に至るまで発見されていないので見ることができませんが、雰囲気なりとも感じていただければと思います。

そしてディスク2のメインとなる1965年のスペシャル枠「Blaskpool Night Out」は、部分的にアンソロジーに使われただけあって貴重なライブ・パフォーマンス。地方局の中継放映用にかろうじて残されていたというその貴重なアーカイブを、2ソースかつ3種類の形態で収録をしています。

まずタイムコードが入っていますが画質が抜群に良いソースA。画面下部中央にタイムコードが入っているのが残念ですが、画質は今までのコレクターズアイテムを凌駕する決定盤。もちろんアンソロジー級とは言いませんが、この画質でこの日の演奏を完全に視聴できるのはファンにとって大発見ではないでしょうか。音声もCDで使用された素晴らしい音質のものが使われています。

そしてソースBは画質こそソースAにかなわないものの、タイムコードが入っておらず、ピュアな完全ライヴ映像として視聴できる、これもまた貴重なもの。

そして最後に、これがウリなのですが、画質の良いソースAをメインに、部分的にソースBを合成し、画質が良く、かつタイムコードがないバージョンが収録されています。アンソロジーにも使用され、そのクオリティの高さはビートルズの数多くのライヴ映像の中でも日本公演などと並んで1、2位を争う貴重なもの。それを従来のタイトルを凌駕するクオリティで完全収録です。

Misterclaudelのライヴ・クロニクル・シリーズ最新作は、BIG NIGHT OUT/BLACKPOOL NIGHT OUTの4回の放送の現存マテリアルを完全収録。某世界的有名コレクターの提供による画質音質ともに最高クオリティの蔵出し映像。安っぽいクソCDRやクソDVDRなんかでは到底かなわない、永久保存のがっちりプレス盤。

そしてmisterclaudelの次回作は、インタビューが被らないキャバンクラブでの「Kansas City」や、いよいよ初登場する1963年11月9日イーストハム公演などを含む、1964年渡仏前までの初期のライヴ集になります。これまたすごいっす!お楽しみに!

CD DISC

Blackpool Night Out 1964 ABC THEATRE, BLACKPOOL, ENGLAND. RECORDING DATE : 19th JUL. 1964. ON AIRED DATE : 19th JUL. 1964.

- SOURCE A -
01. opening theme 02. A HARD DAY'S NIGHT 03. THINGS WE SAID TODAY 04. YOU CAN'T DO THAT 05. IF I FELL 06. LONG TALL SALLY (incomplete)

- SOURCE B -
07. A HARD DAY'S NIGHT (incomplete) 08. THINGS WE SAID TODAY 09. YOU CAN'T DO THAT 10. IF I FELL 11. LONG TALL SALLY

- SOURCE C -
12. opening table sketch

- SOURCE D -
13. IF I FELL

Blackpool Night Out 1965 ABC THEATRE, BLACKPOOL, ENGLAND. RECORDING DATE : 1st AUG. 1965. ON AIRED DATE : 1st AUG. 1965.

- SOURCE A -
14. introduction 15. I FEEL FINE 16. I'M DOWN 17. ACT NATURALLY 18. TICKET TO RIDE 19. YESTERDAY 20. HELP! 21. closing theme (CAN'T BUY ME LOVE)

- SOURCE B -
22. chat with Ringo 23. I FEEL FINE 24. I'M DOWN 25. ACT NATURALLY 26. TICKET TO RIDE 27. YESTERDAY 28. HELP! 29. closing theme (CAN'T BUY ME LOVE)

- SOURCE C -
30. I Do Like To Be Beside The Seaside

DVD
DISC ONE
Big Night Out 1963 DIDSBURY STUDIO CENTRE, MANCHESTER, ENGLAND. RECORDING DATE : 1st SEP. 1963. ON AIRED DATE : 7th SEP. 1963.

01. FROM ME TO YOU (short version) 02. SHE LOVES YOU 03. TWIST AND SHOUT 04. I SAW HER STANDING THERE

Big Night Out 1964 TEDDINGTON STUDIO CENTRE, LONDON, ENGLAND. RECORDING DATE : 23rd FEB. 1964. ON AIRED DATE : 29th FEB. 1964.

- film version -
05. comedy sketches 06. ALL MY LOVING 07. I WANNA BE YOUR MAN 08. TILL THERE WAS YOU (short version) 09. PLEASE MISTER POSTMAN 10. I WANT TO HOLD YOUR HAND

- video version -
11. comedy sketches 12. ALL MY LOVING 13. I WANNA BE YOUR MAN 14. TILL THERE WAS YOU (short version) 15. PLEASE MISTER POSTMAN 16. I WANT TO HOLD YOUR HAND 17. "Big Night Out" ITV news film

DVD
DISC TWO

Blackpool Night Out 1964 ABC THEATRE, BLACKPOOL, ENGLAND. RECORDING DATE : 19th JUL. 1964. ON AIRED DATE : 29th JUL. 1964.

01. "Blackpool Night Out" ITV news film Blackpool Night Out 1965 ABC THEATRE, BLACKPOOL, ENGLAND. RECORDING DATE : 1st AUG. 1965. ON AIRED DATE : 1st AUG. 1965.

- TCR version -
02. introduction 03. I FEEL FINE 04. I'M DOWN 05. ACT NATURALLY 06. TICKET TO RIDE 07. YESTERDAY 08. HELP! 09. closing theme

- no TCR version -
10. introduction 11. I FEEL FINE 12. I'M DOWN 13. ACT NATURALLY 14. TICKET TO RIDE 15. YESTERDAY 16. HELP! 17. closing theme

- composed version -
18. introduction 19. I FEEL FINE 20. I'M DOWN 21. ACT NATURALLY 22. TICKET TO RIDE 23. YESTERDAY 24. HELP! 25. closing theme